青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「詞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~証拠 証拠~ ~証明 証明~ ~評価 評価~ ~評判 評判~ 評論~ ~詞
詞~
~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人 詩人~ 詮議~

「詞~」 2862, 31ppm, 3775位

▼ 詞~ (774, 27.0%)

18 聞いて 14 唱へる 10 遮つた 6 かけた, 唱へ, 遮るやう 5 口に, 唱へて, 堰き止めた, 絶えては, 聞かぬ日, 聞きて 4 交へ, 伝達した, 使うの, 奏上する, 思いだして, 知らなかった, 聞いた時, 聞くと

3 [11件] かけては, かけられて, かわして, にごして, 伝承し, 信じて, 奏したと, 尽して, 申して, 繰り返して, 聞いては

2 [47件] ある点, かけたる事, かけて, かまえて, して, つづけた, のべて, まを, もて宣れ, 一つ一つ思いだし, 伝へる人, 伝承する, 使って, 使ひ, 使ふ, 信用し, 傳達した, 出した, 取り返すこと, 和らげた, 唱えつつ, 囁く, 奏する, 改めた, 放つた, 書いた, 歌は, 添えて, 添へて, 用ゐる, 申し上げる, 知らない, 継ぎて, 続いだ, 続けた, 繼が, 續けた, 耳に, 聞いたり, 聞きながら, 聞くに, 聞て, 見ても, 述べたに, 途切つた, 陳べて, 面白が

1 [525件 抜粋] あびせて, あらためた, あらためてお, あらためてかれ, あらためて言った, あらためて訊いた, いた, うけて, うたひ, うつかり忘れ, おもいだしたが, お用い, お聴納, かくの, かけかねて, かけたり, かけた以上, かけた男, かけながら, かけますと, かけようと, かける, かけるの, かける位, かけんとして, かけ楊柳, かけ給, きいたの, きかされて, ききて, きって, くり返して, くり返し唱, さがして, さげて, さとらせその, さへ, しつかりした自信, しらない, すげなく謝絶, すこしやわらげた, する, せずに, そのまま用い, そへ, た, たしかに承った, たのまれつくり進, たやすく聴き, つかいます私, つかうの, つぎ片時, つけさせ給, つけようと, つづけて, とうとう紙, とぎら, とれるなり, どうして私, なおしたという, なげるごと, なさないところ, なのる祝詞, なる程そう, はく汝, はなった, ひねくりたる歌, ふと私, ほかひすることほぎ, まじへる, みこと, むしろ淋し, もう一度繰返さないで, もえ辨, もって, もてあら, もてわが, もて今, もて詫びんと, もらしたし, やさしくし, やや優しく, わすれて, わたしの, フィンクは, モウ坊主は, 一つ思い出した, 一度唱, 上品に, 与へ, 中に, 予期し, 事實に, 二三遍繰り返し, 云う翁, 云って, 交える機会, 交さずに, 交さずには, 交さぬ位, 交されて, 交し, 交して, 交しながら, 交すこと, 交す媒, 交ふる, 交へただけ, 交わして, 人々は, 今一度繰り返した, 付け加へる, 以つてそれを, 仰せられる事, 伝えた空気, 伝へ, 伝へた, 伝へようと, 伝へられると, 伝へるし, 伝へると, 伝へる役, 伝承した, 伝達する, 伝達せられた, 伝達即みこと, 伴うて, 佐伯に, 余り正直, 作らなかつたかを, 使うだろうかという, 使うもの, 使つてある, 使はせよう, 使はれる, 使わなくなったの, 使用した, 侮辱だ, 促して, 信ずること, 信ずるよう, 信用した, 修正する, 修飾した, 俺が, 催促し, 働かせようとして, 其儘記録し, 其通り敏に, 具体化する, 出されざるの, 出したこと, 出して, 出し居る, 出すこと, 出すこと能, 出すの, 出すもの, 出す唇, 分化し, 分析し, 切ったが, 切って, 切つて一度, 切つて上座の, 列ね行間, 別に唱, 削り給はん, 包んだもの, 半ば聞かず, 単行本として, 反すよう, 反復し, 叔父は, 取り次いだ, 取り消して, 受けた者, 受けて, 受ける度, 受ける者, 口々に, 口の, 古人は, 叩き消すよう, 叫びながら, 叫ぶやう, 吐き出して, 呉羽之, 呑んで, 和らげて, 唱えだしました, 唱えて, 唱えやめて, 唱えるの, 唱へての, 唱へれ, 唱誦する, 嘲笑って, 執着の, 基礎に, 多く交, 大きな声, 奉じ韓曁, 奉り海山, 奉る, 奉呈した, 奏した例, 奏した面影, 奏して, 奏すること, 契約に, 女は, 威力化する, 嫌う程, 守って, 守るに, 宣する神, 宣する第一義, 宣り給, 宣る時, 宣布した, 寄せたるは, 寄せて, 少しは, 尽さむ, 尽さん云々, 山鴉が, 左右に, 己は, 幾つも, 延喜式に, 強ひ, 待って, 待つて, 心の, 忌み憚り, 忌んで, 忘るべからざる, 忘れたよう, 忘れて, 思いだした, 思い出した, 思い出しながら, 思うまま, 思つて自分の, 思ひ出して, 思出し, 急に, 悔いずには, 悪みました, 愛するので, 懸けた, 懸けながら, 手繰って, 手繰つて其夜, 打消しつ, 打消して, 打消す様, 承つて安堵, 投げるより, 投げ合, 択ぶやう, 押えつけるよう, 拾つてゐた, 持つて, 按ずるに, 挑みかける義, 挟む, 挟んだ, 振ずに, 挿む勇気が, 授ける王, 掛くると, 掛けしに, 掛けずに, 掛けた, 掛けたいの, 掛けたが, 掛けたの, 掛けられない以上一言, 掛けること, 掛けるそれと, 掛けるの, 掛けるわけ, 掛けわれ, 掛け議官僧官さ, 掛け遂に, 採ったという, 探したなら必ず, 控えて, 控へて, 插んだ, 揺り醒ますやう, 擇ぶ, 攫まえて, 改めてさて, 改めました, 改直せし, 放ちそして, 敬聴した, 整ふ, 文章に, 料理場の, 斯う, 時どき思いだした, 曖昧に, 更に記録者, 更めて, 書いた手紙, 書いて, 書かれ伏皇后, 朗かな, 束ねて, 構成する, 次いだ, 次いで, 次ぎていへり, 次ぎてうるはしき歌を, 此書式の, 此頃覺えたからさういふ, 残して, 殘し, 殘した, 求め得ず, 洩らして, 活用する, 派生し, 浮べて, 浴びせかけたが, 浴びせて, 添えた, 添へ, 添へた形で, 渡りに, 濁した, 濁したが, 濁す, 為りて, 無暗に, 物に, 特にさう, 用いずに, 用いた, 用いたもの, 用いるよう, 用い目科, 用ひず, 用ひられた, 用ひ得る, 用意し, 申した事, 申し上げるの, 申す職業団体, 疑わなかった, 発したの, 発した様, 発するなど, 発する聖座, 発せしむる, 発達させ, 發する, 盡さむ, 盡し, 相圖, 真に受けた, 真実だ, 知らない人, 知らなかつた, 知る者, 神人が, 神寿き, 私は, 立て呉れても, 笑談だ, 精霊に, 結ぶと, 絶叫し, 継いだ, 継がむとす, 続いで, 続けて, 続けること, 綴りけんいずれ, 繰返したに, 繰返して, 繰返しました, 繼いで, 繼がんと, 繼ぎて, 繼ぎて云ふ, 纂集し, 續ぎてわれは, 習慣的に, 考えれば, 考へて, 考へる唯一, 聞いても, 聞かされた時, 聞かしむ, 聞かで呼び入れ給, 聞かなかったから, 聞かんこと, 聞きたるとき, 聞きたる花子ハツ, 聞きつけると, 聞きても, 聞きながして, 聞きに, 聞き分けて, 聞くが, 聞くなり, 聞く度, 聞けば, 聞ける時, 聯ね, 聴いても, 聴き出したいと, 胸を, 自ら宣られ, 與へ, 荒らげた, 製作する, 見て, 見ましても, 覚えた, 覚え或は, 観戦記者に, 解して, 解し得ずして, 解せむ, 言つた, 言つてゐる, 言ひ, 言ふ, 設けて, 設ける程, 語って, 語りつぎ給, 語りながら, 語るか, 語ると, 語るもの, 誤解し, 誦して, 誦し門芸, 説きたると, 読む間, 読んだ, 読んで, 読んでは, 読んでも, 諷誦する, 謡い終ると, 謡ふ, 讀むと, 讃められる, 費さ, 費した, 費すこと, 費すまでも, 賜いまた, 贈つたもの, 辨ずる, 返して, 述べたので, 述べたまま, 述べた事, 述べた時, 述べながら, 述べぬ, 述べやがて, 述べる事, 送り見いだされて, 途切つて, 途切つてドタンと, 途切つて氣持よく, 途切つて海を, 途切る, 造りたま, 連発し, 連発した, 連発する, 進めて, 遣いますジャワ, 遣うの, 遣って, 遮つて, 遮らうと, 遮らんと, 遮りて, 遮りながら, 鐫て, 長く引い, 陳ぶ, 陳べると, 陳べるの, 陳べる義, 音韻によ, 飜訳した, 飽くまで真面目

▼ 詞~ (368, 12.9%)

17 中に 7 意味を 5 方が, 端々までも 4 中にも, 中の, 意味が 3 やうに, 間に

2 [21件] ごとく, はしばし, もれ出るぞを, 上に, 出ないうち, 力で, 叙事詩化し, 句切れを, 太初に, 奥には, 存在を, 形を, 意が, 意は, 意味も, 文句が, 秘密な, 種類, 調子が, 調子は, 通りに

1 [274件] あまりに前後矛盾, あやも, あるの, いまだ絶えざる, うけての, うら, かけあひの, くり返しを, ぐあいで知れます, ことなども, ごときもの, すべてを, ぞんざいに, ぢり, とおりでございます, なまり身, なめしきを, にほひゆく, はしは, まだ終らない, ままに, ままを, めでたげなるに, ものについて, ゆすり場大, ように, ようにも, よは, 一つだったらしい, 一つである, 一体で, 一節である, 一部が, 上だけ, 上での, 上では, 上中下に, 下より, 不適應性が, 中から, 中からも, 中て, 中で, 中とりわけ, 中には, 中やや, 中ギリシア軍が, 中天つ, 中特に, 中重要な, 事を, 云いよう, 人の, 代に, 代りに, 代表形式で, 伝誦数が, 伝達である, 使い方から, 価値も, 信用も, 俤を, 側から, 僞ならぬ, 儘の, 元なる, 全く師, 全文は, 内には, 内にも, 内容で, 内容に, 出せる訳, 出で, 出ようが, 分れで, 分子が, 分量が, 切れるの, 初に, 初め其時に, 効果として, 効果によ, 勢力, 勢力である, 区別が, 叙事詩化した, 口から, 口癖の, 口真似阿呆陀羅経から, 古格が, 名を, 含むところ, 唱へ, 固定した, 固定である, 固有の, 地を, 変化し, 変態である, 外に, 外は, 多い哲学書, 多かりし, 大きな特徴, 大体の, 太詞事を, 奏を, 奏上は, 如きは, 如くなり, 如く宿直, 妥当なる, 始めに, 姿を, 威力で, 威力の, 宗教唄を, 定型を, 定義は, 実演を, 尻から, 尾に, 崩れを, 工夫に, 巧拙に, 幾種類かを, 底が, 廉とれ, 張りが, 形が, 後なる, 後の, 後は, 御櫛, 応酬だ, 意を, 意味だ, 意味に, 意味よりも, 意義が, 意義その, 意義表現を, 我に, 戲言なるべき, 把持といふ, 抜き読み, 持つて, 採訪と, 数々さては, 数の, 数は, 数主, 數, 文字通りなりと, 断篇化し, 新古は, 方から, 方は, 方へ, 方も, 最大事, 最後の, 未だ轉び出, 末, 末は, 末語部の, 本色と, 栞から, 極まりて, 概念とは, 様である, 様に, 様にも, 様式の, 次には, 歌の, 歴史が, 毒を, 民謡化する, 河内に, 泉に, 流れである, 流れなり, 混乱が, 清子が, 潤も, 災ひ, 無い声, 猶穩, 用ゐられる, 用法に, 用語例定義については, 畢らぬ, 疑問は, 癖が, 発生を, 発達, 目的が, 研究から, 神こ, 神の, 稚拙は, 積りな, 端々に, 端々を, 端々兼吉さんが, 端に, 端の, 端を, 符号である, 符号では, 第二期, 筋で, 節によるのみ, 範囲が, 粘塗, 精髄で, 綜合で, 緊要なる, 緊要部なる, 繰返しなどによって, 義, 考へ方, 自由を, 與之, 表現に, 表紙絵を, 裏には, 要素を, 訓釋に, 記録, 記録を, 訛りが, 詞の, 話に, 話は, 話を, 語根, 語義, 誤らざるを, 誤りを, 誤解から, 説明も, 調子だけ, 調子では, 調子に, 起原とも, 返しようが, 返事を, 通り河岸に, 連想から, 連発を以て, 連続から, 運びと, 過ぎたるを悔み給, 部分, 部分が, 部分さわりの, 部分では, 部分の, 長かつ, 間々に, 闕けて, 集注せられる, 音楽を, 韻脚は, 響は, 順序が, 順序にも, 顛末を, 飜訳と, 高山, 魔術によ

▼ 詞~ (267, 9.3%)

6 あつた 5 ある 4 この頃はやり, 今更めい, 又心から, 浮んで 3 出なかった, 匂ふ, 聞えた

2 [13件] あった, あって, いかつく女, ない, なかった, 今自分, 代々の, 出て, 女の, 終るか, 考へられる様, 耳に, 見つからなかった

1 [205件] あったか, あったと, あったに, あつたらう, ありまして, あります, あり挙措, あり此, あるかも, あるから, あるの, ある様, ある随, あれを, いつでも, うたと, おりおり耳, おれの, お前の, お婆さんの, かかれば, けられなば, この頃, さつき暗示した, しばしば或, すぐにと, するの, そこにも, その物語, その胸, それである, それと, たてまつられるの, ちょうど同じ, ないと, ないのに, なかつた, なんとなく一種風刺的, はつきり聞えた, ひっかかったが, ふとまた浮ん, ほとんど只, まだぴつたり, まだ用いられ, むずかしいから, もつれだした, よく通じない, よごと, クラスの, フツと, メスの, 一つの, 一つは, 一面享楽的な, 七章まで, 上つて来た, 不十分である, 世を, 並行叙述の, 主に, 主上の, 二つ続い, 二度目に, 二様の, 互に入れ違っ, 交へ, 交換された, 京にも, 今更めて, 今最も, 伊太利語として, 似て, 何か, 何かの, 何となく悔いられる, 使えるのに, 使って, 偶然伝えられた, 偶然傳へられた, 入りました, 其を, 内国的である, 内容乏しく, 出た, 出ない又, 出るだらうと, 出る度, 分かつたらしい, 分かるの, 分化した, 切れぎれに, 切れると, 判りません, 刻し, 勢力を, 匂うが, 十分に, 半信半疑にも, 叙事詩を, 口から, 古くは, 古人を, 句, 同時に飲用者, 命令的表現である, 問題と, 国々, 土地の, 堀の, 多い, 多いばかり, 多く行, 夥しく彼, 奉られるが, 好い感じ, 嬉しかった, 嬉しかつ, 完全に, 實際實の, 対照的に, 小歌には, 少くなつ, 少したるむ, 少しも, 尤もよく, 尽きると, 屡々お上さん, 己の, 常世の国から, 幾種も, 従属的の, 從屬的の, 必あ, 必要で, 思いだされた, 思い出された, 掛かつた, 掛からぬ, 採る様, 断片化した, 日本には, 明白に, 暗示し, 更に鎮護詞化, 最適切, 期せずし, 来て, 格別の, 極めて滑稽, 次第に増し, 次第に壊れ, 次第に耳, 段々叙事詩化, 氏に, 永遠に, 流行って, 滞ると共に, 無い, 無いその間, 無く氏, 猶予なく, 現れたもの, 生じて, 生命の, 用ゐられ, 男色の, 発せられると, 發達し, 白木の, 祝詞と, 秋水の, 累そっくり, 終った, 結局当て嵌るべく, 絶えて, 継がない, 続いて, 綾の, 縺れたり, 考へられて, 耳の, 聖なる御子, 聞えるぞ, 聞えるなら返事, 聞けるもの, 自由に, 見附から, 訣らない, 詞章全体の, 話せるよう, 讖を, 貞之進には, 貞之進は, 途切れた, 通じないので, 通ぜぬので, 銘せられ, 鋭い力, 関白の, 闕けて, 非常に, 面白かつ, 飛んで, 馬鹿気て, 黒川能役者の

▼ 詞~ (233, 8.1%)

8 力を 5 感けて, 感じて, 背く者 4 よりて 3 無量の, 異背

2 [14件] ない一つ, よると, 云ひ, 何となく角, 傾いて, 出して, 動かされた, 怒りを, 曰く, 答へ, 耳を, 背いて, 語るとも, 驚いて

1 [172件] あまえるよう, あらわして, ありとも, ある, あれだ, いかなる故, うたれ氣色, うち負け, おおそれ, おのれは, お園, お辰座, かう被せた, こだはる必要, さか, しても, しようか, すぎません, そういうこと, そむくこと, た, たがわない, ためら, ちかくよせつ, ついでその, つきて, つき更に, つらねて, つり出されて, つれて, つれてを, とくした, どつ, なって, なつた, なつて, なる理由, はげまされて, はなつて, またもや胸, やや論讃, よりても, アヌンチヤタの, 世改まり, 二言は, 云いくるめられて, 云はく武蔵介経基の, 云ふ, 人々或は, 人を, 代えるもの, 任せたま, 伴ふ, 信を, 傚った, 僅かに, 出會つた時, 出會つて, 力づけられて, 励まされて, 勸懲の, 印を, 合せる様, 同意する, 同感し, 否と, 和歌の, 唸つた, 嘘が, 嘲の, 在ると, 外ならない, 外國訛りが, 多少の, 大真実, 天能麻我都比登云神乃言武惡事爾相麻自, 嬉しさ, 對する, 少し力, 就いて, 就いても, 就て, 屈折の, 属すべきもの, 属するの, 山西は, 岡村は, 幽かに, 幾分か, 廉を, 当て嵌る心理, 往々この, 従いなさい, 従うが, 従えば, 従った, 従ったが, 従つた, 従ひ, 心うれしく, 我が身を, 我れ, 打ち頷くと, 接するの, 放浪者は, 敬義を以て, 文字にも, 於いてすら, 於いては, 於ける神, 曰, 替つた, 束縛せられずし, 止まるかも, 比べて, 注ぎ局面, 注意を, 滑稽味を, 滞りが, 滿足したる, 玉音は, 甘く胸, 用ひ出した, 盤巾結帶分兩邊と, 確信を, 私の, 私は, 移したもの, 窮した, 等しい内容, 節附け, 籠る慈愛, 籠る神, 組み立てられて, 結びついて, 絡んだ伝来, 続いて, 綴つたと, 縁結びで, 縛られて, 義理一遍, 耳傾くる, 耳傾けん, 聞き惚れた, 背いた為め, 脅かされて, 色をや, 花も, 袖ぬら, 見えるほう, 角を, 解釋しよう, 訳して, 買詞王も, 起原を, 躍り上, 近い体言, 近い語, 近づく, 退化し, 過ぎなくなつて, 道理が, 違いございません, 違ひもなく, 都合好く, 関した用語, 関係せなくなる, 限つてある, 随い, 随つて墓を, 馴れた当時, 馴れて

▼ 詞~ (212, 7.4%)

4 古きを 3 ふるへぬ, よして, 有るまじ少し, 無くて 2 あとの, ない, なくて, 放つ方, 無いの, 確かに, 確に, 祝詞の, 自分の, 飲食の

1 [176件] あっても, あやしく我情, あらでマリア, いつか消滅するであろう, いは, かうは, けんどん, こうは, こう云う, ここでは, これから出た, ごつごつした, ざっとこんな, しどろであった, すべての, その口, その後我祈, その感じ, その響, た, たしかにあなた, どうでも, どちらかと, なくジッ, なんと云, はからず聞いたの, はじまるの, ひどくは, まこと, まことの, まづ, まるで俯い, もう馬, もっとも得意, もはやこの, わかりません, わがため, わが容易く, ドメニカが, マリアの, 一つとして, 一つも, 一二語を, 一本腕の, 一様に, 一種粗, 三代集を, 三年先の, 上中下三段に, 下から, 交は, 交わすまい, 今どんな, 伊達で, 何であらう, 何処までも, 作者が, 入らない宜しく, 入らなかった, 公爵なんぞの, 其, 出でざりき, 分からないが, 分り切った事, 切れ切れに, 初めと, 判らないが, 到底我詩界, 即位式, 又頗る, 口に, 古いもの, 唄を, 多少我創痍, 大倭根子天皇なる, 大嘗祭の, 大抵この, 天上の, 天子の, 女の, 如何にも正義, 子供が, 學校では, 定家假名遣, 実に修辞, 実の, 実は齢詞, 宣下式では, 宮廷に, 宮廷に対する, 宮廷神人で, 対外的に, 小さなじめじめ, 少し途切れました, 少ないが, 巧みに, 己には, 己の, 常に同, 常に譬喩風, 平安期では, 平曲の, 後には, 従つて国の, 御尤, 心に, 必しも, 忘れた, 忽ち遮られた, 恐らく世間一般, 慣れて, 我が, 戲言に, 押し隱, 掛けられねど, 支えます, 日本には, 日本人としての, 昔ながらで, 暫く何, 有功だ, 未だ畢ら, 東洋協会理事の, 林之助には, 極て, 極力排斥, 次第に単純化, 正當, 此土に, 此方面からばかり, 此時端なく, 毎年初春毎に, 氏, 決して天照大神, 無論勝つ, 物事を, 現状を, 理路整然として, 生き, 生活力増進の, 省三は, 真の, 知らなかった, 知れ切つて, 短いが, 短きよう, 祝詞と, 神賀詞とは, 私の, 私一個人で, 種々聞き取りし, 笑談では, 簡單で, 約束を, 絶えず我耳, 總て, 義経や, 耳にも, 聞えざりき, 聞き取れない, 自由に, 花山院大納言師賢です, 若者か, 藤原頼長の, 襞を, 解し難し, 詩であり, 説経節伝来の, 誰が, 調子の, 謙遜の, 足の, 鐵石をも, 隠せぬ東京訛り, 霊魂の, 頗る不謹慎

▼ 詞~ (97, 3.4%)

3 耳うるさく 2 あるから

1 [92件] あったが, あやし殊に, あらたまった, あらでその後, あらで此光景, あり, ある, ある処, いつも同じ, いと多し, いは, お国, お糸, かわし得ないで, それ程神経, なかった, なかりしが, なくあて, なくた, なくぼんやり, なく候, なく友達, なく坐し, なく報ら, なく女, なく廣, なく微笑, なく泣いた, なく稲妻形, なく蒲團, なけれど, なさけなの, なし, ふと想いだされた, もつと, よして, 一通りは, 丁寧に, 云はず聊か, 交されなかつた, 交る, 交わされなかった, 優しげ, 出でず, 出ないの, 出なかつた, 出なかつたこと, 出來, 参考の, 口元で, 古い形, 同樣, 大變, 夫という, 奏詞も, 彼女は, 待たず儀右衞門冷笑つて, 徐々鼻に, 心の, 思いだされた, 思想の, 恐ろしかった, 慾故には, 打解けて, 掛けられぬ, 整は, 早や, 最神秘, 極端に, 歌も, 此径路を, 気に, 浮んで, 深くは, 添え, 無かりし, 無理ならねば, 皆元へか, 相去る, 真実大事に, 知らぬ口惜し, 私の, 筆も, 節も, 結局は, 耳に, 自ら急激に, 荒く調子, 行はれ, 途切れ勝ち, 音の, 顔色も

▼ 詞~ (94, 3.3%)

10 いえば 9 あつた 3 あらう 2 あつたの, あつて, そんな事, 云えば, 云った, 云つた, 言った, 言つたら

1 [56件] あっちへ, いう, いうたけ, いうと, いう大屋さん, すめ神, その中, どうして好い, なづと撫づとをかけたと, はござりますれど, はまを, みれば, 中, 中山曲の, 云いました, 云うと, 云へば, 囁きます, 大声に, 大臣を, 天つ, 天子から, 学問の, 学者でいらっしゃる, 小歌は, 引込んだ相手, 形容しよう, 形容すれ, 思いがけないこと, 恐らく謡, 揶揄つた, 敬うよう, 新作は, 日本に, 此処の, 満足した, 物の, 王を, 理性を, 真面目な, 知られて, 祈った後, 私が, 立派に, 絶望の, 言いあらわしたら好い, 言うの, 言ひ, 言ひ現されない程, 言ふ, 言ふと, 言へば, 話して, 返事を, 述べられぬ程, 騙して

▼ 詞~ (68, 2.4%)

3 言ふ 2 なりて, 序数詞との

1 [61件] あらゆる目出度い, いふ, いふに, いふ者は, いへば, した, し汝, その内容, なって, 三通りあつ, 云うの, 云ひ, 云ふ, 古賀の, 可申, 可申候, 合致する, 同じである, 同じ意味, 同じ様, 同時に林田, 同様に, 呼ばれたり, 呼ばれるもの, 国々で, 天子祓えの, 天子祓への, 張込んだ, 御座とが, 思えようかと, 恋歌との, 態と, 或る, 書いて, 書くだろう, 機転の, 物語の, 真言なる, 称して, 称しながら, 称するもの, 称する種族, 称せられた, 美麗な, 肝癪, 自称し, 薄暗いランプ, 血と共に, 見られる理由, 見るべきでは, 言つたのが, 言つてはを, 言は, 言ひます, 諷刺の, 謂はるべき, 違ったきびきび, 違って, 違へ, 鎮詞とが, 頌める

▼ 詞~ (33, 1.2%)

3 の中 2 である事

1 [28件] が重い, と, として時好, として短歌, と言, なれど, にのみある, にはそぐはなくなつたことを, にも亘つて言, に伴, に出, に成り上らう, に成り上ろう, に遊ぶ, の上, の固定, の節々明らか, の見渡し, の述作, の雄, はすべて, は創作物, は唐化流行頂上, を作成, を喜ぶ, を委託, を提供, 又は唱文

▼ 詞には~ (30, 1.0%)

2 天つ

1 [28件] あいそが, あらじと, いはふ, かく答, どこか, のり越えられぬ, 乗れないが, 僕は, 判然と, 千万無量の, 嫋嫋横枝高百尺と, 島渡りし, 己には, 必ず決つた, 押え切れない肝, 東北生れらしい, 概念が, 歌に, 此類の, 祝詞の, 答えない, 答へ, 自分に, 詐りが, 詐りも, 買詞, 道理が, 長長絲繩紫復碧

▼ 詞~ (24, 0.8%)

2 があつ

1 [22件] が入, が固定, だ, である, で前代, との交渉, とは関係, に, には国, に依るべく, のやう, の属対, の諳誦, は面白, は音, をかく, をしかく, をつける, を生かし, を聴く, を胸, 全く尽

▼ 詞にも~ (19, 0.7%)

4 あるし

1 [15件] あるかな, さうしたみ, そうしたみふ, その例, 其状を, 即の, 同じよう, 因の, 歌にも, 色々な, 表わされぬ, 語原が, 身ぶりにも, 述べ難し, 限らなかつた様

▼ 詞から~ (17, 0.6%)

4 胸にと 2 拔け

1 [11件] して, 下は, 出たもの, 出た叙事, 分化した, 坂田の, 変化した, 意に, 推すと, 胸に, 諺が

▼ 詞にて~ (16, 0.6%)

1 [16件] お客商売, このあやしき, また頭, 一つの, 上手を, 他人なら, 問ふ, 坐り頭, 大君が, 彼の, 我に, 歌には, 舞台の, 茶を, 言ふ, 鬪つてゐる

▼ 詞では~ (13, 0.5%)

4 ない 2 あるが 1 かう云, この急激, ないよう, なく, 云ひ出す, 自分等の, 飽食と

▼ 詞として~ (12, 0.4%)

1 [12件] それを, 人に, 使はれ, 使ひひろげられた, 孤立し, 常に考へられ, 扱はれ, 歌わせるよう, 用ゐられ, 発生した, 語り妻, 郡誌には

▼ 詞~ (10, 0.3%)

2 と兼 1 からである, から代名詞, から割合, がば, つたかも, つたのである, と思つた, と見れ

▼ 詞でも~ (10, 0.3%)

2 かけて 1 あり叙事詩, かけようもの, かけるよう, たま, ない, なくて, 古用語例, 認めんければ

▼ 詞~ (10, 0.3%)

1 ある句, 千歳の, 占ひ, 太秦牛祭りの, 御贄, 態度が, 挙動は, 擬声語の, 芸道を以て, 鎮護詞式でない

▼ 詞書き~ (10, 0.3%)

1 がなかっ, では誰, ともいふ, と即, の, の殊, は色々, は貫之, をつけ, を思はせる

▼ 詞及び~ (9, 0.3%)

1 其に, 其ほかひ, 其演出の, 副演, 古詞応用, 呪詞の, 祝詞を, 節折り, 諸國共通

▼ 詞とも~ (8, 0.3%)

1 いふべき地位, なく言っ, 元日は, 判らないこの, 別な, 名づくべき, 思はれぬほど, 言ふべき

▼ 詞より~ (8, 0.3%)

1 ない, ほかに, 出て, 分れて, 強いから, 意味が, 死者を, 発生が

▼ 詞~ (7, 0.2%)

2 ずも, 副詞か 1 あきらかならず, 置き字, 跡は

▼ 詞である~ (7, 0.2%)

1 がどう, が同時に, と同時に, と言, と言つて, のだ, 為に

▼ 詞とは~ (7, 0.2%)

1 ここに, 何かといふ, 寿詞と, 性質が, 服従を, 相互関係に, 自ら別なり

▼ 詞と共に~ (7, 0.2%)

1 フロッシュに, 一間に, 動いた, 天さ, 武蔵野の, 火の, 踏んで

▼ 詞を以て~ (7, 0.2%)

1 その当時, ほかひし, 本文を, 物質的の, 祓へを, 言えば, 飲宴の

▼ 詞系統~ (7, 0.2%)

1 から出た, のほか, の叙事詩, の常用手法, の忠勤, の文学, の物語

▼ 詞~ (7, 0.2%)

1 が進ん, とは自ら別, と書き改めた, と称せられ, の考, を卜象, を考へる

▼ 詞つき~ (6, 0.2%)

1 がいかにも, が丁寧, で, であ, でないと, はおん身

▼ 詞といふ~ (6, 0.2%)

2 のは 1 ものが, 古語を, 字で, 詞を

▼ 詞に従って~ (6, 0.2%)

1 それを, そんな晩, 朱符を, 湖西へ, 石磴を, 藤葛を

▼ 詞をば~ (6, 0.2%)

3 次第なく 1 おん身に, われ善く, 大嘗祭

▼ 詞~ (5, 0.2%)

1 へその, へもいつしか, へもが困難, へ上級神人, へ出

▼ 詞との~ (5, 0.2%)

2 間に 1 三段である, 区別が, 関係は

▼ 詞~ (5, 0.2%)

2 のです 1 のであつ, のである, のでございます

▼ 詞なる~ (5, 0.2%)

1 もの盡未來この, 口頭の, 名と, 大歌, 故に威力

▼ 詞について~ (5, 0.2%)

1 もさうで彼時代前後, 小婢, 少しゐ, 尚一つ言, 次の

▼ 詞によって~ (5, 0.2%)

1 お岩, 右大将家を, 河野が, 注いで, 縋って

▼ 詞少な~ (5, 0.2%)

2 にし 1 な従順, になっ, に遠慮勝ち

▼ 詞~ (5, 0.2%)

1 こそ少なけれ, の多く, の少い対話, を言はず, 少く受答

▼ 詞~ (5, 0.2%)

1 が上品, の疵, や立居振舞, をし, を丁寧

▼ 詞すく~ (4, 0.1%)

1 なく韈, なにうけこたえ, なに応答し, なに答えた

▼ 詞づかい~ (4, 0.1%)

1 がなされる, にも余り, は余, 散々に

▼ 詞とを~ (4, 0.1%)

1 かけうらは, 傳へ, 関聯せしめ, 齎らした

▼ 詞など~ (4, 0.1%)

1 ゆめゆめ好み読む, 口に, 聞し召さぬ様, 詠んでは

▼ 詞ばかり~ (4, 0.1%)

1 でごまかさない事, で答えて, 我れ, 聞いて

▼ 詞もて~ (4, 0.1%)

1 さま, 寫し出すべきか, 形容せる, 評すべきを

▼ 詞並びに~ (4, 0.1%)

1 其分化した, 呪詞系統の, 寿詞によ, 醇化した

▼ 詞~ (4, 0.1%)

1 たらしめん, の才能, の様, は祭事

▼ 詞~ (4, 0.1%)

1 なもの, な用語例, になつ, の効果

▼ 詞~ (4, 0.1%)

1 かにいひぬ, かに云, かに云い捨て, に問

▼ 詞とか~ (3, 0.1%)

1 新室ほかひ, 言つ, 鳥羽僧正の

▼ 詞としては~ (3, 0.1%)

1 不思議で, 決して新しい, 聞き取られない声

▼ 詞どおり~ (3, 0.1%)

2 にする 1 を堅く

▼ 詞なく~ (3, 0.1%)

1 して, て卓上, て姫

▼ 詞などは~ (3, 0.1%)

1 とても及ばないだらう, 一言も, 互いによく似

▼ 詞なら~ (3, 0.1%)

1 で定か, ば特に, 早附木

▼ 詞なり~ (3, 0.1%)

2 叙事詩なりの 1 我が物

▼ 詞なれ~ (3, 0.1%)

1 ども全く, ば傍聽, ば花

▼ 詞によ~ (3, 0.1%)

1 つて天子の, つて生ずる, つて組織せられた

▼ 詞多けれ~ (3, 0.1%)

3 どあれ

▼ 詞~ (3, 0.1%)

1 に対するとはおのずから, の, の套語

▼ 詞~ (3, 0.1%)

1 なでそれ, なにずう, になっ

▼ 詞~ (3, 0.1%)

1 でないもの, の分子, の意識

▼ 詞~ (3, 0.1%)

1 と云, の荊棘, 採葉抄

▼ 詞~ (3, 0.1%)

1 の讃詞, の酒ほか, の霊力

▼ 詞~ (3, 0.1%)

1 の斧正, の陳琳, を解し

▼ 詞長き~ (3, 0.1%)

3 ために

▼ 詞霊信仰~ (3, 0.1%)

1 であ, の元, は盛ん

▼ 詞うれしく~ (2, 0.1%)

1 見つるそれ, 見つる夫

▼ 詞および~ (2, 0.1%)

1 古詞応用, 節折り

▼ 詞こそ~ (2, 0.1%)

1 のりとの, やさしけれ瓜

▼ 詞この~ (2, 0.1%)

1 一聯すべてラテン語より, 歌の

▼ 詞これ~ (2, 0.1%)

1 にも腹, は斎部祝詞

▼ 詞せわしく~ (2, 0.1%)

1 ささやいた, なだむるところへ早足

▼ 詞だけが~ (2, 0.1%)

1 古くなり, 少し違います

▼ 詞だけを~ (2, 0.1%)

1 出して, 出来るだけ

▼ 詞づかひ~ (2, 0.1%)

1 が出来た, などもある

▼ 詞であった~ (2, 0.1%)

1 か, ことが

▼ 詞という~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 詞とが~ (2, 0.1%)

1 ともに切字, 巧みに

▼ 詞としての~ (2, 0.1%)

1 意義は, 生命の

▼ 詞とともに~ (2, 0.1%)

1 二度うなずいた, 我に

▼ 詞なき~ (2, 0.1%)

1 かいふべき, ならん

▼ 詞なども~ (2, 0.1%)

1 唱門師の, 語つた

▼ 詞なんぞを~ (2, 0.1%)

1 読んで, 飾るに

▼ 詞に対して~ (2, 0.1%)

1 とんちんかんな, 何ともお礼

▼ 詞みたい~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 詞めいた~ (2, 0.1%)

1 文で, 言葉も

▼ 詞よく~ (2, 0.1%)

1 わが心, 駄目です

▼ 詞よりも~ (2, 0.1%)

1 むしろ節の, 数倍長し

▼ 詞をも~ (2, 0.1%)

1 交さなかったが, 書き留めること

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 から分裂, 特に神秘

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 としらね, とにはなけれ

▼ 詞其他~ (2, 0.1%)

1 のもの, の伝承

▼ 詞呪法~ (2, 0.1%)

1 の助勢, は常世の国

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 に酣戦, のメシヤス

▼ 詞奏上~ (2, 0.1%)

1 の後, を以て海人

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 と稱, のため

▼ 詞宏弁~ (2, 0.1%)

1 を以てし, を能くし得ない

▼ 詞寡なに~ (2, 0.1%)

1 たとへ, よそよそしくのみ

▼ 詞少ない~ (2, 0.1%)

1 だけ餘韻無量, 物靜で

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 の, を取っ

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 においても皆其下, の短

▼ 詞応用~ (2, 0.1%)

2 の新

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 に眞, を侮る

▼ 詞戴い~ (2, 0.1%)

1 ては, ても奥様

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 にも長け, を識つたの

▼ 詞~ (2, 0.1%)

2 にも腹

▼ 詞最も~ (2, 0.1%)

1 おだやかに, 善く詩句

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 だけは願, を

▼ 詞申せ~ (2, 0.1%)

2

▼ 詞的叙事詩~ (2, 0.1%)

1 であ, であったよう

▼ 詞聞き~ (2, 0.1%)

1 も敢, も畢ら

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 が出た, を読ん

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 が祖先, に続く

▼ 詞遣ひ~ (2, 0.1%)

1 それは, は一つ

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 の中, は一枚

▼ 詞~ (2, 0.1%)

1 にニーラ, の

▼1* [208件]

あったと知る, 詞あらでは悟らざりし, 詞ある可らず, 詞づれもありきゑとの神歌御, 詞いとあらはに, 詞道理なれ, 詞おかしく兀頭の, 詞お前さまと縁, 詞かけられては身, 詞かはすも, 詞きくばかりがせめて, 詞きこゆること, 詞さえもあった, 詞さても六三露顯, 詞て上った, 詞じたて, 詞すぐれたれど心, 詞すずしく云い放ちて, 詞すら却つて段々, 詞すると極, 詞はしく問うた, 詞その物が, 詞そのままでは, 詞そむいて厭, 詞ぞと知らぬお, 詞だけのものでしょう, 詞だけは彼も, 詞だったのである, 詞だって最初に, 詞だにござない, 詞だにも拉甸なら, 詞だろうが金, 詞つかいなんかが, 詞つまりて應答, 詞づかひも荒々しく, 詞であり此部分が, 詞でありますが私, 詞でございますから饗応, 詞ですが演説家, 詞でなく表象を以て, 詞ほりの, 詞どころでは, 詞どもは見附, 詞ながら餘り, 詞なし我れ, 詞などが出ようもの, 詞などと云ふ, 詞などの関係から, 詞などをラジオを通じて, 詞なりが全く勇次郎, 詞なりきかの靈, 詞なりしかど私の, 詞なんぞは掛けないの, 詞なんて詠嘆的な, 詞において異様な, 詞にさえ此英雄神の, 詞にては羅馬にも, 詞にても美の, 詞にともなふごとくなりしとき, 詞によっては撲り倒して, 詞に対する護詞の, 詞のうはべをまなびて, 詞のみで本文は, 詞のみにては何とも思ひ定め, 詞はおぬしがよき, 詞はかはらざりき, 詞はと重ねて, 詞ばかりは嬉しけれど, 詞ふるひぬ慘まし, 詞ほとんど解しがたき, 詞まうさく歳の, 詞またすべて彼の, 詞までが決して恨めしく, 詞もにはかに, 詞よりは臣下が, 詞らしかつた, 詞らしい生み殖し, 詞らしく風を, 詞をかはさんといふ, 詞をとは思ひながらも, 詞を通じて神孫の, 詞を通じてをち霊, 詞クムヒル・メールは, 詞モ面白ケレバ後日花月新誌ニ載セテ世ニ公ス可シ, 詞ヱーは善い, 詞以テス嗚呼, 詞一言半句も忘れず, 詞とあ, 詞也此ば, 詞ひそやし合, 詞を以, 詞五首の第, 詞の著作, 詞以前は口, 詞伝えて象山, 詞信仰と密接, 詞へたる人, 詞全体と等しい, 詞出ねばこの無言, 詞分りますか, 詞分量の上, 詞るると, 詞剰りて匂, 詞動詞代名詞形容詞を採用, 詞した時代, 詞十通ばかりを持つ, 詞即齢に関する詞, 詞又は叙事詩に, 詞友たちと別れ, 詞叮嚀に氣込, 詞同様の効果, 詞咎めをせまい, 詞をもれ, 詞唐律を為り, 詞唱文に就い, 詞の文, 詞報酬をえざる, 詞の, 詞壇一般を風靡, 詞多きを以て此, 詞多し皆この, 詞が明ける, 詞大いなる教へを, 詞夫人の振舞, 詞宣下がある, 詞少きとはうらう, 詞少く歸路を, 詞の君, 詞は協音, 詞笑正, 詞に伴はず, 詞古泥, 詞からとり残された, 詞憧憬は儀礼, 詞懸けられてその, 詞或は叙事詩を, 詞をする, 詞拙く節おどろおどろしく, 詞蒐, 詞採訪に努め, 詞播磨風土記の出雲墓屋, 詞時代を過ぎ, 詞曲ゆからと其伝誦者, 詞曲台帳に載, 詞曲類を集部, 詞書き朝麿画の, 詞と輦, 詞未だ畢らざるに, 詞杜絶れちょうど, 詞林千載萬葉不凋と云, 詞次第です, 詞を詠進, 詞正しく予ての, 詞になり, 詞沢山の神経質, 詞泊瀬山今の初瀬町あたり一帯, 詞としては完全, 詞淀みていかにも, 詞かの人, 詞澤山の神經質, 詞猥褻な詞, 詞も種々弁疏, 詞申しと語部, 詞へたま, 詞発想法の特色, 詞盡すにも及ばず, 詞ぞ嬉しく, 詞知らぬ愚の, 詞神其ものとする, 詞に挙げられ, 詞して, 詞へまつる, 詞えて裏口, 詞絶えて篇中, 詞習得するを, 詞者也就中雖候于金吾將軍御方能員合戰之時參御方抽其忠是併重御父子禮之, 詞聞いて死なふも, 詞聞かぬ為私が, 詞聞く毎に, 詞が四六文, 詞臣等をし, 詞自身が長く, 詞至って毒々し, 詞でエリザ王朝, 詞致雑揉に過ぎ, 詞舒び心のまま, 詞の文章, 詞要素を多く, 詞ゆ, 詞解せざれどなは聞く, 詞訛りの可笑し, 詞ってもじ, 詞を取っ, 詞贈答が行, 詞に徹しぬ, 詞の學, 詞返し上げますも, 詞逆心悉顯露云々其後鎌倉中彌騷動, 詞通り呵々大笑, 詞通り思想も発達, 詞遣いが丁寧, 詞遣い等も, 詞附きで問うた, 詞であった菅原文時, 詞雄健峭直にし, 詞あり, 詞雑述のこれ, 詞を拂