青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「行く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~行かなかった ~行かなけれ 行かなけれ~ ~行き 行き~ ~行きたい 行きたい~ ~行きました ~行きます ~行く
行く~
~行け 行け~ ~行ける 行ける~ ~行こう 行こう~ ~行っ 行っ~ ~行った 行った~

「行く~」 48028, 497ppm, 198位

▼ 行く~ (7653, 15.9%)

547 である 409395 です 234 であった 162 でした 160 だと 148147 だった 144 では 90 を見 86 だから 85 を見た 84 だが 70 であります, であるが 68 を見る 55 が見えた, だろう 50 だつた 4941 ですが 38 さ, ですから 35 かい 30 が見える, を感じた 29 だよ 2826 であろう 25 であるから 24 じゃ, ですか 22 だそう 21 もある 20 がいや, だか, を感じ, を私 19 かね, だらう, でしょう, でも 18 は厭, を眺め 17 だろうと, はいや, を待っ 16 ですよ 15 であったが 14 が厭, が常, であろうか, でしたが, と同じ, はお, は何, をじっと, を見ました 13 が例, だったが, でありました, を見送っ 12 が自分, であらう, をやめ 11 かえ, がよく, が一番, だという, はいい, は嫌, もあった, を待つ 10 かと思う, かな

9 [11件] かと思っ, かも知れない, か知らん, が好き, が見られた, であって, でしょうか, でなければ, は誰, ほかは, をどう

8 が見えました, だろうか, に, はこの, はどう, は当然, を

7 [17件] かしら, かもしれない, か知らない, がこの, が普通, が本当, が楽しみ, が眼, が私, が見え, じゃない, だらうと, はその, はどうも, はやめ, は私, を自分

6 [17件] かそれとも, がある, がいい, がお, が判る, が当然, が目, だぞ, だもの, でございます, に反し, は容易, は止め, は自然, を意識, を見送る, を覚えた

5 [29件] かそれ, か分らない, か自分, がはっきり, がほんとう, が何だか, が多い, が彼, が最も, が目的, が習慣, が聞えた, だからと, だな, だろうかと, でありますが, であると, ですね, はあまり, は彼, は無理, もいい, もその, も変, を例, を楽しみ, を虞, を見送った, を黙っ

4 [46件] かその, かと思, かどう, がなぜ, がはつきり, が何となく, が何より, が分る, が小さく, が当り前, が悪い, が気の毒, が葛城川, が見, が面倒, だえ, だとは, だね, であるか, ですと, ですもの, と同時に, ならば, は仕方, は例, は危険, は大, は気, は決して, もあります, もいや, も一つ, も同じ, も無理, をお, を不思議, を喜び, を女, を彼, を止め, を眼, を聽, を自覚, を見かけた, を見送り, を覺

3 [104件] かということ, かと思った, かと思ったら, かと思ふ, かわからない, かわからぬ, が, がいちばん, がその, がとても, がよい, がわかる, が一ばん, が何, が億劫, が大変, が妙, が悲しい, が窓, が苦痛, が見えます, が誰, が遲, が面白く, じゃありません, だい, だけれど, だぜ, ぢや, でございました, でございますか, でさえ, でしたから, でないと, と一緒, なら妾, に氣, ね, はあたし, はい, はいつも, はおっくう, はこれ, はそれ, はつまり, はなんだか, はむずかしい, はよく, はイヤ, は人間, は今, は何ん, は初めて, は実に, は心, は怖い, は是非, は止せ, は自分, は閉口, は面倒, は面白く, もあれ, もお, もこの, もまた, も一興, も何だか, も忘れ, も見えた, をいい, をいつ, をこの, をじ, をながめ, をむしろ, を主人, を何, を厭, を平次, を待ち, を忘れた, を感じる, を感ずる, を村, を止めた, を氣, を発見, を目, を知っ, を義雄, を聞いた, を聞き, を見かけました, を見たら, を見守っ, を見送, を見送つ, を見送つた, を認めます, を誰, を遠慮, を邪魔, 外は

2 [263件] およしな, かあ, かい一本, かと思え, かと思つて, かと聞いたら, かどこ, かなと思っ, かまるで, かも知らなかった, かも知れぬ, かわからなかった, かわかり, か何, か何で, か分りません, か花敷温泉, か行かない, か見当, があんなに, がいかにも, がおっくう, がそれ, がどうも, がどんなに, がなかなか, がひどく, がもどかしく, が不思議, が人生, が今, が仕事, が何とも, が何時, が却って, が困難, が外, が多かっ, が大好き, が安全, が実に, が少し, が山, が店, が後れる, が恐ろしく, が愉, が感じられた, が憚, が我々生きもの, が手, が新しい, が本, が正しい, が気がかり, が珍, が現在, が癖, が癪, が社交, が窺, が精, が精一杯, が聞こえる, が若い, が見られる, が近道, が通例, が遅く, が長い, が面白い, が順, が順当, じゃなく, だけれども, ださ, だし, だとか, だらうか, だろうという, だわ, だナ, だ何, であり中華民国そのもの, であろうと, でございますが, でござる, ですかい, ですけれども, ですこの, ですって, ですな, でなくて, でなくては, とそれ, とはちがう, とは正反対, と同様, なら僕, なんかお, にはこの, にはこれ, にはどうしても, には一通り, には何, には私, にも制服制帽, に一日, に出, に十分, に大, に気づき, に追いついた, に道, はあたりまえ, はあながち, はあまりに, はあんた一人, はあんまり, はいかにも, はいくらか, はいけない, はいつ, はおかしい, はちょっと, はなかなか, はなん, はむしろ当然, はやっぱり, はやはり, はよい, はよせ, はよそう, はよろしく, は一つ, は不自然, は与八, は争う, は事実, は何だか, は何となく, は勝彦一人, は勝手, は可, は可哀想, は唯, は困る, は大儀, は大内, は大変, は大抵, は実際, は廢, は御, は心残り, は必然, は急い, は悪い, は惜しい, は楽しみ, は止した, は止します, は止そう, は止む, は気味が悪い, は無駄, は猪, は生血, は皆, は直, は誘拐, は誰方樣, は變ぢ, は貧しい, は途中, は非常, は面白い, は養子, は黒絽, も, もあの, もいつの間にか, もばかばかしい, も何, も厚かましい, も厭, も可, も大儀, も当然, も憚, も楽, も気, も目, も私, も罪, も義理, も自然, も見え, も見える, も面白い, やめて, よしんベエ, らしい, らしいん, をおっくう, をおぼえた, をご覧, をさも, をしんみり, をそれ, をはっきり, をぼんやり, をやめる, を仕事, を他, を口実, を喜ん, を喜んだ, を好まない, を嫌がり, を孝子, を少年, を山門, を川, を常, を幸い, を廃, を当然, を待ちかね, を待った, を心配, を恐れる, を悲しん, を感じました, を手, を最初, を望んだ, を止めなかった, を眺める, を知つて, を知らず, を競つて, を聞い, を背景, を葉子, を見すまし, を見つけ, を見つけた, を見なけれ, を見ます, を見るであらう, を見合わせ, を見届け, を許し, を認めた, を誘ひ, を躊躇, を送っ, を防ぐ, を非常, んなら, んに, サ

1 [1995件 抜粋] かあたし, かお前, かしらん, かそんな, かって聞いてる, かという問, かといふ疑問, かときく, かとたずねる, かと人, かと思いの外, かと方言, かと空, かと聞いた, かと聞こう, かと訊く, かと話しかけ, かなど, かねここ, かは訣ら, かまだはっきり, かも感じなかった, かわかりませんでした, かを考える, か下, か何処, か信長, か分かりませんでした, か加賀, か外出, か妙見さま, か帰る, か昂揚, か狭い, か知ってる, か知らねえ, か行かねえ, か言っ, か近頃, か重, があっ, があの, がいかなる, がうれしく, がおじゃん, がかわいそう, がこれ, がさほど, がすばらしい, がそう, がたいぎ, がたのしい, がだんだん, がちら, がつらく, がなんだか, がはやり, がまた, がやっぱり, がわたし, がタッタ一つ, がホントウ国, がロマンチシズム, が一番利口, が一番気骨, が一般, が上流社会, が不愉快, が二人, が人間, が今日, が何で, が健康, が八五郎, が凡人, が分つ, が初瀬川, が危ない, が原則, が可笑しかっ, が国語教育, が変, が大阪, が好い, が嬉しい, が宇治山田, が実験科学, が尤も, が幸福, が待, が心細い, が怖, が急務, が悠容, が愉快, が慣わし, が我まま, が日課, が朧, が極り, が此人, が歴史の, が気, が気まり, が氣味, が注意, が澄んだ, が物希, が珍し, が當然, が真, が神々しい, が第, が終局, が義務, が聞える, が自己, が興行成績, が苦労, が行手, が見えるで, が解っ, が賢い, が辛かっ, が逆らう, が遅れる, が遙, が重ね重ね, が雌, が面倒臭く, が頼り, こそ逆, さえ出来る, さおれ, し, じゃあと, じゃが, じゃなに, それだけは, だお, だからね, だこいつ, ださうだ, ださうですが, だったか, だって四日, だつたが, だどこ, だねえ, だらうとでも, だろうから, だろう軽い, だ不, だ僕, だ少し, だ本堂, だ無論, だ馬鹿, であったと, でありましたが, であること, である初夏, である道, であろうしょんぼり, であろう防空壕, でございますから, でしたら戦争そのもの, でしょうここ, ですかと, ですがね, です帰るの, です聖地, でないこと, でなくやがて, でよった, で泣い, とで歩く, とは全く, とは少し, とは違っ, とわけ, と一度表, と入れちがい, と同じく, と地所, と本人, と私, と見える, と違, などが見下せる, ならお, ならすこしも, ならなおさら, なら一人, なら北山, なら御, なら百マイル, なり否花見, にある, にさえこんなに, にそれ, につれてその, にはいつも, にはほか, にはもったいない, には一つ, には凡て, には尋常, には是非, には疲れ過ぎ, には部下, にも, にもせいせい息, にもまた, にも別に, にも困った, にも腕, にも関ら, に一時間近く, に不便, に任し, に伴わない, に何日, に四時間近く, に堪へ, に少し, に引換え, に心づい, に怨霊, に日, に気がつい, に気が付きまし, に灯り, に相談, に絶望的, に護身用, に逢った, に都合, に願書, に驚いた, ねあなた, はあと, はありがた, はいう, はいわず, はおっかなく, はかうした, はきまり, はこりこり, はさ, はさらぬだに, はぜひ, はたいへん, はちょうど, はとても, はどうして, はどんな, はなほ危險ぢ, はふだん, はまあ, はまずい, はみっともない, はやはりよろしく, はやめたろう, はよしたい, はをかしい, はシナ人, はドリアン, はロマンティク, は一寸, は一番, は丁度凧, は三条, は下根, は不安, は中村家, は争い, は云う, は今日, は何処, は信仰, は僧, は全く, は内, は到底, は北西, は単に, は危險, は厭さ, は可愛いい, は喰, は困難, は城東地区, は奇妙, は好ましく, は始めて, は学校, は安, は富之助, は少し, は屑籠, は工合, は平和, は当分, は従卒, は心細, は念入り, は恩人, は愉快, は慣れ, は戦争, は播磨, は日々必要, は早く, は昔, は月並, は本当, は東京, は構わない, は止さう, は止めた, は武蔵, は殺され, は気まり, は氣, は海, は火事, は煩わしすぎる, は狂言, は生き, は留守中, は相, は知れた, は神詣で, は紛れ, は考えもの, は舟, は荷, は薄気味悪く, は蟻塚殖民地, は見合せ, は訳, は贅沢, は轟, は遥々, は間, は障子, は面会日, は馬鹿げた, は骨, ばかりが小説, もあつ, もあんまり, もおかしい, もかの女, もこれ, もしゃく, もそれ, もつまり, もほんの, ももったいない, もよから, も一人きり, も久し振り, も兄桓, も勿体ない, も可哀そう, も女御, も安心, も差, も御, も恐らく, も惜しまれ, も断っ, も有体, も楽しみ, も此頃, も氣がかり, も無益, も現, も知らず, も糸, も考えもの, も苦労, も變ぢ, も退, も間, も随分, も面倒く, やぜ, やめるとか, やらもまた, や何, よ役者, らしかつ, をありあり, をいやがる, をうらやもう, をきらった, をさ, をしっかり, をすこし, をたしかに, をたまらなくさびしい, をつかまへよう, をど, をどんなに, をはばからない, をまっ, をみょうに, をもっ, をも遮らなけれ, をやめた, をよす, をジイーッ, をチョット, を一寸, を一軒, を下剋上, を中止, を京都, を今日, を何ん, を保存, を先生, を出世, を十年間此眼, を却, を告げ知らせる, を呼び止め, を唯一, を堪えがたく, を大, を女房, を妨げよう, を嫌う, を嫌った, を州太, を常陸夫人, を延された, を往来, を待つた, を後で, を微笑, を忘れ, を怖, を思ふ, を恐い, を悲しい, を愚図, を感じない, を憚, を所謂, を抑える, を指, を断られた, を昇降機, を暫く猶, を木村さん, を歎, を止せ, を止め様, を母さん, を江戸, を渋くっ, を留め, を看, を眼前, を知り, を禁ずる, を窕子, を継児, を耳, を聞く, を自然, を苦しく, を襲われた, を見かけ, を見すごし, を見つめる, を見付けた, を見向き, を見届ける, を見聞, を視, を覚えます, を認めました, を象, を追いかけ, を途方, を長三郎, を静か, を飽き足らぬ, んいや, んやいうた, ん何とも, ヨ, 少しおっくう, 抽象である, 行かないの

▼ 行く~ (7624, 15.9%)

72 いって 60 云ふ 56 彼は 52 言って 41 云って 35 そこに 31 すれば 25 彼女は, 言ふ 24 急に 22 しよう 21 いふこと, 今度は 20 そこには 19 私は 18 いうので 16 すぐに, なると 15 一つの, 右側に 14 いう, いふの, 向うから, 女は 13 云う事, 先生は 12 いっても, 平次は, 私の 11 二人は, 云う, 称して 10 いふ, それは, 云うこと, 例の, 家の, 道は 9 いい, そこは, なれば, 右側の, 後から 8 いふ事, しようか, それが, 不意に, 云うの, 云つた, 父は, 男は

7 [12件] いふので, それを, 何か, 僕は, 右手に, 向うの, 奥の, 左側に, 彼の, 日本の, 申して, 非常に

6 [21件] いいん, いうだけの, いつて, これは, して, する, そこから, そのうち, 今でも, 僕の, 入れ違, 其処に, 右手の, 女の, 妻は, 川の, 彼等は, 森の, 石の, 道が, 門の

5 [23件] ある, いうに, いふと, さすがに, そこの, その中, よくある, 一人の, 不思議な, 中から, 二人の, 云うよう, 入れ違い, 叔父は, 右に, 夫人は, 左手に, 書いて, 村の, 水の, 自分の, 行手の, 驚いたこと

4 [44件] いうから, いうが, ここに, これも, すると, そこにも, そのあと, その人, その時, やがて道, わたしは, 下から, 主人の, 主人は, 云うので, 云えば, 云ふこ, 人々は, 今日は, 何の, 前に, 向うに, 女中が, 娘の, 家が, 左の, 左側の, 左右の, 平次が, 後の, 意外にも, 昔の, 林の, 玄関の, 眼の, 腰障子の, 見えて, 誰でも, 誰も, 足が, 路は, 道の, 顔を, 鼻を

3 [124件] いうし, いえば, いっては, いへば, おせい様, お前の, お前は, お角, きつと, ここには, ここにも, この家, これを, しばらくし, します, すぐ眼, すりや, するか, そこでは, そこへ, その先, その向う, その日, その男, その辺, それから先, それらの, ちやうど, また一つ, むこうから, もう満員, もとて, やがてその, ゆくりなく見, パパは, 一九や, 三人は, 下の, 云う話, 云つ, 云ひ, 人が, 人の, 人家も, 人間が, 人間の, 今日の, 他の, 何処からとも, 兄が, 先に, 先生の, 半蔵は, 同じよう, 啓介は, 土地の, 墓地の, 外の, 大きな岩, 女房たちは, 娘は, 宿屋の, 寛子は, 小屋の, 山の, 岸の, 川が, 左に, 広々と, 店の, 彼らは, 彼方から, 思いも, 思う, 思うん, 思えば, 慌てて, 成程, 我々は, 或る, 戸の, 最後に, 柳が, 案の, 案内の, 橋が, 橋の, 歴史小説といふ, 母は, 氏は, 江戸の, 海の, 火の, 父親は, 物蔭に, 犬は, 申しまして, 皆が, 皆は, 穴の, 老人は, 聞いた時, 聞いて, 自分が, 自分は, 裏木戸の, 見える, 見せて, 親方は, 言う, 言うから, 言うこと, 言うん, 言ったの, 言つて出, 誰が, 路地の, 途中で, 部屋は, 鉄兜を, 門が, 雪の, 頭の, 食堂の

2 [414件] あすこに, あなたが, あの手紙, あの男, ある家, いいだした, いいわ, いうだけ, いうて, いうのに, いうよりも, いうんで, いった, いったが, いつかは, いつでも, いつもアメリカ人, いふでは, いよ, いろいろな, いろいろの, お仙は, お六, お千さん, お定, お延, お煮, お糸, お舟, お葉, お酒, お鳥, かして, かれは, きいては, こ, こう言われた, こちと, これで, こんど出, こんなこと, したところ, したら, したらその, したら彼, しましょう, しまひ, すぐ, すぐその, すぐ水野さん, すばらしい大, するね, ずっと向う, そこここに, そこらの, そこらは, そつと, その一方, その冬, その家, その後から, その職人体, その門口, その間に, たいていの, たぬきは, だしぬけに, だん, つい不覚, とある路地, とある農家, となりの, どうしても腰, どこか, どこへ, なんとはなし, ふと行手, ふりむいて, ほんの煙草二三服, またその, また大きな, もうそこ, もう薄暗く, もす, やがて峠, ゆっくりと, よく海胆, カオルは, ガラリと, キヌの, ソオルは, チラリと, テーブルの, パパと, ブルースを, ヘヘン, モ一人の, ランプを, 一ぺんに, 一列の, 一同の, 一枚の, 一簇の, 一羽の, 一軒の, 丁度その, 丁度其処, 三丁目の, 三人の, 三吉の, 三本の, 三河島の, 三軒ある, 上から, 下女の, 下駄の, 中尉は, 中年の, 二つの, 二人で, 二十八の, 二階の, 云うから, 云うが, 云うたら先生, 云うもの, 云うん, 云う青年, 云う風, 云った, 云ったって, 云ったの, 云ったよう, 云っても, 云つてました, 云つても, 云つてゐた, 云つて出, 云つて笑つて居た, 云て, 云ひます, 云ふと, 井戸は, 人に, 人家が, 人生だの, 人間を, 今の, 今まで, 今日も, 仰っしゃって, 仲吉の, 伊作は, 佐伯氏が, 何うにも, 何も, 何やら行手, 何んだ, 何処へ, 何日でも, 便所の, 係りの, 俄かに, 停車場の, 偶然と, 兄の, 兄は, 先方でも, 先方も, 入れ代り, 入口に, 八五郎と, 八五郎は, 八五郎を, 六右衛門さんが, 六畳ばかりの, 其處に, 凄じい虫, 初めは, 前の, 前面の, 剣術など, 動いて, 単純な, 博士の, 危い, 原の, 参ちゃんは, 又, 又一つ, 友だちは, 反対に, 叔母は, 古ぼけた板屋根, 台所の, 右から, 右へ, 同じ庭, 同時に子供, 向うでも, 向から, 向ふ, 君は, 否や, 咽喉は, 啓吉は, 四五人の, 四辺が, 団六は, 土蔵の, 壁の, 変に, 夜更けに, 天井は, 天狗の, 奇体に, 奥は, 女の子が, 女も, 女房は, 妙な, 妙に, 妙子の, 姉が, 姉の, 娘共は, 子供の, 子供は, 孝子は, 宗之助は, 実際に, 家に, 家を, 宿の, 小さい岬, 小さな坂, 小さな川, 少年は, 山本が, 山谷の, 岩の, 岩礁は, 崖の, 左は, 左手へ, 師匠の, 師匠は, 平岡と, 廊下で, 廊下に, 彼も, 彼女には, 往来の, 後は, 後ろから, 後ろを, 応接室が, 怖いよ, 思うと, 恰度その, 感心な, 懸橋の, 我輩は, 扁理は, 手を, 手代の, 斯波は, 新聞とか, 旅館の, 既にその, 日吉は, 早出の, 昨夜と, 昨日の, 昼夜なし, 暗の, 曲り角に, 最初に, 朝から, 朝の, 本当らしかった, 本郷の, 机の, 東京の, 松の, 林から, 果せる哉, 柳屋の, 案外に, 案外にも, 植木屋の, 樋口が, 正三は, 殆ん, 段, 氏が, 気が, 江岸が, 池の, 決心した, 浜子は, 海が, 海中から, 温かい味噌汁, 漠々と, 然う, 父の, 物蔭から, 狼が, 猿は, 王様は, 現在の, 申してを, 町人の, 町内大きな, 痛さ, 白い疎ら髭, 目の, 直き, 直ぐに, 直ぐグッと, 相手も, 眼を, 石段の, 砲丸投げが, 祖母は, 祖父は, 神妙な, 神社の, 私を, 秦は, 称えて, 突き當り, 突当りに, 突当りの, 突然その, 竈の, 立派な, 競馬場が, 篤と目, 約束した, 細君が, 署長は, 美奈子の, 翁は, 聞くから, 聞くと, 肥料くさい, 背丈も, 自転車が, 色々の, 芋を, 花世は, 若旦那の, 若松の, 草の, 草原に, 草鞋の, 落葉松の, 葉の, 蔵造りの, 薬代が, 蘆の, 街角の, 袂に, 西洋の, 見せかけて, 見て, 見知らない若い, 角の, 言うて, 言うと, 言うの, 言うので, 言った, 言つてゐる, 言つて下り, 言つて出た, 言つて私にも, 言ひ出した, 言ふんです, 言へば, 話は, 誠に浅間, 誰か, 谷へ, 赤門の, 路が, 路に, 路の, 路上に, 軒の, 近所の, 運転手は, 部屋の, 鉄道の, 銃は, 錆び付いて, 間もなく少し月代, 降車口には, 階下から, 雨戸が, 雪が, 霜が, 青年は, 頭には, 頭を, 風が, 馬が, 馬の, 駄目だ, 鷲鼻の, 黙って, S子は

1 [4999件 抜粋] あいつは, あたしヒステリーに, あとどんな, あの伏見屋, あの空, あまりに我が, ありも, ある村, あんまり何, いいなあ, いい傾斜, いうか, いうまで, いきなり人々, いきなり突き, いくらでも咲い, いつかう人影, いつの間にか草, いつも伸子, いつも芋, いふ日, いやはりまし, いわゆる山, うまく瞞, おげん, おど, おもん, お前いつかの, お妙, お庄, お清, お秀, お話いたし, お高さん, かげに, かなり面白い, がらりかわり, きっと姉, きまり五月十日, きょうの, くるりと, こう云った, こさわしら, こないもん, この土地, この度し難い, この道庵, これだけで, こんな考え, さきに, さっそく仲時, さッ, したらなにか, したら非常, しまった, しようほか, すぐそっくり東京, すぐ例, すぐ森, すぐ配役, すなわち意識, せう, そうでない, そこだけ, そこらを, そのまま姿, その位, その別嬪, その声, その帰り, その新しい, その武装, その瞬間瞬間, その荷物, その財産, その頃, それから自分, そろそろと, たくさんいる, たちまち広し, だるそう, だんだん芝居, ちょうど三番目, ちょうど花, つ, つまらぬ好奇心, とある木立, とつぜん思い, どうしても今, どう思っ, どこまでが, どんなに可愛, なぜか, なるほど不思議, なんだ, はじめの, はんの, ひとりでに熱気, ふいと, ふと蔵王権現, ほかに, ほんのひと, まず東側, またおなじ, またも, また兎, また急, また野営地, まだ相棒さん, まもなく一つ, まるでわからなくなった, まツ黒, みんなも, めいめいに, もうやがて八つ, もう前, もう完全, もう殆ど満員, もう筆, もう黒門町, やがてかなり下, やがて又, やがて思ひ, やがて番頭, やっと松, やにわに子供, ゆうべからの, よくない, よしず, わき方, アブ, ウーウーと, ガサゴソと, クロークで, コトの, サト子は, シャーベットは, スーッと, タンブール, ツカツカと, トーキーは, ハタハタと, パノラマの, フトその, プラスらしい, ペロリと, ポオンポオン音が, ミサ子は, ラジオが, ロチスター氏が, 一の, 一人や, 一寸の, 一座の, 一日十数里も, 一枚として, 一番奥に, 一行は, 一里ばかりの, 丁度双葉山, 丁度暑い, 七分芯の, 万事が, 三宝が, 三甚も, 上京中ガスビルの, 上畑に, 下草の, 不審そうに, 与八さんは, 並木は, 中座浪花座と, 主人が, 九分といふ, 亀山の, 二つ岩という, 二十八坪ばかり, 二本の, 云い出した, 云うかも, 云うよりは, 云う極, 云ったからは, 云ったら冷かされたよ, 云つた約束を, 云つて宿屋を, 云ふんです, 五十坪か, 井戸掘, 人々が, 人違いで, 今までより, 今時の, 仙人, 仰しやつ, 伊東署から, 会頭初め幹部の, 佃は, 何だかそこ, 何と云おう, 何百人の, 例えば画家, 俄然景観, 信遠, 偶然庭の, 元の, 先ごろ竜太夫を, 先任参謀は, 兎に, 入れ違いに, 全く異, 八戸二万石南部左衛門尉の, 公演の, 共同の, 其処には, 兼実は, 冬枯れの, 出しかけて, 刑事は, 利左は, 前方の, 加奈陀との, 勢好く, 北沢は, 十四五町も, 千重子と, 半纒, 危ぶない, 原田という, 又四郎は, 又立ち止っ, 叔父のと, 古い大きな, 古物商は, 召使が, 右手には, 吉弥と, 同じ様, 同時に二人, 同時に真, 向うからぞ, 向島も, 吾妻橋の, 呼出し奴は, 啓吉の, 四ン這い, 四邊構はずワツと, 土人達が, 地下室の, 坊さんが, 堅気さんの, 塩原太助の, 変ります, 外国のは, 多摩川の, 大いなる過ち, 大きな沢, 大人数, 大変です, 大川端で, 大殉教, 大空一面に, 天平人たちの, 夫の, 女が, 女子供が, 好いけれども, 好奇心を, 始に, 婆は, 存外支店長, 安倍河原へ, 実に悦びます, 室内では, 家族の, 寝て, 対象に対する, 小さい部落, 小僧が, 小布施は, 小父ちゃん何, 小鳥の, 少し広く, 尾野路山を, 山に, 山毛欅の, 山門の, 岡は, 峰頭が, 川口と, 左側で, 己れ, 帰れ, 平常は, 幸ひ, 幾らでも, 広い露台, 床しい美しい尼姿, 廊下の, 弓手の, 彫青, 彼方の, 待ち兼ねて, 後れ毛を, 御厩河岸の, 徳川時代などを, 必ず怪我, 忘れて, 忽ち怪人物, 思いがけずポスト, 思い掛けない甲州, 思った夫婦, 思つて居ました, 思わず涙, 怪塔王に, 息苦しいほどの, 悪いから, 惣菜を, 感ずること, 我々二人は, 戸惑って, 手入の, 折惡しくも, 拾いっ児, 揃いの, 故郷では, 文七は, 断然心, 新橋の, 方向が, 日本は, 日蓮は, 早速下女, 明石町の, 春も, 昼間とは, 晝でも, 暗い刑事部屋, 暴民が, 書棚や, 月田家の, 朝鮮の, 木曾街道も, 本日定休日という, 村井は, 東洋流の, 果して, 果して丁度, 果たしてそこ, 栄ゆる, 栽培果実を, 案内知らぬ, 梅林に, 楊柳の, 楽焼に, 橇は, 次第に木立, 正に小, 此處に, 歴史小説という, 段々と, 母親は, 毛布が, 水を, 氷河を, 池部が, 汽車が, 河原に, 泣いちゃうに, 活動寫眞は, 海へ, 淙々と, 清岡は, 満員だ, 滝の, 灌木の, 烏は, 煤けた広い, 燐光の, 牝牛の, 物置部屋が, 狙ひ, 玄関が, 甚太夫は, 用心の, 田川博士は, 申しとつ, 男には, 画の, 番所の, 痩せて, 白い杭, 百姓などが, 皮膚が, 目標の, 直ぐ, 直ぐもう飽き, 直に駈け出し, 看守は, 真昼でも, 着物を, 短篇には, 砂は, 礑と, 福島正則の, 種々不思議, 突き当りは, 突然松, 窓を, 立ち消えに, 竹垣の, 笹の, 答え次, 米噛み, 約束し, 素的に, 結婚の, 絵かきさんは, 織田氏と, 羽生村へ, 老神官, 考へられるの, 聞かれても, 肱掛椅子に, 能楽の, 自分たちの, 至つて快く, 船頭から, 花, 若いきれい, 英語で, 草むらの, 菊園の, 葬儀屋は, 薄暗い家, 藤代という, 蝗は, 行き詰まりに, 行手には, 表面に, 複雑な, 西餅屋と, 見ゆるを, 見晴らしの, 親切な, 解らん人が, 言いましたが, 言い聞かせた, 言う貴島, 言ったら兄さん, 言っては, 言つて三河町の, 言はれる, 記憶は, 読者は, 謹直な, 谷の, 貞子は, 質問という, 起つて, 蹴鞠の, 軒下に, 農民道場が, 近藤土方を, 追手が, 通が, 遂に立樹, 道路に, 遠く富士と, 部長は, 里好は, 野呂は, 金縁眼鏡を, 鈴木さんは, 鍬を, 長く通わなけりゃならない, 長谷川町の, 開墾の, 間もなく共, 間もなく後送, 間もなく肴町, 関東は, 階下の, 障子の, 雑木林を, 雨の, 雷門が, 青少年殊に, 面も, 音響は, 頼子が, 食もの, 饅頭屋, 駅の, 騙されたり, 高い支柱, 髪の毛の, 鳥川橋から, 麹町三丁目から, 黒衣婦人は

▼ 行くこと~ (2924, 6.1%)

145 になった 143 にした 78 にし 74 になっ 61 が出来る 41 になりました 39 になつ 38 になる 37 ができる 35 が出来た 33 が出来ない, にしよう 32 が出 27 もあった 24 になり, は出来ない, もある 22 がある 2120 にする 18 である 16 ができない, が出来なかった 15 はできない 14 の出来ない 13 にきめた, にしました, の出来る, も出来ない 12 も出来る 11 になつて, に決めた, もあつ 9 ができた, ができなかった, はない, を 8 があった, であります, です, にきめ, になります, に決心, は出, を感じた 7 が出来ず, だろう, にしましょう, によつて

6 [11件] がありました, が出来, が出来ません, であらう, でなければ, では, に決め, は不可能, もあり, も出, を私

5 [16件] が出来ぬ, が出来るだろう, が多かっ, であった, であろう, となる, なの, は, はお, はできなかった, は私, もありました, もできる, も出来なかった, を知っ, を約束

4 [28件] ができず, ができません, が可, が多い, が必要, にきまった, にしたい, になってる, に心, の出, はこの, は出来, は出来ません, は実に, は決して, もできず, も出来ず, も忘れ, をやめ, を命じた, を忘れ, を怖, を感ずる, を承知, を断念, を楽, を知った, を許し

3 [49件] およそ二里, ができぬ, ができました, ができます, ができれ, が出来ました, が出来よう, しばらくに, だった, でしょう, などもあった, にある, にいたしませう, にきまつ, にきまりました, にしようで, になつたの, に成りました, に話, のできない, のできる, はいい, はできまい, はとても, はなかっ, はならぬ, は何, は出来ないだろう, は困難, は当然, は彼, は自分, もあるまい, もできない, もない, も出来ません, をお, をしなかった, をやめた, を主張, を勧めた, を意味, を考え, を考えた, を考へ, を許さなかった, を許され, を許された, を非常

2 [140件] か, があっ, がありまし, があります, ができ, ができたら, ができなくなっ, ができなくなった, ができよう, ができるであろう, がどんなに, がない, が不安, が余りに, が出来なくなった, が出来なくなり, が出来ましょう, が可能, が困難, が多く, が大事, が大切, が心配, が恐ろしい, が決定, が私, が非常, じゃ, じゃない, すらあった, だが, だぜ, だと, であるが, であろうと, でした, ですね, でせう, でわかります, となった, となり, と思う, なかれと, などは元, などもある, ならん, にいたします, にきまっ, にきまり, にきめまし, にきめました, にしませう, になったです, になつたん, になりまし, になるでしょう, になるでせう, になれ, には絶望, に反対, に定め, に定めた, に成つた, に極めて, に此方, に決めました, に決定, に相談, に身, に返事, の六, の好き, はありません, はある, はしない, はそれ, はできませんでした, はほとんど, はむつかしい, はめったに, はもう, はやめます, は出来なかった, は嫌, は容易, は必ずしも, は極めて, は甚だ, は稀, は行, は行きます, は行った, は随分, は非常, への悲し, も, もあるらしかった, もしなかった, もならず, もわけ, も出来, も出来ぬ, も出来れ, も前, も私, わずかに, をお許し, をしない, をすすめ, をためらわせた, をもう, をよす, を中止, を信ずる, を喜んだ, を好まなかった, を好む, を妻, を嫌う, を希望, を得ん, を忘れなかった, を思い止った, を恐れた, を悲しんだ, を想像, を感じ, を拒んだ, を望ん, を楽しみ, を欲, を止めた, を節子, を考えます, を覚え, を許されない, を許される, を許した, を躊躇, を避け

1 [984件 抜粋] あならねえ, ある, あるもん, おそきや, かおそらく, かと侍従, かと御国, かと思つて, かもしれません, から悪い, があ, があらう, があるなら, がいや, がじつに, がその, がそれほど, ができなかつた, ができなくなり, ができなけれ, がどうして, がなんで, がむつかしかろ, がわかった, がわたし, がスクルージ, が不可能, が人類, が何, が何より, が便利, が個人, が出来たなら, が出来たろう, が出来なくなっ, が出来なくなるだろう, が出来ねえ, が出来ませんでした, が出来るで, が出来るでしょう, が出来ん, が分った, が分りました, が別, が博愛主義, が却って, が吾, が唯一, が大, が好意, が嫌, が寒子, が小説, が少く, が当時, が彼等, が心要, が急, が愉し, が感じられた, が是非必要, が暖かい, が最も, が期待, が本能的, が果して, が殆, が毎夜, が流行るらしい, が特別, が矢張, が社会, が私達, が第, が肝要, が自, が許された, が許されなかつた, が誇らしく, が誇張, が軍部, が重苦しい, くらいはどんな, こそが唯物論, こそ大衆文芸作家, こそ実験, さうし, さえあった, さえできれ, さえ出, さえ困難, さながら自分, しか知らない, すらさけ, すらも禁じられ, すら容易, そして最も, その日, ぞ, だけで, だけになっ, だけはたしか, だけは事実, だけは堅く, だそう, だって遊廓, だつた, だに自由, だよ, だろうが, だ署長, であったが, であらね, でありますから, であると, であろうか, であろうぞ, でこれ, でしょうから, でそれ, でなくちや, で不満, で其, で命, で蚕, とか婚約, とて保温装置, となりました, と事件, と思います, と思ふ, と黙, などあった, などがあった, などとうてい, などはできない, などまかり成らない, なども, なども考え, なども追, などを話した, など思い, ならず途中, ならんぞ, なんかない, にあった, にあんまり, にかなり, にきまったらしくあります, にきめてる, にさせた, にしなはれ, にすべ, についての御, になってた, になつた, になりましょう, になるだろう, になるらしい, にはなお, には気付いた, にばかり目, にほかならない, にも学校通い, によってその, によってのみ事実, によってやがて, によって人間, によって初めて, によって技術家自身全体, によって秘密, に不審, に中心, に仕, に使, に僕, に前, に努める, に原因, に変り, に存する, に就い, に怒り, に慣れる, に成まし, に日本人, に極, に決した, に決っ, に決つて, に満足, に確定, に考えついた, に致しました, に落ちつく, に触れ渡され, に躊躇, に非常, のおでき, のない, のほか, のもの, の不合理, の不穏当さ, の内, の危険, の困難, の孤独, の安堵さ, の心配, の快, の我が, の歡び, の煩わし, の苦しく, はあっ, はありますまい, はあるいは, はいかにも, はおい, はおろか, はかつて, はきわめて, はしなくなっ, はしょせん, はすなわち, はそう, はたいへん, はつまり, はできなかったろう, はできなくなるだらう, はできません, はできる, はどう, はどうも, はどこ, はどんなに, はなかろう, ははなやか, はまかり成らぬ, はまだ, はまるで, はみじめ, はもちろん, はやかましく, はやめよう, はよし, はよほど, はわれわれ, は一見, は不思議, は世界一, は予期, は云う, は人間, は会社, は何と, は僕, は全く突然, は出来ぬ, は出来ませぬ, は判じ物, は勇気, は却つて協力, は厭, は取消され, は合理的, は堪えうる, は多かっ, は夫人, は始終, は嫌ひだ, は実際, は實行, は少なから, は廢め, は彼女たち, は後, は心, は思い止まった, は恐らく, は愉快, は懲りた, は或, は断わられ, は明かで, は時間, は最も, は本意, は止しなさい, は止めない, は死, は毎日, は注目, は測られない, は無く, は無論決して, は申す, は白雲, は相当, は真実, は矢, は知らなかった, は確か, は科学, は立派, は約束, は署員, は考えた, は考へられる, は致しません, は見る, は見合わせ, は許さなかった, は詩, は諸, は近畿地方, は遠慮, は限り, は首尾一貫, ばかりだ, ばかり考へ, ほど幸福, ほぼ一里, まだ遠く, までやめた, まで実地, もあっ, もあらう, もあります, もあるらしい, もきっぱり, もこの, もせず, もちょいちょい, もできた, もでは, もなけれ, もならぬらしい, もまだ, ももと, もよう, も一応, も人目, も入道, も出来ねえ, も努力, も地, も宣言, も家, も寒い, も少なく, も帰る, も度々, も忌々しい, も思つて, も惜しまれた, も憎み, も早かっ, も本当, も止, も気, も珍, も田中家, も稀, も聖餐, も許されなかった, も躊躇, やまたは, やら, や或, ようやく遠く, よりも, らしい, をあせつた, をいやがっ, をいやがります, をえ, をかげながら, をきめ, をこそ好まざれ, をさすが, をしかね, をしん, をすすめたい, をせず, をちゃんと, をとりあげた, をなぜそんなに, をめざし, をもまた, をも思わせた, をも辞さなかつた, をやめよう, をゆるされました, をよく, をよそう, をソバケーヴィッチ, をネブチ, を一つ, を不平, を云い出した, を企てた, を何, を余り, を健全, を前, を勉め, を半蔵, を厳禁, を命じられた, を地形学上, を夢み, を大将, を奨め, を好ん, を嬉し, を実証, を家, を常, を廃め, を彼, を彼女, を得ざるべき, を得ず, を心掛け, を忌めり, を念ずる, を思い, を思い止まらせ, を思はせた, を思ひつき, を思へ, を悦びあらしめたい, を意識, を感知, を承諾, を拒まなかった, を持出し, を提言, を教えね, を敢, を断り, を書いた, を有り, を望んだであろう, を東京, を欠かさなかった, を止しなさる, を止めなかった, を正月, を毎日, を決心, を源氏, を潔し, を生活, を知つて, を知らせ, を知らない, を確め, を祈っ, を禁じ, を禁じ得ない, を紀伊守, を約したれ, を考えない, を考える, を聞いた, を聞く, を能, を自分, を装つて彼, を見せ, を覺, を許されなかつた, を誓います, を説き, を諦めた, を謝絶, を賛成, を辞する, を辞せむか, を述べた, を遠慮, を鈴木, を長い, を隣家, を風流好き, を驚き恐れた, 云うなよ, 出来ますか, 半里, 及びその, 多く遂に, 少許, 旧い馴染, 暫くに, 未だ幾, 約半里, 遍しすなわち

▼ 行く~ (1508, 3.1%)

328138 です 75 だよ 74 ですか 70 だから 53 だと 40 だろう 34 ですよ 32 だね 24 じゃない 23 でしょう, ですから 22 だが 21 ですが 17 だな 16 だからね 15 だか 13 だぞ, だもの 12 だって 11 だつて 10 だらう, です親分 9 ですかい, ですね, ですもの, でせう, で親分 8 だそう 7 だぜ, ですかよ 6 じゃありません, だろうか, ですからね, では 5 か, じゃ, じゃあるまい, じゃねえ, だけれど 4 だえ, だけど, だよう, だわ, だ金, ですの 3 だがね, だどこ, だなんて, だ俺, でございます, でしょうね, ですって, でも, なら僕, や

2 [34件] じゃあない, じゃあるめえし, じゃなかった, じゃよ, だお, だからと, だがと, だけれども, ださ, だし, だっせ, だつた, だで, だとか, だとさ, だとも, だらうが, だ八, だ行くん, だ錢形, でしょ, でしょうか, ですかね, ですがね, ですけれど, ですし, ですつて, ですわね, ですッ, でなければ, ならお, ならこの, やけど, やもん

1 [196件] かて門, かね, かねあっち, が何故, が嫌, じゃあねえか, じゃから, じゃが控室, じゃないです, じゃなし, じゃんしょう, じゃァない, じゃア, じゃ云う, じゃ有りません, だお前, だからな, だからねえ, だからの, だかんな, だがな, だきっと, だけっして, だこれ, ださうだ, ださうで, ださうです, ださうですよ, だしかし, だしかも, だしたな, だせめて, だそこ, だその, だそら, だそんな, だぞと, だっけ, だった, だったな, だったらこの, だったらその, だったらちょっと, だったらなってないわ, だったらひとり, だったらみんな, だったら三日, だったら大丈夫, だったら死んだ兄さん, だっていう, だってそう, だってちっとも, だってとうとう, だってね, だってみんな, だってサ, だって事, だって四時, だって楽しみ, だって約束日, だつたら一緒, だつたら死んだ兄さん, だつて遠慮, だてめえ, だという, だとね, だとの, だなあ, だなと, だのに, だやい, だよと, だよろしく, だらうな, だらう矢張り囚, だらなん, だら通り, だろ, だろうが, だろうと, だろうという, だろうとても, だろうな, だろうなと, だろうね, だろうヤーイ, だわけ, だイ, だオオおれ, だオチクボ, だッ, だネ, だネエ, だ一緒, だ何, だ俥, だ俺ら, だ兄さんとこ, だ嬢, だ小, だ急, だ悪党, だ新しい, だ早く, だ有, だ本郷, だ来い八, だ気, だ直ぐ, だ私, だ自分, だ銭形, だ間抜め, だ馬鹿, だ駅, で, である, でえ, でおかあさん, でがす, でげしょう, でございましょう, でございますから, でございますよ, でしょうかと, でしょうと, でしょうよ, でしょうミハイロフ通り, ですかつて, ですかと, ですかな, ですからねえ, ですがねえ, ですこの, ですそうすると, ですそれから, ですだから, ですってね, ですと, ですどうぞ, ですな, ですほんの, ですもの平気, ですわ, です一体, です佐世保, です夫, でそれで, でないぞ, でなくちやあ, でなくっちゃ, でなけりゃ冥途, でね, で一緒, で何, で僕, で宅, で急いでるん, で散歩, なら, ならあたし, ならあっし, ならあつし, ならあんな, ならいい, ならおれ一人, ならせめて, ならね, ならぼく, ならもう決して, ならやつぱりこゝを渡つた方, なら下, なら仕方, なら何, なら何時, なら何處, なら妾, なら家, なら小, なら支度, なら本当に, なら歩いて, なら比翼塚, なら碁, なら箪笥, なら置いて, なら行くとして, なら調査旅費, なら鉄砲, やあんた, やさかい, やな, やに辛気, やろ, や嬉し, や常

▼ 行くよう~ (1386, 2.9%)

75 になった 74 な気 55 なこと 43 になっ 42 なもの 23 であった, である 22 に, に見えた 21 に思われた 19 な気持 18 な感じ, になる 16 です, に見える 1514 な心持 13 にし 12 だった, な事, になりました 10 に思った, に感じた 9 な人, な気持ち 8 に私 7 なの 6 に思っ, に思われる 5 でした, な時, な音, になり

4 [13件] でも, な, なところ, な心地, な思い, な恰好, な気分, な風, にお, にすすめた, に思われます, に感じ, に見え

3 [23件] ですから, では, なふり, な具合, な胸苦し, な自分, な話, な調子, な道, な顔, にしたい, にすすめ, にする, になれ, に人, に出来, に思えた, に思われました, に感ぜられる, に成った, に成ろう, に見えました, に説明

2 [55件] じゃない, だね, でございました, ですね, なあんばい, なそんな, な不安, な何とも, な場所, な姿, な寂し, な弱い, な心持ち, な性質, な恐怖, な愚, な振り, な日, な暗い, な有様, な様子, な気色, な氣, な状態, な胸, な訳, な錯覚, にいそいそ, におもいました, にここ, にしなけれ, にすれ, にその, にというの, にといった, にどこ, にな, になります, にも感じた, にも感じる, にわたし, に云っ, に努力, に彼女, に思う, に思える, に思われ, に感じる, に死なず, に注意, に目, に緩慢, に聞えた, に見せ, に誰

1 [505件 抜粋] じゃ大した, すだった, すである, だおれ, だけれども, だっけ, だったが, だったら自分, だと, で, であったらおり, であります, であるし, でこわかっ, でございます, でさすが, でしかも, でしたが, でしたらやはり, でしたら冬子さん, ですわね, でなければ, でなりません, ではと, でもあった, でもう, でやがてすっかり, で何となく, で例, で儚, で兄, で四辺, で子供ら, で底, で心, で思いなし, で時, で月, で神経, なああ, なあて, なあの, ないま, なお, なおそろしい, なお話, なこしら, なこまやか, なしかも, なそう, なたしなみを, なとき, ななんとも, なはがゆい, なはしゃぎ方, なひどい, なふう, なふてぶてし, なものの, なもの寥, なもん, なやり方, ならその, なアンバイ, なアンベエしき, なウチ, なズルイ奴, なブリキ, なヘマ, な下駄, な不快, な不束, な事務長, な人々, な仕掛け, な何, な作品, な作用, な信長, な優し, な先生, な光景, な全, な兵, な内容, な内部, な冴え, な処, な切に, な劇, な努力, な労力, な勇ましい, な勇気, な勉強, な動き, な匂い, な匹夫匹婦, な危険, な厭, な又は, な可, な可能, な呑気そう, な喚きだった, な困難さ, な執拗, な場合, な塩梅, な声, な変化, な大胆不敵, な太神楽, な奇観, な女, な奴, な妻, な姿勢, な娘, な子, な子供, な安心, な安易さ, な宗教上, な実家, な射倖心, な小説, な屈曲, な屈辱, な屋根, な工合, な希望, な幾多, な弱味, な彼, な御返事, な心, な心もち, な心地よ, な心構え, な心細い, な快, な快適さ, な性格, な怪塔ロケット, な恐ろしい, な悠長, な情緒, な惑乱, な愉快, な意外, な慚愧, な手軽, な扶, な描き方, な敵地上陸, な文学, な新九郎, な旅, な明るい, な暗, な暢気, な暮しかた, な格好, な極度, な気もち, な気安, な気組, な気組み, な気軽, な気迷い, な気配, な汽笛, な沈着, な派手, な深まる寂し, な湿いを, な滅茶苦茶, な激しい, な激越, な無気味さ, な物, な犯罪, な理由, な甘い, な甘い物憂い, な生活, な用意, な病的, な痛み, な直接さ, な私, な種, な種類, な空, な立派さ, な筆致, な筈, な筋道, な結果, な絶望さ, な老人, な者, な育てかた, な自然さ, な色調, な花, な荘厳, な蒼, な薄気味, な藤夜叉, な行かないよう, な行き方, な行列, な行動, な街, な覚え, な親しみ, な解放, な解決, な誘惑, な誠実, な読経, な走り方, な超, な足どり, な足取り, な足音, な軽薄児, な都合, な長閑, な間柄, な雲, な静か, な静かさ, な頼り, な風潮, な驚き, な鳴き声, にあたり, にあと, にあらかじめ, にあるい, にいいつけた, にいい給え, にいかにも, にいたします, にいった, にいつか, にいとせめて, にうかうか, にうっとり, におなり, におれ, におんなじ, にお話, にかこん, にかたまり, にきめ, にこの, にさえなった, にさえ思われた, にさえ考えられた, にさせた, にした, にしたされ, にしだいに, にしてやる, にしとど, にし給え, にすすめるらしかった, にすべてそれら, にすりゃ, にずっと, にせ, にせね, にそう, にそこ, にそっと, にだんだん, につかった, につとめ, にです, にでも成れ, にというよう, にというん, にという命令, にという相談, にという計画, にという返電, にとおっしゃった, にとこう, にとすすめた, にとのこと, にとの事, にとの指令, にとぼく, にと二度, にと云う, にと云つて, にと住職, にと命じた, にと堅く, にと思う, にと思っ, にと手, にと挨拶, にと望ん, にと申し渡し, にと男, にと萬事, にと親殺し, にと言っ, にと言った, にと追い帰した, にどきどき, にどんどん, になったら, になどと恩, になどと言われる, にならぬ, になりましたら, にね, には, にはしたくない, にはでき, には成っ, にふらふら, にまた, にまたたく間, にも思える, にも思っ, にも思われた, にも思われる, にも感ずる, にも聞えた, にも見えた, にも見えます, にも見える, にやさしく, にゆっくり, にわが, にわたくし, にオズオズ, にステーション, に一所懸命, に上着, に丹下村, に云いつかっ, に云われ, に今, に仰言ったでしょう, に伸子, に何千年何百年, に余計, に信じられた, に俺, に元, に再び, に努め, に勧め, に勧めた, に十分, に十時, に又, に友達, に取計らっ, に口, に合図, に君, に呂布, に命じ, に善財, に変化, に多く, に太陽, に妻, に始末, に嬉々, に嬉し, に宜, に家人, に山門, に工夫, に左門, に幽, に廊下, に彼, に彼等, に後, に心強う, に心掛けたら, に思いました, に思います, に思うた, に思われるであろう, に怠, に悲壮, に想われた, に想像, に感じました, に感じられた, に感ずる, に感ぜられ, に感ぜられた, に成っ, に成ったら, に手, に手段, に手紙, に打続き, に投げ棄てた, に折々, に揺る, に整理, に旌旗, に早く, に書い, に案じる, に槍, に横, に次第に, に次第次第, に気, に水門, に沈ん, に流れる, に浩, に消え, に淀川一帯, に深く, に渋々, に準備, に父, に理由, に画室, に病気, に発射, に発表, に盛装, に相方, に着々, に研究, に空ろ, に立ち, に立ちつくした, に答えた, に答弁, に粧った, に結婚, に義務づけられ, に考えられ, に聞えるであろう, に聞こえ, に胸, に腕車, に自分, に若しくは, に見えるであろう, に見せかけ, に見せかけた, に観察, に言いました, に言っ, に計らう, に計らっ, に託された, に試みるべきである, に話, に話しつづける, に詳しく, に誘ったけれ, に語, に警察行政, に辷っ, に迅, に通り, に通用口, に連中, に道, に邸中, に重かっ, に重光青年, に金儲け, に金色, に鋭く, に青年次郎, に静か, に音読, に響い, に頭, に頼んだ, に馭者, に駈け, に駕, に黙々, ね, ね天河落処長洲路, 命じて, 命ずること

▼ 行くもの~ (736, 1.5%)

48 では 38 である 2817 がある, だと, もある 15 のよう 1312 ですから 9 がない, もあった 8 だから 7 です, と思っ 6 でなければ, と見える, なの, らしい 5 はない, もあり 4 があった, であります, であると, ですか, でない, でも, に相違, もあつ 3 であって, であるという, でないと, と信じ, と私, と見え, と見えます, なん, を

2 [41件] かこの, かそれ, かな, かね, かを明, か見当, があります, が少く, じゃない, じゃア, だが, だし, だった, だとは, だな, だろう, だろうか, であつ, でありました, であるから, であること, ですが, とする, と思う, と思つて, と思われ, と決め, と考え, ならこれ, なり, の如く, の影, の心, は自分, は食料問題, もありました, もあれ, も尠, やら見当, を感じた, を買う

1 [316件] あり, ありければ, あり苗, あるまじと, お琴, かあるいは, かおまえ, かしらん, かその, かという訓, かとも思われ, かと自, かと誓った, かどう, かなあ, かははは, かもしれない, かも知れない, か例へば, か昨日, か火災, か解らない, があ, があつ, があり, がありません, がありませんでした, があり得る, があるだらう, があるだろう, があるなら, があれ, がいつ, がだいぶん, がなかっ, がホントウ, が出, が出来た, が剣呑, が地上, が多, が多い, が大変, が小石, が少し, が帰る, が文学, が有ります, が松本, が殖え, が濱松, が無い, が燈火, が百二十人, が真, が行, が附い, くたびれるもの, こそ正しく, さ, さえあらわれる, しかし感情, したがって書く, じゃ, じゃありません, じゃありゃしねえ, すらある, ぞ, たるを, ださうだが, だったから, だつたの, だという, だとねえ, だとの, だね, だよ, だらう, だろうかと, であった, でありながら, でありますこの, であり亡び行くもの, であり飛躍, であるか, であるかという, であるならば, であるツルゲーネフ, である事, である有, であれば, であろうか, であろうかという, であろうと, でしょう, でしょうかねえ, ですからね, でその, でその間, でそんな, でないから, でないの, でねえ, で丁度, で両方, で因果, で極端, で民族, で百年千年先, で言葉, で那樣事, で階級主観, というべきであろう, という考え, という考え方, といつも, とご, としての美し, として勘合, として大衆, として考えなけれ, として速達, とすれ, とそう, とただ, との間, とはその, とは受取, とは思えない, とは思われない, とは私, とばかり私, とばっかり思っ, とひとりぎめにきめこみ, とを丹念, と二組, と信じきっ, と信じられた, と信ぜられ, と大体さ, と存ぜられます, と往年, と思いこん, と思った, と思ったらしい, と思はね, と思われる, と考えられます, と考へたらしい, と考へなく, と見えました, と見なけれ, と見られる, と見るべきであります, と覚悟, と言つて, と説い, と誰, なし, なぞいろいろ, などもだんだん, ならば, なり教会内, なるを, なれば, なんか何, にあったらしい, にかり, にこそよろこび, にさし示し, にちがい, にでもすべて, にとってはそう, にとつ, になつ, にゃア, に何等, に供する, に便宜上, に候, に全く, に対してはそれ, に対しても別に, に就い, に違, のあと, のある, のこと, のご, のそれ, のため, の介抱, の何, の前, の姿, の常に, の微笑, の意, の意味, の背, の胸中, の足, の足なみ, は, はあります, はありませんでした, はある, はあるまい, はあわれなる, はいそいそ, はおなじ, はかえって, はかく, はきっと, はこうした, はこりゃ, はさっさと, はその, はそれ, はとんと, はなく, はひとり, はもつ, はわし, はサツサ, はホンコン, は一人, は一緒, は乗せない, は云, は五丈原頭, は今日, は何時の間に, は全く, は再び, は十人二十人, は即ち, は吉原その他, は四五人, は天忠坊日親, は巣, は市長, は幸, は後れ, は必ず, は必ずしも, は性, は悪徳, は意外, は我, は日記, は火, は無力, は生存競争, は生存競爭, は皆, は矢張り本家, は罰する, は腰, は良い, は見受けられませんでした, は赤い, は蹉, は追わざる, は駈け, ばかりであった, ほどには堂々たる, もあっ, もあります, もいた, もないだろう, もなかつた, もなく, もなけれ, もまた, も亦, も極楽, も見えた, も送る, やら四晝夜, よもしか, よりは信心, らしいから, らしいが, らしい事, らしかった, らしく台所, らしく芸人, らしく車, をかけ, をここ, をし, をすっかり, をつめ, をどうして, をまった, を呼びとめた, を已, を揃, を決める, を痛烈, を纏めなくっ, を補う, を見た, を見る, を見送る, を認めない, を誘い, を追, を送っ, を驚かす, 亡び行くもの, 即ち真に, 変じ行くもの, 少なからず, 程傷ましい

▼ 行くところ~ (719, 1.5%)

24 がない 18 がある 17 であった 14 もない 13 だ, なん, まで行っ 12 です, なの 11 だった 10 にある 9 はない 8 である, を見る 7 だと, まで行く 6 だつた 5 でした, へ行く, まで行かなけれ 4 がなく, だったん, だよ, まで行かず, も無い, を見 3 だったので, だつたの, であつ, は無い, へつい, まで行きます, まで行くだろう, も無から

2 [44件] があらう, があろう, がなくなった, がなけれ, が無い, が面白い, さ, だから, だが, だったの, だという, であったの, でしたよ, ですが, ですよ, ではない, でも住む, で二人, なし, ならどこ, にはいつも, に人間, に行かしめ, の道, は, はなかなか, は何処, は如何にも, は芸者, へ, へも行けぬ, へ曳かれ, へ行けない, までは行, まで行き尽くした, まで行き着い, まで行け, まで行った, まで行つて, もある, をみる, を知らず, を見た, を見れ

1 [366件] あるの, からあて字, からし, からそれ, からも来, から宴曲, から湧く, が, があっ, があったら, があつ, がありません, がありゃ, があるでせう, がかえって, がきまったら知らせる, がございます, がじみ, がどこ, がなかっ, がなくなっ, がなくなったら, がなくなれ, が却, が描い, が有る, が極, が沽券, が無かっ, が無く, が無くなっ, が無くなった, が無くなり, が無くなる, が行く, が非常, さえあれ, じゃあるまい, じゃない, その戦場, たちまちそこ, だいぶ脅迫, だからと, だけが不思議, だし, だったが, だとか, だな, だなんて, だね, だわ, だ町内, ってどこ, で, でありさえ, であります, であるけれども, であるこんな, でございましたよ, でございますもの, でしたな, ですか, ですから, ですと, でないと, でないといふ, ではありません, ではございません, ではなく, ではなし, でまだ, でもありません, でもなく, でスクリーン, で勝ち, で味方, で夕, で少年, で御座るの, で新田勢, で眼鼻立ち, で私, で西, で駕, とあれ, として佳, として可, として家主, となつ, と余り, と侵略, と言え, なき思い, なぞありゃしない, などが写りました, などなかなか, などもやはりどうしても, などを時々, など如何にも, など決して, ならたとい, なんかありゃしない, なんかうまい, なんぞは誰, なんてある, なン, にあろう, にさし向け, にたくさん, にで, にはかならず, にはたより, には必ず, には老練, には蠅, にひとり, にべつ, にも行かれぬでございましょう, にゆかせられた, にポーズ, に三日, に中学校, に事件, に任し, に何だか, に出た, に古き, に尾, に当時, に彼ら, に捕吏, に政治, に文学, に日本, に歌, に源氏, に無責任, に生れる, に私たち, に翁, に自分, に自然, に若い, に行け, に行つて, に銘々, に黙っ, に鼻, ね, ねえの, のあなた, のこの, のそしてまた, のその, のなくなった, の下僕, の句, の女性的, の小僧, の弁信, の心理, の文芸, の柔軟性, の気の毒, の浸蝕, の生, の石, の精神, の複合式球体反射鏡, の道ばた, の飾物, はありません, はいのじ, はこ, はここ, はこの, はただ, はどこ, はどちら, はなくなっ, はまことに, はまるで, はみんな東, はやはり, はわかつ, はカストリ屋, はドコ, は一層, は仏門, は他人, は古, は古今, は地, は大体, は好き, は宮川, は家, は小説, は御, は必然, は敬服, は木, は歩け, は決, は浚われ, は無く, は無論, は生きてる, は知れきった, は秋霜, は萬葉, は西洋, は見, は野, は関, は闇商売, は雪, は高角山, は高雄山, へいっしょ, へいったん, へついて行く, へどこ, へはきつ, へはぜひ, へはどんな, へは何処, へは必ず, へは糸, へは行き, へも行かれますまい, へも行けない, へも行けないでしょう, へも行けまい, へオレ, へプレ神, へ一緒, へ僕, へ共, へ出る, へ向う, へ尾, へ来い, へ来た, へ直行, へ私, へ行, へ行かしめたい, へ行かなけれ, へ行き, へ行きたい, へ行けぬ, へ行ける, へ行けるだらう, へ行っ, へ誘いました, へ運ばれ, へ重なっ, また可憐, また走る, まで, までいったん, までこれから, までついて行く, までは行かるるであろう, までは行こう, までは行っ, までは行つて, まで供, まで修煉, まで早く, まで来, まで燃え拡がらなけれ, まで行かう, まで行かせ, まで行かなく, まで行かなけりゃ, まで行かなけりゃ納まらない, まで行かね, まで行き, まで行きつい, まで行きついた, まで行きねえ, まで行くであろう, まで行こう, まで行ったら, まで見晴らされる, まで訊き, まるで草木, もあります, もあろう, もなかっ, もなくなった, もまた, もゐる, も余り, も手, も見, も見た, やら走馬燈, や股, らしい, らしいから, らしくバイブル, らしく手拭, わかってる, をうつし, をうまく, をお, をおそらくは, をふと, をやめれ, をよく, を今朝, を入山, を反, を右, を喜平ら, を妙義, を屡, を左, を彼, を彼ら多く, を御覧, を念頭, を思う, を探し, を描いた, を撮ろう, を書く, を爺さん, を狙った, を目, を知っ, を知ってる, を知り, を知る, を私, を空想, を紀州勢, を自分, を舞う, を蜂屋源之進, を血, を見かけます, を見とどけた, を見なかった, を見ます, を見守った, を見送る, を訳せし, を詩人, を誰, を邦夷, を長閑, を静, 吹かれ吹かれぬ小竹, 必ずつい, 必ず見えない, 必ず降り掛かる, 必ず雨, 潜むところ, 行くところ, 見る間, 見当らざるなき, 面白し

▼ 行くという~ (602, 1.3%)

51 ことは 31 ような 25 ことを, のは 24 ことが 22 ことに 14 のが 13 ことも 10 事は 7 のか 6 のです, のを 5 あても, ことである, わけには, わけにも 4 のも, わけで, 意味では

3 [14件] ことだ, ことであった, のだ, ので, のである, 事に, 事を, 当ても, 恋占いが, 的も, 訳で, 話が, 話を, 風な

2 [23件] ことすら, ことそれが, ことだった, ことと, ことや, ものさ, 事が, 事も, 事実を, 人も, 今日の, 勇気は, 意味に, 有様で, 法は, 法はねえ, 目的の, 話, 話で, 返事が, 風で, 風であった, 風に

1 [248件] あてども, あのジアール, ありさま, うちの, お前の, お約束, かねてからの, きわめて不, こと, ことから, ことこそ, ことその, ことで, ことなぞは, ことにあたる, ことについても, ことには, ことよりも, この危険, この考, ごく平凡, しおらしい注意, しごくよろしい, しぶとい芸当, その事実, その前日, その朝, たか, たんぞな, ときに, とき子供たちは, ところ, ところを, のかの, のから, のだろう, のであった, のであります, のと, のなら, のね, はっきりしない, ふうだ, ふうで, ふうである, ふうの, また一段と, ものだ, もんだろ, やり方だった, やり方で, ように, わけか, んだ, んです, ノンビリ, ハガキを, フランス人の, プロセスが, リアルな, 一くだりが, 一行と, 不思議な, 世にも正直, 事か, 事の, 事はから, 事実である, 事実に対して, 人に, 人の, 人攫いめいた, 人生の, 人類の, 仕事が, 仕事には, 仕組みである, 伊織の, 位に, 作業が, 傾向が, 傾向だろう, 光景を, 処も, 処世術を, 千鶴子が, 協力ぶりで, 厳しい鋭い眼, 口実で, 口実の, 商売です, 商売な, 噂が, 噂は, 報告が, 報告は, 場所だ, 大切な, 大旅行, 奇病を, 好奇的な, 如く万遍なく, 始末, 始末です, 嬉しい話, 子供らの, 学説が, 実際上, 実験が, 実験であった, 対話或いは, 届出の, 己れ, 年老いた嫂, 幾分光明の, 店は, 当は, 当も, 形勢に, 彼の, 志が, 念の, 念慮も, 息子の, 悪戯も, 意味であろう, 意味の, 意味は, 意志が, 意志も, 意気は, 意見で, 意識だけは, 感じを, 態度は, 或る, 手も, 手筈に, 手紙を, 手順を, 斬新奇抜驚天動地の, 方でした, 方法を, 方角も, 旅, 日の, 日は, 早坂真紀子が, 時代が, 時次郎の, 普遍的な, 有様だった, 有様であります, 有様です, 村の, 条件で, 条件の, 構造を, 様な, 歯の, 段取りを, 段階が, 気を, 気持ちも, 気持で, 気持の, 気象を, 決定を, 決心は, 決心を, 沖縄の, 法則を, 消極の, 淋しい気持, 点から, 点には, 無味な, 熱心さで, 熱情を, 父と, 状態に, 猟師と, 現象を, 理屈は, 理想に, 理由も, 理由を, 生活は, 生涯の, 番頭一流の, 白雲の, 目あても, 目的も, 真実味を, 秘密を, 種族な, 積極的な, 筋道を, 精神であります, 約束です, 約束でも, 約束を, 結果に, 繭買いの, 置き手紙を, 考えで, 考えも, 自覚は, 若いもの供, 苦難の, 英雄的真面目さを, 著しい特徴, 薬方の, 行き方である, 行為的直観の, 見せかけで, 計劃, 訳じゃ, 訳でございました, 試みは, 話じゃ, 話だ, 話な, 話なども, 話などを, 話の, 話は, 話も, 誠実が, 課題の, 調子である, 趣向な, 趣向を, 近松さんの, 返事である, 途が, 過失を, 都合に, 重さ, 関係には, 難かし屋, 電報を, 音信が, 風だった, 風です, 騒ぎだ, 騒ぎで, 魅力説得力を

▼ 行く~ (586, 1.2%)

95 いい 42 よい 20 好い, 宜い 9 ままに 8 いいよ, 早いか 6 いいと, よいと, 私の 4 よかろう 3 いいぜ, いいや, これは, それが, 可い, 如くに, 妻の

2 [26件] あとは, いいさ, いいぞ, いいなんて, かの女, これを, ごとくに, それに, まるっきりうそ, ものは, よい五三様, ように, よろしい, 一緒に, 仙右衛門は, 何ものも, 冷かに, 君も, 好いと, 如し, 如しと, 宜かろう, 庄吉と, 泊めて, 私は, 雀は

1 [289件] あとの, あの調子, あまり飛ばす, ありゃどういう, ある程度以上, ある高, いいあの, いいいずれ, いいお寺, いいかえ, いいけれども, いいこの, いいし, いいじゃ, いいそこで, いいそして, いいそれから, いいだろう, いいでしょう, いいです, いいとて, いいとも, いいね, いいの, いいのよ, いいもう, いい午後, いい姿, いい娘, いい後, いい手, いい早く行け, いい独逸語, いい神, いい逃がし, いちばんいい, いつしよ, いつの, え, ええいう, ええと, ええや, ええよ, おのれから, おまえは, おまはん, おれは, お前は, お前も, お前達は, かつて家族, こちらから, ことに顔そり, このこと, この更け, この道, この銭, これでは, これも, ごとき, ごとき達筆, ごとくなりき, ごとく水中, ごとく起きる早々みすみす, ごとく部屋, ごとし, ごとしなんて, さて困難, しかしいかに, じき帰る, すぐまた, すぐ右, すぐ汗, そういう場合, そうでない, そうなる, そうやすやすと, そこが, そしてその, そち一人で, そなた, そのかわり, そのすっ, そのたび, そののれん, その一人, その二組, その内, その心, その手もと, その料亭, その時, それから先, それでもプランクトン, それは, それより, たつた今, ために, ため必要, ため言い換, ちと工合, つらさ, てめえの, とうとう詩, どうだ, どこへ, どこまでという, なほ大陸から, のちに, はたして何時, またじき, まだたしかに両者, まにまに路四, まま歩みつづける, みゑ子は, もし行かな, よいか, よいさ, よいさあさあ, よいぞ, よい坊さん, よい彼, よい残った, よい行く, ようだった, よからう, よし味噌漉, よろしいと, よろしいの, よろしかろう, わしが, われわれの, アルミニウームは, キップは, コイツが, マッチなる, マルクスは, 一ばん, 一人でも, 一片の, 三人は, 三十六の, 三藏の, 上級の, 下向の, 之に, 九時から, 亡くなった三升家小勝師匠, 京都の, 人の, 人びとはそれをうまくかわしかわし歩い, 人間は, 今うつっ, 今でも, 今回は, 今後は, 他の, 付き合つて見る, 会ふ, 何でも, 何と, 俺が, 元気も, 先達殿が, 兎角遅れ, 入らない, 其代り今から, 出て, 劇としての, 勇夫婦とは, 北海道は, 又元, 只行き抜け, 可え, 可また, 合宿の, 向柳原, 君は, 嘗て家族, 四明の, 多分年魚市潟一帯が, 夜じゅう通し, 大体三多摩一帯だ, 大阪へ, 女は, 好いかい, 好いかと, 好いじゃあ, 好いという, 好い何時, 好からう, 好かろう, 如きは, 如き人, 如き安永天明, 如き或は, 如き目付, 如き迅さ, 如き面影, 如く, 如く婦人, 如く安宅, 如く左右, 如く意, 如く押し通, 如く東北亜細亜大陸, 如く百姓, 如く筆, 如く霞, 如く静, 如く高き, 如しとは, 如何だ, 娘は, 宋江の, 宜いとそれ, 宜いと申しました, 宜からう, 宜しい, 容器は, 小姓でも, 帰ったら番頭, 帰りがけには, 帰ると, 御する者, 急ぐ時, 態度は, 戦は, 持つて, 政治的の, 断髪や, 新聞の, 昌さんは, 明日は, 明日も, 明日をも, 昼は, 時と, 時には, 時政の, 暇だったら, 最良の, 月の, 木曾川の, 本当といふ, 李逵と, 東京の, 横町が, 武士達二人は, 歩いて, 死が, 為に, 無難じゃろう, 物価の, 玄蕃は, 用の, 畳ざわりの足音は, 確かに, 私と, 第三者に, 終に危害, 結局帰する, 翡翠の, 聞え申候, 肝心の, 能芸術とは, 自分たちの, 自分の, 良かろう, 行かないかと, 行先の, 表に, 見ゆ, 見る間, 読者の, 誰あっ, 諺物語においては, 負けん気の, 貴様に, 買物は, 辛さ, 近在からの, 近頃さる, 途中の, 道庵は, 随分ばらばら, 隠居が, 隱居が, 黄葉の

▼ 行くうち~ (490, 1.0%)

12 に彼 98 に私 7 にふと 6 にこの, に二人 5 にだんだん 4 にお, にその, にとうとう, にもう, にやがて, に次第に, に自分 3 でも通新町, にいつしか, にいつの間にか, にそれ, に何, に作者, に僕, に夜, に犬, に自然

2 [32件] あの娘, にある, にいつか明瞭, にいろいろ, にかさご, にこれ, にどの, には, にふい, にまた, にやっと, に一つ, に不思議, に人, に今度, に何とも, に何時, に到頭, に大きな, に妾, に左右, に急, に息, に木の下, に木の葉, に汗, に空, に突然, に米友, に銀之丞, に頭, ふと彼

1 [315件] ある夜山家, が十軒, たしか山川均君, とある小家, とうとう左, どのくらい, にあっ, にあとかた, にあわれ, にい, にいずれ, にいつ, にいつか主人, にいつか人家, にいつか夫婦, におのずから, におびただしく, にお客, にかなり, にかの, にここ, にことに, にさき, にしきりに, にしだいに, にすっかり, にそこ, にそれでも, にだ, にちらっと, につい, についつい, についに, にとうとうまったく, にとにかく, にどう, にどうにか, にどうやら, にどちら, にどんどん, になおも, になるべき, にねゆうべこちら, にはあるいは, にはきつ, にはこの, にはじめ, にはじめ潜水夫, にはその, にはだんだん, にはっと, にはどう, にはどこ, にはやがて, にはるか向こう, にはキット崑崙茶, にはヤング, には佃, には何とか, には余, には多少, には彼船, には必ず, には必ず少なくも, には次第に, には死ぬ, には法律, には牛乳瓶, には結局, には自他, には自然気色, には船暈, には誰, には財産, には車力, には追, には醒め, には階級, にひろ子, にまもなく, にみる, にも, にもそういう, にもなお, にも仲好し, にも彼女, にも我, にも時々わざと, にや居た, によく, にわからん, にアラカタ, にキット発見, にサッと, にヂューヂャ, にパーシウス, にビッショリ, にフト妙, にヤヌス化粧品研究所, にルッカ, に一調一高, に三十七, に三十分, に三日, に上穂, に不意, に与八, に世界それ自身, に予想通り, に二十日月, に五条天神, に亜砒酸, に人里, に今, に以前, に伝二郎, に伴直人次女, に伸子, に何しろ, に何だか, に何となく, に何処, に余程, に例, に偶然, に偶然都市, に僕たち, に光, に全く, に全身, に八月八日, に兵馬, に其の, に写真, に初め黄色ツ, に判っ, に前, に勝沼, に北, に十六七, に半蔵, に博士, に又, に口, に可笑しく, に右, に同君, に同船, に呉青秀, に周平, に味噌, に品川宿, に四行, に四辺, に四郎, に国民学校, に埃, に城下端, に夢, に大粒, に夫, に奥様, に女, に始め, に宗教中毒, に室内, に家治, に寐, に寒, に審美論, に寺院, に尋ねる, に少年時代, に屋根, に山, に山犬, に岡, に岩屋道, に年, に幸藁屋, に幽か, に幾人, に幾多, に彼女, に彼等, に後妻, に後棒, に必ず, に忘れよう, に忽然と, に思いがけない, に思はずせき込ん, に思わず, に思想, に恐怖, に悉皆, に我邦, に或, に手, に旅人, に旧い, に早, に早く, に昂奮, に昔, に春, に昼間, に暗に, に最早, に朝, に木の根, に栄養不良, に案内, に案外, に極度, に様々, に様子, に樹林, に橋, に次第, に此, に段々, に毅然たる, に民子, に気づいた, に汽車, に浪土豪傑連, に深い, に漸く, に火星, に無名, に熊公, に爛酔, に父, に物, に現在, に甲野さん, に男勝り, に畢寛, に疑惑, に疲れ切っ, に白い, に白雲, に白鳥会, に益々, に直に, に直径, に相手, に眉間, に瞼, に知らず知らず, に石屋, に社中, に福太郎, に私たち, に私達, に第, に米, に給仕, に腹, に自, に自ずから, に自然喉, に興, に艇, に若い, に若し, に蛸, に袋, に裏白, に裔一, に西岡, に試験官, に赤い, に起つ, に足, に足場, に路傍, に辛うじて, に迫, に運, に過っ, に道路, に違つて來, に遥か, に適当, に部屋, に鉄瓶, に銀ちゃん, に雄, に雨, に霧, に靄, に非常, に馬車, に黒い, の経験, はお, はこの, ふと正門近く, ふと石, ふと自分, ふッ, また前方, まったく周囲, まんいち左様, もう来た, ハッと, 不図, 何だか連れ, 全く新しい, 携えて, 漸次急, 言い合わせたよう, 逢うもの

▼ 行く~ (488, 1.0%)

26 になった 17 にした 11 が出来る 10 になつ 9 が出来ない, になっ 8 は出来ない 7 が出来ぬ, になりました, もある 5 にきめ, にしよう 4 がある, ができる, だ, に決つた

3 [18件] かと今さら, ができない, が出, が出来なかった, だろう, であった, にする, になつて, になる, に決め, の出, の出来ない, は出, は出来まい, は行く, も出来ぬ, や, を約束

2 [34件] があった, がおそろしく, ができた, が出来, が出来た, が出来ます, が悲しい, であつ, である, であろう, と存じます, などもあつ, なども滅多, なの, にし, にしました, になつたの, に定め, に決つて, の出来る, はなかつた, は不可能, は出来なかった, は出来ますまい, は出来ません, も出来ない, も快く, よ, をば我等, を慫慂め, を承知, を知らせ, を自分自身, を許された

1 [229件] あえて普通, か, か知れない, があ, がかい, ができなかった, ができます, がない, がほぼ, が不合理, が二里, が出来たでしょう, が出来なかつた, が出来なくなっ, が出来なくなり, が出来ました, が出来ませんでした, が出来よう, が出来るだろう, が到底, が厭, が吾, が困難, が多い, が大好き, が失礼, が如何, が容易, が屡々, が必要, が快, が恐い, が構, が珍しく, が私, が稀, が許される, が雨, が面倒, じゃなし, すら出, すら心細い, すら面倒臭く, その少し, ぞ男, だけはたしか, だけは出来なかった, だった, だろうと, だろうな, だわ, であります, でございましょう, でござんしょう, です, とした, としましょう, とて礼義, となっ, となつ, と安心, と思ふ, と為っ, と私, などは致しませんでした, ならん, なり, においてはあえて, にきまった, にきめた, にしませう, について安井, になったです, になったらしく, になります, になれ, にのみ気, にまた, にまとまった, に仕, に何かしら, に勇敢, に妥協, に子供, に定, に感傷的, に成った, に改めた, に極, に極め, に決せしか, に致しました, に致そう, に覚悟, のある, のできなかった, のできぬ, のできる, のない, の一番底, の出来た, の出来なかった, の好き, の許されぬ, はありません, はある, はしなかつた, はその, はちょっと, はならん, はもと主鷹司, は何, は出来た, は出来なかつた, は出来ぬ, は出来ませぬ, は出来る, は前, は同時に, は吾輩, は大丈夫, は常識, は廃, は彼, は恐るべき, は恰も, は悪い, は折返し, は明朝, は最初, は死者, は氣, は決してよく, は淋しい, は老母, は都会, は都會, は驚くべき, ばっかり考え, ほど楽しい, もあった, もあったらしい, もありまし, もあるまい, もあれ, もお, もなかつた, もならず, もならねえ, もわが, も出来ず, も出来ました, も出来ませず, も出来ません, も出来やしません, も出来よう, も出来る, も出来るだろう, も前, も原理上, も少なく, も思い切らなけれ, も返る, やいろいろ, や物, や色々, を, をあえて, をいう, をお, をお母さん, をこれ等, をたのん, をひどく, をもつ, を不名誉, を了解, を云, を云い出した, を冀つて已, を別に, を周くせ, を堅く, を夢想, を大変, を好んだ, を嫌, を忘れた, を恐れた, を感じた, を憂へ, を控, を改めて, を断念, を方眼紙, を方針, を望ん, を楽しみ, を欠かした, を理想, を痛切, を發見, を白状, を知っ, を知った, を祈る, を祖母, を翁, を考える, を考えれ, を考へ, を裏書, を覚えた, を計画, を許す, を話した, を語, を誰, を述べた, を頼まれた, 半里, 最も重要, 有りて, 未幾, 第三, 能わず, 走獣, 走獸, 難し

▼ 行く~ (476, 1.0%)

8 のよう 6 には必ず 5 見る毎 4 にはいつも, は 3 かすり, だった, であった, にはこの, には私, のほか, の心持, は必ず, は里

2 [24件] がある, が来た, が来る, と同じ, などはよく, に, にその, になっ, には, にはその, には俺, には案外, に僕, に私, のこと, の力, の快感, の気持, はいつも, はきっと, は帯, は鳥打帽, もまあ, 案外暖

1 [374件] あの人, あの女, あわただしく金椎, いつもこの, いつも自分, お内儀さん, お庄, お延, お綱, お高祖頭巾, かお, かて二三日, からお前, から小次郎, から聴いた, があったら, がやって来た, が來, が来, が来るだろう, が来れ, が特に, が近づい, この料理番, この講師, さも小さい, せめて最後, その人々, その常識, その店, その歩, その男, その破れた, その納屋, その路傍, だけが自分, だって代りばんこ, だつた, だつて人傳, ちょっと恨, であったか, であつ, であり彼女, である, であろう, でなければ, でもお, でもその, でもそれ, でも仕事, でも何, でも寝る, でも必ず, でも散歩, でも決して, でも海藻, といった具合, とか, とかまた, とか電話, とそんなに, と夕方會社, と歌いかえ, なぜ一所, なぞに, などは向, なども生死, など下, など彼女, など思わず, など近道, なら反対, なりしかどその, なんかもう二度と, なんか子供, なんぞは特別, にあたし, にあの, にいろいろ, にお前, にかなしみ, にかり, にくずれる, にこれ, にそれでは, にでも会われ, にでも持っ, になる, にはあの, にはうまく, にはおれ, にはお前, にはきつ, にはこれ, にはすきだらけ, にはそういう, にはたとえば, にはつい, にはともかく, にはひょろ長い, にはわれわれ, にはセンチメンタル, にはバラバラ, には一人, には一方, には一緒, には二人づれになっているかもわからない, には今, には例へば, には別, には制帽, には前, には坐つた, には外國航路, には寢床, には寺の前, には屹度酔つて管, には帰り, には必ら, には恐怖, には態と, には書物, には朝, には片道, には見かけなかった, には話相手, には賭場, には道, には長い, にばかりだれ, にひっそり, にふと, にまで人, にみのる, にも, にもそこ, にも今日, にも例, にも岸本, にも必ず, にも既に, にも早く, にも木棉鬘, にも獨, にも風, にゃア折々店, にゃ己, にゃ案内記, にや一緒, にわ決して, にア, にハタ, にフロイス, にロリー氏, に一人手, に与那原, に之, に乗った, に乗込ん, に二番目, に他, に何ん, に何人, に使, に使用, に受けるであろう, に咏ん, に大抵, に夫人, に女の子, に妹君, に姉, に宮廷, に寄り, に尋常, に小次郎, に店, に弁当, に彼, に必ず, に感ずる, に成っ, に戦, に携え, に新しく, に日本, に是非共, に晃, に書い, に最もよく, に朝飯, に机竜, に果して, に正月, に死, に残し, に汽車, に源氏, に生ずる, に男, に直線, に看護婦, に着, に着け, に硯, に積立金, に窓, に笹子峠, に自分, に薫, に言おうよう, に諫め, に起る, に通った, に鎌, に限っ, に黒し, ねェよ饂飩粉, の, のかこ, のそれ, のたのしみ, のつもり, のまま, のみんな, のもの, のやう, のシューッ, の一張羅, の不安, の事, の其心地, の制限, の勢, の千村, の哀, の外, の如く, の姿, の子供, の岸本, の帯, の心, の思い, の悦び, の情懐, の意識, の旦那, の楽み, の様, の模様, の歌, の流れ, の相手, の神ホライ, の競馬, の習慣, の腰, の色合, の触感, の變化, の輝かし, の開幕時間, の音, の馬車代, の髪, はあの, はいく分, はお腹, はかならず, はさ, はその, はときおり, はどう, はどんなに, はなか, はみんな不思議, はよっぽど, は上位, は何ん, は何時も, は前, は右, は名残, は堅陣, は大, は大小, は大概大小, は大病人, は学校用品, は寒い, は彼, は往々, は必, は恰も, は恰度何, は悲痛, は我, は握飯, は旋廻圓鋸機, は明け方, は格子, は水戸様, は泣い, は父, は現今, は生活, は私, は肩身, は褌, は青鬼みたい, は鞄, は食べ物, は鳥打, ばかりで, ひどく冷淡, ふとそれ, ふと見る, まであなた様, までこの, までほとんど, までピアノ, まで変わらぬ, もあつ, もある, もう一杯, もここ, もこの, もさうならやめて, もしその, もそう, もそして, もまだ, も二葉亭, も先, も家, も山, も工藤, も持っ, も散歩, も栄誉, も私, も被らせなかった, も通じ, も鏡, も陸奥, やえら, よくこれ, よくは, わが細, を迎え, 下りて, 僅かながら, 別に何, 向柳原, 外して, 始めて眞, 嬉しく思う, 少しも, 幼い私, 弱々しげ, 必ずおまえ, 必ずそれ等, 必ず自分, 忽ち一本, 懐い綿, 或小橋, 持出し新, 既に晩, 果してそれ, 生来なる, 程足, 誘って, 通る長い

▼ 行く~ (474, 1.0%)

41 しても 19 相違ない 17 違いない 13 連れて 11 したがって, 違ひない 10 ちがいない, 随って 9 きまって 6 任せて, 違ない 4 きまって居る, したが, 違いありません, 随い 3 しては, つけて, 従うて, 限ると

2 [28件] あうごと, きまってるわ, きまつて, したところ, すぎない, つけても, われは, 不便は, 付き日本, 何が, 何の, 導者は, 従つて次第に, 必要な, 我も, 旅費だ, 曲折あり, 極って, 決まって, 漸くに, 足るだけの, 通らなければ, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎぬ, 都合の, 酒やと, 限る

1 [237件] あらず日本, あらず立, いまだ一周忌, お花畑連続す, かかわらず在来, かぎりますからね, かぎる, かぎるぜ, きまってる, きまってるの, きまっとる, ここは, こしたこと, この獣, さへ, したがいただならぬ, したがい心, したって, しろこの, しろどう, しろ坊, しろ目標, しろ行かないに, すぎなかったけれど, すべて傘を, そこは, その煽り, その職業, たちまちに, たるだけの, だれが, ちが, ちがいあるまい, ちがいなかった, ところなく, ひきかえて, ひとしい, ひとしいよう, ひどいから, まかせて, まかせよ嗚呼さらば, まさる, また後ろ, むずかしいわけ, ゃああたるめえ大の, ゃまだちっと年が, ゃまだよほどかかるのかい, やあらむ, やう, やまだ余程か, よい処, ギネアを, チリチリと, ピラミイドの, 一々テイツプ, 一度倒ふれし, 丁度晝迄, 三十一日を, 両側は, 九十九折なる, 二日は, 二時ばかりに, 以前失いたる, 任すと, 会うた, 伴れ, 似たり, 似たる径, 似て, 何かはば, 何も, 先つて, 先づ空想の, 六十一日を, 其の心, 其の職業, 処なし, 列あり, 勝れりと, 十分な, 半時間, 危いという, 及ばぬという, 及びませんよ, 反して, 反し最初, 同じ線, 告別の, 四畳ぐらいの, 困苦を, 國道と, 土中の, 地より, 堪えないよう, 堪えない気, 堪えるだけの, 堪え得ようかと, 墓原を, 士族は, 夏蕎麦を, 外ならず, 多くも, 天も, 奇蹟たる, 女學校門外の, 如くもの, 定って, 定まって, 家なき, 家に, 少女は, 就いて, 就て, 岩の, 岩ば, 岩角忽ち, 島坂にて, 常に左側, 常は, 底の, 引きかへ, 形おかしき, 従つてまた, 従つて悲壮な, 従つて通力と, 従ひ, 從つてこの, 從つてその, 從つてだんだん, 從つて不思議にも, 從つて假名遣, 從つて意見の, 從つて次第, 從つて次第に, 從ひ, 心境頓に, 忍びざりき, 忍びない, 忍びなかっ, 忍びぬやう, 怪しむ可, 惱む牛と, 愧か, 愧る, 慣れたるみさ, 懶くその, 日は, 日本服では, 日漸く, 日熱く, 明月昼の, 昨日迄の, 時は, 更に何事, 有利だ, 林中から, 果して十二三, 果して左, 果して絶壁, 果せる哉縦, 梅咲かぬ, 梅多く, 樹間に, 此の, 氣附かぬ, 水の, 決つてゐる, 河は, 泉石の, 渓の, 港の, 瀧口呼留め, 爽か, 牧場あり, 疲れた事, 的も, 目明るく, 相当した, 相擦れつべし, 相違あるまい, 相違ねえ, 石部まで, 秋雨ほそう, 積み並べたる炭俵, 紛れ込んで, 終に一点, 臨みて, 至りし一原因, 至るの, 舟を, 船君なる, 艾うる, 芒の, 若くは, 草鞋を, 蛇口仏心と, 蜥蜴と, 行かれぬと, 行かれぬ一足, 行かれぬ江戸, 行けば, 街の, 越したこと, 越した事, 足が, 足の, 足は, 足るほどの, 足るもの, 足る以上, 足る程, 路にあたり, 路の, 路傍に, 路無し, 身体は, 辛抱強くて, 迷った, 途益急に, 通例杖を, 造作も, 過ぎざるの, 過ぎないだろうと, 道を, 違えねえ, 違げえねえ, 適当した, 阿房は, 限るといふ, 随うて, 随つてその, 随つては, 随つて水勢は, 随つて私は, 露も, 頂に, 麓に

▼ 行く~ (445, 0.9%)

12 はない 8 の入口 5 がある 4 を教え 3 がない, だと, なの, の方, は

2 [27件] がどんなに, が無い, が開け, だ, で, であった, である, です, で納豆売, との区別, にある, に対してであり, に迷う, の, の半ば, はある, はいつも, はこれ, は一つ, は常に, は自然, は馬道, もあり, をひらく, を歩い, を聞く, を通る

1 [347件] ありて, いまだ長から, かならずよる, かも知れない, からはずっと, からは煙, からハネカー, から帰り, かれの, があった, があぶない, があべこべ, があらう, があるらしい, がくねってる, がこんなに, がすなわち, がつまらない, がなくなっ, がねえ, がはっきり, がふさがった, がよく, がわかった, がわかりません, が作ってない, が例, が元, が分っ, が寧ろこれから, が岐, が憶えられない, が曲がってる, が見当違い, が解らない, が途中, が違っ, が鎖された, が阿, こそこの, すぢ, だから, だそう, だって大抵, だつて, だという, だね, だよ, だろうか, だろうかと, でありながら, であるよう, であれば, であろう, でつまずい, でなくては, ではじめさん, ではない, でもない, でも景子, でも聞こう, で二童子, で何度, で出会った, で大池, で孤軒老師, で文吾, で日, で毎朝納豆売, で誰か, で身, で酒, と, というの, といふ自然, とがある, とであった, とともに私, との分, との分かれる, とはまるで, とは兼, とわかれ, とカーチェハカン, と分れる, と山, と平湯, と有名, なくやがて, などは特に, なりと聞き, に, にあたっ, にあたり町, にお仙, にさえその, にそっ, については心得, になかっ, になっ, になります, になる, にはそここ, にはどんな, にははいらなかった, にはもうたんと, には大名笹, には常に, には影, には必ず, には祝い, にもところどころ, にわびしげなわくら葉, にエンゴン, にバーニ, に出, に出る, に力強い, に大, に寸分, に巨, に引き換え, に掛かった, に敷かれ, に敷きつめ, に横わるすべて, に牛込, に立ちはだかった, に立ちはだかりました, に続いた, に自ら茨, に蓮華草, に越さね, に迷っ, に青柳, に香ぐはし花橘, のあたり, のある, のこと, のしる, のそば, のたむけ, のない, のなか, のまん中, のみがどうして, のよう, のアベニュ・フォッシュ, の一つ, の一寸, の一角, の三角形, の上, の中央, の交番所, の側, の傍, の傍ら, の先, の兩側, の円タク, の分岐点, の名, の外, の山, の山陰, の左右, の彼方, の後, の意, の戒め, の曲がり角, の書き出し, の植惣, の白い, の細い, の絵図, の縱横, の角, の貸本屋, の退屈さ, の途中, の遠, の長路, の長道, はあり, はあるでしょう, はあるまい, はいずれ, はいろいろ, はげに, はここ, はこっち, はこの, はそういう, はそこ, はその, はそれ, はたいてい, はたつた, はときどき, はどこ, はどちら, はないだろう, はねえ, はほか, はみんな, はもはや, はやがて, はわたくし, は一本きり, は並大抵, は二子乗越, は今日あたり, は何, は個人主義, は全部閉鎖, は分っ, は分つ, は分らなかった, は勉学, は参詣, は右, は喪中, は大変, は大変困難, は孟宗竹, は左手, は希臘, は平家, は幾通り, は彼, は数多, は暗い, は暗かっ, は暗く, は村, は松かげ, は決して, は灯明, は物体, は狭く, は皆, は知らない, は知れた, は背中, は自分, は自暴, は自殺, は茨, は茨ぢ, は親, は近い, は違っ, は間道, は随分, もあの, もあります, もあれ, もおいそれと, もたいがい, もたくさん, もどっか, も判然, も同じ, も失った, も浪, も露草, やない, よりは畜生, をあやまらぬ, をおれ, をかぎ分ける, をつくっ, をとった, をとらず, をはさんでる, をはばめる, をひとり, をふさい, をふさいだ, をふさがれ, を人, を具体的, を取っ, を取られる, を取り, を取れ, を問, を塞いだ, を好まない, を妨げられた, を妨げる, を季節, を尋ねた, を小さい, を左, を帰る, を急, を拓い, を持っ, を挟ん, を捜したら, を授ける, を探さなく, を断たれる, を明るく, を曲げぬ, を木曽路, を楽しく, を横ぎりながら, を横切った, を横切り, を決め, を照, を照らし, を独占, を狭, を瞭, を知っ, を知つて, を知らない, を知られない, を知りたい, を立ちふさがん, を立てた, を考え, を考えてる, を聞い, を聞いた, を行かせられた, を見つけ, を見つけた, を見出した, を訊い, を訊いた, を語りつくさね, を説明, を變, を足, を通った, を進ん, を選ばね, を開け, 各, 帰る旅人, 暑し絮

▼ 行く~ (439, 0.9%)

19 もある 9 の姿 6 である, の足 5 の顔, もない 4 の群, の足音, もあり, よ 3 があった, がある, が多く, であった, です, の, のよう, の跫音

2 [34件] があります, があれ, がなく, のあと, のあり, のこと, のため, の下駄, の世, の勢, の声, の如く, の帽, の心, の手, の方, の気配, の身, はない, は大きな, は必ず, は無い, は皆, は皆島々, もあれ, もたくさん, もなく, も多く, も稀, や梅, を募集, を呼ん, を見る, を送る

1 [281件] あらば, あり, あるの, か, かこの, が, があったなら, があったら, がありました, がお前, がきまった, がちらほら, がどれ, が二十八人, が他, が信心, が却って, が多かっ, が彼處, が後, が悪い, が有ります, が次々, が欲しい, が段々, が沢山, が男女五六人通り, が相, が絶えない, が通りすがり, が通りました, が銭, こそ佐々内蔵助成政, こそ官学, こそ真, さネ, じゃあありません, たちまち林, だ, だが, だけを呼びました, だちの牛車, だつたの, だらうむかし, だろう, だ将来, であらう, であるに, ですよ, ではあるまい, ではなかっ, では無い, で人通り, で外国, で送る, という感じ, とが出, としか思えない, としては弱, となつ, とは何, とまた, とハッキリ, と一緒, と人, と共に抜目, と共に拔目, と別れる, と同じ, と留まる, と痩せ, と茅場町, と見せかけ, と賭場, と送る, なくて, なくなっちゃった, なしに, なぞもあった, なので, なりあるいは, なん, なんぞ丸, に, にあり, にしばし, にたのん, にとっては長い, になった, にはこの, には一人, には特別, にも知られぬ, にも見せる, に与, に何, に出逢う, に劣らず, に取っ, に実地, に對, に小便, に憚, に教, に時々, に智識, に泥苗, に異ならない, に相談, に聴かせ, に追付き, に逢い, に金, に隠し, に餞別, ね頭, のある, のごとく, のさ, のそれ, のだれ, のない, のひそひそ, のよめりける, の一人, の上, の中, の事, の云う, の今にも, の努力, の品定め, の嗜好, の境涯, の始, の姿ぢ, の子供, の寒, の小, の平和さ, の形, の影, の影稀, の後, の後姿, の心任せ, の心持ち, の忙しき, の息, の情, の慌しい, の枕許, の樣, の死, の涙, の片, の物, の白い, の眼, の眼鼻口, の稀, の立ち難, の群れ, の背後, の脚なみ, の草鞋, の表情, の裾, の見ん, の許, の語る, の走る, の跡, の間隔はけ, の髪, の鼻先, は, はあなた, はある, はそれら, はだれ, はないだろう, はなかっ, はなく, はなし, はみんな一列, はみんな帽子, はよく, はクスクス, は一日, は傘, は先ず, は到底, は又, は多く, は大, は大変, は天, は後者, は手, は支那, は晝, は果して, は様子, は殆ど, は気狂い, は泰平, は町家, は着物, は突然, は立止つて浮腰, は精神的頽廢, は綫, は罪, は自分, は自分たち, は親切, は誰, は非常, ばかりで, ばかり四五人, ぴかぴかに, への別辞, へ着せる, までがさっさと, もあやしん, もありました, もあります, もありません, もあろう, もここ, もございます, もすくなく, もたま, もなかっ, もまた, もをかし, も四明ヶ岳, も岸, も必要, も悪い, も来る, も皆, も見よ, も馬, や車, や農夫, よりも自分, らしい, を, をこうして, をことごとく, をしずか, をどう, をふり, をよんだ, を両手, を今戸, を呼びかけます, を呼び戻す, を失望, を尊びます, を屁の河童, を待ち, を押しのけ, を睥睨, を祝福, を立ち止らせる, を羨む, を見, を見たまえ, を見上げ, を送っ, 乃至名所見物, 多く大方, 多し, 帰る人, 残る人, 行く人, 追われる人, 送る人

▼ 行くので~ (435, 0.9%)

127 あつた 11 せう 10 あらう 4 ござります, 私は 3 あらうか, せうか, 彼は, 彼も, 非常に

2 [15件] あつて, この時刻, その後に, 一緒に, 僕は, 入り交, 娘共の, 御座りませう, 我々は, 有った, 此の, 深雪は, 画家は, 誰が, 顔を

1 [234件] あくる朝, あツ, いかに勉強, いっしょうけんめい, いっしょに, いつもより, うちの, うんと大きく, おせんべつ, おろうそく代, お六, お通, お雪ちゃんも, かの女, がんす, このまま中途, このよう, この家, この頃, これとても, これは, こんどは, こんな見事, ごぜえます, さては妾, しまいには, しまいに彼, そういう人の, そうすると後ろ, そうなる, そこまで, そして私, そのとき, その両方, その中, その女, その家, その店, その日, その準備, その送別会, それにつれて, それには, それは, それまで, たとへば壺, てっきり観客, どうにも意外, どっちり, なきや, なほ子は, なんか悪い, はあはあ膝, はじめは, はやく出なけれ, ほかの, ぼくは, まだ我慢, まるで私, めんどうな, やること, よそながら噂, コヨは, ゴルフ, パン売り, ビックリなさったでしょう, 一層気, 一歩ごとに, 七ひきの, 三郎兵衛も, 上まで, 不安の, 中には, 九時半に, 二三十町も, 二人は, 二観測地点間の, 亜米利加から, 人ッ子一人ゐない, 仕事は, 仕方が, 他家で, 代理を, 以前から, 伸び放題に, 住居を, 佐太郎は, 何かの, 何とも不思議, 何処を, 何處まで, 俊坊も, 俺は, 僂麻質斯の, 先に, 其もとが, 其処には, 其書には, 内儀さんが, 冷熱の, 出る刻限, 初めは, 前には, 割り合い, 十二時半に, 千という, 千恵も, 同じ沿線, 困つて, 土地相応の, 地面へ, 夕食の, 夜中に, 大てい, 大分に, 大家は, 大手を, 大方落ちついた, 夫人も, 女主人が, 妹も, 姉さんの, 始めには, 娘は, 婆は, 婿に, 子供心に, 宅が, 小商人層, 己も, 帰朝六月うちで, 広い場所, 店から, 廐橋手前までは, 当り前の, 彼等の, 彼等は, 彼等を, 征伐に, 従いて, 従ってその, 御座りまし, 心配し, 怒濤, 怖くなった, 急に, 折々姿, 折角眠りかけた, 持つて, 指で, 早い早い, 早く切り上げ, 早起きする, 昌綱さん, 時しも, 時刻が, 時節柄怪しい, 暇乞に, 最後の, 有りました, 朝廷の, 朝早い, 朝風呂昼夜の, 松蔵の, 棒切れを, 検事は, 横切るわけ, 次第に土, 殆ん, 気温は, 水が, 決して人, 泥が, 浅間の, 海は, 深山の, 演説そのものに, 狭い絶壁, 町と, 町の, 皆が, 皆横列に, 眼が, 知らない者, 碩寿翁の, 私が, 私たちも, 私なんか, 私の, 私も, 私達も, 縁側には, 羨しく, 義雄も, 能率の, 自分は, 舟が, 船頭は, 色が, 色さまざまの, 若者も, 草も, 草賊, 萬七たるもの, 落ちるの, 袂も, 見覚えて, 親たちも, 話す機会, 買ひ, 足の, 足もとは, 輪形の, 近頃日本青年館, 途と, 連の, 道も, 道路は, 金ピカ服の, 銀子も, 長くそこ, 長三郎も, 長期にわたって, 門を, 間もなくアルプス, 雪には, 預けて, 頗る俗化, 餅の, 餅を, 馬も, 驚いて, 鰐を, 鼠蔵の

▼ 行くつもり~ (428, 0.9%)

3530 なの 21 です 16 なん 11 でいた 8 か, だったが, だと, である 6 で, であったが 5 だが, だったの, であったの 4 じゃ, だから, だった, だろう, であった, でその, にし, らしい 3 だつた, であつ, では

2 [28件] かい, かお, かね, か自分, だつたの, だとも, だろうか, であ, であったから, であります, であろう, でいる, でございますから, でした, ですか, ですから, ですよ, でせう, でもあった, でやって来た, でゐる, で二人, で仕度, で再び, で格子戸, なので, なんで, よ

1 [159件] かいお前, かかわや, かしらない, かそれ, かとかいろいろ, かと尋ねたら, かと思つて, かと思われた, かと聞いた, かな, かなあ, かは少し, かも知らん, かッ, か何, か傘, か浴衣姿, じゃったけど, じゃと, じゃない, じゃろ, じや, ぞ, だえ, だかしらね, だがね, だしばらく, だっけ, だったか, だったかも, だったけれど, だったですが, だったのに, だったのよ, だったらしい, だったらほんの, だったろう, だったろうが, だったん, だったんだい, だって御, だつたか, だつたが, だつたけれど, だつたさうですが, だつたし, だつたん, だつた所, だという, だね, だよ, だらうか, だろうが, だろうという, だろう姿, だわ, だッ, であったか, であったけれど, であったという, であったのに, であったろう, であらう, でありながら, であるか, であるな, である事, でおります, でここ, でございます, でしきりに, でしたが, でしたけれども, でしょう, でしょうよ, ですかと, ですが, ですと, ですね, ですの, でそれで, ででもあった, でなくちゃ, でのぞきこんだ, でまず, でも, でやって来ましたが, でゐた, でハンドバッグ, で一緒, で三丁目, で中央線, で今日, で六時, で出かけ, で出かけた, で出かけます, で出掛けたん, で初瀬川, で又, で四五十歩, で夕飯後有馬, で外套, で家, で家族, で宿, で寝台券, で居ります, で市, で幾度, で廊下, で扉口, で服, で本郷四丁目, で来た, で横濱, で滝壺, で澄し, で父さん, で百, で直ぐ, で相客五, で立寄った, で紙, で缶, で自分, で若松町, で街道筋, で西, で西片町十番地, で誘い, で進んだ, で鈴鹿峠, で門司駅, で香奠, で駈け出しました, とのお話, なのに, なのよ, ならいつ, ならば, のところ, のところが, のもの, の小柄, の弟, の手紙, の汽車, の義務心, の計画, はなかっ, はなかつた, は無かっ, や, やなと, やねんけど, やろ, らしくたまたま, をし

▼ 行く~ (396, 0.8%)

21 どうか 7 行かないうち 6 それは 5 え, 行かないか 4 これは, どうかは, どうかを, わからない, 左へ, 行かないかの 3 それが, である, 分らない, 分らないと, 我れ, 行かぬか, 見て

2 [21件] お前達に, さもなければ排泄, そこまでは, それも, だ, どっちかに, わからないまま, わかりません, 分りません, 否かの, 四人の, 或ひ, 方向が, 浄土を, 濁世を, 特別な, 知らん, 知れない, 行かないに, 行かぬに, 解らない

1 [265件] あおのけに, あの事, あるいはうしろ姿, あるいはここ, あるいはどこ, あるいはまた足, あるいは乞食, あるいは報告, あるいは彼, あッ貴様, いずれ農村労力, おおかたの, お前さんら, お前と, お知りなされた, お銀, かなり神経, この二つ, これが, さっきから, さもなきゃ, さもなければ一人っきり, さもなければ青森, した, しれません, する, するそう, するに, するの, するや, する人, そうでない, そちが, そのわけ, その別れ目, その変り, その建築方式, その径路, その行先, その観, それでなけれ, それで文句, それともその, それともほか, それとも万一障子, それとも亦, それとも此処, それとも此方, それとも死者, それとも自然主義後派, それを, たつて, ちょっと分らなくなった, ついぞ話した, てんで判らぬ, です甲州, でなかったら後腹, でなけりゃ直ぐ, どうかと, どうかという, どうか分らない, どうか判りません, どうだ, どうなる, どこか, どこで, どちらかの, どちらでも, どっちでも, どつち, どんな文化, なかなか決定, はい参ります, ふと迷った, または今, または少し, または開墾事業, または隣, または高野領, まだ決めてない, まだ見, まるでわからなくなっ, もう, もしくは手錠, もちろん知らない, よし, よっぽど睡とう, わかったもの, わかって, わからずに, わからないから, わからないが, わからないけれども, わからないという, わからないよう, わからない不思議, わからぬと, わからぬという, わからぬとの, わからぬ人形, わからぬ勢, わたしは, われわれの, イ, サ, シービンに, ッ, ハイ方角が, バツクすべき, 一つや, 一口には, 上の, 上田へ, 乞食が, 二つの, 亡くなった妻, 交際え, 人力で, 伊織を, 何う, 俺が, 僕が, 僕に, 僕を, 光の, 全身に, 八, 分らず所々, 分らないうち, 分らないの, 分らないもの, 分らない流れ, 分らない然し, 分らない金, 分らなかった, 分らぬ, 分らぬと, 分らぬ程, 分りませんから, 分散主義で, 判らないとの, 判らないよう, 判らなかったの, 判らなかつたの, 判らぬが, 別家する, 厭か, 厭だ, 又どんなに, 又はそう, 又は両方, 又は今, 又行かね, 双葉じゃ, 右へ, 嘘を, 困ったもん, 地獄へ, 地理的に, 外へ, 多少の, 大分心細く, 嫉妬によ, 孰でも, 家庭に, 寺沢氏の, 小買い物, 少しも, 少し気長, 少し氣長, 岩殿山方面に, 左に, 心配で, 思想觀念の, 息を, 想像出来なかつた, 我らの, 或いは陸, 打ち込まれるか, 斬られに, 春が, 最も困った, 根ざしさえ, 植幸の, 機械化電化の, 正直に, 此等の, 死んぢ, 河岸まで, 注意し, 滝川よ, 瀧川よ, 烟, 然ら, 現実を, 理科に, 発火の, 白き鵞鳥, 皆覚え, 知つてる, 知らなかつた, 知らねえが, 知らんけれども, 知れたもの, 知れないもの, 知れない家, 知れない棚, 知れない自分, 知れぬが, 知れねえハハハ, 知れねえ男, 知れません, 私たちは, 私は, 秩父の, 空想し, 立ち消えに, 第三, 考へるん, 肚ででも, 背に, 腕の, 自分が, 自分の, 藤四郎ほどの, 行かないかって, 行かないかで, 行かないかというくらいの, 行かないかに, 行かないかについて, 行かないところ, 行かない右手, 行かぬうち, 行かぬかで, 行かぬかを, 行かんか, 行くまいかと, 行く先を, 行けないか, 行け行け, 行軍の, 西へ, 見きわめが, 見たかったから, 見たくって, 見とどけて, 見届けて, 見届けるの, 見張って, 見当が, 見当も, 見當, 解らなかった, 解りませんが, 誰が, 調べて, 諸君は, 買物に, 逢坂山を, 長崎平戸あたりの, 陸地を, 雨降ってる, 雲の, 非常な, 餓えるかという

▼ 行くやう~ (386, 0.8%)

29 になつ 13 な氣 12 なもの 10 だ, な気 9 であつ 8 に見えた 7 な気持, に 6 である, に思はれた 5 な, なこと, にし, にな, に見える 4 です, な感じ, になり, に語 3 な事, な自分, な身, になる, に心, に思はれ, に思はれました, に思はれる

2 [21件] だと, で, でした, なところ, なの, なものぢ, な女, な心持, な時, な様子, な氣持, な顏, にする, にと云, になりました, に何, に其の, に思, に思へた, に感ぜられる, やな

1 [162件] すだ, だから, だが, だった, だつた, だなあ, だツ, であります, でしたよ, ですから, ですが, でどうにも, で宇津, で私, で自然, で足掻きながら, で進むに, なあの, なうしろす, なうと, なその, なまた, なものつて云ふん, な不快, な人, な伜, な位置, な作, な信頼感, な傘, な傾, な傾向, な冷めたい風, な劇, な危惧, な危険, な喜悦, な嗄れ声, な境地, な奇しくも, な女性的, な妙, な寂し, な寂しい, な心もとな, な心配, な思ひに, な情ない, な意気込み, な態度, な或はただ, な振り, な文化, な暗い, な有様, な樂, な気分, な氣持ち, な氣組, な水, な淋し, な無, な物, な生, な生涯, な男らしく, な痛まし, な私, な科学者, な花, な苛, な苦しみ, な苦痛, な話, な誘惑, な變異, な軟かい, な運動, な間拔, な音色, な風格, な鼻息, にあたり, にいづれ, にさ, にしか感じなかつた, にした, にしたい, にしたら, にしなけれ, にすべて, にすり, にするだ, にすれ, にそろり, にたつた, につい, にとすゝめ, にとのこと, にとろとろ, にと今朝, にと手渡します, にと言, にと諭し, になっ, になった, にね, には御返事, にひとつ, にも見える, にゆ, にガラツ八, に一人一人跡先, に二年, に云, に人, に企らん, に全身, に吐息, に咲い, に圭子, に大, に奧, に寝付いた, に少し, に思はれます, に思ひました, に思へる, に思想, に感じた, に感じられた, に成つて, に成りました, に成る, に手みやげ, に書い, に有るべき, に村, に東, に次第に, に熟睡, に父, に王様, に生活, に生育, に眠い, に私, に竹丸, に緻密, に聞えた, に芝居, に西日, に要求, に見え, に見せかけ, に解け, に言, に話, に誰, に躄りはじめた, に這入, に頼まれた

▼ 行く~ (355, 0.7%)

27 になった 24 はない 12 がしなかった 11 にはなれない 10 がしない 98 にはなれなかった 6 かい, なの, になっ, になつ 5 でいた, でいる, にならない, になり, になれなかった, はしない, はしなかった 4 かえ, がある, がし, がした, だ, なん, になれず, になれない, はなかっ 3 がしなかつた, がない, だろう, になつて, になる, にもなれなかった, はしなかつた, もしなかった

2 [13件] がしなくなった, がなく, が起こらない, である, でいます, でゐる, になつたの, にはなれなくなっ, にはなれぬ, はい, はねえ, は無い, 遣は

1 [109件] かとたずねられた, かな, かなぞと問わっし, かへああ, か一歩一歩, があります, があるなら, がしなく, がしません, がする, が気, が無い, が起らなかった, しない, じゃあるまい, だつたが, だね, だよ, だらうとは, だらう押, だ和尚, で, であったが, であるなら仕度, でいたんだ, でいらつ, でいるらしい, でおいで, でおります, でご, でしょう, ですか, でも, でゐた, で乗っ, で午後三時, で引き受ける事, で気, で船, と見える, など私, なのよ, ならおれ, ならなるべく, ならわざ, ならわざわざ, ならわたし, なら取りに, なら行っても, なら誰, なんか, なんだい, にどうして, にならず, にならなかった, にならぬ, にならん, になりました, になります, になりよった, になるだろう, になるまい, になれ, になれた, になれませんでした, にはどうしても, にはなおさら, にはならない, にはなれず, にはなれなかつた, にはなれねえ, にはなれませんでした, にはもう, には決して, にもならなかった, にもなりませんでした, にもなれず, にもなれない, にもなれなくなっ, に成らない, のした, のない, の進まなく見える, はありません, はある, はござりませぬか, はさらさら, はせぬであらう, はどうしても, はないです, はなかつた, は出ないや, は少し, は絶対, は起こらなかった, もいたしませぬ, もしない, もしなかつた, もすれ, もせず, もない, もなくなっ, も出ない, も無くなり, やったの, を折られ, を起こさせた, を起し, んなったら

▼ 行くから~ (347, 0.7%)

13 である 7 待って 6 であった 5 一緒に 4 お前は, そう思え 3 その時, だ, です

2 [23件] あとは, あなたそこに, あなたも, お前も, お父さんに, この手紙, そこで, その間に, それまで, であります, であろう, わけは, アパートを, 今日は, 健蔵は, 僕も, 又次郎に, 待つて, 忠一だけは, 戸を, 用心しな野郎ばかりの, 見て, 辰夫の

1 [253件] あすこにでも, あとから, あとより, あなたは, あの辺, あんまりい, い, いいが, いいさ, いいの, いいよ, いいわ, いかにも不自由, いずれその, いったいアネサどこ, いったい何, いつしよ, いま言った, おそらくあらゆる, おのずと同勢, おまえたちは, おまえは, おめ, お前あとから, お前さん, お前たちは, お前喋っ, お前手ぶらで, お正月には, お茶でも, お袖, お通さん, かないやせん, かならず仕終せる, かなわねえお前たち, かまわん, こうして復, こっちは, この寒い, この農村労力, こんな所, さきへ, しまいには, じゃ, すぐペスト菌, すぐ後ろ, すぐ支度, そうしたら, そう心得る, そう思い, そう思っ, そう思わっ, そこで蜂の巣発見, そこで話せ, そのつもり, その手数, その通り, その間ヲヂちやんと, それでいい, それまでは, だよ, ちょっと待っ, ちょっと見る, ちよつと, ついて, ついて行くこと, つて, であると, でしょう, でも, で西丸書院番, とこういっ, とどなる, とにかく先, ともかくも, なの, なら一人, なるべくじっと坐っ, のせろと, まあ少し待つ, またいずれ, まだ離れなく, もう少し待っ, もしあったら届け, もし今後, よろしく, ギャア, ビクビクもの, ブルジョア生産の, ホホホ大きな, リオン停車場へ, 一しょに, 一つの, 一つ仲間に, 一処に, 一寸待つ, 一所に, 一杯飲ん, 一緒にネ, 七十万で, 七時頃図書館に, 上野駅で, 不思議な, 与八も, 之を, 乗れと, 亀何とかいふ, 予想より, 二十三年前の, 五時半に, 今夜にも, 今夜は, 仕方がねえ, 仙公は, 以前は, 仰し, 仰しゃい, 何か, 何でもこれ, 何処までが, 余も, 兵馬は, 其処に, 其所へ, 其積りで, 出た語, 別に厄介, 半分私が, 原稿料を, 又いづれ, 叔母さんも, 同行し, 同行を, 君は, 君達も, 命から, 喘息なんかの, 変じァ, 変事は, 外で, 外出しない, 外出中は, 大丈夫だ, 大概口上を, 大河の, 女子供等は, 好いそして, 嬢次の, 子お前の, 孝助は, 安心し, 安永五段は, 宜しく頼む, 実際生活, 客間へ, 家に, 家へ, 宿屋で, 寄って, 密と, 寝るの, 小判の, 峠の, 島を, 左膳と, 帯も, 弁当を, 当てに, 往々拾, 待っとってね, 待て, 後を, 従いて, 御安心あれ, 心細い事, 必要が, 怠けて, 悪いの, 愉快で, 或る, 手紙の, 捕まへて, 支度を, 放つとけねえん, 旅費にと, 旅費を, 日取りを, 早くおいで, 是が, 最後には, 枡を, 柳原町の, 案内し, 案内を, 機の, 止せ, 此處は, 歸り, 民業として, 気を, 汝は, 沢山, 泊めて, 渡して, 無闇に, 然う, 熊さんとは, 用が, 用事が, 用意たのむ, 田代さんの, 田舎の, 當てに, 皆な, 直ぐに, 睨みつづけて, 知らず知らず時, 石鹸や, 私は, 私も, 立会って, 紹介せよ, 結局三十日ぐらい, 結局日劇の, 背後から, 自然産別に, 荷物が, 術者は, 裏口の, 観念しろ, 覺悟し, 訳は, 詳しゅう聞い, 誰しも, 誰にも, 變ぢや, 貴方も, 貴様たちは, 迎へに, 返して, 途中まで, 運転手に, 道だ, 遠慮を, 部屋を, 酒を, 金を, 青森まで, 面白いもの, 頼むという, 頼むよ, 駕を, 高部も

▼ 行くには~ (308, 0.6%)

4 及ばない 3 どうした, 行ったが

2 [18件] この谷, この道, どう行け, どう行ったら, どの汽車, まだ中, 二つの, 全く情愛, 国府津で, 恐竜の, 相当の, 船より, 行くが, 行くがな, 行ったの, 金が, 門を, 電車が

1 [262件] あたら惜しい, あたるまいとも, あの吉原, あまりに弱い, あまりに戸外, あまりに聖, あまり遅かっ, いい, いやが, いやでも, いろいろの, およびませんぞ, かならず徐州, かならず通らね, きっと三段, きつい梯子段, こういう両様, ここから, ここを, この峠, この橋, この欄, これから一里, これが, これほどの, さう, しかし, ぜひこの, そこを, その町, それを, た, たしかあの, ただ歩い, だいぶ苦心惨憺, だいぶ高い, だね, ちょうどいい, ちょうど自分, どういう風, どうしてもここ, どうしてもこの, どうしても三千両, どうしても山, どうしても彼, どうしても此處, どうしても猟犬, どうしても現在, どちらから, どちらからも, どっちです, どっちへ, どつち, どんな人間, どんな見当, なにも, なほ更らかねが, ふさわしい店, まずそこ, まだ種々, めずらしかった, もうその, もう時間, もう遅い, もっと思いきり派手, やはり鳥喰, よく敵, よほど警戒, グルグルと, パリーを, プリンス・ジェロム湾の, ボコニャアニョまで, ボートで, 一々踏台, 一刻も, 一層巧妙, 一度三階, 一旦前橋, 一時頃家を, 一苦勞である, 一週間も, 丁度頃合, 万事闇で, 三枚重ねの, 不思議な, 中ノ谷で, 乗合自動車しか, 二十四五町あつ, 二十里か, 二手の, 京都の, 人の, 人は, 人喰い, 人夫が, 人混みを, 今でも, 今の, 今までよりも, 何うし, 何の, 余りにいそがしすぎ, 余程の, 余程朝, 來て, 便利だった, 俺のみ, 元手が, 充分食物, 先ず差支えあるまい, 先づ恋愛と, 入用の, 全忍耐力, 八九里ある, 八通りの, 分れた階段, 前の, 前途はるかなりだ, 効き目は, 半分道ほど, 半日以上も, 南の, 及ばないと, 及ばないといふ, 及ばぬ, 及ばねえ, 及ばんから, 及ばんで羽織, 及びません, 及ぶまいゆっくり, 叔母にも, 可なり強行, 因果の, 土産でも, 土産を, 地上に, 垣と, 堤防を, 夜を, 大分広い, 大変だ, 大家に, 大廻りに, 大抵は, 奈良や, 女中や, 如何し, 定跡が, 対手に, 小さな青々, 小僧では, 少しも, 少し強, 少し身装, 屈強な, 屏風山下の, 岩を, 川が, 差支えないと, 廊下からの, 彼は, 心の, 必しも, 必ず以上二個, 必ず西向き, 必ず許可, 必ず通らね, 忍びない, 忍びぬけれども, 惜しいし, 惡い, 愛宕山の, 所謂北馬で, 持って, 散々骨を, 日枝明神の, 旦那様よりも, 是非共上らなけれ, 是非必要だ, 時代の, 最も好ましく, 月に, 朝八時と, 未だ時間, 村の, 来て, 東へ, 松明も, 松林を, 林を, 棚の, 橇か, 此処から, 此方へ, 此處から, 此處を, 水も, 水車用水池の, 池袋駅から, 沢山ある, 油が, 深い沢, 深く現実, 無名の, 熔岩原を, 父の, 猪牙船に, 甲武線の, 町の, 瘤の, 白水を, 目の, 相当な, 相当金が, 省線の, 私たちの, 私の, 私は, 私達は, 科学が, 穴間といふ, 第一医者, 籠川入りを, 精, 約十分, 舟と, 船も, 花の, 花売り, 花巻の, 若し行ける, 茶屋と, 草履では, 行きますが, 行きますがね, 行った, 要らないが, 要用な, 言葉に, 言葉を, 診療券汽車電車乗合自動車に, 谷を, 赤坂見附の, 車を, 車水を, 辻を, 近かった, 途中一晩泊っ, 通らないね, 連鎖反応が, 道が, 郊外の, 都合の, 鈴木教員の, 錠口が, 長い内廊下, 闇の, 非常な, 非常に, 食物が, 餘程遠慮を, 高い崖

▼ 行く途中~ (270, 0.6%)

11 なの 6 にある 4 であった 3 だった, で, でその, で私, なので

2 [12件] から正確, だ, だが, だと, ですが, で彼, で急, で馬, と見える, の海岸, の街道, の鈴木

1 [210件] ああし, あえなく盗賊ども, おとわ, お千代, お浜, から姿, から引返し, から逃げ出した, きっと尿, この馬車, この馬鹿野郎発狂漢め, こんな塔, ごく秘密, さんざん駄々, しなびかかった悪い, じゃったね, じゃったん, その日, その男, たまりかねて, だそう, だぞよ, だったと, だつた, だつたけな, だんだん音, ちょうどあなた, ちょうど部落, でああ, であったの, であったらしく思われた, であつ, であの, である, であるらしかった, であんな, であんまり, でお, でおりおりかがん, でご, でございました, でした, でしょう, です, ですか, ですから, でそこ, でちょっと, ででもあ, ででもあった, ではあった, では商品, でふと, でまた, でもたしか, でも彼等, でも手足, でも薫, でエワタヤマ, でガラツ八, で一つ, で一行, で主要, で二三日パリイ, で二匹, で僕, で凍え死ん, で別, で塩, で変, で変装, で夕刊, で客死, で寺院, で小, で岸本, で巡査, で帽, で待ち伏せ, で想像, で懐中, で折々, で掏児, で早く, で星田, で木, で木戸さん, で染, で正木, で武士風, で死んだ, で毎日, で沖合, で源氏, で熊, で田村ゆり子, で白, で目かづら, で知合い, で緑山寺, で聞きとった, で自然, で芋, で荷馬車, で行き, で見た, で起る, で車, で逃げちゃった, で道ばた, とあ, とみえる, と見, などではとうとう, なにかの, なんで, にあった, にあります, にその頃, にて丸く, にはぜひ, にはウソみたい, には暗い, には柵, には白水谷, にまた, にも同様, にも彼, にコスモス, に上ノ原, に吹割, に在った, に塩原太助, に大きな, に大野木, に寄っ, に市, に待っ, に時々, に洗濯屋, に清冽, に漸く, に犬切峠, に相違, に芋屋, に起つた, に追貝, に違い, に鹽原太助, のく, のこと, のごたごた, のところ, のもの, のよう, のボストン, の事, の各, の坂路, の峠道, の左側, の左手, の往来, の手術室, の新道, の春景色, の暖簾, の曲り角, の汽車, の町角, の畠, の経路, の蘆原, の路, の道, の鋸屑, の長い長い, の風光, の鮮人, はまつたく, ひょいと二人, ふっと指輪, ふとこの, ふと林檎, まちがって, もう一ぺんそこ, もう早, も例, も多分, も捨て, も袖, よ, らしい, をたくみ, をストレーカ, を利用, を要し, を運, 丁度もと, 会った, 古びた低い, 大きな瀕死, 大行司小行司, 泣く児, 然し源吉, 誠に下らぬ, 逢う女中, 長さ三フィート, 頻りにこの, 黄いろくなりかけた

▼ 行く~ (237, 0.5%)

9 もない 5 がある, なの 4 がない, のない, はない, まで行っ, もなかっ, を知らず 3 があります, がなく, である, へはどこ, へ行く, まで

2 [16件] がありません, がねえ, にある, に具体的論理, の個人, の話ぢ, はあるまい, はいわゆる, へ, へ行かなけれ, へ行っ, へ降り, まで行かなけれ, まで行きつかなけれ, を江戸川, を知らない

1 [144件] かい, があるだろう, がございましょう, がだんだん, がどんな, がなかっ, がなかつた, がなくなった, がなし, が同じ, が注目, が無い, が無けれ, さえない, じゃった, ぞ, だが, だそう, だった, だつたら今の, だと, だもの, であつ, であらう, であると, でいささか, です, ではありまへん, ではない, ではなから, でもない, でも生れ故郷, で上下, で何, で勝った, で子供, で犬, で私, で鼓, といえ, として可, と美禰子, ないわ, なくなったのよ, なぞ箔屋町, などはしばらく, なので, なら野, なん, なんで, にあなた, にしか行かぬ, にその, になつ, にはいつ, にはいつも, には妖気, には必ず, に一方, に味方, に地藏尊, に天地, に客観的知識, に我々, に捕手, に本, に氏, に犯罪, に現実, に生活, に用, に相違, に真, に素朴乍ら, に讀者, のよう, の人, の力, の思惟, の故, の民家屯倉, の白熱, の足元, の道行き, はありません, はござらぬ, はどこ, はなし, はみな, はボストン, は中, は六条, は定, は流石, は遠い, へいつ, へついて行きます, へはどんな, へも行かれまい, へ付い, へ自分, までいがみあわなけれ, までいったら, までに恐ろしい, までやっ, まで持っ, まで行かずし, まで行きましょう, まで行く, まで行こう, もあった, もあります, もありません, もなく, もなくなってる, もなけれ, も多い, も想像, も有ろう, も無く, よりずつと南, よりもずっと, らしいの, をお座敷, をきめ, をその, をとも思, を何処, を出勤, を失う, を左, を書い, を確か, を行けり, を見せつけ, を見た, を見つけられたく無い, を見ました, を見る, を面白く, を預, 必ず随所, 無いじゃ, 行く所

▼ 行く~ (231, 0.5%)

19 もある 11 がある 7 があった 6 もあり 5 もあった, もあつ 4 は一人 3 もあります, もなかっ

2 [13件] か, があっ, がない, がなかっ, が多く, のこと, のよう, は, はなかっ, は無い, は誰, もあれ, を

1 [142件] あり, あり共に, があり, があります, がありません, がありゃ, がきまって, がございました, がございます, がその, がたくさん, がたずねた, がなかつたら, が云った, が今後, が何で, が北, が多い, が夜泣蕎麥, が天, が少なく, が悪者, が断, が泊る, が滔々, が無かっ, が美作, が黒山, ござりませぬ, さえある, じゃが帰っ, その時神, だ, であった, であの, である, であるか, であるといふ, とがあるだろう, として投票, とすぐ, とは事情, と思うた, と掠奪, と水, と見, と降りる, なく鶏, なぞなかっ, などもあった, なり, なれば, にしろ, について自由, にとっては途上, にも多少, に挨拶, に比し, のあと, の与える, の仲間, の何倍, の修業苦, の姿, の微か, の思ひ, の数, の気づかず, の気配, の注意, の活動, の破壊力, の群, の耻, の膝, の苦痛, の足取り, はあるまい, はここ, はじゅうぶん, はそれ, はだいぶ, はない, はなく, はねえ, はケチ, はハワイ, は九十九里, は凡て, は前日, は只一人自分, は右方, は唐, は常に, は彼, は彼ら, は彼自身, は心王蔵識, は押しのけ, は東, は東風, は涙, は無かっ, は狂人, は男, は皆, は紅葉, は組み, は芸術家, は西風, は見かける, は路邊, ばっかりだ, もありました, もありません, もなくなり, もグレーヴ, も出来た, も多かっ, も少なく, も居た, も彼, も有, も沢山, も自ずと, も行く, も討っ, も近づく, も雨風, よ, よりも後, よ渇, をじれつたく思ふ, を傭, を慰める, を營氣, を見送つた, を許し, を重苦しく, 帰る者, 待て, 或は温泉

▼ 行く~ (210, 0.4%)

11 がいい 3 がこの, がよい, がよかろ, なき歎, の雑貨店

2 [22件] がほん, がほんとう, がまだ, がよく, がよろしい, が世間, が好い, が早い, が案外, が自然, が良い, が都合, だと, へつい, へ一緒, へ後, へ歩い, へ附い, へ随, も躑躅, をながめました, を見

1 [140件] が, がい, がさらに, がずっと, がその, がどの, がどんなに, がなまじ, がはるか, がびしょびしょ, がぼく, がまし, がまだしも, がまつたく, がやっぱし, がよっぽど, がわからなくなりました, がトク, が二人, が仕事, が余情, が具体的, が分りません, が利巧, が可, が大分便利, が存外, が安全, が安心, が安気, が宜, が山, が急務, が悲痛, が文献, が死ぬ, が気, が気安かっ, が物事, が用心, が知れない, が知れなくなり, が確か, が穏当, が結句, が絵, が総て, が良く, が賢い, が身体, が速い, が面白かっ, ぞなき, だ, だったね, だつたん, だとばかり, であらう, で大抵, で真面目, というもの, と行かない, などは今, なの, に, にはいない, に向け, に天目山, に就く, に従い, に心, に我, に放心, に歩めり, に淡紅き, に続く, に進化, のずつと前, のやり方, の側, の傾向, の原因, の生徒, の空, の雜貨店, はさしずめ, はやいこん夜縁日, は宵闇, へうつろ, へだまっ, へついて行け, へと影, へと従つて, へと無我夢中, へと行く, へやって来た, へ一目さん, へ向い, へ寄っ, へ来い, へ歩ん, へ歩行, へ行きます, へ行く, へ行っ, へ跟, へ進め, へ隨, もまるで, も最後, も無し, も知らなく, も知らね, も見えずし, も見せず, やいづく, や嶋一つ, をつき止める, を主張, を便利, を向い, を思ひ, を手探り, を指さし, を探っ, を知らず, を知らん, を私, を見つめ, を見上げる, を見守った, を見護った, を顔, 動く方, 尋ねよ, 居る方, 知らず泣くも, 知らぬ秋, 行く方, 見れば

▼ 行くため~ (203, 0.4%)

43 にはどうしても, に階段

2 [12件] でした, にその, には, にはこの, にはその, にはどう, には路地, に何, に可, に必要, に金, の許し

1 [169件] かわからん, きっと遲, だ, だとの, だもの, である, であるから, であると, でそれ, ならどんな, にあつ, にあの, にあるいは, にいちばん適当, にきく, にこそ意味, にこの, にさらぬだに, にそこ, にた, にだけ努力, についに, にです, にとぼとぼと, にどうしても, になら, にはあまりに, にはいっしょ, にはいろいろ, にはかなり, にはかの, にはここ, にはすべて, にはそれ位, にはどういう, にはどんなに, にはまず, にはまずできるだけ, にはまた, にはもともと, にはジャーナリズム, にはパン, には七町半, には二人, には人民一般, には人間, には今, には他, には伸子, には何, には余程, には吾, には多数, には好もう, には実に, には家, には家族, には容器, には愛, には揚々, には日本, には更に, には死, には法令, には法則, には泥棒, には犠牲, には相当, には知らね, には自分, には色々, には虫けら, には行かなかった, には貴様, には青梅電鉄, には食わね, にほか, にもそれ, にもっとも, にも幸い, にも次々, によく, にわたくし, にアンヴァリード大通り, にサロンデッキ, にソヴェト同盟, にチベット語, にポーランド, にユイ, に一歩, に三日, に下り, に人間, に仕方, に使節, に便乗, に出立, に前夜, に労賃, に叙述, に同じ, に同一, に嘘, に夜中三十二名, に存在, に実際, に害, に家, に左端, に幾分, に役所, に必然的, に打水, に技術家, に早く, に早坂新道, に昔, に未明, に来た, に柵, に母, に汽車, に生れた, に着替え, に着替える, に私, に空間知覚, に窮乏, に竹, に第, に自分, に蝋引き, に要る, に親方, に詩, に謙兄さん, に起る, に農, に迎, に通い, に進歩, に運ぶ, に運動, に野遊び, に電車, に面白く, のツテ, のビュイック, のメカニズム, の努力, の地盤, の大きな, の実際, の必然的, の時間, の水, の準備, の石炭, の経済組織, の縮刷, の色んな, の芸術界, の荷もつ, の身構え, の金, の食物, ばかりである, ばかりとも思はれない, よりも人々

▼ 行くより~ (199, 0.4%)

23 ほかに 18 他は 17 ほかは 16 仕方が, 外に 9 外は 7 外ない 6 他に 5 しかたが 4 先に, 外には 3 ほかない, 方法が 2 お前が, ほかなかっ, 仕方の, 仕様が, 仕樣, 他には

1 [56件] いっそ今, うちの, お叔父ちゃん, この方, しやう, しようがない, ずっとまし, ずっと安, その方, どのくらい, ない, なかった, はい, ひどいや, ほかありません, ほかあるまい, ほかしかたが, ほかどうにも, ほかには, ほかはねえ, ほか仕方が, ほか仕方ないであろう, ほか襷を, ほか資本の, まだ頓狂, よくてよ, よっぽど気楽, わしがまンま, 仕方ないだろう, 仕方なかった, 仕方は, 他為方が, 却つて気が, 坐るまで, 外あるまい, 外すべ, 外なかっ, 外仕方が, 外無い, 夜の, 寝て, 心理的に, 手は, 東京の, 東京日本橋仲通りを, 江戸の, 為様が, 直ぐそこ, 確な, 致方も, 術は, 逃げる方, 遥かに, 遥に, 金を, 難儀らしい

▼ 行くとき~ (193, 0.4%)

4 は, はその小さな 3 であった, また点く

2 [11件] になに, にはどんな, には紙きれ, には連れ, のやう, のよう, の服装, は壁, も矢代, も酒, 持って

1 [157件] あらゆる武器, うづたかき落葉の, おかみさん, お京さん, お島, かの女, からすこし, から明日, か帰り, があろう, がわたし, が丁度, が迫つた, この古い, この思い, この血, こんな風, さそってね, その店, でもよく, で当時, とくにスーツ, とは違, と帰る, などのべつ, に, にあれ, にそう, にたるむ, につかふ, にはあっさり, にはいつ, にはお, にはきっと, にはただ, にはジエィン, には丸く, には之, には乗手, には仰い, には喧嘩支度, には坦々, には声, には彼女, には桂子, には椎茸, には死, には氣, には私, には若旦那さま, にばあや, にも十二人, にも宅, にも必ず, にも身輕, にわたし, にチラッ, にマチア, にリーズ, に一匹, に事務長, に二十二三, に二本挟す, に今, に何, に変, に多賀ちゃん, に彼女, に從者, に感ずるであらう, に手, に持っ, に最初, に検事, に気づかれない, に用, に確かめた, に私, に結局不知, に胸, に脅かされる, に裏, に誰, に逃ぐる音, に通った, に金剛石, ねんごろ, のあの, のお, のこと, のこの, のほか, のまま, のみじめさ, のもの, の一挙手一投足, の一擧手一投足, の一雑兵, の元気, の口上, の同学読者, の喜び, の圧倒, の声, の川田, の彼女, の得意さ, の晴れ着, の気持, の痛み, の私, の笹村, の長い, はきわめてゆっくり, はこれ, はさあ, はそれで, はちよ, はどこ, はほんとう, はまず, はもっ, は一つ, は何, は午後, は大概前, は必ず, は懐手, は懷ろ手, は旦那, は書生, は来, は灯, は猛烈, は親子, は雲, は電話, また點, も, も実際, も帰る, も心痛むほどのこととてはなかったが, も父, も高田さん, よく出会い知っ, より日, を云う, 下り行くとき, 傭い入れた女中, 必ずこの, 必ず帰着, 持つて, 暗い烈風, 着て, 見られる, 買って, 遠く望め

▼ 行く~ (178, 0.4%)

31 不明に 12 知れずに 8 が知れない 4 が知れなかった 3 を晦ました, 不明である, 不明と, 不明の

2 [13件] がわからなかった, がわからなくなっ, がわからなくなり, が分らず, が判らない, が知れねえ, を失っ, を失った, を捜し, を見失った, を見送った, を追跡, 知れずの

1 [85件] がどうしても, がまだ, がわからなくなりました, がわからなくなる, が他, が俄, が分からない, が分らない, が忽ち, が気, が知れなくなっ, が知れなくなった, が知れぬ, しれずの, しれず親, です, については何, について考え始めた, にも早く, にも眼, に関する間違い, のわからなくなった, のわからねえ, の判らない, の知れなかった, の知れなくなった, の知れぬ, はこの, はどうして, はもうお, はやはり, は容易, は明かでない, は知れた, は知れなかった, は遂に, もだいじ, もわからなかった, もわからぬ, もわかりません, も分りませぬ, も知らず, も知らず過ぎ去った, も知れ, も知れぬ, をくらまそう, をさがし, をたどっ, をつきとめなく, をつきとめなけれ, をと右門, を不明, を失い, を尋ねあてる, を尋ねられたら, を影, を思う, を捜し求め, を捜そう, を探させた, を探し, を探しあてたら, を探しました, を探る, を暗まし, を永遠, を目, を知らず, を知ろう, を見つける, を見失っ, を見守る, を見定めよう, を見送っ, を見送る, を追っ, 不明, 不明であった, 不明という, 不明な, 不明なる, 不明について, 不明中の, 探索の, 知れず七人

▼ 行く~ (174, 0.4%)

5 に私 43 にお, にまた, にもう 2 にしばらく, にその, にちょっと, によく, に一応, に板, のお, の晩

1 [140件] からもはや, から目, から知っ, から露国, から黒かっ, が塞, だろう, でもあった, でもホテル, でよかっ, とちっとも, とほとんど, と帰っ, と毫も, と行っ, など軍治, にあの, にあわて, にいつか, におやすみ, にお前, にお礼, にお礼参り, にきめる, にくらべ, にこ, にこっそり一寸, にこの, にすでに, にする, にぜひ, にそこ, にそちら, にたった, にちよい, につまり, にどうしても, にどこ, にはああ, にはあれ, にはかなり, には彼, には御, には必ず, には毎日此村, には無かっ, には薬店, にまず, にみんな, にもう一度, にわざわざ, にわたし, にゐた, にアイオワ州立大学, にポチ, にリーズ, に一寸言, に一度, に一遍, に三百円, に不二屋, に二階, に五所川原, に京都, に今一度彼, に仕立て直し, に仕込金, に何處, に俺, に僕, に僧都, に兎, に入れた, に其處, に半蔵, に吹上浜, に夕食, に多く, に奇麗, に寺田先生, に小早川, に居た, に左, に弁当箱, に彼, に彼女, に待ち合せた, に律子, に御, に必ず, に或, に接吻, に日佛銀行, に星製藥, に村, に桃, に次, に沢, に深く, に清書, に源氏, に澤, に父母, に物, に知つて, に祖母, に祝杯, に篤と, に考へ, に見え, に読める, に近所, に途中, に金, に銀座, に閉館, に電話, に青い, に面白い, に風呂, に髪, のはなし, の人, の娘, の現実, の芳, の血祭, の遊び仲間, の顔, は粟田, は近所, へもまわっ, へ四, までは実に, までは家庭, までも養女, も後, よりも一層, よりも帰っ, を十間

▼ 行く姿~ (173, 0.4%)

11 が見えた, を見る 7 を見 6 を見た 4 が見える 3 を想像 2 が見え, が見えました, すらも見え, は全く, を, をお, を私, を見送り

1 [115件] いかにも哀れ, があざやか, がおぼろげ, がすぐ, がだんだん, がはつきり私, がふと, がやがて, がガラス越し, がボンヤリ, が今, が壁鏡, が夕顔, が小さく, が影絵, が悪夢, が映つ, が月, が柳町, が目, が眼, が瞭然, が考え出され, が見え隠れ, が見出される, が鏡, だけは朦朧, であった, であるから, と思え, と昌作, と異, と颯爽, と鬨の声, なぞ見れ, などが目, などは四六時中, なども影, には真実, にふと, にも朝夕, に向, に眼, に見惚れ, のいかに, のなに, の水際立った, の移り変り, はさすが, はすでに, はそんな, はたしかに, はヨーロッパ, は一人, は一体どんなに, は女, は小さく, は憐れ, は立派, は見, は見違える, は離縁, は餌, ばかり見え, もかいくれ, もその, もよく, も見えない, やまた, や仕事, をあたし, をちょいちょい, をちら, をなんとなく, をば慨歎, をまざまざ, をみとめ, をも半蔵, をハッキリ, を一本, を二三十間向う, を凝視, を嘆く, を往来, を御覧, を心, を思った, を思ひ浮べる, を想, を指さす, を次, を残念そう, を母親, を灯, を監督, を目撃, を真白, を眺めた, を眺める, を睨み付け, を立った, を街, を見かける, を見せ, を見せる, を見ました, を見よう, を見送っ, を見送った, を見送り乍ら, を認めた, を逸早く, を驚嘆, 坐って, 見る足とき駿馬無情

▼ 行くのに~ (171, 0.4%)

5 気が 3 氣が 2 その原料, 口惜く, 決して一枚, 耳を

1 [155件] あいつが, あたしが, あの天井, いい土産, いつも山, おいは, おいら一人どこから, おみやげが, おんなこどもを, ここを, ことさらに, これだけは, さほどの, じつと, そうして一旦, その土, その応援, その障子, それを, そんなもの, ちょうど行, どうした, どうして六頭, どうして悪い, どうして日常生活, どうもばか, どう考え, どこか, どこへ, どんなに難儀, なお山, なぜ母, ひとり主人役の, ひどい風当り, ひろ子は, ふしぎは, ふっと昔, ぼっと汗ばみます, まるで, よく井の頭公園, わざとそこ, わざと二本, わざわざ送っ, われわれは, ガラッ八, マゴつかない, 一人の, 一向に店, 一層苦しみだした, 一日だけ, 三四町, 丸の内という, 主人自慢であり, 之を, 二人かかった, 人々は, 人手を, 今日は, 他方には, 仲間は, 何だつて関, 何とも, 何にも, 何も, 何故自分, 例の, 俊ちゃん残る, 傍の, 先の, 公平である, 其処から, 出会つた, 分けても, 北極星だけは, 十五年前の, 十年越の, 卑怯で, 古い着残り, 呼吸が, 基礎に, 場所によっては, 多くいう, 女郎屋と, 山は, 岡つ, 平ならず, 幾度か, 幾時間か, 廉潔な, 廊下続きで, 引替へて, 彼は, 従って歩, 必ずしも名利, 忍びない, 忍びなかっ, 忙しいふう, 我々は, 或る, 戸籍の, 抜目の, 教授とか, 文吾の, 是非必要, 最もふさわしい, 最も適当, 未練たっぷりの, 柱の, 楽器が, 正枝, 正物の, 死ぬの, 毎日通いなれた, 気づきました, 永遠な, 汽車で, 滋賀縣までも, 濃霧の, 濡れ透る, 独ぢや, 狭い川, 狭い横町, 皆の, 目を, 眼ざめ何事やらん, 石を, 私たちは, 私は, 筑前國遠賀郡山鹿を, 米八俵と, 精一杯引張っ, 綾小路は, 老人は, 肥馬に, 自分だけ, 自分も, 華々しく楽しそう, 萱や, 藤甲の, 表からと, 裏階子を, 解体と, 誰が, 越前の, 足取りが, 踏み止まる力, 車は, 辛棒が, 逐うて, 過大な, 道に, 音も, 駕籠を, 驚くこと, 鮨という

▼ 行くばかり~ (161, 0.3%)

34 である 18 であった 1512 です 8 であつ, では 7 でした 6 だった, だつた 3 だと 2 であったが, であります, でどこ, で御座いました

1 [36件] だったの, だったので, だといふ, だなんて, ぢや, であるが, でおれ, でこれから, でしかも, でしたが, でしばらく, でしょうね, ですから, でそれ, でとても, でなくよく, でなく新聞記事, でなく相手, でなく私, でなく近所隣, でなく遽, でもう, でもはや, でやがて, で呼吸, で外, で少し, で御座います, で新しい, で私, で誰, で飛脚同然, なので, らしい, 真に物凄い, 繁昌に

▼ 行く~ (153, 0.3%)

8 がない 5 である, もない 3 がある, まで行く, を見る 2 ではない, の過程それ自身, はない, へ行きついた, まで行っ, もありき, もありません, も無い, を知らず, を知らない

1 [106件] があった, がありません, がなかっ, がなかつたら, がなくなっ, がなけれ, がよく, がドイツ, が殊に, が無い, が無く, が神楽, すなわち遊戯, だからね, だった現に, だという, であって, であるに, であろう, でした, です, でない, でねえでね, では無い, で知的, で遠く, という, としてこれ戦乱後新興, として倒れたる, として望み, と云え, と断定, なの, なん, にあつ, にかう書い, にございます, になっとる, には必ず, には返, には迷わず, によって出来る, にわが, に当, に新, に新開地, に本当に, のこの, のその, のもの, の一例, の二枚, の地盤, の定まる, の或, の技法, の海岸, の社会, の運動そのもの, は, はあの, はなかっ, はなかつた, はなし, はまるで, はよう, は今日, は別に, は大抵四檻, は屹度雨, は誰, へいらっしゃい, へはつい, へは行かれない, へは行っ, へ何処, へ流行, へ行っ, へ黙っ, まで持っ, まで行き着い, まで行き着き, まで行った, もあらぬ, もある, もあれ, もなく, もねえ, も有りません, も無し, や, を, をちらりと, を喪った, を坐禅, を多く, を背後, を討止め, を静, を鬼, 即ち遊戯, 必ず日本, 迄真心, 迄行かなけれ, 迄行つて, 飛ぶ処

▼ 行くほど~ (142, 0.3%)

2 へんに, 広くなる, 彼が, 逆に

1 [134件] いろいろと, うっかりし, お酒, かえってだんだんに, この楕円形, この焦躁, しだいしだいに, そのプロパビリテイ, その道, その鏡, その青臭い, たいへんな, たけが, たと, だが, だったが, だん, だんだんりっぱ, だんだん深い深い, つめたいの, であったが, なお多い, なら仔細, なら寧そ初め, なら死んだが, なら父ぎみ, な重大, ひどくなっ, ますます死にきれなくなっ, みどとに, もどかしさ, やはりあの, よくなっ, わるくなつた, ゾンザイに, デリケートに, 一層深い, 一種の, 丁重に, 上昇する, 人形が, 人間の, 伸子は, 低くなっ, 何となく見覚え, 僕は, 君の, 土地や, 土塀が, 堅密に, 塞がれて, 増加する, 多い, 夜分睡くならぬ, 大きくなっ, 大きくなり, 大きく拡がっ, 大きな字, 大昔の, 太くなっ, 太くひろがっ, 嫌な, 寂しさ, 寒いから, 将門の, 小さい, 小さくなっ, 少なくなる, 尖って, 山が, 巴里が, 平らな, 広くなっ, 彩色が, 彼の, 悪くなっ, 惨めに, 愉しいこと, 手が, 文化も, 新風が, 曇つてその, 森は, 次から, 次第に路, 段々細く, 母と, 水が, 河童の, 泉質も, 流れが, 海のも, 深い, 深くて, 深くなっ, 深くなる, 深し, 物淋しくなっ, 甘い偽善者, 白かった, 益々霧, 眼も, 石が, 社会に, 神秘めいた, 私にとりましては, 秋の, 空が, 空の, 縮まって, 胆が, 腹が, 膽が, 自分でも, 苦労が, 荒れが, 薄れた懐, 藍が, 藍色に, 複雑な, 規律的また, 路が, 軍勢を, 迅く, 遠くなる, 遠のくので, 酔った, 重しが, 重味を, 雨の, 面白くなります, 面白くなる, 香りは, 高くて

▼ 行くにも~ (139, 0.3%)

4 提灯を 3 帰るにも 2 及ぶまいぜ, 彼は, 戻るにも, 足駄を, 驚く

1 [122件] あたらん, あまり見苦しい, あらねど, いち, いつも一, いと静か, かかわらず唯, きっとみんな, こちと, これは, これ一本で, こんな苦労, そのお袋さん, そのす, どうしても三ツ寺, なほその, はなれたこと, ふところに, また北, また嘗て, また強い, また深い, ダンスホールへ, テクらなけれ, ベニイは, ミンナという, モルモットの, ワルツで, 一人で, 一分一秒も, 二町は, 交番が, 人よりも, 今頃は, 住まるにも, 何とかかとか, 何にも, 何もかもジョーン, 便利な, 係らず唯, 俄に, 俥に, 傍を, 刀は, 前に, 及ばないって, 及ばぬであろう, 及ぶまい, 及ぶまいじゃ, 友達を, 坂お, 坂でした, 坂を, 夫れだ, 小女が, 小諸の, 小遣が, 山を, 廻り廻っ, 当るまいて, 彼女は, 必ず一人, 必ず夫人, 忍びず又, 感覚から, 手を, 拘らず糞, 持つて, 掘割を, 携げて, 新聞記者に, 次の間へ, 歩いて, 歸る, 母から, 母の, 気の, 汚ない, 決して楽譜, 洋傘を, 浪士らは, 父親を, 番人みたいに, 皆鉄道, 相当な, 着たまま, 着流しの, 矢立てを, 石臼帰る, 祖母さん達は, 神社の, 私の, 私を, 肩を, 自動車に, 船で無, 若し其の, 蕎麥屋へ, 行かないにも, 行かれない地獄, 行かれぬこと, 行けず還るにも, 行けないという, 行けない気, 見せなけりゃならねえし, 豆腐屋へ, 賃銀五円を, 質素な, 足場が, 身体一つ動かせ, 這うよう, 通禧らには, 酒屋へ, 門先へ, 離しませんから, 頷くだけ, 顔を, 飲食や, 餘り, 首だけ, 髪結いさんへ, 髮ゆひ

▼ 行くその~ (138, 0.3%)

3 人の 2 あとから, うしろから, 中の, 岸の, 時の

1 [125件] お供を, お稽古, こと丈けでも, ために, ほかには, テンポの, ワイヤを, 一つの, 一切が, 一歩一歩が, 下り鰻, 不味加減, 両側の, 並み重った, 人は, 仕事の, 体を, 作り方の, 使者が, 俳優が, 入口を, 円の, 前を, 前途をも, 勇ましさ景気, 勢いに, 名の, 名声をば, 圧力だけは, 声, 夜の, 大仰な, 女運転手の, 姿を, 屋根と, 川縁を, 平地を, 広い肩幅, 底の, 影を, 彼の, 後ろを, 後ろ姿が, 後ろ姿を, 後姿は, 後姿を, 従順な, 心地好さ, 思いなんの, 怪活躍ぶりが, 怪獣は, 恐ろしさ, 態度で, 手は, 手腕は, 提出の, 方が, 日にな, 時まで, 朝河岸では, 果敢なさ, 椋鳥の, 楽しさ, 様子が, 横つ, 次の, 母これに, 汽車の, 沿岸に, 流れに, 消えぎえ, 淋しい運命, 混み合, 準備を, 漸進的な, 無数の, 熱中の, 生きかた, 生一本の, 生活態度によっても, 用件は, 男の, 痛快味深刻味凄惨味を, 相手といふ, 瞬間に, 確信です, 立川日野間の, 紫濃染めの, 美しさ, 羽根に, 背へ, 背中へ, 自由さ適当さこれが, 船には, 若党に, 若衆の, 落ち着き払った様子, 蟲の, 行き方を, 行く手の, 行列の, 話という, 調子は, 足もとには, 足を, 足音は, 踏みかためられた雪, 身とは, 車の, 追憶の, 途中で, 途中に, 途中熱海で, 過程の, 過程らしい, 過程を, 道草らしい, 醜体, 間断なき, 降り口, 雄姿を, 靴の, 音が, 音一つを, 騒ぎを

▼ 行く~ (138, 0.3%)

32 にお, にその, にだんだん, にも田端, に私たち

1 [125件] がどの, がなかっ, が伝七郎, が左右, が花崗石, だが, で私, と艦体一転, なく雨, にここ, にこんな, にたった, にちょうど, には今, には大きな, には大分, には実に, には小さい, には幾人, には彼, には時間, には肝心, には自然, にもう, にもそれぞれ微細, にもぱらぱら, にも四人, にも楽しい, によく, にわたくしたち, にキリスト教会堂, にザーラー, にジジ, にスクルージ, に一つ, に一方, に三人, に久し振り, に五宿, に今, に今朝, に側, に先人, に先方, に先生, に前, に割り当てられた, に取, に吾一, に土人, に大崎宇右衛門, に大洋, に小さく, に小川, に少し, に少年たち, に川, に建て, に心, に感じた, に教科書其他, に敵, に早, に明了軒, に明瞭, に殊に, に洞, に浪人者, に湯, に獨, に生まれ来る, に石津, に私, に考へた, に色々, に葉子, に越え, に鉄, に長い, に雀, に雑つて, に雪, に面, のあの, の二人, の抜さ加減, の曲り紆つた石畳, の期間, の浦, の特殊, の留守居, の美し, の高架線, はいくら, はかなり, はすばらしい, はせめて, はなかっ, は身体がく, は針葉樹主, は露店, ほんの四半, もあの, もあらせず, もそこら, もない, もなお, もやがて, も將軍, も屠所, も彼, も惜しい, も昼, も矢代, も私, も絶えず, を彼, を思はざる, を朱塗り, を縫っ, 出て, 別に何, 待っても, 消えてから, 転んだり

▼ 行くといふ~ (135, 0.3%)

12 やうな 9 ことは 5 ことが 3 留守居を 2 ことで, ことを, のが, わけの, 事を, 前の, 古風な, 意味から, 目的も

1 [88件] あんばいで, かりそめ, ことだ, ことな, ことに, ことについて, ことも, ことより, それだけでも, それは, そんなら, ちよつと, で結局一円八十銭, ところであつ, のです, のは, のも, はつきりした, ふうな分り, ものは, わけにも, 不思議な, 予想に, 事が, 事と, 事の, 事も, 人々さへも, 人が, 人で, 伝へを, 何ものも, 光と, 内野の, 処, 前一日は, 友達一家の, 名目で, 報知が, 境涯は, 多産と, 大膽, 好事家が, 宛も, 工合の, 己れ, 希望を, 弱さ, 当ても, 形は, 思想が, 恐怖なども, 悲しさ, 感じが, 慘澹たる, 戦法で, 手紙を, 教會の, 文意で, 方向に, 方法が, 方法については, 有樣, 條件づきで, 樂しみを, 機能は, 歌です, 気持は, 法は, 法はねえ, 現象を, 經驗が, 考へ方, 自然法的な, 船宿の, 荷馬車挽きで, 覺悟であるなら, 言葉が, 言葉は, 訳合の, 話は, 譯には, 趣が, 遣り方, 重さ, 風だつた, 風で, 風でした

▼ 行く先々~ (124, 0.3%)

2 の村, へ跟

1 [120件] から何, から電報, であの, でいよいよ, でうるさい, でお前, できまつ, でくちもらふ, でその, でのうわさ, での滯在, では, では何, では彼, では足利方, でもう, でピリイ, で下, で乞食同様, で二百騎, で六波羅, で友達, で取るべき, で地獄ゆき, で嬉し, で少ない, で巷, で彼奴, で待伏せ, で愚弄, で揶揄, で毎, で特別戦争, で用意, で白餅, で精いっぱい, で聞かぬ, で聞こえ, で蒐集, で衝突, で補給, で見うけられた, で見物, で話, で豪華, で迫害, で鎌倉念流, で雇う, で頼まれる, で飢え, で飲みだした, で駒ヶ岳, どの方向, においてある, にこの, にはりつけ, には八幡太郎, には必ず, には踏台, にひかえ, にぷつんと杜, にまるで, にも何, にも度々, に付い, に仲間, に伝手, に伸び, に勇敢, に契, に巣箱, に於い, に杖, に渡世, に白い, に見透し, のニムフ達, の事, の人ごみ, の人情, の人氣, の名称不明, の地, の地方, の城下, の大, の妙齢, の宴席, の家々村, の宿, の宿場, の庄屋, の掟, の整合, の敵, の敵産, の未だ, の村民, の村里, の楽屋中, の樣子, の温泉場, の王侯, の自然, の評判, の路傍, の軍民, の遠い, の野路, の風景, へ伴い, へ執念深く, へ時々, へ現れる, まだ近づかぬ, をふさいだ, を伏兵, を搜, を見つめ居る, を遮った

▼ 行く~ (116, 0.2%)

15 はない 8 がない 5 だが 4 なの 3 だ, であつ

2 [11件] だから, だったの, だつたの, である, なのに, にし, になっ, になつ, になつて, の所, はなかつた

1 [56件] がありません, が防空演習, じゃない, だった, だったが, だったって, だったと, だったのに, だった看護卒, だつたが, だつたん, だと, だという, だのに, であ, であった, であったから, であったが, であったの, であった下り, であって, であると, である一方, でこれ, ですから, ですが, ですし, ですね, でその, では, で前借, とのこと, にはなつ, の, のこの, のところ, のところ雨, のもの, のアイスクリイム, の女, の定期船, の小僧, の小学校, の日, の若い, の行李, の要素, の電車, はありやしない, はなかっ, はねえ, は御座いません, は絶対, もありません, もなく, も無

▼ 行くかと~ (115, 0.2%)

22 思うと 5 思ふと 3 いうと, 云う事, 云ふ, 思いの, 思えば, 見えた 2 いうに, 云うこと, 思う, 思うよう, 思われた, 思われるよう, 見ると, 見れば

1 [54件] いって, きいたら知らんと, きく, それを, なれば, 世を, 云うちょうど, 云うの, 云う前, 云はれる, 内心楽しみに, 問うた, 問うに, 好奇心を, 心も, 心配し, 思いの外誠吾は, 思いました, 思うばかり, 思ったら骨っぽい, 思って, 思つてちよいと, 思つてゐる, 思つて心配し, 思つて私は, 思ひの, 思ひますと, 思れる, 思われましたが, 思われます, 思われるほど, 思われるほどに, 根を, 此方より, 気を, 犬も, 疑はれ, 疑わしむ, 疑われて, 私に, 聞かれたらもちろん, 聞たら, 肩を, 見えたが, 見えた巌流, 見えて, 見えました, 見て, 言いますれば, 言ふ, 言ふこ, 訊くと, 迷って, 道を

▼ 行く~ (110, 0.2%)

7 見て 3 見たり 2 えず, 仰いで, 常と, 廢めに, 待って, 待つて, 得べし, 見る

1 [84件] うる, うる處, うる間, えん, かぎりの, さえぎる者, た, とめども, なほ逃さじ, ねがは, ねがへば, はたはたと, ば躊躇せるなり, ややあり, りや洗面に, トロイア軍は, 何事と, 何処とか, 例と, 促す, 促すも, 入来ゃいましたと呼ぶ, 処三日三夜随れ行き殺し, 勸むべし, 千代ちやん, 厭が, 厭やが, 善しと, 好めとは, 妨げること, 婢は, 嫌やが, 廃めに, 後より, 得ず, 得む, 得るよう, 忘れた, 忘れぬ人, 思はしむ, 思ひ候, 悦ぶ, 悲んだ, 懐ひ, 戸の, 撫子慌しく, 時折物に, 景清見, 楽み, 正しく御する, 海底戰鬪艇今は, 猛然と追, 目あてに, 眺めたり, 眺めよ, 知らず金風そ, 知り, 知るに, 立ちならんで, 続いて, 聞くに, 聞くにつけ, 聞けども, 肯ずる者が, 肯は, 良策と, 要せん, 見ながら, 見ると, 見るなり, 見る憐れ, 見付けて, 見子細, 見守つて, 見送って, 覺え, 認めつ, 諦視し, 迎えて, 迷うは, 送りしは, 送る, 通則と, 體驗する

▼ 行くわけ~ (108, 0.2%)

5 では, にもいかず, にも行かない 4 がない, であるが, ですが, にも行かず 3 だが, にはいきません, にはゆかない, にも行くまい, はない

2 [13件] だ, だから, である, なの, なん, にいかない, には行かない, には行かなかつた, にもゆかず, にもゆかない, にもゆかなかった, に行きません, もない

1 [36件] か, がありません, がなかっ, がわかる, さ, じゃない, じゃなし, じゃねえ, だった, だな, で, でありますが, でお, でこの, です, でなし, にいきやしません, には, にはまいりますまい, にはゆかん, には往かぬ, には行くまい, にもいかない, にも參, にも行かないだろう, にも行きません, にも行く, にゃいかん, にゆかぬ, に行かない, に行かないです, に行かなくなった, に行かねえ, ねえがら, はあるまい, はねえ

▼ 行くとも~ (106, 0.2%)

10 なしに 7 行かないとも 5 行かぬとも 2 皈る, 見当が

1 [80件] いいました, いたせ, いったり, いって, いつ帰る, おっしゃらなかったですね, きまらずに, すぐ用, すぐ行く, どうとも, ない小径, なく其方, なく墓地, なく彳, なく源氏, なく立寄っ, なく藪, なく話し, なく進む, なし二足三足歩み, なんとも聞きませんでした, なんの, まだこの, わかぬ白雲, わからないその, ハンメルスフェーヘンへ, 一度振り返, 三十里余りを, 九時までに, 云いに, 云は, 云ひやしない, 云わなかったか, 何う, 何とも, 何とも言, 何日でも, 先生を, 再びも, 分らなかった, 分らなかつた, 判って, 勝手に, 君は, 君知ら, 告げずに, 小さい子, 心より, 我は, 故郷へ, 断らずに, 断わって, 毎日毎日絵に, 民の, 沖縄ほど, 消ゆる, 測り知られなかった, 知らさず家, 知らずいづくから, 知らずと, 知らず歩き出した, 知れない燕, 知れぬ路, 行かんとも, 言えまい, 言った, 言って, 言は, 言はずに, 言わずに, 言わずまた, 言わず出て, 言わず着のみ着のまま, 言わないで, 言わないに, 言わなかったの, 言われなかった, 言わんと, 追窮も, 鈴鹿川八十瀬の

▼ 行く~ (104, 0.2%)

6 である 5 な気 4 になつ 3 に思われる

2 [11件] がある, な事, な妙, な気持, に思われた, に感じた, に見えた, に見えました, に見える, を見, を見る

1 [64件] が歴然と, が能, が鮮やか, せめては, だ, だった, だつた, であつ, と見る, なせめ折檻, なもの, な仕掛, な夢, な大船, な心持, な忽ち, な思い出, な意気込み, な所, な物凄い, な男, な盛装, な絶え間, な雨だれ, にうっ, にお, にきまっ, にきめる, にでもなれ, にと夕, にな, になさつ, になった, になる, になれ, にはゆかない, にも見えた, に仕込, に動い, に勢, に勧めた, に勧める, に吸, に御, に思う, に思えた, に思っ, に思はれた, に成る, に書い, に木, に波打っ, に真人間, に神前, に言い立てね, はこの, は中, は明らか, は村人, は檻, は理窟, も湯壺, を案外, んなったら

▼ 行く~ (102, 0.2%)

4 今の 3 庄の, 銀の 2 半の, 吉三畳ばかりの, 増の, 姿見ました, 島の, 房は, 文を, 菊の, 銀様の

1 [74件] いよさんの, かん自身でさえ, きえさんの, それよりは, たがい, つかあ, 三輪の, 久美の, 久美へ, 久美も, 人か, 侍の, 信, 光の, 八代さんを, 別れを, 勢の, 医者さんにも, 半を, 友達でも, 品の, 品は, 大師様の, 天気が, 孃さんも, 安がたどたどしく, 富を, 小夜の, 庄に, 弁当を, 志保の, 春の, 杉さんも, 杉には, 杉を, 杉隠居の, 武家さんが, 浜が, 浜の, 浦も, 澪さんは, 濱の, 瀧の, 留守, 神さんなどが, 神樂の, 種は, 米主人庄司甚右衛門は, 糸を, 約束した, 約束で, 約束に, 紋といふ, 綱と, 艶の, 艶婆の, 若い人たち, 葉の, 角の, 角は, 誓が, 豊の, 軽さん, 銀に, 銀様それに, 関の, 關の, 靜の, 靜手には, 馬を, 駒の, 駕が, 鶴と, 龍の

▼ 行く~ (102, 0.2%)

3 の入口 2 お地蔵様, が左, である, で雲雀, の上, は, を教え, を進ん

1 [83件] があっ, がある, がまだ, がわからない, がわからなかった, が好き, が容易, が文字通りくつ, が私, じゃ, だった, てらせ死出, であって, であつ, でコレラ, で一夜, で悦子, で頻りに, とが貫い, とせ, との分れ目, と二つ, と離れ, などでも澤山, などで何, なら何, なん, なんぞない, にあたる, には人一人, には夏草, には新しい, には白い, に在る, に就い, に横, に詳しい, の, のこと, のちょうど, のなどしも遠き, の一カ所, の三瀬川, の傍, の右左, の方, の曲り目, の杉, の涯, の角, の角角, の風祭, はけわしく, はそれ, はどちら, はない, は一, は一つ, は単調, は常, は廻り廻り蜒つて, は明るく, は暑, は橋, は秋山川, は荊棘, は赤道, は遠く, は青麦, もそれから, もなかつた, も分り, も彼, も標野あたり, をそんな, をまつ, をみつける, を合図, を扼す, を歩む, を訊ねた, 或いは動き, 或は小学校

▼ 行くまで~ (101, 0.2%)

5 待って 3

1 [93件] あっけら, あの怒り, おむら, お庄, お待ちなさる, お父さんは, かかりっきり, こ, ざっと四半刻, ざつと四半刻, じゃ, そうし, そのこと, そのマッカネル, その顔, それを, だという, ぢつと, であった, である, ですそれで, とめて, どッこ, なるべくそっち, なんにも食べれない, まはり, やれます, ホームズは, 三吉は, 二人の, 二人は, 五六分しか, 何でも, 何とか工合, 使つてろつて言ふ, 使用され, 倭姫皇女が, 出て, 勘弁しねえ, 千代子を, 半道もの, 厳重に, 右手の, 國木田君は, 夫から, 妾宅で, 安全燈の, 床に, 弁解した, 引きとめて, 当障り, 彫らされる, 待たなければ, 待つやう, 手を, 指を, 放したくない馬子, 朗々と, 朝野は, 来て, 東京から, 此處に, 毛の, 泣いて, 洋服を, 源さんは, 瀧子は, 猫板の, 生きて, 男の子は, 眺めて, 睡って, 知らずに, 研究し, 禅寺で, 私の, 私は, 繰り返して, 續いた, 置いて, 老祖母さん, 考えて, 耳を, 聞えた, 聞えて, 背後に, 腰を, 自然に, 薄暗い廊下, 薬師様に, 配達されない, 長篠が, 黙って

▼ 行くかも~ (98, 0.2%)

12 知れない 7 しれない 6 知れないよ, 知れません 5 しれません 4 知れぬ, 知れませんが 3 知れないから, 知れないが, 知れないと 2 しれぬという, 知れないという, 知れないのよ, 知れないわ, 知れぬと, 知れん, 知れんから

1 [31件] しれないし, しれないって, しれないと, しれないなどと, しれぬ, しれぬ危さ, しれねえって, よく解らなかった, わかつて, 君に, 知らずに, 知れないけれどね, 知れないそう, 知れないぢ, 知れないといふ, 知れないやう, 知れないわね, 知れないん, 知れない後, 知れない鋭い, 知れなかったと, 知れぬという, 知れねえ, 知れねえから, 知れねえん, 知れませぬからな, 知れませぬが, 知れませんから, 知れませんがね, 知れませんね, 知れませんの

▼ 行くだけ~ (93, 0.2%)

12 である 94 だった, であった, です, では 3 なの, 行って 2 であと, であると

1 [46件] だお, だがね, だと, だとの, だん, ぢや, であったが, であるから, であるという, であろうと, でけっして, でさえ, でした, でしょう, ですの, でそう, でどこ, でない, でなく全く, でまったく, でノート, で中, で人, で先方, で夜, で急, で注文, で行ったあと, なので, ならい, ならた, ならよかろ, なら何, なら東京, なん, ムダかも, 一語も, 姉娘の, 往來の, 無駄として, 皆が, 私の, 紀念は, 羨しい, 自然の, 蜃気楼も

▼ 行く~ (92, 0.2%)

4 に段々 3 に私 2 にその, に何時しか, に先刻, に早く, に次第に

1 [75件] からこの, でこの, でもなお, で半蔵, で座敷牢, で彼女, どうやら男, にいつのまにか, にお, にしろうと, にすぐ, にそれ, にただ, には何とか, には何時しか, には生活, には真実, にひょいと, にふと, にもし, にもずっと, にも一番年上, にも思わず, にオナリ婆さん, にスラッグ・ドルガン, に一人桃, に一番奥, に二人, に伯父, に何, に余り, に俺, に其身, に分るだろう, に助動詞, に印度, に又, に古典語, に同氏自身, に君, に四十尺ブッ通し, に地方, に夜毎, に大, に如何にも, に姿, に山稜, に忽ち, に思想, に急, に怪猫, に春, に更に, に東, に毅然, に永井君, に清岡, に特に, に狷介, に現像, に目的, に硯友社, に自分, に誰, に谷, に運, に長い, の役者, へ入れたら, を嵐, を痩ツ, 一度通った, 不図一つ講演, 忽ち富士見町, 突然横

▼ 行く必要~ (90, 0.2%)

18 がある 12 はない 9 もない 4 がない 3 もなかっ 2 があった, があります, のない, は無い

1 [36件] から一人一人, があっ, があり, がありませう, があるだらう, があるだろう, があるであろう, があるでしょう, があれ, ができた, がどこ, がなかっ, がなくなっ, が何処, が有る, が生じ, が起きた, なく救い出す, なんかある, のあろう, の無い, はあります, はありません, はある, はいよいよ, はなかっ, はなかろう, は充分, は認めない, もありますまい, もなかろうで, もなくなる, もなけれ, もなし, もまた, も無い

▼ 行く~ (89, 0.2%)

6 帰るも 3 あり六つ五つ, ある, よし 2 あり働き顔, あれば, いいが, とどまるも, よかろう, よく或, 可し, 同じこと, 後ろに

1 [56件] ありそう, あり後, あり或は, あり氏神, あり領土, あると, おかし, かえるも, かかるところ, これで, その到達点, なるまい, よい, よからう, よしやめる, クソも, 一つには, 下り松の, 二三丁上れ, 他の, 何となく極り, 出來, 刺滿ち, 危うかろう, 厭なり, 可さ, 同じやう, 坂路あり, 女子が, 好かろう, 好し, 婿を, 宜けれど, 左り, 左を, 徒歩きです, 憂し行かぬ, 手を, 曲りて, 有り, 歸る, 牧野や, 稽古ごとも, 花か, 苦く後様, 落会う, 行かないも, 行かねえもねえ, 行かんも, 観念の, 詮なし, 語るも, 賊国北へ, 連れて, 隕石の, 面倒なり

▼ 行く~ (85, 0.2%)

6 がある, の姿 4 があった, もある 2 と女, のあと, の後ろ姿, は始め, は澄んだ, もあった

1 [53件] から何時, がありませう, があれ, がこれ, がこんな, が少し, が居りまし, が突然, じゃ, だ, だから, である長身, では無い, と一緒, なぞを見かけた, なの, について平生, にも子供, にも遇わず, のうしろ, のこと, のこの, のひろい, のよう, の上半身シヤツ一枚, の俥上, の児, の児特有, の女房四人, の帽子, の強, の影, の後ろ, の後姿, の心, の心持, の気もち, の生涯, の話, はいったい, は伊賀倉, は毛, は皆賭博, は考え, は裸足, は遠ざかろう, は魂, もあり, もゐる, や女, や女たち, を君自身, を見た

▼ 行く~ (83, 0.2%)

8 の姿 3 のよう, もある 2 があった, が見え, だ, に手当, のひと, の人, の後姿, を見た

1 [53件] があつ, があんな, がいた, がそんな, が皆, が通る, じゃあねえ, じゃある, だよ, だ思うさま, であった, でない, では無い, としての立場, とその, となつ, なんかありやしない, なんか撮っ, に対してあまり, に尾行, のうしろ姿, のおそろしい, のお客さん達, のこと, のさびしさ, の一団, の一生, の児, の兒, の唸り声, の四五歩あと, の境遇, の後, の心, の数, の數, の方, の癇, の紫色, の群, の背, の衣, はあるまい, はあれ, はいつも, はまた, は夕暮, は大勢, は彼, は正しく, ももう, を坂の下, を自分

▼ 行く約束~ (83, 0.2%)

13 がある 12 をした 11 をし 4 なん 3 があった, して, なので, になっ 2 がし, しました, する, だつたね, はしました

1 [21件] あれば, かい, があつ, が出来, した覚えありまへん, しとるん, だから, だったじゃ, だつた事, であった, で安里, で飛ばす, などが出来た, なの, のあと, のある, の当日, をあの, をしちゃった, をしよう, をする

▼ 行く自分~ (83, 0.2%)

9 の姿 3 を感じ 2 というもの, のこと, の心, の方, の身, をどう, を感じた

1 [57件] があわれまれ, で一々, で行く, とこの, と勇, になつかしく, のかお, のみじめさ, の人生, の体, の佗, の卑し, の娘, の家, の影, の心持, の息子, の態度, の気持, の注意, の直ぐ目, の着物, の神経作用, の肉体, の肢体, の胸, の草鞋, の血, の襦袢, の言葉, の足, の躯, の運命, はその, はどう, はやっぱり, は友人, への悔恨, をうつらうつら, をとめた, を一日々, を別に, を思い浮かべる, を思っ, を思ふ, を想像, を意識, を感じとれた, を感じる, を放浪, を発見, を知れ, を神, を私, を迎, を迎え, を駿介

▼ 行くだけの~ (82, 0.2%)

3 ことだ, 金が 2 ことである, 事を, 力が, 気力が, 隙も

1 [66件] お金は, ことで, ことであった, ことです, ことは, ことよ, ために, ものです, 世では, 事じゃ, 事だ, 事です, 事は, 仕事である, 元気も, 内助の, 凌ぎは, 力を, 功蹟も, 勇気が, 勇気は, 単純な, 反撥的勇気を, 収入が, 唯物弁証法的な, 執心が, 大胆さは, 実力を, 差だ, 常務取締役だって, 度胸も, 役目だ, 心の, 心境を, 意気が, 意氣が, 戦略です, 改良法も, 日光街道思う, 時間は, 氣力も, 決心さえ, 熱心が, 熱意の, 生活資料しか, 確信が, 社会的覚醒と, 精神の, 精神力の, 腕も, 腹を, 自由な, 興味が, 話さあ, 費用しか, 路銀と, 道順が, 遠慮が, 金でも, 金は, 金も, 鋭敏さを, 間では, 順序方法を, 骨の, 魅力を

▼ 行くはず~ (81, 0.2%)

12 はない 8 である 5 がない 4 になっ 3 だから, だったの 2 だった, だったじゃ, であったが, です, はありません, はなし

1 [34件] がありましょう, じゃなかった, だ, だが, だったと, だったのよ, だった家, だった自分, だつたの, であった, であったの, では, で九輯, なのに, のおれ, のが, のない, のもの, のりっぱ, のドルジー, の人, の御殿, の折檻, の汽船ブルー, はございません, はござりませぬこ, はないだろう, はないでしょう, はないです, はなかっ, はなかろう, はねえ, もない, もなかっ

▼ 行く~ (76, 0.2%)

4 が来る 3 の光 2 だと, でその, のま, も近づいた

1 [61件] がある, がそれから, が傾いた, が続いた, が解つて, だ, だが, だった, だ腹下し, である, でさえも, でも, で大学, で帰り, で用, といふとき, なので, なのよ, なり, なん, にはお, には寿平次, にも似る, に我, に掌, に限つて, のある, のさかり木槿, の大きい, の果, の次第, の疲れた, の途中, はお昼頃家, はない, はのかし, は今, は別れね, は勿論, は壮観, は寮門, は錫, は障子, は青ざめ, までひまさ, までを約束, までオイナリ様, も来た, も華やか, や派遣, よ野, をうち, をわくわく, を一日一日, を惜, を楽しみ, を見れ, を追, を首, 白い地面, 若座

▼ 行く~ (71, 0.1%)

74 の音 3 に数, の中 2 か, に, にわれ, に動く, に散, の面, は

1 [40件] からはすがすがしい, が描い, が気, である, で皮, となっ, と共に流れ, にことづけ, にはや, に散浮く, に数かく, に流れ, のいやまし, のごとく, のながれ, のはじめ, のはた, のはやく, の上, の声, の如く, の水泡, の流, の流れ, の清, の過ぎ, の面影, の響, はどう, はながれ, はにわかに, は手, は時々, は流れつ, みずしい外面, も谿流, や, をじっと, を眺め, を見送った

▼ 行くとか~ (68, 0.1%)

5 云って 3 いうので, 言って 2 いって, すれば, 行かないとか

1 [51件] あっしらは, あるいは今日, ある人, いや先から, いろいろの, いろんなこと, お前の, そんなふう, そんな風, どこへ, へりがけ, アサカへ, 上高地から, 中車が, 云う事, 云う記事, 云つてた, 云つて石鹸入を, 云ふ, 今日は, 仰しゃいまして, 何とか云っ, 何を, 古代の, 善を, 地獄極楽とか, 売り手買ひ, 女の, 小舎へ, 川へ, 招待された, 文学書を, 日本の, 日給を, 明治神宮の, 本郷の, 海の, 病人の, 登楼する, 着替へを, 私の, 聞く海豚, 自宅に, 蓄音器を, 行かないとかいう, 行かないとかが, 言ってたけれど, 言つて手拭だけは, 郊外に, 酒を, 銀座通りを

▼ 行くなんて~ (67, 0.1%)

5 ことは

1 [62件] あいつは, あんまりじゃ, いい加減な, いうこと, いうの, いった, いふこと, おかしいなあ, おつ, ことが, ことを, それは, それほどの, そんなこと, そんなばか, そんなばかばかしい, そんな事, そんな厳しい, そんな抜かり, とんだ色気, ほんとに馬鹿, ほんに意地悪, まことに人, もったいない, もったいない話, やつが, よしねエ, わが社, わしを, われわれ若き, イヤな, 一大事だ, 不可能です, 不埒千万だ, 不思議な, 事を, 云ってたじゃ, 人を, 何と, 余程可, 余計な, 俺は, 全くはずみ, 堪らないね, 変じゃ, 妙じ, 思ってや, 手は, 時ちゃんたち言っ, 珍らしい, 破天荒の, 私の, 義務は, 考えただけだって, 考えただけでも, 考えられないの, 言い出したもの, 言っちゃ, 言わずに, 近頃大分話せる, 隨分いやな, 餘り

▼ 行く様子~ (67, 0.1%)

8 です 4 でした 3 である, は此主人 2 が見えない, だ, であった, を見

1 [41件] から見る, がありません, がある, がいかにも, がいよいよ, がうかがわれる, がおかしい, がない, が何だか, が手, が見える, こりゃ思い, でご, ですから, では何処, などは陛下, なの, なので, なんかはてんで, には伊兵衛, にも傘, に外, はいかにも, はどんな, はなく, はピリリッ, は必, は恰も, は白衣, は都会, までが詩, もこの, もない, も無い, をし, を彼, を想像, を時日, を精しく, を見る, を見送れる

▼ 行く積り~ (67, 0.1%)

65 なの 4 なん 3 です 2 だから, だったん, だつて, だと, であった, である

1 [37件] かい, かそれとも, だが, だった, だったが, だったの, だつた, だらう, だろう, だろうと, であったかも, であったが, であったそう, であったに, であるからと, である余, であろう, でしょう, ですか, ですよ, でなぜ, でをります, で出, で出かけ, で北海道, で名倉, で居りましたら, で山道, で来た, で生まれ, で素足, で試驗, と聞かされ, なんだい, も御座いません, よ, らしい

▼ 行くもん~ (66, 0.1%)

166 だから 5 ですから 3 じゃありません, ですか 2 かよ, けえ, じゃない, だそれ, で

1 [23件] かえ, かお前, かそんなに, かって肚, かまア, か行けっ, がある, じゃあるまい, じゃなかった, じゃねえや, だ, だろう, でしょうか, ですかい, ですかね, ですがね, ですよ, でない, でないん, で学者, としか思われしません, やさかい, やつもっ

▼ 行く~ (65, 0.1%)

7 いいが 2 なし, 憂し, 誰が

1 [52件] あまりと, いやか, いやじゃ, がんりきの, きのふ祭の, この道, こよなくうれしき遊び, さらさら口惜しい, ひたすら悒鬱しま, まぬがれざるところ, むしろ安, よいが, よかった, よろしくない, わが移転, バイロンボルテーアの, 二価アルコホール, 人々の, 人情の, 今日に, 何の, 何処までと, 何者の, 僅に, 北緯一度の, 千曲川の, 却って思出, 因果の, 大変お, 寂しも, 弦を, 当世である, 心配でも, 必定其時其御秘蔵が, 旅の, 是れ, 是非なし, 此家の, 求むる宮, 温泉の, 無用, 疑を, 皆な, 篠突く, 臆病風や, 誰ぞ, 辛く悲しく難しい, 辰弥なり, 迎える人, 追憶の, 露の, 骨を

▼ 行く~ (65, 0.1%)

54 の通 3 の脚, を眺め, を見 2 が明るい, の下, もあり, を見おろし

1 [39件] がいろ, が洗った, が鈍色, と, と梢, なきか, なぞが眼, にも啼き渡る, にも顔, に啓示, に嵐, に火, に血潮, に遮られ, のこつ, のはて, のま, の形, の影, の数, の行き来, の通い路, の間, は赤石山, は軒ば, は雨気, までもがキネオラマみたい, も歩, も珍し, も鳥影, より外, をおう, を仰い, を指さし, を止める, を眺めやりつ, を見る, 淡くなり, 踏む浮足

▼ 行く~ (64, 0.1%)

4 やおもたき 2 や逡巡, や選者, や重たき

1 [54件] となっ, にもとより, の, のかた, のこと, のさびしさ, のなごり, のならい, のよる, の一夜, の一絃一柱, の人, の今, の俳趣, の哀愁, の塵, の寂寥, の小, の巷, の庭, の悩み, の斑, の桜, の江戸, の海, の淡き, の独り, の移り, の蚊, の郊外, の銀座, の陽気, の陽氣, の雲, の面影, の頃, の風物, の黄昏, は暮れる, は花, も心, や主税, や大浪, や布施, や白き, や葛西, や蘆間, よりぞ, を, をいづ, を偸, を惜ん, を牢, を顫

▼ 行くにつれて~ (62, 0.1%)

2 今度は, 即ち橋梁, 岡田は, 空の, 色の

1 [52件] いよいよ荒涼, かれら, すべて行われる, そこに, その人影, その口, その境界, その表情, その面積, それに, だんだん多く, なにか金色, もうわたし, もっと苦しめられる, 万遍なく, 三押に, 両壁, 乳色を, 今までは, 伸子は, 何時しか小径, 元気と, 出来るの, 宵は, 峠を, 彼の, 彼は, 我々の, 星明りとも, 木星の, 次第に本当, 次第に遠い, 歴史と, 水流の, 海は, 濁つた紫色, 爺さんの, 狼の, 田川夫人という, 私の, 秩父という, 種々の, 第一, 笹が, 耳の, 草原の, 談話が, 谿谷は, 軒を, 野の, 鉄扉の, 階中に

▼ 行く~ (61, 0.1%)

3 の上, の中 2 だらうと, の舳

1 [51件] が, がある, が不思議, が二艘, が太郎左衛門船, が沖, が灯台, だから, だったかも, でした, で顔馴染, と伊勢, と申す如き, なりけり, なりと云う, なん, にて見れ, に乗じ, に苅谷氏, のうち, のさながら, のならい, のほとり, の幾度, の底, の旅, の煙突, の甲板, の竜頭, の舷側, の過ぎ, はいっぱい, はな, はまだ, は引き船, は皆陸, は真鶴港, は竿, は行け, もあるまい, やいづ, や揚げ, をさえ脅かした, をながめくらした, を傭っ, を呼ん, を彼, を物色, を見送った, を迷わしめた, を追

▼ 行くさき~ (60, 0.1%)

2 にある, には大河, は, はどこ, をつきとめる

1 [50件] が, が書い, が案じ, さえその, といえ, と屋敷, にここ, について伸子, について意見, に一つ, に千鶴子兄弟, に立っ, に見られた, に見出し, に迷った, の問答, の新興産業, の相談, の見当, はいったい, はそう, はつい, はわかっ, は判らない, は北京, は品川, は大野屋, は松永町, は近く, へ執念, もない, もわが, も無い, も薄暗い, も見えぬ, をいいます, をいそい, をつげる, をはるか, を出雲, を告げた, を彼, を知っ, を知らせる, を知られたくない, を考え, を跟, を追っ, を途, 分らぬ思案貌

▼ 行く~ (60, 0.1%)

12642 オ, オーオ, ツ, 行くぞ

1 [30件] い, うれしき, え, えな, えなあ, おれの, お花, かなしけれ, この二, さア, そしてあっち, っ卑怯者, ついて, ついて行って, どうせ市内通報員, どけどけ, や, オォ, ッ行く, ーっ, ーッ, 事件を, 彼は, 時雨の, 生意気な, 目出とう, 誰も, 逃げも, 頼春, 鶴次郎

▼ 行く~ (58, 0.1%)

5 の姿 3 の後姿, の心, の背 2 だった, の後ろ

1 [40件] と車輪, にはもはや, に云った, に気づく, に矢, のあと, のうしろ姿, のうち, のお供, のす, のその, のため, の一身, の体, の前, の剛勇, の大尽, の後ろ姿, の恋人, の氣持, の胸, の荷物, の警察長, の財産, の足もと, の身體, の運命, の長靴, の頭脳, は今, は玻璃器, は行く, は電車, へ名残り, も, を胸の, を自分, を見, を見る, を隆起

▼ 行く~ (55, 0.1%)

2 夜は, 西田の

1 [51件] あとの, おまけに, おツ母さん, お夏, こっちは, これからは, そのたんび, それが, それに, たくを, またある, またわたし, また椅子, まつ, まるつ, もう何, ジャーナリズムは, 今が, 何でも, 僕は, 又全部, 又旅行, 収入は, 坊主には, 場所を, 夜さえ, 学問芸術に, 幸七も, 店は, 後には, 持って, 断片的に, 早くさあ, 明日は, 時に一品, 月は, 止せと, 残つて幾組にも, 段々氣力, 母は, 無い時, 皆で, 短冊は, 社会理論としては, 私も, 船で, 茶屋の, 貯金としては, 遠くから, 重い唐鍬, 鼻血が

▼ 行くそう~ (53, 0.1%)

15 です 6 だ, である 5 だが 2 じゃない, ですよ, な

1 [15件] して, しないと, じゃ, すると, だから, だという, だな, でありますが, であるという, ですから, ですが, ですね, なが, なと, 考えるだけでも

▼ 行く二人~ (53, 0.1%)

4 の姿, の後姿 3 の後ろ姿, の旅人 2 の女, の足音, の靴音, を見

1 [31件] があった, が此方, なり鴛鴦, には何, に付い, に女, のうしろ姿, の両親, の人影, の侍, の女連, の娘, の婦人, の客, の影, の影法師, の武士, の男, の直ぐ, の者, の肘, の肩, はいつの間にかぴたり, は忽ち, は跡, は道, も無言, をこんなに, を呼びとめた, を見送りました, を追い

▼ 行く~ (53, 0.1%)

2 がある, もない, をもっ, を感ずる

1 [45件] ありき, があった, があります, がとかく, がない, がなかツ, がなくなっちまっ, がなけれ, がまだ, がわれわれ, が無い, が私, が足りない, でもあり, というもの, とはなり得ない, なき先生あはれ, なの, になる, には勝てず, によって何, に抵抗, のない, の前, の強, の泉, はそういう, はなく, はなくなっ, は大きい, は精力, もそこ, もなくし, を与えられ, を保持, を内蔵, を失った, を思はせる, を持つ, を文化的, を有っ, を欲, を言う, を貸し, を遮り留める

▼ 行く~ (53, 0.1%)

2 に初め, に往きあふ, もなく

1 [47件] その草, だった, つまり貴方, であつ, でも, ならば, に, にいつしか, にさる, にな, にまた, にやがて, にイタヤ, に二人, に人数, に何処, に何時, に尾行, に川, に思ひ, に梅鶯軒, に濃霧, に灯光路, に穴, に菊人形, に間もなく, に雪の下, に馬上, に駆ける, の力, の勇気, の小心者, の教授法以外, の距離, の馬鹿者, ひどいので, 亡くなつた牧夫, 円く抉れ, 同時に知識, 広くなり, 慌てさせる譯, 次第に丑松, 激しさ, 短かく, 面白くしなけれ, 高くそして, 高さ

▼ 行くに従って~ (51, 0.1%)

1 [51件] いつしかお伽噺, きめが, これを, そこに, それの, どう云う, どんどん密度, よりよき, 一刻増しに, 両側の, 二つの, 人が, 人声が, 人家が, 人家は, 低くなっ, 四辺の, 堰を, 変化し, 岩穴は, 島原で, 役者は, 彼らは, 彼女の, 悲壮な, 損害が, 柿本の, 森の, 森林は, 極まる所, 極端な, 次第にその, 歌声は, 毎キロメートル一〇度, 江ノ島まで, 減った, 減少し, 目も, 石の, 私の, 秋の, 細くなり, 緑の, 群集は, 谿底路は, 路の, 道と, 間ノ岳北岳と, 闊葉樹が, 霧が, 高まって

▼ 行く人々~ (51, 0.1%)

3 である

1 [48件] からは相手, があつ, がいる, がお互い, が其の, が見る見る増え, であったの, で廊下, にお, にとつて, に悲しい, のうしろ, のため, の上, の中, の切れ切れ, の後, の心, の感情, の樣, の狂気, の群, の話, の足, の足もと, の間, の頭, はそういう, はただ, はよほど, は右方左方, は子, は市長, は帽子, は果して, は極めて僅か, ばかりのよう, も多, も定められた, も見える, や砿抗, をうらやまし, を死にたやす, を見まわした, を見送っ, 又は芸術家, 思ふならん, 来る人々

▼ 行くとは~ (50, 0.1%)

2 いいません, 何と, 思いも, 思われない, 限らない

1 [40件] いえ今, いささか穏当, いはれぬので, いへまだ, きまって, けしからん犯人です, だんなも, どういうもの, どうだ, なんという, ますます何, もっての外の, ろばろと, フザケた, 云え罪, 云ったが, 反対の, 如何に, 少し猛烈, 思いませんでしたよ, 思えなかった, 思って, 思はなかつたこと, 思ひま, 思ひました, 思ひも, 思ふな, 思われんけれど, 思われんね, 情ない, 氣が, 真っ赤な, 真に受け, 真赤な, 考えられない, 言いださなかった, 言えなかったの, 随分物数寄, 非国民の, 面白いで

▼ 行く~ (50, 0.1%)

9 行くよ 2 つて, ーッと, 藤助, 行くには

1 [33件] いいかい, いさましげ, おらあおっ, こ顔が, ご機嫌よう, すぐ, たとんの, つてな, つてに, どうしても, どこへでも, なあんだ行く, ねえ, ォ, ツ, 二人置い, 今すぐ, 今行く, 八丈島へ, 君今晩, 寝しなに, 少し待っ, 帰ったって, 必ず行く, 急ぐから, 海老, 直ぐ行く, 親子で, 貴様も, 酢を, 青き火, 面白いこと, 驚いたねえ

▼ 行く後姿~ (50, 0.1%)

4 を見る 3 を見た, を見送つた 2 が職員室, を福富, を見遣り

1 [34件] が町角, が石碑, が私, が見えます, が遠く, が非常, なんかを思い, に, にくらしく, にその, に向っ, に街, はその, はまさしく, は何となく, をみ送る, を僕, を暫く, を月, を泪ぐましい気持, を淋しく, を眺め, を眼, を睨んだ, を矢代, を窓, を自分, を見, を見よう, を見れ, を見送っ, を見送った, を認めた, 前姿

▼ 行く~ (49, 0.1%)

12 せう 11 あらう 2 あらうが, あらう自分, 一緒に, 俺も

1 [18件] あすか, あらうこと, あらうと, あらう何もの, あらう使, あらう寂しい葬送行進曲, お前たちは, せうが, せうな, せう私, また血, ア戻っ, 可哀想には, 小遣を, 方々外出を, 早くお出で, 父様に, 遊ぼかよ

▼ 行く場合~ (48, 0.1%)

2 もある

1 [46件] がある, が多い, が多く, じゃない, だつて, であろう, であろうか, でもお腹, でも十一時, とある, となっ, と反, と思われる, と熟語, などは有り得なかった, にいつも, にはかなり, にはこの, にはこれら, にはその, にはできない, にはやはり, にはよく, には先ず, には先生, には力, には大きな, には疑, には直線, にもまた, に使用, の工夫, の話, の速度, はい, はいい, はその, はどう, は即ち, は行先, も出, も多かっ, や又は, を假定, を考え, 慌てたらおしまい

▼ 行く~ (48, 0.1%)

12 がある 3 もある 2 が多い, ではない, とです, は無い, もいる, もない

1 [21件] あ, がまだ, がゐます, が有る, が非常, が馬鹿, じゃァねえ, だ, なん, に金, の話, はある, はいない, はいなかったらしく, は罪人, は額, は馬鹿野郎, もあるまい, を先生, を追い縋った, 居やしねえや

▼ 行くほどに~ (47, 0.1%)

3 急ぐほどに 2 扇を

1 [42件] ここは, これを, しあわせと, たちまち小舟, とある所, なるほど, やがてなにがし, やがて笠, やがて近, ようやく明確, 一英人の, 人数を, 例の, 勢いを, 十方の, 去年の, 夏緑に, 多数が, 夜は, 姿は, 山路に, 広くなり, 恍然魅了した, 旅人の, 日は, 町が, 登るほどに, 穴の, 空は, 紅紗の, 落葉朽ち腐るる, 街は, 裏に, 裏門の, 視野の, 賣漿婆, 走るほどに, 跡は, 近頃思, 途, 間もなく左手, 青葉が

▼ 行く~ (47, 0.1%)

5 になつ 2 かへあゝ, だつたの, だらう押, で出かけた, になつたん, はない, はなかつた

1 [28件] かど, がある, がし, がなかつた, だから, だつたさうですよ, だらう, ですね, でゐやがる, でゐるらしい, なぞはもう, などはなかつた, などは少し, などは毛頭ない, にならなかつた, になり, になりました, になりません, になるだらう, になれない, になれなかつた, にはなれない, にはなれなかつた, にもなりません, にもなれなかつた, の宇太松, はひ, は堪へられない

▼ 行く~ (47, 0.1%)

5 を聞いた 4 がした, すら聞え 3 がしました

1 [31件] がきこえる, がする, がつづい, がどうか, が私, が聞えた, が聞える, が聞こえ, が際立つ, さえ聞える, だったの, であったこと, でちゃんと, と入り交った, などがともすれば, にいつも, のよう, の物凄, はシュッシュッ, は家中, は聞こえ, まで私, もなく, も聞え, や走っ, をきく, をさせ, をさせた, を耳, を聞きつけ, を聞く

▼ 行く~ (46, 0.1%)

3 に御 2 に必ず, に空, に衛生課長

1 [37件] にあれ, にここ, にこの, にさりげ, にずぶりと, にそれ, にだ, になるほど, になん, にはチョイチョイ顔, にひどい, にやがて, によく, に何かしら, に使賃, に兄さん, に向, に声, に外套, に子供, に岸本, に幾度, に往に, に感謝, に時々, に木, に機会, に特に, に私, に秩父, に色々, に通った, に阿, に頭, に頭髪, の深まる, は減らせ

▼ 行く~ (45, 0.1%)

4 にはいかない 2 だ, では, には行かぬ, にも行かない, に行かなかった, はない

1 [29件] がない, がねい, がねえ, だった, だのに, だろう, であります, である, で個人, ないや, にいかない, にいかん, になる, には往かん, には行かず, には行かない, には行かなかった, には行きません, にもいかず, にもいかない, にもいかなかった, にもいきません, にもゆかなかった, にも往きません, にも行かず, にも行かなくなりました, にア, に行かない, に行かぬ

▼ 行くたび~ (44, 0.1%)

52 にその, に何, に御, に長い

1 [31件] にあした, にあらた, にうち, にお, にどんなに, にむしゃくしゃ, にわたし, にミーちゃんこ, に一度, に三度, に二, に互いに, に僕, に先生, に又八, に外記, に大抵, に客, に小母さん, に居り, に彼等, に数多く, に河原, に泣かれる, に特に, に笑っ, に考えさせられ, に胸, に血, に雨, に餅

▼ 行く有様~ (44, 0.1%)

3 を見 2 がいろ, が愉快, が目, を住宅

1 [33件] がもう, が刻々, が手, が見えた, だ, だつた, である, ともみられる, にじりじり, に周章狼狽, の見え, はさながら, はどうも, は何とも, は全く, は奇妙, は恰も, は悲しい, は管, は興味, は若し, をこの, をじっと, をぢ, をみる, を心, を描い, を描きし, を自分, を見る, 丁度灯火, 丁度燈火, 云わば

▼ 行くって~ (42, 0.1%)

4 どこへ 2 いって, のは

1 [34件] いうの, いくら言訳, いったン, いつ行く, えと, えなえ, お絹さん, きかないのよ, ことは, こんな安達ヶ原, そんなこと, どうしてあんな, よくおっしゃる, わかって, わけな, 云いも, 云って, 云ってや, 今おもて, 仰言ったん, 何処へ, 出たまんまいつ, 声が, 帰りに, 待ってるから, 時々出え, 気に, 法は, 約束し, 行ったわ, 言うじゃ, 返事した, 電話が, 頑張るん

▼ 行く~ (42, 0.1%)

2 の顔

1 [40件] が子供, が行く, そっくりの, だけ自動車, だってちっとも, でもない, にきこえなくなった, にときどき, には新しい, のこと, の力, の妹, の姉, の姿, の客達, の得意, の歴史, の眠り, の眼, の耳, の肉体, の腹癒せ, の詩興, の論文, の運動靴, の靴音, はいたく, はこの, はこれ, はその, はその後, はぼう, はみやげ物, はよく, は一体, は湯田行乞, も親, をこの, を中段, 共父子

▼ 行くほか~ (41, 0.1%)

8 はない 5 ない 3 なかった 2 なかつた, はなかっ

1 [21件] ありませぬが, ないじゃ, ないだろう, にしようが, にはどこ, に人間, に何, に尺寸, に海, に苦労, に道, はありませんでした, はいっさい町, はこの, はなかつた, はなかろう, は例, は外出, は殆ど, は近づい, ほとんど外出

▼ 行く~ (41, 0.1%)

185 えが 3 えから 2 えし, り

1 [11件] えお玉, えがなあ, えその, えと思う, えどりや, えなあ, えなんず, えよ, え追ッ, からって譲っ, り帆柱

▼ 行く~ (40, 0.1%)

9 否や 5 うだつた 2 まなし, 柳緑に

1 [22件] こし云い出して, ないか, まごつく旅, 今まで, 出づるや, 合図めいた, 否やたちまち, 待乳山, 春の, 月日を, 木々ことごとく, 水田の, 汝何すれぞ, 犠を, 畔放ち, 疾風の, 耳掻光る, 蚊火の, 見る限り, 跳び躍る逢, 隼別の, 馬上に

▼ 行く人間~ (40, 0.1%)

3 ばかりな 2 の気持, の跡

1 [33件] があまり, がなんで, が天上, が針, だか, だから, であった, でありしかも, である, ですから, です静か, でなければ, ではない, としての文学, とは, なので, なん, の仕事, の哀音, の幸福, の心, の意味, の手, の拵えた, の生き, の眼, の肉体, の誠意, はない, は余程, も稀, らしい, らしい楽しみ

▼ 行くよりも~ (39, 0.1%)

3 其地方の

1 [36件] いっそここ, いっそ親類, お隣り, かえって近い, ここから, ずっと勢い付い, そっちが, まだ惡路, むしろ森林, 一層停車場, 一層勢い立っ, 一層深い, 南の, 危険の, 却て, 反つて, 台所へ, 同時に左右両方, 品物の, 城太郎は, 天下の, 屋久島がい, 慰さめ, 整頓した, 早く彼, 早く歯医者, 朱まみれの, 格子戸を, 自分の, 賃銭も, 路連れの, 身軽だった, 郁次郎めを, 長いだけに, 馴れた自分, 高い程度

▼ 行く汽車~ (39, 0.1%)

5 の中 2 は何時, よりはもっと

1 [30件] があった, があったら, があつ, がある, が今, が山, だってかまわない, なんで, にゆられ, に乗っ, に乗る, に乘つて, のはて, の三等, の出る, の興味, の鉄橋, の音, の響, は, はいつ, はその, はまだ, は煤けた, もそちら, もなく, をつかまえ, を待つ, を見送る, を遥

▼ 行くかの~ (38, 0.1%)

13 ように 10 ような 2 やうな, やうに, ようにさえ 1 ほんのちょっとしたちがい, ようであった, ようである, 二つである, 体で, 問題に, 女の, 爽快も, 真の

▼ 行くさま~ (38, 0.1%)

2 なり, を想像

1 [34件] がそこ, がちらちら, がはつきり, がひとりでに, が何, が手, が最早, その態度, とまた, なぞをじ, の凄まじき, はけだし, はこの, はそれ, はたしかに, ははつきり, はやがて, は力強い, は唐画, は弁慶, は木曾駒, は絵, は非常, も見た, をかれ, をみ, を一心に, を思いやる, を思ひやり, を杉村, を眺めん, を考へ, 久しく之, 少水

▼ 行く~ (38, 0.1%)

2 にそれ, に何, に最も

1 [32件] からは父母, からほんのり, から止む, から若, での一定, での勇気, において是非必要, には実力, にも, にもまた, にも彼, にも必要, にも自分, にわが, に一ばん心, に不, に便利, に大きな, に幸い, に得た, に必要, に於, に是非必要, に欲しかっ, に無く, に花, の一事件, の先々, の必要, の態度, の風, は致方

▼ 行く~ (38, 0.1%)

4 を知っ 2 を教え

1 [32件] がある, がちと, に七割, に笑, の分らぬ, の定めなく, の当て, の村むら, の無い, へ網, もいわず, も道順, をうかがわせた, をきめ, をご存じ, をつげる, をふさがれ, をまちがえた, を一輛, を何者, を内証, を帳場, を極め, を極めよう, を知らないで, を考へた, を色々, を見ます, を見届けよう, を話した, を辿っ, を遮り

▼ 行くほどの~ (37, 0.1%)

3 勇気も 2 ことは

1 [32件] いたずら心で, お小遣, お小遣ひも, ことも, まだそれほどの, ものは, 不孝者では, 事も, 事件でも, 仕度を, 価値が, 元気も, 品物でない, 場所でも, 好い男, 小遣ひでも, 年齢に, 心持ちを, 必要も, 忠誠の, 情熱も, 意気地なし, 愚は, 楽しい空気, 私は, 興味も, 要も, 評判も, 評判者だった, 野暮にも, 間を, 風流は

▼ 行く足音~ (37, 0.1%)

6 がした 2 を聴いた

1 [29件] がきこえた, がきこえます, がきこえる, がし, がします, がする, がどこ, がパタ, が乱れ, が聞えた, が聞こえ, が聞こえた, が聞こえましょう, すら聞く, だけを黙っ, でございますが, など, の響きし, はまるで, へ声, やそれら, をしばらく, を聞い, を聞いた, を聞き, を聞きつけた, を聞く, を聽, を龍介

▼ 行く~ (36, 0.1%)

11 はない 4 はありません 2 はなかっ

1 [19件] ない, には, にはこんな, にはさして, に一着, に此の世, に残された, に能, に音楽教師, の景色, はあるまい, はないだらう, はないだろう, はなかつた, はなから, は仕方, は晝はいち, を見, 断じて他

▼ 行く方向~ (36, 0.1%)

1 [36件] から判断, から物, がつかん, が玄関, であり我々, である, でもまるで, とはまるっきり, と終に, にある, には前田方, にクルクル, にグングン, に今僕, に移転, に走った, に陽, はあっ, は依然として, は無論, は誇大妄想狂, へ作物, へ斜め, へ進ん, もまるで, をみつめ, をみつめました, を取っ, を手, を指し示し, を極めて, を決する, を眺め, を示す, を見る, を選ぶ

▼ 行く光景~ (35, 0.1%)

3 を見 2 を想像

1 [30件] が描かれ, が物, が眼瞼, さえ予知, だけは見まい, などを近く, なれば, に出遭う, の映写, はかなり, はけだし, はなんとなく, は一幅, は壮観, は物凄い, は特に, は蟻, も何となく, も写し, や, を幻想, を幻視, を思っ, を想, を眺め, を眼, を見れ, を語らない, を諷刺, 即ち葬式

▼ 行くこの~ (34, 0.1%)

1 [34件] ため生れ来し如く, のどかな, ままで, やうに, 一水を, 上も, 人生の, 仕事の, 児の, 冷たい人, 国特有の, 子は, 小男の, 岩内の, 島では, 弱々しい若い男, 径からは, 御堂に, 春の, 時未, 淋しい親子, 深川の, 男の, 細道が, 老婦人, 肉体を, 色男め, 若い女たち, 苦難の, 論理だ, 谷山には, 道は, 青年紳士は, 駕籠は

▼ 行くまでに~ (34, 0.1%)

2 妾が

1 [32件] あの大きなとがった, うんざりする, おにぎりや, かなりある, すでに御, まだどれ, めいめい待ち合わせる, もう二組, 一つの, 主人は, 五六分しか, 五千円が, 会う機会, 何を, 何軒かの, 六つ位発表した, 十分ぐらいしか, 大師堂を, 延した, 悉皆売り尽くし, 拵えを, 故障を, 日が, 時間の, 片附け, 私は, 聯隊の, 自殺しない, 話が, 雜誌を, 飛び立つて, 駅を

▼ 行く~ (34, 0.1%)

3 に私 2 に, にも入交, に自分

1 [25件] にいつ, にし, にどうやら, にまた, にもあたり, にゃあ, にわかに颯と暗く, にヒョイ, に付け焼き刃, に切口, に列石, に判る, に学問形態, に彼女, に我々, に次第に, に男性, に着物, に第, に色々, に隼, に顔, に風, ふと眼, 果して三寸

▼ 行くあと~ (33, 0.1%)

3 を見送っ 2 から, からお, からまた

1 [24件] からそれ, からスポンジ嬢, から又, から廊下, が見えた, に, についてこれ, には白い, に灰, に行く, に道, の事, の日本, は東京, へ入り, へ入れ, へ神経, より浪子, を女, を必死, を素子, を見送り, を追って, 行く跡

▼ 行くかという~ (33, 0.1%)

3 ことが, ことを 2 ことについて, ような

1 [23件] いきさつは, ことに, ことは, ことも, ところに, ところにこそ, 不安が, 事で, 事も, 事を, 人生の, 問は, 問題だ, 問題である, 怪ホーキ星の, 様子が, 次第です, 点, 点における, 狭い区域, 相談は, 過程が, 難問の

▼ 行く~ (33, 0.1%)

1142 えす

1 [16件] いか, いか魚屋, いや, い行, えあっち, えかな, えかの, えかのう, えと土間, え二十圓, かり, かりしを, かりし海岸道, さ, んと, 仙太

▼ 行く時間~ (33, 0.1%)

2 が遅く, が非常, も長く

1 [27件] が来た, が来ます, が気, が無い, が私, が見つ, さえ制限, だ, であるの, でしたから, です, ですよ, というもの, に外出, の外, はじゅうぶん, はただ, は午後十二時, までに皇帝, をごまかし, をわずか, をわたくし, をわづか, を出来る, を盗む, を計算, を遅らす

▼ 行くからと~ (32, 0.1%)

4 いって 3 言って 2 返事を

1 [23件] いう事, いった, いふので, いふ事, ことわって, そのこと, 云い残して, 云うと, 云つ, 云つてうちの, 云て, 伊作の, 命令される, 悲痛な, 断って, 私を, 答えて, 約束し, 言います, 言ったらちょっと, 言つてゐた, 言つて来, 願って

▼ 行くまでの~ (32, 0.1%)

3 間に 2 うちに

1 [27件] ことです, ミツキイは, 十五里の, 半蔵が, 大体御, 山水が, 廊下が, 廊下に, 彼の, 径路と, 暗い廊下, 横町は, 河の, 波瀾に, 短い月日, 話だ, 距離も, 途中い, 通りの, 過程に, 道すじと, 道に, 道程については, 間で, 間にも, 間暗い奥深い, 順を

▼ 行く~ (32, 0.1%)

3 のこと 2 だ, の事

1 [25件] かかって, がこんなにも, である, である次第に, とれないもの, なら, ならいっそ, ならと, ならば, なら向う岸, なら景色, なら焼き芋, なら生きてる甲斐, にしか当っ, になったら, のもの, の有様, の積り, の金銭, の金錢, の間, ひの, よりも少し, ゐなら, ゐならああ

▼ 行く~ (31, 0.1%)

2 の中, は屠

1 [27件] いかにか, かな, があったら, が頻り, じたくを, であろう, とに謙譲, と御, なれば, になり, にもなれなかった, に触れる, のうつり, の大き, の弱い, の疲れ, の秘密, の表情, はただ, はどんな, ぼそさ, を一層切に, を以つて過去, を失っ, を深く, を誰, 起りて

▼ 行く~ (31, 0.1%)

3 であった 2 は毎日

1 [26件] からこの, からであった, から車窓, この文章, だ, だった, だつた, であつ, と成った, になっ, になつ, にはもう, には其の, には杉, には毒々しい, には見違える, には近所, に老人, のよう, はもう, は妙, は植木屋, までは起てなかった, を見計らっ, 或は中等学校, 更に第

▼ 行くかを~ (30, 0.1%)

1 [30件] お延, きめるのに, まのあたりに, 凝つと, 多少でも, 察し知る, 弁じ得ぬがち, 想わずには, 意識的に, 杉村は, 注意し, 知って, 知らぬ自己, 知れる者, 示すべき好個, 示そうと, 私は, 突きとめ, 籤で, 考えさせます, 聞き送って, 見て, 見とどけようとでも, 見に, 見ようと, 見れば, 試さうとして, 語りたかったの, 語れば, 讀者に

▼ 行く~ (30, 0.1%)

4 ういふ, うです 2 うだから, うですよ, きざきで

1 [16件] ういふ旅, うして, うだ, うだと, うだな, うである, うでいろいろ, うでございます, うと, うなると, う思つて, きざき, へ恐ろしい, 来さ先づ目, 来るさ, 輪形陣の

▼ 行くなと~ (30, 0.1%)

2 思へば, 注意し

1 [26件] いうくらい, いうに, いうの, いうので, いう訳, いったであろう, いわれた以上, おっしゃるのに, 云うたのに, 云って, 云ひつけ, 喜平が, 思いながら, 思うと, 思わしいころ, 招いて, 止めた一人, 決めて, 注意した, 義理責にも, 言うし, 言って, 言っても, 言われるか, 言われると, 言われる皆

▼ 行く時分~ (30, 0.1%)

2 だ, にさき

1 [26件] からお, から袷, にその, になりました, にはその, にはそんな, にはもう, には今度, には差支えない, には悪い, には水, には砂車, には税金, には行衛不明, には食物, に大御所, に彼, に渡った, に漸, に祖母, に私, に第, の事, は夜明け, まではたしかに, もう居なくなっ

▼ 行く一人~ (29, 0.1%)

4 の女 3 の男 2 の子供

1 [20件] があった, だった, で, であります, で行く, になっ, の乞食, の大男身, の影, の方, の旅, の旅人, の癩病やみ, の盛装, の老人, の老媼, の老翁, の若い, の虚無僧, は

▼ 行く~ (29, 0.1%)

4 な氣 2 だ, な妙, に勸め

1 [19件] だが, だつた, なもの, な冬, な夢, な寢かた, におぼえられた, にきれい, になつ, にならね, に云, に寄邊, に彼, に思はれた, に見える, に説明, を見, 見る如く, 見る如し

▼ 行く~ (29, 0.1%)

3 の上, の淋し 2 の輪, の音

1 [19件] があった, が無数, だつた, で今, には二種, に車夫たち, の主, の幌, の後ろ, の方向, の窓, は皆, やら, やら荷馬車, を動かない, を見送っ, を追越そう, 挽きの, 追ひ

▼ 行くそれ~ (28, 0.1%)

2 を見

1 [26件] あ本当, から帰っ, があたかも, がお, がこの世, がまた更に, が仏教, が奈何, だけが目的, でよろしい, との戦い, について行く, に何, に順路, はどうにか, は一般クリシス, は例, は確, までに身, もあながち, も段々, を事もなげ, を人間, を売っ, を眺め, を芭蕉

▼ 行くての~ (28, 0.1%)

2 先に, 道を

1 [24件] けわしい道, ことが, 丘は, 主戦場と, 九州に, 先は, 千山万水が, 向う側の, 山行く, 山道に, 峰に, 戦場を, 方を, 方角を, 明石の, 木立の, 空へ, 笹原の, 美濃路は, 見えない, 道に, 都は, 闇の, 雲ただ

▼ 行くなり~ (28, 0.1%)

2 しようと, 勝手に

1 [24件] して, しなくては, そこへ, それは, ていねいに, とかにてその, と曰, と生, どうなり, にお前さんたち, よそへ, 乱雑に, 人夫にな, 何なり, 先方も, 勝手だ, 又はまたい, 婿を, 宿場宿場で, 或は松本方面, 立止まっ, 義州て, 諸国を, 雪ぐもり

▼ 行く勇気~ (28, 0.1%)

3 はなかっ 2 がある, がなかっ

1 [21件] があった, があつ, がありません, がない, がなかつた, がなくなった, が出なかった, が出ません, はどうしても, はなかつた, は事実, は彼, は無かっ, は無く, は無論, は私, もなく, もなくなっちまいまし, も出ない, も後, をうしなおう

▼ 行く~ (28, 0.1%)

2 はまことに

1 [26件] があり, がぞろ, が面白い, こそはどれ, だつたの, であつ, である, なぞを過去, なども大切, になっ, になつ, になる, に見え, の政治活動, の瓢, はおかしい, まである, もあつ, も自然, をいや, をとられた, を取る, を眺める, を見, を追った, 時々島

▼ 行く方法~ (28, 0.1%)

1 [28件] があつ, がある, がない, が立つ, で, です, とかよりも此, として自分, なの, にある, について机上, に八つ, のこと, の一つ, はいくら, はなかつた, は無い, もある, もなし, も決して, をちゃんと, をとっ, を並べたてる, を取る, を取るでなけれ, を考へ, を見いだし, 即ち目的

▼ 行く~ (28, 0.1%)

2 もない, を眺め

1 [24件] に山々, に怪奇, に朧げ, に輝く, のまつ, のコバルト, の中, の旅行隊, の景色, の比枝山, の炭車, はあるまい, はさ, は帯, も知られぬ, や水, をな, をみ, を仰い, を刺し, を茫然, を見, を見上げた, 散りかけた櫻

▼ 行くあの~ (27, 0.1%)

2 果物が

1 [25件] な, むごたらしい死に, 不安である, 人の, 偉大な, 優越感に, 別離の, 力, 夜の, 姿も, 子供たちを, 式である, 往來の, 往来の, 悲壮な, 態度, 松原の, 気持には, 男こそ, 盛んな, 舟宿の, 船の, 蒸汽船から, 血が, 運動の

▼ 行くとこ~ (27, 0.1%)

6 なん 2 がない

1 [19件] あるもの, があつ, がなかっ, が分れへん, が無う, じゃがこないだ, だが, ちとら, でもない, なんかあれ, はありゃしない, はみんな位, へ何處, まで行かね, もない, やない, よ, 無いわ, 見たいう人さい

▼ 行く~ (27, 0.1%)

5 をし 2 だった, をみ

1 [18件] がはやり出した, が存, が強く, が消える, であつ, でもなく, で家, なので, に上手, に向っ, に砕け, のごとく, の盛, は南, は涼しい, は荘内以北由利, もなかっ, を装つて

▼ 行く~ (26, 0.1%)

2 が斜め

1 [24件] がしずか, が見えた, そぞろ寒げ, であった, のなほ, のよう, の盲目づれらし, の見える, は炎日, へ例, もほ, も形, をみとめた, をツクヅク, を時々, を浮舟, を潜め, を眼, を見つめ, を見やったら, を見送る, を踏まえる, を踏まへる, を追う

▼ 行く~ (26, 0.1%)

2 をおも

1 [24件] から, からこれ, から三人, から呟いた, から山岡, から帳場, から彼ら, から後, から従い, から薄, から袴, から見る, になり, にぼんやり, に文帝, より, より戻せ, より高田, をのび上がり, を一個, を振り, を私達, を見送り, を追っかけよう

▼ 行く旅人~ (26, 0.1%)

2 であろうかと, は高原

1 [22件] があった, が何, が多い, が狭霧, でもあろう, として見た, などがめった, なの, に, にし, になつ, の, のなか, の様子, の目, の眼, の群れ, は, は国境, は多い, も有った, を見る

▼ 行く~ (26, 0.1%)

1 [26件] が, だ, だから, であるよ, ではない, としたなら, なの, なので, なるが, にたま, になっ, になる, にはあはれ, にも出来る, にも恐ろしい, に取つ, に犇, の同じく, の悲壮, の果て, の身, はいと, も心, をたとうれ, を革命運動, 今息

▼ 行くんぢ~ (25, 0.1%)

9 やない 4 やありません 2 や, やなかつた 1 やあるまい, やあんめ, やから, やが, やね, やねえ, やらう区長さん, や無

▼ 行く傾向~ (25, 0.1%)

9 がある

1 [16件] があつ, があり, があります, だそう, にある, に失望, のある, はある, は必ずしも, は著しい, もある, を持つ, を示し, を示した, を見せ, を認められ

▼ 行く~ (25, 0.1%)

3 はない

1 [22件] がない, が變, だ, でその, でも新太郎ちやん, で出し, で女, で見, で見る, で鮭, なし, にのこされた, の町角, は, はそれ, は基督教徒, は実に, は平らか, は遠く, まず一人物, も弁えない, を与え

▼ 行く電車~ (25, 0.1%)

2 の中, の音, を見

1 [19件] が一時, が先, が少し, が間もなく, に乗った, に乗つた, のなか, の上, の屋根, の窓, の軌道, の間, の響, やキラキラ, や床下, を待っ, を指し, を見送り, を降りる

▼ 行くほう~ (24, 0.0%)

5 がいい 2 へ行く

1 [17件] がずっと, がもっと, がよい, がよかっ, が便利, が倍, が肝腎, とは反対, へいっしょ, へついて行きました, へつき従っ, へとこ, へとび立っ, へと静か, へ歩い, へ走り出した, へ鉾子

▼ 行く~ (24, 0.0%)

3 の後姿 2 のこと, の命, の後ろ姿, の耳

1 [13件] でなければ, と手代, に安心, のあざやか, のうしろ姿, のしたく, の姿, の年齢, の木履, の若い, の足どり, は麻酔薬, をふるえ

▼ 行く気持~ (24, 0.0%)

2 を呼

1 [22件] がなけれ, が分る, すらない, だ, である, です, でその, にならない, になり, になれなかった, の原因, はよく, は他人, は何とも, は余り, は初め, は時として, は決して, は淋しい, もなく, を天空開闊, を強い

▼ 行く~ (24, 0.0%)

2 では無い, へ何處

1 [20件] かもう, から一歩, がない, である, です, ですね, でよろしい, にあり, にある, には小さな, に妙, の無き, は, はいくら, はない, は酷い, まで行く, もない, を知らない, 飛ぶ處

▼ 行く道筋~ (24, 0.0%)

2 を飽きず

1 [22件] がおぼろげ, がこ, がハッキリ, が容易, と其折, にあっ, にも種々, に当っ, に当る, に次第に, のうち, の光景, の墓地, はおそらく, は甲州街道, も美しい, や時間, をきく, を巻紙, を死骸, を画い, を自分

▼ 行くしか~ (23, 0.0%)

6 ない 2 ないと, なかった

1 [13件] ありません, ないこと, ないの, ないもの, ないわ, ないわけ, ないん, ねえじゃ, 仕方が, 外界への, 無いの, 生きとおす道, 道が

▼ 行くといった~ (23, 0.0%)

3 ような 2 伊作は, 方が

1 [16件] おばば, ところなんて, のも, ものである, ようであった, わけあいらしい, 以上たしかに, 以上一言も, 工合であった, 形において, 様な, 様に, 若い仏蘭西人, 調子に, 趣向に, 近松翁の

▼ 行く~ (23, 0.0%)

5 の姿 3 はぬ

1 [15件] か, だった, に, に伝う, に迎合, のお蔭, のさま, のす, のゆく, の悲しみ, の推移, の智慧, の有難, の気運, の波

▼ 行く世界~ (23, 0.0%)

4 である 3 でなければ

1 [16件] が誤解, であるという, というの, においてのみ爾, においては主体, の形, の現在, の生産様式, はいつも, は何処, は作られた, は其那浅薄, は超越的, は超越的方向, を一つ, 作られたもの

▼ 行く~ (23, 0.0%)

1 [23件] があった, がありました, がある, が元来甚だ, が有る, が麹町辺, だよ, である, では彼女, で一ヵ所, に必死, のやう, の中, の障子, はねえ, は矢張り惡, へ御, まで政府, も何, を彼女, を私, を見る, 越して

▼ 行く機会~ (23, 0.0%)

3 がない 2 があった, がなかつた, を失った

1 [14件] があったら, がある, が無かっ, が生じる, が開けたら, と設備, はない, はなかつた, は不幸, も作れる, も無く, を失つて, を進ん, を逸する

▼ 行く~ (23, 0.0%)

1 [23件] が旅, のあ, のこほろぎ, のたたみ, の三日四日, の夕べ, の思, の日, の日光, の曇った, の波, の眺め, の草, の薄曇り, の蝉, の街, の貴, の身, の風景, の黄昏時, や隣, を作者, を重い

▼ 行く~ (22, 0.0%)

2 相当な

1 [20件] いさい, いと, えから, えが, えこと, えと, えといきなり, えとなんだか, えとぶらり, えと私, えなア無理な, え話, が展, て承知, に展けた桑畑, はるかに, 三千里の, 言ってるわ, 誰がぞな, 道の

▼ 行く~ (22, 0.0%)

3 ンて 2 アとは

1 [17件] え和泉屋, え銚子, ひとの, もし, もと勿, ア, ンざアよろしく, 丈夫の, 下らないこった, 夜涼みに, 帰って, 是から, 知ってるが, 行くな, 行くなって, 行くなて, 行くなと

▼ 行く~ (22, 0.0%)

2 き途, しと

1 [18件] きか, きでは, きものの, き人, き所, き方向, き此, き現象, き理想, き目的地, き自然, き處, き試煉, き道, くやって来た, く出発, く夙く出発, し

▼ 行く~ (22, 0.0%)

1 [22件] から見覚え, が, があるでせう, が明るく, に, に食, のかなた, の大, の木立, の空, の道路, は人里, もない, をさ, をさえぎられた, をさえぎる, をすかし, をやめ, を塞いだ, を急ぐ, を透かし, 固い感じ

▼ 行く決心~ (22, 0.0%)

7 をした

1 [15件] がつかなかつた, がつきません, が付きました, が出来なかった, が出来ません, だった, つかねえか, であった, でゐます, になっ, のいっそう, をさせた, をし, をする, をつけた

▼ 行く~ (22, 0.0%)

1 [22件] から明日, がたくさん, じゃねえ, ずきらしい女, それからスリツス, だつたね, です, で持切った, などし, などをもおもしろ, なら知つてるぜ, になつて, に亢奮, の始まる, はしなかった, またはいろいろ, も当て, も類, や鮑取り, をしましたら, を二人, を団子浄土

▼ 行く~ (22, 0.0%)

3 の蹄

1 [19件] があった, が茶漬け, だ, でございますが, ですから, などの姿, に叫び, のあしなみ, のヒズメ, の吐息冰, の影, の後, の手綱, の新しい, の片, の疾走, はまだ, は戰場, を見送っ

▼ 行くじゃ~ (21, 0.0%)

9 ありませんか 7 ないか 3 ねえか 1 アありません, アない

▼ 行くとて~ (21, 0.0%)

3 肩を 2 また笛, 籠の

1 [14件] はつたり, ふと前, 其間代っ, 出かけた, 出かけたかれは, 去った彼女, 家を, 戸を, 暇乞いに, 清閑寺の, 裾にて, 誰が, 谷に, 貞子が

▼ 行くまでは~ (21, 0.0%)

1 [21件] ここへ, さだめし村里, その病氣, その空席, それをも, そんなで, たしかにあった, たと, だれだって, どんな豪傑, ふかくは, フィツロイ・シムソンが, 五万円という, 十分か, 山頂を, 座敷の, 文學が, 無意識と, 絶対に, 自分は, 馬穴を

▼ 行くよりは~ (21, 0.0%)

2 私は

1 [19件] いいです, おまへも, およそ二十町, お前の, これからお前, それと, ましだ, むしろこの, 増しぢやあありません, 増だ, 寧ろ横, 寧ろ此海, 無礼である, 自分の, 至難中の, 船で, 西石垣の, 連れが, 遙かに

▼ 行く子供~ (21, 0.0%)

2 の声

1 [19件] あり, がある, が一人, と一緒, などの邪推, のあと, のやう, のよう, の元, の心, の思想, の方, の生長, の群れ, の話, もあり, もずいぶん, を片方, を看る

▼ 行く彼女~ (21, 0.0%)

4 の後姿 2 の姿

1 [15件] であったこと, であろうか, にとって秋, にはいつ, の前, の包み, の後ろ姿, の性質, の様子, の足音, の身体, の頬, の頭, を愛撫, を追跡

▼ 行くけれど~ (20, 0.0%)

2 何を

1 [18件] おらなくなれ, お墓, それで風邪, それは, ただ行く, ふと折, 一夜泊で, 二人お客さまを, 仲, 姉ちゃんは, 平河さんで, 心では, 恋愛関係は, 病に, 私は, 自分は, 長子を, 頭の

▼ 行く~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] このお, じゃあ, それから人, それから白鳥, それで, づらひも, ア, ッ, 一列に, 二時間も, 先生の, 妾あの, 少し綺麗, 待ってよ, 後始末を, 行って, 靴だ, 駈けて

▼ 行く~ (20, 0.0%)

3 だ, だと 2 だけど, だツ 1 じゃない, だから, だけども, だな, だよ, ですがね, ですって, でせう, でね, で時々

▼ 行く人達~ (20, 0.0%)

2 だ, を見送る

1 [16件] がだんだん, が支え, が聞いた, だろう, に声, のおお, の一行, の中, の口, の後, の後姿, の運命, の顔, は同じ, は慌て, も少く

▼ 行く~ (20, 0.0%)

2 も三つ一つ

1 [18件] だけが穴, であつ, に奧, に細り行く, の影, の往来, の景色, の空気, の闇, の雪, は暁天, は次第に, もある, を多く, を惜しまない, を知らない, を荒れ狂った, を見た

▼ 行く心持~ (20, 0.0%)

1 [20件] ああ何, がなけれ, が汚い, でありました, でなさると, で易々, と高, に於, の最も, はたまらず, はとても, は如何にも, は恐らく, は自分, も分る, も起つ, よさ, を傷付けられない, を楽しむ, を足

▼ 行く過程~ (20, 0.0%)

1 [20件] が書きしるし, が遺憾, だったかも, であって, であつ, といふもの, とどこ, と認め, なの, にほかならない, に名づけた, の内, は実に, もやはり, をトルストイ, を想像, を描く, を歴史, を注目, を考えれ

▼ 行くころ~ (19, 0.0%)

2 はやがて

1 [17件] であった, となれ, になる, になれ, にはもう, には吉弥, には相手, には自分, には足もと, には近在, に夜, のそれから, の彼, はあの, は今, は何とか, を見計らい

▼ 行くふり~ (19, 0.0%)

14 をし 3 して 1 をした, 颯と羽織

▼ 行くまま~ (19, 0.0%)

2 に運ばれ

1 [17件] に, にあるい, にうっちゃっ, にされた, にし, に上流, に口, に大川端, に奥方様, に委せ, に昏, に書く, に歩いた, に烟, に目当, に読む, に進む

▼ 行く場所~ (19, 0.0%)

3 はある

1 [16件] がない, がなかつた, だとばかり, である, ではない, としてはなにか, の近く, はどこ, はない, はなかつた, は実に, は無, もない, も分ってるだろう, をひどく, を明らか

▼ 行く~ (19, 0.0%)

2 を妨げ, を送る

1 [15件] ありとは, が多勢, ではない, とは見られない, に日, のアパート, の手, の要求, はよく, は魚籠, もおしなべて, もふえました, を彼, を自分, を門口

▼ 行く後ろ姿~ (19, 0.0%)

3 を見

1 [16件] が見え, に対して熱い, に舂い, に見覚え, をいつ, を妬ましく, を平次, を恐ろしい, を眺める, を神尾主膳, を義雄, を見た, を見れ, を見送, を見送った, を見送つ

▼ 行く~ (19, 0.0%)

2 においても我々, にも旅, の途中

1 [13件] ではない, にし, の人, の先, の渡り者, の空, の翁, の話, の路傍, の身, の迅速, の途上, へ出

▼ 行く習慣~ (19, 0.0%)

3 になっ

1 [16件] があった, があつ, があり, がついた, が付い, だ, だった, だったが, だったそう, であった, なの, なので, になつ, の夜更け, ももう, を我々

▼ 行く若い~ (19, 0.0%)

2 女の

1 [17件] ものなんぞも, 中将の, 人たちの, 人の, 人達の, 女が, 女と, 女には, 女を, 娘を, 店員に, 文士には, 母が, 海女の, 男女を, 細君全治した, 選手ら

▼ 行くくらい~ (18, 0.0%)

2 ですからね

1 [16件] だから, であったが, である, であるけれども, ですから, で充分, なもの, ならいっそ, ならどこ, ならもともと, なら二人, なら今朝, なら向う岸, なんだ, 何でも, 気持の

▼ 行くにつれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] いつの間にか私, そうした響, その怪奇, なほいろいろな, 佐助は, 却って消え, 大きく拡がっ, 早苗の, 暗い藍, 果ては黒く, 母親に, 江戸ッ児の, 生々しい血潮, 目の, 私の, 私は, 葉子は, 著しくなっ

▼ 行く樣子~ (18, 0.0%)

8 です 4 でした 2 は此主人 1 でございました, ですが, は傍, を傍觀

▼ 行くけれども~ (17, 0.0%)

2 仰有る通り, 私は

1 [13件] おのおのの, これも, たぶん大, どれだけ, まあ其位, 一枚の, 其の變, 容貌は, 次に困る, 正義と, 父母の, 遂に答えられなかった, 鍬の

▼ 行くてに~ (17, 0.0%)

1 [17件] いつか薄い, 一つの, 二つの, 仄めく暗示, 廻って, 待ちうけ, 待つ運命, 望まれ出した江北一帯, 瀘水の, 石の, 神域の, 立ちふさがって, 笹の, 羅の, 聳える雲, 見えて, 見出したとき

▼ 行く人たち~ (17, 0.0%)

2 が善い

1 [15件] がいそがしく, がその, が堤, が立つ, が舞い上がる, が通りはじめました, のこと, の姿, の淋しく, の背, の言い合っ, はねみんな, は神様, も多い, らしい

▼ 行く方角~ (17, 0.0%)

2 のずつと向う

1 [15件] がわからぬ, が牧, が違う, で, であ, にさっさと, には飲み食い, に歩いた, に白河戸郷, の十数町, の関係, をきいろい, を手, を考え, を見定めました

▼ 行く~ (17, 0.0%)

5 がある 2 があった, が出来た 1 があつ, があり, なんかありゃしない, のいささか, はない, もありません, もなけれ, 足る

▼ 行く~ (17, 0.0%)

2 の舳先

1 [15件] がある, がえがく, が殊に, のあと, の中, の片帆, の者, の艫, は神童, は遠く, もあつ, を呼び戻そう, を見, を見る, を見送つ

▼ 行く~ (17, 0.0%)

2 の下

1 [15件] うらの, が縮む, ごしら, に狂い, のうすら寒, の先, の裏, の音, は真っ, も渋っ, をとどめる, をぴたり, を大股, を指南所, 取が

▼ 行くあて~ (16, 0.0%)

3 もなく 2 がある, もなかつた 1 があん, などある, のある, のない, はある, はない, は別に, もある, もない新しい

▼ 行くたんび~ (16, 0.0%)

2 に, に奥, に小遣 1 にお, にきっと, にさ, にそれ, にどうせ, にふるえる, にカンカン, に乾草, に必ず, に胸

▼ 行くとして~ (16, 0.0%)

4 可ならざる

1 [12件] では彼女, どういう風, ひるが, 一番に, 二回目からは, 今夜に, 地口行灯に, 少くとも, 紫は, 置きましよう, 見るこんな, 親方の

▼ 行くなどという~ (16, 0.0%)

8 ことは 2 気は 1 ことを, 思案は, 物理を, 破天荒の, 者も, 行動は

▼ 行くみち~ (16, 0.0%)

3 はない 2 をみつけなく

1 [11件] から少し, が, にもえ, の, のかた, のない, はあまりに, はそこ, へすっかり, へはいっ, をたずねました

▼ 行く~ (16, 0.0%)

4 である 2 であつ, の力 1 けの理由, けの話, けは行くだ, けは行つて, で中, なの, の面倒, の餘裕

▼ 行く代り~ (16, 0.0%)

1 [16件] その酒, に, にあなた, にお, にそちら, にほか, にもと, にヒューマニズム, に何, に奉公, に寝床, に幽, に彼等, に拳骨, に留守居, に門構

▼ 行く~ (16, 0.0%)

3 もある 2 を見送る

1 [11件] があつ, で故郷, にはお金, の先方, の顔, は全部みな小説家, もあれ, も間違わぬ, を得, を見, を起こし

▼ 行く~ (16, 0.0%)

2 のわづか

1 [14件] のいる, のこと, の出, の影, は上の空, は水色, も, もいさまし, も世に, を, を慕ふか, を見る, を見入っ, 浚いに

▼ 行く気配~ (16, 0.0%)

5 がした

1 [11件] があり, がある, がする, がない, が分った, が分つた, が感じられた, が聞えた, が見える, と思う, をみせる

▼ 行く用事~ (16, 0.0%)

2 があっ, ができた

1 [12件] があった, がない, が出来, が多く, と言う, のない, はありません, も別に, も毎日, を思ひ出した, を持つ, を頼まれ

▼ 行く跫音~ (16, 0.0%)

2 と共に次々

1 [14件] がきこえた, がこちら, が寝, が暫く, が絶望的, が聞こえます, が鐘楼, と殆ど, のやう, のよう, の先, もしない, やものいう, ややがて

▼ 行く~ (16, 0.0%)

2 をチョッキリ

1 [14件] からし, がなけりゃ, が入る, が四十二円十七銭, が稀, じゃったろ, のこと, のない, の葵紋, は持っ, もない, も送る, を貸せ, 二度と我が

▼ 行く~ (16, 0.0%)

2 の群

1 [14件] であるさ, に足跡, のお話, のむれ, のよう, の争, の啼声, の啼聲, の如く, は何十羽, は随分, も稀, を見た, を追い止むる

▼ 行くごと~ (15, 0.0%)

1 [15件] に, にいつも, にしょっちゅう, にそこ, にその, に出逢っ, に尾, に座敷, に時間, に曲っ, に民, に眺め, に赤ちゃん, に閃, 見め

▼ 行くひま~ (15, 0.0%)

2 も何

1 [13件] あるかしら, があったら, があれ, がない, がなかっ, が偸, なんか, にうんと, はありません, はなかっ, はなかつたらしく, もない, も無かっ

▼ 行く一方~ (15, 0.0%)

2 であつ

1 [13件] だ, だつた, だつた訣, である, であろう, ですからね, です逃げて, でそれ, にその, には原形, に村, に風雅, の者

▼ 行く以外~ (15, 0.0%)

2 に無い

1 [13件] にさしたる, にない, にホント, に京野一家, に何, に何処, に家, に思い, に手, に法, に道, は何処, は庭

▼ 行く~ (15, 0.0%)

2 の面, へ行く, をながめ, を見 1 から掻窘, と寒ざむ, の色, の表, も同様, を横目, を眺め

▼ 行く生活~ (15, 0.0%)

1 [15件] からその, が具體的, しかあたし, そして何, と, につれていろいろ, に感じる, の寂しい, の廃墟, の窮境, の表現, の裡, もいざ, も多い, も大抵

▼ 行く連中~ (15, 0.0%)

2 かも知れない

1 [13件] が沢山, が雲南, である, でこの, のほか, はあと, はない, はドン底, はラザルス, は和助, もだいぶ, もみんな, を安心

▼ 行くすえ~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] あくまでわが, おききとどけ給わるなら, どんな花, は, はこんな, わが梁山泊, を話し, 変らぬ約束, 御開運, 長く御, 長く揺がない, 頼む人

▼ 行くだけでも~ (14, 0.0%)

1 [14件] しようかとも, その面倒, どんだけ, なかなか遠かっ, なんとなく訪う, ひとりでに参詣者, クラクラと, 其面倒は, 大変な, 大層心, 私たちの, 耐え難かった, 貴いこと, 随分困難

▼ 行くついで~ (14, 0.0%)

2 にウイスキー

1 [12件] があったら, がある, にこれ, にその, にチヨツト, にブラツク・ドラゴン, に京城, に少し, に念, に案内, に立ち寄, の馬子

▼ 行くなどと~ (14, 0.0%)

2 いって, 大法螺 1 いう, 云って, 公言した, 呼びかけても, 彼は, 考えたの, 聞けば, 見えて, 言うこと, 諸方を

▼ 行く汽船~ (14, 0.0%)

3 にふと

1 [11件] があります, がある, が出ぬ, が悲しい, に乗った, に乗つた, のよう, の機関, の汽笛, の甲板, の舷

▼ 行く~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, がなかつた, だつて, との三つ, にもどれ, の中, の形, の見方, の音, はない, もない, をさば, 置いて, 賣りも

▼ 行く白い~ (14, 0.0%)

2 水の, 雲を 1 ものの, 刃影や, 夢を, 波煙を, 煙, 蝶の, 行者姿を, 路などが, 雲が, 雲も

▼ 行く~ (14, 0.0%)

1 [14件] から四, から夏, から涸, が見える, には泣聲, に妻, に残らん, に殘らん, に白く, の山, へ幾人, を寂しく, を追いかける, を飢餓

▼ 行く~ (14, 0.0%)

1 [14件] だ, など, にその, にはその, にも何, にイィシュトン氏, にエネルギー, に全, に女房, に私, に絶えず, に覚兵衛, に踏みつけられた, の道

▼ 行くあたり~ (13, 0.0%)

1 [13件] からその, から嘉門, から無, で向う, には恋人たち, にまた, に廓, の壺, の床, の陰影, の静かさ, は殊に, まで出ました

▼ 行くそして~ (13, 0.0%)

1 [13件] その凝視, その十分の一, それは, ちよつ, アウステルリッツの, スミスの, 乙女達は, 二階の, 国外へ, 山とは, 泣いて, 絵の, 郷土の

▼ 行く~ (13, 0.0%)

6 やありません, やない 1 やらう

▼ 行くまでには~ (13, 0.0%)

1 [13件] お銀, こみ入, また暗く, まだ何百里, 一寸した, 一度た, 何も, 信貴山毘沙門堂に, 大分暇が, 強い隠遁, 自然の, 追分から, 馬鹿な

▼ 行くまでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるまいよ, とにかく生き, ないだらう狸, ないだろう狸, ないと, なかった, なかつたやう, なくこの, なく敵, なく正直, 彼は, 思い迷った, 無く正直

▼ 行く人影~ (13, 0.0%)

2 がある

1 [11件] がちら, が扇, に見覚え, のいつか豆, はまた, も大分, も見えない, らしいもの, をみつめ, を見た, を見つけた

▼ 行く八五郎~ (13, 0.0%)

3 の後ろ姿 2 です, を尻目, を見送つ 1 その忠實, に花, のヒヨロヒヨロ, の器量

▼ 行く~ (13, 0.0%)

3 の姿 1 について歩き, のうしろ姿, の後, の後ろ, の後姿, の後影, は, は来る, を恋い慕う, を淋し

▼ 行く~ (13, 0.0%)

1 [13件] にこの, には制さなけれ, には自然, には身軽, に一秒間, に上陸, に常識風, に書いた, に洋服, に深い, に盛装, のみの実在, のもの

▼ 行く~ (13, 0.0%)

4 があつ 2 がある 1 があっ, が付いた, だった, にはやく, に本人, のよう, は日本人

▼ 行く青年~ (13, 0.0%)

3 であった 2 の姿, の後姿, の足音 1 だった, の光沢, の足, もある

▼ 行く馬車~ (13, 0.0%)

3 の上 1 が非常, とを命じた, と電車, に敬禮, に身, のところ, の音, はくろく, は経川, を見送り

▼ 行くのみ~ (12, 0.0%)

3 である 1 だ, だった, だつた, である人々, である財布, です, で骨, ならず仔細, なりしが

▼ 行くひと~ (12, 0.0%)

2 が多い, だ, はないだらう, はないだろう 1 がない, だらうか, です, は美しい

▼ 行く~ (12, 0.0%)

4 には文句 1 なんかない, にはわけ, には何人, には左, には読める, には誰, にやこれ程, のこと

▼ 行く~ (12, 0.0%)

1 [12件] がし, がどこ, が私, が聞こえる, だけの青野, で叫んだ, なの, のほのか, もする, も聞ゆ, をしょんぼり, 聞きつけて

▼ 行く支度~ (12, 0.0%)

2 をし 1 だ, にか, にかかりました, に取りかかりました, の出來, の出来る, までし, をしました, を始め, を買い

▼ 行く時代~ (12, 0.0%)

1 [12件] があった, がもう, だからね, であったから, であつ, である, で加納屋甚兵衞最初, に際会, のもの, の大きな, の様相, の響き

▼ 行く老人~ (12, 0.0%)

2 の枕もと 1 あり振り, だつた, と子供, と若々しい, などにたま, の後, の後ろ影, の後姿, の残骸, は門跡様

▼ 行く道すがら~ (12, 0.0%)

1 [12件] でご, の句, も彼, も怠り, 人なだれの, 修道院長が, 刑事は, 到るところ, 岸本は, 浅草橋辺で, 眺むれ, 私は

▼ 行く駕籠~ (12, 0.0%)

2 が用意, の後 1 だ, のぴしゃ, の一団, の入った, の右, は以前, をともすれば, を顎

▼ 行くかといふ~ (11, 0.0%)

1 [11件] こと, ことが, ことは, その経路, ところに, んだ, 事を, 問は, 樣な, 疑問を, 質問を

▼ 行くこと二里~ (11, 0.0%)

5 ばかりにし 2 にし 1 その川, その辺, で麓, ばかり大変嶮

▼ 行く~ (11, 0.0%)

1 [11件] いいか, おいッ, こいつを, はいって, オイ, ッ, 作者, 兄弟, 眞砂町の, 阿母, 高萩猪之

▼ 行くだけで~ (11, 0.0%)

1 [11件] あとは, げさ, すむので, そういう錯覚, なかなか麓, なんの, 営業できる, 寝泊りを, 常念山脈, 直き戻っ, 精一杯だ

▼ 行くてを~ (11, 0.0%)

1 [11件] さえぎり, ふさいだもの, 仰ぎては, 凝視し, 常に聞く, 急いで, 急ぎたる我が, 晦くし, 望んで, 眺めながら, 睨んだ

▼ 行くとしても~ (11, 0.0%)

1 [11件] さう, その外, それは, まだ足りない, 俺が, 只ゆく, 天辰の, 彼女は, 産れる, 罪人の, 途中は

▼ 行くと共に~ (11, 0.0%)

1 [11件] これに, これらの, その武士たち, 先生の, 同家へ, 場中再び, 声を, 我々の, 校庭の, 軽輩の, 駒井も

▼ 行くへも~ (11, 0.0%)

4 知れ乳母 2 しらず流れ行く, 見ゆるかな 1 しらず消えしか, しれず飛ぶや, 知らぬあま

▼ 行く~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいくら, であったが, である, など案外, の狹, の箱自動車, はザラ, は決して, は随分, もすく, を飽く

▼ 行く努力~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすでに, そのよう, など警察, に悩まされ, の方向, はよき, をし, をしなけれ, をつづける, を嘲笑, を見た

▼ 行く小さな~ (11, 0.0%)

2 ボートの 1 みちへ, 別荘な, 映画館は, 母の, 洋食屋が, 漁舟の, 犬に対して, 甥の, 荷馬車を

▼ 行く~ (11, 0.0%)

2 の中 1 が好き, であり峠, との二つ, はよい, へ行く, もこれ, やきと, を見, を観る

▼ 行く~ (11, 0.0%)

2 の流 1 がやがて, について走っ, のながれ, の向う岸, の流れ, の畔, を作者, を眺め, 長し

▼ 行く廊下~ (11, 0.0%)

2 の片隅 1 で素子, などそれ, のところ, の途中, の長い, は四週間前, を異常, を通る, を靜

▼ 行く自動車~ (11, 0.0%)

2 の車台 1 が闇, が鼠, のなか, の中, の形, の後, の手配, の笛, の行列

▼ 行く階段~ (11, 0.0%)

2 を激しい 1 が作りかえられた, だか, の下, の処, の口, の口あたり, の方角, は特に, をエルリング

▼ 行く~ (11, 0.0%)

2 の鳴く, を見 1 のあ, の列, の声, の數, の翅, は瑠璃色, をさえ射落す

▼ 行くある~ (10, 0.0%)

1 お茶屋へ, ものが, 人は, 場合には, 時期に, 洋食屋へ, 男を通して, 研究所へ, 群れの, 者は

▼ 行くうしろ姿~ (10, 0.0%)

1 が, がよい, が目, が老い, にはいかにも, をみ, をみんなふしぎそう, を指し, を振り, を認めました

▼ 行くかは~ (10, 0.0%)

1 ほとんど測り, 一九三六年度の, 刺戟を, 問わないただ, 容易に, 彼女には, 正確には, 知らないが, 考える迄も, 解らなかった

▼ 行くからね~ (10, 0.0%)

2 だれも 1 あなた達さきに, いずれまた, おとなしくし, その前, そツちで待つ, 家へ, 昼は, 美子さん尾いて

▼ 行くこれ~ (10, 0.0%)

1 が今日, が地図, が文化運動, が真, が第, が青年, と思ふ, の小舟, はともかく, も帝劇

▼ 行くとかいう~ (10, 0.0%)

1 ことであった, ことです, 事には, 事を, 例さえ, 問題だけが, 噂が, 場面を, 旨を, 話は

▼ 行くとの~ (10, 0.0%)

1 こと, ことだ, ことであった, ことでございました, ことです, さの, 事である, 事職務妨害は, 報せ, 返辞だった

▼ 行くやつ~ (10, 0.0%)

3 がある 1 がゐます, だと, でも人間, はいない, も多い, をつかまえる, 重くて

▼ 行くバス~ (10, 0.0%)

1 がある, がない, が出, が通つて, と円タク, に乗った, に比べ, の中, やトラック, を見送り

▼ 行く一つ~ (10, 0.0%)

2 の道 1 の人影, の地虫, の場合, の役割, の方法, の生贄, の舟, の黒影

▼ 行く世の中~ (10, 0.0%)

1 だろうと, で男, となっ, に何, に文学, に是正, のさま, の事, も僕, を諷した

▼ 行く~ (10, 0.0%)

1 が家庭, に対して可愛く, のこと, の小, の屍体, の後ろ姿, の心, の顔色, も長く, を門口

▼ 行く女中~ (10, 0.0%)

1 があった, が元, が襖, などはあの, のあと, のお, のかっこう, は竹, を呼, を見

▼ 行く工夫~ (10, 0.0%)

2 はありません, はつきません, をし 1 がある, に策, は無い, をした

▼ 行く平次~ (10, 0.0%)

2 をあわて 1 だつたの, の問, の姿, の後, の後ろ, の後ろ姿, をもう, を八五郎

▼ 行く当て~ (10, 0.0%)

3 もなく 2 もない, も無い 1 がない, はない, も無かっ

▼ 行く振り~ (10, 0.0%)

7 をし 1 できつ, で靴, を見せた

▼ 行く武士~ (10, 0.0%)

1 であると, のまこと, の体, の足音, は二十二, を, を見る, を見送る, を途中, 擦れ違う武士

▼ 行く~ (10, 0.0%)

2 になる 1 じゃねえ朝湯, ではございません, などを見, になっ, 取だから, 取と, 取に, 取を

▼ 行く源氏~ (10, 0.0%)

1 の姿, の態度, の春, の美しい, は一重, は美しかっ, は自身, を見, を見送った, を見送る

▼ 行く用意~ (10, 0.0%)

5 をし 1 が, である, は必要, をさせる, を濟

▼ 行く男女~ (10, 0.0%)

1 のあと, のある, のうち, の上, の客, の影法師, の後姿, の群, の者, 目すだれ

▼ 行く相談~ (10, 0.0%)

3 らしかったの, をし 1 がある, が飯, らしかつ, を隣

▼ 行く~ (10, 0.0%)

2 だと 1 で, であつ, であるから, であるからと, であるが, です, ですが, に成つた

▼ 行く若者~ (10, 0.0%)

1 がある, が時々, の中, の歌, の頭, の顔, もあった, もあつ, をかっきり, を狙い撃ち

▼ 行く覚悟~ (10, 0.0%)

2 の臍 1 が必要, でありました, でいた, でいる, でやっ, はちゃんと, らしく見える, をもっ

▼ 行く計画~ (10, 0.0%)

1 かそん, だったに, で有った, としてだけ話しだした, にした, も変化, をめぐらした, を発表, を立て, を立てた

▼ 行くへを~ (9, 0.0%)

1 さぐつてもらひました, たど, のぞむかな, 尋ねて, 照すの, 照らしつ, 照らせ燐, 追求しなけれ, 遮つて

▼ 行くまだ~ (9, 0.0%)

1 一分ある, 一日ある, 一時間ある, 九つ許り, 前だった, 十五の, 四十に, 宵の口の, 若い男

▼ 行く予定~ (9, 0.0%)

1 であったが, であったの, でいられた, でしたが, ですから, ですでに, になっ, のところ, の白峯

▼ 行く人魚~ (9, 0.0%)

5 の歌 1 だったの, の恋歌, の艶, よ

▼ 行く以上~ (9, 0.0%)

2 はその 1 はいかに, は何処, は専門家, は左様, は斬死, は未練がましい, 必ず真

▼ 行く口実~ (9, 0.0%)

1 にし, になった, にも窮, はない, ばかり考え, もなくなった, をさえ作っ, を何と, を考へた

▼ 行く学校~ (9, 0.0%)

1 で, で妙子さん, には沢山亜米利加人, の坂路, の生徒, は女学校, は自分, までの道, をも捜し

▼ 行く山道~ (9, 0.0%)

2 を想像 1 がある, が通つて, である, のある, の行く先, を別所, を横切る

▼ 行く~ (9, 0.0%)

1 があつ, と言, に任せ, に坊さま, に是非一緒, に案内, に物, もある, も有

▼ 行く~ (9, 0.0%)

1 からは農学校, にぽ, に執着, の, の夜景色, の方, の隅, の風情, を眺め

▼ 行く手段~ (9, 0.0%)

1 であったもの, はいくらでも, は如何, は男, も講じない, をまた, を持たなかつたら, を知っ, を知つて

▼ 行く日本~ (9, 0.0%)

2 の老大家達 1 のため, の兵隊, の女, の姿, の新, の生活, を語らせた

▼ 行く~ (9, 0.0%)

2 がなかっ 1 がない, がなく, などはなかっ, なんかない, のない, もない, を持っ

▼ 行く~ (9, 0.0%)

2 の声 1 が痛まし, とホテル, の後ろ姿, の後姿, の苦心, の面影, や良人

▼ 行く~ (9, 0.0%)

1 に参考, に肩, はいつも, は凄, を, をあの, をし, をした, を眺め

▼ 行く理由~ (9, 0.0%)

1 がある, がどうも, がなく, が必, なので, の一つ, もうなずかれるであろう, も目的, を述べ

▼ 行く結果~ (9, 0.0%)

1 である, であるが, となるでしょう, になった, になり, は長期建設, 焼け出された所, 現に穏当, 現に穩當

▼ 行く~ (9, 0.0%)

1 があんなに, さえ覚えた, に知らず, もある, もない, もなく, を知らない, を知らぬ, を知りましょう

▼ 行く運命~ (9, 0.0%)

1 に任せる, の劇, の恐ろし, の者, も予感, をもつ, を嘲る, を死守, を生まれながら

▼ 行く~ (9, 0.0%)

2 の日 1 であること, にからだ, に身体, の山, の道, を悦ぶ, 之助

▼ 行くかに~ (8, 0.0%)

1 かけられて, さえ思われた, も見え, 就ては, 思われる, 血まなこに, 見えたそして, 見えたの

▼ 行くからには~ (8, 0.0%)

1 あの学者, どういう結果, どうしても誰, どうせ碌, もちろんその, 一分一秒でも, 春日道か, 武蔵にも

▼ 行くかわり~ (8, 0.0%)

1 である, に何, に再び, に子供, に帰り, に私, に自分, に須崎町

▼ 行くくらいの~ (8, 0.0%)

1 こととしか, ことは, ことを, もの, もので, ものであった, ものである, 気軽な

▼ 行くそういう~ (8, 0.0%)

2 表現を 1 ことも, 人間が, 内からの, 理性的な, 過程が, 飛天夜叉の

▼ 行くもう~ (8, 0.0%)

3 一人の 1 前穂高, 売切れの, 夕方だ, 敵塁だ, 萩が

▼ 行くものの~ (8, 0.0%)

1 しかしまた一方あんなに, その様, 却つて自分の, 各, 市中の, 若々しさ, 通りがかりの, 魔界の

▼ 行くやら~ (8, 0.0%)

3 して 1 どうやらと, 三日ほど, 分らぬもの, 大騒ぎを, 腹の

▼ 行くんで~ (8, 0.0%)

1 え, せうよ, ちょうど便所, ねい, よく知っ, 客待ちの, 自然その, 調戯う

▼ 行く一群~ (8, 0.0%)

1 がもう, の男ども, の若い, の賊, の鳥, もある, も先, を見る

▼ 行く三人~ (8, 0.0%)

1 の姿, の後ろ影, の後姿, の生活, の男, の足どり, を不審さうに, を小屋

▼ 行く可能性~ (8, 0.0%)

2 がある 1 いかなる条件, として追究, の問題, もなく, をもった, を賦与

▼ 行く太陽~ (8, 0.0%)

1 が淋しき, と同様, にむかっ, のナポレオン, の姿, の速力, は何と, を眺め

▼ 行く~ (8, 0.0%)

1 があります, がある, だから, に明日何時, の客人, の若, へ煙草, らしかった

▼ 行く~ (8, 0.0%)

7 もない 1 もねんだろう

▼ 行く後ろ影~ (8, 0.0%)

3 を見送っ 1 が見えました, は早, を模糊, を眺めわたす, を見送った

▼ 行く気持ち~ (8, 0.0%)

1 が心, でまいった, になった, になれなかった, は解る, もなくなる, も汲めなく, を云わず語らず

▼ 行く~ (8, 0.0%)

3 の子 2 でした 1 の仔, の叫び声, を叱っ

▼ 行く生命~ (8, 0.0%)

2 の力 1 のため, の前, の死, の流れ, の立場, を噛む

▼ 行く~ (8, 0.0%)

1 から横, と海, のところどころ, の小路, の悪童ども, の若い衆達, や蝙蝠人, を見

▼ 行く米友~ (8, 0.0%)

1 が途中, の力, の形, の後ろ影, の車, は一歩一歩, をお松, を見物

▼ 行く芸術~ (8, 0.0%)

2 だと, の生命 1 たり得る, である, であるという, になっ

▼ 行く~ (8, 0.0%)

1 である, なども忘れる, にし, に似, に廊下, の歌, を欠い, を看取

▼ 行く農夫~ (8, 0.0%)

1 があった, にも, に出, の一人二人, の一家, の歌, の群, も見えた

▼ 行く~ (8, 0.0%)

2 を気 1 がない, が無かっ, だつた, である, は充実, を見合わせた

▼ 行くあいだ~ (7, 0.0%)

1 ずっと自分, その全身, にも二つ, に娘, に犯すべからざる, もほとんど, も飛脚

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 え, えあそこ, えご苦労, えど, え一しょ, どこかに, ふの

▼ 行くこと一里半~ (7, 0.0%)

6 ばかりにし 1 にし

▼ 行くこと三里~ (7, 0.0%)

4 ばかりにし 1 ばかりその間, ばかりチベット政府, また五里

▼ 行くてには~ (7, 0.0%)

4 常に二つ 1 まだ刈られない, より以上, 見えぬ

▼ 行くとともに~ (7, 0.0%)

1 ちょうど夜明け, 一方次第に, 一時は, 久しく憶, 元気も, 徐々に地獄, 病的に

▼ 行くどこ~ (7, 0.0%)

1 から来た, かを指し, じゃア, へ, へ出, へ行く, までもどこ

▼ 行くなど~ (7, 0.0%)

2 仕掛もの 1 とてもとても出来る, コッケイな, 並々ならぬ, 大それた, 絶え絶えの

▼ 行くばかりの~ (7, 0.0%)

1 やうでございました, 不幸の, 何やらすこぶる奇妙, 夢ばかりが, 家である, 様で, 町の

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 かな, であること, なき空, に立, 不明だ, 知らねば, 知られぬ

▼ 行くへは~ (7, 0.0%)

4 知れたと 1 替れども, 知るや, 雲に

▼ 行くよと~ (7, 0.0%)

1 云った, 云つて別れた, 喚く, 見えたので, 見る間, 言った, 言ったとき

▼ 行くわが~ (7, 0.0%)

1 健康を, 戦闘機を, 舟の, 艦隊を, 記憶の, 魂ぞ, 龍睡

▼ 行くわれ~ (7, 0.0%)

1 の果, は, を, をわれ, を七条, を七條, を柩

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 たらいい, てその, てまあ, て云う, て云っ, て何ん, て法

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 うも, かのある, かの足場, でもする, とかいう大きな, の成算, をする

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 が送つ, にはあまり, の好意, の性格, はこんな, は慌て, は空漠

▼ 行く元気~ (7, 0.0%)

1 があつ, なとめの, のい, はなかっ, はなし, もなかつた, もなくなった

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 が去っ, ぞうつる, と水道橋, の, のよう, を愛しみ, を西

▼ 行く兵士~ (7, 0.0%)

1 の一人, の後姿, の方, の気持ち, の行列, もある, や女たち

▼ 行く~ (7, 0.0%)

21 が手, と知らませ, は, を思ひかね, を見送った

▼ 行く唯一~ (7, 0.0%)

5 の道 1 のお願い, の所以

▼ 行く夕日~ (7, 0.0%)

1 のななめ, のよう, の反射, の彼方, を眺め, を見つめ, を追って

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 がはつきり, の匂い, の境, の夢, を見, を見た, を見ました

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 なる土, 之進, 扉が, 枯木, 混乱が, 満員三亀松を, 酔ひである

▼ 行く大きな~ (7, 0.0%)

2 鳥の 1 井戸について, 削り板, 渦の, 港の, 経済的社会的基盤と

▼ 行く女房~ (7, 0.0%)

1 がある, なの, に階下, の姿, の荒栲, も来り, も童女

▼ 行く少年~ (7, 0.0%)

2 の姿 1 のこと, のす, の顔, をいつ, を長い

▼ 行く往来~ (7, 0.0%)

2 の人 1 だ, のそば, の人々, の向う, の者

▼ 行く悲しみ~ (7, 0.0%)

1 であった, と名, の中, の氾濫, をまえ, を底, を思ふ

▼ 行く感じ~ (7, 0.0%)

1 だった, である, なの, はまことに, は眞, も好かつた, を下

▼ 行く旅費~ (7, 0.0%)

1 がある, として二千円, は払っ, もない, を得る, を残しとい, を貸せ

▼ 行く景色~ (7, 0.0%)

2 を眺め 1 などを見る, はい, をはっきり, をやや暫く, を見入っ

▼ 行く最後~ (7, 0.0%)

2 の面影 1 のあの, のタッチ, の一瞬, の責任者, の車

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 にもこんなふうに, の光, の姿, の路上, は三吉, は其処, を迎えた

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 が降, に段々, に苦, の子, の舌, はこれ, へぽ

▼ 行く~ (7, 0.0%)

2 にある 1 です, でたとえば, では, に変り, もある

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 とを目前, のよう, の末, の行方, の雲, は刻々, は陽

▼ 行く爲め~ (7, 0.0%)

2 その度毎 1 です, に, に口實, に身, のひとつ

▼ 行く父親~ (7, 0.0%)

2 の姿, の眼 1 の心持, の背後, をかこむ

▼ 行く目的~ (7, 0.0%)

1 かはわからない, がハッキリ, である, でコロンブス, で髭, よりも江戸, を果す

▼ 行く相手~ (7, 0.0%)

1 が誰, のある, の女, の心, の横顔, へ追, を見

▼ 行く瞬間~ (7, 0.0%)

1 がある, にこれ, に矢張, の光, の呼声, の感覚, まで僕

▼ 行く能力~ (7, 0.0%)

1 がありません, が無い, が無かっ, というもの, の出來, をも亦, を欠い

▼ 行く~ (7, 0.0%)

2 も止り 1 の如き, の客, の少女, の精, や果物

▼ 行く街道~ (7, 0.0%)

3 らしく小さな 1 とが町, と館林, の土, らしい小さな

▼ 行く~ (7, 0.0%)

1 だ, には行かぬ, にもゆかない, にも行かぬ, にや行かね, は無い, も造作

▼ 行く迄の~ (7, 0.0%)

1 ことは, ざつと一刻もの間お, 事です, 当座の, 段取, 通を, 間の

▼ 行く途上~ (7, 0.0%)

1 で當, で聞いた, に出会つた雪しぐれ, の歩み, も邪魔物, 美しき処女, 若い鮮人

▼ 行く道順~ (7, 0.0%)

1 である, としてアメリカ, をも友田, を教, を教わる, を話, を説明

▼ 行く黒い~ (7, 0.0%)

1 人影が, 小さな蜂, 帆の, 影が, 烟だ, 煤烟の, 舟には

▼ 行くかが~ (6, 0.0%)

1 わかるの, 何となし, 問題と, 富岡には, 眞底からの, 細かくその

▼ 行くさきざき~ (6, 0.0%)

1 が暗い, には風, の異国, の縁故, へ配布, まで気遣っ

▼ 行くそうして~ (6, 0.0%)

1 この平凡, その試演, 子や, 平和な, 明日院長に, 玄関の

▼ 行くたって~ (6, 0.0%)

1 それは, 仲, 大騒ぎで, 無えもの, 真暗で, 近いや

▼ 行くだけに~ (6, 0.0%)

1 して, なって, なりました, 十日あまりかかっ, 強い, 過ぎなかった

▼ 行くなぞ~ (6, 0.0%)

1 という噂, といふこと, と云, は贅沢, は身, へな阪

▼ 行くなどは~ (6, 0.0%)

1 おろか一人ぽっちでも, こけの, もってのほかだ, 忍びえずとして, 思ひも, 監獄にでも

▼ 行くにゃ~ (6, 0.0%)

1 あ余, あ及ぶ, 及ばねえ, 当らねえじゃ, 辛い, 辛いが

▼ 行くに従い~ (6, 0.0%)

2 浅くなっ 1 だん, 様々の, 次第に薄, 滑稽の

▼ 行くのいや~ (6, 0.0%)

1 だ, だもん, だわ, です, ですわ, という

▼ 行くわたくし~ (6, 0.0%)

2 はどうしても 1 の将来, の愛人, の靴, をなん

▼ 行くわと~ (6, 0.0%)

1 ふろしき包を, キミ子が, 云って, 囁くの, 楽しそう, 近所の

▼ 行く一行~ (6, 0.0%)

1 がありました, のす, の中, を眺め, を船, を見送っ

▼ 行く下駄~ (6, 0.0%)

4 の音 2 と鈴

▼ 行く不思議~ (6, 0.0%)

2 な響き 1 な人影, な光景, な心理過程, に休む

▼ 行く二つ~ (6, 0.0%)

2 の人影, の影 1 の小舟, の黒い

▼ 行く人口~ (6, 0.0%)

1 のより, の執拗, をこれ以上包容, を維持, を養い得る, を養う

▼ 行く今日~ (6, 0.0%)

1 ではまことに, と云, においてもう少し, の世, の光景, は駄目

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 の方法, の芸術, の部屋, はあるまい, はない, も来る

▼ 行く便船~ (6, 0.0%)

1 が出る, に乗っ, に積みこむ, の上, の中, はこ

▼ 行く~ (6, 0.0%)

2 らしく泥 1 の背, は敵, も少なから, も少なく

▼ 行く其の~ (6, 0.0%)

1 勇氣は, 有様を, 歩きつ振を, 潮は, 道すがら茨, 道中といふ

▼ 行く坂道~ (6, 0.0%)

1 がある, に従って長屋, のへん, の頂上, を半分夢, を歩き出した

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 にようやく, に漸く, の安, の馬, はその, は二物

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 ひさ, 學生なり, 徑を, 按摩らしい, 提灯の, 狸の

▼ 行く広い~ (6, 0.0%)

2 道を 1 コンクリートの, 谷の, 通りへ, 道の

▼ 行く度毎~ (6, 0.0%)

1 にそれ, にまるで, に一番町, に急, に感心, に私

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 がおれ, でも無い, なの, なん, を引き受ける, を買っ

▼ 行く径路~ (6, 0.0%)

1 があり, はありあり, は察せられます, は頷かれる, やらそれ, を何

▼ 行く後影~ (6, 0.0%)

1 をば壮, を木戸, を格子越し, を私, を見よ, を見澄まし

▼ 行く心地~ (6, 0.0%)

1 がする, したり, しつ, しぬ名, す, にて夜

▼ 行く心算~ (6, 0.0%)

1 じゃと今朝, だ, だつた, であったらしい, でしたが, なん

▼ 行く心細~ (6, 0.0%)

2 さだつた 1 さ, さを, さ恐ろし, そ

▼ 行く恰好~ (6, 0.0%)

1 がおかしい, でフラリ, になっ, の鰭, はあまり, を見る

▼ 行く態度~ (6, 0.0%)

2 に私 1 ちょうど名将, ととにかく, なの, を示した

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 ぞ頭幽か, に降り来る, は暗黒, は見, も彼, れわれ

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 る力, る可能, る時, る活きもの, る重た, 船で

▼ 行く手際~ (6, 0.0%)

1 なぞは実に, の良, の鮮やかさ, は全く, は実に, は巧妙

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 がなかっ, なぞは泉太, などには彼, につぶやいた, もなかつた, もなけれ

▼ 行く~ (6, 0.0%)

2 懇道も 1 らしい何, らしい蜘蛛, らしい道, 詩社が

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 かけて, ならお前, にシャトー, はあと白波, は何処, 長いて

▼ 行く気力~ (6, 0.0%)

1 がなく, がなくなった, などはない, もない, もなく, も何

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 のよう, の兄弟, の列, の呻, の行列, もあった

▼ 行く百姓~ (6, 0.0%)

1 である, の姿, の家族, の背, は皆, もある

▼ 行く筋道~ (6, 0.0%)

1 が見え, となつ, の骨折り, は考へられる, を自分, を辿つ

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 がうかうか, ならむ空, の女達十三人, の後逐, は白銀, は眞綿

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 の短き, 僧の, 哲学者が, 巡礼の, 武士の, 車夫の

▼ 行く考え~ (6, 0.0%)

1 でございますから, です, なん, はなかっ, もなく, も何

▼ 行く自信~ (6, 0.0%)

1 がない, がなく, のある, のため, はない, もある

▼ 行く自己~ (6, 0.0%)

1 に対するよう, の姿, の態度, の生命, を楽しむべく, を見る

▼ 行く行列~ (6, 0.0%)

1 があった, であった, に續, の上, まで見, をながめる

▼ 行く資格~ (6, 0.0%)

1 がない, の一つ, はある, はない, は無い, を得る

▼ 行く道程~ (6, 0.0%)

1 としてはあらゆる, のうち, の一驛站, は違っ, も正しい, を調べ

▼ 行く道路~ (6, 0.0%)

1 に迷つたの, の上, の前方, は白, を見下す, を隔て

▼ 行く限り~ (6, 0.0%)

1 その成長, ではそこ, は, 到底この, 必ずしも正確, 決して旦那様

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 がお, がない, が無かっ, なしと, につかむ, はなかつた

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 で水量, のしとやかさ, の糸, の街路, の音, は晴れ

▼ 行く~ (6, 0.0%)

2 には必死, を鏡 1 のさびしさ, の赤い

▼ 行く~ (6, 0.0%)

1 の波動, もあらん, よしばらく, を傷む, を書いた, を眺め

▼ 行く~ (6, 0.0%)

2 も淵 1 かなんぞのよう, の如し, の影, の感じ

▼ 行く~ (5, 0.0%)

2 ひだに 1 この生, たはず, ひがもバタ

▼ 行くお前~ (5, 0.0%)

1 の姿, は, は何, は誰, を連れ

▼ 行くぐらいの~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 ことでした, 事は, 厚意の

▼ 行くことそれ~ (5, 0.0%)

1 がおそろしかっ, が彼, が最も, をまた, を心がけ

▼ 行くこと五里~ (5, 0.0%)

3 ばかりにし 1 すると岩山, にし

▼ 行くすぐ~ (5, 0.0%)

1 傍を, 前か, 草の, 輿に, 近所の

▼ 行くその後~ (5, 0.0%)

1 から下僕, に油断, の方, を前, を小荷駄

▼ 行くつて~ (5, 0.0%)

1 いふの, いふ工合, けふいつ, さう云つて, 出たつきり

▼ 行くとね~ (5, 0.0%)

1 あの方, 何でも, 学校が, 帰りがけに, 木村なんぞは

▼ 行くどころ~ (5, 0.0%)

3 では 1 じゃねえ, の騒ぎ

▼ 行くのぢ~ (5, 0.0%)

31 やな, やらう

▼ 行くふう~ (5, 0.0%)

2 では 1 だけを見せ, だった, でなく

▼ 行くほども~ (5, 0.0%)

1 あらねば, なくそこ, なく段々畑, 早や, 降らなかったが

▼ 行くもんぢ~ (5, 0.0%)

1 やありません, やあるまい, やない, やねえ, やよう

▼ 行くやり方~ (5, 0.0%)

2 は面白く 1 がこの, ですね, をし

▼ 行くわよ~ (5, 0.0%)

1 あたしが, おばさま, すぐ行く, 立派に, 諸君

▼ 行く一個~ (5, 0.0%)

2 の人影 1 のごろた石, の国民集団, の狂人

▼ 行く一艘~ (5, 0.0%)

1 の小舟, の尾形船, の独木舟, の船, の艀舟

▼ 行く一隊~ (5, 0.0%)

1 か, があった, とでも評した, の兵卒, の蓑笠

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 つ引, にテープ, のところ, の海, の関

▼ 行く世相~ (5, 0.0%)

1 といふもの, に對, のうち, の一つ, をながめ

▼ 行く世間~ (5, 0.0%)

4 を呪 1 を呪いやめなかった

▼ 行く主人~ (5, 0.0%)

1 と調子, のあと, の大工, の姿, の後ろ姿

▼ 行く人物~ (5, 0.0%)

2 があった 1 だから, もあつ, を技術家

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 ご自身, の少女, の我, 行くと, 迄農業

▼ 行く仕度~ (5, 0.0%)

2 をし 1 でもする, ばかりさせられ, をした

▼ 行く代わり~ (5, 0.0%)

1 に先生, に背後, に自分, に走り, に鰹船

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 が中途, が皆, にトン, はほんとう, もありました

▼ 行く列車~ (5, 0.0%)

1 だって無駄, など実に, に乗ろう, に乘, の影

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 でこの, のひど, はスザマシイもの, もございません, を

▼ 行く即ち~ (5, 0.0%)

1 その資本制, 世界が, 英文学を, 表現作用的である, 警戒し

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 と別れ, に後れ, の姿, も人, を送っ

▼ 行く友人~ (5, 0.0%)

2 を送り出し 1 と入れ替り, と手, に似

▼ 行く夕暮~ (5, 0.0%)

2 の空 1 となった, の中, の反射

▼ 行く夕陽~ (5, 0.0%)

1 に照らされ, の光, の最後, の海, の色

▼ 行く夜半~ (5, 0.0%)

2 の暗き 1 は我, を背中合せ, 過わけ

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 であろうどこ, というの, の幽霊, の後姿, の手

▼ 行く始末~ (5, 0.0%)

1 さんざカス, であつ, である, なので, なん

▼ 行く婦人~ (5, 0.0%)

1 に好き者, の尋常, の脚, の跫音, の靴

▼ 行く子供たち~ (5, 0.0%)

1 がそんな, のため, の行列, の跡, もありました

▼ 行く容子~ (5, 0.0%)

2 はまるで 1 なぞも考, は抱え, は見る

▼ 行く小舟~ (5, 0.0%)

1 ありき, には打, に乗っ, の様, を船頭

▼ 行く~ (5, 0.0%)

2 れ自身 1 は日本, れの, れを

▼ 行く~ (5, 0.0%)

2 は両親 1 はとっくに, は取, は取っ

▼ 行く役目~ (5, 0.0%)

1 が振り当てられた, でありながら, は従兄弟たち, は薩州, を仰せつかり

▼ 行く彼ら~ (5, 0.0%)

1 にすれ, の肩, はおそらく, を一藩, を尚

▼ 行く快感~ (5, 0.0%)

2 をふと 1 によって書きすすめる, を味わっ, を捨てる

▼ 行く提灯~ (5, 0.0%)

1 が二階, の中, の光, の導く, を持っ

▼ 行く時私~ (5, 0.0%)

1 はマサチューセッツ州エセックス郡出身, は何故, は多少, は極めて, は鞄

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 のおやじども, の人々, の娘, はひじょうに, は今

▼ 行く東京~ (5, 0.0%)

1 が震災後, の伯母, の有様, の町, を見

▼ 行く松明~ (5, 0.0%)

2 の火 1 の明り, の輝き, は一つ

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 がつき, の中, の女神ダイアナ, の運命, はまっくろい

▼ 行く模様~ (5, 0.0%)

1 が分るだろう, が知れる, であります, もない, をみとめた

▼ 行く権利~ (5, 0.0%)

1 があり, がある, というもの, をも授ける, を自覚

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 からは二筋, の向う, も見当らない, を流し, を渡っ

▼ 行く武蔵~ (5, 0.0%)

2 の姿 1 の足, へいい, を見送っ

▼ 行く氣持~ (5, 0.0%)

2 になつ 1 になつたの, は狹, を強い太

▼ 行く~ (5, 0.0%)

4 はない 1 を教え

▼ 行く現象~ (5, 0.0%)

1 がよほど, が知られ, のごとき, を捉える, を説明

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 に対する脅し, の足蹟, は私, を見守った, 墻には

▼ 行く生徒~ (5, 0.0%)

1 が急, が手紙, に蜻蛉, のやう, の後姿

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 のよう, の段々, を見た, を見詰める, 畳みの

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 だと, の話, の顔, はどこ, 或は神人

▼ 行く私達~ (5, 0.0%)

2 なの 1 の氣持, の跫音, は暗い

▼ 行く節子~ (5, 0.0%)

1 に聞える, のため, の薄, を憐む心, を見送った

▼ 行く経路~ (5, 0.0%)

1 が皆, はやがて, は極めて, を示し, を考える

▼ 行く~ (5, 0.0%)

2 の調子 1 があっ, が出, を書い

▼ 行く群集~ (5, 0.0%)

1 と共に消え去った, の下駄, の聲, を眼, 来る群集

▼ 行く~ (5, 0.0%)

2 に唐沢家, に自分達 1 にもの

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 うめは, 帽子を, 片手に, 白状し, 知りませんでした

▼ 行く通り~ (5, 0.0%)

1 にあと, について来, に思はれた, に遊弋, はまことに

▼ 行く長い~ (5, 0.0%)

1 ものが, キヤラバンが, 廊下で, 月日の, 航海の

▼ 行く~ (5, 0.0%)

1 が次第に, の中, の朝, の絶間, は山

▼ 行く飛行機~ (5, 0.0%)

1 ができ, にちよ, の, の壮快, を仰いだ

▼ 行くうえ~ (4, 0.0%)

1 におおむね, にもそち, に一番一番大切, に最も

▼ 行くお金~ (4, 0.0%)

2 あるの 1 がいる, もない

▼ 行くお雪ちゃん~ (4, 0.0%)

1 ある時, と両, の姿, の赤ん坊

▼ 行くがんりき~ (4, 0.0%)

2 の百蔵 1 と七兵衛, は窓

▼ 行くこそ~ (4, 0.0%)

1 なかなかに, めで, 是非なけれ, 無残なれ

▼ 行くこと一里~ (4, 0.0%)

4 ばかりにし

▼ 行くさかい~ (4, 0.0%)

1 お前も, お前より, これからほんま, ハズさんが

▼ 行くしかも~ (4, 0.0%)

1 その朝, 女の, 日本人の, 鋭利なる

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 がたは 1 がた, がたの

▼ 行くすると~ (4, 0.0%)

1 その傷ついた, 彼は, 間もなくし, 高い所

▼ 行くすゑ~ (4, 0.0%)

1 の事, の空, をかけ, を消す

▼ 行くそこで~ (4, 0.0%)

1 今に, 助手が, 明治の, 私等も

▼ 行くそれで~ (4, 0.0%)

2 娘にも 1 今の, 毎年マホメット教と

▼ 行くぞと~ (4, 0.0%)

1 いふんで, して, 云わぬばかりに, 思い前途

▼ 行くだけじゃ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 ありませんか, 生き甲斐がねえ

▼ 行くだけは~ (4, 0.0%)

2 行って 1 あぶないから, 行かなければ

▼ 行くつまり~ (4, 0.0%)

1 それ又, 中国へ, 私たちの, 軍艦奉行の

▼ 行くては~ (4, 0.0%)

1 いずこと, まだ千里, 大きな黒い, 日の

▼ 行くとき彼~ (4, 0.0%)

1 と同じく, の足, はいつも, は長い

▼ 行くとき私~ (4, 0.0%)

1 には何となく, は一人, は七葉樹, は娘

▼ 行くとでも~ (4, 0.0%)

1 思ったか, 成つたら私, 洒落ますかな, 言いましょう

▼ 行くなあ~ (4, 0.0%)

1 あきらめるが, ちゃんが, やめなさるか, 親分じゃ

▼ 行くなどとは~ (4, 0.0%)

1 よくねえ, 不貞とも, 夢にも考えなかった, 思いも

▼ 行くばかりと~ (4, 0.0%)

1 なし守備, なった, なりました, なる

▼ 行くまでが~ (4, 0.0%)

1 たいへんな, なかなか危い, 大変である, 彼女の

▼ 行くガラッ~ (4, 0.0%)

3 八の 1 八たった

▼ 行く一本~ (4, 0.0%)

2 のでん 1 の道, の雨傘

▼ 行く丁度~ (4, 0.0%)

1 その時期, チキンの, 土曜で, 彼位ゐ

▼ 行く両側~ (4, 0.0%)

1 の丘, の御, はこんなに, は賭場

▼ 行く二人連~ (4, 0.0%)

1 に気がつい, に見せつけ, も同じ, らしい女

▼ 行く京都~ (4, 0.0%)

1 ではまず, の町, の豊田さん, へも行く

▼ 行く人力車~ (4, 0.0%)

1 が止る, の車輪, の轂, を二臺

▼ 行く人数~ (4, 0.0%)

1 から判断, が見えた, にも勢力, は脚船

▼ 行く人生~ (4, 0.0%)

1 の相, の薄明, をかえる, を眺め

▼ 行く仕事~ (4, 0.0%)

1 が何, だから, では小出し, の儲

▼ 行く仕掛け~ (4, 0.0%)

1 である, なん, になっ, を拵え

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 か解らない, が端, だし, を装つて一緒

▼ 行く余裕~ (4, 0.0%)

2 がない 1 がある, がなかっ

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 がある 1 がその, が七

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 かな, の上, の輪, の音

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 の姿, の後姿, の方, を見送った

▼ 行く兵馬~ (4, 0.0%)

1 の足どり, の跫音, を呼び止め, を階段

▼ 行く千鶴子~ (4, 0.0%)

1 の後, の後姿, は後, を眺め

▼ 行く半蔵~ (4, 0.0%)

1 の後ろ, は佐吉, は行く先, を送り出した

▼ 行く友だち~ (4, 0.0%)

1 がこの, の噂, の妹, をうらやみ

▼ 行く古い~ (4, 0.0%)

1 並木道との, 朱の, 武器が, 習慣が

▼ 行く同じ~ (4, 0.0%)

1 人の, 年頃の, 船の, 鍼路をば

▼ 行く哀れ~ (4, 0.0%)

1 な姿, な折柄, な鉢, の姿

▼ 行く喫茶店~ (4, 0.0%)

2 に入り 1 に入った, へゆきました

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 の如き, の維摩, を想像, を考える

▼ 行く多く~ (4, 0.0%)

1 の人々, の同, の舟, の青年たち

▼ 行く女衆~ (4, 0.0%)

3 が多 1 が多かっ

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 の後, の後姿, を店, を見送った

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 が幾組, の情緒, の様子, の身

▼ 行く学生~ (4, 0.0%)

2 もある 1 に向っ, の足元

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 のござる, もない, もなかっ, もなく

▼ 行く実に~ (4, 0.0%)

1 ひどいもの, 御難儀, 景色よく, 精巧な

▼ 行く家庭~ (4, 0.0%)

1 で若い, というもの, といふ事, は勿論

▼ 行く寒い~ (4, 0.0%)

1 のに皆んな, 人とを, 光の, 空の

▼ 行く小学生~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 なり, の群

▼ 行く小鳥~ (4, 0.0%)

2 の影 1 の群, の翼

▼ 行く形勢~ (4, 0.0%)

1 がありあり, にある, はなく, を見分ける

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 さを 1 よい感触, よさ

▼ 行く思い~ (4, 0.0%)

2 をした 1 で若, を託し

▼ 行く息子~ (4, 0.0%)

1 のさびしげな顔, の足, を, を親

▼ 行く意味~ (4, 0.0%)

1 から付けた, にあらずし, もない, 深い歴史

▼ 行く意識~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 からみ, して, のその, は奇観

▼ 行く手筈~ (4, 0.0%)

1 がつかなけれ, にきめ, にちがいありません, になっ

▼ 行く旅客~ (4, 0.0%)

1 が集まり来る, の行きかけたる, はペリギュウ, もなかっ

▼ 行く日本人~ (4, 0.0%)

1 が恥, は私一人, を珍, を見まし

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 を書き記した, を答, を答え, を返事

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 の人, の日本人, の漂泊詩人, の絵草紙

▼ 行く時刻~ (4, 0.0%)

1 が来た, になった, はあなた, を見はからっ

▼ 行く時彼女~ (4, 0.0%)

1 が独語, のそば, は素知らぬ, は自分

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 ではなく, は直に, や原稿紙, を米

▼ 行く本道~ (4, 0.0%)

1 と渓流, の側, の途中, は

▼ 行く条件~ (4, 0.0%)

1 からの見, があなた, がプロレタリア文学運動, が備

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 の中 1 が大阪, の半ば

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 か, の

▼ 行く楽しみ~ (4, 0.0%)

1 がなくなる, をあたえよう, を思い, を語った

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 の儚, の小舟, の島, の長崎

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 にボンボン入れ, に早稲田, に海老屋, に益々

▼ 行く気勢~ (4, 0.0%)

1 がした, だった, もない, も聞き取られる

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 に追いかぶさろう, のいつ, の中, もうらやましかっ

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 のうねり, の上, の面, を見

▼ 行く準備~ (4, 0.0%)

1 だという, にとりか, をし, をする

▼ 行く為め~ (4, 0.0%)

1 である, に良人, に誘い, に那覇

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 の兩三聲, の啼声, の声, を描いた

▼ 行く煙草~ (4, 0.0%)

2 の煙 1 の烟, をのませよう

▼ 行く物音~ (4, 0.0%)

1 がする, に樣子, も, を大井

▼ 行く状態~ (4, 0.0%)

1 である, は諸君, をながめ, を一人一人

▼ 行く現在~ (4, 0.0%)

1 が過去, なの, にいつ, によつて

▼ 行く田舎~ (4, 0.0%)

1 だア, には笹飴, の家, の景色

▼ 行く~ (4, 0.0%)

4 てもない

▼ 行く病人~ (4, 0.0%)

1 が塵埃, が益々, と言, や生き

▼ 行く目標~ (4, 0.0%)

1 である, といえ, に進ん, は是非

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 である 1 がある, だ

▼ 行く空気~ (4, 0.0%)

1 がその, だ, なので, はそれっきり

▼ 行く~ (4, 0.0%)

4 の音

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 に呼吸, の中, の調節, もあります

▼ 行く細い~ (4, 0.0%)

1 いきさつを, 水の, 流が, 苔道には

▼ 行く罪人~ (4, 0.0%)

2 はいつも 1 にも末期の水, のよう

▼ 行く義務~ (4, 0.0%)

2 はない 1 がある, を負

▼ 行く芝居~ (4, 0.0%)

1 の娘, の種類, の立見, へ行け

▼ 行く芸者~ (4, 0.0%)

1 の宅, の後ろ姿, の行来, もあった

▼ 行く苦し~ (4, 0.0%)

3 さに 1 さは

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 が見えだした, に蔽, の名前, 負い牛

▼ 行く荷船~ (4, 0.0%)

4 の帆

▼ 行く荷馬車~ (4, 0.0%)

1 には頑丈, の行列, を廻し, を見送っ

▼ 行く血液~ (4, 0.0%)

2 がへる 1 の流れ, の炭酸全量

▼ 行く言葉~ (4, 0.0%)

1 で枕詞, との二段, まで半蔵, を聞き損じない

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 りであったかくして, りであつ, りである, りの

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 かの足音, か女, が何処, にもそんなに

▼ 行く足どり~ (4, 0.0%)

1 で私, は吉原, もおちついた, を有難く

▼ 行く迄に~ (4, 0.0%)

1 平塚横浜等通過出来なくなる, 新しい精気, 油井が, 網の

▼ 行く迄には~ (4, 0.0%)

1 それから, ほかに, 井戸から, 足場の

▼ 行く途端~ (4, 0.0%)

1 たそや, にお, に自分, に高柳君

▼ 行く通路~ (4, 0.0%)

2 を研究 1 に当っ, の近所

▼ 行く郊外~ (4, 0.0%)

1 の佗住居, の侘住居, の様子, 近い街

▼ 行く金吾~ (4, 0.0%)

1 と敦子, のじ, のザクザク, の足音

▼ 行く鉄道~ (4, 0.0%)

1 の起点, の近く, はどう, は駅

▼ 行く~ (4, 0.0%)

2 の音 1 の声, を数

▼ 行く隅田川~ (4, 0.0%)

2 の水 1 の辺り, を嘆かなかつた

▼ 行く面白~ (4, 0.0%)

21 さが, さに

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 がふと, がカラ, などがとても, の上

▼ 行く馬鹿~ (4, 0.0%)

2 がある 1 の様, はない

▼ 行く~ (4, 0.0%)

1 と人, の影, の後方, をなぜ

▼ 行くあなた~ (3, 0.0%)

1 の列車, はどう, を見送

▼ 行くいつしか~ (3, 0.0%)

3 傘屋の

▼ 行くいわれ~ (3, 0.0%)

1 ありません, なさ, はない

▼ 行くうしろ姿十九~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ 行くおつもり~ (3, 0.0%)

21 かな

▼ 行くおとうさん~ (3, 0.0%)

1 といっしょ, と別れました, もあと

▼ 行くからって~ (3, 0.0%)

1 なにも, 言うから, 言っといたわ

▼ 行くからは~ (3, 0.0%)

1 此ん, 身でも, 陣十郎も

▼ 行くきり~ (3, 0.0%)

21 です

▼ 行くこと七里~ (3, 0.0%)

3 ばかりにし

▼ 行くこと二里余~ (3, 0.0%)

2 にし 1 初めて広々と

▼ 行くこと半町~ (3, 0.0%)

3 ばかりにし

▼ 行くこと四里~ (3, 0.0%)

2 ばかりにし 1 ばかりで

▼ 行くこと数里~ (3, 0.0%)

2 にし 1 の後

▼ 行くこんな~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことも, 映画に

▼ 行くすべて~ (3, 0.0%)

1 でもあります, のもの, の人

▼ 行くその後姿~ (3, 0.0%)

1 と地, を見, を見送つた

▼ 行くぞという~ (3, 0.0%)

1 ような, 意味でしょう, 風には

▼ 行くだけが~ (3, 0.0%)

1 人間の, 以前に, 自分の

▼ 行くっていう~ (3, 0.0%)

1 のを, んです, 計画です

▼ 行くつていふ~ (3, 0.0%)

1 その理由, だけで, ほどの有様

▼ 行くつて云つて~ (3, 0.0%)

1 たけれど, なかつたべ, ゐたけれど

▼ 行くといつて~ (3, 0.0%)

1 はお前たち, も子供, 居たのに

▼ 行くとお~ (3, 0.0%)

2 つし 1 ない年

▼ 行くとかいふ~ (3, 0.0%)

1 やうな, 場合が, 詩想の

▼ 行くとては~ (3, 0.0%)

1 手拭の, 踊つて唄う, 騷いだ

▼ 行くとても~ (3, 0.0%)

1 住めさうに, 凍餓, 巨大な

▼ 行くとな~ (3, 0.0%)

1 ちょっとした酒屋, つたのも, つた時收穫

▼ 行くなという~ (3, 0.0%)

1 云いならわし, 権利の, 言葉が

▼ 行くについて~ (3, 0.0%)

1 だな, 少しばかり, 東海道筋は

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 あなたも, や, 徳川夢声みたいに

▼ 行くのさ~ (3, 0.0%)

1 へ億劫, へ重, へ電車

▼ 行くほか道~ (3, 0.0%)

2 がない 1 はない

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 に土, ぼろしもが, ぼろしを

▼ 行くまた~ (3, 0.0%)

1 その母, その隣り, 総長の

▼ 行くまるで~ (3, 0.0%)

1 アリでも, 入りが, 牡丹雪が

▼ 行くものぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やア

▼ 行くやと~ (3, 0.0%)

1 云う, 問ひけれ, 疑われます

▼ 行くやを~ (3, 0.0%)

1 尋ねました, 知らず萩, 知らない萩

▼ 行くらんやう~ (3, 0.0%)

1 にお, にも打, 覚えて

▼ 行くわい~ (3, 0.0%)

21 かってに

▼ 行くガラツ八~ (3, 0.0%)

2 の後姿 1 お勇

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 かい, ちふから, て云

▼ 行くトラック~ (3, 0.0%)

2 の便 1 を見送っ

▼ 行くフリ~ (3, 0.0%)

1 も見せなかった, やお, をし

▼ 行く一匹~ (3, 0.0%)

1 が林立, の白狐, の足長蜘蛛

▼ 行く不安~ (3, 0.0%)

1 がある, が胸中, と焦燥

▼ 行く不幸~ (3, 0.0%)

2 な青年 1 な百姓ども

▼ 行く世話~ (3, 0.0%)

1 がなく, もない, をし

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の頬, 岸の, 股の

▼ 行く乞食~ (3, 0.0%)

2 の群 1 を見ました

▼ 行く事件~ (3, 0.0%)

1 の段取り, の進行, は決して

▼ 行く亡者~ (3, 0.0%)

1 のため, のやう, のよう

▼ 行く人人~ (3, 0.0%)

1 に混, の面, を見る

▼ 行く人夫~ (3, 0.0%)

1 に今夜, の群れ, や荷物

▼ 行く以前~ (3, 0.0%)

1 に一家, に一度, に暗殺

▼ 行く仲間~ (3, 0.0%)

1 であった, の顔, も

▼ 行く任務~ (3, 0.0%)

1 を帯びる, を持っ, を有っ

▼ 行く侍女~ (3, 0.0%)

1 の後, の跫音, やら上

▼ 行く価値~ (3, 0.0%)

1 のある, は充分, を持つ

▼ 行く傾き~ (3, 0.0%)

1 がある, になつ, のある

▼ 行く兄弟~ (3, 0.0%)

1 のうち, の子供, を呼びとめ

▼ 行く入口~ (3, 0.0%)

1 がある, で式台, のすぐ

▼ 行く兵隊~ (3, 0.0%)

1 もみな仮面, や灰色, をしばしば

▼ 行く労働者~ (3, 0.0%)

1 である, の数, を見るだろう

▼ 行く勇ましい~ (3, 0.0%)

1 姿を, 群が, 行者でなけれ

▼ 行く勇氣~ (3, 0.0%)

1 がない, はなかっ, もなく

▼ 行く勉強~ (3, 0.0%)

21 をし

▼ 行く千曲川~ (3, 0.0%)

1 かな, にそっ, の下流

▼ 行く友達~ (3, 0.0%)

1 が悲しく, の, のうしろ姿

▼ 行く味方~ (3, 0.0%)

1 の者, の飛行機, の馬

▼ 行く商人~ (3, 0.0%)

1 がある, も幾分, を眺め

▼ 行く団体~ (3, 0.0%)

1 の人, の宗教的, を募集

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 より赭, を接吻, を更に

▼ 行く土地~ (3, 0.0%)

1 にはおらぬ, のざわめき, の名

▼ 行く地獄~ (3, 0.0%)

2 だつたの 1 へも行く

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 で峰, の道, を登っ

▼ 行く大きい~ (3, 0.0%)

1 態度も, 方の, 桶を

▼ 行く大男~ (3, 0.0%)

2 の後姿 1 は身体

▼ 行く女たち~ (3, 0.0%)

1 とことに, の姿, の生活

▼ 行く娘さん~ (3, 0.0%)

1 が暴漢, とその, などは特に

▼ 行く子供等~ (3, 0.0%)

2 に追 1 はあ

▼ 行く子供達~ (3, 0.0%)

1 が歌つて, とそして, の賑やか

▼ 行く存在~ (3, 0.0%)

1 である, をいい表わす, を補給

▼ 行く季節~ (3, 0.0%)

1 なのに, をことに, を選ばなけれ

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 に暑苦しい, の中, を病室

▼ 行く家族~ (3, 0.0%)

2 の一つ 1 も屍

▼ 行く宿屋~ (3, 0.0%)

1 はきまっ, までときめ, もない

▼ 行く小さい~ (3, 0.0%)

1 人影は, 苫屋が, 街に

▼ 行く小僧~ (3, 0.0%)

1 がある, なぞがその, もある

▼ 行く小林~ (3, 0.0%)

1 に追いつかれた, の後ろ姿, を加

▼ 行く小次郎~ (3, 0.0%)

1 の体, の姿, の転がっ

▼ 行く少し~ (3, 0.0%)

2 前に 1 前など

▼ 行く少女~ (3, 0.0%)

2 の跡 1 にくれぐれ

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の手元, の行列, の顔

▼ 行く屋根~ (3, 0.0%)

1 に追いついた, を見, を見た

▼ 行く山路~ (3, 0.0%)

1 の草, の途中, の過去

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 にある, の奥地, の横腹

▼ 行く工合~ (3, 0.0%)

1 が何とも, で何となく, は丁度

▼ 行く左門~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 であった

▼ 行く希望~ (3, 0.0%)

1 に燃え, はない, をぢ

▼ 行く影法師~ (3, 0.0%)

1 が野, もともすると, もまた

▼ 行く後ろ~ (3, 0.0%)

2 から 1 から懷ろ

▼ 行く後影誰~ (3, 0.0%)

2 れだ誰 1 れ誰

▼ 行く後方~ (3, 0.0%)

1 から娘, から若党, へ庄吉

▼ 行く快い~ (3, 0.0%)

2 感触に 1 夢である

▼ 行く恐し~ (3, 0.0%)

1 い, い疑惑, さは

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 でご, という, となる

▼ 行く感情~ (3, 0.0%)

1 がある, は妙, を認めず

▼ 行く我が~ (3, 0.0%)

3 子の

▼ 行く或は~ (3, 0.0%)

1 アメリカを, 研究的に, 築地小劇場に

▼ 行く手前~ (3, 0.0%)

1 が下, の舟, を現し

▼ 行く拍子~ (3, 0.0%)

1 に明け放たれた, に答案用紙, に籠

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の一人, は剛強, を追

▼ 行く新しい~ (3, 0.0%)

1 あちらの, 感覚である, 知己の

▼ 行く方面~ (3, 0.0%)

1 が異, は日高川, は私

▼ 行く時勢~ (3, 0.0%)

1 の変遷, の絵巻物, はまざ

▼ 行く時期~ (3, 0.0%)

2 である 1 が来る

▼ 行く~ (3, 0.0%)

3 さかな

▼ 行く曲者~ (3, 0.0%)

2 だね 1 の後ろ姿

▼ 行く最も~ (3, 0.0%)

1 必要な, 楽な, 近道は

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 じゃ, のこと, はきまった

▼ 行く梅子~ (3, 0.0%)

2 と縫子 1 の影

▼ 行く植物~ (3, 0.0%)

1 の姿, の種類, の蔓

▼ 行く横町~ (3, 0.0%)

1 がない, なぞ即そ, にあった

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の極端, をうたつた, を言

▼ 行く歩み~ (3, 0.0%)

2 とどめて 1 の遅々

▼ 行く気分~ (3, 0.0%)

1 のわたし, の重, も米友

▼ 行く河岸~ (3, 0.0%)

1 である, に生い茂っ, をあるい

▼ 行く泥棒~ (3, 0.0%)

2 は無い 1 もあるまい

▼ 行く淋し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さを

▼ 行く渓流~ (3, 0.0%)

1 の丸木橋, はとど, は奇岩乱石

▼ 行く渡り鳥~ (3, 0.0%)

1 のつつましい, の群, の行末

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 が明るく, の中, を眼

▼ 行く現場~ (3, 0.0%)

1 を前, を見た, を見たい

▼ 行く現実~ (3, 0.0%)

1 から信愛, のまま, の例

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 に聲, は跣, は跣足

▼ 行く男たち~ (3, 0.0%)

1 と海, のうしろ, の一行

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 であったが, であるから, となった

▼ 行く病院~ (3, 0.0%)

1 の規模大, へ診察, も此処

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 がだまった, のうしろ, びっくりしてる

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の病院, をつぶっ, を定め

▼ 行く着物~ (3, 0.0%)

1 なのよ, になった, の裏

▼ 行く石段~ (3, 0.0%)

1 が見えるだろう, の横, の美しい広

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 だから, だからとて, の深

▼ 行く空想~ (3, 0.0%)

1 の, を一種, を逞しく

▼ 行く~ (3, 0.0%)

2 の外 1 のやう

▼ 行く~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ 行く~ (3, 0.0%)

2 二の 1 一の

▼ 行く笹村~ (3, 0.0%)

1 の後, ははじめて, は下宿

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 あ池, の水路, は燕

▼ 行く箱根~ (3, 0.0%)

1 のあなた, の山々, の藤

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 には人, の一筋づゝ, の行方

▼ 行く紅葉~ (3, 0.0%)

1 がくれ, と私, の色

▼ 行く細君~ (3, 0.0%)

1 と己, に取っ, の父

▼ 行く経過~ (3, 0.0%)

1 がわかっ, を予言, を注意

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 がない, のベル, の群れ

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 い男さま, くしさゆえ大事, をはかなむ

▼ 行く美人~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 に対するかの

▼ 行く群衆~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に追いついた

▼ 行く~ (3, 0.0%)

2 に候 1 であったこと

▼ 行く者たち~ (3, 0.0%)

1 であろう, にとつて, の妻

▼ 行く職人~ (3, 0.0%)

1 といった体, の後方, もあり

▼ 行く肉体~ (3, 0.0%)

1 だけがあった, だけがあつ, の中

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の高, の高い, へ白刃

▼ 行く航路~ (3, 0.0%)

1 の海波, の考, をひらく

▼ 行く船員~ (3, 0.0%)

2 の群 1 の眼

▼ 行く若葉~ (3, 0.0%)

2 かな 1 の端々

▼ 行く茅野雄~ (3, 0.0%)

1 と浪江, の右, の左右

▼ 行く草鞋~ (3, 0.0%)

1 の先, の心持, をやや

▼ 行く華やか~ (3, 0.0%)

1 な, なモンパルナス, にも寂しい

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 の色彩, の間, を一杯

▼ 行く葉子~ (3, 0.0%)

1 についてつい, の動静, の蠢

▼ 行く西洋~ (3, 0.0%)

1 の声帯模写, の婦人, の男女

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 があろう, はない, もなく

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 である, です, なの

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 である長い, にもしげく, の後姿

▼ 行く豫定~ (3, 0.0%)

3 であつ

▼ 行く貨物船~ (3, 0.0%)

1 に乗った, に乗りこん, の定期航路

▼ 行く費用~ (3, 0.0%)

1 が出来ません, が家族, が足りなかったら

▼ 行く赤い~ (3, 0.0%)

1 夕日を, 日傘を, 頬や

▼ 行く距離~ (3, 0.0%)

1 に等, を三つ, を絶えず

▼ 行く軍隊~ (3, 0.0%)

1 と途中, もみえる, をなつかし

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 が前, の中, は業

▼ 行く近道~ (3, 0.0%)

1 に当, はなんか, を尋ねられる

▼ 行く途中ここ~ (3, 0.0%)

1 で抜からぬ, に一, を通られた

▼ 行く途中廊下~ (3, 0.0%)

1 で同宿, のそば, の突き當

▼ 行く途中私~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の心, はその

▼ 行く速度~ (3, 0.0%)

1 がそういう, が次第に, は中

▼ 行く運動~ (3, 0.0%)

1 とそれから, の状態, も首尾

▼ 行く過渡時代~ (3, 0.0%)

2 の痛々しい 1 の徴候

▼ 行く道理~ (3, 0.0%)

1 がありません, がない, はない

▼ 行く遠い~ (3, 0.0%)

1 下町に, 道程だ, 雨脚の

▼ 行く邪魔~ (3, 0.0%)

1 でもあった, をし, をしない

▼ 行く~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ 行く銀座~ (3, 0.0%)

1 の, の人混み, の美しい

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 が出せれ, が無い, は

▼ 行く間際~ (3, 0.0%)

2 に細かい 1 に当っ

▼ 行く雪子~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 であって

▼ 行く電車賃~ (3, 0.0%)

1 もない, も無かっ, やなん

▼ 行く青い~ (3, 0.0%)

1 午前なぞに, 蘆の, 靄の

▼ 行く青春~ (3, 0.0%)

1 にか, の靈, を惜む心

▼ 行く静か~ (3, 0.0%)

1 な山間, な空, な風景

▼ 行く靴音~ (3, 0.0%)

1 がしばらく, を耳, を聞く

▼ 行く順序~ (3, 0.0%)

1 でこうした, に従って記録, をあらわした

▼ 行く順路~ (3, 0.0%)

1 なの, の春日野峠, は柳橋

▼ 行く風景~ (3, 0.0%)

1 の面白, は人, を眺めた

▼ 行く食物~ (3, 0.0%)

1 から改めて, や家賃, を食べ

▼ 行く馬鹿者~ (3, 0.0%)

1 が私一人, だ世間知らず, を送る

▼ 行く~ (3, 0.0%)

1 が目的, に形, の足

▼ 行く~ (3, 0.0%)

21 の間遠く

▼ 行く~ (3, 0.0%)

2 を見付け 1 の羽ばたき

▼ 行くあれ~ (2, 0.0%)

1 は仁王さん, は都

▼ 行くいつ~ (2, 0.0%)

1 までも登っ, まで立っ

▼ 行くうち娘~ (2, 0.0%)

2 は後ろ

▼ 行くうち息子~ (2, 0.0%)

2 の金五郎

▼ 行くうち雑誌創刊~ (2, 0.0%)

2 の必要

▼ 行くうまい~ (2, 0.0%)

1 がいくら, がお

▼ 行くうまく~ (2, 0.0%)

1 ハイヤで, 行って

▼ 行くえと~ (2, 0.0%)

1 なにゆえに, 八束穂槍の

▼ 行くえ相~ (2, 0.0%)

1 わかり申さず, 知れざる人々死生

▼ 行くおまけ~ (2, 0.0%)

1 に一, に手

▼ 行くおもしろ~ (2, 0.0%)

1 さ, さである

▼ 行くお仙~ (2, 0.0%)

2 の後ろ姿

▼ 行くお寺~ (2, 0.0%)

2 はすぐ

▼ 行くお雪~ (2, 0.0%)

1 の姿, の惨めさ

▼ 行くかた~ (2, 0.0%)

1 をながめ, を知らず

▼ 行くかとばかり~ (2, 0.0%)

1 ずっと壁際, 尋ねて

▼ 行くかとも~ (2, 0.0%)

1 思うよう, 想はれた

▼ 行くかね~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, 提灯かね

▼ 行くからこそ~ (2, 0.0%)

1 たのしみにも, 海にも

▼ 行くからという~ (2, 0.0%)

1 のだ, 手紙が

▼ 行くからとて~ (2, 0.0%)

1 なんの, やっとの

▼ 行くがと~ (2, 0.0%)

1 答える, 談判したら

▼ 行くがね~ (2, 0.0%)

2 おれは

▼ 行くくら~ (2, 0.0%)

1 ゐで, ゐの

▼ 行くこと二三町むかし~ (2, 0.0%)

2 は土手

▼ 行くこと二里半~ (2, 0.0%)

2 ばかりにし

▼ 行くこと四里半~ (2, 0.0%)

1 にし, ばかりにし

▼ 行くこと数十歩~ (2, 0.0%)

1 ならずたちまち, にし

▼ 行くこと数百歩~ (2, 0.0%)

1 あの樟, ちょっと歯

▼ 行くこと數町~ (2, 0.0%)

1 にし, 更に右手

▼ 行くさかいな~ (2, 0.0%)

1 先に, 大阪へ

▼ 行くさちよ~ (2, 0.0%)

2 を見送り

▼ 行くしろき~ (2, 0.0%)

2 大根を

▼ 行くそこ~ (2, 0.0%)

1 からは頻, にもこ

▼ 行くその間~ (2, 0.0%)

1 に表, の緊迫

▼ 行くそれでは~ (2, 0.0%)

1 あまりにも, 何にも

▼ 行くそんな~ (2, 0.0%)

1 不安が, 余裕は

▼ 行くぞよ~ (2, 0.0%)

1 しっかりし, 胸板だ

▼ 行くたくさん~ (2, 0.0%)

1 の武者草鞋, の車

▼ 行くただ一つ~ (2, 0.0%)

1 の資本, の道

▼ 行くたびごと~ (2, 0.0%)

1 に繰り返す, に逢いました

▼ 行くため晩くも六時~ (2, 0.0%)

2 には起きね

▼ 行くだけにな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてゐた

▼ 行くぢやあ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ 行くつてこと~ (2, 0.0%)

1 ですよ, はひと

▼ 行くつて云~ (2, 0.0%)

1 つたらうありや, つたら急

▼ 行くといふだけ~ (2, 0.0%)

2 でなくね

▼ 行くといふだけでも~ (2, 0.0%)

1 滿足しよう, 澤山だ

▼ 行くとおり~ (2, 0.0%)

1 くさん, にあと

▼ 行くとき余~ (2, 0.0%)

1 は屡, は必然

▼ 行くとき父~ (2, 0.0%)

2 は玄関

▼ 行くとき誰~ (2, 0.0%)

1 でも持つ, にも逢

▼ 行くとき駅~ (2, 0.0%)

1 までやって来, までやつて

▼ 行くところ敵~ (2, 0.0%)

1 なきその, なしという

▼ 行くとさえ~ (2, 0.0%)

1 いう者, いえば

▼ 行くとしか~ (2, 0.0%)

1 思えない, 思えなかった

▼ 行くとしましても~ (2, 0.0%)

2 それや

▼ 行くと金~ (2, 0.0%)

1 を沢山, を貸し

▼ 行くども~ (2, 0.0%)

1 せア, 金が

▼ 行くなって~ (2, 0.0%)

1 んです, 言うとね

▼ 行くなどといふ~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 行くなども~ (2, 0.0%)

1 またその, 異な気

▼ 行くなべ~ (2, 0.0%)

1 にたま, に山坂

▼ 行くなりと~ (2, 0.0%)

1 いふ, 宣いければ

▼ 行くなん~ (2, 0.0%)

1 ていう筋, という雲

▼ 行くなんかは~ (2, 0.0%)

1 少しおかしい, 少しを

▼ 行くなァ~ (2, 0.0%)

1 おせんだ, 度胸が

▼ 行くにく~ (2, 0.0%)

2 づるる崖の

▼ 行くにぞ~ (2, 0.0%)

1 ある, 渠が

▼ 行くねえ~ (2, 0.0%)

1 そのうちとうとうもう騰れない, 子供の

▼ 行くのほか~ (2, 0.0%)

1 は無い, は無かっ

▼ 行くの勇気~ (2, 0.0%)

1 なく殆ど, を持つた

▼ 行くの厭~ (2, 0.0%)

1 だけど, になった

▼ 行くの外~ (2, 0.0%)

1 はない, は無い

▼ 行くばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないかと

▼ 行くばかりに~ (2, 0.0%)

1 して, 母の

▼ 行くふわふわ~ (2, 0.0%)

1 に脹れ, に脹れ上った

▼ 行くへに~ (2, 0.0%)

1 待ち構, 目覺める

▼ 行くべと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つて居たら

▼ 行くほんとう~ (2, 0.0%)

1 に, の力

▼ 行くまことに~ (2, 0.0%)

1 悲しいという, 都合好く

▼ 行くまでを~ (2, 0.0%)

1 書いて, 精細な

▼ 行くまにまに~ (2, 0.0%)

1 山も, 海の

▼ 行くまもなく~ (2, 0.0%)

1 例の, 台所の

▼ 行くみちみち~ (2, 0.0%)

1 で沿岸, 両が

▼ 行くみのる~ (2, 0.0%)

1 の眼, を渦

▼ 行くもはや~ (2, 0.0%)

1 斬っても, 斬つて

▼ 行くやいなや~ (2, 0.0%)

1 今まで, 最後の

▼ 行くよって~ (2, 0.0%)

1 になかなか, 言うの

▼ 行くよという~ (2, 0.0%)

1 話で, 謎な

▼ 行くよりずつと~ (2, 0.0%)

1 ましな, 前に

▼ 行くらん~ (2, 0.0%)

1 み代, 遠畦

▼ 行くわが身~ (2, 0.0%)

1 の影, を省み

▼ 行くわけぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 行くわたし~ (2, 0.0%)

1 の通り路, は定まる

▼ 行くわれわれ~ (2, 0.0%)

1 と伴う, のモーターボート

▼ 行くアテ~ (2, 0.0%)

1 はなし, もなく

▼ 行くエレベーター~ (2, 0.0%)

1 の中, へ投げこん

▼ 行くカバン~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 行くスウィッチ~ (2, 0.0%)

1 ならば, の製作

▼ 行くタンク~ (2, 0.0%)

1 の歯ぐる, の齒ぐる

▼ 行くテツさん~ (2, 0.0%)

2 を眺め

▼ 行くドア~ (2, 0.0%)

1 がひらいた, にも鍵

▼ 行くパルチザン~ (2, 0.0%)

1 の姿, を撃たず

▼ 行くプラットフォオム~ (2, 0.0%)

2 の柱

▼ 行くホン~ (2, 0.0%)

2 の瞬間

▼ 行くボウト~ (2, 0.0%)

1 ぎっしり詰った, では歌

▼ 行くボート~ (2, 0.0%)

1 の紅, の者

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の太陽系, の生命過程

▼ 行く一人一人~ (2, 0.0%)

1 と目礼, の男等

▼ 行く一台~ (2, 0.0%)

1 の古ぼけた, の馬車

▼ 行く一家族~ (2, 0.0%)

1 の漂泊的生活, を見る

▼ 行く一歩一歩~ (2, 0.0%)

1 に彼, に木の葉

▼ 行く一番~ (2, 0.0%)

1 いたぶられた月見草, のおみやげ

▼ 行く一組~ (2, 0.0%)

1 がある, の人数

▼ 行く一週間許~ (2, 0.0%)

2 り前

▼ 行く三人連れ~ (2, 0.0%)

1 がある, の侍

▼ 行く三吉~ (2, 0.0%)

1 の方, は高い

▼ 行く三味線~ (2, 0.0%)

1 の身, の音

▼ 行く上歯~ (2, 0.0%)

2 と下

▼ 行く上野~ (2, 0.0%)

1 の人達, を店

▼ 行く下女~ (2, 0.0%)

1 から自分, なぞは頭巾

▼ 行く不可抗~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 に夕方, を川岸

▼ 行く中いつか浅草公園~ (2, 0.0%)

2 の裏手

▼ 行く中学生~ (2, 0.0%)

1 のよう, や

▼ 行く中間~ (2, 0.0%)

1 のうしろ姿, のアジール期

▼ 行く久光~ (2, 0.0%)

1 の人数, の馬

▼ 行く乗合自動車~ (2, 0.0%)

1 が駐, は北側

▼ 行く乗客~ (2, 0.0%)

1 の男女別, の顔

▼ 行く了見~ (2, 0.0%)

1 はまるでなかった, は丸

▼ 行く事一二町~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 行く事實~ (2, 0.0%)

1 を幾つ, を忘れ

▼ 行く二三人~ (2, 0.0%)

1 の方, を追

▼ 行く五人~ (2, 0.0%)

1 に倫敦, の桂子

▼ 行く五位~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 行く交通機関~ (2, 0.0%)

1 であり島中, や梯子酒

▼ 行く人形~ (2, 0.0%)

1 であつ, のやう

▼ 行く人混み~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の中

▼ 行く人足~ (2, 0.0%)

1 が早く, をとどめ

▼ 行く仕掛~ (2, 0.0%)

1 になっ, をこしらえ

▼ 行く仕組~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 行く以上召使~ (2, 0.0%)

2 や運転手

▼ 行く仮面~ (2, 0.0%)

1 の城主, を積んだ

▼ 行く伯父さん~ (2, 0.0%)

1 に会っ, のよう

▼ 行く伸子~ (2, 0.0%)

1 の顔, を目

▼ 行く低き~ (2, 0.0%)

1 冬の, 山の

▼ 行く佐々木小次郎~ (2, 0.0%)

1 だった, の影

▼ 行く体力~ (2, 0.0%)

1 がない, のほど

▼ 行く何とも~ (2, 0.0%)

1 いへ, ハヤつまらん

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 は急い, は随

▼ 行く余地~ (2, 0.0%)

1 は充分, もあろう

▼ 行く作家~ (2, 0.0%)

1 であるから, のいない

▼ 行く作業~ (2, 0.0%)

1 にも似, をいたします

▼ 行く作者~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の内

▼ 行く信一郎~ (2, 0.0%)

2 を皆

▼ 行く信吉~ (2, 0.0%)

1 という男, にとっては懐しい

▼ 行く信念~ (2, 0.0%)

1 である, と好み

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の姿, の心

▼ 行く俺ら~ (2, 0.0%)

1 だ喧嘩, は奉公

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の巴里土産, の間

▼ 行く僕自身~ (2, 0.0%)

1 と, の靴

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の影, も薬石

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 に吾人, に打ち任せつ

▼ 行く優しい~ (2, 0.0%)

1 女性の, 姿が

▼ 行く兄さん~ (2, 0.0%)

1 の話, の足音

▼ 行く先生~ (2, 0.0%)

1 のあと, は笹村

▼ 行く八五郎これ~ (2, 0.0%)

2 は平次

▼ 行く兵士たち~ (2, 0.0%)

1 のなか, の鉾先

▼ 行く冒険~ (2, 0.0%)

1 が情趣, に力

▼ 行く冷た~ (2, 0.0%)

1 さで, そうに

▼ 行く冷房~ (2, 0.0%)

1 がある, などむろん

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 愴とも, 愴陰惨を

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 に風, のあり

▼ 行く分れ道~ (2, 0.0%)

2 の近く

▼ 行く分別~ (2, 0.0%)

2 をしなけれ

▼ 行く刺客~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 行く前南~ (2, 0.0%)

2 の奉行所

▼ 行く前夜~ (2, 0.0%)

1 であるらしい親, に上級

▼ 行く前赤坂~ (2, 0.0%)

1 で半, のローヤル館

▼ 行く力それ~ (2, 0.0%)

1 があれ, がこれから

▼ 行く勘定~ (2, 0.0%)

1 である, になる

▼ 行く勝彦~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 行く勢い~ (2, 0.0%)

1 は指先, も鈍っ

▼ 行く化粧~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 行く北海道~ (2, 0.0%)

2 にまだ

▼ 行く十銭スタンド~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ 行く千浪~ (2, 0.0%)

1 のあと, の背後

▼ 行く半蔵ら~ (2, 0.0%)

1 のそば, を見送った

▼ 行く危険~ (2, 0.0%)

1 に曝され, の微塵

▼ 行く原因~ (2, 0.0%)

1 の中, の修業法

▼ 行く叔父~ (2, 0.0%)

1 の窶れ, を見送っ

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 なん, のある

▼ 行く古藤~ (2, 0.0%)

1 の後ろ, を美しく

▼ 行く同志~ (2, 0.0%)

1 ではありましょう, を見る

▼ 行く向う~ (2, 0.0%)

1 から顔, の方

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 ひを, も又

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 であ, の力

▼ 行く品物~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, も集められた

▼ 行く商売~ (2, 0.0%)

1 だ, とは甚だ

▼ 行く商用~ (2, 0.0%)

1 がある, てえの

▼ 行く喜び~ (2, 0.0%)

1 に溢れ, は娘

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 も偽り, を言

▼ 行く四人~ (2, 0.0%)

1 の脚, を待っ

▼ 行く因縁~ (2, 0.0%)

1 がありません, を思う

▼ 行く国々~ (2, 0.0%)

1 の人々, へつれ

▼ 行く地力~ (2, 0.0%)

1 と咀嚼, の骨組み

▼ 行く地方~ (2, 0.0%)

1 にいた, にはポプラ

▼ 行く地種~ (2, 0.0%)

2 の痩犬

▼ 行く坂路~ (2, 0.0%)

1 のやう, を行く

▼ 行く城太郎~ (2, 0.0%)

1 とも口, の影

▼ 行く場面~ (2, 0.0%)

1 で互, やジャンヌ

▼ 行く塗り立て~ (2, 0.0%)

2 の木連格子

▼ 行く塩梅~ (2, 0.0%)

1 とはどこ, になった

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 のにおい, の跡

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 こそ贋物, の姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の夕, の慌ただしい

▼ 行く夕方~ (2, 0.0%)

1 の光, をお

▼ 行く外食食堂~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 行く夢自体~ (2, 0.0%)

2 の事実

▼ 行く大名~ (2, 0.0%)

1 には豪商, や旗本

▼ 行く大将~ (2, 0.0%)

1 であったから, は蓆

▼ 行く大川端~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 行く太田~ (2, 0.0%)

1 が心持ち首, が心持首

▼ 行く夫人~ (2, 0.0%)

1 と葉子, の姿

▼ 行く奇妙~ (2, 0.0%)

1 な恍惚感, な感情

▼ 行く奇怪~ (2, 0.0%)

1 な声, な感覚

▼ 行く契約~ (2, 0.0%)

1 にサイン, をも踏み躙

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の離れ, 入瀬

▼ 行く女達~ (2, 0.0%)

1 の薄着, を不思議さうに

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 に四辺, に粘り

▼ 行く姉弟~ (2, 0.0%)

1 の姿, はありゃ

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 のす, の姿

▼ 行く婆さん~ (2, 0.0%)

1 の後, の背

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 行く子爵~ (2, 0.0%)

1 のすらり, の後ろ姿

▼ 行く宇津木兵馬~ (2, 0.0%)

1 と前後, の姿

▼ 行く安心~ (2, 0.0%)

1 して, であった

▼ 行く家来~ (2, 0.0%)

1 がボンボリ, はわずか

▼ 行く寂しい~ (2, 0.0%)

1 味を, 奥山の

▼ 行く寄席~ (2, 0.0%)

1 の内部, の前座さん

▼ 行く富岡~ (2, 0.0%)

1 の後, をつかまへ

▼ 行く小川~ (2, 0.0%)

1 に寄っ, の機械装置

▼ 行く小泉~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 行く小石~ (2, 0.0%)

1 のよう, まじりの

▼ 行く小道~ (2, 0.0%)

1 に一つ二つ河原撫子, の方

▼ 行く山腹~ (2, 0.0%)

1 の途辺, の道路

▼ 行く山芋~ (2, 0.0%)

1 が大変, を商人

▼ 行く岸本~ (2, 0.0%)

1 に取っ, の後

▼ 行く川面~ (2, 0.0%)

1 から灌ぎ, にただ

▼ 行く巡査~ (2, 0.0%)

1 も気の毒, をいや

▼ 行く巡礼~ (2, 0.0%)

1 がある, の一隊

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の手, の眼蓋

▼ 行く左手~ (2, 0.0%)

1 のバラツク屋根, の丘陵

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 もそれ, 掛けて

▼ 行く帆舟~ (2, 0.0%)

1 の影, を見送っ

▼ 行く師匠~ (2, 0.0%)

1 の足許, をどこ

▼ 行く平岡~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の悲哀, の舟

▼ 行く幼い~ (2, 0.0%)

1 ものに, 私

▼ 行く幾多~ (2, 0.0%)

1 の人, の道

▼ 行く序で~ (2, 0.0%)

1 がある, に一度

▼ 行く度び~ (2, 0.0%)

1 に一皮, に私

▼ 行く度数~ (2, 0.0%)

1 がもと, が頻繁

▼ 行く度量~ (2, 0.0%)

1 がある, とでも云

▼ 行く建築~ (2, 0.0%)

1 であって, でも道路

▼ 行く弁信~ (2, 0.0%)

1 のあと, を後ろ

▼ 行く弁当~ (2, 0.0%)

1 にうち, も古参

▼ 行く弁護士~ (2, 0.0%)

1 にもなりたくありません, は残つて後

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 である, の進化

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 のため, を叱つ

▼ 行く張合い~ (2, 0.0%)

1 が全然, というもの

▼ 行く役人~ (2, 0.0%)

1 なぞいう, の後ろ姿

▼ 行く役者~ (2, 0.0%)

1 や太夫さん, を見送る

▼ 行く往帰り~ (2, 0.0%)

2 には是非母様

▼ 行く後姿三之助~ (2, 0.0%)

2 よりは丈

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 主人を, 橋と

▼ 行く心理~ (2, 0.0%)

1 に投ずる, を正確

▼ 行く心配~ (2, 0.0%)

1 な天気, もなけれ

▼ 行く必然性~ (2, 0.0%)

1 がある, を有っ

▼ 行く怪し~ (2, 0.0%)

1 のさる, の者

▼ 行く怪物~ (2, 0.0%)

1 が悪, の姿

▼ 行く恋愛~ (2, 0.0%)

1 だね, の力

▼ 行く悲劇~ (2, 0.0%)

1 のあった, の家

▼ 行く情けな~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ 行く情人~ (2, 0.0%)

1 にし, の足

▼ 行く意志~ (2, 0.0%)

1 が今日, や感情

▼ 行く意気~ (2, 0.0%)

1 あるを, な伯父さん早合点

▼ 行く慣例~ (2, 0.0%)

1 であると, は最近

▼ 行く我ら~ (2, 0.0%)

1 の魚, を送り迎え

▼ 行く我身~ (2, 0.0%)

1 なるらん, をひし

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が見え, の前

▼ 行く手代~ (2, 0.0%)

1 の新吉, へ下

▼ 行く手法~ (2, 0.0%)

1 が目, を用

▼ 行く手紙~ (2, 0.0%)

1 がどこ, を書い

▼ 行く手腕~ (2, 0.0%)

1 に至っ, を持ってる

▼ 行く手蔓~ (2, 0.0%)

2 が一つ

▼ 行く技術~ (2, 0.0%)

1 にもへとへと, を意識的

▼ 行く挙動~ (2, 0.0%)

1 がちょっと, はおかしい

▼ 行く支那~ (2, 0.0%)

2 の大官

▼ 行く支那人~ (2, 0.0%)

1 に逢, の案内者

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 にいちいち, に特に

▼ 行く故郷~ (2, 0.0%)

1 にはその, の思ひ

▼ 行く教会~ (2, 0.0%)

1 があった, を調べあげる

▼ 行く敬太郎~ (2, 0.0%)

1 の方, は是非共二人

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の, へ聲

▼ 行く数多~ (2, 0.0%)

2 の樹木

▼ 行く文字~ (2, 0.0%)

1 といえ, の上

▼ 行く文藝~ (2, 0.0%)

1 でなければ, は固

▼ 行く方式~ (2, 0.0%)

1 である, をとっ

▼ 行く旅路~ (2, 0.0%)

1 の友, の如く

▼ 行く日蓮宗~ (2, 0.0%)

2 の人達

▼ 行く日頃~ (2, 0.0%)

1 の平次, の生活

▼ 行く明さん~ (2, 0.0%)

2 らしい姿

▼ 行く明るい~ (2, 0.0%)

1 夜汽車の, 自由さを

▼ 行く昨夜~ (2, 0.0%)

1 のん, の坊主

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が親迎, れは

▼ 行く時それ~ (2, 0.0%)

1 が実は, はわづか

▼ 行く時一寸立止つて枕頭~ (2, 0.0%)

1 を見, を見廻した

▼ 行く時小使室~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 行く時幾ら金~ (2, 0.0%)

1 が入, が入っ

▼ 行く時彼~ (2, 0.0%)

1 の姿, は繃帯

▼ 行く時片足~ (2, 0.0%)

2 をあげた

▼ 行く時田圃~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 行く景蔵~ (2, 0.0%)

1 にもその, や香蔵

▼ 行く暮し~ (2, 0.0%)

2 は折々

▼ 行く曲り角~ (2, 0.0%)

1 で二人, まで来る

▼ 行く曲輪外~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ 行く書生さん~ (2, 0.0%)

1 がありました, について太郎

▼ 行く最中~ (2, 0.0%)

1 であった, なので

▼ 行く最初~ (2, 0.0%)

1 の市議選挙演説会, の慢心

▼ 行く月日~ (2, 0.0%)

1 には全く, もわからない

▼ 行く有樣~ (2, 0.0%)

1 を主として, を思ふ

▼ 行く朧夜~ (2, 0.0%)

2 に沈默

▼ 行く木の葉~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 行く机竜~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 行く杉浦~ (2, 0.0%)

1 の度胸, の後姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の方, の空

▼ 行く松田~ (2, 0.0%)

1 には自分, の姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 かな煙

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 のかけ衣, の舟

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 なんざ, のよう

▼ 行く根気~ (2, 0.0%)

1 のよ, を失う

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 かな, の唐衣

▼ 行く桟道~ (2, 0.0%)

2 の橋

▼ 行く樹明君~ (2, 0.0%)

1 に事情, は出張不在

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の哀れ, の唐衣

▼ 行く正成~ (2, 0.0%)

1 のす, を

▼ 行く此方~ (2, 0.0%)

1 の車内, は悶

▼ 行く武者~ (2, 0.0%)

1 がある, に追いすがっ

▼ 行く歩き方~ (2, 0.0%)

1 で, である

▼ 行く気色~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 行く水路~ (2, 0.0%)

1 とやや, の底

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が身, の姿

▼ 行く汽車旅~ (2, 0.0%)

2 を択ぼう

▼ 行く河水~ (2, 0.0%)

2 をば何

▼ 行く波張~ (2, 0.0%)

2 が切々

▼ 行く波紋~ (2, 0.0%)

1 のすべて鮮紅色, をながめ

▼ 行く泥くさい~ (2, 0.0%)

2 女の

▼ 行く泥沼~ (2, 0.0%)

2 に脚

▼ 行く洋服~ (2, 0.0%)

1 の人, を着た

▼ 行く活力~ (2, 0.0%)

1 だけです, の詩

▼ 行く流俗~ (2, 0.0%)

2 が却つて幸福

▼ 行く浅井~ (2, 0.0%)

1 にドア, の心

▼ 行く浪人~ (2, 0.0%)

1 の姿, の背丈

▼ 行く浴客~ (2, 0.0%)

1 の数, も少く

▼ 行く海辺~ (2, 0.0%)

1 の宿, へ近い

▼ 行く深い~ (2, 0.0%)

1 谷から, 貫徹性である

▼ 行く清三~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, の後ろ姿

▼ 行く渡船~ (2, 0.0%)

1 が, に渡し賃

▼ 行く火事~ (2, 0.0%)

1 が行く, を見

▼ 行く無意味~ (2, 0.0%)

1 な一隅, な詞

▼ 行く焦燥~ (2, 0.0%)

2 しさ

▼ 行く熱心さ~ (2, 0.0%)

1 ですが, を持つ

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 ゆるその

▼ 行く燈籠濡れ~ (2, 0.0%)

2 けり傘

▼ 行く父さん~ (2, 0.0%)

1 の心持, の道連

▼ 行く父母~ (2, 0.0%)

1 に遠慮, の霊魂

▼ 行く片手間~ (2, 0.0%)

1 にこの, にその

▼ 行く牛乳~ (2, 0.0%)

1 の壜, の御用

▼ 行く牛乳屋~ (2, 0.0%)

1 の女, の小僧

▼ 行く牛車~ (2, 0.0%)

1 の蔭, も行く

▼ 行く物売り~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 行く物質~ (2, 0.0%)

1 のやう, の中

▼ 行く狗驕奢~ (2, 0.0%)

2 の塒巣

▼ 行く狭い~ (2, 0.0%)

1 道へ, 階段が

▼ 行く狭霧~ (2, 0.0%)

1 のよう, の中

▼ 行く猟師~ (2, 0.0%)

1 は, は随分

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の後姿, を追

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 行く玩具~ (2, 0.0%)

1 のコマ, の玉

▼ 行く現代~ (2, 0.0%)

1 が最後, の街路

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 行く由良~ (2, 0.0%)

1 の伝吉, の由良一座

▼ 行く甲斐性~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 行く男姿~ (2, 0.0%)

2 の姉

▼ 行く男達~ (2, 0.0%)

1 がねたましく, は口先

▼ 行く町角~ (2, 0.0%)

1 に, を見つめ

▼ 行く畦道~ (2, 0.0%)

1 が一筋, と直角

▼ 行く異常~ (2, 0.0%)

2 な昂奮

▼ 行く異様~ (2, 0.0%)

1 な二人連れ, な跫音

▼ 行く異邦~ (2, 0.0%)

1 の旅人, の果て

▼ 行く白衣~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 助の

▼ 行く省線~ (2, 0.0%)

1 から降り, に

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 そうな, たげな轍

▼ 行く矛盾~ (2, 0.0%)

1 であった, ではなくし

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の快い, へ指

▼ 行く知合~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 行く石垣~ (2, 0.0%)

1 の上, もすべて私

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の上, の様

▼ 行く砂利~ (2, 0.0%)

2 はあまり

▼ 行く砲弾~ (2, 0.0%)

1 の形, を仰ぎ

▼ 行く私たち~ (2, 0.0%)

1 ですもの, より留守

▼ 行く種子~ (2, 0.0%)

1 と二十代, よ

▼ 行く種族~ (2, 0.0%)

1 と看做され, もあった

▼ 行く種類~ (2, 0.0%)

1 の人間らしく, の美

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が立ちません, に小さい

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の中, を示す

▼ 行く紅白粉~ (2, 0.0%)

2 の濃い

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の片, の陰

▼ 行く素晴~ (2, 0.0%)

2 しさ

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 のくに, の煙

▼ 行く紫色~ (2, 0.0%)

1 のあやしい, の微光

▼ 行く細道~ (2, 0.0%)

1 は石, をつどう

▼ 行く経験~ (2, 0.0%)

1 はなかっ, を再び

▼ 行く給仕~ (2, 0.0%)

2 を見ます

▼ 行く絶対~ (2, 0.0%)

1 な真理, に逞しい

▼ 行く継子さん~ (2, 0.0%)

2 はどんなに

▼ 行く綱手~ (2, 0.0%)

1 の純情, をしっかと

▼ 行く線路~ (2, 0.0%)

1 の上, を空想

▼ 行く縁側~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ 行く美しい~ (2, 0.0%)

1 お錦, 霧に

▼ 行く美津子~ (2, 0.0%)

2 を追う

▼ 行く美術家~ (2, 0.0%)

1 はきわめて, は実に

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の心丹, の顔

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 がない, の破れた

▼ 行く老婆~ (2, 0.0%)

1 が通る, もあった

▼ 行く者共~ (2, 0.0%)

1 に絶大, もその

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行く背後~ (2, 0.0%)

1 から突然, でかう

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 に響いた, の暗

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の高, をか妹

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の下, も軽々と

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の鈴, へ拳銃

▼ 行く自分自身~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を自覚

▼ 行く自然~ (2, 0.0%)

1 の力, の經過

▼ 行く自転車~ (2, 0.0%)

1 の流れ, を振り返っ

▼ 行く臭気~ (2, 0.0%)

1 が流れ, を嗅いだ

▼ 行く興奮~ (2, 0.0%)

1 からよく, に自ら

▼ 行く良人~ (2, 0.0%)

1 の傍, を浜

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 あひ, ある夕べ

▼ 行く芭蕉~ (2, 0.0%)

1 の旅姿, も見送る

▼ 行く芳太郎~ (2, 0.0%)

1 の姿, を送り出す

▼ 行く苦痛~ (2, 0.0%)

2 に身

▼ 行く茶菓子~ (2, 0.0%)

1 とともに幾, と共に幾

▼ 行く草原~ (2, 0.0%)

1 の中, の地平

▼ 行く草履~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の車焼鍋, は有りゃせん

▼ 行く荷物~ (2, 0.0%)

1 の中, はあの

▼ 行く荷車~ (2, 0.0%)

1 の影, の後

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が原, の上

▼ 行く葬式~ (2, 0.0%)

1 の行列, を見る

▼ 行く蒸気船~ (2, 0.0%)

1 に驚い, のなか

▼ 行く蓑吉~ (2, 0.0%)

1 のあと, の後姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 どてらを, 雲に

▼ 行く藝者~ (2, 0.0%)

1 の宅, もある

▼ 行く藤三郎~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 行く藤母子~ (2, 0.0%)

1 がたまらなく羨し, の姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の夜, の音

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 あり, は

▼ 行く蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 が, はかなり

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 と語る

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 しおとともに, の色

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 かね, が覚え

▼ 行く行き方~ (2, 0.0%)

1 に日本, の根本的

▼ 行く行手~ (2, 0.0%)

1 にもう, を二人

▼ 行く街街~ (2, 0.0%)

2 の料理店

▼ 行く街路~ (2, 0.0%)

1 の前方, や勤務先

▼ 行く衣服~ (2, 0.0%)

1 を畳み直し, を疊

▼ 行く西~ (2, 0.0%)

1 の御殿, の空

▼ 行く覆面武士~ (2, 0.0%)

2 の一隊

▼ 行く見込み~ (2, 0.0%)

1 がある, は充分

▼ 行く親戚~ (2, 0.0%)

1 の者, へ自分

▼ 行く記録~ (2, 0.0%)

1 だという, であると

▼ 行く許可~ (2, 0.0%)

1 が得られ, を要求

▼ 行く貞世~ (2, 0.0%)

1 の顔, をそっと

▼ 行く趣き~ (2, 0.0%)

1 である, は時々

▼ 行く足取り~ (2, 0.0%)

1 は速, もことごとく

▼ 行く足許~ (2, 0.0%)

1 の低い, は狭まっ

▼ 行く路傍~ (2, 0.0%)

1 に崩れ落ちた, もうろ覚え

▼ 行く路筋~ (2, 0.0%)

1 によってそれぞれ, はかなり

▼ 行く路裏~ (2, 0.0%)

1 見の, 見へ

▼ 行く身体~ (2, 0.0%)

1 では頼り, を気

▼ 行く軽便鉄道~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 行く輿~ (2, 0.0%)

1 のうち, は

▼ 行く迄も~ (2, 0.0%)

1 なく強力ベタキシン, 彼様な

▼ 行く近く~ (2, 0.0%)

1 に南窓, の釣堀

▼ 行く途上あたり~ (2, 0.0%)

2 を注意

▼ 行く途中例~ (2, 0.0%)

1 によつて声, の伝蔵

▼ 行く途中彼~ (2, 0.0%)

1 が住む, は兄

▼ 行く途中恰度汽車~ (2, 0.0%)

2 がトンネル

▼ 行く逞しい~ (2, 0.0%)

1 雄の, 黒斑の

▼ 行く進化~ (2, 0.0%)

2 の形式

▼ 行く道すじ~ (2, 0.0%)

1 はジャック, を覚え

▼ 行く道ばた~ (2, 0.0%)

1 には清らか, の岩山

▼ 行く道傍~ (2, 0.0%)

1 には大きな, には清らか

▼ 行く道序~ (2, 0.0%)

1 に半日無駄話, に時々

▼ 行く道庵~ (2, 0.0%)

2 と米友

▼ 行く道灌山~ (2, 0.0%)

1 で見晴らし, の草原

▼ 行く道連れ~ (2, 0.0%)

1 にされ, になる

▼ 行く部分~ (2, 0.0%)

1 がその, すなわち通称

▼ 行く部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, はあちら

▼ 行く郵便局~ (2, 0.0%)

2 の小役人

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の美女, 好宗匠

▼ 行く里好~ (2, 0.0%)

1 にきい, につづい

▼ 行く重い~ (2, 0.0%)

2 風の

▼ 行く野川~ (2, 0.0%)

2 の土橋

▼ 行く野郎~ (2, 0.0%)

1 じゃない, をうしろ

▼ 行く金ボタン~ (2, 0.0%)

2 の学生

▼ 行く鈍い~ (2, 0.0%)

1 あかりの, 三等の

▼ 行く門附~ (2, 0.0%)

1 の果敢, 見たいなもの

▼ 行く間もなく~ (2, 0.0%)

1 又二つ, 泡を

▼ 行く間道~ (2, 0.0%)

1 にはこの, はいずれ

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の光, も感じぬらしく

▼ 行く隧道~ (2, 0.0%)

1 が著しい, の中

▼ 行く雑談~ (2, 0.0%)

1 しばらくそれ, は始まる

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の彼方, の潮流

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の色, を見れ

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 の音, へはうんと

▼ 行く順吉~ (2, 0.0%)

1 のいじらしい, を見送りおち

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が見たく, を剥き出し

▼ 行く顔色~ (2, 0.0%)

1 が映った, が映つた

▼ 行く風の音~ (2, 0.0%)

1 だった, に心乱

▼ 行く風俗~ (2, 0.0%)

1 と西, を注意

▼ 行く風情~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ 行く風習~ (2, 0.0%)

2 があります

▼ 行く飛脚~ (2, 0.0%)

1 だによって, といつ

▼ 行く飯屋~ (2, 0.0%)

1 だの宿屋, ではいつも

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 吊を, 斬役人

▼ 行く馬の脚~ (2, 0.0%)

1 と見え, を夢

▼ 行く馬琴~ (2, 0.0%)

1 の後ろ姿, の後姿

▼ 行く駕籠それ~ (2, 0.0%)

1 を見送っ, を見送つ

▼ 行く騎馬~ (2, 0.0%)

1 の影, の数十騎

▼ 行く騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 というもの, の中

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 さ七八丈許り, も少く

▼ 行く高い~ (2, 0.0%)

1 ところで, 壇の

▼ 行く高下駄~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が立ちどまっ, のうしろ姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

1 が居付き, は釣れない

▼ 行く鵜匠~ (2, 0.0%)

1 があった, の姿

▼ 行く~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ 行く黒馬車~ (2, 0.0%)

1 や吊, を待ち

▼1* [3884件]

行くああ危ない噛み殺され, 行くあいだマチアとカピ, 行くあいだ皆は黙りこん, 行くあすこをごらん, 行くあそこの部屋, 行くあたりまえに死ねない, 行くあたり得も言い, 行くあだな考えやときどきぱっと, 行くあちこちにあった, 行くあつかましさで, 行くあて途もない, 行くあはれなさま, 行くあめ屋夫婦づれで編笠, 行くあれこれを昨夜, 行くあんばいで頓, 行くあんまり入ってない一席, 行くいいでしょう, 行くいかにも都会的な, 行くいきで庭, 行くいきおいであった, 行くいぎりすの老貴族, 行くいくらか気持が, 行くいささ小川の, 行くいずれ地獄へ, 行くいつぞや見つけて, 行くいとこの姿, 行くいのちの尊, 行くいま使をやつ, 行くいろいろの感情, 行くいわば行動の, 行くうちあたりは暴風雨, 行くうちいつか住宅地も杜, 行くうちジャックの家, 行くうち一人放屁せしを, 行くうち人の怨み, 行くうち何者か, 行くうち信玄沢という低地, 行くうち向うもそう, 行くうち寺へ着いた, 行くうち島谷は他, 行くうち川の中, 行くうち平次は離屋, 行くうち急に明るく, 行くうち愚拙なる, 行くうち新吉は看病疲れ, 行くうち日はやや, 行くうち棺腐れ壊れて, 行くうち法水が口, 行くうち洵吉はいよいよ, 行くうち真川の小屋, 行くうち私たち二人のみょう, 行くうち胸怪しう轟き, 行くうち虎に逢う, 行くうち足はいつも, 行くうち道誉がまず, 行くうち駒井がちょっと, 行くえび小さいの, 行くえやありかは, 行くえらさう, 行くおかしなお武家, 行くおかみを目がけ, 行くおかみさんに差入れたい, 行くおじさんのうしろ姿, 行くおとなしい娘とが, 行くおのれのしなびた, 行くおぼろげな人影, 行くおまえの命, 行くおもちゃや何, 行くおやじの顔, 行くおよそ六七子あり, 行くおりに使った, 行くお上さんがあります, 行くお供ぞろいができたでしょう, 行くお多福の面, 行くお婆さんおっさんおかみさん, 行くお客ではない, 行くお客さんであるべき筈, 行くお客様なんてあつ, 行くお家に夏目先生, 行くお方だとばかり, 行くお松をわざわざ, 行くお母さんもお母さん, 行くお気じゃ, 行くお父さんやお母さん, 行くお玉は気味が悪く, 行くかいあたしの, 行くかかる多數, 行くかぎり話して, 行くかぎり未来の日本, 行くかく毎日毎月同, 行くかぐらいは知りたいでは, 行くかげは見え, 行くかごを見送っ, 行くかごかきの影, 行くかさぎの山, 行くかしらないの, 行くかしらと思って, 行くかじぶんで知らない, 行くかすかな音, 行くかたちありさ, 行くかといったような, 行くかどつちか, 行くかなやりしくじると, 行くかについて相談し, 行くかよ杖あげ, 行くからけしからぬと, 行くからさう思へ, 行くからじゃないかな, 行くからってねそう言っ, 行くからとでも云ったの, 行くからな土産を, 行くからなと誓ったの, 行くからにはと万, 行くからねとそう僕, 行くかをも彼らは, 行くかんな屑とは一種, 行くがいいやね, 行くががいい, 行くがな其の飴屋, 行くがなと云って, 行くがむしゃらな勇気, 行くがらと年, 行くきょうのお, 行くぎらりと光つて, 行くくせに久米, 行くくらいまで婚約の, 行くぐらい私には, 行くぐらいな気持である, 行くぐらいにしか思って, 行くけが人を出す, 行くけどそんな悠長, 行くけにこななもの, 行くけれどもと解釈した, 行くけんお前も, 行くこうした供を, 行くここの物蔭, 行くこころを程よく, 行くこちらの勿体ぶった, 行くこちんとした, 行くこっちで停, 行くことくらゐでも, 行くことこれが私たち, 行くことさへ出来ない, 行くことそうな, 行くことだれがそれ, 行くことなほ二三町にし, 行くことば考えたらッ, 行くことほか何にも心配, 行くこともさほどの困難, 行くことブラウンの家, 行くことマイルばかりにし, 行くこと一つでもプロレタリア文学, 行くこと一丁遂に旗艦, 行くこと一二マイルにし, 行くこと一二町すぐさま万年橋, 行くこと一二町路三つにわかる, 行くこと一周と十分身, 行くこと一町余また十字路, 行くこと一舍にし, 行くこと一里余にし, 行くこと七マイル名所かつ古戦場, 行くこと七八間にし, 行くこと三十分ばかりで, 行くこと三四十里たちまちに, 行くこと三町ばかりにし, 行くこと三里半ばかりにし, 行くこと中学校だけは卒業, 行くこと九百キロのところ, 行くこと二つには比較的, 行くこと二丁余りその道の左側, 行くこと二十余町辛うじて前, 行くこと二十分で槍ヶ岳, 行くこと二十日余り明日は北京, 行くこと二十里余たちまち大蛇, 行くこと二十里傑の軍, 行くこと二時間セバスチエーに到る, 行くこと二里あまり南足立郡沼田村にある, 行くこと二里カンチャンという大きな, 行くこと二里梶内より右折, 行くこと五六歩大木の陰, 行くこと五十メートルばかりで, 行くこと今までの形, 行くこと位出来れば, 行くこと何百里深山の古い, 行くこと僅かにし, 行くこと八里ばかりにし, 行くこと六七里にし, 行くこと六里半にし, 行くこと勿れ彼, 行くこと十九キロばかりで, 行くこと十余町にし, 行くこと十数町やがて満山楓, 行くこと十数里路がだんだん, 行くこと十日以上に及ぶ, 行くこと十歩ならずして, 行くこと十町余りで山脈, 行くこと十餘歩にし, 行くこと千里に餘, 行くこと半途にし, 行くこと名古屋廻りの道筋, 行くこと四マイルにし, 行くこと四日なりき, 行くこと四町ばかり, 行くこと夷なる如き筆力, 行くこと少時にし, 行くこと平地のよう, 行くこと幾何もなくし, 行くこと幾年であろうか, 行くこと幾町鍋町は裏, 行くこと数町にし, 行くこと数里平かな一仙境, 行くこと数里深山幽谷深かく, 行くこと数里薄刃の二丁斧, 行くこと數町上水の兩側, 行くこと気味わるきばかり, 行くこと百里にし, 行くこと百里西のロンドン, 行くこと箭の如く, 行くこと纔にし, 行くこと考への本, 行くこと自身が大, 行くこと芸術に於ける, 行くこと西方三千里廬山に臥し, 行くこと須臾にし, 行くこと魚の如く, 行くこりゃ面白いと, 行くこれぞ甲賀流飛行の, 行くこれ仏我と倶, 行くこれ仏教の全, 行く予定だ, 行くさあすぐ支度, 行くさえ夕暮れの, 行くさえも一騒動の, 行くさかいにうろうろせん, 行くさかりの子供, 行くさきざきで闘争をした, 行くさきざきで風景を賞し, 行くさきざきにむずかゆい感じを起させ, 行くさきざきに付纒って私, 行くさきざきの国にあろう, 行くさき眞黒に目, 行くさくら散る, 行くさびしい青猫, 行くさびしさにつけ, 行くさまこれにて漸く, 行くさまざまの林, 行くさまわれを招く, 行くさま一片の帛, 行くさま予想以上なり, 行くさま今日吾人が劇場, 行くさま何にとなく, 行くさま昔の遠洋航海, 行くさもなければ忙しい彼, 行くされども獅子, 行くざまとはどんな, 行くしかし戸の, 行くしぐさである, 行くしさやさしい骨, 行くしづかなる夕かげ, 行くしどけない後姿が, 行くしまいに服だけを, 行くしめやかな自然, 行くしんみりと話し, 行くすえ大をなす, 行くすえ邪魔者の楊雄, 行くすえ頼母しからずとて, 行くすなわち音楽的進行を, 行くすべもなし, 行くすももの色, 行くすら億劫で, 行くせいだと, 行くせい子を強迫, 行くせわしない秋, 行くなたたちじゃ, 行くそいつに気がつけ, 行くそういった声も, 行くそうした美しい挿画, 行くそちはいったい, 行くそのかみの恩師, 行くその同じことを, 行くその当の宮原俊彦が, 行くその道では知らぬ, 行くそばへよっ, 行くそれから英語の, 行くそれでもう相当, 行くそれほどうららかな, 行くそれみたいなもの, 行くそれらの納め, 行くそれ一つしか残され, 行くそれ等の不思議, 行くぞいと云う, 行くたいていの馬車, 行くたい子さんの白い, 行くたかが道路が, 行くただ見つめ媚, 行くたちではなかっ, 行くたった一人の, 行くたとい嫁入りし, 行くたのしさが, 行くたびここを眼, 行くたび五六名の青年, 行くたび首筋まで赧, 行くためドアをあけ, 行くため家を出た, 行くため対抗策として品質, 行くため弘前驛で次ぎ, 行くため旅に上った, 行くため早朝にもう, 行くため裏通りを歩い, 行くため訣別のあいさつ, 行くため防寨をまたぎ越してる, 行くたよりない弱い, 行くだから今この, 行くだがその奔流, 行くだけしか考えない, 行くだけでもともすれば, 行くだけというよりは, 行くだけにはさしつかえは, 行くだけにも満足し, 行くだって得心した, 行くだれか心当り, 行くちゃんとした俳優, 行くちょっとまえその, 行くちょッと前, 行くってから羽織の, 行くってねどうです, 行くつうて, 行くつうんだ, 行くつてそん時はみんな, 行くつてわけには行かない, 行くつて何處へ入らつ, 行くつて晝頃から出掛けました, 行くつて気持ち私ちやんと判, 行くつて立派な事, 行くつて約束してたもん, 行くつて言つて同ん, 行くつて言ふから今日は止せ, 行くつど月光をはね, 行くつもり女の一念, 行くつやはばか, 行くてがひらけた実感, 行くてつちやあ家, 行くてと過ぎ来し方, 行くてにあたる甲州の, 行くてにはいつ迄も, 行くてには何かしらおそろしい, 行くてへ向いたまま, 行くてへの祈りと, 行くても知れずただよって, 行くてんまつが, 行くでもねえでしょう, 行くというはさてさて, 行くといったじゃないか, 行くといったじゃァないか, 行くといつて馬に乗つた, 行くといはつしやる, 行くといふだけのことを, 行くといふの戦ひが, 行くといふのみでは, 行くとうとう枝の, 行くとかで薩張り落着か, 行くとかの字港に, 行くときお蔦はそっとガラッ, 行くときそれを波, 行くときだれでもばん, 行くときまるや五円で帯, 行くときみんな雨戸を締めた, 行くときわたくしはひどく, 行くときジュスチーヌは泣きました, 行くときネオンの光, 行くときバスの中, 行くときヴィコント五条が一しょ, 行くとき一は十二歳余り, 行くとき一晩中眠らずに, 行くとき一緒に来る, 行くとき三沢に知れない, 行くとき乗つておいでになる, 行くとき今度の事件, 行くとき何か変った, 行くとき例のやき, 行くとき半襟の一本, 行くとき向こうから来た, 行くとき四郎さはどう, 行くとき国男にたのまれ, 行くとき家の近所, 行くとき尾道から乗った, 行くとき彼女は長い, 行くとき我等の藝術, 行くとき持参する第, 行くとき昼になった, 行くとき最後に殘, 行くとき木山が預け, 行くとき机の上, 行くとき母親は, 行くとき海上光りわ, 行くとき涙がゆゑ知らず, 行くとき玉太郎は伯爵団長, 行くとき留吉は足許, 行くとき移動はもっ, 行くとき綾衣も襖, 行くとき群衆の中, 行くとき船が桶, 行くとき荷部屋へ入っ, 行くとき裏口の戸, 行くとき豆和尚さんの前, 行くとき郡山にはり出し, 行くとき鏡の前, 行くとき雨の日, 行くとことんまでわが, 行くところうしろにぴったり, 行くところすべてを苦しめる, 行くところすべて人物月旦はなやかである, 行くところそれに剋, 行くところぢやが, 行くところどこでも不便, 行くところどころ頂上までの, 行くところなにほどの抗, 行くところカヤノはつる, 行くところ八州の勇猛, 行くところ凄惨を極めて, 行くところ可ならざるは, 行くところ夜半に渡し場, 行くところ季節的な行事, 行くところ峠を越え, 行くところ梅咲き明る, 行くところ水と石, 行くところ煙管の雨, 行くところ破竹の勢い, 行くところ秀吉も従わざる, 行くところ自然の兵路, 行くところ菌にはのべつ, 行くところ落人めいた芝居気, 行くところ蒼竜池の臥竜橋, 行くところ青年子女蝟集して, 行くところ頭からは五つ, 行くとたん生憎お, 行くとたんに頭から, 行くとだにいへば, 行くとても元来かねずきの, 行くとなと詳しく道, 行くとはとぼくが, 行くともとのとおり御, 行くとも無しに角川家, 行くとや疑うであろう, 行くとん子と, 行くとんと年を, 行くどうしてお前の, 行くどころか本を, 行くどて爺つあん, 行くなかに私, 行くながい旅路に, 行くなきとを責む, 行くなじゃあねえが, 行くなだらかな道筋, 行くなつかしい地球の, 行くなて武に, 行くなとは云えず安心, 行くなとも誰も, 行くなどの用意も, 行くなよつまらん, 行くなりとて寺の, 行くなるほど九年の, 行くなんかあんまり良い, 行くなんざア凄い寸法, 行くなんぞいい図, 行くなんぞと思わせぶりを, 行くにあたって先帝に, 行くにいさんのうしろす, 行くにおいが生命, 行くにさえ差し支えそう, 行くにたいしてもとは, 行くにだって毛皮の, 行くについてのこの参考, 行くにつき何か, 行くにつけ流の, 行くにまで笑はれまい, 行くにやいろんな事, 行くねってまたきいたら, 行くねと聞きますと, 行くのかんべんして, 行くのこれお前には心配, 行くのだいおばば, 行くのでな馭者という, 行くのにと一葉は, 行くのにや赤え, 行くのよウ, 行くのらくらおやじの, 行くのアいいけれど, 行くのタブゥなん, 行くの他は無い, 行くの例なり, 行くの例漁夫の流, 行くの保証人たり, 行くの僕はよしましょう, 行くの勢いを以てこの, 行くの可恐いわね, 行くの呉服屋へ行く, 行くの嫌いなん, 行くの寸法らしい, 行くの感あり, 行くの本能だけは残っ, 行くの概あった先生, 行くの特権を有し, 行くの砂村へお, 行くの聲だつた, 行くの覚悟をし, 行くの道路に向う, 行くの金沢へ行く, 行くはいと云っ, 行くはかない仕事に, 行くはずのをフイ, 行くはずみにそこ, 行くはてはいづくぞや, 行くはなしじゃない, 行くはみな本心, 行くはやいかのぼり紙幟, 行くはる子のわき, 行くはればれしき四人のす, 行くあいは, 行くばかはない, 行くばかりが自分の, 行くばかりで停止し, 行くばっかりじゃ, 行くばっかりじゃありませんか, 行くひとびとの眼, 行くひろ子と行きちがいそう, 行くふたりを心配そう, 行くふるさとの山, 行くへが知れなくな, 行くへの死をも, 行くへや遠き鶻隼, 行くべか舟が, 行くほかしかたがない, 行くほかほんとの大人, 行くほか仕方がない, 行くほか何処と云っ, 行くほか何處と云つて, 行くほそい坂道が, 行くほどには説明せられ, 行くほどはほの, 行くほどよく飲んで, 行くほんに温泉は, 行くほんの少し前, 行くまえだから七八年, 行くまき子を目, 行くまたは歩いて, 行くまちのけむり, 行くまっくらな, 行くまでにも髭は, 行くまねをし, 行くまま惱ますを危急, 行くまま草の枯, 行くまま詩だか, 行くみたいな感じ, 行くみのえの, 行くみんなの方, 行くみんな中間が欠け, 行くむずかしさを, 行くめあては今, 行くめいめいの悩み, 行くめざましさを, 行くもうそう長くは, 行くもう余程登ったろう行手左, 行くもかへるも, 行くもぐらもち再び土, 行くもしくは変って, 行くもっとしっかり俺の, 行くもともに人, 行くものこれも犯人, 行くものそれに沿道, 行くものたちであったが, 行くものどもがこれから, 行くものニて御座候, 行くもの三四人に逢, 行くもの下の方, 行くもの以外の熟語法, 行くもの十七人を斬りし, 行くもの指図するもの, 行くもの木立の中, 行くもの松戸から千住, 行くもの用を足し, 行くもの等すなわち種々, 行くもの過程的なもの, 行くもの電車の中, 行くもの魏の曹操, 行くもんじゃからね, 行くやう心掛くるとき, 行くやう言葉の順序, 行くやう説明されねば, 行くやがて白刃が, 行くやっと九つに, 行くやの駄句にも, 行くやは測りがたかっ, 行くやも知れぬ, 行くやらも解らぬ故に, 行くやわらかい力の, 行くゆえ駒も軽い, 行くゆき子と富岡, 行くゆるやかな道, 行くゆゑんである, 行くよい家が, 行くようすをグッ, 行くよう命令されました, 行くよう夏休みにはうち, 行くよう家の中, 行くよか芝居へ, 行くよりかさうし, 行くよりかも近路, 行くよりてを知らなかった, 行くよりはとフダーヤ老松町の, 行くらん死出のやま, 行くらん覺束なし, 行くれいの慇懃, 行くわいと答えました, 行くわいなってことは, 行くわいなと申すの, 行くわかき日の, 行くわが子の姿, 行くわが子幾人を彼, 行くわきの入口, 行くわざなれば, 行くわざわざ名刺を, 行くわしもそれ, 行くわしら二人に逢った, 行くわたくしたちの影, 行くわねどこへでも, 行くわびしさの, 行くわりに不味くない, 行くわれらの伝馬船, 行くゑはいづこ末遠く, 行くをなどさは, 行くをも知らざるなり, 行くを以て食を, 行くんだいそして, 行くんだいお前は, 行くんだい何を珍, 行くんだい競馬へ行く, 行くんでがせう, 行くんでね助けると, 行くアイヌの為, 行くアイノコ流が流行った, 行くアカシアの森, 行くアスファルトの大通り, 行くアッパッパ連と急, 行くアフガン人の色絹行商人, 行くアポローン遂に彼, 行くアメリカ兵を見, 行くアメリカ式のビルデング, 行くアントニオになった, 行くアンネットの理性, 行くアーチが光, 行くイギリスの鉄道工夫, 行くイタリアの水, 行くイルマン三人のみであった, 行くウイ持参し, 行くウイスキーうまし, 行くウスノロ氏の後ろ, 行くエジツに附い, 行くエスの心持, 行くエネルギイと忍耐力, 行くエンタツアチャコの, 行くオドロオドロしい五六人, 行くオランダ人は高い, 行くオルパーをのみ, 行くオレンジ色のジャケツ, 行くオーリャの後姿, 行くカテゴリーは一体, 行くカラバンの一人, 行くカーキ色の軍服, 行くガスコアン大尉の後姿, 行くガタ馬車が日, 行くガラスのはまった, 行くキチガイ地獄じゃ, 行くギギギーッという音, 行くクリストが彼, 行くグラタン入のポタージュ, 行くグルイツィコの後ろ姿, 行くゲンのあと, 行くコンクリートの坂, 行くコースの方, 行くコースこれは一里半, 行くゴムの帯, 行くサンダンでもする, 行くシェーンのたま, 行くシナ人とは至って, 行くシベリヤをどんなに, 行くシャボンの泡, 行くシャボン玉より軽い, 行くシヨウチユウのた, 行くシーンを考へ, 行くジョニオカの赤, 行くジョニ・オカの黒, 行くジョニ赤をたっぷり, 行くスピードなどを部, 行くスベもなかろう, 行くスペイン人はと言え, 行くスリを指した, 行くスリツパーの足音, 行くズッと前, 行くズヴェルコフのため, 行くセエラの小さな, 行くタクトは充分, 行くタタキの廊下, 行くターキーの人気, 行くダラットへの自動車, 行くチップが有る, 行くチフスの病人, 行くチベット本道からの廻り路, 行くチュガ公の足, 行くチョビ安のあと, 行くツモリだね, 行くはないでしょう, 行くテクニックそういうもの, 行くテテツクスよ露, 行くトマトいやだろう風呂敷, 行くトラック隊や吹きすさぶ, 行くトロイアの運命, 行くトンネルがだんだん互いに, 行くドイツ人の外交官二人, 行くドリアングレーなぞいう, 行くドンの詩, 行くドーソン号の最, 行くドーンという凄まじい, 行くナイヤガラと言いかけ, 行くナオミや熊谷, 行くナチスの外交官, 行くノキシノブのべったり, 行くノートにそれ, 行くハイカイコジキだつらい, 行くハッキリした道, 行くハプスブルグの娘, 行くハムはおい, 行くバカはいない, 行くパァティなのよ, 行くパトラッシュの苦心, 行くパルチザンなんど面倒くさい大砲, 行くパンチと云う, 行くパーカーがあり, 行くビイテンベルヒのレジナ・ニパラスあたり, 行くビフテキとチキンカレー, 行くピューリタンたちがもうそろそろ, 行くファイドロスよきみ, 行くファンクションである, 行くフアンタスチツクな光景, 行くフィルムに就, 行くフェード・アウトのラスト, 行くフロック姿の浅井, 行くブラスバンドの演奏, 行くプラットの後姿, 行くプラツトフオオムの柱, 行くプロセスとしてのみ論じられる, 行くヘクトール肩より首, 行くヘッドライトが, 行くヘルシンキの勤人, 行くヘンデルを惜しん, 行くヘープァイストス英剛の, 行くベエお前エは服, 行くベエツたらよう, 行くペルシアの使節, 行くペンの走り, 行くペーチャの姿, 行くホウカイ節七色の護謨風船, 行くホームに残った, 行くボストンの跫音, 行くボーイゲラ刷を工場, 行くポゴレーリツェフの家, 行くポストはある, 行くポタージュフィレソールのみ, 行くポチの姿, 行くポーズにあった, 行くマギイ婆さんは何となく, 行くマダムのむっちり, 行くマリユスの姿, 行くマロニエとプラタアヌ, 行くマンの顔色, 行くミツセル夫人の下宿, 行くムクもそれ, 行くムク犬のあと, 行くメェフラワァ号の最後, 行くメスの下, 行くメドは戯曲, 行くメフィストフェレスや人間, 行くモセイ君のうしろ姿, 行くモダニストの行き, 行くモノモラヒを潰し, 行くモーリスに執念, 行くヤツは決して, 行くヤマダ合資会社という羅紗問屋, 行くユダヤ人の男女, 行くユニットは自分, 行くヨーロッパを逃れ, 行くライオン戦車を見, 行くラザレフの姿, 行くラッシュに似, 行くラッパの音, 行くラップの作家たち, 行くラテン系移民ナバホの郷愁, 行くランチを見下した, 行くリイル・バルブへ行った, 行くリユツクサツクなどいろいろ, 行くリージヤと軍医, 行くルキーンの姿, 行くルンペンの行列, 行くルーランうれしそう, 行くレストランの主人, 行くレーニンの後姿, 行くロン・ポアンの店, 行くロープに近, 行く叱らないでね, 行くワラタ号を見送った, 行くワルデルゼイ軍医大佐の佩剣, 行くワーナー調査隊の船団, 行くンぢやない, 行くヴァラエティと, 行くヴァレーは僕, 行くヴェフールの家, 行くヴォルガの遠景, 行く一丁場である, 行く一先づ死体は宿屋, 行く一円二円の金, 行く一列が見えた, 行く一勢のみはそれ, 行く一同だつた, 行く一因にもなっ, 行く一団もそれ, 行く一塊りの, 行く一字毎に腸, 行く一学の後姿, 行く一定の思考, 行く一年前の春, 行く一廻りして, 行く一張羅を質, 行く一方子供の感情, 行く一方急斜面の地, 行く一方経済界の変動, 行く一方行動ばかりを伝へた, 行く一方豚の脂, 行く一日一日のいかに, 行く一時間がとても, 行く一樹下に到り, 行く一樽のお代, 行く一歩後から次, 行く一点の赤い, 行く一片の雲, 行く一番しんがりの一群, 行く一番列車に乗るべく急ぐ, 行く一番向うの畦, 行く一疋の鷹, 行く一直線の街道, 行く一筋の谷川, 行く一簇また一簇, 行く一紳士一貴婦にエリオット博士, 行く一行一行にあらゆる, 行く一行毎に大きく, 行く一言云へばそれ, 行く一軍があり, 行く一軒の破, 行く一転機の時代, 行く一連の旅人, 行く一週間ほど前, 行く一郎がへん, 行く一雪の日, 行く一面の畑, 行く一頭の黒犬, 行く一點の汚, 行く七つになる, 行く七八人の男達, 行く七兵衛を見ました, 行く七瀬の後方, 行く七色の虹猫, 行く万事さういふタテマヘ, 行く万太郎は耳, 行く万年筆の感触, 行く丈夫な麻縄, 行くの池, 行く三人組の職人, 行く三八九を復活, 行く三十歳前後の無学, 行く三千両の小判, 行く三名の姿, 行く三四人の学生, 行く三四十人の群衆, 行く三四子を見, 行く三尺ぐらゐ前が目, 行く三日です, 行く三月ぶりだ折, 行く三毛は自分, 行く三毛猫のしなやか, 行く三田と東, 行く三益と二人, 行く三等切符を一枚ただ, 行く三等車の窓, 行く三艘の汽船, 行く三藏の後姿, 行く三谷青年すがりつく倭文子, 行く三輪の萬七, 行く三郎の白い, 行く三階の階段, 行く上原さんが階段, 行く上布屋清二郎の後, 行く上手に使える, 行く上野谷中道灌山かけての木立, 行く上阪という細逕, 行く下拵えをし, 行く下流を見渡した, 行く下界の森, 行く下関市を眺め, 行く不動さんの方, 行く不可解の力, 行く不定期貨物船の一つ, 行く不審に相当, 行く不意に針蕗, 行く不治の病者がなほ, 行く不滅の教, 行く不甲斐なき民衆を, 行く不破名古屋も這般, 行く不良分子の集り, 行く与兵衛の手, 行く与太的雑録に帰ろう, 行く丑松はまあ, 行く世態を憤つた, 行く世紀の相, 行く両道をさえぎっ, 行く中わたくしは土手下, 行く中ノ橋あたりはまだ, 行く中一郎はもうどうにも, 行く中不思議な箱, 行く中世的の封建制度, 行く中何時ともなし, 行く中川島は木蔭, 行く中年の漁夫, 行く中年増の媚, 行く中彼の観音, 行く中春子が二, 行く中村屋でボルシチ, 行く中根の送別会, 行く中水田のところどころ, 行く中流石の師直, 行く中熔岩の上, 行く中空にみつる光, 行く中途であった, 行く中重吉も一, 行く中門まで表, 行く中電車通の裏手, 行く串崎船の檣頭, 行く丸の内のお, 行く丹左と上っ, 行くと従者, 行く主人公の為, 行く主君の一行, 行く主演俳優の死, 行く主義で次ぎ, 行く主膳の姿, 行く主要素としての分業, 行く乃ちよめる歌并短歌, 行く久しぶりに豆腐, 行く久一さんは車, 行く久助君の両側, 行く久太郎の後ろ姿, 行く乗合が出る, 行く乗合馬車がてんでに, 行く乗物を遮る, 行く乙鳥の背, 行く九つ目が大変, 行く乞食爺の姿, 行く乱闘の半ば, 行く予感なんてろくな, 行く事さへ実は, 行く事ぢや無い, 行く事一時間にし, 行く事一里にし, 行く事一里漁村浜崎を過ぎ, 行く事七八町岩層の小高い, 行く事三哩またそれ, 行く事上手なと, 行く事乗物は自動車, 行く事二回これから第, 行く事二百余里大石門, 行く事僅少にし, 行く事六七里大壙, 行く事十丁ばかりにし, 行く事四哩その辺, 行く事実である, 行く事実アンナ・カレーニナがわれと, 行く事小半里田舍ながら大, 行く事情もある, 行く事数十里途上一江水は半江水, 行く事数町にし, 行く事髪結を取替た, 行く二三日前で, 行く二三隻の小舟, 行く二個の明るい, 行く二十二の弟, 行く二台の馬車, 行く二度の大望, 行く二旒の白旗, 行く二日とつづい, 行く二月の下旬, 行く二番の馬, 行く二羽も三羽, 行く二輪馬車に身, 行く二郎の後姿, 行く二里の間, 行く二里余の道, 行く二重橋を拝, 行く二門ずつの大砲, 行く二間半ばかり前面, 行く二頭のやせ, 行く云々というの, 行く云ひだしましてな, 行く五つと幾月, 行く五倍子染をふりかえっ, 行く五六人連れの向う, 行く五円のを食べる, 行く五分間のうち, 行く五日前に書かれた, 行く五月野をよこぎ, 行く井師にすぐ, 行く亞弗利加の沿岸, 行く交際ぶりのまじめさ, 行く京名物鯛かぶらてもの, 行く京橋の家, 行く京都町奉行附の同心, 行く亭主があるかっ, 行くをどう, 行く人々以外に重い, 行く人かげが細い, 行く人何か知ら, 行く人勝重は落合, 行く人夫たちは遥, 行く人帰りの人, 行く人惣吉さんは兄弟, 行く人手は無え, 行く人森の向う, 行く人気のない, 行く人波の列, 行く人浪の趾, 行く人海水浴場へ行く, 行く人混の中, 行く人神おとしめな, 行く人群れを見かけた, 行く人背中を駱駝, 行く人達夕食後の散歩, 行く人間らしい物の, 行く人間心理を作者, 行く人階下に居る, 行く人雑沓の塵埃, 行く人非人よッ, 行く人馬の足音, 行く仁右衛門親仁を, 行く今夜は飲ん, 行く今晩は樹明宿直, 行く仏蘭西の水兵たち, 行く仏蘭西船の甲板, 行く仔山羊の成長, 行く仔羊がいっしょ, 行く仔鯨の屍体, 行く仕事場の光景, 行く仕掛花火かな, 行く仕組みになつて, 行く仙台石の巻, 行く仙太郎をジッ, 行く仙波の家, 行く代り岩の穴, 行く代物だった, 行く令兄のところ, 行く以上それを追って, 行く以上俺も行く, 行く以上手頃な物, 行く以上私たちの倫理観, 行く以外めつたに外, 行く以外如何とも方法, 行く仲間丈甲板用の籐, 行く企図をもっ, 行く伊作の袖, 行く伊勢の関, 行く伊勢屋新兵衞ガラツ八がいくら, 行く伊東の親類, 行く伊賀の若, 行く伊那少年の背後姿, 行く休茶屋がありました, 行くの, 行く伝七は獅子, 行く伝播の速度, 行く伝教の行い, 行く伯林の小産階級, 行く伯母が赤心一語, 行く位何でもなく, 行く住宅建築のこと, 行く佐々泰造やつや子, 行く佐吉の背後, 行く佐野という男, 行く体たらくは柩, 行く何かしらん書い, 行く何と河童少年少女の, 行く何んぞ其眞趣, 行く何処へ行かう, 行く何卒末長く見捨てず, 行く何日にかえるで, 行く何時もの彼等, 行く何處とも知れない, 行く何鳥かの羽裏, 行く余り下りが激しい, 行く余分のお金, 行く余暇を有, 行く余韻の名残, 行くの山, 行く佛蘭西の水兵たち, 行く作品である, 行く作物は読者, 行くし空間, 行く使いの者, 行く使者が明, 行く使者等の歌, 行く侍たちのあと, 行くをすべく, 行く供人をえらん, 行く便宜を得, 行く俊助の心, 行く俊次と入れちがい, 行く俊秀が言った, 行く信仰行事が今, 行く信徒の群, 行く俥夫のまるで, 行く修士の一団, 行く修業だと, 行く修業場ですから, 行く修道士の生活, 行くのよう, 行く俺達の足音, 行く倉地を見送っ, 行くであったから, 行く候補生の拉甸型, 行く借金ばかりであった, 行く値打はない, 行く僧の, 行く偉大な輝, 行く偏倚せざる国家理論, 行く停留場から半, 行く停車場までの切符, 行く偽号だ, 行くに二匹, 行く傍ら忠実に通つて, 行くの音, 行く傾斜地の高地, 行く僅かながら高く, 行く働きは時間, 行く働きかただった, 行くは骨, 行く僧堂教育の精神, 行く僧正その咎, 行く儀式があります, 行く儒者ふうの老人, 行くない運命, 行く優しい雄々しさという, 行く兄妹の後ろ姿, 行く兄弟相逐うごとし他, 行く兄貴の曳く, 行く兇悪な奴, 行く先々人間の群れる, 行く先々会社も人間, 行く先々前夜のよう, 行く先々右も左, 行く先々彼のす, 行く先々都市も農村, 行く先々面倒でもただ地, 行く先々食べ物とさえ見れ, 行く先づ湯田の温泉, 行く先づ船体が隠れ, 行く先方にまた, 行く先端にそして, 行く先輩の後姿, 行く先頭の雪子, 行く光線が強靭, 行く入新羅使以下の, 行く入野入野は地名, 行く入院以来の日々, 行く国民の, 行く全国でも珍, 行く兩側の店, 行く八百屋さんが見つけ, 行く公卿階級の悲哀, 行く公園のところ, 行く公道に在る, 行く六人の者, 行く六十五歳の老父, 行く六時の電車, 行く六月の町, 行く六甲の家, 行く兵卒を眼, 行く兵士どもがその, 行く兵士達の軍服, 行く兵隊さんを見送っ, 行く兵馬さんはあの, 行くはなく, 行く其中庵のある, 行く其仇浪の立騷ぐ邊海鳥二三羽夢, 行く其南の肩, 行く其後から僕, 行く其意気を栽培家, 行く其有様を胸, 行く其気が適当, 行く其門前にて, 行く具合がどこ, 行く兼助の後姿, 行く内地の山間, 行く内部の変化, 行く内面的知覺でなければ, 行くの内部, 行く円い玉であった, 行く冒険性を持っ, 行く写真のうつる, 行く冥府から出, 行く冥途といふやう, 行くの雲, 行く冬子の白い, 行く冬村君ともいつ, 行く冴子の姿, 行く冷たい態度が, 行く冷やかな頑丈, 行く凄惨な時間, 行く凛々たる勇気, 行く几帳面さを彼, 行く凡そ十日か十五日, 行く処女よ, 行く処平和なれば, 行く処影の身, 行く処扉おのづから, 行く出世前の大切, 行く出入り口にし, 行く出勤の人たち, 行く出口の大戸, 行く出来ものは糖, 行く出発の前夜, 行く出羽守主従だった, 行く函館の山腹, 行くは千浪, 行く分析の間, 行く切り抜きの広告文字, 行く切支丹宗徒の最後, 行く切符が買える, 行く切符代の御, 行く刑事の話, 行くを, 行く初対面頗る感じ, 行く初期の発展経路, 行く初秋の午後, 行くの道, 行く別に他の, 行く別れ道に茶屋, 行く利助の姿, 行く到達点が死, 行く刹那刹那の到る, 行くの生えた, 行くで空, 行く刻み定刻九時四十分の時報今点つ, 行く刻作業部を通り, 行く刻限は大抵, 行く前そこに居候, 行く前グレタ・ガルボがクリスチナ女王, 行く前プルニエへ行った, 行く前一人の女中, 行く前一生懸命追ひま, 行く前二月を宝塚ショウ, 行く前何も覚えありません, 行く前友達と二人, 行く前問題の梯子段, 行く前四五十分程の間軌道, 行く前太宰施門氏とエルヴイユウ, 行く前後に諸国, 行く前敬之進の言葉, 行く前東北大学で鉄, 行く前田鉄工場の職工たち, 行く前途を考え, 行く前進の過程, 行く前野田の家, 行く前銀座へ出, 行く前面の形, 行くを道, 行く剣光が終夜, 行く剣山の麓, 行く割合がきわめて, 行く割烹料理店の粋月, 行く創造的世界は右, 行く劇場にさえ入れなかった, 行く力全体が利用, 行く力士らの光景, 行く力自分の生活, 行く力進展して, 行く加奈子の横顔, 行く劣敗者の周圍, 行く助けになる, 行く助九郎の腰, 行く努力社会をより, 行くを遁, 行く労働婦人を今日, 行く労働者運動の波, 行く労農大衆の先頭, 行く効果に至っ, 行くしい姿, 行く勇吉の道伴, 行くの姿, 行く動き易い心, 行く動作にずるずる, 行く動機にもなる, 行く動物である, 行く勘三の姿, 行く勘所だ, 行く勘次の後, 行く勘次兄哥どんな時, 行く勝太郎に貰った, 行く勝子を見た, 行く勞苦の一生, 行く勢人のそれ, 行く勤人の群集, 行くれ, 行くを幻, 行く包容の視, 行く化粧鞄を取っ, 行く北海の, 行く北海道くんだりまで追, 行く医者の後姿, 行く十七八の娘, 行く十丈あまりの黒竜, 行く十三の少女, 行く十何人のメムバー, 行く十八九の結綿, 行く十六の少年カルソー, 行く十四五の少女, 行く十数間のそ, 行く十数騎とがあたかも, 行く十時何分かの終列車, 行く十町の道, 行く千二がとつぜん, 行く千人あまりの尾州, 行く千代子の後ろ姿, 行く千余の人間, 行く千日前のハナヤ, 行く千枝子と清, 行く千車万騎すでに江南, 行く千里の周囲, 行く千鳥足とは同じ, 行く午前四時までにはどんな, 行く午後の定期, 行く午後三時の暑, 行く里ばかりの, 行く半分ほどのところ, 行く半夜の影, 行く半月振の, 行く半町ばかり, 行く半蔵たちの行く先, 行く卒業生のほとんど, 行く南方の空, 行く南日君を駆抜い, 行く単なる直線的進行と, 行く印度の行商人相手, 行く危なさに, 行く危機を蔵, 行く危險な噂, 行くの事, 行くを限る, 行く原始人の底, 行く原子論方面の研究, 行く原質の道程, 行く原野をぼんやり, 行くのそ, 行く参列者を送り出し, 行く参道の両側, 行く大洋へ, 行く又五郎であるのに, 行く友松のうしろ姿, 行く反対の方, 行く反物のよう, 行く叔母の後姿, 行く叔父さんを見送った, 行く口惜しさ, 行く疊の, 行く古くからの風俗, 行く古典的なの, 行く古本屋が両国薬研堀, 行く句稿を後, 行く句集はまだ, 行く可らずとは, 行く可憐な娘, 行く可笑しい程惨め, 行く可能が明かな, 行く右側の第, 行く右手の道, 行く右近に少将, 行く号外売りも, 行く各種の, 行く吉公へ, 行く吉川夫人のお, 行く吉左衛門に付き添い, 行く吉弥の素顔, 行く吉松に感心, 行く吉林城のかたはら, 行く吉田の後ろ姿, 行く死して, 行く同時に大山さんを, 行く同輩のため, 行く名優のよう, 行く名剣士の切, 行く名将の心境, 行く名残りのこと, 行く名画が一同, 行く名目に困っ, 行く怪しんで, 行くふからつ, 行く向島の春, 行く君たちよ, 行く君勇や鈴子, 行く吟声は容易, 行くのいかに, 行く吾が匂, 行く吾一とキク, 行く吾妻下駄の音, 行く吾妻橋の向う, 行く吾等の姿, 行く呉学人の影, 行く呑気さは異国情味, 行く味氣なさ, 行く呼吸でした, 行く呼声にさえ気, 行く和やかさを覚えた, 行く和声的な最低音, 行く和尚さんもすぐれた, 行く咽喉が, 行く哀愁であった, 行くの節, 行くを見た, 行く唐変木はまず, 行く唱歌会員の二人, 行く商人竜女の美貌, 行く商売人が非常, 行く商業的富の競争, 行く商船に偽装, 行く商賈の財寶, 行く問屋の旦那, 行くえ煙管, 行く善事のまず, 行く喜八郎を見送り, 行く喜村と美都子, 行く営林署の樵夫, 行く嘉門の姿, 行く嘉門次にうしろ, 行く噂さにビク, 行く器用な手つき, 行く器用さがあった, 行く囚人の群, 行く囚人どもに鎖, 行く囚人等は, 行く囚徒の姿, 行く四五寸くらいの小さな, 行く四五町先へ神輿, 行く四大人の御霊代, 行く四年前まではこの, 行く四手駕籠一梃見えがくれ, 行く四時まではどんなに, 行く四条通りを河原町通り, 行く四等車といふ, 行く四里の田舎道, 行く困難が逓増, 行く困難さは容易, 行く困難言葉に表わされず, 行く固めの盃, 行くもない, 行く国人が海賊, 行く国俊の太刀, 行く国土の問題, 行く国境の連山, 行く国婦人子供国有論が生れる, 行く国柄でげし, 行く国民兵らの武器, 行く国道の重要, 行く国防国家といふ見地, 行く国際列車が停っ, 行く国際学生会館の日本留学生, 行く國松を見送つ, 行く園芸手の葛岡, 行く圓朝がとえらい, 行くを考へる, 行く土井という最高検, 行く土俗は今, 行く土倉谷だった, 行く土岐頼春の姿, 行く土民とイタリー人, 行く土産を買, 行く土産代も何もかも, 行く土間の隅, 行く圧縮された無数, 行く来りの, 行く地上へ向, 行く地下の水道, 行く地中海の海原, 行く地勢はそれ, 行く地図の姿, 行く地盤の上, 行く地蔵様のそば, 行く地質学者や古, 行く地面からは遠近, 行く坊さんでそれ, 行く坊主頭を八五郎, 行くとこの, 行くのある, 行く城兵の姿, 行く城砦である, 行く執念のねばり, 行く基督の姿, 行くを見詰め, 行く場処もある, 行く場合われわれはそれ, 行く場合寿江子の体, 行く場合私が何時, 行く場所ぢやねエ, 行く塔勢がかすか, 行く塗駕籠を絶えず, 行く塚窪の家, 行くっ辛い, 行く塩釜街道の途中, 行くの生徒, 行くを御, 行くは皆, 行く墨色は単に, 行く壮佼がある, 行く壮六の靴, 行く壮観は無, 行く壯丁が殖え, 行く売子の数, 行くの家, 行くの雲, 行く夕ぐれの摘象文, 行く夕日かげの残る, 行く夕映に長, 行く夕景などと見る, 行く夕月夜かな, 行く夕空を仰いだ, 行く外人を斬っ, 行く外余り家から出なくなった, 行く外務省の者, 行く外国人が屡々, 行く外国船の中, 行く外國に餘計物, 行く外國人夫妻町も山, 行く外濠の景色, 行く外界だけが存在, 行く外道変化の囁か, 行く多勢の人, 行く多少の雨, 行く多市の影, 行く夜なかの貨車, 行く夜寒かな, 行く夜明方の空, 行く夜晴れ日の長い, 行く夜汽車の隅, 行く夜盗達が懐中電灯, 行く夜空の涙, 行く夢心地であった, 行く夢想家肌のところ, 行く夥しい重器珍宝軍需の, 行く大いにさわぐウイ, 行く大らかな美し, 行く大久保の森, 行く大事な退軍, 行く大兄の姿, 行く大八車の上, 行く大分喜楽館わりに入ってる, 行く大切の三人, 行く大勢は已, 行く大友とお, 行く大名行列もそこ, 行く大小の石, 行く大川筋が緑, 行く大木の倒れる, 行く大根の葉, 行く大楠の森, 行く大概はみんな, 行く大槻軍医も辞し去っ, 行く大次郎のうしろ姿, 行く大水の音, 行く大空のかなた, 行く大筒を坂本, 行く大胆な力, 行く大胆さにもなつて, 行く大臣や元老, 行く大船か, 行く大船物の, 行く大西屋さんらしいのに, 行く大買人もあれ, 行く大路もとむと, 行く大辻は大分傾勢, 行く大道を利口, 行く大都市のはずれ, 行く大野について扉, 行く大阪には何, 行く大鹿は血, 行く天の川でも渡る, 行く天ぷら頻りに食, 行く天勝曰く四月には必ず, 行く天幕のあと, 行く天才の芽, 行く天文学者も居た, 行く天気だ, 行く天稟がない, 行く天草芳る地, 行く天路に入らぬ, 行く天辺を妙, 行く天際に, 行く太い蛇の, 行く太一郎を見る, 行く太平洋の怒, 行く太政官の黒い, 行く太鼓の音, 行く夫仙太郎の浅ましい, 行く夫兄父弟達に対する婦人たち, 行く夫婦の彼等, 行く夫婦連があった, 行く奇態な跛馬, 行く奇特を申さん, 行く奈良へも行く, 行く奉公男女の影, 行く奔放な放埒, 行く奔流のごとき, 行く奔牛へ足幅, 行く奥さんの手料理, 行く奥底の知れない, 行く女づれの客, 行く女ぶつつかりは, 行く女一人を見, 行く女中達へ, 行く女乞食の葬列, 行く女伴の後影, 行く女優達の顏, 行く女共はだ, 行く女君の後姿, 行く女学生の姿, 行く女形を立ち止っ, 行く女心はもはや, 行く女性としての人間性, 行く女流詩人の姿, 行く女犬ころ初夏の風, 行く女装の若者, 行く女連れの三人, 行く女郎衆の同勢, 行く女電車の混雑, 行く奴アありやしねえよ, 行く奴焚木を背負い, 行く奴町へくりだし, 行く奴秘密を教え, 行く奴笠を着た, 行く奴等は今ごろ, 行く奴釣りに行く, 行く好き勝手な夢, 行く好奇心や驚異, 行く如くして, 行く如し白き羊, 行く如何しようかと, 行く如見めや手, 行く妊婦やよちよち, 行くと見え, 行くの夫, 行く姉さんやお婆さん, 行く始めは足場, 行くの後ろ影, 行く姓名の面体, 行くの姿, 行く姿中にも自分, 行く姿見がある, 行く威勢は素晴, 行く娘そこらを面白, 行くの後, 行く婦人協議会というの, 行く婦人車掌の間, 行く婦人連をおびやかし, 行く婦女の姿, 行くを見送ろう, 行く嫖客を乗せ, 行く嬉しさで, 行く子どもなどを見かけぬ, 行く子みんなからだ, 行く子らに朝, 行く子供らの青じろい, 行く子鉄は大体, 行く孤児を見る, 行く孤独に堪へる, 行く孤立の幹, 行く学力だの, 行く学士もある, 行く学生諸君又は故郷, 行く学資だけは次兄, 行く孫策は文字どおり南船北馬, 行く學校へは缺勤屆, 行く宇治の後, 行く守時の姿, 行く安くてうまい, 行く安らかな神, 行く安兵衛の後, 行く安定のない, 行く安楽の, 行く安里の背中, 行く宋江のあと, 行く宏子を見た, 行く宗任のあはれ, 行く官吏政治家富豪の類, 行く定九朗の顔, 行く定吉に, 行く実はふり向こうと, 行く実君も同じ, 行く実況を演出, 行く実験も大勢, 行く客船を脅かし, 行く客足を引き止める, 行く室外の景色, 行く宮内府の役人, 行く宮地線の汽車, 行く宮城の甍, 行く宮廷と実隆, 行く宴座となった, 行く家々があつ, 行く家いずれも穢, 行く家人にも書院, 行く家家に戦争, 行く家畜を見, 行く容色のため, 行く宿の者, 行く宿六の顔, 行く宿役人もある, 行く宿直室で酒, 行く宿直部屋で腹, 行く寂照にはせめて, 行く密輸船にでも身, 行くは尋常, 行く富山平原の中, 行く富山鉄道がこんど, 行く富豪だの貴人, 行く寒き夜を, 行く寝巻姿の私, 行くてゐる, 行くに驚くべき, 行く寺僧の群れ, 行く寺内氏の過去, 行く寺泊の磯, 行く寺男と小僧, 行く対立は充分, 行く封建制度があり, 行く専務の姿, 行く専門的な科学的, 行く将士の同勢, 行く將來の展望, 行く尊氏の船, 行く尋常の旅人, 行く尋常平凡の旅, 行く對象が無い, 行く導火線ではなかろう, 行く導線をこの, 行く小ささを, 行く小一時間前ちょうど小林, 行く小使から受取った, 行く小児もやきもき, 行く小坊主の大胆, 行く小太郎と南玉, 行く小娘がちら, 行く小娘たちの後ろ姿, 行く小屋さえもなお, 行く小山戸を通り拔, 行く小村さんと別れた, 行く小泉笛村にも頼ん, 行く小溝の黒い, 行く小男の後姿, 行く小癪なりと, 行く小石川の夕暮れ, 行く小者をじっと, 行く小説家の方, 行く小遣ひもくれない, 行く小遣いを呉れだ, 行く小遣銭を持っ, 行く小野田がどうか, 行く少なくも分ったよう, 行く少女ども誰おし巻かむ, 行く少年たちが殖え, 行く少年少女達の心, 行く少年武士の顔, 行く少年男女の間, 行く少年詩人の姿, 行く不思議な, 行くをしたった, 行くを越え, 行く尾州の竹腰山城守, 行く居酒の荒, 行く屋島の崖, 行く屋敷の雑草, 行くの一ツ, 行く屍体の音, 行く展開に相, 行く屠牛見る如し疵, 行く山々蜀の旗, 行く山の手の小, 行く山の端にこそ入ら, 行く山友達とともにいつも, 行く山口を歩く, 行く山家の寒, 行く山径に合流, 行く山木を待ちける, 行く山田の家庭, 行く山野の北海道受難記, 行くのこと, 行く岡部の道, 行くよ冷え, 行く岨道は冷たい, 行くの間, 行く岩下佐次右衛門, 行く岳神としての支配, 行くには支那人, 行く岸本等を見送り, 行く岸辺に日, 行くの一番上, 行く峠村の牛方仲間, 行く峠路の脇, 行く峰丹波ガッシリしたから, 行く島々の間, 行く島人の声, 行く島根半島の方, 行く島田髷と肩, 行くの洞, 行くの道, 行く崖潮見崎へ行く, 行くしい舊道, 行く巌流の舟, 行く川尻を眺め, 行く川岸にもあった, 行く川崎を見, 行く川烏の姿, 行く巡礼姿も見える, 行く工事場の混乱, 行く左側の所, 行く左右の通り, 行く左太郎の勢い, 行く左岸の峯, 行く巧者も心得, 行くきな, 行く巨人の爪先, 行く巨大な鼬, 行く巨船の後ろ影, 行く巨鐘の音波, 行く巴里の巷, 行くの名誉職十二人, 行く市井の事物, 行く市井風流さは格別, 行く市場のこと, 行く布呂敷包みは繼母, 行く帆前船に乗つ, 行く帆影を見た, 行く帆村の頭, 行く帆村荘六だった, 行く帆船は遙, 行く希望パリーを忘れ, 行く希望者をつのります, 行くの檻車, 行く貸の, 行く帰りの橇, 行く帰りがけにはちゃんと, 行く帰りみちに酒店, 行く帰り途にそれ, 行く常道その平凡, 行く幅十間ばかりの髪川, 行く幌車の後ろ影, 行く幌馬車の軋みきこえゐ, 行くじゃない, 行くかな, 行くな國道, 行く平助を送り, 行く平和な同時に, 行く平氏門によつて, 行く平野のどこ, 行く平馬であった, 行く年ごろだと, 行く年報揃った, 行く年寄たちは頻りに, 行く年月のこと, 行く年頃だから, 行く幸七とその, 行く幸福への道順, 行く幸運がある, 行く幻影の慌しく, 行く幼き者の, 行く幽かな燈, 行くおも, 行く幾つかの顔, 行く幾万の労働者, 行く幾十組かの男女, 行く幾千年の沈默, 行く幾名かのその, 行く幾組かの女学生, 行く広告気球を見上げ, 行く広岡学士の後姿, 行く広岡理学士の姿, 行く庄次は強健, 行く庄次郎の牛みたい, 行く床屋の若い衆, 行くで今度, 行く度々鳥籠は, 行く度ごとにその, 行く度びに目に付く, 行く度合いが何層倍, 行く度數も少く, 行く座敷もとかく, 行く座頭の坊, 行く庭木戸を閉めた, 行く庭樹を思い出す, 行く庸三の目, 行く廂髮の頭, 行く廊下ハは便所, 行く廊下伝いは奥山, 行く延胤に言わせる, 行く建物の波頭, 行く建築材の臭気, 行く廻舞台を見送る, 行く廿間もある, 行く弁信法師を発見, 行く弁証法的な必然性, 行く弁財天の小さな, 行く弛張の交錯, 行く弥勒街道とをくらべ, 行く弱い子の, 行く弱き神と知り, 行く弱き者よ, 行く張りあいを感じさせる, 行く張り合が無い, 行く張り合ひもないやう, 行く張合がなくなった, 行く張合ひもないから, 行く張遼の一隊, 行く強い人間の, 行く強度も無く, 行く七郎と, 行く当の人影は, 行く当人ではなく, 行く当日に鉄漿親, 行く当路の人, 行く形式は感情, 行く彦太郎の背後, 行く彫刻で出来上っ, 行く影さへ細き, 行く役人どもを見, 行く役割に當, 行く彼女らの後姿, 行く彼方には陸地, 行く彼等もその, 行く往き帰りに君, 行く往來の人, 行く往復が一層, 行くに鶏小屋, 行く待合が一つ新橋, 行く後形を見る, 行く後影鄙には見なれぬ, 行く後藤末雄を大声, 行く徐上等兵を見送っ, 行くを殆, 行く徑路やらそれ, 行く従妹に小声, 行く従姉の町, 行く御免安兵衛の姿, 行く御嶽道者らでその, 行く御殿は藤壺, 行く御用はない, 行く御輿の一列, 行く微かな跫音, 行く微妙なもの, 行く微細なる心理, 行く徳次の姿, 行く徴候の著しい, 行く徴兵募集の示威運動, 行く徹男を追, 行く心がまえで, 行く心ぐるしさ, 行く心づもりに口絵, 行く心もちから芸術家, 行く心持ちを感じ, 行く心支度を始めね, 行く心構へが必要, 行く心片面の野, 行く心細い例を, 行く忍耐が必要, 行く志津子夫人への見せしめ, 行くがし, 行く忙しさ, 行く忠次の後, 行くろしい, 行くをし, 行く思い思いの旗, 行く思想の牧人, 行くなところ, 行く急行を見送る, 行く急行列車である, 行く性分である, 行く性命の終, 行く性悪の一, 行く性格ではなかっ, 行く性質を帯びた, 行く怨みそれも悲し, 行く怨鬼のよう, 行く怪しい一艘を, 行く怪しげな風体, 行く怪獣の後ろ影, 行くく毎日, 行くに対して妙, 行く恐れもあり, 行く恐ろしい寒気は, 行く恨めしい源氏が, 行く恵那山の大きな, 行くしい後姿, 行く悟空は竜神, 行く悟達の道はちよ, 行く悦びも地, 行く悩ましい曲線は, 行く悪い亡者の, 行く悪国へ堕, 行く悪鬼は人, 行く悲しさが, 行く悲劇的な經過, 行く悲喜劇的な姿, 行く悲鳴の声, 行く情ないと思, 行く情勢はたしかに, 行く情味も一つ, 行く情景に似, 行く情緒の快, 行く惣八郎が激しく, 行く惣平次へ庄太郎, 行くひに, 行く想いも免れない, 行く想像の五色眼鏡, 行く愉快な体験, 行く愉悦充実した空白そのもの, 行く意向だ, 行く意気組と共に先方, 行く意気込みでやりたい, 行く意義はない, 行く愚かな悪魔, 行く愚かさもさる, 行くの太陽, 行くがする, 行く感傷を用いる, 行く感傷的な終末, 行く感度に耳, 行く感想といった題, 行く感激の涙, 行く感覚は退屈, 行く態心外に思う, 行く態河の曲, 行く慢性の血膜炎, 行く慣性の方, 行く憂いはなかっ, 行く憂さは言いしれぬ, 行く憲作の死骸, 行く應擧の畫, 行く懐かしい思い出の, 行くの鬪士, 行く成算がわし, 行く我々の乗船, 行く我が身の背, 行く我家のさま, 行く我心にとって誠に, 行く戦争という屠殺場, 行く戦場をかえりみた, 行く戦者の最後, 行く戦車を見すて, 行く戰友を眺め, 行く戸口を見つけ, 行く戸外に目, 行く房吉の恰好, 行く所さへあれ, 行く所すべて人人は飛び散っ, 行く所ぢやない, 行く所どこへでも宝石, 行く所彼の云う, 行く所有について少し, 行く所謂るお, 行く所謂本格に生き, 行く所謂頭韻をもつ, 行く手がかりや據, 行く手はずをととのえ, 行く手はず十五日にジェンスキーдомザクルチョンヌイフ, 行く手品師か音楽師, 行く手拭の影, 行く手数がはぶけた, 行く手続でもしよう, 行く手続きをしなく, 行く手綱を拾う, 行く手配がすんだら, 行く手間ばかりかかる, 行く手順に困るだろう, 行く才能すらある, 行く打合せをし, 行くへるだけ, 行く批判力にいまだに, 行く技倆に至っ, 行く技巧と形式, 行く技師も飛ん, 行く技術學である, 行く抒情式な日記, 行く投書というもの, 行く折天暗く水, 行く折彼等がどんな, 行く折柿の苗, 行く抵抗はしない, 行く道は, 行く拙者死相は当然, 行く拠り所を全く, 行く持ち物を渡された, 行く指揮官警部の頭, 行く振り人には見せ, 行く挿話もよかっ, 行く掘割はそれ, 行く掛川はどの, 行く掛聲を三人, 行く推理がさしも, 行く提燈の火, 行く握り飯を焼き, 行く支那ソバを二つ, 行く支那婦人の服装, 行く攻撃法をとりたがる, 行く放埒な馬, 行く放屁をする, 行く故一の疑ひ, 行く故東京のなごり, 行く故里が, 行く敗残の境遇, 行く教権や公家階級, 行く教育がずんずん, 行く教誨師がいる, 行く散歩者の姿, 行く敬虔なす, 行く数名の朝鮮使節, 行く数歩先に一匹, 行く敵艦に不動, 行く文三と勘八, 行く文久前に山伏町邊, 行く文吉をお, 行く文学は実際, 行く文學にも路, 行く文明の勢力, 行く文明人物みなこの名物, 行く文武百官も見受ける, 行く文科の男, 行く文章であります, 行く料簡もなし, 行く斜坑がある, 行く斯道を掴まへた, 行く新しき男の, 行く新九郎の眸, 行く新井田さんの奥さん, 行く新内の連弾, 行く新吉の眼, 行く新子の心, 行く新橋や柳橋, 行く新橋花柳地区の杉茂登, 行く新緑の吉野, 行く新聞のはし, 行く新聞紙やスプレー川, 行く新道である, 行く新酒なん, 行く方三尺の淡彩図, 行く方不明になっ, 行く方便の見出し, 行く方向たるに過ぎない, 行く方向はるか前方に幽か, 行く旅人体の男, 行く旅人達がやって来た, 行く旅人馬をつなぐ, 行く旅心地も好い, 行く旅行かなの, 行く旅遊の道, 行く日先づ麻布なので, 行く日光を差し, 行く日光足尾の雪山颪, 行く日大王の贈物, 行く日常です, 行く日本晴で何より, 行く日本海であらう, 行く日記の一節, 行く日足が黄色い, 行く日輪を眺め, 行く日野俊基の乗物, 行く旦那え, 行く旦那様のお側, 行く旦那衆は勝手, 行く旧い権威を, 行く旧くからの制度, 行く早い潮の, 行く早く帰ッて, 行く早打ちかと誰, 行く早月川の谷, 行く早船の看板, 行く早飛脚を見付ける, 行く早駕の中, 行く早駕籠もある, 行く旭山は河合武雄, 行く昂奮とで熱病患者, 行く明子の顔, 行く明智の後姿, 行く明治初年の日本, 行く明治大官の二十, 行く明治時代の人達, 行く明眼達識の士, 行く明石の浦, 行く昔風なモッコ, 行くであるか, 行く映画の光線, 行く春の行き尽さぬ間, 行く春子に声, 行く春日町の美容院, 行く春早咲きの櫻草, 行く春雨ちら, 行く昨日降りた草原, 行く時あれを生徒, 行く時お前も連れ, 行く時お里からつい, 行く時これを持参, 行く時すべての鐘, 行く時ちよつと茶盆, 行く時に山神雲を, 行く時みたいな鳴動音, 行く時わしが助太刀, 行く時オヤオヤ死ぬな, 行く時グラッドロンはふだん, 行く時パンドーラはそう, 行く時フレムトなる力, 行く時一筋の風, 行く時七年の間, 行く時下手人の仲間, 行く時世話をし, 行く時中にはあわてふためい, 行く時二つの残った, 行く時二銭もらつた記憶, 行く時二階を下り, 行く時人形を籠, 行く時今井から北浦, 行く時他の一人, 行く時会費はいくら, 行く時何度もお, 行く時偶然一〇三号の室, 行く時僧侶ら三人を認め, 行く時兵児帯の結び目, 行く時分浅井の民さん, 行く時列をつくっ, 行く時前に赤線入り, 行く時十中八九細君は五フィート, 行く時叔父も湯治場, 行く時君はその, 行く時城介君は拳銃, 行く時堀つ子, 行く時夜店があっ, 行く時孫権は彼, 行く時己アでっくわし, 行く時帯の間, 行く時幽かに音, 行く時庭の松, 行く時廊下で又, 行く時弟への土産, 行く時彼等は懇, 行く時御者は小さな, 行く時文吾は街道, 行く時最後に到達, 行く時李は雑用, 行く時松のみどり, 行く時枕の下, 行く時根のゆるみたる, 行く時此處へどんな, 行く時母が臨終, 行く時母上が襟巻, 行く時水を飲み, 行く時江戸の水, 行く時清ちやんはホツ, 行く時火災多し, 行く時燕女は權八, 行く時父君が妾, 行く時牧田さんと内地, 行く時田端へ出る, 行く時畑の中, 行く時留守番にかう, 行く時白鷺が驚い, 行く時皆さんからイタリー, 行く時皆閉切って, 行く時皇太后の兄, 行く時盾をよく, 行く時眼を上げ, 行く時破れかぶれともいう, 行く時私らはそれ, 行く時節が来た, 行く時給金はどう, 行く時翁は始め, 行く時肩身の狭い, 行く時自分はふい, 行く時落葉のご, 行く時計のかえって, 行く時軒打つ雨, 行く時軾を蹴る, 行く時近道をし, 行く時追貝村でな今, 行く時運轉臺上の人, 行く時金を包ん, 行く時鉛筆をけづつたりする場合, 行く時鏡台の前, 行く時障子や天井, 行く時雨かな, 行く時雪の上, 行く時電車通りまでの間, 行く時非常に親, 行く晩春の景色, 行く晩翠軒からいろ, 行く普通のドラマ, 行くである, 行く深と, 行く智恩院も大変, 行く暈しに何とも, 行くいような, 行く暗い廊下の, 行く暗いけわしい九折の, 行く暗示には千年以前, 行く暗黒の音, 行く暮雲のさま, 行く暴漢の一人, 行く曲り口だぞ, 行く曲江の曲, 行く曲線として観察, 行く曲馬芝居の座頭, 行く曳網や壺, 行く書生だの赤シヤツ, 行く書籍の将来, 行く曹操はあわて, 行く月下の影, 行く月丸へ猟犬, 行く月見堂の山の端, 行く月見草の花, 行く有様今の先, 行く服装というの, 行くもありません, 行く望みもありません, 行く朝私は女学生, 行く朝酒はうま, 行く朝食は一日じゅう, 行く朝鮮人達が憎く, 行く期待を其, 行く木下藤吉郎の姿, 行く木村のしょんぼり, 行く木村丈八に後, 行く木立の梢, 行く木立ちにながめ入った, 行く解決の, 行く未亡人らしい殊勝さ, 行く未來の中, 行く未来の算, 行く末々を思う, 行く末の世にし, 行く末子が来, 行く末後の一, 行く末枯の蓼, 行く末流のもの, 行く本棚のこと, 行く本気を失っ, 行く本能からずっと, 行く札束をアレヨ, 行く朱柄の槍組, 行く材木を照らした, 行く村びとの中, 行く村夫子の身, 行く村娘を発見, 行く村雨の鐵, 行くの音, 行く杖払いの声, 行く東久雄と中西, 行く東京徳川末期の名人, 行く東京灣汽船が出る, 行く東京都ではあつ, 行く東宝へ行く, 行く東路に, 行く東野も前後, 行く東野南次その憑かれた, 行く松五郎の後ろ姿, 行く松吉である, 行く松岡君も自分, 行く松平老中を見送った, 行く松木十二三歳の自分, 行く松花江の風, 行く松蔵の後姿, 行く松藏の後姿, 行くのよう, 行く板戸は閉, 行く枕元にさえちゃんと, 行く林檎の幹, 行く林田橋二の後姿, 行くも知らず飛ん, 行く果てを知らない, 行く果物とそれ, 行く枯木も加茂, 行く枯野かな, 行く柄山へ行く, 行くの叔父, 行くの枝, 行く柳田平治の恰好, 行く栄蔵の顔, 行くにしたい, 行く校長の後姿, 行く根本的の原因, 行く根柢を立派, 行く格好ったら背負ってるって, 行く格子窓の下, 行く格鬪の力, 行く案内して, 行く案内人を呼び止めた, 行く案内者組合の方, 行く案山子どもを横, 行く桐壺であったから, 行くのなまぬるい, 行く梅園そのものより此処, 行く梯子段にでも上る, 行くにたれたる, 行くの上, 行く森君の手, 行く森夫や和助, 行く森彦を送っ, 行く森本にはそう, 行く森氏と会談数刻, 行く森野のうしろ, 行くのあと, 行く植字小僧のこと, 行く植木屋めがけて, 行く椹野川を土手づたひに, 行く椹野川づたひに歩いて, 行く楢雄の耳, 行く業慾連のシルエット, 行くく微か, 行く極端な対照, 行く楽しさを, 行く楽紅燈緑酒美人の膝, 行く楽細君を携, 行く楽見せ物興行物を見る, 行く楽隊を見送っ, 行く構造を含ん, 行くの穂先きが, 行く様はちよつと地上, 行く様ひとへに吾, 行く様子ゆえ今は与次郎, 行く様痩馬と牝豚, 行く槙三の面, 行く樂屋を見捨て, 行く模様今日の調べ, 行く権三と助, 行くの枝, 行く樹明君宿直である例, 行く樹明君宿直御馳走になつて, 行くのよう, 行く橋がかりの欄干ずれ, 行く橋板の上, 行く機影を見送っ, 行く機械じかけ, 行く機縁がやはり, 行く機関車に取りつい, 行く檜笠が坂, 行く櫛卷と島田, 行くの番, 行く次に頭の, 行く欧州の劇的, 行く歌舞伎座や新富座, 行く歓喜にふるへる, 行く正一を見る, 行く正太の姿, 行く正太君を追いかけた, 行く正当の理由, 行く正月の奮闘, 行く此あたりの道, 行く此時勢に連, 行く此等の山, 行く武家がポンポン, 行く武家衆はほとんど, 行く武将の野心, 行く武芸者がある, 行く武藝の達人, 行く行く光り輝く紙, 行く歩みぶりはいくら, 行く歯科ではない, 行くの魂, 行く歴史がはじまる, 行く歴史性に現実的, 行く死体が内, 行く死刑囚がそれでも, 行く死者の船, 行く死馬につかまっ, 行く残ンの桔梗, 行く段取りとなる, 行く殺生小屋着二時半途中大槍小屋, 行く毅然たる生活態度に, 行く母上と, 行く母親の後, 行く比率に注意, 行く毛唐のやつ, 行く毛織ものを買い, 行く民子の前, 行く民弥と右近丸, 行く気ぁねえかいい銭, 行く気合ははつきり, 行く気味の悪い, 行く気持前に発った, 行く気概でいる, 行く気毒なうしろ姿, 行く気狂い染みた総監, 行く気立の優しい, 行く気違ひとしか見えないだらう, 行く気魄をみる, 行く氣分がなく, 行く氣力も何, 行く氣勢するをも, 行く氣持ちはしない, 行く氣運の喚起, 行く水たきといふものあまり, 行く水兵に追, 行く水夫が帽子, 行く水夫長以下をきめた, 行く水沫はまた, 行く水練場の在る, 行く水色の服, 行く水蒸気を出し, 行く水蒸氣の美觀, 行く水面に閑, 行く氷塊の一つ, 行く氷山である, 行く氷柱がそれ, 行く氷菓の一滴, 行く永劫の瀑布, 行く汗だくの兵隊, 行く汚くてま, 行く汚物の滝, 行く江戸の噂, 行く江戸ッ子の運命, 行くでありました, 行く決心さへすれ, 行く決死隊の先導者, 行く汽車さへ轟き, 行く汽関車に取り附い, 行く沈默に焦燥, 行く沓足袋の音, 行く沓音までよく, 行く沢山の歌, 行くのやう, 行く河辺さんの見送り, 行く河風が吹き上げ, 行く河鹿がしきりに, 行く沿線の景色, 行く法則でありそして, 行く法印の法螺貝, 行く法水の背後, 行く法王どころの騒ぎ, 行く波濤が単調, 行く泥棒ぢや, 行く注意力を集中, 行く泰助の後, 行く津村はそれら, 行く活動写真の人物, 行く活計とはだいぶ, 行くの身, 行く流儀の旅, 行く流民の群れ, 行く流行の激変, 行く浅く美しい水の, 行く浅草のメシ屋, 行く浅野大学の一行, 行く浅黄のぶっ, 行く浜屋の姿, 行く浪子の呼吸, 行く浪郎今夜にも危, 行く浪頭の上, 行く浮藻を見送り, 行く浮雲を, 行く海原を眺め, 行く海岸の尼寺, 行く海底はそんな, 行く海水浴場の花やかさ, 行く海波の縞, 行く海烏の声, 行く海老と芋, 行く海老茶袴の姿, 行く魂しい, 行く消極的な寄生物, 行く消防夫に会った, 行くの一粒ごと, 行く涼しい風, 行く涼み船を見送り, 行く淀川舟の舟, 行く淋しい旅人の, 行く淘汰の諸, 行く淡い影に, 行く淡雪の, 行く淪落の世相, 行く深山あげと, 行く深川区の空, 行く深沢深だったの, 行く深雪の山, 行く淵部義博の甲胄姿, 行く混雑をも想像, 行く淺草一帶の風景, 行く清々しさに, 行く清いセエヌの, 行く清僧ではない, 行く清子の姿, 行くって来る, 行く渋沢氏と話し, 行く渓谷にはいち早く, 行く渡しもなくなれ, 行く渡舟さながら白鴎, 行く渡辺篤のこと, 行くの景色, 行くの上, 行く湖上を暫く, 行く湖面には小さい, 行く湘南の海, 行くの空色, 行く湯浅さんに京都, 行く湯田で一浴, 行く満腹どころかのど, 行く溌剌たる躍動, 行く源吉の後姿, 行く滋養品の運搬, 行くの怪我, 行く滿足は外, 行く漁夫たちの舟, 行く漆黒の頭髪, 行く演劇的所作が行, 行く漢軍を遠巻き, 行く漱石のうしろ姿, 行く漱石氏の姿, 行くは比, 行く潮田春樹を千種十次郎, 行く激しい情熱の, 行く濁流を胸, 行く濃い紫の, 行く濛々たる砂塵, 行くの底, 行くの急激, 行く灌漑専用の堀川, 行く灌漑用水の流れ, 行く火事場の後, 行く火星兵団長丸木の乗った, 行く灰吹を座敷, 行くが煙, 行く炬火や提灯, 行く点灯夫ですら, 行く烈日の如き, 行く烏窓のそ, 行く焚火の前, 行く無分別な男, 行く無数の長い, 行く無残な光景, 行く無気味な両, 行く無気味さと相, 行く無産知識階級の男女, 行く無蓋自動車があった, 行く無遠慮ものさ, 行く無限の悲しみ, 行く焦慮は彼女, 行く然別湖のあらゆる, 行く焼栗のにぶい, 行く焼栗屋のにぶい, 行く照臭さあまり人を, 行くに投げ付け, 行く熊吉のうしろ, 行くと力, 行く熱意を示し, 行く燈光でその, 行く燈火の光, 行く燕女の後ろ姿, 行くにじっと, 行くだつた, 行く父祖以來の生活, 行く爽快さを覚, 行く靨俊雄はぞ, 行く片影の途上, 行く片雲を見た, 行く牛乳車も行く, 行く牛肉のすきや, 行く牝馬の後ろ姿, 行く牡牛はむしろ, 行く牧仲太郎を国境, 行く牧師の娘, 行く牧師さんにもまた, 行く物すごい光景を, 行く物処分して, 行く物腰は曾, 行く特別な商法, 行く特殊な存在, 行く犬ころを押せえ, 行く犬さへ梁, 行く犬群の頼もしく勇ましい, 行く状況を見, 行くめくよう, 行く狩衣の一所, 行く独断論なの, 行く狭き橋の, 行くでたくさん, 行く猟夫は多かれ, 行く猪右衛門の背後, 行く猫又法師の姿, 行く太人み, 行く獄卒もべつ, 行く獅子を哀れむ, 行く獣類と撰ぶ, 行く獲物を前, 行く玄女と猪右衛門, 行く玉川砂利をこの, 行く玉目三郎に彼, 行く王仁とそのまま, 行く王婆の茶店, 行く王様夫婦もあと, 行く王滝頂上小屋へい, 行く實の, 行く現実的なプロセス, 行く現状だった, 行く現身の姿, 行く球屋へも来まし, 行く理性の能力, 行く理想への努力, 行く理知の言葉, 行く理窟と感情, 行く理論が銀座, 行く理髪店があつ, 行く理髮店の若い, 行く瑠璃光には何, 行くさ, 行く生きかたをさせる, 行く生き方行動の展開, 行く生き物だという, 行く生成の姿, 行く生活全体の心構, 行く生活環境に対しこの, 行く生活過程に絶対無二, 行く生物のいたまし, 行く生産物と歩調, 行く生計も考えね, 行く用向きと云う, 行くのほとり, 行く田上の後, 行く田中三郎文三郎等に会, 行く田山白雲の姿, 行く田楽法師の子ども, 行く田舎娘もあった, 行く田舎道のうへにふる, 行く田舟かな, 行く田越しに助川, 行く田部君を呼び返そう, 行く田鶴にたとえし, 行く由吉たちとの距離, 行く由来である, 行く甲州の山々, 行く甲州街道を二人, 行く甲斐があろう, 行く甲板の叫喚, 行く甲野さんは宗, 行く男それが彼, 行く男の子が虫, 行く男らしい勇気の, 行く男一人に縋っ, 行く男以上に頭, 行く男君は尚, 行く男坂にはもう, 行く男女二人中ほどに差しかかる, 行く男巡礼頽然とした, 行く男私の耳, 行く町人を見る, 行く町娘並びにその, 行く町家つづきの, 行く町通りを避け, 行くであり上, 行く画家のこと, 行く留五郎の後, 行く留学生に化け, 行く留守中はたのみます, 行く留守宅の方, 行くがどっち, 行く番船の方, 行く船を, 行くにはらはら, 行く疏林の淋しい, 行く疫病的自己絶滅は不屈不撓, 行く疾風の爲, 行く病氣はひどく苦しく, 行く痕跡なの, 行く痙攣を押え様, 行く痛みの尾, 行く痛風の彼, 行く発展させて, 行く発端には有心無心, 行く發動機の音, 行く白丁の足音, 行く白井氏のオペレット団体, 行く白地に紫, 行く白壁町への道, 行く白徒の不敵, 行く白犬がはつきり, 行く白狐などは白い, 行く白雲の流れ, 行く白馬の群, 行く白馬ヶ岳の焼野原, 行く白髪の男, 行く白鳥の灰色, 行く百五十キロの計, 行く百千の蟻, 行く百合子の姿, 行く百貨店は今後, 行くもつかない, 行く皆葉の渡し, 行く皮肉さをひそか, 行く皮膚病に悩まされた, 行くの持ち, 行く益満の後方, 行く盗人の後姿, 行く盗賊のよう, 行く監督の腕前, 行くの前, 行く目的地はハッキリ, 行く目盛りでなかつたならなんで, 行く目科の身, 行く盲目のごとし, 行く盲腸炎手術後のへ, 行く直前まで或, 行く相当に進ん, 行く相模灘を眺めやりました, 行く省吾の後姿, 行く看護長が廊下, 行く県営電車の中, 行く似を, 行く眞木こそよき, 行く真似をし, 行く真名古課長, 行く真名古の肩, 行く真正面にまだ, 行く真理しかない, 行く真白な雪, 行く真直な道路, 行く真直ぐな四間道路, 行く真青な海, 行く真面目なモメント, 行く眼前の景色, 行く矢代の眼, 行く知らせを受け, 行く知名の人々, 行くかい金属性, 行く石卷左陣の姿, 行く石巻左陣の姿, 行く石頭のすくんだ, 行く砂丘の足跡, 行く砂埃を想像, 行く研究が行われ, 行く砕花氏と嘉治さん, 行く砲兵工廠の煙突, 行く破れかぶれの賭, 行く破片のシツッコさ, 行く硝子の高坏, 行く碁面をしまい, 行く碓氷峠の冬最中, 行く碧玉の水, 行く確かさを持っ, 行く磯助役を始め同輩, 行く礫石の群れ, 行く礼拝者の新しい, 行く社会主義の国, 行く社会的な問題, 行く祖母に連れられた, 行く祝儀もすく, 行く神さまの名, 行く神主の後ろ姿, 行く神人のする, 行く神尾主膳の姿, 行く神山外記にうなずい, 行く神戸へ行く, 行くの催物, 行く福三郎の心持, 行く福太郎の顔面表情, 行く福引を出し, 行く禿頭の黒い, 行く秀吉の姿, 行く私どものうしろ, 行く私共は東京, 行く私自身が恐ろしく, 行く私設の沿線, 行く秋三の姿, 行く秋山大助の影, 行く秋沙鴨が何処, 行く秋草の糸, 行く秋野の天, 行く秋雨の時おり, 行く秋風のよう, 行く租税を課する, 行く移り変りの間, 行く移民の女達, 行く稀有なる群像, 行く程ふだんから赤軍, 行く程事実から遠のく, 行く程人数が殖え, 行く程寂寥ではあり, 行く程度だろうと, 行く程水が逃げ, 行く程汚れが無くなる, 行く程温度はだ, 行く程理論の整合, 行く程近くなるよう, 行く程難関があつ, 行く市の, 行く種々な階段, 行く種子達にもそれ, 行く種彦をば直様, 行く種牛は寧ろ, 行く稽古をさせられ, 行く穀倉の戸, 行く穀物の豊饒, 行く積極的の態度, 行く穢い車や, 行く空気枕のやう, 行く空白を私, 行く空腕車の音あはれ, 行く空色に白く, 行く空荷車の上, 行く空車を一つ, 行く空間上の表現, 行く空馬車を先, 行く窓外の景色, 行く窓硝子に漂った, 行く窟門の眺め, 行く窮民が毎日, 行く窮鼠の心情, 行くに友, 行く立場にある, 行く竜次郎の見込み, 行く童謠に, 行くからその, 行く端仇専門の役どころ, 行く競争で教授, 行くの髯, 行く竹さんのうしろ姿, 行く竹籠を言い合わした, 行くだ, 行く笠置の山, 行くの葉, 行く筆法でおの, 行く筆者の姿, 行く筈ぢや, 行く筈のを中止, 行く等彼等の個性, 行く答えは何処, 行く策略であったがな, 行くを奪い, 行く箆棒がある, 行く箇体の生物的生存以上, 行く算盤が朝来, 行くから抜け, 行く箱車にはもと, 行くですから, 行く範覚のいらいら, 行く篠井春子は五人, 行く篠田の後影, 行く篤実一方の男, 行くはごくわずか, 行く米国人の家族連れ, 行く米軍の兵士たち, 行く粂吉を見る, 行く粗末な品物, 行くもあるまい, 行く精力はえらい, 行く精神の遺伝作用, 行く精神力の潜む, 行く精神的創造の内容, 行くが出る, 行く紀久子へ, 行く約束ぢやない, 行く約束新聞の広告欄, 行くの色, 行く紅矢を眺め, 行く紋也の姿, 行く紋吉の足音, 行く納涼かな, 行く紙帳蜘蛛はやがて, 行く素朴な勇気, 行く細々とした, 行く細かい柔かい雨が, 行く細工谷町の友人, 行く細引にとりつきました, 行く細胞の墓場, 行く紳士をもこの, 行く紹介状をとり, 行く終点なの, 行くの音, 行くの屋内戦, 行く組織の姿, 行く経済の事, 行く結婚生活家庭生活について又, 行く結綿の後姿, 行く給料や恩給, 行く絵様にどれ, 行く絵筆の運び, 行く絶体絶命の気持ち, 行く絶壁の彼方, 行く絶対矛盾的自己同一の世界, 行く經驗が彼, 行く継子の後姿, 行く継母を見送った, 行くの中, 行く綺麗に黒い, 行く綿のよう, 行く綿貫の奴, 行く江を, 行くを一日中, 行く練習だけの時代, 行く縁先に南天, 行くの端, 行く縄附の側, 行く繁吉を考へる, 行くがあつ, 行くは誰, 行く置土産に林蔵, 行く羅針盤兼白血球であります, 行く美くしい人々, 行く美しさは, 行く美しき死骸に, 行く美作の背後姿, 行く美和子だったが, 行く美女の顔, 行く美少年の腰, 行く美濃の方, 行く美留女姫の声, 行く羨しい小舟, 行く羨しくなる程恐れ, 行く義理はない, 行く義貞の背, 行く義雄兄宛の手紙, 行く羽毛の鮮やか, 行く羽目であろう, 行く羽織や帯, 行く羽織袴の男, 行く羽風であったかも, 行くを持つ, 行く翌日礼に行く, 行くをつける, 行く習いである, 行く老いたる尼, 行く老僕に眼, 行く老境である, 行く老女の聡明さ, 行く老婆二人と娘一人, 行く老幼が馬蹄, 行く老幼男女の影, 行く考え方になる, 行く者あちらから下がっ, 行く者さへあつ, 行く者どもを恐れ, 行く者五人の子, 行く者年々多くあり, 行く者引きも切らない, 行く者往来で立話, 行く者治療室に入る, 行く者皈る者, 行く者竜王村まで一緒, 行く者肴を拵える, 行く者賭場から出, 行く者軒さきに立っ, 行く者転びとは大道, 行く者館を目がけ, 行く耶馬台の軍, 行く聖人に, 行く聖者の姿, 行く聯想や空想, 行くを聽, 行く職業のこと, 行く職業婦人が多く, 行くの軟か, 行く肉屋の丁稚, 行く肉體の缺損, 行くの熱, 行く肥料会社まで行っ, 行く肴屋でしたよ, 行く背中の, 行く背後姿を見送った, 行く背戸は浅茅生, 行く胎児の苦労, 行く胡見沢はいよいよ, 行く胴体が博士, 行く胸壁の上, 行く能楽の真髄, 行く能登守の馬, 行く脆いだらしの, 行く脇田君が見える, 行く腕前の凄, 行くを折られ, 行く臆病な人, 行く臨時汽車は神戸, 行く臨終の仕方, 行く發力と, 行く自分等の靴音, 行く自分達を想い, 行く自動車川の向う, 行く自己道徳というもの, 行く自来也鞘の, 行く自由を持つてる, 行く自由ヤレ火事ヤレ地震といふ時に早速, 行く自由性を言います, 行く自由書籍を捜索, 行く自発力と, 行く自転車乗りの小僧, 行く臭氣を嗅いだ, 行く與吉を見, 行く興味はないです, 行く興行だ, 行く興行ぶりは従来, 行く舞台の上, 行く舞姫に, 行く舟のへさき, 行く舟一かたまりに, 行く舟夫が見つかった, 行く船こっちは溯っ, 行く船中の者, 行く船中生活ほどこの世, 行く船乗りもこれ程, 行く船便を調べ, 行く船出の日, 行く船列と湖岸, 行く船客やボーイ, 行く船客たちが一団, 行く船旅を択ぼう, 行く船長と白雲, 行く船頭の処, 行くの方, 行くの姿, 行くであつ, 行くの音, 行く良平へ物, 行く良雪へぶつかった, 行く色調は随分, 行く芝原までは山径, 行く花やかな幻, 行く花井於梅の瘠せ, 行く花御子の行列, 行く花火に私, 行く花籠なども其, 行く芳ばしい薫りを, 行く芳烈な匂い, 行く芳野の川, 行く芸妓や仲居, 行く芸妓たちの後ろ姿, 行く芸者三吉およつ相合傘, 行く芸術家や学者, 行くえの, 行く若い衆さんじゃけん, 行く若い衆連のする, 行く若き人達に, 行く若僧の姿, 行く若党姿を認めた, 行く若君の様子, 行く若旦那徳太郎の頭, 行く若木の如く長ぜしむ, 行く若林博士の異様, 行く若水のせせらぎ, 行く若者達いや俺, 行く苦労と煩わし, 行く苦行者のタイプ, 行く英吉利人が二人, 行く英太郎を呼ん, 行く茉莉の自信, 行く茜色をさながら, 行く茶絵雙紙の心持, 行く茶色の雲, 行く草分から町, 行く草川巡査の勉強, 行く草木との間, 行く草道はともすれば, 行く荒地の行く, 行く荒木家蛍雪館のある, 行く荒涼たる海岸の, 行く荘厳さを思はせる, 行く荷馬の姿, 行くの多い, 行く莫迦もない, 行く菊之丞の顔, 行く菊池氏は一ばん, 行く菊畑の黄菊白菊, 行くは皆, 行く菰田の死体, 行く萎縮との生活, 行く落ち際の表情, 行く落成した東宝文芸ビル, 行く落栗のいや, 行く葉巻の煙り, 行く葉擦れの音, 行く著くまで帰れ, 行く葛城の地, 行く葛岡の素振り, 行く葡萄を再び, 行く蒸汽のさま, 行く蒼空の透くごとく, 行く蓮太郎と弁護士, 行くを享樂, 行く薄ら甘い情けなさ, 行く薄情ものでも, 行く薄日の崖, 行く薄暮の裡, 行く薔薇との幻, 行く薔薇色の夕日, 行くは背丈, 行く薬箱とうで, 行く藝當ぢやない, 行くを見る, 行く藤原と波田, 行く藤塚さんの後姿, 行く藤色の衣, 行くながら其の, 行く藥局の書生, 行く藩閥と政党, 行く處さへあつ, 行くのよう, 行く蛇籠に阻まれる, 行く蛍火のあえ, 行くを見る, 行くの行方, 行くが子, 行くの声, 行く蝋燭の灯, 行く蝙蝠傘事件をきつ, 行く蝦夷は彼ら, 行く螻蛄の夕, 行くのやう, 行く蟻達の胃袋, 行く蠣船がそこ, 行く血だらけの男, 行く衆人そこに神明, 行く行く手の谷間, 行く行事はちゃんと, 行く行動のめまぐるしい, 行く行動性のなか, 行く行商と摺違, 行く行商人の呼び声, 行く行幸のうわさなぞ, 行く行李まで見えた, 行く行為的直観的現在を中心, 行く行者宿の光景, 行く行賈の声, 行く術それを学び取る, 行くの夕景, 行く街道沿いで繩暖簾, 行く街頭の現象, 行く衝動を感ずる, 行く衣裳の質, 行くの底, 行くが切れれ, 行く裁縫の師匠, 行く装置になっ, 行く裏通にはきまって, 行く裏長屋のオカミサン, 行く裸女の腐肉, 行く裸馬の背, 行く複雑な筋, 行く褐色の鳥, 行く襦袢がそこ, 行く西の京の山, 行く西片町の友染たち, 行く要するに事実と共に, 行く要求を感じた, 行く見にくさ, 行く見よ見よその陰, 行く見事な速, 行く見物の列, 行く見目うるわしい一人, 行く見苦しさを, 行く見込があります, 行く見返りお綱, 行く見送り人の間, 行く視力には次第に, 行く覗き穴を凝視, 行くの事, 行く親しみに前世, 行く親たちのこと, 行く親分の強大, 行く親父の眼, 行く観客に評判, 行く覺悟をし, 行くにすき焼, 行く言ふんやな, 行く畫を, 行く計りです, 行く計画的な心構え, 行く訓練を受け, 行く記事がある, 行く記念祭に就, 行く記憶のもやの, 行く許諾を彼, 行く証拠が日常, 行く証拠品を夫, 行く評席格の人々, 行く詞章の上, 行くを愛した, 行く詩人といふもの, 行く話さあれを是非, 行く話し方を心得, 行く認識の諸, 行く誓詞です, 行くで, 行く説明ではない, 行く読みの深, 行く読書力ということ, 行く誰人が気づいた, 行く課長の後姿, 行く諏訪松本両勢, 行く将たちで, 行く講武所の細い, 行く證據である, 行く警官らとの間, 行く警察医の後ろ姿, 行く警部に久保田検事, 行くふれば, 行く護衛の一隊, 行く變化は美し, 行く谷中尉の靴, 行く谷合の路, 行く谷水を見, 行く谷間行く山々, 行く豆八だけは時間, 行く豆狸である, 行く豪宕な峡流, 行く豪華絢爛の殿堂, 行く豹一の後姿, 行く貝殻型の車駕, 行く負傷者をみんな, 行く財産は貧富貴賤, 行く貧しき移転にも, 行く貧乏な淋しい, 行く貧弱カランザの末輩, 行く貨物列車の音, 行く貨車の一つ一つ, 行く貫一咄嗟紙門は鉄壁, 行く責任を全く, 行く貴人に艶, 行く貴島の後姿, 行く貴方とも思へない, 行く貴族富豪それらを見, 行く買い方は行き当りばったり, 行く屋の, 行く賀茂両社の方, 行く資力なんか無い, 行く資本を投げ出す, 行く資本主義社会を得る, 行く賢人は魔, 行くですが, 行く質料であり事物, 行くつ毛, 行く赤ん坊みたよう, 行く赤十字社や色々, 行く赤毛布が目標, 行く赤煉瓦の壁, 行く赤蛙はまん中頃, 行く赤電車や青, 行く赤青白の筋, 行く赤黒い焔を, 行く赫ら顔の人, 行く起伏の末, 行く越中守へ刀, 行く越前の殿様, 行く越後屋の伜, 行く趣向だという, 行く足もとが危い, 行く足元に軽く, 行く足弱の伴, 行く足跡が草, 行く足軽をあと, 行く足音室の者, 行く跫声が暫し, 行く路すがらかたみにうつれる, 行く路すがらそれまで歌, 行く路それ等の路, 行く路上馬が足, 行く路次を眺め, 行く路湯本の奧, 行く路銀も失くなった, 行く路霧降へ, 行く踊り譬へば阿波, 行く踊りかたで彼一人, 行く身の上を想像, 行く身心に不意, 行くを止める, 行く車上の芳子, 行く車中でやはり, 行く車内の流れ, 行く車夫の足音, 行く車屋なんかには手, 行く車窓にメインストリート, 行く車蓋白馬金鞍の親衛隊, 行く車輛らし, 行く車馬の一隊, 行く軌道の方, 行くを見送っ, 行く軍人と違っ, 行く軍医をうしろ, 行く軍用列車の轟き, 行く軍艦足柄に僕, 行く軍靴の音, 行くのうち, 行く軽い埃も, 行く輝かしさを, 行く輝きのたま, 行く輝子を送っ, 行くの音, 行くさやら, 行く辛抱は出, 行く辞令をもらっ, 行く辰之助と連れ立っ, 行く辰吉のすらり, 行く農場経営の形, 行く農夫達はよく, 行く農家の勘助, 行く農村の娘, 行く農林省へ行く, 行くにある, 行く辻占売の声幽か, 行く辻馬車の中, 行く迄とやってる間, 行く迄は何度でも, 行く迎えの車, 行くみちである, 行く近在の村, 行く近在廻りは泊り, 行く近所の家婢, 行く近藤勇はその, 行く近辺の或, 行く近間の稲荷, 行く返事をし, 行く退化中のもの, 行く途すがらも彼, 行く途すがらわたしに問いかけた, 行く途すがら例の森陰, 行く途すがら聲揚げて, 行く途すがら電車の中, 行く途上冬村君に逢, 行く途上猴王スグリヴァその児ヴァリ, 行く途中あっちの小路, 行く途中いまの話, 行く途中だれが射た, 行く途中どこかで夕立, 行く途中コツプ酒与太話沙魚は釣れなかつた, 行く途中サンダカンへ先, 行く途中トンネルをぬけ, 行く途中パリをおとづれて官舍, 行く途中フーリがさらっ, 行く途中ボルドーで汽車, 行く途中マーブルへ寄る, 行く途中モスクワへよられました, 行く途中一段高く下, 行く途中丁度橋を渡つた時, 行く途中不二屋の店先, 行く途中両国橋の上, 行く途中主人の草履, 行く途中久し振りに身体, 行く途中二人の朝鮮人, 行く途中二十七八の垢抜け, 行く途中人一人にも逢, 行く途中今しも匡, 行く途中付添の特高, 行く途中俥の中, 行く途中児島半島突端の日比, 行く途中六日町の東, 行く途中凱旋門のところ, 行く途中医学部前の停留場, 行く途中十時半チョット前, 行く途中南は南月山, 行く途中名古屋にも寄る, 行く途中向うから緋, 行く途中咽喉が乾い, 行く途中国道より十数丈, 行く途中多田の薬師, 行く途中天海大僧正お手植, 行く途中太郎さんは鎮守さま, 行く途中子供のみやげ, 行く途中密航団を見付け, 行く途中小田原へ降りた, 行く途中山崎あたりへ来る, 行く途中平助は連れ, 行く途中幸手の宿屋, 行く途中弓町の父, 行く途中彼等に力, 行く途中我々はここ, 行く途中故郷の白昼, 行く途中日が暮れた, 行く途中日当りのいい, 行く途中日本の捕虜, 行く途中昭和遊撃潜水隊と衝突, 行く途中昼食でもし, 行く途中時は夕方, 行く途中朝鮮の寒い, 行く途中東の空, 行く途中杳として行方, 行く途中松並木を抜け, 行く途中松本二中の先生岸様, 行く途中桜田門前でカーブ, 行く途中梁山泊の近く, 行く途中森さんの家, 行く途中横町の角, 行く途中横隣の部屋, 行く途中此処へ寄るらしい, 行く途中此馬鹿野郎発狂漢め我の折角洗, 行く途中残雪の下, 行く途中気象台の下, 行く途中汽車の窓, 行く途中海の底, 行く途中深谷と言, 行く途中湯田で一浴, 行く途中熊谷の宿屋, 行く途中燃えさしのユール・クロッグ, 行く途中猟師の奴, 行く途中理髪する気分がさつぱりした, 行く途中男がざる, 行く途中眉を圧し, 行く途中石切場附近のとある, 行く途中神武天皇を祭った, 行く途中群を成した, 行く途中草刈りの小, 行く途中荒木山の下を流れ, 行く途中荻窪の私, 行く途中藤澤あたりの道端, 行く途中街をみます, 行く途中見物した寺, 行く途中貴様が犬, 行く途中足下に置き捨て, 行く途中踏切を横切る, 行く途中通りか, 行く途中運動場で生徒たち, 行く途中運転手はエンジン, 行く途中釈迦内村というところ, 行く途中野中にある, 行く途中長之助が挙げられた, 行く途中長谷の時計屋, 行く途中阪神国道を横切ろう, 行く途中隅田堤を通っ, 行く途中雲が切れ, 行く途中頃でまもなく, 行く途中魏延の兵, 行く途中鰻屋の出前持, 行く途方もない, 行く途通りがかりの自動車, 行くが東側, 行く通りすがりに嗅ぐ, 行く通り君もゆっくり, 行く通り根本的な点, 行く通り路にはならぬ, 行く通勤人が多い, 行く通魔ありと, 行くさは, 行く速力がよほど, 行くの二人, 行く逸作の方, 行く遅く出でたる片割れ月, 行く遊びを主, 行く遊び上手もあつ, 行く遊仲間のさま, 行く遊冶郎の中, 行く遊客たちもみな, 行く悪くも, 行く過去を憶, 行くの無い, 行く道しるべの古い, 行く道すがらすくなくも丑松は, 行く道たるや恨み, 行く道づれを待っ, 行く道なほ遥々たり, 行く道のり行きついて, 行く道みちかくしの, 行く道みち食べ物を買う, 行く道三笠山へ出る, 行く道中で虎, 行く道何うしても, 行く道具はいくら, 行く道化者をけげん, 行く道台の行列, 行く道右の荒い, 行く道子と高橋, 行く道庵先生を見, 行く道彼女は低めた, 行く道案内者を見, 行く道紙芝居屋が自転車, 行く道者あり, 行く達人とまた, 行く遠からず芸者家, 行く遠藤に餞別, 行く適応性を持っ, 行く避難者がまだなかなか, 行く那波氏と話す, 行くなどはない, 行く郊外電車の中, 行く部下の顔, 行く部分觀に過ぎない, 行く部落の人達, 行く郵便袋の各々, 行く郵便馬車はない, 行く都合ですから, 行く都城を顧み, 行く都會の生活, 行く配布が焦げくさ, 行くの雫, 行く酔漢のよう, 行く酔狂者はない, 行く醜婦が美男, 行く醜態に新子, 行く里道の道, 行くな道, 行く重苦しいけはひ, 行く重荷を滿, 行く重責の大将, 行くの道, 行く野兎の姿, 行く野性亜米利加人そのままの, 行く野村を見送る, 行く野猪の如, 行く野良帰りの農夫, 行く野辺のをちこち, 行く量り知られぬ氣流, 行く量子力學が生れた, 行く金六の跡, 行く金兵衛の姿, 行く金剛杖八角に削った, 行く金太郎の声, 行く金山寺屋の音松, 行く金椎を見る, 行く金次郎の後ろ姿, 行く金襴で作った, 行く金魚の量, 行く釘勘に悟られた, 行く釘店の横丁, 行くをする, 行く鈴子の姿, 行く鈴木さんを訪ね, 行く鈴江のよう, 行くの箱, 行く鉄工場の霜朝, 行く鉄梯子を上った, 行く鉄砲を打ち掛けた, 行く鉛筆の尖端, 行くごしら, 行く銀六の後ろ姿, 行く銀座通の景況, 行く銀杏返しの女, 行く銀行を廻る, 行くの律動, 行く錠斎屋の金具, 行く錦織判官代や赤松則祐, 行くになっ, 行く鎌倉の美奈, 行くさ, 行く長い長い幾棟もの, 行く長き箭の, 行く長五郎の行列, 行く長助チームの姿, 行く長島博士の雄弁, 行く長次郎にさえ続けなかった, 行く長男から英語, 行く長蛇である, 行く長途の旅, 行くの柳, 行く門出のつもり, 行く門附みたいなもの, 行く開化の先覚者, 行く開拓使庁のこと, 行く開襟党のごとくよそおっ, 行くもあれへん, 行く間いつか必然起る人生, 行く間お前に貸し, 行く間にんじんはそいつ, 行く間わたしは其処, 行く間われは早く, 行く間一寸縛って, 行く間一番おしまひに小屋, 行く間中のっぽのジョン, 行く間左大臣の装束, 行く間幾度も幾度, 行く間彼はそうして, 行く間柄となつ, 行く間米友は草鞋, 行く間紅子はじ, 行く関西の形勢, 行くに聲, 行くの下, 行く闇太郎の肩越し, 行く闇黒の核心, 行く闘牛児さんと同道, 行く防風摘みながら, 行く阿賀妻はそれ, 行く降り口の設けられ, 行く限りすべて桃花に埋め, 行く限り我は彼, 行く限り我等は相互, 行く限り文化は遂に, 行く限り昨晩のあの, 行く限り眼が明らか, 行く院内の風景, 行く陣十郎の後, 行く陣痛のやう, 行く陰気でダメ, 行くの感じ, 行く陸地に小さな, 行く険しい長い崖道を, 行く陽光の中, 行くもあった, 行く障子の日影, 行く隠士風の人, 行く隣家にはその, 行く隱居所に對, 行く雁太の後姿, 行く雄大な展望, 行く雅子たちを楽屋口, 行く雉子の尾羽ネ, 行く離室があつ, 行く難波の果, 行く雪塊に運命, 行く雪江とか云う, 行く雪煙のさなか, 行く雪駄直しの巳, 行くを垂らした, 行く雰囲気は無い, 行く雲の上に月, 行く雲助霞助の中, 行く雲日を洩し, 行く雲水を追い越す, 行く雲雀の聲, 行く雲静かに仰ぎ, 行く電光の姿, 行く電報配達人の姿, 行く電燈の方, 行く電線の音, 行く霜柱の音, 行く霧雨を眺め, 行くであるそういう, 行く露営地へ下り, 行く露次がある, 行く露西亜の青年, 行く青バスの尻番号, 行く青山の家運, 行く青山街道が西, 行く青年たちのイタズラ, 行く青服の少年, 行く青柳庵という家, 行く青物商らはたいてい, 行く青物屋の長い, 行く青空を振り仰い, 行く青葉のこずえ, 行く青魚の数万, 行く静寂の恐ろし, 行く静涼な土地, 行く静粛な足音, 行く現実的であり, 行く非常な愚かさ, 行く非常時の農村疲弊の, 行く面影があつ, 行くの帶, 行く鞠子はとは言え, 行く韮山を追って, 行く音モン・トオロン行の乗合自動車, 行く音絵の姿, 行く音色の變化, 行く音譜のよう, 行く響きがごろごろ, 行く響山下を抜け, 行く頃やつと眼覺め, 行く頃われはふと, 行く頃三吉は独り二階, 行く頃今夜は特別, 行く頃次の駅, 行く頃炎々と燃えあがった, 行く頃節子は既に, 行く順序どおりに直し, 行く順慶の口調, 行く順番だという, 行く須永は時々, 行く須田町の通り, 行く須磨の浦にこんな, 行く須美子との約束, 行く頑是なく今, 行く頑童がある, 行く頓馬である, 行く領内の気風, 行く頬冠りの, 行く頭すなは, 行く頭脳に言い知らぬ, 行く頼りなさ, 行く頼母の姿, 行く顎十郎のからす, 行く顏つき背さへあれ, 行く顏つき身長さへあれ, 行く顔つき背さへあれ, 行くの深, 行く風の音梢の音, 行く風呂敷包一つ持って, 行く風情茅屋の低き, 行く風情雨の日, 行く風肌に浸み, 行く風花のその, 行く風雨に答え, 行く飛行中操縦席からサンドウィッチ, 行くはせるもの, 行くなし時間, 行く飯坂温泉で河鹿, 行く養父の背, 行く餘暇を有, 行く餘波にや初, 行く餘裕もなく, 行くを見, 行く首途だった, 行くこそ哀れ, 行く馬の足音なども忍ばせ, 行く馬上で, 行く馬下手っ, 行く馬士どものワヤク話, 行く馬子の, 行く馬方が大木戸, 行く馬来の子供, 行く馬橇は吹雪, 行く馬越様とは実業界, 行く馬蹄の音, 行く馬鹿らしさに, 行く駄馬の群, 行くへ降りた, 行く駒井と白雲一行, 行く駒井甚三郎は異人氏, 行く駕籠屋は追おう, 行く駿馬のごとき, 行く駿駒を生む, 行く験者達の呼ばい声, 行く騷ぎの中, 行く驚愕のきはみであつ, 行くのよう, 行く骨格逞しき一個, 行く高倉はさばッさばッ, 行く高原の霧, 行く高柳を見送つ, 行く高氏の影, 行く高谷の乗っ, 行く高野の山路, 行く髪の毛を目, 行く髪毛の雲, 行くだと, 行くの男, 行く鬱屈は永い, 行く鬱陶しさに, 行く鬼怒川の谷, 行く鬼火のよう, 行く魔天の線, 行く魔法壜それからこれ, 行く魚中空を飛ぶ, 行く魚屋や新聞配達等, 行く魚等のさま, 行くの国力, 行く鮮やかさなどは観る, 行く鮮紅の血汐, 行く鳥居があっ, 行く鳥打帽は私立, 行くの死んだ, 行く鳰鳥に追い縋っ, 行く鳳輦を想像, 行くは大空, 行くを見, 行くも寂しい, 行く鴎外先生おも, 行くの羽, 行く鴫丸であったが, 行くの影, 行くの鳴く, 行くがしきりに, 行くに窮むらむ, 行く鹿の友, 行く鹿の子の斑毛, 行く鹿年によつて, 行く麹町の大通り, 行く麻雀屋は祇園, 行く黄昏時の暗, 行く黄色い小さな魂, 行く黒ずくめの陰気, 行く黒猫の柔, 行く黒田先生のあと, 行く黒船の雄姿, 行く黒達磨のごとき, 行くの群, 行くだ, 行く龍夫のため