青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「表~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~ ~表
表~
~表情 表情~ ~表現 表現~ 表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~

「表~」 8766, 91ppm, 1224位

▼ 表~ (1809, 20.6%)

121 戸を 71 方へ 31 方で 29 方に 25 戸が, 方を 20 方から 17 戸は, 方の 16 ほうへ 14 方が, 方は, 格子を 11 中に, 間の, 障子を 10 格子戸を, 門を 9 ような 8 通りに 7 ほうに, 扉を, 雨戸を 6 入口から, 入口の, 大戸を, 格子の, 街路に, 間へ 5 ドアを, 前に, 戸に, 戸も, 格子が, 格子戸が, 通りは, 部屋へ, 雨の

4 [19件] ように, 上に, 中から, 中で, 戸から, 戸の, 扉の, 掃除を, 方には, 木戸を, 格子戸の, 窓の, 締りを, 通りの, 通りを, 部屋に, 門の, 間に, 間には

3 [43件] かたへ, ことが, ことを, ごとき結果, ごとし, ほうで, ほうを, やうに, ドアの, 上で, 人通りを, 側に, 入り口の, 入口に, 入口へ, 内職盆前より, 口に, 呼鈴が, 声が, 家が, 店の, 往来へ, 往来を, 戸には, 戸締りを, 戸締を, 景色に, 最後の, 板戸を, 格子から, 格子戸は, 気配に, 物音に, 目釘を, 硝子戸を, 米屋が, 絵看板を, 通りへ, 道路を, 部屋を, 間で, 闇に, 雨戸の

2 [85件] こうし, こと, ところで, ほうが, ほうは, やうな, やみの, カーヴと, ガラス戸を, ベルが, 一名だ, 中には, 中の, 二つの, 井戸端で, 人々は, 人通りが, 他の, 侍が, 取次から, 向こうから, 喪を, 土間に, 土間の, 塀の, 大戸は, 大書院へ, 店から, 店へ, 店台は, 庭に, 庭の, 往来まで, 往還を, 御人数, 御門から, 戸口から, 戸口へ, 扉が, 扉に, 手で, 援軍も, 政治に, 数が, 方へと, 方まで, 方までも, 方より, 木の, 格子戸と, 様子は, 油障子を, 潜戸の, 玄関の, 看板の, 硝子戸が, 空気を, 窓から, 窓や, 窓際に, 窓際まで, 芝の, 草叢の, 許に, 賑ひ, 通りから, 通りで, 通を, 道を, 道路へ, 部屋で, 部屋の, 酒屋へ, 錠は, 門は, 開いて, 間, 間が, 間との, 闇を, 階上に, 障子の, 音を, 騒がしさ, 骨太格子手あらく

1 [848件 抜粋] あく音, あの一条, あの武者声, ある蔵屋敷詰, うす紫, うちから, うちにすら, うち最, お下知, お千絵, お味方, お庭, お役人ふたり, お母さんが, お湯屋, お高, かたにあたって, かたわらには, かねあいだ, かまど, こときょうは, ことなど, ことばを, ことも, この町内, ごとくである, したに, すべてを, そうどうに, たてつけの, ついた草履, つやつやした, とおりで, どこに, なかで, なすこと, はき掃除, ひろさ六, びらだ, ほうでし, ほうには, ほうへは, ほうまで, まえに, むらや, ものたちへも, やみに, よりよき, わきに, カケヒの, ガラス戸四枚を, ギシギシする, タタキに, ドアまで, フェルト草履を, ポストに, ラディオも, 一つで, 一と, 一挙一動ごとに, 一端にも, 一笑に, 一部を, 三番で, 三畳を, 三畳間に, 上屋敷から, 下で, 下に, 下を, 不十分なる, 不在中, 与える結果, 世界から, 中では, 中にも, 中彼よりも, 中門まで, 丹羽どのから, 事変当時華蔵寺に, 二方面から, 二条ある, 二階へ, 井戸端を, 京染屋でございます, 人だかり益, 人の, 人声と, 人物, 人聲や, 人集まりを, 仕事やっ, 仕事手つだっ, 仕方との, 任務で, 体温は, 作製までを, 侍から, 侍へ, 信玄が, 倉屋敷で, 借も, 傍には, 傾斜に, 儀仕すまし, 入り口へ, 入口には, 入口は, 入口一パイに, 全面に, 八畳で, 公子, 六帖の, 六畳は, 六間道路は, 内に, 内職に, 内職を, 写しまだ, 処まで, 出が, 出入り口は, 出来事とが, 初版が, 別荘, 制限を, 前の, 前へ, 割りに, 動揺も, 勢力が, 十二間道路の, 南の, 原稿も, 厳命どおり帝以下を, 反射で, 口へ, 口よりも, 古びた紅殻塗, 合わせかがみ, 吉田忠左衛門奥田孫太夫ふたりの, 同心加山耀蔵とは, 名札には, 呉縁に, 命で, 嚮導石川伊豆守宮本丹後守等三百余人が, 四畳に, 四畳半から, 四畳半に, 土塀門の, 土間口で, 地図から, 坂塀は, 坪の, 基礎と, 場所は, 塩物やが, 壁に, 壮年時代の, 声を, 夏しき, 多くにおいて, 大きな屋敷, 大きな紙, 大地は, 大戸には, 大戸も, 大扉, 大通りから, 大通りに, 大通りには, 大門の, 天満組同心だ, 夫人蔡氏の, 好一対である, 如き者, 如くなった, 如く五月雨霽, 如し, 始末柄在所表へ, 嫡子として, 字は, 安治川から, 定府組の, 客座敷とは, 客間で, 客間は, 家の, 家臣にさえ, 密かな, 寺門を, 小さな室, 小使でございます, 小侍, 小旗, 小母さんの, 小者が, 小野治郎右衛門忠明の, 小間物屋の, 居間で, 山の, 山田, 川へ, 左の, 巨山を, 布を, 帳場に, 常識とが, 幕賓で, 幟を, 広間では, 店で, 店口から, 店口に, 座に, 座敷の, 座敷へ, 庭が, 庭を, 庭先まで, 廂へも, 廣間に, 建物とは, 建物に, 引戸が, 形式に, 役人は, 往來へ, 往来から, 往来で, 往来に, 後釜を, 得られ得る部分, 御一周忌, 御大捷, 御居間, 御援助, 御用から, 御進退, 復讐である, 怪立たましい, 情勢は, 情報が, 意味は, 懸け金, 戸がらがら鈴を, 戸と, 戸へ, 戸より, 戸口に, 戸口の, 戸締まりを, 戸締りが, 戸鎖り, 所で, 扉にも, 扉口へ, 手水場のは, 拙宅へ, 招牌も, 掃除も, 掛行燈も, 掛軸を, 控間へ, 提灯が, 摺切れた, 数は, 数字も, 敵も, 文句に, 文章など, 新着書籍を, 方, 方からも, 方だ, 方だけは, 方と, 方にかけて, 方にも, 方や, 方向に, 方囃方の, 方角に, 旧臣を, 昔が, 暖簾口から, 暗いなか, 暗やみから, 書院へ, 最初の, 月も, 木の葉や, 木戸が, 本家の, 札売場は, 材料を, 来て, 板戸が, 板戸の, 柩は, 柱には, 柵の, 格子ぐらゐ蹴飛ばし, 格子に, 格子へ, 格子戸から, 格子段は, 格子開き, 桜田門で, 梯子を, 梯子段を, 植木屋の, 椎の, 構成に, 様に, 様子に, 樋を, 横町に, 檜葉に, 正確度は, 武士たちは, 武者声に, 歩役が, 死亡出生結婚の, 死後なお, 段々を, 母家とは, 毛皮外套を, 毛織の, 気分を, 水茶屋から, 沢庵から, 河岸通には, 波紋は, 泥濘を, 湯へ, 溝から, 潜り戸が, 潜戸が, 灯を, 無味乾燥な, 熱も, 特徴について, 狭い通り, 玄関には, 生涯の, 甥の, 用布つまり, 用足しは, 町から, 町通りに, 畑じゃ, 留守居どもは, 疑心を, 病は, 白雲堂です, 目や, 目的は, 看板には, 眼だけを, 矢數は, 知人から, 短所は, 石段の, 石段を, 硝子戸に, 硝子扉を, 硝子窓に, 神棚よりも, 秀忠様の, 科を, 秩序人心の, 空地で, 窓ぎはや店の, 窓に, 窓ガラスが, 窮措大珍野苦沙弥氏の, 端山には, 第一項, 第九十四代, 第五表一枚, 答えは, 細かい格子目, 終りには, 組合せの, 結果よりも, 緑が, 締りしてきと, 縁へ, 縁台で, 縁故が, 群集の, 者からも, 者に, 者まで, 者を, 者箱根へ, 肴屋に, 胸ひとつに, 自動車の, 自轉車屋, 色を, 芝生に, 芝生の, 若干を, 茣蓙の, 草の, 草を, 葬いの, 薄暗いところ, 薄暗に, 血族は, 街の, 街も, 街路へ, 街道は, 裾野に, 西迄, 見世は, 見違ひで, 見附から, 角から, 言葉の, 設備品に, 評定で, 説教場に, 警衛にも, 賑やかさを, 足袋屋の, 路で, 路へ, 路地に, 路次を, 軍勢は, 轅門から, 農家では, 農家の, 辻倉まで, 送りようが, 通に, 通りには, 通り一ぱいの, 通路に, 連絡係お, 道に, 道へ, 道も, 道路に, 道路までも, 遠林寺, 遺子の, 部屋からは, 部屋も, 郵便函を, 都の, 酒屋の, 酒屋まで, 重要な, 金魚売を, 針の, 鎖鑰を, 鐵柵や, 門から, 門が, 門も, 門扉の, 門裏の, 開院の, 間にでも, 間は, 閣へ, 閲覧室の, 闇も, 陽ざしの, 階下に, 階段を, 階段口へ, 障子は, 障子一枚あけ, 雨を, 雪駄を, 電灯を, 電車路を, 電車通りは, 青い筋, 青畳の, 面々が, 順序に, 顔を, 顔色が, 類型であり, 飾り天水おけ, 餅屋へ, 騒ぎよりは, 騷ぎはだん, 高い石段, 高台に, 鳥井の, 鹽物やが, 麓口さえ

▼ 表~ (1304, 14.9%)

197 出て 98 出た 79 出ると 26 飛び出して 16 飛び出した 12 出ようと 10 出るの 9 出ました 7 廻って, 来て, 突き出して, 行って, 逃げ出した 6 出して, 出た時, 出で, 出る, 出ること, 出れば, 帰って, 飛びだした, 飛び出しました 5 お帰り, 出るや, 呼び出して, 駈け出した 4 出ますと, 向って, 呼び出した, 飛び出すと, 飛んで, 飛出して, 駆け出して

3 [22件] とび出した, 使いを, 出たが, 出ての, 出ましたが, 出やう, 出る時, 向かって, 寄って, 廻ると, 来たの, 立って, 行き配役, 送り出して, 逃げ出して, 連れて, 連れ出した, 遊びに, 飛び出したの, 駈け出して, 駈け出そうと, 驅け

2 [54件] かけつけると, かけ出した, でた, でて, とびだした, とび出した時, とび出して, ぬけ出して, ふらふらと, ふらりと, まいって, まわって, よび出して, 下向し, 下向の, 出された, 出した金看板, 出すこと, 出たとき, 出たところ, 出た代, 出ては, 出ても, 出ないよう, 出ないん, 出る事, 出る支度, 出ろ, 呼び出された, 回れと, 帰ったが, 引っ返して, 拝みに, 曳かれて, 歩きだしたもの, 水を, 消えました, 突き出されて, 立った, 立帰っ, 立帰りました, 行き次, 行き狂言, 見に, 走り出た, 走り出る, 追いやった, 逃げだして, 逃げ出しました, 飛び出した時, 飛び去って, 飛出した, 駆けだして, 駆け出した

1 [546件 抜粋] あらわれて, いざない出すと, いって, いっぱいの, おいでな, おっぽりだすぞ, お伴が, お召連れ下さんし, お帰, お知らせしなけれ, お立ちでございましょう, お立退き, お訴え申せ, お越しなさいます, お越しに, お連れ, かえしじっとややしばし, かけつけそこで, かけて, かけ出すので, かつぎ出して, くぐり出ると, くるわ, こころざして, この急, こられたの, ころげ出した, ござったな, ご番所, ご発足, さいて, さして, さし立てましょう, しきりに目, しずかな, すがろう, すき通るの, すぐこの, するかも, そっとぬけ出した, その姿, その心持ち, たいして面目, たどり着いたという, だと, ちょっと出たい, ついた時, つき出した, つき出すよう, つれだした, つれ出して, でたとき, でる, でると, でろ, とびだすまでには, とびだす行動, とびだせます, とび出す, とんで, ぬけた, ぬけて, ぬけ出る, はいった, はいり込んで, ひきだして, ひっくるかえして, ひらいた店, ふらふら出, ぶちまけた, ぶらぶら出, まいりずう, まいりましたが, まいりまして, まいるには, まいるの, まぎれて, みんなが, やったもの, やった但馬守宗矩, やって, やって来て, やつて, よこして, アメリカ船四艘長崎表へ, エノケン来り, オロシャ船四艘交易の, 丁重に, 下されては, 下りたの, 下ること, 下るという, 下るについて, 下る用意, 下ろうと, 下向ある, 下向いたしましょう, 下向する, 下向なさる, 並べられたの, 乗り出さなければ, 乗出しこの, 乳母車を, 二人を, 亜墨利加船渡来神奈川沖に, 人だかりが, 会いに, 何の, 使いに, 來る, 供へ, 信濃高遠の, 先陣として, 光りが, 入った春日重蔵, 入口の, 公用で, 兵糧を, 具申し, 出いと, 出かかると, 出くされ, 出させ得るよう, 出さないよう, 出した時, 出しては, 出しな, 出しましたゆえ, 出しや, 出し自分, 出し行李, 出すまいとして, 出す事, 出す冷た, 出ずに, 出せない, 出たあと, 出たいという, 出たかと, 出たがらないもの上, 出たぎり, 出たぎりなかなか, 出たこと, 出たそして, 出たぞ, 出たの, 出たもう, 出たり, 出た三人, 出た与次郎, 出た何, 出た帰掛, 出た彼女, 出た折, 出た数, 出た浅井君, 出た諸国, 出た跡, 出てから, 出でたる様子, 出でて, 出ないこと, 出なかった, 出なかったから, 出ながら, 出なければ, 出なさい宜しい, 出に, 出にか, 出ましたら向こう, 出まして, 出ます, 出ようとして, 出られたと, 出られた物音, 出られないと, 出られません, 出るか, 出るという, 出るとき, 出るなと, 出るには, 出るにも, 出るは, 出るもの, 出るやいなや, 出るん, 出る固い, 出る境, 出る敷石, 出る気, 出る訳, 出る隙, 出る頃, 出ろ荒木が, 出向かねば, 出向く, 出府し, 出府の, 出府中につき, 出座する時刻, 出張の, 出立しました, 到着した, 北へ, 参いっ, 参って, 参られましたとか, 参りさえ, 参ります, 参り候節, 参り御, 参勤の, 參り, 參りました, 又借りた, 召ある, 召されて, 台を, 同志が, 同道する, 名前が, 名宛を, 向いた小屋, 向いた窓, 向けたり, 向った, 吸われて, 呼ばれ次, 呼びだして, 呼び出すと, 呼出して, 問い合せを, 回って, 坐りこむなどとは, 女の, 女記者一名女コック一名至急, 寄らずに, 小便にも, 小走りに, 尻を, 居を, 届けて, 届けよなどの, 届ける使い, 差しつかわし, 差し向けた使者, 差し立てと, 差し立てまいらすべし, 差立てて, 帰った, 帰った当時, 帰らなければ, 帰らぬてい, 帰ります, 帰りませいッ, 帰府した, 廻して, 廻った, 廻ったところ, 廻ったらしい, 廻った縁, 廻つた, 廻つて, 廻つて戸を, 廻つて手頃の, 廻つて案内を, 廻り藪殿, 廻るの, 廻るより, 廻る路地, 引かれ候由, 引き出された時, 引っぱり出して, 引っ張り出した, 引っ返せ, 引出すと, 引張り出さうとは, 張らして, 待たせて, 待たせ前座, 御下向, 御出, 御出まし, 御出陣, 御発向, 御記入, 徳川家からの, 忍び寄って, 急ぐ使い, 急ぐ早馬, 急の, 急報する, 急行した, 意見を, 戦を, 打って, 打棄, 抓み出して, 抜けて, 押出せ, 担ぎ出された, 持ち出して, 指して, 指を, 掲げる看板一つ, 援助を, 攻めのぼらんと, 攻め上る日, 日本アルプスを, 早飛脚を, 早馬を, 昼夜兼行で, 曝すよう, 曳いて, 書簡を, 来たよう, 来た駕籠, 来てからの, 来る, 来るなり, 来る借金取り, 東下し, 松本恒三様と, 極力命乞い, 気を, 洩れたの, 浮き上がって, 浮び上って, 消える, 消えると, 消え去って, 潜伏した, 灯りが, 為替に, 献策した, 獅子舞を, 現わす, 用あり, 申しわたして, 疵が, 発向と, 発足しよう, 着いたし, 着いたと, 着いて, 着きました, 着きましたが, 着くこと, 着る外套, 知られて, 移ったという, 移ってから, 移住した, 空樽を, 突き出された, 突き出す, 突き出すかも, 突き出すと, 突き出そうと, 突き抜けて, 突出し, 突出した, 突出すぞ, 立たず道理, 立ち山崎孫七郎, 立ち帰った上, 立ち帰り, 立ち帰ること, 立ち帰るぞ, 立ち帰るという, 立ち廻った節上屋敷, 立ち越える所存, 立ってから, 立つた, 立出で, 立出でし, 立去る, 立帰り御, 立帰る, 立帰ろう, 立越し候え, 笹を, 絵に, 縁台を, 耳を, 聞えたので, 聞えるので, 聞えるほど, 脚を, 自動車の, 自画像が, 落ちのびて, 行きますと, 行き三月, 行き五月下旬, 行き今夜, 行き連名, 行く, 行くなり, 行けとの, 行けば, 行け俺, 行こうと, 行った, 行つ, 見せたまま支那人, 見物に, 討って, 討出で, 訴え出何, 訴へ, 誰か, 誰方か, 護送され, 護送せらるる, 貼りつけて, 走りかけたが, 跳り出よう, 躍り出す, 身のみにて, 車が, 転がり出したと, 転住の, 辿り着いたといふ, 追いやって, 追い出す, 追ん, 送られました, 送りたいと, 送り出すと, 送り届ける, 送り申すべき手筈, 送金せね, 逃げだしましたので, 逃げちまったって, 逃げる様子, 逃げ上野山下, 逃げ出したという, 逃げ出したはず, 逃げ出しましたが, 逃げ出そうと, 逃げ去る, 逆送され, 這い出した, 通じるであろう, 通らないこと, 連れだして, 連れだしました, 連れ出されて, 連れ出したの, 連れ出して, 連れ出す, 連れ出すと, 連れ出そうと, 遁げれ, 運びだします, 運び出して, 道ならね, 道場を, 避難し, 釣り出す工夫, 面したガラス, 飛びだしたが, 飛びだしたくなつた, 飛びだしたくなるに, 飛び上がる事幾人, 飛び出さうと, 飛び出した浅田屋, 飛び出した美少年, 飛び出し彼, 飛び出し無闇, 飛び出し目的地, 飛び出すお節, 飛び出すこと, 飛び出すやう, 飛び出す訳, 飛び出る, 飛出したといふ, 飛出したの, 飛出した美少年, 飛出すと, 飛出す目標, 飛出せる位置, 飾らせた, 駆けだしたもの, 駆けだしたよう, 駆けだしました, 駆けつけて, 駆け出したとき, 駆け出す, 駆け出す出合頭, 駆出した勿論, 駈けだした, 駈けだして, 駈けわかれた, 駈け出すと, 駈け出すの, 駈出して, 黒山の

▼ 表~ (1059, 12.1%)

55 出て 33 出た 22 立って 18 して, よれば 14 よると 11 出ると 10 自動車の 9 飛び出して 8 書いて 7 待たして, 待って, 飛び出した 6 立つて 5 人の, 現わし 4 なって, 出して, 向って, 於ては

3 [12件] あらはれて, いた頃, のって, よりて, 出ようと, 女の, 待たせて, 現わさ, 現われて, 眼を, 見せて, 飛びだした

2 [60件] あって, あらむ, あらわすよう, あらわれて, あるの, ある水鉢, いた当時, おりました頃, かかげし看板, かけ出して, すぎないので, すれば, ほうりだして, ほへりいち, まみえて, 二三人の, 人が, 人声が, 依ると, 俥が, 出したもの, 出ず, 出で, 出ました, 刻まれた神聖文字, 向かって, 向った窓, 含まれて, 声が, 変な, 多くの, 書かれて, 来て, 気を, 水を, 浮き上がれ, 溢れて, 潜伏し, 現わ, 現わす, 目を, 着いたの, 立たして, 立ったまま, 立ってるよう, 立つの, 立てて, 裏神保町の, 見えて, 誰か, 走り出て, 足音が, 身を, 車を, 遊んで, 鉛筆で, 雨気の, 面した窓, 飛び出すと, 駕籠が

1 [652件 抜粋] ああし, あかあかと, あったもの, あらはれ, あらわさず, あらわさないし, あらわさなかったん, あらわされない抗議, あらわして, あらわすわけ, あらわれすぎ才走った文字, あらわれないという, あらわれる時, あること, あるし, あるよう, あるわずか, ある一塊, ある主人, ある人, ある伝染病流行年, ある元素, ある織田信澄, ある良人貞氏, ある長子, いう, いた, いたが, いましたよ, いるうち, いるという, いるに, いるほう, いるよ, いるよう, いる気, いる猿, いる警官諸君, うれしい微笑, おいて, おいで, おけると, おどり出たの, おらるるそこ, おるか, おろして, かえられました, かかるに, かけた黒漆, かけられた門札, かざって, がら, き, くるまが, こう親しく, この事, この松原, こんな大, ご逗留中, した, したいわゆる, したる羊, します, しや, しゅちんの鼻緒, しろ陰, し他, すぎなかったので, する, するお, する予定, そこでぴたり, その山, その紙片, その色絹, た, たちはだかって, ちゃんとそう書い, つかって, つきだされて, つくの, つけた熊, つけて, つり出した硝子張り, てらされて, でて, とびだして, とび出した, ない小, なつて, なにやら書い, なり数字, なり表, なるの, なる方, のぼって, はっきりと, はっきり書いてない, ひいきより, ひけら, ふと人影, ぶらさがって, まごまごし, まつて, まわった, まわったの, もう一度彼ら自身, よる, れいの, わかたれて, わかれて, アイソつかした, クスリと, シャムブル, トラックが, フワフワと, ペンの, 一人の, 一葉の, 一軒の, 一通り眼を, 上げて, 上ったり, 上つてくる, 下手つ, 下着の, 不参たりと, 事変でも, 二人も, 五味平へ, 人らしい, 人力車が, 人影の, 人通りの, 仕え一方, 仕え重用, 他ならない, 会い, 会い真し, 会って, 似て, 佇って, 佇んで, 何, 何の, 何やら細々と, 作って, 作られるよう, 作りこれ, 依て, 入り込むこと, 兩黨の, 公平を, 凜然たる, 凱旋した, 出かける, 出さうと, 出さないこと, 出さないそれ, 出さないで, 出さないよう, 出された, 出した真新しい, 出し微細, 出すと, 出すん, 出す人間, 出たと, 出たの, 出た我々, 出た金五郎, 出てから, 出に, 出られましたから, 出る, 出るのみ, 出るまで, 出るらしい, 出る時二人, 出る瞬間, 出動し, 出店の, 出見知らぬ, 列挙され, 列挙し, 刻まれた一つ一つ, 刻んで, 則とり, 動けども, 勘亭流の, 十字架が, 十有二個の, 十間か, 単に, 印象させた, 厭な, 参りませず上方, 参ろうという, 及ばない, 反射し, 取りと, 取り残された背広, 只今営業中という, 合はせ, 吉田久庵と, 向いた六畳, 向いた方, 向いて, 向いてる室, 向つた大きな, 向つた窓からは, 含まれた六四年間, 呼ぶ声, 国蔵か, 在府中人知れず, 地獄の, 報じて, 塗ったこの, 夕陽の, 大きな船板, 太く墨書, 太く強く, 夫人の, 姿を, 安達の, 宗旨を, 客人でございます, 対面した, 小さく看板, 居らっしゃるの, 居りますお, 居る中, 布教を, 帰ること, 帰れ, 幕府の, 床しいお家流, 廻った八五郎, 廻つた, 廻りました, 廻る, 廻るため, 引きずり出して, 引き出して, 引っ返して, 張り出して, 張り込んで, 張ると共に, 当たって, 彫刻し, 彰し, 影が, 待せ, 待たしたまま中, 待ちうけながら, 御泊り, 御立寄りなされまし, 御記, 忌中の, 忍んで, 応用し, 忠実である, 思いッ切り疵, 思ひがけ, 急な, 愛馬の, 感情は, 感激を, 我々七人の, 手提電燈を, 打たれる水, 打って, 持ち出すこと, 持ったその, 持って, 捕物が, 掃き集めた真中, 掛けないの, 掲げて, 掲示する, 描いたも, 揚ぐる計算は, 放りだすと, 敏子らしい, 散歩に, 文化の, 斯様な, 於ての, 日蝕と, 明瞭に, 昨日今日来, 晒して, 書きつけました, 有るべき理由, 有る十二個, 東京市の, 柔かの, 柿の, 格子の, 案内が, 極めてはっきりと, 橋本農学博士殿と, 櫺子窓の, 次ぎ括弧, 止まって, 残して, 残し置いた奥方, 残った女房, 殺人の, 毒づくあいそ, 毒消しと, 毛利君と, 没した, 波が, 注意し, 洗濯物の, 津寺方丈御, 浮き上らせ坂口, 浮世繪の, 浮動しよう, 海の, 準じて, 滝本が, 滴たった, 滴たつた, 点数を, 無政府主義, 照し合わせ, 燃え移って, 燃え移りそう, 爆音が, 猫の, 現して, 現は, 現れたもの以外, 現れない, 現れないさまざま, 現われただけの, 現われたり, 現われた事, 現われた人口, 現われた数字, 現われないだけ, 現われるの, 現われ孝助, 理屈を, 用いたから, 用ふ, 発して, 白, 白い文字, 白い雪塊, 盛塩し, 監視を, 相応すべき, 相成る, 相親睦, 看板が, 県道を, 真黒な, 着陣した, 破裂せざる, 硝子戸が, 碇泊する, 示した所, 示した様, 示しまた, 示す如きもの, 示そう, 神道を, 移らんと, 空車の, 突然三味線, 立たずに, 立ちすぎて, 立ちのれん棒, 立ちましたの, 立ち楽世, 立ち樂世, 立ち越前守忠相, 立った, 立つが, 立つこと, 立つと, 立つ正客, 立つ良人, 立とう, 竹の, 糊を, 紅勘が, 細かい格子, 絹絲を, 続いてる会堂, 縛り付けるか, 繰り出させ長州はじめ幕府, 置きましても, 群がり集まる村民ら, 耳を, 聲が, 臨みて, 自分は, 自身番も, 自転車を, 至急親展, 致すぞ, 蝶花形が, 融通した, 被為入, 裏には, 見えぬ醜, 見える深刻さ, 見物し, 視め, 観音経読誦会の, 計上され, 託されて, 記された数学, 記し裏, 記入さえ, 記入する, 詩人山之口貘ヲ, 詰め込んだだらし, 詰合罷, 誤りが, 説いて, 説き伏せられて, 貼つて, 赤い井戸, 赤く定紋, 赤と, 走らせ桂子, 超出し, 車の, 載せて, 載せられたり, 載って, 載る人間, 辻堂が, 近いところ, 返したり, 逍遙し, 連れて, 進発した, 遊学中の, 遊学中何か, 運ばせて, 運否天賦という, 過ぎない, 過ぎないと, 過ぎないの, 遮られて, 鉛筆を, 銀を, 錠を, 錯誤が, 鑄造る, 門戸を, 降って, 陣取った, 陵王の, 陽刻した, 障って, 集まって, 雨は, 霧こめ, 露れ, 露われる, 青梅飯能辺で, 面した二階, 面して, 靴の, 預けて, 顔は, 顕れて, 風の音が, 飛びだして, 飛び出したが, 飛び出したところ, 飛び出した時, 飛び出しましたが, 飛び出し逃げる, 飛び出す, 飛び出ようと, 飛出して, 飛出し街, 首を, 馬の, 馬を, 馬車が, 駆けだした, 駈けだした, 駈けだそうと, 駈け出したが, 騒がしい人々, 騒がしく人声, 高く澄めり, 魔法使いが, 麗, 黒い汚点, 345と

▼ 表~ (926, 10.6%)

109 して 2423 すこと 16 した 14 す語句 13 したもの, すの 9 さうと 8 されて, すため, すと, せば 7 される, せり 6 さない, すに 5 さなかつた, したの, すのに, すもの, す爲 4 し方, 次の 3 さずに, さなければ, しては, すかの, すので, すやう, す場合, す所以, 彼の

2 [41件] いよいよ騒がしく, お玉さんが, さないで, さん, しその, したるもの, しつ, し得た言葉, し得るやう, し得る場合, し難く, すかも, すが, すことも, すっかり暗く, すなり, すには, すを, す作用, す方法, す語と, せない, せないやう, そんなとき, もう暮れ, よろこんで, れるところ, れるの, 丁度過, 人通りが, 何も, 出来て, 夕方から, 小僧に, 左右から, 毎日の, 私の, 締めて, 落ちついて, 飯田町通り裏は, 黙って

1 [505件 抜粋] あまりけ, あらまし次の, あらゆる場合, あるもの, あんなに繁昌, あんなに薄っぺら, いい人, いくら私, いずれも, いつかした, いつか数え日の, いつか風立った, いぶかって, いやな, いよいよ明るく, うなずいて, うらうらと, おおかた総角, おそらくドロア・ド・ロンム結社, おそらく正確, お家柄, かのプトレマイオス, からだを, こう相談, こころに, ことの, このよう, この命がけ, この期間, この異常, これから, さしむれ, さずどう, さず何, さず意味, さず静か, さち子さんの, さっそく江夏, さなかつたが, さぬ落着きぶり, さねば, さらに暗い, さるる, されうるが, されたこと, されたもの, されたものの, されたる主, されたる思想, された事物, された以上, された疲労, された驚くべき人間観察, されない, されない事, されるところ, されるの, される場合, される種類, され得るが, さん爲こ, しかけて, しかたが, しかたである, しかたは, しがたき, しこれ, ししなり, したが, したこと, したといふ, したならあの, したまで, したる地理學家, した無, した特殊的, した白木綿, した老婆たち, してを, しと, しながら, しにくい, しぬ女学雑誌, しぬ而, しはじめた時, しません, しませんでしたが, しわが, しエレミヤ, し以, し其穀, し出すといふ, し出すべき任務, し出す動作, し又, し土星, し多く, し得ずに, し得ない, し得ないといふ, し得ないなどの, し得なかつた包み方, し得る, し得るから, し得ること, し恋愛, し或は, し技, し指し示す象徴, し火闌, し炬火, し眉間, し禹稷皐陶, し見る間, し難い, し難し, じっとりと, じみで, すぐには, すぐ顔, すこの, すだらう, すっかり戸, すっかり暮れ, すで, すでにもうと, すでに幾年前, すでに次代, すとか, すとき, すところ, すと共に, すならば, すばかり, すべきであつ, すべき文学, すべき新しい, すべき第, すべき筈, すべき辞, すべき辭, すべて鉄で, すほか, すも, すもので, す事に, す事は, す仕方, す侮蔑, す内容, す力と, す原因, す多く, す形容詞, す必要, す思慮, す情趣, す意味, す愛, す手段, す時, す為め, す符号, す範囲, す言葉, す訓練, す語, す語の, す貨幣, す趣向, す道具, す魅力, せないけれど, せないもの, せない位あなた, せない程, せぬ感情, せまくって, せませぬ, せりキリスト, そういうとき, そうでなく, そうと, そとへ, そのさし, その妹, その州, その後ずっと, その後の, その間に, それに十五名, それを, そわそわと, そんなとき不機嫌, ぞろぞろ人, たいへんにぎやか, たえず手紙, ただ享楽, たった百五十両, たつた百五十兩, だんだんに, ついに臨終, つまらぬ家, とうとう床, どの方角, なお心, なお決しかね, にわかに騒がしく, はたらきなき, はでな, ばからしいよう, ひっそりし, ひっそりと, ひつそりと, ふと玄徳, ほかの, ほぼ確証, ほんとかな, まだざわめい, まだぞろぞろ往来, まだ嚴重, まだ甚だ釈然, みなまで, もういっぱいである, もう四ツ, もう四月, もう暗い, もう暗かっ, もう暗く, もう眼, もう薄, もう薄暗く, もう閉まっ, もし太陽, やけな, やはり縁日, ややしばらく黙考, よく日, よりよい, れでありまして, れである, れであること, れであるといふ, れでは, れなければ, れること, れるもの, れる作家, れる募集物, れる場所, れる形式, アパートの, アリストテレス以来の, ゼライイドの, トゥック氏に, パリと, ピタリ障子, ピッタリ障子, 一たん大兵を, 一ぱいの, 一寸生垣, 一方空地, 一時米国へも, 一杯の, 一般的であり, 一面に, 一面の, 丁の, 七分通りつぶれ, 三つ四つの, 三六分の一という, 三四郎の, 三尺とか, 三間奥行も, 上の, 世界各国において, 主君忠房の, 九月下旬から, 九郡を, 亀田村五稜廓である, 亭主裏は, 他の, 何か, 使いを, 俄かに, 健康度に関する, 備前美作因幡の, 優しい口調, 先ずよろしく相成り候え, 先ず第, 光力の, 全く驚異, 全体匿名の, 全期間内, 全部持っ, 公儀の, 公園の, 其で, 其上方の, 冷静そのもので, 出来たが, 別で, 別に, 前の, 勿論一枚, 千位に, 午前三時が, 単に三人, 印刷し, 即ち其有樣, 厚き帆木綿, 厳めしそう, 友染染緋縮緬などを, 口ごもって, 右の, 各一結婚当り, 各五年ごと, 合戦にでも, 吉でございます, 同じ鼠, 同意した, 向日葵で, 呻いたきり, 善く裏, 善で, 喜んで, 四十二州の, 四年も, 困った顔, 城外まで, 堂に, 増加が, 大きな屋敷, 大きな死亡率, 大分異, 大変な, 大柄な, 大正六年に, 大英百科辞典, 天日で, 女性にたいしては, 始めて我が, 嫉け, 存命中荊州王に, 存在しない, 孝行を, 学識ある, 実にこの, 実によい, 実際は, 客を, 寺の, 小さい爪先, 小粋, 少しも, 尻に, 山の, 山県大弐ま, 山霧に, 市民だけの, 平和に, 年の瀬ま, 広い草原, 当代の, 彼を, 往来から, 往来でございます, 後の, 従来の, 御かんべん, 忠義を, 思い出したよう, 急に, 慾目に, 戀と, 戸締まりが, 手にとって, 文法から, 既にスウェーデン, 日本中は, 旧知な, 明けっ放しの, 明治八年に, 暗いので, 曇った空, 月の, 木綿で, 未来や, 枕も, 柔らかい輪郭, 格子戸規則だ, 案外廣, 極めて甚だしい, 極めて異常, 極端に, 次第に賑やか, 次第に黄, 正確な, 正確に, 歴史的に, 死なれた, 死亡における, 死亡率が, 気魄も, 永劫の, 河北石見預り裏の, 泉栽で, 流罪として, 涼しさ, 温良博学な, 滑かに, 漢室の, 漸次世界, 点の, 無論もう九ッすぎ, 片々を, 特別に, 狂い出した, 狭く却って, 猜疑に, 猫が, 玄徳の, 現に職, 男性で, 番太が, 病死した, 病重く, 発表されず, 白綸子紅梅水仙の, 直ちに裏返す, 相当な, 真っ暗で, 真暗だ, 真暗に, 真面目な, 真黒く光り, 矛盾は, 知らずされど, 石牀先生之, 磨き格子の, 示して, 礼儀裏は, 神経痛に, 私から, 私は, 穀屋で, 立派に, 笑いながら, 笑って, 米国の, 紅を, 紛乱を以て, 結婚の, 結婚まで, 緋縮緬裏は, 締って, 締つて居, 締つて居た, 締つて居る, 締りが, 自分で, 色を, 色盲者の, 華麗豪華な, 蔭と, 表で, 表裏は, 西洋館ま, 覆りそう, 見すぼらしい, 見て, 見るみる湿れて, 解り易く, 諸葛孔明以下, 警官が, 賜酒の, 質屋裏の, 身分相応の, 軍装いかめしい, 近頃の, 道路に, 道路を, 遺伝学優生学進化論等の, 郭外三十里まで, 金剛への, 長屋門左右には, 長文であった, 長谷戸検事の, 門も, 開きませんし, 障子が, 首相の, 駆け集まった町内, 騒がしい埃, 高い夕雲, 鬼門だ, 魚屋裏は, 鮓の, 鹹湖にも, 黒山の

▼ 表~ (835, 9.5%)

23 見て 21 見ると 11 作って 8 見た, 返して 7 覗くと, 閉めて 6 捧げて, 眺めて 5 のぞいて, 歩いて, 見ても, 見ながら 4 のぞくと, もって, 作った, 掃いて, 掲げて, 書いて, 覗いて, 通る人, 通る山高帽子

3 [16件] みると, 上せて, 参照, 叩いて, 奉った, 奉って, 窺う, 見おろせば, 見に, 見れば, 覗き込んだ, 読んで, 通つて見, 通る男, 通る襤褸, 開けて

2 [56件] あるいは左, うしろに, かえして, じっと眺めた, たずねた, たてまつって, つくって, ながめて, のぞこうと, みながら, もつて, 上に, 上りて, 作らば, 作りました, 出して, 味方に, 幾度も, 張って, 思い出して, 急ぐ豆腐屋, 愛して, 持って, 指さすと, 掃いたり, 掲ぐ, 撫ぜた, 有って, 横目に, 添えて, 眺めながら, 示すべし, 空に, 窺いながら, 立って, 繰って, 繰つて, 見せて, 見たが, 見たり, 見よ, 見られたい, 見る, 見ること, 見るの, 覗く, 記入した, 調べて, 調べると, 返し裏, 通って, 通る兵兒帶, 通る薄, 通覧する, 閉した貸家, 閉めたまま

1 [522件 抜粋] あけて, あけてる家, あけながら, あけるの, あげましょう, あつめに, あらためること, あらは, ありとあらゆるポケット, あるく方, あわただしげ, うか, うかがうと, うかがった, うかがって, うつして, うる人, うろうろし, うろついとったら怪しまれる, お通り, かいて, かえし裏, かえすと, かくはず, かく日, かすめるたび, かりた, がら, がらがらと, きっちりつけない, きめた, くって, くりかえさなければ, こしらえて, こしらえる, ことづかつて, この上, この太陽, この辺, この隱, ささげて, さして出発, さして居た, さし出した, さっとひと, ざっと読んだ, しきり, したためて, しめて, しめて足, しらべたの, しらべたり, しらべて, じっと見, すかして, すかし見る, すっかりひっくり返し, そっと貰った, その軍医, そびやかして, たずねると, たたく人, ちょっと見た, ちょっと覗い, ついたり, つきつけられて, つくったり, つくっても, つくづくと, つくりその, つくり詫間, つくるよう, つけた木綿, つけた毛皮外套, つけた熊, つけなければ, つけはじめるよう, つけます, つけようと, つけ出したの, とりあげた, とりあげる癖, とりだした, ながめた, ながめたる時, ながめては, ながめながら, なでまわして, なにか読みちがえ, のぞきながら, はがして, はさんで, はり出した, ひっくりかえすと, ひろげて, また手, まわって, みおろした, みかえった, みかえりながら, みかえる, みかえると, みせて, みる, めくって, めくり考えペン, もってこい, もつても, もらひたり, よこせとの, ウロウロしてん, ガヤ, ゴトゴトいわせ, ジッと, ジュウスミルヒから, ストックマン博士の, チラッと, バラバラ人, ポケツトに, 一つ加えた, 一ぺん通りジロリと, 一匹の, 一反買っ, 一同に, 一定の, 一寸見, 一覧し, 一覧せよ, 一面に, 一面の, 三十通まで, 上つられ, 下の, 下ろして, 与えて, 与えるもの, 与え同時に, 並べて, 丹念に, 乱打し, 二カット, 二三間も, 二人は, 二十日から, 五分ほど, 今も, 付けた兎皮, 仰いで, 作ったと, 作ったの, 作ったもの, 作った事, 作った頭以上, 作ってること, 作つて広告を, 作りたいと, 作り上げようとの, 作り上げる, 作り上げ部下, 作り年表, 作ること, 作るの, 作る練習, 作ろうと, 作成し, 作成した, 作成する, 併せて, 使うという, 使って, 保存し, 偽造した, 僅な, 兼ねカナ書き人名地名, 内側に, 内見させろ, 再録, 凝視し, 凝視する, 出した, 出て, 出版し, 出鱈目な, 初めから, 判断の, 前に, 前へ, 剥がし布団, 剥がし布團, 割れんばかりに, 匱に, 印刷する, 去った, 参照し, 參考されたい, 取りあげて, 取り出す, 取り寄せて, 取上げました, 取出した, 受け取って, 叩き初めました, 叩くから, 叩くよ, 叩く者, 叩く音, 右へ, 右手で, 各方面, 合併し, 向けて, 吟味せよ, 呈した, 呈したる時, 呈し玄徳, 呼ぶ声, 基礎に, 報告した, 塗りこめて, 変更し, 多少とも, 奇襲せん, 奉ったり, 奉つて, 奉るに, 娘たちの, 子供たちが, 孫権に, 完全に, 家へ, 寄進した, 専領し, 少し歩き廻っ, 尺八で, 居間へ, 左書きに, 差して, 建てて, 廻って, 引っ繰り返して, 引つ繰り返して, 引張りあいながら, 張った毛皮外套, 張ては, 彼は, 往っ, 往来し出した, 征伐し, 得た, 得ること, 得るなり, 必ず守る, 念の, 悪魔どもの, 手に, 手本に, 打った繻珍, 打つた下駄, 打立つ, 押へ, 押破って, 拡げた, 拵えます, 指さした, 指さして, 指して, 指す, 挿入し, 捧げ朝廟, 掃く, 掛けずに, 採ること, 採用し, 探し出しあわただしく, 推称した, 掲ぐべし, 掲げる, 掲示すべし, 描きまして, 撫でて, 撮る, 改めた方, 改めて見直したら, 敬, 敲くから, 断金亭に, 新らしく, 新内の, 明っぱなしこまよせから, 普通に, 暗に威嚇, 暗記せよ, 書かせ一たん玉璽, 書くの, 會員の, 来れば, 東西海陸の, 検めると, 構成し, 機械的に, 次に転記, 次の, 歩いただけじゃ, 歩いたら楽に, 歩きつつ, 歩き回って, 歩くと, 比較検討し, 汚い道心坊, 注意深く見た, 流しが, 流れず地下水, 浄めだした, 深川オペラ劇場主人に, 添えずに, 添えるに, 添える積, 渡した, 渡り来る管笛, 潜った, 潜ったところ, 潜って, 潜りながら, 無視し, 照し, 照らされ菩提樹, 照らし合わせどの, 熟と, 熟覽すれ, 熱心に, 片手で, 用いて, 用いること, 用いれば, 町の, 画いて, 発しましたゆえ, 発って, 発足した, 白痴の, 真っ直ぐに, 眺めた, 眺めつつ, 睨みながら, 睨めまわして, 知って, 研究し, 研究した, 磨き一本, 磨き又, 示した, 示して, 示しながら, 移さず神鬼, 突くと, 突っ切って, 突付けた, 窺うと, 立ち廻って, 立ち退きその後諸国, 立った早水藤左衛門, 算出し, 細長い紙, 締めて, 締めて置け, 締めなよ, 締めねえ人, 締める前, 編成した, 編纂し, 緩やかな, 繰りひろげて, 義元に, 考察する, 自分の, 色々の, 花やかに, 落ち一時, 藤布として, 製作し, 見あげると, 見かえって, 見かえる, 見しながら, 見せたり, 見せた時, 見せまいと, 見せられて, 見せれば, 見それ, 見たら, 見たら五時, 見つめた, 見つめたまま, 見つめて, 見ますと, 見られると, 見るが, 見るに, 見るやう, 見上げた, 見上げながら, 見下した, 見下すと, 見入って, 見守った, 見張つて, 見張らせて, 見張るには, 見照, 見直しに, 見直すと, 覗いたが, 覚える, 観るもの, 観察し, 討平し, 認めた立会人, 認めて, 誘うという, 語って, 説き併せて, 説明し, 読むや, 読んだが, 誰か, 誰か通つて行つた, 調べ, 調べた, 調べたり, 調製する, 買って, 貼ったりっぱ, 質素に, 走る自動車, 走る電車, 超越した, 軍立ちの, 載せた目的, 載せ末, 返されて, 返したやう, 返すと, 述べて, 送るの, 透して, 這い予, 通う穴道, 通った, 通った一度, 通った方, 通つて亂雜な, 通りかかる人々, 通りかかる鈴, 通りすぎて, 通りすぎてから, 通り合せた, 通り旦那さん, 通り過ぎて, 通るの, 通る下駄, 通る俥, 通る兵児帯, 通る別嬪, 通る女子達, 通る客, 通る時, 通る毎, 通る燈籠売り, 通る牛乳車, 通る足音, 通る駒下駄, 通る鮒, 造って, 造る, 過ぎるたび, 遺した, 配られた, 酒屋の, 閉じて, 閉めさせ宵, 閉めた店, 閉めての, 開き見て, 開けないこと, 開ける, 開け戸, 開る, 附けた大, 附け替え又或は, 電車が, 霧の, 頼って, 飾り裏, 飾ること, 飾るをもって, 飾ろうと, 駈けて, 高飛びし, 鰯売が

▼ 表から~ (402, 4.6%)

11 見ると 8 入って 6 はいって, 声を 5 出て, 裏まで 4 入つて, 帰って, 廻って, 裏口へ, 飛び込んで 3 姿を, 案内を, 裏から, 見れば, 覗いて, 覗くと

2 [27件] あがって, お越しに, そつと, はいれ, 一人の, 一緒に, 入れ, 入れて, 出たこと, 出入りの, 利助の, 十手なんか, 名乘, 妹が, 家の, 小屋へは, 廻ると, 廻れば, 得られたもの, 東海道へ, 江戸へ, 消えて, 聲を, 裏へ, 見て, 錠を, 阿波へ

1 [269件] いちどきに家中, うか, おいでと, おすの, おとの, およそ二十名, およそ八十四五里, お客様振っ, お手, お見かけ, かけ込んで, きて, きぬが, ぐるりと, このよう, これへ, しつこく見よう, して, すがた, すぐ密使, すぐ後, ずっと這入っ, そういったの, そうっとうち, そしてアリストテレス, そっと中, そっと覗い, その悲鳴, ただ今お, つづらを, でなくては, では, どやどやと, どろ目張り, のぞいても, はいらないで, はいれば, ひとか, ふいに, まいりましたもの, みえた, もどって, より子が, わかると, わざわざ俺, ガラツ八が, サッサと, セカセカと, ドカドカと, ドヤドヤと, ヌツと, ポール・ゴーガンを, ワーニャと, 一目に, 一通の, 上がらずそのまま, 上方にわたって, 下さるべき推論, 下って, 久しく姿, 乗り込んで, 乗込んだ検地, 二人が, 二枚送られ, 二階の, 京都へ, 仲間が, 何かの, 借りる始末, 偉い人, 先生及び, 入った, 入った物音, 入つた痣, 入つて表, 入らずに, 入らなくったって, 入り着物, 入り難, 入るには, 入るわけ, 公然と, 出かけると, 出れば, 出入する, 出入りし, 出入りした, 出発し, 分かれ分かれに, 割出して, 勝手へ, 勢こん, 勢よく, 十二三歳の, 南京錠を, 厳めしく踏み込ん, 参った玉枝, 参りました急, 参加した, 取次役の, 取調べの, 叩いて, 台所口とは, 右には, 名乗りを, 吹き込んで, 呉れぬ, 告げて, 呶鳴る, 呼ぶ声, 呼んだと, 呼応するであろう, 回れば, 外して, 夜を, 大坂, 夫人の, 奥へ, 奥を, 女の, 嫂が, 害虫を, 射し込む日, 尋ねて, 導いて, 小筥, 尾形警部が, 川口, 差覗かれる, 帰つた儘すぐ, 帰らぬうち, 帰るのでな, 帰国する, 帰府し, 年出生の, 床下を, 店の, 店口を, 廻つて下女を, 廻つて入, 廻つて家を, 廻つて家中の, 廻つて帰つてお出でに, 廻つて脅かし, 引き出した, 引込んだ処, 引込んで, 彼の, 律して, 後に, 得られた弱冠, 御上りなさい, 御急使, 志水が, 忙が, 急報が, 急状が, 態よく, 打明けられた家庭上, 投げ込んで, 押破って, 採ったもの, 於ゆう, 明るくばかり, 是非とも, 暗らい国, 更に大, 来いと, 来たか, 来たの, 来た同心, 来た早馬, 来た時, 来た村松喜兵衛, 来た池田輝政, 来て, 来るよう, 来る人, 格子戸を, 梨枝子が, 櫛や, 正常な, 此様な, 毛利領へ, 水見舞だ, 永禪和尚が, 江戸町奉行へ, 洩れて, 消えました, 消え失せまして, 湧井半, 潜り戸を, 無理を, 爪の, 産児の, 申しますれば, 申せば, 畳石の, 百瀬鬼骨が, 盛んに, 省いたら学校, 眞つ, 眺めた外観, 眺めまわし, 着任する, 知らされた, 磚の, 立つ仲間, 細君空子が, 結婚まで, 絶えず水, 美濃や, 聞き馴れた声, 膝頭で, 舁夫さんでございましょう, 行かれない行かれないから, 行く程, 行って, 行つてちよいとことわつて來て, 行つて見, 裏に, 裏を, 裏側まで, 襲った偸盗, 見えて, 見えるから, 見えるだすると, 見える土, 見たが, 見たところ, 見た両, 見ますと, 覗いた, 覗きこん, 観賞する, 言えば, 計算した, 誰か, 誰かが, 誰も, 誰方か, 越後へ, 足を, 足音荒く, 路地を, 踊り込んだ男, 躍りこんで, 軽くノック, 追放を, 逃げないで, 逃亡を, 這入つて來, 這入れば, 金盞花の, 閣老部屋へ, 降りて, 除外しよう, 露地を, 風の, 飛びこむッ, 飛びこんで, 飛び出して, 飛んで, 飛出すと, 飛田が, 飛脚と, 駆けこんで, 駆け込んで, 黒田

▼ 表~ (189, 2.2%)

6 出て 4 掲げられて 3 得られる, 急に 2 あった, ある, おいて, ついて, できます, 立って, 記述せられる, 開いて

1 [157件] あいたくらい, あげ店, ありまして, あります, あり定刻, あり法, あるが, あるだけ, ある第, あれば, うごいては, えを, え等, お玉さんと, かえって来た, かくも, かけもの, かならず兵, けたたましく叩かれた, ここに, こんなにきびしく, ございます, ごりごりの, さきの, ざわついた, ざわめいて, すむと, その基礎, その根柢, それを, たえず私, たちませぬ, できあがって, できて, とられて, どうしてできた, なお健在, なければ, なんだか騒々しい, はっきりと, ひらいて, ぼんやりする, まえでは, まえと内部, まえの, まえは, まえ看板, また憎らしい, まだ世間, まわって, ようやく白ん, よくここら, わでは, わは, ガラリと, コトリと, ピンで, 一しょに, 一枚ひき破られ, 一般に, 一般的であるなら, 一面に, 乱れて, 亡んで, 人間関係の, 今月で, 作られたの, 俄に, 優柔不断で, 全部では, 全部人口の, 八時半には, 出たこと, 出たので, 出るか, 出るかという, 出るの, 出るわけ, 出れば, 出來, 出来た, 出来て, 出来上ると, 割出して, 劇場や, 動揺し, 呉の, 咳入っ, 地金委員会報告書附録に, 売られて, 変に, 夜中だけに, 夜中丈に, 如何によい, 届いた, 平らで, 彼女を, 必要である, 怪しんで, 投げ出して, 指摘される, 掲げて, 文法に, 明るくなる, 暗くなっ, 書いて, 最も優秀, 最も卓越, 本の, 植木溜め, 正しかった, 正しかろう, 正面から, 此処で, 殆ん, 段々静, 気に, 泣く最, 浮, 浮かばれぬ巨人, 無言ながら, 甘いと, 発行され, 示して, 立たない, 細い栂, 締つて居た, 置いて, 聞きとがめて, 自然に, 薄黒く, 表だけに, 表で, 裏だ, 襖に, 言った, 言ったこと, 訴訟事件の, 誤って, 買えなかった, 貼り出された当時, 載せて, 載せられて, 載って, 載つて, 透きとおって, 長い坂道, 閉ざされて, 電の, 青々し, 騒々しい, 騒々しくなった, 騒々しくなる, 騒がしいが, 騒がしくなった, 騒がしゅうございます, 黒で

▼ 表には~ (181, 2.1%)

3 誰も 2 何の, 勢の, 名宛も, 師走の, 慈望遊謙墓右に, 自動車が, 若い女

1 [164件] あて名も, あらわれて, あるべきはず, ある可, いちど誓った, いつもただ, いないこと, いわれてないこと, うとんじられて, お取り上げこれ, かたきの, がやがやと, きれいな, この土手, ご番士, さして要害, そちらで, それぞれ, それらの, どれも, ないこと, なおそれ, なんにもいない, また一人新手, まだ全く人足, まだ冬, まだ微か, もう十一時, キラ, ヤスリが, 一パイ雪が, 一人の, 不足額の, 中の川が, 主人が, 主人公たる, 二つの, 二子が, 五十からの, 京都瑞光院と, 人が, 仇めいた, 何か, 何も, 何んの, 僕の, 出さなかった, 出してないが, 出し得ない卑屈, 出て, 切った髷, 別に身寄り親類, 勅命尊奉, 同じくお家流, 君子が, 呼鈴も, 啻に五箇年, 四尺四方ぐらゐな四角の, 型の, 型ばかりの, 墨の, 変な, 大勢の, 大名の, 天国と, 奥田孫太夫父子を, 子守唄が, 子安井は, 安徳天皇と, 宛名も, 実に翻訳, 実に見すぼらしい, 富士の, 寒い風, 寒詣り, 小僧衆裏へ, 山口正徳様山口静子様と, 岡一と, 左り, 差出人の, 平均百人の, 座主や, 後姿の, 必しも, 悲壯が, 憚つて裏から, 憚る, 打ちつけの, 提灯と, 既に戦始, 日の, 時ならぬ, 月夜あかるき, 月平均気温の, 月桂冠の, 期限までに, 本人の, 村落の, 板庇が, 林清三君之, 林田英三殿今一通には, 格別時間, 桐の, 桜だ, 正一位稲荷大明神, 殉死とも, 残って, 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀裏には, 河合金兵衛といふ, 泥足の, 満員の, 濃い日, 犬も, 玉の, 現して, 現れて, 白墨で, 益々明るい, 省かれて, 眉も, 眉を, 着いて, 知らぬ人, 神戸信孝様も, 秋川駿三殿と, 稚拙な, 笑顔を, 第一見張所, 紛れも, 絨毛が, 綺麗な, 美しい灯影, 聞えて, 腰高の, 自分の, 苗売り, 荒い格子, 藺を, 見物人が, 親睦の, 角兵衞獅子の, 記されてないが, 語られて, 誰からとも, 貸家札が, 赤い短冊, 赤と, 達者な, 遠い家作り, 遠く汽車, 酔払いらしい, 釈宜, 釋宜道樣と, 金魚を, 鉄柵の, 門口に, 随分激しい, 難解の, 電車の, 馬を, 駕籠屋の, 鵞堂流で, 黒山の, KDと

▼ 表~ (165, 1.9%)

3 待って, 見ると 2 する仕事, 八つ化け仙次と, 女の子の, 行商の, 見張つて, 逢ったって, 遊んで

1 [145件] あらう, あわただしくいう, いたと, うすうすぐらいな, お出ましの, お扶持, かわるよりも, きめて, きれいな, ここに, この騒ぎ, これは, これを, ご用弁と, さわぎを, じっと内, ずるとしても, とらえられたそう, どちらが, はじめなけれ, ぱったり出逢った, むろん壱岐守, もって, やって, やはり人, よいと, わかるよう, わがみ, わたくしの, ガラリと, タクシーを, チュンチュン鳴い, チラチラ噂, チラリと, ホトホト叩き, ヤケに, ラッパの, ワツと, ワンワンうるさくっ, 下線を, 世津子さまの, 並んだ時, 人の, 他の, 会うて, 会うと, 何か, 停つた, 健康者と, 処刑された, 出会っては, 取り逃がした法月弦, 口笛の, 只の, 各区隊長の, 呶鳴る, 商いを, 善が, 埋まって, 大声が, 富士山の, 幽かに, 彼と, 彼を, 待ちくたびれて, 待つて, 微笑し, 忙が, 怒鳴ったの, 戸を, 所謂鬼神をも, 托鉢憎, 拙者の, 拾ふ, 捕り方, 探った所, 斬られたの, 明らかな, 暴れて, 暴行事件が, 本隊と, 来たり, 次狂言, 止ったの, 武蔵様には, 武蔵殿に, 気味の, 海産問屋の, 消したり, 深夜の, 無邪気な, 犬が, 犬の, 犬を, 現わし, 生きちゃあ, 皆揃つて遊ん, 目に, 相模が, 真山刑部と, 睡そう, 示される位置, 示すと, 示す通り, 示威運動を, 突忽として, 立ち聞きを, 第三度目, 聞くと, 聞こえて, 自分が, 自分の, 自動車の, 色弱も, 若い女, 落合うか, 虫が, 袂を, 見た大きな, 見て, 見張って, 見張り番を, 言つてる, 話すという, 話を, 認めて, 説明した, 調べるという, 貧窮組が, 赤ちゃん抱い, 赤格子九郎右衛門一味の, 足音が, 軍議その他の, 逢うなんて, 逢ったからとも, 逢っても, 遣うもの, 配役してる, 配役する, 頻りに犬, 飮んで, 飲んで, 馬の, 馬追い, 騒がれて

▼ 表~ (159, 1.8%)

9 裏と 8 裏に 7 裏とを, 裏の 6 裏とが 5 裏から, 裏とに 4 裏との 3 裏が, 裏とは 2 なりに, 両面から, 同じ乱暴さ加減, 照し合せ, 秩父の, 裏でも, 裏とから, 裏には, 裏を

1 [84件] いい益州, うらに, お玉さんの, ごっちゃに, し兵略, し得るため, すること, する芸奴, する青山, ただ二人きり, ちがい秀吉, なお念, なって, ならべて, なり更に, なり裏, なり陰, なること, なるの, にらめっこを, にらめつくら, エドリッジ・グリーン氏表と, スチルリング氏表とを, ビイルや, 一しょに, 一緒に, 一緒のは, 両方の, 並んで, 二人で, 二重の, 交わりが, 全く一変, 八書でありまし, 別々の, 劉備とは, 労働報告書と, 反対の, 合わせて, 同じもの, 同席し, 呼んで, 商業的な, 大奥との, 奥の, 対比すれ, 張繍は, 彼女との, 悦ばす所, 戦って, 戦ってる最中, 搦手の, 数字とで, 文字盤を, 料理の, 時計とを, 時計を, 比較し, 消毒液を, 照し, 白木綿の, 睨み合せて, 私とは, 籤を, 背比べでも, 自分の, 表と, 裏だ, 裏で, 裏とち, 裏とには, 裏は, 裏色と, 襄城, 襄城の, 見くらべると, 見比べて, 解する人, 解文を, 話したり, 謂ふ, 議し江東, 軍事同盟を, 首っ

▼ 表~ (129, 1.5%)

19 裏も 3 できるわけ, 揃ひ 2 ありは, ない会話, 同じ雪, 悩みも, 殘らず

1 [94件] あった, あらましは, ありまして, ありませんのよ, ありやしないよ, ある, あるらしい, ある裏, あれば, いいけれど, いつも門扉, いなくなったらかえってゆっくり, いろいろな, いわば見, うらも, お勝手も, ここは, このよう, これに, すぐ娘, すつかり, ずいぶん酷い, ずい分根深い, それを, ていねいに, ともに津多子様, とれて, どんなに心強い, ないが, ないけれども, ないそれ, ないといふ, ない人間, ない彼, なかった, なくその, なくムキ出し, まだ暗い, もうすこし生き, よくは, よく分る, わからない黒ん坊, 二尺通り石垣を, 些か形式, 人定まり, 今は, 何から, 何も, 光るし, 全く違っ, 出品された, 加えては, 区別し, 台所も, 叱りつけて, 同様の, 哀れを, 変りない, 外から, 大してち, 妻に, 幟を, 平手に, 彼を, 心得ぬいて, 持たずニュース, 採用され, 換えなくては, 早くから閉め, 時計も, 木戸は, 木戸も, 正確に, 残らずお前, 汽車賃表も, 當に, 真っ白で, 私は, 私を, 紅絹の, 行儀が, 袁紹も, 見えぬほど, 見ずに, 説明された, 読みきって, 読んだし, 軍務に, 遠大な, 閉めて, 雨戸を, 電報も, 鬼門, 麻に

▼ 表二階~ (96, 1.1%)

6 の方 3 の障子 2 に寢, に泊, の一間, の室, の欄干, の窓, の縁, へあがっ

1 [71件] から木立, から裏二階, が正太, が見える, で, では, で三晩, で大きな, で旦那樣, で焼, で畳数, で盃, で立つ, で裁縫, というやつ, とで稽古, と裏二階, にあたる大広間, にいた, にて下男, には遊び人, にも葭戸, にも誰か一組客, に一人, に並んだ, に徳松, に意気, に手摺, に滞在, のおそらくは, のすっかり, の一室, の八畳, の十畳間, の女給さん, の客, の家, の小綺麗, の広い, の床, の座敷, の新しい, の次, の演技場, の炬燵, の狭い, の空, の部屋, の金三郎, の開い, の食堂, はどの, へかけあがっ, へ上, へ上っ, へ上る, へ小僧, へ引出された, へ戻っ, へ案内, へ潜ん, へ移った, へ駈けだし, や裏二階, よりこれ, をかり, を借り, を打っ, を明けさせ, を通して四間, 好ましい酒器

▼ 表~ (91, 1.0%)

4 の方, へ出た 3 と横町

2 [11件] からは見る, から路地, に立派, の一部分, の活動, の街路, の銭湯, は丁度, は銀座, を呼びあるく, を歩い

1 [58件] から日, から真向, から色硝子, から裏, じゃ牛込辺, で中, といわず, にはそういう, には下駄, には及ぶ, には黄昏, に五六人, に住ん, に向いた, に在った, に大, に待たせ, に燈火, に自動車, に雑貨店, に面した, に頻, に鼻緒問屋, のいい, のカフエー, のネオンサイン, のラディオ, の上町, の下駄, の事, の八百屋, の出入口, の口, の家, の灯火, の燈火, の酒屋, は中, は商家, は地下鉄道, は相撲, は紀州街道, は言うまでもない, へも流し, へ出よう, へ出る, へ物, まで聞え, まで駆け出す, も砂ほこり, よりもどこ, を一か所, を南, を招魂社, を探し, を歩み, を流し, を走り過ぎた

▼ 表~ (67, 0.8%)

5 の通り 3 とて横町, に田中屋, のむさし, の方, の若衆, は俄, をば暴 2 の外食券食堂, の相模屋, の酒屋, へものこ

1 [33件] から一木町辺, から急坂, から東宮御所, だつた, で小さい, という, なる大通, にいた, に住ん, に出た, に角店, に道普請, の丁字形, の内山方, の刀自さま, の坂, の宅, の広い, の松平安芸守さま, の流行医者, の流行醫者, の淡い, の角, の須藤, の鳴海屋, へは弾正坂, へものこの, へ帰っ, へ来る, へ行く, へ行っ, へ買物, を離れる

▼ 表まで~ (61, 0.7%)

4 出て, 送って 2 ちょいと, 一緒に, 来ると, 顔を

1 [45件] あの侍, ある限り, いかほど払ったら, お使, お出ましに, お渡り, さしたてられた経歴, そっと忍ん, つけて, どろ, まいりました, むしりとって, よく見調べ, よそおいを, 使われて, 六七里とは, 共に出よう, 出た, 出仕致し, 出迎えて, 前以, 参りとう存じます, 参りまする, 告げまいりました, 帰らなければ, 廻漕なされた, 引きずり出しもうこれから, 引揚げ, 御当家, 戻って, 歩みよると, 流れ出て, 着いて, 立たれるそう, 紅くなっ, 行きながら, 行きなすったそう, 行って, 行つて見送る, 触れて, 送つて, 逃げ出したが, 響いて, 駕籠を, 鵜呑に

▼ 表~ (58, 0.7%)

3 にすれ 2 にしよう, にする, の口供

1 [49件] から駈落となる, さも, それを, だけでも轉, だけはこちら, だけは夫婦, だけ唯々諾々, だけ御, ではない, ではなく, で内実, にいたす, にするなら, にちょく, になりますれ, になれ, には出来ません, には逢坂, に先生家, に吾, に届け, に悋気, の事, の儀式, の出座, の名, の商売, の夫婦, の媒妁人, の年齢, の形式, の手紙, の披露, の理由, の用事, の祝言, の稼業, の罪人, の言い分, の願, は他人, は何, ま手前, キノ口実ガナクナッタワケダケレドモ相, 多分この, 届けは, 承認しない, 柳原, 訴へる

▼ 表では~ (44, 0.5%)

2 何か

1 [42件] あまりお, いかにも大事, お累, この事情, この種, ご隠居さま始め, ただ, なお耳ざわり, みんな追従し, よくそうして, 一七五七年に, 下駄の, 主人としての, 会うが, 体裁の, 全国民中比較的, 出生が, 出生対死亡の, 十四時と, 十年ないし, 各五年ごと, 同じ期間, 垣根を, 士分の, 大工が, 大軍備, 始終わし, 快く笑い, 殺して, 犬の, 生児, 百二十名からの, 結婚の, 自由詩が, 諏訪三郎盛高の, 通りがかりの, 長沢町の, 隠れの, 雨が, 雨の, 頻りに客, 駒下駄の

▼ 表にも~ (37, 0.4%)

8 裏にも 2 大勢の, 慾得は

1 [25件] ある名前, そういう模様, その名, ない, なかった, またとげ, クラブ, 一つの, 二階にも, 入らないので, 出ぬ位, 劣らぬ人立ち, 動揺を, 名の, 変な, 大野一派の, 太字で, 差出人の, 微塵の, 心の, 文字ばかりを, 甲府の, 耀やい, 聞えて, 落葉の

▼ 表~ (33, 0.4%)

2 なア, の宛名, をし

1 [27件] がし, と覆い, には, には同じ, に何, に即ち, のできる, の下, の名, の筆蹟, はお, はさる, は単に, は漢字, をいたしまし, をした, をすませる, を一寸, を打ちかえし見る, を書了, を瞶め, を綺麗, を見た, を見たる, を認める, を読まう, を讀まう

▼ 表より~ (31, 0.4%)

1 [31件] この表, これへ, まかりこして, もどって, 上がりました, 入り来る大原, 出しやば, 堀部安兵衛様, 多少ひつ, 夜の目も, 大原の, 奥を, 姿を, 御帰国, 木造長政を, 次第に進発, 洩るる朧, 申し越し候間この, 申来, 立ち帰りました, 立ったと, 背戸の, 行, 行かむ, 裏が, 裏で, 見るも, 野村喜八郎様到着なされました, 長崎へ, 阿部野へ, 頼もうと

▼ 表われ~ (28, 0.3%)

8 ている 5 ていた

1 [15件] ていない, ていなかった, ていました, ておる, てき, てきた, てくる, ては居らぬ, て居ない, て居る, て智子, て来た, て来ない, て襟巻, 方現象の

▼ 表われる~ (28, 0.3%)

3 のである 2 ような

1 [23件] かということ, ことは, ことも, そうだ, という, といっ, ところな, ところに, とすれ, と自然, には彼, のです, のは, のを, ものが, ものこの, ものは, 事だろう, 事な, 事象や, 作品を, 筈だ, 通りな

▼ 表~ (25, 0.3%)

3 の沢屋 2 に出る, の活計たち, を張っ

1 [16件] できょう, と彼女, には百丁, には相違, の大, の鍵屋, はその, へ, へ引越す, をこの, を取られたくなかった, を張った, を張り, を張る, を構, を立派

▼ 表~ (24, 0.3%)

3 座敷へ 2 むきの, 向きは, 座敷では, 沙汰に

1 [13件] で人, 向きどういう, 向き夫婦同, 座敷から, 座敷なら, 座敷に, 座敷には, 座敷は, 座敷へは, 立つた筆力, 通りも, 高でも, 高と

▼ 表~ (23, 0.3%)

2 家の, 裏に, 裏を

1 [17件] いろいろな, ぐらあたりにはかなり大きな, それに, ジュウスミルヒの, 六波羅向きへは, 地図や, 大奥も, 年貢控えなどを, 年鑑や, 庭の, 李密の, 浦賀辺を, 算術なんて, 蚤取粉などを, 裏から, 裏は, 認識の

▼ 表からは~ (22, 0.3%)

2 二軒置い

1 [20件] いる, いるわけ, その後二回の, はいらずに, もうお蔦, 何頭もの, 入り難い, 出られませんから, 勿論の, 塔の, 奥に, 推論され得ない, 推論し得ない, 明に, 昨夜の, 木戸を, 本堂の, 秀吉直筆の, 見えない戸, 開けひろげたよう

▼ 表~ (22, 0.3%)

3 をしめ 2 を叩く, を開けた

1 [15件] が閉, が開いた, にドサリ身, のはり紙, の開間, はあけられた, をあけたらしい, をそつ, をトントン, をトントントントン, を半分, を叩い, を締めた, を開け放し, を開け放しな

▼ 表はれ~ (18, 0.2%)

4 て居る 2 てゐない, て来る 1 てきた, てくる, てゐる, て來, て好ましい, て居り, となり, 一は, 劇壇に, 春夏秋の

▼ 表~ (17, 0.2%)

1 [17件] かのど, かのどっち, かわからない, か知らない, か表, か裏, つた役柄と, つた記録が, つた記録には, つて出, つて直接我利一点ばりに, という, と考え, と考へ, よいい, 表だ, 裏だ

▼ 表へは~ (17, 0.2%)

2 出て

1 [15件] そちが, つなぎ烽火で, 何の, 先鋒山県三郎兵衛昌景承り, 内藤修理昌豊を, 出ず何, 出ないで, 出られねえ, 参れぬ放せたもと, 少しも, 新年の, 早飛脚を, 護送されなかった, 陸軍病院の, 馬場美濃守信房先鋒として

▼ 表でも~ (16, 0.2%)

2 奥でも, 裏でも

1 [12件] あったの, ある, 作つて貰は, 分るよう, 大徳寺でも, 嫉妬の, 将軍家を, 必ず自動車, 百五十円迄, 皆賛成, 聞いて, 謙信にたいして

▼ 表からの~ (13, 0.1%)

1 [13件] お達しで, 使いである, 使いは, 便りを, 光で, 声, 大軍令, 引用に, 御用駕籠だ, 知己でも, 示達が, 軍令奉書を, 飛脚便りを

▼ 表~ (13, 0.1%)

1 [13件] で何個, に, にこれら, にそれ, にはこれ, にはほ, にヨーロッパ, に容貌, に括弧, に見出す, の時刻, の火山, 自療法

▼ 表という~ (12, 0.1%)

2 のは 1 のが, の全く, ものが, わけです, 下駄の, 便利な, 所は, 政治的な, 言葉が, 言葉は

▼ 表とは~ (11, 0.1%)

1 [11件] いつのまにか深い, ずいぶん以前, まるで違, 以前の, 全く異なる, 同宗, 多年交わりが, 書生時代から, 畳表の, 血縁の, 限らないが

▼ 表とを~ (11, 0.1%)

1 [11件] すかして, 各班, 塗りかくして, 往復し, 支えて, 比べて, 比較研究した, 私に, 見せて, 買って, 麺棒に

▼ 表によって~ (11, 0.1%)

2 見ると, 見れば 1 いつでも, できるだけ正確, 互いに縁, 意欲する, 掲げられた孔明, 計算できる, 調べる

▼ 表はせる~ (11, 0.1%)

3 なり 1 といふ確信, と云, と論じた, なり天, にて數字上, のが, 印を, 異名なり

▼ 表構え~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, だけの薄っぺら, だった, の家, の隣家, はさほど, はただ, は粋, は茶店, よりは小綺麗, を釘

▼ 表からも~ (10, 0.1%)

5 裏からも 1 乗り込めず万事, 土足で, 態よく, 秀吉の, 見透しの

▼ 表だった~ (9, 0.1%)

1 か出た, ことの, と記憶, のだ, もので, 使いで, 后の, 社交の, 筆力を

▼ 表てに~ (9, 0.1%)

1 あらはれた意味, あらわれたこと, いる筈, 出て, 十帖の, 外套は, 気を, 顔を, 駈け出して

▼ 表はれる~ (9, 0.1%)

1 か, かといふこと, といふ, として左傳, と思ひます, やうな, 理由とは, 筈だ, 訣だ

▼ 表だけ~ (8, 0.1%)

2 では 1 であるが, で莫迦, 三十円で, 見えて, 見ると, 買って

▼ 表との~ (8, 0.1%)

1 交渉は, 住居は, 境いへ, 外交交渉の, 対照で, 見えざる穴道, 関係が, 隔ての

▼ 表によるに~ (8, 0.1%)

1 その会, スウェーデンに, 中小学校の, 二百四十三種あり, 人民中宗旨を, 政府にて, 新教宗に, 有志の

▼ 表への~ (8, 0.1%)

1 出府も, 出馬を, 報告とて, 御報告, 早馬です, 注進の, 聯絡は, 達しは

▼ 表~ (8, 0.1%)

2 医師無 1 医師後, 医師見習, 本営へ, 番医師後, 番医師百五十俵芝田七丁目, 老中から

▼ 表階子~ (8, 0.1%)

2 の方 1 の取附き, の口, の欄干, の辺, へ寄った, を下りかけ

▼ 表における~ (7, 0.1%)

1 一謀員だった, 出生の, 大疫病, 宗家の, 年結婚が, 木挽の, 興味と

▼ 表だって~ (6, 0.1%)

2 舞台へ 1 不和な, 出ること, 準太上天皇, 破壊を

▼ 表ての~ (6, 0.1%)

2 駒下駄を 1 ようです, 四条通では, 間へ, 青田も

▼ 表とに~ (6, 0.1%)

2 居て 1 一本宛あります, 別れて, 別れ住もうとも, 距る

▼ 表などを~ (6, 0.1%)

1 のんきそうに, ひろげただ, 探して, 熱心に, 眺めて, 見ないでも

▼ 表において~ (6, 0.1%)

1 仰せ出だされ, 手馴れた真槍, 殿様御, 著しい, 薨御遊ばされ, 辿るならば

▼ 表へと~ (6, 0.1%)

1 でて, 心に, 探し回っても, 立出しが, 自己を, 走り出たり

▼ 表へも~ (6, 0.1%)

1 お使い, よしなに披露, よしなに達しおかれたい, 出られないよう, 御供つかまつらず, 通れないこと

▼ 表われた~ (6, 0.1%)

2 ものは 1 のは, 世界は, 優美な, 大きな光景

▼ 表六句~ (6, 0.1%)

1 が出来ぬ, のわびた, の中, は一つ, をそう, を除い

▼ 表文字~ (6, 0.1%)

2 をもっ 1 の作用, も萬國音表文字さ, も觀念, を使用

▼ 表~ (6, 0.1%)

2 というもの 1 があっ, とはどんな, の事, や池田氏

▼ 表~ (6, 0.1%)

2 を歩く 1 からふたり, で爽やか, へ引上げ, へ駈け出します

▼ 表だけは~ (5, 0.1%)

2 立派に 1 すこぶる立派, ちゃんと水平, ノコノコ出かけ

▼ 表つき~ (5, 0.1%)

1 の一構え, の気, はきらい, は武術道場, 薄形

▼ 表として~ (5, 0.1%)

1 一応は, 出来兼ねまする, 恥でない, 支持し, 賊を

▼ 表など~ (5, 0.1%)

1 お綴ぢ, なげ出して, めちゃめちゃに, 振り向きも, 見てから

▼ 表について~ (5, 0.1%)

2 考うる 1 ジュウスミルヒは, 女子の, 数学の

▼ 表にまで~ (5, 0.1%)

1 出て, 拵えたもの, 滲み透つて, 聞えわたったこと, 色に

▼ 表による~ (5, 0.1%)

2 訂正 1 方が, 検査は, 検査を

▼ 表われない~ (5, 0.1%)

1 が例えば, という, 公理又は, 場合には, 面だ

▼ 表張繍~ (5, 0.1%)

2 の兵 1 とても先ごろ, の両, を見

▼ 表~ (4, 0.0%)

1 ずが, ひな借, 六波羅へ, 分らず二人

▼ 表といふ~ (4, 0.0%)

1 ものが, やうな, 意味で, 樣な

▼ 表とが~ (4, 0.0%)

1 あつて, ないと, ぬけて, 混同し

▼ 表とも~ (4, 0.0%)

2 裏とも 1 思われる一枚, 質素を

▼ 表~ (4, 0.0%)

1 のである, やうだ, んだ, 樣だ

▼ 表むき~ (4, 0.0%)

2 には遠のいた 1 おっかさんと, この道場

▼ 表よりも~ (4, 0.0%)

1 一層見事, 坂本の, 正確の, 肚を

▼ 表~ (4, 0.0%)

1 せる, るるところ, るるもの, るる肉体

▼ 表~ (4, 0.0%)

1 だけセメントづくり, に幾分, ののめり, の赤く

▼ 表付き~ (4, 0.0%)

1 から中, の下駄ヒョッ, の中歯, の貧弱

▼ 表使格~ (4, 0.0%)

2 に進められ 1 になっ, になつて

▼ 表~ (4, 0.0%)

4 のごとし

▼ 表~ (4, 0.0%)

1 が千年, の精, を伐っ, を取り

▼ 表返し~ (4, 0.0%)

1 てちょうど, てマドロス, にし, に覗い

▼ 表からと~ (3, 0.0%)

1 照し出され, 皮肉られ恥, 裏からと

▼ 表がかり~ (3, 0.0%)

1 がいかにも, が寒頂来, の贅澤

▼ 表だけを~ (3, 0.0%)

1 一枚貼った, 草し, 造作した

▼ 表である~ (3, 0.0%)

1 から, が単に, のは

▼ 表と共に~ (3, 0.0%)

1 これを, 使者へ, 演壇上に

▼ 表なら~ (3, 0.0%)

1 どうにでも, ば格別, む

▼ 表なる~ (3, 0.0%)

1 ものを, 塗籠は, 訳字は

▼ 表にて~ (3, 0.0%)

1 かくかくの, 事を, 將軍御

▼ 表にゃ~ (3, 0.0%)

1 あんたが, 出られぬバー, 駕が

▼ 表はれた~ (3, 0.0%)

1 といつ, 疾患部を, 表情が

▼ 表ばかり~ (3, 0.0%)

1 で裏, 立派で, 見て

▼ 表へでも~ (3, 0.0%)

1 乗り出そうとは, 落ちようという, 高飛びし

▼ 表へなど~ (3, 0.0%)

1 いま参っ, おいででなけれ, 移るの

▼ 表三階~ (3, 0.0%)

21 の十四号室

▼ 表~ (3, 0.0%)

1 儀も, 長吏, 門から

▼ 表及び~ (3, 0.0%)

1 ナーゲル氏アノマロスコープを, 天文志だけは, 石原氏表を

▼ 表小御所~ (3, 0.0%)

1 のほう, の陣座, は陣営中

▼ 表~ (3, 0.0%)

1 に出, の敷石, の片すみ

▼ 表~ (3, 0.0%)

1 の庭, の往来, も裏

▼ 表~ (3, 0.0%)

1 には四足獣, の一見奇異, は紀元前四五〇年

▼ 表~ (3, 0.0%)

1 から消え隠れ, に捕われ, のみで

▼ 表~ (3, 0.0%)

1 が呼び止め, とは墓, の問い

▼ 表あり~ (2, 0.0%)

1 て御殿, て華表

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 も被, 歩いて

▼ 表かとも~ (2, 0.0%)

2 存じまする

▼ 表こそ~ (2, 0.0%)

1 これからの, 男の

▼ 表さむ~ (2, 0.0%)

2 と試むる

▼ 表すなわち~ (2, 0.0%)

1 出生のみから, 前記の

▼ 表たる~ (2, 0.0%)

1 に止まる, 此文の

▼ 表だけが~ (2, 0.0%)

1 あいて, ぴかりぴかりと光る

▼ 表だけの~ (2, 0.0%)

1 僧形で, 天変地異では

▼ 表だつた~ (2, 0.0%)

2 べすか

▼ 表だの~ (2, 0.0%)

1 名古屋から, 小さい壁新聞

▼ 表つき一杯~ (2, 0.0%)

2 に掲げられ

▼ 表てで~ (2, 0.0%)

1 待って, 待ってるおれ

▼ 表てと~ (2, 0.0%)

1 奥とは, 覚しい側

▼ 表てまで~ (2, 0.0%)

1 来て, 見送ったが

▼ 表てを~ (2, 0.0%)

1 かえして, 叩く音

▼ 表での~ (2, 0.0%)

1 悲惨な, 蘭館への

▼ 表どおり~ (2, 0.0%)

1 お預り, に扉

▼ 表などが~ (2, 0.0%)

1 よいお手本, 飾られて

▼ 表などで~ (2, 0.0%)

1 年代が, 飾られて

▼ 表などの~ (2, 0.0%)

1 刷込まれた二つ折小形, 惨めな

▼ 表なりと~ (2, 0.0%)

1 ある, せば

▼ 表にだけ~ (2, 0.0%)

1 明るさ, 載って

▼ 表にばかり~ (2, 0.0%)

2 で四辺

▼ 表に対して~ (2, 0.0%)

1 優越性を, 反対を

▼ 表に対する~ (2, 0.0%)

1 圧力は, 懐しい友愛

▼ 表に関する~ (2, 0.0%)

1 その興味, 新観察

▼ 表のみは~ (2, 0.0%)

2 一面に

▼ 表はれない~ (2, 0.0%)

1 と, といふこと

▼ 表へという~ (2, 0.0%)

1 ぐあいにゆうゆう, 惣次郎が

▼ 表べに~ (2, 0.0%)

1 人を, 親切を

▼ 表べは~ (2, 0.0%)

1 ただニヤニヤ, 知らん顔を

▼ 表までは~ (2, 0.0%)

1 洩れきこえなかった, 長い道

▼ 表をも~ (2, 0.0%)

1 呑みこんで, 大奥をも

▼ 表を以て~ (2, 0.0%)

1 呉帝に, 和を

▼ 表以上~ (2, 0.0%)

1 の狂相, の矛盾

▼ 表使~ (2, 0.0%)

1 のお方, を勤め

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 から呼びたてる, で呼びたてた

▼ 表出立~ (2, 0.0%)

1 という騒ぎ, といふ騷ぎ

▼ 表向い~ (2, 0.0%)

1 て相, て神尾主膳

▼ 表品源平時代~ (2, 0.0%)

2 の参考

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 でゆく, はこの

▼ 表御用有~ (2, 0.0%)

1 之御, 之早々

▼ 表~ (2, 0.0%)

2 あらはる

▼ 表~ (2, 0.0%)

2 なかりしのみ

▼ 表~ (2, 0.0%)

2 の駒下駄

▼ 表構え一面~ (2, 0.0%)

2 に格子

▼ 表~ (2, 0.0%)

2 のごとく

▼ 表現せられ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, 又保持

▼ 表現せられる~ (2, 0.0%)

1 ところに, ものが

▼ 表町通り~ (2, 0.0%)

1 の熾烈, の紙店

▼ 表神保町~ (2, 0.0%)

1 の何, の質屋

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 の道路, へは厭

▼ 表~ (2, 0.0%)

2 終わり

▼ 表~ (2, 0.0%)

2 の人道

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 など, は裏

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 させて, の系圖書

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 の役人足軽共, の頃

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 から出版, があり

▼ 表附き~ (2, 0.0%)

1 は明, は船宿

▼ 表~ (2, 0.0%)

1 袋から, 袋へ

▼1* [304件]

あえて結ぼうと, 表あけてから何, 表あげなければいけない, 表うんぬんの文句, 表ツかね, 表おくれてしまいました, 表およそ羅刹の, 表かいたり中, 表かいな借さ, 表かえし裏かえし見た, 表かきましょうね, 表かたの家臣ども, 表かなんぞのように, 表からけえって, 表からだけでは, 表からでも裏からでも, 表からとして菓子を, 表からにしようか, 表からよりも裏から, 表きょう三十日できょう, 表くらいしかなかった, 表この前の, 表ごときへ身, 表さまとお, 表さるべき冒険好きの, 表さんの病気, 表しかたは不十分, 表じゃ何んとか, 表その他謄写料というの, 表だけに発達する, 表だたば北村大学殿, 表だちては祀られず, 表だちました責任者に, 表だってのご賞美, 表だろうが生きた, 表面は, 表てから雇いの, 表てが動くの, 表てだけ読んで, 表てのみは一面に, 表であって読みつくし, 表であり之によって, 表であり生きる自体である, 表であろうぞ, 表でございますこんな処, 表でさえも暗いのに, 表でしきりと, 表でしたが改版毎, 表でしょうか, 表ですが探偵, 表でなければならない, 表といったような, 表とから叙述した, 表とではまるで地獄, 表どんな所にも, 表なしの品, 表などと貴公奉行所の, 表などという数学的な, 表などへおいでなさらなけれ, 表なりけん, 表なればきっと, 表なんかへ逃げは, 表なんぞ頭から, 表なんぞを応用し, 表においてはすでにすべて, 表においてもあらゆる議事, 表におきまして赤穂の, 表にこそはいくらか宵星, 表にしか見えなかった, 表につき添って, 表につれてめえりました, 表にては当然の, 表によつて二三品料理を, 表により暗号文中の, 表によるよりも後表による, 表にわかに兵を, 表に対しては将軍家師範という, 表に従って学説の, 表に関して述べた事情, 表のうへでは脈搏と, 表のうへにうけて, 表のての字の, 表のみを見て, 表はさんため衣を, 表はしであり後者, 表はせるならむ, 表はには云ひよらず, 表はるべき事功のみを, 表ばかりになって, 表ばかりの云うこと, 表へまで芋俵が, 表べこそ尊み, 表べやでやっちゃ, 表べを剥ぎ去れば, 表または裏各, 表までが自然主義の, 表までの能登加賀にわたる, 表までもよく見調べてる, 表みたような, 表みたいなもの, 表むき立ったり蹲ん, 表やっと出来ましたから, 表よりに長卓に, 表よりは色も, 表るるときは, 表われぬ動機が, 表をかへすと, 表をさえくりかえして, 表をのみ飾りたる衣, 表を通じて散見し, 表アフリカコンゴオの林中, 表ドア越しに広場, 表てハ奉行所ニ, 表ニ仁風ヲ熾ニシ, 表ニ由リテ石器時代人民ノ如何, 表有スル在所人ニハ一回ヲ増ス云々, 表・台の製造販売業, 表一つ行つて見て, 表一千余字かりそめ, 表一枚が他, 表一町の意地敵, 表一面に漲る, 表七分の六の左側, 表七千騎の内三分の一, 表の面上段, 表三分ほどまでさしこん, 表三日から十日, 表三畳の大家屋, 表に諸, 表中央下に, 表中最大の結婚率, 表中猛とある, 表九州の都, 表と, 表二三間は細い, 表二番町の駒井, 表二番町通り南側を含み, 表二階一ぱいに書生たち, 表二階三十室ばかりかぎ, 表二階二た間, 表人物とその, 表ノート忘れ, 表今更白柄組とやらの, 表付き中のぐあい, 表付下駄銀柄の舶来洋傘, 表付変りて待合, 表以来お十夜, 表以来何人よりは一番そ, 表作りがなつかしく, 表之引揚, 表矢の, 表の羅, 表充分に監視, 表にし, 表全体における最大, 表八幡の傀儡子, 表八幡社の末社四十體神社, 表共党派が目立っ, 表出帆日程或はクツク, 表別に一枚書い, 表医師被仰, 表医師百五十俵三十人扶持小島春庵で和泉橋通, 表医者を命ぜられた, 表十二月に入っ, 表十日より二十日, 表十組の橋立, 表半分雨戸をしめ家, 表のよう, 表即ち目じるし, 表参覲の節, 表參覲の出がけ, 表つ鏡, 表只柏益一人並無伯益柏翳分二人, 表向お樂夫婦と, 表向きゃ手習いの, 表向こんな愚劣, 表向人の許嫁, 表はまだそれほど, 表問屋の者, 表の中, 表四番町のかなり, 表四間に奥行五間位, 表大江戸切っての, 表奇兵を発し, 表なる語, 表寄りの九畳, 表小使山本九郎右衛門家来と云う, 表屋敷とのちょうど, 表履歴書その他臨時の試験等, 表左側下に, 表差裏鋩尖何や彼, 表市ヶ谷の上屋敷, 表の綴糸切れたる, 表帋板下絵を描く, 表帋見本を持, 表を結び, 表年々日増しに御, 表庭の, 表広間を横切っ, 表廊下から外, 表引拂候得共右御條, 表引越被仰, 表形法はまた, 表との境, 表役秀吉の名代, 表御堂の方, 表御用相勵拙者共において先, 表忠塔のある, 表が此老女, 表悼影という友人, 表惣門の旁, 表或いは命題の, 表にだにかく, 表文字さへ聲音, 表日出の地, 表日本の区劃, 表日本岩手県上閉伊郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 表早馬町四十番地に一戸, 表書只今のよう, 表に高知, 表月俸表と対比, 表有志間中非常に中傷, 表東海道を通る, 表にとまつ, 表柱頭千載の後, 表の通った, 表梯子の方, 表棒その他は黒い, 表次に裏, 表殆ど出来て, 表河北の袁紹, 表河野争議部長が下, 表法ドイツの民族法, 表の盛岡北山, 表を読みます, 表玄徳などが留守, 表現せられたものの意味, 表田沼様お乗出し, 表町三五郎は再びハッ, 表町傳通院の前, 表町我が通る, 表町新坂町辺の老若男女, 表町裏町の称, 表は故, 表は八日, 表な神, 表的作用を変化, 表相場表の如き, 表にし, 表祝ポスターが町, 表神保町通りへ立ち退かせた, 表神田でご, 表積みは半分, 表立てて見る, 表被成下度, 表章以外ノ物質的生活, 表章旗の一部, 表の上, 表米穀払底の折柄, 表緒方洪庵の許, 表縛った縄は, 表縛つた繩は荷造用, 表のほか, 表職中一の手利, 表の武術, 表行き急度申, 表街近くなった明るい, 表袁紹を討とう, 表裁許掛は, 表裏官体と稼ぎ過ぎる, 表裏屋根の上, 表裏裏表と繰返し繰返し, 表西には張繍, 表の上州屋, 表を見, 表解風に書い, 表とにぴったり, 表計算をやった, 表計算表相場表の如き, 表についてこれ, 表に現, 表護送となっ, 表近きところに, 表通下駄の音俄, 表通交易御免之有り, 表通宮内省御用邸塀外に老, 表通岩谷天狗の煙草店, 表通蕎麦屋の軒, 表造りの医院, 表道具に関する探索詮議, 表道路の方面, 表は猫, 表金剛も競争, 表長い石階社殿俳句の, 表に, 表間切こちらは, 表に鵠立, 表離室亭すべてが旧家, 表露語の広告等掛け, 表革鼻緒の雪駄, 表であった, 表飛騨へも鮎釣り, 表の事, 表飾りの景気