青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「計~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~言つて ~言わない ~言われ 言われ~ 言われた~ ~言われる 言われる~ ~言葉 言葉~ 言語~
計~
~計画 計画~ ~計算 計算~ ~訊い 訊い~ ~訊いた ~訊く 訊く~ ~訊ねた

「計~」 1925, 21ppm, 5535位

▼ 計~ (912, 47.4%)

2522 は伸子 12 の感情 9 は自分 8 が, の手紙, はそれ 7 はその 6 のそういう 5 がその, の健康, の声, の顔, はいつも, はそういう, は娘 4 との間, のうち, の態度, の様子, はそう, は佃

3 [15件] が伸子, のいう, の女, の姿, の字, の気持, の生活, の眼, はきっと, はどうして, はもう, は何, は保, は涙, を中心

2 [63件] からの手紙, がそう, がそれ, がどんなに, がモスク, が云った, が何, が寝, が迎え, とつや子, と伸子, にすれ, のこころ, のこころもち, のその, のため, のよう, のわき, のモスク, の不, の人生, の体, の右手, の心, の心持, の情熱, の意志, の手, の指, の方, の気分, の激情, の目, の素朴さ, の行動, の髪, はいう, はいくらか, はいま, はこの, はこれ, はしばらく, はそこ, はどんな, はまた, はむしろ, はもしか, はモスク, は一度, は上気, は口, は多, は女, は客室, は彼女, は手, は椅子, は深い, は素朴, は黙っ, は黙った, もこの, を見

1 [577件 抜粋] からきいた, からこうむった, からその, からたのまれ, からの二度目, からの知らせ, からの電報, からの電話, からはなそう, から傷つけられた, から泰造, から石, があと, がいいきった, がいいつのろう, がいた, がいった, がいる, がおこりだす, がおこれ, がおどろいた, がかつて, がきいた, がこう, がこういう, がこれ, がすぐ, がそこ, がそんな, がで, がどういう, がどうして, がどうしてそんなに, がどうしても, がにおい, がひどく, がまた, がむしろ, がもって, がやかましく, がゆとり, がわざわざ, がカステラ, がシベリア鉄道, がナプキン, がパリ, がヨーロッパ, が一種, が上気, が不用意, が亢奮, が人生, が今, が低い, が使, が保, が入っ, が出, が出た, が前, が動けない, が反対, が和一郎, が外出, が女, が好む, が客間, が少女時代, が居間, が彼, が彼女, が心づけ, が怒り, が急, が恋愛, が戻っ, が手, が承知, が教えた, が数年, が昂奮, が枕, が熱望, が理解, が目, が示した, が神経質, が空虚, が背中, が自動車, が自家用, が船, が藤原威夫, が見, が言っ, が賛成, が越智, が越智一人, が身, が鏡台, が長椅子, だから, だけが大使館, だけは考え, であった, ではなかっ, でもなく, でも小, といいあらそった, という名, とが純子, としてもっ, として気づいた, とにちかづき, とはちがった, とはゆっくり, とはペレール, とはミセス・レイマン, とは出かけ, とは反対, とは明治, とピアニスト, と二人きり, と保, と同じ, と朝子, と泰造, と自分, にうちあけられたろう, におどろく, にきい, にきいた, にきこえない, にしろ, にその, にたいしてとっ, にたのまれ, についてホテル, につきもどされ, につたえ, にとってどんな, にとってはそう, にとってはパリ生活, にとっては彼, にとっては神聖, にとってもしっくり, にとって伸子, にとって冷酷, にとって十分一つ, にとって意味, にとって藤原威夫, にとって越智, にどう, になかっ, にのこっ, にのみこめた, にはめずらしい, にはハムレット, には夫, には純潔感, にやかましく, によっても使われ, に一つ, に予告, に事件, に云った, に似合った, に保さん, に向っ, に品物, に声, に変った, に対してどう, に対しては最大, に対してよこす, に対して肉感的, に対して警戒的, に対する心底, に戻った, に母, に求めた, に求婚, に玄関, に誘われ, の, のあんなに, のいない, のいわゆる, のうけ, のえたい, のおみやげ, のかきぶり, のからだ工合, のきらい, のこと, のすぐ, のせっぱつまった, のその頃, のそば, のとりなし, のひそか, のひとこと, のへんじ, のほそく, のほとんど, のゆく, のよこ, のよみわけ, のジェネ, のハイヤー代, のベッド, の七分身, の世間, の主張, の二つ, の云い, の云いつける, の亢奮, の保, の信頼, の偏見, の健康上, の全体, の出産, の刺す, の反対, の口癖, の名声欲, の和服, の坐っ, の場合, の変りかた, の外出, の大柄, の娘, の実家, の室, の小, の帰京, の形, の御, の心理, の性格, の悲しみかた, の慣用手段, の憧れ, の手まわり, の手もと, の手伝い, の持薬, の挑みかかる, の携帯品, の文章, の最後, の来, の柔, の機嫌, の気, の気にいった, の気に入っ, の気に入った, の気もち, の気質, の満足, の激情的, の激昂, の熾烈, の燃え, の状態, の猜疑, の疲れ, の真面目, の着物, の礼, の神経, の筆, の純潔感, の結論, の縞, の繁い, の考えかた, の考え次第, の能弁, の若い, の華やか, の衒学好み, の表情, の視線, の言葉, の話, の話し相手, の話す, の話ぶり, の調子, の責任, の起き上る, の釈然, の量, の関心, の青白い, の非難, の頬, の顔色, の鬱憤, はあからさま, はあけ, はあらわ, はあんなに当然, はいあわせた, はいずまい, はいずれ, はいった, はいつか保, はいつの間に, はいよいよ, はおくれ, はおどろく, はかい, はきった, はきっといつも, はきびしい, はけさ家, はさも, はじりじり, はすこし, はすっかり, はずっと, はそのまま, はそれ以上, はそんな, はちらりと, はつや子, はどう, はどうしてこんなに, はどうやら, はねまき, ははがゆ, はひろがっ, はふっ, はほとんど, はまず, はもちろん, はやがて, はゆうべ, はよそ, はよんだ, はわたし, はジェネ, はトランク, はバザー, はパリ, はユーモラス, は一人, は一向, は一層, は一遍化粧台, は上り湯, は上陸, は不満, は久しぶり, は事務的, は仮装, は会う, は何とも, は俄, は偏見, は先入観, は凌ぎ, は制, は刺す, は前, は化粧台, は去年, は呟いた, は和一郎, は和服, は変っ, は外国, は大, は大きい白い, は大柄, は女中, は女性, は妥協, は嬉し, は子供, は子供たち, は客間, は小, は平静, は急, は息, は意外そう, は我知らずあっち, は折角, は拭き終った, は擲, は改めて, は故意, は旅費, は明治初期, は明治時代, は時計, は更に, は未練, は東北, は母, は毛氈, は気軽く, は沈黙, は泉さん, は泰造はじめ家族, は浴槽, は港町, は満足, は激しい, は炬燵, は煖炉棚, は煽動, は珍しく, は白く, は皮肉, は真中, は眺め, は着いた, は砂場, は突っ, は突嗟, は立った, は竹, は筆, は答えた, は糖尿病, は紅茶, は肩, は肯定, は脅かす, は腹立たし, は膝, は自尊心, は致命的, は興奮, は船旅, は良人, は花弁, は落着, は見ちがえる, は親戚, は話, は誠実, は越智, は踏台, は長椅子, は雁皮紙, は雑誌, は非難, は顔, は食慾, は髪, は黒い, ばかりでなく, もかわいそう, もその, ものんびり, もほか, もやつれ, もゆずらなかった, も一二度, も一緒, も伸子, も出席, も和服, も心, も昔, も黙っ, やつや子, や小さかっ, より先, らしく敷衍, らしく考え, らしく越智, をいらだたせ, をおどろかさない, をこめた, をたのしませる, をとりかこみ, をのぞく, をも観察, をよろこばせた, をジェネ, を不快, を主人側, を厄介, を家, を愕ろか, を睨みすえ, を見つめ, を追い出し, を退かせた, 特に多

▼ 計~ (296, 15.4%)

10 もって 5 用いて 3 して, めぐらして, 授けて, 樹てる

2 [16件] うけて, さずけて, たくらんだの, たてて, めぐらした, 事と, 所有し, 用うる, 発明する, 立てて, 胸に, 自分の, 蔵すところ, 見た, 見て, 進めて

1 [237件] あてて, あとから, いだいて, いだく櫛まき, うかがい変, うごかし変, おたて, おもは, お採り, お立てなさい, かの十符, この馬謖, こらし, さえして, ささやいたるは, さずかって, さずけまた, さずけ小道小道, さずけ益州南方, さへ, さらに計る, されたの, ざっと伝えた, しなければ, しまうと, すえ付けて, すすめたこと, すすめたと, すすめ一夜, する人倫, そろそろ画策, たたえた, たて青春, つぶさに黄忠, とって, ととのえて, なさむとす, なさんと, なさん者, なしたまえ, なして, なす, なすに, なすのに, なすべきだと, なすべきに, なすを, なせと, なせり, なそうと, はかり直そうでは, はかれよ, ふくめて, ほどこさんもの, ほどこして, ほどこすであろうに, まかせ一万足らず, まったく施し終っ, まるでのぼせる, みたとき, みると, めぐらさなければ, めぐらされるが, めぐらした所, めぐらしても, めぐらしやれ, めぐらすかも, めぐらすつもり, めぐらすべきでは, めぐらそうと, もうけて, もつ身, やる, わしの, 一挙に, 一日も, 一町の, 企むと, 企らみを, 伝えるという, 作って, 作っては, 作り出した, 使うの, 使ってまで, 信じて, 出し, 出し鰐淵, 剔抉する, 助長する, 単に見破った, 反覆し, 取りだした, 合せて, 味方から, 問うと, 善くしたなら, 営まうとして, 図ること, 坐議立談, 失くし, 失す猛, 奉じて, 孝助, 容れて, 察する, 岐阜城に, 巡らして, 帷幄の, 廻らしこの, 廻らしても, 弄する金魚ブローカー, 得たり, 得たりと, 忘れて, 忘れるの, 応用し, 思いたち杉弥, 思い彼, 思い立たせる根源, 思うならば, 思ふと, 怠って, 急速お, 悟って, 悪むということも問題, 感づいて, 憐れめ, 抱いて, 持ちだしたら笑ったじゃ, 持って, 按じ独り痛心, 按ずるもの, 据えつけたい或, 据えつけて, 据えて, 授けなかったらいくら, 授けられたか, 採らしめたの, 採ること, 採用する, 推量し, 教えた, 方孝孺に, 施した, 施して, 施すつもり, 暖かに, 樹て, 樹てるう, 決し髀, 決すと, 為さ, 為さんには, 為したま, 為したるもの, 為して, 為し北平, 為すの, 為すは, 爲さ, 爲し, 爲すの, 独白し, 献じたの, 献じて, 用いた, 用いたの, 用いる, 用いると, 用いるなど, 用いわれ, 用い法, 用うべき, 用る, 用ゐ, 發明した, 發見し, 看破られても, 看視, 知って, 知らず寄手, 示した, 立つるには, 立て, 立てたいと, 立てたの, 立てなかったらこの, 立てねば, 立てますから, 立てよう, 立てようもの, 立てる, 立てるか, 立てること, 立てるつもり, 立てるまえに, 立てるも, 立てる人々, 立て直して, 索め竭し, 編み出して, 繰り返す勇気, 行う上, 行え, 行なおうと, 褒められて, 見ぬいて, 見やぶられたので, 見ると, 見るに, 見るやう, 見るよう, 見抜いたが, 観た, 観破して, 設けて, 設けわざと, 誤ったこと, 誤るもの, 説きたてた, 読むん, 誹った, 謀らずと, 謀られたらこれ, 議するところ, 買って, 貸して, 貸し与えた, 起さぬうち, 逃れ難し, 逆に, 逆用し, 配置し, 酬う, 願いたいと, 齎らす

▼ 計~ (146, 7.6%)

9 針は 8 針が 5 あること, 指針は 4 ような, 指針が 2 ために, 中に, 彼子が, 白粉も, 針を

1 [101件] あるならば, あるを, うえを, くるくるくるくる廻る, こうかは, ごとくなるを, ごとし, ためなりと, ため我々が, ほかに, ほどこしよう, まえに, めもりが, ウラを, ガラスぶたを, ガラスを, ドラムを, ブラウン管で, 一つ一つの, 一番たしかな, 一端をさえ, 一行は, 上策を, 中から, 中を, 事から, 事それを, 事旅の, 事有り, 事諄々と, 人に, 代りに, 全貌を, 内容とは, 出づるところ無し, 前に, 前を, 力瘤も, 原理を, 四字だけを, 四本の, 基礎の, 多い奴, 多い曹操, 如く彼, 妙を, 実験が, 小さな椀, 川で, 役も, 心持であった, 意味に, 方は, 方も, 方針が, 施しよう, 望遠鏡を, 椀が, 横線を, 氣の, 油じみた, 深いもの, 深さ, 渦中に, 激昂とが, 狂ひ, 發明は, 發明を, 目盛は, 短刀が, 破損の, 磁針が, 磁針は, 糸五百発ばかりの, 細いの, 者を, 萌しが, 要部を, 観測によって, 觀測によ, 觀測による, 記象とは, 記録によ, 設計が, 調整は, 貸与方を, 赤いアルコール柱, 足しにも, 近くに, 返辞も, 速めら, 針の, 針も, 鏡が, 雪に, 震動体に, 面を, 頂上に, 順調に, 風車が, 齟齬に

▼ 計~ (109, 5.7%)

4 かかって, 乗って 3 つないで 2 かかっては, しても, のって, 違いありません, 遭う難

1 [88件] あい兵馬とも, あたるであろう, あたろう, あったの, あらずただ, いかでこの, うたがいなし, おうて, おちたの, かかった, かかったもの, かかるとき, かかるよう, かけたと, したがい今夜, たがわず故人, たけて, ちがいありません, なるでは, のこして, のったの, のるな, もてあそび博望, よると, よれば, 不賛成を, 乗じて, 乗せられて, 乗ぜられようか, 乗ぜられるもの, 乗ったの, 乗った顔, 乗つて, 乗ると, 乗るべきぞ, 二の足踏ん, 何處で, 作れり從, 便に, 出て, 出で, 利用され, 加わって, 反対し, 墜ちたと, 墜ちたとえ, 墜ちたり, 對抗し, 忙くして, 応じなかった, 感じる, 感じるくらいの, 感ずるという, 感応し, 成功した, 接続し, 松薪が, 欺かれて, 欺かれるはず, 泣給ふ, 湛ゆる, 満ちた女性, 用いたまでの, 目を, 相成至極, 眺め入ったとき, 眼を, 神, 耽って, 脳髄を, 落ちた貴さま, 見入りながら, 議せよ, 追われて, 追われる動物, 過ぎないと, 遭って, 開けた雨戸, 附きました者, 陥されて, 陥ちたと, 陥ちるな, 陥つ, 陥り馬, 陥る, 陥れるを, 非ず, 齟齬を

▼ 計~ (71, 3.7%)

3 元日に 2 どうした, 唯だ, 図に, 密なる, 朝に, 零を

1 [56件] ある, お互いの, かならず成就, きわめて感じ, この元旦, この錦, さらに驚目, そうして彼, その前, そもそも自分, それを, たしかにこわれ, たぶんくるっ, できて, どうだろう, ないもの, なかなか大, なかなか巧妙, なにも, はずれまい, ほんの一つ, まったく失敗, まもなくその, もうすでに諸氏, 一目リョウゼンという, 一週間使用くらいの, 三マイルを, 下る一方, 中るも, 中央でも, 乾湿ハイグロメーターの, 二百米突百五十米突と, 余りつかわれ, 元旦に, 噴火の, 大いによい, 奇想天外であっ, 如何に, 定まると, 当然ありうる, 憚ながら, 成就した, 新年に, 最高の, 甚だ遠大, 用いたくないと, 疾く前, 私の, 致しますまい, 苦節です, 見事的に, 見抜いて, 貧者の, 逆さに, 遠く大, 首尾よく

▼ 計~ (57, 3.0%)

3 零を 2 ある

1 [52件] あたるか, あったか, あったと, あっていうか, あるぞ, あるなら予, あるに, あるまた, あるもの, あるやも, あろう, いまだならず, いよいよ熟し, うまく行く, おいて, かかって, かけて, くるくるくるくる廻っ, くるって, ここでは, こわれて, そのとき早, どれほど完全, ないの, ないわけ, はこばれて, ほしくなりました, また一転, ナカナカ上らない, パンクした, 一つと, 一杯並ん, 一番尊い, 予想以上うまく, 充分に, 入用な, 出来た, 動くの, 匙を, 定まったなら一々, 実行に, 少し薄気味悪かっ, 教える所, 果然図, 漏らせるか, 示して, 立ちまする, 立ちやつ, 胸に, 落ちる, 蔵せられて, 見事成功した

▼ 計~ (39, 2.0%)

2 いつて, 失敗した

1 [35件] ある, あるかも, あれば, いよいよあの手この手, ことごとく齟齬, ございましたと, しは, その思想, だめでした, ない, ないらしい, なんの, べつに立て, まさに水泡, また事前, よからん, 三吉老翁の, 件の, 伊藤兄上国より, 住居罷, 台無しに, 四月廿三日夜十一時頃備後鞆の, 坐つて, 定まった, 当時の, 心なき, 拙老, 指すところ, 水の泡で, 私しの, 立てられなかった, 策も, 藤藤庄次郎と, 要らぬはず, 語らって

▼ 計~ (29, 1.5%)

1 [29件] いいます, いうか, いったら何, いって, すべきである, である, どう連絡, なしたものの, なりましょう, わたくしは, 不思議な, 信じて, 名づける, 名づけるもの, 存じまして, 存じ此ごろハ杉, 思われる, 惨劇は, 時計とで, 申して, 申すもの, 看破出来なかった, 睨めッくら, 知った司馬懿, 知るもの, 詭略と, 距離計とだけ, 闘って, 齟齬遊ばさぬ

▼ 計~ (22, 1.1%)

1 [22件] あらうも, あれに, せう, つかみその, 一つ功を, 一泡ふかせる, 乱闘中に, 仕事を, 何位と, 例月分を, 問題が, 土人部落の, 彼は, 斬るに, 有る, 測った平均風速, 測らせまた, 観測した, 記録した, 遠方の, 鉱床の, 鉱脈を

▼ 計さん~ (12, 0.6%)

2 が, の話, は子供, は飛び上っ 1 が甲高い, の癇, はキュキュ歯ブラシ, は歯ブラシ

▼ 計~ (11, 0.6%)

2 ある 1 コンパスや, ストップウオッチや, 廻転計などの, 指針が, 比重計や, 気圧計や, 温度計の, 湿度計が, 風信器や

▼ 計~ (9, 0.5%)

1 がこれ, がしかし, ということ, とかいう器械, と思いました, と感じた, なと考, のという, よ

▼ 計でも~ (7, 0.4%)

2 腹が 1 あるという, あろう, 五分の由です, 巡らして, 心持が

▼ 計では~ (6, 0.3%)

1 ない, ないか, ないの, なかった, なかろう, 感度が

▼ 計とは~ (6, 0.3%)

1 似て, 何, 婚姻政策です, 次の, 知らずエリカ, 言へ

▼ 計~ (6, 0.3%)

1 が実に, ではない, に腐心, の段々, や利, をなし

▼ 計という~ (5, 0.3%)

1 ような, メーターが, 機械に, 策略です, 精細な

▼ 計にも~ (5, 0.3%)

1 あずかり協定取り, あるとおり, なった, 必ず耐, 感じない程

▼ 計を以て~ (5, 0.3%)

1 せねば, ひき出しさらに, 事を, 生理的の, 觀察する

▼ 計である~ (4, 0.2%)

1 ことには, と, ところの, と信じ

▼ 計など~ (4, 0.2%)

1 いろいろの, しめしあわせて, であったの, 一挙に

▼ 計にて~ (4, 0.2%)

1 お辰婚姻, 出す事迚, 御国の, 船岡山の下に

▼ 計には~ (4, 0.2%)

1 万全が, 乗らん, 早くからくみし, 計を以て

▼ 計によって~ (4, 0.2%)

1 大船と, 曲線として, 結束した, 革命的であった

▼ 計~ (4, 0.2%)

21 へと皺, へり

▼ 計らひで~ (4, 0.2%)

2 あつた 1 一応期限, 許され此事件

▼ 計あり~ (3, 0.2%)

1 として備, と気づき, と見

▼ 計~ (3, 0.2%)

1 おのが, 終に姓, 蹶然と

▼ 計だった~ (3, 0.2%)

2 のである 1 のか

▼ 計ちゃん~ (3, 0.2%)

2 が男 1 がそんな

▼ 計として~ (3, 0.2%)

1 もつと, 使われうるであろうという, 叔母を

▼ 計なる~ (3, 0.2%)

1 か急, 女の, 女房の

▼ 計~ (3, 0.2%)

3 指針ハ急

▼ 計~ (3, 0.2%)

1 ナシロ人ノ, 論じ夜ハ, 遺シテ魏延

▼ 計から~ (2, 0.1%)

1 さきに, 出たよう

▼ 計であり~ (2, 0.1%)

1 今とて, 大覚寺統は

▼ 計とも~ (2, 0.1%)

1 思えぬが, 異なるが

▼ 計などの~ (2, 0.1%)

1 すぐ近く, 器械ばかり

▼ 計なども~ (2, 0.1%)

1 みな親房の, 現れて

▼ 計などを~ (2, 0.1%)

1 つけて, 持ち出したところ

▼ 計~ (2, 0.1%)

1 に依, に依り

▼ 計~ (2, 0.1%)

1 目を, 行く導線

▼ 計~ (2, 0.1%)

1 一礼, 御驚嘆

▼ 計代つや子~ (2, 0.1%)

1 の一行, も帰国

▼ 計気圧計~ (2, 0.1%)

1 などをつけ, の中

▼ 計脈搏計~ (2, 0.1%)

1 を以て生理的, を応用

▼1* [96件]

いいたしますわ, 計い下さるれば千万, 計えるところであった, 計おうじゃない, 計かと思われますが, 計かも知れないからな, 計こそあれ頃日金眸大王, 計ごとを施す, 計されども国, 計て呉れた, 計したならば恐らく, 計し給わん事を, 計するとはまさに, 計せよと強く, 計たるあちらの, 計だけを聞いて, 計だの磁石だの, 計だろうか, 計たりした, 計光を, 計であったが始終, 計でありまして其下流, 計であるらしいがミイラ取り, 計でもさはっきり読める, 計とかいふ支那人相當の, 計とがようやく実験, 計としての大局に, 計とだけである, 計とで行うて, 計との取合わせは, 計ともなつたのである, 計どどんどー, 計んだ, 計なかるべからず此で, 計ならよいが, 計なんとかして, 計にかけてあるので, 計にたいして準備おさおさ, 計にても何となく御, 計による極微電流の, 計のみを思って, 計はうからとなう, 計はと見れば, 計はや成れば, 計ひいたしますわ, 計ひ有る可きなり, 計へというて, 計むなしくやぶれかへ, 計もしほどこすと, 計ものみたれバ, 計もやあると, 計よりも内心の, 計らはん其果に, 計らはん其者に, 計らひだと思ふ, 計らひで片時の御, 計らひで私一人は皆, 計らひとして, 計ガリッチン地震計パシュウィチ水平振子など其構造, 計ゴム類つり道具それだけで船, 計心電図ヲ, 計パシュウィチ水平振子など其構造, 計一日肩を凝らし, 計世に公に, 計代その他の夫人たち, 計代一人の頭, 計代伸子の間, 計代和一郎と小枝, 計代和一郎保つや子と佐々一家, 計代和一郎小枝つや子という一家総勢, 計代弟と妹, 計代泰造しんがりに伸子, 計伊加豆知と唱, 計侯間又五十金, 計兵略解せざるは, 計兼而手筈いたし置候様, 計南北四里計只見川原中ヲ流, 計及び気圧計の, 計只見川原中ヲ流, 計営々客, 計大きな電磁石タムソンの, 計大森地震計ガリッチン地震計パシュウィチ水平振子など其構造, 計が爲め, 計後ト幕吏ら龍馬の京ニ入り, 計故に小弟が, 計書状も瑩, 計最も小なる, 計此上共追, 計湿度計気圧計の中, 計火攻めの計, 計甚だ多きを, 計かき契りに, 計を要する, 計迅雷の天撃, 計退出畢而右京兆者被役御劒之由禪師兼以存知之間守其役人斬仲章之首, 計もなく