青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

窓~ 窮屈~ 竈~ ~立 立~ ~立たない ~立ち 立ち~ ~立ち上った ~立っ
立っ~
~立った 立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て 立て~ ~立てた 立てた~

「立っ~」 27481, 255ppm, 368位

▼ 立っ~ (26414, 96.1%)

2919 いた 1432 いる 1012 いるの 591 いて 506 いました 329 いたが 307 いたの 265 いると 226 行った 178 行って 150 います 148 見て 143 いるよう 130 いること 117 来て 115 いった 110 いるところ 97 来た 87 いって 79 居る 76 いるので 72 きた 70 しまった 66 歩いて 63 待って 58 おりました 57 いるん 53 いたので 52 いるもの 51 いるが 48 いるばかり, 自分の 47 いましたが 45 きて 44 いる人 43 いるでは, 出て, 行く 42 それを 40 いる姿 39 いるという, いる男, 居た 38 見ると 37 何か, 居るの 36 眺めて 35 いても 34 いるから 33 おります 32 いるお 31 みると, 見送って 28 いたと, いる所, いる私 27 いたから, いたり, いるだけ, しまいました 26 いたこと, ゐる, 廊下へ, 行こうと 24 いなければ, いるうち, いるその, いる二人, 居りました, 居ると 23 いたん, いる自分, 手を 22 いないで, いるのに, 見た 21 いますと, いるに, こっちを, 行くと 20 いない, いるか, いる伸子, いる処, 私の, 窓の, 聞いて, 腹が, 行ったが 19 いるわけ, いる女, こちらを, ゆく, 奥へ, 来る, 案内を, 歩き出した, 考えて 18 いたところ, いる者, ゆくと, ゐました, 歩いた, 私は, 行くの 17 いたでは, いる一人, いる間, 四方を, 行きました, 部屋を 16 いる事, いる人々, いる方, いる時, 両手を, 居ります, 来るの, 眼を 15 いる若い, 声を, 彼は, 歩くこと 14 いたって, いては, いれば, おいでに, 居て, 彼の, 彼を, 私を, 見える, 部屋の 13 いた男, いる場所, いる彼, くるの, 外を, 耳を

12 [15件] いたもの, いた女, いた時, いながら, いるし, いる人間, これを, 上を, 二人の, 何を, 奥の, 室の, 物を, 行ったの, 障子を

11 [12件] あたりを, いるこの, いる大きな, いる筈, しまう, ぼんやりと, ゆくの, ゐた, 口を, 来たの, 泣いて, 話を

10 [20件] いたその, いたという, いた一人, いた人, いた私, いないの, いる前, おりその, くる, しまって, そこに, ながめて, 例の, 向うの, 廊下に, 扉を, 着物を, 空を, 窓から, 窓を

9 [21件] いただけ, いなかった, いられなかった, いるきり, いるだけの, いるはず, いる小さな, それに, 下の, 二階へ, 家の, 居たの, 居る男, 庭を, 戸を, 案内した, 歩きながら, 水を, 眺めると, 自分を, 階段を

8 [23件] いたし, いたのに, いたよう, いますよ, いるあの, いるかの, いるすぐ, いるとき, いるなんて, いる家, いる足, いる青年, しまったの, そこから, ならなかった, みたり, みて, 居ました, 廊下を, 玄関へ, 見えた, 言った, 走って

7 [43件] いいました, いたあの, いたお, いたそう, いた二人, いた娘, いた後, いてから, いるらしい, いる位置, いる力, いる大, いる娘, いる少年, きたの, こちらへ, そこの, それが, たまらなかった, みれば, ものを, 下を, 二階の, 仕方が, 叫んだ, 外へ, 大きな声, 女の, 室を, 居りまして, 居る所, 帰って, 庭の, 来ます, 来る前, 歩きだした, 笑って, 自分で, 行ったあと, 進んで, 道を, 雨戸を, 黙って

6 [62件] いた場所, いた所, いた者, いったが, いまして, いません, いようと, いられなくなった, いられるの, いるあたり, いるかと, いるじゃ, いる三人, いる人影, いる写真, いる奴, いる小, いる巡査, いる建物, いる木, いる様子, いる窓, いる黒い, おいで, おりまする, おれ, きました, こっちへ, じぶん, その中, その部屋, だまって, ないで, みた, 中の, 二人を, 人の, 働いて, 内の, 口笛を, 大声に, 居たが, 廊下の, 机の, 来たので, 来ると, 案内し, 案内する, 次の, 次の間へ, 水の, 沖の, 父の, 目を, 眺めた, 礼を, 立派に, 西の, 電車を, 静かに, 頭の, 首を

5 [87件] あちらの, いたか, いた筈, いつまでも, いますから, いますが, いらっしゃるの, いられないほど, いられなくなって, いられます, いるけれど, いるさま, いるだけで, いるだろう, いるよ, いるより, いる一本, いる人たち, いる側, いる山, いる彼女, いる松の木, いる湯, いる警官, いる足もと, いろと, おりましたが, おるの, お祈りを, くると, くれ, ごらん, みたが, やって, ゐて, ゐるの, ドアを, 二階に, 云った, 人を, 今度は, 僕の, 入口の, 台所に, 台所へ, 同じよう, 外の, 客を, 尺八を, 居って, 居りましたが, 居るが, 席を, 帽子を, 庭へ, 彼が, 彼らの, 彼等の, 手に, 挨拶した, 支度を, 敵を, 書斎に, 書斎へ, 村の, 様子を, 海の, 片手を, 立って, 笑った, 行った後, 行った時, 襖を, 見たり, 見る, 見れば, 見渡すと, 見送った, 話して, 身を, 遥かに, 降りて, 隣の, 隣りの, 頭を, 髪を, 鳥を

4 [141件] あたりの, いくと, いたでしょう, いた巡査, いた若い, いちゃ, いないという, いないもの, いましたよ, いますね, いますので, いらして, いられないよう, いるかも, いるそれ, いるつもり, いるとか, いるとは, いる中, いる人物, いる以上, いる傍, いる四人, いる図, いる地点, いる外, いる女中, いる婦人, いる子供, いる小さい, いる少女, いる廊下, いる方角, いる柱, いる様, いる母, いる気, いる白い, いる美しい, いる若林博士, いる連中, いる部屋, いる電信柱, いる電柱, いる電燈, いる高い, おくれ, おられました, おりまして, おる, くれた, くれれば, しきりと, しずかに, しまうの, しみじみと, じっとその, そこを, そっちへ, その下, どうした, どこかへ, まじめな, みんなを, ゆくには, ゆこうと, わたしの, ゐたの, ゐましたが, ゐます, 三人の, 下さい, 両腕, 中を, 云いました, 京都へ, 仕事を, 何かを, 何の, 先生の, 刀を, 呼鈴を, 四辺を, 壁に, 外に, 小屋の, 居りますから, 居ること, 居るよう, 山を, 左の, 座を, 彼女の, 彼女を, 往った, 念仏を, 悠々と, 指図を, 挨拶を, 日本の, 書いて, 月の, 来たもの, 森の, 次の間の, 此方を, 江戸の, 渡って, 演説を, 熱心に, 玄関に, 真黒な, 笑いながら, 答えた, 経を, 縁の, 縁へ, 縁側へ, 腕ぐみを, 舞台の, 船の, 茶の間の, 茶の間へ, 行ったこと, 行ったと, 表の, 見つめて, 見てから, 見守って, 覗いて, 車の, 遠くの, 銃を, 鏡に, 鏡の, 闇の, 障子の, 雪の, 顔を, 飛んで, 馬を

3 [334件] ある, あるいて, いきました, いたあたり, いたせい, いたであろう, いたとき, いたまま, いたもん, いたら病人, いたわけ, いた人たち, いた例, いた刑事, いた姿, いた婆さん, いた彼女, いた時分, いた様子, いた父, いた青年, いた黒い, いつもの, いてさ, いなかったが, いましたので, いよう, いようとは, いらっしゃるじゃ, いられた, いられちゃ, いられないので, いられました, いられる, いるかを, いるくらい, いるこれ, いるそう, いるそういう, いるそこ, いるため, いるだろうか, いるでしょう, いるなど, いるのみ, いるはん, いるひとり, いるひろ子, いるふたり, いるほう, いるほか, いるま, いる一つ, いる下, いる交通巡査, いる人達, いる他, いる仙太郎, いる佃, いる例, いる侍, いる八五郎, いる労働者, いる博士, いる古い, いる古風, いる右手, いる呉一郎, いる四つ, いる地面, いる場合, いる大勢, いる太い, いる妹, いる妻, いる子, いる客, いる岩, いる島, いる崖, いる巨大, いる幸子, いる床, いる往来, いる御, いる感じ, いる最中, いる有様, いる村, いる杭, いる樹, いる武蔵, いる父, いる看守, いる真白, いる眼, いる矢, いる老人, いる脚, いる街灯, いる街燈, いる訳, いる誰, いる近く, いる限り, いる頭, おいでだ, おられるの, おりそこ, おりそれ, おれば, お前の, お粂, お銀様, きいて, きたので, きょうの, ください, こっちの, このレンズ, これは, こんなこと, ござる, しきりにその, しまったあと, しまったが, しまったので, しまってから, じっとこちら, じっと私, そういった, そう云った, そのこと, そのようす, その一つ, その上, その人, その姿, その家, その穴, その話, それらの, そんなこと, たって, たまらない, たまらない様子, たろう, たんです, つかつかと, どこを, ならないの, ふすま, ほかの, ぼくは, また叫びました, みな, みろ, やって来た, やって来ました, やはり同じ, ゆきました, ゆくよう, わたしは, われわれの, ガラスの, サッサと, ジッと, ジョバンニは, ニコニコし, ベルを, 一あし水には, 一人の, 一代の, 一同の, 一同を, 一方の, 一本の, 下へ, 下りて, 之を, 云えば, 云ひました, 仏壇の, 件の, 何が, 傲然と, 僕を, 其処に, 内へ, 内を, 冬の, 冷い, 出ようと, 出口の, 別の, 動いて, 南の, 反対の, 右の, 右手に, 右手を, 同じくこの, 周囲を, 味方の, 呶鳴っ, 唇を, 土間を, 変な, 夕刊を, 大勢の, 大声で, 妙な, 始めて, 婦人の, 室内を, 導いて, 小便を, 少しも, 居ます, 居りますので, 居るか, 居るです, 居るので, 居るもの, 居る処, 居る様子, 山の, 帯を, 帰ろうと, 平次は, 床の間から, 床を, 座敷の, 庭に, 彼に, 彼女は, 往来の, 往来を, 後を, 息を, 戸外を, 手の, 手まねきし, 指を, 文学の, 新聞を, 日の, 書庫に, 書斎の, 木の, 本を, 杖を, 来たから, 来たが, 来ない, 来ようと, 来るとき, 棚の, 椅子の, 歌を, 歩きました, 歩き出しました, 歩く, 歩くので, 歩くよう, 歩けるほどの, 歩けるよう, 母の, 気を, 池の, 沖を, 注意ぶ, 活動する, 海を, 涙を, 煙草を, 玄関の, 珍らし, 番を, 眺める, 私と, 私も, 竿を, 米友が, 給仕を, 網棚から, 縁側に, 縁側を, 考えました, 考えると, 腕を, 腕組みを, 自分も, 自由に, 芸術を, 茫然と, 荷物を, 行きかける, 行きます, 行くよう, 行く姿, 行けると, 行ったお, 行ったか, 行ったり, 行動を, 衣紋を, 見えるの, 見た時, 見張って, 話しながら, 走り出した, 足の, 踊って, 迎えた, 迎えて, 逃げて, 遠くから, 遥に, 部屋へ, 金の, 鈴を, 鉄の, 門を, 震えて, 頭から, 風の, 食を, 食堂へ, 食堂を, 馬に, 馬の, 駈け出した, 鷺の

2 [899件 抜粋] あちこちと, あなたを, ありがとうと, いいの, いそう, いたかという, いただきたいと, いたなどという, いたならば, いたね, いたひとり, いたよ, いたボーイ, いた一本, いた人影, いた兄, いた呂宋兵衛, いた大勢, いた嫂, いた巡査部長, いた床, いた御, いた敵, いた日本, いた横, いた武士, いた番頭, いた竜, いた給仕, いた老人, いた船長, いた警官, いた車掌, いた部下, いっしょに, いったあの, いったの, いった時, いった間, いなさい, いましたし, いますからね, いようという, いら, いらしって, いらっしゃいますが, いらっしゃる場所, いられる数, いるあいだ, いるおとな, いるさえ, いるせい, いるせい子, いるだろうと, いるな, いるね, いるもん, いるよりも, いるらしい姿, いるポスト, いる一軒家, いる丘, いる中村警部, いる五六人, いる低い, いる僕, いる内儀さん, いる分, いる十五, いる叔父, いる君, いる和一郎, いる園, いる基盤, いる大地, いる守衛, いる小林少年, いる小柄, いる屋敷, いる左門, いる幾匹, いる広場, いる広間, いる影, いる後, いる恰好, いる折, いる数人, いる朝子, いる木立, いる枯木, いる案内人, いる桜, いる梅, いる森, いる横, いる櫓, いる次郎, いる此, いる水木, いる無数, いる熱い, いる父親, いる男女, いる番人, いる石, いる竜, いる端, いる米友, いる細君, いる絵, いる群, いる老婆, いる花売, いる蜂谷, いる許宣, いる豹一, いる趣, いる身, いる酒屋, いる金五郎, いる門, いる隙, いる離れ岩, いる顔, いる馬, いる高地, いる鼻, いろいろな, いろいろの, うろうろと, おじいさんの, おじぎを, おった, おられる, おりましたの, おりましょう, おりますが, おり私, おるよう, おれなくなっ, お出で, お尻, お隣り, お高, かがやきその, かれの, かれら, くるもの, ぐるりを, ここへ, こつこつと, このよう, この夢, これへ, ごらんなさい, さっきから, しばらくは, しまうと, しまえば, しょんぼりとして, じっとお, じっと二人, じっと眺め, すぐ前, するすると, ずんずん登っ, そちらに, そのため, その光景, その景色, その様子, その選択, それには, そろそろと, たまらないといった, たまらないので, たまりません, たんだ, ちょいと, どこにも, どこへ, ならなかったの, にこにこし, にやにやし, ぬれました, ねえでお, ばたばたと, ぼくの, ます, みえる, みる, ものの, もらうこと, やる, ゆきます, ゆきまもなく, ゆき燗徳利, ゆくうしろ姿, ゆくとき, ゆく時, ゆっくりと, わが部屋, わざ, わらひました, ゐたので, ゐた馬, ゐるといふ, キョトンと, ションボリと, セエラを, ツカツカと, ネマキを, バスを, ホッと, 一つの, 一人も, 一方を, 一目散に, 一緒に, 上から, 下さいまし, 不意に, 世話を, 両方から, 中へ, 久しぶりに, 二人が, 二階から, 云われて, 京都に, 人々の, 人に, 人通りを, 今夜の, 仏壇を, 仕様が, 仰ぐと, 伸子は, 低声, 何事かを, 便所に, 俺が, 働くだろうと, 元気よく, 先に, 先達を, 八ツ当りが, 再びこの, 写真を, 出た, 出る, 初めて一切, 前の, 力を, 動かなかった, 勝手へ, 北海道へ, 南を, 友の, 叔父の, 口々に, 叫ぶの, 台所の, 各, 合掌し, 向うへ, 呼ぶと, 呼吸を, 唄を, 唇に, 土間へ, 垣根の, 堪らないの, 境内を, 墓地の, 壇に, 夕飯の, 多くの, 夜の, 夜具を, 大股に, 太鼓を, 女は, 好奇心を, 妾を, 子供を, 客の, 家へ, 寝室の, 寺の, 小さい声, 小走りに, 居たお, 居た時, 居ては, 居ましたが, 居りその, 居るのに, 居るん, 居る事, 居る傍, 居る松, 川の, 左手に, 帝の, 帰った, 平次と, 広場の, 床の, 店へ, 廊下伝いに, 影の, 待ちぶせて, 待った, 後の, 御覧なさい, 心の, 念の, 思案し, 急いで, 息も, 感慨無量に, 懐中電灯を, 戸口から, 戸棚から, 戻って, 扉の, 手燭を, 手綱を, 批判を, 押入れを, 指さして, 指揮し, 提灯で, 提灯を, 敬礼を, 新橋の, 日に, 明智の, 春の, 暫く四辺, 書かれた本, 書棚の, 望遠鏡で, 木の葉の, 本堂の, 来たか, 来たり, 来るにつれて, 来るので, 来れば, 東京へ, 板の間を, 板戸を, 格子を, 梢を, 楽屋口から, 歌って, 此の, 武蔵は, 歩きだしたが, 歩き出したの, 歩くの, 歩くん, 歩く動物, 歩けるぐらいの, 歩みながら, 歯が, 歴史を, 殆ん, 殺到し, 民族の, 気の, 水面を, 河原を, 洋服を, 浜の, 涙ながらに, 深く息, 湯沸しを, 演じるの, 火を, 無意識に, 無数の, 煙の, 片足を, 独りで, 生きて, 生活を, 田圃を, 男泣きに, 白に, 百方その間を, 皆と, 監督し, 真正面から, 眺めますと, 眼の, 眼も, 着物の, 神前に, 神棚の, 私が, 私たちの, 私らの, 空が, 窓際へ, 簡単な, 簾を, 納戸へ, 絵看板を, 網を, 縁さきに, 縁側から, 縁側伝いに, 羽織を, 考えこんで, 考え込んで, 耳も, 肝心の, 背を, 胸の, 自分たちの, 自分たちを, 自由の, 船橋の, 色々の, 花を, 芸術の, 草を, 草履を, 蒼い雲, 行かれるよう, 行くこと, 行くもの, 行く者, 行ったかと, 行ったもの, 行ったん, 行った後姿, 行ってから, 行為の, 表へ, 袂から, 裏口へ, 見たって, 見ても, 見や, 見るが, 見るとか, 見わたすと, 見上げると, 見廻して, 見張, 見物する, 見送ってから, 見送る, 視界の, 観燈の, 訊いて, 設けの, 説明した, 誰か, 談し, 謡を, 警戒を, 貰って, 走った, 足を, 躊躇し, 車を, 追いながら, 退けば, 逃げようと, 途方に, 進んだ, 遙に, 遥か遠く, 配所の, 鉈で, 長老に, 門内に, 門内へ, 開いて, 陣屋の, 階下へ, 隣室へ, 隣家の, 霧の, 青年の, 頭が, 顫え, 飛騨の, 馬車の, 駈けだした, 駈出して, 駒井は, 騒ぎや, 鳥打帽を

1 [8950件 抜粋] ああし, あたしの, あとを, あやうく断絶, あるくらしいの, あんな暴言, いきどおりとお, いくわけ, いたあいつ, いたくなる, いただけに, いたほど, いたらば, いたろう, いたハンター, いた一つ, いた二十歳あまり, いた伝令兵, いた写真, いた司令機内, いた城方, いた女事務員, いた小さい, いた山田氏, いた床板, いた怪塔, いた昔, いた松波博士, いた氷室検事, いた燭, いた百姓, いた窓, いた肩, いた見物人, いた近く, いた間, いた頃, いちぶし, いった桜井君, いないため, いなかったなら, いましたけれど, いまだ成仏, いらいらし, いられたよう, いられまい, いるあなた, いるお寺, いるくるまに, いるその間, いるではござりませんか, いるにんじん, いるや, いるわかい, いるキ, いるチマブエ, いるビラ, いるユリ子人形, いる一軒, いる不自然さ, いる二, いる人混, いる何, いる克子, いる兵馬, いる匕首, いる原始林, いる向う, いる四天王, いる地形, いる壮麗, いる天蓋, いる妖艶, いる宗皇帝, いる小屋, いる岩山, いる帆村荘六, いる幾春秋, いる彦兵衛, いる怪星ガン, いる教授, いる旗本屋敷, いる書生, いる朱, いる枯れた木, いる榎, いる正面, いる水, いる清, いる煉瓦, いる現代社会生活, いる痩躯長身, いる県道, いる神殿, いる竹藪, いる縁側, いる肘掛窓, いる自身番, いる若造, いる蔵屋, いる裕佐, いる診察着, いる足場, いる連絡者, いる酔, いる鍋越し, いる隅, いる靴, いる高い高い, いる黒衣覆面, うしろを, うやうやしく埋木, おかしいぞ, おったぞ, おぼろ月に, おられここ, おられると, おりましょうか, おり何, おるという, おれる所, お大事, お椀, お見送り, かえって見, かれが, きたもの, きっと兄, くにゃりとからだを曲げ, くる気持ち, くれます, こういいました, こう珍し, このおとなしい, この地, この決議, この金魚売, こんな所, さかなを, さめざめと, ざわざわと, しきりに土地改革, しっとりした, しばらく空中, しまいまた, しまったから, しまわれる, じっとさら, じっと無名沼, すかして, すすめた, ずたずたに, そうしてその, そして四五間, そのあるもの, その一つ一つ, その入口, その尖端, その様, その百貨店, その花, その襤褸, その隅ッ, それでもだて, たしかめたが, たまらないの, ためして, ちょこちょこ歩い, ついに自他一如, ていねいに, とにかく通る, どうぞや, どれも, なお髪, なだめた, なに彼ばかりが, なんとか決心, ねっしんに, はいますけれども, はなれて, ひとひしぎ, ひょいとのぞく, ふと或, ぶら提灯, ぼんやりとして, まえよりも, まず引揚機具, また欄干, まった, みえた, みよ, むしゃくしゃしてる, もう三回目, もちろん身, もらったの, やっぱり味噌汁, やるが, ゆきそして, ゆき松田, ゆく人, ゆく跫音, よく働いた, られるじゃ, わしを, ゐますと, アカソイラクサ蓬などの, イングランドに, ガクガクし, グルグルまわる, サト子を, ステップを, タマルパイの, トコトコと, ニヤニヤ笑み, バーの, ピリッピリッと, ヘルメット白服の, マリユスが, ヨロヨロと, ワイワイもてはやされる, 一丈あまりも, 一匹の, 一挙に, 一歩ふみ出した, 一行を, 七日の, 三・一五の, 三宅島へ, 三馬を, 下さいました, 不二夫君の, 世界に, 並ぶ中, 丹の, 久方ききなれない, 乾いた髪, 二三人の, 二日目女中達は, 五千石の, 京都で, 人生を, 今井の, 仔細に, 以来立派な, 休むのにつごうがよいようだがそれは, 佐伯有若を, 何です, 何事を, 侍に, 倒されて, 働くと, 元興寺へ, 先達返書が, 全く正当, 公訴の, 其男の, 再び邪魔, 凜, 出なさい, 刄を, 初めて玄徳, 刷れた紙, 剣地増穂, 励んで, 動く芸術, 勢獅子でも, 十三日の, 千古を, 南北朝鮮を, 却って感興, 参ったん, 反対すべき, 叡山の, 召し抱えるなどという, 各藩邸, 同月二十五日には, 向を, 呆れて, 呼吸する, 喇叭を, 器量いっぱいな, 困って, 土間の, 地蔵峠の, 堪らなかったの, 境は, 夕暮れの, 夜闇の, 大きな月, 大平原, 大童な, 天の, 夫を, 奥様の, 如実に, 威張ってるので, 孔子の, 完全に, 実験室を, 家庭生活という, 寝台によ, 導きました, 小千谷まで, 小高い礎, 尽忠の, 居た妻君, 居ましょうか, 居られるところ, 居りませんよう, 居るコーナー, 居る小屋, 居る犬, 居る電車, 山の端を, 岩石人達を, 嵐を, 巨木の, 帯屋小路の, 帰途は, 年数を, 広間へ, 座敷へ, 廊下口を, 引き越した, 強くまばたき, 彼女が, 待ち暮らし, 後光に, 御玄関, 心からの, 思いきり斬っ尖, 思索し, 恐ろしく下手, 悪女人像, 愛すべき又, 懐中時計を, 或日, 戸口へ, 手ばしこく三人, 手洗いにでも, 抓み出そうと, 拘引する, 挙手した, 掌に, 握手でも, 放射型の, 敢て, 敵討の, 斡旋の, 新田先生は, 日曜の, 旺なる, 星空の, 時津に, 暗い急, 暫く心耳, 書いたと, 月々の, 望遠鏡を, 木立ちを, 杉の, 来たらしい四五人, 来た家人, 来た道, 来ましたので, 来るよりも, 杯を, 板を, 栄二の, 案内すれ, 棹を, 楽屋から, 檜扇を, 歌うそれら, 武蔵の, 歩きまわる, 歩くという, 歩けません, 歩もうと, 殺したん, 民衆の, 水戸口の, 江州の, 沸立った, 注に, 洞窟へ, 浜子が, 消火に, 渋茶を, 満場の, 漱石氏に, 濡衣着た, 炭焼きがまの, 無電器, 熱い牛乳, 父親は, 物思わしげに, 独自です, 玉蜀黍の, 球を, 生活の, 甲斐の, 留めようと, 発した感嘆, 白い手, 百人余りの, 盟主の, 相手を, 眺むるこし方の, 眼前の, 知ろう知ろうとして, 研究されね, 礼拝を, 神棚から, 私共を, 空席が, 窓先に, 章三の, 笑うこと, 篤の, 純粋な, 組, 緑鼠色の, 繍鸞を, 群盗乱臣を, 考えても, 聴くん, 背後の, 脱線しない, 臈たけた, 自我の, 舞いを, 船板を, 芝居し, 芽立とうと, 苦しんで, 茶を, 莞爾つい, 蒲団の, 薔薇色に, 蜘蛛男の, 行かれる, 行きますから, 行くが, 行く人, 行く手を, 行けないという, 行ったそんな, 行った当時, 行なわれるの, 表戸, 裏階子に, 見えるけれども, 見たよう, 見まわすと, 見わたすところ, 見渡しますと, 視つめ, 言い合せた如く金吾, 試みを, 語って, 誰やら, 諸君が, 警護し, 貝十郎は, 買ったもの, 赤帽は, 足ずり, 踊りました, 身支度が, 軽く頭, 迎えに, 迷います, 退口, 逆に, 通行人に, 進むより, 過去の, 遠い遠い山巓, 避雷針の, 酷い, 金助は, 鉛筆も, 錆びの, 長い髯, 門番の, 関羽の, 陳べた, 雅男君を, 雷の, 青白い薄い帛, 鞄の, 頻りに説教, 願っても, 飛行長の, 館へ, 騒いでる大勢, 高い色ガラス, 鳥の, 黄色に

▼ 立っても~ (410, 1.5%)

19 居ても 16 いられないよう 9 坐っても 8 いられない気持 7 いられないので, いられないほど, いられなくなった 6 いられなかった, いられなくなって 5 いても 4 いられない, いられないの, いられない心持, いられない思い, いられなくなる, いられぬよう, いられません 3 いられないという, いられない心地, いられない気, いられぬ気持, すわっても, 居られないよう

2 [15件] いられないし, いられない恐怖, いられない様子, いられない焦燥, いられなくなりました, いられぬくらい, よいと, 三日立っ, 同じ事, 好い, 居られない, 居られなかった, 居られぬほどの, 居られぬ気持, 居られませんでした

1 [244件] ああ今頃, あたしの, いい, いいの, いくら嘔吐, いたたまれないで, いないのよ, いられず, いられずそう, いられず大地, いられず柳吉, いられず物凄い, いられず頭, いられないと, いられないほどに, いられないみたい, いられないもどかし, いられないん, いられない代物, いられない位, いられない恐ろしい, いられない悩み, いられない気持ち, いられない焦躁, いられない程, いられない風, いられなかったが, いられなくて, いられなくなったこと, いられなくなったの, いられなくなり, いられなくなりましたの, いられなくなります, いられなくなるよう, いられなくなるん, いられなくなる毎日, いられぬくらいの, いられぬぐらい, いられぬほど, いられぬほどの, いられぬらしく外国, いられぬ不安, いられぬ心持, いられぬ怖, いられぬ程, いられねえ, いられねえから, いられねえん, いられへんよう, いられませんでした, いられん様子, おらぬ坐っても, おられず出獄, おられず彼女, おられず明朝, おられないくらい, おられないの, おられないほど, おられなかった, おられなくなって, おられぬ, おられぬから, おられぬとき, おられぬとは, おられぬほど, おられぬ思い, おれず大地, おれは, お前は, お前を, お帰りなさろう, お母さんが, かけぬ複雑性, かまわない, かまわぬでしょうが, かれには, かれら, けっしてうろたえる, この女, この山上, この悲しみ, これを, すぐには, その, そのつまらない, その事情, その子, ただ恍惚, たまらないほど, たまらないよう, ついに彼, どうしてもいられない, どうする, なんの, へんな, またおたがいに, まだ娘, まだ安土, まだ帰っ, もう少年時代, やめない, よい, ようよう貰う, よかろう, よくなく, よっちゃ, ゐられなくなった, ゴマメの, ナクタンに, パックリ, フィリップさんは, 一つ肩を, 一枚も, 一流の, 一週間や, 万一です, 万葉気分に, 上下四方から, 両家に, 二人として, 二人の, 二十日立っ, 二日立っ, 二月立っ, 二足三足踏み出す, 云いそう, 云わば, 五尺せいぜい, 今云った, 何の, 何も, 僕らが, 光君は, 出して, 出せないほどの, 出て, 出来ないと, 判然しなかった, 別にアガリ, 到底いたたまれた, 千世子は, 千手は, 合いそう, 同じであった, 喰べ, 四方から, 坐ってた時, 坐ても, 型が, 城からは, 埒が, 堪らないよう, 堪らなくなるの, 夕がたなどで, 奥の, 女君は, 宜え, 客観的な, 寝ても, 居られず其便, 居られないで, 居られないという, 居られないほど, 居られない恐ろしい, 居られない様, 居られない苦しい, 居られなかったの, 居られなくなりました, 居られなくッ, 居られなく母, 居られぬの, 居られぬよう, 居られぬ思い, 居られぬ転輾, 居られません, 居られませんから, 居られませんと, 己には, 常に何, 平板な, 平気だった, 庄原へ, 彼の, 彼は, 待っては, 御迷惑, 怒れない相手, 怖気る, 惑いが, 意味ない, 抑えに, 据っても, 散る気遣い, 日本は, 明後日の, 暗黒とか, 最後まで, 月給は, 来ないあきて, 来る, 果して同じ, 果断英邁ともに, 枯れずに, 枯れない花, 構わん, 止めは, 正義は, 歩行い, 母の, 消えない一番, 減ること, 溜らないよう, 特に諸君, 珈琲の, 生腥, 男の, 男児の, 目的を, 知らずに, 秀衡には, 私は, 米友としては, 終らぬぞと, 結局男によって, 耐ま, 耐らなかっ, 職業なし, 肉体が, 腕は, 腹も, 自分だけは, 至極の, 花の, 苦労の, 落ちつかなかった, 落伍の, 行かずまた, 話は, 起き上れないに, 追って, 逃げも, 鎮まらなかった, 間に合わんこと, 際限が

▼ 立ったり~ (284, 1.0%)

44 して 41 坐ったり 12 座ったり 10 すわったり, 居たり 8 しゃがんだり 7 した, 屈んだり 6 いたり 5 腰かけたり 4 歩いたり 3 するの, 腰を, 跼んだり

2 [11件] かけたり, すること, ねころんだり, アイスクリン屋が, 両足で, 掛けたり, 枝へ, 横に, 立ったり, 踞んだり, 青空や

1 [99件] あつまって, あるいたり, いかにも彼, うろうろと, かがんだり, ける, こっちに, こっちへ, この時, この爺様, さかだちを, しが, しきりにお, したからね, したついで, してね, しては, しても, しました, しますと, しゃがんだりしてうとうとしているのであった, しゃがんだりしてとりまいている, しゃべったり, し喜怒, し肩, じいっと部屋, すると, する事, する処, そのへん, それとなく人, または家, また膳, 不愉快に, 他人の, 企んだり, 佐藤兄弟の, 何かの, 俳句を, 倒れたり, 切支丹坂の, 動いたり, 厭世主義に, 古い位牌, 古池へ, 呉服屋の, 喇叭が, 坐ったりばかり, 坐りたり, 奥へ, 寝ころんだり, 左へ, 巧んだり, 席へ, 幸神潟の, 庭の, 形を, 往来へ, 後に, 後悔し, 後脚, 悲しくなっ, 情けなくなっ, 戸口の, 擦り切れたり, 松茸の, 柳生家へ, 業病が, 樹の, 歩いて, 気が, 水をのみに, 汽車の, 消えたり, 煩悶する, 白い角, 着物を, 社長さんが, 竈の, 背後に, 膝なぞに, 臥たり, 舟夫に, 若い紳士, 若しくは享楽主義, 茶を, 蟠ったり, 警察でも, 跪いたり, 跪坐んだり, 跳ねたり, 蹲んだり, 蹲踞だり, 迚も, 部屋の, 間近な, 頑丈に, 顔色が, 麓に

▼ 立っては~ (113, 0.4%)

3 いるが 2 いない, いなかったが, いなかったの, 消え消えては

1 [102件] いけない, いけない折, いけない散った散った, いけねえおい姉さん, いけませんよ, いけません婆, いけません悋気, いずグレゴール, いたが, いたけれど, いつもこう言う, いなかった, いなかったらしい, いぬの, いません, いませんでした, いられず四つんばい, いられないの, いられなかった, いられなくなった, いられぬ, お島, くださらないじゃ, こずに, じっとその, その政策, それこそ, たまるまい, ちょうど自分, とうてい不可能, とても存在, どうかという, ならぬ, もう誰, もの珍しげ, もはや味方, ッきり見分りません, ツイお, 一銭ずつを, 亡き人の, 仏すらも, 公平である, 危険とか, 危険な, 同じこと, 呆ん, 商売は, 困りますよ, 場所がらだけに, 外聞には, 太政大臣家では, 好紳士, 居なかった, 居られない, 山師と, 崩れるの, 崩れ風, 川中島へ, 幾太刀合す, 彼とても, 必ず不純, 悪いから, 成らぬ, 斧に, 早い話, 来たの, 来ません, 歌い坐っては, 歩かれないくらい, 歩かれない位, 歩かれぬ, 歩かれません, 歩けない, 歩けなかった, 歩けぬという, 気の毒だ, 水を, 沖へ, 注ぐこと, 消えて, 田圃の, 着物を, 私情の, 秋山氏から, 美において, 考えられない, 船の, 落ち付いた, 行かないので, 行かなかった, 行かぬ, 行くが, 見たが, 躊躇した, 逃げ足が, 階下へ, 電報で, 頭を, 飛び疲れては, 駈けだして, 髪を, 鬼神も

▼ 立ってから~ (92, 0.3%)

2 だった, であった, 今日で, 伸子は, 彼は, 或る, 私は

1 [78件] お増, こう思った, このよう, すでに半年, そう云いました, その口, そんな自分, だと, ちょうど九年目, ちょうど十一日目, であったが, ふと昨夜, ふと見る, まだ人間, まもなく武, まもなく秋田平八, もう一ト月, もう一月以上, もう三月, もう幾日, やれいい, ようやくかつぎあげ, アラスデルが, カツ, マリイは, 一二里も, 一年ほど, 一年後の, 三代目桜田治助の, 三日ほど, 不思議な, 久しくお, 二日目の, 云う, 五日目に, 伊予紋へ, 僕は, 出ようと, 出来ると, 初めて創案, 前後二度の, 十日以上に, 十日以内に, 去年の, 又彼女, 叔母が, 周平の, 岡田に, 岡田は, 帰って, 打身の, 数週間あとであった, 暫時この, 来た返事, 板戸を, 浅草区に, 浜田は, 源氏の, 犬は, 男が, 目が, 真剣に, 破蓋, 祖父は, 私の, 立ち寄ったきり, 老僧, 自分の, 蔀君に, 起きられそう, 返事を, 返答を, 間も, 間もなく勅使左豊, 間もなく帰っ, 間もなく急, 雛人形の, 電話口へ

▼ 立っての~ (46, 0.2%)

2 ことである, 上の

1 [42件] あのことさら, ことで, ことであっ, ことであろう, ことです, クリティシズムの, テーマの, リアリズムにまで, ーっし, 上洛な, 体育知育徳育の, 個人の, 出迎えです, 分析の, 判断と, 利害関係は, 勝負は, 反動である, 変化でなく, 帰途五年の, 強靭なる, 感想を, 或る, 戦いであった, 抵抗論です, 日ローズの, 柔らかな, 案内ぶりは, 為世に対する, 理論の, 生きかた, 究明から, 答えは, 結合では, 結合を, 美点という, 考えかたとしては, 考えとしては, 芸術価値評価や, 言葉せわしい, 談話な, 論争の

▼ 立っちゃ~ (24, 0.1%)

3 アいけ, アいけません 2 いかん

1 [16件] あうん, いかんっ, いかんよし, いけねえよ, いけませんよ, いないん, いられねえ, いられんから, だめだ, ゆかねえ, アいけない, ア仕様がねえ, 困ります, 悪い, 暗いよ, 独で

▼ 立ってや~ (12, 0.0%)

4 がる 1 あがる, がら, がるなあ, がるん, ぐらを, しない, しないかなどと, アがる

▼ 立っちゃあ~ (7, 0.0%)

1 いけねえ, いない逃げるん, いねえ, 客足が, 済まないからな, 話に, 遣り切れねえから

▼ 立ってからは~ (7, 0.0%)

1 お二人, はるばると, また急, 一段と酒席, 時政の, 毎日一つずつ, 確かに

▼ 立ってさえ~ (7, 0.0%)

4 いれば 1 いられないこと, いる, 極めて落ちつい

▼ 立っていう~ (5, 0.0%)

1 ので, のです, のを, 者が, 言葉で

▼ 立ったって~ (4, 0.0%)

1 こうです, なぜ打たれ, 変りようが, 片づくもの

▼ 立ってからの~ (4, 0.0%)

1 事だった, 事であった, 事である, 半蔵は

▼ 立ってね~ (4, 0.0%)

1 だから私, 今日は, 六日も, 剣を

▼ 立ってのみ~ (4, 0.0%)

1 ならず家庭, 初めて正当, 解決出来る, 語られる

▼ 立ってからも~ (3, 0.0%)

1 ビレラフォンが, マーネチカは, 障子を

▼ 立ってこそ~ (3, 0.0%)

1 いるものの, 共産党と, 初めて法

▼ 立ってでも~ (3, 0.0%)

1 いたかの, いるよう, いるらしい燈

▼ 立ってばかり~ (3, 0.0%)

1 いるが, いるとき, いるので

▼ 立ってたり~ (2, 0.0%)

1 するところ, 兎に

▼ 立ってなんか~ (2, 0.0%)

1 いないん, して

▼ 立ってを~ (2, 0.0%)

1 かしいぞ, や

▼1* [26件]

立ったりは高山君, 立っちょると, 立ってかの杖で, 立ってからでももう三年, 立ってからというものは, 立ってくらい色の, 立ってしか内容を, 立ってだけ紹介された, 立ってだけのことで, 立ってちゃあんと, 立ってとうとうと打ち鳴らす, 立ってとにもかくにも, 立ってなぞいられないの, 立ってなど居る者, 立ってなの花ば, 立ってなんぞいなかったの, 立ってばかりもいられますまい, 立ってまでひねくれた松, 立ってもと云うの, 立ってものごとが, 立ってもを実際に, 立ってわッと, 立っじっと見, 立っッちゃあ, 立っ付きをつけた, 立っ付け袴を穿いた