青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「腰かけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕 腕~ ~腰 腰~ ~腰かけ
腰かけ~
腸~ ~腹 腹~ 腹の中~ ~膝 膝~ ~膳 膳~ 臆病~ 臣~

「腰かけ~」 1704, 17ppm, 6725位

▼ 腰かけ~ (1290, 75.7%)

105 いた 64 いる 22 いるの 20 いました 13 いると 12 いて 10 ゐる 9 いたが, いたの 8 います, いる椅子, 待って 7 ゐた 6 いる人, 休んで, 煙草を 5 ゐると, ゐるの, 何か, 新聞を 4 いたあの, みるか, 居る, 私を, 話して

3 [25件] いたこと, いましたが, いるお, いるこの, いるもの, いる男, いる若い, おりました, しまった, それを, ゐたの, ゐました, ゐるところ, 下さい, 休んだ, 居るの, 本を, 汗を, 海を, 私の, 笑って, 見て, 足を, 静かに, 黙って

2 [52件] いたので, いたもの, いたらいい, いたん, いたベンチ, いた二人, いた場所, いた長椅子, いること, いるとき, いるばかり, いるよう, いる一人, いる伸子, いる前, いる少女, いる明智, いる石, いる貴公子風, がんばって, くれ, つくづくと, みたり, みるの, ゐて, ゐるお, ゐるもの, ゐる寝台, ゐる私, ゐる若い, 三人の, 両手を, 両脚を, 二階の, 小さい胸, 帽子を, 弁当を, 待つて, 扇風機に, 正面に, 片足を, 目を, 着物の, 窓の, 編物を, 考えこんで, 自分の, 花を, 草鞋を, 記念に, 読書を, 路を

1 [758件 抜粋] あごを, あとは, あのうまい, いい気, いかにもどうも軽薄, いたあと, いたあるじ, いたか, いたくらい, いたとても, いたに, いたふたり, いたべ, いたらいきなり, いたらしいくぼみが, いたら船戦, いたり, いた一つ, いた万吉, いた上がり框, いた五分月代優がた, いた人々, いた人たち, いた伊那丸, いた倭文子, いた助手, いた四十二, いた宏子, いた客, いた居士, いた常陸介, いた店框, いた昔, いた曲, いた椅子, いた橋, いた沖田刑事, いた漁船, いた石, いた石仏, いた窓側, いた縁, いた義貞, いた者, いた若者, いた薪, いた貴公子風, いた長い, いた駕籠かき, いた髪の毛, いてね, いても, いますね, いらした, いらっしゃるの, いられないの, いられると, いられる訳, いるうしろ, いるうち, いるか, いるから, いるし, いるところ, いるなんて, いるよ, いるらしい, いるエイゼンシュタイン, いるボリス, いる一人物, いる一群, いる中学生, いる乗客達, いる井谷, いる亡者たち皆, いる佐田やす子, いる例, いる前川, いる又市, いる反対側, いる吉次, いる場所, いる大型椅子, いる娘, いる嫁, いる小, いる小人, いる小野田, いる左手, いる店先, いる当の, いる後方, いる恰好, いる時, いる机, いる東野, いる楊志, いる次郎, いる母親, いる河野自身, いる流木, いる父, いる物, いる男女, いる相手, いる石段, いる窓, いる笹村, いる美しい, いる美人, いる老母, いる者, いる街上金貸業者, いる貝十郎, いる路傍, いる部下, いる間登志子, いる階段, いる頭領, いる骨, いれば, うちわでも, おしまいまで, おとうさんの, おとなしく瞬き, おむつを, おりますよ, おる老爺, おれ, お前たちも, お天気, お尻, お弁当, お箸, お臀, お話しいたしましょう, かなりエンジョイ, ぐるぐると, けったいな, こ, こう呟き, こっそり聞いた, こつこつと, この真っ黒, この秘密, これこれ杉, ごっ, さっき散々わが輩を, さっそく食事, さまざまな, しきりと, しばらくする, しばらくは, しばらく話し込ん, しばらく黙っ, しまえば, しまつ, しゃべったり, じっといとこ, じっと仏像, じぶん, すする熱い, そこから, そこに, そちらがはの, その様子, それからお, それと, たいくつ, たくて, たばこに, たばこを, たれかれと, ちょうどこれから何, つくねんと待っ, どうすれ, どろぼう, どんなに震え, にこにこし, ねっしんに, はじめてゆったりした, はだけたお, ひとりの, ふたりの, ふとその, ふんぞり返って, ほかほかと, ほっと一, ほんとうに, ぼんやり待っ, ぼんやり河面, ぼんやり虫, ぽかんとお, まじめな, まって, みたならば, みたら今更, みろ, みんなが, みんな手を, もう一度新聞記事, もう明け, もっと自分, もらいたくないん, やって, やると, やるん, ゆるゆると, よく彼, わたしに, わたしは, われも, ゐたが, ゐたヴェランダ, ゐた三四人, ゐた嵬, ゐた弟, ゐた線路工夫, ゐます, ゐられなくなつ, ゐるこの, ゐるだけの, ゐるので, ゐるアデェル, ゐる井戸, ゐる傍, ゐる大男, ゐる女, ゐる席, ゐる椅子, ゐる隣人, アイスクリームを, ガンバッて, ギターを, ゲルダ・フォン・リンリンゲンが, ゲートルを, ゴム長を, シュトルムの, ジーナと, スケッチブックへ, ストーブの, スリーキャッスルを, ダンスの, チョコレートを, トニイは, トランプを, ニタリニタリ笑っ, ニヤニヤ笑っ, バナナを, モクモクと, 一と, 一人の, 一休しました, 一寸した, 一曲お, 一杯の, 一杯を, 一枚ざつとどうにか書き上げ, 一緒に, 三尺の, 三田は, 上を, 不安な, 両手で, 両手の, 両足水中に, 久しぶりで, 二三十分しゃべっ, 二人の, 人々は, 人の, 今一つの, 今日の, 他の, 他人の, 休い, 休まうと, 休み居たり, 休むこと, 休息し, 休息す, 伸子を, 何かを, 何の, 何やら考え込ん, 何度も, 作業を, 來る, 倉地が, 兩方を, 別れの, 勉強する, 化粧崩れを, 十二人と, 十兵衛は, 午ごろから, 卓子に, 厚紙で, 双眼鏡を, 口を, 召しを, 右の, 右足を, 合掌してる, 啼いた, 嘉右衛門の, 団子を, 団扇を, 土間で, 土間の, 坐り工合を, 垂る, 壁を, 夕食を, 外を, 大きく構えた, 大きなヴァイオリン, 大海の, 天下の, 奇怪な, 妖術使いの, 孝一郎の, 実は, 尊敬と, 小さくなっ, 少しもの憂, 尾上山つづき, 居たが, 居た人, 居た彼女, 居た椅子, 居ると, 居るという, 居る内, 居る商人体, 居る薄暗い, 居眠りを, 岩かどに, 川の, 帳場の, 帳簿を, 床板を, 庭一ぱいに, 当てが, 彼女は, 得意先の, 微笑した, 徳利の, 心よく, 忘れ物を, 恐ろしい静寂, 恥を, 息んで, 愛犬ビリーの, 慵い, 憩えば, 懐中より, 懷から, 手錠の, 抱えて, 持参の, 指の, 文庫本を, 新刊の, 日の, 日向ぼっこし, 昨夜工合が, 昼食を, 時々愉快そう, 暗いなか, 暮れか, 書く, 朝の, 朝を, 朝飯には, 末の, 来た頃, 松を, 枝葉の, 歌を, 歌子は, 殺されて, 母の, 母親を, 毎朝静かに, 気を, 氷の, 永遠の, 汁粉を, 沈み行く, 河豚を, 注意深く舞台, 涼むの, 渋茶の, 湊の, 湿った弁当, 潮の, 火鉢に, 煙管で, 煙草でも, 煙草一服, 父の, 片足で, 玄米搗きを, 用を, 病人の, 百地三太夫と, 監視役を, 目睫の, 直義が, 真っ赤な, 眠いよう, 眠ると, 眼は, 瞑想する, 矢立の, 禅話を, 私たちに, 私も, 稽古場の, 窓を, 立去らずに, 籠に, 粉を, 細い脚, 細かくお金, 絵葉書の, 網を, 緩やかな, 繕いもの, 考え続けて, 耳に, 聞き耳を, 聲高に, 肩です, 肩に, 胸の, 胸を, 脚で, 腕ぐみを, 自分で, 花やかな, 花田中尉は, 若い女事務員, 苦しそう, 草鞋の, 荘厳なる, 莚の, 落着きの, 行きましょう, 袂から, 被疑者の, 裾を, 見た, 見たり, 見ましょう, 見物し, 話した, 話しはじめた, 読書に, 谷底の, 買い物を, 足もとから, 路傍の, 遊んで, 遠い山, 遠い異国, 遥に, 郊外の, 釣り竿を, 長くよん, 長椅子に, 陰気な, 雄太郎君を, 雜誌を, 雨に, 電燈が, 電車の, 露語新聞を, 青い巾, 青扇夫婦, 静に, 頬杖つきながら, 頭を, 顔も, 顔を, 食事する, 食事の, 飯を, 飲みながら, 飲めよ, 飲んで, 飽かず眺め入, 餘念も, 首を, 香油の, 驛前の, 高いところ, 黒い事務マント, 黒い羽二重

▼ 腰かけ~ (52, 3.1%)

3 かけて, 腰を

1 [46件] あがって, い, いる伸子, うつむいて, かけさせる, かけたナターシャ, かけガス, したし, して, します, すぎないといふ, すわって, その茶壺, ちょうどいい, ちょこんと腰, ちよこんと, なる, のぼりました, のりました, ひとりは, もどり顔, ナースチャは, 代ふべき, 休んだが, 似て, 坐って, 坐つて主人, 坐り前, 奥テル子と, 小型の, 尻餅を, 座った, 座らされたの, 据えて, 昼間のせ, 木場の, 水際立って, 私たち三人は, 移った泰造, 端然とひかえ, 端然と控え, 腰かけて, 腰かけ南京, 腰かけ煙草入, 苦勞を, 行きました

▼ 腰かけ~ (38, 2.2%)

7 上に 4 下へ 3 上で 2 背に

1 [22件] うまいもの屋, すみには, ための, ところに, ところは, 上だ, 上によ, 下から, 下で, 中にも, 古ビロード, 工合さえ, 料理目板かれいの, 方の, 方へ, 板に, 横に, 用も, 石, 石を, 端の, 端へ

▼ 腰かけながら~ (34, 2.0%)

2 楡の

1 [32件] あまり好き, くわえ煙管, しずかに, しづかに, しばらくそんな, まだいっ, フッと, 一本の, 例と, 元締と, 兎に, 出来るだけ, 夜おそく, 心の, 恐怖に, 愉快そうに, 新聞を, 注意に, 浅いな, 湯槽の, 独り物思いに, 生きた氣, 目の下に, 私たちは, 見て, 言った, 話して, 語り合って, 語り合つてゐる, 踊りを, 静かに, 黙って

▼ 腰かけたり~ (22, 1.3%)

8 して

1 [14件] うそぶいたり, したまま, しだした, しては, しゃがんだり, すっかりはと, 他処行き, 仰向けに, 坐つたり, 女中部屋へ, 密集し, 立ったり, 落ちついて, 跨いだり

▼ 腰かけ~ (16, 0.9%)

2 ある, 並んで

1 [12件] あった, あって, ありそこ, あります, おいて, キーイと, ズラリと, 一つおい, 三四脚おい, 並べられそこ, 動いても, 音高く

▼ 腰かけ~ (16, 0.9%)

2 もち出し, 引き出しながら, 認めた瞬間 1 おいて, ずり寄せた, もちだして, 出して, 引き出し一斉, 引っぱって, 見ました, 離れた, 離れた与の, 離れて

▼ 腰かけから~ (14, 0.8%)

2 立って

1 [12件] ずり落ちさうに, ハネ落される, 下り背中, 悠然と立つ, 手を, 突き飛ばされたもの, 立ち上がって, 立ち上った, 立ち上って, 立ったり, 身を, 飛びあ

▼ 腰かけても~ (7, 0.4%)

2 見た立つても 1 い, いられなかった, どうにも, ゐられなかつた, 感情を

▼ 腰かけ~ (7, 0.4%)

1 かけたの, かけて, のっそりと, ほうり出した, 片あぐら, 立ち寄って, 腰を

▼ 腰かけ茶屋~ (6, 0.4%)

1 があった, で訊い, などが町, にも同様, の前, へ来

▼ 腰かけ~ (5, 0.3%)

1 みんなそろってる, 四角な, 天井から, 部屋の, 釣皮が

▼ 腰かけ~ (5, 0.3%)

1 しないで, ほうりだされて, ベンチも, 何も, 置いて

▼ 腰かけてから~ (4, 0.2%)

1 うす暗い石油ランプ, 中門の, 体を, 見ると

▼ 腰かけては~ (4, 0.2%)

1 いけないこと, どうだ, ゐるの, 作業台に

▼ 腰かけ~ (4, 0.2%)

1 よむもの, 人と, 話しながら, 読まれる

▼ 腰かけなど~ (4, 0.2%)

3 して 1 悉く泰西風

▼ 腰かけ煙草~ (4, 0.2%)

1 にマッチ, に火, ふかして, を吸っ

▼ 腰かけその~ (3, 0.2%)

1 右側に, 手紙を, 老婆は

▼ 腰かけある~ (2, 0.1%)

1 ものは, 者は

▼ 腰かけしばらく~ (2, 0.1%)

1 の間, 話を

▼ 腰かけだけが~ (2, 0.1%)

2 半ば毀れ

▼ 腰かけてを~ (2, 0.1%)

1 られた紋服, られると

▼ 腰かけにでも~ (2, 0.1%)

1 したの, 内の

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 たおれたの, 裁判所の

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 すべり台などが, 玄関の

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 から熊谷, 被の

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 が兵児帯, は平たい

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 るもの, る時

▼ 腰かけ斜め~ (2, 0.1%)

1 にかぶった, に中

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 の上, へ濁酒

▼ 腰かけ焼飯~ (2, 0.1%)

2 をくひゐたる

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 から呆然と, のそ

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 の上, へ頬杖

▼ 腰かけ~ (2, 0.1%)

1 なげいだして, をブラ

▼1* [135件]

腰かけあたりを眺めた, 腰かけぬしは, 腰かけお茶を三杯, 腰かけきょうなどほんの, 腰かけこころもち彼女の方, 腰かけかけて, 腰かけさて今日は, 腰かけさも仲よく話して, 腰かけそういう久慈の, 腰かけそして脚長な, 腰かけそれに肱, 腰かけやご, 腰かけつきの高, 腰かけでも貸すこ, 腰かけときどき林の, 腰かけとりあえず食事に, 腰かけどんな風に, 腰かけんだ, 腰かけなどはあたらしいきれ, 腰かけなにやらむ花あかき, 腰かけにおいて貰つてゐる, 腰かけにはほかの, 腰かけにも四五人の, 腰かけひとりは部屋, 腰かけひどく熱心な, 腰かけぼんやり脚を, 腰かけみんなもとの牢屋, 腰かけもう一遍電報を, 腰かけやがて来る者, 腰かけやっぱり黒ずくめの, 腰かけやはりその本, 腰かけややありて, 腰かけよくできて, 腰かけよたよた身を, 腰かけわきに大島, 腰かけアサガオのそだて, 腰かけサントリーのポケットビン, 腰かけソッと寝室, 腰かけテーブルへ顔, 腰かけデスクに頬づえをついて, 腰かけニーナの足許, 腰かけパトリック向う側に腰かけ, 腰かけビールをのみ, 腰かけベッドの柱, 腰かけホロをゆすっ, 腰かけ一人がかぶさる, 腰かけ一同は張首明, 腰かけ一名は櫓, 腰かけ一方では土地, 腰かけ三脚ほどあり, 腰かけさりませ, 腰かけの足, 腰かけ両手をつっぱった, 腰かけ乍ら髪を弄っ, 腰かけ二つの葱, 腰かけ二三度足をざぶざぶやっていると, 腰かけ二本の脚, 腰かけ二脚とおなじく, 腰かけ互いに背中合わせに, 腰かけ仕事に出来る, 腰かけの女, 腰かけ便器ができ, 腰かけ僅かにそれ, 腰かけ具合も落付, 腰かけにすえられた, 腰かけ助手たちは二人, 腰かけ卓机にもたれ, 腰かけ南京から何人, 腰かけ南無虚空蔵如来, 腰かけに坐った, 腰かけ噴水を眺め, 腰かけ四五間離れて, 腰かけ四本足は犬, 腰かけ団扇で蚊遣, 腰かけの一同, 腰かけ大きなあくび, 腰かけの窓, 腰かけ女の子を自分, 腰かけ女中がお, 腰かけ宝石の光, 腰かけ寂しそうに, 腰かけ小林君にもかける, 腰かけ小舍の中, 腰かけ就寝時間の来, 腰かけ山陰線らしい車中, 腰かけ左手を小, 腰かけだ, 腰かけ引取り人のヒラメ, 腰かけ弥五郎親分またもやじっと腕組み, 腰かけ役所流のきれい, 腰かけを使, 腰かけ手拭で顔, 腰かけをくれ, 腰かけまでいや, 腰かけ暮れかかって, 腰かけの枝, 腰かけを読ん, 腰かけを手, 腰かけをし, 腰かけにもたれ, 腰かけ殊更に胸, 腰かけずねの, 腰かけ気忙しそうに, 腰かけ火事を見, 腰かけ焚火をかこん, 腰かけ煙草入を出し, 腰かけ父親が切り, 腰かけ肱に, 腰かけ片手を通行人, 腰かけ片足を膝, 腰かけ独り静かに読書, 腰かけ真紀子のソアレ, 腰かけをしばたたく, 腰かけへ左右, 腰かけ砂糖のかかった, 腰かけ種々さまざまな, 腰かけ答案用紙が配分, 腰かけ職人達に蕎麥, 腰かけの高い, 腰かけ背中から西日, 腰かけを呑ん, 腰かけ菜の花の匂い, 腰かけ蝋燭の光, 腰かけ衣服の前, 腰かけ足拵えを直し, 腰かけ込んだ学生を, 腰かけ通路まで三重, 腰かけ部屋の中, 腰かけをのん, 腰かけ隣室の廊下, 腰かけ電話の受話器, 腰かけ青リンゴをうま, 腰かけ青葉の庭, 腰かけの爪先, 腰かけ靴下の毛糸