青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「記録~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

訓練~ 記~ 記し~ ~記事 記事~ 記念~ ~記憶 記憶~ 記者~ ~記録
記録~
~訣 訣~ ~訪ね 訪ね~ 訪れ~ ~訪問 訪問~ 設け~ ~許 許~

「記録~」 3156, 34ppm, 3437位

▼ 記録~ (419, 13.3%)

10 見ると 7 見て 6 とって, 残して, 読んで 5 調べて 4 手に, 持って, 残した, 破って 3 作ったの, 書いて, 私は, 見ても, 開いて

2 [22件] ここに, つくった, つくったの, みると, もって, 交換しあう, 作って, 公に, 取り寄せて, 書くこと, 有して, 材料と, 検し, 残すこと, 残そうと, 殘し, 見れば, 認めるならば, 読みながら, 読んでから, 辿って, 集めて

1 [304件] あからさまに, あさって, あつめて, あとから, いひ換, うつして, かいて, かかせたらきっと, きわめて恣意的, くりひろげるたび, くわしく取っ, ここで, ここの, こしらえた本, こしらえようと, これに, さがしても, しまって, しらべて, すっかり読み終った, するには, その夜, その時代, それが, そんなふう, たくさん並べたてる, だした時, だした直後, つくったらば, つくって, つくるため, つけなかったので, つける気, つたへて, つづり, つぶさにしない, とった, とったもの, とってから, とつて, とりて, とりはじめ, とり続けたの, とるだけ, とる上, なした後, なす保元, ぬき出して, はじめてもっ, はじめコクメイに, ひろげた, まとめたパンフレット, みれば, めくって, めくつて, もう八年, もちまた, もつ有名, もとに, ものする, やぶって, よむ便宜, よんで, アナウンスした, アナウンスする, タテにとって, 一作者が, 一應見せ, 一篇の, 一見した, 上げたり, 世に, 主として取扱った, 互に示し合っ, 今でも, 今私達は, 今頃発見する, 仔細に, 以下数枚にわたって, 仰ぎたまえ, 何卒伯林市ケオニッヒ街万国地学協会, 佛譯し, 作った, 作った時, 作った覚え, 作つたもの, 作つてゐる, 作つて見はてぬ, 作りそれ, 作り一代, 作り上げようと, 作るの, 作る事, 作る必要, 作れば, 作成し, 作製したる, 作製する, 供しない, 保持する, 信じる事, 信ずるならば, 信ずるの, 借覧する, 傳へて, 傷つけたもの, 元に, 公表する, 写実の, 出したこと, 出して, 出すかも, 出す機会, 出版しなかった, 參考する, 取った, 取って, 取つて, 取り上げ重罪裁判事件, 取り遂に, 土台に, 大審院に, 大至急, 天候に, 天辰の, 奪い返す工夫, 存するのみ, 学界に, 學問として, 寫したやう, 尋ね文書, 尋討する, 廣く, 引っぱり出すこと, 引つぱり出し, 引用し, 当の本人, 得たが, 御覧に, 忘れないよう, 思い出しました, 思い出す丈, 思ひ出しました, 思ひ止る様, 意訳し, 愛する者, 扱いしかも, 折に, 抜きに, 押え付けつつ, 拾って, 拾つてみる, 持ったプリマドンナ, 持つて, 持つカルーゾー, 捏造しなけれ, 探し出した, 掲示する, 擧げた, 擧げること, 支えない民主主義教育, 收めて, 整理し, 整理した, 新しく作らなけれ, 新しく傳, 新らしく作らなけれ, 日記風に, 早めたといふ, 時々読み返し, 書いたと, 書きしるそうとは, 書き残すつもり, 書き留める意義, 書き綴って, 書き綴る事, 書くため, 最も価値, 最後として, 有する國, 有する山, 有する日本, 果して, 樹てて, 止めたい, 止めた最初, 歴史と, 歴史的興味の, 残させる, 残した人, 残した例外的, 残し得るほどには, 残すため, 残すと, 残すべきであると, 殘す, 無視する, 焼き捨てさせられた, 現代科学上の, 用いて, 申上げる, 留むるのみ, 留むる如き, 発表する, 発見し, 発見する, 發見し, 發見する, 百九十九区の, 盗まれたと, 盗まれたの, 目指して, 知らないが, 破った, 破ったことし, 破ったの, 破ったろうと, 破った一九四七年, 破つて, 破り得たで, 破り得た事, 破るもの, 破るよう, 破るスピィディ, 破る冒険者, 破る者, 示して, 神代文字の, 私の, 立て, 紹介する, 続けて, 綴って, 綴りかけましたが, 綴るよりも, 綴ろうと, 編んだの, 編んだわけ, 編輯した, 繙くと, 繰つて, 繰つて一審判決, 翻え, 聞くに, 胸に, 胸算用で, 自分の, 與へ, 落して, 著わ, 補ふべき, 製造しすぎる, 見せて, 見ますと, 見ますると, 見よ, 見よ過去四十年間, 見るより, 見出したの, 訂正させ, 記すだけでも, 訳すこと, 証拠として, 詮議する, 説いて, 読まなければ, 読みまた, 読むと, 読むもの, 読む機会, 読む者, 読んだこと, 読んだり, 読んだ時, 読んだ直後, 誰も, 調べさせると, 調べたわけ, 調べても, 調べに, 調べる用, 譯出し, 讀まねば, 讀んだん, 赤いモロッコ皮, 走り読みしたり, 載せて, 辿ること, 通覽し, 造りつ, 選って, 選つて盜んだ, 遺さない人, 遺されること, 遺したと, 遺したところ, 遺した所, 遺して, 遺すこと, 重複させる, 隅から, 隠すか, 集めること, 離れて

▼ 記録~ (344, 10.9%)

33 よると 22 よれば 21 残って 5 見えて 4 ある, 徴し, 残して 3 みても, 散見し

2 [18件] くらべて, して, ちゃんと残っ, なつて, よりますと, 何の, 傳は, 出て, 存し, 據つても, 書いて, 残つてゐる, 殘つてゐる, 現はれた, 疊見し, 眼を, 載せられて, 適当な

1 [209件] あたいするよう, あつた, あつて, あらわれたる始め, ありなおまた, あるから, あると, あるところ, あるの, あるは, あるほとんど, あるワイカト号, ある古い, うつると, くらべると, くわしくその, この別べつ, この手紙, この歴史, この道筋, したところ, しっかり留め, しても, しないと, しばしば見え, しようと, すぎない, すぎないこと, そのよう, たよらなくては, たよる程, つけ加えるの, つづいて, でて, とどめて, とられた, ないが, ない氷, なくなつた, なった年中行事, なって, なるの, なるほどの, のこつて, のって, はじめて現れた, ほかならぬから, まったく省みられなかった, まとめ上げて, みえる, ヨワン・バッティスタ・シローテといふ, 三佛齊と, 上ぼす, 之を, 乏しくは, 事は, 事実をと, 伝は, 伝わるよう, 依つて, 依つて作, 依て, 依りますと, 依ると, 依るよりも, 依れば, 価する, 値いするであろう, 値する出来事, 傳らぬ, 充ちみちて, 入らうと, 入れられるの, 北海道室蘭から, 十月二十一日と, 反對, 取って, 取ってるの, 取りかかるつもり, 地方群盗の, 基づいた分類, 基づいて, 多く見ゆる, 大きな孔, 大切な, 始めて, 存すと, 存する最も, 存せざる, 対した処, 對し, 對照し, 就いて, 差上げたもの, 廣府といふ, 当る機関, 彼女は, 待つよりも, 従えば, 從ひ, 從へば, 徴する, 思を, 意味の, 意見を, 憑る, 我が國, 戰國期の, 所謂芸術的磨きは, 拠所が, 捧げて, 據つて證明する, 據り, 據りたる, 散見する, 文学が, 日面の, 早く見え, 明かなり余, 明かに, 明らかである, 明記され, 景教碑の, 曰法王は, 書きとどめて, 書き入れたか, 書き入れられたらしく思はれますもの, 書き残されずまたは, 書き残されて, 書き残す歴史家, 書き込んで, 有名な, 未だなき, 本づいた, 朱書きを, 棲まりて, 止まるだけの, 止めて, 止めるもう, 残さずとも, 残された僅少, 残されて, 残すべき新しい, 残す程明瞭, 残せさ, 残った暴風, 残らなかっただけの, 残るでしょう, 残るよう, 残る日本最後, 残る英国商船, 残る議員, 殘してやらう, 殘つてゐなく, 殘れ, 比すれば, 求めて, 漏れて, 無いという, 無い事実, 特記し, 牽強多く, 現れた, 現れたの, 現れて, 現われた改新, 現われる神階, 由ってのみ, 留めて, 留めまして, 登らずに, 目を, 直接の, 稲の, 至っては, 興味を, 著はれたる, 行き当った, 表わされたこと, 表現できない, 見えずといふ, 見えた, 見えた初め, 見えぬが, 見えませぬ, 見える, 見ても, 見ゆるは, 見出されて, 見當ら, 語られて, 費すと, 足許を, 載せきれないもの, 載せて, 載せられそれ, 載つて, 近づいて, 逢って, 進んで, 過ぎない, 過ぎないとは, 過ぎぬ, 達しこの, 達したの, 遺つて, 重点を, 關し, 高徳の

▼ 記録~ (266, 8.4%)

9 中に 6 中から 5 上には 4 上から, 上に, 中で 3 ないこと, ない時代, ような, 一つである, 上では

2 [16件] あるもの, うちで, うちに, ごとき, ために, 上からも, 上の, 中にも, 価値を, 写しを, 徴す可, 意味を, 類は, 類も, 類を, 飜譯である

1 [187件] あつた, ある元旦拝賀, ある文献, ある時代, ある筈, ある範囲内, ある長, うちにも, うつしの, おいてない所, お陰で, ことしらべました, ことだけを, ことを, こまかい計算, これを, ごときは, ごときも, ごとく見える部分, だんだんと, ない所, なかで, なかに, ひとしく記, ぺいぢの順序を, ほかに, ほかにも, ほむべ, やうな, やうに, ように, アナウンスである, ペンを, 一つと, 一つに, 一である, 一切を, 一杯に, 一行として, 一部分を, 一部心の, 上からは, 上を, 下読, 不備を, 不完全多くの, 不確實, 中でも, 中にを, 中より, 九月五日付ケ鎌倉執達状には, 二三を, 仕方が, 伝うる, 伝える天皇尊崇, 価値が, 価値は, 便利を, 保持者だ, 保持者で, 保持者です, 保持者として, 信じられない時代, 側でも, 内容で, 内容と, 内容は, 内容を, 再現性に, 冒頭にも, 写しが, 分だけでも, 分布が, 判断や, 到り及ばざる世, 前後という, 同国古, 器械としての, 困難と, 困難を, 報告が, 外に, 外何も, 多くは, 大部分, 天然は, 奇事異聞を, 好きな, 如く昨年, 始まって, 始めだ, 存しない, 存する, 実物が, 寿命は, 尊重は, 小説を, 常世郷と, 年月日から, 年立に, 後に, 徴すべき, 徴証が, 必ずしも正確豊富, 必要を, 忠実さと, 性質上根本的困難が, 憑拠する, 持主に, 指定する, 整わぬうち, 整理を, 整頓だけからでも, 文とか, 文字を, 文学として, 断片として, 方から, 方が, 方法に, 時代では, 時代と, 時代は, 書寫に, 最も古い, 最も重要, 最後で, 最高作品を, 有難さ, 次々と, 正確さを, 殆ど全部を, 残って, 法を, 湮滅と, 無い時, 無い時分, 片々に, 片すみに, 片端でも, 現存し, 現金とが, 発見だけ, 皆無である, 知識が, 破片から, 破片数個は, 確實なる, 示すが, 第四部, 筆が, 筆を, 筆者の, 精確なる, 紙片を, 紛失した, 素朴な, 索引を, 続きが, 線が, 編纂に際して, 編纂を, 背後には, 行われる時代, 衝に, 表面に, 補綴が, 複写は, 複写を, 要点は, 計り方, 証明する, 語る所, 調査も, 資料と, 起源といふ, 跋語と, 連続では, 部分を, 配分かたの, 錯乱とは, 長所は, 間に, 関係が, 集積は, 面白さ, 順序通りに

▼ 記録~ (216, 6.8%)

16 ある 14 残って 8 あるが 3 あります, あるから, あること, あるの, 残されて 2 ありそれから, ありますが, ないの, 保存せられ, 公認されない, 尠い, 歴史の, 残つてゐる, 載って, 違って

1 [143件] あった, あったなどと, あったなら決して, あったの, あって, あまりに哲学的, あらわれたの, ありますから, ありますよ, ありまた, あるけれども, あるならば, あるに, あるので, あるべき性質, あるもん, ある島嶼, ある筈, あれば, おおむね世, おびただしく在った, かかるもの, かなりたくさん, かの島, ここに, この, この地方, この調査書類, これで, これを, すでにこれ, それを, ぞくぞくと, たくさん残っ, つけられるやう, ないこと等, ないとも, ないので, ない話, なかった, なくて, なくなったらどう, なくなると, なされた時, のるよう, はたしてある, ひとつぐらゐはないものかといふ儚い, ほしいという, まま出, もっと各, もともとあった, やおら蒼惶, よほど気, ウィンナに, ザッハリッヒな, ハッキリし, 一つ増える, 一式揃っ, 万葉集である, 上る見込, 下るから, 交って, 今後幸に, 何分何秒だ, 何等の, 信頼すべき, 備は, 傳は, 全部脱稿致します, 其中心で, 出て, 出来ただろうと, 出来ると, 出来上らぬ内, 十分に, 吾, 多いと, 多く古い信仰, 多数に, 大切な, 失われて, 好きで, 如何に, 実質的に, 尊重された, 尊重される, 彼であった, 後出の, 御座り, 憎けりゃお前さん, 或客観性, 手に, 捨てら, 掲げて, 提出される, 教える所, 散逸し, 数週間の, 既にし, 既に確定, 春山和尚と, 更級日記の, 書かれて, 最も自然的, 最平常, 果して落ち散った, 根本だらう, 極めて不完全, 歴史あっ, 残つてゐた, 残つて居る, 殘された, 殘つて居ります, 段々傳, 江戸最初以前に, 沢山集っ, 無いの, 無いらしい, 無い以上, 現れて, 現在の, 発表され, 盗まれなきゃア, 示すとおり, 神代史として, 私の, 種々に, 種々の, 純粋な, 続々と, 編纂せられる, 繰返されて, 胸深く, 自然に, 要望せられ, 見える, 証明し, 誌し, 語つてる, 豊富に, 連続的でなく, 遠い世, 附せられ初演

▼ 記録~ (203, 6.4%)

2 なかった, 当時の, 手法として, 次の

1 [195件] あくまで小説, あまり見, ある, あるが, あるまい, ある点, いろいろと, うち切りたい, おそらく古今未曾有, かつてなかっ, かなり精密, かれこれ二十年以上, こうしていろいろ, ここで, この人間界, この作中, この引出し, この点, この猿, この種, この雄勝郡, これで, さうし, しなかつた, しばらく措き, すでに百年前, すべて個人的だ, すべて芸術である, そうした原形, そのよう, その伺書, その基盤, その場, その度, その意義, その深, その船, だれが, ついこの間, ついに一時間七十哩, でて, とても, ともに佐伯氏, どうした, ない, ないか, ないが, ないけれども, ないでしょうからな, ないよう, なん発である, はじめから, はなはだ重要, ほとんど少ない, ほとんど正確, ぽつぽつと, まず清, また将来, まだない, まだ知らない, まったく無く, もっと上, やさしい, われわれに, われわれには, アスールバニパル王の, キライで, ターザン氏のが, パジェスも, フィクションに, フォトグラヴィア版六十八枚及び, ベルリン・ドロテイン街の, マーシャル君の, 一として, 一九〇七・八年の, 一九四九年に, 一八二〇年すなわち, 一定した, 一応の, 一旦書き, 主としてその, 人間の, 今お聞き, 今までに, 今喜多宗家に, 今手許, 今日でも, 今日のこつ, 今日も, 他にも, 何時で, 作者紫式部の, 信ず可, 偉なる, 傳へて, 先ず小さき, 全然残っ, 全然読む, 全部く, 全部未, 八大神社の, 前記バーンスの, 助かりましたか, 十二月六日まで, 十四日より, 十月十日まで, 半紙一枚ほどの, 半額を, 南町奉行所で, 即時各, 取りまとめられ大, 同じ時代, 吾妻鏡などには, 吾輩の, 四分三十二秒六で, 外部に, 多くの, 大したもの, 大体ここまでしか, 太陰暦による, 官府に, 寛政三年の, 實に, 寺院僧侶という, 少しずつの, 少なく概して, 川路の, 左の, 幕府の, 平群眞鳥の, 年々に, 彼自身としては, 彼自身に, 必ずしもつねに主, 悉く事件そのもの, 愼ま, 戸外では, 所謂風説が, 手伝えるよう, 手記風に, 文学の, 文楽通の, 既に誤りあり, 既に遠く, 日時とか, 明かに, 明治八年二月に, 昔と, 昨年九月から, 昭和九年の, 書いて, 書紀には, 有力に, 有名である, 極めて少数, 概ね大, 様々ある, 次兵衛または, 次郎の, 残されて, 残って, 残つてゐない, 決勝戦に, 注意すべきだ, 漢文を, 澤山ある, 無論中世以後, 煙突男より, 現代に, 甚だ多い, 留められて, 百四十三日ないし, 皆これを, 盗まれた, 盗まれました, 短水路プール, 破って, 私たちの, 私の, 私以外の, 終りと, 続日本紀, 罫紙五枚以上を, 義仲とは, 自己の, 蝦夷とともに, 見ようでは, 見当りません, 農業その他に, 過去五十六年間ある, 長水路, 随所に, 非常に, 高度八十マイルである, 高度十五マイルであっ

▼ 記録~ (147, 4.7%)

22 ている 9 ておく 6 てある, てゐる 4 て置く 3 ていた, ておい, ておいた, ておきたい, て置いた 2 たりする, てあります, ていく, ておかなかった, て置きたい, て行かなけれ, 報告する

1 [71件] こいつを, そうしてその, その遅速, それに各, たりいそがし, つつある, て, てあの, ていった, ていない, ています, ているだろう, ておいたらしい, ておかう, ておかね, ておき, ておけ, ておこう, ております, てくるんだ, てくれ給え, てしまった, てその, てはいない, てみたら, てみれ, てもそれ, てもらつた, ても充分, てゐた, て世に, て人類, て半, て同志, て報じ, て多, て姉上, て居られる, て居る, て日本人, て最も, て本, て来た, て残す, て毎日, て置い, て置こう, て行かね, て行く, て行くであろう, て行った, て誇りあう, ながらし, ながらわれ, また攻究, また直後, また翌日, 保存し, 再現しなけれ, 批判し, 批判する, 描写し, 放送する, 整理しはじめた, 普通の, 活, 発表せず, 羅列する, 誰よりも, 随時に, 頭に

▼ 記録簿~ (146, 4.6%)

6 の脱漏 4 から見る, における出生, における脱漏, に及ぼす, に現われ 3 に見られる 2 が一切, が正確, では出生, に脱漏, の中, の出生, は一七九三年, よりも出生, を引証

1 [99件] からの摘要, からより, から何らかの, から全, から得ら, から得られた, から最も, がかなり, が一七八〇年, が不, が互に, が極めて, が現れた, が維持, が規則正しく, が非常, であるが, では六四人, では時, で見る, なかんずく出生, なかんずく都市, にあり, においてその, において時, におけるかかる, におけるこの, における同, における周知, における死亡, における死亡以上, における結婚, にはこの, にはほとんど, には周知, には現われない, によって見る, により結婚, に与えられた, に出生, に当てはめ, に現われた, に現われない, に現われる, に表, に遥か, に関する観察, のいかなる, のいずれ, のうち, の一定期間, の上, の不正確, の外見上, の大きな, の抜萃, の期間, の正確性, の死亡, の研究, の結婚, の記録, の資料, はあらゆる, はいかに, はこれ, はもっと, はフィラデルフィア, は一般, は人口, は信頼, は全く, は出生, は前, は各, は増加率, は少く, は常に, は彼, は急速, は我国, は明, は時, は最近, は確か, もつけ, も時に, よりも遥か, を一瞥, を含ん, を基礎, を手, を極めて, を比較, を蒐集, を見た, を見れ, を調べた, 並びに実際

▼ 記録され~ (81, 2.6%)

38 ている 10 てゐる 7 ていない 3 てい 2 てある, てよい

1 [19件] つつある, てあった, ていた, ています, ているなら, てなかっ, てはいない, てはいなかった, てよかろ, て今日, て居る, て時, て貽, 丸の内の, 伝承された, 再現される, 編纂せられた, 複製されない, 難い百千

▼ 記録には~ (73, 2.3%)

2 この妥協, 人口三百と, 何も, 次の

1 [65件] あまり多く, いずれも, おそらく時代, こういう事実, こう書かれ, これ以上の, こんなよう, ごく些細, そうした実例, その岩壁, そんなこと, ただ, ちがいありません, でて, どれにも, ないそう, まだ見当らない, まるで出, みえなくても, もう道, オコが, タイタニックの, フィリッピン人が, ミシアといふ, 主張し, 之に, 乏しいので, 仏工の, 余りない, 偉人の, 写真が, 凡俗として, 前後の, 勿論の, 取り立てて, 多くこの, 彼の, 彼等の, 御救小屋, 必ず偏する, 普通に, 書いて, 未練を, 武家の, 殆と, 殆ど世界中, 残つて居り, 殘つてゐない, 現はれ, 現わ, 生きた血, 略字を, 皆ある, 確かな, 神護景雲元年八月乙酉參河國に, 第一義の, 筆者の, 縛り敲き, 舞女装束唐衣唐裳菩薩装束などの, 若くて, 豊かに, 載って, 載らぬの, 遠く及ばない, 音振

▼ 記録~ (71, 2.2%)

3 ある, ない 2 巫女生活の, 残って

1 [61件] あつたらう, ありませんが, ありまた, あり醫事, あるが, あること, あると, あるので, ある程, あれば, こんに, されぬ無名, され批判的, しらべずたちどころに, できて, とらず簡素, どこかの, なかった, ほとんど傳, またいくら, またまったく, まだ十分, みなよほど, めずらしくない, やがて灰, 亡ぼされたという, 亦意味, 人類の, 伝説も, 作られずそして, 僅か十何時間, 元より, 其事を, 出来る訳, 刊行された, 千年くらい, 取らない至って, 古く回數, 可なりの, 変りは, 多い, 多くは, 尠く, 彼は, 怪しいくらい, 探したら見つかるかも, 文書も, 書翰の, 流失紛失し, 焼失を, 疾く紙屑屋, 相当に, 相當, 稀れで, 統計も, 自分にとっては, 自由に, 色々に, 証拠も, 遺し得られぬから, 閑却せられ

▼ 記録する~ (66, 2.1%)

5 ことが 3 のである 2 ことに, ことは, ことを, のであった, ものが

1 [48件] ことだけ, ことと, ことの, こと現在の, ためでないなら, ために, ためには, だけで満足, であらう, ということ, という批評, ところに, ところを, としてもその, と一日, にとどめ, に到る, に止める, に空虚, に足らぬ, に過ぎない, のが, のに多忙, ものならざるべからず, ものは, やうな, ように, よう命じた, 事が, 事は, 事を, 係りが, 国際的な, 學問と, 官で, 役目を, 必要が, 所に, 操觚者の, 暇なく激しく速い, 書き方を, 樣に, 歴史は, 歴史家の, 癖を, 精神を, 興味と, 通りに

▼ 記録~ (63, 2.0%)

4 なって 3 比較しよう 2 比較し

1 [54件] ある分厚, いえども, いって, いっても, いはれるやう, いわれてるから, いわれるよう, この文句, して, するから, その作品, その分析的研究, ちがいますか, つき合わせて, なすは, なり国史, なると, なれば, アナウンスしない, 一致せぬ, 予言, 予言が, 事実とを, 二つの, 企画が, 何れを, 信ずる次第, 取るべきである, 口承とは, 叫んで, 同じぐらい, 同じであろう, 同じ種類, 夢の, 実地との, 実物との, 実際と, 實地を, 彼の, 新記録, 書翰に, 甚しい, 私自身の, 統計と, 縁の, 考えられぬもの, 職業家の, 見て, 見るべきでこれから段々, 言うよりは, 言ふところには, 言わねば, 評判された, 詩人の

▼ 記録にも~ (56, 1.8%)

5 残って 4 見えて

1 [47件] あらざること前文述, ある, あるが, あるよう, このとき, ない, ないが, ないほどの, なつて, のこらないあれ, のこらない北, のこらない昌造ら, また翌年ロシヤ政府, よく此等, ワクワクに, 上らず終, 主體的, 之と, 予想にも, 何にも, 傳つて居らぬ, 傳へられ, 古文書などにも, 否定され, 多分この, 大村藩の, 妖馬は, 彼らの, 往々見受ける, 態よく, 掲げられて, 散見し, 明らかに, 明瞭に, 書いて, 次の, 歴史にも, 無いと, 猶貫く, 現われて, 石を, 破天荒の, 臣と, 見えるが, 記されてない, 記載され, 載せられて

▼ 記録した~ (53, 1.7%)

5 ものが 3 もので, ものである, ものは 2 ことが, と云, ものと

1 [33件] この話, その生活力, つもりである, と思う, と見られる, のが, のだ, のであつ, のでありましょう, ものな, ものの, やうな, 一冊の, 事は, 事実でも, 人が, 夢の, 小説である, 年で, 所の, 探偵実話などには, 書類の, 本が, 模樣が, 正應年間, 物語に, 神仙と, 稗史類を, 筆者太田牛一も, 結論は, 覚えが, 論文などには, 象形文字は

▼ 記録として~ (39, 1.2%)

1 [39件] かかれて, かくように, ここに, この行乞記, これほど, これらの, ずいぶんたより, であり感想, とって, また中国捕虜, 世の, 世界的な, 今日を, 信ぜられたるのみ, 十年後二十年後僕が, 取り扱われて, 吾國の, 報告する, 多くの, 子々孫々に, 撮って, 整理保存する, 書かれて, 書き止めて, 最初の, 残す丈, 生前その, 発表する, 私は, 編輯なされ, 興味が, 見るとき, 語って, 読まれて, 読者に, 載せるもの, 遺つた部分, 配役の, 面白いし

▼ 記録~ (33, 1.0%)

2 が戻つ, に向, の方

1 [27件] がタイム, が不安, が指手, が返事, だなどと, で記録板, なの, に, にすりむけ, にオ茶, に念, に言つて, に電話, のと言つて, のひかえ, のほか, のトート, の京須五段, の属官, の山本七段, へ, までウンザリ, まで散歩, まで退屈, も立ち上つ, も立ち去り, を見た

▼ 記録~ (31, 1.0%)

2 あつて, 満たされて

1 [27件] あつた, あつて信用, あつて哲學, あらうと, おそらく科学的, これを, さがして, さへが, それらの, はじめて自分達, よし三面記事的, テーブルが, 上海ロンドン間を, 二十分以上大学の, 五十九日で, 保存され, 保存された, 後篇は, 成つて, 最も注目, 有名な, 満たされるもの, 見て, 見ても, 見ると, 見るとね, 読んだ

▼ 記録である~ (31, 1.0%)

2 と同時に

1 [29件] かも知れない, からな, から思想, がこの, がひとつ, が元々, が切支丹側唯一, が如き, が日本来朝, ことを, これこそ, ために, だけで, といふこと, ともいえよう, と思ひます, と知れた, と言, と言つて, と説明, にはちがい, に相違, のは, また人間的, ゆえに, ようじゃ, 吾妻鏡天福元年五月二十七日の, 私の, 近衛天皇即位の

▼ 記録~ (29, 0.9%)

7 なもの

1 [22件] であった, なる怪, な優秀, な分裂メーデー, な大, な文献, な旅行記, な構成, な祝われぶり, な要素, な足痕, な酒, にお知らせ, にしかも, に作った, に保存, に各面, に明確, に明記, に書い, の作品, 暑さ

▼ 記録された~ (27, 0.9%)

2 わけで, 金額と

1 [23件] あらゆる国, ある港, ことである, ことの, ことを, これらの, そのと, とはほとんど, にすぎぬ, のが, のである, もので, ものである, 太子が, 昔の, 時代が, 時代の, 材料は, 武鑑を, 歴史である, 物の, 雑多の, 非常に

▼ 記録~ (27, 0.9%)

1 [27件] ぶりの, もつと, 伝記や, 伝説に, 何かばかり, 写生図の, 医者の, 口碑よりも, 古典を, 古文書が, 古来人の, 小説も, 推論を, 支那稗史を, 故老の, 新聞に, 書翰の, 書翰中の, 書翰類の, 材料の, 歴史, 民謡に, 物語などから, 裁判聞書が, 記憶や, 追憶や, 遺作によ

▼ 記録によって~ (25, 0.8%)

2 それを

1 [23件] これらの, これを, ちがう, われわれは, 一定しない, 京洛の, 伝わって, 初めて明らか, 当時の, 悠久の, 想像し, 推測される, 文字を, 明かに, 最も危険, 独逸の, 知られるに, 窺われた, 考究する, 色彩を, 見付けるの, 覗える, 速かに

▼ 記録では~ (22, 0.7%)

2 ないが

1 [20件] ありません, あるまいか, あるまいかと, それを, ない, ないかと, ないから, ないに, ないの, やはり降灰, トマス・デ・サン・アウグスチノ神父と, トマス・デ・サン・オウグスチノと, マルセイロと, 一冬に, 不良少女の, 前にも, 当時これが, 気温の, 百二十七縣の, 軽く見られ

▼ 記録~ (21, 0.7%)

2 にお

1 [19件] から各, から赤, で扱わせます, には吉田定房, には行宮, の恩賞方, はどこ, へでも伺っ, へ使い, へ参っ, まで来ない, も鎌倉, や決断所, を再興, を復し, を新設, を興し, ノ寄人, ノ頭人

▼ 記録文学~ (20, 0.6%)

2 のある, の流行

1 [16件] から一歩, がいく, が出た, とよばれる, と呼ばれる, に比し, のヒットさ, の一種, の事, の名, の名手, の性格, の時代, の浅薄, をもとめる, ノン

▼ 記録から~ (19, 0.6%)

1 [19件] みたらまことに, キッドの, 再建する, 始めて, 完全に, 引用し, 想像される, 我々の, 推しても, 正確に, 消え失せて, 犯人を, 田畑家屋敷に関する, 考へ, 要点を, 見たる日本上古史, 見て, 読者諸君に, 調べる必要

▼ 記録~ (17, 0.5%)

2 が犯人

1 [15件] があるいは, が偽り, が嘘, が実は, が異, が積極的, が聖徳太子, である, ではない, として近づいた, に非, の名称等, の熱意, は少し, や編纂者

▼ 記録される~ (16, 0.5%)

3 ことを

1 [13件] ことが, この非, であらう, に止り, のであった, のである, のは, ものである, 一作なき, 価値が, 場合は, 暗黒中の, 面会の

▼ 記録せられた~ (16, 0.5%)

2 はずの

1 [14件] と考えられる, と考へ, のである, のは, もので, 三員の, 事実は, 分を, 形で, 歴史をも, 理由を, 祝詞は, 言語の, 語である

▼ 記録という~ (16, 0.5%)

2 のは, ものが, ものは, ものを 1 ことである, ことなら, ことに, ことを, つかみかた, ほかには, 奴が, 点であろう

▼ 記録であり~ (15, 0.5%)

2 たのしい造型, また予言, 此世への 1 この世界, さもなければ外, その精神, チャップリンと, 切實に, 実証的な, 検事の, 自己観照から, 誠実さからい

▼ 記録によ~ (14, 0.4%)

2 つてその

1 [12件] つてこの, つても, つてわかる, つて七百年後の, つて他人の, つて史實を, つて年代が, つて推測し, つて明らかに, つて疑, つて破, つて調べる

▼ 記録せられる~ (11, 0.3%)

3 以前に 2 様に 1 ことに, ものも, やうに, 時分には, 機会が, 機械である

▼ 記録せられ~ (10, 0.3%)

4 てゐる 1 いささか地下, ている, て久し, て古い, て来た, 其が

▼ 記録とも~ (10, 0.3%)

2 見るべきもの 1 いうべき, なるであろうし, 云える, 称すべきもの, 考えられるであろう, 見るべきは, 言うべき大, 言うべく九つ

▼ 記録~ (10, 0.3%)

2 より立てられた 1 からとの二つ, にあらわれ, にこれ, にも代表, に関五郎, の一員, よりまた, より薬師寺金堂三尊

▼ 記録~ (10, 0.3%)

1 から探求, で天体観測, に之, に人, に何, に右手, に見, に証拠, より拾っ, より摘録

▼ 記録文書~ (10, 0.3%)

2 にみえる 1 と口碑伝承, に関して推定, のうるさい, の文体, の文章, は史家皆之, を了解, 並びに口碑伝説

▼ 記録でも~ (9, 0.3%)

1 ありその, ある, あるかと, ない, 旧い頃, 残っては, 物色してるらしかった, 知るすべ, 研究が

▼ 記録~ (9, 0.3%)

5 のである 2 んです 1 のだ, のです

▼ 記録されない~ (8, 0.3%)

2 ような 1 で, と同じく, ものすなわち, 言語偶然の, 訳には, 革命的プロレタリアートの

▼ 記録すべき~ (8, 0.3%)

1 ものであった, 不祥事件の, 人物は, 器械の, 応対, 火星着陸の, 現象だ, 重大の

▼ 記録~ (8, 0.3%)

1 からそれ, から信用, がもう, ということ, という理窟, とか或は, と思う, ね

▼ 記録映画~ (8, 0.3%)

1 のため, の制作, の情熱, の製作, は誠に, をこしらえた, を作る, を座員一同打

▼ 記録~ (8, 0.3%)

1 があるだらう, が完全, が殖え, によって御, に見える, の解説, を燒盡, を認める

▼ 記録としての~ (7, 0.2%)

1 この集, ものは, ものや, 客観性とを, 意味も, 文学と, 表現である

▼ 記録しよう~ (6, 0.2%)

1 とした, として出かけ, とも資料, と出かけた, と思いつき, と決心

▼ 記録といふ~ (6, 0.2%)

3 ものは 1 のは, ものが, ものも

▼ 記録よりも~ (6, 0.2%)

1 却つて朝鮮の, 古いもの, 荒誕不, 豐富だ, 速く泳ぐ, 遥かに

▼ 記録としては~ (5, 0.2%)

1 この記録, これが, 久米島に, 最も確か, 西暦六八四年天武天皇の

▼ 記録とは~ (5, 0.2%)

1 ちがって, 全く遠い, 思われないよう, 考えられぬ, 言ひ

▼ 記録などを~ (5, 0.2%)

1 この青年書記, 執筆中絶えまなく, 書きそれで, 書き残して, 見ても

▼ 記録をも~ (5, 0.2%)

1 利用せなけれ, 參考せなけれ, 得られないの, 比較參考する, 破り文久

▼ 記録~ (5, 0.2%)

1 とか現代史的, ないし記録的要素, に夫, の筆法どおり, やルポルタージュ作品一般

▼ 記録~ (5, 0.2%)

1 がまた, が一杯, などを持ち出した, の役, の針

▼ 記録させ~ (4, 0.1%)

1 てある, ておいた, ておく, ペンを

▼ 記録たる~ (4, 0.1%)

1 ことを, に止り, や後, 日記が

▼ 記録などは~ (4, 0.1%)

1 いかなる点, ともすればこれら, 伝わって, 随分面白く

▼ 記録なら~ (4, 0.1%)

1 ばまだ, ば事実, む, んか

▼ 記録なり~ (4, 0.1%)

1 とし, 手紙なりを, 文献なりが, 書翰なりに

▼ 記録以前~ (4, 0.1%)

1 にあっ, にすでにすでに, に既にすでに, に語り

▼ 記録保持者~ (4, 0.1%)

2 である 1 だつたさうである, は二十四

▼ 記録~ (4, 0.1%)

1 と併行, を拾いあげた, を持つた, を探し

▼ 記録洩れ~ (4, 0.1%)

4 の洗礼

▼ 記録~ (4, 0.1%)

2 の上 1 をくりかえし広げ, を机

▼ 記録~ (4, 0.1%)

1 な叙述, な書き方, に書き流した, の解説

▼ 記録しない~ (3, 0.1%)

1 ほうが, ままに, ものは

▼ 記録せる~ (3, 0.1%)

1 その用意, を引用, 文章も

▼ 記録だけ~ (3, 0.1%)

2 では 1 でその

▼ 記録だけが~ (3, 0.1%)

2 紛失し 1 偶然に

▼ 記録であっ~ (3, 0.1%)

1 て内容上前, て同年代, て疑う

▼ 記録とか~ (3, 0.1%)

1 伝説とかいう, 江戸時代警察史などを, 生活の

▼ 記録としても~ (3, 0.1%)

1 その十分の一, まことに不充分, 大したもの

▼ 記録との~ (3, 0.1%)

1 事業の, 為に, 間を

▼ 記録とを~ (3, 0.1%)

1 ならべて, 竝べて, 見せて

▼ 記録なぞ~ (3, 0.1%)

1 いうもの, も同様, をしらべ

▼ 記録などが~ (3, 0.1%)

1 ありましたが, ある, 一枚のこらず引裂かれ

▼ 記録なる~ (3, 0.1%)

1 ものは, ものも, 小説は

▼ 記録なんか~ (3, 0.1%)

1 では, どうでも, 読んだこと

▼ 記録にな~ (3, 0.1%)

1 つたのが, つてゐます, つて居ります

▼ 記録によりて~ (3, 0.1%)

1 その一斑, 伝えられたる神話, 焔羅王を

▼ 記録~ (3, 0.1%)

1 破リツツアリ, 破壊シイマヤ驚異的新, 示シシカモ刻々

▼ 記録係タータ~ (3, 0.1%)

1 が矢立て, というもの, の神

▼ 記録~ (3, 0.1%)

1 から, に, の顔ぢ

▼ 記録~ (3, 0.1%)

1 にのせられ, によります, の貴重さ

▼ 記録時代~ (3, 0.1%)

2 の理会 1 の以前

▼ 記録~ (3, 0.1%)

1 と両端, を持っ, を鼻

▼ 記録的要素~ (3, 0.1%)

1 の上, の処理, は作品

▼ 記録簿上~ (3, 0.1%)

1 では, のこの, の遺漏

▼ 記録さえ~ (2, 0.1%)

1 残って, 珍らしくない

▼ 記録されざる~ (2, 0.1%)

1 一つの, 個々の

▼ 記録したる~ (2, 0.1%)

1 この事件, ものなし

▼ 記録しなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 記録し得る~ (2, 0.1%)

1 までに進化, 限り

▼ 記録せぬ~ (2, 0.1%)

1 こと彼は, ということ

▼ 記録だけは~ (2, 0.1%)

1 大切に, 決して人

▼ 記録だけを~ (2, 0.1%)

1 保管し, 残したまま

▼ 記録です~ (2, 0.1%)

1 がと言つて, ね

▼ 記録としましては~ (2, 0.1%)

2 後光明峰寺殿

▼ 記録とでも~ (2, 0.1%)

1 いうよう, 言は

▼ 記録なき~ (2, 0.1%)

1 歴史を, 社会を

▼ 記録などの~ (2, 0.1%)

1 外故人と, 異国臭い

▼ 記録については~ (2, 0.1%)

1 もはや言う, 云うも

▼ 記録により~ (2, 0.1%)

1 てこの, ますに

▼ 記録による~ (2, 0.1%)

1 外には, 知識との

▼ 記録みたい~ (2, 0.1%)

1 だという, なもの

▼ 記録らしい~ (2, 0.1%)

1 ものは, 文字が

▼ 記録を通じて~ (2, 0.1%)

1 この景教碑, ワクワクと

▼ 記録以外~ (2, 0.1%)

1 に出なかつた, の資料

▼ 記録~ (2, 0.1%)

1 に致しました, 又は民譚

▼ 記録及び~ (2, 0.1%)

1 批評について, 迷信深き

▼ 記録~ (2, 0.1%)

1 による, の知らぬ

▼ 記録~ (2, 0.1%)

1 となる, は分析

▼ 記録所決断所~ (2, 0.1%)

1 を置かる, を置かれた

▼ 記録拝見~ (2, 0.1%)

1 致したならおおかた, 致しとうござる

▼ 記録~ (2, 0.1%)

1 が色々, は机

▼ 記録書翰~ (2, 0.1%)

1 の全部, は読む進む

▼ 記録書翰中~ (2, 0.1%)

1 にはたくさん, にもよく

▼ 記録無力~ (2, 0.1%)

2 の時代

▼ 記録~ (2, 0.1%)

1 に拠っ, も辻次官

▼ 記録簿一般~ (2, 0.1%)

1 に当てはめるなら, に関する次

▼ 記録簿摘要~ (2, 0.1%)

1 によって確証, の総括

▼1* [181件]

記録いじりの学者, 記録いたして居りまし, 記録いやこの学校, 記録うつしや速記, 記録何かを, 記録からでも次の, 記録からは判然しない, 記録さえも孔子の, 記録させなかったのは, 記録させようとした, 記録されてないのだ, 記録されぬならば年出生, 記録されねばならない, 記録されるであろうが今私, 記録されるべきいくつかの, 記録され始めた以上かかる, 記録したいのである, 記録したらそれが, 記録し始めた時代から, 記録し終ると刀, 記録すべくあまりに軽少, 記録むとする次第な, 記録せずにはゐられない, 記録せなかつたのである, 記録せねばならぬ, 記録せられした時代, 記録せられべきものたる, 記録その又あと, 記録そのものの種類, 記録それから山で, 記録だけにたよりすぎて, 記録だけによって海上の, 記録だつたがやつぱり一年間, 記録だろうね, 記録づけてゆく, 記録であったが六米ちょッ, 記録でありますが錦旗そのもの, 記録であろうがそれ, 記録でしかなかった, 記録でしょうがそれ, 記録でないものは, 記録でなく老いたる, 記録でなければならない, 記録というも不可なき, 記録とかの上記とは, 記録とかを持ち出して, 記録とがある, 記録としてのみ評價せられむこ, 記録とても吾家には, 記録とともに故国の, 記録とにかかりきりであった, 記録どおりの現象, 記録なしに廃れ, 記録など先生に, 記録などという言葉に, 記録なりとの言は, 記録なるべきの故, 記録なればその, 記録なんぞを調べる必要, 記録なんて小僧クンに, 記録において必ず一つ, 記録においてはこれらを, 記録においても相当の, 記録にさえ明らかな, 記録について事件前後に, 記録にとってとれないこと, 記録にはわづかしか, 記録にばかり保存せられ, 記録にまでなっても, 記録によってのみ僕を, 記録によっても明らかに, 記録によつて一応, 記録によるも皆目見当, 記録に従って書かれたもの, 記録のみで知り得ざる一国民, 記録移って, 記録ほど価値が, 記録まで残って, 記録までが一致し, 記録めいた書き物に, 記録もしくは筆者の, 記録ものが登場, 記録やは時による, 記録よりの抜萃, 記録らしく企画の, 記録をとつてゐた, 記録をもってはいましたが, 記録を通して著者が, 記録アマミキョがのだて始め, 記録ゼンマイ秤というもの, 記録ハナマキ村のリキ, 記録一二三四回は山崎, 記録一部分は傳誦, 記録上中下三巻六冊を参考書類, 記録中幾多の徴証, 記録仏経に従う, 記録仕上入倉簿職方日誌賃銀貸出覚え, 記録をやる, 記録伝記昔話などのうち, 記録うして, 記録作家であるといふ, 記録作成を私, 記録例えば記紀の, 記録係りに向い, 記録保存の意味, 記録保存庫のなか, 記録保持者当人のターン, 記録六メートル〇七を出し, 記録六メートル二五に迫った, 記録其の他古書等, 記録写真は特に, 記録出来ないものであろう, 記録の歴史, 記録即万葉集の名, 記録次に歴史, 記録及意見書を調査, 記録及故老の物語, 記録収集である, 記録古文書古器物, 記録の感じ, 記録四分三十三秒には及びません, 記録の証跡, 記録好きでも短, 記録妻籠本陣の御, 記録という一派, 記録の外, 記録小説との芸術化, 記録に御, 記録式ぢやない, 記録当時まで元, 記録に玉目三郎, 記録というもの, 記録戦争文学の頂点, 記録抜萃の一番おしまい, 記録整理されて, 記録文学ルポルタージュの特集, 記録文学実録文学の調子, 記録文学流行がはじまっ, 記録文学運動というもの, 記録文書一もこの, 記録文書等すべて之に属す, 記録文献には明瞭, 記録文芸に痕, 記録など出来上れ, 記録新聞報告書宣言などを片端, 記録書翰類が決して, 記録材料も一層, 記録構造をもっ, 記録特に易経は, 記録甚だ多く素盞嗚尊, 記録生活の記録, 記録の紙片, 記録に曰く, 記録という精神病患者, 記録病的算術は理, 記録のよう, 記録発表して, 記録登山をされた, 記録的カーヴのリズム, 記録的上演もある, 記録的例証を知らない, 記録的報告とそれに, 記録的役割をも無視, 記録的紀行は書きたくない, 記録的素材だけによっては生れない, 記録的資料の少い, 記録破りの大, 記録と云う, 記録系図等を探っ, 記録統計たるに留まら, 記録を見せ, 記録草紙物語の中, 記録蒐集のこまやかさ, 記録などが飾られ, 記録裁判長のエガアトン, 記録記憶を見渡す, 記録詐欺というもの, 記録説明の理由, 記録贈り物である, 記録遺しとこ, 記録金額に合わせ