青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「給~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

結局~ ~結晶 結晶~ ~結果 結果~ ~結構 結構~ ~結論 結論~ ~給
給~
給仕~ 統~ ~統一 統一~ 統制~ ~絵 絵~ 絵画~ 絶~ ~絶え

「給~」 3467, 33ppm, 3525位

▼ 給~ (658, 19.0%)

579 ぞ, やう 64 事なかれ, 事を, 可し, 御心, 程に

3 [11件] なと云, に非, のである, の間, は, を寒い, を見る, 事の, 時は, 神, 限り知られぬ

2 [32件] ごとに, ぞと問, ぞ有難き, なよ, な我, な殿, にて, にや, ので, のであらう, のみならず, は何, は御, ばかりでなく, べかりし, やうに, を, を聞き, 之に, 也, 事, 事は, 事三年に, 人なり, 勿れ, 可きもの, 所なり, 所の, 旅なれ, 是れ, 目的に, 處に

1 [460件] かかる事例, かくの, がことわり, がごとくで, がその, がため, が人, が如く, が如くなりき, が御, が怪しき, が故, が肝要, ここに, こそあさましけれ, こそ憎けれ, こそ然, ことが, ことを, ことをば, これぞ熊手, ころ独言に, ぞといひぬ, ぞとさしのぞかれ, ぞと尋, ぞと訊け, ぞやもし, ぞ今宵, ぞ具, ぞ理, ぞ訝しき, ぢや, でせう, と, とする, と信じ, と書い, と言, なさてと, なといふ, なと叫び, なと叫びつ, なと少し, なと戒め, なと櫛, なと異見, なと繰返しつ, なと言, なと謝, なと願, などあらゆる, などと言, などの略, など語れ, なり和女, なマルコオ, な世にも, な又, な單吟, な園さま何, な大家, な實, な弔, な我家, な斯様, な是皆自業自得, な本復, な此上, な此儀, な此夕, な片岡禅吉, な町奉行, な私, な稽古, な篤と, な總, な罪, な苦難, な親分, な赤から, な鎌倉, にあはれ浅間敷, にお, にかはらぬ, にこそ否, にこれ, にてこそあれ, にても情, には及ばざる, には及ばず, には定め, にも御, にも我身の上, にやあらん, にやと問, にや風雨, によりてなり, により大岡越前守殿, にわが, に且つ, に予, に二個, に人肌, に仏, に任す, に依り, に千葉, に及ばず, に及び, に古, に合點, に同じ, に唯, に嘘, に外, に大, に奧さま, に思ひ, に我, に手, に槍垣御坊, に此道, に當, に盲者一人杖, に答, に聊か, に至, に若かず, に貴, に違, に遥, に隱, ね, のか, のが, のだ, のぢ, のであつ, のみに匪, の使也, の処, の官, の愁, の次に, はこれみな犠牲, はその後, は一見, は今, は何事, は園さま, は奈何, は如何, は小, は惡しき事, は抑, は明, は松, は神, は至極結構, は萬有, は誠に, は譬へば, は隔て, ほどなら, まだ家内, までのお, まで中絶, やうなる, や兄君, や又, や定めなき, や彼, や父, や當時本堂, や知り, わが生涯, をうれしき, をそれ, をば彼, をまちかね, をり, を七代, を信ぜる, を取次, を對面, を待, を待たず, を御, を聞きし, を聞け, を見, を見き, を見し, を見れ, を見申し, を覺, を謝, を遲, 三人の, 上は, 不幸の, 世にも憐れ, 世は, 両親をか, 中の, 主に, 主は, 乱に, 事あら, 事な, 事に, 事も, 事わけは, 事不審に, 事不思議の, 事初り, 事如何にも, 事是なり, 事是非なき, 事是頼朝公は, 事有共か, 事桀紂が, 事甚だし, 事肝要なら, 事誠に, 事長庵が, 二人を, 云々, 人は, 人多く, 今宵小梅が, 仍つて其除書を, 仰せ詞が, 体なり, 何事も, 信濃守行光今日の, 像を, 價と, 入道大納言, 共夜中, 共構, 共自然, 其場所の, 其後大夫判官行村の, 其後諸侯の, 内外の, 処なる, 前の, 加納將監は, 厚さ, 口惜さよ, 可き, 可きの, 可きの由, 可く, 右の, 各藤, 君, 君などと, 君も, 君主に, 君今こそ, 君光榮を, 咎お, 国, 國, 地なる, 場所が, 大いなる休徴, 大将の, 天が下は, 天皇陛下が, 天神地祇云ず語ず, 奈美殿の, 奧さまの, 妻子の, 嬉しさ, 宇宙萬物は, 実に勿体なく, 宮廷の, 家に, 家財を, 将軍家より, 將監この, 導師は, 小松殿の, 小松殿身には, 小生の, 尼御台所の, 帝は, 幸の, 広大無量の, 度毎の, 座と, 廣大, 後の, 御儀, 御可憐, 御姿, 御所に, 御手つき, 御方は, 御方も, 御有樣, 御聲心耳, 御詞, 御運, 御遺訓, 心の, 心地好さ, 恩惠の, 情なさ, 情知り, 愛らしさ, 我等の, 所かと, 所である, 所なら, 所に, 所にぞ, 所をといふ, 折ふし俄かに, 拾一月の, 摂関の, 故, 故なら, 故にや, 故に一切, 故に古今百人, 故に献御歌, 故を以て, 故其盜人, 故安き, 新しき靈, 方は, 方当節は, 日として, 日を, 旨の, 早旦行村, 昔なら, 春日ま, 是を, 是佳運を, 是左衛門尉義盛以下の, 是草花秋興を, 時いづく, 時かの, 時しも, 時に, 時の, 時も, 時天上, 時我はるかに, 時木草, 時白銀の, 時蛭兒尊は, 時過ぎぬ, 時野坡問て, 晩餐は, 最も光榮, 最後の, 期あ, 本に, 朱に, 条が, 様いと, 欝勃たる, 歟, 此は, 此君仁義兼徳に, 殿の, 殿達は, 母, 汝の, 汝らの, 汝今この, 法に, 法住寺殿の, 法名公暁, 淺まし, 漸く黄昏, 然ら, 父上の, 物あら, 物成らん, 用意ある, 由を, 由承, 由然, 甲斐こそ, 盧遮那仏を, 相座す, 神なり, 神の, 神は, 神も, 神よ, 神を, 神様は, 神武のみかど, 神祇罰を, 福は, 福をのみ, 禮拜堂二形の, 秘中の, 秩序に, 程なら, 程の, 窃盗とは, 端厳微妙の, 筈なし, 筈なりき, 筈なる, 筈は, 者, 者なり, 者に, 者よ, 耶蘇贄卓の, 聖主で, 聖旨の, 聖母なる, 聖母をな, 聲きこえけれ, 至大の, 花なり, 若き人達, 若楓, 薔薇の, 處と, 處なき, 處なり, 處にては, 處成べし, 血の道の, 衣あり, 親なけれ, 計なり, 詔旨でも, 詞章なる, 貴兄を, 賢哲と, 質に, 身私し, 迄に進らせん, 途に, 途端夕風さ, 通りの, 道そも, 道理有限だけの, 錢と, 間の, 間倒れさせ, 閻魔かな, 陛下, 雜報には, 青き華, 頃坊たちがを, 顏我等づれに

▼ 給~ (467, 13.5%)

7597 かし 6 我れ 5 ば, りと, 君の 4 それは, 忘れ給

3 [12件] さりとは, だ, ば製造もとの, 僕が, 僕も, 千住が, 可愛さうなもの, 君は, 否応なく, 片隅へ, 睡りがたき, 言ふこ

2 [12件] いざくちづけ, りや, われは, 不貞の, 代議士などは, 僕は, 君が, 彼の, 情味は, 我が良人, 而し, 解散の

1 [287件] ≫蒙昧の, あいつらは, あれは, あんな高い, あゝ神女, いくら何だ, いつまでも, いよ, うまく行く, ええ何とか, おれとの, お光殿御番所, お分り, お礼を, かい給へ, かしこなる, かしこの, かしと, かしもし, かし云々, きつと, ける, けれまこと才有, こいつだ, ここなる, このコメカミ, この子, この癩病, この稀, こは, これを, こんな愚, さあ, さあ何卒, さうし, さて後, さらばとて, さらば行かん, されど我が, し成らんに, せん用あり, そして相手, そのうち, その名前, その点, その高く, それでは僕, それまで, それも, そんな偽善, つて到頭, つまり彼, です, といつては, といは, といひす, どうかした, ど千住, ど夫, ど御人柄, ど我, ど扨, ばこそ, ば光貞卿深く, ば成り, ば聖顏まさしく, ほかに, ぼく見, まあ其主義, まあ自分, まざいらく, また例, まだ後, まだ来やしない, むぐむぐ口の, もし情, よしや無事, よしや父樣, よもあやまらじ, らくは, らん所々にてもの, りける, りけるあやし, りとの, りとは, り元, り其若君, り此年加納將監江戸在勤, り程なく, れ心ざま善, われに, アベツク醉つ, イワン, キリストそつくりだ, セザンヌの, ツ, プラトン・アレクセエヰツチユ君, ヘンリー, ボンヤリと, 一家の, 一手柄顯は, 一盃飲まう, 一緒に, 三井木材を, 上の句からにこそとて, 且藥も, 世界の, 主イエス, 二三年間に, 二十錢の, 二服呑め, 云々, 人々, 人は, 人目の, 人間が, 今に家内, 今一処に, 今宵などは, 今日こそは, 今日の, 会話はずつと, 何か, 何ぼ, 何処ぞで, 何分にも, 何卒暫時頼み進らす, 併し, 例令人, 僕に, 僕には, 僕の, 僕等は, 全くこれら, 兩閣とも, 六波羅の, 其内には, 其口上に, 冗談は, 利息は, 剛一は, 北条家の, 北海道は, 十囘に, 半左右衛門, 又こそとて, 又し, 吉岡の, 吉本夫人, 君, 君さへ, 君だ, 君と, 君も, 君女郎買ひ, 否君さ, 命ある, 命さえ, 哀れみ給へ, 四十二箇月の, 土屋君は, 外ならぬ, 外科醫を, 夜, 夜中の, 大に, 大抵は, 大方物の, 大瀑見ゆ, 大神は, 夫こそ, 夫にて, 夫よりは, 好き御返事の, 妹もなど, 宛然死人が, 将軍よ, 小手塚の, 尠く, 尾上君を, 屍蝋の, 巡査のとは, 布團敷き, 幾日ありと, 彼女に, 彼奴未だ, 御心, 御番所, 御縁, 必ず仕損ずる, 必らず, 思ひ詰めし一念, 恐しくな, 情なきのみが, 我々が, 我に, 我は, 我も, 我心の, 抔と, 投げ出したの, 拿破里の, 收穫, 斯る, 新らしい, 既にやも, 既に除名, 早く内, 晝中と, 最近の, 松島さまに, 正しき妻, 此上猶も, 此世とのみは, 此處で, 此野は, 殊に先祖代々, 殊に橋戸村, 残らず彼, 水の, 永遠の, 決して隨, 洋画家では, 渡し守さりとて, 源義経は, 演説を, 澤山ある, 瀧口君を, 瀧口殿, 然すれ, 然ら, 猶この, 王瀧にも, 生きて, 男女の, 皆それぞれ違つてゐる, 直き, 直に病気, 着給へ, 社長の, 神, 神だ, 穴賢, 立つは, 第二回目, 篠田は, 篤と御, 細君を, 細君一人の, 紳商面を, 終に屈したる, 結節の, 緩, 義理の, 聖職は, 聞き給, 聞くが, 腹を, 良き子, 若き時, 若し君獨, 茶を, 菊池君, 見よベアトリーチェ, 許し給へと, 誄を, 誘惑せらるる, 諸共にの, 諸君, 諸君ここに, 諸君これによつ, 諸君まァ, 身体が, 身長に, 道, 重役様が, 野か, 金剛石, 門を, 阿父さん, 露西亜帝国政府の, 頼むから, 飛びゆく姿, 食事の, 駿州有渡郡田子の浦在, 高い木木, 黙つて帰

▼ 給~ (278, 8.0%)

1774 てその, て後 3 てより, にけれ

2 [17件] けむ, けむ神託, たり, てかく, てみほ, てよ, てん, て常に, て御, て御衣, て魔道, にき, 天下の, 後に, 御車にも, 或ひ, 畢んぬ

1 [206件] いささか休息, おひ, けむかかる, けむが, けむ金光明, げにも, この山, この程, さて, さりとて官, しかお, しかそ, しかど, しかど元, しかど御, しか我, しか樣子, しか横笛殿, しこゑにおそれわれは逃さり, そが, そのま, その後まだ, その後遂に, その求むる所, たりせ, たり然, つつ, つつ聞し, ていま, てうぶ, てお, ておん身, てお足, てかと嬉しき, てかの, てこ, てこの, てさ, てさぞかし, てさまざま, てぞ谷中, てという, てなぶらる, てにはあらず, てのち, ての上, ての御, ては如何, ては災, ては直ちに, てひ, ても好し, ても宜しから, ても私, ても誰, てやがて, てや言葉, てわが, て一人, て一月, て久明, て仏法, て俗世, て候, て假令お前, て元, て先君, て其男, て冷泉, て十年, て否, て呼び, て夕月夜ほのか, て大, て天, て妾, て宮, て屋島, て崩れましましぬ, て幸, て廼, て得婚, て御名さ, て心中, て心地違, て懇, て新, て早, て此年月, て此底, て武庫川, て激励, て燃, て父, て物語, て琴笛, て男, て皇政復古, て真言, て神, て竹, て筆, て義村, て苦き, て蘭家, て血, て詠給, て諸侯, て返し, て遂に, て還御, て門涼, て館, ながら是, ながら猶, ながら薙刀, にけり, ぬめり, また子等, また此朝, まろも, もう今, ケエブルカアに, フランチエスカの, ペルセウスを, ユダヤ人は, 上古よりの, 下鎌倉の, 予は, 事ある, 京都に, 今日の, 今日陸にての, 今直, 伊勢守と, 伏へ, 何し, 何とか家政, 何とて泣給, 余を, 候ひし, 候昨夜の, 先の, 先年当家は, 其方死人の, 即時に, 卷返し, 又ジエンナロ, 又神御衣, 大仏造顕に, 妄言綺語の, 婚さま欲しく, 将軍家茂は, 尊も, 就眠の, 常は, 彦兵衞が, 後宮後坊の, 御一門, 御家來に, 御年四十三, 御胤, 御衣一かさね, 御酒下され, 御養生叶, 徳太郎信房君と, 憎き坊主め, 我が室, 日も, 早速御, 是より, 時に日本人, 時頼を, 月真如の, 次の, 此そこねたる, 武内宿禰が, 武者所を, 殆ど御, 母樣には, 毎時小生は, 比叡山延暦寺を, 水戸家只今聞せ, 汝の, 汝は, 涙も, 然ら, 町大路は, 直に大岡殿, 短刀にて, 神佛三寶に, 神器を, 神掃ひ, 祭りの, 筋違ひ, 聲荒らげ, 草木に, 萬民の, 袋町住民の, 詔し, 詔を, 諸物皆, 越前守をも, 銀紙に, 雑訴決断所を, 頭も

▼ 給ひし~ (240, 6.9%)

73 ぞと恨めしく, にはあらずや, を, 所と

2 [17件] かと云, こと, ことある, ことの, さへ, ぞ, にや, にやその, に渡るべき, までの事ども, よ, より二十年, 何をか, 接吻を, 者による, 豕を, 頃か

1 [187件] お前さまの, お詞, かと言, かな, かなかく, かや, が今更, が其お金, が其後, が其處三年, が再度, が勅使大納言殿, が因果, が御, が當時, こそ心得, こそ恥しく, こそ羨ましけれ, ことあらずや, ことは, ことを, こと他の, こと我が, ぞと問, ぞ不快, ぞ心外千萬, と我, などいひつ, などに女房ども, など御, に, にある, にて候, には候はず, にや我心, にや面, に亡び, に何心, に先だち, に光不安, に斯赦, に瓦, に相違, に過ぎざれ, に違はず, に醫師驚き, のみ, のみにあらず, のみ彼の世, の夜, はおん身, はかしこ, はこの, は今, は何ぞ, は先後, は嘸, は夢, は如何なる, は彼魔窟, は我, は正, は汝, は爲合せ, は生々世々, は過, ものと, も名, も我, も扨, も理りなり, やら却, や万一, よしに, より人々, より人々小尼公, より六週, より早, より昧爽, より知れる, より誰, をもわれ, を以て也, を小間, を師匠天道和尚, を思ふ, を悲, を感じ, を時風五代, を梶原, を知れ, を聞き, を見, を記せる, を謝, キリストの, 一品は, 世界の, 主を, 事かと, 事そんな, 事なきなるべし, 事なし, 事の, 事を, 伯母君の, 作多き, 傳吉樣にては, 光明に, 制限, 友なるおう, 城よと, 声よ, 大きな姿見もろ, 天一坊樣は, 天國の, 契約に, 安達夫人の, 安達氏が, 家に, 家を, 富士の, 寺院を, 廣こう, 後なりき, 後歩み寄り, 後身を, 御とき, 御仏, 御姿, 御志, 御恩何, 御歌を, 御気風, 御身の, 御面, 御顏, 御骨がら, 慰は, 憂事, 所ながら, 所の, 所へ, 才には, 日に, 日本武尊の, 時にも, 時より, 時倭太后の, 時同じ, 時天暗く, 時心ざしあり, 時申す, 時船の, 時見知り給ひしなるべし, 時間, 書籍盆栽文房の, 檀那達いと, 母上なりき, 毎に, 法, 法皇グレゴリヨ七世, 涙の, 満月の, 瀧口殿が, 然ば, 父君の, 父様の, 狭き港口, 由斷の, 碓氷山, 神, 神よ, 穉き, 第一, 者哉然ながら, 者彼を, 者成べし, 處なれ, 言の葉は, 詞なり, 護良親王から, 郵船会社支店長某氏の, 金銅十六丈の, 離家の, 霊地なり, 黄金ぬ

▼ 給へと~ (174, 5.0%)

11 いふ 9 云ふ 7 言ふ 4 いひぬ, いへば 3 唱へ, 手を, 祈らうにも, 笑ふ 2 いひて, いふこと, 乞ふ, 云ば, 云ひぬ, 種々に, 身を, 願ふ

1 [111件] ありしかば, いつた, いつて, いつも私, いひしに, いひつ, いふに, いふにぞ, いふので, かう歌つた作者, こいつは, これは, てつと, なり, 乞ひぬ, 事も, 二階へ, 云けれども, 云つて, 云に, 云ひ, 云ひけれ, 云ふゆゑ靱負は, 云へども, 云へば, 云れ, 云を, 云含め, 云紛らせ, 人々いふ, 仰せられしが, 伏拝みて, 傍人が, 優しき問, 優しく慰, 先輩は, 兩人云合せ早々に, 勵ます, 勸めて, 勸める, 勿体ない奉書, 叔母女房とも, 口には, 口の, 叫びつ, 叫びて, 叫ぶにぞ, 呪言者の, 呼び急, 呼ぶもの, 喚は, 契りし事, 委細を, 専らに, 帽子を, 平岡の, 彼方にばかり, 念じたり, 念ずキリスト, 怒鳴ります, 懇切に, 我手を, 拜殿の, 指ざし示せり, 挨拶なすに, 最發明, 止めら, 段々事を, 求め奉る事, 泣叫べ, 深切の, 渡しけれども, 申ける, 申しければ, 申する, 申せば, 申を, 申候へども, 異見し, 百兩包を, 祈つた, 祈つて, 祈りしかば, 祈るにも, 祈るより, 神佛へ, 神佛を, 神官天津祝詞の, 立願をぞ, 竹火繩を, 繰反したり, 繰返しつ, 美しき身, 親切らしく, 言つて宇津の, 言つて送つた, 言はれた, 言ひけり, 言ふこ, 言へども, 詫る, 詰るに, 謀計を, 質問した, 迫りしかば, 述ける, 達て, 遥かに, 附け加, 頓て, 願ひき

▼ 給~ (128, 3.7%)

64 ざりき 3 ざるべし, ぬ, ぬか, ぬならん, ぬに, ぬは 2 ざりけん, ざる, ぬぞ

1 [94件] いで今宵, うと, ざらん, ざりきと, ざりけり, ざりける事, ざりければ, ざりしかと, ざりしかども, ざりしかば, ざりしとて, ざりしならん, ざりしなり, ざりしは, ざりしを, ざりせば, ざることあらん, ざるに, ざるは, ざるべからず, ざるべきに, ざるや, ざるゆゑことさらの喜悦, ざるを, ざる前なりし, ざる如し, ざる御, ざる程の, ざる絲, ざる處, ざる高倉宮以仁王なりき, ざれ, ざれば, つたと, つたもの, つた諸君にも, つてゐる, で, では, ではかな, でも, で世, で事理明瞭, で二人, で亡, で吾儕, で妻子, で弓矢, で御, で情な, で打, で是, で此山, で雪, で頼み, なかつた, なかつたこと, ぬか然, ぬこそ, ぬこと, ぬごとし, ぬとや, ぬなるべし粮廚, ぬにか, ぬにや, ぬほど, ぬ人, ぬ内, ぬ唯一, ぬ女, ぬ孝心, ぬ小松殿, ぬ情け, ぬ故, ぬ樣, ぬ樣娘, ぬ麺麭, ねば, ねばこそ, ねば知らせ, ばいかになど, ばコロンボに, ば折檻も, むかと, むや情なき, らんこと時頼が, らんに, りたし, りつ, りなんと, るなよ, れい, 一番高い, 支給する

▼ 給へる~ (117, 3.4%)

4 也, 物は 3 をいふ 2 ことあり, ことを, 時に, 詔勅の

1 [98件] か, が中, こと, こと聖書に, さま誠に, ところ七十四ヶ所に, なり, にかく, によりこ, により詠める, に會, に有りし, に言の葉, は何れ, は左様, もあまた, もの, ものかしこに, も其御, やこの, やを知らずと, や木, わざを, をり, を垣間見, を常に, を思ふ, を知る, を見, を見し, クリストに, ワチカアノの, 丈夫の, 人即ち, 今の, 今も, 余り己れ, 全能者の, 初に, 力第, 博大な, 卿等の, 各妃殿下, 同時に又, 君なけなく, 嚢の, 大臣殿の, 天使の, 女人の, 子也年は, 子代の, 家の, 帝室評議員アントン・フオン・ヰツク殿の, 御あり, 御歌と, 御歌なるべし, 御詞也, 御身は, 情もて, 懺悔録なり, 所筑波山新たに, 攻撃的の, 故ぞ, 故なり, 救ひ, 日, 時, 時は, 時白羊宮に, 最後の, 桓武天皇の, 檳榔の, 法皇は, 物なれ, 物にて, 珠數震ひ, 目的に, 神, 神の, 神人兩性の, 維盛卿, 緋の, 義に, 者, 者なれ, 者よ, 而し, 耶蘇涙を, 聖徒の, 語勢なりなど, 迹は, 重景殿, 長處とを, 露深き, 靈場と, 頃人々あまた, 魂, 鷲

▼ 給ふと~ (73, 2.1%)

5 も我 4 いふ, 云々 32 おぼし, 也

1 [53件] いふおん惠, いふので, いへども, いへば, かや, こそ覚, すれど, て, ていとも, て古, て御, て細太刀, なり, は僕, は卑怯, は思ひ, もいかで, もこの, もその, も御, も桂木様, も死, も決して, も用, も盾銀一つ, も聞く, も誰, も闇夜, よ, 云事なれ, 云事は, 信ずる風習, 信ぜしむる勿, 傳へて, 同じとい, 否とを, 問に, 問ひぬ, 固く信じ, 委細咄しける, 御頼母, 思ひしならね, 承ま, 有りては, 聞きつる, 聞きつる高天原, 聞くからは, 聞ゆその, 見えたれば, 見るの, 覺しきジエンナロの, 覺しく, 雖も

▼ 給へば~ (57, 1.6%)

2 十四まで, 此處なる

1 [53件] いと心, こき綾, この際, さりとて生身, そんじよ其処ら, そんじよ其處ら, はや納受, ほどなく大山, まことに見上る, われは, われ未だ, われ獨り留まり, ピラト言ふ, マルタと, 一同手に, 二人は, 云々, 五右衛門首尾を, 人を, 佻, 侍共, 僕が, 光も, 出離生死の, 北の方仰せられける, 即ち天下, 同胞なき, 城を, 夫人も, 左右なく, 左衞門は, 平中が, 御不自由, 御内方でも, 恐る, 我は, 我も, 我れ, 敵の, 數歩の, 木寺相模四尺三寸の, 此処なる, 汗に, 私し, 羅漢の, 老侯笑ひ, 蒼海ま, 蝋燭いつか三分の一ほどに, 讀過一番頷き, 賤敷女にも, 農夫ども, 遙か, 髭むしやの

▼ 給ふこ~ (55, 1.6%)

5 と勿 2 とかは, となく, とよ, と稀, と限り

1 [40件] と, とあらざりき, とあるに, とかは君, とさ, とだにあらず, となかれ, となどを思ひ, とならん, となれ, とになつ, との刻薄, との厚き, との容易げ, との恨めし, との恨めしく, との苛酷, との頻なる, とはあらじ, とは信仰, とまた, ともあらん, とも多, とも少から, と三たび, と人, と人間, と何年, と原因, と君, と変らず, と希代, と御, と応, と應, と我, と我等, と目, と能, と莫

▼ 給~ (48, 1.4%)

3 てゐた 2 てくれた, てくれる, て共計, て物外

1 [37件] が綱教卿, その世帯向き, てい, ている, てくれ, てそこ, てもらう, てやる, て一座, て上級學校, て九州, て人, て学問, て学校, て居る, て岡田, て島田, て歌劇, て江戸, て焼き埋めよ, て農民, ながら見れ, 一ヶ年の, 三年間諸役を, 乗物を, 九州あるいは, 人を, 俸給は, 候為渡来の, 刀鍛冶彫刻師にも, 升斗の, 呉氏の, 毎年例に, 流産を, 火事には, 目見以下の, 賑済する

▼ 給はず~ (47, 1.4%)

115 やと 2 咳き入るとては

1 [29件] おこころ, この拝賀, といひぬ, といふ左, とかくお, ともいちど, とも言, と思はる, と歌つて, と申し, は今さら面, は我が, は斯, ばため, ばといひ, ばわが, ば今宵, ば明日, また母, やといふ, やと一葉, やわれ, や凡そ, や賣り, 御目通, 御羽織袴, 心細かるべき, 流るる血, 然るに別当

▼ 給はん~ (45, 1.3%)

4 が為 32 とて娑婆, となら

1 [34件] か, かといふ, か又, か早く, が兎, こそ, こそ国, といひ, とす, との御, と可, と思ふ, と申さる, と述給はる, など昨日一昨日, には先づ, には味方, には果して何とか, は必定, は數月, は望, もそ, も又, も妨, も我が, やと, や又, や各御, や否や, 嗚呼が, 疾く跳, 程に參りこん, 程のおぼつかなく, 程奈何

▼ 給ふべき~ (30, 0.9%)

2 か, 大藥罐, 筋の

1 [24件] かと申せ, ことを, ぞ, といふ, との御事, にはあらぬ, やうや, よし仰出されけり, をばわれ露, をば夢, を職, 人なり, 処を, 品なり, 地も, 大薬罐, 天つ, 家も, 御方である, 御決心, 方ならね, 樣子も, 由は, 這は

▼ 給はれ~ (29, 0.8%)

4 と申 3 と云 2 かし

1 [20件] その中, とありけれ, とさらり, との願, と申しけれ, と申せ, と祈り, と言, と請, と謂, と頼みけれ, と骨柳, ば内奏, や言事有, よし歸ら, 夫れ, 宜しきか, 必らず, 忠兵衞殿と, 憂き身の

▼ 給える~ (25, 0.7%)

2 者は

1 [23件] この葡萄園, ご主旨, に心臓, のみならず, は今に, ものなる, ものにて, や, よし聞きたれ, 一筋の, 先帝の, 大和の, 大方針, 宇宙に, 我が皇室, 数刻の, 明治元年三月より, 時額田王の, 模様なり, 統治の, 絵を, 蝦夷の, 鍵である

▼ 給ふべし~ (23, 0.7%)

2

1 [21件] さすれ, それも, といひぬ, と云, と何, と信じ居たる, と呪咀, と思ひ, と申, と申しけれ, と詫言, 今月幾日に, 後には, 我等は, 拙者も, 敵の, 敵を, 暫し涙, 此方へ, 私し, 螢名所の

▼ 給ふも~ (23, 0.7%)

3 のなれ 2 ことはりなり

1 [18件] たまさかなれ, のか, のでありませう, ので戻り, のと, のなり, のをば, 亦何, 儘な, 厭は, 厭はじ, 品にこそ, 国民の, 渠ゆゑとは, 異存なし, 皆この, 益なき, 老は

▼ 給へとて~ (23, 0.7%)

1 [23件] われは, 二百五十兩相渡せしか, 享け, 其議に, 其身の, 勝手の, 圍爐裏に, 夫より, 娘は, 帶を, 彼女隱居は, 思ひ, 懷より, 泣伏したる, 無理に, 當所の, 眞心よりの, 竹箒を, 紀の, 蔭に, 車主は, 長庵, 間道を

▼ 給ひしと~ (22, 0.6%)

1 [22件] いふ, いふを, きは, き君, き拙き, き棕櫚, き賓客達, ころ, ころに, なりされば, は最う, も聞かざれ, 世の, 咄しけれ, 問ひぬ, 問ふ, 問へば, 專ら評判高き, 心の, 有りし印籠, 甚く, 答へ

▼ 給ひける~ (21, 0.6%)

2 程に

1 [19件] が其後, こそ最, こは, ぞ, とき禅の, とぞ, となん斯, なかに, にや, に中務, は, は此大変, ほどになよひ, ほど少納言, を悲しみ, 中に, 忝さに, 時姑蘇城外を, 母上捨て置き

▼ 給ひぬ~ (20, 0.6%)

4 といふ

1 [16件] いま関東の, おん身も, といひぬ, といふは羅馬, とておどろかし, とてひたすら, とて我等, とも愛らしき, と思ひし, と聞えぬ, と聞き, らん, 今こそ, 母澤の, 然すれ, 詩を

▼ 給~ (19, 0.5%)

2 のほう

1 [17件] てえもの, と思え, なんぞ一文, にて一, に一両, のほか, の借り, の出る, の貰, もなし, もろくに, も十兵衛, をため, をやれない, を借り, を借り出し, を取る

▼ 給~ (18, 0.5%)

2 これだ

1 [16件] かし, きっと面白い, やめ給え, ラウダよく, 一夜の, 千種君, 名論卓説滾, 君の, 支倉君これも, 明日あの, 星田君これが, 李君, 袁術, 誠ちゃん巨億の, 諸君万一, 馬超

▼ 給ひしが~ (18, 0.5%)

1 [18件] この港, さして用事, その句, その家臣, 七月八日高野山へ, 不思議や, 今宵講釈の, 俄に, 其刀にて, 宮の, 後には, 忽ち我面, 攝津の, 早や, 朝より, 此の, 此程の, 流石に

▼ 給~ (18, 0.5%)

2 はひどく

1 [16件] がいよいよ, が人, が自分, に逢う, に逢おう, の党, の方, の職, の許, の門口, はそこ, はまた, は上疏, は王侍, は長く, は雲南軍

▼ 給はむ~ (16, 0.5%)

5 ことを 2 事を 1 ことかしこし, と心ときめき, と聞, には自然, のみと初めて, ものを, も知れぬ, 島の, 磯の

▼ 給~ (15, 0.4%)

1 [15件] あった米, ために, ひどい雑役, ほかに, ままで, 三割を, 二つです, 人を, 儘で, 外は, 官吏でも, 支給によって, 武士の, 米を, 者も

▼ 給ひたる~ (15, 0.4%)

32 を須麻, 所なれ 1 や, 二大, 地にも, 地上の, 地位を, 御罰, 故跡, 父上に

▼ 給いし~ (14, 0.4%)

1 [14件] がいと, が故に, により与え給う, に非, のみならず, は実に, ほどなれ, より今, より天地海山, より文化東漸, をまた, を後日, を眷顧, を聞えぬ

▼ 給えと~ (14, 0.4%)

2 でも言う

1 [12件] おもいて, しばし祈り, 一心に, 乞うと, 云て, 大声で, 彼を, 手帳に, 無理遣り, 祈ろうにも, 詔給う, 請求した

▼ 給~ (14, 0.4%)

1 [14件] して, するその間, せんと, などし, などを叱散らし, なりともし, に使っ, に料理, の婢, らしい男, をさせ, をし, をしよう, 篤くする

▼ 給はば~ (12, 0.3%)

1 [12件] おん身の, その御, 二割三割など, 即ち吾等司祭, 嘸や我, 夫にて, 旅路を, 日蓮を, 疑な, 迎へに, 関東長久の, 願く

▼ 給わく~ (12, 0.3%)

4 愛しき我が 1 三年住み給え, 其汝が, 其蛇喰わん, 凡て佗国の, 吾は, 悔しきかも, 汝此処に, 非難する

▼ 給ふところ~ (11, 0.3%)

1 [11件] であ, であらう, となり, と喜ん, にあらざりし, にはわが, により, に引か, のもの, は人間の, は皆君

▼ 給~ (11, 0.3%)

2 受けて 1 俸銭に, 入れて, 別に, 受けことごとく, 得て, 擯けて, 渡す必要, 請求した, 開始する

▼ 給ひしか~ (10, 0.3%)

2 ば即, ば我, ば爾時に 1 どとやかく, どはるか, ども, ば夫

▼ 給ふなら~ (10, 0.3%)

2 んと 1 ばと云, ばソ, ば僕好き獲物, ば彼, ば極意, ん其方も, ん千萬人の, ん拿破里は

▼ 給へど~ (10, 0.3%)

1 その完全, その良心, 世の, 今其人, 今語りし, 何故と, 幾程も, 接吻をば, 猶又, 豫知し

▼ 給~ (10, 0.3%)

4 べく候 2 か又 1 が氣分, て, てく, て直義あんおん

▼ 給され~ (9, 0.3%)

3 ていた 1 ている, ておいで, てこの, てゐる, 今日当主の, 晩年を

▼ 給はる~ (9, 0.3%)

1 とは是尤も矯飾, なとて曉, にて私, の有難, やうに, ゆゑ門お, 儀は, 然るに心安から, 父よ

▼ 給はんこと~ (9, 0.3%)

31 のうたて, のみに候, のみは望ましく, をこそ祈れ, を忖, を祈つ

▼ 給へり~ (9, 0.3%)

1 ある日書院, 戀の, 我聖手の, 扨其夜は, 此段早速, 汝等の, 盲者中, 紀州公こそ, 而し

▼ 給ふか~ (8, 0.2%)

1 さらばいか, と殿, と疑ひお, な, または人, 何故あり, 即右, 知らねど

▼ 給使~ (8, 0.2%)

2 の一人 1 が手紙, とをそのまま, に訊いた, の女, は少なくとも, を遣っ

▼ 給条例~ (8, 0.2%)

2 のこと 1 が英国, なるもの, の趣旨, の通過, はスイス, を制定

▼ 給~ (7, 0.2%)

1 あずからなかったもの, あずかり自らこれ, なって, 浴する事, 相違なし, 近かった, 離れるよう

▼ 給はるべし~ (7, 0.2%)

1 といはれ, と云, と謂, と頻りに, 何れにも, 定めて勞, 手始めの

▼ 給はん事~ (7, 0.2%)

21 なり, の心苦し, もあら, を希望, を悦び

▼ 給ひけれ~ (7, 0.2%)

1 ども世, ばこ, ば一度, ば我, ば斎, ば自然, 亡主に

▼ 給ふさ~ (7, 0.2%)

1 へある, まなる, まの, まは, まをば, ま苦し, ま面色

▼ 給ふて~ (7, 0.2%)

1 は徒ら, 一晝夜の, 之を, 候, 彼の, 明日の, 私を

▼ 給ひけり~ (6, 0.2%)

1 となん, 中将その, 同十五日北野, 敦忠卿の, 文章博士仲章因幡前, 明くれ

▼ 給ふなれ~ (6, 0.2%)

1 ば, ばそ, ば何卒, ば憎むべき, 今は, 終の

▼ 給ふや~ (6, 0.2%)

2 と問 1 とガラス戸あけ, と云, と或, と答

▼ 給へども~ (6, 0.2%)

1 ナポリの, 他所行着, 御かたち, 御許なき, 次の, 遂に行かず

▼ 給うた~ (5, 0.1%)

1 ではありません, とある, に御, のかい, は資朝卿

▼ 給えり~ (5, 0.1%)

1 という事, と知ら, と語り, 彼は, 疾く疾く徐州

▼ 給~ (5, 0.1%)

1 おそいん, むづかしい, 多くては, 書いて, 食事を

▼ 給した~ (5, 0.1%)

1 と云う, のは, 人で, 寛政四年より, 津軽屋の

▼ 給せざる~ (5, 0.1%)

2 がために 1 の惨状, ものを, を以てこれ

▼ 給はじ~ (5, 0.1%)

1 として, など思ひさだめ, よそながらも, 模範と, 特にボニアァキウス

▼ 給はら~ (5, 0.1%)

1 ば何卒, ば夫, ば此方, ば甚だ, ば華族さま

▼ 給はり~ (5, 0.1%)

1 ける, て著, 劒を, 聊か怨念, 辱く

▼ 給ひけん~ (5, 0.1%)

1 と方違, 入りに, 御顏, 時君一人は, 物ぐるほしく

▼ 給ひしなら~ (5, 0.1%)

1 ば包まず, ば思想, ん, んア, ん凡そ

▼ 給ひたれ~ (5, 0.1%)

1 ばこそ故, ばとて今, ばなり, ば例, ば君

▼ 給ひな~ (5, 0.1%)

1 ば, ばあはれ才徳, ば君, ば天下一般, ば此處

▼ 給ふお~ (5, 0.1%)

1 ほいなる, もむき, 言葉は, 身にや, 辰樣が

▼ 給ふまじ~ (5, 0.1%)

1 といふ, とは夫人, と請合, 夫より, 私し

▼ 給ふらん~ (5, 0.1%)

1 あるはパンテオン, といと, と人々上座, など怪しき, 南無妙法蓮華經南

▼ 給へよ~ (5, 0.1%)

1 おもしろくも, 僕の, 僕は, 尤もあんな, 方程式を

▼ 給~ (5, 0.1%)

31 いの, 送らない

▼ 給~ (5, 0.1%)

1 がつき, の二人, の者, は藩, 付く国々

▼ 給された~ (4, 0.1%)

1 から, ということ, のみであった, ものは

▼ 給される~ (4, 0.1%)

1 ことに, だけになった, という, 時

▼ 給せらるる~ (4, 0.1%)

1 ところの, の幸福, 手当は, 階級よりも

▼ 給~ (4, 0.1%)

1 して, 利益配当給の, 呼んで, 文化の

▼ 給はれと~ (4, 0.1%)

1 お專, てわが, て例, て手

▼ 給ひき~ (4, 0.1%)

1 といへ, とは實, と申さば, 我れ

▼ 給ひけ~ (4, 0.1%)

1 むかし, め, め彼女優の, め瓦に

▼ 給ひそ~ (4, 0.1%)

1 となり, と和郎, 彼男は, 彼黄金の

▼ 給ふた~ (4, 0.1%)

1 のでせう, 天に, 暗い六日, 神様の

▼ 給ふとき~ (4, 0.1%)

1 は孔子, は我, 屡, 我は

▼ 給ふ如く~ (4, 0.1%)

1 今猶, 信仰の, 悪魔は, 私をば

▼ 給へといふ~ (4, 0.1%)

1 俗語も, 吉兵衞は, 最後の, 聲聞えぬ

▼ 給もる~ (4, 0.1%)

1 お師, な, ゆえ寒い, わいの

▼ 給~ (4, 0.1%)

1 されるの, して, すること, に遠く

▼ 給いける~ (3, 0.1%)

1 は我, 歌曰云, 言葉を

▼ 給する~ (3, 0.1%)

1 に足る, 二人扶持播磨姫路の, 若干口が

▼ 給~ (3, 0.1%)

1 候へ, 専ら桔梗, 心やすく

▼ 給ひね~ (3, 0.1%)

1 と, と一個子, と約束

▼ 給へとでも~ (3, 0.1%)

3 いひやりて

▼ 給へとの~ (3, 0.1%)

1 事なれ, 人の, 返事である

▼ 給へや~ (3, 0.1%)

1 と云, 女性何事も, 恋人よ

▼ 給へれ~ (3, 0.1%)

1 ど性來, ばおう, ばま

▼ 給~ (3, 0.1%)

2 であり砲術 1 である

▼ 給~ (3, 0.1%)

1 です, をさせ, をし

▼ 給~ (3, 0.1%)

1 され銀行, したの, を得

▼ 給うた後白河法皇~ (2, 0.1%)

1 からたちまち, からまた

▼ 給さるべき~ (2, 0.1%)

2 物は

▼ 給し得る~ (2, 0.1%)

1 だけの生活費, 丈の

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 から稼げ, よ

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 出るの, 来て

▼ 給はめ~ (2, 0.1%)

1 などうち言, 程へ

▼ 給はん時~ (2, 0.1%)

1 いかに應, は私

▼ 給ひしなり~ (2, 0.1%)

1 扨亦山伏が, 浪は

▼ 給ひしや~ (2, 0.1%)

1 と云, と詞

▼ 給ひつらん~ (2, 0.1%)

1 となん, と存じ候

▼ 給ひぬれ~ (2, 0.1%)

1 ど後陣, ば

▼ 給ひね洩れなく~ (2, 0.1%)

2

▼ 給ふあえ~ (2, 0.1%)

2 かの姫君

▼ 給ふけ~ (2, 0.1%)

1 はひ, はひあり

▼ 給ふそ~ (2, 0.1%)

1 の日, の神

▼ 給ふたの~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 給ふなり~ (2, 0.1%)

1 と宣給, 要するに君

▼ 給ふなる~ (2, 0.1%)

1 らめと, 君が

▼ 給ふべく~ (2, 0.1%)

2

▼ 給ふべけれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 給ふまじき~ (2, 0.1%)

1 か恐ろし, 御决心

▼ 給へな~ (2, 0.1%)

1 いづれ樺太, 屹度好きに

▼ 給へよと~ (2, 0.1%)

2 祷りをろがむ

▼ 給へりし~ (2, 0.1%)

1 ベルモツトは, 反古一ひら

▼ 給より~ (2, 0.1%)

1 僅かに, 多き所得

▼ 給りける~ (2, 0.1%)

2 と承り

▼ 給るべし~ (2, 0.1%)

1 と頼み置ける, 又此金子

▼ 給ワン事~ (2, 0.1%)

2

▼ 給三十口准~ (2, 0.1%)

2 大監察

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 故五ヶ所芝辻, 本也

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 に訊ね, を呼ん

▼ 給孤独園~ (2, 0.1%)

1 で新た, にあった

▼ 給孤独長者~ (2, 0.1%)

1 は竹, も祇園精舎

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 に働い, を終

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 承り候, 承候

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 を受ける, を支給

▼ 給足軽長柄~ (2, 0.1%)

2 の者

▼ 給~ (2, 0.1%)

1 であつ, で利兵衛一人

▼1* [236件]

あるいは雲久などと, 給いし所のもの, 給いぬ主の名, 給うたこの間の事情, 給うた僕もその, 給うた制を破った, 給うた様が見える, 給えっ先生, 給えとお言伝て, 給える如く生れ付き男子の, 給えッ城兵の, 給さるる藩士でさえ, 給したいと存ずる, 給しもってみずから満足, 給すべきを令し, 給唯橋道等の, 給せずして無学文盲, 給せらるなどと書い, 給ですよ, 給という地名の, 給としてあなたに, 給にはボーナスが, 給にもあずかること, 給はく等しく衆生, 給はく愛は子, 給はずんば我, 給はず五八の方, 給はず册ける女房曹司, 給はず君がかく, 給はず唯六畳の間, 給はず外には所勞, 給はず夫人の心づかひし, 給はず夫樣も又, 給はず心にもあらぬ, 給はず敷皮の上, 給はず直次は何故, 給はず眞の礎, 給はず積雪を蹴, 給はず行親等の精鋭百余騎, 給はでひそまりぬ, 給はねど曩, 給はらじと思ひ定めつ, 給はらずや此やう, 給はらずやと掻口説き, 給はらぬか甚之助樣成長, 給はらばうれし, 給はりし事母様の, 給はりたき旨願ひ, 給はり候ふべしと, 給はり其後未だ斯, 給はり面目を施し, 給はるかと顏, 給はるからは此方, 給はること近頃, 給はるの間仰せられて, 給はるべき約束さだまりたれ, 給はるべく候, 給はるまじや嬉しき, 給はる可く候, 給はんかた宜しからん, 給はんことこれ亭主の希望, 給はんず重景殿, 給はんずる御心, 給はんためには美しき, 給はんものをなどいへり, 給はんわれは皈, 給はん人ありや, 給はん今年何月に死すべき, 給はん出仕をさしとめる, 給はん勿體なしと, 給はん君の連歌, 給はん我等を救, 給はん時此道の人丸くだり, 給はん靱負は思はず, 給ひき報じても報じ, 給ひける隠へ事, 給ひしが曲げてその, 給ひしなるべしといひ, 給ひしなれば客人, 給ひしみなさけを, 給ひしよと迎, 給ひし如し然れ, 給ひし探ぐりに, 給ひぞ福一いかに, 給ひたりけるよりかく名, 給ひたり掻き給へ, 給ひつらむ云云晝はいと, 給ひつるよとせん方, 給ひつれどその他, 給ひつ月の秋, 給ひぬるによりい, 給ひふしおがみ候し, 給ひ喜ぶこと斜ならず, 給ひ思ふ事なき今日此頃それは, 給ひ押し止むる乳母を, 給ひ治め給へ, 給ひ清め給ふ, 給ひ着き給はむ, 給ひ絶えて久しき, 給ふおん身なれ, 給ふかそはアウレリア, 給ふからであります, 給ふか劵面にも北方, 給ふか否か其處, 給ふか吾儕も共に, 給ふか如何にぞや, 給ふか檀那は別に, 給ふか知ねども當地, 給ふしかれども多勢, 給ふそもことはりぞ, 給ふために海, 給ふた人間の認める, 給ふた愛の鞭, 給ふた所又山陵, 給ふちひさき御程, 給ふつみ人, 給ふてうきめを, 給ふであらうか, 給ふでありませうか, 給ふとさほ媛, 給ふとしたものである, 給ふと共に産湯の, 給ふならねど思はれ申し, 給ふなるべしと宣給, 給ふべく返り給ひ, 給ふまでもなし, 給ふめり世渡りの, 給ふもいみじう哀れに, 給ふも理なれども六十路, 給ふも見ゆ, 給ふゆゑ何幸ひの, 給ふよりの, 給ふらむ, 給ふらんおのが家, 給ふらんそは又, 給ふらんピガルの広場, 給ふわがわかき, 給ふ書かせ給ふ, 給ふ期せざるの, 給ふ節將監妻の召使, 給ふ見ゆ, 給へとぞいひける, 給へとにはかに, 給へとは餘り, 給へとばかり後の, 給へとも言は, 給へなど云ふ, 給へね君一人を, 給へよなんて云ふ, 給へりかれらの, 給へりといへる聖歌は, 給へるなれば, 給へる如く世にも恐ろしき, 給へる如し舞臺に, 給へ紫, 給もれとのお, 給家賃を, 給なかつた樣, 給られぬと申, 給て東, 給りたいものです, 給可し, 給と渠, 給わざらむことを, 給わざらんが為, 給わざらんことを冀う, 給わん事明らかなり, 給エリ但シソレニハ一ツノ条件ガアッテ毎朝午前六時ニハ必ズ起キ出デテ呪文, 給エ五分カ十分デ直, 給エ僕ハ颯チャント此方デ寝, 給という辞令, 給ハランコトヲ願ハバ悉ク之ヲ聴許セ, 給ヒシ為御安行, 給ヒテ此皇子モ田原天皇ト追尊セラレ給ヒ, 給ヒ世ノ治マレル事, 給ヒ其手ヲ取, 給ヒ武田四郎勝頼ガ此地ニカカラレ候折ノ持舟, 給ヒ皇統今ニ相ツヾケルモ此歌ニモトヰセルニヤ, 給ヒ眷属ニ仰セテ火災盗賊, 給フコノ時内裏ヘ彼, 給フト申スモノ一人モ無シ, 給フナラバ後生ヲ助, 給フマデハ御待候ベシ, 給フ事実ヲ指摘セラレタリ, 給フ村民懇祷, 給フ果断決断ノ程, 給シと, 給ヘといふ堂々たるお歌, 給ヘリ伏テ惟ミレハ聖皇都ヲ關東ニ遷シ給ヒテヨリ惠, 給ヘルハ若帝ヨリ此処, 給レト手ヲ合テ, 給ワバ降ヲ乞ウテ, 給一人は一万五千ポンド, 給七十二錢を受け, 給三十両内外であるのに, 給不堪其鬱陶可誅遠州由, 給主組などがこれ, 給事中各道, 給事業の一斑, 給二十両であつ, 給人中宛ての免, 給まで漕ぎ附けた, 給候めてたく, 給候爲め渡來之儀差免し候云々, 給もいくらか, 給れ, 給金弓箭流出來即, 給奉護後胤, 給問題の由来, 給四十両であつ, 給四十円を交付, 給士一件を知つて, 給士酌一人して, 給士頭のガルボ, 給もなくなるべきである, 給廩米五口事在文政丁亥, 給ヲ竢ツ, 給御教書就其跡等今日被仰, 給の役僧, 給也, 給料金五百圓を贈らる, 給たうと, 給物資の廉売, 給百両の通番頭二人, 給百五十両であつ, 給と待遇, 給はふい, 給だと, 給而さん候妾が父祖, 給がただ, 給尋決之後可, 給諌も小翠, 給及び侍, 給をし, 給銀女中の役, 給飮食傳辭出入居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞