青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「詩人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~詞 詞~ ~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人
詩人~
詮議~ 詰め~ ~話 話~ ~話し 話し~ ~話した 話した~ ~話す 話す~

「詩人~」 4792, 52ppm, 2246位

▼ 詩人~ (1124, 23.5%)

10 心を 8 ように 7 ことを, やうに 5 おぢさん, 名を, 夢を, 恋, 手に, 芳衛さんが, 詩を, 魂を 4 ような, 一人に, 中に, 何んと, 作を, 姿が, 詩に, 詩の

3 [13件] ためには, トツクと, 中には, 作に, 前に, 好奇心の, 特権を, 目に, 筆に, 素質が, 芳衛さんは, 虚栄心は, 言葉が

2 [89件] うちに, ことなど, ことのみ, たましひ, ために, つとめて, もつ言語, やうな, よい糧, アルタは, ダンチェンコと, トックと, トックの, トツクの, 一生の, 一生は, 一行と, 中で, 中にて, 佐藤惣之, 作品の, 作品は, 冠と, 前途に, 友達二三人と, 名前を, 地上楽園に, 堕落を, 墓も, 墓を, 夢である, 大半が, 好きな, 如きは, 姓名を, 室に, 家も, 家を, 心には, 心の, 心は, 心境を, 恋文を, 情熱を, 感情を, 所属し, 所謂, 技倆とを, 方に, 本当の, 権利の, 為事でも, 犬射, 生涯こそ, 異色文学だの, 目と心とを, 相川さんの, 眼には, 神の, 空想が, 空想だ, 空想を, 筆なけれ, 美神に, 耳に, 耳は, 胸には, 胸は, 自由である, 菱山修三が, 薄倖を, 血が, 言葉に, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 詩や, 詩集を, 認識の, 譽の, 象徴詩に, 遺骨は, 長歌に, 間に, 間には, 隣に, 霊性は, 霊感に, 頭の

1 [803件 抜粋] あつた, いうごとく原語, いたの, うたでは, うちの, うろついて, かおに, かおは, かわいらしい詩集, きびしさ, こういう言葉, ことで, ことは, この時, ごときは, すがた, するよう, その貧乏, それと, それの, たましい, つとめは, つもりで, ところまでは, なかで, なんだかひどく甘ったるい, ひとり, ひとりに, まだ若い, もので, ものな, ものを, やうにも, やること, ようでない, ようにだけ, より観念化, アルタを, アーサー・クラッフが, インスピレイションなど, インスピレーションが, インスピレーションと, クラッフが, シンボルに, トックです, トックには, トックを, トツクです, トツクは, トムさんが, ノアイユ夫人, パウルが, ブセハラスでは, ブラウニング等も, ホイットマンが, ボア, マイダーノフさん退職大尉の, 一と, 一に, 一人であった, 一人である, 一人は, 一人アルフレッド, 一人劉禹錫とともに, 一群であれ, 一群れを, 万人に, 万歳を, 三つの, 上にも, 上を, 不幸な, 不幸は, 不敵な, 世界が, 世界も, 中では, 中にさえも, 中にも, 中へ, 中心として, 主観が, 二つの, 云々し, 亦免れざる, 人気を, 仕事である, 仲間に, 任務を, 伝へようと, 住むべき都, 住む市キン, 住所を, 佐藤さんは, 作だった, 作の, 作りたる小説, 作共の, 作即, 作品で, 作品として, 作品よ, 作品集が, 作多くは, 作既に, 作物を, 作者の, 使命, 使命なり, 俤を, 候補者, 偉大な, 側からの, 傍らに, 傳言に, 像で, 像を, 優しき頬, 先に, 先生が, 光ならず, 全貌が, 内海が, 出るマク, 出現を, 初まり, 前には, 創作をば, 加納さんとは, 加納君が, 勢力日に, 北光を, 午後の, 半身像を, 卑しみ, 協力を, 原本では, 友だちも, 取りとめも, 口吻である, 古手な, 古谷典吉は, 句片だ, 同情である, 同情は, 名が, 名と, 名の, 名ばかり書き並べ, 名前だけでも, 名前などを, 名誉の, 君だけ, 周圍には, 味の, 哀しい意気地, 哲學上所見と, 哲學上所見は, 唇, 唇が, 唯一の, 喝采を, 喧騒, 嗅覚には, 嗜好と, 囈言として, 国, 国吉灰雨上里春生伊波文雄桃原思石歌人の, 垂下つた長い, 堀口大学氏などを, 報知に, 墓に, 墓の, 墳の, 声が, 多くは, 多数が, 多田不二君と, 夢だ, 夢によって, 夢想だ, 大家さんである, 大手拓次君なども, 天分に, 天地山川に対する, 天稟の, 奥床しさ, 女友達, 女房だ, 女郎奴貴様が, 奴に, 好んで歌う, 如き気分屋, 如くに, 如く是等, 如く銀座通の, 妻が, 妻たるを, 姿のみが, 婚約者フェルムを, 媒介なく, 字で, 學び得る所, 宗教觀詩人時代の, 宮島貞丈君は, 家の, 容貌を, 寓居で, 寢言だ, 實感を, 審美感なり, 尊敬せられる, 小唄は, 尤も留意, 崇高な, 巧まない諧調, 市, 常として, 常識に, 幸福こそ, 幻に, 幻想に, 庭より, 弊なり, 弟子たちを, 張子馬も, 影響された, 役割だ, 役目な, 後援によ, 徐ろに, 微妙な, 徹底した, 徹視は, 心が, 心で, 心に, 心を以て, 心境が, 心持に, 心血を, 忌むべき事, 思はずも, 思は夜, 思想感情が, 性として, 怪談を, 恋人だつた, 悪魔主義にも, 悲劇らしく, 情の, 情熱とを, 想像の, 想像を, 想像力と, 意思の, 意気句ごと節ごとに, 愛して, 愛犬トリッフである, 感得を, 感興とは, 感覚である, 感覚は, 慈愛と, 慟哭である, 懐裡に, 戀人, 所有に, 所謂不滅の, 手のみに, 手を, 手植の, 手紙の, 持って, 描く意味, 故意に, 教育を, 数ほど, 敵なり, 文壇的地位は, 文学, 文学者としての, 方が, 方です, 方も, 旦那さまであり, 旨と, 時代に, 書いたもの, 書いた一行, 書物だった, 書物を, 最后, 望みに, 木の, 本多信が, 本意に, 本田種竹という, 本能に従って, 本質を, 本領とは, 本領をも, 材あり, 業や, 楽しむ所, 様子を, 標本であるなら, 欲するやう, 歌った言葉, 歌った通り, 歌ひける, 歌よりも, 歎ばかり, 武器は, 歩むべき, 母や, 母親を, 気持と, 気稟に, 気質, 気質は, 沈痛なる, 注意を, 洒落る川原, 洗礼の, 涙あつき, 深い悩み, 清水橘村氏が, 滝より, 灰雨であった, 為すところ, 為事が, 無声慟哭だ, 煩悩が, 熱悶苦吟に, 父, 特色かと, 特色で, 特質としてを, 特質どころか, 玩弄物と, 理想に, 理想は, 甘い感傷, 生と, 生地に, 生活に, 生活を, 生涯を, 用いるよう, 町野柳華が, 異常心理を, 病気は, 痛ましい姿, 発見した, 白いリボン, 目の, 目は, 目的は, 直覚する, 直覚と, 直観的創作力に, 真似は, 真精神, 眼から, 眼であり, 眼は, 眼より, 知識悉く, 祈祷である, 神と, 神話より, 神話中に, 祭典の, 称号を, 積りで, 空想する, 空想だって, 空想と, 空想のるつぼ, 空想は, 空想よりも, 立原道造が, 笛, 筆と, 粋の, 精神は, 細君, 細君が, 織原亮輔森久雄などの, 羅漢笑ひと, 美しいお, 義務である, 老僕ブライアンと, 考へたこと, 耽讀, 聲を, 職に, 職は, 肖像などを, 肖像を, 胡弓が, 脚下へも, 臨終の, 自由想像の, 自由詩論は, 艱み, 芥中介が, 芭蕉庵の, 芳衛さんに, 芳衛さんも, 芳衛さん絵の, 茶飯事で, 荘厳なる, 萩原朔太郎氏の, 蒲原有明氏は, 藤村女史に, 蛙と共に, 行を, 表現である, 表象と, 製作といふ, 複雜な, 西欧的な, 見方である, 視野においては, 親爺さんの, 観想に, 觀想に, 言い草です, 言である, 言を, 言論の, 計算法の, 記念像は, 許へ, 詩が, 詩で, 詩でも, 詩などは, 詩は, 詩也薄倖文人の, 詩作動機な, 詩文を, 詩的面目の, 詩臭とも, 詩論に, 詩集だ, 詩集な, 話振りを, 語は, 読者で, 諷刺は, 讚辭は, 谷崎潤一郎氏にでも, 貴むところは, 資格たるべき, 賊なり, 起るありて, 趣きを, 足下に, 足音を, 身で, 輩出を, 辞書, 逆説です, 逸話が, 選手として, 遺教, 遺言に対する, 部屋を, 野菜園などといふ, 間では, 陣を, 陣営に, 集りには, 集りの, 霊感にも, 霊眼を以て, 面影が, 面目を, 鞦韆詞に, 領ならず, 頬は, 頸を, 額上なる, 顔でない, 顔を, 風流で, 風流に, 飲料, 首は, 骨, 體驗した, 高みで, 高邁な, 魂であり, 魂である, 魂は, 黄金の

▼ 詩人~ (531, 11.1%)

7 それを 5 目を 4 之を, 彼の, 極力排斥, 詩を 3 だまって, 僕の, 善き笑, 彼自身の, 私の, 詩は

2 [25件] ありきたりの, これを, さう, そこで多く, その間に, それに, てんで実務, どこに, ウイスキーを, 一の, 上天の, 何ものよりも, 作者が, 佝僂で, 哲学を, 唯一人ある, 多く之を, 我を, 月を, 歌う, 物の, 神の, 精神の, 自然の, 顔を

1 [435件] あしたから, あたま, あつて, あとから, あなただ, あなたの, あぶらの, あらじと, ある, いいました, いきなり手, いって, いつまで, いつも時代, いないの, うたふ, おとなしくたち上っ, お愛想ぶり, お招き, かうした魂, かくして一女性, かく歌うであろう, かく歌った, かつて, かつての, きざだ, けっしてそういう, けっして牧師, こ, ことごとく純粋音楽, このまま, この上, この光, この分裂, この夢, この濤, この現実, この調和, これが, これによって, これのみ, こんどは, こんどオンナと, しあわせ者です, しかしこんな, しずかに, しばし瞳, すくなかった, すぐ床, すでにこの, すまない様, せいぜい汎神論, そういう言, そこの, そつと, そのあと, そのま, そのやさしい, そのドイツ語, その事, その他には, その傍, その婦人, その形, その後まもなく, その愈, その所長, その折書肆, その時家庭, その有, その権利, その肉体, その通り, その題, それからずつと, それらを, ただ自己, たちまち祕, たとい散文, ぢつと, つくづくと, つまらなさそう, とどろく胸, どうしてもそういう, どうする, どこまでも, どのよう, どんなに経験, ない, なぜ殺された, なんでみんな, なんとも説明, にやりとも, ひとりその, ひとりねそべっ, ひどく素朴, ひょっとしたらその, ふた, ほほ笑みながら, ぼんやり受けとる, ぽくん, まことに敏感, まことに純一無垢, まして帝, まず第, またいかなる, またと, また同時に, まだその, まだ空, まったく夢中, まったく特異, みなこの, みなそう, むしろ小説家, むっとし, もうすでに此世, もっと詩, ものを, やがてそこ, より因襲, よろこびに, よろしくその, わがかの, ゐない, カエデの, ガーリンが, ギリシャの, ソーと, ソーマを, チベットにおいては, ブロッケン登攀後さらに, ロアイヤル広場で, 一人の, 一国民の, 一寸困った, 一方に, 一鳥啼い, 丁度若い, 不幸な, 不幸なる, 不思議な, 不易流行でなけれ, 世界の, 主人の, 二三章の, 二派に, 云うまでも, 云つたが, 云ふ, 五岳とも, 人間を, 人類の, 人類を, 人類社会の, 今すこし, 今少し, 他人の, 令嬢を, 企まずして, 何とも言えない, 何処の, 何時もかうし, 作家の, 倒れて, 偶然を, 優れた認識, 兄弟の, 先第, 公然と, 共喰い, 其粗末な, 内に, 冷たい風, 切角刻苦しなけれ, 初めて彼女, 初期には, 別に気, 到底敵, 副王, 劇場珈琲店競馬場寄席音楽堂市場と, 努力精進し, 十七で, 単なる因襲, 即好, 去つた, 又元, 叙情詩を, 古今東西幾人も, 叫ぶ, 台風を, 同時に音樂家, 君の, 呻くやう, 哲学的に, 哲學者の, 唯自己, 善き笑い者, 善と, 單に, 嘆かねば, 嘆じた, 嘗て彼, 嘘つきと, 固より, 坊主くさく, 変な, 外にも, 外へ, 外物の, 多くこの, 多く皆自由詩に, 多く鳥獣草木, 多し其性情行径亦, 夢なんか, 夢想家であり, 大きい目, 大きく目, 大抵此人, 大部分, 天を, 女に, 女に対しては, 女好きだ, 女性的で, 好んで, 如何なる時, 始終人に, 子供らしい, 字を, 季節の, 孰れ, 実行力乏しき, 富峰の, 寝ざめ, 寝床に, 専ら創作, 小説家の, 少しも, 少し歩い, 少年の, 居られるか, 居眠り, 居眠りを, 山陽の, 己れ, 巴里の, 常に世界, 常に慷慨悲憤, 常に空想的, 常に自己, 常の, 平気な, 幸福だつた, 幼時から, 引例の, 当時の, 彼が, 彼に, 彼を, 彼等の, 必ずしも名, 必ず一方, 必ず深い, 快樂, 念の, 悩ましげ, 悲鳴に, 愁然として, 感心し, 感覚美を, 慰問使の, 故郷の, 教えて, 文字通りの, 斯の, 斯る, 旅の, 既に, 既に詩人, 日本文明の, 早くから今日, 早速伯爵, 是非共他の, 時間に, 暫時無言で, 書いて, 書物から, 曾て, 最もいた, 最後に, 有為転変の, 朝夕に, 本場のを, 李長吉, 果して生ずべからざる, 柔い, 案外落ち着いた, 森の, 概してそうした, 概して皆, 模實の, 次の, 歌つた, 歌ふ, 歌ふかも, 歌を, 正にその, 此の世の, 此室で, 残忍で, 母が, 民主政府に対しては, 気に入った住居, 気取った題, 気軽に, 水彩畫師なり, 決してさう, 決して牧師, 河畔に, 泣きながら, 深い感動, 深厳, 淺草を, 測るべからざる性, 溜息の, 物語に, 物質の, 猶不, 理想を, 生みの, 生ると, 生れなかったし, 生れる, 田園においてよりも, 田園を, 留置場に, 白いブカブカ, 皆東洋の, 皮肉つてゐるらしく思はれた, 直ぐに, 知つてゐる, 知らざるべからずとは, 知らず斉, 知らぬ, 砂を, 碁打と, 神を, 私かに, 私は, 私を, 私一人の, 私達の, 秋を, 秋冬を, 稀れだ, 積みし落ち葉, 穢い百姓家, 立上った, 立往生で, 笑ひ出した, 答えた, 純粋持続を, 終に冷たい, 終に論ずべからざる, 美濃の, 群盲な, 肉體的にも, 肩を, 脈を, 自作の, 自分の, 自由詩だけが, 自発的でなけれ, 舞台感覚とも, 芭蕉の, 芭蕉西行等の, 芸術上に, 芸術家である, 若いころ自分, 若くて, 苦痛をも, 英雄を, 英雄的な, 荒い言葉, 荒つ, 落ちついて, 蓮塘と, 血で, 表現者としてのみ, 見たところ, 觀相に, 言ふ, 言葉とこ, 言葉の, 言葉を, 訳ぢや, 詩人としての, 詩人に, 詩人同志並べ, 詩論を, 誰から, 謂はば, 謙虚でなけれ, 識らずして, 賢ら人を, 賤しき業に, 超人的の, 路易の, 身に, 遂に手, 運命によ, 運命に対しても, 部屋へ, 銭を, 雪の, 電車の, 青蓮に, 青蓮の, 青銭を, 非常に, 面白い角度, 音楽家を, 音響の, 順番が, 頑物なり, 食へ, 食卓で, 食物を, 餓死し, 馬鹿である, 魔法使ひでも, 鳥がと, 鴎外氏自身の, 齒を

▼ 詩人~ (351, 7.3%)

5 私の 4 住んで 3 いた

2 [17件] つとめて, ゐて, ゐる, 云つてゐる, 出たる故に, 出て, 居た, 庭の, 歌った詩, 無意識に, 短歌の, 空想の, 聞けば, 詩の, 謳つた, 髪を, 黄昏の

1 [305件] あった, あつた, あつて, あらはれる, あらゆるぜいたく, あります, ありますけれども, あり抒情詩, あるか, あるかも, あるでしょう, あるという, あるとき秦州, あるなら精, あるはず, いいそう, いくつかの, いった, いつかローズと, いつまで, いて, いないもの, いなかった, いなかったならば, いにしえの, うまく唄っ, お祝いの, かうして, かう言つて, かの海神, きのふの, きまって毎夜, この両面, この御会式, この種, これに, これ以上の, しばらく空しき, そうであった, そう考えた, そこの, その先人, その場, その存在, その寝室, その時事, その研究, その糸, その蘭, その詩, そばまで, それであっ, そんな夜ふけ, たましい, たまたま書いた, つねにその, できたり, ですね, どういうこと, どう言, どう言う, どんなに詩人, どんな言葉, にっと笑っ, のっそりやって来た, ひょっくりドア, まだ飽きず, みんな歌人か, もつ年, やり返すので, ゆく, よく来, ゐないやう, ゐなかつたといふ, ゐなかつたらこの, ゐるかと, エセックスという, シャートレー座で, ツルリと, ニヤニヤし, ピアノを, プロポーズした, ラシーヌを, リアルな, ヱルハーレンの, 一っ, 一人い, 一人いた, 一人先に, 一人目ばかり, 一体に, 一方で, 一本の, 三四人並ん, 下りて, 世に容れられず, 世界に対する, 両手を, 中耳炎の, 之れ, 之を, 二三人も, 二人の, 二人対話風の, 云って, 五日ばかりで, 五銭で, 人を, 今既に, 今日は, 他の, 代作する, 何か, 來て, 侍立し, 俗嘲, 僕と, 僕に, 入つて, 公開の, 其主観を, 出た, 出たこと, 出たるゆえ, 出で, 初めは, 前庭へ, 十能を, 卓上演説を, 即興の, 古の, 古来この, 台所から, 各々の, 同じ衝動, 向ふから, 和寇を, 喰はれ, 嘗めたやう, 嘘を, 四ヶ月ほど, 四五人と, 因つて以て, 圧屈され, 地獄内に, 外国語学校を, 外来物の, 夙くから, 多いです, 夜半の, 天台山の, 好き, 妹の, 嫌に, 存外の, 季節季節の, 孤立する, 実にトロイ戦争, 実に類例, 寝顔を, 対象を, 小諸の, 居て, 居ようと, 山の, 已に二, 巴里で, 帰つ, 常に建つる, 平凡な, 幸福でも, 庭より, 彼に, 彼自身もっと, 徒らに, 御不在, 心は, 必しも, 恋愛を, 悦ぶは, 愛づるを, 感じて, 憤慨し, 我善坊の, 戯曲を, 所謂日本ルネサンスの, 折々息, 挙げられて, 推敲の, 故意に, 故郷の, 文壇に, 文字によって, 斯の, 新体詩集を, 旅鞄を, 既に危篤, 日本にも, 星の, 春風二十四番と, 時々の, 晩年に, 晩年佛蘭西語で, 書いたもの, 書いたやう, 書き與へた返事, 最後に, 最後には, 最近に, 月への, 月宮殿かと, 朝顔を, 机に, 来た頃, 林に, 果して真に生れたる, 森の, 権力感情に, 次の, 次第に共産主義, 歌いそう, 歌うよう, 歌う緑蔭, 歌ったところ, 歌ふ, 歩み進ん, 死ぬ, 母と, 毎晩それとは, 毎朝の, 活用論者の, 物思ひ, 狭量だ, 現はれた, 現れ, 琵琶行っ, 生まれその, 生まれるか, 生れなければ, 生れると, 生れ文学的流派, 産れる, 産出したる, 病んでるならまず, 病気な, 發見した, 白百合に, 目を, 相手と, 相手に, 碁打と, 確信し, 礼讃し, 空想し, 筍崖と, 答えて, 聡明でも, 聾だ, 臨終を, 自分なんぞからは, 自分の, 自分を, 自分自身にも, 自由詩の, 興味ある, 舞台を, 芸術家が, 若々しい悲哀, 若し數年後, 茱萸を, 見て, 言いそう, 言うと, 言ったよう, 言者で, 訊く, 討究すべき, 訴えようと, 詠じたるごとく大洋, 詠じたるも, 詩に, 詩を, 詩人たる, 詩集の, 誕生した, 貴婦人らに, 赤まんま, 軍事目的の, 辛いばかり, 近代に, 通じて, 遺した連句, 遽かに, 郷土に対して, 酒後に, 酔っ払ったあげく, 長い歳月, 降りて, 集つた, 集まつて, 静かに, 鞦韆を, 音律の, 顔を, 食べて

▼ 詩人~ (231, 4.8%)

17 して 5 なろうと 4 なって, なつた 3 なるの, 向ひ, 連れられて

2 [17件] し旅人, とつて, なつて, なりたいと, なる, なること, なると, なるより, なれると, ポープといふ, 属して, 成りそこ, 打撃を, 於て, 比して, 見るが, 通りすがりに

1 [158件] あいに, あっては, あへる, あらざるなり, あらず, あらずや, あらずんば, ありぬべきを, お時宜, お辭儀, こういう隠微, こう尋ねた, この徹底, この気持, した, した様, しては, しろ小説家, するので, せよこの, ちよつと, であいました, なった, なったから, なったからとて, なったであろう, なったところ, なったね, なったの, なった気取り, なられる素質, なりきれないところ, なりすまして, なりたい, なりたいという, なりたいといふ, なりました, なりましたね, なり一年間, なり切れそう, なり居ると, なり度, なり生れたる貴族, なるため, なるつもり, なる気, なる経路, なれても, なれとも, なろうが, なろうとまでは, ふさわしい熱情, ほんの一行, また田舎, むかひ彼等, よりそひき, よると, オマール・カイヤム, 与ふ, 与へられた一つ, 乗って, 二人が, 于鱗と, 交際の, 伝へ空, 似合はず何時も, 何と, 何の, 依つて, 依つて歌, 候へ, 倣って, 傾倒した, 先立つて, 免許を, 共通する, 勝るよう, 勧めし事, 取っても, 取つて, 告ぐ, 哲学する, 因りて, 寄せんとて, 對し, 對する, 就いて, 就て, 属する, 属するもの, 年なし, 形り, 復活し, 徹頭徹尾フランス, 必要な, 怪我でも, 惚れて, 憂は, 成つたん, 成り得たと, 払ふ, 把握され, 拾はれ, 捧げる事, 掴まれて, 擲げ付け自ら恥づる, 教へ, 教へを, 斯んな, 於ては, 是非とも, 曰ひける, 月が, 期待しよう, 気づかれぬやう, 注文が, 熱情あれ, 現はる, 生れたもの, 用いられて, 由つて, 異ならむ, 白楽天といふ, 祭りあげたアメリカ人, 笑いながら, 終つたかも, 至りては, 至り始めて, 與へ, 與へた言葉である, 興味を, 艶分無しと, 見せた, 見るよう, 訴へ, 詩を, 話した奴, 語らせそして, 講演を, 賦与される, 較べて, 迎えられて, 近いの, 近いほど, 近づいて, 近づきて, 近づくこと, 追, 逆上が, 逢つた, 過ぎ詩人, 郷土の, 限つて許される, 限ること, 限るに, 食べさせようとして, 食を, 食事を

▼ 詩人~ (185, 3.9%)

3 並んで, 小説家との

2 [16件] いえども, なって, なりて, なりぬ, なるや, 云う奴, 同じよう, 呼ぶの, 哲学者と, 握手する, 日本一の, 竝んで, 芸術家, 芸術家とは, 街路掃除夫は, 音楽家と

1 [147件] あがめられて, あたらしい派, いう, いうばかり, いうべきであろう, いって, いっても, いわれた合唱舞踊歌, いわれて, かかる思想, さへ, して, するの, する一群, すれば, そのマダム, ぞいひける, たふと, なした五人, なし醫師, なすべきのみ, なったつもり, なったの, なったロングフェロウ, なつた, ならん, ならんと, ならんとは, なりぬべし, なり又, なり得ずさらば, なり情事, なり既往, なり汝, なること, なるであらう, なるという, なるなかれ, なるのみ, なるべき彼, なれば, なれるもの, なれるを, ほかの, まあいっ, より多く, よんだ, カンガルウの, ミユウズ, ルバシカ, 一緒に, 一般人と, 並びて, 予言者とは, 争い格闘, 争ひ, 二人よく, 云う名誉, 云えば, 云つた態度が, 云はれた, 云ふ, 云ふこ, 云ふも, 云われて, 令嬢との, 作曲家と, 倶に, 其帰着する, 冢穴の, 劇内の, 劇部との, 古本屋さんの, 同じ姿, 同じ望, 同じ表現法, 同棲し, 同郷の, 名が, 名の, 名のっ, 向い合うよう, 呼ばれしウオーキン・ミラー, 呼ばれる事, 呼び驚かぬ者, 呼んで, 婦人と, 小説家とを, 少しも, 彼が, 彼の, 思っても, 恋に, 愚人とに, 懇意な, 成つた, 成長するであろう, 推される人物, 握手し, 断定し, 明らかに, 梅干老爺, 沒却理想なる, 爲すの, 爲り, 特攻くずれ, 田舎の, 申すべく感覚, 画伯を, 画客なる, 画家と, 画家とが, 画家の, 異る, 百姓婆さん, 称したところ, 稱す, 結婚する, 絵かきの, 美くしい, 聞いて, 自然科学者が, 自称し, 自称する, 自稱, 葉子との, 表現の, 言うべきである, 言うべきもの, 言う語, 言えば, 言つてを, 言ふ, 言われた天才ショパン, 評され浅薄, 評する, 詩を, 話すの, 謳われるに, 賢人, 農夫, 近附, 間違えられたの, 閲歴の, 雖も, 音楽家とを, 音樂の

▼ 詩人~ (166, 3.5%)

6 して 3 見るの

2 [14件] もって, 伊太利に, 動さむ, 悦ばす事, 目し, 見た, 解したわけ, 解すには, 解する, 解するため, 解するだけ, 解す方法, 邀へて, 駆逐した

1 [129件] あしざまに, あの草庵, いきなり突き飛ばした, うながして, しりかく我, すき絵風, そういうめ, そこへ, そのとき, どっさり持っ, なつかしく思う, のぞきこむと, また源氏, もてなして, よろこばせるに, よんで, ケイベツし, ケイベツしてやろう, 今の, 会議の, 伴はん, 伴ひ, 伴れ, 作り出す力, 凌駕する, 刺戟する, 加へ, 化して, 卓の, 友に, 召しかかえたよう, 名乗るくせ, 呼起すべき, 喜ばせる類, 嘲辱, 囘顧する, 夢中で, 大詩人, 失ひし也, 好いて, 好みマレンゴー, 学ぶべしなど, 学んで, 學びわれ, 完成さす, 完成する, 尊敬し, 尊重する, 幸福だ, 廃業した, 弁護し, 引用し, 彼等は, 怒らせてまで, 思い出しました, 思う, 恐わ, 想像した, 意味する, 愛すこと, 愛する人々, 慰めて, 慰めるため, 拘禁せし, 持った山, 持つて, 攻撃しよう, 敬へ, 数へ, 是非目つけなけれ, 普通人以上もしくは, 普通人以上若く, 有する英吉利, 歡迎する, 気どる老嬢, 気取るとも, 求むるに, 求めざるなり, 渾身から, 演じたメイエルホリド, 熱愛し, 理解しなかった, 甘やかす位, 生ぜし乎, 産むこと, 留めんや, 目標に, 相手に, 眼覺めさせた, 着くべきところ, 睥睨し, 知って, 知らないとは, 紹介する, 羨望し, 聘して, 職業に, 自分は, 自称する, 良人に, 葬り去つて後, 蕪村時代の, 表象する, 襲つた恐ろしい, 要したの, 見たこと, 見て, 見る能, 見守ること, 觀んは, 記念する, 訪ふ, 訪れしこと, 訳し, 評価する, 読むこと, 論ずる一文, 責むるにも, 贔屓に, 起す乎, 超越し得ない, 軽蔑し, 迎へ, 退けたるが, 遇し, 金の, 題に, 驚かすが, 點出し

▼ 詩人たち~ (136, 2.8%)

4 の努力 32 がある, の作物, の影響, の散文, の生涯, の訳詩集, は或は, を見る

1 [113件] がいま活動, がここ, がダダ, がレタ河, が何故, が列席, が古来, が喫ん, が多, が客観主義者, が常套的, が心, が戦争, が散文, が月, が来合せ, が美, が計画出版, その官能, であったならこれから, である, であろう, でさえも自在性, です, と殆, と知つたの, と近づき, には小説, には時には, には時間, には望みたい, にも或は, にも遜らない, にやつ, によって, によって生れた, に対して期待, に親しむ, に訊いたらしかった, のところ, の中, の仕事, の作, の作品, の共通, の名, の問題, の多, の多かっ, の多く, の夢, の大いなる, の恩, の戯曲, の推称, の標語, の生活, の秀抜, の科学性, の組織, の肖像, の詩集, の間, はあまり, はあまりに, はいつも, はいづれ, はその, はそれ, はそんな, はたいてい, はとかく, はみんな, は事物, は人生, は今日, は余人, は大抵, は天国, は寝, は彼等, は数, は昔, は有田ドラック, は有田ドラツグ, は流れ出た, は独りニイチェ, は現世, は皆, は社会, は私, は種々, は純粋, は素朴さ, は自分たち, は自身, は詩, は詩人たち, は酒場, は重たい, へのかくされた, への深い, も同じく, も感じ, も老い, よ, より生彩, をいつも, をよく, を何, を推称, を数, を目だつ

▼ 詩人~ (91, 1.9%)

24 あつた 2 なくして, 支那学者の, 痴川の

1 [61件] あつて, あつて音樂家, あなたたちの, いらせられる, かつ藤原氏, かれと, この上, こんどは, すら決して唯, すら自殺, そこの, そして英文学者, そのゆめ, その代表句, でも, ねエペンネーム, むしろ本当, より少く, コーカサスや, ピアニストで, ベズィメンスキーという, モリス・メーテルリンクといふ, ロマン派の, 今までは, 他の, 児玉花外画家で, 前者と共に, 劇作家で, 同時に自然学者, 名高いバークレー, 塾の, 多少でも, 夢想家で, 大政治家, 宜しい環境, 小説家が, 小説家で, 崇高なる, 庸三を, 批評家の, 政治家でも, 既に報知新聞社会部記者, 日頃は, 有ること, 有名な, 未来派出身らしい, 村上珍休氏等とも, 沈, 漢詩の, 無いの, 熱心に, 甚だしく甘い印象派, 生活の, 男は, 絶句に, 而も, 自分からも, 自分には, 芸術家でも, 評論家である, 鳴らした紅蘭女史

▼ 詩人~ (79, 1.6%)

4 亦た 2 あった, ある, コペルニクスの, 心臓以外に

1 [67件] あつた, ありき画, ありました, あるいは私, あるでは, あるよう, ある事, かこち顏, このごろ頭の, この気質的, この短髪, しゃがむ, その時, ときどきその, ない訣, また, もう父親, よき科學者, インドの, 上等の, 亦汝, 今日は, 何かの, 先生も, 出たので, 勇士も, 双方を, 叙事詩的の, 唯一の, 固より, 學者も, 実は浮世知らず, 尾道では, 形式主義の, 彼が, 御多分に, 悩んだもの, 愚を, 持つて, 数学者も, 時としてフランス語, 曰ひ得ない, 未だ説き及ぼさ, 未だ説き及ぼさざる, 未来を, 来た, 楽人も, 樂人も, 此では, 殺風景だ, 決して芸術至上主義者, 爾の, 生れながらに, 画家も, 私は, 立ちあがった, 続け哲学者, 脚気を, 自己の, 自由主義の, 若い頃, 見せたこと, 計算する, 象徴派系の, 退治し, 酔って, 高蹈派系

▼ 詩人として~ (74, 1.5%)

3 出発した, 名を, 知られて 2 つくした功績, 令名が, 私は

1 [59件] かしこに, これに, これほど, これらの, どうして不可, また小説家, よりほか, わずかに, オマール・カイヤムと, 一層よく知られ, 一流で, 不朽の, 不純である, 与謝蕪村は, 世に, 以外に, 何人にも, 余り平凡, 劇場に, 北原ミユキは, 北山雅子一田アキ後藤郁子東園満智子作家として, 却って幸福, 名高きホイットマン, 天性の, 宮廷の, 尊敬されるだろう, 巴里へ, 当代第, 或は劇団, 文学者として, 日本に, 最も幸福, 最も有名, 有名だ, 有名なる, 歸りゆき, 永瀬清子等の, 深く憐れむ, 特異の, 理解する, 生きて, 生きねば, 生れたり, 生れたる幾多, 生れた事, 知られた男, 確立させた, 示して, 私達の, 立つ上, 第一, 紹介され, 聞えた清朝, 聞えて, 胸奥の, 自己の, 著れ, 起ちしや, 開花し

▼ 詩人~ (73, 1.5%)

3 からだ, といふ, ね 2 という, という事, と思っ, と思つて, と聞い, な, よ, わ

1 [48件] から, からこそそう, からこの, からその, からとも云, からなあ, からネオレ, から万斛, から僕, から全, から又, か死人, が, がその, がたしか, けど知らねえ, し或, そうだ, つたと, つたとしても, つたのである, つたフランソア・ヴイヨンに, つた室生犀星の, つて眠く, ということ, という証明, といふやう, といわれた, とか一面, とか天才, とはい, とは認め, とわかった, と思う, と思ふ, と私, と称し, と考えられ, と言, と言ったら, なと思っ, のと, のといふ, のを, 二十歳の, 偉い変り振り, 彼の, 詩人の

▼ 詩人である~ (65, 1.4%)

8 ことを 3 ということ 2 がため, という, ところの, とすれ, 彼は

1 [44件] か, から, からいろいろ, からだ, か無い, か解らない, がルナアル, が寧ろ, が然し, が道家, ことに, このホワイト君, というの, といわれ, とこう, とは云った, とは思はれなかつた, とも言, とも言われ, と主張, と共に更に, と同時に, と思っ, と思つて, と私, と言われる, にし, のに, のは, のも, ばかりで, ばかりでなく, よりもより, よりも実社会, イリフが, 主人公は, 人と, 前に, 加藤さんが, 場合は, 壺井繁治さんが, 杜牧が, 私この, 自分が

▼ 詩人としての~ (62, 1.3%)

3 僕の 2 ぼくの, 天稟である, 自覚を

1 [53件] すぐれたリズム, ぼくは, チャペックの, ペンネームです, ユゴーの, 代作事務と, 先生の, 勝手な讀み, 卓越点を, 名は, 名声を, 大選手近松門左衛門, 天才的光芒を, 姓名から, 存在が, 孤独のせゐである, 小熊秀雄氏が, 巨人的歩みにも, 彼が, 彼の, 性格の, 惱み, 感情も, 成果を, 我々の, 我名は, 才分を, 才能から, 才能が, 才能の, 技倆をば, 技倆必ず, 技倆近松が, 抒情詩を, 放埒な, 本領の, 杜子美は, 権威を, 生きる道, 生涯は, 私の, 私は, 竹内さんの, 素質をも, 絵である, 自分の, 自覚が, 薄田氏の, 薄田泣菫氏, 薄田泣菫氏を, 要素が, 資格を, 鍛錬から

▼ 詩人~ (58, 1.2%)

2 学者は, 文学者に, 文学者の, 文学者は, 詩の

1 [48件] お孃さん, またそいつら, また文学, りっぱな, ロシアの, 住めるうつくしき, 何かでは, 何かを, 作家たちの, 作家たちを, 俳人は, 古人の, 哲学者が, 哲学者を, 墨客からも, 学者の, 小説家が, 小説家で, 小説家では, 小説家と, 小説家によ, 小説家の, 小野小町清少納言和泉式部などの, 批評家としての, 文人などよりも, 文士で, 文学者や, 文学者を, 明治の, 木の葉詩論が, 歌人という, 無名の, 画家が, 画家と, 画家の, 絵描きや, 美術家が, 美術家と, 美術家の, 舍れる, 花鳥の, 芸術家が, 芸術家には, 芸術家の, 落第生みたいな, 革命家は, 音楽家の, 音楽家や

▼ 詩人~ (58, 1.2%)

2 に似

1 [56件] がジェーリオネ, が彼等, が月, が野薔薇, が階, さらに前進, さらに第, そのひとり, た, と方向, に己, に美味しい, のこ, の如き, の存在, の心, の歩いた, の歩み, の歩み來, の歩む, の目, の眞, の立てる, の集まる, はこの, はこれ, はひとり, はまた, はリズム, は今, は何, は典型的, は屡, は強いて, は必, は昔, は概して, は皆, は自ら口語詩, まづカイーナ, もこの, も此語, も決して, やがて山, やがて第, をジュデッカ, を惜しみ, を累, を紹介, 悉くその, 特にオウィディウス, 第七, 第二圈, 第五圈, 第六, 第六圈

▼ 詩人~ (38, 0.8%)

4 なるもの 2 な資質

1 [32件] だと, でありすぎること, であるか, でない作家, でよろしい, ともいえる, なるロマンチック, なスケール, なテムペラメント, なテンペラメント, な人物, な作家, な好奇心, な幻想, な徹視力, な性格, な情熱家, な想像力, な感慨, な文学者, な激情, な熱情, な純潔, にくらす, にロマンチック, に描き出され得る, に興奮, の人物, の心, の製作物, の識認, また哲学者的

▼ 詩人では~ (33, 0.7%)

8 ない 2 あるが, ないという, ないの, なかった

1 [17件] あつた, ありませんと, あるまいか, ないん, なかつたの, なかつたやう, なかなかその, なくおびただしく, なくなるであろう, エセーニンウヤートキンベズィメンスキー等が, 五山星巌枕山湖山画家では, 千家元麿氏の, 南禅寺の, 壺井繁治, 当時の, 李商隠, 白樺派の

▼ 詩人には~ (33, 0.7%)

2 従来の

1 [31件] ああいう, あらず彼, あらず神, いたく氣, きこえませんでしたけれ共, この凡庸, その詩集, それが, なれないて, なれないの, なれる, ふさは, アルトマレベテュダビツッティカバックシオリダルバフォルゴレゴ, ハナも, 一句なく, 不思議に, 伊藤聴秋瓜生梅村関根癡堂が, 似合は, 分るはず, 大窪天民菊池五山石野雲嶺が, 失礼である, 必らず, 惑心しない, 明かに, 果して眞, 真の, 許さるべき, 遠いもの, 金の, 金のね, 随分早くから売出

▼ 詩人~ (30, 0.6%)

2 の書物

1 [28件] が, がある, がほとんど, が一陽来復, が他, が息, が青春期, ことにゲーテ, とほとんど, と同じく, などからも養われ, にだけは世界, についてはなんら, によつて死守, に及ぼした, の句, の宣言, の心, の槌, はあなた, はリズム, は怒気, は思う, は逆, は驚天動地, を, をあまりに, を熱愛

▼ 詩人~ (29, 0.6%)

1 [29件] が, が彼女, が明治, が牛, が組織, が職場, が西洋, とは別, と百句, にそれぞれ階級的所属, に対する言葉, に騒がれる, のため, の性格, の手垢, の朝飯, の本, の評, の詩型, の運命, の間, の集り, はイギリス, はシューベルト, は彼女, は早く, は殆, も居た, よりも自分等

▼ 詩人であり~ (25, 0.5%)

1 [25件] かの, この戯曲, しかも家賃, といふ風, ながら一方, ペルシアだけ, 一人の, 且つ最も善き, 人生通であり, 他は, 孔明は, 客観主義的態度の, 弟子は, 思想家であった, 文法学者であった, 旅人であるであろう, 歌人であり, 歌人である, 殊に象徴的傾向, 浪漫主義者たるべく, 生活の, 神経質な, 統一された, 蕪村は, 詩人を

▼ 詩人とは~ (25, 0.5%)

2 何ぞ, 自己を

1 [21件] いえないとある, いかなるもの, ことわりの, その表現, どのよう, ならない, イデアリストで, 万物に, 云ふなり, 人間以上の, 何ぞや, 何だろう, 全くの, 此説話を, 母子以上の, 生活者と, 直感とともに, 絶交します, 自分の, 見るもの, 詩的精神を

▼ 詩人らしい~ (25, 0.5%)

1 [25件] いい気な自惚れ, という, ところの, 人が, 例証を, 口調で, 品よ, 弾力で, 心持が, 楽しい返事, 正直さと, 気象アメリカの, 気質の, 無邪気さから, 無頓着な, 生活を, 眼を, 着想によって, 純粋な, 結論を, 自負の, 親切な, 詩人が, 運命の, 鋭い感覚

▼ 詩人たる~ (24, 0.5%)

2 芭蕉の, 資格は

1 [20件] ことが, ことを, に差支, は何故, べかりき, を信ぜん, を得べく, バルン氏を, 人に, 今日の, 以上に, 以外に, 動機と, 彼が, 所因である, 技倆シエクスピイヤが, 温雅な, 琵琶法師を, 自分としても, 著者は

▼ 詩人という~ (24, 0.5%)

7 ものは 2 のは, ものの, ものを

1 [11件] ものじゃ, ような, 事に, 呼声に, 地位に, 天職が, 字には, 役を, 特殊なる, 系列とは, 面々です

▼ 詩人でも~ (20, 0.4%)

2 ない, ないぢ

1 [16件] あった, あったろうが, あり空想家, ある, ないなべて, ない私, なかった, なかつた普通一般, なく美術家, なければ, モスク, 幸ひ, 思い付かないくらいに, 文士でも, 生れて, 評論家で

▼ 詩人にも~ (20, 0.4%)

1 [20件] この二方面, なって, なりさ, なるでしょう, なれて, なれなかった, アナクレオンの, 共通し, 劣らぬよう, 好い首, 居りませんね, 文人にも, 旧い道, 歌よみにも, 益なし, 科学者にも, 繪かきにも, 美術家にも, 良き材料, 訳しえまいが

▼ 詩人~ (19, 0.4%)

4 んだ 3 んです 2 のだ, のであつ, のです 1 の, ので, のでありまし, のであろう, ので二人一役, のね

▼ 詩人~ (18, 0.4%)

5 君を 3 汝の 1 すべからく当, だ, 卿曹は, 君が, 君は, 懋めよやと, 我を, 爾ぢ, 詩人たらん, 願はくは

▼ 詩人でない~ (14, 0.3%)

2 ということ

1 [12件] から奇妙, ことに, と云, ものは, ように, 人々は, 人すら, 君なんて, 私は, 芸術家でない, 藤吉郎も, 駒井は

▼ 詩人から~ (12, 0.3%)

2 手紙を, 離れて 1 原始時代と, 取りかへ, 小説家に, 想像的生活を, 文壇の, 暗示された, 歌われて, 路易に

▼ 詩人であった~ (12, 0.3%)

2 ということ 1 からであろう, ことは, というわけ, ような, マヤコフスキーが, ミレーの, 人々が, 人生の, 時には, 時よりも

▼ 詩人哲学者~ (12, 0.3%)

1 [12件] が世界的, と呼ばれ, の為す, の言ふところ, の高上, は到底, は存在, は悉く, は無論, もある, をも眩惑, を以て単に

▼ 詩人でなく~ (11, 0.2%)

2 てはならぬ, ても魂 1 てはたと, ともこれ, 実にヘーゲル, 客観的即物主義の, 寧ろゲーテ, 美術家でない, 詩人にとっての

▼ 詩人たり~ (10, 0.2%)

1 とは面白い, 哲人たるを, 学者たる者優に, 實業家たり, 得なかつたこと, 得べからずとの, 得るの, 得るもの, 思想家たる, 美術家たる

▼ 詩人です~ (10, 0.2%)

21 いや無, がさ, が死んだ, しマックスウェル・アンダーソン, ぜ, それを, って, よ

▼ 詩人といふ~ (10, 0.2%)

3 ものは 1 ことあきらかに, ことが, ものを, 特殊なる, 称を, 稱を, 職業は

▼ 詩人なり~ (9, 0.2%)

1 しかしてダンテ, と, と云, 何よりも, 幼ふし, 怪しき詩論家, 然して其吟詠, 而し, 舞臺に

▼ 詩人なる~ (8, 0.2%)

2 にあらず 1 か知らず, が故に, 怪物の, 汚名を, 詩人, 露伴が

▼ 詩人にとって~ (8, 0.2%)

1 何でも, 常に悲しき, 文章語そのものが, 生命そのものと, 真面目に, 苦しいもの, 苦しきこと, 詩は

▼ 詩人よりも~ (8, 0.2%)

2 何か 1 ギヨオテが, 劣って, 十巻続きの, 数等近代人たるに, 遙かに, 遥かに

▼ 詩人巡査~ (8, 0.2%)

1 と云われ, にし, の書いた, の証明書, は云った, は受話器, は電話, を訪ね

▼ 詩人~ (8, 0.2%)

1 から亡朝, ではなかつたらしい, で私, とでもいう, の人, の寒山拾得, の彼, の方

▼ 詩人~ (8, 0.2%)

1 で芝居的, な哲学者, な想像, のところ, の性行, の情熱, の空想, の芸術家マリイバシユカアトセフ

▼ 詩人じゃ~ (7, 0.1%)

2 ない, ないか 1 どうせまとも, ないわね, ないん

▼ 詩人にて~ (7, 0.1%)

1 ありけるが, おはし候桂月様, ダンテ以前第, 即興詩もて, 喜劇の, 終りたらん, 驕れるイーリオン

▼ 詩人をも~ (7, 0.1%)

2 愛して 1 之に, 彼には, 理解せず, 眠らせいかなる, 見たこと

▼ 詩人あり~ (6, 0.1%)

2 愛国者 1 て舞臺, よく足, 主観的詩人あり, 千里の

▼ 詩人さん~ (6, 0.1%)

2 はその 1 が散歩, なんていふ, はつい, はポケット

▼ 詩人であっ~ (6, 0.1%)

1 て, ても, ても芸術家, て同時に, て彼, て詩学

▼ 詩人としては~ (6, 0.1%)

1 どうか知りません, ロマンティック運動の, 乾隆四家の, 古今を通じて, 殆ど無能, 第一流

▼ 詩人にと~ (6, 0.1%)

3 つては 2 つて辛い 1 つて或は

▼ 詩人によって~ (6, 0.1%)

1 それぞれまた, また真理, 啓示せられる, 愛されるの, 新しく発見, 養われ造り上げられて

▼ 詩人だけ~ (5, 0.1%)

2 あって 1 ですね, では, で霽波

▼ 詩人だった~ (5, 0.1%)

1 しそれ, としても僕, ひとは, んだ, 時は

▼ 詩人とか~ (5, 0.1%)

2 歌人とか 1 とにかく一人, 哲学者とかいう, 琵琶法師という

▼ 詩人としても~ (5, 0.1%)

2 疲れて 1 ぼくの, ランボウの, 心の

▼ 詩人とも~ (5, 0.1%)

1 なれば, 哲学者とも, 画家とも, 言ふべき, 言われる

▼ 詩人ども~ (5, 0.1%)

1 に僕, のぎょうさん, は私, を, を連れ出せ

▼ 詩人などが~ (5, 0.1%)

1 いる面白い, よく言う, 世の中から, 作つた恋歌を, 歌いあげて

▼ 詩人なら~ (5, 0.1%)

2 ざるも 1 うう俗物, では敍, ましかば

▼ 詩人なんて~ (5, 0.1%)

2 のも, ものは 1 連中は

▼ 詩人によ~ (5, 0.1%)

1 つてうたは, つて普通に, つて生き生き, つて発見される, つて音頭が

▼ 詩人への~ (5, 0.1%)

1 哀悼の, 手紙, 故しれぬ, 親しさ, 讃美と

▼ 詩人バイロン~ (5, 0.1%)

1 が, が華やか, さえリヴィングストン, と隣り, に風

▼ 詩人~ (5, 0.1%)

1 にても少数, に加, の一人, の第一人者, の詩人

▼ 詩人夫妻~ (5, 0.1%)

1 が小型, の伴, の佗び住居, の日常生活, の私行

▼ 詩人小説家~ (5, 0.1%)

1 といふ言葉, の名前, より上, らしい, 必ずしも名

▼ 詩人画家~ (5, 0.1%)

1 が起した, であったウィリアム, のブレーク, の一団, の招待

▼ 詩人的素質~ (5, 0.1%)

1 です, なの, の少年, を備えた, を多分

▼ 詩人だけに~ (4, 0.1%)

1 もっとも想像力, 恐らく処女作, 時折その, 清い歓喜

▼ 詩人だの~ (4, 0.1%)

1 たくさんの, ッて, 例の, 大音楽家

▼ 詩人とを~ (4, 0.1%)

1 兼ねた社会, 別ちたる, 恕すわたし, 照らして

▼ 詩人なりと~ (4, 0.1%)

1 せしは, 思ひぬ, 耳語く, 許す心

▼ 詩人にな~ (4, 0.1%)

2 つてゐた 1 つた後までも, つて行つた

▼ 詩人に対する~ (4, 0.1%)

1 好悪の, 批評家迷信者に対する, 理由なき, 規定な

▼ 詩人のみが~ (4, 0.1%)

1 よくなし得る, 善く為し得る, 知る, 超現實主義

▼ 詩人ばかり~ (4, 0.1%)

3 では 1 であるだけ

▼ 詩人らし~ (4, 0.1%)

2 さが 1 さだ, さで

▼ 詩人らしく~ (4, 0.1%)

1 いふと, さへ, それが, 僕を

▼ 詩人を以て~ (4, 0.1%)

1 任ずると共に, 深く自ら, 目すべきもの, 花鳥風月の

▼ 詩人トック君~ (4, 0.1%)

1 の幽霊, の強烈, の心霊, の旧居

▼ 詩人トツク君~ (4, 0.1%)

1 であると, の幽霊, の強烈, の旧居

▼ 詩人作家~ (4, 0.1%)

1 といっ, などがまた, の気質, 生れたの

▼ 詩人兼ジヤアナリスト~ (4, 0.1%)

1 としてのクリスト, の猶, を完成, を發見

▼ 詩人墨客~ (4, 0.1%)

1 が好ん, は自分, よりはまだ愈, 来る可

▼ 詩人文人~ (4, 0.1%)

1 の家, の徒, の藁本, 多しと

▼ 詩人秀句~ (4, 0.1%)

2 と云 1 の序文, を作つた由來

▼ 詩人自ら~ (4, 0.1%)

1 がさう, の秘密, の追想, の選

▼ 詩人~ (3, 0.1%)

1 そうでなけれ, なぞなら, 書画の

▼ 詩人たらん~ (3, 0.1%)

1 とする, と心掛, ものは

▼ 詩人であれ~ (3, 0.1%)

2 ばある 1 ばよい

▼ 詩人とが~ (3, 0.1%)

1 お互に, 別々である, 実に此処

▼ 詩人などの~ (3, 0.1%)

1 生活を, 肖像が, 隠棲の

▼ 詩人みたい~ (3, 0.1%)

2 な事許 1 にシンミリ

▼ 詩人めいた~ (3, 0.1%)

1 仕事である, 素敵な, 詩らしい

▼ 詩人イエーツ~ (3, 0.1%)

1 が書いた, の詩劇, の誘ひ

▼ 詩人ゲーテ~ (3, 0.1%)

1 です, に逢っ, は後年

▼ 詩人スタティウス~ (3, 0.1%)

1 とを混じ, に委, の靈罪

▼ 詩人ニイチェ~ (3, 0.1%)

1 です, の意味, は歌っ

▼ 詩人ハイネ~ (3, 0.1%)

1 がいた, に比すべき, を訪ね

▼ 詩人プーシュキン~ (3, 0.1%)

1 の学んだ, や文豪トルストイ, をやっ

▼ 詩人ベズィメンスキー~ (3, 0.1%)

1 の, の極左主義, は一九二九年

▼ 詩人マヤコフスキー~ (3, 0.1%)

1 が自殺, によって書かれた, の体

▼ 詩人仲間~ (3, 0.1%)

1 に評判, の保護者, は何ん

▼ 詩人大伴家持~ (3, 0.1%)

2 は聖武天皇 1 は詠ん

▼ 詩人室生犀星氏~ (3, 0.1%)

1 のお父さん, の小説, は

▼ 詩人文學者~ (3, 0.1%)

1 から蟹, にならう, の質

▼ 詩人斎藤緑雨~ (3, 0.1%)

2 は十二階 1 の如く

▼ 詩人時代~ (3, 0.1%)

1 のフィレンツェ, の天文學, の情趣

▼ 詩人杜甫~ (3, 0.1%)

2 がある 1 などは違った

▼ 詩人江守銀二~ (3, 0.1%)

1 です, の令夫人, はそう

▼ 詩人等なほ~ (3, 0.1%)

1 同じ處, 少しく登り進み, 第十嚢

▼ 詩人自身~ (3, 0.1%)

1 が探り当て, でさえが文壇, もこう

▼ 詩人若し~ (3, 0.1%)

1 其歌ふ, 自己の, 談理の

▼ 詩人蕪村~ (3, 0.1%)

1 のポエジイ, の心, の魂

▼ 詩人~ (3, 0.1%)

1 に国民, に所謂国民的, に斯

▼ 詩人かも~ (2, 0.0%)

1 知れないが, 知れないがね

▼ 詩人これ~ (2, 0.0%)

1 がどうも, をスペンダー

▼ 詩人さえ~ (2, 0.0%)

1 御難だ, 御難を

▼ 詩人その~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 詩人たら~ (2, 0.0%)

1 ざらんと, ざるもの

▼ 詩人だけには~ (2, 0.0%)

2 ある点

▼ 詩人だけを~ (2, 0.0%)

1 見れば, 見ればい

▼ 詩人だって~ (2, 0.0%)

1 ことを, 食事は

▼ 詩人だろう~ (2, 0.0%)

1 という考え, と忽ちに

▼ 詩人であったなら~ (2, 0.0%)

1 ば之, また他

▼ 詩人でない如く~ (2, 0.0%)

1 単に内面的, 單に

▼ 詩人とても~ (2, 0.0%)

2 その限界

▼ 詩人とに~ (2, 0.0%)

1 よりて, 影響せられ

▼ 詩人との~ (2, 0.0%)

2 間を

▼ 詩人など~ (2, 0.0%)

1 ありとも, いうとき

▼ 詩人などと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 言うもの

▼ 詩人などという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 奴は

▼ 詩人などに~ (2, 0.0%)

1 こういう性分, なるが

▼ 詩人などには~ (2, 0.0%)

2 変に

▼ 詩人ならぬ~ (2, 0.0%)

1 人をまでも, 身をこそ

▼ 詩人について~ (2, 0.0%)

1 この事実, 云へる

▼ 詩人にとっては~ (2, 0.0%)

1 ですね, 仕事を

▼ 詩人に対して~ (2, 0.0%)

1 一小, 同情と

▼ 詩人ほど~ (2, 0.0%)

1 金に, 金の

▼ 詩人みづか~ (2, 0.0%)

1 らその, らよりも

▼ 詩人もしくは~ (2, 0.0%)

1 一客観的詩人を, 日本の

▼ 詩人より~ (2, 0.0%)

1 五幕物作家は, 新しき物

▼ 詩人アルタ~ (2, 0.0%)

1 がもし, に幸

▼ 詩人ギッピウス~ (2, 0.0%)

1 の詩, やバリモント

▼ 詩人コクトオ~ (2, 0.0%)

1 の好き, や六人組

▼ 詩人シヤナアン~ (2, 0.0%)

1 が寝, は国

▼ 詩人シラー~ (2, 0.0%)

1 のいいし, のいうごとく

▼ 詩人ジャン・コクトオ~ (2, 0.0%)

1 が, が接客

▼ 詩人ソフォクレス~ (2, 0.0%)

1 の像, の彫刻

▼ 詩人タゴール~ (2, 0.0%)

1 のこと, の言葉

▼ 詩人ダンテ~ (2, 0.0%)

1 がある, がその

▼ 詩人テニソン~ (2, 0.0%)

1 が初めて, の句

▼ 詩人ハツクレンデル~ (2, 0.0%)

1 が当世, が當世

▼ 詩人バリモント~ (2, 0.0%)

1 は態, やブリューソフ

▼ 詩人ホイットマン~ (2, 0.0%)

1 が云う, が動物

▼ 詩人マルティアリス~ (2, 0.0%)

2 のエピグラム

▼ 詩人ミュッセ~ (2, 0.0%)

1 が, が小曲

▼ 詩人メーリケ~ (2, 0.0%)

1 が, はス市

▼ 詩人レニエ先生~ (2, 0.0%)

2 を訪うた

▼ 詩人ヴェルハアレン~ (2, 0.0%)

2 の詩篇

▼ 詩人与謝野晶子~ (2, 0.0%)

1 が, への讚美

▼ 詩人佐藤惣之助~ (2, 0.0%)

1 と土藏相模, に嫁

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

1 が度はずれ, は批評家

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

1 のひと, の多く

▼ 詩人及び~ (2, 0.0%)

2 記室を

▼ 詩人司祭~ (2, 0.0%)

1 の個人的分子, の精神的産物

▼ 詩人吉田りん子~ (2, 0.0%)

1 は, は不意

▼ 詩人啄木~ (2, 0.0%)

1 の碑, をしてた

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

2 だけに通用

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

1 に若く, 學先生の

▼ 詩人学者~ (2, 0.0%)

1 としてよりも寧ろ, にし

▼ 詩人室生犀星~ (2, 0.0%)

1 には言い及んだ, の家

▼ 詩人宮島貞丈~ (2, 0.0%)

1 お額, が

▼ 詩人小説家戯曲家批評家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.0%)

2 の素人等

▼ 詩人山之口貘~ (2, 0.0%)

1 は風体いかが, ヲ証明ス

▼ 詩人得意~ (2, 0.0%)

1 の, の大言

▼ 詩人悲劇~ (2, 0.0%)

2 の作者

▼ 詩人文学者~ (2, 0.0%)

1 によってしばしば, の質

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

2

▼ 詩人歌人~ (2, 0.0%)

1 の沢山, 少からず

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

1 が自分, に横ビンタ

▼ 詩人気取り~ (2, 0.0%)

1 のあらぬ, はきらい

▼ 詩人気質~ (2, 0.0%)

1 が何, の過去

▼ 詩人深尾須磨子~ (2, 0.0%)

2 はイタリー

▼ 詩人白居易~ (2, 0.0%)

1 が夢, が自分

▼ 詩人的氣禀~ (2, 0.0%)

1 の爲め, は無

▼ 詩人的狷介~ (2, 0.0%)

1 や道学的潔癖, を示した

▼ 詩人的空想~ (2, 0.0%)

1 から産出, が手伝つて

▼ 詩人的要素~ (2, 0.0%)

1 でもある, とか審美的

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

2 多少憂愁

▼ 詩人美術家史家哲学者事業家~ (2, 0.0%)

1 などと云, などの一群

▼ 詩人聯合~ (2, 0.0%)

1 の第, はその後

▼ 詩人芭蕉~ (2, 0.0%)

1 は又, もさすが

▼ 詩人若く~ (2, 0.0%)

1 て生き, は思想家

▼ 詩人藤村~ (2, 0.0%)

1 にとって少く, は

▼ 詩人西原北春氏~ (2, 0.0%)

1 にあり, はこの

▼ 詩人諸君~ (2, 0.0%)

1 が知るべき, の為すべき

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

1 でおい, に挟まれ

▼ 詩人野口米次郎氏~ (2, 0.0%)

1 の頭, も住めり

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

2 放翁

▼ 詩人~ (2, 0.0%)

2 をしたい

▼1* [523件]

詩人をざめていひけるは, 詩人あらゆる思想家の, 詩人あるのみである, 詩人あるいはミスティークあるいは, 詩人いい音楽者いい, 詩人いでアポロンの, 詩人いやいや支那一切の諸, 詩人および愉快な, 詩人かとも思はるる白髪, 詩人からの便りを, 詩人がのつそり, 詩人きどりではいかもの, 詩人くずれの男, 詩人ここにねむる, 詩人こそ真の, 詩人このスティーヴン・スペンダー, 詩人へあり, 詩人さえもあった, 詩人さんだつたの, 詩人やない, 詩人じゃあないよ, 詩人すでに第一, 詩人すら其を, 詩人すらがしばしば厳格, 詩人その間の恋愛, 詩人それから出た歌人, 詩人そんな詩人は, 詩人たちぐらゐは解つてゐるに, 詩人たちさへゲエテ, 詩人たち十二人のうち, 詩人たち宿命の病人たち, 詩人たらざるなり必らず, 詩人たらしめば不世出, 詩人たらしめざるもの茲に, 詩人たらしめるものは, 詩人たる者唯宜しく異, 詩人たる者此理を知らざるべからず, 詩人だけが言語の, 詩人だけの問題でない, 詩人だけはその天才, 詩人ださうですね, 詩人だったらもっとほか, 詩人だつたが, 詩人だつたら私は, 詩人だらうかと思はれる, 詩人やの大家ぢ, 詩人って奴は, 詩人でありしと同時に, 詩人であるならまだ耐, 詩人であるべく何の, 詩人であるらしかつた, 詩人でいらっしゃるのでおのずから, 詩人でさえもその, 詩人といったほうが, 詩人といふは可笑しきもの, 詩人とかいう人間には, 詩人とさえ言わるべきだ, 詩人としてよりも地主として, 詩人とでもいはうか, 詩人とともに第二, 詩人とまで言っては, 詩人と共に付いて, 詩人なきなり妙手, 詩人なくんば, 詩人なしといはむ, 詩人なぞと云ふ, 詩人などによつて伝統的に, 詩人などを呼び集めて, 詩人ならあやつれるというツモリ, 詩人ならざるなし日本, 詩人ならでは多く, 詩人ならではの詩情, 詩人ならびに出版業者が, 詩人なら疑うべき筋合では, 詩人なら疑ふべき筋合では, 詩人なら評する程だ, 詩人なりがほかに, 詩人なればおのれ, 詩人なんかあっても, 詩人なんかによくそんな, 詩人なんぞなら彼一人, 詩人におけるやうに, 詩人にでも將た, 詩人にとってなんてすばらしい春, 詩人にとってばかりでは, 詩人にまで説明し, 詩人に対し一つの, 詩人に関する多くの, 詩人のねがひも或は, 詩人のみでない, 詩人のみに限られる叙述, 詩人のみの専有物と, 詩人はずつと前に, 詩人はた又, 詩人はにこ, 詩人ばかりが自然の, 詩人ぶつて友人知人親せき, 詩人へも行つた樣子だ, 詩人みづからして好ん, 詩人めいてきました, 詩人めかしていうの, 詩人めかした海でも, 詩人よと彼は, 詩人よりは幾らか辛抱強, 詩人らしき幼稚さと, 詩人らしく見えたりした, 詩人われに何, 詩人を通じて文字の, 詩人アランポーが歌つた, 詩人アンチパトロスがかう謳うた, 詩人アンデルセンの書いた, 詩人イエエツは気分, 詩人イエーツらが狙った, 詩人イブセンは色々, 詩人イポリット・ド・ラ・モルヴォネエの許, 詩人ウイスタン・オーデンと結婚, 詩人ウォルテルの如き, 詩人ウオルズウオルスも亦, 詩人ウオーキン・ミラーの未亡人, 詩人ウオーキン・ミラー翁の住ん, 詩人エセーニンはこの, 詩人エルンスト・ワイスとともにデンマーク, 詩人エロシェンコのこと, 詩人エロシエンコに愛され, 詩人エロシンコ君が彼, 詩人エンリコ君と共に之, 詩人オスカア・ワイルドの墓, 詩人オスワルドはヴェントシン, 詩人オヴィディウスが危く財産, 詩人オーマア・カイアムの箴言, 詩人オーメロなりその, 詩人カビールが, 詩人カルル・ブッセの未亡人, 詩人カレッヂが評し, 詩人カーライルの遺跡, 詩人ガイベルの言葉, 詩人ガスパラ・スタンパ等を愛讀, 詩人キヨルネルが事, 詩人キーツの家, 詩人ギッピウスデカダンス文学の作者, 詩人クッフナーは彼, 詩人クラシンスキイの作, 詩人クリストよりも偉大, 詩人クローデルが大胆不敵, 詩人クーパーの生れた, 詩人グループがあっ, 詩人グレークの, 詩人ゲエテは彼, 詩人ゴオルドスミスは文筆, 詩人サア・エドウィン・アーノルドが日本, 詩人サッホオ等に代表, 詩人サツフオオとの傳, 詩人サフォに黄金, 詩人サー・エドウィン・アーノルド夫人が日本生まれ, 詩人シェレイの後妻, 詩人シェレエが, 詩人シエレーが, 詩人シモンズの, 詩人シャルル・ゲランがはるばる, 詩人シヤトオブリヤンの墓, 詩人シュピッテラーの巨人族的叙事詩, 詩人シューマンの人間らし, 詩人ショパンの特色, 詩人シラノどころの鼻, 詩人シンシナーチの音楽学校, 詩人ジャンフローと俳優ファバントゥー, 詩人ジャンフロースペイン人ドン・アルヴァレスおよびバリザール, 詩人ジャン・プルーヴェールを銃殺, 詩人ジヤン・リシユパンが未だ, 詩人ジュウル・ロマンは所謂, 詩人ジョゼ・マリヤ・ド・エレディヤを研究, 詩人ジヨン・キイツは死ぬる, 詩人ジヨン・メエスフイルドは近頃, 詩人スウィンバーンと一緒, 詩人ステファン・マラルメ師の, 詩人ソログープの邸宅, 詩人タチソレカラボオドレエルヴェルレエヌアノ狡イ爺サンゲエテ閣下モアア忘レルモノカ芥川龍之介先生ハイノチ迄, 詩人タツソオと前七世紀, 詩人タンホイゼルを誘い, 詩人ダスウシイであると, 詩人ダヌンチオの詩, 詩人テオフィル・ゴオチエエが凡そ, 詩人テニスンは自分, 詩人テニソン卿の靈筆, 詩人ディラン・トマスの詩, 詩人トックといっしょ, 詩人トック音楽家クラバックなどの活躍, 詩人トルストイの言草, 詩人ドラマチストに先, 詩人ニイチエです, 詩人ノアイユ公爵夫人其他への紹介状, 詩人ハルビエのミケランジェロ, 詩人ハンスであった銅像, 詩人バイロンさへリヴイングストン, 詩人バイロン卿や名, 詩人バルザックの難渋さ, 詩人ピアノの心, 詩人ピンダロスシモニデースエピカルモスバッキュリデースアイスキュロスなどが賓客, 詩人ファブルの一生, 詩人フライリヒラートに書い, 詩人フランスワ・ポルシェは保守的, 詩人フランソア・コッペをマンドル, 詩人プウシキンは自分, 詩人プーシキンの雪, 詩人ベランゼが住ん, 詩人ベーコンは人生, 詩人ベールィの作, 詩人ホイットマン等も或は, 詩人ホメロスがロータス, 詩人ホラチウスの話, 詩人ホルベルのデンマルク国史物語, 詩人ホロース・ウヰーサか, 詩人ホーマーの, 詩人ボードレエルはシャツ, 詩人ボードレールの名, 詩人ポルシェは満腔, 詩人ポルト・リシュの翻訳, 詩人ポープの賛, 詩人マダムという町, 詩人マダム・ノアイユが詠歎, 詩人マヤコフスキイの, 詩人マヤコフスキイみたいに遺書, 詩人マラルメの, 詩人マリネッチが著述, 詩人マリネツチはこんな, 詩人マリネツティイ氏で其同派, 詩人ミラーはひとり, 詩人ミラー翁を記念, 詩人モオリス・ド・ゲランの, 詩人モリスはさらに, 詩人ヤコブセン及び畫家スロアガ, 詩人ユーゴーの歌つた愛, 詩人ランボーは僅か, 詩人リユツケルトに婆羅門智, 詩人リルケを讀み出し, 詩人ルイス・カモウエンスがその, 詩人ルイズ・ラベの遺せる, 詩人ルクレチウスは物質, 詩人ルクレチウス・カールスをさす, 詩人ルドルオの許, 詩人レオバルヂが落葉, 詩人レナウのついた, 詩人レニエの姿, 詩人レニエ氏の髭, 詩人レミ・ド・グルモンも, 詩人レヴィートフの中央ロシヤ, 詩人ロセチの, 詩人ロゼッテイの二人, 詩人ロゼツチが自分, 詩人ロングフェロウの言葉, 詩人ロングフェローがその, 詩人ヱルハーレンの流行, 詩人ヴァレリィが仏国翰林院学士, 詩人ヴェルレイヌ卿だけだ, 詩人ヴェルレエヌの義母モオテ夫人, 詩人ヴエルハアレンであつ, 詩人一たび道理を説け, 詩人一世紀の後半, 詩人一名其他九名の愛書家, 詩人一茶に伝, 詩人七ツ道具の音楽家, 詩人三十五歳の時, 詩人三好達治君がこの, 詩人三木によって深められた, 詩人三石勝五郎さんの作, 詩人三行詩だけしか作らぬ, 詩人中島棕隠の書いた, 詩人中彼を推し, 詩人中河幹子さんが婦人作家評, 詩人中西悟堂氏の説明, 詩人久保田万太郎は驚嘆, 詩人久保田万太郎君にとつて, 詩人久米正雄等の諸氏, 詩人二人はそんな, 詩人二十六歳である, 詩人如何, 詩人以上で全く, 詩人以下の感傷, 詩人以外に出来る, 詩人伊良子清白氏の自, 詩人佐藤春夫詩人室生犀星詩人久米正雄等の諸氏, 詩人作家批評家が地下, 詩人作家評論家にし, 詩人俳人としての余, 詩人俳人歌よみ活け花師, 詩人は畫家ぢ, 詩人僧侶は精霊中, 詩人先生にはあ, 詩人児玉旗山に就く, 詩人児玉花外氏が来, 詩人全体の特権, 詩人から出た, 詩人其角の句, 詩人兼小説家だつた独歩, 詩人兼数学者なればこそ, 詩人兼評論家は最近, 詩人兼雑誌記者ハンガリーの舞台監督, 詩人出でよ真に国民大, 詩人剣客音楽家また天界, 詩人創造者の眼, 詩人が生れ, 詩人劇作家としてソヴェト同盟, 詩人加藤さんが周到, 詩人労働運動者音楽家など勿論, 詩人十二世紀の後半, 詩人參加し三年目, 詩人又は哲學者でない, 詩人古谷典吉と, 詩人同志並べて, 詩人和泉式部の再, 詩人哲人然たる, 詩人哲人名將烈婦の魂, 詩人哲学者動物学者が集まつ, 詩人哲学者小説家を以てベベル, 詩人哲学者小説家等が妄, 詩人哲学者科学者宗教家学者でも政治家, 詩人哲学者通有の痼癖, 詩人哲學者と交感, 詩人商売をお, 詩人國府犀東氏をこの, 詩人園田黒虹の飛んだ, 詩人土井晩翠氏は二高時代以來四十年, 詩人在原業平も流竄, 詩人坂井徳三の妻, 詩人の若, 詩人堀口大学氏にあちこち案内, 詩人増野三良氏のこと, 詩人壺井繁治中国における新しい, 詩人壺川茂吉が, 詩人変じて俗, 詩人より帰り来たり, 詩人外交官も少なく, 詩人夜半亭蕪村の全貌, 詩人大崎氏小窓の死, 詩人大町桂月一派から激しい, 詩人好みの生物, 詩人姓名の部, 詩人宗教家神秘家いいです, 詩人室生犀星詩人久米正雄等の諸氏, 詩人宮廷詩人騎士詩人温柔詩人感奮詩人あり, 詩人宮澤賢治は稗貫郡花巻町, 詩人實業家耽溺家或は探, 詩人小説に長ずる, 詩人小説家劇作家評論家歴史家新聞記者等を会員, 詩人小説家戯曲家等を作れる, 詩人小説家評論家でまた, 詩人小野湖山のつくった, 詩人尾山を父親, 詩人山田邦子として故郷, 詩人山陽が若し, 詩人崇拝家フェミニストあるいは, 詩人にむかひ, 詩人平素独り味い誇る処, 詩人の情愛, 詩人張子馬は目, 詩人彼等何すれぞ宇宙以外, 詩人後者は通俗詩, 詩人思想家も彼, 詩人情熱がなく, 詩人感奮詩人あり, 詩人慣用の字, 詩人我がキヨルネルの, 詩人戯曲家などもどうして続々, 詩人戯曲家評論家をこめ, 詩人批評家など数十名, 詩人批評家美術家音楽家舞台及び映画, 詩人批評飜譯等がある, 詩人振って自己解釈, 詩人教授等バーベリはユーレー, 詩人文人たるを甘んぜん, 詩人文人小説家が記載, 詩人文人皆我が前身, 詩人文士達にお送り, 詩人文豪より蟹, 詩人斯く請ひ, 詩人既に我に, 詩人日蓮の風貌躍如, 詩人早発性痴呆に陥った, 詩人に至つて, 詩人へつれ, 詩人好き, 詩人李仲光は世に最も, 詩人李太白の詩, 詩人李白が詠った, 詩人果して時勢に, 詩人梁川星巌の不, 詩人業平の東下り, 詩人にちかづける, 詩人樹庵次郎蔵の間借部屋, 詩人歌うて曰く, 詩人歌って曰く, 詩人歌客等の十二分, 詩人歴史家その他の著述家等, 詩人は全く, 詩人気どりの感傷, 詩人気風の先生, 詩人汪先生は友達, 詩人河井醉茗氏が居り, 詩人浜島なにがしを愛し, 詩人温柔詩人感奮詩人あり, 詩人艶分, 詩人無文の歌客, 詩人煙草をふかし, 詩人牧野信一に就, 詩人特有の白昼夢, 詩人に選挙, 詩人王維も詠った, 詩人生活をした, 詩人画家自然を愛した, 詩人白楽天が, 詩人的エキゾチシズムと見る, 詩人的ロマン性の舞台, 詩人的人物が私, 詩人的作家よりも寧ろ, 詩人的価値と一致, 詩人的努力家庭の迫害, 詩人的哀愁に酔ひ歎, 詩人的天分も必要, 詩人的天才を有せり, 詩人的天質を缺, 詩人的小説家は, 詩人的性格とは常に, 詩人的情緒は有る, 詩人的想像力が必要, 詩人的感受性によつて必然的, 詩人的感情の繊細, 詩人的感覚とを所有, 詩人的才能を讃えた, 詩人的才能歴史家的乃至伝記作者的才能, 詩人的気稟とでも云おう, 詩人的気質がおのずから, 詩人的稟質と貴方, 詩人的行動を尊敬, 詩人的認識を自ら, 詩人的諷刺作家だつた事, 詩人的趣味母の女らしい優し, 詩人的風格を有される, 詩人盧同の歌った, 詩人石川六樹園は同時に, 詩人石川啄木は詠ん, 詩人社会改良論者宗教家等の空想, 詩人社長は欄干, 詩人の初めて, 詩人秋本でなければ, 詩人科学者などの名, 詩人科学者ルリレチウスの予言, 詩人竹山静雨が上京, 詩人竹山靜雨が上京, 詩人一の, 詩人等なほ汀に立てる, 詩人等北極の方, 詩人等地獄をくだる, 詩人等堤を下り, 詩人等天使の教, 詩人等惡魔の名, 詩人等斷崖を下り, 詩人等淨火の門, 詩人等狹き岩間, 詩人等猛火の中, 詩人等神の審判, 詩人等路を問はん, 詩人等道をかの, 詩人純粋なりと, 詩人紫苑氏の後身, 詩人繍腸の清婉, 詩人美妙の胸, 詩人美智子は詩, 詩人美術家が甘, 詩人美術家史家哲学者事業家等あり, 詩人傳の, 詩人自ら彼女に語りし, 詩人臭くなった, 詩人芸術家などは皆, 詩人芸術家すべて傑出して, 詩人草菴主人は今日, 詩人菊岡の意圖, 詩人菱山に悲しい, 詩人萩原恭次郎君である, 詩人萩原朔太郎を観察, 詩人蒲原有明子新声社の主人, 詩人薄田泣菫の君, 詩人見たいな感情, 詩人評論家としての作者, 詩人詳しくいへば, 詩人を譯載, 詩人士が, 詩人諸家の言葉, 詩人諸氏が何卒, 詩人議論家創作家などである, 詩人趣味の唱合戦, 詩人に健康, 詩人透徹した人生, 詩人遂に我文壇に, 詩人過ぎてさしたる, 詩人達タストやセガラ, 詩人遠慮のない, 詩人鄭嵎が津陽門詩, 詩人の詩人, 詩人の詩人, 詩人鏡女王はもし, 詩人の詩人, 詩人阪中正夫の代表作たる, 詩人陶淵明は家, 詩人陸羽は茶の湯, 詩人階段の上, 詩人階級から出た, 詩人青年のこと, 詩人青秋氏の称呼, 詩人の世界, 詩人音楽家と呼ばれ, 詩人音楽家俳優等は方外, 詩人音楽家画家演芸人舞踊家編輯者など雑多, 詩人音楽家舞踊家美術家の見事, 詩人をしなかつた, 詩人飛行家新聞記者灯台守り音楽家, 詩人騎士詩人温柔詩人感奮詩人あり, 詩人騒客といえ, 詩人騷客を悦ばしめた, 詩人高橋玉蕉女史の招待, 詩人の曹植, 詩人鮑照と一緒, 詩人鳳晶子山川登美子玉野花子茅野雅子と並ん, 詩人鵜殿新一のところ