青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「試み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~証明 証明~ ~評価 評価~ ~評判 評判~ 評論~ ~詞 詞~ ~試み
試み~
~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人 詩人~ 詮議~ 詰め~ ~話

「試み~」 2526, 27ppm, 4284位

▼ 試み~ (946, 37.5%)

15 これを 12 それを, 見よ 8 之を 7 やって, 自分の 5 声を, 思え, 手を, 私は, 記して 4 一つの, 左の, 彼が, 彼の, 成功した

3 [12件] あわせず悪, この歌, これらの, その一つ, 使って, 天下の, 失敗し, 於て, 栓を, 看よ, 私の, 考えて

2 [54件] ある一つ, ここに, このよう, すぎない, その一節, その中, その器, その腹, ピアノの, 一個の, 一銭銅貨を, 下駄の, 二三の, 今土佐狩野円山等各派, 作つた丈です, 其一二を, 前に, 割って, 反対の, 吾人の, 塚を, 失敗した, 宅の, 当初の, 当時の, 彼に, 彼れ, 御自分, 思えわが, 想像を, 指を, 振ると, 数えて, 日本の, 次の, 此の, 水銀を, 率先した, 白の, 眼を, 私が, 窓から, 紀昌が, 綱を, 考へて, 臆説を, 蕪村の, 誰でも, 諸君は, 身を, 過ぎない, 過ぎないの, 食堂の, 飯を

1 [696件 抜粋] あきて, あったかと, あなた方の, あの, あの夜, あの島, あの船, あまり気, あらゆる薬, ある日曜, いうと, いかなる程度, いま私が, いろんな所, いわゆる唱門師, お出かけ下され, お役所, お豊, かう考へて, かえて, かぞえて, こういう点, こういう質問, こうでも, この, このやう, この一巻, この二つ, この光景, この場面, この手紙, この法則, この間の, これに関する, これへ, これ等の, こんどだけは, さつきの, ざつと數へて, しいて, そうし, そう仮定, そう呼ばわっ, そっとその, その, そのうちの, そのせんじ, その一, その中央, その事務所, その二つ三つ, その二三, その伸縮, その別, その匂い, その反対, その四五, その地下数尺, その外国輸出, その実証, その帯, その戸棚, その方, その根本, その歴史, その漁師, その由来, その番号, その程度, その種子, その立論, その血, その裂けた, その記事, その証跡, その通り, それに, たずねた, たったひと, たつた一度それ, だいたい成功, どこまでも, なったの, なるの, なるよう, ひとつの, ほかならない, まずこれ, まず四教義, またカステイラ, もう少しそれ, やつて, やはり, やる分, わが輩の, わざとちょっとばかり, ククと, コツコツと, サクサクと, ジュウル・ロマンの, スコッチ印の, ノーベル賞を, ハの, バイブルを, ピランデルロの, フランスの, ミナという, モートル, ラッシュアワーの, 一つわが, 一つ一つの, 一の, 一二の, 一二を, 一作を, 一例を, 一八九〇年彼が, 一座の, 一微風を, 一方の, 一歩を, 一番上の, 一缶だけ, 一農夫に, 三大都市の, 三百年前の, 三要件を, 上下左右の, 上古の, 下へ, 不生, 世の, 世界における, 世界最, 両者の, 両者を, 両腕, 中央政所を, 中央線の, 中村遊郭内を, 乳を, 二つの, 二つ三つ叩い, 二人の, 二個条を, 五雲亭貞秀の, 亜洲の, 享楽人と, 亭主に, 人に, 人の, 人造人間の, 今その, 今もらいうけ, 今君の, 今日世界に, 今記録, 仏蘭西に, 仏蘭西語で, 他ならない, 以下に, 会って, 会計部の, 会釈する, 伴の, 余の, 作りたるもの, 例えばマルキシズム, 例の, 例を, 俊夫君に, 修繕に, 俳句を, 俳諧連句に, 個人作家の, 備中の, 僕も, 僕等に, 先ず天気予報, 先年の, 光秀の, 全国を, 全然失敗, 六十余篇の, 兵事を, 其一莖を, 円錐形と, 再び之, 再三同じ, 出して, 初めて洋服, 勧降状を, 十余年の, 十六ミリで, 十年ぐらいの, 千日前界隈の, 半音程調子, 卓一と, 去年の, 去来の, 参謀本部五万分の一の, 双方の, 取つて致命的, 口に, 口の, 古事記を, 叩いたが, 叩いて, 司法統計の, 各社名宝の, 吉左衛門は, 同じ汚物掃除費, 同乗の, 同型の, 名を, 君が, 君の, 吾, 吾国の, 呂蒙, 告ぐ後進, 味を, 呼んで, 和歌の, 和訳し, 唇を, 問うと, 問題を, 四五人の, 四国八十八ヶ所廻りの, 四季の, 図書館なき, 土に, 土を, 地震計の, 城門へ, 場所を, 夕べの, 外国語に, 夜間すや, 大将は, 大正三年といふ, 大阪田井中恩地の, 夫婦喧嘩の, 女中部屋には, 好奇心を, 婦人用の, 子音にのみ, 字餘り, 官兵衛自身が, 客が, 室町時代以前の, 寛政度の, 寝惚け眼, 審美的の, 寸暇を, 射込んだ探り, 尋常小学読本巻の, 對し, 小僧の, 小刀を, 小学校の, 少なからぬ, 少女に, 山伏の, 左に, 左句を, 希臘民族に, 幸する, 広重北斎あたりの, 引っ張って, 引のばし, 当っては, 当代ならびに, 役に立つであろうという, 彼も, 彼らの, 彼女に対して, 彼等を, 往きて, 従来の, 御身が, 徳川将軍家斉公全盛の, 心づいたこと, 念仏の, 思え世間, 思え今日, 思え国, 思え国民学校, 思え封建, 思え浅見絅斎, 思ひついた質問, 思ひ給, 思へ世界何処, 思へ所謂忠孝, 悩ましいいく日, 想い候え十蔵, 想え今, 想像した, 想像せよ, 我々が, 我々の, 我句を, 戯曲でも, 戸へ, 所謂学生劇なる, 扉を, 手当り次第に, 手近の, 承りたい, 押すと, 拾つてみた, 持って, 捜して, 掘って, 掘出して, 描きて, 数首を, 文化民族の, 斧を, 斯う, 旅から, 旅に, 日本古史神話の, 日本民間説話界に, 日本神代史に, 明日の, 明暦三年江戸大火の, 昨年の, 書いて, 書を, 最も応, 朝鮮人の, 杖などで, 杖を, 来た, 来りて, 来る奴, 東方を, 某レストラン, 某年三月現在, 某百貨店, 柚の, 植物図鑑などと, 様々の, 横に, 橋の, 次に抄録, 次に掲ぐる一表, 正月に, 此境界を, 此説話の, 武蔵は, 歩いて, 歴史上最も, 母を, 毎朝の, 比べて, 気息ある, 江戸日本橋の, 没我的愛他主義者に, 注文したら, 泰西の, 津田君の, 淡路の, 渠が, 渡辺世祐博士の, 演壇に, 漬物屋の, 煮て, 煮食, 熱力学第, 牛の, 牛肉へ, 物語の, 猪の, 猫を, 玄徳が, 用いるつもり, 田舎の, 由子に, 男女関係を, 画家に, 目を, 相川の, 相違ない, 看るが, 眼前の, 着用し, 瞥見したら, 短歌の, 石の, 石坂家の, 石川成章は, 社会の, 私も, 秋の, 窓を, 窓硝子の, 立ち上って, 立場, 竿を, 第一解, 簡単に, 紙片に, 終つてやうやく, 絵筆を, 縊死を, 縮尺四万分ノ一の, 美しい工藝品, 老人が, 耐へ, 腕時計を, 自ずと筆, 自ら太陽に, 自分独学の, 自動車と, 舞台に, 芝生に, 芭蕉七部集を, 若干の, 英亜諸国の, 英仏独米の, 英国において, 英国憲法史を, 荒物屋の, 著名な, 葛岡の, 蛙の, 蜜蜂の, 袁譚を, 袂を, 西川一草亭一門の, 西洋諸国の, 見たまえ, 見よ今, 見よ天下古今, 見よ封建社会, 見よ癸丑甲寅以来, 見るべし有名, 見本を, 言う, 計算の, 説話の, 読むべくむつかしき, 読んで, 誰とも, 調べて, 諸国の, 譏詞, 豊国の, 買って, 買つて読む, 赤坂の, 起き直ったが, 起こりその, 足下は, 路傍の, 輿地の, 辻博士に, 近い範囲, 近年現われた, 述べたの, 送り出した者, 造って, 逢つたのは, 逢わねば, 進んだの, 遊廓などへ, 過ぎなかった, 過ぎなかつた時代, 遠大の, 遣って, 選んで, 邦語に, 郊外に, 針を, 銀座で, 銀座の, 鐘を, 開けて, 間隔を, 闘わして, 附添さんも, 除外し, 隊員の, 雌鶏ばかり, 雨を, 雪峰チーセの, 須磨にて, 頭上の, 顔料を, 食って, 食べて, 飼つ, 飼ふべきなり, 餌食を, 駆け向わせて, 鴎外漁史に, 黄金の

▼ 試み~ (628, 24.9%)

41 いる 33 いるの 15 いた 10 みよう 9 いたの, いるが 8 ゐる 7 いるうち 6 いるところ, いるよう 5 いるに, いるもの, みた, みたが, みようと, ゐるの 4 いたが, ごらんなさい, ゐた, 失敗した, 見たが

3 [15件] いたところ, いない, いました, いるし, いると, いるという, いるので, おきたくな, それを, みたの, みたり, みました, ゐると, 居る, 見た

2 [24件] いて, いましたが, います, いますと, いること, いるだけの, おられる, みたい, みなければ, みましたが, みましょう, みること, ゐたが, ゐたので, ゐるもの, ゐるやう, 來た, 居るの, 成功した, 来た, 私は, 置いた, 見ました, 見ようと

1 [341件] あきらかに, あきれて, あくまでその, あり秋, いくらかその間, いずれも, いそう, いたか, いたくらい, いたこと, いたその, いただきたい, いただけば, いたに, いたばかりか, いたほどの, いたらしい, いたモルヒネ注射, いた一人, いた二人, いた彼女, いた枯骨, いた筈, いた青嵐居士, いった, いづれも, いないでも, いないところ, いないらしいこと, いない新しい, いましたそう, いますが, いますけれども, いまだに此点, いよいよ諸人, いらっしゃったに, いるいわゆる, いるかと, いるかの, いるから, いるけれども, いるごときもの, いるその, いるため, いるだけ, いるといった, いるとの, いるなども, いるならそれ, いるほどの, いるらしい, いるらしい事, いるわけ, いるエジプト, いる一つ, いる一定, いる一段歩, いる一群, いる中, いる事, いる人, いる体たらく, いる兄弟, いる努力, いる化粧, いる団体, いる小説等, いる形, いる最後, いる様子, いる熱心, いる者, いる註解, いる途端, うの字峠の, おかなければ, おきたくなったの, おくこと, おこう, およその, おられたらしい, おられぬが, おられるの, おります, おりデッサン, おるもの, くれ, くれぬかと, これだけの, ござる, ごらんに, さすがに, さてフエデリゴ, さらに南, しきりと, しまいました, しまったの, そうしてあまり, その原因, その時, その温まり, その煙, その考察, その音, それから帰宅, それから電流, それが, それで世渡り, それに, たうとう, ただ強力, ちっとも成功, ちょっとでも, ついに出立, ついに投げ出し, どうでも, なんども, のち極東じ, のち極東じゃ, ひずり, ふと氣, ほしい, また宿, また深き, みせましょうならば, みたいと, みたいわ, みたかったの, みたまでの, みたもの, みたらあるいは, みたらその, みた奸策, みた数限り, みとうございます, みないでも, みぬが, みましたところ, みますから, みますと, みようかという, みようじゃ, みようでは, みる, みるつもり, みると, みるの, みるのに, みるのよ, みるよう, みる必要, みる機会, みる機会さ, もらいたいもの, もらって, もらつた, やつらを, やらう, やらうと, やる, よいこと, よいところ, よいわけ, より半年, わけも, ゐたところ, ゐたらう, ゐた日々, ゐた時分, ゐた程, ゐない, ゐるあ, ゐるうち, ゐるが, ゐること, ゐるところ, ゐるん, ゐる不気味, ゐる人々, ゐる作家, ゐる物語, ゐる見たいに, ドストイエフスキイに, 一本えら, 一歩も, 三たび近づき, 下院を, 世間を, 人を, 人間の, 今後を, 他の, 伏義秦王の, 何らかの効果, 余を, 來たい, 侠禅を, 侠禪を, 全部が, 六七に, 其甚だ, 再録, 写実に, 到底そんな, 劇作の, 劇場附近は, 功を, 勇將徒歩に, 十分間なり, 千万人に, 単語や, 又方法, 可いのじゃ, 右手には, 向島を, 呉れ給, 四肢五体を, 大変な, 大成功, 大抵の, 大總統袁世凱, 奇蹟的に, 奴の, 好成績, 始めて, 嬉しがる, 子どもに, 字を, 少からず, 尽く失敗, 居たもの, 居た所, 居ない, 居りますが, 居るうち, 居るけれども, 居るであらう, 居る間, 屡ば, 山奥から, 市中の, 帰る, 帰ること, 平気で, 引き続き数学, 弾丸に, 彼が, 彼に, 彼の, 後人各, 後渡る, 従来半ば道楽仕事であった, 得るところ, 御覧に, 快げ, 怖るべき, 思案し, 患者の, 惣門の, 想い出が, 感心した, 慰めるばかり, 成功を, 成績を, 敵の, 斃る, 新奇に, 朋友に, 未だ達せざりし, 本國, 来たの, 来た人間, 来ました, 来よう場合, 欲しい, 止ざる者即ち, 止まないの, 正午一先づ休憩したる, 歩いて, 治る率, 浅井画伯などの, 満場の, 滝川一益を, 無事に, 無益なる, 無聊を, 熱心に, 現在自分が, 病身の, 着々と, 私の, 立つて, 竜之, 箸を, 精神活動が, 紅燈緑酒の, 結果を, 置いて, 置く必要, 老練なるべき, 聴衆を, 腕の, 自ら慰める, 自ら楽しむ, 自個, 舌鼓を, 行う算法, 行きこし, 行くだけの, 行ったその, 見ずに, 見たかも, 見たり, 見た理由, 見ないか, 見なかつたと, 見ましたが, 見ましたところが, 見ますと, 見ませう, 見ませんか, 見よう, 見ようという, 見よう何, 見ると, 見るに, 見るの, 見る勇気, 見る頭, 見度, 見給, 試み疲れ, 誰はばかろう, 談笑し, 警戒の, 軽く所持金, 造化に, 遊びたいという, 鋳掛屋の, 頂きたく出ましたわけ, 首尾能く

▼ 試み~ (120, 4.8%)

15 して 5 やって, やつて 3 敢て 2 した, しようと, すれば, やめて, 半ば無意識的に

1 [82件] あえてしなかった, あえてする, くり返した, しうるさく, したかと, したという, したの, したもの, した事, した人, した後, した結果, しついに, してるよう, する, すると, するのみ, するもの, する上, する事, する人, する始め, する機会, する決心, つづけて, つづけるの, なして, なすの, なせり, はじめたの, ふと空しい, もくろんだ, もくろんだの, もったが, もつた作品, やめたの, やるの, ピエェルが, 一生懸命に, 与えて, 企て, 企てたにも, 其後再び, 凡そ二十段に, 加えようとして, 加へる, 受けました, 受けよう, 多少とも, 大きな声, 学ぶこと, 実行する, 少しやりかけた, 幾度と, 思い立った, 思ひ立つて, 懇請する, 戯曲の, 抛擲し, 採りあげるに, 提示した, 散文詩の, 断行し, 是認すべき, 最も有効, 最後まで, 為さんと, 為したので, 爲した, 理解する, 示しその, 示して, 私たちの, 積んで, 經る, 繰返さなければ, 行いそれで, 語らねば, 遂に断念, 遣って, 離れただ, 験し味わうよう

▼ 試み~ (102, 4.0%)

2 多くの, 失敗した, 失敗に, 或る

1 [94件] いかにも卓見, いくつか, かように, けいれん的だった, しかし徒労, したが, したの, して, しないであろう, しなかった, すべてただ実験室的の, すべての, するが, その頃, それだけで, それほど危険, たしかに時代, どのよう, なされたこと, なるほど最初, ほ, また一派, みな思いきらなけれ, もっともっといろいろの, やがて企てられなく, やはりほんとう, ギリシアの, ゴーゴリの, テナルディエを, プロレタリア文学の, プロレタリヤ自身の, 一応不可能, 一時的に, 一時読者に, 一葉落ち, 不可能で, 不思議に, 中止に, 中絶された, 二歩と, 今の, 何かの, 何でも, 何と, 作品の, 健康な, 具体案として, 十分意義が, 夙く始まっ, 多分成功, 大抵失敗, 大胆不敵で, 失敗し, 失敗でした, 失敗らしく, 平安初期から, 幼稚園の, 幾度も, 当然失敗, 彼等が, 必ず失敗, 感覚の, 成功し, 成功した, 成功でした, 挫折しない, 既に試み, 時には露骨, 時代に, 普通コントが, 更に大胆, 最初に, 望みが, 未来の, 本質的には, 次第に成功, 歴史の, 決して夢, 無意義に, 無根拠, 無駄であった, 珍しいもの, 空しい失敗, 窮極において, 粗悪で, 自然科学の, 芸術にとっては, 行われたれども, 計画的であり, 試みで, 詩に, 近代マキャベリズムの, 遂に成功, 非常に

▼ 試み~ (67, 2.7%)

4 ために 2 一つである, 一つとして, 域を, 空しさ

1 [55件] あつた, あとでは, あとに, うちに, うちには, しからしめるところ, でたらめなる, なかには, ものは, ような, 一つだった, 一つであった, 一つに, 一歩を, 上に, 下に, 中で, 中に, 価値を, 前途には, 可能性の, 品は, 域に, 場合と, 多くを, 契機が, 好適例, 後に, 後ようやく, 後作者は, 性質にも, 意義は, 新しい靴, 方法として, 時が, 時であった, 時代だ, 時間が, 最も露骨, 最中に, 気分に, 真の, 石を, 第一歩として, 精神と, 考へから, 興味である, 行われたかを, 言葉である, 記念として, 試みとして, 詳細は, 這入つたもの, 限度に, 雑誌が

▼ 試み~ (65, 2.6%)

3 なされて 2 ある程度まで, されて, それで, つづいた, なされた

1 [52件] あったの, あつて, あらわれて, あるの, ある様, いかに望み, いくらも, いろいろと, いわゆる前衛映画, こわされる頃, されたが, されるであろうこと等, したいならば, して, できず当り外れ, できる, できるであろうと, どのよう, どれも, なされさまざま, なされたに, なされるが, まだ極めて幼稚, 今までに, 今迄に, 加は, 十分の, 半ば成功した, 同時にそこ, 営まれて, 失敗し, 嵩じて, 幾回と, 恐らく何時, 愉快でならない, 成効し, 手当り次第の, 既に行, 映画界に, 最も無邪気, 来るの, 案外効果, 歴史的に, 活溌に, 生んだ惨劇, 示されて, 私を, 自分の, 行なわれた, 行われた, 試み続けられて, 隨所に

▼ 試みたり~ (44, 1.7%)

5 した 3 して, するよう 2 又後, 都市の

1 [29件] あるいは, これその, しが, したが, したつて默目, したとて, したの, しました, しましたが, し人類学的人種学的研究, するの, する事実, する資格, そしてたまらない, また書棚, ゴルキイの, 兵馬の, 同意を, 孔夫子は, 帆柱や, 彼かつて, 或いは意志, 或は又, 放れる覚悟, 斯くて, 皮肉な, 附箋を, 隣人の, 電車に

▼ 試みても~ (30, 1.2%)

2 それは

1 [28件] いないし, いる, すぐあとからまくしかかって, そこは, た, ただ黙っ, だめな, できそう, とうてい理想的, まずいながらも, よいもの, ポストの, ムダであった, 一歩も, 一笑に, 光った銀貨, 出来なかつた鍵, 原板でない, 同じこと, 宣伝甲斐が, 容易に, 弊害なし, 成功は, 甲斐の, 相手にも, 頑としてそれ, 駄目で, 駄目である

▼ 試み~ (29, 1.1%)

1 [29件] あったが, ありました, あるくらい, あるひは, した, したので, して, しないで, せずに, なされたが, また必ずしも, みごとに, イタリアなどで, モルトンによる, 一つの, 事実を, 企てた, 伝統を, 依然空間表象, 古人は, 單に, 山道は, 挫かれ, 支持され, 日本の, 目的を, 細田氏が, 職業屋根葺き, 若い詩人たち

▼ 試みとして~ (20, 0.8%)

1 [20件] あらゆるキイ, これを, そのつくりかえ, たった今少年, どういふ, ゆるす地盤, ソヴェトの, 両肥, 奨励遂行さるべき, 成らざるはなし, 書いて, 有っても, 東京天文台編, 注意を, 終つた事は, 置かるべき第, 評価する, 試みなければ, 避け難い, 音楽家ならびに

▼ 試みつつ~ (19, 0.8%)

3 ある, あるの

1 [13件] あったが, あるかを, あるという, ある無, ある物理的化学的現象, ある精神科学, また縦横, やはりノスタルジア的, タタタタと, 子供を, 暗い貧乏町, 行間から, 遂に時代

▼ 試み~ (18, 0.7%)

4 あつた 2 あつて, あらうが 1 あらう, うまくゆかぬ, さへ, なるほど, ドューウに, 慎重に, 成程, 棄てて, 終って, 頗る読者

▼ 試み~ (18, 0.7%)

3 過ちの

1 [15件] いふよりも, いわざるを, して, すべての, その実演者たち, 企てとが, 同様基礎薄弱どころか, 同樣, 対比し, 思つた, 注意と, 見做, 過ち, 過ちとは, 過ちによる

▼ 試みては~ (13, 0.5%)

2 ならぬ

1 [11件] いかがでござる, いかが人間社会においても, くれないで, ならずそれ, ならない失策, ゐるが, 上へ, 歩行し, 行き詰まり行き詰まっては, 過ち過っては, 過つ過つという

▼ 試みである~ (11, 0.4%)

1 [11件] から少し, がこの, がこれ, が俊夫君, という諒解, とはたしかに, と思われる, と解せられる, と解った, のかも, 宗教への

▼ 試みながら~ (11, 0.4%)

1 [11件] そっと他人, その多額, われわれが, 却て, 居合わす, 屡々吾人, 是非なおっ, 歩いて, 絶えず花火, 自分の, 行くの

▼ 試みであった~ (10, 0.4%)

1 かどう, かもしれない, から今, がこの, が時勢, ともいえる, と思われる, にすぎない, のだ, のである

▼ 試みたる~ (9, 0.4%)

2 にたちまち, ほどの熱心 1 が如き, にわが家, に奇, に返事, 原案賛成演説には

▼ 試みでは~ (8, 0.3%)

1 ありあの, あるけれど, ない, ないかと, ないこと, なかったろうか, なからう, なかろうか

▼ 試みその~ (7, 0.3%)

1 ために, とき捕えられ, 功を, 園で, 本は, 甲乙に, 試みに

▼ 試み~ (7, 0.3%)

3 のである 1 のだった, ので作曲者, んだ, んです

▼ 試み~ (6, 0.2%)

1 から失敗, ということ, といふ, とそう, と思ふ, と義雄

▼ 試みてから~ (6, 0.2%)

1 これで, でなければ, 名が, 広言を, 次第に病的, 炉辺へ

▼ 試み~ (6, 0.2%)

1 いくつかの, ラジオに, 企ては, 作家の, 彼等の, 手段だった

▼ 試み~ (6, 0.2%)

1 はざりし, ひしならば, ひしならん, ひぬ, ふや, へかし

▼ 試みから~ (5, 0.2%)

1 この室, みると, 始まって, 新古今歌人, 日本在来の

▼ 試みこの~ (5, 0.2%)

1 古代的な, 日ちょうど, 点が, 習作を, 莫大な

▼ 試みこれ~ (5, 0.2%)

1 が動機, が大沼博士, はその, を皮肉り, を肯定

▼ 試みでも~ (5, 0.2%)

1 あり薬, しないかぎり怪塔ロケット, しようと, する時, 気紛れでも

▼ 試みとしては~ (5, 0.2%)

1 できるんぢ, まず前記, 余り積極的, 少しは, 新しくまとまった

▼ 試みやう~ (5, 0.2%)

1 とした, として居た, とすれ, と夢みた, と考へた

▼ 試みには~ (4, 0.2%)

1 いって, 以前から, 相違ない, 相違なかつた

▼ 試みに対して~ (4, 0.2%)

1 大胆である, 持った心持, 持つた心持, 経験した

▼ 試み~ (4, 0.2%)

1 るべきが, るるかた, るる人達, るる自由

▼ 試み~ (4, 0.2%)

1 いとおもつて, いと思ふ, い為, く思ふ

▼ 試みあるいは~ (3, 0.1%)

2 漢詩的に 1 無作法な

▼ 試み~ (3, 0.1%)

2 した 1 したの

▼ 試みさらに~ (3, 0.1%)

1 その結果, 分解を, 大笑いさせ

▼ 試みしも~ (3, 0.1%)

1 その効, ついにその, なおはかばかしき

▼ 試みそれ~ (3, 0.1%)

1 から細長い, で満足, を五十部ぐらゐでもいいから

▼ 試みであっ~ (3, 0.1%)

1 てさらに, て一さい, て納本制度

▼ 試みであり~ (3, 0.1%)

1 またこの, 又それ, 輾転反側である

▼ 試みという~ (3, 0.1%)

1 名目の, 目的が, 程度を

▼ 試みにおいて~ (3, 0.1%)

1 上述の, 余り筋道, 西角井君の

▼ 試みにも~ (3, 0.1%)

1 あまり感服, せよこれ, 政府を

▼ 試みによって~ (3, 0.1%)

1 この保守性, ひらかれた自然, 物質という

▼ 試み~ (3, 0.1%)

3 申候

▼ 試み~ (3, 0.1%)

2 が起たず 1 が他人

▼ 試みいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な事実, 手当てを

▼ 試み~ (2, 0.1%)

1 になお, 解釈を

▼ 試みしかども~ (2, 0.1%)

2 大成する

▼ 試みそして~ (2, 0.1%)

1 それらの, 何ものも

▼ 試みたりなど~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 試みついに~ (2, 0.1%)

1 果たすあたわずして, 身の

▼ 試みであろう~ (2, 0.1%)

1 がどうせ, が折角

▼ 試みでない~ (2, 0.1%)

1 ものの, ものは

▼ 試みとか~ (2, 0.1%)

1 現代の, 第十三回日本美術院

▼ 試みとも~ (2, 0.1%)

1 ならば, なるの

▼ 試みながらも~ (2, 0.1%)

1 其色を, 立上る

▼ 試みなど~ (2, 0.1%)

1 して, 少しも

▼ 試みなどと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 言うもの

▼ 試みなんて~ (2, 0.1%)

2 存在しない

▼ 試みにか~ (2, 0.1%)

1 はやへ, へり來

▼ 試みにかの~ (2, 0.1%)

1 木の, 槐の

▼ 試みまた~ (2, 0.1%)

1 旅の, 磁石の

▼ 試みまたは~ (2, 0.1%)

1 あすの, その封鎖

▼ 試みむといふには~ (2, 0.1%)

2 非ず

▼ 試みむとしたる人~ (2, 0.1%)

2 なり野村子

▼ 試みよう~ (2, 0.1%)

1 ではない, もない

▼ 試み~ (2, 0.1%)

2 に希代

▼ 試み十分~ (2, 0.1%)

2 に成功

▼ 試み~ (2, 0.1%)

1 それを, 求める精神

▼ 試み或は~ (2, 0.1%)

1 パイオニアの, 繩を

▼ 試み注射~ (2, 0.1%)

2 をした

▼ 試み~ (2, 0.1%)

1 勤める人達, 變らず

▼ 試み~ (2, 0.1%)

1 が現れた, 面白かった

▼ 試み~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [177件]

試みあのかぐはしい香気, 試みあらゆる運動を, 試みありしも遂に, 試みありたし, 試みある時は, 試みある程度の成功, 試みいささかこの道, 試みかと思われる, 試みかへつて大いに, 試みかも知れない, 試みからも決してしりごみ, 試みけれども遂に如何, 試みここかしこに短い, 試みさえもしは, 試みしかして連戦連捷ついに, 試みしたしく苦樂を, 試みずして降参, 試みそうしてさも苦し, 試みそのままほかの, 試みそれから懐中へ, 試みそれでもやはり私, 試みだったしまた, 試みちっとも成功しなかった, 試みてかわざと卜, 試みてさえ見ないもの, 試みてね絵の, 試みてはという医者の, 試みてをられる, 試みであり吠え声であり, 試みであるだろうと思っ, 試みでしたがこの, 試みですが有益, 試みでなければならぬ, 試みといふ事が, 試みとしての価値は, 試みとの間には, 試みともなつたのである, 試みと共にイタリア語に, 試みどころと葉石氏, 試みなどはその広大, 試みなども愚かな, 試みにでも解析の, 試みに対しても芥川龍之介は, 試みに対する反対論として, 試みに関する御配慮, 試み巧くい, 試みはじめしもその間, 試みはつぎのよう, 試みやと答, 試みへの足どりを, 試みまでもして, 試みむと思へしに, 試みもうすこしのところ, 試みゆらりゆらりと立帰りし, 試みより詳しい研究, 試みよりももっと大きな, 試みらしいのでわたし, 試みわが古典の, 試みわざわざ多賀の, 試みをすら試みとして, 試みはいかに, 試みイデアリスムの哲學, 試みモリスもまた, 試みローとクールナン, 試みワグナー派の力強い, 試み一つは作者自身, 試み一つ毎に此, 試み一先ず閉廷を, 試み一同と共に撮影, 試み世界の大国中, 試み世間また往々, 試み世間多くはハイカラー, 試み眼を, 試みなる傾向, 試みに禁戒, 試み二年か三年, 試み今一つは外界, 試み今日これを本県, 試みて互いに, 試み以上に一歩, 試み候えと云った, 試み候私は幼稚園, 試み光輝ある未来, 試み其周りが變ら, 試み内心おろかしく一喜一憂, 試み折れ矢, 試み前版以後に現れた, 試み勇將の, 試み千度乙女に成功, 試み危うく溺死しか, 試み世俗的な, 試み可憐なる良民, 試み喫する後, 試みべられた, 試み園丁は拳固, 試み塩梅を見, 試み墜落負傷して, 試み多数の収穫, 試みなる恋愛, 試み天下に名, 試み失敗成功についてなに, 試み如何にも刃味宜し, 試みも図らず, 試み家庭の運動, 試み小耳を傾け, 試み尼子一族との間, 試み尽しているであろう, 試み展開して, 試み工夫をする, 試み帝国主義的発展をなした, 試みひ自分, 試み幸い自分の, 試み度樂み居り候, 試み当時江戸警衛の任, 試み彼らが大事, 試み得可きのみ, 試み愛国心を論じ, 試み感激の裡, 試み我々の一族, 試みひは, 試み戦争の野蛮, 試み戦争準備のため, 試み批判する職能, 試み批評を草し, 試み数十首を得たれ, 試み数日にし, 試み譯法句經と, 試み日本の軍事行動, 試み昨年は病中, 試み晩年に至る, 試み暫時休息した, 試み木下がさっぱり, 試み果して古墳である, 試みや天気, 試みの節, 試み次に一番下手の, 試み此の方はうまうまと, 試みを抜き, 試み死人を装う, 試み毫釐の塵埃, 試み水族館に入る, 試み洪武十七年より七百八十五年, 試み演劇にとって尊重, 試み無意味な野心, 試み無謀なたわむれの, 試み用心深く頭を, 試み申すべし御憤, 試み疲れてうとうと, 試み白痴として通らん, 試み白葡萄酒やブランデー, 試み畢り, 試み監督がまた, 試み社会の関係, 試み種まき培ことを教え, 試み立川雲平氏の皮肉, 試み終に下手より, 試み給はずや凡そ, 試み美濃の山中, 試み自余の時間, 試み自己の妄想, 試み萎縮した気持ち, 試み談シナ哲学に及ぶ, 試み流派の, 試み講習の功, 試み豊富なる変化, 試みをふさぐ, 試み近世的世相と並ん, 試み近頃ではフッサール, 試み遂に誘ひて, 試み那珂川の洲口, 試みというもの, 試み長崎會所に於, 試み難いものである, 試みの為, 試み頗る好評を, 試み首尾よく重囲, 試み鸚鵡的にくり