青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「詰め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人 詩人~ 詮議~
詰め~
~話 話~ ~話し 話し~ ~話した 話した~ ~話す 話す~ ~話題 話題~

「詰め~」 1269, 14ppm, 8096位

▼ 詰め~ (785, 61.9%)

27 いた 18 ゐた 11 ある 9 いる 8 いて 7 あるの, いたが 5 あった, いるの, いるよう, ゐるの 4 いたこと, いると, いるので, ゐたが, ゐる, 腐敗を

3 [11件] あつた, いたという, いるところ, おいでに, おりました, 持って, 来た, 火を, 行く, 行くと, 見ると

2 [39件] あったとは, ありました, ある薄, いたの, いた眼, いました, います, いるが, いること, いるだけ, いるはず, いるもの, いるわけ, おります, きた, しまう, その上, やると, やれ, ゆくと, ゐたの, ゐるので, ゐるもの, 上から, 五年前に, 來る, 口を, 居りました, 帰って, 拳を, 来たの, 来て, 江戸へ, 焼いたの, 置いて, 腐らん様に, 行くの, 行った, 貰ひ

1 [543件 抜粋] あしたの, あったが, あったも, あったもの, あって, ありましたらしい古, あるから, あるその, あると, あるとの, あるので, あるやう, あるよう, あるカンナ屑, ある二番目, ある小さな, ある本, ある棺, ある露路, あれは, いうと, いきなりに, いささか疲れぎみ, いずく, いたお客たち, いたか, いたげな, いたとか, いたとき, いたに, いたのに, いたもの, いたよ, いたり, いたん, いた事ゆえお, いた人, いた伊之助, いた侍ども, いた侍女, いた呼吸, いた家主, いた小屋, いた息, いた特別警備隊, いた玄徳, いた私, いた義竜, いた者, いた蜈蚣衆, いた西谷, いた警固, いた警官, いなかった, いなかったと, いなければ, いねむりをしているのが最も, いましたが, いましたよ, いらっしゃいました, いりゃ気違, いるうち, いるかも, いるこちら, いるし, いるその, いるそれ, いるであろうが, いるという, いるに, いるばかり, いるほう, いるほか, いるらしい, いるん, いるウルスター・ゴンクール氏, いる主任, いる事務室, いる人達, いる例, いる先番, いる刑事, いる包装, いる医師, いる塩梅, いる大勢, いる大名たち, いる大川司法主任, いる宿直たち, いる尾州, いる山番所, いる山目付, いる幕, いる幕府, いる政閣, いる時, いる木下藤吉郎, いる畠山六郎, いる番, いる篝屋, いる者, いる者共, いる部屋, いる麓, うむと, おいた, おいたの, おいた品物, おいて, おかなけゃ駄目, おきたいな, おけば, おもらい申したい, おられた, おる, おるおれ, おるか, おるはず, おるよう, おる検見役, お伴が, お小夜, お腹大き, かたく栓, がんりきの, きいて, きたのに, きたもの, きまり好く, ください, くる, くる男, くれ, くれた, くれて, くれれば, このくらい, この光景, これらの, こんなに広く, こんな処, ござるが, しかも自動車, しきりに唇, したこと, しまうから, しまおうとして, しまったの, しまった時, しまって, しまつた矢張り此商賣, しまわねば, すでに運ばせ, すると, すわって, そこで私達, そのまま出し, その夜, その皮袋, その箱車, その音色, それから, それから声, それから酒, それでその, それを, た, ただ茫然, ついて, どうする, どんな小さい, なさったの, なさるよって, なほ鈴の, にっこり笑った, はけや, はったこと, ばったり倒れた, ふくらませて, ぶら下げて, ますと, また氷, まだ燃え, みては, みれば, むせかへ, もう一度橋, ものを, もらいました, やうやく亡ぼし, やった, やったり, やって, やつた, やりました, やる, やるて, ゆうべの, ゆく, ゆくたび, ゆれ出したら女, よし牛肉, わざ, わざと聽, わたくしの, わたしは, ゐたかつた, ゐた事, ゐた女房たち, ゐた少年, ゐた時, ゐた樣子, ゐた眼, ゐない時, ゐられる士分, ゐるうち, ゐるだけ, ゐるぢ, ゐると, ゐるところ, ゐるやう, ゐるわけ, ゐる団体人, ゐる家来, ゐる明るく, ゐる生真面目, アタマの, キリリと, グルグル巻き, ジッと, チッキで, テンピで, ドロップスの, ビバーク・プレースに, ロスアンゼルスへ, ロースに, 一口軽く, 一同が, 一散に, 一気に両, 一生懸命幾太郎を, 一途に, 一週間から, 一週間ばかり, 三段か, 上に, 上へ, 上原さんの, 上納御, 上野を, 下さいヨ, 二三服立て續けに, 二階の, 云うと, 人々各自が, 今取った, 仕事に, 仕舞つたのである, 何うにも, 何か, 何でも, 何百箱の, 來なすつた, 俳劇の, 俺あ, 働いたの, 先へ, 入れて, 六つの, 兵士を, 其上に, 再びそれ, 再びどつしりと鎧, 冷蔵し, 出て, 出来るだけ, 切口を, 前に, 勉強し過ぎる, 動かずに, 動かなかつた, 動きの, 卑怯な, 印刷し, 参いった, 参上りました, 取り寄せて, 口に, 口の, 叩いた英文, 右に, 向かいあった, 向ふ, 吸う, 唾を, 喪服を, 喫みだす, 圧石を, 在る上, 城に, 城の, 城壁の, 堪えて, 塩と, 塩胡椒を, 夜にな, 夫に, 夫人は, 夫婦約束まで, 威張って, 學ぶので, 寒の, 小さく結ん, 居た, 居たが, 居たので, 居た老人, 居て, 居ました, 居ましたが, 居りますから, 居るから, 居ると, 居るん, 居る人々, 居る樣子, 届けたの, 山へ, 工房へ, 巧みに, 巴里へ, 帰れる訳, 張つてあれ, 弾倉を, 当り当りだけ, 当人の, 彼の, 待って, 待構え, 後追, 御通輦, 復一の, 恐ろしく嚴重, 恨みも, 惡戰苦鬪し, 我れ, 手で, 押したの, 押し入れたらやっと, 押箱へ, 持たして, 持つて, 挽きずり, 揚げた天麩羅, 揚句の, 支えると, 放さなかった, 数知れず, 敵を, 文次の, 断末魔の, 早手廻し, 明後日の, 明日は, 書いて, 最後の, 有るの, 来たが, 来たこと, 来たよう, 来た今, 来た水, 来た消毒器, 来た空箱, 来ながらの, 来まして, 来ようという, 来る気合, 栓を, 桟敷を, 棒立ちに, 機械仕掛で, 櫛巻で, 櫛巻に, 止めを, 此の, 此處千番に, 歩いた, 歩いて, 死し夢, 死の, 死人の, 殺したの, 母氏妹氏と共に, 気が, 汗に, 河岸へ, 泣いて, 海ン中へ, 濃い煙, 火藥を, 炭の, 熟と, 燻か, 片時も, 獣が, 玉を, 申すと, 疣尻巻に, 百箱を, 目の玉を, 眼ばかり, 眼を, 秋葉原駅汐留駅飯田町駅浅草駅などへ, 稲荷様向うの, 稽古に, 窺った, 立って, 竹槍の, 答へ, 結うから, 結うて, 結う風, 結つてゐる, 置いたから, 置いたら翌朝, 置いた鞄, 置いても, 置きましたもの, 置くちやう, 置く必要, 置け己, 老栓, 考える必要, 耐えて, 聞いて, 聞き澄まして, 聴き入って, 肝腎の, 育て, 背に, 腰を, 自身たびたび, 艦長の, 芝居で, 茫乎する, 葬ひ, 蒸揚げた, 行かぬよう, 行かんならん, 行きよります, 行くあんばい, 行くため, 行くやがて, 行こうとして, 行ったが, 行った形跡, 行って, 行つたさうだ, 行つたと, 裏返して, 裏返しに, 見て, 見ます間, 見透すと, 規則的に, 覗く, 話して, 話は, 誤魔化して, 読むの, 貰ったもの, 貰って, 貰つた辨當を, 貰つて大事さうに提げた, 貰ひました, 貰ふ, 踊子が, 蹴倒したり, 身を, 身構えて, 輪切りに, 轟と, 送られる演劇, 送るため, 通ったらきっと, 通ってもよ, 道普請を, 金庫に, 鏨を, 長い襟足, 長崎の, 閑雅に, 階下の, 隠して, 食料代用品さえも, 馬上の, 騒ぐ事, 高く見据えた, 黒

▼ 詰め~ (56, 4.4%)

2 料理の, 牛乳の

1 [52件] いわば末席, グルグル巻, 下士が, 下士に, 不如法, 侍が, 侍の, 兵で, 兵では, 兵は, 兵ほど, 右側に, 奴で, 学者どもが, 小者から, 小者たちを, 尾張人足なぞは, 巡査は, 左側が, 店, 庭が, 廻り路が, 役目が, 思い付きじゃが, 悪党です, 新聞記者だった, 正宗を, 武士だった, 武士らしい, 毛布を, 洋髪であった, 物を, 番士に, 直参だ, 禁欲論味も, 空いたの, 美人って, 肴を, 菓子などは, 蜂蜜が, 行李を, 記者が, 諸士達, 軍は, 近侍たちが, 近江屋勘兵衛方です, 道具買つ, 酒を, 開き戸を, 間などを, 間に, 面々が

▼ 詰め~ (50, 3.9%)

15 して 2 うす暗い陰気, なって, 暗い室, 結つた小さな

1 [27件] あきた登山者, おなりに, かけて, されおまけ, されたよう, されたり, された優し, されて, されては, したの, なった時, なった神尾主膳, なる頃, 上下大島ずくめな, 二階へ, 出て, 召し出されましてな, 暗室が, 書いても, 結ったその, 行った法螺, 詰めた大, 詰め込まれて, 詰め込んだという, 追い詰めると, 追って, 髷の

▼ 詰めながら~ (22, 1.7%)

2 光子は

1 [20件] いった, おそるおそる近寄っ, ここまで, この家, その涙, 妙に, 己の, 思い知ったであろう, 憩って, 文三が, 東洋の, 様々な, 片手で, 独りごちた, 目は, 見まわすと, 言った, 返事を, 道臣は, 首を

▼ 詰め寄せ~ (16, 1.3%)

5 て来た 2 ている, てきた 1 て, ていた, てきびしく, てのお話, て掛け, て来ました, て来る溢れ

▼ 詰めたり~ (14, 1.1%)

4 して 2 した 1 すると, する外, その間に, 何か, 何かに, 弛めたり, 往診に, 急拵えの

▼ 詰め~ (13, 1.0%)

1 [13件] お茶代がわり, して, し窓, 取つて, 右に, 命ぜられた青年記者, 売るの, 持ち寄って, 機会にかの, 膳の, 自慢しなけれ, 開きちろり, 開けようじゃ

▼ 詰めても~ (12, 0.9%)

2 母は 1 なお負け惜しみ, むずかしかろう, よし鳥, ニヤリニヤリと, 全く生地, 大丈夫で, 寝られんで, 時分時に, 無駄と, 竹を

▼ 詰めよる~ (12, 0.9%)

2 を楓 1 と一斉, と城太郎, と大隈, と桂太郎, のであった, ように, を近所, 山伏に対して, 権利も, 群衆と

▼ 詰め~ (9, 0.7%)

1 いた, ほかの, 一間四円五十銭という, 何の, 情味が, 殿様を, 特務機関の, 耳を, 責めると

▼ 詰めきり~ (7, 0.6%)

1 でたまに, で助力, で市川家一門, という始末, になった, の有様, をした

▼ 詰め~ (7, 0.6%)

2 をした 1 がどっと, が年代, が詰まっ, もとり去り, を押し込んだ

▼ 詰め~ (6, 0.5%)

2 えを 1 えの, えも, え場所, くる人

▼ 詰めかえ~ (6, 0.5%)

2 て被害者宅 1 ていた, て来た, ながら河童路地, ながら相手

▼ 詰めては~ (6, 0.5%)

1 エッサエッサと, 商いに, 土に, 灰吹を, 町の, 置いたの

▼ 詰め~ (5, 0.4%)

1 位牌燭臺一つ香爐一つ殘した, 土蔵から, 定めの, 賽銭は, 通り筋は

▼ 詰めたる~ (5, 0.4%)

1 ことなれ, 一室の, 女の, 小船の, 者共が

▼ 詰め~ (5, 0.4%)

1 けれども結果, しテーブル, つた頭を, というん, と云う

▼ 詰め~ (5, 0.4%)

1 されたが, なった, なって, 一緒に, 果物と

▼ 詰めその~ (4, 0.3%)

2 上へ 1 中に, 解答が

▼ 詰めよっ~ (4, 0.3%)

1 ている, て云った, て来る, て行く

▼ 詰め~ (4, 0.3%)

1 というの, にでも打つかった, の研究, を視詰め続けた

▼ 詰め~ (4, 0.3%)

1 が流れ込ん, と同じ, の摺れつ, らしく何時

▼ 詰めであった~ (3, 0.2%)

2 そうで 1 ようであり

▼ 詰めもの~ (3, 0.2%)

1 が新, やそう, をかった

▼ 詰めよせ~ (3, 0.2%)

1 ていた, てきた, てしまいに

▼ 詰めよった~ (3, 0.2%)

1 のは, 久慈の, 時奇人明智小五郎は

▼ 詰めよりながら~ (3, 0.2%)

1 呶鳴つた, 喚きたてた, 言った

▼ 詰め寄せられ~ (3, 0.2%)

1 ている, ても田舎者, て白縮緬組

▼ 詰め寄せる~ (3, 0.2%)

1 のであった, 真っ黒な, 風で

▼ 詰め換え~ (3, 0.2%)

1 て, てあります, て知らん顔

▼ 詰め~ (2, 0.2%)

1 はいって, 除れ

▼ 詰めここ~ (2, 0.2%)

1 で決め, の先手本多出雲守忠朝

▼ 詰め~ (2, 0.2%)

2 したり

▼ 詰めさえ~ (2, 0.2%)

1 したらたいした, すれば

▼ 詰めだった~ (2, 0.2%)

1 ので親衛隊, 坂田が

▼ 詰めちや~ (2, 0.2%)

1 いけませんよ, つたわ

▼ 詰めつつ~ (2, 0.2%)

1 云った, 古井戸

▼ 詰めなどが~ (2, 0.2%)

1 きらびやかに, ここへ

▼ 詰め~ (2, 0.2%)

1 ぢめた, 出来上りました

▼ 詰め~ (2, 0.2%)

1 料理を, 時々は

▼ 詰めより~ (2, 0.2%)

1 ちらりとその, 打ち降ろすこと

▼ 詰め候事~ (2, 0.2%)

2 と相成り

▼ 詰め切り~ (2, 0.2%)

1 で働いた, で濃

▼ 詰め寄つて~ (2, 0.2%)

1 ゐた, 凄い顏

▼ 詰め詰め~ (2, 0.2%)

1 云う由吉, 云った

▼1* [158件]

詰めあっていた, 詰めありたる外めぼしき, 詰めあゝ丁度今年, 詰めいたれば世, 詰めいつでもと出陣, 詰めおやまは口惜い, 詰めおわると出面, 詰めお前だぜ, 詰めお前達夫婦は左団扇, 詰めお巡りさんの案内, 詰めかえた場所も, 詰めかえられて運びだされた, 詰めかえることも, 詰めから聞こえるの, 詰めきつてなに, 詰めきらせておいた, 詰めご定火消しの, 詰めさせたといふもの, 詰めさて例の, 詰めたさうですが不思議, 詰めっきりで鳴物一切, 詰めっちまい甲州へ, 詰めに済ん, 詰めてあつたん, 詰めてからでないと, 詰めてとぼとぼと夢見た, 詰めての束髪薔薇の, 詰めてまで仕送る道理, 詰めてよ都合の, 詰めてをりますが, 詰めであるが周り, 詰めでしむべぢゃ, 詰めですがね, 詰めでなくて何, 詰めではなかった, 詰めでも貰って, 詰めといふ約束で, 詰めとはいいながら, 詰めどうだいマアマアこの, 詰め涎が, 詰めながらもその口元, 詰めなすつてもう, 詰めなすつて下さい, 詰めなどに熱心する, 詰めには小瀬新太郎を, 詰めはては自分も, 詰めさを, 詰めまあ悪漢の, 詰めますると力瘤, 詰めまた幾月かは, 詰めめったに館へも, 詰めつくって, 詰めやうを變, 詰めよせたが, 詰めよられても大した, 詰めよられた四人は, 詰めよれば伴左衞門, 詰めりやアわれながらおそろしい, 詰めカチカチカチカチと鑿, 詰めハッハッと外, 詰めレッテルを貼った, 詰め世話をやく, 詰め両方の家, 詰め並べた道路も, 詰め乍ら神棚の下, 詰め云う由吉の, 詰め五日十日海川池に入りびたれ, 詰め今度こそは五年, 詰め仕事に取りかかっ, 詰めへ, 詰め低いちぎれるよう, 詰め何とかして, 詰めが気がつかぬ, 詰めえの, 詰め充分に食料, 詰めへ寝る, 詰め加減が工合もの, 詰め勘定日の金高, 詰め医師の家族, 詰め医者もし, 詰め十二本の白刃一時, 詰めを開け, 詰めひて, 詰め合せになっ, 詰め合わせたものを, 詰め同心たちが追いかけ, 詰めを貫い, 詰め困ってしまった, 詰め地球癲癇だったの, 詰めには扁額, 詰め夜番は火, 詰め夢枕か何, 詰め夫婦約束の書付, 詰め官兵衛も昨夜以来, 詰め客振舞の酒肴, 詰め宿内一切の相談, 詰め寄せたとても徒労, 詰め寄せたすると真顔, 詰め寄せ筏を組み, 詰め寄つて貴様は帰れ, 詰め將棋を何とか, 詰め山王二十一社を初め, 詰めの底, 詰め廻しとある, 詰め引き詰め矢を飛ばす, 詰め書院番役高三百俵という, 詰め念じ切っておりました, 詰め思いの叶う, 詰めどシガーレット, 詰め悪魔以上の人間, 詰め戦術に引っかかっ, 詰め手練な猛獣使ひといふ事, 詰め押蓋を置い, 詰めくるに, 詰め換えた品を, 詰め換えないままに, 詰め換え用家ダニ十匹筒入十銭, 詰めに自ずと, 詰め敷かれてあっ, 詰め敷布に包ん, 詰めでここ, 詰めへて腕附, 詰め替えをした, 詰め尖に, 詰めものぐるい, 詰め火縄の火, 詰め膝へ, 詰め甲州あたりへ行っ, 詰めをよこぎっ, 詰め白洲木戸には陸尺たち, 詰めを飛ばす, 詰めが巴蜀地方, 詰め突然その隣人, 詰め七の, 詰め置かれたまま早速, 詰め聴耳を立てはじめた, 詰め肥後で肥後, 詰めを着た, 詰めの萌えでた, 詰め西木の娘さん, 詰め詰腹を切らせよう, 詰め谷間を下, 詰めあすりこぎ, 詰め足許の燃えさし, 詰めを乗り出し, 詰め身支度をいたし, 詰め通い透して, 詰め通気管は上部突出部, 詰め進んで行った, 詰め遊ばすお留守, 詰め野尻詰めで殿様, 詰め長椅子の行方, 詰めだけ出し, 詰め食つて行かなければ, 詰め飲酒者は居酒屋, 詰めで蓋, 詰めにつけ土浦, 詰めをかき上げ