青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「虹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~ ~處 處~ 虚~ 虚偽~ ~虫 虫~
虹~
蚊~ 蚊帳~ ~蛇 蛇~ ~蛙 蛙~ 蛾~ 蜂~ 蜘蛛~ 蝉~

「虹~」 1394, 14ppm, 7715位

▼ 虹~ (491, 35.2%)

66 ように 65 ような 20 やうに 11 やうな 97 色を 6 橋の 5 中に 4 松原の, 橋は, 橋を, 色は

3 [11件] かぶって, まだ斜, 下を, 影の, 松原に, 様な, 様に, 橋が, 輪に, 輪の, 錦の

2 [17件] ごとき気焔, ごとく, ようでした, 七色の, 女神, 女神アイリスが, 如きもの, 如き気, 小説を, 明るさ, 松原, 松原で, 松原は, 橋渡れ, 汁を, 環の, 輪

1 [219件] あさあけ, いつまでも, いろした野風呂, うす靄, うち一が, うつりか, かかったとき, かたへ, きらめきとかへて, ことを, ごときは, ごとき光, ごとき光彩, ごとき彩雲, ごとき気宇, ごとき紅錦, ごとき色さまざま, ごとくなりし女丈夫, ごとく吹き流し, ごとく懸って, ごとく懸ります, ごとく放たれたが, ごとく洩りたるに, ごとく消えた義仲, ごとく葉, ごとく衝, ごとく魏王宮, ごとしでか, ごと其陰上を, さす空, しぶきの, そらを, そり橋が, それ以上の, たつふもと, でるとき, なかに, にほへる, はし, はしに, はしらを, ひかりにも, やうさ, やうない, やうなおも, やうにも, ようだ, ようです, よな, わの, 一す, 一座には, 七いろ, 七色が, 七色を, 七色空の, 七重は, 上端が, 下に, 下描き, 世界が, 世界だろう, 世界へ, 両側に, 両脚の, 中から, 中の, 中外の, 中央に, 中飛ぶ, 事が, 事を, 事件よりも, 交流を, 交錯や, 光の, 光りの, 光沢に, 光茫に, 光輪が, 其中に, 内部の, 円形の, 写象と共に, 出易い, 前には, 前身に, 反映なり, 句としては, 告げ口だけは, 唄を, 国へ, 地方語変化について, 夢, 大きい切れはし, 大さ, 大輪は, 奇怪な, 女神なり, 女神にて, 女神イリーデ, 如きを, 如き上, 如き二十有三歳, 如き光り迸しると, 如き格目, 如き長, 如き陽, 如き鮮明, 如く, 如くであった, 如く出現し, 如く多彩, 如く懸ります, 如く星ふる, 如く洩りたるに, 如く燦々, 如し, 妻が, 姫たちである, 姿が, 姿は, 子である, 子には, 子以外の, 宮殿に, 屍体を, 帳雲の, 幻娘の, 彩ほそき, 影が, 影映り, 彼方霧しぶきに, 後には, 御座の, 意で, 懸つた青い, 懸れる幽愁, 我身を, 抛物線は, 持つよう, 末を, 松原から, 松原を, 棒を, 様な光り, 樣な, 樣に, 橋か, 橋かかり, 橋かけた, 橋で, 橋でした, 橋と, 橋として, 橋なら, 橋なんかと, 橋に, 橋も, 橋や, 橋をも, 橋五彩の, 欄干を, 欄間に, 歌, 歌は, 湯気を, 濛気が, 濛気によって, 片脚, 犯罪小説, 理を, 環染め, 環横, 生死, 生死の, 直径は, 眺めに, 神の, 空の, 立ちたる湖畔村, 立つこと, 立つの, 端の, 筆蹟に, 糸を, 糸夜と, 糸野辺に, 美しさ, 背後が, 脚にも, 脚もとに, 脚部だけが, 色, 色かつ, 色が, 色という, 色に, 色の, 色合夕暮れの, 色寒かりし, 花, 花輪に, 花輪の, 血汐に, 行衛が, 表象として, 謎な, 足を, 輪がか, 輪を, 輪円く, 輪明う, 追手に, 都へ, 醉へる, 靄の, 顕ろまで, 飛んだ番狂わせ

▼ 虹~ (152, 10.9%)

4 描いて 3 取って, 見上げて 2 かけて, 仰いだとき, 掛けます, 撒いた, 見た, 見て

1 [130件] あげ, あげて, あげました, あげ風, あらわし, あらわしその, いうの, いくつも, いよいよ壮絶, うしろに, えがいて, かけ, かけたが, かけたよう, かけながら, かける, かけ渡して, こしらえて, そのまま柱, たてる, つかもうと, はく様, はらんで, ひいて, まぼろし, みる, もつ金銀, わらふなり, 交えた他, 仰ぎ見た菊池, 作った, 作ったこと, 作って, 凝と, 刻み飯鮹, 刻んで, 削つて, 反射させ, 吐いた, 吐いて, 吐きます, 吐くよう, 向けて, 含む乳色, 壁の, 外して, 天から, 実現し, 尋ねて, 帯びて, 平然と噴き上げ, 引いて, 恋愛心理の, 感じた, 懸けて, 截ちて, 手鞠に, 掛けて, 掲げる, 掻きまぜたよう, 描いた, 描いたので, 描きだして, 描きつつ, 描きながら, 描く, 撒いて, 撒き散らすに, 放ち又は, 放ち露, 放った切籠硝子, 放って, 敷いたの, 敷いて, 望みながら, 朝陽の, 枕した, 棚引せ, 残して, 殺したと, 浮かべて, 浴びざれ狂う二匹, 消して, 焼き出しシナ, 父に, 現じ出せり, 現は, 現わす, 用いたわけ, 発しいつも, 発生させた, 眺めながら, 知らない者, 知る者, 空から, 空想した, 立たして, 立てて, 立てながら, 立てる, 立て風, 紿く, 縱に, 織り出した虹, 織る, 織ると, 背景に, 自己の, 見せたり, 見たが, 見ても, 見ながら, 見ること, 見るの, 見る角度, 視め, 覚えて, 讃めうる, 踏んで, 蹴散らして, 躍り越えたもの, 追ふ, 送ったこと, 送った心理, 送って, 送りました, 配したの, 野に, 隔て, 飛ばして

▼ 虹~ (151, 10.8%)

5 かかって 4 立って 3 かかった, たつ, 立った

2 [12件] あらわれた, たちました, ほのかに, キラキラと, 人間の, 出た, 出たり, 出て, 横たわって, 消えて, 湖の, 立つ

1 [109件] あった, あらわれ岩角, いぶり立つやう, うき出たよう, うつらうつら夢みられ, かかったの, かかったよう, かかりほととぎす, かかり何ん, かかる, かかるよう, けっして現われっこない, この劇場, すっと映る, そんなに近い, そんな蓋然性, たち, たって, たと, なびくやう, ひとり立ち昇っ, ふると, ぼんやり立った, また濃く, まっすぐ夕焼, スーッと, ピュッと, 一す, 七色の, 両親からの, 八方へ, 出ました, 出るたび, 化けたよう, 半輪を, 口に, 地上に, 失踪した, 女の, 季に, 射したの, 小人島の, 山腹に, 嵐に, 幾すじも, 幾万の, 張るの, 憩んで, 懸かって, 懸った, 描き出された, 明るい夢, 暫く立つ, 村次郎の, 来て, 楕円形でない, 槍が, 泳いで, 浮いて, 浮んだ, 海面に, 消えそう, 消えた, 消え渦巻, 深谷の, 渡ると, 湧いてるよう, 溌と, 滝を, 無数に, 犯人と, 現れ虹, 現われるの, 目まぐるしい吹き, 相変わらず懸かっ, 私には, 空に, 空高く, 立ち, 立ちその, 立ち禽, 立った虹, 立つと, 立つよう, 管の, 美しい, 翻えった, 舞ひあがる, 色を, 花の, 落ちたかの, 落ちて, 虹が, 見えてを, 見える, 見えること, 見えると, 走った, 走って, 走りぬ蜘, 輝き出して, 輪に, 開くやう, 随所に, 雉の, 霧の, 風を, 飛び出して, 魂消ただろうと

▼ 虹~ (74, 5.3%)

3 はしばらく, は木精, は言 2 はいひました, はそつ, はその, はもう

1 [57件] がこれ, がさつき煙突, がた, がはいつ, がマンドリン, がユタカ, が二三日, が大, だよ, に聞かせ, に話した, の勇気, の智恵, の話す, の顔, は, はい, はいかめしい, はいきなり, はいな, はいろ, はこれ, はこんな, はさ, はじつ, はそ知らぬ顔, はた, はひとりごと, はひらり, はもつ, はよつ, はよろこん, はマンドリン, は二度びつくり, は前, は古く, は土地, は外套, は大胆, は小さな, は手足, は日向ぼつこ, は智慧, は申しました, は第, は腕, は落ちつきはらつ, は言葉, は走つ, は身がる, は馬追, もす, をた, を入れました, を大, を窓, を見

▼ 虹~ (60, 4.3%)

2 夏の, 抛物線露滴の, 消えて, 茨

1 [52件] あざやかに, あの島, いったいどこ, いつとも, いつまで, うごいて, すぐに, そう云われる, その契約, それを, だんだん向こう, なぜ文代さん, もうどこ, もう消え, やがてはかなく, 一つしか, 一瞥を, 一羽の, 七色から, 不思議の, 二つに, 何で出来, 儀右衛門の, 内の, 写楽の, 双曲線しかし, 向こうへ, 君が, 堂中の, 夕立の, 天王クロニオーン, 慇懃に, 検事と, 此歌では, 母の, 水蒸気である, 消えそう, 消えないよう, 湖面近く微小の, 滝よりも, 炎の, 皮肉な, 私は, 空高く大きく, 立ったん, 腰衣から, 自分を, 螢の, 視半径二度, 諏訪湖名物の, 赦免の, 遥かの

▼ 虹~ (52, 3.7%)

2 三色のみを, 似たの, 見入って

1 [46件] うつしとめ, おびえて, さも, して, してやるが, すき透つて山, たとえたもの, つつまれた, なぞらえて, なった, なりたいと, なりたいの, なるであろうかと, ほかならないであろう, ほひ, まったく背, むかって, 乘つた中年増を, 似たるかな, 分別の, 刺されたの, 包まれたよう, 収穫を, 向って, 向つて, 向つて楠, 夕映に, 想ひ, 捧げると, 擬えて, 染められて, 燃え立って, 現われたの, 現われて, 眼を, 禍いされた, 見えて, 見入つてゐた, 見入つてゐる, 見入る大人, 見惚れて, 踏まれて, 鏤め桜柳, 鯨が, 鱗した, 鳴く蝉

▼ 虹~ (44, 3.2%)

2 になっ, になつ, の旗, の陽

1 [36件] です, にかがやい, にきらきら, にきらめき, にけむっ, にぼけた, に光つた, に染められた, に滲ん, に燃え, に輝く, に陽炎, の, のマフラー, のライト, の一本, の保護色, の光, の大きな, の尾羽根, の暈, の暮色, の札, の模様, の毛編, の水滴, の環, の立つ, の翼, の色紙, の薔薇, の部類, の頬, の魚, をした, を立て

▼ 虹ヶ浜~ (38, 2.7%)

2 に似, の夏

1 [34件] からトラック, そして室積, だけでお, であなた, でお, で一日のんびり, で遊ぶ, という駅, とかへお, とちがっ, にしろ, にまわりました, に潮干狩, のあたり, のあなた, のこと, のとききれい, のところ, のメバル, の夕方, の小さい, の方, の波, の話, へ, へお, へつれ, へは去年, へ一緒, へ小さい, へ昨年, へ行っ, へ行った, や室積やを

▼ 虹~ (36, 2.6%)

54 なって 2 なり虹, 花虹と, 見ゆれど

1 [21件] あり蔡羽, いっしょに, お話を, かや, この蜃気楼, なりました, なり極地, なり無数, なるの, ひとと, 云いたい光景, 云ひ, 夕方の, 宝石と, 対戦する, 小六とが, 砂地に, 窓に, 立ちのぼり自分, 美しい夢, 道ならぬ

▼ 虹~ (20, 1.4%)

2 のこと, の妻, は

1 [14件] がやかましく, が戻っ, が満足, が真面目, にやる, の阿呆め, はおふくろ, は二十三, は健康, は去年あたり, は親爺, も家, も満足, をいま

▼ 虹~ (15, 1.1%)

1 [15件] が彩管, さらば詮方, と改め, に因んだ, に斬り, の傍, の手, の美登利屋坪太郎, は六美女, は心静か, は自ら座, もこの, 何とか思ひ, 少しも, 聞き果て

▼ 虹~ (12, 0.9%)

2 を見, を見る 1 がかっと, のよう, の世界, の先端, の如く, の後光鮮, を現す, を粉

▼ 虹~ (11, 0.8%)

1 [11件] そこから, そこに, その圓内, また消えゆく, みんなアヤ子の, 亦従い, 出ないし, 御覧下さい, 消えました, 立ったこと, 見えると

▼ 虹~ (10, 0.7%)

1 がいつも, が京都, が花, と寄り, と江戸川蘭子, にも足止め, のうまい, のカツラ, の前身お櫃, も映画

▼ 虹~ (9, 0.6%)

2 の秘法 1 つくるやう, つくる奴等, なら長年, の秘伝, の色だし, の註文, は今

▼ 虹という~ (8, 0.6%)

2 のは 1 おあつらえ, 変な, 奴です, 小説家を, 文士を, 男が

▼ 虹野さん~ (8, 0.6%)

1 が呉さん, の作品, の家, はそんな, は大変, より外, を棄て, を殺したらしい

▼ 虹いろ~ (7, 0.5%)

1 にこまかく, に見え, に霞ん, の夕陽, の暈, の暮靄, の朝雲

▼ 虹~ (6, 0.4%)

2 こと 1 つて定, と考え, のの, もの

▼ 虹~ (6, 0.4%)

2 の下 1 の上, の石欄, の辺, を渡っ

▼ 虹立つ~ (6, 0.4%)

2 空の 1 や人馬, や人馬賑, を夢, 時化もよ

▼ 虹~ (5, 0.4%)

1 あつた, かがられた毛毬, 染めた蜘蛛, 飾ったよう, 飾って

▼ 虹でも~ (5, 0.4%)

1 吹きそう, 立てそう, 落ちたかの, 見まもるよう, 見るかの

▼ 虹汀様~ (5, 0.4%)

1 があの, がその, が残らず, が自分, は絵巻物

▼ 虹たち~ (4, 0.3%)

1 てしぶき, にけり, ぬ, ぬさやさや

▼ 虹~ (4, 0.3%)

1 のでせう, びくを, んじゃあ, んぢやあ

▼ 虹みたい~ (4, 0.3%)

1 でしょう, な光, に吐いた, に思っ

▼ 虹~ (4, 0.3%)

2 月あかりから 1 小鳥や, 岡田道彦まで

▼ 虹より~ (4, 0.3%)

2 鮮明に 1 生る, 落ちし人

▼ 虹よりも~ (4, 0.3%)

1 果敢い, 沢山の, 眩ゆき, 美しい西

▼ 虹立ち~ (4, 0.3%)

1 その末, て居り, て忽ち, て雨

▼ 虹たつ~ (3, 0.2%)

1 ばかりにふき上げます, ばかり真白き, や人馬

▼ 虹渡り~ (3, 0.2%)

1 の曲, の曲独楽, の独楽

▼ 虹あざやか~ (2, 0.1%)

1 に染みたる, に立ち

▼ 虹~ (2, 0.1%)

1 あわい霧, 霞の

▼ 虹から~ (2, 0.1%)

1 突き落された, 赤い光

▼ 虹がも~ (2, 0.1%)

2 かもか

▼ 虹こそ~ (2, 0.1%)

1 かかれ花やか, 宿りけれ

▼ 虹さえ~ (2, 0.1%)

1 浮き立ちそう, 見せた

▼ 虹すれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 虹である~ (2, 0.1%)

1 月の, 谷は

▼ 虹です~ (2, 0.1%)

1 やがてこれ, やがて亡びます

▼ 虹では~ (2, 0.1%)

1 ありません, なかった

▼ 虹とか~ (2, 0.1%)

1 いったハイカラ, そういう自然現象

▼ 虹とも~ (2, 0.1%)

1 つかず花明り, 北国の

▼ 虹には~ (2, 0.1%)

1 気も, 視半径

▼ 虹にも~ (2, 0.1%)

1 まして美し, 醉は

▼ 虹また~ (2, 0.1%)

2 見れば

▼ 虹~ (2, 0.1%)

1 をえがい, を走らせた

▼ 虹~ (2, 0.1%)

1 の説明, の郷里

▼ 虹~ (2, 0.1%)

1 は三枚, を三枚自宅

▼ 虹~ (2, 0.1%)

2 すぢ

▼ 虹~ (2, 0.1%)

1 となり, はりっぱ

▼1* [89件]

あらはれぬ, 虹からは結構綺麗, 虹がかかつてゐた, 虹くつきりと吹きあげ, 虹こつちは緑, 虹これは生活, 虹さしもの大広間, 虹それから小學校, 虹そんなものを, 虹たち入日さし時雨の雲, 虹だけは捉えること, 虹だったといっ, 虹だの顫へる, 虹であったのでしょう, 虹であり私の, 虹でありませうか大きな, 虹でさえ人は, 虹として役割を, 虹とだに雲の上に, 虹とともに築き上げた彼, 虹なして刷りい, 虹などという夢想的な, 虹などの殿堂が, 虹なりと信ず, 虹なれど消ゆる, 虹によって救われたの, 虹に対する憤りで一杯, 虹ねりのくけ, 虹のみが知る双生児, 虹はくらいそれぞれの, 虹はぜいぜいと, 虹ふかき彩に, 虹ふたつ空にたちける, 虹ふりあふぎ今わ, 虹鼻を, 虹ほども豊富な, 虹もこそ彩なせ, 虹ものおもふ, 虹をだけしか見ること, 虹をば飜す, 虹ヶ浜あたりの空気, 虹ヶ浜駅へ特急券, 虹一座の人たち, 虹中天に懸り, 虹人類に示す, 虹第四回展, 虹口橋とか呼ばれた, 虹に落ちる, 虹の弾道, 虹大きく明るい暮れ方を, 虹子代演馬力をかけ, 虹の空気, 虹を降る, 虹を映出した, 虹を見る, 虹描いて去りゆく, 虹に勇ましく, 虹の虹, 虹果君から聞いた, 虹果君来訪おもしろい人, 虹果居へ, 虹梁鴛瓦の砌, 虹といひ, 虹汀之を見, 虹汀今は心安し, 虹汀何事ぞと振り返る, 虹汀修禅の機鋒, 虹汀其心を察し, 虹汀喜三郎の腰, 虹汀大勢に打ち, 虹汀此の所, 虹汀氏の建立, 虹汀駭き馳せ寄りて, 虹消えて忽ち, 虹狭山の怪し, 虹玲瓏として薫る, 虹立てば, 虹立てり降るべしや, 虹色ぢやニュアンス, 虹色のか, 虹蓋さへ作つて, 虹蓋位の手口, 虹説きしさか, 虹野ミギワなぞいう, 虹野ミギワさんと云いました, 虹隠士のところ, 虹霓一弓驟雨一過南風冷を送り, 虹霓千とせはこれ, 虹霓半弓を見る