青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「記~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~計算 計算~ ~訊い 訊い~ ~訊いた ~訊く 訊く~ ~訊ねた 訓~ 訓練~
記~
記し~ ~記事 記事~ 記念~ ~記憶 記憶~ 記者~ ~記録 記録~ ~訣

「記~」 2945, 32ppm, 3686位

▼ 記~ (415, 14.1%)

17 中に 10 ような 8 中で 5 一節に 3 一部を, 下拵えを, 中には, 中にも, 中の, 如きは, 筆者が, 筆者も, 記事を, 類を

2 [30件] ばあいでも, やうな, 一節を, 一部に, 中から, 中では, 事を, 伝うる, 作者は, 先生の, 刀を, 原稿を, 如きも, 如きもの, 妹お, 愛読者である, 手を, 校訂者が, 當字である, 睡に, 社会は, 稿を, 端に, 筆者は, 著者が, 記事に, 話を, 面白さ, 顔を, 類ひ

1 [285件] あとの, ある訳, うえでは, うちで, うちでも, うちに, うろ覚えを, おしまいの, おもかげ, かわりに, くゆらす煙りは, くわしきもの, ことで, ことです, このごろ, しわくちゃな, その一読者, そばに, ためである, ために, ためには, たよりに, どの辺, なかで, なかに, なかには, なかの, は古い, ほむちわけの命, もっとも奇異, ものである, ように, ブッ付けの, 一ばん前の, 一席を, 一条あるべけれ, 一番眞先の, 一種である, 一章を, 一節, 一節さへ, 一節である, 一節として, 一節世にも, 三浦之, 三蔵法師にも, 不行跡を, 両名, 中でも, 中多少, 主人公, 主人公たる, 主義いかんに, 久求都彦の, 事は, 事をも, 二の舞三の, 二三の, 二書とのみ, 人と, 今の, 他に, 任では, 伝承以前に, 伝誦とを, 体裁を, 作者, 作者が, 作者ならず, 作者に, 例は, 依頼を, 俊寛よりも, 俊寛程, 倅井上半, 元亀元年, 元暦元年, 全文を, 全篇, 全通し, 内容と, 内容とは, 内容に対する, 内容の, 内容を, 写しだ, 刊行, 前には, 剛毅な, 十段とは, 十段目ぐらいの, 単複で, 印税は, 厚い原稿, 原文と, 原稿だ, 叔父吉田五郎三郎四十前後おなじく, 叙述は, 口を通して, 古事に, 古本を, 吉野朝を, 味方であった, 咽喉笛へ, 執筆を, 報告者は, 外に, 多い事, 大乱時代にも, 大塔宮熊野落ちの, 太平記らしい, 姿が, 姿を, 子半, 字へ, 孫悟空ほど, 完本が, 家と, 宿題でも, 小人国や, 小普請入りも, 屋敷であった, 屋敷の, 山名の, 島の, 常套語だ, 序文に, 底意を, 康治元年八月十八日の, 廉い, 後では, 後の, 後ろに, 後を, 御旅所の, 心を, 必要が, 忠僕筆助朝顔日記の, 思想な, 思想や, 性質上多少, 怪物の, 悟空を, 悟空八戒悟浄の, 悟空八戒悟淨の, 悲劇でなく, 手は, 手へ, 手前を, 拙文は, 挿し画, 挿絵に, 掌準, 故實, 教えに, 数節である, 數頁と, 文に, 文を, 文章の, 文覚発心の, 料簡は, 方から, 方からも, 方が, 方には, 方にも, 方は, 方船だ, 日附, 昔を, 時代も, 時姫などを, 書きなおしの, 最終二十四は, 本文記事の, 条下に, 来る夜, 松に, 松王は, 校訂と, 校訂を, 校訂者で, 梁虔が, 様な, 此処の, 死骸は, 残部をも, 決定版とを, 法律の, 活字の, 浄瑠璃で, 清水から, 滋味が, 澤市の, 為に, 無い日, 無味乾燥な, 片哥問答, 物より, 物語で, 猪八戒にも, 理論は, 生まれ年月を, 由井正雪が, 画で, 画文を, 発表は, 白い頬, 眞中へ, 眼に, 碑を, 示す通り天宝十五年, 神代巻の, 稗史めいた, 種類でも, 稽古が, 第一句, 第三十章, 第九章, 第二巻, 筆者, 筆者としても, 筆者には, 筆者みたいな, 筆者小島, 筆者小瀬甫庵は, 策を, 篇外雑感とか, 粉本に, 綏靖以降開化までの, 続きが, 続きを, 続稿, 編述の, 置手紙であった, 考慮を, 耳許へ, 肉身の, 肩先へ, 胸に, 色彩などは, 英訳な, 英訳の, 荒唐無稽を, 著者の, 著者は, 蛭子を, 表紙を, 表面だけの, 解釈を, 言を, 言葉で, 言葉と, 言葉の, 訓で, 記事から, 記事が, 記事の, 記事は, 記事竹堂の, 記載に, 語る所, 説に従い, 説は, 読続きで, 読者は, 論文にも, 論説はたして, 講釈で, 転を, 途上では, 雄が, 頃の, 頭が, 頭を, 顏を, 顔にも, 顔は, 類に, 飜訳日本アルプスなどの, 餘白を, 高時の, 鬼界が, 鴨長明が

▼ 記~ (389, 13.2%)

18 読んで 14 書いて 7 見ると 5 書いた, 読む 3 かいて, ふところに, よむ, 作って, 書いたり, 見て, 読みつ, 調べると

2 [20件] かいたよう, かくと, かなり詳しく, つくる, 中心に, 信じて, 刊行し, 募つたり, 書いた時代, 書かうと, 書きだした眼目, 書くの, 紀と, 著したの, 見ても, 読み直して, 読むと, 読んだの, 讀んだこと, 讀んで

1 [276件] あけて, お書きなさらなけれ, かいた, かいたが, かかげ引きつづき連日, かきはじめた, かきました, かくよう, かく商売, かりて, きかされ途中, ここに, ことわる口実, このしお, して, すこし読んだ, そのまま信じる, たどれば, たのまれた, つ, つくった, つくって, つくりたいと, とりだして, とり後者, どこかに, ながめて, はじめこの, ひもといて, ひらきお母さん, ひろく参照, ますます, もつけ, ものする, もらつて, やめる, よく讀む, よこさない, よみよみそれ, よみ彼, よむと, よんで, よんでから, よんでも, わが文化, ニューヨークから, ポッケットへ, ポツケツトへ, 一人の, 一冊小わきに, 一層精細, 一見し, 丁寧に, 上梓し, 世に發, 井川恭氏に, 亡し, 仰々しく広告, 伸子は, 何とか彼, 作さむ, 作つた, 作つたのは, 作つた頃, 作つて見, 作らうと, 作らしめたと, 作らしめたの, 作り, 作りて, 作る, 作るだけ, 作るに, 作るに際して, 作れり, 作成した, 併せて, 例の, 信じれば, 借りうけて, 借り出して, 其等が, 再び綴つて御覧, 写した, 出しました, 出し宿屋調べ, 出版する, 刪定し, 前に, 創る必要, 加えて, 反復翫味し, 収めること, 受取つた, 口ずさむそれ, 執筆し, 基として, 堰いた, 売って, 夏目君が, 夢で, 夢中に, 大至急, 奉つた, 好んで, 妻に, 始め朝鮮, 存し, 学生間に, 宋本には, 完成せん, 寄す, 少し書い, 少し読ん, 左に, 引いて, 引かしめよ, 引き受けたの, 引っ掴んで, 引用し, 引用する, 得たりとて, 得むと, 御覧下さい, 御覽, 心ゆくまで, 恵尺が, 愛読し, 愛読した, 懐に, 手放すこと, 抄し, 抄する, 披い, 担当し, 拝見する, 拵へれ, 拾いよみ, 按ずるに, 挙げ風葉, 挿入の, 捏造した, 描き出す力, 搜るべし, 擧げ次に, 敢て, 新聞紙上に, 日本の, 時々読ん, 書いたが, 書いたこと, 書いたマルコ, 書いた者, 書いた証拠, 書かうか, 書かせるであろう, 書かなければ, 書きしに, 書きたいから, 書きたいん, 書き当然, 書き棋力, 書き終った, 書き終ろうと, 書き続けて, 書くこと, 書くすっかり, 書くため, 書くだけ, 書くつもり, 書くという, 書くよう, 書く人, 書く時間, 書けば, 書こうと, 有難がれば, 朝夕に, 案ずるに, 検べて, 歌舞伎座で, 毎月幾回か, 求めるの, 淡海三船が, 演じたか, 演じた先代訥子, 無視し, 焼いたそう, 甲板から, 留めて, 発狂する, 盲探しに, 眺め直すと, 眼先に, 知らないため, 端山の, 第一巻, 精讀した, 素ッ破抜かれた, 紹介する, 終ったの, 終へ, 終へて, 終る, 絶たず, 続いで, 綴つた, 編まれその間, 縷々と, 繙いたならば, 繙いて, 繙き見るに, 繙けば, 繰返して, 聞いて, 聞きに, 自傳, 自分の, 自滅させよう, 草し, 草するのに, 著した斎藤瀏, 著した銭遵王, 著し踵, 著わ, 著わして, 行李の, 補ふべき, 補訂し, 見たま, 見ますと, 見られたい, 見他方, 見直すため, 記ける, 記憶する, 評し旁明治初年, 誌し, 認めこの, 語った, 語って, 語る順, 読みて, 読みはじめた, 読み写真, 読み創業, 読み土口気泥臭味, 読み牧塲維持, 読み続けこれから, 読む事, 読む人, 読めッ, 読んだかも, 読んだと, 読んだ直後僕, 調べて, 調査した, 論評し, 讀みて, 讀み館中, 讀むの, 讀めば, 讀んだ彼地, 貸して, 賑は, 逐号執筆され, 連載し, 連載したい, 開きつつ, 閲して, 閲するに, 闕い, 附して, 隊長ダネックが, 集めて, 頂戴する

▼ 記~ (307, 10.4%)

19 よると 17 拠れば 15 書いて 10 出て 4 かう云つて 3 よれば, 拠るに, 於て, 見えて

2 [15件] ある, あるの, あるよう, したら少し, せいと, 云く, 依れば, 写したると, 帯の, 日本の, 曰く, 目を, 私は, 載って, 陸前国苅田郡高福寺なる

1 [200件] あります, あるとおり, あるところ, あるやう, あるオウタハイト, ある一節, ある反, ある渋民, ある澁民, ある記録, ある鏡, いふ, いわく蜈蚣鯨は, うなずいて, かいて, かかわる親類たち, くわしく書き残した, この気配, この神, これは, ございましたが, した納手拭, しっかりと, しても, しばしば見える, じつに多方面, すぎない, すぎない者, そう書い, そう記し, その位置, その有様, その状, その貴人, つけて, なつた, なりさ, なる, なるもの, ほかならぬの, また曰く, むかって, やくざの, よりますれば, カナアン軍多くの, チムール諸国使節を, ハシタを, マラバル辺の, モスコウの, 一方の, 一段の, 上野停車場を, 下したこと, 下して, 下の, 不耕, 之あり, 二个処ほど, 二君と, 云, 云ふ, 伊勢三郎義盛を, 似て, 依って, 依つて, 依らなくとも, 依りますと, 係るので, 信濃桜数樹を, 修理大夫の, 備後の, 傷つけられたの, 元久二年二月二十三日, 其の闘, 出づ, 出で, 割愛し, 口輪を, 合わした説, 嘉慶帝が, 在りと, 在る, 多く見え歌, 天人が, 天思兼命の, 奧州人の, 委し, 孔子が, 安元二年八月十五日に, 寛文の, 封使君の, 對し, 對する, 就て, 尾張氏と, 山, 嶺松寺を, 干支と, 従って, 從つ, 御地藏へ, 徴し, 心を, 志都歌の, 忠実な, 感服の, 戻る, 所謂忠孝の, 拠つた, 拠る, 拠ると, 挙ぐるものを, 接して, 摩訶末と, 據つた, 據ります, 據る, 於いて, 於ける怪僧善達吉田焼打, 明智光秀の, 曰くご, 曰く永享七年十二月天野民部少輔遠幹その, 書いたは, 書かれたソヴェト, 書かれて, 書き足すの, 杜康を, 来客二十一人の, 林の, 正月天子自ら耒耜を, 此場合の, 武蔵が, 浅黄の, 海島竜女王住処を, 淤斯呂和気, 渉つては, 牝猩々が, 特に多い, 犬が, 猶, 現れた俊寛, 現われて, 生じ来, 用いられてから, 皮肉嘲, 目立った戦争, 紅葉が, 紬を, 紹介され, 終始し, 組みつく, 結びついたもの, 結びつけたもの, 繋がるまでの, 罵られて, 胸を, 至っては, 至つては, 至りては, 至るまで, 英雄伝特別読物などに, 荒れた駅路, 蟻, 衣類を, 見えたり, 見えた久求都彦, 見えるやう, 見える上泉伊勢守, 見える次, 見たこと, 見ゆるやう, 言って, 記される以前, 記す三十四歳, 記せるを, 記載し, 記載せられた, 詳也, 誌してない, 読まれること, 貞治四年祇園御霊会の, 賈子説林といふ, 賦し, 軍馬が, 軍馬を, 載せて, 載つて, 返還し, 逢った, 連関し, 過ぎないから, 野を, 銀六貫四百目蘭書植字判一式右四人名前にて, 録さる, 録され, 門毎に, 關した, 霊蘭の, 面会する, 餘り

▼ 記~ (272, 9.2%)

3 云った

2 [11件] あとを, そんなこと, 刀を, 別に, 割愛致します, 小説では, 後に, 思った, 手を, 汝を, 無言で

1 [247件] あからさまに, あしたから, あたりに, いうの, いは, いよ, いよいよ募る, いよいよ春めいた, いよいよ苛, うけるぜ, うっとりと, うつとりし, うなづきて, おさだまり, おととしの, おはぐろ, かつて茶屋, ぎょっとした, このへん, この九四歩, この五月頃, この正しき, これで, ご恩, さきごろ国老に, さも煩, しげしげかよっ, すぐに, すこしその, すべて判明し, すんだもの, そういっ, そこらに, そのままに, その位置, その内容, その声, それが, それすらも, それを, そんな当座間に合せ, ただ各, とうとう大, とてもそんな, なるべく簡略, にがい顔, はっと正気, ふたつの, ほほえんだ, まさに了, またすぐ, また他家, また別箇, また振切つ, まだなかなか酔う, まだ命, まだ頻り, むっとした, もうぼろぼろ, もう次にいう, もう虫の息, わざと落ち着い, わずかに, わたくしの, わたしが, ウヤムヤに, ラジオの, ロシアの, 一つとして, 一の, 一瞬の, 一種の, 一讀し, 丁度その, 七八十年も, 主人自慢であるらしかった, 亀井能登守の, 二三度掻いく, 云う, 云うも, 井上流砲術の, 今まで, 伸子が, 侯が, 信ずるに, 傘を, 其序に, 再応御手許まで, 出來, 分りませぬが, 分銅の, 初めてこの, 初めて自分, 別の, 則初より, 前に, 勉強日記に, 十六歳で, 十年以前に, 卓抜精緻な, 印度に, 即南北朝記, 又かと, 又云う, 叱るよう, 史実と, 史書でも, 同寺, 同役に, 否やの, 唇を, 唯うなずい, 單に, 坐り直して, 外記だけの, 夜目に, 大きく, 大阪で, 天鵝絨に, 太平御, 好きだった, 好評悪評さまざまで, 完し, 實に, 寶龜年間に, 小腰を, 小説見たいな, 居ないと, 山陰線全通以前の, 席上組頭なる, 帰るはず, 帷子羽織にて, 常に客引き, 幸若を, 座を, 弥が, 強く振り捨てられた, 当時の, 彼から, 彼の, 後から, 従来ずいぶん, 御書院, 御苦労と, 必然な, 思わず噴きだした, 恋川春町が, 惜むらく, 慶応改元の, 成恋でも, 或点, 所謂文学的すぎる, 所謂珍本ださうである, 振りも, 捨て鉢, 支配頭の, 数々な, 文飾多く, 断片的だ, 既に佚, 既に十日, 日本語に, 明くる, 明の, 時々タレ, 時につれ, 更にうしろ, 更に続け, 書いて, 書きつくして, 有機的な, 来た, 来なかった, 杯を, 案外に, 案外読まれ, 次に, 次の, 正直直截に, 此に, 死を, 殆ど昼, 残り惜し気, 残念そうに, 氣の, 江戸時代の, 汲み尽くせぬ興味, 決して本質的, 治承, 浅黄色の, 渉筆に, 湖畔の, 無造作に, 焦つて刀, 熱心に, 独占禁止という, 瓦へ, 甚だ不面目, 生れた發足, 用意し, 留守であった, 白い歯, 目礼を, 盲僧の, 直ぐに, 省略し, 眠そう, 着附けを, 矢はり笑ひ, 種々讀みまする, 立寄つて, 笑いながら, 約束を, 絶望的に, 綾衣と, 綾衣に, 綾衣の, 編笠を, 縁の, 縁を, 聖と, 肚の, 肩を, 腹で, 腹を, 膝を, 蒙昧生活における, 蚊帳の, 訥子安斎伊賀は, 赫と, 身づく, 身をかは, 軽い妬み, 辛うじて喚く, 追はん, 遊びに, 長谷大僧正の, 門内は, 随分思い切っ, 雲霧を, 面白そう, 頸を, 顏を, 顔を, 馬琴が, 魂の, 黙って

▼ 記する~ (174, 5.9%)

16 所に 6 ところに 5 ところは, 所は, 所を 4 のみ 3 ことと, ところの, ところを, に足る, ものが, 所である, 所に従って, 所の, 能は 2 が如く, ところでは, に当, に当っ, に遑, ものなり, 所を以て

1 [92件] が仮り, が如き, が如くである, ことかく, ことが, ことに, ことの, ことも, この山, ごとに, ときの, ところ, ところいずれも, ところが, ところである, ところなく, ところによ, ところによるに, ところのみ, ところも, ところ単に, ところ多し, ところ日本武尊の, ところ歴々徴すべく, とは其間, と老人, などのこと, にあり, にいと, にたへず, にとどまらず, にとどまる, に同じ, に多く, に夷, に当り, に懶し, に當, に當つて, に臨ん, に誤謬, に足るべき, のが, のでない, のは, のみである, の書未, の深き, はよし, は唯一個, は彼國, は或は, は更に, ものたる, ものに, もの亦, もの曰く, もの最後の, もの比較綜合の, もの甚だ, もの第, もの頗る, も益, わけには, を旨, 丈かの, 事と, 事を, 事甚だ, 処の, 前に, 前即ち, 土人の, 始である, 屋敷である, 年齢には, 所あらん, 所なし, 所なり, 所によ, 所も, 所劉向の, 所多し, 所尤も, 文中に, 本文に, 条に, 礼法が, 者なき, 著作の, 諸本, 鬼母の

▼ 記~ (117, 4.0%)

8 ある 2 あります, 云った, 出て, 書いて, 載って

1 [99件] あくる年, あった, あっただけ, あって, あつて, あつめられて, ありそれ, ありますよ, あるが, あるのみ, あるべきだあら, いかに怪奇, いつの間にか苧殻, うしろから, うしろに, かつての, これは, こんな緒口, するどく云った, それな, たくさんあっ, つい不平, ないのに, なくても, なぜ卑怯, なんと一年分, のりました, はいって, ひとりで, また引っ返し, みられるが, わかるか, タチヨソヒタルと, ニットーレコードに, 一つ必要で, 一冊に, 一段と声, 上府した, 不承知だ, 丹精した, 二つある, 二十五の, 云うの, 五つの, 今夜の, 伝へる名高い, 何よりの, 何度繰返し, 先へ, 出たからには, 出ます, 出迎えて, 口から, 同じこと, 呶鳴った, 喚くの, 声を, 大日本者神国, 大日本者神國, 小普請入りの, 市場に, 庄太夫から, 必要だ, 戻って, 手本とな, 掲載される, 支え立て, 救いの, 旅中印象雜記として, 日毎に, 有りますから, 来あわせて, 来た時, 果して唐, 此一篇であり, 死を, 江州鍛冶の, 添へて, 無いから, 生まれた時, 申し上げて, 番入りを, 痺れを, 簇出し, 系統的に, 自分から, 自分の, 自分を, 茶屋の, 薦めるには, 詳密で, 誌す, 課題と, 載つたメール新聞, 載つて, 金を, 門を, 闕けて, 頭取を

▼ 記~ (72, 2.4%)

2 云うよう, 新井白石, 書いて, 申す御, 顔を

1 [62件] ありますね, あるが, いいあんな, いい古典, いって, すぐに, せがまれ話して, なって, なり而, なると, なるの, ふたりの, ほぼ同, まわって, やくざの, よく似た, 二人だけ, 于吉の, 云い大坂, 云うが, 云う名, 云う文章, 云ひ, 云ふ, 全くちがっ, 出あった, 古内志摩, 合せ読み, 名の, 国記を, 地理書とを, 外人の, 太平御, 太平記とだけはが, 小博奕, 平仮名で, 年々の, 数人の, 書いても, 正木不如丘編輯の, 浪華の, 琵琶記とを, 異なり正確, 相談の, 相違し, 神功紀の, 神話は, 称して, 称へて, 紀では, 紀とでは, 綾衣は, 自分とが, 著者は, 見るべきもの, 記された大きな, 詩歌とを, 違う, 雖も, 首ッ引きの, 首引で, 馴染みそめた

▼ 記~ (63, 2.1%)

11 して 3 に存 2 しお, するところ, と, のある

1 [41件] えて, えて居, から私, が用捨, が瞭然, が胸, された許, し其栓, せざるべからず, せし雑俳, せなければ, せよ, せよ曰く板垣, せよ老人, せらる可, だらう, であつ, でありまして, ですか, でせう, とその, とでもいふ, にと, にない, にはあり, には新しい, に殘つて, に留つて, に留るであらう, に蓄, に青白い, のない, の上, はあきらか, はどれ, はまだ, はもう, より出し, をのみのこし, を幻, 致し候

▼ 記~ (52, 1.8%)

2 あり各, 却って或, 結局は

1 [46件] あった, あり又, あり戦争体験記, いう後ろ備え, いちど馬を, いつかまる, うかうかと, うなづく, かいて, この客, これに, つい三日, はじめは, ふかく観照, もう隠し, もう面倒, やはりチェーホフ, 亡び失せた意味, 亦さうである, 京水の, 今日は, 冗談だ, 加えられたの, 同じよう, 唯國史, 国記も, 夜道を, 大もの, 大同小異と, 少し長く, 御自筆, 心を, 懐かしいよう, 断わり切れなくなって, 普通名詞に, 武芸の, 気がついたの, 法顯, 無用の, 相手に, 笑った, 落ち着いては, 行きがかりで, 見えなかった, 詳しく知らなけれ, 面白い

▼ 記~ (46, 1.6%)

1 [46件] いわゆる南北朝概念, かけあひ話, その他の, その修正版, なぞに, キャプテン, チンダルの, ヴァンクーヴァーの, 今昔物語などを, 何でも御, 保元, 信長記の, 又は太平, 古典平家や, 名所の, 名跡志から, 報告が, 墓碑よりも, 小倉碑文などにも, 小倉碑文に, 小倉碑文の, 平家物語でも, 平家物語に, 平家物語には, 平語の, 感想なんかが, 感想集が, 戲曲や, 旧記の, 春秋左氏伝や, 歴史で, 水滸伝に, 熊本藩の, 玉葉を, 現地報告の, 絵葉書に, 義経や, 義経記でも, 義經や, 若干の, 話した人, 賞状の, 赤松記は, 軍記などの, 酉陽雑爼に, 醍醐雑事記に

▼ 記には~ (42, 1.4%)

2 大国之

1 [40件] あるが, かう云つて, これに, その頃, ちやんと, アフリカの, グランド, 三月の, 伊弉諾伊弉册の, 候えども, 先ず京都東西, 前代から, 夕暮に, 孝謙天皇の, 宗徒の, 容易に, 専ら槍手隊, 山戸田八兵衛牛越宗兵衛と, 年次も, 必ず錦橋, 応仁, 書き切れそう, 牛五十頭を, 病み上りの, 皆当時俳優の, 確松島見物の, 神の, 神は, 禁物で, 米友も, 總決算され, 羅爾美都と, 義仲の, 肝心な, 脚気を, 興深く, 見えて, 貞正, 通じては, 飢饉の

▼ 記にも~ (38, 1.3%)

2 出て, 書いて

1 [34件] あったよう, ありますね, ある, あるあれ, ある如く, かいてないいい, かなり詳しい, ずゐぶん, その状, ないほど, まだこれ, やはりチェーホフ, やはり先入主, 万葉にも, 久求小野に, 出てを, 出所の, 南部太郎伊達次郎などと, 又清盛, 及んだ, 小倉碑文にも, 意見した, 明かで大, 明らかで, 狎れて, 理解され, 立派に, 見えて, 誌してない, 野暮の, 雅楽は, 雑講にも, 面会致し, 風が

▼ 記~ (33, 1.1%)

3 あつた 2 私が

1 [28件] いふと, かなりの, この方, それを, スヰフトが, 云えば, 五等と, 京水が, 京水の, 先ず注意訓, 其一端が, 埒を, 大いに雑誌, 大体の, 官本之, 後宇多天皇, 愛護の, 旁詩文題跋に, 知つた, 知られた優しい, 稗史小説では, 行くの, 詳しく地勢, 読んだが, 読んだの, 讀んだ大原御幸, 遊仙窟の, 道草を

▼ 記という~ (32, 1.1%)

2 のが, ものは, ものを, 書に

1 [24件] あたり読ん, この一大古典, のは, のも, ものが, ものによって, ものの, 一巻を, 今日亡んだ, 写本が, 十巻ものの, 名前には, 小説を, 既に悲惨, 日本精神を, 書は, 書物も, 本は, 特報で, 男が, 種類に, 者でござる, 足利時代の, 金森家の

▼ 記~ (29, 1.0%)

5 を先 3 の文 2 と談理, の事

1 [17件] となす, とに後先, にあか, にあかざる, にあかず思へる, により, の功徳, の務, の感, の業, の直筆, の間級, は今, は果して, は益, を以て徐, を後

▼ 記~ (21, 0.7%)

2 は大

1 [19件] という鍔作り, といった, のもと, の仕事場, の仕業, の家, の方, はこんな, はそれ, は堪りかね, は大声, は早速, は楽し, は毎日, は注文, は独語, は腕, を揺り起こし, を訪ね

▼ 記では~ (20, 0.7%)

1 [20件] あり芭蕉, お降り, ずいぶんぼく, ないかも, ないの, なかった, なくて, なし四書五経, はじめの, まだ階級, 二ヶ月は, 何だか随分印税, 可なり, 彼らの, 後醍醐天皇が, 従前の, 生き残つた常陸房海尊, 男の, 譬へば古訓古事記, 鹿鳴

▼ 記~ (20, 0.7%)

1 [20件] されたが, その最も, にある, には此山三千尺, にも見ゆる, にも谷風, に其の, に存, に棠軒, に現れた, に聖武天皇, に薄, に記載, に認識, の一節, の主要人物, の日本國, よりわたくし, 亦自, 往々文体

▼ 記~ (17, 0.6%)

2 である

1 [15件] が水面, として彼, となり, との世界, によつて, に由つて, のついた, のつけ, の如き, を用, を變化, を附けた, 及びその, 認め得て, 附け

▼ 記でも~ (15, 0.5%)

2 書いて, 書く気

1 [11件] ありたくなかった, あり案内記, あるが, かけて, それが, ない, 書きましょう, 本居, 残って, 特筆され, 見て

▼ 記といふ~ (13, 0.4%)

2 のが, のは 1 ものに, ものは, 俺の, 書には, 有名な, 本に, 本を, 風な, 風に

▼ 記~ (13, 0.4%)

2 の類

1 [11件] が其跡, なるべし, には見えず, にも皆, に挿入, に書い, に発表, の珍書, の記す, は無, を開け

▼ 記~ (12, 0.4%)

2 には, を読ん 1 が出, であって, には夫, には甲州, は前中後, は漢文調, を読む, を載せた

▼ 記から~ (10, 0.3%)

1 出て, 大日本史, 材を, 私は, 綾衣に, 見ると, 読みだした, 餞別として, 餞別に, 黒岩涙香の

▼ 記などの~ (10, 0.3%)

1 中でも, 中には, 半紙綴りの, 如く荒唐, 物語本に, 發展の, 稲荷詣での, 記事に, 諸本, 類であった

▼ 記~ (10, 0.3%)

2 の説 1 せられて, せられなかった最, に乏しく, に至る, に載せました, の原稿, の話, を紙

▼ 記~ (9, 0.3%)

1 からと言っ, か感想録, が五十六億七千万年後, と, とて一手さき, のであります, のに, のを, よ

▼ 記などに~ (9, 0.3%)

2 記載され 1 ある美濃路, 一山の, 就て, 忽然とし, 所謂, 記した程, 誰が

▼ 記などを~ (9, 0.3%)

1 すべて信頼し, 取交ぜて, 某々誌へと, 見ても, 見ますと, 詳説する, 読むと, 贈られたので, 遺したに

▼ 記~ (9, 0.3%)

4 なもの 2 に書きだした 1 な小説作法, な春秋, に見るなら

▼ 記その他~ (8, 0.3%)

3 の諸 1 に伝へ, のもの, の後年, 信ずべき武蔵史料中, 持って

▼ 記である~ (8, 0.3%)

1 から最後, が彼, が現在普通, ことは, ことを, という点, ともいえるであろう, 子供の

▼ 記もの~ (8, 0.3%)

1 だぜ, だと, ぢや, である, です, ですよ, とこ, の黒羽二重

▼ 記~ (8, 0.3%)

2 たる自己, の一法, の中 1 の文字, を喜ぶ

▼ 記~ (7, 0.2%)

1 たり, たりや, ている, んとや, 居り候, 柱の, 置く

▼ 記とは~ (7, 0.2%)

1 いわゆる乳兄弟, ちがうん, なしぬ, もちろんいずれ, 六月七日に, 大河自, 筋が

▼ 記とも~ (7, 0.2%)

1 いうべきもの, いえるだろう, いふべきもの, いふべき仕組, に其処, 三通りに, 勿論言えない

▼ 記などは~ (7, 0.2%)

1 全くそうだ, 字義通り解釋し, 科学が, 立派だ, 讀んだもの, 赤坂表町に, 飛行機の

▼ 記~ (7, 0.2%)

1 一九章, 三に, 二二章, 五, 五編中妾宅と, 四十卷に, 四章始め

▼ 記とか~ (6, 0.2%)

1 厚徳福とか, 弘法大師一代記とかいう, 或は之, 秩父宮勢津子妃の, 週刊誌の, 難波戦記とか

▼ 記として~ (6, 0.2%)

1 ここに, 勝本清一郎の, 敬意を, 書かれた文章, 読んだ方, 足を

▼ 記など~ (6, 0.2%)

1 あてに, いやおうなく, かいて, それから転化, 新しくよんだ, 書き写しその

▼ 記などには~ (6, 0.2%)

1 かならず記し, てんでかまわない, できないと, もはや霊異, 出来ないと, 江戸時代の

▼ 記なる~ (6, 0.2%)

2 は相違 1 ものが, 名前を, 文献や, 者は

▼ 記みたい~ (6, 0.2%)

2 なもの 1 な作品, な物, な長編小説, にど

▼ 記~ (6, 0.2%)

2 稿本, 稿本に 1 稿本で, 稿本や

▼ 記実的~ (6, 0.2%)

2 ならずとて, なるは, の作

▼ 記~ (6, 0.2%)

1 がつい, されて, して, しまた, な現在, に手足

▼ 記~ (5, 0.2%)

1 てある, てあるです, ているだろう, てなけれ, て居る

▼ 記~ (5, 0.2%)

1 何かで, 地理の, 感想文でも, 芝居から, 蔵人でも

▼ 記です~ (5, 0.2%)

1 か, が書出し, けれどその, なんてそんな, よ

▼ 記~ (5, 0.2%)

1 さねばならぬ, さんに, し年序, し科, すのみ

▼ 記十段目~ (5, 0.2%)

1 だけは一寸, の操, をお, をやつ, を極めて

▼ 記秋山圖始末~ (5, 0.2%)

1 がある, であらう, の載, を簡單, を芥川

▼ 記行文~ (5, 0.2%)

1 であったけれども, としては僅, の類, は, を読ん

▼ 記~ (5, 0.2%)

2 のもの 1 なもの, な意味, の小

▼ 記~ (4, 0.1%)

1 ておくれ, ておるであろう, ようっていう, 込んだ

▼ 記すれ~ (4, 0.1%)

2 ば下 1 ば其何れ, ば浅虫

▼ 記だの~ (4, 0.1%)

1 岩佐壱岐だ, 役所外の, 玉葉という, 真田軍記だ

▼ 記とが~ (4, 0.1%)

2 座右に 1 出版されたぎりです, 引いて

▼ 記とを~ (4, 0.1%)

1 初代左団次, 合せて, 見る, 間違え居られし為

▼ 記なども~ (4, 0.1%)

1 ほんとうの, 入れたいと, 所詮菊池さん, 説経の

▼ 記において~ (4, 0.1%)

1 その近隣, 明かに, 私の, 私は

▼ 記によ~ (4, 0.1%)

1 つて文學作品が, つて知つた, つて組織し直した, つて見る

▼ 記よりも~ (4, 0.1%)

1 もっと忌, 上だ, 二十三年の, 興味の

▼ 記~ (4, 0.1%)

2 の一 1 に, の二

▼ 記一巻~ (4, 0.1%)

1 あり門人等録, に詳, の中, はかしこく

▼ 記~ (4, 0.1%)

2 して 1 の題目そのもの, よりも芸当

▼ 記~ (4, 0.1%)

1 があっ, が然, と明快, ノ好

▼ 記~ (4, 0.1%)

1 には必ず, に成法, を本, 時政に

▼ 記的性質~ (4, 0.1%)

2 を帯び, を帯びた

▼ 記いた~ (3, 0.1%)

1 これが, じゃありません, のも

▼ 記えて~ (3, 0.1%)

1 ゐないが, ゐぬが, ゐません

▼ 記といった~ (3, 0.1%)

2 ような 1 大塔宮の

▼ 記などと~ (3, 0.1%)

1 いふ者が, 書物の, 題する案内記風

▼ 記また~ (3, 0.1%)

1 俺は, 劇場案内記等の, 英国公使フレザー夫人の

▼ 記めいた~ (3, 0.1%)

1 奇文に, 文章の, 演説を

▼ 記らしい~ (3, 0.1%)

1 あはれを, 一特色であり, 傳記で

▼ 記をも~ (3, 0.1%)

1 のして, 一應調査した, 携へて

▼ 記~ (3, 0.1%)

1 助と, 助との, 歟此中北條殿請文下知書状等皆平性而不書諱又

▼ 記乎汝~ (3, 0.1%)

1 とはなんと, と自分, と言われ

▼ 記~ (3, 0.1%)

1 節と, 節の, 節を

▼ 記~ (3, 0.1%)

1 の字, の字さ, を読む

▼ 記~ (3, 0.1%)

1 セヨ, 牡牛関下駅, 酔翁語山色有無中と

▼ 記~ (3, 0.1%)

2 一合小 1 氏族の

▼ 記時代~ (3, 0.1%)

1 の人間, の特色, は原則

▼ 記殿~ (3, 0.1%)

1 が殿様, の同意, は最前

▼ 記~ (3, 0.1%)

3 の歌

▼ 記~ (3, 0.1%)

1 とはほとんど, にも母体, を掲げた

▼ 記あれ~ (2, 0.1%)

1 はまだ, を読ん

▼ 記ける~ (2, 0.1%)

1 も懶し, ように

▼ 記そのもの~ (2, 0.1%)

1 の持つ, の読まれ

▼ 記であり~ (2, 0.1%)

1 その中, 肖像は

▼ 記としては~ (2, 0.1%)

1 これだけ, さもあるべき

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 のである, 規定を

▼ 記なぞも~ (2, 0.1%)

1 愛読書目の, 無論その

▼ 記などという~ (2, 0.1%)

1 ものは, 別本

▼ 記などにも~ (2, 0.1%)

1 到る處痛烈, 載つて

▼ 記について~ (2, 0.1%)

1 日本小説の, 精査し

▼ 記によるに~ (2, 0.1%)

1 倭姫命天照大神を, 白峰坊大僧正と

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 渡して, 特書せね

▼ 記ゆる~ (2, 0.1%)

1 事かくまで, 事甚だ

▼ 記るされ~ (2, 0.1%)

1 て居る, 慎重なる

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 庁内に, 著者モ国師甲武信

▼ 記且御入用~ (2, 0.1%)

2 にも候

▼ 記~ (2, 0.1%)

2 書の

▼ 記二三寸~ (2, 0.1%)

2 に過ず

▼ 記二八~ (2, 0.1%)

1 の一八, ノ一二

▼ 記以外~ (2, 0.1%)

1 に俊寛, のもの

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 に神代紀, は經典

▼ 記傳録~ (2, 0.1%)

1 とした, の末

▼ 記及び~ (2, 0.1%)

1 友人への, 曾我物語は

▼ 記叙する~ (2, 0.1%)

2 ことは

▼ 記国記~ (2, 0.1%)

1 を編まれ, 各氏族

▼ 記実に~ (2, 0.1%)

2 あらず文学者

▼ 記~ (2, 0.1%)

2 を携

▼ 記實家~ (2, 0.1%)

1 となり, となりたる

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 して, 熟す故に

▼ 記得す~ (2, 0.1%)

1 去年この, 去年此路より

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 有高於此山者也, 落成だけが

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 として用, に取られた

▼ 記神話~ (2, 0.1%)

1 が最もよく, を語っ

▼ 記臆せよ~ (2, 0.1%)

1 大逆事件の, 曰く板垣死す

▼ 記臆力~ (2, 0.1%)

1 が強く, を

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 を見る, を闕

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 の末, をつとめる

▼ 記誦せる~ (2, 0.1%)

2 ものが

▼ 記関係~ (2, 0.1%)

1 のもの, の遺跡

▼ 記~ (2, 0.1%)

1 にも記載, を一山

▼1* [312件]

あたりに見える, 記あるによれり, 記いづれも原文, 記えて決して背くこと, 記およびヨハネ黙示録の, 記かなんぞ読みふけつて, 記からの引用が, 記からは我々は, 記かれる人に, 記くらいたくさんな, 記けたと問い, 記けたのだと, 記けとくわ, 記こそ天の, 記これを思う, 記さえ書いて, 記さまにお, 記すなわち苦楽ある, 記する如く兄の, 記する有るが如く無き, 記する能わず幸いに, 記そして其中庵記と共に, 記そのほか修史の, 記たしか北杜夫という, 記だけの所存が, 記だけは相変らずかよっ, 記だけを知つてゐ, 記道側に, 記ってなことの, 記あるですな, 記であったり火野葦平, 記ででもあれば, 記でなくては出来まい, 記での覺え, 記とかを見ると, 記としてもすぐれキルヘル, 記とだけはが悉皆暗記, 記とでも題して, 記どれもみな同日, 記なしにはセエヌ河, 記なぞを取り寄せて, 記などが流布した, 記などで聞き覚えた物語, 記などではその革命段階, 記などといふ戯曲が, 記などにさえさあらぬ, 記などについて今詳しい, 記などよりもこの方, 記ならびにはしがき, 記なり又私, 記なればとて余, 記なんかも一通り眼を, 記についての不満足な, 記についてはそれを, 記にまで出て, 記にもをとらず末代, 記によってとくに宮古島, 記によりていはく仏第, 記による影響と, 記によるもアダムと, 記に対して人物の, 記のくひさもちの, 記のみであるので, 記はしも手に, 記ばかりにたよって, 記へと順次に, 記ほどニハな, 記ほんらいの, 記たり, 記もねぢの, 記やの方が, 記やや大いなる名誉, 記やらで學んだ教養, 記よみの類, 記より撰び出したる畫圖, 記よりはややまし, 記お目通り, 記るし置しならん, 記るした提灯が, 記アレビヤン・ナイトもしくはシェーヴィング・オブ・シャグパット, 記イサクリベカ結婚の条, 記イヤ批評家的で, 記シアリし故, 記シソノ下ニ台石ヲ据エテ, 記シタル唐紙片ヲ発見セラルベシ, 記シテイルウチ家馬ガ不快デ六七日逗留ヲシタイトイウカラ, 記シテノチノチノ弱キケレドモ温キ, 記シテ以テ自ラ警ム, 記シテ以テ之ヲ返, 記シテ福智不詩トモ, 記シ収ムベシ他日其功ヲ見, 記スベキモノナク専ラ暴政ヲ以テ我諸州, 記スベシ但シ其記シ方ハ, 記セリ山ハ伏覆, 記セリ是又福地崎ナルベシ, 記セル書ニモ其兒童言語ヲ覺エテ之, 記タルハ誤ナルコト知ヌベシ, 記バクロ演説痛快だったわ, 記パスせず, 記フランクリン自叙伝ナポレオン言行録ブルターク英雄伝等々の書名, 記ラ・ベルイスの傳記, 記ヲ作リ以テ自ラ平生, 記一〇・八以下にいづ, 記一七・一一に曰, 記一人を見, 記一八・二〇及び一九・二四, 記一兵衛同茂兵衛, 記一寸よみあまり, 記一考一墓誌一雑二となる, 記七八十枚入る, 記三・一九に曰く, 記三七ノ九, 記三百巻を写す, 記下巻に糧, 記不当日旧牛医, 記中原師緒といふ人, 記主禪師即良忠, 記乃至カピテン・クツクの, 記二・九及び一七, 記二三秒眼前の虚空, 記二九・一〇以下及び地, 記二十二ノ七, 記二十年前一冬多雪, 記二考一墓誌三雑二でその, 記云文にしるし, 記に大樹仙人, 記し貸借, 記今日の記, 記以来防人などに出立, 記伝奇広異記, 記齊宣王時淳于, 記佐藤誠である, 記何んでも, 記作家もみな, 記羅娘子が, 記元平治物語, 記を新た, 記元享療牛馬駝集伯楽相馬経等の諸, 記元弘三年五月十一日源平小手指原にて戦う, 記八犬傳三國志水滸傳などを又, 記六百篇趣く所, 記其他を見, 記内記あたりの者, 記列王紀略上下サムエル書上下等に関する名所旧蹟, 記別記に記入, 記刪潤不止, 記勝俊の九州道, 記北堂書抄を唐, 記北堂書鈔白氏六帖等の書, 記十五巻通議二巻日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 記十段目一幕をとうとう, 記十段目尼ヶ崎の段, 記十津川の記等, 記印本には, 記卷三十九に記された, 記原典の, 記又は特別の, 記及当直日割があつ, 記取出して読み, 記史官医家僧門諸大夫, 記史林その他の雑誌, 記喜多村緑之丞, 記四年で武烈天皇, 記地誌類のうち, 記の道中記, 記夏目久馬等全十七人, 記の如き, 記鏡等蓋し, 記大夫と云う, 記大治五年六月八日の條, 記太平記などにも載つ, 記太平記漢楚軍談忠義水滸伝のよう, 記太閤記に至る, 記如ク上野衆北条ト一味故, 記始め万年町の岡本政七, 記姓及ビ族字无キハ理ニ於テ穏ナラズ宜シク改正, 記せしむ, 記実にもし幾分たり, 記実噛占めて, 記実家として劇, 記が陳套, 記家イェーゲル氏は更に, 記實主義の自, 記實法を得, 記實界とす, 記實者の役濟むべ, 記将軍家日来御尋ね有り, 記少しずつつかめ, 記第五, 記巻三十六細川相模守清氏叛逆の事, 記巻十七に云う, 記師行どのとか聞えました, 記平家物語にも出, 記平家物語等は高等民種, 記平治物語吾妻鏡などすべて, 記も施主, 記年表等の形, 記異志, 記幽斎紀行は天正十五年勝俊, 記似棋, 記にかかり, 記康治五年四月十四日の條, 記廿五歳の武士, 記にし, 記忍びやかに出, 記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, 記愚管抄吾妻鏡そのほか, 記の供物, 記所載の大潮, 記手元が狂っ, 記批判が山村房次氏, 記批評を書いた, 記推戴記等は無, 記支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 記新しくは宝物集, 記既に之を, 記日蓮宗信者の伯母, 記昔遊曾酒楼旧日紅粧女, 記春山碑文あらゆる信ずべき, 記昨夜十一時頃からつひ, 記是年八月九日の条, 記智識はそれ, 記朝意と改めた, 記朝野僉載博異記, 記本末記遺言録の三書, 記東北北海道新潟は改造社, 記校訂の事, 記が初め, 記もやくざ, 記之助, 記継は, 記武蔵伝などという信用, 記武蔵伝その他諸書, 記歴代皇紀そのほか当時, 記殿藤崎作左衛門殿を御, 記毛利家記黒田記略清正記等各部将, 記承三年六月廿二日条, 記浪華の春雨, 記深川のくだり, 記漢楚軍談忠義水滸伝のよう, 記火星征服記といったよう, 記父子の旅, 記は縦, 記になる, 記物語とユダヤ, 記物語りの本, 記狂歌集絵本の類, 記略清正記等各部将, 記異本太閤記などそれから, 記白船居の記, 記的文章は主としてこれから, 記的歴史以上の客観性, 記的論文はある, 記的集積配列でもの, 記送, 記真書太閤記異本太閤記などそれから, 記ひながら, 記筆者の儘, 記等々のやう, 記へず, 記簿帳合の事, 記簿法を翻訳, 記紀萬葉の以外, 記読, 記続編嘉永五年の下, 記美香弊乃誉路臂によるに山間, 記義経記などの物語本, 記翁草等の記す, 記臆せし誰人, 記臆古今に稀, 記臆惡く成, 記なき花, 記號そのものの意義, 記號剥ぎとりて舟を炎々, 記號的な概念, 記號言語認識もまた, 記行中最も優れた, 記行文書きて己, 記行録を年余, 記西遊記は江戸時代, 記まで附い, 記見聞記的論文はある, 記はそれ, 記言春秋は記事, 記記中亦自, 記記入の事, 記註不完全なるがため, 記註疏にこの, 記を憶, 記評林購ひたしと, 記評論を讀ん, 記詩篇約百記, 記誦之に次ぐ, 記調ではある, 記諸家興廃記翁草等の記す, 記譜法は彼, 記貞治三年六月十四日条に祇園, 記資財帳を見る, 記資財帳その他法隆寺に関係, 記赤松記等の記す, 記近松西鶴の作品, 記近江日野町誌を可, 記近衛准后政家といふ人, 記逸話年上の少年, 記呉楓第, 記遺言録の三書, 記金瓶梅のたぐい, 記銘力を失い, 記飛梅も古木, 記高島というの, 記黒田記略清正記等各部将, 記默示録の言