青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言われた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~言え 言え~ ~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて ~言わない ~言われ 言われ~
言われた~
~言われる 言われる~ ~言葉 言葉~ 言語~ 計~ ~計画 計画~ ~計算 計算~

「言われた~」 1006, 11ppm, 9948位

▼ 言われた~ (117, 11.6%)

6 である 4 では 3 か, だと, であった, です 2 だから, だが, であるが, ですが, はどういう, は初めて

1 [83件] かそして, かと思っ, かな, かはっきり, かよく, か一切夢中, か不意, か昨夜, か耳, か降っ, がこっち, がこの, がもと, が一人, が三月, が不平, が口惜しけりゃ, が嘘, が妙, が嬉しい, が新しい, が気, が気がかり, が決して, が祟り, が薫, が非常, じゃけれども, だ, だった, だという, だよ, だろうと, であったら一つ, でありますが, であるか, ですけど, と正反対, ならたぶん, には何, には僕, にゃほろり, に対してこんど, に答えた, は, はあと, はこの, はこれ, はごく, はその, はそれぞれ一面, はちょうど, はまだ, はバーミンガム駅, は何, は声, は大抵, は実に, は御, は或いは, は探偵評論家, は是非, は本当, は私, へ菊千代, までが皮肉, もかく, もこの, もその, もまた, も全く, も同感, も決して, やらよくも, をおりおり思い出す, をしお, をわたくし, を七兵衛, を当て, を彼, を憶, を聞い, を記憶

▼ 言われたこと~ (95, 9.4%)

4 があった, がある 2 がなかっ, なの, に, はありません, はない, もあった, を思いだした

1 [73件] からし, からダーネー, から名状, があったで, がありました, があります, がない, がふと, がわかった, が嬉しい, が彼, が我慢, が戒め, が未だ, が残らず, が竜, が豹一, が頭脳, さえあります, しか這入っ, だが, だった, だと, だのそれ, であるから, でぎく, でこれ, でつき, での遠慮, でも, でもし, にすぎず, にむしろ, に心, に甘んずる, のある, のない, の腹立ち, は, はあまり, はいたっ, はお, はまったく, は今, は正しい, は言った, まで話しまし, もありました, もある, もお, もない, もなく, も今更, も嬉しかっ, をうけ, をそのまま, をわざと, を一所懸命, を半蔵, を嬉しく, を引き受け, を忘れん, を思いあわせ, を思い出し, を思い起し, を想い出し, を憶, を残念, を真実, を知識, を祝った, を考え, を言った

▼ 言われたので~ (49, 4.9%)

4 私は 2 婆は

1 [43件] あさって, あたいすっかり, いっそう熱心, いよいよまごついた, お雪, この一言, ござります, しいて冷静, すぐ起き, そのうちお, それなら他人, ともかくも, どんなサロン, のぞきましたね, はっきりもう死んだ, ふと悲しく, ふッ, ぼくは, わたしは, ジャン, ハッと, レイノルズの, 一席願いました, 仕方なく, 令嬢は, 僕は, 千葉県へ, 咄嗟に, 執事は, 少し赭, 彼は, 急に, 慌てて, 放二, 死な, 母親は, 決然として, 王子は, 私も, 米友も, 老夫婦, 自分も, 自動車で

▼ 言われた~ (48, 4.8%)

2 にゃあ, に私

1 [44件] いや僕, おのずから彼, がありました, と同じ, なの, にお雪ちゃん, にはあいにく, にはくらくら, にはさすが, にはその, にはびっくり, にはほっと, にはギックリ, には一刻, には大, には思わず, には情なかっ, には本当に, には私, には越前屋, にも私, に丈夫そう, に三四郎, に佐吉, に使う, に出来得るなら, に初めて, に少年, に憤然, に米友, に腹, に面, の感じ, の私, はただ, はよく, は一ばん身, は実に, は思わず, は揃っ, ほど逆, もそう, 実によくかせいだ, 愛すべき単純

▼ 言われた~ (40, 4.0%)

4 私は 2 それは

1 [34件] あなたが, かまわずに, けさから, これただ, そう言っ, その卜占, それだけは, どこか, まさか得意, もっとも声, やはりこれ, わたくしは, わたしは, 丸木こそ, 今度は, 何時も膝, 全然ありませ, 右の, 同一の, 夫婦で, 奥羽の, 嫌だ, 屍体損壊の, 後で犯人, 時が, 棋界は, 磊落に, 私と, 而も, 聖武天皇は, 褒められた方, 食用蛙などよりは, 髪の毛ばかり, 黄金万能の

▼ 言われたもの~ (38, 3.8%)

5 の中 3 だ, である 2 ですから, ですが

1 [23件] かなよい, がただちに, がだんだん, が今日, が死ん, だから, だったが, だわ, であった, であります, であるが, です, でその, では, でパリー, で依然, と同じく, のよう, はいわゆる, もだから, よりも比較的, を捜査一課, を見

▼ 言われたよう~ (36, 3.6%)

4 な気 2 な感じ

1 [30件] だが, であった, である, でしたが, なぶざま, な多く, な方針, な立派, に, にある, にお, にそれ, になにごと, にひびい, にまだ, にガラス, に万葉時代, に先入, に卯月八日前後, に庭, に思います, に思えた, に日本, に普通, に特に, に真心, に素質, に自然科学, に見える, に風呂場

▼ 言われたって~ (24, 2.4%)

2 どうにも

1 [22件] いい, いいと, おどろかずには, この狭い, こわくなります, しかたない, なんと言われた, わしの, わたしなんざあまっぴらさ, 仕方あ, 仕方が, 仲間が, 何の, 俺にゃ, 可い, 当り籤の, 構や, 泣く奴, 淋しがらず, 腹も, 自分は, 関

▼ 言われた通り~ (20, 2.0%)

1 [20件] にし, にしてやった, にしました, にしろ, にね, に京都, に信じ, に叫んだ, に向っ, に彼等, に従順, に振返っ, に来, に林之助, に片付ける, のこと, の代金, の豆腐屋, の門構え, 小さな手

▼ 言われたとおり~ (19, 1.9%)

1 [19件] こっそりこの, こわして, しはじめました, ですよ, にお, にかあっ, にし, にした, にしなけれ, にすぐ, にやっ, に乗るべき, に命, に背手, に静か, に飾り, のこと, の身振り, を書い

▼ 言われた~ (17, 1.7%)

4 です 2 だ, だ言うもん, ですが 1 じゃない, じゃみんな面, じゃ全く, じゃ実際, だろう, でしょう, ですけれど

▼ 言われた言葉~ (17, 1.7%)

2 が気, を思い出し

1 [13件] がいちいち, が彼, が新三郎, が耳, だけで, であった, でした, とまったく, など, に似, を思い出した, を思い出す, を聞い

▼ 言われたそう~ (14, 1.4%)

5 である 3 です 2 だが 1 であったが, ですが, で大, な

▼ 言われた~ (14, 1.4%)

1 [14件] ある, あんたにゃ, いう, いうばかり, なると, みえて, 二人の, 云って, 思います, 憶える, 書いて, 私に, 解して, 記憶する

▼ 言われたから~ (13, 1.3%)

1 [13件] お銀様, しかたなくやろう, そのまま信じる, その言いつけ, であった, でっぷり肥った, 与八は, 何もかも信ずる, 信じるという, 僕は, 女中は, 東京で, 民子は

▼ 言われた~ (12, 1.2%)

1 [12件] があります, がわからなかった, が判らん, さえあった, さえある, については既に, にも思い合される, は滅多に, より嬉し, をそのまま, を思い出し, 話されただけを

▼ 言われた~ (9, 0.9%)

1 がこの, がタカ, が犬猫, だそう, であります, である, です, でもつい, もこの

▼ 言われただけ~ (8, 0.8%)

2 では 1 あって, だ, でお, でおれ, でその, でまる

▼ 言われたほど~ (8, 0.8%)

1 この花, だから, であったから, であつ, です, でなかなか, 勢力の, 豪奢な

▼ 言われたその~ (6, 0.6%)

1 当時九カ月あまりに, 旃陀羅は, 決意だ, 紙入れを, 貴婦人が, 道よりも

▼ 言われたという~ (6, 0.6%)

1 ことだった, ことなどを, ので, 一伍仔什を, 事である, 面長で

▼ 言われたとき~ (6, 0.6%)

1 お美夜ちゃん, である, には吉田, に私, の, のお里

▼ 言われたのに~ (6, 0.6%)

1 ちょっと変, 今度は, 弁解を, 彼女は, 徴し, 腹を

▼ 言われた~ (6, 0.6%)

1 だから, ですが, でそれ一人, で芳, は日, は竜

▼ 言われたけれども~ (5, 0.5%)

1 事実は, 井戸端では, 出来ぬと, 家に, 高坂は

▼ 言われたところ~ (5, 0.5%)

1 でどだいもう, ではおい, で何, で僕, を息

▼ 言われた義理~ (5, 0.5%)

3 ではない 1 ではありますまい, ではなかっ

▼ 言われた~ (4, 0.4%)

1 愛は, 房が, 琴だ, 角が

▼ 言われたほどの~ (4, 0.4%)

1 人物です, 働き手だった, 変わり者で, 幕臣が

▼ 言われた~ (4, 0.4%)

1 であった, に毛深い, のお方, のもの

▼ 言われたかと~ (3, 0.3%)

1 いうと, おもうと, 見ると

▼ 言われたくらい~ (3, 0.3%)

1 そのお, でなかなか, 何しろ江戸中

▼ 言われたけれど~ (3, 0.3%)

1 そうでしょう, 何の, 本当に僕

▼ 言われたこの~ (3, 0.3%)

1 事件は, 人は, 都会に

▼ 言われたため~ (3, 0.3%)

1 にはにかむで, にまえ, に心臓痲痺

▼ 言われたまま~ (3, 0.3%)

1 にとっとと, に仲居, に米友

▼ 言われた人々~ (3, 0.3%)

1 の卓越, は多く, を大別

▼ 言われた~ (3, 0.3%)

1 だ, という言葉, も手活

▼ 言われた~ (3, 0.3%)

1 が, がサバサバ, のもの

▼ 言われたあと~ (2, 0.2%)

1 では手紙, でやっと

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 それが, 知らないけれど

▼ 言われたかは~ (2, 0.2%)

1 いまだに僕, 記憶し

▼ 言われたころ~ (2, 0.2%)

1 だ, のこと

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 に名, に彼

▼ 言われたじゃ~ (2, 0.2%)

1 ないですか, ねえか

▼ 言われただけでも~ (2, 0.2%)

1 ひどく狼狽, 私は

▼ 言われただけの~ (2, 0.2%)

1 どれい, 仕事は

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

2 しても

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 その謎, 即ちそれ

▼ 言われたばかり~ (2, 0.2%)

1 だ, でわたし

▼ 言われたほどにも~ (2, 0.2%)

1 一般世間の, 有形無形に

▼ 言われたよりも~ (2, 0.2%)

1 一年多く, 明君と

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 機会に, 近い路

▼ 言われた人間~ (2, 0.2%)

1 だが, としての正し

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 であります, でそんなに

▼ 言われた先生~ (2, 0.2%)

1 の言葉, は実用

▼ 言われた命令~ (2, 0.2%)

1 が如何なる, をきちんと

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 奴は, 選手は

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 だった, へちゃんと

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 の俤, の飛騨人

▼ 言われた時代~ (2, 0.2%)

1 があった, にあっ

▼ 言われた~ (2, 0.2%)

1 の大きい, は眼蓋

▼ 言われた瞬間~ (2, 0.2%)

1 から病院, に人通り

▼ 言われた能役者~ (2, 0.2%)

1 が都落ち, で旅

▼ 言われた自分~ (2, 0.2%)

1 のほう, の顔

▼ 言われた覚え~ (2, 0.2%)

1 はある, もかつて

▼ 言われた途端~ (2, 0.2%)

1 に, ハッと

▼ 言われた部落~ (2, 0.2%)

1 が漸次, のみは年

▼1* [266件]

言われたああせめてそ, 言われたあいつとは彼女, 言われたあのいたわしい願い, 言われたいわゆる方針を, 言われたお前は書籍, 言われたかのようだった, 言われたかも夢中で, 言われたからといって, 言われたからとて世間の, 言われたからの事だけ, 言われたくらいの肉附の, 言われたくらいよなし, 言われたけどミケランジェロなら, 言われたことばの意味, 言われたこと道庵先生は親方, 言われたごとあったが, 言われたしかしそれは, 言われたしかしながら前篇に, 言われたそれから一同安心した, 言われただけで指を, 言われたついでに男性, 言われたつて私なんぞにや, 言われたとおりあとを閉め, 言われたとおり僕のからだ, 言われたとおり入口の扉, 言われたとおり大の子煩悩, 言われたとおり母をその, 言われたとおり濠端を四ツ谷, 言われたとおり納屋へはいっ, 言われたとおり紫外線よけの色眼, 言われたとおり駅に出, 言われたとかありますが, 言われたとき李陵はほとんど, 言われたとき男はおもいきっ, 言われたとき自分の裡, 言われたとてそれを, 言われたなんて言わん方, 言われたについてその昔話, 言われたはずなのに, 言われたばかりじゃありませんか, 言われたひとがよ, 言われたほうが楽, 言われたほどに諸大寺, 言われたものの全部が, 言われたもんだが, 言われたよって出て, 言われたより本当の, 言われたオフェリヤがちっとも, 言われたカリンニャン大侯が義勇兵, 言われたガラッ八が, 言われたキヨメ・河原者の徒, 言われたケーテのシムボリズム, 言われたショパンは少数, 言われたタニグクを以てこの, 言われたバックハウスの技巧, 言われたムシブスマとても蕁麻, 言われたヨーロッパ的小説方法の実践者, 言われたリアリズムというもの, 言われた一言によってどういう, 言われた万両分限の主人, 言われた万屋の財産, 言われた三十がらみの遊び人風, 言われた三吉を縛っ, 言われた三郎兵衛は自分, 言われたに追いかける, 言われた上これは御存じ, 言われた上層のうち, 言われた上海も随分, 言われた不審の宗十郎頭巾, 言われた不思議な傑作, 言われた与八は箸, 言われたにも自然その間, 言われた久延彦すなわちアイヌ, 言われた事柄が今日, 言われた二人こそじつは, 言われた二十九の美男, 言われた二十歳の中村新八郎, 言われた五六人の若い, 言われた井戸の名器, 言われた人たちがそう, 言われた人入れ稼業の溝口屋, 言われた人形使いの如き, 言われた人物一方稲富喜太夫, 言われた人種を口惜し, 言われた仕事の意地, 言われたの一つ, 言われた以上きっとどこ, 言われた以上わしはナプラーウニック, 言われた作家魯迅の存在, 言われた全部が虚構, 言われた八五郎です, 言われた八朔の白無垢, 言われた兵馬は, 言われた冬子その冬子, 言われたで仕方, 言われた出羽屋伝右衛門の倅伝次郎, 言われたの跡, 言われた前線部隊の人々, 言われた剣客らしい奴, 言われた剣道修行の意味, 言われた千代之助, 言われた千種十次郎は好ん, 言われた左衛門は, 言われたなん, 言われた口惜まぎれに, 言われた古代駆使部の亜流, 言われた只今は北辰, 言われた御用聞銭形平次が, 言われた名人の随一, 言われた名手の三津五郎, 言われた君らは充分, 言われたを取り, 言われた唱門師支配の下, 言われた善隣とか友邦, 言われた喜田川志津子さんのこと, 言われた土井大炊頭の如き, 言われた圭吉も三造, 言われた場合はその, 言われた大兵の門弟, 言われた大願だったの, 言われた天才ショパンを世に, 言われた天部部落を通過, 言われた女師匠が現われる, 言われたがなさけ, 言われたのミンナ, 言われたで両国中, 言われたの言葉, 言われた安東氏の態度, 言われたもそこで, 言われた寺田先生の言葉, 言われた小唄お政, 言われた小学校のとき, 言われた小町娘のお, 言われた少年中江藤樹が修業, 言われた平次親分がお, 言われた延喜の頃, 言われた強盗がお前, 言われたの嗅覚, 言われた彼らはこの, 言われた後世の門付, 言われた言葉で, 言われた御身も近頃, 言われたであろうかと, 言われた心細かった一夜, 言われた怪ロケットの出発, 言われた怪盗珊五郎はその, 言われた恐ろしい軽捷さしばらく, 言われた意味はこの, 言われた愚楽が敷物, 言われた所以である, 言われた手前もあり, 言われた才色兼備の見本, 言われた持前の寛濶さ, 言われた捕物の名人, 言われた文字をその, 言われた新九郎が今, 言われた新式内燃機関の設計図, 言われたには足もと, 言われた日蓮その人, 言われた昨日の勢い, 言われた時わたしは思いきっ, 言われた時俺は実は, 言われた時分は自然派文学勃興以前, 言われた時姫君は少し, 言われた時庭の築山, 言われた時彼の恐縮, 言われた時清之介君はイヨ, 言われた時私は書け, 言われた時道子はぽうっと, 言われた時遠藤主膳は素直, 言われた時院から自分, 言われただ, 言われた更衣であったの, 言われた最も若かった, 言われた有名な発明家, 言われた朝鮮芝居をこうして, 言われた木下謙次郎氏の書いた, 言われた木曾福島の関所, 言われた松年先生のお, 言われたの下, 言われた極めて人品の, 言われたに蝦蟆, 言われた次第でもない, 言われた段氏がこれ, 言われたの声, 言われた水戸浪士も途中, 言われた江戸から諸国大小名, 言われた沖田総司という先生, 言われた深遠な思想, 言われた清濁の書き分け, 言われた十は, 言われた源氏ははっと, 言われた漁師猟人の如き, 言われた濫僧すなわち河原, 言われたの厳命, 言われた狩屋三右衛門の孫, 言われた狩屋三右衛門翁の隠した, 言われた狩屋三郎ですが, 言われたの台, 言われた田野医学士の産婦人科病院, 言われた百姓はどう, 言われた皮肉も痛く, 言われた破戒法師であった, 言われたを云っ, 言われた神聖な文学, 言われた祭りの日, 言われた程度のもの, 言われた箱根の関, 言われた節子はまた, 言われた経験はなかっ, 言われた絶望の音楽, 言われた綺麗で気象, 言われた縁下の地面, 言われたはすこし, 言われた繁代にこんな, 言われた美しさで, 言われた美しい歌い手, 言われた美人ですが, 言われた美男縫箔屋の二番息子丹次, 言われた義男さんが, 言われた聴衆は彼, 言われたは異常, 言われた腕前侮るべからざるもの, 言われた腕達者だったの, 言われた良い男の, 言われた花房一郎の見込み, 言われた若い男は, 言われた草花に却って, 言われた行基の五十, 言われた西郷隆盛のよう, 言われた記憶がない, 言われたでは, 言われた評判な娘さん, 言われた評判娘が何ん, 言われたは持節十九年, 言われた課役忌避の在家法師, 言われた警視庁の花房一郎, 言われた讃辞をことごとく, 言われた豪勇の侍, 言われたは断じて, 言われたと同じく, 言われた常さんという, 言われた通りハダカになっ, 言われた通り他人は格別, 言われた通り其処まで行っ, 言われた通り奥羽に鶏, 言われた通り婦女に喉, 言われた通り彼等はいっさい兵馬, 言われた通り月に三度, 言われた通り橋を渡っ, 言われた通り眼がさめる, 言われた通り証拠のない, 言われた通り隣室の戸棚, 言われた通り駿河の国清水, 言われた部類に属しとる, 言われた酷薄無残な男, 言われた銭形平次もこの, 言われた鎌倉の野沢琢堂, 言われた長崎屋あの血迷い, 言われたにどれ, 言われた之丞, 言われた頃不思議な海岸, 言われたの二倍, 言われた飛騨人の如き, 言われたの群来, 言われた鶏肉胃袋に入る