青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「詩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

評判~ 評論~ ~詞 詞~ ~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~ ~詩
詩~
~詩人 詩人~ 詮議~ 詰め~ ~話 話~ ~話し 話し~ ~話した 話した~

「詩~」 10210, 110ppm, 971位

▼ 詩~ (2198, 21.5%)

64 書いて 48 読んで 35 作って 23 賦した 20 作ること 19 賦し 15 作るの 14 作った 12 かいて 11 吟じて, 書く, 賦す 10 もって, 作りて, 書いたり 9 つくって, 作るとも, 書いた, 書くの, 見ても 8 うたって, 作つた, 作る, 作るに, 見て 7 作る事, 作る人, 発表し 6 つくること, 作ったこと, 作ったり, 作らない詩人, 出して, 吟じた, 書くと, 知って 5 作り歌, 作るより, 吟じながら, 書くこと, 高らかに

4 [19件] 作つてゐる, 作り, 作り文, 作るもの, 作る時, 吟ずること, 愛して, 愛読し, 教えて, 書きたいと, 書く事, 書く人, 朗読し, 朗読する, 歌ひ, 求めて, 発表した, 読んだ, 題すべく

3 [26件] かいたこと, つくりました, ふっと思い出す, よんで, 作つたり, 作らむ, 作ると, 作るという, 口ずさんで, 善くし, 善くした, 学ぶこと, 微吟し, 暗誦し, 書くため, 書くよう, 朗吟する, 研究するで, 考へて, 聞いて, 詩として, 読むこと, 読むもの, 讀む人, 載せて, 頭に

2 [153件] うたつて, お前に, かいた, かく人, かけよ, かこう, さへ, して, つくったこと, つくつた, つくつて, つくりたい, つくる, まとめて, もつて, よんだ, 一つ, 一句も, 一字一字丁寧に, 三ツ四ツ売っ, 二三行書く, 何れ, 作し, 作ったの, 作った人, 作つたこと, 作つたのである, 作つてゐた, 作つて居た, 作つて悲し, 作つて竹山に, 作らうと, 作らしむ, 作らなければ, 作りこれ, 作りその, 作りました, 作るといふ, 作るなら, 作るは, 作るやう, 作る人々, 作る方, 作ろうと, 作者自身企図に, 佳作なりと, 公に, 分析し, 取り上げて, 吟じたり, 吟じ始めた, 吟ずる, 吟ずるよう, 吟ずる声, 吟ぜられました, 味ふ, 唄うの, 国語に, 堕落せしめた, 実現し, 尊貴な, 展示しよう, 工に, 巧みに, 得て, 得んと, 微吟した, 必要な, 思い出した, 思い出すん, 思う心, 思ひ出した, 思ふとき, 思ふなる汝, 思ふ心, 想する, 愛誦した, 愛読する, 感じて, 扇に, 批評する, 投稿し, 探して, 散文に, 既定の, 書いたが, 書いたこと, 書いた人, 書いた様, 書き, 書きながら, 書き出してから, 書き評論, 書くかな, 書くなんて, 書くには, 書く種類, 書く資格, 書して, 朗吟した, 朗読した, 構ふる, 歌ったり, 歌って, 歌はんと, 歌ひしと, 歌ひだす, 求め探して, 添へて, 照し, 理会する, 生み出した, 生む心, 発見する, 示して, 私に, 私は, 築いて, 耳に, 自分で, 茶山に, 見ると, 見出した, 見出したの, 解すと, 解すること, 解する奴, 詠じて, 語るべし子もと, 語れと, 誦して, 誦する時, 読みて, 読みまして, 読み始めてから, 読むだけで, 読むと, 読むに, 読む興味, 読んだり, 読んだ時, 譯し, 贈つた, 辿り乍ら, 送つて, 遺して, 開いたもの, 閲して, 集めた, 集めて, 雑誌に, 題した, 題して

1 [1246件 抜粋] あげつらふを, あっちこっち取り抜い, あのカルチエ・ラタン, ある社, いかなる者, いただきたいわ, いつもより, うたいはじめた途端, うたう人, うたった, うたつてゐた, うたひ過ぎる, おお声, おほ, お作りで, お作りでは, お書き, かいたもの, かう, かかないで, かかなければ, かきたいこと, かくこと, かくより, かく方, かく龍済さん, かつて後醍醐, かりて, ぎんじて, くりかえしくりかえしよみ美し, この, この宴會, これは, ご紹介, さして, しるさむ, ずたずたに, そつくり譯し, それについて, たすけ言, つくった人, つくつたの, つくらした, つくらないで, つくりたり, つくりながら, つくりゃい, つくりヴァン・タッセル, つくり歌, つくるって, つくるの, つくるよう, つくるよりも, つくる余地, つくる心, つくる者, つくれよ, つづる, どうして私, なされ候方沢山日本, にらんで, のせて, はじめて作られた, ひいてね, ひとつ書こう, ひょっくり読みあてた, ふいに, ほめたら僕, ほらせくれよと, また再び, みせたあと, もたずに, もちながら, もつ少女, もて業, やめて, やらうかと, よくした, よくせざりし, よまされる, よみたいと, よみ雑誌, よむつもり, よむに, よろこぶ遊民, よんだ時, わめき散らしたい, ダシに, 一つ一つ音読し, 一つ作ろう, 一つ寫した, 一二行必要に, 一篇諸君に, 三千行ばかり, 不自然な, 世に問, 主と, 乞い書を, 云云する, 人生への, 今日に, 休み, 低吟し, 低落させ, 何う, 作したら, 作ったがね, 作ったソクラテス, 作った時, 作っては, 作ってる, 作つたといふ, 作つたら仕方, 作つた折に, 作つてし, 作つて呉れた, 作つて殆ん, 作らうなどといふ, 作らう詩, 作らしめず自ら強, 作らせるよう, 作らなかつたこと, 作らぬのに, 作らんには, 作りさ, 作りそれ, 作りながら, 作りはじめた, 作りますが, 作ります者, 作りワーグナー, 作り他, 作り出した最初, 作り句, 作り始めた最初, 作り得るから, 作り終り, 作り自分, 作り詩才衆, 作るかも, 作るつもり, 作るとき, 作るなら人, 作るので, 作る唯一, 作る意義, 作る者, 作る詩人, 作れる事, 作ろうとは, 使って, 例の, 信じて, 僕は, 全うせん, 全部載せます, 内容的な, 再吟, 出版した, 分化した, 刻し, 刻すること, 刻んで, 創り初めたの, 創作し得る, 助手は, 十分に, 半分以上, 印象風に, 参照し, 取る外, 口ずさみながら, 口吟んだり, 叩き出そう, 名称し, 吐き終った李徴, 吟じかけた時, 吟じたこと, 吟じましょう今, 吟じよう, 吟じ出しました, 吟じ瑟, 吟ずるも, 吟ず草屋, 吟った, 否定しよう, 味う, 咏んだり, 品し, 唄つてよ, 唱えた, 喜劇といふは, 回復し, 声ほ, 夕食後両親や, 夢見させて, 大聲, 夫人イエニーに, 失ったら君, 奇妙な, 好ませたもう余りに, 孕んだの, 学ばずんば, 学びたるかと, 学ぶ, 学んだか, 學べば, 官能的である, 定規的な, 寄せしところ, 寄せること, 寄示したるに, 寺壁に, 将て, 尊敬し, 少しばかり, 山谷集に, 幾つか, 幾つも, 広めたの, 廃棄し, 弄す蝸廬, 引つこ抜いて, 形づくらしめれば, 彫りこんだ板, 律そうと, 得させよ, 御存知です, 御持参, 心よ, 忘れぬうち, 思いだしたの, 思い出し, 思い出しました, 思い歌, 思う, 思つてる, 思はせる清楚, 思ひ出させる, 思ふと, 悪罵した, 想うよう, 想はせる, 愛した, 愛し極めて, 愛するあまりに, 愛するもの, 愛せずに, 感じさせるから, 感じたこと, 感じましたよ, 感ずるといふ, 成さ, 成すべき余地, 戲曲と, 手に, 抄出する, 投げ出して, 披露し, 拒否する, 拾ったり, 拾ひしならん, 持たない詩人, 持ちある, 持つもの, 指すこと, 指示する, 挙げて, 捨て家, 採りは, 掲載する, 描いて, 散文, 散文の, 斥けて, 新しく本質的, 日に, 日本語に, 暗しよう, 暗んずること, 曲弁する, 書いたであらうか, 書いたのち綺麗, 書いたオーニ, 書いた帳面, 書いた物, 書いた者, 書いた軸物, 書いては, 書いてらつし, 書かう, 書かう書かうと, 書かずには, 書かせました, 書かない, 書かなくちゃ, 書かれたの, 書きいれること, 書きそして, 書きそれから, 書きたい願望, 書きたまえ, 書きつけた紙片, 書きとつ, 書きみずから梅雪, 書き上げたいという, 書き二十歳, 書き出した, 書き始めて, 書き心, 書くかという, 書くかの, 書くだけの, 書くという, 書くなら恐らく, 書く人ぢ, 書く友達, 書く気力, 書く決心, 書く邪魔, 書けること, 書こうという, 書物に, 最も気, 最終曲として, 朗読される, 朗讀した, 本職と, 板に, 案出す, 次の, 欲情する, 歌いだすの, 歌え, 歌つて程よく, 歌ひし, 歌ひ出し, 止めんなら今日, 殊に好んだ, 残した乞食, 残して, 求めずし, 求めようと, 沢山読みました, 淡窓の, 添削し, 焚き給, 熱愛した, 物せし, 理念から, 理解し得た, 瑞雲たなびく, 生ましめたもの, 生む, 生む力, 生んだ, 用意し, 発明させた, 発見した, 盛んに, 直して, 真実を, 眺めて, 知つた, 知なかつた, 知らないの, 知らない本来, 知り盡, 知る者, 破壞, 示された時, 移植し, 積み重ねれば, 竪琴で, 索めた, 経験し, 絶叫し, 綴って, 編む, 織りなして, 纏めようと, 罵り始めた, 考へる, 聞かせて, 聞き礼, 聞くと, 聲高らかに, 聽かしめんと, 背景としての, 能くす他, 自分から, 自分自身だけの, 英訳した, 葉書に, 行い山師神, 衒って, 袂へ, 補遺しなけれ, 見せて, 見た, 見つけたことお話し, 見つけましたから, 見つめた, 見てから, 見る, 見るも, 見れば, 見出して, 覚えて, 覚え書, 解しこの, 解しない, 解すると共に, 解する事, 解せざらん, 解釈し, 記して, 記憶し, 評する上, 詠じた心胸, 詠むと, 詠んだ, 詩にな, 認めた点, 認識する, 語つて聞かせた, 語れないさ, 誦しため, 誦し去りて, 誦し窈窕, 誦せしめて, 誦んじ, 読まないが, 読みし時, 読みましたの, 読み上げるの, 読み真情, 読み耽ること, 読み自国, 読むところ, 読むの作, 読むよりも, 読む女, 読む心地, 読む我心, 読む毎, 読む米人, 読もうか, 読んだという, 読んだとき青年, 読んだのよ, 読んだ君, 読んでも, 談じた, 談ずるに, 論じて, 論じ去り論じ来って, 論議する, 諸方に, 譯す, 讀みたり, 讀む, 讀むならん, 讀んで, 讃えるの, 象に, 象篏する, 貴方の, 賦, 賦しました, 賦すること, 賦せしめた落星灣, 賦せる, 贈つた時, 贈りし人, 贈ろうかと, 起し戀, 返される, 送ること, 造る, 連ねて, 遠ざかつたが, 選ぶこと, 遺った, 部下の, 録すれば, 闘は, 除く外, 集めた河嶽英靈集, 靈に, 面白おかしく, 韻だけで, 領野として, 題したこと, 題したの, 題してか, 題し終ると, 題せしめて, 飜訳し, 魂の

▼ 詩~ (2031, 19.9%)

43 中に 31 ような 24 原理 21 ように 19 やうな, 中で 13 中の 12 世界に, 表現は 11 ために, 歴史は 10 詩たる 9 ことを, 句を 8 中には, 本質は, 概観 7 リズムは, 一節を, 後に, 意味を 6 世界は, 世界を, 中にも, 方は, 表現に, 話も, 長所あり

5 [12件] うちに, なかに, やうに, 出て, 句が, 句の, 外に, 形式を, 最後の, 本質, 本質を, 精神を

4 [23件] ことも, ための, なかの, 一つに, 伝統は, 内容が, 前に, 原稿を, 形で, 形式は, 文句が, 方で, 時代は, 朗読を, 本を, 本質に, 法則を, 生命は, 美しさ, 註に, 話などを, 話を, 間に

3 [34件] おもかげ, リズムを, 一に, 一句を, 一章を, 一節の, 世界の, 何物たる, 作者の, 勉強を, 好きな, 序の, 弁護, 引に, 形式が, 意味が, 拍節は, 方が, 方面に, 為に, 生ひ, 目的は, 神の, 精神が, 翻訳の, 表現の, 規則を, 話が, 話に, 話は, 謝禮に, 質と, 起元は, 雑誌を

2 [176件] あること, あるもの, おもむくべき方向, ことについて, ことばことばが, ない世界, なかにも, ほかに, やりとりを, よいところ, ようだ, スタイルは, スタイルを, パンフレットが, リズム, リズムが, リズムに, ルフランの, 一つ, 一つも, 一つを, 一句が, 一句である, 一節だ, 一節に, 一節も, 一行を, 上に, 上手な, 世界, 世界が, 世界といふ, 中から, 中での, 中では, 中にて, 中にのみ, 事を, 事許り, 会だ, 作品を, 作法は, 価値では, 價値, 全体の, 内容と, 内容に, 内容は, 内容を, 冒頭の, 出現と, 創作は, 創造に, 動きは, 原理は, 反語である, 古くからの, 句に, 句は, 名は, 品格は, 唯一の, 喪失が, 嚴然と, 国々と, 国に, 国の, 場合に, 境地を, 多くの, 多くは, 大部分, 天上にまで, 如きは, 如きも, 存在の, 将来を, 常套の, 幻影に, 底を, 引には, 形式, 形式と, 形態を, 形成の, 後半に, 心は, 情操の, 情操は, 意味は, 或る, 才能と, 批判に, 持って, 插繪は, 數が, 文体の, 文体を, 文句などが, 文句を, 新しい発想法, 方に, 方には, 早期に, 時代が, 時代である, 時代を, 未来文体の, 本が, 本は, 本体を, 本性なり, 本文に, 本来の, 本質する, 本質と, 本質について, 本領である, 本體, 構想を, 様式や, 様式を, 欲する言語, 歴史に, 母胎である, 特色が, 特長の, 理と, 理会に, 生命を, 生硬な, 用語なる, 発生は, 發達に, 真の, 研究に, 稽古も, 稿料を, 稿本で, 第一行, 答解は, 精神に, 美は, 義を, 翻訳は, 背後に, 草稿を, 行は, 表現が, 規則に, 観察者は, 解き難い, 解説が, 言葉の, 評を, 試みが, 試みに対して, 試作の, 話, 話や, 話歌の, 読者として, 調子に, 諸體, 質を, 運動が, 運動は, 道に, 都, 革命の, 音律美を, 音調の, 響も, 領分が, 領域に, 題は

1 [1087件 抜粋] あつた, あまり執らぬ, ありよう, いくつかに, いろいろの, うちには, うらぶれた, おもしろい一節, かくれた力, こころ, こころと, ことか, ことが, ことだった, ことな, ことなら, ことやら, このよう, ごとくまた, ごとく飽くまで, しっぽか, その冒頭, ためであろう, つくれるひとたち, つもりらしい, できたこと, とりあつかいかた, ないプロゼック, ない女優, なにもの, にほひ, はじめの, ほうが, まことの, みぞひとり自由なりける, やうなまたさうでない, よいのに, よい作家, よしあしも, わからない彼, わかる性情, グループも, ジレンマが, テーマの, ファンだった, フォルムは, ペエジを, モチーフは, モチーヴと, リズム觀は, ヴェイルを通して, 一つであったろう, 一つにも, 一には, 一分化である, 一徹な, 一番初めに, 一種と, 一節だけが, 一節として, 一節などは, 一篇の, 一篇一篇を, 一行さへ, 一部, 一部分たるに, 七律と, 三四である, 上つ, 上にて, 上の, 世界では, 世界なり, 世界にでも, 世界へ, 中, 中と, 中より, 中間に, 主人公と, 主想, 主眼と, 主題である, 主題として, 事な, 事は, 二句を, 二幅が, 云ふ, 五十六字を, 人は, 仇を, 他とは, 仲間を, 会書の, 伝統を, 低劣な, 体と, 何れもに, 佚亡した, 作りぞ, 作り方も, 作れぬわけ, 作家ばかり, 作法やかましく, 作者, 作者たそがれうなだれ, 作者は, 佳否は, 例より, 修行に, 修辞が, 俳優の, 傳來日なほ淺く, 價値そのものを, 先駆で, 光輪で, 全体からは, 全体を, 全局面, 全集を, 六頁折の, 具體的本質である, 典型的な, 内容たり, 内容の, 円周する, 凡てを, 出来るごつ, 出来上つた時スペンサアは, 分る方, 分野も, 初句だけ, 別冊でも, 到達する, 制約が, 前には, 前世の, 前書きは, 創作に際して, 創始者, 力だ, 力は, 功徳は, 動きにも, 動的芸術を, 区別の, 卑俗に, 原始形態の, 原理する, 原理を, 原稿料で, 友人ひとりひとりに対する, 反語に, 叙情體を, 古今に, 古臭い翻訳, 句である, 句にも, 各句, 同人雜誌を, 名稱, 吟誦, 命が, 哲學そのもの, 商頌などは, 問題とかに, 喚起する, 因縁で, 国, 国を, 國へ, 地位が, 基礎を, 場合と, 境地である, 境目を, 変体として, 外主として, 外猶, 多くであっ, 夢か, 大和路だ, 大小即ち, 大意を, 大道に, 大雅生民篇, 天才的才分は, 奇蹟だ, 奥儀が, 女神に, 女神達に, 如き文学, 如く偈, 如く歌の, 如く無数, 妙といふ, 始めて, 存在と, 学校を, 定型無, 定義が, 定義と, 定義に, 実力の, 容易でない, 対象が, 専門誌には, 將來が, 小雅, 展覧会私の, 巧拙は, 席で, 平仄律西洋の, 平明闊達の, 幾多の, 序に, 弁護な, 弁護悦しき知識を, 引用に, 形をや, 形式で, 形式に, 形成に, 影響を, 後を, 御披露, 微吟に, 徴候は, 心と, 心やうやく, 心像, 必須と, 恍惚境から, 情想が, 情想に, 情想や, 情操からも, 情操には, 意味の, 意義の, 愛を, 愛好者で, 愛詠家だつた, 感応や, 慟哭する, 或物, 所謂, 批判を, 批評を, 抜萃を, 押韻律日本の, 拙いこと, 拙さ, 持つて, 挿入で, 摸倣ばかり, 教から, 教の, 数から, 整理を, 文句だった, 断片が, 断片を, 新しい黎明, 新作を, 新體, 方とても, 方法である, 方面では, 方面は, 旋律は, 旨を, 時代に, 時代まで, 暗い興奮, 暗誦と, 曲は, 書が, 書ける時, 最も深い, 最高潮に, 月です, 有り得べき実, 有無以前の, 朗読で, 朗読は, 朗読会作品朗読会は, 未だ工, 末には, 末尾に, 本では, 本國, 本尊で, 本格的秘訣である, 本然の, 本能ある, 本質である, 本質劇の, 本質的な, 本質的精神に, 本道だ, 栞かの, 根本は, 根本問題に, 根調と, 格式であります, 格式を, 植物に, 概念も, 構圖が, 様な, 様態を, 権威を, 欠乏は, 次には, 次の, 欲求を, 歌人や, 正統派の, 正道である, 正風は, 歴史が, 歴史を, 殆ど多くを, 氣分の, 氣持を, 汎濫中に, 泉が, 法に, 法則が, 注には, 流れでも, 浄写が, 清興を, 爆彈に, 父, 特色である, 特色即ち, 特長は, 狙いどころは, 独自の, 獨唱を, 理に, 理解が, 理解者だった, 生れること, 生命的要素を, 生死は, 田では, 病の, 発展は, 発生に, 発達が, 發生と, 百分の一も, 真に何物, 真理に, 眼目とも, 破壊者と, 神から, 神として, 神に, 神を, 神様です, 種類すなわち, 稿料も, 窮り無き, 第一義を, 筵は, 範囲から, 簡潔こそは, 精神である, 精神にも, 精神即ち, 系統を, 約束が, 純粋無垢な, 素材と, 終った頃, 終わり, 結句に, 結句を, 絶対的条件でない, 続きが, 続出に, 編次を, 編集に, 美しい写本, 美とをも, 美の, 翻訳に, 翻訳文体を, 考え方じゃ, 自由に, 自由詩たる, 興味は, 良導体に, 色ある, 芽生えに, 苦行も, 華麗流麗な, 薄い同人雑誌, 行われる動機, 衣裝に, 表現する, 表現形式について, 表現法を, 裡に, 要は, 規範たるべき, 觀念を, 解説的批判であっ, 解釈は, 解釋としては, 言葉それ自身の, 言葉と, 言葉に, 言葉まで, 言語は, 訳を, 註には, 註等に, 試みも, 詩たるべき, 詩人が, 詩人であるべく, 詩壇から, 詩學が, 詩語を, 話から, 話でも, 話などという, 話文学の, 語の, 語數律等すべて皆韻律の, 読めるもの, 読者は, 調子絶句なら, 諧調が, 講ぜられる時, 講義を, 講釈をも, 讀者は, 讐敵であり, 資料の, 質をば, 起元する, 起原, 起原に, 趣きが, 趣を, 車を, 載せて, 轉結には, 追随者たちによって, 逆説である如く, 連中が, 連鎖であっ, 進化過程に, 運動と, 道として, 遺れるを, 部門的思考で, 都大, 采録を, 金さん戸台さん, 長さ, 開祖たる, 間にも, 限界を, 雑誌, 雑誌で, 雑誌に, 雜誌を, 霊泉を, 非凡と, 面白さ, 韓嬰, 音律価値を, 音楽的効果を, 韻なり, 韻律が, 韻律形式は, 韻文価値が, 順序が, 領分を, 領域は, 頷聯に, 題その, 題として, 題下に, 題目めく, 類が, 風格を, 飜訳みたいに, 飜譯が, 香気を, 體に, 魂が

▼ 詩~ (944, 9.2%)

5 言葉の 4 一つも, 志なり, 略する

3 [11件] かうである, 人間の, 實に, 必しも, 志を, 文学の, 決して, 省く, 私を, 詩の, 集に

2 [81件] いづれも, およそ私, お作りに, かくの, この点, すべての, すべて私の, それ自ら一種の, たくさんだ, ただ病める, どうなる, どう云, どれも, ない, ないか, なか, また常に, もつと, やはり詩, やわらかい言葉, わななく指, ハルトマンが, 一般に, 事実の, 五古, 五首ある, 亡びる, 人間を, 今日の, 何よりも, 余りにも, 刺なり, 前の, 古典的でなけれ, 唐以上と, 地上の, 堕落する, 如何, 年齢と共に, 彼の, 後代の, 情緒の, 想像に, 愈素晴らしい, 技巧意識を, 抽象的に, 日本語を, 明治四十年代以後の, 書いて, 最も放縦, 本質的に, 栄えて, 此に, 此による, 永久に, 活差別相を, 流景, 淑やかに, 現在の, 発想であり, 確かに, 神の, 神秘でも, 私に, 私の, 結局新しい, 若干の, 荘重典雅な, 著るしく, 親しいもの, 記憶に, 詩として, 金に, 閑人の, 青年の, 青春の, 音律要素を, 音楽と, 韻律の, 韻文の, 高踏派の

1 [732件 抜粋] あきらめて, あつて, あのカルヴェール, あの感覚, あや, あらゆるもの, ありゃどういう, あるが, あれも, あんまり上手, いかにと, いきづきしらべであるさけびであつてもうめきであつてはいけない, いくらか厭世的, いたいたし, いつの, いつも僕, いつも山頂, いつも時流, いつも音楽, いまでも, いよいよ下手くそ, いわゆる詩, うしほ, お父さんわからん, かかないで, かかる形式主義, かくて, こ, こうである, このごろの, この中間, この時, この詩人, この間の, この音律美, この高踏詩派, これに, これによって, さう, さうい, しらないが, すくなくとも著者, すこぶるセンチメンタル, すべて呼び水作用の, すべて大いに, すべて無韻素朴の, すべて金沢市より, そこの, そのころ, その人, その余事, その始め, その宗教的精神, その實, その幽, その情感, その旧作, その最後, その過程, それきりで, それと全, それの, それ故に, それ自らの, そんな世間的, たいてい此, たしかに, ただ技だけの, ただ詩, たとい一行, ちょうどこの, ついに社会革命, ともかく言葉, どういうもの, どういう目的, どうかしら, どうして作る, どこか, どんな工合, どんな詩派, ないが, ない筈, なお今後, なかつたの, なかなかむずかしい, なまなましい傷心, ふたたび詩, ふるきほど, まさしくその, まさに涙, また僕, また言, まだと, まだ感得主義, まづく出来た, まねごとな, むずかしくて, むづかしくてわからないかも知れません, もう詩作, もとより日本, もと実体, やはり, やはり音律, よかれあしかれ出, よく生, わからない, わかりにくく, われわれには, アルカィックな, エセーニンが, オスカア・ワイルドの, サアジェントとか, ダメです, テーマが, ミスオースチンの, ラクな, ヱルレーヌでも, 一たび死したる, 一つの, 一として, 一代の, 一向に判らない, 一家の, 一文にも, 一気に読み得る, 一番下手でした, 一瞬間に, 一部の, 一韻到底, 七月朔より, 七篇ほど, 七絶二首である, 七絶蝶と, 三本木, 上に, 不健康であり, 不規則な, 世界に, 世間に, 世間的には, 中国の, 中国文学に, 主観を, 主観上に, 予期し, 事実では, 二行の, 二首あ, 五律である, 五言四絶わずか, 人に, 人の, 人生の, 人間性の, 今わたくしが, 今後もつ, 仕合せと, 他の, 以上二首のみ, 何となく散文的, 何の, 何れの, 何れも, 何等空間的, 作っても, 作らないの, 作らなかつたの, 作らぬと, 作るなと, 作れないと, 作れません, 作者の, 便宜上仮名, 偉大なる, 傳つてゐない, 僕に, 優麗典雅で, 元より, 元禄時代の, 先年那須の, 入り乱れたるも, 入院直前および, 全くの, 全く十五歳, 全く地位, 全然民衆的, 全然音樂, 全部発表した, 公衆から, 其の寒山, 其の時代, 具体性が, 内容から, 冗長なこね回した, 写し取るの, 凡てこの, 出來, 出来たと, 分らないん, 初めて, 到底外国語, 到底宝暦明和, 前年丁亥の, 前集, 剽窃だ, 勝伯の, 勿論また, 北京で, 十六七歳から, 十数年に, 十数首の, 千余年前シナの, 単なる遊戯, 印刷機械の, 却つてその, 又た, 又初, 叫びである, 吟じ終って, 唄う時, 唐詩選にでも, 單なる, 嘉永四年余が, 嘉永四年辛亥元旦の, 四つの, 固より, 国民詩の, 國民の, 執し, 夙に有名, 多くパリ, 多少皆, 大きい実質, 大したもの, 大別し, 大半柏軒の, 大方叙情詩, 大概そ, 天保元年庚寅三月晦の, 奇縁か, 奈良朝の, 妙甚候, 始まるべしとぞ, 字, 存じません, 学校の, 完全に, 定律詩, 実にさみしく美しい, 実に近代的叙事詩, 実はその, 実を, 実際に, 宴會の, 實は, 實感の, 小説に, 小説の, 尚甚だしく, 尚詩壇, 山陽心酔者と, 岩波文庫本では, 巣鴨の, 巧み珠玉, 常に散文, 常に田園, 常識では, 年豊に, 形の, 彫琢の, 彫虫篆刻, 彼でなく, 彼女の, 彼等自身が, 往迹を, 後世が, 微妙でない, 心情から, 必ずこの, 必ずしも同じ, 必ず主観主義, 必然に, 快楽の, 忽ちチチコフ, 思ふ所, 恋だ, 恐らく只, 恰も, 悉く存, 悉く暗記, 愛でがたし, 感じないでも, 感情によって, 憂鬱に, 成り, 我々にとって, 我が生来, 或る, 所詮この, 手苛く, 批評である, 抜き差しならない, 抽斎の, 散文である, 散文に, 文字の, 文学であり, 文学史の, 斯くあるべし, 新しくつて, 新聞に, 斷じ, 日常雅事俗事と, 日本人に, 早くより, 明らかに, 昔に, 昔の, 智の, 曲節の, 更にまた, 書かないかも, 書かれても, 書きだして, 書けません, 曹植の, 最も偉大, 最も彼, 最後の, 朗読に, 未だ嘗て実地, 末の, 本当の, 本来感情の, 本物として, 本質上に, 杜甫の, 東洋に, 柏軒が, 梅を, 極めて短く, 榛軒が, 横道に, 次の, 歌謡との, 歓びの, 止めて, 正しくその, 正しく韻文, 正に老年, 正直だ, 此の, 此儘では, 此方の, 此時作つたのださうだ, 此處にも, 歴史上の, 死後, 殊に其力, 民衆の, 汎く, 決して僕, 決して所謂散文, 決して散文, 決して涙, 波揺らぐ, 浪漫派を, 深く対象, 溢れて, 滅びると, 澤山ある, 灰に, 炉辺の, 無意味で, 無用だ, 無論の, 無限に, 爆彈に, 父の, 猶それ, 猶男の子, 現在しない, 現実から, 理屈っぽくて, 理窟ぽい, 理解できなかったろう, 甚だ其の, 甚だ幼稚, 生まれ芸術, 生れない, 生れます, 生れる自己燃焼, 生命の, 田舎へまでも, 當時に, 當然散文に, 疑と, 病中偶作の, 發想の, 發表し, 百行内外が, 皆主観的であるべきで, 益々写生的, 直に自己, 真に詩, 真似事な, 真実では, 知らないの, 知識ある, 短いが, 短かい, 神聖じゃ, 神聖恋は, 私たちしか, 私にと, 私達の, 科学である, 稀に, 立派な, 竟に, 粘土細工, 糞の, 純真不, 純粋に, 素質的に, 終る, 経験である, 絶対の, 総ての, 羌村, 美や, 翼なく, 老年の, 腐敗した, 自作である, 自己の, 自然景象を通して, 自由詩でなく, 自由詩と, 良剤, 芥川の, 花束と共に, 芸術の, 菅公の, 菅茶山に, 落第を, 藝術的未成品である, 蘭人短命と, 虚である, 行手の, 表現としての, 表面の, 西洋の, 西洋派の, 見出されるの, 見直される意味, 解らないの, 言葉以上の, 詩で, 詩である, 詩でなけれ, 詩に, 詩によってのみ, 詩人の, 詩劇は, 認めにくい, 読みつげば, 読んだが, 読んでは, 調べである, 諳んじて, 講ぜられた, 豪放な, 豪放磊落な, 起らないの, 起らない一般讀者, 近世紀, 近代に, 退屈を, 遂に成らず, 道樂よ, 邪宗門の, 金剛石より, 鈍感な, 閑日月ありだ, 隠者の, 霊魂の, 青春である, 音律を, 音楽の, 音樂家への, 韻律といふか, 韻文としての, 頗る解し, 頗多い, 題の, 風化作用を, 駄目だ, 駄目な, 高蹈派等

▼ 詩~ (728, 7.1%)

28 云ふ 16 して 15 對する 14 就いて, 於て 13 於ては 10 なって 9 曰く 7 對し 6 於ける主観派 5 あっては 4 作曲した, 唄はれ, 就て, 於ても 3 ならない, なる, なると, 出て, 基づいて, 徴し, 次韻, 見えて, 近い小説

2 [55件] あつて, ある, あるよう, いふところ, こんなの, しても, すぎないが, とつて, なつて, なりそう, なりはじめた, みるやう, よりて, 一身の, 不満を, 不満足な, 云く, 仕上げて, 入ること, 取り入れようと, 始まって, 就いての, 属する, 心を, 接して, 於いて, 於ける客観派, 於ける形式主義, 於ける特殊, 於ける現在語, 於ける逆説精神, 曰ふ, 書いて, 有名な, 李杜を, 歌はれた, 歌ふ, 比して, 注げり, 満足する, 現れた言語, 由つて知られる, 異常の, 相当に, 至つては, 見るやう, 見るよう, 詠じ歌, 象徴を, 近いもの, 近いよう, 述べて, 關する, 限り象徴派, 非ず

1 [438件] あそび水墨, あったけな, あらず芸術, あらねども, あらは, あらわされる精神, あらわし一文, あらわれた境遇, あらわれて, あるじゃ, あると, あるとも, あるの, あるは, あるやう, あるん, ある心持, ある快活, ある登樓空望往來船, ある道理, いう揺籃, いう道士徐, いたく感動, いつしか暮色, いふ揚子江頭楊柳春, いふ渺莽, いふ溶溶渓口雲, いへるも, いわく, いわく他, うたったその, うたって, うたつた, うたつてゐる, うたつて良寛さんに, うたはれ, うたはれた, うたひ, えがき画工, お作りに, かう云つて, かかれて, ききほれたもの, くらべても, この人, こもらんとして, こるみたい, こんな景色, さはる, した大河, すぎないの, すっかり涙, すること, する事, すれば, せよ句, その規約, そへ, それを, たくしながら, だつて, ちなんで, ちょっと魅せられる, ついて, つきあたる, つくったし, つくりました, どこか, ない, なったの, なったり, なつた, なつてる, ならないこと, ならぬ唄, なりさ, なりその, なりはじめて, なります, なり俳句, なり得ない事, なり得るので, なり得るわけ, なるか, なるであろう, なるでしょう, なるね, なるやう, なる為, なる身の上, はね続篇, ひかれて, ふくまれるもの, またこの, みちたかぐわしい, むさぼりて, よく出, よった劇的物語, よった音楽, よみが, アンリ・ド・レニエの, イノチが, イマアジュが, カリグラ帝の, ギリシア人を, シューバアトが, パルナッシャンの, プロパーな, リアリズムが, リズムが, リズムの, 一も, 一囘蹴, 一生懸命にな, 不図心, 乏しい彼, 亀山城の, 人情已厭南中苦鴻雁何自, 仕へて, 付けた六つ, 付けた未知, 代へ, 代へた, 似たよう, 似たるが, 似て, 何が, 何といろいろあるでしょう, 作つてある, 作つて之を, 作りあげて, 作るだろう, 作曲し, 依つて, 倣うたもの, 倣つて作つた, 傍人送, 傚って, 傚つて若しも, 傾倒した, 入つた, 入つて, 入らぬは, 入る, 入れて, 八詠樓中坦腹に, 共通する, 具は, 出会った時, 別れた僕, 別れた室生君, 到達した, 劇に, 勵まされ, 即して, 厚葉繊枝雑絳嚢と, 及ばざること, 及ぼすもの, 反撥する, 只知君報国満腔気, 史上の, 同じ, 同じ間中, 同感する, 向いて, 向ふ, 君子に, 含められて, 呆けぬ, 和し, 和陶帰園田居六首と, 咏じ, 哲学を, 哲學が, 問ふ, 啜り泣く, 因て, 圏点の, 執するは, 堪能, 士を, 変つ, 多いやう, 多く有る, 多く見る, 多大の, 多少の, 大道平, 女が, 女の, 好いこの, 始まった日本, 嫁する, 定型が, 定形律が, 定形律の, 対す, 専念したい, 對對來尋花下繩雙雙去作雲間戯と, 導かれて, 小病無, 就いては, 就いても, 屏風誤, 属さない, 属して, 属し叙事詩, 左の, 年歯を, 引きつけられた, 彫刻に, 復活する, 徴する, 思及ぶ, 惑溺し, 感動いたし, 感服し, 慊らない, 戻つて, 所謂吾骨天賦予なる, 托して, 抱かれながら, 押韻の, 拠った, 拠つて蘭軒等の, 拡張したら, 持って, 接したの, 接した時, 改鑄する, 整へられた, 文学に, 新しい価値, 新しい斉, 於いては, 於けるこの, 於けるたて, 於けるの, 於けるイデヤ, 於けるクラシズム, 於けるディオニソス, 於けるヒロイズム, 於けるリズム, 於ける一切, 於ける二つ, 於ける北原白秋氏, 於ける同じ, 於ける外形, 於ける如き言葉, 於ける快楽, 於ける権力感, 於ける第一義感, 於ける絶対的客観主義, 於ける自然主義, 於ける詩, 於ける音律性, 於ける音楽, 於ける韻律観念, 於ての, 旅行記に, 明るいメロディアス, 曰う, 曰く風雨晦し, 書いたんで, 書かれないやう, 最も適する, 最上の, 有之, 梅と, 次の, 歌うまでには, 歌ったごとく彼ら, 歌つたと, 歌つて居ります, 歌ひ込んだ, 歌われたる友情, 歌われた根府川石, 歌を, 歌管樓臺人寂寂鞦韆院落夜沈々と, 歓びを, 正気の, 残されて, 殘つてを, 比するに, 水抱巌洲松孑立雲竜石窟仏孤栖といへる, 求めたの, 求めて, 汝と, 沈潜する, 泣きつ, 活差別相あり, 浴しつ, 浸るの, 涸れて, 添えて, 満ちたもの, 準じて, 漢家多少, 灑ぎ半ばは, 為た, 熟達した, 熱心で, 物理学の, 狂するの, 現はし度, 現れしが, 現れて, 現れると, 現われた民族的国民的, 現われて, 現われない筈, 理想あらはれたる, 生きよ, 生き詩, 生計の, 用いるの, 痩せ詩, 発す, 盛られたが, 盛られた思想, 盛られる伝統, 盛るには, 直し詩, 直すと, 瞑想的な, 神様という, 禍を, 私は, 移りなされと, 移る, 移入したく, 立ち戻りませんか, 第六句, 箇人的でない, 箇条を, 精神し, 結束衫裙學僊擧と, 綴つ, 編みこれ, 纒める, 署名した, 翻弄され, 翻訳した, 聞き惚れたばかり, 聞き惚れて, 聴き入る, 自信の, 自信を, 自分で, 自由詩の, 自由詩は, 自註, 至るまで, 若い男女, 苦しみ通して, 著しく現れた, 蘭軒に, 虚飾あるべからず, 行き止ったもの, 行き貴族的, 行く人, 行く外, 表現した, 見えたる如き個想, 見えたアガメムノン, 見えない物名, 見えながら, 見えるやう, 見られるその, 見るスコットランド人, 見る如き官能, 見る宿命論的, 親しまうとも, 親しみにくい, 触れるにつけ, 言う, 言ふ, 言われた如くオペラ, 訓し, 託さうと, 託して, 記実的の, 訴えてのみ, 評論に, 詠まれたよう, 詠んだため, 詠んだり, 詩以外の, 詳しいの, 読み耽って, 謂は, 謂ふ, 譯し, 讃嘆を, 貧を, 貫かれたもの, 賦す, 走ったであろう, 走って, 赴くので, 趣味性としての, 跋し, 転ずるや, 近い形, 近くハイカラであった, 近く発展させた, 近時無, 退屈し, 退屈しきっ, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなかつた, 適しない, 酒を, 重んず可, 金鉱を, 長じた, 関心を, 関連し, 關した, 關係深き, 附した番号, 限つて居る, 限らず小説, 限らず本質, 陰晴朝暮幾回新已向虚空付此身出, 隻耳を, 集めたるやう, 雙上雙下亂晴野之, 霞亭が, 音楽に, 響くによりて, 頭を, 類して, 類似する, 魅せられ詩集, 魯頌あり

▼ 詩~ (634, 6.2%)

59 ある 7 あるの 6 あつた 5 あります, 生れて 4 あつて, あるが, あるん, 亡びるという, 好きで, 書いて 3 あった, 出来た, 詩である, 載って

2 [43件] あったの, ありました, ありますね, あり歌, あり親父, あるから, あること, お出来, かくも, できると, どんなに深く, ない, ないの, 五首ある, 人を, 今日見, 他の, 内容の, 出て, 創造される, 四首ある, 多いの, 好きよ, 当然未来, 所々で, 散文でない, 書かれて, 書きたい, 有望である, 泰西の, 無い, 生じるの, 生れた, 生れるの, 生れる訣, 発表された, 盛んに, 真の, 私に, 色彩の, 言語の, 非常な, 音律を

1 [430件] あざやかに, あったこと, あったもの, あったもん, あったよう, あったわね, あって, あつてさ, あまりよく出来, ありそう, ありまして, ありましょうもう, ありますから, ありまする, あり七ヶ所, あり作者, あり得ない, あり得るとは, あり日記, あり柏軒門, あり音楽, あるか, あるかと, あるくらい, あるこの, あるだろうか, あるであろうか, あると, あるという, あるなどという, あるのみ, あるばかり, あるべきである, ある所以, ある發達, あれば, いかに眞人, いくらか出, いつまでも, いつも韻文, いつ如何, いるのよ, うたわれるよう, うまいと, うまいん, うまかった, おとしめられ詩人全体, きざまれて, ことに傑作, この, この人人, この任務, この集, これな, これ等の, ございます, さうである如く俳句, さうよく, しまって, すきで, すでにこの, すべての, そのすべて, その北方的, その同じ精神, その家, その新しき, その時代, その第, その頃ボードレール, それからどんなに, それらの, たいへん好き, たくさんでき, たくさん書けた, たしかあつ, たたかう階級, つづくこと, できた, できたが, できたに, できます画, できるに, でき共に, とても自慢, とぼしい, どういふ, どれだけ, どれほどハアト, どれも, どんどんこの, ないこと, ないという, ない詩, なかった, なかったら, なかつた, なかつたなら, なかつたら, なぜそんなに民衆, のった, のって, のってると, はじまる, はやり貴婦人, はりつけて, ふと彼, ぼくに, まず眼, まるで理窟っぽい, みんな自分の, もし主観, もし形式律, もし詩, もつと, ゆめが, よく文学青年, よしどんな, よまれた時, わかったとか, わからなければ, わからぬごとく吾輩, わからぬとは, わかるだけ, わかるとか, わくよう, われ, われわれに, イギリスの, エスプリすべき, オヤジに, スタアル夫人の, ソルボンヌで, ダダイズムの, ドラマの, ライプチヒの, リズムを, 一っ, 一つとして, 一世紀を, 一度よりは, 一番好い, 一番好きで, 一種の, 一篇生れ, 一般に, 一部に, 一首だに, 一體何時の, 三首あ, 三首ある, 上手で, 下手に, 不振と, 中国の, 中尉君自作の, 中途に, 主として收め, 之れ, 二つある, 二首あ, 二首ある, 亡びること, 今よりは, 今日の, 今日まで, 他日, 代表し, 休息の, 作りたいと, 作りたくなる, 作れさ, 作れないという, 作れぬという, 作れぬといふ, 作れよう, 作れるよう, 傷つけられること, 僕らを, 元である, 充分に, 全感的, 六首あ, 其時代の, 其集に, 兼ね備, 凡六首ある, 出ないうち, 出任せな, 出来かかって, 出来そう, 出来まこと, 出来ました, 出来るか, 出来ると, 出来るの, 出来上るまで, 分らない, 分るか, 初めで, 初めであろう, 判らなかった, 到底アルシャイスム, 十九首の, 十五年前に, 十分に, 印刷された, 印刷される, 印刷し, 危険思想である, 即ち俳句, 原文の, 収録され, 取った道, 合唱せられ, 向島の, 含まれて, 唄は, 唐の, 在るのみ, 場所を, 売れる, 多い, 多かった, 多く今, 大変好きでした, 大変好きに, 大好きな, 大流行, 大衆に, 天地を, 夾雑し, 好きだ, 好きだった, 好きだつ, 好きでした, 好で, 妙な, 存し, 存在し, 安全弁的役割から, 宋の, 完成する, 実にぴつたりと胸, 実現される, 導いて, 小説の, 小説よりも, 少いの, 少し饒舌, 少なくともドイツ, 少數, 尽きて, 工夫された, 常に俗衆, 常に虐遇, 年十五の, 幾篇か, 幾篇も, 形式に, 形式上の, 彼には, 得難いの, 御飯の, 心に, 必らず, 思い出される, 感傷に, 感情の, 成るので, 成立した, 我我の, 所々に, 所在する, 手に, 手始めで, 扱つてゐる, 揮亳せられ, 散文的な, 数千年そのまま, 整つてゐる, 文壇から, 文学であり, 新らしく, 旋律本位で, 既にやり通した, 既に自ら語つて, 既に音楽, 日夏の, 日本に, 明治の, 普通, 智慧といふ, 書かれたり, 書かれてるの, 書かれ学者, 書きつけて, 書けさ, 書けないから, 書けなくなって, 書けなくなれば, 書けはじめたの, 書けるか, 書けるよう, 書付けて, 有する第一義感, 有ったろうが, 有用か, 朗読されはじめた, 本もの, 本來音樂, 本来彫刻的である, 本質する, 根本的に, 極めて少い, 楽書し, 構成され, 欲しくなる, 歌はれ, 歌われて, 此の, 此遺書に, 残つてゐる, 残らず皆完全, 段々進ん, 気に入らないくさりつ, 没書にでも, 沢山のっ, 流れ出して, 流行って, 浮ぶので, 浮んだこと, 滅びつ, 点睛を, 烟火戯を, 無いという, 無かつ, 無くなる, 照り栄えて, 特種な, 独特である, 猶十八首, 現象の, 甚だ尠, 生まれたの, 生まれでようと, 生まれ出る, 生れる段階, 生れ来ったという, 生活に, 生活の, 田では, 畢る, 登場し, 白氏文集に, 目に, 眞に, 真に味, 真に味わえ, 真に詩, 眼に, 砂漠の, 禍し, 私の, 稀世の, 立派である, 精苦し, 終つても, 終戦直後の, 結び付いて, 美しいの, 美術に, 脆くも, 自分の, 自由詩たる, 自由詩と, 致命的に, 舊詩壇に, 芸術としての, 苦悶し, 衰滅する, 要求されない, 見えて, 見えないの, 規定し, 観念に, 解らないと, 解る, 記されて, 記憶を, 証明し, 詩の, 詩存中に, 語って, 語るよう, 読まるる場所, 論ぜられて, 讀みたいもの, 貴族的であり, 賦され, 起った, 起り東, 載せて, 載つて, 載ること, 輕ん, 辞書の, 近世の, 近代に, 迸り出でる時, 道元に, 道楽と, 遺つて, 金に, 闕けて, 附録恥庵詩文草と共に, 随分美しく, 雄辯, 青年の, 青春の, 音律美を, 音楽に, 音楽を, 韻律と, 韻文の, 韻文を, 題して, 飛び出して, 骨, 鼻にか

▼ 詩~ (376, 3.7%)

9 真実 7 他の 6 云うもの, 眞實 5 なって, 云ふも, 小説との 4 なり歌 3 するには, 俳諧と, 小説, 散文とが, 民衆, 称するもの, 言うべきもの, 非詩, 音楽と, 音樂とは

2 [31件] いうべきもの, いえば, いへば, それらとの, なる, なると, 云うの, 化す幻術, 同じやう, 呼ぶこと, 小説とが, 小説とは, 小説の, 散文の, 歌と, 現実との, 真実と, 短歌を, 私とは, 称して, 美と, 美との, 美とを, 言うこと, 言ふ, 詩でない, 関係の, 音楽, 音楽との, 音樂との, 音樂の

1 [237件] あたらしい原稿紙, いい礼, いうと, いうべきは, いうべくあまりに, いうべく適切, いえないこと, いっても, いはるべき歟, いひ美文, いふから, いふ者が, いふ者を, いわず小説, この宇宙論, この歌, これが, さのみ, したい願い, しよう, しルーベンス, するか, そっくりな, そのあ, その文献, その詩, その貧窮, なさしめよ, なし夜半, なすだに, なすという, なすとも, なすに, なった, なった為, なつて, なりたるもの, なりでたらめ, なり多く, なり天下, なり文, なり村落巷里, なるところ, なるべしや, なるよう, なる力, なる可能性, なる日, よく似, プラスチックについて, リズムとから, 一々つい, 一致しない, 一致する, 三月の, 与に, 両立できない, 並ぶ絵, 云うも, 云える, 云つたとて, 云ふ, 云ふべき, 人は, 人類とは, 仮りに, 伝説の, 似た形, 似而非, 何れだけ, 作者を, 信仰のみ, 俳句とは, 俳句に, 俳諧とを, 全く同じ, 共通する, 冥想との, 別れる私, 劇的な, 句とによって, 句の, 同じき, 同じくいかな, 同じく先づ, 同じく広義, 同じく志, 同じく愛人, 同じく普遍, 同じく純粋, 同じく自然, 同じく超俗的, 同じほど, 同じもの, 同型の, 同程度, 名づくる, 吟とには, 吾, 呼ばるべき, 呼ばれてる一種, 呼ぶべく躊躇, 呼ぶ外, 呼ぶ言葉, 呼んで, 和歌, 哲学とに, 哲学とを, 哲学の, 哲学を, 変つ, 夏の, 夢が, 夢の, 如何なる関係, 存じ候, 宗教とは, 定律詩とは, 実際生活, 小説が, 小説とに対して, 小説を, 山家集と, 常識を, 後派の, 思ふが, 恋の, 恋愛詩の, 恋歌の, 悲劇の, 感興とを, 慰藉とを, 憂愁を, 戯曲とは, 戲曲との, 教化との, 散文, 散文と, 散文とに, 散文との, 散文とを, 散文について, 散文ほどの, 散文を, 文学と, 文学想念の, 文明とが, 文章とを, 旋律とを, 日記と, 時を, 曰ふ, 書と, 曾能子刀自の, 最近の, 有声の, 本当の, 本物の, 来たらてんで, 楽とを, 機構, 橿園に, 歌が, 歌とは, 歴史の, 比較すれ, 為り, 理想と, 琴と, 生活との, 生活の, 田では, 甲胄と, 申しまするもの, 異って, 皆沒理想に, 直接の, 相合し, 相対立, 相類し, 相類する, 真実以外の, 礼じゃ, 神の, 科学と, 科学の, 称し得ないよう, 称し得べきもの, 称する, 称する如き無韻, 称する詩, 称せられてる句, 称せられる詩, 称ぶ, 結びつけて, 緊密な, 縁遠くな, 縁遠くなっ, 繍鞋児を, 罵ったが, 美の, 考えるところ, 考え得ないよう, 芸術とは, 芸術詩人と, 蕪村だ, 藤田小次郎の, 見て, 見るならば, 見るべき文字, 解しても, 言い得ないもの, 言い得る程度, 言はれた, 言ふべきでない, 言わねば, 言わるべきもの, 言われたもの, 言われるの, 言われる概念, 言わんより, 評論と, 詩人に, 身振りや, 述作詩との, 造形美を, 遠い意志, 酒だ, 酒を, 雄弁並に, 音楽についての, 音樂とを, 韻律の, 韻文とが, 題するもの, 類縁が, 高蹈派

▼ 詩~ (178, 1.7%)

5 小説も 4 歌も 3 ある, あれば 2 あるが, ない, なければ, 三行詩も, 作って, 作るヴァイオリン, 僅かに, 書く, 此国で, 此國で

1 [143件] あります, あるし, あるん, いいよ, いかなる厭世, いづれに, うたも, うまく出来あがつた, おそらくは今人, おのれから, お作りに, お読みなさる, こ, ここに, この二つ, さうなる, その他あらゆる, その境地, その詩, それが, それに, つくるよう, つぶれない, てんから売れやしない, どうか心持ち, どの詩, ないわけ, なかつたの, なきも, なく歌, なく笑い声, なし句, はつきりした, またそう, また表現, まだです, まとまらず全く, やはりまとめ, やはり同, やはり音楽, よみたいと, わりに近代文学, 一々覚え, 一たび思議にわたりては, 一つの, 一の, 三四行のを, 五も, 亡びるであらう, 亦た, 亦五首, 亦寔, 亦然, 亦牝鶏, 今では, 今の, 何でも, 作った, 作ったし, 作ったらよかろ, 作らずに, 作らないし, 作られたの, 作り, 作りまた, 作り手蹟, 作り歌, 作り画, 作り金, 作ると, 作るという, 作る当時, 作れないの, 作れば, 作れる才人, 俗で, 僕よりは, 共に両方, 出でずこの, 出来ないし, 出来るから, 創り生涯文学, 十二行詩も, 単純な, 叙景や, 名詩, 多く一たびハツバス・ダアダアが, 多分さう, 存外首尾, 定律詩, 容易に, 少々有, 彼の, 彼等を, 得意だ, 慥か聞かされた, 持ったり, 捨てて, 捨て難い, 散文詩も, 数篇発表した, 明治二十三年の, 書いたこと, 書いて, 書くという, 書けなくなり反駁, 書けぬ, 格には, 楊妃に, 歌うよう, 江村寺が, 源氏の, 無論それ, 焼いて, 生き歌, 田では, 皆記, 相当新しい, 研究し, 童話も, 絵も, 美妙の, 美術も, 聞かせて, 至言には, 興に, 花も, 見えない, 解し難い, 読んどるに, 起りかけて, 載って, 輝や, 近ごろ逝った, 途絶えたが, 通り越し劇, 長谷川利行の, 随筆も, 音楽も, 韻文である, 韻文訳である, 風味すべき, 飜訳され

▼ 詩~ (172, 1.7%)

13 小説を, 歌を 11 歌の 7 小説の 5 小説は 4 小説に, 歌や 3 俳句を, 小説が, 小説と, 音楽に 2 俳句の, 劇や, 小説や, 思想や, 文章を, 歌に, 絵の, 絵や, 評論を, 雑文を

1 [83件] いわゆる怪奇小説, その他所謂偉大な, それを, なお着, シエークスピヤの, ハイネ, ハウプトマンなどの, ハーゲンや, ロマンを, 不健全な, 人間情緒の, 何かが, 俳句には, 傳奇小説を, 劇が, 十七字三十一字の, 句に, 哲学の, 哲学を, 唱歌が, 四重奏曲や, 小品ばかりを, 小説, 小説なんかを, 小説には, 小説にも, 小説ほどに, 小説も, 小説やの, 座興歌と, 彫像なんかに, 感想を, 戯曲という, 戯曲は, 批評や, 支那の, 散文が, 散文は, 散文詩やは, 文に, 文には, 文も, 文や, 日記からは, 書や, 松山出発以来の, 歌が, 歌についての, 歌には, 歌にも, 歌は, 泉の, 浄瑠璃に, 漢文を, 無韻詩をも, 独逸語詩が, 琵琶行の, 画の, 知力の, 礼を, 私の, 空想や, 童話は, 童謡や, 絵などを, 絵画や, 繪の, 自由詩の, 芸術上の, 表現を, 詩人を, 諷刺詩やの, 警句詩や, 象徴詩を, 近代の, 随筆は, 雑文の, 離騒の, 音楽など, 音楽などに, 音楽の, 音楽やの, 鴎の

▼ 詩には~ (101, 1.0%)

3 支那の, 西洋の 2 かう云つて, 何よりも, 驚くばかり

1 [89件] あらずや, いくらも, おなじみの, こういう長所, この, この便利, すくなくとも朗吟, そういう具体性, その所謂, それが, それ以外の, なるまいかと, よくこの, よくこれ, よほど油, より複雜, コロリと, リズムが, 不向きだ, 人に, 何を, 何等練習, 作者の, 使い古されて, 使ひ, 優れた写生力, 光明透徹し, 割愛し, 周復俊の, 和するもの, 夕陽庭院鎖鞦韆と, 妾字五夫到, 嫌気を, 字づら, 定律詩, 小引が, 小説あり, 小説の, 少しも, 巴里の, 常識が, 幼女十五纔出閨擧歩嬌羞花下迷自, 店の, 形體に, 形體上の, 律格が, 心ときめいた, 所謂, 拡大され得ない, 春字五遊人の, 春寒と, 時々戰場, 普通である, 未練がましくもう少し, 本来ある, 本来或, 楠公墓の, 此事を, 比較的それ, 泣くよ, 温李體, 漏聲透, 熱を, 猶事象, 猶飽き足らぬ, 現代の, 百姓が, 祈祷が, 立伝の, 紀元前四七六年の, 素よりポオザ公, 素より實感, 紫金城の, 絶て衰憊, 自我と, 芸術としての, 蘭軒が, 血の, 西洋流の, 見えないが, 触れない言, 詩人の, 起, 適当でない, 青杏園林花落盡晩風吹雨濕鞦韆と, 音律が, 韻字が, 響きも, 鳥獣草木を

▼ 詩~ (95, 0.9%)

8 あつて 5 あつた 2 なくして, 彼の, 有名な, 結局日本の, 食へては

1 [72件] あつたの, あつたらう, あらうから, あり得ない, あり得ないと, ある時期, いえば, いつて, おこない, おもい, おんみの御, かう嘆, かかれて, かゆいところ, こう嘆, しかも梵語, その善し悪し, それは, それを, のちの, みれば, もつて, よんだこと, シベリウスの, 一点符二点符三点符横線符休止符大文字イタリック文字傍線付の, 之に, 云えば, 充分で, 其引に, 叙事詩と, 名高い懐古園, 名高い懷古園, 名高き場所, 唐詩選に, 唱われたオスワルド, 埋まるに, 塗つて来ました, 多数の, 客観的分子を, 岡本かの子も, 当時の, 後世に, 想い出すが, 愛の, 抒情詩と, 既にリルケ, 書いた, 書いて, 最後なる, 染めた色彩, 海の, 燃ゆる, 現わ, 窓を, 蘇らせられようとは, 表は, 言えば, 記されたところ, 記憶し, 訴えたい, 詩人好みの, 詩学の, 読んだ, 読んだ思想, 返したという, 選體即ち, 鍛冶派, 陵園を, 韻の, 風俗を, 飾られて, 飾りたいの

▼ 詩という~ (81, 0.8%)

12 ものは 11 ものが 5 ものを 4 言語が, 言語の, 言語を 3 ことである, ものの 2 のを, 言葉が

1 [31件] かもっと, ことに, ものに, ものについて, もの今存する, わけには, ジャンルから, ジャンルが, ジャンルを, 事が, 伝統的に, 単に作品形式, 名は, 問題も, 四文字を, 奴は, 字も, 形式に, 性質を, 感性に, 文学の, 文学は, 文学的形式と, 文芸が, 芸術の, 観念から, 観念が, 観念の, 言葉から, 言葉も, 魔物の

▼ 詩である~ (77, 0.8%)

5 ためには 4 ことを 3 以上は 2 か, ということ, といふこと, にはちがい, のか, やうに, 事は, 俳句は

1 [49件] かと言う, からそれ自ら散文, から文学, か否, か私たち子供, がただ, が作者, が蕪村, が露風氏一派, ぐらいの程度, ことから, ことは, ことも, その鉄則, ために, という意味, という点, という確証, といっ, といふの, といわるる, ときに, としか考へられない, として, として考えられた, とすれ, ともいえる, と小説, と思ふ, と思わず, と自分, と言, と言った, と言わね, のに日本, のみで, はいう, ばかりでなく, ものと, ものは, ような, 俳句に, 俳句に対する, 故にあ, 漢詩が, 為では, 画である, 私の, 音楽である

▼ 詩とは~ (77, 0.8%)

9 何ぞや 6 何だろう 5 なにかと 2 なにかとの, なにかも, 云へ, 情象する

1 [49件] かういふもの, この主観的, これだ, そういう風, ともに自由, どういふ, どこかの, なにかが, なにかという, なにかの, ならなかったの, なんと違っ, リズム, ワガマヽな, 主観に, 云つても, 五官及び, 何等かの, 何等の, 別種の, 只関係, 叫びである, 実に主観的態度, 形式韻文である, 怒りである, 思へないもの, 感情の, 打つて, 日本語の, 欧洲に, 殆ん, 汗だ, 決してそんな, 滅びること, 独逸人の, 畢竟この, 畢竟同, 考へたもの, 蘭軒榛軒の, 見られては, 言へ, 言葉の, 詩的な, 辞書が, 音律を, 音律本位の, 韻律によって, 韻律の, 體が

▼ 詩でも~ (68, 0.7%)

4 作って 2 読んで, 買つ, 道徳でも, 音楽でも

1 [56件] あげましょう, ありうる, あるの, ある様, すべて詩としての, そうです, つくるの, ない, ないと, ないの, なくまた, なく子供, なければ, なし和歌, なんでも, やはり漢詩, 人によ, 低誦したくなる, 何でも, 作らせて, 作りそう, 作りたいの, 作るかな, 作ろうと, 印象の, 同じこと, 吟じながら, 吟じるが, 吟じるよう, 声高く, 定律詩, 戯作でも, 戯曲でも, 散る氣, 文でも, 日本には, 春夫氏の, 暗誦し, 書いて, 書かうよ, 書けば, 有り得ない, 朗吟すれ, 朗誦し, 歌でも, 歌と, 犀星氏の, 聞かせてて, 聞くよう, 芝居でも, 観想でも, 観照でも, 誌し, 読むかの, 諳誦する, 音楽として

▼ 詩~ (68, 0.7%)

54 の人 2 にあら, にあらはるべき, にある, にはおの, の光景, の美女善女, の茱萸

1 [45件] と同じ, にて見るべし, には見えない, にほのめかし, にも, にも経, にビッチ・ノヴェルロ, に三郎紫笛弄煙月, に二三, に入らざる, に入る, に入るべき, に入るる, に写す, に持ち来っ, に故人, に斥す所, に楓, に檀州, に歌, に求める, に活動, に湖国, に漲りぬ, に百濟, に臥蓐, に見え, に詳叙, に青, のもの, の人物, の代表的, の優秀, の内容, の句, の夢, の妖艷, の希臘, の支那, の景, の景物, の歌, の詩, の趣, より取つた

▼ 詩では~ (63, 0.6%)

22 ない 5 ないの 3 食へ 2 ないか, ないが, 到底生活

1 [27件] あつた, ありません, ある, あるが, あるけれど, あるまいか, あろうが, これが, それが, ないから, ないけれども, ないです, ないのべつ, ない耳, なかった, なかつた, なく和歌俳句, なく散文, 句法が, 大體, 斯う, 月と共に, 決してない, 決してなかつた, 謳い切れず表現, 音韻が, 韻律上の

▼ 詩~ (62, 0.6%)

3 か何, と云っ 2 がその, つて, といふ, と思った, と言う, な

1 [44件] から事, から先づ之, から話, か哲学, か散文, か画題, がこの, が例へば, が当時, が才子, が然し, が私, が詩, けれども才子, こ, そうだ, そして詩, つたと, つてダンテの, ということ, というの, といっ, といつ, とか口調, とか読み出し, とし, とはお, とも思, と前, と嘆賞, と彼, と思います, と思ふ, と思ッ, と感じた, と答えられた, と言った, ね夏, のを, もの, よ, よ七言絶句, わ, わねえ

▼ 詩にも~ (62, 0.6%)

4 歌にも 3 見えて 2 それを, 優りたる者, 出て

1 [49件] あたえられず独りただ美術, あったが, あるの, あるやう, いっこうに, こうやっ, したいほどの, それが, つくつて, どの詩人, なってる, ならないが, ならんと, なりは, なり絵, なる, なるべき景色, なる句, なる男, よく万斛, 不遇を, 何にもな, 何処かの, 作られ歌, 作り月花, 作れ, 優りたるもの, 優れて, 勝った表現, 十五種ほども, 和歌にも, 堪能である, 多少人道主義的傾向, 屡, 左様の, 度々よい, 書きつれ, 次の, 歌われて, 漢詩にも, 盛んに, 絵にも, 老翁娶, 誇張が, 論説にも, 進んだ, 道教香氣を, 音楽にも, 頗る冷淡

▼ 詩~ (57, 0.6%)

2 の相違

1 [55件] からみれ, から云つて, が一時, が行, であつ, であり珍奇, で一代, で中, で大正詩壇, としては極めて, となり, との不調和, とはどうも, なりを速, な效果, にうたっ, にこの, にはやはり, には近代印象派, に一大革命, に入った, に到達, に動かされ, に對, に文語體, に於, に泣く, のすべて, の代名詞, の特色, の破壊, の變遷, の醇, は, はおだやか, はこ, はふしぎ, は一變, は一転, は古臭く, は時代向き, は概して, は概ね, は浪漫的, は詩壇, は象徴詩, もその後, をまず, をもつ, を他人, を受けた, を建て, を独占, を貶す, 即ち所謂

▼ 詩~ (53, 0.5%)

2 に入り, に対抗, の人々, の新派短歌, の盟主黄山谷, の翹楚, の運動, を結ぶ

1 [37件] から, からは今, がその, が起こりました, が麹町番町, とあららぎ派, といえ, と常に, にありし, に入社, に入社早々, に加, に在, のパンフレツト, のロマンティシズム, の交友, の仲間, の元老, の同人, の在った, の新風, の旧友, の標語, の與謝野晶子夫人, の若い, の記念事業, の諸, の象徴, の近く, は文学界, は新宿, をむすび, をめがけ, を出, を設立, を起し, を開いた

▼ 詩稿~ (50, 0.5%)

3 を持っ 2 を刪訂, を渡しました, を読み出しました

1 [41件] があった, が家, だけを携, と共に可, なぞを出し, などを携, に加, に対して此, に朱, に蘭軒, のなか, のわき, の事, の整理, の書き, の末, の次に, は曾, は真, や放浪日記, をごたごた, をば直に, をまとめ, をみせ, を一つ一つ, を先生, を刪潤, を反復, を失つて, を懷, を拡げた, を探し, を握った, を握つた, を机, を毎月東京, を渡した, を王生, を纏め, を讀み始めし, を返し

▼ 詩として~ (43, 0.4%)

2 新らしい

1 [41件] あるの, うたわれもし, おのずからな, その頃, それは, どういう価値, 上手な, 不自然な, 人麻呂の, 佐伯郁郎君の, 依然独立, 別にたてまつる, 味ふために, 奏でるより, 存在が, 季題が, 彼の, 心に, 感じられるかという, 感じられるの, 感心した, 成功する, 批判される, 日本読みに, 書かれた, 書き下ろしたの, 末流の, 用ゐられる, 画として, 発表した, 秀れ, 私自身を, 聞き光, 肯定され, 肯定しなかった, 自然に, 表現すべき, 見た場合, 観るとき, 読むから, 読むこと

▼ 詩~ (42, 0.4%)

2 があっ, が上野仙駕亭, を催し, を催した, を家

1 [32件] があつ, があるでしょう, が催され, が催された, が入谷村旭升亭, ではいり, で主人, とがあった, なども時々, に, には允成, には少々, に列, に列つて, に参, に招かる, に赴いた, の宿題二, の次に, の間, の題, は仙歌亭, は十九日, は此年四月, は酌源堂, を催され, を催したらしい, を催す, を夜, を宇治, を横田雪耕園, を草堂

▼ 詩といふ~ (40, 0.4%)

8 ものが 6 ものを 4 ものは 3 ものに, 事である 2 のは, もの, 型が 1 ものから, ものであります, ものにな, 三つの, 字を, 文学は, 神の, 言葉が, 言葉を, 霊祠が

▼ 詩から~ (39, 0.4%)

2 一切の, 小説に, 小説の, 離れて

1 [31件] きた慣用語, すべての, では, とったもの, とられた題, なつて, はじめて, 出たもの, 出発し, 取って, 取つたの, 受ける感じ, 受ける感激, 小説へ, 小説へと, 小説への, 得たところ, 思ひついた名, 戯曲へ, 散文の, 暗示を, 本当にこの, 生れるん, 眼を, 美を, 詩へ, 追い払われて, 逃げただ, 遠いから, 遠く離れる, 離れかけて

▼ 詩としての~ (35, 0.3%)

4 価値の 2 俳句, 基礎と, 第一条件, 魅惑を

1 [23件] ある程度の, 使用に, 価値は, 価値も, 俳句について, 俳句存在の, 價値を, 内容が, 十分な, 強い陶酔感, 意識が, 效果, 效果を, 格調も, 正しい評価, 真価については, 約束が, 純粋感銘を, 良し悪しは, 資格に, 霊魂が, 魅力が, 魅力を

▼ 詩~ (33, 0.3%)

2 が最古語, へ

1 [29件] からその, が形式, と詩人, について一言, について吾人, について言え, に共通, に属すべきである, に感化, に於, に於ける, の中, の主張, の人々, の信條, の傾向, の名目, の壓迫, の対立, の文人たち, の本質, の流れ, の称呼, の趣味性, の運動, は蟄伏, を敵, 即ち, 即ち写象派

▼ 詩~ (29, 0.3%)

1 [29件] がそれ, と逍遙, に享, の国, の大, の影, の歌, の沈思的, の許さ, の雲髪, の雲髮, の魂, はこれ, はひさしく, は又, は好ん, は息, は瓦礫, は蒼茫, への祈, をよべる, を代表, を思ふ, を懐, を摸したる, を畫, を立脚, 去らずこの, 去らず人間なほ味

▼ 詩~ (28, 0.3%)

7 のである 6 んです 5 のだ 3 んだ 2 のであります, んでさ 1 のかと, のであった, ので殆ど

▼ 詩~ (27, 0.3%)

2 の豊か, は大切

1 [23件] と気品, と相, などに共鳴, に富める, に溢れた, のある, のうち, の伝統, の和やか, の波動, の深い, は凡手, は蒼味, への不断, も逸し, も餘裕, をさ, をも感ぜず, を与え, を投げかけ, を漂, を那辺, 必ずしも豊か

▼ 詩について~ (26, 0.3%)

1 [26件] これ以上の, だんだんいろいろの, エッセイを, 一行も, 何事かを, 僕が, 先に, 叙述し, 同感し得ない, 批評家は, 書いたこと, 書いて, 書けないという, 真に何事, 考える時, 自分の, 見ても, 見なおすとね, 見るも, 見れば, 観察した, 話を, 語るの, 述べて, 述べねば, 音楽について

▼ 詩~ (26, 0.3%)

2 は主

1 [24件] とされた, とした, として提出, とする, となす, となつて一種, と感動, と為すべからざる, なりこれ, にふさ, のいかに, の対象, の採訪, の摂取範囲, の準備, は必, よりいふ, をなす, をはなれ, をマンネリズム, を拾, を求め, を求められた, を見出す

▼ 詩との~ (25, 0.2%)

3 間に 2 識域

1 [20件] ことが, ことに, 乖離を, 偉大な, 分離を, 区別に関して, 区別も, 対比を, 有機的な, 本質は, 混合を, 特異なる, 花が, 行き方, 違ふところで, 鑑識家でも, 関係が, 関係は, 關係だ, 關係は

▼ 詩であり~ (24, 0.2%)

2 抒情であり, 歌であった, 生活記録であり

1 [18件] さえすれ, ながら同時に, セザンヌの, 何が, 劇作家の, 土の, 夢で, 歌で, 私たちは, 私の, 等しく詩人, 素人の, 美であった, 芸術である, 芸術に, 詩的情熱の, 遅き日, 酷い運命

▼ 詩~ (24, 0.2%)

4 して 2 し美化, せられたる教訓

1 [16件] あるのみ, されそこ, された独得, されるわけ, した, したもの, しつつ, し小説化, し満目詩料, すること, するし, するほどの, すれば, せしむる, せしむるものにして, せられたり

▼ 詩~ (24, 0.2%)

102 には尚

1 [12件] にあ, には此春, に七絶五首, に五, に元旦, に唱和, に就い, の或は, はわたくし, は富士川游さん, を富士川游さん, を検する

▼ 詩などを~ (23, 0.2%)

2 見ると

1 [21件] いまふっと, すっかり日本, すつかり日本, やって, ミンナに, 代表した, 作って, 作つて楽しんだ, 作り詩人, 作るには, 入れて, 吟じて, 時々暗誦, 書いて, 書き込んで, 歌って, 見せたり, 記した頁, 読むという, 読んで, 讀んで

▼ 詩ばかり~ (22, 0.2%)

3 作って 2 では, 書いて

1 [15件] お書き, であると, でなく, でなく前, でなく拙著, でなく散文, でなく文学一般, でなく芸術的良心, なのにも, 作つてゐた, 出來, 書きつらねて, 沢山よまれる, 読んで, 読んでを

▼ 詩たる~ (20, 0.2%)

2 俳句の, 本質は

1 [16件] に負, に負かぬ, を知らざる, 俳句で, 俳句に, 典型の, 和歌と, 所以, 所以が, 所以である, 正体を, 為に, 特色は, 真の, 面目を, 魅力が

▼ 詩とも~ (20, 0.2%)

2 歌とも

1 [18件] いえる, いふべきリズム, だじゃ, つかない断片的, なり宗教, 云ふべく, 何とも思つて, 共通する, 古来いわれ, 小説とも, 思つてゐない, 情趣に, 散文とも, 無理想詩, 称べ, 自由詩とも, 解すべく, 言えるの

▼ 詩など~ (20, 0.2%)

2 競作する

1 [18件] あらゆるもの, いうもの, のは, 作って, 作らないで, 吟ずる時, 寄合書に, 幾つも, 愛して, 感想に, 按じて, 書いて, 書く人, 書く時, 書けるわけ, 書こうとも, 考え合わせると, 訳して

▼ 詩よりも~ (19, 0.2%)

3 小説よりも

1 [16件] おいらは, ましな, もつと, 九郎の, 六蔵の, 前の, 国際性に, 女中に, 妙である, 小説が, 插繪の, 民衆的な, 短篇の, 色で, 非貴族的, 高価で

▼ 詩~ (18, 0.2%)

2 に於ける

1 [16件] から散文界, とは見違える, と今日, に於い, に求むる, に移し植えた, に華々しい, の前途, の律令, の新, の秋, はさき, をわざとらしく, を二分, を顧みる, 最もこれ

▼ 詩~ (18, 0.2%)

2 であるから, をもたない

1 [14件] が朝, によって落下, によつて, に充ちた, に満ち溢れ, のない, の尊, の持ち, の飛躍, は唐詩, は時に, は生活, を叫ばす, を深く

▼ 詩~ (16, 0.2%)

2 と汝, にも

1 [12件] であった, なり, に, にしよう, に使つた, に驅, のいよ, の傍ら六号活字, の崇高, の長き, は主, は其一

▼ 詩とを~ (15, 0.1%)

2 一つに

1 [13件] アランの, 併せ含んで, 全く別, 判然として, 判然区別しよう, 包有し, 寄与し, 満載し, 織り込んで, 見出さうと, 見出そうと, 訳して, 誦すること

▼ 詩に関する~ (15, 0.1%)

2 一切の

1 [13件] いかなる認識, ものの, 智識の, 智識乃至, 本が, 本は, 根本の, 知識ないし, 知識の, 詩形上の, 論文だけを, 議論は, 長論文

▼ 詩をも~ (15, 0.1%)

2 のしたり

1 [13件] のすこと, 作つた, 包括し得る, 善くし, 善くした, 多く暗記し, 定律詩, 巧みに, 知る, 索めて, 識らず, 賦せられた, 録する

▼ 詩でない~ (14, 0.1%)

4 もの 2 ことには, ものとの 1 が同一, ことだけは, のだ, ものが, やうな, 表現に対する

▼ 詩によって~ (14, 0.1%)

1 [14件] あらわされて, ことばむしろ, グレイは, 名を, 婿を, 安直な, 強いて, 情意を, 氾濫され, 満足されない, 罪を, 自分の, 表現を, 試みた方

▼ 詩に対する~ (14, 0.1%)

2 理会と

1 [12件] こころ構えなど, 愛著は, 比較的まじめ, 比較的真面目, 理解の, 礼儀を, 解釈は, 詩の, 説明では, 長篇詩を, 関係と, 関心を

▼ 詩を以て~ (14, 0.1%)

2 嚆矢と

1 [12件] して, 優に, 分解す, 安易な, 新様式, 本職と, 梁川星巖柏木如亭及五山と, 浅薄露骨以て, 真の, 粋の, 蒲原氏の, 過去の

▼ 詩~ (14, 0.1%)

2 に於

1 [12件] からし, が立脚, で定められた, で言, といふ解釋, にて早く, に據, に立脚, の弊風, の見地, も必要, を持たないなら

▼ 詩~ (14, 0.1%)

2 はある

1 [12件] がある, た, については, に本国, に誠実, のほか, の一度, の表現物, を恵まれた, を感ぜしめた, を満足, を誘発

▼ 詩~ (14, 0.1%)

1 [14件] ある歎, であって, と云, と言った, と詩的精神, の幽玄, の探求, を感じる, を感得, を成す, を求め, を発見, を表現, を見出そう

▼ 詩~ (11, 0.1%)

2 歌か 1 不明である, 何かで, 小説か, 小説である, 歌に, 知らぬけれども, 空想か, 詩の, 賛か

▼ 詩です~ (11, 0.1%)

3 か, よ 1 がそれ, が音楽, けれどもわたくし, つて, わ

▼ 詩とか~ (11, 0.1%)

1 [11件] プウシキンの, 五とか, 五とかを, 哲学とかいう, 小説とかいう, 或は理想, 歌といふ, 歌とかいう, 民謡とかについては, 絵画とか, 美文とか

▼ 詩なら~ (11, 0.1%)

2 ば矢張り, んや 1 たくさんだ, たくさんです, とにかく精確, どんなの, ば日夕愛誦, 彼女の, 詩という

▼ 詩なる~ (11, 0.1%)

1 [11件] かなダンテ, か否, ことは, ことを, は之, ものが, ものは, ものまでが, やを知らざる, を妨げざる, を忘れつ

▼ 詩~ (11, 0.1%)

1 [11件] が有り, と一致, などの例, に彌, の中, の大, の方, の次第, の講義, は勿論, 若しくは書經

▼ 詩であっ~ (10, 0.1%)

1 てたまる, てはいけない, て前者, て四言, て季, て客観派, て客観的, て小説, て後, て殆ど

▼ 詩でなけれ~ (10, 0.1%)

3 ばならぬ 2 ば私 1 ども書生, ばなりません, ばまこと, ばよい, ば美術

▼ 詩あり~ (9, 0.1%)

2 や否, 云ふ 1 て確か亭主, と感ずれ, 後の, 爾来殆, 終に送り

▼ 詩などは~ (9, 0.1%)

1 さうい, ただ萩原さん, 一篇, 円朝は, 幾度も, 忘れて, 思いがけぬほど, 戯れに, 日本人故

▼ 詩に対して~ (9, 0.1%)

2 人以上に, 持つ情熱, 極端な 1 ある妬まし, 歌という, 破顔一番する

▼ 詩そのもの~ (8, 0.1%)

1 が要求, と思う, について語る, の罪, の腐葉土, は道庵, を手, を高価

▼ 詩だの~ (8, 0.1%)

3 歌だ 2 画だの 1 いやな, 文章だ, 随筆だ

▼ 詩なども~ (8, 0.1%)

1 ある, たいして出来なかった, 作ったり, 作って, 入れて, 大いに読ん, 文集や, 読んだが

▼ 詩みたい~ (8, 0.1%)

3 なもの 1 だ, だと, で美しい, な形式, に変

▼ 詩四首~ (8, 0.1%)

4 がある 1 が載せ, を得た, を採録, を載せ

▼ 詩~ (8, 0.1%)

1 ある者, として, についての私, にまでたかめられた, に乏しい, のタイプ, への自信, を少しく

▼ 詩~ (8, 0.1%)

2 に半ば絶望, の方 1 に大いなる, は身, も貫禄, を通覧

▼ 詩精神~ (8, 0.1%)

2 に敬服 1 が強く, が殆, の泉源, の涵養, やも既にほぼ, を認めよう

▼ 詩なり~ (7, 0.1%)

1 かし, 何なり, 抽象美の, 此の, 結象美の, 詩人の, 賦なりの

▼ 詩なんか~ (7, 0.1%)

1 では, どこの, 何の, 書いたこと, 書く奴, 止めましょう, 随分古語

▼ 詩についての~ (7, 0.1%)

2 見解と 1 もので, 対話, 自信が, 話ぐらい, 講座とか

▼ 詩については~ (7, 0.1%)

1 すべて発表時の, わが国でも, 何一つ言つて, 前にも, 私は, 著者は, 魯詩の

▼ 詩によ~ (7, 0.1%)

1 つてその, つてなぐさめられ, つて中佐を, つて伝へられた, つて作者は, つて兵士たちを, つて名を

▼ 詩ほど~ (7, 0.1%)

1 より観念, 古く遠いもの, 多くの, 学問を, 愚劣に, 真の, 詩形の

▼ 詩より~ (7, 0.1%)

1 うまいかも, とった題, ほかに, 一転し, 外には, 恋愛詩へ, 採つたの

▼ 詩らしい~ (7, 0.1%)

2 詩を 1 ものが, ものに, ものを, 文学を, 言葉の

▼ 詩以外~ (7, 0.1%)

2 のもの, の文学 1 には何, のいかなる, の物

▼ 詩~ (7, 0.1%)

1 が五卷, といふの, と云, には大師, の儘, の大要, は其の

▼ 詩~ (7, 0.1%)

1 あり, である, とすべきなれ, となりぬ, ならざるなく, なりき, に残す

▼ 詩生活~ (7, 0.1%)

1 である, といふこと, と日常生活, と称すべきなら, に沈潜, も既に, を日常生活

▼ 詩~ (7, 0.1%)

1 が必然, に興じ, に親ん, の才能, の談, は不一, をたのしむ

▼ 詩~ (7, 0.1%)

1 には此歴史上, に映じた, に映ぜし, に見る, を以てその, を蔽, 暗からざる

▼ 詩~ (7, 0.1%)

2 と云 1 である, で人生, の甚だ, の變化, を通じてその

▼ 詩うた~ (6, 0.1%)

5 ふ漁者樵者 1

▼ 詩としては~ (6, 0.1%)

1 あながちに, 巧いと, 成り立つが, 成功し, 最高度の, 見るに

▼ 詩とでも~ (6, 0.1%)

1 いったところ, いったよう, いつたところぢ, いつたやう, 命名す, 訳すの

▼ 詩などの~ (6, 0.1%)

1 あるもの, ならんで, 変遷と, 形式で, 汎濫, 経典にも

▼ 詩にて~ (6, 0.1%)

3 申候へば 1 いはば, 彼奴と, 申候え

▼ 詩~ (6, 0.1%)

1 が, と詩魔, の集, は十四歳, や梁川星巌, や鵬斎

▼ 詩~ (6, 0.1%)

1 であつ, として国府家, と交っ, と交つて切磋琢磨, にし, のエロシエンコ親交

▼ 詩~ (6, 0.1%)

1 が次第に, が高かっ, はいよいよ, を求める, を聞く, 兼ねて

▼ 詩存中~ (6, 0.1%)

1 に, にある, に尚, に見え, に載せられない, より

▼ 詩~ (6, 0.1%)

31 には, に二十一人, に所謂

▼ 詩~ (6, 0.1%)

1 には殆, に出発, は何等, も味, を寓, を意識的

▼ 詩~ (6, 0.1%)

2 の深意, を読み 1 の竜葢帳中, の龍葢帳中

▼ 詩~ (6, 0.1%)

1 うれしかった, の伝統, は一つ一つ, は大変, をきかせ, を話す

▼ 詩だけを~ (5, 0.0%)

1 ほめて, 思うまま, 感じる, 承って, 指すよう

▼ 詩であった~ (5, 0.0%)

2 ということ 1 がその, ことである, 時代かも

▼ 詩なんて~ (5, 0.0%)

1 ばかばかしいもん, ものは, 大事な, 止めようくだらない, 要するに空虚

▼ 詩~ (5, 0.0%)

1 出て, 向う私, 楽想から, 歩む途中, 走つた理由

▼ 詩または~ (5, 0.0%)

2 和歌が 1 俳句には, 和歌は, 歌に

▼ 詩やら~ (5, 0.0%)

2 小説やらを 1 その折々, 劇やら, 文を

▼ 詩をば~ (5, 0.0%)

2 古語 1 人々止む, 我等こそ, 類想詩と

▼ 詩一篇~ (5, 0.0%)

1 である, とを朗吟, などのどうにも, を掲げる, を示された

▼ 詩~ (5, 0.0%)

1 であった, である, となれる, に従った, の彼

▼ 詩全体~ (5, 0.0%)

1 から発見, に亘っ, に亘つて統一融合, に遍満, の本質

▼ 詩即ち~ (5, 0.0%)

1 今日の, 俳句だ, 和歌と, 文芸上の, 芸術品には

▼ 詩合せ~ (5, 0.0%)

1 から受けた, に促され, に専心, や聯句, を第

▼ 詩~ (5, 0.0%)

1 にも優り, に於, の深刻, も劣り, を立て

▼ 詩~ (5, 0.0%)

2 の富贍 1 を叫ん, を生ぜしめ, を養

▼ 詩~ (5, 0.0%)

1 の中, の解剖, をもっ, を出そう, を帯びた

▼ 詩~ (5, 0.0%)

2 に魅せし 1 とを併せ蔵す, の為, の翻弄

▼ 詩ある~ (4, 0.0%)

1 のみ, も亦, を見, を見る

▼ 詩こそ~ (4, 0.0%)

1 あなたの, 最もふさわしい, 私の, 類なき

▼ 詩こそは~ (4, 0.0%)

1 創造者の, 最も, 柳多留正調の, 自然の

▼ 詩しか~ (4, 0.0%)

1 作つて居ない, 作らないといふ, 口に, 書かないだろう

▼ 詩じゃ~ (4, 0.0%)

4 アない

▼ 詩それ自体~ (4, 0.0%)

2 の部門 1 の世界, の本質感

▼ 詩だった~ (4, 0.0%)

2 と思います 1 っけなあ, のでしょう

▼ 詩だって~ (4, 0.0%)

1 なかなか変った, ダンテの, 君詩人の, 散文で

▼ 詩なぞ~ (4, 0.0%)

2 愚劣な 1 書くの, 買って

▼ 詩などが~ (4, 0.0%)

1 その創作熱, ひよつくり思ひ浮ばうもの, 人を, 遺つて

▼ 詩のみ~ (4, 0.0%)

1 であるけれども, 余情のみ, 此の際最も, 評するもの

▼ 詩もて~ (4, 0.0%)

1 世を, 口を, 愛すべき膠着剤, 我後に

▼ 詩~ (4, 0.0%)

1 勒ス字ハ之, 為リテ曰ク, 賦スマコトニ一世ノ, 題スレバ墨色渙発シテ妙ナリ

▼ 詩一つ~ (4, 0.0%)

1 に就い, の小説, 出来なかったから, 書く気力

▼ 詩一首~ (4, 0.0%)

1 あり, とである, を作つて, を作つて彼等

▼ 詩三首~ (4, 0.0%)

2 があつ 1 がある, の一

▼ 詩二首~ (4, 0.0%)

1 あり, の一, を収め, を擧げ

▼ 詩及び~ (4, 0.0%)

2 淫売婦に 1 叙事詩から, 詩人に

▼ 詩外楼君~ (4, 0.0%)

1 から桂子さん, が突然, と同道, に感謝

▼ 詩~ (4, 0.0%)

2 の星 1 のかなた, の苑

▼ 詩~ (4, 0.0%)

1 であったからの, なる者多く, に通ずる, の如く

▼ 詩~ (4, 0.0%)

2 の金櫛 1 の約束, を知らぬ

▼ 詩~ (4, 0.0%)

1 である, の往反, を寄せた, を発した

▼ 詩~ (4, 0.0%)

1 に云, に見え, の, を取

▼ 詩~ (4, 0.0%)

1 に終つて仕舞つたの, の宴, の情, の風流

▼ 詩~ (3, 0.0%)

3

▼ 詩であるなら~ (3, 0.0%)

2 ば少年 1 ば必然そこ

▼ 詩でなく~ (3, 0.0%)

1 それ自ら定形詩に, て何で, 謂は

▼ 詩とかいう~ (3, 0.0%)

1 のを, 特定の, 特定ジャンルを

▼ 詩としても~ (3, 0.0%)

1 ある情調, 断然短歌, 高上し純化

▼ 詩などから~ (3, 0.0%)

1 スタートした, 得て, 推察し

▼ 詩などに~ (3, 0.0%)

1 ある通り, 縁も, 興味を

▼ 詩において~ (3, 0.0%)

1 あらゆる行, そうである, もしくは文章

▼ 詩においても~ (3, 0.0%)

1 古い詩, 必須的に, 若い文学

▼ 詩における~ (3, 0.0%)

1 ごとく平家物語, 対語でない, 観照の

▼ 詩についても~ (3, 0.0%)

1 おなじこと, 発見され, 知らないの

▼ 詩にまで~ (3, 0.0%)

1 うたって, 歌はれた, 高める力

▼ 詩のみは~ (3, 0.0%)

1 いつものけもの, 好きな, 遂にその

▼ 詩ばかりを~ (3, 0.0%)

1 よんだ, 作り而, 書いた

▼ 詩への~ (3, 0.0%)

1 あこがれから, 夕べ, 飛躍と

▼ 詩まで~ (3, 0.0%)

1 つくるとは, 作つてゐる, 書いて

▼ 詩人文素玉~ (3, 0.0%)

1 が爽, が百合, は玄竜

▼ 詩以上~ (3, 0.0%)

1 に切実, のある, の詩

▼ 詩作品~ (3, 0.0%)

1 もまた, を持ち, を蒐め

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 そのままの, もさすが, を一首

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 は炎々, を問, を攫まん

▼ 詩多く~ (3, 0.0%)

2 は一時 1 戰ひ

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 があつ, は今, も藤田家

▼ 詩成り~ (3, 0.0%)

1 て作者, て天, て我

▼ 詩数首~ (3, 0.0%)

1 があつ, がある, は茶山

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 では, としてまた, とせし

▼ 詩~ (3, 0.0%)

2 韻賦呈 1 韻以答

▼ 詩流儀~ (3, 0.0%)

3 の雑兵気質

▼ 詩物語~ (3, 0.0%)

1 があります, がどんなにまざまざ, を見つけ出したい

▼ 詩發生時代~ (3, 0.0%)

1 に就, の思ひ, を説く

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 を把, を讀み, を閲し

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 の心, の顔, はヨネ

▼ 詩~ (3, 0.0%)

1 が大体, というもの, とはいへ

▼ 詩調~ (3, 0.0%)

1 にあらざる, はさまで, を帯び

▼ 詩~ (3, 0.0%)

2 活きざらむや 1 活きざらん

▼ 詩髓腦~ (3, 0.0%)

1 と云, の外, を書いた

▼ 詩および~ (2, 0.0%)

1 歌おのおの二首あり, 詩人に対する

▼ 詩かと~ (2, 0.0%)

1 尋ねる者, 思うと

▼ 詩ぐらゐは小学校~ (2, 0.0%)

2 でも習

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 へ作つて, へ残した

▼ 詩さながら~ (2, 0.0%)

1 では, に釜

▼ 詩その~ (2, 0.0%)

1 畫心を, 第二

▼ 詩それ~ (2, 0.0%)

2 自體

▼ 詩たらし~ (2, 0.0%)

2 めんと

▼ 詩だけが~ (2, 0.0%)

1 本当の, 詩だ

▼ 詩だけしか~ (2, 0.0%)

2 作らぬ詩人

▼ 詩だけでも~ (2, 0.0%)

1 よろしからう, ニイチェは

▼ 詩だけは~ (2, 0.0%)

1 七五調の, 私にも

▼ 詩であります~ (2, 0.0%)

1 から表現, が若い

▼ 詩とが~ (2, 0.0%)

1 ある, 同居し

▼ 詩なく~ (2, 0.0%)

1 んば, 感激なき

▼ 詩なぞは~ (2, 0.0%)

1 もうこんりんざい書くまい, 謡って

▼ 詩などには~ (2, 0.0%)

1 ちっとも何, 軍隊も

▼ 詩においては~ (2, 0.0%)

1 歌と, 殆ど敬遠主義を

▼ 詩にては~ (2, 0.0%)

1 大叙情詩, 小叙事詩

▼ 詩にでも~ (2, 0.0%)

1 ありそう, なりそう

▼ 詩にな~ (2, 0.0%)

1 つて來る, つて居らん

▼ 詩にのみ~ (2, 0.0%)

1 赴くめ, 限定され

▼ 詩によってのみ~ (2, 0.0%)

1 批判され得る, 現わ

▼ 詩により~ (2, 0.0%)

1 てかの, 文芸の

▼ 詩に関して~ (2, 0.0%)

1 一同は, 邪説である

▼ 詩に関しては~ (2, 0.0%)

1 嘗て欧陽修, 早くから稽古

▼ 詩のみに~ (2, 0.0%)

1 留意し, 限られて

▼ 詩また~ (2, 0.0%)

1 同じ, 和歌と

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 さよならと, 君と

▼ 詩二つながら~ (2, 0.0%)

2 人界の

▼ 詩二十~ (2, 0.0%)

1 の一, 之一

▼ 詩五篇~ (2, 0.0%)

1 を一度, を載せる

▼ 詩亡び~ (2, 0.0%)

1 て然, 詩亡び

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 多くは, 発一慨

▼ 詩以後~ (2, 0.0%)

1 で其初め, に其の

▼ 詩以後我等~ (2, 0.0%)

1 のリズム, の新しき

▼ 詩以来古典~ (2, 0.0%)

2 の用語例

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 に見えた, を作つた毛亨以後

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 體から, 體を

▼ 詩六首~ (2, 0.0%)

1 がある, を刻

▼ 詩勃興時代~ (2, 0.0%)

2 の詩人たち

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 リズム, 大詩

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 とお, にあり

▼ 詩専門~ (2, 0.0%)

1 といっ, の詩人

▼ 詩小説~ (2, 0.0%)

1 の部門, は固

▼ 詩小説戯曲~ (2, 0.0%)

1 の三部, をよん

▼ 詩尺牘~ (2, 0.0%)

1 とも, とも見

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 妙を, 婉に

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 のいわゆる, の書

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 と韻脚, の示さ

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 の宗教感, を培養

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 から出, の篇

▼ 詩散文~ (2, 0.0%)

1 のなか, の物語

▼ 詩時代~ (2, 0.0%)

1 の乾いた, の進んだ

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 があつ, の日

▼ 詩有り~ (2, 0.0%)

1 と考, 曰く眠り足り

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 は矢崎嵯峨, を携え

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 より荘厳, を結んだ

▼ 詩画家許友~ (2, 0.0%)

2 はぶくぶく

▼ 詩社一派~ (2, 0.0%)

2 を星菫派

▼ 詩神等~ (2, 0.0%)

1 にさ, の住む

▼ 詩禅一致~ (2, 0.0%)

2

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 に至る, の別

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 の略圖, よりいひ

▼ 詩~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 詩花会~ (2, 0.0%)

1 という詩文, の主

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 の人, はもっとも

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 と詩, の中

▼ 詩語彙~ (2, 0.0%)

1 と言, と言う

▼ 詩~ (2, 0.0%)

2

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 の人, の誕生地

▼ 詩運動~ (2, 0.0%)

1 があつ, の側

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 のベーコン, の李斯

▼ 詩~ (2, 0.0%)

1 のこと, を見る

▼ 詩酒徴逐~ (2, 0.0%)

1 の会, の風流

▼1* [453件]

あたりでも惡, 詩あり因って併せ, 詩あり略す又俗諺, 詩あるいは詩に, 詩いいですか, 詩いまの思想, 詩いましたそれは, 詩うつさせ指上候, 詩お気に入っ, 詩かも知れない, 詩からの言葉だった, 詩からはかうした詩, 詩からも聽く, 詩がかった野蛮人に, 詩がまとまつ, 詩ぐらいに感動する, 詩ぐらいは作れるぞ, 詩この知られざる記念碑, 詩ごころをそそる, 詩さえかいて, 詩しかも決して非, 詩すなわち文芸上の, 詩そいつを残し, 詩そういう文学は, 詩そしてその後に, 詩そつくりの模倣, 詩そのものヒューマニチイそのものを紛失, 詩それ以外に何, 詩ただ一行残れば, 詩たり得たは, 詩たるべき本質を, 詩だけでは, 詩だけで終つてゐる, 詩だけに限られて, 詩っていうのは, 詩であり兼ねてまた, 詩であるだろうか, 詩であれ小説であれ, 詩であろうはずが, 詩でございましたわねあの, 詩でございます山陽が, 詩でさえ翻訳が, 詩でしょうか, 詩ででも散文ででも, 詩といふほどのものに, 詩とおもはれ, 詩とかは言葉そのものから, 詩とともに今日に, 詩となせる人々, 詩とにかつえて, 詩とには稍衰残の, 詩とに関する一条を, 詩とのみでありました, 詩とやら聞いた, 詩と共に本格小説の, 詩どれか覚え, 詩なきもの画なき, 詩なぞで人も, 詩なぞよちが, 詩なぞを掲げて, 詩などというと, 詩などというものが, 詩などにも靄が, 詩なりと稱へて, 詩なりともこれへ, 詩なりに仕立上げる, 詩なれば何時何処, 詩なんかで誰が, 詩なんかを譯し, 詩なんぞ書くと, 詩なんぞとは違ふです, 詩なんぞは書かなくなるの, 詩にかぢりつい, 詩にかへし君, 詩にたいする自分の, 詩にだけは特に, 詩についてという詩な, 詩についてばかりでは, 詩にはずつと即して, 詩にばかりあるの, 詩に対してはセッカチな, 詩あれを, 詩はいふまでもなく, 詩ばかりが彫刻に, 詩ひ尽してゐる, 詩へはひつて, 詩みじかき歌, 詩めいたる豐麗, 詩もしかの麗, 詩もとより直に抒情の, 詩ものがたりの旺盛, 詩やの如き者, 詩やはどんな静観的, 詩やらを出して, 詩よまれとつたら, 詩よんどりやせんかと思つて, 詩らしいですね, 詩をからだ全体, 詩をよむなんてことがおありなの, 詩を通じて私の, 詩オヂツセーの中, 詩ガカタカナデアルコトナドデ間接ニ証明サレルガナオソレニツイテイササカインチキナガラ力学的ニ考察シタ文章ヲ他, 詩ザラツストラの一巻, 詩スローガンなどを盛りこんだ, 詩ゼストの中, 詩ダルゴミジスキーの曲, 詩ダヴィデが先ごろ変, 詩チュッチェルの詩, 詩トモ見ユ, 詩ト云ヒ声ヲ呑テ涙, 詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 詩ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, 詩ベルグソンの哲学, 詩ヤンバだとか, 詩ロマンチツクな詩, 詩一つ試みばやと答, 詩一巻これは何れ, 詩一章十二篇を増補, 詩一行分はやはり, 詩七首がある, 詩万歳だ, 詩三たび幾字を重用, 詩三十六首がある, 詩三十韻を出し, 詩三千余篇ありき, 詩三句ながら同, 詩三昧を思い切り, 詩三百一言以って之, 詩三百思い邪無しとかいう, 詩三禮三傳論語それから諸子, 詩三篇を掲載, 詩三篇作つた民謡風に私, 詩三行詩はある, 詩不朽な恋愛詩, 詩不滅の信, 詩柳文と, 詩に絵, 詩並びに散文, 詩中いろいろな意味, 詩中二州とは豪州, 詩中奇書といふはエドガー・スノウ, 詩中明眸皓歯の人, 詩中月日の徴, 詩中月経を用, 詩中稀に月経, 詩乃至象徴詩としての, 詩美, 詩かの西國詩人, 詩也彼の詩, 詩也日本人の詩也, 詩也病詩人の詩也, 詩也薄倖文人の詩也, 詩二十四章の如き, 詩二篇を賦, 詩二篇訳詩一篇はいま, 詩二首去年の作一首, 詩五十七章詩家二十九人伊太利亜に三人, 詩五十七章詩家二十九人伊太利亞に三人, 詩五十首を作り, 詩五句目にある, 詩五首の一, 詩亞弗利加を著しつ, 詩の怨み, 詩人我に曰, 詩人文客の詞句, 詩仏鵬斎蜀山真顔千蔭春海等当時の聞人, 詩代表選集が出たら, 詩以前に於, 詩以外日本の詩, 詩以後我我の韻律, 詩以来でたらめの意味, 詩以為贈, 詩以調之, 詩会席にいる, 詩会連月打つづき風流, 詩位いが塩加減だ, 詩佐藤一斎の筆蹟, 詩当共剪西窓燭, 詩である, 詩作り自ら歌い自ら, 詩なりと, 詩例えば未来派等の, 詩俗了人薄暮詩成天又雪與梅併作十分春, 詩借用の韻文, 詩僧畫僧は超然と, 詩がある, 詩八首がある, 詩六十篇を納め, 詩六篇を載せ, 詩其ものである, 詩其物を高価, 詩典カレワラの民謡詩, 詩得与余, 詩凡て十四首を読過, 詩別裁という厳, 詩は劇, 詩の一, 詩十七首中わたくしは二首, 詩十九首があつ, 詩十二曲のうち, 詩十二首があつ, 詩十四章其二に曰く, 詩十四首があつ, 詩十篇ぐらいに訳詩十篇, 詩即小詩はハルトマン, 詩卷中にて求め, 詩又は歌曲によ, 詩及書を善く, 詩及詩人に対する理由, 詩友一点の曇り, 詩友室生犀星君であり一人, 詩友宮島貞丈と感慨, 詩古典主義と自由主義, 詩何篇という, 詩各々神髓あり各々, 詩名歌というもの, 詩の好意, 詩味慈味がある, 詩味豊かなもの, 詩和歌俳句の添削依頼, 詩和歌等等とその, 詩哲理に富み, 詩唱歌の調子, 詩啄木は三十一文字三行, 詩善画を以て聞え, 詩喜劇だ, 詩喜劇演説の草稿, 詩嚆矢恐らくはこの, 詩四句詩題韻詩折句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 詩四始言文武之盛而終于商頌志先王之亡以爲戒, 詩に入らしめ, 詩園二月号は常夏追悼号, 詩園会の同人, 詩園同人が大挙, 詩地方のニュース, 詩を聞い, 詩外伝題言とに拠つて考証, 詩外傳國語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 詩外楼にもすまなかつた, 詩詩, 詩天地より逐, 詩夫子既取入, 詩の導者, 詩句, 詩字櫛句爬分折毫毛, 詩存中年号干支ある作, 詩存巻首の詩, 詩宗教的なあるいは, 詩客元来淡菜, 詩客文士の至宝, 詩客観主義の詩, 詩室塵を払, 詩詩, 詩小説戯曲評論伝記その他いろいろなもの, 詩小説戲曲すべて之れ, 詩小説文学サークル雑誌の質, 詩小説科学のグループ, 詩少きを歎, 詩少しつくらせ候, 詩山陽の文業, 詩山陽詩文等は固, 詩川柳に小便組, 詩には持っ, 詩工的完美に走り, 詩のごとし, 詩を経る, 詩幾篇かは僕, 詩の體裁, 詩引中より見出だした, 詩引及己卯の詩註, 詩後編である, 詩一笑可被, 詩心界を代表, 詩必ず豊麗は, 詩思いまだ動かず, 詩思おのず, 詩思歌情ハハハオホホで朝夕, 詩性論者の業, 詩惜しい先生が, 詩愛好家のグループ, 詩がまざ, 詩成ると共に二子, 詩成天又雪與梅併作十分春, 詩成立の前後, 詩みづから, 詩或は多く世に, 詩所經に就い, 詩所載の, 詩技そのものが一, 詩抒情詩宗教詩を書い, 詩折句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 詩政治学数学神学そんなもの, 詩散文詩が自由, 詩数百篇固より, 詩数章を伝え, 詩数篇を訳さう, 詩数篇我ならでは, 詩數百篇固より, 詩數篇をも納めた, 詩文学は生まれる, 詩文晁抱一南嶺雪旦の画等, 詩既に紅と, 詩日本民族詩としての俳句, 詩においても詩形, 詩見四従肥坐二, 詩の呼吸, 詩にという感傷的, 詩春秋の學, 詩春秋左傳春秋三傳周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 詩とか書曰, 詩曰書曰の句, 詩を稱, 詩書春秋礼楽孝経の緯書, 詩月落烏啼霜満天江楓漁火対愁眠姑蘇城外寒山寺夜半鐘声到客船, 詩有無の四字, 詩朗讀清水の畫, 詩材文體の高, 詩林一巻を刻, 詩枯れて雲搏, 詩楚辭山海經と云, 詩標格自亭亭, 詩歌なんでも書きました, 詩正しくわれに, 詩歴史旅行記だの, 詩殊に俳句は, 詩に彼, 詩を帯び, 詩沒却理想詩人にあらず, 詩法上の破格, 詩泥歌をもあわせ, 詩を繙く, 詩活きたる芸術の, 詩を歌つた詩, 詩涸れて蒼天, 詩深き精神の, 詩淵明を慕, 詩清水さんと云う, 詩源氏その他の人, 詩漁児と呼ばれた, 詩もの草花, 詩処尋, 詩遂最愛劍南詩稾, 詩爾雅及び毛氏郭氏, 詩特有の旋律, 詩独特の美し, 詩王イウフェシススの作, 詩王高村光太郎君は白桜集, 詩現時の小説等, 詩画家の画板, 詩画琴棋をたのしん, 詩画騒動之詩, 詩と自然, 詩畫交響の面白, 詩疎淡にし, 詩又括, 詩發展の要素, 詩百篇であったと, 詩百篇自ら称す臣, 詩な適, 詩の家庭, 詩短歌は三十一文字, 詩示することを, 詩社一流のあつい, 詩社方寸社等の人々, 詩社盛時には我ひと共, 詩社運動に呼応, 詩祈祷歌を唄, 詩祖ホーマーを, 詩神ムーサの一, 詩神今はた, 詩神処ではない, 詩神風に乗り, 詩では, 詩稿中に就い, 詩稿持参水を汲ん, 詩空し河床に, 詩童話純文学大衆文学と田舎, 詩七篇, 詩筆四十載向, 詩精妙という, 詩素湛深称, 詩累篇積章して, 詩絵短篇小説類を集めた, 詩經周禮爾雅, 詩美人の歌, 詩の題, 詩聊寓復古之意云, 詩職工である, 詩脚本など沢山, 詩を動かさない, 詩楽, 詩自然がよく, 詩自身をふらんす語, 詩ともいふべき, 詩花袋君が形見, 詩芸術はもつ, 詩文, 詩茶店の礼讃等, 詩蓋し子蒼, 詩虚文の余り, 詩がある, 詩の要素, 詩見たいなものだ, 詩言葉のひとつひとつ, 詩訳集は私, 詩註明治二十二年出版の細川潤次郎著考古日本等, 詩が三卷, 詩評論の仕事, 詩詞雑述のこれ, 詩詩人批評飜譯等がある, 詩読む心にて, 詩読んだの, 詩を交, 詩諷詩歌謡詩などは幾度, 詩も有れ, 詩講演に赴き, 詩譯集である, 詩と云, 詩と共に戯曲賞, 詩賢シェークスピアの遺跡, 詩述思旧之情, 詩懷, 詩選出版記念茶話会へ招待, 詩に入, 詩郷友へ御, 詩鄭箋とそれ, 詩鄭風の出, 詩酒遊芸の間, 詩に居, 詩鑑賞多少の, 詩に殊, 詩雄弁というよう, 詩離騒万葉等の物名, 詩其所長故不, 詩革新のこゑ, 詩韓蘇の文, 詩音楽及び演劇中, 詩韻含英一部と外史, 詩韻活法から拾つた, 詩韻的詩をもっ, 詩題詩註に散見, 詩題韻詩折句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 詩風たるや人間すべて, 詩風以外の短詩, 詩風詩體の甚だ, 詩風雅にてよろし, 詩即ち詞, 詩は徒ら, 詩魂のにほふ, 詩魂脈々として子孫, 詩魂詩の本質, 詩魯頌に云, 詩LUCIADUSのなか