青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「語~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~認め 認め~ ~認めた ~認める 認める~ ~認識 認識~ ~誘惑 誘惑~ ~語
語~
~語っ 語っ~ ~語った 語り~ ~語る 語る~ 誠~ ~誠に 誠に~ ~誤り

「語~」 13015, 141ppm, 753位

▼ 語~ (2411, 18.5%)

28 もって 26 ついだ 24 用いて 17 換えて 16 使って 15 継いで 14 知って 13 ついで, つづけて, 継いだ, 聞いて 12 借りて, 切って, 口に 11 教えて, 用うる 10 使ふ, 引いて 9 つないで, 用ゐ 8 かえて, 換へて 7 つづけた, もつて, 交えて, 勉強し, 学んで, 用ゐる 6 して, とれば, 勉強する, 吐いた, 用うれ, 用ゐた, 聞いたこと, 話して

5 [14件] つけて, 使った, 使用する, 内容深く, 切った, 切ると, 持って, 教へる, 用いるの, 用ひ, 研究し, 継ぎて, 習って, 耳に

4 [22件] かけて, かりて, しや, よんで, 中心として, 出して, 基礎と, 学ぶこと, 強めて, 教へて, 疑ふことは, 省いて, 知つて居た, 知ること, 続けた, 続けて, 習得し, 聞きて, 聞き別けなくな, 聞くと, 自由に, 逐うて

3 [50件] いって, さへ, つぎ, つぎて, なして, なす, はじめ一切の, もらしながら, やって, やらなければ, よくする, 交して, 交へ, 作って, 使うこと, 使つて書く, 使は, 借りれば, 切つた, 十分に, 広義に, 換へ, 次いだ, 淨める, 用いた, 用いること, 用ゐたる, 直訳した, 知らなかった, 第四句, 継ぎぬ, 続いだ, 繰返して, 續けた, 續けて, 習ひ, 翻訳した, 聞いたの, 聞く, 著くる, 藉り, 見ても, 覚えて, 解して, 言った, 読んで, 起して, 身に, 選んで, 録し

2 [144件] いいながら, いった, うけて, きく, した, しやべ, つ, つかって, つぎながら, つなぐ, とって, どうしてもはめこむ, なすに, ならいに, まぜて, よくし, 一言も, 下して, 下手な, 与えて, 並べて, 並列し, 云ひつ, 交ふる, 交へて, 交換した, 使う者, 使ったが, 使ったの, 使つても, 使つてゐた, 使つてゐる, 使つて加藤は, 使用し, 使用した, 使用せし, 修めたと, 修得する, 冷笑し, 出したり, 分けるよう, 分析し, 利用せん, 創造した, 加ふる, 原文に, 取って, 含んで, 土台として, 変えて, 学ぶの, 実際に, 寄す, 寄す世上の, 専門に, 少しあげ, 巧みに, 廃めて, 引用し, 引用する, 形づくる音単位, 忘れて, 忘れ果てたと, 我々が, 据うる, 操ること, 操るよう, 放って, 教へ, 教わって, 日々の, 日本語に, 次いだの, 洩らさず聞きとつ, 流暢に, 混ぜて, 添えて, 濫用し, 濫用する, 無造作に, 用いずして, 用いずに, 用いたるほか, 用いないこと, 用いるよう, 用いる場合, 用いれば, 用う, 用ふ, 用ゐたら, 用ゐるなら, 用ゐれ, 異にする, 畳みかけて, 発しなかった, 発音する, 盛んに, 知ってる者, 知つてる, 知つてゐる, 知らざるもの, 知らないで, 知らないので, 研究する, 私が, 私は, 移して, 空想し, 立ち聴きした, 終って, 組合せて, 継ぎ, 続ぎて, 続ける, 網羅し, 繰り返して, 繰返す事, 繼いで, 繼ぎ, 續いだ, 習つてゐる, 聞きつ, 聞くに, 聞くの, 自分の, 行る, 表わす文字, 襲用する, 見て, 解くこと, 言つた, 言ふ, 記して, 話した, 話す, 話すこと, 話せるよう, 説明し, 送迎した, 適當に, 避けて, 除いて, 陳列し, 非常に

1 [1421件 抜粋] あげて, あてはめたり, あなたの, あまり注意, あやつりながら, あらためて列臣, ありの, いくらか役立てる, いへるとき, うなずきで受けては, おさえて, おそはつ, おぼえたの, お互に, かく, かけなければ, かじって, かつて日本, き, きける毎, きわめて簡略, くり返し自分, ここに, このふらん, これほどの, ごちゃごちゃに, ささやく, さとりたらん, したり, しっかりもの, しばしば用いる, しゃべる, しやべくつて, すっかり理解, すべて男性で, そういう風, そのまま写した, そのまま用いれ, そのよう, その地方言語順列, それぞれに, た, たち切るとしても, ちょっと休んだ, ついだもの, ついでいひける, ついで云う, ついで尋ねました, つかつて, つかまえて, つきつめて, つくったの, つけたので, つけるよう, つごうと, つづけながら, つぶやいた, つよめた, つらねた其の, とびとびに, とり入れて, どこで, なさない叫び声, なしたこと, なし枳園, なす所以, なるべく直訳, のみ用, はさんで, はじめて言語学上, はなし条件, ひいて, ふりま, ほとんど解する, みな死ぬる, むなしく虚空, もし文字通り, もつよう, もて斥, やつて, やはり心得, やらなくちゃ, やるという, よくやる, よく知りません, よぶの, わかるよう, わざわざ死, エセックスが, ゴーリキイは, フランという, ラテン語に, 一つも, 一字も, 一章子, 一言洩らした, 丁度ぼろぼろ, 三義に, 下さなかつた, 下した, 下し来ったため, 不浄扱いし, 中心と, 主宰し, 二つ, 二百ばかり, 云って, 交えたの, 交えた会話, 交えること, 交しなど, 交すの, 交へたり, 交わし陳, 交換し, 人魂或は, 仏人は, 以って, 以つて言ひ, 仮名で, 休んだかわり, 伝え竃鬼, 伝授しよう, 作し, 作ったもの, 作つたのも, 作つて行つて居る, 作り同時に, 使い, 使いキリレンコ, 使い今, 使う, 使うの, 使う事, 使ったところ, 使った名高い, 使つ, 使つたのは, 使つて会話を, 使つて昔の, 使ひこなす, 使ふより, 使わせました, 使わなかった, 使用すれ, 保有した, 修め始めようと, 借らずとも, 借り来つて, 借れば, 借用致します, 入れたからと, 入れ優美, 全廃し, 八章孔子と, 其の儘用, 再びここ, 冠したほかひと, 冠した賊, 冠せ, 冠る, 出しながら, 出すから, 出す者, 切ってから, 切り上げること, 別々に, 制し最も, 副えて, 加えるごと, 勉強した, 勉強しよう, 勉強致しました, 区別する, 単純に, 厳密な, 反覆した, 取りいれるの, 取り消して, 口から, 口走って, 古代印度の, 史学の, 名の, 吐いて, 吐きたるもの, 吐き無無, 吐く人, 否定する, 吸いて, 味は, 和げて, 唯単に一面的, 商, 商用としてだけ, 喋ったの, 喚び起す為, 喪祭の, 四つばかり, 国民全体が, 国語中に, 基準に, 壮に, 変へ, 多く見出し, 大成し, 失ったよりも, 奉ぜざるもの, 奔放に, 好みどう, 始めて, 始めるの, 嫌って, 孔子の, 学ばしめるよう, 学ばないかと, 学びしこと, 学びに, 学び原典, 学び論説, 学ぶの悲, 学ぶ日本人, 学ぶ目的, 学ぼう, 学んだいわれ, 学んだもの, 学んだ経験, 學ばんに, 學ぶの, 守らんければ, 完全に, 寄す天下の, 寄す榎本氏鞄は, 實と, 専修しよう, 尊重し, 少々かじつて, 少し話した, 崩して, 広き意味, 廃する, 引きあげて, 引く, 強めた, 弾ませて, 形づくる音単位全体, 彼等われらに, 得たの, 心得て, 必要上から, 忌むこと, 忘れること, 思い出しすべて, 思い起すならば, 思ひ出して, 急に, 惜しんで, 感じた, 應用され, 成して, 我儘なる, 戸棚の, 投げた, 択んだ, 拝借し, 拵へて, 持出すのさ, 挙げた, 挟んだ, 挿んだ, 据うべ, 捻り出したもの, 排斥せん, 採用し, 探ねること, 提し, 操った, 操るは, 支那語と, 改めて孟, 改め法例, 放つらん, 放擲し, 教えだしたの, 教えるが, 教えるという, 教える看板, 教は, 教ふ, 教わり出したが, 整理改造し, 文芸に, 新しく拗, 日常の, 易うる, 普通に, 暁る, 書いて, 書くとき, 書くべきである昔, 書したり, 最も円滑, 最本格式, 有つてゐた, 根拠と, 検査した, 楽しむ仲, 標準語から, 次いで屍光, 歓迎する, 正月は, 歯の, 残して, 比較し, 求めるの, 泡立たせて, 洩して, 洩らした孫兵衛, 洩らしながら, 浜田青陵博士に, 淨めようと, 混ぜながら, 添えるの, 添える必要, 減じて, 濁すの, 点出する, 無理想, 爲す者あり, 特別うれし, 独立した, 玩味する, 現代語に, 生み思想は, 用いず, 用いたか, 用いたと, 用いたらば, 用いたるもの, 用いた人々, 用いなか, 用いなど, 用います, 用いられたよう, 用いられ同年出版, 用いるかを, 用いるならば, 用いる権利, 用ひし, 用ゐざるべから, 用ゐたれ, 用心しいしい押し出した, 男性には, 略して, 痺れの, 発したりと, 発し得ぬ, 発するは, 発する才, 発する者, 発せしめ東洋, 発せぬ胸, 発見せり, 發した, 發せし, 直写せし, 省き極めて, 着け如何なる, 知つていらつ, 知らず手拭, 知らないの, 知らない僕, 知らない者, 知らなければ, 知らぬ自分, 知らんでは, 知るという, 知る土地, 知れば, 社会の, 禁じ胡服, 稽古する, 突嗟に, 筆した, 純粋にと, 累ね, 終りました, 継いだ如く我が, 継ぎ曰く, 継ぐを, 続けましたの, 綴り合しては, 繋ぎ合わせて, 繰り返すこと, 繰返した, 繼が, 繼ぎて, 繼ぎてわれはそれとは表裏なり, 續け, 置いたもの, 美酒の, 習いたい事, 習い始め, 習った事, 習つたさうである, 習つて加之に, 習ひはじめる, 習わせた, 考えて, 考へるの, 聞いたとき, 聞いてるうち, 聞きすまして, 聞きました, 聞き俯仰徘徊, 聞き分ける故, 聞き取る程, 聞き汝, 聞く焉んぞ, 聞こうとは, 聯想し, 聴かうぢ, 聴きながら, 聴くや, 能くしいかなる, 能する, 致さしめた人々, 色々聽, 英語と, 著け, 藉れ, 表わすべく用いられた仮, 襲用し, 見つける必要, 見ると, 覚えたの, 覚えるさ, 覚ゆる, 解くであろう, 解したが, 解してる人, 解し林中, 解すること, 解する上, 解せざること, 解せざるゆゑ, 解体すれ, 解説する, 言うの, 言ひ交す, 記憶す, 評釈する, 話させながら, 話さないので, 話ししかも, 話してるこの, 話しますか, 話し兄弟, 話すからには, 話すとき, 話す人達, 話す男, 話す通辞, 認めたの, 語らはず, 語る寄り合, 誦す, 読むについて, 読書き, 課し日本文学, 謂ふ, 護るは, 讀まない私, 費すネルソン, 起用した, 転じて, 載せ, 輸入した, 近頃自由, 述べ家々, 追放し, 通訳する, 造るよう, 連ねて, 連結する, 遂うて居た, 遣ったの, 遮つて云, 避けるよう, 鋳造する, 鍛へ, 附け加, 除く他, 集めようと, 離れ離れに, 頭に, 飜譯し, 餘り含ん, 馬鹿に, 高潮し

▼ 語~ (1980, 15.2%)

35 ように 24 中に 13 意味を 10 やうに, 中には 9 うちに, 意味が, 教師を, 本を, 稽古を 8 勉強を 7 先生の, 内容が 6 ような, 中から, 意義は, 様に 5 ために, 上に, 下に, 中の, 如きは, 意味は, 方が, 資格を, 辞書を 4 あるの, 一つの, 意義を, 教師の, 本が, 詩に, 起こりは, 間に

3 [39件] うちには, お稽古, ほうが, ほかに, ままに, 事を, 他に, 代表的な, 会話の, 会話を, 先生に, 同じ部分, 咒文の, 声が, 如きも, 川は, 形に, 復習を, 意味に, 意味の, 所謂, 教師に, 文法の, 日本語で, 本の, 本は, 本も, 本来の, 発音, 発音で, 研究は, 純粹性, 練習を, 行われて, 裡に, 語原を, 説明に, 起りは, 達者な

2 [134件] あつた, あること, あるもの, お話は, ごとく, なら大抵, ほとんどすべて, ま, もとの, もので, わかるもの, カムイは, ニュアンスを, 三川と, 中および, 中では, 中にも, 中七字に, 主人公が, 仏典を, 代りに, 会話とが, 会話は, 伝授を, 使用を, 価値, 假名遣, 元の, 先生, 先生で, 入つて, 内容は, 出て, 出来たの, 出来た時代, 初歩を, 医学書を, 単語の, 単語も, 卜筮に, 印象を, 原と, 原形を, 原文と, 原義は, 古い意義, 古い用語例, 合唱が, 名詞形から, 問題が, 地名が, 地名に, 如きもの, 存在は, 學習を, 完成者と, 対訳を, 将然言, 必要が, 意を, 意味です, 成績が, 手ほどきを, 手紙を, 持って, 持つて, 持つ平俗, 持つ概念, 排撃に, 教科書として, 教育は, 文法と, 文法は, 文法を, 文脈に, 方は, 時間に, 書物が, 書物を, 最初の, 本義は, 様な, 模様画が, 歌の, 流行と共に, 混亂と, 滑らかさに, 為に, 無駄も, 父である, 用例が, 用意は, 用語例が, 用途は, 発音が, 発音と, 発音の, 発音は, 発音を, 知識に, 知識を, 研究が, 研究に, 祈祷文を, 稽古, 稽古が, 稽古に, 簡単な, 素養も, 終りまで, 翳と, 裏に, 言語学的研究が, 訳読を, 註釈を, 詩の, 話が, 語義は, 説明が, 説明を, 読本を, 諺に, 變遷と, 起つた土地, 身に, 転訛だ, 進出とを, 適用の, 里の, 開拓発見を, 間違を, 音は, 音譯である, 髭文字の

1 [1335件 抜粋] Пという, あらゆる哲学書, ある事, いかなる位置, いわば助手, いわゆる決定性, うちで, うちの, うまいこと, お相手, が發行, ことである, ことや, このよう, ごときあまり, ごとく心, すでに忘れられた, ためにも, つく亡霊, できるもの, とおりであった, と対照, なかには, にはなんにも, はげしさ, はじめの, はは多分あてぶといふ語, ひびきを, ふたつみつある, ほかは, まざる兵士たち, みえるの, もとであった, ものが, やうにつけ, ゆったりと, ような棄て, よめる人, わからない私, わかりにくい, わかる人, わかる機関兵, わりこんだ理由, アウフクレールングに, アサッ, アビリチイは, アルハベツトに, アルファベットを, イルリヒトなど, エスペラントを, オーガン, カタカナが, カム, カンドは, キネは, クラン, ケイコの, サーターンまた, シナ, ステッキである, ゾンザイと, タカラが, ダイナミツクな, チグリ, ヂヤハ日本で, ツルから, テュモスが, トムワツカ, トーキーは, ノートを, ハモで, パケ, パワナの, フチから, フーク又は, ブライト, ベランメーの, ポギバは, マルが, モンナなどに, ンと, ヴイルトシヤフトリツヘアインハイト, 一つに, 一つ一つの, 一切蔵経であります, 一子音に, 一部と, 一部を, 万国史を, 三帰文といふ, 上では, 上の, 下から, 不吉に, 不規則な, 両川, 中でも, 中または, 中間および, 主人公の, 主格と, 事件は, 二つは, 二字を, 人望を, 人間に対して, 他の, 代表語とも, 会話が, 何であり, 佛典を, 作を, 使いわけによって, 使用上に, 使用等も, 俗歌を, 保存せられる, 個人教授を, 傳承, 元來, 先生が, 先生なる, 児童読物の, 入る会話, 全文も, 八景を, 内で, 内地にも, 内容も, 内部では, 処方箋を, 出來る, 出来ぐあひである, 出来ない者, 出来る副官, 出来る教師, 出自を, 分からないスパニア人, 分らない人, 分厚な, 分散が, 初に, 初歩は, 割合を, 創造者は, 力では, 効果は, 勉強かたがたモオリス・ベッツといふ, 勉強に, 勉強傍, 勢力に, 匂が, 北の方や, 区別は, 医書を, 単なる感嘆詞, 原名, 原形すなわち, 原文が, 原文は, 原本から, 原義に, 反対に, 叙事詩も, 古え, 古さ, 古典的な, 叫喚金属的な, 同じ変化, 名は, 名詞化した, 含蓄は, 呪力と, 命ぜられて, 唄として, 唱え出されたの, 喉音高い, 四つ先に, 四行詩春にという, 固有の, 国訳へ, 国語への, 地位を, 地名を, 地方音だった, 基礎に, 場合と, 場合に, 場合も, 境界の, 声でなく, 変化かと, 変形である, 夏期講習に, 外にも, 多きを以て, 多く出, 大册, 大家山口恵海先生の, 大衆という, 大部分, 奔流を, 女菩薩, 如き是, 如く朧, 妙と, 威力の, 威霊を, 字典, 字引を, 字義語意を, 存在に, 学校が, 學習が, 學習にも, 定義などを, 定義を, 宣伝びらや, 宿命的な, 寒さ, 寶庫たり, 将然法, 小山を, 小新聞発行所, 少しわかる, 巧い, 差別も, 常として, 幻の, 幾度も, 広くも, 序開きを, 底力であっ, 建設者と, 形が, 形容詞な, 役目を, 徒か, 御役目, 心理学の, 怒声が, 性質から, 性質並に, 悲しさ, 意は, 意味する, 意味にさえも, 意味エジプト人の, 意味解っ, 意義である, 意義または, 意義等を, 愚堂和尚の, 慣用に従って, 成立ちには, 成立文章として, 所などは, 所謂智識階級に, 手紙書いたぎり, 持つ意味, 持格の, 授けなくして, 排斥は, 接穂が, 改造であった, 教師か, 教師し, 教師である, 教師即ち, 教授だった, 教授を, 教科書の, 教育が, 散文を, 数ほど, 整理が, 整理統制の, 數を, 文は, 文典については, 文句まで, 文字的表現を, 文法が, 文法や, 文法書を, 文章を, 新案らしく聞える, 新聞, 新聞を, 方からも, 方に, 方言なる, 早口で, 春本ありし, 時代化した, 智識に, 書こうと, 書生として, 最古の, 最濃厚, 有ったの, 本では, 本ばかり, 本屋の, 本義が, 本郷から, 根幹から, 梅若は, 構造にも, 様である, 標語に, 樣に, 権威を, 機能を, 欠陥を, 歌とが, 歌詞に, 正しい定義, 正當, 武器を, 歴史にも, 歴史的変遷の, 母音を, 比較を, 民謠を, 泉舂の, 法典, 注の, 洛陽少年を, 活きて, 活用に, 活用語尾として, 流行を, 混合した, 源氏物語を, 溯れる限り, 漢字を, 火を, 為の, 無い形, 爭を, 片仮名の, 特権よ, 特色魅力が, 狐が, 猶事実, 瑣細な, 生れる所以, 生硬さを, 用いられたの, 用いられて, 用ひ, 用ゐられる, 用法が, 用語例から, 用語例は, 用語範囲は, 用途を, 由来の, 略に, 癌です, 発生し, 発達が, 発音や, 發音を, 直訳では, 相撲という, 真偽は, 真意である, 知られて, 知識で, 知識は, 研究こそ, 研究にかけては, 研究を, 研究欲は, 示す抽象性, 禁止も, 称号を, 稽古し, 稽古今日は, 端々までも, 第一字, 筆を, 範囲が, 米川正夫とが, 精練された, 純化を, 細字で, 終に, 終りで, 終止法でし, 経典でも, 経文から, 経文も, 統一といふ, 続きを, 綴りにかけては, 練習帳の, 織物師だつた, 罵る声, 美を, 習慣が, 翻訳では, 翻訳鋳造については, 而も, 聖書など, 聲は, 背後に, 脱落する, 自由といふ, 臭味が, 興味に, 色調上モデイフイカチヨンは, 荒い人々, 薄つ, 融合し, 行われるの, 表さないもの, 表現なんかが, 表象から, 裏面には, 西欧語が, 見えた初め, 見地から, 解釈も, 解釈法とを, 言ひ, 訓練が, 記憶に, 訛りなる, 訳を, 訳詩者として, 試驗に, 詩もて, 詩集を, 話せる人, 話を, 誇りを, 語尾が, 語尾音の, 語彙に, 語法でも, 語頭音が, 説教が, 読み方として, 読書力が, 課目は, 調子といふ, 論文を, 謂は, 講師を, 講釈見たいな, 變化であります, 變化を, 變遷に, 起りである, 起原である, 起源について, 転訛たるは, 転訛である, 輪廓が, 辞書である, 辞書のみ, 辭典には, 近接性から, 返事を, 通りに, 通訳は, 通訳官と, 通詞でなけれ, 造詣は, 連用体言な, 進み工合, 運用を, 遠祖と, 遺って, 部落が, 酬に, 野を, 錯列を, 開拓者としての, 間の, 附加した, 陰を, 雅訳した, 難関を, 青春期の, 音から, 音を, 音数を, 音譯で, 音韻と, 音韻表示の, 題に, 飜訳を, 駄洒落を, 駆使を, 高声で, 黴臭い本

▼ 語~ (970, 7.5%)

54 ある 16 出て 15 あって 11 あるが 7 あつた 6 あった, あつて, 彼の, 行われて 5 何時までも, 私の, 見えて 4 そつくり寺の, 出來, 出来て, 多い

3 [14件] あります, あるから, あるの, それと, ついて, 今も, 何を, 入って, 出来た, 出来たの, 普通に, 聞きとれたら答, 行はれる, 言ひ淀み

2 [43件] あること, あるに, ある以上, お上手で, かくの, そのま, ついたの, できるので, なかった, はいって, はっきり耳, もれた, 一つの, 一般に, 三四人の, 今日の, 何が, 其である, 其に, 出ると, 出来ると, 古代日本人の, 新らしく, 既に一種, 日本の, 有る, 気に, 洩れた, 濫用せられ, 現われて, 用いられた, 用ゐられ, 知られて, 示して, 自分の, 行なわれて, 複合する, 訛って, 詩語としての, 身に, 達者な, 遺って, 頗る不得手

1 [684件 抜粋] ≪セネカルシャントプウアキタルポウ≫と, あったか, あったこと, あったという, あったの, あったらしく思われる, あった今, あつたり, あつて後, あとから, あらはれて, ありかの, ありそう, ありましたが, ありますが, ありハンサ, ありバチラー辞書, あり下賀茂, あり嫁化, あり朝, あり枝幹, あり転じては, あるくらい, あるそれ, あると, あるところ, あるのに, あるのみ, あるばかり, あるやう, ある位, ある妾宅, ある時代, ある爲, いかに不当, いかに多く, いくらも, いって, いろいろの, い母音, うますぎる, おじょうず, おそらくはまた, お上手, お出来, お話しに, かいて, かうだからと, かかる状態, かくもみごと, かすかな, かなり多く, かなり多義, がんがん反響, きき手の, きこえるので, ここに, この世紀, これらの, ござる由, さうし, さかんに, さらに拡張, しきりに放たれ, したためて, して, しばしば用いられる, しゃべれるの, しるして, すこしわかりました, すでにあの, すでにでき, すでに一方, すを, ぜひ必要, その儘, その前, その意味, それに, それについて, それによ, それ自身時代を, ただちに一般人民, ただちに農民, たつし, たまたま保存, だんだん拡張, ちっとは, ちゃんとし, つかはれ國電, つくられたこと, つくられたもの, てっと, できた, できた譯, できないこと, できないんで, できる, どういうところ, どういう意味, どこの, どちらも, どんなに切れ切れ, ない, ないという, ないのみ, ない故に, なお残っ, なか, なまごろ, なんの, はずみと, はっきりしない, ひとりでに天, ひどく目立っ, ひどく神経, ふさわしい, ぺらぺらである, ぽつぽつわかっ, またようやく, またわれわれ, まだ使われ, まだ完ら, まだ終らない, まったく生彩, みな同じ, むずかしくってねえ, もしも送り, もとあった, もとは, もれて, やはり霊魂, よくしゃべれない, よく出来た, よく出来ない, よく現し, よく用, よく肯綮, よく通じ, よこされた, わからない, わからないから, わからない心地, わかりませんから, わかるか, わかるでしょう, わかるよう, わかる分らぬは, わが国に, イタドリであった, インキの, エド時代の, コンスチチューシオンフェルファッスングなどに, ツスツシタマまたは, ローマ字で, ヱレン氏の, 一つある, 一時或, 一番に, 一種の, 一般に屠, 一般の, 上手に, 上流に, 上達いたしました, 不十分の, 不自然に, 世に迎えられ, 世間的に, 中央の, 主部の, 乱されて, 二章まで, 五十銭づつの, 五章誰の, 亞拉比亞に, 人間生活の, 今日なお, 今日多少, 他の, 佐助の, 何かの, 何時から, 余りに俗悪, 佛書に, 作られたの, 作られて, 使えるならば, 使って, 使用された, 俚諺と, 僅かずつの, 先ず存在, 入つて, 入つて來, 全く廃れ, 六つあります, 其位置を, 出た, 出た事, 出来, 出来たかの, 出来たが, 出来たので, 出来たらしい, 出来ない, 出来ますので, 出来るかと, 出来るのに, 出来るよう, 出来る筈, 出来実用語, 分かつたら何, 分からなかったけれども, 分らなかった, 分るに従って, 分別男や, 切なく顫, 切れかかると, 初めて飜訳, 判らない老人, 判んないの, 到る処, 剃刀の, 前から, 前の, 前例の, 十分話せる, 南支那に, 即是, 取り交わされた, 取り入れられると, 古いとは, 古くは, 古代においては, 古代にも, 同じ音, 同時に行, 君子に, 含まれて, 呼ばれ若い, 喋れない, 喋れる學者, 喋舌れる, 四个所に, 国語中に, 変則の, 外国人とは, 外来語である, 多かった, 多かつ, 多くなった, 多くみえ, 多く用ゐられた, 多く見え, 大部分外来語, 太のりとだ, 女学校程度の, 好きだ, 好く出来る, 如何なる意義, 始まったかと, 始めて, 嫉妬を, 孔子の, 存し, 存在し, 存在した, 存在する如く考えられる, 学而篇に, 学術語として, 安っぽく濫用, 完らない, 定められ読本, 専門な, 少々面白く, 少し, 少しづつ, 少しでも, 少し出来た, 尠から, 已然にも, 常に下司男, 常に好ましい, 幾個ある, 幾度か, 広く行なわれた, 庶民信仰の, 廣く, 弘く使われる, 形容詞として, 形式によ, 彫つて, 役に, 役に立って, 往々に, 後には, 後にわ, 心に, 必ずしも, 必要に, 忽然と出, 思い出される, 思わず出る, 恐らくはまた, 悪いの, 意味し, 我が国では, 我が日本, 所謂先入主と, 持って, 挑戦的に, 挿入された, 挿入せられた, 掲載された, 放免囚から, 敏達十年紀に, 敬語と, 敬語といふ, 数世紀にわたる, 文献に, 文献の, 文章に, 方言である, 既にあった, 日本に, 日本歌人によ, 日本語的な, 明かに, 是非とも, 普通でなかった, 書いて, 最も普通, 有るが, 有ると, 朝野を, 朝鮮に, 本当に何年ぶり, 本来何を, 杏坪に, 来て, 来客を, 果して存せし, 栗本の, 權威を, 次いで記され, 次第に卑賤, 正確に, 此の, 此頃好ましい, 殆ん, 殊に鋭く, 残つて行き高い, 殘つた, 段々健康, 段々濫用, 母の, 民の, 永く伝わる, 決ったので, 決定せられた, 沢山に, 泥烏須の, 洩れる, 活, 流行し, 流行り出した, 浮んで, 海人部曲その他の, 減る訳, 源と, 漸く転じ, 潜んで, 瀑名と, 無数に, 無産者の, 熊本地方の, 特に共同態, 特に別, 狭義に, 現れて, 現われたの, 現われた結果, 現代ヨーロッパ語と, 現代人の, 甚だ慊ら, 生じ夫, 生まれて, 生れましたが, 生産物に, 用いられそれ, 用いられたり, 用いられて, 用いられまた, 用いられやがて, 用いられると, 用いられ四人, 用ひられ, 用ゐられる, 用語例に, 甲から, 癩病人を, 発せられた調子, 皆の, 目ざわりなら, 目の, 直接日本語と, 矜持心の, 碌に, 祖先の, 神事の, 神言を, 私には, 私も, 米又は, 精確に, 約まって, 紙上に, 結びついた時, 結合し, 継げず頗る, 繰りかえされた, 置かれたこと, 置き換, 美しい和音, 考案された, 耳へは, 聞えた, 聞えたので, 聞きとれたら答え, 聞き取られ書き留められた, 能登から, 自分を, 自國語, 自由だった, 色々の, 色の, 著しく神秘化, 虚偽である, 行は, 行はれ, 行はれた, 西洋文化または, 見える, 見出されるもの, 覚えられる, 解し得られるらしいひろ子, 解るかな, 言ひ, 訓戒と, 許されると, 訳語として, 話されて, 話されるという, 話せないし, 話せないという, 話せますか, 話せません, 話せる風景畫, 話せれば, 誌し, 語原を, 語原的に, 語尾に, 誤って, 説明的に, 読めない, 読める, 読めるか, 諸國, 讀める者, 賤しくなる, 起るわけ, 身毒の, 載せられて, 辞書に, 通じたと, 通じないよう, 通ずること, 通用し, 違うの, 違つてゐよう, 適当だ, 適當の, 選定された, 遺つて, 邦語と, 邪魔に, 酔った男, 重複し, 針を, 門口で, 附いて, 随分ある, 露出し, 靈光を, 面白し, 響くごと, 驕持心, 鷺の

▼ 語~ (894, 6.9%)

3 なかった, もとは, 一般に, 今日の, 古くは, 同じで, 現代の, 非常に

2 [48件] あっても, こ, これで, それと, どう言, ないが, まだ日本語, まだ無かっ, よく分っ, わからない, われ, 一つも, 主格なし, 五言四句の, 今でも, 今も, 仏教の, 他の, 何の, 僧に対する, 元は, 元より, 全人格, 全体としては, 単なるまる, 句を, 唐の, 外国語を以て, 孔子の, 宋の, 彼の, 忽ち僕, 我々の, 支那には, 日本に, 明らかに, 本が, 本来, 此の, 熱して, 特殊の, 私には, 總て, 色々な, 英語に, 蛇, 詩語としては, 近世の

1 [774件 抜粋] あちこちに, あって, あなたと, あまり好まない, あみだ, あるいは高尚, あるからな, あんまり下手, あんまり貧弱, いかなる意義, いくはなど, いたく係官, いつも同じ, いつ頃, いまだ知らない, いまだ管見, いろ, うか, おのずから影, おほ, おろか英語さえ, かういふ処, かえって空, かれにとって, きたの, けろりと忘れ, こういう実体, こうこういっ, こう云う, こちらでも, ことばの, このふく, このまま朝, このよう, この場合, この席, この後明治十年頃, この比較対照, この通り起原, これからも, これに, これは, さう, さておき日本語, さらに進ん, しばしば, しばし絶えぬ, すくなくともそれ, すぐ前, すでに平安朝, すでに悠久, すでに述べた如く, すでに陳腐, そのニヘ, その声, その形式, その脣, その語原上, そりゃ北京語, それほどでも, それを, それ自ら反, た, たしか, たしかに臭い, たよりない, だいぶ上達, ちょっと解しかねる, つかないの, できません, ともかくも, どうしてこうまで, どうして始まった, どうも役者, どの新聞, どの解釈, どれくらい, どん, ないの, なおぽっちり, なかなか出, なかる可, なくして, なくとも, なにしろ高等學校, なるほど, のこって, ひとしくない, ひとしくなく, ほんとうに, まさに解読家, また二人, また彼, まだ一般, まだ栗本, まだ用いられ, まだ話せない, まったくこれら, まれびと即常世神に対する, みこと, みな声が, みんな私の, むしろ心, もちろんヨオロッパ諸国, もっともこの, もともと宗旨, もともと桐壺, もと侯生や, もと劇, もと対話, もと決して, もろく, やはり定め, やまと伝来の, やや日本語, よく當時, よもつひら阪, らくに話せます, わからないと, わしの, わたしの, わりあ, アイヌが, アリストテレスが, ギリシアの, ケット部落に, ケルゼンの, サ行音と, シと, ソヴィエットの, ツシヤであった, バチェラー氏の, ヒンツペエテル博士が, フォルツナート・ヂ・チエーネダー, フランス語に, プラトオより, マルが, マルセイユ人の, 一八三四年に, 一八六一年に, 一括し, 一時便宜の, 一瞬に, 一般庶民の, 一體其の, 万葉には, 上二段活用でなかった, 上達なすったでしょう, 上達部と, 不穏当なり, 不調和である, 世界的に, 両義的であっ, 中古以来行われ, 中華人, 主として文学博士坪井九馬三氏, 主部に対して, 久しく併存, 事実この, 二つの, 人間の, 人間本来の, 今は, 今日さむといふ語は, 今日も, 今無き, 他にも, 代々の, 代を, 仲基が, 伊達家の, 低い声, 何う, 何かに, 何だ, 何と, 何を, 何処で, 何百と, 余の, 余り通俗, 佛出世の, 使つてない, 使はれ, 俗物的だった, 修道院の, 假名遣, 偶然かも, 僅かな, 僕等に, 儒家にも, 元か, 元とは, 元來戀人等, 元来フチであっ, 充分でなく, 充分に, 全然知りません, 兩義的で, 公認用語という, 其と, 其天つのり, 其等に, 内容即, 冰ほほ, 出ないじゃあ, 出来なくたって, 分らないの, 初め, 別にある, 到底上代, 前云った, 割にタチ, 動詞が, 勿論さう, 勿論わかっ, 勿論朝鮮語, 勿論西洋語, 北京語だ, 十六世紀頃から, 南米十ヶ国に, 単なる, 単に相対語, 単に祝言, 即ちこれ, 又段々, 古事記にも, 古事記の, 古代の, 古代人の, 古来種々の, 只方言, 各々明らか, 同じく原文, 同じな, 同時に魚, 同義であり, 吾, 哲学に, 單語の, 國, 國民の, 國語の, 在家の, 坂が, 型だ, 外の, 多くエイドス, 大事である, 大体に, 大別し, 大好きだ, 大抵どの, 大槻磐渓先生が, 天子様の, 天語の, 奇談としての, 奥羽地方の, 如是の, 子供の, 存外使われ, 孰も, 宗祖の, 実はこの, 実在しない, 実際不即不離, 室町時代までも, 容易ならぬ, 寿江子フランス語は, 將帥方伯, 小いも, 小供, 小数の, 少しばかり, 少しも, 少し強, 尚書にも, 山口の, 山紫水明の, 島々にも, 島人にも, 巧く, 希臘以來の, 師傅篇に, 常にそれら, 常に複合語, 平安朝あたりで, 年越の, 幾つか, 広い意味, 当時の, 当時數茶山の口に, 当然愈減じ, 彼が, 彼らが, 彼女が, 彼女に, 彼等には, 待つ間, 後の, 後世には, 御一代, 御存じで, 必しも, 必ずしも卑しい, 必ずしも字, 必ずやかうした, 必ず彼, 恋愛運動の, 恐らくドラマ, 悉く一発, 悉く彼, 悲痛であった, 愈裏打ち, 意味を, 慥かに, 成瀬が, 我等一族の, 我輩これを, 所々に, 所謂東夷と, 撃柝の, 支那にて, 文字通りに, 文法の, 文法を, 斎部祝詞に, 断然用いない, 新しいもの, 新古今時代, 旅先きで, 既にすたれ, 既に日録, 既に謡曲, 日本人にと, 日本語の, 日露の, 早くから芸能, 早くも, 早口で, 明かに, 明治十三年以来用いられ, 明白に, 昔の, 昨日以前を, 時に取っ, 普通, 普通の, 最もインターナショナル, 最も弘, 最初文学の, 最多く副詞, 最早や, 最早國際語, 有るまい, 期待した, 未だ当時, 本来の, 本来は, 東京語式の, 東北地方には, 某の, 根本に, 梵語に, 梵語の, 極めてエピカル, 極めて複誰, 極めて解きやす, 標準語といふ, 標準語中にも, 次の, 正しいロシア語, 正史の, 正月でなく, 武蔵野の, 殆悉く, 毎日の, 比較的簡單, 民間の, 永遠に, 決して使用, 決して訳する, 沖縄本島の, 法律に, 法律の, 津田にとって, 洩れ来ぬ, 流行の, 深き意味, 清音の, 源氏の, 滿更揶揄ふつもりで, 漠然たる心, 漢字, 灰を, 為政八, 無くとも, 無論こういう, 無論の, 煽りと, 特権階級の, 独り此地に, 猶久しく, 現れる, 現代語以外には, 琉球の, 甚だ簡単, 用いられて, 由緒正しく, 當時の, 発音に, 発音字, 皆春秋に, 皆烙印の, 直に物皆, 直に貫一, 相手を, 矢張その, 知らない, 確な, 祝詞だけでも, 神田氏以来久しく, 私が, 私に, 私よりも, 積極的, 空虚を, 立派に, 笑話の, 第一, 第五版, 箕作麟祥博士が, 簡単に, 糸などを, 素敵だ, 経国済民から, 纔に, 罪人の, 美麗を, 聖書の, 聖者より, 胸を, 能く, 腰巻き又は, 自分が, 自然, 自然的態度における, 花鳥諷詠に, 芸術の, 苦なり, 英国に, 英国人の, 英語を, 華かな, 蛮夷なり, 行道など, 表わして, 裏面に, 西インド語の, 要するにわれわれ, 見るによ, 解釈の, 言はば, 記紀既に, 訛なり, 訣らない, 註されぬ, 詩法の, 話せません, 認められて, 語を, 読めないから, 調和し, 譬へば後世, 軽薄で, 辞典が, 近時広く, 近来世間の, 近頃流行, 迦毘羅衛の, 通例の, 造られては, 道元を, 遠景に, 適当でない, 鋼鉄の, 鎌倉時代から, 鎮魂の, 長い間持続, 陳腐で, 隣り合ってる沢, 雅馴を以て, 露西亜人のと, 青年, 飯料や, 饗応の, 香臭を, 馬来語の, 驚くほど, 高く一語

▼ 語~ (886, 6.8%)

15 力を, 訳して 13 なって 12 つきる 9 通じて 7 翻訳し 6 当つる, 翻訳され, 譯し 5 して, しても, つきて, 於て, 続いて

4 [11件] ある, つ, なつた, なる, 對し, 尽きる, 直して, 相違ない, 翻訳した, 翻訳せられ, 若人たちは

3 [13件] 似て, 何か, 出て, 動かされて, 堪能な, 心を, 用いられて, 窮した, 翻訳された, 翻訳する, 飜訳し, 飜譯され, 飜譯した

2 [44件] おけると, さへ, すぎない, つきます, つれて, とらはれて, なつて, なると, 何の, 依て, 働くもの, 含ませること, 吾人が, 堪能で, 對する, 就いて, 尽きて, 尽きるよう, 尽く, 持つ感覚, 接頭語あの, 文字を, 曰く, 気づけられた, 気を, 氣づけられた, 沒, 注意を, 無限の, 熟達し, 翻訳される, 興味を, 興奮し, 表白した, 訳された, 訳された経文, 訳すこと, 通ずるに, 通ずるもの, 通暁し, 過ぎないの, 重きを, 非ず, 飜し

1 [601件 抜粋] あざむかれずこれ, あて, あてはまる人, あてられたの, あなたは, あらず, あらずその, あらずや, あるいは苦悩, あると, あるに, あるもの, あるよう, いい換えれ, いい知れぬ味い, いうべからざる厭味, いたっては, いった, いわく, いわゆるシニック, いわゆるムクテナート, うつつを, うといから, うなずきを, おきかえる必要, おしなべて括ん, おぼろげながら, お増, かなりにて, かぶれたもの, かぶれて, かわいたくちびる, きはまると, こう叫んだ, こう呟い, ことに力, こめられて, こもる万感, これを, さう, さること, し, したらといふ, した言葉, しては, しようと, しよろりと, すぎなかった, すこぶる近い, すっかり通暁, すると, するので, そのままの, その印象, それほどの, つきますよ, つきるあたり, つきるの, つき明日, つくされて, つくされ得る, つく語尾, つぶやいた, つぶやいて, とこふ, とらわれると, とり上げたこと, ないもの, なったから, なつたら, ならない以前, なりきって, なりつ, なり成功, なり普遍性, なるという, なる特質, はじまり, はじまる, はじまるの, はらはらし, ひきあて, ぴったりしない, ぴったり適当, ふくまれてを, ふくめて, ぶつかって, ほかならないこと, ほこりさえ, ほとんど見当らぬ, まぎらして, まさりて, まじ, むかへて, むけて, むけなば, もったい, もっぱらエムス, もとな, もどって, ゆき合うたか, よく似, よく通じ, よらずとも, よらなければ, よりて, よると, キャンと, ゴルフ語し, セツナ何とか, セムナク・ポェパという, チョモ・ラハリ, フエアクリイム或は, ホロカという, ミッキ, ヤムド・ツォと, ラクガル・ツォと, ンガリと, 一そう急き立つ, 一句一句に, 一括し, 一種の, 不抜の, 不案内であった, 与みする能はず, 両義性が, 乏しくなっ, 云いそして, 交渉する, 今一つあさまし, 他ならなかつた, 他人思いな, 代るべき代用語, 代る語, 代用せらるべき, 任せて, 伊太利語まぜ, 会うて, 似せて, 似たポリーシャ, 似たユダヤ語, 似た形, 似た響き, 似ぬやう, 何かの, 何が, 何でも, 使うという, 使う梵語, 使って, 使はれた, 依つて, 侮辱の, 係つてゐる, 係る様, 優って, 全く無縁, 全く通じない, 全力を, 兩義性が, 共通し, 共鳴し, 其婚姻が, 円満な, 写して, 冷笑を, 出で, 出会う事, 出会して, 出合った時, 出現する, 分明に, 分析し, 分裂し, 到達する, 前と, 動かされては, 勢力を, 包含せしめ, 化して, 十兵衛も, 印象される, 危殆の, 參考飜譯し, 又更に, 及ぶこと, 反訳する, 合して, 同じ, 向つて猛烈, 含ませて, 唐寺の, 唾を, 困難であった, 在らずして, 坊主の, 基きて, 基くらしいと, 堪能だった, 堪能なる, 塞りぬ, 壓縮し, 変えて, 変って, 変調し, 外ならない, 多くの, 多少の, 大きく書いた, 大きく繰り拡げられ, 天つ, 太子の, 奇味ある, 如何に, 妓楼を, 定義を, 富めること, 寓し, 対偶が, 對照し, 少しも, 就いては, 就いても, 就きて, 就て, 尽きざるを, 尽きるでありませうか, 尽きるので, 尽きるもの, 尽せない明日, 屋敷内の, 屡ある, 帰したそれなら, 帰する, 帰着する, 平仄し, 幾分でも, 引かれて, 引き入れら, 引き直して, 引き込まれて, 当って, 当てたの, 当てる新語, 当る, 当るもの, 当る職分, 当嵌めた, 当惑し, 彼の, 徃く, 徴する, 心眼の, 必忘れられた, 志士は, 悟らされて, 惑は, 惜別の, 感動し, 慰められよう, 懸る枕詞, 成つたこと, 成文的の, 我道には, 或は, 手依つ, 手招ぎする, 抄訳し, 抑えつけて, 拠って, 捕われるの, 接しては, 接すべく折々, 接する場合, 接近し, 換へて, 撞着した, 擬して, 攝し, 改めたのみ, 改めようと, 散文の, 新しい意義, 於いて, 於ける, 於ける退化, 於ては, 於ても, 於てわ, 既に唯一, 明らかに, 明瞭な, 昔から, 時も, 智識の, 曰ふ, 曰其罪を, 書き改めること, 書き更, 書き直して, 次いで來, 此語法を, 歴史的な, 殊に力, 比して, 毫も衰残, 気つけられた, 気づかないらしかった, 永い尾, 求めると, 没入し, 浸りきって, 消えうせた, 添うて, 渉つてかなし, 満腔の, 源助に, 準拠し, 焦点を, 熟した人, 熟達した, 熱中し, 特に注意, 特別の, 特殊な, 牽かされた經驗, 現れたる私, 現わ, 現わし, 理由は, 用いられるかという, 用いる万葉仮名, 用い心, 用ゐる, 由つて一の, 由りて, 由来した, 疎そ, 発して, 盡きました, 直した, 直しながら, 直すと, 直すといふ, 直って, 相手の, 眼を, 祖甲を, 神慮を, 神秘性を, 移され北新書局, 移ろうと, 種々の, 笑つた, 精しい加藤さん, 精しからざる, 精通し, 精通せられる, 精通せりといふ, 終る, 組立てられて, 結びついて, 絡んで, 続き此処, 続く場合, 続く形, 編入せられ, 縁の, 縁起を, 置き換えさえ, 置換えて, 羅馬共和時代帝國時代帝國衰亡時代それから, 習合せられる, 習熟した, 翻訳させたい, 翻訳されたら, 翻訳され出した, 翻訳したです, 翻訳できる, 老工瀕死, 考えられて, 耳を, 聞いた蝶, 聞かされた故郷, 聯ねた其詩, 聴き入, 自由な, 至っては, 至りては, 若い血, 行き当ると, 被為成候はん, 見えるが, 解されて, 言う盛徳, 訳されそれ, 訳されたという, 訳されて, 訳されダイタース, 訳したといふ, 訳したもの, 訳したらよから, 訳しつつ, 訳し僕, 訳し答え, 訳すと, 訳するの, 訳す事業, 訳せられて, 訳そうと, 訳出された, 訳出する, 認められた文書, 誤られて, 論理學, 譯され, 譯された, 譯せられた, 譯出された, 豆の, 走らずには, 身うごき, 転向した, 載せられて, 近い, 近いと, 近い意味, 近かったらしい, 近くなった, 近づけて, 近づけること, 述ぶ, 逃げ道を, 這入る, 通じことに, 通じた學者, 通じた正直, 通じては, 通じること, 通じる語序, 通じ何千巻, 通じ呂宋, 通じ外國文明, 通じ少しく, 通ずるところ, 通ずる所, 通ぜり, 通ぜる人, 通って, 連関し, 連関する, 進んだ物, 過ぎない, 過ぎない程, 過ぎなかったけれども, 過ぎなかったもの, 過ぎぬ, 過ぎませんでした, 違ひない, 遠きを, 適して, 遭遇したる, 還すこと, 野を, 鉄工場の, 鉄牛面の, 鋭利また, 長じ, 関係し, 関西言葉の, 關する, 附して, 附せられた曖昧, 限つた譯では, 限つて古い, 限らずいづれの, 限るといふ, 陰部をも, 随って, 集って, 難訳で, 霧の, 静といふ, 韃靼語を, 音近き, 頭が, 顔を, 顔淵を, 類似した, 飜す, 飜訳され, 飜訳された, 飜訳する, 飜譯される, 飜譯し, 食傷し, 飢えて, 驚いて, 鷹を, 黙会

▼ 語~ (864, 6.6%)

25 あつた 14 いえば 12 あつて 10 何か, 書いて, 話を 9 書かれて 6 あつたの, あらう, 云った 5 云って, 云へば, 言へば, 話して 4 いうと, いった, おれの, 叫んだ, 言えば

3 [11件] そっと談, 出版された, 愛想よく, 書いた詩, 書くこと, 見ると, 言うと, 言って, 記されて, 話しかけた, 話した

2 [42件] あつたらしい, あらうが, いう, かいた本, きいた, きいて, こたえた, これは, ささやいた, しゃべったので, はなしかけて, やって, マロキオ梵語で, 其上に, 列ねるの, 呶鳴った, 唄われる, 早言, 書いたもの, 書かれたもの, 書かれた最初, 書かれ他, 書くと, 歌った, 演ぜられたので, 答える, 結婚する, 置き換えて, 芝居を, 表されて, 表は, 表現する, 言った, 訊ねた, 話しました, 説教を, 読んで, 返事を, 霊魂の, 非常に, 頭を, 骨董好きの

1 [599件 抜粋] все, あたう限り, あつたさうだ, あつて南方錫蘭, あつて郷倉氏, あどけない話しぶり, あの文章, あまみ, あらうと, あらは, いいあらわすこと, いって, いっても, いわゆる, うたう彼女, うたわないと, えらい文学上, おざる, お神さん, かういふ声, かうした文句, かう初対面, かかれた本, かけられた言葉, かづらは, かないは, きくと, くり返した, こう呼ぶ, こう書い, こっそり, ことに稲作, ことわりを, この消極表現, この無帽, この自然, この頃女, これが, こんなふう, さ, さへも, されるから, されるの, しかも便宜上, しずかに, したためる, して, しゃべり出した, すなわちこの, すらすらと, せう, せう或は, せめてそれ, そういうの, そう云っ, そう答えた, その作家, その作者, その草, それに, それは, それを, たずねた, たずねました, ためらわず話した, つたえた, つづけて, つまり, つよくせまる, どなりつけた, なかなか旨い, なくして, なされ得るとしても, なつまり, ね, ねころんで, ねシェークスピア的, はじまりその後五つ, はた, はつきり区別し, はなかろう, ひらき直, ふゆ, ぶつぶこごと, ぺちゃくちゃと, みそぎを, めづをばかろく体言として, もうここら, もし靴, もつて, ものを, やった, やった方, やっつけたいの, やる, ゆっくりゆっくり自分, ゆっくり読んだ, ゆっくり重々しく, ようやく次, よびかけられびっくり, わ, わかったよう, わからぬとき, わきへ, わめいた, ゐて, アラスに, アルツィバーシェフや, アンナ・パブロオナといふ, インドの, インマヌエルと, ウラナヒの, オショール独語で, オチリまたは, カイは, カッポネ英語で, カルタマリーナと, カン・リンボチェと, ガルテンだろう, クックの, クビと, クムヒル英語で, クルと, クレエム前置詞と, ケフペルシア語で, シシャモと, シナの, シャアに, シヤルパンチエーといふ, ストレガ女人殊に, タイプされた, タバコ問答を, チアム語の, チウベツ, ドクトル近江の, ニケウルルバクシナイと, バグ南インドの, ピリジャワ名マチャムマレー名リマウアラブ名ニムル英語で, フロラを, プサと, ペラペラと, ホオフナルと, ホッビー・ホールス, ホレボウ, ムシュー・ドファルジュは, メは, ヤンブー・チョェテン・チェンボと, ヤーニェマグウと, ラブラン・チェンボと, 一ぺんに, 一二言囁く, 一人の, 一喝した, 一寸間違はれ, 一掃し, 万葉集以前には, 三四郎も, 上演いたしました, 上表を, 上首尾早く, 主として海中, 之によ, 之も, 之を, 云いなさい, 云い表すの, 云うこと, 云うと, 云う時, 云ったの, 云ひか, 云ふと, 云ふとり, 云われたが, 五月の, 人民の, 仏教の, 代表され, 仰せられたその, 仰せられては, 低声, 何かしらを, 何かしら悠くりと, 何ていう, 何とか云い, 傳えられたこと, 傳は, 働く人, 僕に, 僕には, 充分に, 先き, 児玉さんに, 全く判りません, 全世界, 公表する, 其の國語, 其れ, 其を, 内々話し, 出版した, 分枝, 分裂させる, 切つて返し, 初まってる, 助け舟を, 勇ましく猛々しく若々しく生き, 勇ましく猛々しく若々しく生き生き, 医学と, 半分やっ, 単に長い, 即母胎, 又かね, 古くはがまで, 只山岡大夫, 同じ事, 同じ註文, 同時にニューヨーク, 吐鳴つた, 呪咀したら, 呪文を, 呼ばれて, 呼び掛る, 呼ぶ官職, 呼んで, 命令を, 和訳します, 咒罵した, 哀願する, 哲学を, 哲学文学の, 唄うと, 唄を, 唱えては, 唱われたの, 問うたなら近松門左衛門, 問う例, 問答し, 喋ったの, 喋り合, 喋るの, 喚いて, 喚めき立てた, 嘸御, 囁くよう, 夏を, 夢を, 大体わかつた, 天子の, 奇を, 好く表され, 妹と, 始る, 子どもが, 子宮を, 官を, 家主など, 寧, 対照し, 対象に, 将然言, 尋ね次, 小さく墨, 小乗阿羅漢の, 小説を, 尽したかっただけに, 山中の, 山羊の, 巡礼に, 左翼の, 張は, 形容し, 形容すべき, 形式の, 彼と, 彼に, 従二品が, 徹底を, 心に, 必一つは, 恋歌を, 意味し, 意志も, 感謝の, 慨いた, 我国においても, 所謂ウーブリエットが, 手紙を, 批評せられ, 持病で, 按司などの, 掩はれる, 描くよう, 教えた, 教える傍ら, 教授が, 教育を, 散文的に, 数えた, 日出を, 日本に, 早口に, 晨を, 晩食の, 暴風の, 書いたらしくて, 書いた文章, 書いた見覚え, 書かねば, 書かれた即興詩, 書かれた参考書, 書かれた立派, 書かれロンドン, 書きかけたの, 書きロシア人, 書き上げて, 書くよりも, 書くエロシェンコ, 書く自由詩, 最も正確, 會話する, 朝鮮移住の, 未來に, 本来は, 東日本は, 栗の, 模倣が, 権威と, 横柄に, 次の, 歌つた, 歌ふ, 歌われて, 歌われるため, 歌詞を, 正確には, 決してかづらぐ, 注意され, 注意せよ, 活, 混じ言うを, 済んだ, 渡し場を, 港の, 源三位に, 演じてるの, 演じる劇, 演出し, 演説された, 演説みたいに, 演説を, 無手の, 煽ろうと, 片歌, 牛の, 牛乳売の, 犬が, 狩猟或いは, 猟人の, 猫の, 献立を, 猴に, 現した, 現に母, 理想を, 甚だ拙, 田遊びとは, 申せば, 男と, 痛み入ります, 発表した, 盛装の, 直ぐ答えました, 真面目な, 知らせた, 石國の, 社頭の, 神聖なる, 祭りに, 私どもの, 私に, 私には, 立チ上ル又は, 立派に, 笑い喋り, 笑はせる, 答えた, 答へ, 紙を, 細かく地名, 紹介した, 終った, 終つて居る, 組立てられて, 結ぶ句, 結局は, 絵葉書の, 署名した, 罵りながら, 翻訳された, 考へ直したらしく今度, 肝魂を, 腰を, 腹痛苦悩の, 自分が, 自分の, 船の, 若人たちは, 草を, 荒れるといふ, 落第し, 著された書册, 著作した, 蓑でも, 藩籬といふ, 蜜柑を, 蝦夷の, 表したと, 表したの, 表して, 表し後期王朝, 表すべきもの, 表す様, 表わした, 表現されるであろう, 表現した, 複数を, 要するに目, 要領を, 覚えて, 親しめるという, 解けるもの, 言いはじめたの, 言い争って, 言い現, 言う, 言うところ, 言つた, 言ひ, 言ひまし, 言ふ, 言ふと, 言葉を, 訊いて, 訊ねる, 訊問され, 註文しなかつた, 詔旨を, 試みたいくつ, 詩が, 詩を, 話さず, 話されて, 話しかけました, 話しかけられたばかりに, 話した方, 話し乍ら, 話し始めた, 話し盡, 話すけれども, 話せそれから, 話せるよう, 話て, 話掛ける, 語られて, 語りうると, 語部の, 説教します, 説明される, 説明しよう, 説明を, 読ませる方, 読み書きする, 読むこと, 読んでも, 談判めい, 貿易風と, 賛を, 質問せられる, 軽いと, 過大な, 都会の, 酔どれを, 鍋匙という, 長いあいだ, 長い長い秋, 間違ひ, 阿蘇は, 雄ペツーフ, 雄弁を, 雄鶏を, 鞍部を, 頭にも, 頭髪を, 風車を, 飜す, 食事を, 飯を, 鰻の, 黒く題

▼ 語つて~ (412, 3.2%)

86 ゐる 30 ゐるの 19 ゐた 15 ゐるやう 11 ゐると 10 居るの 9 居た 7 ある, ゐるもの 6 きかせた 5 ゐるが, 居る 4 はゐない, ゐたが, ゐない, ゐます, ゐるだけ, 来て 3 きかせて, しまつ, ゐたの, ゐるうち, 居るもの, 聞かせた

2 [21件] きかせたの, も彼女, ゐたので, ゐて, ゐないもの, ゐるか, ゐるかと, ゐること, ゐるし, ゐるところ, ゐるとしか, ゐるに, ゐるので, ゐるのに, ゐる私, をり, 居るやう, 歩いた, 知らせると, 聞かせたこと, 見せて

1 [118件] あげい, あつた, あますところ, あるいたが, うまく行け, かう云, かう言, きかせたこと, きかせたもの, きかせた通り, きかせるの, きかせる立場, きかせ結局, さてかう, ないの, はいけません, はゐる, は時々, みても, もいい, もいやしくも, もならない, も決して, やるまでも, よい時, るやう, わかるもの, ゐたから, ゐたこと, ゐたつもり, ゐた七郎丸, ゐた弘法, ゐた由, ゐた話, ゐないから, ゐないと, ゐました, ゐますが, ゐますよ, ゐられたが, ゐるかといふ, ゐるかに, ゐるから, ゐるだけの, ゐるでは, ゐるとも, ゐるはうが, ゐるほど, ゐるらしい, ゐるらしくないと, ゐるタンク, ゐる三人連, ゐる事柄, ゐる人, ゐる全, ゐる古事記, ゐる恋人同士, ゐる新聞記事, ゐる明烏, ゐる暇, ゐる樣, ゐる次ぎの, ゐる男, ゐる色彩, ゐる言葉, ゐる話, ゐる軍服姿, ゐる通り, ゐる面白, ゐる頁, ゐる點, をく, をつた, 下された, 倦まなかつた, 其の當時, 呉れたは, 呉れるたび, 多く聞いた, 居ては, 居らぬ, 居ります, 居るか, 居るが, 居るので, 居る事, 居る時, 居る点, 帰りし後, 既に其寡欲, 未だ其厨子, 来た, 来た時, 来ると, 歩いた女, 決して帰宅, 泣きながら, 猶さらににやりと笑つた, 置きたかつた, 置く必要, 聞かされたの, 聞かせたこんな, 聞かせたところ, 聞かせたり, 聞かせて, 聞かせる中園, 聞かせる獨白體, 聞かせ相手, 聞せた, 聞せる, 行かうその, 行かうと, 行く, 見せたといふ, 見せるぜ, 見た, 見たけれども, 見やう

▼ 語~ (374, 2.9%)

11 なつて 8 なって 7 云ふも 5 なつた, 凡下の, 言ふも 4 同じもの 3 いえども, いへば, 云ふ, 専門語との, 英語の

2 [19件] されて, するもの, なる, なれり, ルウマニア語の, 一致し, 似て, 同様世間の, 國文學, 屁の, 思って, 日本語との, 考へられて, 英語とを, 言ふ, 語との, 違って, 関係の, 露西亜語で

1 [276件] いうの, いつたの, いはれたらしいの, いひこれ, いひ其引諭, いひ長書, いふよりも, いわざるべからず, いわなければ, おなじ関係, おまへの, おもふ, きくと, きたらこれ, きたら少年, きめること, しその他, したい, した神語, しゃれて, すこしの, する意圖, する教育方針, すれば, せば, それに, だんだんに教わる, ちがって, とり替へるやう, なし肉食日火曜日, なすうるは, なすもの, なったの, なったもの, なりぬ, なりはじめたの, なり帝国大学, なり得るだらう, なり猫, なること, なると, なるに, なるの, なるよう, なるを, のちが, またくゆらす, まづ, むすびつく事, よぶが, わたしの, アメリカ語英語との, アラビア語とで, アラビヤ語の, アラビヤ語を, アラビヤ語以外の, インド語とも, オランダ医学を, サンスクリットは, タタール語の, トルコ語を, ニッポンの, ネパール語の, ノルウェイ語とは, ピストルの, フランス語とで, フランス語とを, フランス語を, ヤ行上二段の, ユンタ, 一三六行の, 一図に, 一緒くたに, 一致する, 七節の, 不離の, 二つ入っ, 云い口調, 云い惟私意, 云うもの, 云つ, 云つたは, 云つた意味を, 云はれ, 云へば, 五つに, 仏蘭西語で, 他の, 以太利語に, 作家という, 信じ得るもの, 傀儡子との, 全然同様, 其の態度, 別々の, 利行と, 北ドイツ語との, 卜部祭文との, 双方で, 反意語, 口語との, 古典語の, 句との, 同じく, 同じくギリシア, 同じく我々, 同じく皆母音, 同じく諸家, 同じこと, 同じで, 同じやう, 同じ形, 同じ意味, 同じ意義, 同じ来歴, 同じ程度, 同じ言語意識機能, 同じ語原, 同一句調, 同根と, 同様な, 同様に, 同様独逸語をも, 同語源, 名づけて, 名古屋語と, 吸うという, 命けて, 和蘭語の, 咽喉仏を, 哲学用語とで, 哲学的術語, 固くむすぼれた, 國民性とに, 多少の, 大体同じ, 大阪弁が, 大阪語と, 太平記の, 好い對, 実際的, 家族氏族部族などと, 密接な, 専門語旧, 少しちがう, 少しの, 少し調子, 形式とについて, 形而上学という, 往々全く同一, 思えど, 思ひこんだあの, 思ふ, 思われる外国語, 意にて, 成って, 成り今, 成れり, 折衷的な, 支那思想の, 支那語とが, 数学と, 文化の, 文章語との, 新ノルウェイ語, 新外来語, 新造語日用語と, 方々に, 方言との, 日常語は, 日本の, 日本語と, 日本語とを, 日本語の, 日本語を, 昔の, 有り来りの, 朝鮮語の, 李義山の, 来たら自分, 東京弁が, 東京語とよりも, 柳河語と, 梵語との, 欧州語との, 此民譚とに, 比べて, 江戸語とを, 流行語みなつとめて, 混って, 混淆し, 漢文とを, 無関係に, 爲す, 独逸語だ, 申す歌曲, 異なるに, 異別, 相俟つて, 相和し, 相対比すべき, 相類し, 看做して, 知る可, 祭政の, 稱する, 稱へ, 空という, 章句語脈の, 競争に, 紛れぬ様, 組み合わせて, 結びあわせると, 結びついたもの, 結びついて, 結合し, 絵画と, 羅典語と, 羅甸語の, 考えて, 考えられる, 考へられるさけい, 考へられ易い, 聞くなら狂語, 聞け, 自由な, 舞踏との, 芸術語とを, 英語とで, 英語との, 葡萄牙語の, 藝術家とを, 術語との, 術語を, 表象上の, 見えるもの, 見て, 見なければ, 見ると, 見る俗間語原観, 見れば, 覚しきもの, 親類らしく感ぜられる, 解したの, 解して, 解しよう, 解するも, 言つた, 言つた方が, 言つた風にしか, 言つても, 言へる, 言われて, 詔る, 認めて, 認めます, 認めるのに, 語とが, 語原が, 語尾との, 語源を, 誤用し, 通じて, 連称する, 道中とか, 違い, 遠方という, 酒たばこの, 関係あるらしく, 関係が, 関係深く, 闘い自責, 非常に, 題が, 類似した, 風俗と

▼ 語~ (274, 2.1%)

4 ある, あるが, わかるであらう 3 あって 2 さつ, 多かるべく, 安南語, 実質さえ, 後には, 用ゐよ, 発すること, 知って, 追

1 [241件] ああインターナショナル, あったかと, ありかたがた, ありさうな, あり或, あると, あるので, あるほど, ある位, あれば, いい得て, いつか譬え, うかつに, うまくて, おできに, おぼえて, お庄, かの無知, き, きかずに, この野趣野情, これと, しばしば聞く, すこし出来るらしく, すこぶる堪能, すべてさうし, そうである, その一つ, その方法, それに, ちっと噛, ちょいちょい入ります, つづらない, ないで, ない無残, なかった, なくその, なくて, なく直接, はっせず別人, ひと通りは, ほが, ほんとうに, またただ英語, または敬称, また二つ, また同じ, また実際, また差支, また常に, また支那, まだ寒い, まだ残っ, まだ流行らなかった, まったく超然, もとは, やりたくなる, ようやく二, よく休んだ, よく出来, よく利く, よく味わっ, よく知らなけれ, よく観察, ろくにわからぬ, わからず相対性原理, わからなかった, わかります, わかるであろう, わが中世, チンピラ語も, パン, フランス語も, 一つで, 一つであった, 一つ位は, 上手に, 不思議に, 不愉快の, 之と, 二つに, 二つや, 云ふも, 五つしか, 亦其通り, 亦平安朝, 亦終に, 人間の, 今日では, 仏蘭西語も, 付随し, 何かの, 使うてるらしいん, 使つて其は, 使わなかった, 偶然では, 元は, 先ずここ, 入って, 冷やかに, 出ずただ, 出たの, 出でず, 出来たの, 出来て, 出来るよし, 効果が, 勿論それ以後, 北京語も, 十の, 南部の, 単独で, 口に, 口眞似, 古くは, 古く一切, 古代日本語の, 可なり, 台湾語も, 同じに, 同じ語原, 同一である, 同音聯想は, 呪言の, 唯の, 四五ヶ国の, 土地を, 多くは, 多く詩, 奈良朝あるいは, 奈良朝或は, 女子智育の, 好い語, 姥たちにと, 子どもの, 孔子について, 実はまれびと, 室町時代のも, 實行せざれ, 対馬, 少しずつは, 少なくない, 常に動い, 強調された, 当時既に, 後に, 徒らに, 従えつつ, 心の, 思合され, 急に, 恐らくこれ, 我國より, 或は, 採集せられ, 文献に, 明らめずに, 明治の, 是と, 時には君子, 時によって, 普通は, 梵語も, 業も, 此す, 此処から, 此名詞の, 残って, 残つたのである, 比較的自然, 氣息の, 決して反語, 注意すべき, 洩らさなかった, 洩らさなかつた, 深く本, 満足に, 漢詩も, 漢語か, 漢音にて, 漫然置いた, 無論先方, 牟尼と, 独逸語も, 生者に対しては, 用いよ外国, 用いられなくなって, 甲類を, 発しない, 発しないで, 発しなかったの, 発しは, 発し得ずだんだん, 発する事, 発せず笑い, 発音は, 發し得ない, 皆かう, 相当いけるらしい, 知つてゐなけれ, 知らない, 知らなかった, 石の, 研究したらしい, 神の, 私には, 第三, 精霊の, 素より西洋, 綿羊が, 羅甸語も, 耳に, 聞きの, 聞きもらすまいと, 聞き洩すまいと, 聞ゆる, 胡語の, 自ら解かれるであろう, 自由であるらしく, 苦しゅうは, 英語を, 行われて, 見えます, 覚えちや, 言うまでもなく古く, 言へ, 訖らざるに, 記, 詩人によって, 話せるん, 認められるやう, 語らず, 読本の, 近代日本語も, 通用しない, 達者で, 都会的な, 長いこと, 靈樞中の, 馬来語も, 高祖本紀に

▼ 語では~ (140, 1.1%)

10 ない 6 あるが 5 ないか 3 ないの, なかった, なかつた 2 あったが, これを, ないけれども, ないと, ないという, なからう, ウムと, 文法的に

1 [94件] ありますが, ありません, ありませんか, あるまい, あるまいか, あるまいかと, いつも, お世辞, これに, すでると, すべて, そういう癖, それらの, それを, ちょッと, どういふ, どう云ったら, ないかしら, ないが, ないだろうとは, ないといふ, ないところ, ないらしい, ない実に, ない言葉, なかっただろう, なかったろうかと, なかつた訣, なかなか嘘, なく, なくそれ, なくて, なくもと, なく京都語, なく何, なく消, まず英語, イクサと, エップカップと, カカイモンと, コカイと, コンパスと, セ・ゼに, デイヤボロスという, ナクラチ, ハムち, パッスルと, パッスルといふ, ボア・ド・エーグルと, ポエット, ヨケルとか, ヨーギ若しくは, 上例の, 二つは, 人という, 今でも, 今も, 今日では, 便宜上具體的, 別離の, 副詞の, 卵も, 單に, 墓地の, 子供の, 小い, 工業の, 巫女の, 常世と, 感じ憎い, 普通の, 普通発音の, 有つた, 東に, 機会均等と, 無い, 無いよう, 無いらしい, 現実, 男女の, 知って, 紫丁香, 舟の, 英仏に, 英語の, 表現され, 解けないので, 誰でも, 豚の, 連体名詞をば, 陸稲の, 題に, 風信子, 鶴が

▼ 語つた~ (115, 0.9%)

14 ことが 8 ことを 7 ことは 5 といふ 3 あの中臣志斐媼, ことも, のであつ 2 がお, ことに, ところに, ものだ, もので, らしいの, 世にも水水

1 [58件] おまへの, かといふ, かどう, がそんな, がともかく, がやはり, がサア今度, が今や, が周知, が啻に, が大佐, が妙, が家, が彼, が戸, が氏, が私, ことかも, ことである, ことでございました, しメッキ工場, その戲曲的方面, ただ一つ, つもりで, であろう, といふこと, といふ一昨年, といふ暗い, といふ次, とか, ときに, とき氏は, とき被告席から, ところがさ, ところだ, ところの, ところは, とする, とすれ, と思はれる, と言, なかに, による, に相違, に違, ので大佐, ので巫女, ものである, ものに, やうで, やうな, より外, 以上に, 大革命, 時との, 程で, 美しい顏, 美しい顔

▼ 語には~ (102, 0.8%)

5 馴れて 2 伊香保の, 何か, 妙な, 歴史が, 残って, 通じて

1 [85件] あきも, あの男, あれど, いくつかの, いって, いつも連濁, いまだ所有, いろいろ説が, うそいつわり, かなり沢山こういう, その根元, その聯想, それぞれきまりが, たくさんあります, だいたい三種, だから非常, どうしても或, どし, ない, ないよう, なると, もとめるはげし, もとより農民, 一つの, 一つも, 一ヶ處泰之, 一種特別の, 乙の, 九六の, 乾くを, 二つの, 人の, 信用は, 全く注意, 共に見え, 判断に, 別にもの, 前提として, 及んで, 反應, 古代から, 古論魯論齊論など, 嘘でない, 固有名詞としての, 地方語の, 多分に, 大きく成長, 大きな悔恨, 大義親を, 存在しない, 寿詞を通じてを, 少しも, 常に労賃, 当時の, 後世の, 従来ない, 悲愁, 文法的にも, 普通に, 服従の, 朱と, 東京語の, 東北の, 極致を, 殊にさ, 満身の, 濁音が, 現在は, 甲の, 相違ない, 着意の, 聯想が, 見当らないの, 訳の, 詩歌俳諧と, 語根の, 誤解が, 誰も, 辟易せ, 逆語序, 通じないの, 通有な, 造詣の, 限らないし, 高天原の

▼ 語として~ (101, 0.8%)

2 これを, 用ゐられる, 考へて

1 [95件] あらわされても, あるもの, こなすだけの, この世の中, さうし, であること, できませんかと, より根柢的, アベ, 世界に, 主体性を, 久しく尊重, 人類に, 伝えて, 伝えられるもの, 伝へられたが, 何か, 使い馴されて, 使えば, 使つたのだらう, 使つて居る, 使用される, 使用する, 先づ, 出て, 単純な, 又専門語, 又文壇的方言, 又英語教育, 受け入れたので, 受け入れるより, 古人が, 吾人の, 固定し, 堯舜を, 士官側に, 変であり, 外国語を, 存在の, 宮廷に, 常に用, 強いられて, 心に, 意識せられ, 成立し, 承認せられ, 排斥し, 採用される, 文章語としては, 斥けられて, 日本では, 昔の, 暮して, 最も多く用, 枕詞の, 根柢的な, 歌われたり, 此語を, 注意し, 深く気, 無意味であろう, 獨逸佛蘭西等の, 理解されなけれ, 理解される, 甚だ厄介, 用いられて, 用いられる場合, 用いられる時, 発育したらしい, 発音され, 発音します, 社会学者法律学者中に, 私は, 絶えること, 考へれば, 考案せられた, 行なわれて, 襲用された, 見るが, 見ること, 見るもの, 親しみが, 記されて, 記したる文字, 認められたの, 認められて, 語られて, 説明しなけれ, 賀正事から, 追窮し, 這入つたもの, 這入つた倭語, 這入つて, 通用する, 閑却された

▼ 語である~ (98, 0.8%)

3 ことが, ことは, ことを, ということ 2 か, からその, が, がみつ, ために, と言, フランス語で, 訣な

1 [70件] かどう, かのやう, かはすでに, かも知れない, かも知れぬ, からけり, から今更, から俗語, から其の, から直ちに, から縦, から荻, から要は, から逐ふつ, か何, か否, か或は, がいずれ, がお, がく, がしかし, が人類, が今, が和歌, が国語, が左様, が後, が忠孝, が此処, が眼, が私, ことも, しカグラ, そうだ, ためか, と, という, という風, とか阿, とこう, として, とてこれ, とは思ふ, とを問はず, と信じ, と共に古語, と単なる, と思います, と思う, と思はれる, と斯, と書い, と言う, と言つて, と説破, と遠慮なく, にち, に拘らず, のだらう, のに, のみならず, フランス国語を, 一つ二つ三つ四つと, 事が, 事は, 以上同じ, 即ち, 大師の, 故に一時的, 様だ

▼ 語から~ (94, 0.7%)

4 出て 3 出たもの

2 [12件] して, でも, 作った新字, 出たと, 古い語, 成立つて, 考へて, 見ても, 見れば, 轉訛した, 重譯, 飜譯した

1 [63件] あまり遠く, いへば, お話しいたします, きたの, きた要素, そういう風, そのまま受け継い, それに, はいったことば, もし万一約束, ヘブリウアラビヤペルシヤサンスクリツトの, ロシア語に, 一種の, 云えば, 人間が, 他の, 促されて, 借りて, 先に, 入ったもの, 出來上つて, 出発し, 分化した, 取って, 変貌した, 大乘理趣六波羅蜜, 幾分の, 弘まっ, 思惟を, 成ったもの, 或る, 推して, 文語に, 日用語に, 景淨の, 朝空を, 来たこと, 来たもの, 来た名称, 来て, 構成し, 派生し, 游離し, 独立し, 理趣經を, 由來した, 神秘世界の, 糸を, 絶縁し, 絶縁した, 脱皮し, 自由に, 英語に, 落伍した, 見て, 訳した国文, 語頭の, 譯出せられた, 起った言葉, 転じて, 連想する, 遠ざかり新, 邦訳する

▼ 語を以て~ (86, 0.7%)

3 すること

2 [11件] するの, すれば, せり, 一貫し, 之を, 人々に, 思想表現を, 最上の, 言へば, 記者の, 評すべきやう

1 [61件] いえば, うたに, かくの, この欠乏, したところ, したの, したもの, したる, した所以, して, しても, しなければ, し給, するか, する例, せずに, なぜ文学, よく真人村, 世間を, 之に, 云い表わす処, 人に, 人を, 他の, 他人の, 作る外国詩, 儀礼の, 区別し, 古語を, 呼びかけ給, 呼ぶ事, 呼べば, 唱われた歌曲, 問へ, 妄語者に, 学ぶ, 強弁し, 怪を, 意を, 我と我枕, 既に千六百万人, 此小唄踊りを, 滔々と, 為されなければ, 無意義なる, 独逸人の, 答へ, 答へる, 結び暗に, 蔽われて, 蘭軒に, 虚實兩世界に, 表したもの, 表わしたもの, 言ふこ, 評し去る, 評すれ, 話し合って, 趣向にも, 阿那律, 餌取

▼ 語~ (79, 0.6%)

5 と思う 4 ということ, というの 2 からその, が, が特別, つたのである, ね

1 [56件] から, からいやしくも, からと申し, からなあん, からなお, からね, からわかりません, から細君, から絶對, から苟も, から記憶, から読める, から馴れ, か日本語, か見, がかうした, がこれ, がふもだ, が悪く, が昔, が果して, が閑, そうだ, そうでございます, つてしつかり, つてまだ, といい聞かされ, という, という説, といっ, といったの, といわれ, とおもう, としてこの, としても京都語, として御, とする, との手紙, とは云えないだろう, とは思っ, とわかる, と云, と云っ, と云った, と仮定, と余裕, と信じられる, と信ずる, と定, と教え, と知る, と考へる, と聞く, と言う, などと考へ, よ

▼ 語~ (77, 0.6%)

4 蒙古語 2 フランス語が, 已に忘れられた, 標準語とは, 独逸語は, 英語の, 近代語と

1 [61件] あやしげ, あらゆる方言, あるいは郷党, おもろ用語, そしてやくざ, その他の, その面影, それぞれ多少, アイヌ文学の, アイヌ文学を, アラビア語や, アラビヤ語に, アラビヤ語の, アラメヤ語ばかり, ウィーグル語などの, ウラルアルタイチャムモンクメールオセアニック等の, ギリシア語や, サンスクリット語に, チアム語の, フィン語とも, フランス語では, フランス語でも, フランス語の, フランス語や, ヘブライ語の, ラテン語が, ラテン語こそ, ラテン語や, ラテン語を, ロシア語の, ロマーニッシそれに, 三角に, 仏蘭西語なら, 作り物語の, 俗談口語の, 又ラテン語, 句に, 句には, 台湾語で, 平語の, 拉丁語を, 接尾辞の, 支那語における, 数字に, 朝鮮語による, 梵語という, 歴史の, 漢文や, 片言が, 知って, 英語で, 英語なら, 葡萄牙語で, 西班牙語や, 詩の, 語尾變化を, 語感を, 語法を, 語源の, 速度という, 過去に

▼ 語学校~ (74, 0.6%)

3 の教授, の椅子, の露語科, を出 2 に通学, の卒業生, の蒙, を卒業

1 [54件] がフランス語劇, が予備門, が廃, が閉鎖, で学ん, で支那語, で教え, で日本文学, で露語生徒, とかへ通っ, とは言, にでも入っ, には仏, にゐられる, に在任, に居る, に教師, に教授, に籍, に送られた, の一学友, の主事, の僚友, の先生達, の初等科, の同窓, の夜学, の寄宿舎, の支那語, の支那語科, の支那語科出身, の教師グレー, の教授時代, の教材, の日本語科, の旧師, の校長高楠, の水野繁太郎氏, の生徒, の科目, の英文科, の露語教師, はロシア, は悪い, は迚, へとの望み, へはいった, へ入っ, へ入れ, へ通う, を兼, を建てる, を罷め, を辞職

▼ 語でも~ (65, 0.5%)

2 あるなら格別, ない, フランス語でも, 何でも, 勉強し, 研究し, 言つたら

1 [51件] あらうか, ありません, ありまた, あるだらう, あるの, いつも同じ, かまわぬし, き, この例, こんな文章, すぎ去つて了, すますこと, その朗誦法, ないの, ない筈, ない道中膝栗毛, なかった, なくまた, なくスラブ語, なく生一本, なければ, なし嘘, ほって, よく話します, わかりません, アピと, トナリあるいは, 其通り夫に, 勢語でも, 同じ, 同様で, 家の, 感じ方, 教は, 日本的な, 日本語でも, 昔の, 普通の, 書いて, 無くして, 睡って, 私たちには, 第三指, 習って, 聞いて, 聲を, 芸術についての, 言葉として, 話して, 貴下の, 鄭玄は

▼ 語によって~ (55, 0.4%)

3 いずれの 2 私は

1 [50件] この句, この肴売, この菜, これに, すでになにもの, せめてもの, そのいずれ, その一つ, その光景, その家, その旅行, その磯, その青, それぞれ自国風に, ちゃんときまっ, どちらの, なされた, はじめて闃寂, はっきりきまっ, トオサンの, 上の, 他の, 再生する, 単に日向, 卯の花の, 古今の, 察すれ, 察せられる, 尽される, 山を, 庭番は, 形容された, 彼女は, 手も, 支那の, 早春まだ, 昧爽の, 晴れたばかりの, 朝の, 桜の, 次第に浮彫, 煩わされること今日, 猫の, 現わそう, 直ぐ近く, 自ら徒渉の, 自ら自らを, 自由詩を, 門が, 霊界の

▼ 語~ (53, 0.4%)

11 ている 6 てくれる 5 てくれ 4 てくれた 2 ていない, てきた, てみよう, てみる

1 [19件] たり, たりし, たりした, たりまた, たりもつ, たり思, たり毎日, たり語られ, てい, ていた, ていひけ, ています, ており, てき, てほしい, てみた, てみよ, てゆく, て下さい

▼ 語~ (47, 0.4%)

4 の力 2 ができる, と云, の勉強

1 [37件] が重要, では, で耳, といふもの, との密接, と文學, と海外知識, においては職業柄多く, に對, に志す, に殊に, に關, のみにて世, の修業, の基礎, の學習, の師, の師匠, の我田引水論, の才, の教師, の練習, の通, の點數, はよく, は多く, は重要, も梵語學, や通辯力量, をやつ, を主として, を修得, を初め, を噛つて, を忽, を教, 程重要

▼ 語~ (46, 0.4%)

32 が落語界, のハゲ頭, や歌笑

1 [37件] あたかも活惚坊主, から聞かされた, がダンゼン他, だったら面白かっ, という陽花植物, と代る, と先代正蔵, と巨躯, と歌笑, と私, と義絶, と高瀬実乗, などの吉本爆笑大会, などの比, にしろ, になっ, に通す, のマネエジャ, の擡頭, の新作落語集, の芸風, はもはや, は兵隊落語, は出演不可能, は売出し以前, は若い, は近頃, また同じ, もまた, や三亀松, や伊志井寛, や戦後高齢, よりは歌笑, を迎, 小三治, 小三治君, 小文治

▼ 語~ (45, 0.3%)

3 が強く 2 を強め

1 [40件] から何, から唯, から察, から推す, がいかにも, がはつきり, が含まれ, が妙, が潜みます, です, でパーヴェル・パーヴロヴィチ, でヴェリチャーニノフ, で云, で云つて, で十人, で早口, で言葉, で訊いた, で記者, で語る, には下手人, には妙, には少し, に力, のうち, の快, の間, はいかなる, は急, もて我, も烈しく, や表情, よりいはん, を助けたりき, を含ん, を察した, を改めて, を烈しく, を荒らげ, を迎

▼ 語にも~ (42, 0.3%)

2 通じて

1 [40件] あり, ある, お伽話にも, これは, また畿内, みたぬ, やはり同, やまとの, シナ人の, フランス語にも, ロの, 中, 体中の, 假名遣, 厳存する, 同じく, 同様な, 字音にも, 存在する, 年月の, 幾分の, 当てはまるよう考慮, 接して, 昔から, 法は, 略之, 痛切に, 種々の, 翻訳され, 翻訳された, 翻訳されれ, 翻訳出来る, 聞くところ教, 著くまた上文, 見える様, 語原又は, 譯され, 重譯, 長じ, 飜訳され

▼ 語~ (42, 0.3%)

2 の調子, の類似

1 [38件] が僕, が呼び, が尻, が時, が稍, だった, であった, であること, でミチャリオーン, で家, で異なる, と鼻, にはなるほど, には一千年間, には切, に礼儀, に近かっ, に非常, のリフレイン, の採用, の是, の様子, の残留, の珍, はまるで, はもと, は極めて, は異様, は転訛, も土地, も変っ, も決して, をなくし, を出し, を帶びたり, を廟堂, を昂げ, を正しく

▼ 語との~ (40, 0.3%)

3 間には, 関係を 2 区別と, 調和の, 調和を, 間の

1 [26件] あいだには, まざったかけ声, 不善を, 不秩序, 交換教授だ, 判断を, 区別, 合子の, 対比を以て, 対立が, 差が, 差は, 比較が, 比較や, 相違は, 研究を, 結びつきが, 結合が, 表象上の, 言語としての, 語彙の, 距離を, 連関を, 関係が, 関係も, 關係を

▼ 語にて~ (39, 0.3%)

3 これを, 作らんと 2 記せる文書

1 [31件] ありながら, いざゆけ, しるさる, しるせる短詩, われら聞馴れし, タライ大林の, マルチルドムと, 一篇の, 会話せる, 伝わって, 何とか囁け, 優美なる, 勇敢なる, 即興なれ, 即興詩を, 古くは, 否定の, 圓滿なる, 妙行を, 書かれたる, 書かれて, 檀香山と, 湿地の, 物書く, 理窟の, 発行せる, 簡単に, 語りいでぬ, 銀河の, 高慢の, 鹿を

▼ 語とは~ (32, 0.2%)

4 すつかり

1 [28件] すこしく笑, すっかり変っ, ちがうドイツ語, ちがって, よほど性質, 一刻も, 二カ月に, 云うまでも, 云へ, 全く別, 共に同じ, 决し, 哲学史上背を, 如何なる國語, 尋常以て, 從兄弟同志では, 必然的に, 思えなかったが, 思はれない, 情の, 慈愛の, 樣子の, 西暦九世紀の, 見ずに, 言へ, 謂えぬが, 違った印象, 違つた印象を

▼ 語~ (30, 0.2%)

42 の九州

1 [24件] から鶯, がさっぱり, がどこ, が喘い, であったが, でいった, でまず, と合っ, にも気, に云われぬ, に感じる, に驚き, のうち, のみを調味, の中, の乱れ, の清々し, の街, はささやく如くであった, はふるえ, やもそれ, や語調, を沈めた, を聴きすまし

▼ 語つたの~ (29, 0.2%)

8 である 5

1 [16件] かも知れない, がほた, が他人, が段々, だつた, だと, だろうが, であるが, に據, に違, は, は乃ち, は其當時, は浄瑠璃, を女, を聞く

▼ 語なる~ (27, 0.2%)

2 か, ことは, ものを

1 [21件] か何人, が如し, が故, が歴史, が為, ことが, ことを, に付け, は明白, ものが, ものに, ものは, やを暁ら, を, を後世, プロヴァンスの, ライフに, ヴォイを, 事に, 動詞と, 此の

▼ 語~ (25, 0.2%)

5 のである, のです 2 のだ, のであらう, んだ 1 のかお国, のかも, のであつ, のであろう, のでしょう, のでそれ, んだろう, んです, 人だ

▼ 語一語~ (23, 0.2%)

2 に働く

1 [21件] うなずいて, がきき手, がどんなに, が五十銭づつ, が生みたて, にはらはら, にもった, にもっとも, に何, に力, に相手, に聴き, はっきりと, はみな声, は自分, をおもむろに, をしぼり出した, を加, を区切っ, を明瞭, を聞き取る

▼ 語であり~ (22, 0.2%)

2 事である

1 [20件] これが, さえしたら, その手段, ちごも, ながらある, ながら上代人, ながら訓読, もう一つ, ホ, 一種の, 中世の, 冷と, 卯の花の, 又物, 同じ音, 圏点を, 当然詩語, 種俵の, 而かも, 銀座という

▼ 語とも~ (22, 0.2%)

4 見られるの

1 [18件] それぞれに, つかないなんとも, つかない一種, に前半, フランス語とも, 伝へたので, 地方語とも, 決し難, 相交錯, 知られぬあり, 習用にて, 考えられるが, 考え合せ, 見えよう, 言ふべき, 違って, 関係が, 音声的に

▼ 語~ (21, 0.2%)

1 [21件] これも, さもなければ後世, なにかで, はた新た, わからない曖昧, わからない議論, わからんでも, イタリア語の, ドイツ語か, 二語云っ, 何か, 何かかも, 何かで, 又はフランス語, 又は義訳, 然ら, 独逸語なら, 英語か, 英語かの, 言ひ, 録か

▼ 語について~ (20, 0.2%)

1 [20件] その, その意, たと, どんな痛苦, はなはだしい反感, ものを, 云えば, 似たやう, 何か, 例えば発展, 区別し, 少しく弁明, 少し考へ, 来た, 考えると, 考察を, 行うと, 見ると, 見るに, 話を

▼ 語であっ~ (19, 0.1%)

2 てそれ

1 [17件] てしかも, てその, てちょうど, てつまり, てなんど, てタネ, て一人, て二者, て人間, て今, て僕, て利根, て孔子, て実に, て有識者, て螽花, て西暦一八〇五年

▼ 語という~ (19, 0.1%)

3 ものは, ものを 2 こと, ような 1 ことで, ことに, のは, ふうに, ものの, 原則を, 固定した, 言葉が, 言葉は

▼ 語なら~ (19, 0.1%)

1 [19件] いいん, お手, ば, ばぐりいく, ばこちら, ば今, ば四, ば汚し, むといへることあり, むのうたがひあり或, んと, んという, んや, デルファルケだ, ポオの, 堅いもの, 得意中の, 本国語同様自由自在でした, 私も

▼ 語をも~ (19, 0.1%)

1 [19件] 作って, 出さ, 吐かなかッ, 善く話され, 學ばれた, 惜しげなく, 操つるといふ, 洩らさじと, 洩らさず前記, 発し得ず唯, 発し得ぬ間, 発せず叫び声, 知って, 自由に, 覚えて, 解し, 解す, 語りません, 費さなければ

▼ 語としての~ (18, 0.1%)

2 エスペラントの

1 [16件] ゆがめられひからび荒らされ生気, 力だけは, 外は, 夫から, 対句も, 慣用から, 所謂, 日本語の, 暗示を, 概念として, 概念の, 理解は, 発音であっ, 立場から, 組織の, 術語は

▼ 語~ (18, 0.1%)

2 に入学

1 [16件] が廃せられ, に, にありし, に入った, に在籍, の主任, の入, の出身, の出身者, の学生, の教師古川常一郎, の第, は商業学校, を出た, を出られ, を出る

▼ 語~ (18, 0.1%)

2 だと, を遺した

1 [14件] がない, で読ん, によってハイヤーム, のお世話, のこと, のイバネス, のカンジュール, のサンスクリット, の大陸文学, は完璧, をほね, を多数, を必要, を試み

▼ 語~ (17, 0.1%)

2 ていた, てゐる

1 [13件] たり郷里, てある, ている, てくれ, てボウパタン号, て諱, て身, て釜, ながら堤上, ゃべくるぜ, をよん, 主賓は, 自の

▼ 語であった~ (17, 0.1%)

1 [17件] かと思われる, かも知れない, から私, か古来剣, が外界, ことに, ことにも, ことは, ことを, そうな, という事, としても其, と考えられます, のだ, のであろう, ように, 善とか

▼ 語らしい~ (17, 0.1%)

2 もので, 地名も

1 [13件] からこの, から現在, ことを, という, ね, もの, ものに, ものを, 岩礁を, 感じも, 痕跡が, 言葉で, 言葉も

▼ 語学者~ (17, 0.1%)

2 で私, として尊崇

1 [13件] がラッサ, が美しい, だが, だけで, だった, であった, であり護謨栽培家, である若林兵吉先生, でない限り, としての特殊, に質し, の特殊, 並びに考古学者

▼ 語だけ~ (16, 0.1%)

4 では 2 です 1 いったが, いって, ぢや, でありますが, でなく相当, でもう, ならば, 使って, 残っても, 添える

▼ 語~ (16, 0.1%)

1 [16件] カエテネガワクハ野狐ヲ, 以テ之, 以テ國民教育期間中ニ世界的常識ヲ, 忘レ本国, 有スル歐人ニ強制スル能ハズ, 有スル者, 比較的好, 決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等ノ, 真似レバココニ書キ記スノモマコトニ恥シイヨウナイロイロナ, 祗対シテ五百生野狐, 第一國語トシテ使用スルニ至ルベシ, 第二國語トシテ採用スル所以, 耳ニスル, 聞カンコトヲ, 記スレドモ結合, 課シ第

▼ 語としては~ (15, 0.1%)

2 行われて

1 [13件] うは, おとなふ, であるを, 使ひ馴らされ, 勢力が, 存続した, 意味を, 斉魯二篇と, 欲情や, 言葉の, 近世までも, 遺つたけれども, 面白いな

▼ 語によ~ (14, 0.1%)

2 つても, つて急に 1 つてのみ, つてみ, つて一層, つて学術上の, つて生き, つて知れる, つて若鮎の, つて表は, つて表現され, つて言ひ

▼ 語~ (14, 0.1%)

1 [14件] および語尾, には常に, にもなお, にも出, に世に, に母音, に閨人, の二つ, の単語, の密語, の馬勃, または語尾, より自家, 元鼎

▼ 語~ (14, 0.1%)

2 に属する, の語 1 との関係, にばかり関係, に屬, のスイス語, の名, の地名, の基本動詞, の差異, の言葉, を異に

▼ 語といふ~ (13, 0.1%)

2 ものが, ものは 1 ことは, もの, より同, 制限の, 合評を, 思ひきつ, 現象が, 目的の, 謂は

▼ 語ばかり~ (13, 0.1%)

2 で立派, 使って 1 でなくほ, でなく紙草, 使つてゐた, 別に, 学んで, 書いて, 用いたらいい, 習いまして, 言って

▼ 語~ (13, 0.1%)

1 [13件] で知らない, に, には凡爻中言人者, にも彖辭, によつて, に如乾, に於い, に本, に漢儒説禮制, に爾, の中, は新しい, を集めた

▼ 語ある~ (12, 0.1%)

2 のか 1 がため, ためである, に因る, のみである, は日本贔屓, ひは, を以て矢, を以ツ, を忘れ, を見

▼ 語ずつ~ (12, 0.1%)

2 切りながら, 区切って 1 でも, 切れ切れに, 口の, 唾を, 引離して, 探すよう, 理解いたし, 語らむ

▼ 語とを~ (12, 0.1%)

2 勉強し 1 交る, 人民に, 其の儘, 内容的に, 判然と, 同格に, 妥協させる, 対照させ, 生み出す縁, 軽視する

▼ 語以外~ (12, 0.1%)

2 にはない, の言葉 1 にその, にも広く, に万国共通, に永続, の何もの, の書物, の諸国語, まだ島ごと里ごと

▼ 語~ (12, 0.1%)

1 [12件] から見る, が倫理観, が出, が著しく, によつた, に近, の一つ, の場合, の間, は固定, は岡山, も既に

▼ 語反覆的~ (12, 0.1%)

3 に当然 2 に自明 1 な云い直しに, な裏面, にそう, に否自律的, に文化, に没論理的, に疑うべからざる

▼ 語教育~ (12, 0.1%)

2 の問題 1 がいろいろ, が偏重, において真に, によつて, のため, の理論, の経験者, はいつたい, は従来, を担当

▼ 語自身~ (12, 0.1%)

2 が論理的 1 あまり特殊, が何処, が和人, と見なされる, にも巡歴, に仏教神道, の罪, の言葉, 既に擬古的, 疑ひも

▼ 語する~ (11, 0.1%)

2 ことは 1 かも知れない, だけで, ときは, のは, を楽, 婦人も, 架空の, 者あり, 風情に

▼ 語そのもの~ (11, 0.1%)

2 と考へ 1 が既に, が示す, が種々, が自, については, の性質, の美し, もその, よりもその

▼ 語と共に~ (11, 0.1%)

5 修道者たちは 1 そのころ切り, 今までの, 八犬伝の, 把頭の, 數, 界隈では

▼ 語などを~ (11, 0.1%)

1 [11件] その当り役, とりこんで, もって, よく書いた, 傭い来りて, 十分知り抜い, 得々と, 整理し, 笑われ再びそのまま, 見ても, 齧って

▼ 語に対する~ (11, 0.1%)

1 [11件] 不必要, 反応時間を, 彼の, 情熱から, 愛と, 敬意を, 知識の, 社会一般の, 私の, 興味が, 間違つた考へ

▼ 語あり~ (10, 0.1%)

2 以て 1 てすこぶる, といふ, われも, 六五の, 六四の, 孟子に, 王命あり, 語原つまびらかならず

▼ 語~ (10, 0.1%)

1 へあつ, へも含ん, へも霊, へ思ひ, へ滅する, へ盛ん, へ碌, へ私, へ震, ほど理窟

▼ 語しか~ (10, 0.1%)

1 ない場合, なかった, なくとも, 云は, 云わなかった, 喋らないうち, 残留し, 知らなかった, 聴き取れなかった, 通用せぬ

▼ 語でない~ (10, 0.1%)

2 ということ 1 かも知れぬ, からだ, から読者, ために, と一概に, と幅, やうに, 言葉で

▼ 語なく~ (10, 0.1%)

2 ば, んば 1 して, しては, 何を, 俯ける我子, 傍に, 無限の

▼ 語なども~ (10, 0.1%)

1 あつたらしい, かなり日本語, ちゃんとそれ以前, やはり田, 一人で, 出来て, 古調の, 始めは, 時代によって, 本来わ

▼ 語より~ (10, 0.1%)

2 訳するもの 1 ぶこの, やさしいの, 出づ, 少かつ, 引つ込み, 烈しくなっ, 諸天, 転じたとも

▼ 語及び~ (10, 0.1%)

1 その風習, ぬし, アラビア語で, ケルト語, シナの, 博物の, 品物の, 國民傳統の, 性質を, 文學古典として

▼ 語反覆~ (10, 0.1%)

2 に過ぎないだろう 1 が最も, するに, にすぎぬ, にすぎぬで, に他, に外, の形, をなし

▼ 語~ (10, 0.1%)

5 を語部 1 です, と区別, などは最, の方, の末

▼ 語あれ~ (9, 0.1%)

3 ども文学 1 ども完全, ども文學, ど泣菫氏, ばいつ, ばなり, ば月並調

▼ 語その~ (9, 0.1%)

2 ま, 外の 1 作者など, 思想と, 無情冷酷を, 物が, 物ばかりに

▼ 語つた所~ (9, 0.1%)

3 である 2 による 1 の柏軒事蹟, は大要次, を想, を窺

▼ 語つた言葉~ (9, 0.1%)

1 がまた, であつ, である, によれ, に免じ, の中, の哀れ, はこれ, を聞い

▼ 語~ (9, 0.1%)

3 して 1 しすぎると, しようとして, し何でも, するぐらゐの信念, するまでの, である

▼ 語~ (9, 0.1%)

1 がそれ, とも別, と三通り, につき, の不適應性, の中, の採訪, の疑問, の説明

▼ 語だけは~ (8, 0.1%)

2 すぐ近間 1 たしかにある, 残つて母の, 熱心に, 覚えさせたくありませんからね, 解しかねたと, 遅れて

▼ 語つた事~ (8, 0.1%)

2 があつ, で阿 1 があります, の, は不思議, もあるらしい

▼ 語であろう~ (8, 0.1%)

32 と思う 1 がその, がそれに, アラビヤ語は

▼ 語です~ (8, 0.1%)

21 からその, が, があれ, がこれ, 智者哲人もしくは, 智者哲人若しくは

▼ 語でなく~ (8, 0.1%)

1 あの女王, ては文学, 前々代からの, 古代の, 悪眼, 日本語で, 日本語であった, 象牙は

▼ 語なれ~ (8, 0.1%)

2 ども之 1 ど, どもその, どもまた, ども印象明瞭, ども意, ども私

▼ 語については~ (8, 0.1%)

1 なんにも, まだ他, 今申した, 昔から, 本居翁, 水が, 異説あり, 語序の

▼ 語による~ (8, 0.1%)

1 のだ, 交通が, 傳承, 地名起原説を, 索引が, 表象と, 解釈も, 述作問題の

▼ 語に対して~ (8, 0.1%)

1 まつたく無知, みずから恥じない, 世人が, 僕一流の, 同じ位置, 彼は, 旧に, 無抵抗主義

▼ 語~ (8, 0.1%)

1 修得ガ中學程度ノ, 取扱ヲ, 合理的組織ト簡明正確ト短日月ノ, 存亡ヲ, 意譯ニシテ石ヲ, 採用ガ特ニ當面ニ切迫セル必要アリト云フ積極的理由, 教科書ラシイ, 造の

▼ 語さえ~ (7, 0.1%)

1 ある, あれば, ほとんど洩す, 忘れかけて, 書いて, 知って, 耳に

▼ 語じゃ~ (7, 0.1%)

1 いよいよ大丈夫, とてもこんな, ないか, ないの, ア通じない, 家庭教師も, 神の

▼ 語~ (7, 0.1%)

1 曰く民党たる, 曰く民黨たる, 曰く隠居制度は, 曰く隱居制度は, 浮, 無益の, 詳か

▼ 語とが~ (7, 0.1%)

2 同じである 1 あるので, 似て, 後人の, 発韻に, 結合し

▼ 語などは~ (7, 0.1%)

1 とても書留, もっと厳しく, 一言も, 五十歩百歩文芸的には, 念に, 殆ん, 頓と

▼ 語よりも~ (7, 0.1%)

1 すさんだ気持ち, もっと本格的, 早かった, 深刻で, 皮肉なる, 默, 黙

▼ 語をば~ (7, 0.1%)

1 たしかに聞き取り, 冒頭に, 悉くあの, 持つ御方, 既に失つて, 盛に, 聞き取ること能

▼ 語~ (7, 0.1%)

1 と同じ, なりという, にも亘っ, に至る, の力, への直接ペルシア語, を三時間

▼ 語した~ (6, 0.0%)

1 がその, とある, のでない, のは, ものと, ような

▼ 語たる~ (6, 0.0%)

1 やその, や不可, や死後, を想, スウェデン語で, 口語体で

▼ 語だの~ (6, 0.0%)

1 イタリー語の, 哲学だ, 地理の, 安南語, 歌だ, 羅甸語だの

▼ 語なり~ (6, 0.0%)

1 しならんか, とも御礼, 一句なりの, 人々自ら知ら, 現在の, 自卑形

▼ 語においては~ (6, 0.0%)

1 これらの, サスセソの, 例外が, 同じ仮名, 名詞に, 類型表現を

▼ 語における~ (6, 0.0%)

2 仮名の 1 ごとき歯唇音, 接近した, 文字の, 語頭の

▼ 語についても~ (6, 0.0%)

1 この語, 伸子は, 同様の, 考へて, 諭吉の, 遠い後代

▼ 語にな~ (6, 0.0%)

2 つて云は 1 つたのである, つてしまつ, つては, つて沸き

▼ 語~ (6, 0.0%)

1 でありしが, でもありなん, へば, へば時鳥, へば杜鵑, へば水

▼ 語~ (6, 0.0%)

4 を入れ 1 をこめ, を籠め

▼ 語~ (6, 0.0%)

2 の一篇, の主人公, の主人公文学青年

▼ 語學校~ (6, 0.0%)

1 と云, と商業學校, など, のこと, の教授, は即ち

▼ 語~ (6, 0.0%)

1 ではどうしても, に限り, の多寡, もほんの, を少なく, を調べ

▼ 語楼君~ (6, 0.0%)

1 とに旅費その他, なり金馬君, には報知講堂, の, の全盛, はその

▼ 語研究~ (6, 0.0%)

1 のお話相手, のため, の世界的権威, の先輩連, の部門, を指導

▼ 語~ (6, 0.0%)

1 あること, にかへかね, はほぼ, を學ぶ, を放つ, を解し

▼ 語だけで~ (5, 0.0%)

1 書いて, 気分を, 移轍として, 見ますれば, 辞書が

▼ 語だけに~ (5, 0.0%)

1 その残影, 制限され, 意味が, 甚だ面白く, 行われたもの

▼ 語つた時~ (5, 0.0%)

1 と再び, にも幸徳, のよう, の齢, も旅僧

▼ 語づかひ~ (5, 0.0%)

4 にも初中 1 に馴れなかつた

▼ 語とか~ (5, 0.0%)

1 であって, サンスクリットとか, ドイツ語とか, 外國の, 平安朝盛時の

▼ 語などの~ (5, 0.0%)

2 発音 1 できた人, 東洋文字から, 死語で

▼ 語一つ~ (5, 0.0%)

2 だけで, 掛けぬと 1 に対する

▼ 語又は~ (5, 0.0%)

2 近古語で 1 句の, 支那語訳の, 註に

▼ 語教師~ (5, 0.0%)

1 として二三年, と結びつく, なぞという順序, を兼業, デアル

▼ 語~ (5, 0.0%)

1 となっ, な感覚, な文芸活動, に之, に言っ

▼ 語あるいは~ (4, 0.0%)

1 ある地方, 古い語, 為政篇の, 蔑視した

▼ 語かが~ (4, 0.0%)

2 書いて, 書かれて

▼ 語かと~ (4, 0.0%)

1 思う, 思わる, 想像せられる, 言って

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 と見る, のを, 時に, 程の

▼ 語それ~ (4, 0.0%)

1 はおそらく, はそつくり, をももう聞かれない, を聞け

▼ 語だけが~ (4, 0.0%)

1 ふと土下, まだ活き, ハッキリ聞きとれた, 聞き取れて

▼ 語だけの~ (4, 0.0%)

1 ことで, 弟子として, 歴史と, 譬喩が

▼ 語だらう~ (4, 0.0%)

2 と云 1 か聊か, と思ふ

▼ 語だろう~ (4, 0.0%)

1 か独乙語, か聊か, か英語, と思う

▼ 語つた私~ (4, 0.0%)

1 の若い, は, は桜, は次に

▼ 語であります~ (4, 0.0%)

1 から支那語, がこれ, が時に, が雪山

▼ 語とともに~ (4, 0.0%)

1 かれは, 並べて, 八犬伝の, 水で

▼ 語など~ (4, 0.0%)

1 いうもの, いふべき古い, しつ, して

▼ 語なんか~ (4, 0.0%)

1 で新, 分らなくったって, 知らなくたって, 糞喰らえです

▼ 語において~ (4, 0.0%)

1 そのコ, どれだけの, 内に, 母音が

▼ 語はっきり~ (4, 0.0%)

1 と切り離し, と区切り, 答えた, 言い放って

▼ 語~ (4, 0.0%)

2 草と 1 つつ行か, は許される

▼ 語まじり~ (4, 0.0%)

1 というの, に細君, に話し, の英語

▼ 語を通じて~ (4, 0.0%)

1 それぞれの, 専門的な, 掴んだといふ, 結局は

▼ 語ラテン語~ (4, 0.0%)

1 それからバスク語, などの西洋文字, による北邊事情, のうろ

▼ 語三語~ (4, 0.0%)

1 云った, 囁いた, 話しかけたところ, 話して

▼ 語~ (4, 0.0%)

4 無愁

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 ひたりしが, ひて, ふこと, へり

▼ 語合う~ (4, 0.0%)

1 ことも, と, のでした, 女あり

▼ 語~ (4, 0.0%)

2 の齒端 1 に聞い, に見

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 だけはどう, をきき, を強め, を聞い

▼ 語學力~ (4, 0.0%)

1 ではなかなか, で文學的判斷, を強化, を示す

▼ 語或は~ (4, 0.0%)

2 古語の 1 不穏なり, 緊張辞と

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 せて, なんぞを讀む, にもある, 稚講釈

▼ 語楼劇団~ (4, 0.0%)

1 が出てる, といふの, を千秋楽, を見

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 が一昨年出立, に逢う, の世話, はその後

▼ 語~ (4, 0.0%)

2 である 1 の中, を持つ

▼ 語言文字~ (4, 0.0%)

1 に就い, を知つた人, を知る, を研究

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 の, を傍, を出す, を試みられ

▼ 語~ (4, 0.0%)

1 においては理会, に似, に発音, の異同

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 やりに, わかりでしょう, 学び始めた頃

▼ 語からの~ (3, 0.0%)

1 直訳であり, 翻訳だ, 韻文や

▼ 語この~ (3, 0.0%)

1 一語の, 作者の, 文字を

▼ 語すなわち~ (3, 0.0%)

1 中国の, 宋音の, 漢語

▼ 語だった~ (3, 0.0%)

1 かと思われる, が, と思います

▼ 語だって~ (3, 0.0%)

1 その人, まだ怪しい, グッドモーニングの

▼ 語つて聽~ (3, 0.0%)

2 かせた 1 かせて

▼ 語であるなら~ (3, 0.0%)

1 ば吾, ば明らか, ば無論

▼ 語でございます~ (3, 0.0%)

1 か, かイギリス語, なイミタシアン・オブ・クリスト

▼ 語での~ (3, 0.0%)

1 説明を, 述作が, 述作は

▼ 語~ (3, 0.0%)

2 ほりの 1 ほりに

▼ 語なし~ (3, 0.0%)

1 でもたらふく, 彼の, 良久あり

▼ 語なんて~ (3, 0.0%)

1 あやしいん, 無意味です, 長原さんの

▼ 語にたいする~ (3, 0.0%)

1 句切りとして, 知識を, 辛辣な

▼ 語にては~ (3, 0.0%)

1 その皮模樣, デーゲンを, 言いにくき

▼ 語によっては~ (3, 0.0%)

1 少しはっきりしない, 或る, 特殊の

▼ 語によつ~ (3, 0.0%)

2 て私 1 て片づけられた

▼ 語に対しては~ (3, 0.0%)

1 ただ, やはりそれ, 他の

▼ 語のみは~ (3, 0.0%)

1 さながら夢, 敬称接頭語と, 用途が

▼ 語ばかりが~ (3, 0.0%)

1 出て, 此例に, 残つて実の

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 に七月七日, 気勢し, 男の

▼ 語らしく~ (3, 0.0%)

1 しかもその, 日本の, 私には

▼ 語らむ~ (3, 0.0%)

2 おもふこ 1 わが名

▼ 語をもって~ (3, 0.0%)

1 各, 問答する, 解釈しよう

▼ 語を通して~ (3, 0.0%)

1 であります, 新らしい, 触れる文学的

▼ 語~ (3, 0.0%)

2 にあり 1 に及ぼす

▼ 語中語尾~ (3, 0.0%)

1 に来る, のガ行音, のハ行音

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 かそれとも, が存在, に磨き

▼ 語使用~ (3, 0.0%)

1 のこと, の錬, をさえ禁止

▼ 語先生~ (3, 0.0%)

1 の画, ふと熊手, や不折君

▼ 語~ (3, 0.0%)

3 ものさ

▼ 語出し~ (3, 0.0%)

1 て, を二, を二三度

▼ 語即ち~ (3, 0.0%)

1 思ひの, 誇張の, 齊論に

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 庵は, 庵先生墓安永七年八月二十二日卒七十歳, 庵木村文河小山吉人来訪

▼ 語合っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てつい, て笑った

▼ 語多き~ (3, 0.0%)

1 が如き, に対してますら, は怪

▼ 語字典~ (3, 0.0%)

1 で大切, の下, をつくりました

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 に関したる, の学習以上, は露子

▼ 語学校時代~ (3, 0.0%)

2 の友人 1 にフランス人

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 とは國別, にあらずし, の體裁

▼ 語少く~ (3, 0.0%)

2 有形の 1 も方言

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 に聞える, のもの, の発音

▼ 語未だ~ (3, 0.0%)

1 畢らざるに, 畢らず, 終らざるに

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 二十, 八に, 十七

▼ 語~ (3, 0.0%)

1 とした, をおまけ, をもっ

▼ 語辞典~ (3, 0.0%)

1 がある, が出た, を片手

▼ 語~ (3, 0.0%)

3 の嫗たち

▼ 語あっ~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, て其所

▼ 語あの~ (2, 0.0%)

2 ついたもの

▼ 語いささか~ (2, 0.0%)

2 矯激に

▼ 語かも~ (2, 0.0%)

1 しれないけれども, 知れぬが

▼ 語くらいの~ (2, 0.0%)

1 勘定に, 役目で

▼ 語こそは~ (2, 0.0%)

2 山谷が

▼ 語さえも~ (2, 0.0%)

1 書くこと, 用いられる様

▼ 語したため~ (2, 0.0%)

1 てあった, てそれ

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 と俊亮, 物語は

▼ 語すれ~ (2, 0.0%)

2 ども一たび難局

▼ 語そのまま~ (2, 0.0%)

1 な空, な鋭い

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 あなんです, ことが

▼ 語だに~ (2, 0.0%)

1 よくは, 語って

▼ 語って~ (2, 0.0%)

1 えもの, やっぱり田沢さんとこ

▼ 語つき~ (2, 0.0%)

1 に固い, はそんなに

▼ 語つた人~ (2, 0.0%)

1 がある, は今

▼ 語つた彼~ (2, 0.0%)

1 の逸話, は善良

▼ 語つた通り~ (2, 0.0%)

1 に, の言葉

▼ 語つて下~ (2, 0.0%)

1 ださ, の如く

▼ 語つて云~ (2, 0.0%)

1 ふに, ふには

▼ 語つて曰く伊藤博文~ (2, 0.0%)

2 はナポレオン三世

▼ 語つて母~ (2, 0.0%)

1 はあと, は私

▼ 語つて清子~ (2, 0.0%)

2 に渡した

▼ 語つて私~ (2, 0.0%)

1 の太宰觀, の視線

▼ 語つて詳~ (2, 0.0%)

2 ならざるもの

▼ 語づつ~ (2, 0.0%)

1 しか出ない, 噛みわけるやう

▼ 語であるらしい~ (2, 0.0%)

1 ことを, のにおれ

▼ 語でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 云えない

▼ 語でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば通用

▼ 語としても~ (2, 0.0%)

1 妙に, 認められて

▼ 語とで~ (2, 0.0%)

1 外人と, 記されて

▼ 語とでは~ (2, 0.0%)

1 大分相違が, 特に語序

▼ 語とでも~ (2, 0.0%)

1 言ふべきで, 言ふべきであらう

▼ 語ともとは~ (2, 0.0%)

1 一つであった, 多分一つ

▼ 語ないし~ (2, 0.0%)

1 四語の, 近畿の

▼ 語なき~ (2, 0.0%)

1 がごとき, 容子は

▼ 語なぞ~ (2, 0.0%)

1 二度ともう使, 使って

▼ 語などが~ (2, 0.0%)

1 わが国での, 流れて

▼ 語などで~ (2, 0.0%)

1 世界中に, 訊問した

▼ 語などに~ (2, 0.0%)

1 媾事遮断の, 無量の

▼ 語なりし~ (2, 0.0%)

1 ことを, 由也

▼ 語においても~ (2, 0.0%)

1 すでに存在, 皆同じ

▼ 語にでも~ (2, 0.0%)

1 ありそう, 相当な

▼ 語にのみ~ (2, 0.0%)

1 詳に, 限られたよう

▼ 語に対しても~ (2, 0.0%)

1 同音である, 行わねば

▼ 語に関する~ (2, 0.0%)

1 大論文, 知識は

▼ 語のみ~ (2, 0.0%)

1 しるしつけて, であつ

▼ 語のみが~ (2, 0.0%)

1 われ知らず繰返へす, 抽出され

▼ 語のみに~ (2, 0.0%)

1 名残を, 限らずアス

▼ 語のみを~ (2, 0.0%)

1 使用する, 用いて

▼ 語~ (2, 0.0%)

2 で字引

▼ 語ばかりにては~ (2, 0.0%)

2 国語と

▼ 語ばかりの~ (2, 0.0%)

1 立派な, 行はれた

▼ 語ばかりを~ (2, 0.0%)

1 使っては, 明治大正の

▼ 語ばかりを以て~ (2, 0.0%)

2 する詩

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 我が, 移った

▼ 語への~ (2, 0.0%)

1 不審で, 整調などは

▼ 語ほど~ (2, 0.0%)

1 大胆不敵で, 洩らしたのち

▼ 語みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, なローマ字つづり

▼ 語もっ~ (2, 0.0%)

2 てこれ

▼ 語もて~ (2, 0.0%)

1 その名, 動くも

▼ 語ゆっくり~ (2, 0.0%)

1 と答えた, と自分

▼ 語よと~ (2, 0.0%)

2 私は

▼ 語らはん~ (2, 0.0%)

1 との意, 思ふ心

▼ 語らむにあまり~ (2, 0.0%)

2 久しく別れゐし

▼ 語らめしづか~ (2, 0.0%)

2

▼ 語をしか~ (2, 0.0%)

1 見なかった, 見出さないで

▼ 語をすら~ (2, 0.0%)

1 失う, 放つを

▼ 語ガ今夜モ彼女~ (2, 0.0%)

2 ノ口カラ

▼ 語ガ譫語ノヨウニ~ (2, 0.0%)

1 洩レタ, 洩レタノハコノ時ダッタ

▼ 語チベット語フランス語ラテン語之~ (2, 0.0%)

2 だけ一緒

▼ 語テーブル~ (2, 0.0%)

2 の回転

▼ 語フランス語ラテン語之~ (2, 0.0%)

2 だけ一緒

▼ 語ヘブライ語~ (2, 0.0%)

1 の混合, を知っ

▼ 語リ合ウ機会~ (2, 0.0%)

2 ヲ与

▼ 語一切皆克~ (2, 0.0%)

2 く雨

▼ 語一挙一動~ (2, 0.0%)

1 が醸しだす, によつて

▼ 語一語力~ (2, 0.0%)

1 をこめ, を入れ

▼ 語万語~ (2, 0.0%)

1 にまさる, もかの

▼ 語三人三味線弾二人~ (2, 0.0%)

1 が窮屈さうに, が窮屈そう

▼ 語~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 に國文法, に天女

▼ 語並びに~ (2, 0.0%)

2 その文体

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 てわがこの, て之

▼ 語~ (2, 0.0%)

2 體に

▼ 語共に~ (2, 0.0%)

1 佳悦ぶ, 妙無し

▼ 語其もの~ (2, 0.0%)

1 さえ郎女, すらも郎女

▼ 語其他~ (2, 0.0%)

1 の便宜上, の古

▼ 語出で~ (2, 0.0%)

1 ても更に, て愁然

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 になく, に招

▼ 語動作~ (2, 0.0%)

1 に於, を慎しみ

▼ 語半句~ (2, 0.0%)

1 みだりにも, も洩らした

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 宮廷の, 託宣は

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 が常に, を自家藥籠中

▼ 語~ (2, 0.0%)

2 だで

▼ 語変化~ (2, 0.0%)

1 についてすでに, の主要

▼ 語多く~ (2, 0.0%)

2 冗漫の

▼ 語如何~ (2, 0.0%)

2 や心あて

▼ 語学校支那語科~ (2, 0.0%)

1 にありし, の第

▼ 語学校教授~ (2, 0.0%)

1 で英国官憲, に招聘

▼ 語学生~ (2, 0.0%)

1 も何人, を薫化

▼ 語学界~ (2, 0.0%)

1 が全体, の二

▼ 語學者~ (2, 0.0%)

1 はよく, を以て任ずる人

▼ 語専門~ (2, 0.0%)

1 であること, というの

▼ 語少々~ (2, 0.0%)

1 は記憶, よめないと

▼ 語巧み~ (2, 0.0%)

1 に縦横自在, に語り

▼ 語~ (2, 0.0%)

2 坂小法師原

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 の緩, は好き

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 の点, やの中

▼ 語採用~ (2, 0.0%)

1 などが村, の標準

▼ 語接尾語~ (2, 0.0%)

1 などを整理, の無い

▼ 語教授~ (2, 0.0%)

1 の持つ, の非常識

▼ 語文学~ (2, 0.0%)

1 が流行, はシヨオ

▼ 語文法~ (2, 0.0%)

1 の教授法, を勉強

▼ 語文献学~ (2, 0.0%)

1 かを哲学的思想, かギリシア語文献学

▼ 語本来~ (2, 0.0%)

1 の性質, の意義

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 にも以下, ほとんどその

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 にその, の意味

▼ 語漢語~ (2, 0.0%)

1 か何, 多くて

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 とも上野図書館, のプーシキン全集

▼ 語発想~ (2, 0.0%)

1 と言, と言う

▼ 語相違~ (2, 0.0%)

1 にあらずや, の過

▼ 語研究者~ (2, 0.0%)

1 が面白, は大いに

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 なりといえ, に過ぎ

▼ 語美人髣髴~ (2, 0.0%)

2 として前

▼ 語習得~ (2, 0.0%)

1 の最も, の理由

▼ 語翻訳者~ (2, 0.0%)

1 であった, は実は

▼ 語老子~ (2, 0.0%)

1 に出でたり, に見えず

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 の職分, はま

▼ 語~ (2, 0.0%)

2 からしぼり出る

▼ 語英語~ (2, 0.0%)

1 がこんがらかっ, との字引き

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 にある, の中

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 とは全く, に載つ

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 によれ, はこの

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 に向っ, や語釈

▼ 語讀本~ (2, 0.0%)

1 に, を掴み上げ

▼ 語趣味~ (2, 0.0%)

1 が出た, は平安朝末

▼ 語通り~ (2, 0.0%)

1 に信ずる, 受け取られたという

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 のかばね, の配下

▼ 語~ (2, 0.0%)

1 である通り, の穿鑿

▼ 語金貨~ (2, 0.0%)

1 の音, を数える

▼ 語関係~ (2, 0.0%)

1 の辞典類, の連絡係

▼ 語鳥声等~ (2, 0.0%)

2 の単純可憐

▼1* [779件]

つて其所に, 語ありきと, 語ありしや否や, 語ある如くうかは体言的, 語ても済む, 語いかで仇に, 語いくら泣いても, 語いたと云う, 語いったようだ, 語うっちゃって置く, 語うなずいていた, 語おさえつけるように, 語おとなの言葉, 語おなじく何なに街と, 語およびデンマーク語で, 語お詫び申しあげるつもり, 語かたり明かし東雲, 語かて使うてます, 語かということな, 語かとばかり思つてゐた, 語かとも思うが, 語からでも出たの, 語からとも考えられるが, 語からはっして, 語かわしたのみだった, 語がずつと大昔から, 語きちがひ, 語きなげきは見えざる, 語き合う声が, 語くごとき声を, 語くもの, 語くり返している, 語ぐらいで寝耳, 語ぐらいにひきのばして, 語ぐらいのもんさ, 語て曰く, 語こういった, 語ここに至る, 語これも古い, 語ごとにう, 語させたと憤る, 語されたものと, 語しかしてその族, 語しきり何処迄, 語しきりなるを思はせる, 語したればとてはた, 語しつ猪口を, 語しなやかな言, 語しばし途絶えて, 語し始めるのです, 語じゃろうね原書, 語すこぶる多く芝, 語すでになみならぬ, 語すべからず, 語すべしといっ, 語すらく中, 語ばやとお, 語せしものあり, 語せる陳平窮巷に, 語そして転じては, 語そっくりのが, 語そつくりだ, 語その他はみなスペイン語, 語そんなものの, 語自分は, 語ぞと聞く温泉, 語たとえばスメロギ・カムロギ・ヒモロギの, 語たらしめる可能性を, 語たりとも雙方, 語だけをつけ加えられたの, 語ださうで頭腦の, 語だったではない, 語だったらそれは, 語だったらしいが今, 語だつたがいつ, 語を洩し, 語ちたというわけ, 語つたあげく誰にでも青春, 語つたいくつかの話, 語つたそうだ, 語つたそもそもの日, 語つたつて何, 語つたら一篇の, 語つた一切の言葉, 語つた一夜のこと, 語つた一期一会の人生, 語つた乳母の話, 語つた二人の男, 語つた京遊云々の事, 語つた人たちだつて, 語つた仔細ありげ, 語つた以後二十年實に何, 語つた伝記の数節, 語つた例がない, 語つた処である, 語つた古代人の稚, 語つた土瓶の酒, 語つた子供上りの丸, 語つた岡田の一言, 語つた幾つかの言葉, 語つた後の愉快, 語つた後母親の心, 語つた後男はエリザ, 語つた時大佐は貴女, 語つた時思慮深き大佐, 語つた時錦橋の養子二世瑞仙, 語つた次第であります, 語つた歴史と此所, 語つた浄土念仏の説経語り, 語つた熱意のある, 語つた物であり同時に, 語つた物語から出, 語つた程度の良人, 語つた董堂と江芸閣, 語つた話を思ひ出せた, 語つた間に燗徳利, 語つた階段の降り, 語つつ出て, 語つてそれが何, 語つてちよつと一息, 語つてどてらに包まつた, 語つてみたいと思ひます, 語つてもとの座, 語つてゆツくりと席, 語つてツリイの今, 語つて一番多く同情, 語つて上野山の芸術, 語つて世間的な知識, 語つて二十分程ひろ子, 語つて二氏の御, 語つて人々と共に上陸, 語つて今夜の御, 語つて仕舞つたが, 語つて以來歴史の方法, 語つて來たところ, 語つて其家学に関する松田塩田二氏, 語つて其養孫二世全安さんの蔵する, 語つて口過ぎのたつき, 語つて女房が去, 語つて姪を妾, 語つて宇津には背中, 語つて室長の機嫌, 語つて当時の病牀日記, 語つて從來閑却されがち, 語つて急に沁み込ん, 語つて憤怒のため, 語つて成斎は, 語つて押遣るやう, 語つて日出雄少年の愛らしき, 語つて是非見て, 語つて曰くいやわれわれ, 語つて曰くこれ洵に敝家, 語つて曰く本官は單, 語つて本国へ帰る, 語つて櫻木大佐は笑, 語つて此に至つて, 語つて此美はしき人, 語つて治療代には決して, 語つて源助さんの世話, 語つて相手と共に笑, 語つて真実であること, 語つて眠に就きました, 語つて眼鏡を外し, 語つて空想を現実化, 語つて自分の言葉, 語つて行つた, 語つて行つたあとで居酒屋, 語つて言つた, 語つて醫者の判斷, 語つて長崎へ飄然, 語つて鬱屈のない, 語づかいにも初中, 語づかいでいろいろな, 語づつ區切つてはつ, 語づゝ喋りはじめ三時間目ぐらゐになつてやうやく彼, 語づゝ六年間もたてつ, 語づゝ注の空白, 語であったらしくアイヌにも, 語であったろうと推測, 語でありまして後, 語でありましょうけれどもここ, 語である如く武士は, 語でこそなけれやや, 語でだけ教えた, 語ででもあれば, 語でにらいが, 語でははつくに, 語でもがすぐに, 語でもって指摘し去り, 語でもよかつた, 語とかの回想は, 語とからして, 語としてのみ専門に, 語とては漏しつる, 語とても果して最初から, 語となつて使はれた, 語とには輪郭には, 語とに対してなして, 語とばかりはいい退け, 語とよりもはるかに, 語とらえらるる, 語とを以て良家の, 語なかなかうまいこと, 語ながらある落ちついた, 語なければ, 語なぞが流れて, 語なぞを聞きわけるはず, 語などといふ奇異な, 語なみに簡単, 語ならざるものを, 語ならずして, 語ならぬはない, 語なり手眞似で, 語なんざあ怪しいもん, 語なんぞはさらさら読める, 語なんぞもプルウドンが, 語なんと解こう, 語にしか過ぎない場合, 語についての考へが, 語にともなふを, 語にばかりあるもの, 語にまで這入つて行, 語によってのみ伝え得るとらえ難い, 語によってもそれが, 語に関して聞いたとき, 語のこらず聞いている, 語ので二度も, 語のにらいか, 語のみよりして, 語のみ込むように, 語はくゆといふ語, 語はをしとも, 語ばかりじゃあなくね, 語ばかりで叫んだ, 語ばかりに宿しきれないもの, 語ばかりは苦手の, 語ひけれ秀郷一義も, 語へと厳粛に, 語ほどの漢文が, 語つきり, 語ことの, 語まがいの学生言葉, 語まぜて此國, 語またはその訳語, 語まで忘れるとは, 語までが用いられる, 語までは手が, 語みなつとめて博, 語みんなほんとうです, 語めいてしつくりしない, 語めいたことも, 語めかしていへ, 語めくが余, 語もござりませぬぞ, 語もちよつと, 語もとより妖怪, 語もと像姑より出, 語もをとめさ, 語やを單に, 語よりはズット趣きが, 語らえり一人は年四十頃デップリ, 語らく倭文手纏賤しき我が, 語らく従類多く讐敵, 語らしく唄われることには, 語らしく思われるが適当, 語らしく響いて語り終, 語らはん人なき里, 語らむとこれも待たるる, 語らむとする心を, 語らむ時にまさりたる, 語らむ風かく我等のため, 語らめとまた, 語らんは汝, 語りつして, 語る言を聞き, 語ろうと思つた事がらを指, 語ろう間さえ夏, 語鱒お, 語わかったがいま全部, 語わかりますか, 語ゐたるを呼び, 語をかへていふと, 語をぞ始めける, 語をのみ残しこれ, 語をまで避けて, 語をよむのをおぼえなくちやだめだよ, 語ををそはる, 語アラミ語はおろか, 語イタリイ語等への直接ペルシア語, 語イタリー語が非常, 語イタリー語フレミッシュ語およびデンマーク語, 語イタリー語地中海の海港, 語エスペラントも平易, 語オランダ語の學習, 語カッチ語を半々, 語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 語ガ今暁ハ頻繁ニ或ル時ハ強ク, 語グロフグレンは粗, 語シャプハンを誤訳, 語ジャダーの音訳, 語スウェーデン語トルコ語等なりという, 語スペイン語イタリー語地中海の海港, 語スラウと関係, 語スラヴ語ヘブライ語の混合, 語ズンと飲み込ん, 語たりし, 語トシテ行ハレ青銅時代鐵時代ナル名稱ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル, 語トセント決議セシ程, 語トルコ語等なりという, 語ドイツ語を一時, 語は滑り, 語依リテ其, 語ニハ年歴ノ意味, 語ニ一身ヲ自由ニシテ, 語亦當然ニ國際語ノタメニ亡ブベシ, 語ハタクミガアツテ甚ダ面白クナイソレカラ見ルト五月雨ヤ大河, 語パパというあの, 語フィロローグやギリシア文引用家達, 語フューグルと等しく, 語フランス語いやもう, 語フランス語ドイツ語イタリー語フレミッシュ語およびデンマーク語, 語フランス語英語は入用, 語フランス語英語ロシア語などで世界中, 語フレミッシュ語およびデンマーク語, 語ポルトガル語を知らざる, 語マネシは, 語ラズ気ヅカレモセズニ過シテシマッタガ, 語ラテン語ギリシャ語ヘブライ語を知っ, 語ラテン語數學を學ぶ, 語ラヒ何トスルヤト問フニ彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, 語ラヒ兵員三万余騎ト聞エソノ勢逐日熾烈, 語ランスモールの整理改造, 語リ兵ヲ談ジ, 語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 語は, 語ルトキノ彼等ノ公語タラシメザルベカラズ, 語ルニハ戯弄多ク, 語ル可ラス故ニ世界無比, 語ル所ヲ聞クニ, 語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 語レドモ先ヘ可, 語ロシア語イタリイ語等への直接ペルシア語, 語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 語ヴルガータに見, 語一什の物語り, 語一句をはっきり, 語一句一句のイメージ, 語一昨々日のところ, 語一般的な事物, 語一語みんなほんとうです, 語一語一句一句のイメージ, 語一語呼吸せまりて, 語一語彼女の言葉, 語一語復唱した, 語一語念を押す, 語一語慚愧と長嘆, 語一語毎にその, 語一語皮肉なもの, 語一語言ふたびごとに, 語一語金貨の音, 語一音の玄, 語七百余言を学び得, 語七章は孔子, 語三たび出づこれ押韻の際ダンテ, 語三語普通のこと, 語三語物を言っ, 語不可説なる至, 語不遜なり, 語世に紫式部が, 語中村不折相島虚吼森円月直木燕洋その他の諸君, 語乃至補足語を, 語が養育, 語乙一語いくら泣い, 語也一名ヲ白棒ト曰フ, 語也抵抗せず又, 語ひが, 語二十枚あまり書いた, 語二卷を贈らる, 語云ってやる, 語りの, 語決シテ日本語ヨリ劣惡ナリト云フ能ハズ, 語だと, 語人間の耳朶, 語人類をクル, 語は俗語, 語今日の国民新聞, 語以下を以て間, 語以内の命令, 語以斯班牙語を引証, 語伊太利亜語以斯班牙語を引証, 語の轉換, 語位転換と儀式張った, 語か話し, 語何時始まったかを, 語何等の警抜, 語には耳, 語佛蘭西語英吉利語獨逸語と方々, 語佛語の通詞, 語作文なり, 語作用と言, 語俗語が多く, 語個人教授なぞといふ看板, 語傍人を悚, 語傍若無人なる事, 語傳習所といふところ, 語像みたいにプッスリ, 語先頃其方が儕輩, 語全く日本語なり, 語全集本のすぐれた, 語八種英語六種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 語六波羅探題の伊豆語, 語其の他に, 語其中に機関, 語を用, 語内外のもの, 語内外それはあの, 語再び喞, 語でむと欲, 語出せしもまた, 語出づるに至る, 語出づる静緒の顔, 語出来はるのん, 語の資格, 語分けても彼自身, 語初等会話を, 語別ニ書有和蘭人も赤面, 語到る處亡國論を, 語にあゝ, 語勉強も二人, 語動詞の変化, 語勘当ということば, 語匡正したくなる語, 語十仙の割合, 語半ばに入り来し, 語印度語などの東洋文字, 語即対話敬語のす, 語原本は今日パリ, 語去年痴僧又今, 語一語と, 語及ばずとでも評せられ, 語反復なの, 語反意語で例証, 語反覆以上のより積極的, 語にのみ傾倒, 語史伯言姜爲伯夷之後許爲大岳之胤, 語史語誌や語釈, 語の良人以外, 語右端にギリシア語, 語合いながらまた, 語合つて惣勢二十五人も得ましたらう, 語同様のもの, 語同様巧みに日本語, 語同様自由自在でしたが, 語同義に過ぎまい, 語同音の混錯, 語とを書き添える, 語向上のため, 語君墓嘉永元戊申四月十日, 語含蓄深遠当時既に後年, 語吾人実にその, 語周語に祖甲, 語呼吸せまりて, 語が高い, 語問答をする, 語問題の急務, 語問題ハ文字又ハ單語ノミ, 語を使っ, 語囀りちらす舌引き抜きくれ, 語四週間などという本, 語固定の後, 語たる隣邦白耳義, 語國文國史漢學などは寧ろ, 語國策と云, 語地中海の海港, 語地方語学術用語悉くこれ, 語地理文学西洋音楽などが伝へられた, 語地理歴史は勿論, 語より出, 語という人, 語堂魯迅などで人権同盟, 語に通學, 語な句法, 語外国文学等に大別, 語外面諸画伯, 語多し而し, 語を意味, 語夫婦の者共, 語奇妙な語, 語奇文奇行がない, 語奨励の最中, 語妄言人を驚かし, 語子音の転訛範囲, 語字典一つ持って, 語孟子などの素読, 語学力をもつた, 語学校中途退学の語学力, 語学校学生は突然, 語学校廃校後はさらでも, 語学校廃止後は官報局, 語学校語学練習演劇を看る, 語学術用語悉くこれ, 語學上もとの同窓, 語學以外に山東商業山東礦業工業, 語學學習に於, 語學教師の職, 語學教育に携はる者, 語學書をあつめ, 語學校今日我國に於ける, 語學校卒業の, 語學校獨逸語學科に學んだ, 語學校生徒の學生, 語學校長和田東京美術學校長阿刀田, 語學校露語科の出身者, 語學演説などはどもり, 語學界の事業獨, 語學的乃至文獻學的, 語學的文獻學的觀點より觀, 語學科に學んだ, 語學者音樂家であ, 語実に虚しからざる, 語実は千万無量の, 語室町の三河語等, 語寂寂にし, 語とは口, 語密意密の三種, 語対訳聖書をちょろまかした, 語専門学校などには中等学校卒業生, 語專門の大家, 語と変, 語山色有無中と, 語に失する, 語市民の俗, 語年の, 語常識語の精練, 語に理論數學, 語幻気を吐い, 語弄玩歌でもない, 語弦歌ゆらめくあかり, 語強一日に三語, 語に立てん, 語彼女の言葉, 語を逸する如きある, 語て解すべき, 語復唱した, 語応酬しあの, 語を押す, 語思い出されて夜, 語惡行を捨て, 語意力業の四様, 語意味するところ, 語意識に置い, 語が語幹中, 語慈顔も之, 語慚愧と長嘆, 語慶長小判を落す, 語曰くまは, 語を挙げ, 語手写本加勒底亜五芒星招妖術, 語投げつけてもっと, 語排撃の旗印, 語支那印度朝鮮語ハ亦當然ニ國際語ノタメニ亡ブベシ, 語放談の調子, 語教師古田正五郎をあいつ, 語教課書にその, 語數律であ, 語數律反覆律同韻重疊律, 語數律等すべて皆韻律の原則, 語數義なりしこと, 語文學の隆盛, 語文集前の手紙, 語えて涙滴々, 語新しく造られた枕詞, 語新聞を読み, 語新聞語と流行語, 語既に之を, 語既刊書目を見, 語日本語に通ぜざる, 語日本語戀愛新語のカクテル, 語日本語英語を通じて返事, 語日用語と専門語, 語外来語と, 語旧約全書の歴史, 語晉語呂氏春秋過理篇, 語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 語普及を無意味, 語普通のこと, 語智部においては, 語曰賤妾之意, 語更にこれを, 語書いてそれ, 語書物に出はじめた, 語書籍の売店, 語月郊などにも花, 語朱子語類に本, 語松陰においてはその, 語には, 語楼さんは, 語楼らの横暴, 語楼今の正蔵, 語楼劇団旗挙をのぞく, 語楼君以外はてんで, 語楼君大辻司郎君が十日間出演, 語楼小勝が落語協会, 語楼小春團治九里丸とあんた, 語楼当時新進のホヤホヤ, 語楼昇龍斎貞丈尺八の加藤渓水, 語楼映画の愚劣さ, 語楼氏へ柳家, 語楼渓水と後, 語楼程度に未来, 語楼等々まだまだその, 語楼金語楼小三治, 語楼金馬現下の正蔵, 語楼銀馬の需, 語概ねこれを, 語横笛が耳, 語次にインド語英語パーシー語と, 語次横に逸れ, 語欣々たり, 語歎息が聞え出した, 語正業正命, 語も, 語殊に貴婦人語に, 語残月休長嘆我輩亦是艶生涯, 語殘月休長嘆我輩亦是艶生涯, 語民譚集といふもの, 語水声を聴く, 語の誤解, 語る血液, 語を擧げ, 語注韋昭國語注を擧げ, 語に神, 語浮きて利かず, 語淨二二・六三にも見, 語深く味うべきである, 語清い水, 語志に, 語漢文は昔, 語漢文教師であ, 語漫言したの, 語する余り, 語のよう, 語点頭すると, 語かりしが, 語無く翻って多恨, 語をこめ, 語爾駝穿針孔較富人入神之國, 語物語かうした物語, 語特有の困難, 語独修第四十一課, 語独逸語話します, 語獨逸語と方々, 語生徒の入学, 語ゐら, 語申候つる, 語男爵後藤遞相を送り, 語への様, 語というの, 語発するのを, 語発生以後に発し, 語発音聞取り書の法, 語發音化すること, 語皆出処があっ, 語皮肉なもの, 語にし, 語通ず, 語知ってはる, 語はチベット語, 語科出身で若い, 語範囲の, 語稽古にと暁星学校, 語窗外に滑, 語を改め, 語取宇津保俊蔭等書, 語等専門学校令によるもの, 語簡単な挨拶, 語簡單な挨拶, 語系要素の百分率, 語純化と基礎語, 語紙上に相, 語終らざるに怪しく, 語組織である, 語の一節, 語給いし種々の, 語絶えて車, 語る宮, 語に描き得る, 語群小を驚かす, 語義仲の木曾語, 語ふいざ, 語考えるように, 語聖書より出, 語聞かで知るこそあはれ, 語聞くとせ, 語聞せたがお, 語能力をこの, 語體が, 語自体の力, 語自由なる思想, 語自負を持つた, 語自身神道から出た, 語舌端に諳んじ, 語に残っ, 語若くはその, 語英吉利語獨逸語と方々, 語英語パーシー語と五つ, 語英語ロシア語でやっ, 語菩薩即ち無, 語落としたり一行, 語蘭文が分る, 語蝦夷の私製, 語はれて, 語術語などで未だ, 語成下度此段貴, 語襟元に雪水, 語西ではフランス語, 語西のは冷罵骨, 語覚えず夜半に, 語解釈法が根柢, 語言えないような, 語言一室若引緒抽繭, 語言科といふ, 語訳付など外, 語訳文書に書き取った, 語訳源氏物語が出版, 語とすべし, 語詞分量の上, 語が場所, 語を通じ, 語話してゐる, 語話しかけたところ窓の, 語を征する, 語語りを見てる, 語語尾を切り, 語誠に恐れ入ります, 語誠に然るや, 語読み難し, 語調査会の委員諸公, 語調査委員を命ぜられた, 語講座テキストの裏, 語講座流の発音, 語講演会をやつ, 語講習会を無事終了, 語謹勿頑愚似汝爺矣, 語起原の一篇, 語足らざれば, 語じて, 語辞構成や措辞法, 語辞構成法や文法上, 語辭典より孫引き, 語辭悉ク簡單明瞭時ニハ只結論ノミヲ綴リシ者アリ, 語忘れるとは, 語通り山のならび, 語通り翌日の午後六時, 語通訳官の多く, 語遂に世に, 語運動と又, 語道斷の妙趣, 語遺文のうち, 語遺稿の翻訳, 語邁返舌頭錬磨研究殆ど年余他日獄を出で, 語邦語にて飯, 語と話, 語言を, 語に姿, 語隠語ができ, 語りの, 語音変更は常に, 語韻新秋にし, 語韻語調である, 語頗意味深長なるを, 語呼雨恰是軽, 語類卷八十三に云, 語類成句に習熟, 語風俗を異に, 語が折れる, 語高く食足り, 語麾下の士, 語常有れ