青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「評論~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

訴え~ 診察~ ~証拠 証拠~ ~証明 証明~ ~評価 評価~ ~評判 評判~
評論~
~詞 詞~ ~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人

「評論~」 1581, 17ppm, 6663位

▼ 評論~ (390, 24.7%)

64 である 3 であった, であること, ではない, でもない, というもの, の内, の或

2 [34件] か何, がある, がどういう, が何, が出ない, だと, であり批評家, でないから, でない作家, では大森義太郎, というよう, としての中条百合子氏, との区別, なの, にし, になっ, による, に就, のこと, の世界観, の多く, の揶揄, の数, の文章, の評論, はこの, はジャーナリズム, は一人, は云っ, は最近, は特に, は編集者, もこの, を念

1 [291件] からきいた, からフランス文学, から段々, から観察, か新聞記者, があった, があつ, がいたら, がいる, がこぞって, がこん, がその, がその後, がなく, がゐる, が一人, が一人前, が不, が今, が今日, が作家, が入っ, が全く, が勤労者, が取り上げる, が唱えた, が執筆禁止, が存在, が少ない, が影山, が従前, が思想傾向, が新聞, が民族的自覚, が現れた, が生れ, が自己, が言った如く, が評論, が醸し出し, こういう人間情熱, だ, だし, だった, だの, であったフォックス, であつ, であります, であり後, であり新聞記者側, であるあなた, であるが, であるところ, であるとも, である一私人, である保田氏, である場合, である若干, でさ, です, でなくし, ではあっ, では六, では岡邦雄, では河上徹太郎, では澤木梢氏, でまた, でもそういう, でもなかっ, でもシステム, でも戦争評論家, でも歴史家, で一人, で私, ということ, という仕事, とかいふ種類, としてのあなた, としてのこの, としてのベリンスキー, としての作者, としての共通, としての小林秀雄, としての心, としての氏, としての特色, としての独自, としての素質, としての腕, としての自身, としては辻久一, としてジイド, として二人, として傍ら詩作, として大家, として存在, として少し, として当時さ, として必要, として旁ら詩作, として日本現代, として本当に, として生い立っ, として登場, として知られ, として社会的, として立っ, として紹介, として聞える, として蔵原惟人, として詩誌, との資質, とはどういう, とは一見, とは手, とは自ずから, とは言えない, ともいうべき, と世間, と云, と云う, と云わざる, と云われる, と作家, と全く, と横光利一, と遇, などが何と, などに求める, などの間, などはこの, などをインテリ, など芸術家, なるルービンシュタイン, なるロバート, にあった, にある, にいくらか, にお前, にこの, にそういう, にとって十分素材, にとって女, にとって益々, にとつ, にはこの, にはパラドックス, には相当, によってそれぞれ, によって今日, によって展開, によって支持, によって文化, によって活溌, によって論じられ, によつてあまり唱, による文芸批評, に云わせる, に出来る, に嘘, に堕する, に心理家, に接する, に由っ, の, のさういう, のタイトル, のタイプ, の一種, の一群, の中, の中山定二, の二三, の佐藤静夫氏, の作品発表, の労農派, の印象, の口, の名, の嘆き, の存在理由, の常識, の怒る, の息, の意識, の態度, の戒心, の手, の方, の書く, の本質, の生活, の生活事情, の生活問題, の発言, の白石潔, の白石潔氏, の眼, の社会的動向, の筆, の蓄積組織, の藤川徹至, の行為, の言論, の読書, の読者, の質, の趣味, の退転, の間, の陣営内, の随一, の頭脳的, の類, の高田某, の鹿, はある, はこういう, はさし当り, はそう, はその, はそれぞれ, はそれぞれ各々, はどういう, はどんな, はよく, はアカデミック, はマルクス主義的文芸理論, は一種, は併, は口, は国民文学, は大変, は大戦後, は当今意識的, は文士, は新しい, は次, は沈黙, は沢山, は無論, は独特, は現在, は現実評価の, は社会的本質, は社外, は科学的精神, は評論, は長, は駄目, ばかりで, もあった, もそれ, もまた, も何人, も容易, も少ない, も思想家, も恐らく, も来た, も歌い手, も現れる, も読者, や一種, や一般, や思想家, や或いは, や批評家, や政治家, や文化人たち, や文芸評論家, や美学者, や軍政策論者, をこめ, を二人, を京都, を今日, を大局的, を抱える, を指名, を文学, を知つて, を見つめた, を集めた, を雇う, を露出, を頭, を養成, 乃至文芸研究家, 乃至評論家的文士, 及び作家

▼ 評論~ (186, 11.8%)

4 ような, 中で 3 筆を, 筆者は 2 うちに, 仕事を, 仕方を, 名に, 筆者である, 資格に, 載つて

1 [158件] あるもの, いくつかを, かしましさ, ことも, ことを, しようがない, そういう努力, その部分, ための, ところ見, なかには, ほか, ほとんどすべて, やり方を, よみがえりの, を入れられなかった, グループは, サンプルは, システムに対する, ジャンルや, ファンな, 一つ手前の, 一部も, 上で, 上に, 不振に, 中でも, 中にも, 九月号に, 二つの, 人も, 仕事で, 仕事では, 仕方が, 伝統という, 体系と, 体系として, 体系の, 使命が, 入口である, 全主旨, 内から, 内容は, 内容虚脱の, 凡てが, 出ること, 初めを, 初歩と, 匿された, 原稿と共に, 原稿も, 原稿を, 又文学, 古典で, 古典として, 古典は, 古典も, 可能性を, 史的研究は, 各ジャンル, 基準と, 場合とでは, 場合も, 場合一々, 場面でも, 変化を, 多くは, 多少なりともの, 多少の, 大半は, 大多数, 大部分, 字数の, 守り神として, 対象として, 対象に, 専門家として, 尺度は, 帰着点だ, 強固な, 形によるで, 役目でなけれ, 意を, 意外な, 意義に, 或る, 文筆的な, 新しい領域, 方で, 方法という, 方法として, 方法は, 方法や, 方法的に, 書評を, 最も原始的, 最大の, 本格的な, 業に, 構えとかいう, 機会を, 機能な, 正統的な, 殆ん, 水準を, 活動家の, 活躍が, 準備の, 無理想, 現在の, 現状と, 神さまと, 立脚点を, 立脚點と, 第一条件, 第五回中新民法, 第五巻, 筆も, 筆者が, 筆者との, 筆者の, 紙上発表を, 組織的方法, 結末を, 翻訳者として, 自然科学への, 萎靡が, 著者は, 著述を, 裏に, 要素は, 解釈も, 言葉で, 言葉では, 言葉も, 言葉を, 記實主義の, 記者或は, 記者逍遙子なり, 詞をば, 詞絶え, 誤謬を, 變遷を, 賑々しさ, 載つたの, 過剰, 過去の, 選者に, 遺つて, 面では, 面にも, 領域でも, 類が, 類の, 類も, 類や, 骨格に, 骨格は

▼ 評論~ (151, 9.6%)

7 書いて 3 読んで 2 かいた, 利用する, 掲げたり, 書いた, 書くという, 書く場合, 組みたてはじめる, 試みつ, 試みようと, 読みかけたところ

1 [121件] あさるうち, あつめる話, おかきに, かいて, かき, かきやっと, かき得るか, かくたのし, かくという, かくとき, かくひと, かくよう, かく上, かく人が, かく感情, くだして, されても, して, しては, しない方, すると, するに, するひとたち, する時, とりあげた, どこかの, どっさりかい, ながめわたすと, なさんと, なし得ようとは, なす人, なす方, のせました, はじめマクシム・ゴーリキイの, みても, やらぬ作家, やるという, やる作家, よみたいでしょう, よみ得るところ, よみ終っても, よむこと, よむと, 一わたり見る, 与えた, 事と, 企てる時, 作つて見, 作る, 作れるも, 作家人間としての, 加えて, 募集したら, 反駁した, 取消すべきか, 受けあるいは, 執筆し, 好む宋, 待つの, 必ずしも結局, 掲ぐること最も, 掲げ次に, 提案したい, 揚げ足取り, 支配し, 書いたの, 書いたもの, 書かざるを, 書かないでは, 書かないの, 書き出したん, 書き始めました, 書く, 書くといふ, 書くにさえ, 書く人, 書く合, 書く学生, 書く生徒, 書く筈, 書けという, 業と, 殆ん, 求められた音楽, 爲し, 特に方法的, 生むに, 生んだこと, 略す, 発表し, 発表する, 發表し, 科学的な, 科学的に, 第二義的と, 終りもう, 終るべし, 聞き大いに, 聞けば, 聞せて, 草した, 被りて, 訂正する, 評論ならぬ, 試みて, 試みるに, 読み彼ら, 読むだけの, 読むと, 読むとき, 読む事, 読んだと, 読破した, 調べて, 讀む人, 讀んで, 軽蔑する, 連載した, 除外し, 露骨に, 飛び讀みすると

▼ 評論~ (85, 5.4%)

1 [85件] いいの, いつも批評, いつも解説, この方向, この派, この頃, すでにフィヒテ自身, すでに一定, そういう風, その全文, その文章, その理論性, それが, それぞれの, ただの, ただ理屈, どういう性質, どこまで, ない, まだ男, まれにしか, もっと文芸学的, やめる, やらない場合, ランボオ論以来ひそかに, 一九三一年から, 一種の, 一致する, 世界文学に, 主題と, 云うまでも, 今の, 以前程の, 伸子が, 何の, 何れも, 何故読者, 元来直接には, 凡そ一九二九年頃から, 初めて客観的, 割合包括的で, 功績を, 印象そのものの, 史記以來多少, 哲学を, 堂々と, 大体一九三四年の, 夫を, 如何なる場合, 従来諸種の, 必ずしも創作家, 成立する, 指導的な, 文学と, 文芸において, 文芸についての, 文芸作品の, 既に自身, 昨日にて, 時折の, 最低の, 果して相, 果して絶對, 次の, 正にこういう, 流石は, 率直で, 當時並びに, 発達した, 確かに, 社会時評の, 私は, 科学的で, 範疇の, 縱令絶對の, 許されない, 評論に, 語った, 誠実でも, 諸範疇, 講和者の, 過去の, 限りなくある, 頓に盛ん, 骨格を

▼ 評論~ (65, 4.1%)

2 あつめられて

1 [63件] ありましたし, ありましたね, あります, あり中, ある, これからの, それだ, そんなにゴマカシ, どのよう, ないという, なくなりました, チヤホヤされ, ポオの, 一体批評の, 今日わが国の, 今日盛んだ, 何か, 作品に対する, 先へ, 再び興隆, 出て, 出来ぬが, 前途に, 創作でない, 収められて, 可能に, 商売なら, 執筆された, 好きで, 好都合なら, 存在させられなかった, 客観性を, 当時独白化し, 得意で, 必要です, 必要な, 志望だつた, 急速に, 文芸評論が, 最も積極的, 有態, 本当に組織的, 本職な, 横行した, 殖えて, 流行した, 漱石によって, 現われたり, 現実的で, 発達し, 目立って, 科学的である, 科学的批評の, 終つて大分時日が, 続出する, 行なわれるよう, 行なわれ易く, 見つからない, 解放運動の, 論争の, 起つた, 身辺随筆の, 近年甚しく

▼ 評論~ (56, 3.5%)

2 任かす可き, 對し, 就きて, 於て

1 [48件] あらざる評論, あらわれた変化, あると, いわゆる, おちいった, しろ, しろどうしても, つりこまれた, はっきりあらわれ, ふくまれて, 不断の, 他では, 他ならなかった, 付しその, 代ふる, 何かの, 力点が, 及んで, 執筆せり, 小説に, 帰着する, 彼女独自の, 従事しよう, 散文詩に, 於いて, 於けるそれ, 於けるヒューモア, 於ける体系, 於ける例, 於ける各種, 於ける手法, 於ても, 期待される, 歯の, 用いられる多少, 目を, 示された因習, 立入るべきもの, 筆をと, 詳細に, 蹶起したる, 近いよう, 近づいて, 関係が, 限れること, 限定した, 陥ること, 類似する

▼ 評論~ (48, 3.0%)

3 である 2 としては, に収められた, の原稿, もある, や論文集

1 [35件] がある, がその, が出た, が出る, が売れない, であり序篇, では殆, で小説, と, と墨, なの, におさめられ, にし, にはごく, には昭和九年ごろ, にも文学, によって独特, に書かれた, のとき, の中, の内容, の原稿わたし, の学術的価値, の類, はその, は三千五百位, は勝本清一郎氏, は恐らく, は異彩陸離, は発禁, は評論家, は読まれた, ばっかりつづく, も出た, をながめ

▼ 評論雑誌~ (42, 2.7%)

2 の上, の不完全, の編集者, の記事

1 [34件] から同人雑誌, がなぜ, が有勢, が漢詩文, で現代思想, と書斎, についで, にプロレタリア, に戦争防止, に挿入, に於, に於ける, に時々, に此, に筆, の内容, の所謂読者層, の特大号, の編集方針, の読者層, はこの, はにわかに, は云う, は期せずし, は面白く, もその, も之, も亦, や文学雑誌, や科学的評論雑誌, を含む, を含ん, を見る, を選ぶ

▼ 評論~ (27, 1.7%)

1 [27件] あると, いふよりも, なし記實, なると, もちがった, 云うこと, 云うべきだろう, 云ったよう, 今ここで, 前に, 十二年とん, 単なる作家, 合わせて, 同様な, 名の, 呼ぶに, 大きな顔, 小説とを, 我山房論文と, 来ると, 相反映, 考える世間自身, 見做, 見識との, 評論家の, 違って, 随想との

▼ 評論~ (26, 1.6%)

2 なかった, 小説も

1 [22件] あつた, あるだらうし, かきたくありません, きくといふ, すえは, する文学, その怪しげ, ますます冴え, デタラメだ, 亦エッセイ, 亦直接, 佐多松田壺井宮本の, 全く事実, 勉強したい, 同じく併行, 客観的な, 新しい味, 書く, 評価である, 試みたいし, 読めば, 隨時隨紙に

▼ 評論する~ (24, 1.5%)

3 ことは, ことを 2 を得むや

1 [16件] ことの, ということ, というよう, には少く, に於, に至, のであったら, のである, は本編, 上に, 人すら, 機会も, 者は, 計りでない, 読者, 資格が

▼ 評論家たち~ (19, 1.2%)

1 [19件] がこの, がどうして, が一握り, が内務省, が自己放棄, の次, の活動, の間, はこれ, はどれ, はもとより, はやはり, は多面的, は婦人雑誌, は彼ら, は必ずしも, は現代文学者, は自身, 即ち新しい

▼ 評論~ (16, 1.0%)

1 [16件] またそれ, エセイは, 又一般, 夫婦座談會などの, 小説を, 意見を, 感想という, 感想は, 放談や, 政論の, 短評の, 記事などを, 論文も, 論説の, 連載よみものを, 随筆に

▼ 評論という~ (14, 0.9%)

4 ものの 1 ことは, のが, のを, ものが, ものは, ような, ように, 機能に, 観念が, 観点を

▼ 評論では~ (13, 0.8%)

1 [13件] あり得なかった筈, いうまでも, この性質, こんな風, ない, ないか, ないと, ないという, ない処, なくて, ジイドが, 異例の, 白村阿部次郎などの

▼ 評論には~ (13, 0.8%)

1 [13件] いそいで, ならないの, バルザックの, モスク, 僕は, 反対しなけれ, 四〇年代に, 彼自身修正を, 徹頭徹尾自己弁解, 或る, 相撲でも, 自分が, 限らない

▼ 評論~ (12, 0.8%)

1 [12件] たりとなり, たり或は, ておのずから, て初め, て居る, て戴きたい, て無産, て行く, て見たい, て露國一億三千萬人, 内容によ, 色々に

▼ 評論~ (12, 0.8%)

1 [12件] が出版, で分冊, で原稿料, にしろ, の, の主催, の本, の現代文学読本, の社長鈴木利貞氏, の茅原茂さん, や改造社, 各二・三〇

▼ 評論~ (11, 0.7%)

4 な仕事 2 なもの 1 な勉強, な執筆, にで, の仕事, の批評

▼ 評論活動~ (10, 0.6%)

1 がむずかしい, と結びついた, にも相当, に保護, の一番大事, の任務, の方, は中断, をたやすく, をはじめ

▼ 評論~ (10, 0.6%)

1 おもしろさ, であります, なもの, な仕事, な傾向, な活動, な特色, な資格, にも, に物

▼ 評論とは~ (9, 0.6%)

1 きわめて興味, その相互的関係, またちがった, ジャンルとしての, 世界観を, 同じよう, 尽きて, 早稻田文學, 殆ん

▼ 評論~ (8, 0.5%)

1 いかなる好人物, いわゆる日本的, この頃小説, そのよう, 分冊を, 夫, 私が, 結論が

▼ 評論した~ (7, 0.4%)

1 ことが, のであります, ばかりでなく, ものが, ものとしては, 大著, 無邪気なる

▼ 評論記者~ (7, 0.4%)

1 がわが, たる逍遙, として現世, とを混ぜり, にあらざるべし, に對, もその

▼ 評論として~ (6, 0.4%)

1 まだもっと何, 例えば作家, 押し出した題, 正面から, 特色を, 登場し

▼ 評論乃至~ (6, 0.4%)

2 批判という 1 学術雑誌を, 感想の, 批評の, 文芸批評を

▼ 評論家協会~ (6, 0.4%)

1 としては私, に入っ, の催し, は言論報国会, も変っ, 再組織

▼ 評論家自身~ (6, 0.4%)

1 かいて, からさえ批評, がお粗末, がどの, に解釈, は自分

▼ 評論家達~ (6, 0.4%)

1 に至っ, の書く, の登竜門, は之, は今, をわざわざ

▼ 評論から~ (4, 0.3%)

1 活きかた, 理論性が, 私利を, 随想へ

▼ 評論としての~ (4, 0.3%)

1 価値を, 意義を, 正統な, 貧困が

▼ 評論とを~ (4, 0.3%)

1 折角区別, 生ましめた, 生み出した, 能くする等

▼ 評論などに~ (4, 0.3%)

1 スリルという, 戰國の, 於いて, 於ける文学的精神

▼ 評論などを~ (4, 0.3%)

2 読んで 1 見ば, 見ると

▼ 評論にも~ (4, 0.3%)

1 なって, ならないの, 堀口大, 横光利一の

▼ 評論~ (3, 0.2%)

2 むと欲す 1 ざらむこ

▼ 評論~ (3, 0.2%)

2 ということ 1 なと思った

▼ 評論としても~ (3, 0.2%)

1 生きて, 異彩を, 読み甲斐

▼ 評論とも~ (3, 0.2%)

1 つかない妙, 呼ばれて, 文学評論とも

▼ 評論~ (3, 0.2%)

1 にはひたすら, にシェイクスピア, に認められる

▼ 評論及び~ (3, 0.2%)

1 その評論化, 小説, 新女大学

▼ 評論~ (3, 0.2%)

1 が, では一口, にはまことに

▼ 評論家兼任~ (3, 0.2%)

2 の作家 1 の者

▼ 評論批評~ (3, 0.2%)

1 の活動, は理論的, を執筆

▼ 評論~ (3, 0.2%)

1 に於ける, を支配, を騒がしたる

▼ 評論的活動~ (3, 0.2%)

1 がはじまった, の範囲内, を見た

▼ 評論したる~ (2, 0.1%)

1 ところの, 事ある

▼ 評論である~ (2, 0.1%)

1 が中条氏, ということ

▼ 評論です~ (2, 0.1%)

1 か, がこの

▼ 評論でも~ (2, 0.1%)

1 ないけれど, 書けるよう

▼ 評論とか~ (2, 0.1%)

1 あるいはいわゆる, 書き卸し評論

▼ 評論としては~ (2, 0.1%)

2 稍耳を

▼ 評論との~ (2, 0.1%)

1 喧しい世界, 連関対比に

▼ 評論~ (2, 0.1%)

1 のです, わけだ

▼ 評論など~ (2, 0.1%)

1 分らずながら, 加えること

▼ 評論などで~ (2, 0.1%)

1 大分政府に, 重大問題化し

▼ 評論なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 評論についての~ (2, 0.1%)

1 印象が, 考えの

▼ 評論より~ (2, 0.1%)

1 何か, 大学で

▼ 評論らしい~ (2, 0.1%)

1 ものは, 評論一つよむ

▼ 評論をも~ (2, 0.1%)

1 かいて, 書き出して

▼ 評論を以て~ (2, 0.1%)

1 此二偉人を, 聞えた學者

▼ 評論一つ~ (2, 0.1%)

1 よむこと, 書こうとしても

▼ 評論~ (2, 0.1%)

1 は恰も, 評論

▼ 評論又は~ (2, 0.1%)

1 感想の, 科学的批判と

▼ 評論家作家~ (2, 0.1%)

1 として成功, をよん

▼ 評論家小林秀雄~ (2, 0.1%)

1 の誕生そのもの, はプロレタリア文学理論

▼ 評論家李明植~ (2, 0.1%)

2 の鋭い

▼ 評論家的~ (2, 0.1%)

2 な結論

▼ 評論家角田浩々歌客~ (2, 0.1%)

2 すら象徴

▼ 評論家風~ (2, 0.1%)

1 になった, の歴史哲学的

▼ 評論志賀直哉論~ (2, 0.1%)

2 をはじめ他

▼ 評論感想~ (2, 0.1%)

2 の類

▼ 評論~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ 評論新聞~ (2, 0.1%)

1 の記者, の馬鹿記者

▼ 評論書き~ (2, 0.1%)

1 になっ, にも似合

▼ 評論~ (2, 0.1%)

1 で讀んだ, にわが国

▼ 評論的要素~ (2, 0.1%)

1 を刺戟, を取り入れ

▼ 評論部会~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は民主的文学

▼ 評論~ (2, 0.1%)

1 に於, を強化

▼ 評論雑誌ジャーナリズム~ (2, 0.1%)

1 の上, の右

▼1* [163件]

評論こそエロチシズム評論では, 評論ことごとく信を, 評論さえまだなかっ, 評論さえが社会的分析の, 評論されたのは, 評論される本の, 評論したならば, 評論しようとすれ, 評論し進んで和文世, 評論すべき限で無い, 評論すべし今は, 評論せし時, 評論せんは一朝一夕, 評論そして弁証法, 評論それ自身は今, 評論たらむとす, 評論だけ切りぬいたって, 評論だけをかいて, 評論つまり軍事的に, 評論であっても哲学, 評論であり詩であった, 評論であろうといつも, 評論でさえ文学史を, 評論でない批評は, 評論とかいう門屋の, 評論とかいうものそれ自身が, 評論とかということも, 評論とでは大分趣きが, 評論とでも云うべきだと, 評論とに及びぬ, 評論なしといへ, 評論なぞを読ん, 評論などによってどんなにたたかい, 評論などのかしましき事, 評論などは餘り, 評論ならやはり一つ, 評論ならぬ評論と, 評論においてもこういう態度, 評論における論者の, 評論について勉強し, 評論についてと題する一篇, 評論にて見るべし, 評論にとって大切な, 評論にとっては惜しいこと, 評論によってもそれは, 評論に対してもそれとなく資料, 評論に対する賞優秀な, 評論に関してクラフト氏に, 評論への軽侮の, 評論めいたことは, 評論やなんかでやってきた私, 評論よりもはるかに, 評論よんだか, 評論らしき普通の, 評論をなさむ折, 評論をめぐってそこに, 評論を通じて一つの, 評論ジャーナリズムの上, 評論ノートその他はたとえ, 評論プロ文学詩童話純文学大衆文学と田舎, 評論評論ト云イ得ルトハ思ッテ居リマセンガ私ニハホントノ評論ヤソ, 評論一八四六年にこれ, 評論一冊の傍, 評論一編あり, 評論三巻を合著せり, 評論に新, 評論于讀賣新聞紙上名顯, 評論以外に小説, 評論伝記は主として, 評論伝記その他いろいろなもの, 評論伝記書評など四十篇, 評論作家と評論家, 評論倒れで探求, 評論篇の, 評論其の他と, 評論其他に於, 評論兼報告と云った, 評論兼翻訳家の桑山竹夫, 評論内容を一種不健康, 評論募集をやりました, 評論の徴, 評論取るに足らず, 評論は久松潜一, 評論向きに出来, 評論学術雑誌が発行, 評論家ここかしこに現われたれ, 評論家ジャーナリスト歌人俳人で検挙, 評論家ボルゲーゼと結婚, 評論家今は日本画, 評論家作者歌人までを逮捕投獄, 評論家保田与重郎の文学的出生, 評論家協会員であるという, 評論家厨川白村は, 評論家古谷綱武君の宅, 評論家小林の盲人蛇, 評論家小林秀雄氏などが彼, 評論家小林秀雄自身である, 評論家思想家としてのグルモン, 評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 評論家歴史家新聞記者等を会員, 評論家江口渙氏である, 評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 評論家片上伸もこの, 評論家生田長江馬場孤蝶阿部次郎高村光太郎中沢臨川内田魯庵などによって支持, 評論家的エネルギーが小さ, 評論家的出発点とその, 評論家的文士の編集者, 評論家等の意義, 評論家篠原蔵人や詩人, 評論家群が自身, 評論家詩人の多数, 評論家詩人作家などがまた, 評論家詩人音楽家画家演芸人舞踊家編輯者など雑多, 評論家谷川徹三氏は現代, 評論対評論風にで, 評論感想ノオトの類, 評論感想集の方, 評論批判及び紹介, 評論文学が決して, 評論文学評価を学ん, 評論女大学の, 評論方面のこと, 評論日本文学入門へ, 評論明日の国民文学, 評論書評として不満, 評論月刊雑誌の使命, 評論機関として利用, 評論の如く, 評論法則幻覚予言そして日々命令式, 評論活動その他落付いて, 評論現象という現代, 評論界思想界との間, 評論界等の各, 評論的問題である, 評論的機能を果さなけれ, 評論的精神も, 評論的視角から取り上げね, 評論的資質をすっかり, 評論的質のこと, 評論的進歩の大きい, 評論的進歩これ等一切の其の, 評論的骨格の不備, 評論研究会などが持たれる, 評論社版のはあります, 評論の栄える, 評論紹介めいたもの, 評論総合雑誌の内容, 評論著作にかかる, 評論西洋画中の比較評論, 評論見たやうな, 評論記者たるや現世, 評論記者と絶對に對, 評論記述のこの, 評論調を脱し, 評論金斗熔氏から頂いた, 評論随筆のリアリズム, 評論随筆等のもの, 評論隨筆すべて文學に關, 評論集全巻の核心, 評論集十余万部が読まれ, 評論集編纂の話, 評論雑誌自身はジャーナリズム, 評論においてはにわかに