青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「試合~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~評価 評価~ ~評判 評判~ 評論~ ~詞 詞~ ~試み 試み~ ~試みた
試合~
試験~ ~詩 詩~ ~詩人 詩人~ 詮議~ 詰め~ ~話 話~ ~話し

「試合~」 1107, 12ppm, 9157位

▼ 試合~ (229, 20.7%)

15 して 8 したこと 5 見て 3 した, すること, するの, 申し込んで

2 [15件] させて, したが, しよう, しようと, するため, するという, ながめて, もって, やめて, やるの, 御覧に, 望んで, 申しこんで, 申込んで, 見たり

1 [159件] あそばしませぬ, あまりに試合, いいつのる者, いらいする, させる, しこれ, したいと, したという, したところ, したの, したらいい, したり, したん, した上, した人, した結果, した者, した話, しても, しなくては, しなければ, しようという, しろ, し勝った方, し真に, すると, するところ, するならするよう, するもの, するやう, するよう, する程, すれば, せずに, たのまれるとか, つづけて, なさる, なされたお方, ねがいたいという, のがれるすべ, はじめたところ, ぼくに, みても, むざと打ち込ん, めちゃめちゃに, やかましく言った, やめた, やめた時, やらせたうえ, やらないか, やり直すという, やる, やるぞ, やるという, やろうじゃ, やろうやろうと, よく考え, エキサイトさせ, 二勝負ぐらい, 仕かけた彼, 仕損じました, 仕果した上, 仰出されたといふ, 仰出され相州さま, 催す習慣, 公開した, 初めた, 前に, 取り消すこと, 受ける者, 各所の, 命じるわけ, 商売の, 外に, 始めること, 審らかに, 引き合いに, 引分け, 心がかりに, 所望いたす, 所望じゃと, 挑まれたも, 挑まれて, 挑みに, 挑み又は, 挑むよう, 挑むより, 挑む猛者, 挑んでも, 提示し, 断るよう, 望まれたらおっかな, 望まれた武芸者, 望みなど, 望みましたれば, 望む以上, 望む者, 期待した, 横溝君と, 求めに, 求められるに, 求める場合, 決行する, 為すべき日, 申しいれ藩主, 申しこみさて, 申しこんだところが, 申しやって, 申し入れたが, 申し入れるとは, 申し込みその, 申し込み兄, 申し込み清左衛門め, 申し込む, 申し込んだもの, 申入れ, 申込まれた, 申込みますよ, 申込み房吉, 申込むと, 目前に, 眺めながら, 知らぬ者, 終えたあと, 終って, 終ると, 続けい, 考へ自ら, 致さなかったが, 致した京極家, 致した時, 致せッ, 行うこと, 行えば, 行ない打ち勝って, 見せる, 見た, 見た者, 見に, 見ようと, 見世物に, 見届けに, 見物した, 見物に, 言いこんだら上, 言い入れたが, 記録させなかった, 評して, 試みたの, 試みて, 試み諸, 説明せん, 謝絶し, 追って東奔西走, 避けたん, 避けるなら口実, 願い出で許されて, 願うこと, 願って

▼ 試合~ (185, 16.7%)

3 場に, 場を, 場所を, 折絶息し 2 前に, 勝負は, 当日は, 御運勢, 用意を, 申し出でを

1 [161件] あった御岳山あたり, あるとき, ある度, いきさつを, うえで, うえに, うちに, うち一度も, うち軍学大, お催し, こと, ことな, ことなら, ことに, ことは, ことも, ことを, ご様子, さまを, したくや, しだいを, たびに, ため来朝しおる, だいじな競射, できないよう, ときどんな, ときに, ときは, とき撃つ, と竹刀, どれよりも, またあるまじき, ような, ように, 一くさりに, 一部始終を, 上なら, 中で, 中にだけしか, 中へ, 二人へ, 人寄せか, 人気を, 仕返しで, 仲継放送が, 会か, 催しが, 儀, 光景などを, 入場券が, 内容は, 前の, 前夜鉄斎は, 前後, 前日でございまする, 功を, 勝ちビラと, 勝名のりを, 勝敗が, 勝負と, 勧進元の, 参加者, 口火を, 合図が, 呼び出しに, 噂に, 型に, 場合などでは, 場合に, 場所じゃが, 場所に, 場所の, 場所や, 場所日時あれは, 対手に, 小屋がけを, 小屋へ, 小屋を, 巻, 希望も, 帰りに, 広庭, 当の本人, 当日に, 後, 後に, 御先途, 心を, 必勝を, 怪我そんなに, 恩賞と, 息競りが, 悲壮感は, 手口から, 技術に, 折には, 折彼は, 挨拶も, 支度でも, 放送を, 方に, 日おらが, 日から, 日が, 日に, 日の, 時が, 時に, 時にも, 時刻辰の, 時十八歳であった, 最中しない, 期日と, 柵の, 様子を, 毛利玄達の, 気で, 気配りが, 決勝が, 済むの, 無いこと, 申し出を, 申し込者, 申込みを, 番数は, 目的である, 相手である, 相手に, 相手は, 相手を, 看板名に, 矢声は, 程心許ない, 立会や, 立合ででも, 約を, 約束を, 組合せと, 結果が, 結果を, 練習, 者を, 興行を, 華か, 薄氷を, 見分には, 見届け人, 見物に, 規則も, 觀方を, 記録を, 評判が, 話, 話が, 部門に, 間に, 陪観を, 順序が, 飛び火を, 駈引, 高札が

▼ 試合~ (136, 12.3%)

4 出て 3 勝って 2 当って, 於いて, 行って

1 [123件] いっさい何人もだし, いれかの, おれが, お勝ち, かける出たとこ, きのうから, さきだって, しても, つめかける, でかけた, でかけて, でて, でる, どうして勝目, なったほう, ならねば, なると, なるなどという, なれない初心, なれぬチーム, のぞむと, のぞむ心, まさに真剣, やってくるから, ゆく途中, 一本で, 乗りこんだが, 事寄せ俺, 二十万円の, 二十余人の, 京極藩の, 何やらこっち, 依って, 俺は, 優勝し, 優勝した, 兄が, 充分の, 先立って, 全部出場させる, 公然と, 出かけたこと, 出た, 出たが, 出たと, 出ては, 出よとの, 出ること, 出る位, 出る剣士, 出向いて, 出掛けただ, 出掛けるもの, 加えられたか, 加わることお許し, 勝たなければ, 勝ちとおした, 勝ち度さに, 勝とうという, 十人を, 参ったごとく持ちかけそち, 参ったの, 参加する, 及ばれぬか, 及びましょう, 及ぶこと, 及んだ相手方, 奇勝を, 就ては, 山県蔦之, 左の, 彼の, 後で名乗り合わな, 後るる, 思わぬ弾み, 恥辱を, 意趣は, 拝領した, 撰ばれも, 敗けると, 敗れたるあかつき, 敗れ誇り, 数馬は, 於けるが, 春日重蔵という, 時間を, 望んでは, 来たの, 来たり, 来て, 来る者, 梅軒が, 武蔵が, 殺気を, 気を, 活躍した, 生命が, 登場しました, 福知山方の, 立ち向った, 立つの, 立つ高弟, 立会う役人側, 肝腎な, 臨まば, 臨んで, 自分以外の, 荒木又右衛門が, 行かれるの, 行き給え, 行く, 行こうと, 見物は, 負けこれ, 貴公を, 賭ける, 赴く風, 遺恨を, 長助が, 間に合うぞ, 限るわけ, 飛び入りを, 首尾よく

▼ 試合~ (81, 7.3%)

1 [81件] いずれに, いったい, いよいよ今年, お前の, お預けと, こうしてまさに, こっちの, この中, これこそ, これだけ, すこぶる苦境, すでにおれ, すでに勝負, すべきでない, その壊滅, その方, それだ, つづけられて, とにかく京洛中, どうなった, どっち道死ぬ, なっとらなん, はじまった, はじまりましたが, はやらなくなって, また格別, やりなおしか, ゆるされない, よほどの, 世間に, 今年, 仕るが, 僅少の, 全く時, 共に青年時代, 其許たちの, 十五回の, 卑劣だ, 危なかった, 古来からの, 同じこと, 変じて, 外すに, 大丈夫であろう, 大事の, 太子流の, 女中と, 好むところでおざらん, 始まります, 将軍家も, 巧者でも, 引かれい上意, 当方の, 御身が, 復讐戦だ, 拒絶し, 拙者めに, 拝見致した, 敵に, 日大三中が, 日本の, 果して味方, 果し合いだった, 武蔵にとっては, 爺さんの, 番組通りに, 眞に, 真剣の, 真剣勝負だ, 瞬間だった, 箇と, 素面素小手である, 自分から, 製粉会社の, 見たこと, 試合と, 試合の, 関東武芸者の, 院中の, 非常に, 頗る下手

▼ 試合~ (66, 6.0%)

2 あって, すんで, 行われて

1 [60件] あった, あったこと, あったとき, あったので, あつたり, ありその, あると, あるらしいという, あるん, いいのよ, いかに隈, いたしたいので, おわると, この惜しむべき, ございました, ございましたけれど, ございましょうねえ, ごぜえ, さきであった, すぐ考えられる, すむと, すんだら帰りがけ, たった二分, つづいて, できない, できるか, なかった, なければ, はじまって, はじまるかと, はじまると, はじまる頃, コジれだし, 了る, 五回それだけ, 今日だけは, 余りに残忍, 催されて, 喧伝され, 外苑グランドであった, 始つた, 始まったの, 始まつて, 決するまでは, 決定し, 決行される, 済むと, 済んだあと, 済んだら国元, 終ったあと, 終ったの, 終りを, 終る, 行なわれたり, 行われた, 行われた場所, 行われた当時, 行われます, 近づいて, 首尾よく

▼ 試合~ (42, 3.8%)

4 の中央 2 のなか, のほう, の城戸

1 [32件] からズッ, から見る, だ, では終生, として武蔵, と定められ, には棧敷, に一道, に向う, に準備, のさわぎ, のまわり, の一方, の南, の周囲, の左右, の準備, の用意, の真ン中, の砂地, はここ, は十メートル四方, は板の間, へあらわれた, へおどりだし, へもどりませぬ, へ乗りこん, へ持っ, までは行き, まで帰り着かねえ, をながめ, を一巡

▼ 試合~ (30, 2.7%)

2 いうよりは, ちがって, なると

1 [24件] あれば, いうと, いうほど, いうを, いっても, いわず謀んでも, ちがうの, なった, なったら, なった一同, なった今日, なった以上, なった激怒, なっても, なれば, 同じもの, 同時に鳴り, 変りは, 斬合, 比較し, 申すもの, 目され, 目先が, 練習とを

▼ 試合~ (21, 1.9%)

1 [21件] い, がす, どうにか男ひとり, ボールを, 一家骨肉三名までが, 三本などは, 兄上と, 勝っても, 勝名のりを, 勝敗を, 又惡口, 呼び声を, 宇津木文之, 山陰道に, 春日様を, 殺伏, 盲目なぐりだ, 致命的な, 見たこと, 負けたは, 重蔵様の

▼ 試合~ (16, 1.4%)

1 [16件] あるからネ, あんな野放図, いたしますで, これで, して, じっさいに, よそに, よそ事の, 単にそれ, 受けて, 夙く知れ渡り, 忽ち騒然, 明日に, 生活も, 目睫の, 覚束ない

▼ 試合には~ (14, 1.3%)

1 [14件] きっと武蔵, でられぬようす, どうぞ潔う, ない, オールヒット, 一層すがすがしい, 云ふまで, 体得し得ない, 全然ダメ, 及ばぬぞ, 双方の, 梅軒の, 負けるの, 頓着なく

▼ 試合では~ (11, 1.0%)

2 相手が 1 ござらぬぞ, しょせんあの, ない, 折柄大患後の, 決してない, 河内流の, 相手の, 興味も, 試合う

▼ 試合~ (10, 0.9%)

1 ておら, てその, てどうどう, てみたい, てみる, て不覚, て勝たね, て勝つた, て廻り一度, て彼

▼ 試合した~ (10, 0.9%)

2 のは 1 が一番, って三回, とある, と自分, のを, 場所は, 時どう, 時など

▼ 試合にも~ (10, 0.9%)

1 およばず南蛮流幻術, かつて体験, 出場する, 参り合せず, 必ず彼, 応じる, 応じると, 応ずるが, 武蔵は, 福知山の

▼ 試合ぶり~ (9, 0.8%)

2 を見 1 が世にも, だ, であった, というもの, とも見えない, は常に正しく, をした

▼ 試合などは~ (7, 0.6%)

2 あの名だたる名家 1 まさに前代未聞, 史実を, 忘れて, 念頭から, 極めて記述

▼ 試合~ (6, 0.5%)

1 か試合, こと六十余度一度も, ために, てみる, と, 前に

▼ 試合する~ (6, 0.5%)

1 ことと, ことを, と必ず, には平地, ので, 約束を

▼ 試合でも~ (6, 0.5%)

1 あつたなら, あるし, する人, 始めようかと, 宝蔵院七足と, 見るよう

▼ 試合という~ (5, 0.5%)

1 ことが, ことで, ので, ものに, 長期戦を

▼ 試合とは~ (5, 0.5%)

1 いえこの, どう云う, 恐れ入る, 言いながら, 言え火花

▼ 試合目付~ (5, 0.5%)

1 から命じられた, がそう, として働い, の退場, を通じて笹

▼ 試合開始~ (5, 0.5%)

1 に先立っ, のベル, の三十分, の合図, の鐘

▼ 試合~ (4, 0.4%)

1 という上意, ば彼, ば自分, ば至らぬ

▼ 試合~ (4, 0.4%)

1 かに杖術, と思う, よ, 木剣とは

▼ 試合って~ (4, 0.4%)

1 いない, みたいと, みたい槍が, やって

▼ 試合~ (4, 0.4%)

1 出た者, 出た荒木, 出ても, 出る二百石

▼ 試合~ (3, 0.3%)

1 一方は, 何かの, 宵試合が

▼ 試合から~ (3, 0.3%)

1 引き揚げて, 約九年後, 見ると

▼ 試合った~ (3, 0.3%)

1 のだ, 時にも, 話とかが

▼ 試合など~ (3, 0.3%)

1 例えどんなに, 申時ハ至極宜, 見たことさ

▼ 試合~ (3, 0.3%)

1 争論に, 入門の, 拳闘の

▼ 試合奉行~ (3, 0.3%)

1 の近藤甲子, へ勝負引分, を承

▼ 試合あり~ (2, 0.2%)

1 一寸行く, 武者所の

▼ 試合したら~ (2, 0.2%)

1 とても勝てないだろう, どっちが

▼ 試合っても~ (2, 0.2%)

1 うなずける, 劣った例

▼ 試合であった~ (2, 0.2%)

1 ことは, と云え

▼ 試合である~ (2, 0.2%)

1 のだ, 以上父子の

▼ 試合です~ (2, 0.2%)

1 から是非, な

▼ 試合でない~ (2, 0.2%)

1 と噂, のである

▼ 試合として~ (2, 0.2%)

1 お越しある, 現われた稀世

▼ 試合なかば~ (2, 0.2%)

1 にさ, によそ

▼ 試合などとは~ (2, 0.2%)

1 まだ話, 思うなよ

▼ 試合などに~ (2, 0.2%)

1 事寄せられて, 立つ体験

▼ 試合なり~ (2, 0.2%)

1 實戰なり, 申さぬ強

▼ 試合なる~ (2, 0.2%)

2 ものが

▼ 試合において~ (2, 0.2%)

1 十輪院の, 卑劣は

▼ 試合ばかり~ (2, 0.2%)

1 でなく武蔵, やつて

▼ 試合内容~ (2, 0.2%)

1 だけを以てし, も棋院

▼ 試合~ (2, 0.2%)

1 は竹, を縦

▼ 試合~ (2, 0.2%)

1 にあの, はいつも

▼ 試合場所~ (2, 0.2%)

1 の地の利, の蓮台寺野

▼ 試合始め~ (2, 0.2%)

1 のお太鼓, の太鼓

▼ 試合果て~ (2, 0.2%)

1 て再び, て行ける

▼ 試合申す~ (2, 0.2%)

1 事, 播州船坂山の

▼ 試合真剣勝負~ (2, 0.2%)

1 この意気, などの際

▼ 試合~ (2, 0.2%)

1 はきまりました, はきまりませぬ

▼1* [110件]

試合いたすでご, 試合うまいよ, 試合うっ, 試合こそまたとない意味, 試合こそは後学の, 試合この方忠房は家重代, 試合させるものを, 試合じゃが逸見先生尋常の, 試合じゃったの, 試合せすることに, 試合そのものがアトラクション的魅力, 試合それも真剣, 試合たまわるなれば何時, 試合だけに御勘辨, 試合だけは実におもしろい, 試合だったよ, 試合つた話とかが稀, 試合でありますからこれ位, 試合でありまつたく沈黙の, 試合できるように, 試合でございますかな, 試合でなかったから美妙, 試合とかいうのも, 試合としてはなんとなに, 試合とでもなると, 試合とともに再び還っ, 試合ともなると, 試合どう見られるな, 試合のに命がけ, 試合ながらさまざまに, 試合なぞに堪えられる, 試合などへ臨む者, 試合などを胸中常に, 試合ならやらない方が, 試合なら知らず木剣だ, 試合なればその, 試合においては弱くても, 試合について次の, 試合にて宮本八五郎と, 試合にのみ賞として, 試合にばかり気を, 試合に対して吉岡家へ, 試合に際して相手と, 試合はじめよ, 試合ばかりが学生の, 試合が見られる, 試合へと急げば, 試合ほど傍で, 試合ましょうと, 試合または非は, 試合までして, 試合までに十分練磨を, 試合までには及ばなかったの, 試合もし不覚が, 試合ゆすり女隠し, 試合よりももっと皮肉, 試合らしい試合を, 試合ぬかは, 試合わけて十二, 試合わずしてこの, 試合わせてみる, 試合カラ見テタンダソウデスガ, 試合シャン・ゼリゼー通りの演芸, 試合見損イマシタッテ, 試合ヲシテ家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 試合一番にてやく, 試合の武蔵, 試合中権威ある野球部, 試合中盤の上, 試合五番試合をいいつのる, 試合以前つまりトビ市, 試合仰せ被付, 試合の竜, 試合催主金子市之丞, 試合六十余度のうち一度, 試合剣道とちがっ, 試合勝手たる可, 試合勝負なし, 試合多しといえ, 試合大儀の様子ゆえ, 試合定めし無双な, 試合希望の者, 試合当時から知己, 試合役人が逆, 試合所望でござる, 試合徳川家加賀爪伝内どのが的, 試合応諾を伝えた, 試合承知いたして, 試合にも相手方, 試合り, 試合なの, 試合を上段, 試合の遊び事, 試合済み次第にさる, 試合が武蔵様, 試合番組をふれ, 試合直しを仰せつけある, 試合相手の名, 試合一と, 試合紅白鞠盗みの試合, 試合終了後にポカリ, 試合総数四七六試合という長期戦, 試合興行の折, 試合てゐ, 試合見ゆるわけは, 試合などから比較, 試合追い込み得べき機会など, 試合過ぎて十日, 試合項目は槍, 試合鳥瞰図がある