青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「誉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

話した~ ~話す 話す~ ~話題 話題~ ~詳しく 詳しく~ ~誇り 誇り~ 誇張~
誉~
~認め 認め~ ~認めた ~認める 認める~ ~認識 認識~ ~誘惑 誘惑~ ~語

「誉~」 1143, 12ppm, 8899位

▼ 誉~ (280, 24.5%)

5 言った 3 ここで 2 どうした, なんの, 彼に, 急に, 自分の, 高氏の

1 [260件] あきらめず, あくまで口さがない, あたりを, あっさり言っ, あつかい馴れて, あの日, あらたまった, いい口実, いう, いった, いなかった, いにしへの, いま乱るる, いんぎんに, おどろいた, かねて執権高時, かろくさえぎって, くりかえして, けらけらと, このところ姿, この名, この寒い, この深夜ひそか, こんどの, さあらぬ, さすが陣中, さっそくそれ, さっそくに, さっそく土地, さらに千鳥棚, さらに鎌倉, じっと聞きすまし, すくいぬ, すくひぬ, すぐさとった, すぐ小憩, すぐ馬, すすめた, すでにごつ, すでに藤夜叉, すべてを, そう取った, そう合点, そこへ, そこを, その取調べ, その急, その日, その眼, その茂時, その間に, そらうそぶいて, それの, それも, それを, ただ男, だいぶ待ち, ちょっとあらたまっ, ちょっとほろりと, ちょっと狐疑, ちょっと目, ついに板屋廂, つい先ごろ, つつしんで, つまり宗家, つよく首, つれて, とうてい彼, とたんに, とめる, とらえた, どこに, どっちに, なおのことだった, なお一通, なお高氏, なぐさめた, なぜ今日, なぜ見えぬ, なにか, なにかと, なにかを, なにか持っ, にっと冷ややか, にやにや眺め, ねばねばと, のみこんで, ひょろけもせずに, ぴらと頭を, ふと肩, べつに, ほくそ笑んで, またべつ, またも, また兵たち, また昼夜, まだ何, まま自身筆, めったに六波羅, もう廊, もう歩き出し, もう船板, もう離亭, やや凄ん, ゆうべ命松丸の, ゆずって, ゆるやかな, わざと軽く, わしの, クツクツ内心で, ドキと, 一同へ, 二条千種邸の, 人なき, 今朝笑っ, 仔細を, 仰天せざる, 仲時と共に, 佐女牛の, 何と, 侍者たちへ, 元来ふっくら, 充分疑っ, 先帝の, 兼好の, 内心の, 列の, 列へ, 制した, 刺された脾腹, 加えられて, 勝気に, 千種, 半身を, 去った, 口しぶり, 右馬介と, 同族の, 告げ終ると, 哄笑した, 唯々として, 喧嘩の, 困ったよう, 国中に, 坐った, 執りもち顔, 執権の, 変を, 大いにあわてたらしい, 大ゲサ, 大庭を, 女たちへ, 始終彼, 宗家佐々木であった, 宮一党の, 家臣を通じて, 家臣一統へ, 容易ならぬ, 宿場の, 宿所の, 対い合った, 屋形船の, 左右の, 席を, 庭むしろを, 彼を, 待たせて, 心で, 応酬に, 忠顕の, 思いつつ, 憎もうにも, 懐紙を, 懸命な, 手の, 折々には, 早くも, 早や, 早耳だ, 昼の, 時々その, 杯も, 樗門を, 次の間へ, 正面を, 武帝の, 残りの, 気弱者末期の, 気負う後ろ, 水を, 決して架空, 洛内巡察も, 海内随一の, 深更に, 湯上がり姿であった, 激した, 狂う馬, 生駒山の, 直義に, 相好を, 相手の, 眼を, 私を, 私財を, 立上がって, 笑った, 笑って, 答えた, 純な, 総攻撃, 羅刹谷の, 義詮を, 胸い, 胸の, 腹いせに, 腹心たちに, 腹心の, 自信に, 自分ほどには, 自分も, 自分を, 自室から, 自身高氏を, 茶店の, 見て, 観る, 言いつづけた, 言い放ってから, 言を, 言外に, 誘った, 謹慎の, 警固が, 身を, 軍目付と, 近江に, 近頃また, 途上の, 途中で, 道誉流で, 都ずれし, 釜の, 閉口した, 階下に, 隠岐, 離さない, 雪風の, 面白がっ, 鞍を, 頬の, 顎で, 顔を, 顔をよけて, 館の, 馬を, 駒を, 驚いた, 高い所, 高時が, 黄の

▼ 誉~ (244, 21.3%)

4 姿は 3 名は, 姿を, 方で 2 ことだ, 兵が, 前に, 名が, 姿が, 招きで, 方には, 無節操, 顔の, 馬前に

1 [211件] あたま, あだ討ちさ, あとから, あとを, あの物, いうが, いう一穴, いたしたこと, いたわりにも, うえに, うしろから, うまい口前, おすすめなどで, おもわく, お国元, お抱え芸人の, こころざしは, ことお, ことで, ことは, ごき, ごときは, ごとき二タ股者, ごとき地位, ごとき男, さしがねでは, さし出口と, そばで, そばには, そばまで, ためには, つらだましい, でなく心から, ぬけぬけという, はわけ, ひたいには, またぞろな, みちびくまま夢心地, ような, デザインは, 一家臣田子大, 一族で, 一群は, 一軍が, 下風に, 不審に, 予見の, 事蹟を, 二タ股を, 二騎の, 人数が, 人数のみは, 人柄までが, 仕方には, 仰せも, 件は, 伝え聞きにも, 佐々木支族は, 侍女たちか, 俄な, 催促を, 分別に, 列が, 列の, 前身を, 助け舟で, 参陣を, 口上か, 口真似などは, 名も, 名代として, 命が, 命で, 命に, 国元の, 土俵入, 城府とは, 場面では, 声で, 声である, 妻子の, 婆娑羅個性さまざまな, 子秀宗, 字は, 客と, 家は, 家来たちは, 家来たちを, 家来どもが, 家来民谷玄蕃という, 家臣民谷玄蕃に, 家臣田子大, 密使として, 寝が, 寝所から, 屋敷うちか, 巡視隊は, 平服こそ, 底意の, 座を, 影は, 心だ, 心は, 心入れか, 忠義を, 悪質な, 意の, 意志に, 態度は, 戦功など, 戦功を, 手で, 手に, 手勢二三百人が, 手紙の, 打合せが, 扱い方にも, 承認を, 挑みに, 挑戦に, 方であった, 方にも, 方へ, 暗示的な, 書いた筋書, 本性は, 機嫌を, 欲情に, 沽券を, 消息を, 画像, 画像は, 留守中軟禁され, 留守城伊吹の, 真意が, 眸は, 眼さきに, 眼に, 矢立の, 知恵を, 私邸へ, 私邸佐々木の, 称い出しだった, 積良ノ, 立場と, 笑い黒子を, 筆蹟であった, 答えは, 罠に, 耳には, 耳へは, 聞えは, 肖像画, 背を, 胸は, 胸を, 腹も, 船手が, 蔭の, 行為が, 裏切りなども, 襟が, 言いたかったこと, 言い開きには, 言だ, 言に, 言は, 言を, 計らい, 許か, 評判は, 話し上手, 誘いに, 説法を, 調べ振りの, 豹変や, 責任に, 身の, 軍は, 迷を, 途中を, 還暦に, 邸内である, 酒機嫌は, 酬え, 野獣の, 鉢金打った, 長い手紙, 降参についてじゃが, 降参は, 陣立ちは, 面を, 領下であった, 領下近江の, 領内に, 頬には, 頬の, 顔いろ, 顔が, 顔は, 顔へ, 顔を, 館へ, 馬は, 馬上へも, 馳走だった, 駒影は, 騎馬も, 高いお方, 魔手を, 黄母衣組の

▼ 誉~ (107, 9.4%)

3 何を

1 [104件] あずかり知ろう, あった, あったもの, あなたをか, あろうとも, いぜん鎌倉方, いまさら前非, うけたまわって, お迎えの, お預かりする, かたる女ばなし, さよう, そこを, そっとそこ, そのとき, その弁舌, その護送役, その高, そもどんな, ちらと, つねに自分, ていよく, とかく自分, どんな嘲笑, なにかと, まず驚いた, また, まだ, みずから顔を, ものうげ, よいよう, わざわざこれ, ホクソ笑む, 不在中, 二階堂の, 伊吹の, 何か, 何と, 使いを, 供奉の, 備前の, 先に, 先手を, 兵五千を, 兼好へ, 出勢, 分りかけて, 加盟の, 君侍を, 告げた, 味方を, 姿を, 守備し, 客を, 尊氏へ, 屋敷跡は, 帝に, 幕府の, 彼を, 思うところ, 急に, 文使いで, 日ごろ高時, 昼酒に, 晩年住んだ, 柏原へ, 止めた, 海上へ, 炯眼であろう, 犬追物や, 獄のみかどへ, 百倍ものたのもしい, 真に憂え, 笑って, 約を, 耳に, 自分の, 自分を, 藤夜叉を, 見えてから, 言った, 訪ねて, 護送する, 身に, 近ごろ怪しい, 近江から, 近江佐々木の, 返した杯, 途上の, 途中双, 道誉一流の, 選ばれて, 都に, 都へ, 配流され, 鎌倉の, 陰で, 顔を, 馬上で, 馬上披い, 駒を, 高い, 高氏の, 高氏を

▼ 誉~ (64, 5.6%)

2 それに

1 [62件] あまりいつもの, あらず, あわてたの, いつのまにか彼女ら, おなじ見解, おりますこと, お囲い, お迎えに, かなわなかったもの, この中, この好意, すぐ見つけたらしい, ぜひおわすれなく, それは, ですが, なき村人, べつに秘か, また, またいつか, またおそらく, またこの, またそれら, また味方, また絶叫, また重任, やっと肩, やむをえずきびしい, ニガ笑いし, 一切その, 不き, 仇も, 先帝の, 兼好坊主の, 内々気味わるく, 加勢に, 坐って, 外で, 宮方へ, 左近も, 彼を, 忠誠を, 忠顕も, 急に, 拙者も, 探題仲時の, 来て, 死の, 疑うまい, 知りつつ, 砂丘に, 秀朝も, 蔭で, 褒も, 見かぎッ, 諫止した, 起ったが, 重さ, 隠れた, 高き, 高時に, 高氏へ, 麾下の

▼ 誉~ (51, 4.5%)

3 して 2 先頭に, 百代に

1 [44件] あまく見, いかがわしい境, いつかしら, うつろな, お信じあっ, かばい抜いたの, これへ, したたかな, しりぞけて, たて, ひどくニガ手, もつて, ウラの, 中心に, 乗せ蹌踉, 前に, 取り政道, 名ざした, 名のろう, 呼びに, 喜ばない二葉亭, 嬲ったもの, 征するの, 後世に, 得たり, 恨むだろうか, 憎めないで, 憎んで, 攻めるなど, 数日前に, 添ゆる, 無視しえない, 眼で, 知る者, 複雑に, 見くらべて, 見たいとか, 見て, 見てないうち, 訪うと, 訪ねて, 謳われた, 除けば, 鵺と

▼ 誉~ (43, 3.8%)

3 いえば 2 相成り候事

1 [38件] いうと, おなじよう, おなじ佐々木同族, このまま, するも, すれば, ただ二人だけの, ならんで, 不和を, 争いたくなかったし, 仰せられますの, 会わずとも, 再三に, 冥途にて, 別れた高氏, 千種忠顕とは, 即日何やら, 名のる, 土岐左近の, 尊氏とが, 左近から, 左近の, 帝との, 心得れば, 忠顕が, 思って, 戦わねば, 戦を, 打忘れられ, 来ては, 清高の, 清高も, 秀綱は, 茂時は, 話し合わんなどは, 語りあったこと, 闘って, 馴じみ少ない

▼ 誉~ (30, 2.6%)

3 すれば

1 [27件] あらずんば, けがされた体, それは, ちかい当世型, とり初めて, なったという, ならぬ敵討, なるなんて, まいれと, むかって, 一つの, 一言すべき, 会うて, 何の, 先を, 変りは, 屍を, 帰れと, 彼も, 所望が, 残して, 洩らした, 犯された場面, 申しつくる, 申せ, 耳を, 耳打ちされ

▼ 誉には~ (15, 1.3%)

1 [15件] けおされてなど, さッぱり, そういわれ, その儀, それすら, なれなかった人, まんざらそうばかりとも, みな告げ, もちろん心あたり, よくわかる, 一貫した, 上野と, 妙な, 存分婆娑羅の, 的確に

▼ 誉~ (13, 1.1%)

2 言った

1 [11件] お使い, その相手, 依頼した, 告げたいため, 報じ終って, 寝返れとでも, 数日前に, 渡せ, 畏きお, 見せに, 身を

▼ 誉という~ (12, 1.0%)

2 男を 1 ことに, 人物にたいしては, 人間が, 化け物を, 法名を, 者と, 者の, 資格でなく, 高僧は, 魔の

▼ 誉さま~ (11, 1.0%)

2 のお 1 がああ, です, とは御所, なども古く, に申した, のおや, の御, は伊吹, もご存知

▼ 誉どの~ (11, 1.0%)

1 [11件] が, がおい, が八方, じつに恐ろしい, ちょっと代っ, でございまする, のよう, の名代, の御, の無, は如何

▼ 誉とは~ (9, 0.8%)

1 つきぬ奇縁, まだ鎌倉, 十年の, 同じ佐々木姓, 宗家と, 小賢, 昵懇な, 違う, 鎌倉いらい

▼ 誉から~ (7, 0.6%)

1 じかに高, ふいに, 儂は, 兄高氏へ, 時信へ, 親しく引き継ぎ, 訊きとるおつもり

▼ 誉との~ (7, 0.6%)

1 はなしは, ふしぎな, 仲は, 対決に, 男同士の, 関係は, 騎射競べに

▼ 誉ある~ (6, 0.5%)

1 ことの, 一打を, 名士であった, 復讐という, 父の, 者が

▼ 誉~ (6, 0.5%)

1 かたくその, からの, がどうも, ぜ, そしてまたと, と申した

▼ 誉とて~ (6, 0.5%)

1 好き心も, 妄念は, 当代少ない, 往還に, 足利に, 鎌倉の

▼ 誉にも~ (6, 0.5%)

1 この数日, 今は, 会わさずムザ, 会わぬうち, 看破られて, 義理を

▼ 誉むべ~ (6, 0.5%)

4 きこと 1 き人物, き精神

▼ 誉~ (6, 0.5%)

21 の先鋒, の兵, の列, もつづい

▼ 誉~ (4, 0.3%)

1 奴が, 白馬で, 立派な, 者ばかりじゃ

▼ 誉自身~ (4, 0.3%)

1 が自賛, だけで, でこれ, は一歩

▼ 誉高き~ (4, 0.3%)

1 半神, 婦人, 村松氏であった, 池田新太郎少将光政で

▼ 誉する~ (3, 0.3%)

1 ところなれ, にあらざれ, 者に

▼ 誉であった~ (3, 0.3%)

1 かもしれない, ことは, のだ

▼ 誉でも~ (3, 0.3%)

1 ござるまいまして, ないつもり, なかろうが

▼ 誉なる~ (3, 0.3%)

1 人物の, 者と, 者は

▼ 誉への~ (3, 0.3%)

1 不審なら, 出陣祝いという, 恨みなどを

▼ 誉~ (3, 0.3%)

1 塩冶高貞らと共に, 左近らが, 左近らは

▼ 誉一存~ (3, 0.3%)

1 にてご, にても何, になる

▼ 誉好み~ (3, 0.3%)

1 な彼, の, の茶

▼ 誉津部~ (3, 0.3%)

1 の伝承, の場合, を残された

▼ 誉すらも~ (2, 0.2%)

1 だ, です

▼ 誉では~ (2, 0.2%)

1 あるな, あるまいそれ

▼ 誉といふ~ (2, 0.2%)

1 のが, ものです

▼ 誉として~ (2, 0.2%)

1 よほど前々, 我々は

▼ 誉とも~ (2, 0.2%)

1 いわれるほど, 申しはかって

▼ 誉~ (2, 0.2%)

1 のであります, のである

▼ 誉にたいして~ (2, 0.2%)

1 難題と, 高氏も

▼ 誉にとっては~ (2, 0.2%)

1 ひと事の, 後日深刻な

▼ 誉へも~ (2, 0.2%)

1 それは, 聞えよがしに

▼ 誉までが~ (2, 0.2%)

1 たれひとり尊氏, 鼻高々に

▼ 誉一人~ (2, 0.2%)

1 のこと, の存否

▼ 誉一流~ (2, 0.2%)

1 のヘン, の偽装

▼ 誉信女南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏~ (2, 0.2%)

1 と今度, と御

▼ 誉僧正~ (2, 0.2%)

1 につい, に祈られ

▼ 誉士夫~ (2, 0.2%)

1 というの, のよう

▼ 誉屋別命~ (2, 0.2%)

2 之後

▼ 誉津別皇子~ (2, 0.2%)

1 の歴史, の物語

▼ 誉~ (2, 0.2%)

1 には乗れない, の表紙絵

▼ 誉高い~ (2, 0.2%)

1 ガーツルードどのが, 伯母お市の方を

▼ 誉高く~ (2, 0.2%)

1 事件に, 如何なる名手

▼1* [124件]

うらやましくないか, 誉えられてその, 誉ぬしにくれて, 誉おなじく秀綱土岐頼遠, 誉さもなく, 誉からの文使いを, 誉がきッとよい, 誉こそは油断が, 誉ことごとくみな自力を, 誉てその, 誉すら高氏の, 誉せられしはこれ, 誉なたも, 誉そちの優しい, 誉その高時, 誉それには答えず, 誉たぐいなく, 誉ただいま下向の, 誉ただちに対戦の, 誉たる者になるでしょう, 誉だけははしゃぎも, 誉だったのである, 誉だの上杉憲房などの, 誉ちと約束が, 誉であり女子青年に, 誉であれ新田であれ, 誉でさえ日頃よもや, 誉でさえもこのとき, 誉ですら何か, 誉ですらもまだその, 誉としては御献上, 誉とぞ世人讃へ, 誉とともに逍遥した, 誉とやらを見て, 誉とりどりなる中, 誉と共に作戦をねッ, 誉などの顔ぶれが, 誉なりと雖, 誉なれば執権, 誉にとってもここは, 誉にまであづかつた, 誉ぬけ目は, 誉ぬけぬけと山, 誉のぼだい寺である, 誉のやしきへ, 誉はつぎの路次, 誉ほか百名余の盛宴, 誉まさぐる兵卒あはれ, 誉まで報らせ, 誉みずから参上するところ, 誉みずから筆をとった, 誉むるもこれ, 誉むるにつけての譏り草, 誉むる所の書, 誉むる輩是も却, 誉もはや起き出し, 誉はやく黄泉, 誉よく近江を, 誉より多く欧州, 誉らしいわ, 誉らりょうかと鏡, 誉を以て当らしめれば, 誉ニシケル然ルニ関原, 誉ヲ祈, 誉一代のほ, 誉上人が解脱, 誉上人始祖家康の生母, 誉仇討敵討宿六娘ただいま, 誉以下は元, 誉以下これを見とどけた, 誉以下土岐左近らもとにかく, 誉以下武士どもはかえってよけい, 誉以下輦輿をまもる, 誉信女の誉, 誉千葉ノ介, 誉参れと猛り叫ん, 誉召喚の議, 誉同様に何, 誉四郎である, 誉土岐頼遠高, 誉士夫安倍源基らの人々, 誉士夫葛生能久たちが自由市民, 誉大僧正が白河上皇, 誉宝寿徳昌善士である, 誉だ, 誉に従わず, 誉忘れ難い一夜, 誉斯波高経らがあと, 誉春琴恵照禅定尼と墓石, 誉智才信士という, 誉望みの件, 誉東成信士という, 誉東雲居士墓は下谷区入谷町静蓮寺, 誉は微笑, 誉法印の霊夢, 誉で通せましょう, 誉清熏大禅定尼秀吉此の後室, 誉渓巌綜雲がある, 誉無上の大和尚, 誉だった母親, 誉琴台正道信士と刻, 誉仕政義居士, 誉秀綱の父子, 誉だ, 誉等大小の侯伯, 誉者妙齢になっ, 誉自体の二, 誉自信をもっ, 誉自然現成大姉, 誉興福寺の扶公等, 誉藤夜叉高時ほか傍系の人物, 誉真政達居士, 誉言葉を沢山, 誉貴公はまずい, 誉身分は月, 誉迎月大姉と云う, 誉ぎたのでもありません軽く, 誉道誉と再三, 誉としよう, 誉降参の一件, 誉雲外竜池善士と云う, 誉順帰禅定門と云, 誉し, 誉高かったから