青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「衣裳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

衛門~ 衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳
衣裳~
~表 表~ ~表情 表情~ ~表現 表現~ 表象~ ~表面 表面~ 衰弱~

「衣裳~」 1943, 20ppm, 5697位

▼ 衣裳~ (548, 28.2%)

38 つけて 27 着て 12 着けて 10 身に 6 着せて 3 きて, 取り出して, 着かえ, 着せたよう, 纏って, 脱ぎ捨てて

2 [28件] して, ずたずた千, つけた一人, つけた若い, ぬぐの, まとって, もらって, 一様に, 作って, 借りに, 剥ぎ取った肉体美, 含めて, 奪って, 拡げて, 改めて御, 着かえて, 着けた時, 着た若い, 着る, 着変えて, 着替えて, 着用せざる, 着飾って, 纏ひ, 脱いで, 見に, 解いて, 買って

1 [381件] あつかって, あてが, あらためて初太郎宇之吉, いただき劒, おつけに, お倉庫, お取りかえ, お召し, お召しなされ, お著, お返し申す, かえたが, かえなければ, かかえながら, かくの, かけたよう, かけ並べ木戸, かなぐり捨てブロンド, からげて, きせて, きらきら光らせ, きらめかしながら, くふう, くるくると, こしら, こらして, させましたが, さらさらと, したお, したもう, しっかり持っ, せっせとほし, そのま, そのままで, そろえて, たくさんお, ちょっと一枚上, つくつて命, つくろいはじめた, つくろわず化粧, つけさせました, つけたがり, つけたどこ, つけたるもの, つけた人形, つけた他, つけた僧侶たち, つけた冴子, つけた役者, つけた接待役, つけた正, つけた當年, つけた踊子, つけた金髪令嬢, つけた針金人形, つけた頗る, つけては, つけに, つけぬ女, つけました, つけられても, つけるが, つけるため, つけると, つける時, つける気, つける番, つける間, つけ楚々と, つけ舞台に, つけ鈴, つけ長髪, つけ靴を, つれづれな, ととのえ一年, とりかえさせたの, とりかえた, とりかえ帯, ながめたり, なぜ着せた, ぬいで, ぬがされ代り, ぬぎにかゝつた者さ, ぬぐ, ぬぐと, ぬぐ人, はじめ主な, ひきずり, ひけらかして, ひろげながら, ひん剥いて, ほめながら, まとい多く, まとうと, まとつて, まとふその, まとふてゐたなら都会, まとふて現れて, まとわぬナイーヴ, もって, もみくちゃに, やったり, ダイナミックに, フェチニヤの, モンフェルメイュまで, ラザルスに, 一つ流行文様に, 一揃え, 一枚, 一枚一枚はい, 下されたい, 不思議な, 与えるの, 主と, 乾かす, 交換した, 交換た, 付けりゃあ, 何処かへ, 何処からか, 作つたり, 借りたらしくコールテン, 借りて, 借り出す経験, 借り着した, 借り自らこれ, 側に, 先生の, 凝らして, 出して, 剥がれた贋手代, 剥ぎとられ杙, 剥ぎ取った者, 剥ぎ取って, 剥げば, 取りよせたので, 取り出した, 取り出したお, 取り出すの, 召して, 司るの, 噛む沙門, 地平線の, 変えた, 外しに, 大切がる, 大宮は, 大胆に, 女王の, 好んで, 始末する, 家の, 寄せて, 寄贈る, 小女と, 小脇に, 少し穢した, 届けて, 崩して, 工夫し出します, 干して, 平気で, 幾組みも, 引いて, 引きずりながら, 引きゆ, 引つぱり, 引張り廻して, 引摺りながら, 引裂くと, 強ゐ, 待ったり, 惜しんで, 所望した, 手から, 手に, 抜ぐとそのまんま, 抜衣紋に, 拝むの類, 拝むは, 拝んで, 拝借した, 拡げ出しては, 拵へて, 持って, 持つて, 持て, 振り乱した美しい, 捧げた美童二人, 捨てて, 掛けながら, 揃えて, 換えて, 搜しませう, 支配する, 改めたの, 改めてはみた, 改めて出勤, 改めて客殿, 改めて床の間, 改めて文明, 整えました, 施す, 更え, 曾て, 替えて, 替える, 替へて, 来て, 染めて, 棚へ, 次ぎ次ぎと, 残らず身, 汚したる方, 洩れて, 流石に, 浅黄木綿石持の, 淡色や, 源氏は, 火中する, 火中に, 片付けて, 男の, 畫くに當り, 異にし, 異にする, 盗みだして, 盜ん, 直す部屋, 真っ赤に, 眺めると, 眺め廻して, 眺め触つて, 着ある, 着かへ, 着が, 着けず粉黛, 着けその, 着けたまま彼, 着けた人たち, 着けた人達, 着けた大臣達, 着けた夫人, 着けた女連, 着けた女達, 着けた姿, 着けた美留女姫, 着けた老, 着けた背, 着けながら, 着けまだいくらか, 着けるため, 着け出すと, 着け扇, 着け美しい, 着け自然木, 着さも, 着せかえた, 着せたと, 着せたに, 着せた生き人形, 着せられた, 着せられた後, 着せられた田山白雲, 着せられて, 着せられました, 着せるやら, 着せ追って, 着その, 着それから, 着たの, 着たまま, 着たマルグリット, 着た一人, 着た二人, 着た四人, 着た少女, 着た幡江, 着た廓, 着た神主達, 着た老人, 着た黒人, 着ちゃあ, 着るが, 着代えて, 着代えると, 着合うもの, 着咽喉, 着忍び足, 着換えて, 着換えようと, 着換えると, 着換え再び, 着替え大小ぶっ, 着様々, 着用できる, 着細身, 着飾り酔客, 着髪, 着黒, 立派に, 絞ったが, 縫って, 纏うた哲學者, 纏うと, 纏った綺羅子, 纏わざるを, 纏わせて, 纏わぬぞ, 纒い, 纒った, 纒へる, 義母と, 羽織つ, 考案し, 考証し, 脱か, 脱がして, 脱き, 脱ぎこれ, 脱ぎ下帯, 脱ぎ捨, 脱ぎ捨ててから, 脱ぎ換えはじめました, 脱ぎ行水, 脱ぐと, 脱ごうと, 脱ごうとして, 脱る, 脱却する, 與へて, 著け, 著けた貴婦人や, 著て, 著武具を, 著貸間を, 著飾っ, 被いたまま, 被りしに, 裾模様の, 見せた, 見せたり, 見せられる, 見た, 見たり, 見つけて, 見て, 見ても, 見ると, 見るに, 見上げた, 見付けたや, 見栄の, 見直し熱情, 見立てて, 見違えるよう, 解き捨てて, 調えた, 調へ, 調べて, 貰ったばっかりに, 買いこむやつ, 買いたいし, 買い調えて, 買は, 貸して, 越して, 踏んだと, 退げ, 選んで, 配る時, 重ねた女中, 重ねました, 重ねること, 重ね着, 附けて, 電燈に, 静かに, 頭から, 飾って, 飾ること

▼ 衣裳~ (288, 14.8%)

6 上に 4 裾を 3 片袖, 胸に, 色が, 色の, 袖を, 裾の

2 [18件] ことに, なかに, ような, ように, 上から, 上へ, 中に, 乱れを, 好みや, 如く身, 御引移し, 方が, 方は, 晴れやかな, 流行に, 裾から, 裾が, 襟を

1 [224件] あげ帽子, あちこちに, ある方, うえに, うごきゆるやか, うちに, うつくしさ, うねりに, おもむきが, お手本の, お手本を, かくしに, きこなしが, ことには, ことを, しつけ, そとまで, ために, ための, はやりと, ほうは, ほか私たちの, ままで, まま庭面へ, まま畳の, まま飛び込んだ, もとで, ものであった, やうに, ようだ, よろこびと, キレは, ダンサーが, ダンサーと, ポケットに, 一つで, 一つであった, 一揃, 一枚位は, 一部だった, 下から, 下に, 下にも, 下へ, 世話を, 両手を, 中から, 中が, 中へ, 乞食芝居であり, 乱れ男女相, 二つの, 二枚重ねに, 二重三重もの, 人の, 今日傳は, 仕立てや, 仕立方と, 仕立物を, 代も, 何と心憎い, 佳麗を, 使用が, 借出し, 借出しと, 全体を, 内外の, 前よりも, 前を, 卓を, 単衣, 取極め, 古雅荘厳さや, 台の, 問題では, 嗜好は, 塵払い合唱の, 外へ, 多くは, 夫, 女を, 好みとを, 好みに, 好みについては, 好みにも, 娘と, 宝庫で, 宣伝ビラを, 小切れも, 川風に, 差が, 差では, 彩色が, 影で, 影を, 彼女の, 懸けら, 或る, 手伝いを, 損料屋, 損料貸しを, 支度を, 散らかって, 数々を, 整は, 數, 料を, 断ちぎれ, 新奇を, 方へ, 方も, 暗く沈んだ, 柄や, 柄選みの相談役に, 染模様を, 染色模様なども, 染色模様抔も, 様子で, 模様にも, 模様は, 模様人体の, 歴史的考証を, 沿革を, 洋服は, 流行の, 浴衣地は, 熱いの何, 特徴角と, 用意も, 由来です, 番も, 番卒の, 皺さえ, 直線的美感を, 着くずれ, 着こなしでも, 着せかえにも, 着つけその他万端, 着つけにしか, 着換へが, 着附け, 研究に, 祟りだなぞ, 立派さを, 端かを, 端が, 端に, 筐の, 精霊は, 紋から, 紋は, 紋や, 紋所に, 綺羅を, 緑や, 線を, 美しい小さい人形, 美しさ, 美なる, 翻える, 考証とかいう, 考証に, 聞き合わせの, 肥った蒼白い, 背後が, 背後に, 背景として, 胸や, 色も, 色を, 色彩と, 色彩によ, 色彩の, 色彩や, 色彩を, 色気が, 芸者とが, 荷物が, 華やかさを, 華やかで, 華美な, 華美なる, 虫干しです, 衣擦れの, 袂の, 袂や, 袂胴裾と, 袖から, 袖に, 袖は, 裃つけ, 装飾的絵画的効果同じく, 裡に, 製作の, 裾なども, 裾には, 裾や, 襞に, 襟から, 襟が, 見張りで, 見本を, 見立に, 親方や, 詮議それも, 調和せる, 象徴な, 豪華な, 費用といふ, 費用にも, 質に, 赤い裾裏, 趣味は, 身に, 身を, 輝きに, 輪廓の, 重さ, 重みと, 金色と, 間に, 陰に, 陳列会も, 飾人形だ

▼ 衣裳~ (96, 4.9%)

2 次々に

1 [94件] あった, あったろう, あって, あまり美しく, あるとでも, あるの, いく通りも, うごいて, うすら, えして, えを, かかって, かぶせられるの, きらきらと, きらひで, くたくたに, ごっそり失くなっ, さらさらと, そっくりそのまま二階, つき纏って, とどいて, どうだ, ないから, ないので, なく同じ, なけりゃ駄目, ほかに, ほどこされたの, みんな数十万円の, よく似合う, 一と, 不恰好に, 乾したまんま, 今年は, 余りにも, 作られて, 八畳の, 即ち實, 取りちらかして, 同じな, 壊れたとかいう, 大きすぎ, 大雨に, 如何に, 婦人の, 客を, 少し出, 届いて, 届けられた, 崩れ夜目, 崩れ落ちて, 帷の, 弾薬塔や, 彼女の, 御覧に, 必要な, 所々破れ, 打ちかけられて, 拙い, 掛けられて, 日本で, 気に, 気に入らないで, 汚く煤け, 沢山ある, 派手である, 点々と, 無造作に, 焼け松竹会長, 破られた, 秩序正しく, 竝ん, 簑笠に, 糊で, 紫地の, 置いて, 荒廃した, 蔵って, 蟲干の, 行ったまま, 要るよう, 見えなくなったと, 見られた, 見受けられる, 豪華な, 赤く青く, 近所の, 邪魔に, 長襦袢やら, 隊員と, 雑巾の, 高い悪, 鬘なども, 點

▼ 衣裳~ (85, 4.4%)

1 [85件] お眼, お納戸色の, お金を, かえて, かけて, くるまって, この類, した幾班, しつくり合つて, しみて, すれども, だてを, だという, つく物, つけその, つけるレース, でき上がった物, なった彼女, ならつて, やはり何, ダイアモンドを, 三枚歯の, 不相当, 乗り移って, 亂暴を, 事欠かないほどの, 二には, 二千両三千両, 例へ, 働かす活溌, 儀式用の, 利休茶の, 包まれた空虚, 化けたの, 区別が, 十二章を, 台座を, 同じ鞘形, 吸い着いて, 墨染めの, 多少の, 大紋打った, 奇羅を, 女よりも, 女房用の, 對し, 就いて, 心を, 慣れようと, 手を, 押されて, 於ける科学的真理, 於ては, 替えさせお, 殺気が, 気を, 水晶の, 水玉を, 汗と, 浮き身, 添ふ, 滴る, 無紋の, 白ぐけの, 白博多の, 白袴色白の, 目を, 着換えた蝶々さん, 着替えて, 紋処な, 紺献上の, 緞子と, 胸飾り, 腰衣を, 至つては, 花冠を, 袖無羽織所謂童顔とでも, 覆はれる部分, 覆われた雛妓, 調和を, 調子外れな, 負けて, 過ぎないもの, 金を, 頸から

▼ 衣裳~ (81, 4.2%)

2 俺が, 大名の

1 [77件] いまかうし, お召し, お身, こつちで都合, これで, しおたれ茨, すべて脱がせ, すべて観音などと, そう無, そのま, そのままで, その日, ちつとも, とうとうかえっ, どう, ないやう, まだ幾通り, まるで御, みな寺に, やぶれ落ち, りっぱな, ズタズタに, ダンディといふ, ド・メッスにとって, 一年間に, 三十枚の, 事足りて, 仙妃から, 似合わないと, 倫敦から, 千切れ且つ, 千切れ手傷を, 単に寒, 却って彼女, 周圍と, 大時代で, 大部分, 女優の, 好み放題食い物は, 婦人の, 小弁慶, 形の, 悉く落ち, 手織木綿きたない, 振袖等身大の, 振袖茶宇の, 新調で, 既に古典, 本仕度, 本来労働を, 淡灰色, 瘠ぎす, 百練の, 着て, 短か, 破れ悪臭, 磨り切れて, 粗末ながら, 素襖上下熨斗目を, 紫の, 緋綸子白に, 纏って, 缺くべ, 美術学校の, 肉体の, 胴体を, 脱げて, 自分の, 舞台の, 袂の, 裾の, 角ばつたものである, 買い込むし, 赤白紫黄色とりどりの, 随分沢山あった, 骨だって, 黒羽二重

▼ 衣裳~ (78, 4.0%)

2 埋められて, 手に, 持って, 着せて

1 [70件] いただきまして, いつも同じ, かえて, かなり崩れ, この時, そういう類, そうなら, そこらにては, その白い, そッくり直した, つみかさねて, づっとらくだ, てんで成ってない, ない, ないと, また曙色, みえなかった, もらって, やぶれ脛, よほどせっぱ, よれよれに, 一と, 一様に, 丁寧に, 乱れに, 乱れ歩き方, 借金で, 全部歌舞伎風それに, 共々に, 剥がれて, 同じよう, 大小も, 大部分, 季節に従って, 履物も, 山伏の, 差し上げましょう, 差し上げます, 常にきちんとし, 引掛け, 彼女の, 惨めな, 手足も, 持ち物も, 新規の, 旧藩主家の, 格別に, 殖えた, 漆黒である, 王女みずからの, 田楽女の, 白羽根も, 着て, 着物も, 立ち居に, 結果は, 纏つては, 美々しく派手, 美術の, 美術的であった, 色彩の, 見当りませんが, 解かず毛氈, 買って, 金目の, 金襴の, 顔も, 高価な, 髪も, 髪飾も

▼ 衣裳~ (59, 3.0%)

2 潮湯治客の, 髪容の, 鬘を

1 [53件] お化粧, さんが, その下, その趣向, それから鬘, なりかたちが, 下手物の, 両刀の, 人形の, 人形を, 仮面にも, 何か, 光線は, 刀の, 動きによって, 化粧と, 太刀を, 容貌ばかりに, 寳石の, 小道具の, 帽子が, 持ち物などを, 持物は, 持物や, 指に, 支度は, 新しい嫁入道具, 松脂の, 監督を, 窓掛等の, 腕環の, 腰の物は, 腰の物を, 艶や, 花笠提灯ばかり, 足ご, 足袋懐紙など, 踊り, 道具が, 道具なんかが, 金の, 面や, 靴が, 靴と, 靴を, 頭の, 首から, 馬匹の, 髪かたちなどから, 髪化粧の, 鬘の, 鬘や, 麦藁帽子や

▼ 衣裳~ (57, 2.9%)

3 いうが 2 役割を

1 [52件] いい出る前, いえば, いったら大した, いふよりは, こね廻したやう, す, そしてそれら, そろひぢ, どことなく鷹揚, なし剣, なった, なったの, なつて, よぶこと, 云うの, 云うもの, 仮面とを, 変る所, 外出しなく, 夜の, 大きい寺院, 姿態との, 小道具の, 帯とを, 形式と, 思つたのは, 懐中した, 文芸的思想の, 昼の, 殊更に, 無造作な, 無限に, 疊と, 着換えお前さん, 着換えよう, 科白とで, 緑色の, 舞扇を, 色彩と, 血の, 被衣とを, 被衣を, 見れば, 言いますが, 謂ふけれ, 近代の, 道具は, 面とが, 面立ちとは, 面紗と, 顔とが, 黒覆面を

▼ 衣裳戸棚~ (47, 2.4%)

12 の中 4 の曳出し 2 だの剥げ, のところ, はまるで

1 [25件] から古く, から始まっ, がある, がおい, がよく, が一つ, が壁, が幅, ではある, にあります, に結び付けました, の大, の底, の扉, の抽斗, の葡萄酒, は陶器, やその他, をあけ, をあけた, を幾つ, を搜すがい, を片, 剥げちょろ, 剥げちよろ

▼ 衣裳箪笥~ (42, 2.2%)

3 の前 2 が立っ

1 [37件] から小袖, がその, が一つ, が置かれ, が見えた, だけだった, でいっぱい, できわめて, とその, との間, と壁, にかけ, にかけた, にもたれ, にもたれた, に用, のそば, のなか, の一番上, の内側, の左側, の底, の戸, の扉, の棚, の破片, の錠, の間, は伸子, は持たなかつた, までその, もある, も上海, も用箪笥, や帳箪笥, をあけた, を片づけ

▼ 衣裳~ (33, 1.7%)

1 [33件] あつた, あのよう, くるくる日傘, じっとしゃちこばっ, 仕舞を, 代官松らの, 住居する, 全身を, 包んで, 午後から, 坐って, 夜着る, 大ぜ, 小舟に, 山笠に, 歩いて, 気持の, 町を, 登って, 真珠の, 肩の, 胸衣に, 舞踏会に, 花よめ, 補って, 覆い隠した醜い, 身を, 面が, 頭巾も, 飾られたやう, 駕籠から, 髪かたちも, 鹿の子の

▼ 衣裳~ (20, 1.0%)

2 の使い, の職人

1 [16件] が引越し, が拵える, でその, として成功, に伴, のお, のショーウインドウ, の仕, の保証金, の定吉, の広告人形, の店先, の飾窓, はうちかけ, は吹き出し, へ服

▼ 衣裳~ (18, 0.9%)

2 から立ち上った, をとり出し

1 [14件] から料紙インキ壺, などの前, にストン, に入れ, に腰, のところ, の白絹, の調べ, やら楽器, やら馬, を今度, を命婦, を縫子, 次にトランク

▼ 衣裳~ (15, 0.8%)

3 の前

1 [12件] とにはさまっ, と並ん, と化粧台, などがある, に名前, の上, の中, の鏡, へ入れた, へ抛り込んであり, をあけた, をつかっ

▼ 衣裳部屋~ (14, 0.7%)

1 [14件] で葉子, にある, になつて, に潜り込み, のよう, の中, の奥, の姿見, の鏡, へ入っ, へ入ろう, へ案内, へ送り込んだ, を飛出し

▼ 衣裳には~ (10, 0.5%)

1 なだらかな, 余りに寒い, 及ばんね, 急に, 柬埔寨国の, 立派な, 能狂言の, 葵の, 随分絢爛, 黒と

▼ 衣裳道具~ (10, 0.5%)

1 がジリジリ, が入れ, のたぐい, の中, の女, は台, をのせた, を備え, を持ち, を長浜

▼ 衣裳から~ (9, 0.5%)

1 お持ち物, して, 一つの, 室内の, 小道具まで, 洩れて, 生ずる夏, 発するの, 透いて

▼ 衣裳まで~ (9, 0.5%)

1 くれんだって, 一切黒ずくめの, 三拍子そろった, 凝りに, 悉く剥ぎ取られ, 悉皆車, 整えねば, 納まったもの, 質に

▼ 衣裳やら~ (9, 0.5%)

1 なにかの, 勿論銭目, 男物の, 祝宴の, 経巻やら, 結婚する, 草鞋など, 面やら, 鬘やらが

▼ 衣裳だの~ (7, 0.4%)

1 ブローチだ, 宝物だの, 小紋の, 桃色や, 燃えさしの, 畳の, 髪飾りなどを

▼ 衣裳つづら~ (7, 0.4%)

1 が荷駄, と一ツ, まで一物, を小荷駄, を打ちまけ, を掻き廻し, を開け

▼ 衣裳~ (7, 0.4%)

1 が踊った, に刎, の一つ, の催促, を借り, を持たせられ, を開け

▼ 衣裳などを~ (6, 0.3%)

1 借り出した, 借り出すこと, 引き請けて, 日が, 箪笥から, 縫いながら

▼ 衣裳~ (6, 0.3%)

1 が走っ, に俳優, に命じ, は六七着, 帰って, 暗を

▼ 衣裳小道具~ (6, 0.3%)

1 などを俳優, のたぐい, の注文, は渋江, もだいぶ, を入れ

▼ 衣裳~ (6, 0.3%)

1 から狐, とやらで, とやらへ行っ, の下, へ多数, へ行っ

▼ 衣裳道楽~ (6, 0.3%)

1 だ, とか演劇道楽, とカルタ遊び, に呆れる, の大伯母さま, は大勢

▼ 衣裳でも~ (5, 0.3%)

1 ない, 何でも, 貸して, 隠して, 髪の

▼ 衣裳なども~ (5, 0.3%)

1 ある, 持って, 男の, 立派な, 脱ぎすてて

▼ 衣裳~ (5, 0.3%)

2 に取られ 1 をかけすぎました, を支払っ, 及び周旋料

▼ 衣裳~ (5, 0.3%)

1 が上, すら何, はむろん, を上, を山

▼ 衣裳~ (4, 0.2%)

1 から仕方, ということ, とすれ, 芳原か

▼ 衣裳である~ (4, 0.2%)

1 から往来, ぞ, のだ, 日本の

▼ 衣裳では~ (4, 0.2%)

1 ない, ないの, なくして, 御座いませんか

▼ 衣裳持ち~ (4, 0.2%)

1 じゃありません, で市, で質, にヤキモチ

▼ 衣裳持物~ (4, 0.2%)

1 の吟味, の豪華, は都, を寄附

▼ 衣裳~ (4, 0.2%)

1 の夢幻境, の歎美, の礼讃, を主として

▼ 衣裳葛籠~ (4, 0.2%)

1 がある, や人形, を肩, を這い出し

▼ 衣裳かけ~ (3, 0.2%)

1 から帽子, はこの, は一たいどこ

▼ 衣裳だけは~ (3, 0.2%)

1 りっぱな, 一面に, 美しいが

▼ 衣裳つけ~ (3, 0.2%)

1 て彦根城, て罷り出で, になった

▼ 衣裳という~ (3, 0.2%)

1 ものである, やつ, 奴じゃ

▼ 衣裳とか~ (3, 0.2%)

1 ばかな, 俳優とかは, 鬘とかいう

▼ 衣裳とは~ (3, 0.2%)

1 よくいう, よく言った, 遂に男性

▼ 衣裳~ (3, 0.2%)

1 のだ, のであった, んでさあ

▼ 衣裳にも~ (3, 0.2%)

1 勝るもの, 女芝居から, 拘らず実は

▼ 衣裳によって~ (3, 0.2%)

1 この世に, 引立てられるほどの, 現わ

▼ 衣裳ダンス~ (3, 0.2%)

1 と勉強机その他, にかけ, の前

▼ 衣裳好み~ (3, 0.2%)

1 ということ, は有名, をし

▼ 衣裳~ (3, 0.2%)

1 というよう, へと引返し, へ突進

▼ 衣裳~ (3, 0.2%)

1 に註文, へ現れた, を開い

▼ 衣裳掛け~ (3, 0.2%)

1 が要る, ですから, をお

▼ 衣裳~ (3, 0.2%)

1 と云, なども本式の, をつけざる

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 どうかを, 何かを

▼ 衣裳かつら~ (2, 0.1%)

1 のまま楽屋, の真最中

▼ 衣裳こそ~ (2, 0.1%)

1 自前です, 身に

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 へつけさせたら, へ似合

▼ 衣裳その他~ (2, 0.1%)

1 の世話, の用意

▼ 衣裳だけが~ (2, 0.1%)

1 変って, 黒ビロードの

▼ 衣裳だけを~ (2, 0.1%)

1 キラビや, 見えるよう

▼ 衣裳つき~ (2, 0.1%)

1 はいと, よく姿

▼ 衣裳との~ (2, 0.1%)

1 ために, 区別連関が

▼ 衣裳とを~ (2, 0.1%)

1 見せる事, 除けば

▼ 衣裳なぞを~ (2, 0.1%)

1 借りに, 用意する

▼ 衣裳などでも~ (2, 0.1%)

1 テカテカ光っ, 他の

▼ 衣裳などの~ (2, 0.1%)

1 ごとく些細, 受持の

▼ 衣裳などは~ (2, 0.1%)

1 わざわざ諾威, 寧ろ質素

▼ 衣裳なんぞは~ (2, 0.1%)

1 大概毎回変っ, 惨めな

▼ 衣裳のみ~ (2, 0.1%)

1 でなく紙入れ, なの

▼ 衣裳ほど~ (2, 0.1%)

1 映りの, 適切に

▼ 衣裳までも~ (2, 0.1%)

1 着換えさせようとは, 第四階級

▼ 衣裳もち~ (2, 0.1%)

1 でしたから, で戦争中

▼ 衣裳より~ (2, 0.1%)

1 ぬきとり, ほかの

▼ 衣裳らしい~ (2, 0.1%)

2 ものを

▼ 衣裳を通して~ (2, 0.1%)

1 むしむしと, 窺われるふっくり

▼ 衣裳タンス~ (2, 0.1%)

1 についた, の前

▼ 衣裳一式~ (2, 0.1%)

1 ととのえろという, のこらずそこ

▼ 衣裳入れ~ (2, 0.1%)

1 の大型, の葛籠

▼ 衣裳殊に~ (2, 0.1%)

1 下着や, 休みの

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 かゆさ, たる御

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 の物資的困難, の考案者

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 と時に, を背負った

▼ 衣裳考案~ (2, 0.1%)

1 と並ん, の技術

▼ 衣裳脱ぎ~ (2, 0.1%)

1 場の, 場へ

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 に余れり, に纏い

▼ 衣裳道樂~ (2, 0.1%)

1 に呆れる, の皇帝

▼ 衣裳風俗~ (2, 0.1%)

1 から役人, も覚え

▼ 衣裳~ (2, 0.1%)

1 べだ, べにやつ

▼1* [201件]

衣裳いろいろの鳴物, 衣裳うまいうまい充分の, 衣裳乗物供奉員の, 衣裳おそらく直垂か, 衣裳かぎにぶら下がっ, 衣裳かたの胸, 衣裳かつら一切を持っ, 衣裳かづらの損料屋五助, 衣裳これでもかこれ, 衣裳しらえ, 衣裳さえ変って, 衣裳ている, 衣裳しらべをする, 衣裳すらがそっくりと, 衣裳ずきのおしやれだ, 衣裳ずきで一度ならず行きすぎ, 衣裳それを私, 衣裳たる思想性が, 衣裳だかういふ説は, 衣裳だけである, 衣裳だけでシュルレアリズムに, 衣裳だけでも千五百円出入りの, 衣裳だけにかかるん, 衣裳だけのへんてこな, 衣裳だつたが金泥, 衣裳だろう御殿の, 衣裳つけたる芸者の, 衣裳つづらすべて印のある, 衣裳づけだ熨斗目が, 衣裳であったからである, 衣裳であり仮に血肉, 衣裳でございまするの, 衣裳でしたわね, 衣裳ですよ, 衣裳といったような, 衣裳といふエフエクトを, 衣裳とかいふやうな, 衣裳とかれのから, 衣裳としての一つの, 衣裳とで恋の, 衣裳とともに教室に, 衣裳とに飾られたる情死, 衣裳なしで道具, 衣裳なぞ出して, 衣裳なぞもとても今, 衣裳など紅紫繚乱美しく, 衣裳などが掛けて, 衣裳などというものは, 衣裳などには構って, 衣裳なり人形も, 衣裳なんかは売りは, 衣裳なんかを畜生, 衣裳なんぞどうだって, 衣裳なんぞには用は, 衣裳なんぞを引っかけたの, 衣裳について想を, 衣裳についても面白い変遷, 衣裳にでもなって, 衣裳に関して必要な, 衣裳のと菰が, 衣裳はだかった胸むきだされた, 衣裳ばかりは又特別, 衣裳への堕落した, 衣裳やと, 衣裳べやのかかりに, 衣裳またかなり値にも, 衣裳または金糸の, 衣裳みたいな人達, 衣裳よりもこの扇屋, 衣裳をといふ風に, 衣裳をも同処, 衣裳を以てせしむるものなり, 衣裳トランクは三つ, 衣裳浸ミ通ッテイテ車, 衣裳寒暑ヲ凌グ, 衣裳一かさね, 衣裳一揃いが贈られた, 衣裳万上の傑作, 衣裳万端その望, 衣裳三領が古, 衣裳の襦袢, 衣裳下座一式のご, 衣裳什器の繊巧, 衣裳や床山, 衣裳付自堕落になりぬ, 衣裳代三万円の由, 衣裳代弁当代かつら代などの調達, 衣裳例えば軍隊例えば, 衣裳出しの, 衣裳付いた手足, 衣裳全く杓子貝に, 衣裳全体の長, 衣裳の行司木村なに, 衣裳のなか, 衣裳切子になった, 衣裳剥ぎをやっ, 衣裳化粧道具など一切, 衣裳取り込んで置く, 衣裳を顧みる, 衣裳同じく太鼓同じく, 衣裳問屋で極彩色, 衣裳図案を描い, 衣裳にし, 衣裳の小屋がけ, 衣裳声言葉の調子, 衣裳大小もまことに, 衣裳宝玉などを売っ, 衣裳家財欲しい物, 衣裳容貌山の手の芸者, 衣裳小さなスリッパテーブルの, 衣裳小切までしつ, 衣裳少し斜に, 衣裳屋ポウラン夫人が自分, 衣裳屋指物屋なぞの出入り, 衣裳床山囃子方等楽屋中漏れなく触れ歩く事等, 衣裳店昼夜銀行に電気射撃, 衣裳が水手たち, 衣裳彼女の姿, 衣裳心付けなど大変, 衣裳戸棚二台と椅子二脚, 衣裳に珠数, 衣裳の女, 衣裳持ち物が派手, 衣裳持ち物人柄から云う, 衣裳なる物品, 衣裳掛けなる怪物を, 衣裳掛部にございましょう, 衣裳換え出来ねえ時, 衣裳散じて雲, 衣裳の返り, 衣裳の品, 衣裳旧式の銀, 衣裳暑苦しいので白, 衣裳暖かい庭暇の, 衣裳望むがまま, 衣裳棚化粧台二つの寝台, 衣裳次第で美味く, 衣裳此方持の年, 衣裳比べをした, 衣裳洗張りに糊, 衣裳と露, 衣裳濃緑の裲襠, 衣裳煖炉棚宝石香料寝台花瓶ピアノ楽譜窓掛其他さまざまのもの, 衣裳の目きき, 衣裳の箱, 衣裳甲冑をはぎとられ, 衣裳の鉢巻, 衣裳盗みをさせられ, 衣裳目の玉の飛び出す, 衣裳着つけ化粧などを, 衣裳短い羽織を, 衣裳はし, 衣裳立派なる人, 衣裳の先, 衣裳二が, 衣裳をとっ, 衣裳箪笥まがいにした, 衣裳箪笥素子用のデスク, 衣裳箱ひとつは担わせ, 衣裳箱一つを宮, 衣裳箱湯呑鏡台つづらそこらに紋, 衣裳結構な地色, 衣裳綸子の長襦袢, 衣裳を編ん, 衣裳美々しく粧はれたる, 衣裳羽織威厳を保った, 衣裳背景から出る, 衣裳腰の物などを役者, 衣裳自弁であるが, 衣裳舞台凡てのもの, 衣裳舞台装置などすべて, 衣裳舞台装置万端の工夫整頓, 衣裳苦労のない, 衣裳茶縞の小倉, 衣裳萬端の調辨等, 衣裳萬端旦那樣の持ち, 衣裳葛籠煙草盆煙管茶碗湯呑香箱の類, 衣裳へ乗せ, 衣裳角隠しはさすが, 衣裳調度は出来る, 衣裳を持ち出し, 衣裳豪奢な装飾, 衣裳貴金属がひそか, 衣裳費三万円といふ, 衣裳返り血を, 衣裳へ, 衣裳配役その他の準備, 衣裳よりは寧ろ, 衣裳附縁の巻上ッ, 衣裳面扇などにまで獨自, 衣裳音曲等の感覚的要素, 衣裳の飾, 衣裳風采まで日本人, 衣裳飾り物花瓶装身具や置物, 衣裳馬車その他やはりロシア, 衣裳髪かたちを一通り, 衣裳髻千切れた髪, 衣裳鬘丸型朱塗りの大, 衣裳鬘大小の道具帳, 衣裳鬘小道具其から青, 衣裳鮫鞘の一腰落し差し