青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言われる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて ~言わない ~言われ 言われ~ 言われた~ ~言われる
言われる~
~言葉 言葉~ 言語~ 計~ ~計画 計画~ ~計算 計算~ ~訊い 訊い~

「言われる~」 1357, 15ppm, 7622位

▼ 言われる~ (333, 24.5%)

6 さすがに 5 彼は 4 こっちも, 一言も, 次郎は, 私は 3 そんな気, 私も 2 おれも, こっちは, 僕は, 女は, 子供は, 平次も, 心細い, 急に

1 [284件] あたしも, あんなに強情, いい気, いい気持, いかにももっとも自分, いけないから, いやだ, いやとは, いよいよ泣き出したがる, いよいよ涙, いよいよ疑, いろいろ思い当たる, おいらも, おれが, お客も, お思い, お松も, お礼の, お祖母さんも, お絹, お蝶, お角, お角さん, お話は, お銀様, お雪, かえって内心, かえって妨げ, かえって胸, かにも, ここへ, ことに私, この床の間, この時代, この男, この際, これが, これも, さすがの, さて何, じきにてれる, すぐさま君子顔, すぐそれ, すぐ腹, すれば, そうあり, そうかなと, そうだ, そうでございます, そうです, その一週間, その気, その茶番狂言, それっきりである, それっきりの, それは, それまで, それも, それを, それ祝え, た, だしぬけに, だれにも, ちっとばかり, ちゃんともう十年, ちょっと迷わされる, つらいが, どうおこっ, どうしていい, どうしてよい, どうして私, どうにも, どうもムズ, どうやら痛く, どきんとし, どこかで, なおさらその, なお這入っ, なかなかいい, なかなか二十種, なるほどそう, なるほどなんとなく, なんだ, なんだか擽っ, なんだか自分, はっきりした, はっと眼, ひどく骨身, びっくりした, ぴったり床, ふと松本, べつの, ほかに, ほッ, ぼくは, ますます自分, まったく無頓着, まるでからくり人形, まるで手, まんざら嘘, むげに, もうおれ, もうすっかり恨み, もうその, もうダメ, もう一度深い, もう取付く, もう幹男, もう強い, もう断り切れず, もはやますます不良, もはや陽子, やにわに立, やはりむつかしい, やはり自分, わしは, わしも, わたしなぞは, わたしの, わたしは, わたしや, わりに従順, キッと, グニャグニャ相好を, サッと顔色, チチコフは, チチコフも, ツイ涙ぐむ, デュパンの, ホントに, マゴつく, 一生けんめいにべん, 万七も, 上品を, 不可ません, 久吉役者が, 乗せたい気持, 乳母は, 事件の, 二人は, 五寸くらいずつ, 些の, 人間は, 今さら自分, 今度は, 仕立飛脚も, 佐瀬弁護士は, 何か, 何だかそんな, 何だか使わない, 何ぼ, 何も, 何もかも一ぺんに, 俺は, 俺も, 僕など, 僕の, 光秀役者が, 六助と, 内心まんざら, 初めの, 前に, 加山耀蔵も, 千代松と, 却ってそれ, 却って困る, 却って困却, 却って気の毒, 又倒れます, 又左衛門, 又次郎は, 反抗心が, 口の, 台所には, 同時に兄, 同時に国際的, 多少しょげる, 多計, 夢にも思っ, 大体の, 大勢の, 大原も, 大河という, 失望する, 女を, 妙に, 妙に照れ臭い, 婆さんは, 子供心に, 実際迷っ, 家の, 家へも, 少々お, 少しでも, 少女は, 岡安先生は, 岡田は, 島田君も, 帰りには, 平次の, 年寄の, 年寄りの, 幸内は, 幸子も, 強いて抗う, 当人たちが, 彼の, 後へは, 忽ち下司, 怖くなっ, 思いあたること, 思いましたっけ, 思い当たること, 思い当るところ, 思って, 恐縮いたします, 恥か, 恥じたる色, 恭三も, 悧巧ぶっ, 悪いから, 悲観する, 想い出した, 慌てて, 成るほど, 持前の, 文句が, 文吉は, 日頃世話に, 星空の, 時々彼, 本当にし, 来ないわけ, 東儀は, 東海道の, 極りが, 次郎の, 正直いい, 此方も, 母は, 流石に, 浅草へ, 涙を, 渋々奥, 源右衛門は, 無下に, 犬は, 犬も, 猶こまっ, 猿は, 真剣に, 私達は, 窮します, 笑って, 第一, 素直に, 耳を, 腹の, 腹を, 自分でも, 自分は, 自然に, 葉子と, 蛇吉も, 言うの, 言われた自分, 誠に恥じ入る, 謹んで承る, 豹一は, 辰男は, 近所の, 逃げ隠れも, 道太は, 野崎は, 陽子は, 随分尤も, 青年は, 非常に, 面目ない, 面目次第も, 頬骨の, 飛び上って, 高瀬にも, 麗子は

▼ 言われる~ (205, 15.1%)

14 です 11 である 6 ですか 5 か, だ, でした 4 ですね 3 かな, であるが, を聞く 2 が厭, が辛い, じゃ, であった, ですから, は私, も実際, を命婦, を嫌った

1 [128件] かぐらいに思っ, かそれとも, かなと思っ, がいやさ, がうるさい, がお, がかえって, がすなわち, がそんなに, がたいそう, がつらい, がどの, がばか, がよっぽど, が一番いや, が何, が初め, が厭さ, が可, が堪えがたかっ, が大小, が嫌, が嫌さ, が嬉しく, が恐しく, が悲しい, が癪, が聞きたかった, が自分, が面白い, さ, さえいい, すらも古い, だか, だった, だったらこの, だよ, だろう, であったであろう, でございます, でござろう, でじた, ですが, ですそれ, ですな, ですもの, とはちがっ, とまったく, と同じ, と少し, なら地球, なら少し, なら謝罪, なら黙って, にかなっ, には, にも飽き, に違い, に閉口, は, はいや, はき, はこう, はこの, はそこきり, はそこで, はどうも, はなん, はもっと, はもっとも, は不名誉, は不当, は世間, は予て, は事実, は五臓六腑, は人非人, は何遍, は全く, は味気, は四宮さん, は大嫌い, は大江山, は嫌い, は実に, は当然, は慣れっこ, は教養, は決して, は許すべからざる, は詩, は貴重, は道理, は部分部分, は野蛮人, もふしぎ, もめんどう, ももっとも, も不快, も口惜しく, も役目, も恥ずかしい, も残念, も無理, も辛かっ, も迷惑, や東京, よもう, よりは何とか, をさすが, をしみじみ, をつらく, を仕方, を信じ, を厭, を待っ, を待った, を待つ, を後, を感づい, を我慢, を煩さ, を率八, を米友, を聞い, を肩身, を苦, 黙って

▼ 言われるよう~ (64, 4.7%)

16 になった 5 なこと 4 になっ 2 な, な世の中, な気, になりました

1 [31件] で, では, ないろいろ, なだらし, な事, な事がら, な人, な人物, な大, な差合, な強勁, な悲しい, な時, な時期, な生徒, な用事, な羨望, な薄っぺら, な覚え, に, にどうか, になり, になる, になれ, になろう, にもし, に不健康, に今度, に仏蘭西式, に告口, に思う

▼ 言われること~ (58, 4.3%)

4 である 2 がある, もなく, をさも

1 [48件] かしれません, が, があっ, がかえって, ができない, ができる, ができるであろう, がよく, が嬉しく, が故人, が斎宮, だろうと, であって, では, で遠慮, と反対, ならどんな, なら信じます, になった, にはほとほと, に一種, に成功, のため, の方, はあなた, はあり, はありませんでした, はいちいち, はいつも, はきっと, はこのごろ急, はなお, は人間, は太陽, は彼女, は日本人, は普通, は知れ, は道理, ほど私, もない, も忘れ, も無く, を不名誉, を以て大, を決して, を白熱的, を避け

▼ 言われるまま~ (56, 4.1%)

4 に私 3 にした, にそれ 2 にお, にし

1 [42件] にお召, にかみ, にさし出す, にさっそく, にじっと, にすかし, にすみ, にすわった, にその, にふところ, にクツ, にドア, に両手, に任せた, に僕, に又, に唄う, に土, に好奇, に家, に寝台, に小平太, に小走り, に少佐, に床, に従った, に急い, に懐中電灯, に日ごと, に暫く, に柄杓, に男の子, に眼, に立ち働く, に筆, に薄暗い, に血糊, に足袋, に車, に邸内, の姿勢, の金

▼ 言われるまでも~ (29, 2.1%)

3 ない

1 [26件] ありません, ないと, ないサ, なかった, なくこの, なくすぐ, なくその, なくなるほど, なくわし, なくわたし, なくマアセル, なく仲裁, なく佐々兼武, なく勝重, なく子どもたち, なく島田君, なく文句, なく朝霞, なく歯ぐき, なく皆, なく証拠, なく貴公, なく身分, ねえこと, 待たなかった, 無くそれ

▼ 言われる~ (24, 1.8%)

63 ですよ 2 だが, だね, ですか 1 かな, だけれども, でしたら切っても, ですかい, ですかな, ですからね, ですが, ですね, でなきゃ御

▼ 言われる~ (23, 1.7%)

2 それは

1 [21件] これは, これを, しかしここ, そればかり, よい, シューマンは, 一面リストの, 丁度私, 人間には, 名文である, 君は, 嫌さに, 存外質素, 将来の, 往昔家康公が, 恋人と, 早いか, 無いとも, 私は, 私も, 遠くアナポリス

▼ 言われるもの~ (23, 1.7%)

2 だから

1 [21件] がまるで, が人間, が現に, であったから, であって, でも, でもう, とは異なった, の名, の多く, はかの, はこの, はイデヤ, は前説, は右, は必ず, は必然, は拠, は自, は鉄板, を無慈悲

▼ 言われるかも~ (22, 1.6%)

7 しれない 3 しれないが, 知れませんが 2 しれません, 知れないが, 知れぬが 1 しれずまた, しれぬが, 知れぬ

▼ 言われるほどの~ (20, 1.5%)

2 ものは

1 [18件] ばからしい流言, 人は, 人びとの, 倹約な, 分量の, 役者には, 律儀者, 惨害を, 犠牲を, 男だ, 男でも, 男に, 籠みあった, 美貌で, 者は, 親藩であり, 討幕の, 騒ぎであった

▼ 言われる~ (20, 1.5%)

1 [20件] がわずか, が大分, でもうんざり, でも私, でも種々, で平生盛, とか学才, なら何とか, なら誰一人, に寄せるべき, の中, の人格, の家庭生活, の自由, は上中下, ましてそれ以下, もありましょう, もいる, もお, をお

▼ 言われる通り~ (18, 1.3%)

2 にした

1 [16件] この際, じゃ, たった今富さん, だよ, である, です, ですたった, でその, どんな恩人, にこれ, にその, にリリー, に世話, に坐り込む, に約束, に聞い

▼ 言われるので~ (16, 1.2%)

3 私は

1 [13件] この時太郎, それは, つい手, なおその, まああの, 一日学校へ, 万年筆で, 唯一つ, 従って収縮, 御足労を, 私も, 行って, 表現の

▼ 言われる~ (13, 1.0%)

3 違いない 2 きまって 1 しては, しても, ちがいない, つけて, ふさわしい気苦労, 不思議は, 至るの, 違いありません

▼ 言われるくらい~ (9, 0.7%)

1 だからね, だった, である, な山男, 可愛いい顔立ち, 幕府の, 後には, 江戸時代には, 骨の

▼ 言われるほど~ (9, 0.7%)

2 あって, 大きく肉 1 でした, 大いなる苦痛, 大きなもの, 思い切れなくなって, 長く空屋

▼ 言われる~ (8, 0.6%)

1 しれぬ世の中, それが, どうか, どうだ, わかりゃしない, アッハッハッハッ, 知れないが, 聞きたいもの

▼ 言われる~ (8, 0.6%)

1 この場合, だけである, にはもし, には愛嬌, には私, には身, は特殊, 短くし

▼ 言われる~ (8, 0.6%)

2 の馬鹿 1 の, のもの, の女, の時代, の立て女, 尚可愛

▼ 言われる~ (7, 0.5%)

1 がある, があろう, がすこし, がと喬, じゃ, だ, で彼

▼ 言われる~ (7, 0.5%)

2 が縄 1 がある, のよう, の家族, は多い, は自分一人

▼ 言われるとおり~ (6, 0.4%)

21 にした, にじっと, に見えた, の熱誠

▼ 言われるところ~ (6, 0.4%)

1 である, による, の人類, の辞書, はねえ, は道理

▼ 言われるには~ (6, 0.4%)

2 私は 1 これは, まだ足, 国として, 自分は

▼ 言われる~ (6, 0.4%)

1 があっ, の恥ずかし, の方, は実は, は私, を甚だしく

▼ 言われるから~ (5, 0.4%)

1 口さきで, 本人は, 猶更, 誰だって, 釣も

▼ 言われるたび~ (5, 0.4%)

1 にいつも, になに, にもうまるで, に自分, に養父

▼ 言われるだけ~ (5, 0.4%)

2 あって 1 だ, で何故, 奇態な

▼ 言われるのに~ (5, 0.4%)

1 この街道, そう驚く, 中の, 伊那からは, 女は

▼ 言われるはず~ (5, 0.4%)

1 がない, だ, の所, はない, はなかっ

▼ 言われる~ (5, 0.4%)

1 で有りました, で理くつ, なら頼, に盛大, の男

▼ 言われる覚え~ (5, 0.4%)

1 はありません, はない, はねえ, はねえや, は無い

▼ 言われる~ (4, 0.3%)

1 お母さんの, くさせば, 君は, 川村さんの

▼ 言われるもん~ (4, 0.3%)

3 ですから 1 ですか

▼ 言われるより~ (4, 0.3%)

1 どんなに辛かっ, なお怯む, 足柄山の, 辛いという

▼ 言われる~ (4, 0.3%)

1 にあっ, にも上方武士, にも多少, にも既に

▼ 言われる~ (4, 0.3%)

1 名人だ, 慈悲さ, 選手です, 選手も

▼ 言われる~ (4, 0.3%)

1 にはすぐ, に対して男, はそいつ, もあれ

▼ 言われるあの~ (3, 0.2%)

1 若君に, 闇夜な, 高い山

▼ 言われる~ (3, 0.2%)

1 人が, 品が, 政が

▼ 言われるけれど~ (3, 0.2%)

1 地面を, 奴隷の, 真の

▼ 言われるこの~ (3, 0.2%)

1 おいらだ, 対語は, 涼味の

▼ 言われるとき~ (3, 0.2%)

1 にはもう, のあの, も微笑ん

▼ 言われるまで~ (3, 0.2%)

1 そこに, 憶い出さない, 自分では

▼ 言われる~ (3, 0.2%)

1 すらあった, のみを襲い, へははいれない

▼ 言われる所以~ (3, 0.2%)

1 かもしれない, である, でもあろう

▼ 言われる~ (3, 0.2%)

1 でもなかっ, はあるまい, はない

▼ 言われるうち~ (2, 0.1%)

1 にお, は花

▼ 言われるけれども~ (2, 0.1%)

1 ゲーテが, 更に大観

▼ 言われるそう~ (2, 0.1%)

1 だという, ですね

▼ 言われるその~ (2, 0.1%)

1 歌を, 障碍とは

▼ 言われるだけの~ (2, 0.1%)

1 お方は, 大きな財産

▼ 言われるとは~ (2, 0.1%)

1 そなた, はあなるほどという

▼ 言われるなり~ (2, 0.1%)

1 にそれ, 裏の

▼ 言われるほど深刻~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 言われるまでは~ (2, 0.1%)

1 全然知らなかった, 実は彼自身

▼ 言われるよりも~ (2, 0.1%)

1 その辺, 菊池の

▼ 言われる以外~ (2, 0.1%)

1 にはだれ, のやり方

▼ 言われる半蔵~ (2, 0.1%)

1 が生涯, も自然

▼ 言われる古い~ (2, 0.1%)

1 バンガロオが, 家に

▼ 言われる場合~ (2, 0.1%)

1 がある, と内容的

▼ 言われる~ (2, 0.1%)

1 にただ, にひやりと

▼ 言われる愛情~ (2, 0.1%)

1 と魅力, への権利

▼ 言われる~ (2, 0.1%)

1 であったから, の宵

▼ 言われる理由~ (2, 0.1%)

1 でこの, は二枚舌文部大臣中橋徳五郎

▼ 言われる~ (2, 0.1%)

1 だ, もある

▼ 言われる言葉~ (2, 0.1%)

1 である, はすべてなん

▼ 言われる~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 言われる象徴~ (2, 0.1%)

1 とが認識不足, と表現

▼ 言われる身分~ (2, 0.1%)

1 じゃあございません, ではない

▼ 言われる連中~ (2, 0.1%)

1 がそうむざむざ, が下関

▼ 言われる道理~ (2, 0.1%)

1 がない, である

▼1* [217件]

言われるあたかも鵞鳥の, 言われるいわれはねえ, 言われるおん身が, 言われるお前さんのところ, 言われるお方が人手, 言われるお爺さんのお, 言われるかと思うと, 言われるかということも, 言われるからとて遠慮する, 言われるきわめて陰惨な, 言われるくらいになった, 言われるくらいの三次それが, 言われるくらいまでに最大なる, 言われるごとに伊那, 言われるさえ折々の, 言われるすべてのこと, 言われるそこのところ, 言われるただ形だけの所, 言われるたんびに下宿, 言われるだけに江戸が, 言われるつもりだったの, 言われるということは, 言われるとおり向うの様子, 言われるとおり日常の対話語, 言われるとおり畳に腰, 言われるときそれは単に, 言われる少し意外, 言われるほどお雪ちゃんの気分, 言われるほどにたくさんも, 言われるほど不安になる, 言われるほど厄介に思われ, 言われるほど取り締まりは実に, 言われるほど姿味も立派, 言われるほんとうの無罪, 言われるまでに仕事に, 言われるまでのことは, 言われるまま体に着け, 言われるまま室の隅っこ, 言われるまま機のまえ, 言われるまま駕籠へうずくまる, 言われるもとより強いて, 言われるもの名誉および威厳そのもの, 言われるやさしい声が, 言われるやら拙者は, 言われるよって癪に, 言われるわたくしの幼, 言われるアルキメデスはローマ, 言われるイソップ物語の押韻訳, 言われるグローチュースの如き, 言われるシャツとズボン, 言われるソルボンヌの古い, 言われるハ短調の, 言われるピカピカの一張羅, 言われるプロレタリヤ文学の如き, 言われるマルクス的文学論が芸術, 言われる一つの座席, 言われる一般の, 言われる万両分限だ, 言われる三吉にすらそれ位, 言われる上宝村双六谷の地方, 言われる不名誉を清算, 言われる世にも美しく絶え入る, 言われる両替屋の裏座敷, 言われる中尾氏などのこと, 言われる事件でフランス国内, 言われる人々の中, 言われる人たちも大抵, 言われる人気者のお前, 言われる人達が出, 言われる以上主水正, 言われる以前から自分, 言われる佐藤信淵が勧農, 言われる修正よりももっと, 言われる僧たちを皆山荘, 言われるに自動車, 言われる六十余州の半端物, 言われるには本職, 言われるからうすうす, 言われる升屋の暖簾, 言われる古老についてこれ, 言われる吉城郡上宝村を数回旅行, 言われる同じ押韻の, 言われる名題の悪党, 言われるの聞こえ, 言われる四十男が出, 言われるは多少, 言われる国々にくらべ, 言われる地下道へ導く, 言われる地位にまで経登っ, 言われる地味なくすんだもの, 言われる地獄は実は, 言われる堕落せよという, 言われる場合科学の方面, 言われる墓地到る所, 言われる大分限女房お豊, 言われる大友少年でした, 言われる天明の俳諧, 言われる天狗長兵衛作るところ, 言われる太陽じゃありません, 言われる女シラ几帳面のお, 言われる婦人は平生文学書類, 言われる安宅先生がこれしき, 言われる巴里を持つ, 言われる平安朝の小説, 言われる形勢になっ, 言われる形式を備える, 言われるも白い, 言われる御方は第, 言われるはうれしい, 言われるろし, 言われる意味はよく, 言われる意地強い女, 言われる懸念はほとんど, 言われる戸崎夫人をちょいちょい, 言われる手紙にもすぐ, 言われる捕方の功, 言われる敵討たれ, 言われる新聞におのれ, 言われる方々がそれだけ, 言われる時分には旦那, 言われるだ, 言われる曲者に相違, 言われる有名な方, 言われる有野の馬大尽, 言われる期日であり十日, 言われる木下藤吉郎それは太閤秀吉, 言われるの位, 言われる松島の風景, 言われる柔らかい深い泥土が, 言われる概念の本質, 言われるになった, 言われる様子でお, 言われる標準の違う, 言われるの盆地, 言われる母性愛を扱いました, 言われる母親が現実, 言われる気遣いはない, 言われる江戸もあと, 言われる決して人と, 言われる流星もこの, 言われる浪路の存在, 言われるだった, 言われる火夫や石炭夫達, 言われる火山をできるだけ, 言われるが二つ, 言われる反省も, 言われる無筆の歌人, 言われるを持っ, 言われる物理学の法則, 言われる狭い短い板の間の, 言われる生活主義の芸術, 言われる男たちの顔, 言われる畜生谷の部落, 言われる異制庭訓往来に, 言われる登攀をなんと, 言われるの衆, 言われる相貌をし, 言われる祖父が先代, 言われる神今食の意義方式, 言われる神田三河町の大, 言われるに対して彼女, 言われるだぞ, 言われる種類に属した, 言われる立派なお, 言われるはない, 言われる筋合はない, 言われる範囲に於, 言われる糖尿病患者はヒド, 言われる純白の色, 言われる美しい夫婦の, 言われる美人でした美人, 言われる老人などがおどけ, 言われる老木が立っ, 言われる花田が特に, 言われる英国のグリンドボーン, 言われるや蠅, 言われる菜畠やちょっとした, 言われるの実験いずれ, 言われる西洋建築の美, 言われる西洋料理に調味料, 言われるは自己, 言われるとは何, 言われる大名の, 言われる警察界の古卒, 言われる豆腐屋の吉公, 言われる官の, 言われる質屋を始めました, 言われるで囚人, 言われるで物凄い, 言われる迄にも陋巷陋屋に, 言われる途中の気持, 言われる通りいま造って, 言われる通りこれだけでも其の, 言われる通り二三歩遠退い, 言われる通り今の世中, 言われる通り光があれ, 言われる通り彼は非常, 言われる通り船中みな気を揃え, 言われる通り返事をする, 言われる部分から直接, 言われる重要な結論, 言われる野見宿禰の, 言われるには不自由, 言われる長い鎖を, 言われる長老らによって三年間, 言われる限り日本には真, 言われる陰惨厳格なる家, 言われる階級の女以上, 言われる立って, 言われる青江三空曹のがんばり, 言われるは気の毒, 言われる類型は沢山, 言われる風景のところ, 言われる風速何十米かの突風, 言われる駒三郎さえもう, 言われる骨董紳商の面々, 言われるが悪魔