青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「記念~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~訊いた ~訊く 訊く~ ~訊ねた 訓~ 訓練~ 記~ 記し~ ~記事 記事~
記念~
~記憶 記憶~ 記者~ ~記録 記録~ ~訣 訣~ ~訪ね 訪ね~ 訪れ~

「記念~」 2203, 24ppm, 4881位

▼ 記念~ (388, 17.6%)

50 ために 11 為に 7 ための, ように 6 写真を, 撮影を 4 品を, 絵葉書を 3 品も, 松を

2 [22件] ある本, ためと, ためにと, なかに, ような, 写真だ, 写真も, 品々を, 品な, 土地で, 墓の, 安机, 宴を, 家を, 寫眞を, 意味で, 手箱を, 指環を, 日を, 棒杭が, 為めに, 画を

1 [243件] あつまりでも, あの人形, あるこの, お写真, お堂, お手植, お札それから, お札それに, お祝い品を, お祭り, か, ことだった, ごとくたった, しかたは, ためこの, ためそばの, ためちょっとした, ためであった, ためでも, ためな, ためにという, ため一つ購つて置きたい, ため何か, ため化学会では, ため扇子へ, ため日本へ, ため歌を, ため近づい, ふくさ, ものだけが, ものである, ものと, やうな, ようです, カナリヤを, ガウンを, クラス会を, スタンプを, トランクを, ナイフの, バンカ・ヒルの, マリア像が, マリヤ像の, 一つぞ, 一つで, 一つである, 一つと, 一つは, 一で, 一夜を, 一封をば, 一巻を, 一日を, 一晩を, 上に, 上段の, 丘は, 九月一日を, 二品が, 二品は, 二品までも, 会, 会て, 会で, 会などという, 会へ, 会を, 会トリに, 会舞台で, 会食の, 作品です, 作品では, 作品と, 作物と, 像を, 儀式的公演として, 八角形の, 出版である, 前夜祭で, 創立事業に, 劇場である, 劇場銅像等あり, 匂いが, 化現する, 博物館をも, 博覧会, 印籠一つを, 古松等は, 名と, 名を, 品が, 品だ, 品で, 品であった, 品でございました, 品なんて, 品は, 品をと, 品到着いたしました, 品物を, 唄や, 団体として, 土地じゃ, 土地忘れ, 地という, 地を, 場所である, 場所と, 場所な, 塔で, 塚を, 墳墓を, 売りたて, 夕べ, 夕べは, 夕べを, 外には, 多い横手, 多きこと, 夜二人にとって, 大会が, 大会とは, 大博覽會が, 大祭を, 大赦によって, 如し, 宴は, 宴会が, 小袖, 屋敷も, 帛紗に, 席上で, 年に, 座談会, 建物は, 建物一つも, 建築物の, 式場において, 心を, 惱み, 意味が, 意味での, 意味も, 意味や, 意味を, 意味を以て, 扇子を, 手帖を, 手紙を, 撮影など, 数々は, 文化国賓として, 文學講演會とにおいて, 旅でした, 旗なぞを, 日, 日な, 時計台が, 晩餐会が, 暁斎画譜は, 書が, 書きたるあり, 書を, 會ぢや, 會で, 會であります, 會へ, 月と, 松が, 松杉が, 柿の木が, 桐苗を, 梅樹の, 標石を, 橋の, 汎太平洋プロレタリア文化挨拶週間の, 浴衣, 浴衣は, 浴衣を, 清書が, 為であった, 為と, 為奥座敷に, 片影であった, 物を, 玉の, 甘みが, 白い大きい輪, 白楊, 盃, 着物までを, 短冊を, 碑として, 碑を, 碑銘で, 祝スタニスラフスキーが, 祝日で, 祝賀と, 神酒と, 祭が, 祭典を, 第一日, 筆を, 納もので, 絵葉書が, 緒に, 縮緬の, 置時計を, 老松を, 肉身と, 肖像を, 脇差を, 脚本に, 臨時増刊を, 花の, 落葉松を, 葵ぐさ, 薬包みの, 衣は, 衣哉と, 袂石を, 裾模様を, 言葉, 言葉を, 証として, 講演会の, 財布の, 贈りもの, 軍刀と, 軸が, 酒席で, 野球だつた, 錦絵を, 錫杖と, 陣羽織を, 雛人形の, 鞄を, 題字を, 額でも, 額なぞの, 食事でも, 食事に, 髯を

▼ 記念~ (211, 9.6%)

6 して 4 しようと, 何か, 持って, 残して, 置いて 3 なるもの 2 した, するの, なるからな, なるよう, 二三本残し, 取つて, 駒が

1 [168件] あげようと, あげるもの, あげる私, あなたが, あの絨毯, あの絨氈, あまれた, いただきました, おそるべき誹り, おも, お前に, かって, くれた, くれると, こう書いた, この写真, この額, これさしあげます, これを, こんなきや, さし上げますから, したい, したと, したといふ, しますから, しまって, すぐれたる, するつもり, する手順, せめてこの, そしてあなた, その後の, その樹, その船, たてた, である, とった写真, とどめたいほどの, どんな物, なったこと, なって, なつた, なりそう, なりましたのに, なります, なるお, なるだろうと, なるって, なると, なるわ, なるん, なる事, なる土地, なる物, なる話, のこして, ばた, もうつまらない, もう一度集まっ, もと用意, もらったもの, もらった砲弾信管, やわ劣るべき, バウムの, バルマと, ビイルなぞを, ヨッフェや, 一つ, 一つ写真を, 一つ求めたい, 一作を, 一本, 一本の, 一見せざるべからず, 三木清賞の, 下さいましな, 世界は, 之を, 今それを, 今夜もっともっと, 何を, 備えて, 僕が, 僕の, 出演させる, 出版された, 出版する, 切らせて, 剃らずに, 千円出し, 取つて歸, 取りかわしました, 受取って, 名古屋医大へ, 国民の, 大事の, 大変いい, 如此き, 存すべき, 學校から, 屹度何か, 差し上げたいの, 差上げたいと, 平和の, 建てられたの, 建立せし, 当ると, 当る年, 当時勃興しかけ, 成るよう, 手帳を, 手早く写生, 拵えて, 指紋を, 接して, 携えて, 撮ったの, 撮りましたの, 日本の, 日本岬アメリカ岬フランス岬ドイツ岬イタリア岬支那岬インド岬と, 書いて, 最も好, 植えた松の木杉, 植えて, 止めさすの, 此金を, 残されたもの, 残された写真, 残すのに, 残って, 残るよう, 殘り, 民芸館に, 無事に, 父が, 特別景品つきの, 画はがきなど, 石を以て, 祖母の, 私に, 私は, 約束の, 納めて, 結婚の, 縁も, 良いもの, 色紙に, 萩の, 葵の, 見える胸, 見たまえと, 貰い頸, 貰つて行きます, 貰つて行く, 買われた年, 贈るため, 贈ると, 贈呈を, 赤いもの, 造った音楽堂, 過ぎない, 遣し候, 遺して, 銀の, 集めて, 雪江と, 頂きましょう, 髮を

▼ 記念~ (138, 6.3%)

4 のある, を建て 3 が建っ, が建つ, である

2 [12件] あり, があり, がある, が立っ, となった, のよう, の前, もある, を建てた, を建てる, を建設, を負

1 [97件] および公園, があっ, がそびえ, がない, が上野, が出, が大西洋, が存在, が建て, が建てられ, が建てられました, が建立, が新しく, が片っぱし, が生殖器崇拝論者, が立てられ, だ, だので, で, であった, であり又, であり我々, であるが, であると, ではない, でも立つ, で僕, とが建設, としてすべて, としてであり, としてである, としての優秀, として優れた, となる, ともいうべき, とも認める, とも関, と思われる崩れた, と称すべきだろう, と銅像, と銘, なの, なり, にすぎない, には煤, に向かっ, に模, に礼拝, のうしろ, のほとり, のやう, の代り, の傍, の傍ら, の像, の左右及裏面, の建つ, の建設, の所, の文字, の正面, の残骸, の白き, の表面, の銅像, の除幕式, の頂, は五千年, は凡そ, は完成, は礼拝堂, は高く, への愛憎, まで建立, もただいま, やバロック風, より高き, をほとんど, をよけて急ぎ, を平和, を建てよう, を建てられた, を建立, を惜しむまい, を沢山, を立て, を置い, を見た, を見廻した, を観た, を訪, を設立, を遺し, を骨折っ, ノ前, ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 成りて

▼ 記念として~ (136, 6.2%)

4 ここに 2 それらを, 今も, 君が, 彼の, 残されて, 残って, 白髮部を, 私に

1 [116件] いまだに保存, いまなお, うち樹て, おもち, お殿様, お礼を, きょうでは, こっそり持っ, この一巻, これほど, しつらえられて, その姿, それぞれに, ついに大衆, できた最初, できた自然科学博物館, とり立て, のこされて, のこって, まつ黒な, もったの, わが言, われわれは, ゐる容子, アメリカの, アレクサンドリア図書館が, レーリー賞の, 一割引の, 上げると, 上梓されし, 上梓する, 与えた, 世に, 今以, 仕舞って, 保存され, 保存し, 兄にも, 光背銘文とともに, 出版された, 分けた, 刑部を, 初めて出版, 動物園では, 取って, 受け納めた与八, 名を, 君たちに, 君の, 吾は, 器の, 壬生部を, 大事に, 大日下部を, 大晦日夜作, 室生犀星に, 家蔵と, 尊覧に, 山から, 巴里籠城の, 帝国劇場で, 庭の, 思ひ出すやう, 悪筆を, 意味深く, 戦線から, 抜取って, 持ち去るから, 持って, 新規な, 日本への, 日本プロレタリア作家同盟の, 明治神宮の, 最近に, 本堂の, 東京への, 棕櫚にて, 歌一首に, 残された木柱, 残った二本, 残った芭蕉, 残ってる区域, 残つた, 殘つてゐる, 毎年同じ, 永く蓄, 永しへに, 河部を, 浅草の, 消さずに, 燭台のみを, 物語化し, 留めて, 発奮を, 神聖視し, 私の, 立てたもの, 緊張し, 置かれた三ヶ国, 美保神社の, 肉の, 自分の, 若日下部, 葛城部を, 藩祖を, 虎の子の, 蝮部を, 語り伝えられるであろう, 贈られた古刀, 赤裸の, 輕部を, 送りましょう, 門下一同に, 雲龍の, 高価なる, 高臺

▼ 記念~ (124, 5.6%)

3 だから, である 2 だと, です, なの, なり, なん, のこと, のわけ, を忘れる, を迎

1 [100件] あらゆる意味, いろ, か, があっ, がめぐっ, が悪い, が毎月一回, こそ世界, じゃない, たらしめなければ, たらしめよう, だ, だけを本当, だけ休ん, だそう, だった, だつて, だの, だ去年, であるので, である九月十四日, でし, でしょう, ではなく, でもあり, で向, で東京, で町, で芝居, で酒, とあっ, とかで, とされ, としてすべて, としてだけ思えない, としての伝統, として考える, となった, とまつた, と雪, などというもの, なのよ, ならざる日, なりとてアイルランド中みな諸業, にあたってわたしたち, にあたり東京, にあなた方, にした, について書い, になる, にはサン・ドニ, にはホテル, には大, には少々, にメーデー, に嚔, に大, に学童, に当りまし, に当る, に或, に相当, に陸相板垣中将, に際し余, のため, の三月十五日, の今日, の兵卒達, の唱歌, の式典, の数日前, の朝, の由, の祝, の第, の美術祭, の翌日, の賑い, の道化役者みたい, の闘争, はことし, はなかっ, は一日, までの六ヵ月間, もまた, や二百十日, らしくて, をあの, をつくりたい, をむしろ, を兼ね, を忘れ, を忘れたれ, を期し, を祝っ, を祝っただろう, を迎えた, を迎えられる, 大旗小旗, 故北白河宮永久王殿下

▼ 記念する~ (107, 4.9%)

24 ために 4 ための 2 ため宮城前で, と同時に, ものとして, 作である, 為に, 為の

1 [67件] かのご, ことが, ことを, このナチス崩壊, ささやかな, ためその, ためで, ためでなけれ, ためとくに, ためカミダナ, ところに, には好い, には相応, に堪えない, に過ぎない, に適当, のである, のは, ものが, ものである, ものの, ものは, ものも, やうな, やうに, ゴーリキイの, マクシム・ゴーリキイ展は, レールな, 事に, 作物でした, 合言葉特に, 名高い, 堂の, 夕方に, 大きい遺跡, 寺の, 小博物館, 巨大な, 年に, 心は, 意味から, 意味からも, 意味で, 意味において, 意味の, 捕縄供養を, 方法を, 日こそ, 晩に, 會だ, 棕櫚の, 標本を, 檜造りの, 為めに, 為後日に, 熊野村まで, 爲に, 爲めである, 石柱が, 碑石でも, 祭日である, 積りであった, 行事が, 賞が, 道は, 酔舞の, 風習を

▼ 記念~ (88, 4.0%)

2 として保存, として残し

1 [84件] がある, がかなり, がもう, がパルテノン, が刻印, が散在, が易々, が残っ, だから, だった, だつたが, だと, であって, である, であるとか, である古, である大仏殿, であろう, でこれ, ではなかっ, でも顕著, というの, という印象, という意味, という感じ, といえ, といふもの, とかの獅子岩, としては今日, としては最後, としても観光資源, としてミイラ的, としてヴェルダン, として作り上げた, として当然もっと, として社会主義動物園, として金屋, として頗る, とは言っ, と名づけ, などの及ぶ, なり, になる, にも都会, に取り囲まれ, に用, に相違, のうち, のどる, のほう, の一つ, の中, の保存, の処, の収集, の林立, の洪水, はいづれ, はこの, はすべてもと, は一浮浪少年, は博物館, は荒々しく, ばかりで, もとうとう, も閑却, や, や記念碑, よりかももし, らしく栞, をこの, をこの世, をなくしろ, をのこし, を保存, を如何, を御覧, を数々, を方方, を現在, を見せる, を見る, を販売, 新発見

▼ 記念すべき~ (87, 3.9%)

4 日の 3 最初の 2 年であった, 時代の

1 [76件] この二千六百年, とうとい日, ばかりでない, ものが, ものであり, ものである, エポック・メーキングで, 一九一七年から, 一九一七年以来毎年国家計画部と, 一夜で, 一日であった, 一日の, 一時期が, 一晩を, 上陸の, 世紀であった, 世紀と, 事が, 事に, 代表的作品の, 位置に, 作品である, 佳会で, 光景, 出世作の, 出来事で, 出来事を, 勝利への, 台詞だ, 名称を, 品です, 場所であった, 大事業, 大会の, 天保九年, 存在である, 季節であった, 実生モウソウチク林は, 年で, 年である, 年として, 思い出の, 情景だ, 房へは, 批評の, 旅であった, 日で, 日である, 日でなけれ, 日と, 日なる, 日は, 日も, 日を, 日付は, 日本固有の, 日本最初の, 日結婚, 時代を, 最後の, 月だった, 月と, 朝の, 本が, 杖東京まで, 植物が, 業績を, 機会に, 正月は, 永遠の, 洋館であり, 物理学校の, 祭典の, 言葉, 諸国手の, 謎であった

▼ 記念~ (76, 3.4%)

3 だから 2 とかいた, のよう, を買う, を買っ

1 [65件] があります, がはいっ, が出, が含まれ, が飾っ, だ, だつた, だと, であった, である, である同性愛, でそのうえ, ではありません, で上面, で彼, とが糸, として, としてまき上げられ, としてレーニン, として個人的, として残っ, として繋留, として贈られた, とでもいうべき, となった, となつ, などを秘密, なん, にし, になつて残つて, になる, にまじっ, にや違, に身体, のしまっ, のとり, のやう, の娘, の授与式, の數, はあと, は子規, は蟇口, は馬, ばかりで, もあった, もまだ, もみんなそれ, や棺桶, や私, や象徴物, や骨董品, らしい白大理石, をおくる, をくれ, をやりたい, をクリストフ, を保存, を差し上げ, を求めよう, を製作, を見せ, を買, を贈られ, を贈る

▼ 記念~ (57, 2.6%)

2 あり, である

1 [53件] がかなり, がたっ, が目, が立っ, が聳え, が高く, だ, だつたの, であると, である藤村, です, でで, でもある, で案内者, といういかめしい, としてあの, としてもあの, として保護, として我々, ともいうべき, とアパルトマン, と拉, など石, においてきわめて, に比較, のま, のめぐりなる, のやう, の上, の中, の傍, の到着, の前, の大きな, の大理石, の除幕式, の頸輪, はこれ, はセント, は今, は写真, は大使館内, は彼, は長い, めいた建物, めいた陰気, をもう, を伸子, を打, を新調, を某, を特に, を砲車牽引車

▼ 記念~ (53, 2.4%)

3 したの, なって 2 思って

1 [45件] いうよりは, いうよりも, いふよりも, したいとの, したくらい, して, しまた, すべきこの, すべき年, する, する意味, する趣, せんか, つかまつる, なされたろうよ, なす, なすこと中古世, なすべきもの, なった大森, なつて, なる, なるであろう, なるもの, なる絵, なろう, 一緒に, 云う意味, 云って, 云っても, 云われると, 判断すべきでありましょう, 思うて, 思えば, 思召せ, 拿破里の, 書いた杭, 残さねば, 相続記念に, 知れた, 称して, 見え色々, 見られる, 見るべきもの, 見る当人, 言ふ

▼ 記念~ (40, 1.8%)

2 何時でも

1 [38件] こ, この日, さまざまの, 世に殘, 世に殘す, 保存し, 取返す二度目, 吸つ, 喚び覚して, 喚び起したり, 喚び起すこと, 喚び起せば, 失って, 彼の, 後世に, 心の, 持ち伝えまたは, 持つて, 数へて, 最初に, 欲しがる, 止ど, 残して, 殘すべし, 永久に, 求めたかった, 涜した, 漸く今, 留むるものもあるけれどそんな, 祝つた, 繰返し追慕, 肝に, 見せる, 見に, 見る度毎, 遺しぬ, 遺す事, 飾ると

▼ 記念~ (39, 1.8%)

2 の席, の席上, の時

1 [33件] が, があっ, があった, があつ, が一九四〇年, が三四年前ペテルブルグ大学, が催されたらしい, が開かれた, だけから見る, でも同窓生, というまどい, といったよう, とも云, とやらにはどういう, には私, に出, に昭和十六年, のあと, のお話, のこと, の会費, の台上, の折, の招待, の発起人, は或は, は面白かっ, へ出席, も深沼家全員出席, を催した, を数年後東京, を行った, を開く

▼ 記念~ (36, 1.6%)

2 のお客, のとき, の当日, の日

1 [28件] がある, がすむ, が一九二八年, が執行, が近づいた, にあたってソヴェト同盟, にはお, にモスクワ, に世界各国, に向っ, に大統領, に就, に行つた事, のため, のデモンストレーション, の夜, の夜応援団, の当日大隈, の折, の日の出來事, の時党員, の歌, の頃, は十月初旬, をこの, を催し, を機会, を行

▼ 記念写真~ (34, 1.5%)

2 が出, が時事

1 [30件] が三枚一円八十銭, が三枚五十銭, が同じ, が目立っ, が飾られ, でもあったなら, と平凡, と賞状, なの, にはいる, のとき直次, のどれ, の一隅, の下, の中, の右上, をさがし出し, をとっ, をとった, をとつ, をとられた, をとりました, をとる, を写した, を引伸し, を撮っ, を撮られた, を撮ります, を眺め, を見る

▼ 記念~ (30, 1.4%)

2 ている, てこの, てやる, てゐる, て彼

1 [20件] たり残し, て, ておく, ておくだらう, てその, てゆかり, てイタリー, てローザンヌ大学, て去る, て君, て塔, て年々, て日本, て来た, て消えない, て香華, ブルジョア, ロシアの, 今を, 虐殺に

▼ 記念~ (26, 1.2%)

2 がある, が立つ

1 [22件] がたっ, が出来あがる, が彫り出され, が立っ, でさえ, です, としなかった, の下, の台座, の形, の正面, の馬, は, は下町, は墓, もみな物, をまたずし, をゼームス・ワット, を作る, を務める, を建てさせよ, を持つ

▼ 記念~ (22, 1.0%)

2 といつ, と思っ, と言っ

1 [16件] からで, から夜中, から帰りがけ, から行列, か何だか, けど玉屋, けれど奥様, し耳, そうであります, つたと, とある, とかあるいは, ともいえる, と従兄, と思つて, 相だ

▼ 記念~ (20, 0.9%)

2 ある

1 [18件] あるの, あるので, あんまりはっきりし, いっぱいだった, 今では, 今応接室, 何の, 僕の, 国家時代まで, 多うございます, 必要なら, 悉く彼, 浮んで, 知らず知らずの, 蘇るの, 遊女町の, 録音に, 電光の

▼ 記念~ (20, 0.9%)

2 のなか, の外, を建て

1 [14件] がある, という大きな, といっ, とにある, にあります, にかかっ, には昭和二十四年度訂正, に着く, の設立, は前, へ行った, をも見た, を一覧, を観た

▼ 記念にと~ (14, 0.6%)

2 思って, 言って 1 ある夕方岩, いって, 云って, 帯地と, 捧げる此書, 揮毫を, 書き盡, 私に, 謂って, 贈られた光琳

▼ 記念撮影~ (12, 0.5%)

2 をした 1 して, であったが, などもし, にニヤリ, は終, をさせられ, をし, をなし, をねがいたい, を初め

▼ 記念事業~ (11, 0.5%)

2 を計画 1 だッ, であり彼ら, である, です, として都下, と謂つた目的, には中條文庫, のごとく, も緒

▼ 記念~ (11, 0.5%)

1 [11件] から切抜, たる, とし, には小林多喜二, に梶井, に私, のため, の読後感, を出し, を出したい, を出す

▼ 記念~ (11, 0.5%)

2 な作品 1 おたより, な出来ごと, な帳面, な意味, な意味以上, な東宝, な転機, には興味, に保存

▼ 記念~ (9, 0.4%)

1 た, まッ平, 全部処分し, 多いが, 多くは, 我が全く, 我胸を, 此聲に, 近頃夢

▼ 記念である~ (7, 0.3%)

1 からと云った, というまた, と知ったなら, のみならず, ばかりでなく, 其の缺乏, 同家の

▼ 記念でも~ (7, 0.3%)

1 あった, あらうから, あり所得, ある故, ないから, なくまた, 何でも

▼ 記念という~ (7, 0.3%)

1 のは, ものは, ものを, わけじゃ, 他愛も, 側から, 気が

▼ 記念出版~ (7, 0.3%)

1 である, として, として審美書院, に私, のため, をし, をしたい

▼ 記念~ (7, 0.3%)

1 が確立, でのよせ書, に來, に自分, の講演, もし, を開い

▼ 記念とも~ (6, 0.3%)

1 なったわけ, なれと, 云える, 存じ心腹, 見るべきこの, 見るべきその

▼ 記念~ (6, 0.3%)

2 のである, んだ 1 のだ, のです

▼ 記念公演~ (6, 0.3%)

1 がある, が片, が盛大, に当てまし, に於ける, の名

▼ 記念~ (6, 0.3%)

1 が擧げられる, にはトーマス, に次いで, のおこなわれる, の際, はついに

▼ 記念~ (6, 0.3%)

1 が發刊, には何, に約束, の百卵中, へ載せる, を出し

▼ 記念され~ (5, 0.2%)

2 ている 1 ていい, てきた, てよい

▼ 記念した~ (5, 0.2%)

1 ためである, ので鯉, もので, ものも, 詩が

▼ 記念したい~ (5, 0.2%)

1 から, と云う, もので, 欲望に, 私の

▼ 記念せね~ (5, 0.2%)

5 ばならぬ

▼ 記念~ (5, 0.2%)

2 あつた 1 サ, 峠を, 蓋だけを

▼ 記念大会~ (5, 0.2%)

1 である, に招かれ, に陳列, の第, もあっ

▼ 記念しよう~ (4, 0.2%)

2 とした 1 というなん, といふなん

▼ 記念せん~ (4, 0.2%)

2 がため 1 とならば, 為めの

▼ 記念にも~ (4, 0.2%)

2 なると 1 しまた, 備えること

▼ 記念博覧会~ (4, 0.2%)

1 が名古屋, に出したら, の時みたい, を思い浮べた

▼ 記念演奏会~ (4, 0.2%)

1 で大変, に際し皆様, は注目, を行った

▼ 記念碑的~ (4, 0.2%)

2 な作品, に表現

▼ 記念販売~ (4, 0.2%)

1 の三品, は中村屋, をし, をする

▼ 記念さるべき~ (3, 0.1%)

1 人である, 功績を, 時が

▼ 記念するなら~ (3, 0.1%)

1 ばその, ば三・一五, ば全く

▼ 記念たる~ (3, 0.1%)

1 この数枚, 封建武士の, 桜花の

▼ 記念だった~ (3, 0.1%)

1 のです, ろうに, 標本も

▼ 記念です~ (3, 0.1%)

1 からなどといふ心持, からね, な

▼ 記念とか~ (3, 0.1%)

1 して, 何とかいった, 思ひ出

▼ 記念としての~ (3, 0.1%)

1 価値は, 句集で, 跛足は

▼ 記念にとて~ (3, 0.1%)

1 二枚の, 持ち行くもの, 送りけむ

▼ 記念~ (3, 0.1%)

1 であり日本民族, である, にち

▼ 記念劇場~ (3, 0.1%)

1 の上, の建設, はいつも

▼ 記念展覧会~ (3, 0.1%)

1 が開催, に描いた, を開催

▼ 記念~ (3, 0.1%)

1 に次, のはし, を持っ

▼ 記念法要~ (3, 0.1%)

1 が営まれた, にもむろん, に列席

▼ 記念論文集~ (3, 0.1%)

1 に, に發表, の訳

▼ 記念~ (3, 0.1%)

1 が菊地氏, などをうけた, をうけ

▼ 記念から~ (2, 0.1%)

2 書き出して

▼ 記念されべき~ (2, 0.1%)

1 はずである, 史蹟である

▼ 記念じゃ~ (2, 0.1%)

1 が, け

▼ 記念であっ~ (2, 0.1%)

1 てその, て歴世これ

▼ 記念であった~ (2, 0.1%)

1 ことは, のであろう

▼ 記念であります~ (2, 0.1%)

1 からどうしても, が日本

▼ 記念では~ (2, 0.1%)

2 なかった

▼ 記念なり~ (2, 0.1%)

1 しるしなりに, わがため

▼ 記念なる~ (2, 0.1%)

1 ことあたかも, 知識の

▼ 記念スプーン~ (2, 0.1%)

1 がはいっ, を

▼ 記念会館~ (2, 0.1%)

1 の, まで行っ

▼ 記念~ (2, 0.1%)

1 の計画, をお

▼ 記念夜会~ (2, 0.1%)

1 が催された, に招かれ

▼ 記念~ (2, 0.1%)

1 図書館建設運動, 會が

▼ 記念~ (2, 0.1%)

1 にかかれた, を買

▼ 記念文字~ (2, 0.1%)

1 が彫っ, となる

▼ 記念~ (2, 0.1%)

1 の下, の裏

▼ 記念~ (2, 0.1%)

1 があるなら, と丁度

▼ 記念演芸会~ (2, 0.1%)

1 に森三千代女史, をやる

▼ 記念碑建設~ (2, 0.1%)

1 の計画, の費用

▼ 記念祭的~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 記念~ (2, 0.1%)

1 がインク, が死なない

▼ 記念講演~ (2, 0.1%)

1 がすむ, をする

▼ 記念週間~ (2, 0.1%)

1 がもたれた, です

▼1* [187件]

記念何か, 記念かき認めてこ, 記念かと空想し, 記念かも知れません, 記念させてくれる, 記念される日である, 記念したかったからに外, 記念しなければならない, 記念し奉る御紋章, 記念すべきであって毎年九月一日, 記念すべき忘れがたい二畳, 記念すべく開かれた史學研究會で, 記念する呼び方である, 記念せざるを得なかった, 記念せずばなるまい, 記念せられて居た, 記念そういった感じの, 記念そんな心持で, 記念ぞとて授けたの, 記念たらしめたかったからである, 記念だけは残って, 記念でありかつてこの, 記念でございますがまた, 記念でないものは, 記念といふ国民的感情が, 記念としては鹿鳴, 記念としてばかりでなく劇壇, 記念とはなれり, 記念なしや, 記念などのあった欄, 記念なりきとぞ, 記念なんておかしいわ, 記念にこそは分ちしか, 記念にね貴下に, 記念には弁天の, 記念に対して限りの, 記念に対しては永劫に, 記念に対する美しい欲望, 記念に際し昭和十年三月十四日附軍刀の, 記念に際して出版された, 記念ばっかりは仕立卸し, 記念多いし, 記念これを, 記念らしい若い一対, 記念をももった土地, 記念サツエイをパチン, 記念ダンサー大運動会, 記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, 記念ドイツ劇壇ではシュテルンハイム, 記念ノタメニ自ラ作成セル歌詞ニ, 記念パンフレット編輯をたのむ, 記念メダルの構想, 記念レコードである, 記念一万円の懸賞, 記念一人前の日本紳士, 記念一種のピラミッド, 記念三月八日の国際婦人デー, 記念上演と同時に, 記念事業会から父, 記念事業委員会から私達, 記念会受賞祝いの会, 記念佐々伸子と父, 記念何十年祭かに当るらしい, 記念作品とつぎ, 記念保存物たる價値, 記念保護物に指定, 記念像等の註文, 記念像西側と北側, 記念儀式があつ, 記念公演展覧会講演会を催します, 記念其等との連鎖, 記念写真レーニンと西洋将棋, 記念写真帖について大山君, 記念写真帳と三女, 記念写真手をつない, 記念に少し, 記念切符ではじめて, 記念を列挙, 記念博物館のよう, 記念号限り雑誌を廃め, 記念名簿に私, 記念品たるを失はない, 記念品みたいなわけ, 記念品屋で水, 記念図書館の館長, 記念国力振興大講演会, 記念の方, 記念塔岬の先端, 記念塔時計塔アーチパゴーラ音楽堂等の自分, 記念大赦令が出る, 記念学名を発表, 記念宴会の席上, 記念帰国の三集, 記念夜燈に, 記念建てわが髮, 記念建物としても残し, 記念建築がなつかしく, 記念建造物への観光客, 記念式典に上京, 記念当日の消印, 記念も持ち合わせた, 記念撮影了更相携遊于八瀬受博士之饗應於平八茶屋, 記念故に今迄とも, 記念を彫り附けさせる, 記念文集の出版, 記念日ゆゑ昼食は白飯, 記念日上々吉の天気, 記念日何といふ名, 記念日小学校中学校は休, 記念日意義ふかい今日, 記念日方々で色々, 記念日昨日の今日, 記念日町では記念会, 記念日黙祷回向私も日本人, 記念會堂の爲め, 記念會堂建設資金の爲め販賣, 記念木指定が流行, 記念桐箱入りのフラフ, 記念標品となっ, 記念死ぬまでは何, 記念清浄にする, 記念演劇あるを, 記念演劇会に切符, 記念牌未亡人用の透かしレース, 記念物的なありさま, 記念特別号として編集, 記念療養院に働い, 記念的作品は日本ニュース社, 記念的俳句はその, 記念的建物だった当時, 記念的建築のうち, 記念的意味で重要, 記念的殿堂と公園, 記念的経験をちゃんと, 記念的署名をする, 記念的行進などが行われる, 記念的邸宅に見られる, 記念に腰, 記念石柱が聳え立っ, 記念碑たるに過ぎざるなり, 記念碑みたいに水面, 記念碑五個をスザ, 記念碑以外の何物, 記念碑建立社会事業満蒙問題なぞあらゆる, 記念碑心臓形の品, 記念碑爵位勲等生花放鳥又は坊主, 記念碑発起押っぽだて, 記念碑的作品の全, 記念碑的価値は日本, 記念碑的内容をソヴェト, 記念碑的製作の様式, 記念碑糸塚の因縁さ, 記念碑裡稚松, 記念碑醜悪なる銅像等凡て, 記念祝典が行, 記念祝宴なの, 記念祝祭などだ, 記念祝賀会が大, 記念祝賀会場たるネオ極楽広場, 記念祝賀号を発行, 記念祭あけの三日間, 記念祭デモンストレーションはこの, 記念祭子供の日, 記念私家豪華限定版の名, 記念節酒記念純真生活記念として, 記念純真生活記念として, 記念に次, 記念絵端書を買わん, 記念胸像を作る, 記念自署などが扁額, 記念致したいと存じます, 記念興行として脚本募集, 記念芳名録を突きつけられ, 記念茶話会へ招待, 記念行事中校友會員は校友會館, 記念講演会が日比谷, 記念講義をなし, 記念謝恩日にタレーラン, 記念賞朝日賞などがある, 記念賞金を受けた, 記念郵便切手の発行, 記念都市として自己, 記念銅像があり, 記念をとおり, 記念音樂會運動會展覽會等一週間に亘つて, 記念館なみに心得, 記念にも徹する