青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「肩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~肉 肉~ ~肉体 肉体~ ~肌 肌~ 肖像~ 肚~ 股~ ~肩
肩~
~肯定 肯定~ 肱~ 肴~ 胃~ 胆~ ~背 背~ ~背中 背中~

「肩~」 15616, 155ppm, 686位

▼ 肩~ (5953, 38.1%)

274 並べて 129 ならべて 97 すぼめて 95 叩いて 67 そびやかして 55 聳か 54 すくめて, たたいて, 叩いた 48 そびやかした 47 落して 44 入れて 41 ゆすって 39 たたいた 37 抱いて 36 つかんで 35 すくめた 32 持って, 聳やかして 30 張って, 怒らして, 掴んで 27 いからして, 並べながら 24 ふるわせて 23 組んで 22 すぼめた, 揉んで 21 ゆすぶって 20 揺って 19 いからせて 18 ぽんと, もって 17 そびやかしながら, た, 抱いた, 縮めて 16 つかんだ, ゆすった 15 怒らせて, 持つて, 振って 14 もんで, ポンと, 並べた 13 ゆすぶった, 叩きながら, 叩くと, 揺すって, 貸して 12 聳やかした 11 すぼめながら, 両手で, 叩いたり, 窄めて, 震わして 10 ならべながら, ゆすつて, 叩かれて, 叩きました, 寄せて, 抱くよう, 軽く叩い

9 [12件] すくめながら, そびやかせて, たたきました, つかまえて, ゆすりながら, 叩かれた, 打った, 押して, 押へ, 掴んだ, 突いて, 竝べ

8 たたきながら, 叩いたの, 叩く者, 押えて, 揃えて, 撫でて, 竦めて, 軽く叩いた, 震わした

7 [23件] おさえて, くんで, すくめるよう, すぼめるよう, ふって, ゆりあげた, 並べること, 並べるよう, 叩いた者, 叩き, 叩きます, 叩く, 打たれて, 抑えて, 抱くやう, 捉えた, 掴む, 揉ませながら, 揺った, 撫でた, 斜めに, 比べて, 聳かせ

6 [15件] おさえた, すくめると, そびやかすよう, ひいて, ぴくりと, ゆすぶつた, 出して, 引いて, 打って, 押えた, 持つ, 持つの, 捉えて, 見せて, 越して

5 [27件] あげて, おとして, かして, すくめる, すぼめました, たたかれて, たたき, たたく, たたくと, だいて, つついて, ふるわして, ぶつけて, ピシリと, 上げて, 並べると, 動って, 叩いたもの, 叩くもの, 左右に, 斬った, 昂げて, 竝べて, 落した, 落しました, 踏んで, 踏台に

4 [56件] いからせながら, うしろから, しっかりと, すかして, すくめたり, すべって, そろえて, たたいた者, つついた, つぼめて, ならべた, ふるわせながら, ぶるぶると, もつて, グッと, 並べたの, 入れた, 凝らして, 動かした, 動かして, 包んで, 叩くの, 小突いた, 怒らせた, 手で, 打ちすえた, 打つと, 抱えた, 抱きすくめた, 抱きながら, 押すよう, 押へて, 持つが, 指で, 振りながら, 揉ませて, 揺すぶった, 揺すぶって, 揺ると, 支えて, 気に, 片手で, 縮めたり, 縮めました, 縮める, 聳やかしました, 聳やかせて, 脱いで, 落しながら, 落す, 落とし首, 越えて, 軽く叩き, 震わせて, 静かに, 顫わせて

3 [94件] いからしながら, かえて, きゆ, くっつけるよう, して, すくめたが, すぼませた, すぼませて, すぼめたり, すぼめる, すぼめると, すり寄せて, すれすれに, たたかれた, たたく者, ちぢめた, ちぢめて, つかまえた, つらねて, とらえて, ならべる者, ひねって, ふるはせて, ふるわせた, もませて, ゆすったり, ゆすつた, ゆすぶりながら, ゆすりぬ, ゆすり上げた, ゆすり上げて, ゆすッ, ハタと, ピクンと, 一つぽん, 並べ, 並べた時, 並べ乍ら, 借して, 借りて, 入れるよう, 円くし, 刻んで, 前に, 叩かれたので, 引いた, 張った, 後から, 後へ, 打つ人, 打つ真似, 抑えながら, 抱きしめた, 抱きしめて, 押されて, 押した, 抽いた, 持った, 持つこと, 持つもの, 持つん, 掴まれた, 揉みながら, 揚げて, 揺すッ, 揺ぶつて, 揺りて, 搖り, 撫でながら, 敲いた, 敲いて, 敲かれた, 斜に, 比べるもの, 波の, 波打たせて, 濡らして, 突いた, 突き出して, 窄めた, 窄めながら, 竦めた, 縮めた, 縮めます, 聳し, 胸まで, 胸を, 落として, 見た, 貸せ, 蹴った, 震はせて, 顫わせた, 高くし

2 [308件] いからし肘, いからすよう, うごかした, うちつけて, うった, おさ, おさえ, お貸し, かえながら, かすつて水, かすめて, かすッ, かりて, くっつけて, くねらせて, ぐっと掴んだ, さすって, しゃくって, しゃくりながら, しや, すくませた, すくめそれから, すくめ頭, すぼめ, すぼめたまま, すぼめ加減, すぼめ大股, すり合せるよう, せばめて, せりあげて, そっと叩い, そっと抱い, そつと, そばめて, そびやかしたが, そびやかしたり, そびやかすと, そびやかすの, たたいたり, たたいてから, たたく人, ちぢめたが, ちぢめたまま, ぢつと, つかまれた, つかみ, つかみながら, つかむ, つかもうと, つかれて, つっついた, つっついて, とらへ, とんと突いた, どやしつけた, どんと叩い, なでて, ぬいで, はずして, ひっつかんで, ぴくんと突きあげた, ふりながら, ぶっつけた, ぶっつけるよう, ほぐしに, めがけて, もたげた, もたげて, もたせて, もちあげ, もった, もったり, もませた, もみながら, ゆさぶった, ゆすぶり, ゆすぶり十字, ゆすぶるので, ゆする, ゆり上げた, よせて, ギュッと, グイと, トントンと, ドンと, ムズと, ユスリ上げた, 一つ叩い, 一つ揺っ, 一捲, 上げた, 上げた其影法師, 下に, 不意に, 並べたかの, 並べたよう, 並べた二人, 並べて進ん, 並べました, 並べる, 並べるため, 並べるまでに, 並べるもの, 並べる程, 並べる者, 並べ得る人, 並べ静か, 並らべて, 二つの, 何んかの, 先に, 入れるん, 出すこと, 分けて, 切られて, 切る, 前のめりに, 力任せに, 動った, 動つた, 取って, 叩いてから, 叩いても, 叩かれたこと, 叩きあって, 叩き僕等, 叩くよう, 右から, 合わせて, 吊り上げて, 四角に, 固くした, 固く足, 圧しつけ五尺何寸其, 垂れたり, 女の, 寄せた, 寒そう, 小さく固くした, 小さく窄め, 小突きおい, 小衝い, 少しあげ, 峙てて, 左に, 幾度も, 引っつかんだ, 引寄せ, 張ったと, 張りぐんぐん, 張るの, 強くゆすぶつた, 当てた, 彼と, 後ろから, 怒らした, 怒らしたり, 怒らした反抗, 怒らしながら, 怒らし短い, 怒らせながら, 戦かして, 打たせて, 打たれたの, 打ちつけ合, 打ちながら, 打ちました, 打ちましたが, 打ち叩いた, 打ったの, 打つの, 打つもの, 打とうと, 抱いたり, 抱えて, 抱かれて, 抱きあつ, 抱きしめる, 抱きしめ身もだえ, 抱き手, 抱き締めて, 抱くと, 抱込んで, 押えました, 押されながら, 押しながら, 押しやった, 押し合って, 押すと, 押すやう, 抽い, 拍ち, 持たなければ, 持ちながら, 持ったり, 持つた, 持つぢ, 持つという, 持つやう, 持つよう, 持つわけぢ, 持ッて, 按摩し, 振った, 振つて, 振る歩き方, 捉へて, 掉って, 掠めて, 接して, 接するよう, 掴まえて, 掴みました, 掴み仙太郎, 掴むと, 掴んだの, 揃へて, 揉みながらも, 揉むの, 揚げ薄い, 握つた, 揺か, 揺がせながら, 揺さぶった, 揺すつて, 揺すぶると, 揺すりながら, 揺す振つたり, 揺られながら, 揺り上げて, 揺り動, 揺る, 搖ツて, 撫でる, 撫で髪, 撲った, 支えられて, 敲きながら, 斜っ, 斬り下げた, 枕に, 横に, 櫓皿の, 比すべき人, 比べた時, 流して, 流れて, 滑って, 濡らさなければ, 無気味に, 目がけて, 眺めながら, 硬くし, 示した, 突きとばした, 突くもの, 突つく, 突兀と, 細うし, 組みだらし, 組みながら, 組んだり, 組合って, 絞って, 縮る, 聳かす, 聳かせた, 聳した, 聳だ, 聳て, 聳やかしながら, 聳やかします, 聳やかしますが, 聳やかし眉, 聳やかす, 聳やかすばかり, 聳やかすよう, 聳やかせました, 自分の, 萎めました, 落したが, 落すと, 蔽うて, 袖で, 見て, 覗いては, 誰かが, 起して, 越した, 踏んづけて, 蹴られて, 軽くし, 軽くした, 軽くた, 軽くたたい, 軽く叩く, 軽く軟打, 較べる日, 辷って, 辷つて, 連ねて, 隠して, 離れて, 顫は, 駢べ, 駢べて, 高くした, 鷲づかみ

1 [2275件 抜粋] あげた, あてて, あわせながら, いからした清君, いからし大仰, いからせ, いからせた墨書き文字, いからせる程, いからせ緊張, いくども, いたわるよう, いよいよ紙雛, うごかすこと, うちし長き, うつ, おさえつけた, おさへた, おしのけるよう, おとしながら, おもち, かいた, かかえ込んで, かさねて, かすった, かすめ飛んで, からまれながら, かるく押し, がっしと, きゅっとすくめ, くじき君, くつつけ, くみあって, くらは, ぐいと突かれ, ぐっと上げた, ぐんと押した, こ, こすつて行, こちらに, こづいたもの, こづき立てましたから, こまかく揺っ, こらせて, さぐった, さした, さすり乍ら, しかと扉口, したたか梯子, しっかりだい, しっかり持っ, しめて, しゃくり台所, すかさずに, すくむるは, すくめさも, すくめたまま何度, すくめました, すくめるやう, すくめ右手, すくめ目交ぜ, すこしいからせ, すさまじくいからせ, すべり背筋, すぼめたなりに, すぼめた停車場, すぼめられると, すぼめるやらの, すぼめ卑屈, すぼめ引っ, すぼめ眼, すぼめ首, すり合うよう, すり合わせるよう, すれ違, そいで, そっと打, そばだて燃えるよう, そば立てた, そびやかしそして, そびやかしつつ, そびやかし地, そびやかし感想, そびやかし見るからに, そびやかす気持, そよがせ, そッと, たたかれたこと, たたきふくろ, たたき左, たたくもの, たたく時, だいた, だきすくめて, だく互に, ちぢめ庭, ちょっと叩きました, ついた, つかまえようと, つかまへたの, つかまれて, つかみ力限り揺, つかむよう, つかんだ者, つきながら, つく者, つつかれた, つつみその, つぼめ裾, つらね手, とらえた, とらへて, とんとん叩いた, どやしつけ飯, どんと突いた, なぐった, なでた, なほし, ならべさも, ならべたまま, ならべられるよう, ならべるもの, ならべ大吉, ねじった労働者, のめらした手, はすに, はずれて, はっては, はらし命, はり軍扇, ひきしぼめずには, ひそめた, ひどく打っ, ぴくつかせて咳き, ぴくんとあげるといつしよに芝居気たつ, ぴくんと聳やかした, ぴつたりと此方に, ふり, ふるわしかの, ふるわせたまま, ふるわせると, ふれ合せながら, ぶつけるよう, ぶつつけ合, ぷるぷるしてるにちがひない, ぽんぽんと, まるまると, みつめた, むずとつかんだ, めちゃくちゃに, もたうと, もたせこむよう, もち, もち竹童, もつた, もませたよ, もみ腰, もんだり, やさしくだき, やぶるらし, やわらかくさすっ, ゆさぶりながら, ゆすつたが, ゆすつて眉, ゆすぶつて笑, ゆすぶりつかつか, ゆすぶり腹, ゆすり, ゆすり乍ら, ゆすること, ゆっくり揉み出す, ゆりあげるの, ゆり動かすにぞ, よせた, わななかせて, キリキリと, グリグリさせ, ジュクジュクに, ズーン, ツカまれて, ドアーの, ブルブル震わせ, ユスリ上げ, 一つたたい, 一つ団扇で, 一つ打った, 一つ竦め, 一列に, 一層男, 三つそれから, 上げたものの, 上げ下げし, 下げて, 下げ首, 両肱, 並ぶる目, 並べその後, 並べた好意, 並べた探偵, 並べても, 並べて産んだ, 並べようという, 並べるぐらいに, 並べるという, 並べる事, 並べる程度, 並べ乍ら三つ, 並べ共に, 並べ得たつもり, 並べ沙漠, 並べ靜, 丸くすぼめ, 乗り出した, 乳房を, 二ツ三ツたたきながら, 二三度強く, 人指ゆびでとんと, 代えること, 仲間に, 伝い腕, 低く伏せ, 使う, 信吉の, 傷けた, 優しく抱い, 入れ, 入れたの, 入れた近所, 入れました, 入れるか, 入れるなんて, 入れる息杖, 入れ曳やつ, 六人も, 凝らしちまった, 凝らせないかの, 凭せ合っ, 出すと, 切った, 切傷の, 刺した人間, 前方に, 割られ右手, 劇しく, 助け花世, 動かした人, 動かし眼, 動し, 包むで頬, 半ば起しかけ, 単衣物の, 反らして, 取りまかれて, 叩いたと, 叩いたら直ぐ, 叩いてたり, 叩かれたもん, 叩かれる, 叩かんばかりに, 叩きかねない様子, 叩きますと, 叩き何事, 叩き廻って, 叩き部屋, 叩くので, 叩く奴, 合せたそうして, 合はせ, 咬みあって, 噛む, 四角く張っ, 垂れ襟, 変な, 夜具に, 大きく一, 大事に, 太った赤い, 寄せ, 寄せつけながら, 寄せ部屋, 實に, 小さい手, 小夜具, 小突いて, 小突きやがって, 少しく前, 少し揉め, 尖らした, 左右の, 差出したり, 引きしめました, 引き戻されたと, 引くと, 引戻された, 張ったり, 張つたのは, 張つて叫ぶ, 張らし曲淵甲州公, 張りながら, 張り傲然, 張り私, 張るぐらゐ, 強く叩いた, 強く撃たれ, 後ろに, 心持ちそびやかす, 怒らしたは, 怒らした彼, 怒らしてるひま, 怒らし腕組, 怒らせまして, 怖からせ, 思わずも, 慄わせ, 我等に, 打い, 打たれた遊び人, 打たれ顔, 打ちふるわせた, 打ち返した, 打った人, 打つ眞, 払うと, 抑えたかと, 抑えつけます, 抑へつ, 抜き打ちに, 抱いたまま, 抱えるよう, 抱かれ重吉, 抱きしめたかも, 抱きすくめて, 抱きたまう衣, 抱きよせそうして, 抱き何事, 抱き寄せて, 抱き頬, 抱締めたまま筆者, 押えた五郎, 押えるもの, 押さえた, 押しつけた, 押し並べて, 押し分けるよう, 押し込んで, 押へたり, 押分けながら, 拊ち, 持たれたま, 持ちたがるじゃ, 持ち上げながら, 持ったろう, 持つたおかげ, 持つつもり, 持つなんて, 持つほう, 持つ方々, 指先で, 振ったり, 振り仰いだ, 振り眉, 捉えられて, 捕えて, 捻じて, 掛ける, 推し, 掴え, 掴まうと, 掴まれれば, 掴み小森殿, 掴んだ検事, 掻き抱いた, 揉せられました, 揉ませるたんび, 揉み始める, 揉むこと, 描く線, 握った, 握りしめて, 揺さぶったが, 揺すぶりぬいた, 揺すり眼, 揺つて唯, 揺ぶっ, 揺ぶる, 揺りあげただけ, 揺りつつ, 揺り動かせながら, 搖すぶりながら, 搖つて聲も, 摩り合せて, 摺り合わせて, 撃たれた事, 撫で, 撫でりげに, 撼る, 擦りつけ合って, 擦り合わせ艶, 擦合せて, 支へて, 敲かれて, 斜か, 斬られたが, 昂げ使の, 晒木綿で, 曲つて洋傘の, 替えつつ, 有ったの, 柔く, 椅子の, 樽に, 母は, 比べる事, 氷の, 沈めるの, 没するほど, 泳ぐよう, 海月の, 深く, 滑り落ちた, 烈しく突いた, 無理にも, 片手に, 犇と, 男の, 痛ましく震わし, 目掛け, 真っ向から, 着物に, 私は, 突かれたから, 突きましたが, 突き合わせた彼等, 突く, 突っぱらして, 突張りながら, 窄めつ, 立てて, 竝べながら, 竦めるよう, 紅に, 細く乗出し, 細り, 組み写真, 組み波, 組むやう, 経て, 締め付けられた, 縮めかすか, 縮めつつ, 縮め暫くじっと, 羽二重の, 聳かし唸る, 聳てた, 聳やかしたくなる, 聳やかし一種, 聳やかし劇, 聳やかすやう, 聳動し, 背筋まで, 腰の, 苦業の, 落しましたが, 落し後, 蔽ふ, 衝かれ腰, 襲う, 見せその, 見たらきつ, 見つめる, 見入りながら, 親しそう, 觸らせた, 責めざるならむ, 貸し得たの, 貸せと, 貸ねば, 越えたり, 越す程, 跳び越さしたり, 踏もうとして, 蹴とばしたとたん, 車夫は, 軽くたたいた, 軽くカミン, 軽く押, 軽打した, 辣めて, 辷らして, 這ふ, 重ねるよう, 銀色に, 開いたため, 離さなかった, 震るわ, 震わすと, 預けながら, 顫はせる, 顫わせ激しい, 骨もろとも, 高く挙げ

▼ 肩~ (3092, 19.8%)

442 手を 114 して 71 かついで 42 かけて 40 掛けて 28 担いで 27 かかって 24 つかまって 21 かけた 17 のせて, 腕を 16 両手を 15 頭を 13 かけると 12 かけながら 11 すがって 10 載せて 9 波を 8 つけて, ひっかけて, 乗せて, 力を, 身を, 顔を 7 つかまつて, 片手を, 着て, 自分の, 頬を 6 かかった, のしかかって, 何か, 凭れて, 引っかけて, 当てて, 背負って, 軽く手 5 したまま, のって, 倚り, 垂れて, 懸けて, 置いて, 落ちて

4 [14件] かけたまま, かついだ, しがみついた, した, しっかりと, すがりついて, のせた, もたれかかって, 当った, 手が, 棒を, 縋りついた, 縋りついて, 足を

3 [52件] あてて, かかる, かけその, かけたり, かけました, かつぐよう, からんで, しがみついたまま, しがみついて, しながら, すが, すがったり, すがりながら, そっと手, それを, ついて, つかまったり, つかまりました, つるさがって, になって, まわして, ハープを, 両腕, 乗せられて, 乗って, 凭りか, 垂らして, 引つかけて, 後ろから, 懸って, 懸つて, 投げかけて, 抱きついて, 押されると, 担って, 掛けた, 掛けた赤髯, 擔いだ, 支えられて, 来て, 止まって, 浴びて, 爪を, 着せて, 立った, 綿の, 縋りながら, 置いた手, 置手ぬぐひ, 銃を, 隠れて, 靠せ

2 [145件] あてがって, いくつにも, うけて, かかりて, かかりぬ, かかり相国寺, かかると, かけ, かけたま, かけたるエボレツト, かけた鞄, かけられて, かける, かついだの, かついだまま, かついだ小さな, かつがれて, かつぎながら, かつぎました, かつぎ自分, かぶさって, かるく手, ぐったりと, さげて, さわった, さわって, しその, した姿, した数人, した男, した鉄砲, しては, しょって, し小さき, すがった, すがらせて, すると, たらした合総, つかまった, とまって, とまりき, ひっかけたまま, ひつかけ, ふりか, ぶらさ, ぶらさげて, またがりその, やさしく手, よりかかって, ソッと, 一本の, 乱れて, 交錯させる, 依り掛, 倒れか, 傷を, 冒されたので, 凭りかかっ, 凭れか, 凭れかかった, 出て, 前足を, 力が, 動かした, 受けて, 垂れ, 埋めた, 夜具の, 大きい波, 天秤棒を, 小袖を, 巻いて, 廻される, 引っ担いで, 引っ掛けて, 引掛け, 当てる, 当てるが, 彼の, 感じた, 感じて, 手拭を, 打撲が, 扶けられ, 投げかけた, 担いだ, 担いだ棒, 担ぎ, 担ぐと, 捉つた手を, 捲り上げた儘腰, 掛く, 掛け, 掛けた手拭, 掛けた襷, 掛けた黒木長者, 掛けながら, 掛け紺絣, 掛け草履袋, 掛りました, 掛る, 掛ると, 掴まりながら, 支へ, 支へて, 支械を, 斜めに, 星が, 止まった, 歯を, 濡手拭を, 灰色の, 爪立てて, 白烏が, 着せかけた, 示して, 立って, 立てて, 継布の, 綱を, 縋って, 縋つて, 羽織って, 翼が, 肉の, 背負は, 腫れられては, 腰に, 落ちた毛虫, 落葉が, 藤の, 触って, 触れた, 負おうと, 負って, 負わんばかりに, 赤十字ある, 軽くかけ, 重かった, 降りて, 集めて, 青い痣, 風を, 首を, 鳴る利助

1 [1495件 抜粋] あずけられて, あたる, あたれり, あつまる, あてがいながら, あてがったまま, あてた, あてても, あてる, あて塔, あの日輪, あらわな, あるあの, ある一, いたおじいさん, いわいつけました, うしろから, おいて, おしあてた, おつかまり下さい, おぶさって, おろす, お手, かおを, かかったの, かかってる, かかりました, かかり脈打つ胸, かかるしで恐惶謹言的状態, かかる手, かかれば, かくれた, かけいずれ, かけたそうして, かけたので, かけたサック, かけた両手, かけた処士, かけた外, かけた小学生, かけた手, かけた杉田, かけた絵の具箱, かけた船員, かけた袋, かけた雲水空善, かけだきすくめて, かけてるが, かけまた, かけるが, かける方法, かけサモイレンコ, かけハイヒール, かけ一段, かけ両, かけ出口, かけ右, かけ太い, かけ寅吉, かけ強く, かけ杖槍, かけ獰猛, かけ立上り, かけ胸, かけ鉈, かけ頬, かたげたまま, かついだが, かついだやう, かついだ両手, かついだ案内者, かついだ者, かつが, かつがれ輿, かつぎえ, かつぎヒユウ, かつぎ何マイル, かつぎ毎日怪しげ, かつぎ賞状, かつぐつもり, かつぐ飾り立てた華蓋, かぶりついた, からみ色, がっと, くい込むの, ぐったり凭れかかっ, こたえる, こぼれて, さげた知春, さながら出陣, さやる雑草, さわりながら, さわるの, しこたま背負い, したどう, したる次男甚吉, した丸太, した大工, した泥酔, した見すぼらしい渡り人夫, した近所, しっかりうけとめ, しつとり, しなだれかかった, しばしば, しみるよう, しょわせた包み, しチラリ, し創口, し或は, し疲れし脚, じっと乗せ, すがり, すがりその, すがり付きながら, すがる, すれすれであった, ずっしり喰いこんでる, そそり節, その白い, それから左手, たらした八つ, たれた髪, たを, ちっとも似合わない, つかまったかと, つかまった小さい, つかまらせたま, つかまり, つかまりな, つかまり一緒, つかまるが, つぎの, つけた彼, つけ引金, つみ重ねられて, つるして, とびついたもの, とまった, とまったトンボ, とまらせたり, とめて, とれ, どっぷり朱, なげかけて, なびけ瑠璃, なりなぞえ, ぬいと, のしかかるの, のせさえ, のせたの, のせた大勢, のせた聖クリストファ, のせられるの, のっかってたという, のぼらせて, のりあなた, はおったの, ひきずるよう, ひっかけた傘, ひっかついで, ひっ担ぎ声, ひろげて, ふさは, ふりかぶって, ふれたり, ぶつかった, ぶつかるので, ぶらぶらする汚れた, ぶら下る負担, まきつけたり, またがらせました, まっすぐに, まつわりました, まといついて, まは, みが, めりこむほどの, めり込むルックサック, もたせかけました, もたれかかった, もたれかかるほど, もどって, ゆいつけて, ゆるやかに, よみがえって, らくに手, わたして, ガッシリと, ギクと, シッカリと, ズックの, チラと, ヒヨイと, ピタリと, ブラリと, ホウキを, 一々アンダアライン, 一ヵ所であった, 一城下を, 一撃を, 一枝の, 一際重く, 三つ烙印の, 上げると, 上りぬ, 下げた中年過ぎ, 不用意に, 乗せた, 乗せられた, 乗せ売って, 乗せ辛くも, 乗ったまま, 乗り切らないで, 乗るの, 乘せた, 乱した半, 乱れた, 乱れた黒髪, 亂れし, 付いた翼, 余って, 來る, 依掛りながら, 倚せ, 倚りつ, 停留所前の, 先方から, 入る, 其の尖つた, 凭せかけて, 凭つて吾, 凭らせ引きずる, 凭れかかったり, 凭れ彼, 凭掛り, 切られた風, 切り込めば, 前の, 剰る一家, 力味を, 半ば保たせ, 取って, 取り縋って, 取る樣, 取縋り乍ら, 受け何事, 口を, 吊ったの, 吊りながら, 咬みついて, 喰い込んだ重い, 噛みつくよう, 在る幾多, 垂らしたサンド, 垂れかかる長い黄いろい, 垂れた濡髪, 垂れてる髪の毛, 垂れ過去, 埋まつたやう, 夜の, 大きな包み, 大変貴重な, 天王町の, 太陽が, 寄せて, 寄りかかって, 寄り添って, 寫眞機が, 小さな猿, 小猿, 居た白雲, 崩れて, 巻き天保銭, 延ばされたでは, 引かつぎ鼻唄, 引っかけがらくた, 引っこめながら, 引っ掛けたよう, 引つ擔ぎました, 引担い, 張りつけた様子, 当たって, 当てがって, 当て狙い, 当て静か, 当る, 当然かけ, 彼女の, 後から, 恋の, 感じたまま, 感じると, 懸けたるのみ, 懸けられし恩賜, 懸け袷短, 懸りたり, 我頭を, 手かけ, 手桶を, 打ちかけながら, 打ち凭, 打つ衝けては, 扶け, 投げかけるもの, 投げつけるだけの, 折り重, 抱付い, 押しつけたなり, 押し付けた, 担いだ一団, 担いでは, 担い得るであろうと, 担がれたよう, 担がれ二階, 担ぎあげるや, 担ぎ上げて, 担ぎ大変, 担ぐ風, 担つて小腰を, 持たせながら, 挟まれて, 振分けて, 捉つた, 捲くり上げて, 掛かりその, 掛けいなせ, 掛けさせ邪魔, 掛けたり, 掛けたる彩りたる紐, 掛けたザイル, 掛けた手, 掛けた箱, 掛けた鉄兜, 掛けました, 掛けられるべく皮, 掛けオースチン師, 掛け四方山, 掛け左, 掛け次, 掛け転げて, 掛ったの, 掛って, 掛る工夫, 接し南, 掴った, 援けて, 擔うて, 支えそう, 支えて, 支えようと, 散りか, 文字が, 斧, 新しい外套, 星ある, 暖かい日光, 月が, 有りとも, 条ある, 柄の, 柿色の, 棲って, 構えて, 止ったの, 止まり蛇使い, 歩いて, 残し, 気味の, 沁みる寒, 波打たして, 波打ちはっと, 泰造の, 流る, 浮き居る小さき, 浴びた日, 深夜の, 渦く, 源を, 漂う長き, 激しく息, 焔を, 煙管銜へ, 物を, 猟師が, 獅噛み付いた, 現われたの, 瓶を, 生白く懸け, 當つて音を, 登りて, 白い天井, 白く冴えた, 白髪が, 相当する, 眞近く, 着たもの, 祠の, 移つて非常な, 積った, 突きあたったり, 突き刺さったが, 立ちあッ, 立てました, 笈摺の, 筋違いにかけ, 紋御召の, 細かな, 組みて, 絆纏を, 結びつけられて, 絨衣を通して, 綱の, 締めつけた, 縋り, 縋りつきました, 縋りました, 縫って, 繃帶の, 纏って, 纏わる緋, 置いたまま, 置かれた小さい, 置かれて, 置きその, 置手拭を, 羽でも, 羽搏たい, 翼の, 肘とで, 背中から, 背負うと, 背負つてゐた, 背負はれ, 脇差は, 腫物が, 舁きまいらせたとの, 茜を, 荷うて, 荷って, 荷ひし, 萌黄の, 落ちかかる赤蜻蛉, 落ちると, 薄い衣, 藤いろ, 血が, 袈裟を, 袖で, 被さるやう, 被り面, 見せて, 親しげ, 触つて, 触れたの, 触れふたり, 触れること, 觸れ, 負いかけたが, 負い皮, 負うて, 負う髪, 負ひ, 負傷し, 質の, 赤色で, 跨がり頭, 跳りあがり, 軽く載せた, 載せたり, 載せ勇, 載せ折目, 載つた手, 近いあたり, 這上つて其の, 遮ぎられて東京, 重い荷, 重くかかっ, 重傷を, 金切れなんぞ, 金谷組総長と, 鈍く輝き, 鍬を, 長髪を, 降った雪, 陽の, 集りそれから, 雨が, 靠れ進まぬ足, 鞄を, 頤を, 額を, 顫え, 飛び乗って, 飛沫を, 食い入る, 馬乗りに, 高々と, 鮮かに, 黒いリボン

▼ 肩~ (1774, 11.4%)

159 上に 56 あたりに 50 あたりを 41 上へ 28 あたりが 27 ところに 23 上で, 荷を 22 あたりへ, 上から 15 荷が, 骨を 14 上まで, 辺に 13 辺まで, 辺を 12 あたりの, ところから, ところへ, 肉を, 間に 11 あたりから, ところを, 上を, 凝りが, 方へ, 肉が 10 あたりで, 骨が 9 あたりまで, ところで, ところまで, 上には, 上の, 凝りを, 間から 8 あたりは, 線が 7 ところが, 下に, 手拭を, 辺が, 重荷が, 重荷を 6 うえに, へんを, 傷は, 処へ, 所を, 間へ, 骨の, 高さ 5 あいだに, あたりも, へんに, 中へ, 処を, 力を, 方まで, 荷の, 辺りで 4 あたりにも, つまるほどか, 処に, 力が, 所に, 手を, 白さ, 肉の, 荷物を, 間を

3 [25件] あたりと, あたりには, あたりや, あたり膝の, うしろに, すきま, へんが, ほうへ, ような, 上でく, 上にも, 下から, 下まで, 付け根から, 入れ方, 幅が, 所まで, 方を, 痛さ, 肉から, 辺から, 辺で, 辺りを, 附根から, 骨は

2 [74件] あたり胸の, あたり針目あらはに, あたり鬢の, うしろの, ぐあい首頭の, すぼけた, そばへ, ちぢむ思い, つけ根から, つまるよう, ところの, ところも, はらないもの, はらない御馳走, は浅く, ほっそりした, ほとりに, めぐりに, よう, 一角から, 上さ, 下の, 丸味などは, 丸味の, 丸味は, 傷も, 傷を, 凝るところ, 凝るもの, 処が, 処まで, 力で, 四角な, 小屋から, 小屋へ, 張り胴から, 張り胴の, 形や, 後へ, 後ろで, 振分, 方から, 柔かさ, 柔さだった, 津その, 津上陸, 濡れは, 疵は, 疼み, 痛みも, 線を, 羽の, 肉づき, 肉に, 腫瘤で, 荷でも, 處に, 處へ, 負傷は, 軽さ, 辷りが, 辷り腰, 辺の, 辺へ, 辺りに, 近くまで, 運動を, 邊に, 重みが, 隙間を, 雪を, 骨も, 高さ六十一センチ, 黒髪を

1 [616件 抜粋] あいだから, あいだへ, あがった武者修行, あたり, あたりか, あたりきらり, あたりくっきり, あたりこの世の, あたりその, あたりなどは, あたりにだけ, あたりまでとか, あたりまでの, あたりクリーム色の, あたり一面に, あたり何と, あたり健康そうな, あたり羽目へ, あたり自分は, あたり衣紋の, あたり迄, あたり頸筋の, あひ, あひだ, あらわな, ありよう, あんま膏を, いかった身体付, いかつい二本差し, いかつい男, いかつい蒼白い顔, いかつい黒川教授, いかり具合などは, いれかた, いれやう, うえの, うしろから, うしろと, うしろへ, うしろより, うしろを, おも荷, かげに, かたちに, かるくなった, きん肉が, こけた男, こけよう, こったこと, こりが, こりなど, こりの, こりはげしく, こるところ, こる学問, これを, さきに, さきを, さびしい斜線, しこりが, しこりを, しなやかさ余り, しんみりした, すぐそばでたるませてあって, すぐ下, すぐ後ろ, すれ切った人夫ふう, ずっと上, そとに, そばで, そばに, そろったところ, た, ただ中を, つけねや, つけもとを, つけ根にと, つけ根まで, つまるほど, てんびん棒に, とこなんか, ところがばりばり, ところまでしか, ところ迄, とび出たぶかっこう, どの線, なつかし, はうへ, はずれに, はった人, はった形, はった色, はらない家, はる思ひ, ひだなどに, ひとゆすり, ひまより, ふくらみが, ふりかたに, ふるえを, へに, へんいちめんに, へんまで, へんも, へ堅牢, へ帶びて, へ投げ掛くる, へ襲, へ雲, へ頭, ほうを, ほねが, ほねと, まよ, まろい, めぐりにおほいなる, めぐりにひろごり我が, もり上った漁夫, も皆, やや怒った, ゆすぶり方, ゆすりの, ゆらぎには, わらんべが, わらんべを, をの, ガッシリした, ガッチリした, コリの, ショールに, ピンと, ヤナグヒを, 一つも, 一方へ, 一方を, 一突きで, 一角を, 一部が, 三峰は, 三角筋が, 上, 上お, 上からは, 上でした, 上などで, 上にぶ, 上へまで, 上へも, 上までか, 上より, 上よりも, 上下が, 上人の, 上品な, 上掩へる, 上柄には, 上盾を, 上矢は, 上項の, 下が, 下がった猫背, 下へ, 下りた心持, 下り工合, 下を, 下等肉を, 両方を, 両端から, 両端で, 並んだ振袖, 並んだ時, 丸いの, 丸さ, 丸みや, 人足共も, 位置柄頭を, 傷が, 傷とは, 傷手に, 傾きと, 優しい物ごし, 優男だ, 優男である, 先, 先に, 先へ, 入れかた, 入れやう, 具合だ, 円みと, 冷えるの, 冷たさ, 凝って, 凝の, 凝らないそれ, 凝らない物, 凝らない雜談, 凝らぬ同胞, 凝らぬ読み物, 凝らぬ読書, 凝らぬ読物, 凝りおのづゆるびぬくつろぎにけり, 凝りきった時, 凝りこれ, 凝りさうな, 凝りだんだん, 凝りなら, 凝りの, 凝りは, 凝りも, 凝り体, 凝るの, 凝るよう, 凝る性分, 凝る話, 凝を, 処から, 処で, 力に, 動かしかた, 動きに, 動きによって, 動くは, 動作が, 動作である, 匂いを, 厚い肉, 厚い臀, 君の, 呼吸から, 唐鍬を, 均衡を, 垂れ髪の, 堅さ, 壺を, 外套の, 天秤を, 嬌態引合せた, 子供は, 寂しさ, 寒かり, 寒さ, 小ささ, 小屋だ, 小猿, 小舎に, 小舎へ, 少しこけた, 少し緩やか, 尖った男, 尖った老人, 尖りを, 尖り膝, 岩盤を, 峯の, 巡査は, 工合ステッキの, 幅の, 幅は, 幅広く身, 幅胸幅も, 広い男, 廻りに, 廻りには, 弓矢を, 張ったいかめしい, 張ったわり, 張った堂々たる, 張った派手, 張った色, 張つた房一の, 張つた手足の, 張つた討論では, 張つた譯では, 張らないお客さん, 張らない店, 張りと, 張りや, 張りやうにも, 張り肩から, 張るよう, 張るを, 張る年配, 弾力に, 当った木綿物, 当て方に, 形が, 影から, 彼方から, 後から, 後または, 怒ったあんばい, 怒ったの, 怒ったオーバー, 怒った人, 怒った男, 怒った眼, 怒って, 怒つた頑丈, 怒つた駅長, 怒りよう眼の, 息で, 息に, 恰好が, 恰好を, 感触が, 感触を, 所から, 所で, 手に, 打撲傷だ, 打撲傷の, 扣金の, 持って, 按摩が, 振りも, 捻ぢ, 揺れ腹は, 搖り, 摩れ合うよう, 撫で下った小作り, 撫で下つた小作り, 支持の, 数を, 斑點を, 早打で, 昂ったの, 昂るやう, 暖簾を, 曲った醜い, 曲線や, 曲線背筋の, 最高峰朝日岳には, 月の, 服地を, 柔い, 柳絮を, 根射れ, 格好や, 棺は, 様子を, 様子山家の, 横っちょに, 欝血が, 欝血の, 欝血を, 正中の, 津, 津に, 清らかな, 滑な, 瀬の, 無い女形, 物と, 狩衣を, 狭い北ヨオロッパ, 狭い女, 狭い臀, 猫に, 画嚢を, 痍から, 痛いこと, 痛いの, 痛い担ぎ, 痛みが, 痛みを, 痛むも, 痩せた手, 痺れが, 瘠せた処, 療治に, 癖から, 皮が, 相, 真ん中が, 真上にあたる, 穴が, 突端に, 立った中脊, 竦みますます寒かっ, 筋肉が, 筋肉は, 籠から, 籠を, 糞力ときたら, 紕は, 細ったそして, 継ぎに, 継目の, 線それへ, 線は, 線白い, 線襟を, 縫目の, 繁凝, 美しさ, 老人が, 聳えたの, 聳えた懐手, 肉か, 肉さえ, 肉すなわち, 肉だった, 肉つきや, 肉は, 肉も, 肉をも, 肉塊と, 肉背丈など, 肉腕の, 肉酢っ, 肉酸っぱい, 肌に, 肌を, 肥ったきかぬ気, 肩掛を, 脇から, 脇へ, 腕が, 腕の, 膚眞白く, 荷に, 荷は, 荷物に, 荷物へ, 落ちたその, 落ちたよう, 落ちた容子, 落ちた若い, 落ちるやう, 落ちるよう, 落ち工合が, 蔭で, 蔭へ, 薄くなった, 藍が, 藤衣の, 處ぺろり, 蝶結びの, 血は, 衣の, 表情には, 表現すら, 袖付の, 襞を, 見えた家, 角ばった人です, 角度や, 角張ったいかにも, 負傷くらゐ, 起伏につれて, 輿を, 轎を, 辺, 辺より, 辺りへの, 辺りまで, 運動でも, 運動一つで, 部分に, 重きを, 重苦しいの, 重荷でも, 重荷に, 釣合いの, 釣革を, 鉄砲疵の, 銃の, 錦布が, 鎖骨と, 長い棹, 長持, 間の, 間より, 関節を, 闇黒に, 附け根, 附根だけで, 附根まで, 陰に, 隙からも, 隙間では, 雪かな, 震うばかり, 震えが, 青いお召物, 頂面に, 頑健な, 頭の, 顫え, 駕籠に, 骨ぐみに, 骨に, 骨折です, 骨腰の, 高さ五十センチ, 高さ四フィート四インチ, 高さ四十一センチ, 鳴る音, 鼓を

▼ 肩から~ (827, 5.3%)

30 胸へ 11 斜めに, 背へ 9 かけて 8 斜に, 胸の 7 上を, 胸に 6 手を, 胸まで 5 下へ, 乳の, 二の, 左の, 掛けて, 水を, 背に, 腕へ, 首を 4 おろして, さげて, 上の, 両腕, 右の, 外して, 背中へ, 腕を, 腰へ

3 [18件] せなか, はすかい, はずして, 上が, 下げて, 力を, 卸して, 垂直に, 紐で, 肩へと, 背にかけて, 背中の, 胴へ, 胸を, 腕から, 腕の, 腰の, 膝の

2 [51件] あるか, かごを, さげるカバン, ずり落した, ずり落ちそう, ちり毛もとぞ, てんびん棒を, ななめに, はずした, ぶら下がって, カバンを, ヒジまでの, 上膊へ, 今にも滑り落ちる, 写真機を, 小鈴, 左乳下へ, 掛ける鞄, 暗くなっ, 氷を, 浴びた, 片膚, 縄で, 罪状を, 肩の, 肩へ, 背すじにかけて, 背すじへ, 背の, 背を, 背中にかけて, 胸から, 胸への, 胸胸から, 脊へ, 脊中へ, 腋の下へ, 腕にかけて, 腰へと, 袈裟に, 裙へ, 裾の, 裾へ, 解いたか, 銃を, 頸の, 頸筋へ, 首へ, 首筋へ, 首筋を, 首筋額へ

1 [487件] あびる, あらゆる公平, あんなに血, いつもかけ, うしろへ, うしろ袈裟に, おとり下さるよう, おりたよう, おりようと, おろした, おろした今, おろした具足櫃, おろしもんぺ, おろすこと, お賓頭盧様みたいに, かけたの, かけたり, かけた勇吉, かけた新聞, かける雑嚢, かけピストル, かけ剣, かけ流す昔, かばんを, ぐしょ濡れに, ぐなりとそげている, けさがけに, こう蹴鞠, こちら側へ, これを, さげ毎日正午すぎ, しだいに姿, じきに太い, すぐ顔, すっぽりと, すべって, ずり下っ, ずり落し襟元を, ずり落ちた, ずるずるっと, ずるずると, ずれ落ちた, そっとのぞく, たらたらと, たれ下がって, ちぢまるよう, ちょっとのぞい, つけて, つって, つり下げそれを, つるされパンシオン・ソモロフ, つるして, とって, とらはのたりと, ないん, ない身体, ながれる長い, なげすてるその, ななめへ, なにかさげ, ぬいで, のぞいて, のぞいてるの, のぼりかけて, のろのろと, はおり木, はずさなければ, はずしコップ, はずし中, はずし桶, はずすと, はなれて, ひっかけて, ふいと, ふくやかな, ふくらんだ胸, ふって, ふりすて日本, ふり下し, ふわりと, ぶっかけられた, ぶらさげて, ぶら下げて, ぶら下った, ほとんど下腹部, むき出しに, もたれかかる様, もともとそれ, わきの下にかけて, ウォルトが, ガウンを, グッと, スクスクと, ズボンの, タオルから, タオルを, タラタラと, タラタラ滴る, ドクドク血が, ネオンの, ハープを, バンドで, ブラ下げ, リュックを, 一つズックの, 一なすり, 一人は, 一種の, 上ぐらい, 上と, 上に, 上ばかり, 上ばかりに, 上下五時間を, 上膊の, 下が, 下げヒョロヒョロ, 下された, 下され枯草, 下しか, 下した辨當, 下には, 下の, 下は, 下りがんりき, 下りながら, 下ろされ地下, 下ろした八弥, 下ろして, 下ろし注意, 下を, 不気味な, 両手にかけて, 主人の, 乳へと, 乳房にかけて, 乳房の, 以下を, 何かを, 倒に, 先に, 先の, 先を, 全く彼, 兼好の, 出たの, 出て, 出る早川, 切り取ったよう, 切先まで, 前に, 剥いで, 力が, 力なく, 北西に, 千切れた, 千貫の, 卸した, 卸した背嚢, 卸しました, 取り卸して, 取下ろした不動尊, 取落した, 台座に, 各々が, 吊した小太鼓, 吊した水筒, 吊し手, 吊ったの, 吊った二合瓶, 吊った屈強, 吊った水筒, 吊って, 吊り崖, 吊るしたところ, 吊るした女ども, 吊るよう, 吹き下ろす風, 咽喉と, 嚥みおわり, 四角な, 地面に, 垂らした臙脂色, 垂らして, 垂れたばかりの, 垂れた懸け衣, 埃に, 堕ちた, 外しかけた, 外した, 外し卓上, 外し輝いて, 外れそう, 外れたいよう, 外れて, 外套という, 大型の, 大袈裟がけ, 大袈裟に, 奥の, 奪はう, 守袋の, 小児の, 小腋, 小舎までは, 小鬢の, 尻まで, 尾筒に, 居間へ, 左へ, 左胴まで, 帯を, 床に, 廂へ, 引き掛けて, 引っかけた丹前, 引っかけて, 引っ懸けた, 引掛ける, 後ろに, 後ろ向きに, 徐々に位置, 息が, 感じられた, 我が背中, 手さえも, 手で, 手にかけて, 手先の, 手手から, 手足の, 手身に, 手風琴を, 手首近く, 打ち下す時, 打つ掛けて, 投げた, 投げ出すよう, 投げ出す者, 抜けて, 抜け出して, 押し出すやう, 拳まで, 拳銃の, 拳銃帯を, 振り落しむき直っ, 掛けた三人, 掛けた鉄砲笊, 掛けられた繃帯, 支械, 放しにく, 斜かいに, 斜っかけ, 斬り下げた, 日出雄少年を, 曲げるやう, 月に, 月丸の, 東へ, 染めた, 桶の, 楽器を, 榛名山の, 横に, 横顏を, 横顔に, 横顔を, 毛皮の, 流れる線, 流れる袖, 流れ出て, 流れ落ちて, 浴びた受付, 浴びた黒紋付き, 浴びて, 浴びました, 浴衣を, 深く包ん, 深紅の, 湯気が, 満身へ, 滑ったの, 滑らして, 滑らせたまま, 滑り落ちそう, 滑るの, 灯りと, 灰いろ, 無造作に, 片側出した, 猪首の, 玩具の, 瓢箪を, 生えた瘤みたい, 生活の, 画板と, 白い包, 白い繃帯, 白毛糸の, 真っ赤に, 真直ぐに, 眼前に, 着くずれ, 着物を, 矢車草に, 私を, 稍や, 穂先まで, 空を, 突込む, 立ち上って, 筋違に, 簾が, 籠を, 細く東北, 絵具箱を, 総身へ, 纏うて, 置形の, 羽根を, 羽織つて両, 翼飜然と, 肉を, 肩を, 肩掛を, 肱へと, 背から, 背が, 背それから, 背へと, 背一杯に, 背中に, 背中まで, 背中を, 背中腰足などに, 背中迄を, 背嚢を, 背横腹臀さら, 背横腹臀さらさら, 背筋へ, 背筋までが, 背負ふ, 背骨まで, 胴に, 胴まで, 胴体を, 胴脇腰へ, 胴腰から, 胸が, 胸と, 胸にかけて, 胸にかけては, 胸をね, 胸両, 胸元へ, 胸当てを, 脇に, 脇の下へ, 脇の下まで, 脇へ, 脊中にかけて, 脊筋へ, 脱いで, 脱け, 腋へ, 腕, 腕が, 腕に, 腕へと, 腕への, 腕胸から, 腰から, 腰に, 腰にかけて, 腰まで, 腰までの, 腰を, 腹にかけて, 腹へ, 膝へ, 膝一面に, 膝頭へ, 自然に, 舞い上がった, 花の, 荷を, 落ちさうに, 落ちそう, 落ちて, 落ちる石, 落とされて, 藤八猿を, 血が, 血を, 血塗れに, 衣の, 衣物を, 袈裟がけに, 袈裟がけ実に, 袈裟を, 袈裟懸けに, 袈裟斬, 袈裟斬りに, 袖が, 袖を, 袖口にかけての, 袷の, 裳まで, 襟の, 襟へ, 襟を, 襷を, 見えて, 覗いた, 覗いて, 覗き込ん, 覗き込んだり, 観世よりの, 豊かな, 豊に, 負われかかって, 足の, 足へ, 足へと, 足まで, 足までも, 足もとまで, 足元まで, 路を, 踝までも, 身体へ, 車掌の, 転落した, 輦台を, 辷った半身, 辷らかす, 辷り落ちた, 辷り落ちた一束, 迎へた人足の, 逆さに, 遠くの, 釣って, 釣つたこれも, 釣り下げたり, 釣るした人形箱, 釣るした袋, 釣るす種類, 鉄砲を, 長い緋色, 長い革袋, 防空面の, 降し橋, 降りた気, 降ろして, 雙眼鏡を, 離さないところ, 離れた, 離れて, 離れなかった, 離れは, 雲を, 青白い妖星, 非常に, 革ひもで, 鞄を, 項を, 頬の, 頭から, 頭の, 頭へ, 頭を, 頸元への, 頸筋に, 頸頸から, 顔まで, 顔を, 飛び下りた小, 飛び下りた物, 飛降ります, 飴の, 首から, 首に, 首の, 鮮血を, 鳩を, 黒いマント, 黒髪に

▼ 肩~ (632, 4.0%)

126 手を 41 かけて 11 掛けて 7 両手を, 顔を 6 かけての 4 ピタリと, 垂れて, 当てて, 自分の, 首を 3 つかまって

2 [25件] かかって, かけながら, かける, かついで, しがみついた, すば, そっと手, つかまつたり, とびついた, のせて, むずと手, 力を, 唇を, 小枝, 引つかけて, 彼の, 後ろから, 掛けては, 流れて, 立てて, 肩から, 腕を, 軽く手, 飛び着かせたり, 飛び移った

1 [361件] あてながら, いきなりしがみつい, いやといふほど, うしろから, うまくすっぽり, おいて, おくるだらう, おすがりなされませ, おひかぶさり, お掴まりなさい, お貸しなさい, かかったあたり, かかった手, かかった髪, かかり裾, かがみこみながら, かけさせて, かけた, かけたまま, かけた手拭, かけた連中, かけつづいて, かけては, かけもの, かけようと, かけられた手, かけると, かけ布袋, かけ帰って, かけ手首, かけ押据ゑん, かけ異国, かけ立膝, かけ胸, かざすと, かしげて, かついだり, かつぎあげて, かつぎかえたりしながらも, かつぐやつ, かぶった女たち, かぶりついて, からんで, くずおれた紫陽花, こたへ, この通り, さりげない, さわって, さわりました, しなだれかかったり, しなだれかかる, しなやかな, しぼって, しよつて, じっと目, じつに器用, すがって, すがらして, すべらせて, すべらせ身じまい, せっせと湯, そっと寝具, その白い, それこういう, それを, だらしなく靠れ, つかまつて, つかまりながら, つかまりねえ, つかまりますと, つかまるやう, つかまる羽織, つけた, つらまったら, づかと, とる, ながれた, なりと, なれなれしく手, ぬっと手, のせるそれから, のせると, のって, のぼります, はいあがった, はいったら, はっきり大幅, はねあげ糸目, はね上げてかが, ひきよせながら, ひっかけて, ひつかけ, ひょいと載っけ, ふりかかり滴, ふり乱し両, ぶっ付けた, ぶつかった大男, ぶつかった時, ぶつ掛け, ぶら下がったり, ぶら下がって, まくり上げて, または腰, まわつた, めりこんだよう, もういつ, やった左手, やって, やわらかい手, ゆり上げると, よっかかった, よりかかった, よりかかって, よりかかる, ガッとばかりに, キラキラと, サッとあげた, サツと, ズーンと, ソッと, チラリと, ネイルが, パラパラと, ピラと, ミヤマナナカマドや, 一寸かける, 上げて, 上げながら, 下り口に, 両足を, 中ったか, 乗せたかと, 乗せて, 乗せられて, 乗りました, 乘たる, 仰向けに, 伸びたの, 伸びた刹那, 充分のぞませた, 入り背骨, 兩手を, 凝ってども, 出ると, 切りつけた, 前肢を, 動かして, 医学士と, 取って, 取縋らせて, 吊り下った, 善兵衛は, 喰いつくよう, 噛付きました, 垂げて, 垂らしたたっぷり, 垂らした六十余り, 垂らした少女, 垂らして, 垂らし鑢, 垂れたその, 垂れた老年, 垂れ下つてゐる, 垂れ蒼白め, 墨を, 声を, 大きな手, 大火傷, 奪って, 女に, 寄って, 寄りかかる, 寄り掛からせた, 寄凭る, 小林さんが, 左手を, 帯へ, 廻して, 廻し髪, 廻すなり, 廻そうと, 廻って, 廻るの, 引っかけあくび, 引っかけて, 引っかついでる, 引つ掛けて, 引ッ懸けた, 当った, 当ったが, 当るも, 懸けて, 懸け黒地無紋, 手が, 手位は, 打ちかけたが, 打ちこんだと, 打って, 打込んだ, 投げかけて, 投げつけること, 投げ掛けた, 抜けた大きな, 抜けて, 抱き取った, 担いだ, 担いだが, 担いだ彼ら, 担いで, 担うにも, 担ぎあげた, 担ぎあげる仕度, 担ぎ九十郎, 担ぐと, 拔けて, 拳骨を, 挂けて, 振りかかって, 振りかけ白衣, 振り上げて, 捉ま, 捉まる, 捲きつきました, 掌を, 掛かった, 掛けたの, 掛けた手, 掛けた男, 掛けた風呂敷包, 掛けても, 掛けながら, 掛けられた吉里, 掛けられるの, 掴まって, 散りか, 斑の, 斑を, 斜に, 斬りこまれた, 斬りつける, 斬り付けた, 斬り付ける, 斬り附けられた守人, 曲げて, 書かれて, 木の間から, 杖を, 来た, 来るを, 栄三郎の, 槍を, 横顔で, 止まった, 沈めた, 沸湯を, 波の, 流れるキャベツ色, 浴びせたの, 浴衣を, 深々と, 深く切付ける, 深く切掛けました, 深く喰い入った, 湯を, 濡れ手拭を, 無言の, 無頓着に, 熱湯を, 片手を, 片足を, 牡丹の, 痣を, 登った, 登ったとき, 登り荷物, 白刃を, 眉毛まで, 着せかけた, 着せそうして, 矢が, 石が, 確り攫ま, 私の, 移された, 移されました, 移した, 移すだけ, 移った, 移った時, 移り出した, 空を, 突き拔ける, 突き貫け, 竿を, 米しぼり, 絡ませて, 続いて, 繃帶だらけに, 羽織つた, 老人の, 肉を, 股へ, 胸へ, 胸を, 脇明白き, 腰へ, 自然に, 舞い下りたが, 舞ひめぐり, 舞立った, 色気を, 落ちては, 落ち重なるの, 藍にて, 虎の, 血が, 血だらけに, 袈裟がけに, 袋を, 袖で, 襟へ, 触ったり, 触った手, 触れようと, 触れると, 触れる機会, 觸つ, 負わされた気, 貴き御, 貸本ぐるみしなだれかかる, 赤ネクタイを, 足を, 載せたり, 載せて, 載せました, 載っけて, 辷って, 近づいて, 逆樣, 遠慮なく唇, 鉄砲の, 長い手拭い, 長い髪, 隆起し, 離れて, 雪の, 靠らせた, 靠れ掛るもの, 頤を, 顎を, 飛びつき指先しなやか, 飛び乗った, 飛び付いて, 飛び移りました, 飛車を, 食いつきそう, 食い上がって, 食い入って, 鬢へと, 鮨箱を, 鶴子を

▼ 肩~ (497, 3.2%)

14 凝って 5 こって, ふるえて, 凝つて, 張って 4 はる, 凝る, 凝ると, 出て 3 はるといふ, 小刻みに, 怒って, 痛い, 痛くなった, 私の, 腫れる

2 [28件] あらわれて, いたいたしいほど, こまかく顫, しなやかに, すぼけ, すぼんで, はって, スーッと, 凝ったり, 凝つて来, 凝るという, 動いた, 寒そう, 思い切って, 急に, 抜けたよう, 抜けて, 揺れると, 擦れ, 板の, 現われた, 痛くなる, 瘤の, 空いて, 聳え, 腕が, 軽くなった, 輕く

1 [370件] あがり頭, あって, あとへ, あらしの, あらわれそれから, あらわれついに, あらわれ腹, ありありと, あるから, いかって, いかつて, いかりおむすび, いかり手, いくらか, いくらか固く, いたいとか, いま与吉が, うなだれて, おち昂然, おっさんの, かかると, かがんで, かすかに, かるくなる, がくんとゆれ, くらがりの, ぐっしょり濡れ, こけた, こったり, こつたり, この数日, こまかくふるえ, こまかく動いた, こらない相手, こらなかった, こりカツラ, こると, こるとか, こるので, こるらしい, こんなにひどく, こッて, ごつごつと, ごつん, さも切り, さわって, ざわざわと, しつきり, しゅくっと, しよんぼりとして, じりじりと, すくんで, すこし尖っ, すっかり剃れ, すつかり, すらりと, すれすれに, すれちがうの, ずっこけて, ずり落ちネクタイ, ずんぐりし, ずんぐりと, その度び, その風, そびえどの, それを, ぞくぞくする, ちょいと, ちょっとその, ちらちら見えた, つかえて, つき當, つまって, つまるよう, でる, ともすれば男, のり出る, はげしく息, はったとか, はつた, はら無い, はりさせて, はるぞ, はるよう, はれ上って, ひくひく動い, ひとつの, ひどく凝っ, ひどく怒っ, ひよい, びくついて, びくびくと, ぴくりと, ぴたりと, ぴよいぴよい目の, ぴんと尖った, ふくらんで, ふるえ嗚咽, ふれた, ぶつかつ, ぶるぶると, ほぐれて, ほころびて, まず顫, まるくでっぷり, むきだされた, むきだしに, むなしく現れ, めり込むわ, もう彼, もそもそやぶけ, もまれるかい, もり上って, やけどを, やや聳えた, ゆすれるの, ゆらゆら揺れ, ゆるいで, わな, グイと, コチ, ピンと, ブルブルふるえた, 一刹那沈む, 丁度壁, 下つて, 下りるやう, 並び或, 並ぶ, 丸く腰つき, 休まると, 休まるん, 何かで, 何處にも, 例の, 傾いて, 先に, 光を, 入りません, 冷えて, 凝った, 凝ったという, 凝ったもん, 凝ったらあんま, 凝ったろう少し, 凝ったん, 凝ってねえ, 凝つたら体操, 凝つていかん, 凝つて仕様, 凝らずいながらにして, 凝らない, 凝らないが, 凝らないし, 凝らないだけでも, 凝らなくってね, 凝らなくて, 凝りきった時, 凝りゃあしませんか, 凝りやがった, 凝り歯, 凝り肩癖風, 凝り荷, 凝るくらいが, 凝ること, 凝るさ, 凝るでせうね, 凝るなら按摩さん, 凝るの, 凝るほか, 凝るほど, 凝るもの, 凝るやろと, 凝るよう, 凝るナンテ事, 凝る音楽, 凹み込んで, 出る時, 切る涼風, 利かないので, 前に, 動いたので, 動いて, 動きました, 動くと, 動くの, 千金の, 千鶴子に, 固うございます, 堪へ性, 壁の, 外れて, 夜の, 大きくゆれ, 大きく揺れ, 大きく揺れた, 大きく波うっ, 大きく波打っ, 大きく浪, 大きな波, 天井に, 女まじり, 妙に, 安まっ, 宙へ, 寒い, 小さくふるえ, 少しいかつい, 少しくいかつい, 少しずれ, 少し厚ぼったく, 少し落ち, 尖って, 尖つて, 峰の, 崩れて, 広く腰, 引きつるよう, 張った, 張ったと, 張らなくツ, 張り腕, 張るね, 張るの, 張るやう, 強く骨, 微に, 怒つて, 怪しい笑い, 悠然とうごい, 慄え, 抜けたという, 抜けないし, 抜けるばかり, 拔けた樣に, 挂蒲団から, 挑戦的に, 据えられると, 揉みほぐせるか, 描かれて, 揺れたよう, 揺れた片手, 揺れるの, 搖れると, 撓って, 擦れた, 擦れ合, 映り看護婦, 時々波, 晩秋の, 曉の, 曲ってるから, 月の, 本箱机箪笥火鉢などは, 檻の, 殺げて, 水の, 水平で, 水紅色のより, 波うちはじめた, 波の, 波を, 波打って, 波打つて, 波打つの, 泣いて, 浮いて, 浮んだ, 浮んで, 激しく波打っ, 濡れて, 烈しく波打った, 無くては, 無くならぬ限り, 現はれ, 現われて, 現われ頸, 生えそれから, 男の, 痛いと, 痛くとても, 痛くなり, 痛くなり出さない, 痛くまた, 痛みは, 痛む, 痛むと, 痛むので, 痛む腰, 痛んだり, 痛んでね, 白く剥げ, 直ったえ, 着物の, 瞬間に, 石段を, 稍扁平な, 突き出て, 突き当たり擦り合って, 突き当る度, 窶れて, 糞土を, 細い, 細いと, 細かくふるえ, 細かく刻まれ, 細かく刻まれる, 細かく波, 細りしましたげなよ, 細りとして, 聳えた, 聳えて, 背後の, 胸を, 腐れた雨戸, 腕の, 膨り, 膨れ上がるかも, 自然に, 舷にか, 落ち腰, 薄寒いよう, 裂けるか, 見えその, 見えそれから, 見えだす, 見えて, 見えない妖霊, 見えました, 見えるほど, 見え足, 触れた, 触れるので, 触れるほどに, 触れ合わない限り, 足の, 軽くて, 軽くなっ, 軽くなり, 軽るく, 輝く, 辷って, 重かった, 重くなった, 重くなりました, 重くなる, 重く意識, 重く湿る, 重なって, 重なり飢ゑてふらふらの僕, 重苦しそう, 鍵盤の, 闇の, 離れて, 震えた, 震えて, 非常に, 靨の, 頑丈すぎ, 頑丈で, 頭が, 頸より, 顕れる, 顫え, 飛んでも, 食みだした, 高まって, 魚の, 黄いろい金鎖草, 黒い着物

▼ 肩~ (463, 3.0%)

91 息を 47 呼吸を 41 風を 9 大息を 6 大きい呼吸, 溜息を 5 喘ぎながら, 風切る 4 いきを, 暖簾を 3 ついた, ついて, 呼吸し, 大きい息, 大きく息, 押して, 笑いながら, 笑って

2 [17件] あらく息, かすかに, しごくと, ドアを, 分けて, 塞ぐほど, 大きく呼吸, 大きな呼吸, 大きな息, 息し, 扉を, 押し分けて, 押す, 梶を, 笑った, 笑つた, 調子を

1 [187件] あつたり, あんまりすさまじく, うなずいて, おかしそう, おさえつけられて, おし拡げ, おっさんの, おどけた, お願いしやす, かすかな, かついだ長い, かついで, こう捻向い, こたえて, こらえて, さらりと, しきりに青い, しゃくり上げて, すすりあげながら, する思はせぶり, せいせいいう, せいせい息を, せかせか嗤, せせら笑って, ぜい, その肩, ついたまま, ついむこう, つかれたよう, つきあって, つく息気, にないあげると, はげしく息, はねのけた, ひと押し, ふれた, ぶつかって, ぶつかるよう, めっぽう疲れた, よりかかる, よれついたの, わけて, わけながら, わざとらしくない, わざと押し, ガッシリと, クリストフを, グッーと, シナを, ゼイゼイ声も, テーブルを, トンと, ドアに, ドアーを, ドックの, ドーアを, リュックを, 一寸押した, 一寸揺っ, 一突難なく, 乱して, 事務室への, 二つ三つ荒い, 二挺立ての, 人を, 人垣を, 人波を, 人浪を, 今松, 他人を, 信一の, 信吉の, 分けた, 分けた半身, 切った風, 切りながら, 刎ねた, 加減を, 勇ましいところ, 半ばう, 卒塔婆を, 又八は, 受けとめる所, 吃驚の, 吊った芥子色, 吐く, 吐息を, 呼吸, 呼吸だ, 呼吸づく, 咽んだ, 喘がなくては, 喫茶店の, 嗚咽し, 土を, 圧されて, 大きな吐息, 嬌態え, 安らうごくわずか, 家々の, 寒さ, 寸法を, 小次郎の, 小突いた, 小突いて, 小鳥の, 少しばかり, 平次の, 幾度と, 息こそ, 息する, 息づきながら, 息ながら, 息ばかり, 息気を, 戦慄し, 戸を, 払った, 押えられて, 押しあげて, 押しすすめながら, 押しまた, 押し出されたよう, 押し割りながら, 押し合いながら, 押し戻されて, 押し込んで, 押し開けて, 押し除けて, 押し除けられたり, 押す貨車, 押へて, 挨拶を, 振り退けた, 捻じて, 捻向く面, 掻分け, 掻縮めた, 揺りながら, 支えて, 材木を, 板戸に, 波を, 波打ちながら, 波打って, 泣いた, 浪を, 深く息, 激しく息, 激しく息気, 烈しく呼吸, 烈しく息, 烈しく溜息, 矢が, 突き破ろうと, 突く, 笑いました, 笑う, 笑ったちゃんちゃらおかしい, 笑った伊集院, 笑つて見せました, 笑ふ, 箱の, 結んで, 背負子を, 脊筋で, 船を, 船尾の, 苦笑した, 荒い呼吸, 襞を, 言葉で, 踊って, 躍って, 躍りかかった, 運ばせるの, 運び入れられた, 運ぶくらいの, 運んだ, 遮ぎられる, 重たく波打つ, 開けて, 防ぐ身構, 障子を, 音波を, 風切つて, 風切り往来の

▼ 肩~ (229, 1.5%)

17 肩とを 13 肩を 7 肩とが 6 腰の 4 肩が, 肩と, 肩の, 胸と 3 肩との, 胸が, 腕に, 腰と, 足とを

2 [12件] すれすれに, 山の, 肩に, 胸とを, 胸に, 胸を, 腕とに, 腰が, 腰を, 足を, 頭と, 頭とを

1 [131件] あまりちがわない, いい腰, いかにも呼吸, いはず裾といはず, いわずおよそ, いわずそれ, いわずまつわりついて, いわず二の腕, いわず赤く, いわず頭, おぼしい所, お肩, くびれた裸, すれば, すれ合うくらいに, その大きな拳, だんだんに冷えこみ, ふっくりした, ぼってりした, ぼつてりした, みるみる深く, 一緒に, 三里に, 上膊の, 両脚の, 両臂, 両足とで, 並べて, 乳房と, 云う, 云わず胸, 云わず腹, 伝って, 優雅な, 兩袖と, 共, 前足が, 半背, 口とで, 太い首, 女の, 左の, 帽子とに, 平らに, 平行する, 平行に, 建御名方の, 引きずる靴, 強情で, 思ふあたり, 意志の, 手とに, 手に, 手を, 握り合した手先, 擦れ寄り, 擦違い, 柱の, 槇の, 横顔と, 横顔を, 油気の, 温泉宿の, 熱意の, 盛り上がった腕, 相摩する, 結びあ, 老母の, 聞き寒き, 肘とを, 肘の, 肩とで, 肩とは, 肩とも, 肩顔と, 背とを, 背には, 背へ, 背を, 背中が, 背中と, 背中とに, 胴と, 胸で, 胸とに, 胸の, 胸は, 胸へ, 胸らしい, 脇を, 脚に, 腕, 腕が, 腕だけを, 腕と, 腕とは, 腕とを, 腕の, 腰とで, 腰とに, 腰との, 腰に, 腹とで, 腹とを, 膝とに, 臀部の, 袖で, 裾の, 裾を, 言はず雪が, 言わず部屋全体, 言わず降りかかって, 足とで, 頭に, 頭の, 頭は, 頭部が, 頸です, 頸とに, 頸筋とは, 頸足と, 顎で, 顎根に, 顔とを, 首すじが, 首とで, 首の, 首を, 首筋には, 髮を, 黒い眼

▼ 肩~ (176, 1.1%)

7 腰が, 腰の 6 手に, 胸に, 胸の 5 背に, 腰を 4 胸を, 腕の, 腰に 3 背中を

2 [12件] むねに, 手や, 手足の, 肘を, 背の, 背中が, 胸には, 腕や, 腰や, 膝に, 膝を, 頸の

1 [95件] お乳, お尻, お腰を, きちんと整った, くびれて, はちきれそう, ひじや, ぽっつり脹らんでる, また考へ, ショールに, モシャモシャした, 両脇, 乳の, 円みの, 右腕の, 喉に, 塚の, 外套や, 大きい臀, 天蓋へ, 太い首筋, 寝顔を, 尻にも, 帽子に, 帽子を, 平手を, 後毛, 手さきに, 手にと, 手を, 手先の, 指先に, 槍沢等より, 横顔に, 波うつて, 白い腕, 盛り上った, 笠へ, 紅と, 細った腰, 耳の, 肌の, 肘そして, 股其は, 背へ, 背まで, 背や, 背中に, 背中までが, 胴衣に, 胸が, 胸などに, 胸は, 胸部を, 脂け, 脇腹の, 脊や, 脚その, 脛の, 腕が, 腕など, 腕を, 腰などを, 腰には, 腰は, 腰ひいては, 腹や, 腿の, 腿肉を, 膝の, 膝や, 膝頭に, 臀の, 薄い肋骨, 蛇の目を, 袂の, 袖に, 袖には, 袖の, 襟の, 足元に, 跣足を, 面ざし, 頬に, 頬を, 頭が, 頭の, 頭へ, 頭を, 頸や, 頸を, 額や, 顔に, 黒ずんだやせた頬, 鼻口もとなどの

▼ 肩~ (161, 1.0%)

7 ばの 2 ばが, ガクリと, シャツから, 凝るし, 大きい私, 瘠せて, 石の, 裏口に, 震えて, 骨ばって

1 [134件] あまりにも, あまりに弱よわしく, あやしく波, あらわに, いいかげんぬれ, かすり傷, ぐたりとしながらキリリと, ぐっしょり濡れ, ぐっと前, げっそりと, こごえたよう, こつて, こんなに美しい, しびれるよう, ずっしりと, そういう肩つき, そっと触っ, どうだ, どっきり, ばも, ひどく曲っ, ひろく, びしょぬれになった酔いどれの, ぴくりと, ふるえて, ぶるぶると, まさに雄, まるく兩腕, みんなの, むくれ上るやう, もうたくさん, もう少し怒っ, やさしい弧線, やせて, よし打撃, ハアハアと, ミシミシいう, ライオンの, 一人と, 丁度私, 下に, 下野磐城岩代の, 並べないよう, 丸くふくらんだ, 丸く下っ, 二つに, 二倍も, 今ちやう, 低く垂れ, 余りにも, 傷だらけ腕は, 其重, 円いが, 凝るが, 凝るの, 凝るので, 削ぎ落されて, 前後より, 動かすたびごと, 呼吸の, 壁外に, 夢の, 大きな波, 大波を, 大浪を, 妙にね, 寒そう, 寢卷の, 小郷に, 少し聳えます, 山の, 巨大な, 床の, 張るし, 感激の, 抜けやしない, 持てないよう, 擦合うばかり, 数百万人の, 旭日を, 昂た血, 曲がる血色, 更に一層の, 板の, 殆ん, 波を, 泣いて, 泣き声に, 温かくて, 温かった, 温もって, 滑かな, 濡し, 無慘, 熱風を, 物質の, 狭い路, 異様に, 疵ゆゑ重く, 疼くやう, 相接し, 真赤な, 硬く尖っ, 窃に, 素敵な, 紫に, 耳と, 聳え立ち胸, 聳え顔, 自と, 荷物で, 菩薩像の, 落ち胸, 落ち腰, 血に, 行つて了つたのかしら, 衣物の, 裂けそう, 裂け袖, 西から, 見る見る低く, 見る間, 誘わるるまで, 軽くなる, 逸作の, 長い襟筋, 陽に, 隣りに, 隼の, 雄牛, 雨で, 馴れない方法, 骨ばった輪郭, 高く頭

▼ 肩~ (126, 0.8%)

8 腰も 7 胸も 5 膝も 3 摩れ 2 かくれるよう, なく, むとて骨の, 手も, 背も, 袖も, 裾も, 足も

1 [87件] あがるの, いつかタコみたいに, おくれ毛も, がっしり何, ぐっしょりだ, ぐつしよりだ, げっそりと, こった, しずかに, すれすれに, すれずれ, そうである, ただ雨, てる, どの肩, ない, ない襟, ぬけそう, はるさ, ほっそりと, みな屋根だけは, めいりこむばかり, やがては, やられて, わなわなし, ヒジも, 一緒に, 両手も, 丸味を, 亦踊り出す, 人々の, 今は, 低い支那人, 俄に, 入れようと, 凝らず充分, 凝らないが, 十哩むこう, 反らず, 吐息の, 四角張りザビーネ, 固くし, 垂れた両, 埃まみれに, 客を, 少しは, 尖先, 幅の, 広い年紀, 張らず二本, 張り, 張る, 抱いたこと, 抱かずに, 持つやう, 揚って, 摩れ摩れに, 楽だった, 横に, 濡れて, 痛むさ, 痩せて, 眼じり, 砂だらけに, 竦み膝, 細りとして, 肌も, 胴も, 胸もとも, 脊も, 脛も, 腕も, 裳も, 見えず欄干, 見えた, 見えぬばかりに, 言葉以上の, 踵も, 身も, 軽くなっ, 返りはかるかると, 退けないで, 重苦しく感じた, 震わせずただ, 頸も, 額も, 骨だって

▼ 肩にかけて~ (111, 0.7%)

2 そのあと, 写生に, 家を, 手に

1 [103件] いくらかの, いささか一曲舞, いつも白粉, お夏, けろりとし, この種, こんなこと, さっさと歩む, その日妻恋坂, ついそこ, ついでに, でもしょっちゅう, どうにかこうにか, ながい列, なにかと, のんきな, びしょ濡れに, まっしぐらに, まっ暗な, まるで猿, もどって, やって来た, やつた, ゆすぶつた, ゆっくり行っ, ようやくその, ゐました, ゐる, ゐる望遠鏡, タラリと, ドンドン山の, ドンドン走り出した, ミドリに, ユックリと, 上げまする, 上ること, 二三度ゆすぶられます, 何か, 充分に, 出た, 出て, 初めて衣, 北側の, 十文字の, 四ツ目屋の, 塀の, 大木戸まで, 山ぎわから, 山東会館内管理部の, 帰って, 引立てると, 悠々と, 戻ったところ, 案内し, 次の, 歩いたもの, 歩いて, 歩きだした半次, 歩きながら, 歩き出したと, 気持の, 洗面所へ, 津軽海峡を, 瀑が, 片手には, 痒み, 白粉を, 皮の, 皮帽子を, 県下を, 真二つ, 穢れた着物, 空間に, 立ち上がろうと, 職業上の, 肉と, 背中に, 自動車に, 艶, 草原の, 荒涼と, 藤葛の, 蝋燭を, 行列の, 行過る, 街道を, 見た, 見て, 見直して, 起つ人となり, 退いた, 連れて, 運んで, 重過ぎる, 鈴を, 門附を, 鞍から, 頗る気軽, 顔を, 飛び出しました, 鳴らし出す, 黄と, 黙つて帰

▼ 肩まで~ (96, 0.6%)

7 垂れて 2 出すと, 垂らして, 湯に, 長くし

1 [81件] あつた, あろうとは, かかった丸い, かかる, さけ目の, して, すくめて, たくしあげて, ただ一面, たらしたあどけない, たらしたトルストイアン, たらしむしろ, たらしボロボロ, たらし若布, だつた, つかつて, つつむ, にじりあがったが, のばした十七八, はいあがって, ひたるので, もぐり込んで, スキーで, スキーを, ダラリと, バサッと, マクリ上げる, ムキ出しに, 一つ息を, 一直線を, 丁寧に, 伸びて, 体を, 入って, 入り得るくらいの, 入るほどの, 切りさげられては, 切り下げて, 刎上げ, 刺したといふ, 垂れさがってる長髪, 垂れた青い, 垂れながら, 垂れ下がり一方, 垂れ雪, 屆い, 届いて, 手が, 払い上げた, 持ち上げた, 捲くつて, 捲った, 捲れた寝衣, 掛けて, 掛け杖, 揺って, 沈めて, 沈んだ, 沈んで, 没しそう, 浴かってる, 浸って, 浸りましたね, 湯の, 物も, 生い, 登って, 白いもの, 着くよう, 着るかたち, 粘いて, 脇差を, 行ったこと, 被て, 被わるところ, 見える, 辷らせたまま, 霧に, 露は, 顫わせて, 髪を

▼ 肩には~ (77, 0.5%)

2 おでんの, 一寸許, 荷物が, 馬の

1 [69件] うろこが, おつて, か弱い重い小児, その後も, なるほど, ひとりの, まだ陽, もう重く, ガッシリと, ケットの, 三更の, 三角標の, 上州峠の, 丸みが, 五彩燦然たる, 仔猫が, 仕掛けが, 何が, 例の, 僅かに, 光る翼, 利根郡の, 去年の, 古ぼけた縞, 古りたる象皮, 大きな雪庇, 奥様の, 学校生徒の, 屈強な, 崩れかかった前髪, 左の, 幅の, 平ヶ岳の, 役が, 恰度握り拳大の, 悪魔の, 投げ荷, 日傘三ツ杵の, 更紗を, 栗の, 梅鉢の, 模様の, 歯痕ごとき, 汚ない, 猟銃の, 瑪瑙と, 瓶子ひとすじに, 生白い人, 甲上と, 男達の, 瘤みたいな, 白いもの, 白い雪, 筋肉が, 精巧なる, 紅い光, 紫の, 絵具箱を, 肉が, 肉の, 赤地に, 足利の, 釣竿を, 革包を, 風呂敷に, 駄荷を, 骨が, 麻かと, 黒いみじかいマント

▼ 肩より~ (55, 0.4%)

4 武具を

1 [51件] いと長きくろ, して, し剥ぎ取り, し彼, ずっと低く, たけあまり草ばな, ぬき, 乳の, 乳へ, 切り下げたるが, 剥ぎ取らむ, 垂れたるが, 垂れて, 垂れ胸, 大袈裟がけ, 奪ひ取らん, 少し上, 弓矢ひきたぐり, 彼に, 彼の, 懸けて, 戰裝を, 投げ懸けて, 拔き棄てよ, 掠め得ず敵, 敏捷に, 橋の, 武裝剥ぎとりぬ, 流して, 湧き出づる血, 燃えあがる, 白く輝き抜け出でぬ, 皮革ともに, 盾と, 胸あるいは, 胸に, 胸元へ, 胸背下腹の, 脊へ, 腰か, 花やかに, 落されて, 血まみれの, 軍裝を, 離れて, 頭より, 首を, 高からず, 高く両, 高く伸し, 高く後ろ

▼ 肩にも~ (54, 0.3%)

3 たれて, 腰にも 2 そげた頬, たれたり, ケーブルカアの, 胸にも, 腕にも

1 [38件] あるべし, かかって, きまった本数, しこり一つ来ない, その重み, それは, たれか, たれかかりました, たれかけきれい, たれかけ二人, たれしくしく, たれた, たれたまま, たれ二階, ぱっと血, 力が, 卷かず目, 及ぶほど, 嗚咽の, 居れば, 左右の, 幾分かずつ, 弱々しげ, 模様の, 殊に左, 泥が, 生え, 生気が, 積って, 老公の, 肩章左の, 肩章肩からは, 背にも, 膝にも, 苦痛の, 袖にも, 袴にも, 駆け上るよう

▼ 肩さき~ (52, 0.3%)

2 に受け

1 [50件] いかめしく, からブラン, から大袈裟, から斜め, から柿, から背中, から胸, がぬれる, がピリピリ, が僅か, が左右, が震え, だけ覗かせ, などに感じられた, にそつ, にとまつ, にぬけ, にや, に弥蔵, に感じ, に腕, に血, に触れよう, に陽, の傷, の凸, の薄い, の雪, へいったん, へ一太刀, へ手, へ来た, へ重い, までむき出し, もその, をかッ, をさ, をし, をつかん, をサッと, を兵隊, を力一杯, を彼, を打ちすえ, を振っ, を擦りつけ, を斬られ, を斬られた, を斬りつけ, を酷く

▼ 肩つき~ (52, 0.3%)

2 がなんと, とを思い浮べる, や身

1 [46件] ががっしり, が寂しい, が描かれ, が数千キロ, が時に, が泛ん, が用いられた, そっくり正, たをや, だ, だけは目, であるとか, でまずそう, で円い, で寝, とが際立っ, とこれ, と自転車, などぐっと, など恰も, なの, なら歩みぶり, なんかがうかん, にしろ, に似, に見え, のいかつい, のほっそり, のむっちり, の右, の堅い, の按排, はまぎれ, は坐つた, ばかりはみじめ, まで下った, も丸く, や白粉, や針, や髪, をし, を三造, を思い切っ, を見せた, 可愛らしい頭, 寒く佇んだ

▼ 肩~ (33, 0.2%)

10 の茶入 2 を自分

1 [21件] が, そのほか肩衝, でこれ, といふ, とかいふ茶入, にはいろいろ, に円悟墨蹟, の今, の名前, の破片, もなめらか, もよもや, も徳川家, も瓢箪, をお, を手のひら, を持参, を繰り返し, を若狭盆, を見た, を見つけた

▼ 肩とを~ (32, 0.2%)

4 並べて

1 [28件] くっつけるよう, くつつける, ぐっと出し, すぐ組んだ, すぼめ, すり合すほどに, まげ, らいらくに, わけても鮮, 余分に, 使って, 凭せ, 寄せ合って, 感じる, 抱きあいながら, 抱きしめて, 拭いて, 持って, 摩合せ, 擦り合せ話し合, 濡らして, 目に, 眩しく照, 突き合せて, 組み合わせて, 組み熱意, 組んで, 食っ付けなければ

▼ 肩~ (26, 0.2%)

2 にチラリ, に窓掛

1 [22件] に, にのぞく, にポン, に低く, に婆さん, に彼, に抱く, に按摩, に振仰い, に気高い, に淵, に球, に田, に翼, に胸, に衝, に裏座敷, に見上げた, に顎, に顔, に顕れぬ, のあかり

▼ 肩~ (25, 0.2%)

9 のある 2 のある騙, をおろし, をし 1 がとれ, したり, のおりない, のとれない, のとれぬ, の取れた, の取れない, も取れない, を下した, を除

▼ 肩かけ~ (22, 0.1%)

2 の下

1 [20件] つつひれふしぬゑんじなれ, で両方, で窓, にからだ, にしたくなりました, のよう, の中, はそこら, はたうとう, をかけ, をかり, をし, をはおりました, をまとった, を一層, を亡くした, を喋り, を胸, を随身, ハンケチシャツ膚着耳輪かみそり

▼ 肩あげ~ (20, 0.1%)

3 のある 2 の肩, をし

1 [13件] があっ, があつ, がある, がとれた, のあどけなき, のついた, の取れた, の取れない, の目だつ, もとれない, ももりあがっ, も取れない, をぷりぷり

▼ 肩でも~ (20, 0.1%)

1 [20件] たたかれたよう, ぶつかり合ったところが, ぶつけたよう, ぽんと, もみましょうかい, もんで, 一つたたく, 何かは, 凝る晩, 出来好い, 切って, 叩いて, 叩かれたら私, 叩きたい様子, 叩きたい樣子, 叩くの, 怒らして, 抱えて, 抱きすくめて, 振って

▼ 肩~ (19, 0.1%)

2 に多少, をちぢめ

1 [15件] が哀れ, が痛ん, どう見, の丸味, の捻り方, は造りつけた, をさすろう, をゆすっ, を折っ, を揉まし, を揉ませ, を揉み出した, を揉んだ, を擦っ, を擦る

▼ 肩~ (19, 0.1%)

2 を燒

1 [17件] から背, がかれ, がゴクンゴクン, がメリ, が近頃めっきり, とが積み上げられ, にはねかえった, にふるわせ, の構造, はメリ, までも垂れ, をおした, をそつくり拔, をふるわせた, をよく, を尖らし, を挫

▼ 肩~ (16, 0.1%)

2 に在らず, をし

1 [12件] で躍る, にかかっ, に一枚, に据, に掛った, に穂先, に立った, に置き, に落ちました, の付いた, をおおい, を付け

▼ 肩~ (15, 0.1%)

3 を張っ 2 張って 1 いかめしく構えたる, いからして, のあたり, は凜, は張らない, を内端, を怒らし, を怒らせ, を突ッ, 張った理窟

▼ 肩すかし~ (13, 0.1%)

1 [13件] でかわした, でも喰った, で投げられた, に出会っ, をくわさね, を喰, を喰った, を喰わされた, を喰わせた, を食い, を食わされた, を食わされたで, を食わされる

▼ 肩~ (13, 0.1%)

3 のあり, の広い 2 の廣 1 かハンケチ, が, が大, で包ん, のひろい

▼ 肩とが~ (12, 0.1%)

1 [12件] いちどににゅっと深い, ごつんと, すれ, ぴったりぶっ, ぶつかり合うありさ, 思い出された, 打つ衝, 時々ぶつかり合う, 木立ちを通して, 表はれ, 触れ合, 触合

▼ 肩との~ (12, 0.1%)

3 上に 1 つぎ目の, 均整蹄爪の, 描く微細, 間うち胸貫け, 間から, 間に, 間へ, 間を, 附根の

▼ 肩ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] いやに, うごいた, なんだ, まわりを, 張つて息も, 持ちやがって, 持って, 持つて, 持つとは, 持つもん, 聳やかして

▼ 肩輿~ (11, 0.1%)

2 の中 1 が表門, と物, に助けられ, の窓, は中門, を以て迎, を倩, を辞した, 誇勝具

▼ 肩~ (10, 0.1%)

3 のを 1 あの胴, おい, すきで, とかがめいめい, とする, と言った, もの

▼ 肩とも~ (10, 0.1%)

3 いう可 2 つかぬ一点 1 いふべき處, いわず二人, いわず羽織, たれ合って, 言わず男

▼ 肩など~ (10, 0.1%)

2 まるまると 1 まだ肉, 借りた院, 叩かれて, 張り板の, 心持ち落ちた, 揉て, 揉みて, 過去の

▼ 肩幅広く~ (9, 0.1%)

1 塘堤ぶち, 熊笹の, 石織, 胸張り, 脊高く, 腕など, 草履を, 見栄えある, 身体全体が

▼ 肩摩轂撃~ (9, 0.1%)

1 の人波, の修羅場, の光景, の地, の大, の熱閙, の雑沓, 押すなおすなの, 歩きにくい

▼ 肩~ (9, 0.1%)

2 がくりくり 1 が一番結構, づき手足, とフロマージュ付き, の厚い, の固, の盛り上がってる, を出す

▼ 肩~ (9, 0.1%)

2 のあたり 1 といたる, ともいわず, にかけてを白い, に打ちおろす, の桔梗色, の透, を揺る

▼ 肩からは~ (8, 0.1%)

1 すに, ただすすり泣き, づした, づしてそれから, づしてなかは籾がらに, 大型の, 藍色の, 黒の

▼ 肩にかけ~ (8, 0.1%)

1 てらして, 又ある, 又長, 安土の, 徽章の, 急いで, 改札の, 片手に

▼ 肩~ (8, 0.1%)

1 から乳, と靴, に大きく, に歯痕, の上, を一刀, を四寸, 膝頭臀部あ

▼ 肩あたり~ (7, 0.0%)

1 からサーッ, に幻, に飛びかかっ, までの長, まで草隠れ, を撫で, を翠

▼ 肩~ (7, 0.0%)

2 胸へ 1 どこかを, 楯を, 胸か, 頬に, 頭が

▼ 肩では~ (7, 0.0%)

2 あはあ息 1 あったが, なかなかしのぎ, なくそれに, 担ぎ上げられそう, 運べなかった

▼ 肩へと~ (7, 0.0%)

1 かけ替えながら, ちゃんと続い, 伸びて, 倚りかかっ, 持ちこんで, 移されて, 腮を

▼ 肩へも~ (7, 0.0%)

1 あたる, たれかかつた, たれて, はだらに, 同じよう, 散りかかった, 降って

▼ 肩をも~ (7, 0.0%)

1 ませるにも, 一つ強く, 借らず杖, 抑うる, 掩は, 歪めずすっきり端然と, 歪めずすつきり

▼ 肩~ (7, 0.0%)

3 顎部肘等の 2 から五寸 1 へ手, ッ腹を

▼ 肩持ち~ (7, 0.0%)

1 だから, て十四五人, でちゃきちゃき, と世間, にすぎない, になりたくなる, をする

▼ 肩~ (7, 0.0%)

2 から背中 1 から手, から胴, から脊中, から腰, に頬

▼ 肩蒲団~ (7, 0.0%)

2 を作っ 1 だと, でございますご存じ, をとっ, を作つ, を探し

▼ 肩がわり~ (6, 0.0%)

2 をした 1 させて, する以上, の念入り, をする

▼ 肩甲骨~ (6, 0.0%)

4 の下 1 のした, の存在

▼ 肩透し~ (6, 0.0%)

2 を喰った 1 でも食, とやら叩き込みと, のよう, を喰つたの

▼ 肩~ (6, 0.0%)

1 から垂れ, に打, よりかすか, を刎, を捉, 寒く顫

▼ 肩だの~ (5, 0.0%)

2 腕だ 1 帯だの, 腕だの, 頭だの

▼ 肩という~ (5, 0.0%)

2 のは 1 のとは, のを, ものが

▼ 肩にと~ (5, 0.0%)

1 つつかれて, ぼとぼと歩きだした, まつた, まつたり, 言いたいところ

▼ 肩により~ (5, 0.0%)

2 添ひ 1 かかるよう, 掴まって, 縋りじっと

▼ 肩よりも~ (5, 0.0%)

2 少し低い 1 広かった, 高くかざし, 高くしげっ

▼ 肩~ (5, 0.0%)

1 借セト云フ, 孟子ニ比セムトシ且其考據, 掴ンダ, 摩シ踵ヲ, 摺リ口広クシテ耳ニ及ビ歯ハ馬ノ

▼ 肩当て~ (5, 0.0%)

1 が穢れた, した掻巻, の布, や蒲団, をした

▼ 肩~ (5, 0.0%)

1 おなじよう, および腹, の廣さ, の筋肉, の隅々

▼ 肩いからし~ (4, 0.0%)

1 ている, て剣山, て劍山, て歩い

▼ 肩がき~ (4, 0.0%)

2 のつくべき 1 がつい, がつく

▼ 肩ぐるみ~ (4, 0.0%)

2 に頭 1 つかみ伸し, に振向いた

▼ 肩~ (4, 0.0%)

2 ていざ 1 て一ふり, て膝

▼ 肩だけ~ (4, 0.0%)

1 である, ゆすつて, 怒らして, 起き直って

▼ 肩つぎ~ (4, 0.0%)

1 なしなるべく, なしに, のある, の破れ衣裳

▼ 肩とか~ (4, 0.0%)

2 胸とかの 1 身丈とか, 頸とか

▼ 肩などに~ (4, 0.0%)

1 いくらしい, こりこりと, さわられると, 魅惑的な

▼ 肩なんか~ (4, 0.0%)

1 お前松の, こんなにこつこつし, 持ち給うな, 揉んで

▼ 肩にか~ (4, 0.0%)

1 かつた, かつて居ります, ぢりつき, ぶつた

▼ 肩のこらぬ~ (4, 0.0%)

1 ものといふ, ようにと, 作品であったろう, 面白そう

▼ 肩~ (4, 0.0%)

1 にかけ静, へ持っ, へ斬りつけた, を見る

▼ 肩~ (4, 0.0%)

1 でしょい込ん, と地下足袋, に腕, の透け

▼ 肩~ (4, 0.0%)

3 あげを 1 あげ可愛らしき

▼ 肩~ (4, 0.0%)

2 ぬぎの 1 を脱がれ, 抜いで

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 うだ肩, 並べて, 持ちたかつただが

▼ 肩ずれ~ (3, 0.0%)

1 に島田髷, に船, に雪

▼ 肩その~ (3, 0.0%)

1 外観によって, 白さ滑かさ, 美や

▼ 肩とで~ (3, 0.0%)

1 地面に, 寄りかかり手, 息を

▼ 肩とに~ (3, 0.0%)

1 少々こたえ, 手を, 砂を

▼ 肩なども~ (3, 0.0%)

1 ゴツゴツ骨張った, 張って, 白くなっ

▼ 肩なら~ (3, 0.0%)

1 いつまで, しをやった, 總べて

▼ 肩なる~ (3, 0.0%)

1 山の, 髪は, 髮は

▼ 肩にかけての~ (3, 0.0%)

1 線な, 若々しいかみ, 鮪の

▼ 肩にの~ (3, 0.0%)

2 しか 1 つけて

▼ 肩のこらない~ (3, 0.0%)

1 作品の, 気安さ, 良い雑誌

▼ 肩までも~ (3, 0.0%)

1 からだを, まくり上げた丈夫, まくり上げて

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 眼腰足の, 腕と, 腕を

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 は叩かれる, までの高, 迄浸る

▼ 肩~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 がせまい, が広い, が広く

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 だった, である, の左

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 にもレース, をかけた, を賜わり

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 が露, やがてすっかりの, を見せ

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 が並み, でやッさ, とはちょうど

▼ 肩痩せ~ (3, 0.0%)

2 て立ち 1

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 から観る, というもの, はいかに

▼ 肩~ (3, 0.0%)

2 して 1 も解い

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 いと広き, の所, を切っ

▼ 肩胛部~ (3, 0.0%)

1 と後頭部, に加えられた, のあたり

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 から手, がゴチャゴチャ, なども尋常

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 いからした多く, を張っ, を怒らし

▼ 肩~ (3, 0.0%)

1 との間, と今日, をはたはた

▼ 肩貸し~ (3, 0.0%)

1 てくん, て立たせたれ, 腰を

▼ 肩あれ~ (2, 0.0%)

1 ば着ざる, ば衣

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 さへ, 膝と

▼ 肩からも~ (2, 0.0%)

1 サラサラ落ちた, 胴にも

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 てゐました, て山

▼ 肩さえ~ (2, 0.0%)

1 いつもより, 顫わして

▼ 肩さがり~ (2, 0.0%)

1 にそろつた, の筆蹟

▼ 肩させ~ (2, 0.0%)

1 裾させ, 裾刺せ

▼ 肩じる~ (2, 0.0%)

2 し女服

▼ 肩すべり~ (2, 0.0%)

1 に着込ん, に羽織

▼ 肩する~ (2, 0.0%)

2 窓の

▼ 肩すれすれ~ (2, 0.0%)

1 になり, までむきだし

▼ 肩そびやかし~ (2, 0.0%)

1 てすすまなけれ, て大股

▼ 肩だけで~ (2, 0.0%)

1 担わなければ, 笑つた

▼ 肩づき~ (2, 0.0%)

1 でいっ, のたくましい

▼ 肩でし~ (2, 0.0%)

1 て両手, ながら

▼ 肩でつ~ (2, 0.0%)

1 ッかかる, ツか

▼ 肩とは~ (2, 0.0%)

1 ごく瞭然, もみ合えるだけ

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 のだ, ので禿頭

▼ 肩ながく~ (2, 0.0%)

2 柔かに

▼ 肩なぞを~ (2, 0.0%)

1 もませながら, 照らして

▼ 肩などは~ (2, 0.0%)

1 なだらかで, まるでカカシみたい

▼ 肩などを~ (2, 0.0%)

1 怒らしながら, 怒らし乍ら

▼ 肩なり~ (2, 0.0%)

1 背なり, 腰なり

▼ 肩なんぞ~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, もんで

▼ 肩にさえ~ (2, 0.0%)

1 あがきが, どこからか

▼ 肩にでも~ (2, 0.0%)

1 くっついて, 凭りか

▼ 肩ににな~ (2, 0.0%)

1 つて前屈みの, ひ数歩

▼ 肩にまで~ (2, 0.0%)

1 降りかかって, 飛び附いて

▼ 肩ぬぎ~ (2, 0.0%)

1 て, にならなかった

▼ 肩のこり~ (2, 0.0%)

1 もほぐれ, も下がっ

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 ッかい持っ, 持ちやがるん

▼ 肩ばかりが~ (2, 0.0%)

1 波を, 顫え

▼ 肩ぶとん~ (2, 0.0%)

1 そんなもの, は長き

▼ 肩への~ (2, 0.0%)

1 ッと, 輪廓が

▼ 肩までしか~ (2, 0.0%)

1 ないゲルステッカー, ないパーヴェル・パーヴロヴィチ

▼ 肩までの~ (2, 0.0%)

1 おかっぱ, 路に

▼ 肩までを~ (2, 0.0%)

1 つり上げたよう, 地に

▼ 肩をぞ~ (2, 0.0%)

2 くツ

▼ 肩をば~ (2, 0.0%)

1 揉んで, 見出すこと

▼ 肩クマ~ (2, 0.0%)

1 で渡した, というの

▼ 肩一ヶ所~ (2, 0.0%)

1 だけに泥, のほか

▼ 肩下がり~ (2, 0.0%)

2 の字

▼ 肩下り~ (2, 0.0%)

1 に走っ, の癖

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 へ無理, を屏風

▼ 肩付き~ (2, 0.0%)

1 で急ぎ, の逞し

▼ 肩入れる~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, 氣にな

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 の冬暁, をつけ

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 い腰, き乳房

▼ 肩大き~ (2, 0.0%)

1 仏ぞ, 佛ぞ

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 て奮戰, て貫

▼ 肩~ (2, 0.0%)

2 見の

▼ 肩~ (2, 0.0%)

2 に格子縞

▼ 肩広く~ (2, 0.0%)

1 して, 屈強の

▼ 肩張り~ (2, 0.0%)

1 て痛し, なんぞ飛ん

▼ 肩怒らし~ (2, 0.0%)

1 て大声, 珠運とか

▼ 肩懸け~ (2, 0.0%)

1 がなだらか, でも編ん

▼ 肩打て~ (2, 0.0%)

1 ばはげしく, ば呻

▼ 肩抜け~ (2, 0.0%)

1 にならない, はした

▼ 肩~ (2, 0.0%)

2

▼ 肩揉み~ (2, 0.0%)

1 に来りし, をし

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 をつい, をついた

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 治るころ, 治る頃

▼ 肩細く~ (2, 0.0%)

1 半ば掻巻を, 市場へ

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を横

▼ 肩罩板~ (2, 0.0%)

1 が把手, が隣り

▼ 肩聳えたる~ (2, 0.0%)

2 士官の

▼ 肩胸腕腿所嫌はず~ (2, 0.0%)

2 攻めて

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 ぎのうす衣に, けからやがて

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 を揺った, を揺つた

▼ 肩落し~ (2, 0.0%)

1 たり, につけ

▼ 肩躑躅~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 垂れて, 掛けて

▼ 肩近く~ (2, 0.0%)

1 に身体, までひろげられ

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 の禮, を支

▼ 肩~ (2, 0.0%)

1 の足長山, 頭巾を

▼ 肩~ (2, 0.0%)

2 から次第に

▼ 肩高い~ (2, 0.0%)

2

▼1* [345件]

げによき, 肩あって着ず, 肩あての布, 肩あて等が分らない, 肩ありや, 肩手エかけ, 肩いれをし, 肩いれある紺と, 肩らへか, 肩うずたかく身長の, 肩おさえて一方, 肩おちて経, 肩おろせただけにいよいよ, 肩かけすつぽ, 肩かつぎ着物の, 肩かへにけりたぶつく水桶, 肩からの全部では, 肩ががつしり, 肩がのそりと, 肩がんじょうなその手, 肩ぎしつかせての正坐, 肩ぎぬを着, 肩くらゐの, 肩くらいの勾配で, 肩あぎとふ, 肩ぐらいで切って, 肩ぐらいの高さ, 肩ぐるみ頭をすくめ, 肩こそは半蔵の, 肩ごときつく首, 肩ごと首をあげ, 肩さえがなんとなく寂しかっ, 肩さし手さし供奉しまつるは, 肩さすってくれ, 肩さむいとき人に, 肩さ当りぱららて白く砕けたず, 肩ざわりから言っても, 肩しか打てなかった, 肩しりもも腕が, 肩すぎてブロンド, 肩すぼめられて見る, 肩すり寄せて, 肩するる婦の, 肩そいつをサッと, 肩そうだ肩, 肩そして両手まで, 肩そぼろに胸露, 肩それとさだめなく, 肩たたいて, 肩だけにパッと, 肩だけは突ッ張った, 肩だけへはすゑて, 肩だけを波の, 肩っつき頬かむりの, 肩つき二ノ腕肘肘から手首, 肩つき今でいう, 肩つき声その声, 肩つき楚々とした, 肩つよく搖ぎつつ, 肩であったと云われる, 肩でしなを作り, 肩ですうすう息, 肩でなく頭へ, 肩でぶッつかるよう, 肩でぶツつかるやう, 肩といふのを, 肩とかいう部分に, 肩とだけしかない, 肩とへ浴びて, 肩なかんずく背中及び, 肩なしたまたま人, 肩なぞえの手, 肩なぞはキリ, 肩などが明け方の, 肩などと言って, 肩ならべゆくここちし, 肩なんかもまして, 肩にあたって足もとに, 肩において顏を, 肩にかけてさうちの, 肩にがくりと, 肩にけふも入日, 肩にすら触れない, 肩についてもいえると, 肩にて支へ, 肩ににほふ新月, 肩によって渡る御, 肩によりかかつてゐます, 肩ぬいで見, 肩ぬき肩透かしうつちやり, 肩ぬき的な洋装, 肩ぬけしたやうに, 肩ぬげつつ裏, 肩ぬひ揚げの, 肩ねびし人と, 肩のうへでは花色の, 肩のうへをひら, 肩のみで演じたの, 肩のむかふから, 肩のめりにぐったり, 肩のもだゆるは, 肩はぎ衣裳だの, 肩はねて, 肩はば廣すぎる, 肩はばひろくけらを, 肩はやりの絵, 肩はらむから腹, 肩はり切った太股そして, 肩ひっ掴んで訊いた, 肩ひとつ震わさずじっと, 肩ふくよかの胸, 肩ぶるいして, 肩へになって, 肩へのしかかつてき, 肩へは襷を, 肩へまはし, 肩へより掛らせながら, 肩ほど斬りよい, 肩ほどしかない小兵, 肩ほどの仲間の, 肩ぽんとたたい, 肩またせなのうら, 肩までが思うよう, 肩までとどくかも, 肩まではひどく急, 肩まるで病み疲れて, 肩が多少, 肩みあげのつい, 肩むき出しで余り, 肩もつッてたら, 肩やせなかを, 肩やらそしてあの, 肩わずかに微傷, 肩をかへながら時鳥が, 肩をがくりと, 肩をすら叩いて, 肩をはづして, 肩ををののかす, 肩とこまで, 肩持つとるやう, 肩エ掴マッテ助ケラレル, 肩ガアマリニモ撫デ肩, 肩ズラリと五十両, 肩ダノ膝ダノ足ノ先, 肩コトニガニ股, 肩ニ死骸ハ手ヲカラメテヰル, 肩ヒジを張っ, 肩マントをし, 肩ミーロがこっち, 肩ヤ肘ヤ膝頭ガ僂麻質ノヨウニ痛ムノハ前カラノコトデレスリーノセイデハナイ, 肩ヤ背中ガナイターノ光線ヲ浴ビル光景, 肩ロースであったと, 肩ヲブチオッタ故刀, 肩ヲモツテ現旭川市ニ居住, 肩一つ叩くにも, 肩一ツ動かさない, 肩一人は足, 肩一面に血, 肩丈四尺七八寸の虫齋村, 肩三人つきの早打ち, 肩上あとの針目, 肩上がりの文字, 肩上りの字, 肩上膊部胸腹部両脚という順序, 肩両手に抱き, 肩並ぶるを愼しまむ, 肩並胸抔之痛も少く, 肩丸く身長の, 肩乗った理だ, 肩まで光った, 肩二つを足場, 肩二ヵ所の深い, 肩を揉ん, 肩で人間, 肩以上は微, 肩仮面をつけた, 肩位あなたより高う, 肩低く腰の, 肩倔強の男児, 肩でご, 肩傾きかけた月の, 肩優美な頸, 肩入れて原稿, 肩兩腕へかけ, 肩六人つきの早, 肩に落す, 肩其胸甲の結節, 肩円い項丈夫な, 肩冷えて深夜, 肩ル, 肩出して大根, 肩利かん気の, 肩く胸腹廣, 肩剥いた眼突き出した, 肩半分まで朱, 肩及び脇腹に, 肩えてな, 肩吾皆な佳士, 肩を張りつめ, 肩夢想で和らげられてる, 肩大きな手頬骨の, 肩太股まで半身, 肩姿が眼, 肩そうな, 肩寒げに悄, 肩寢卷の襟, 肩鋭な, 肩ク胸瞠大ニ毛髪叢生シ膚色潤沢ニ歯整ヒ且強ク臓腑善ク発達スルモノ之, 肩廣くまさりて, 肩に扣, 肩怒りて頸, 肩意志の勁そう, 肩をかけ, 肩或は髭面或は, 肩手拭で引端, 肩手等にとまる, 肩手紙のうえ, 肩打たれたる十夜かな, 肩技背技膝技から尖, 肩の模様, 肩抜き風に桜, 肩担いに担っ, 肩拔けがすらア, 肩だな, 肩持ちしている, 肩持ちする気で, 肩振り下ろそうと, 肩捻る腰すべての, 肩掻きわけて, 肩らして, 肩揉むことも, 肩揉め脚擦れ, 肩揚つけし浴衣, 肩揺る大き人, 肩摩すべく甲板は, 肩摩るほどに集, 肩摩轂撃的の人出, 肩摺って上げなはった, 肩摺れるほどで, 肩撫でたげて, 肩撫でぬアリヨル号の, 肩擦れ足の, 肩にさし出されてる, 肩新鮮な果実, 肩に担ぎ, 肩や浜路, 肩案外早い流れ方, 肩模様の美しい, 肩ニ足カラ脚脚, 肩という浜, 肩流しておくれやす, 肩海抜三七八八米突から, 肩深く水に, 肩濡れた睫毛, 肩焼く占に, 肩煙突を二つ, 肩状優う内, 肩み強, 肩えや, 肩白い頸白い, 肩白き戀の, 肩白髪櫓掛け猪, 肩相摩しては, 肩眺め眺めて, 肩粗暴でゐ, 肩素直な斜面, 肩の袖, 肩組みには, 肩組みして水, 肩をする, 肩継人足が二十人近く, 肩そのままの, 肩縫揚げのし, 肩羽根をくるり, 肩聳えつつ, 肩肌抜ぎで化粧をし, 肩肌脱ぎの一列, 肩肘手首股のつけ根, 肩肱寛めても心, 肩肺尖の音, 肩背中とさんざん, 肩背腰肢という順, 肩胛脊椎などにて細工, 肩などはしっかり, 肩胸両側へ垂れた, 肩胸二の腕腰の丸味, 肩胸幅はひろく, 肩胸腹それから腰, 肩胸顕はな, 肩脇胸豊満な姿, 肩脱がない者で, 肩脱ぎ螺鈿の, 肩腕スベテノ輪廓ガ二重ニナッテ見エ, 肩腰相触れて, 肩腰胸腹柔い膸, 肩を透い, 肩膝腰の嫌い, 肩興奮した眼, 肩茜色の暗, 肩を重く, 肩蒼白く繋がって, 肩衝山ほか幾ツもの小さい, 肩衝徳川家の初, 肩裂けて十余石, 肩へ腰, 肩と称し, 肩のある, 肩覆いを重ねた, 肩触りてはずむ, 肩象牙を思わせる, 肩豺目結喉露唇なんという, 肩投を, 肩貫く勁矢拔き去れ, 肩赤い顔力強い, 肩身扮も腰の物, 肩軽きこと風を, 肩輿二を倩, 肩の冷え切った, 肩辺りらしいので, 肩過ぎしわが黒髪, 肩遣っても進, 肩に受け, 肩銀河を渡る, 肩ふべく汝, 肩長い腕其の, 肩長身傲骨稜々たる匡衡朝臣, 肩を想わせる, 肩附歩行く振捏, 肩附褄はづれ, 肩すべき将略, 肩随す可し, 肩に蹲んだ, 肩順々に, 肩頬耳などの透間, 肩頭髪はつきりと形, 肩頭髮はつきりと形, 肩と顔, 肩にもレース, 肩へかけ, 肩首根のところ, 肩骨張って色, 肩だかと, 肩高く見ゆ, 肩黒い髪また, 肩きに