青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「藩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~ 藤吉~ 藤吉郎~
藩~
藪~ 藻~ 蘆~ 蘭~ 蘭軒~ ~虎 虎~ ~處 處~ 虚~

「藩~」 3840, 40ppm, 2921位

▼ 藩~ (1601, 41.7%)

10 兵が 8 ために, 家老の 7 美少年は, 者は 6 お留守居, 人が, 家老が, 運命を, 間に 5 人々の, 兵は, 士で, 士族で, 役人が, 方で, 方に, 方へ, 若侍 4 侍が, 士分の, 大事を, 態度を, 方から, 武士が, 注意人物を, 者が, 財政が

3 [24件] 上に, 主従が, 人に, 人心を, 子弟で, 子弟に, 家老職を, 小士族, 御用を, 御用金, 手で, 手に, 武士の, 留守居と, 留守居の, 禄を, 美少年梶川与之助でありました, 者の, 者も, 船に, 若侍たち, 諸隊, 重職に, 領分に

2 [100件] うちに, ためにも, ものの, ものは, ように, 一隊が, 上下は, 中屋敷へ, 事情を, 人々が, 人々と, 人々は, 人々も, 人たちが, 人達は, 仕置を, 代表者の, 使者は, 例に, 侍か, 倉屋敷に, 儒者の, 公用に, 兵と, 兵隊は, 動きを, 区別が, 反将河井継之助, 名に, 名折れに, 城下の, 士は, 士族さんであった, 士族に, 士族は, 如きは, 如きも, 如く, 子弟の, 学問所の, 客分と, 家へ, 家中の, 家老であった, 家老である, 家老職に, 家臣で, 対立国家の, 対立意識を, 屋敷を, 御典医, 御在金, 御法を, 御用で, 御用船, 意見の, 態度は, 成功に, 手を, 政事に, 政庁に対しては, 方は, 枢要の, 権大, 次席家老の, 武士に, 武士や, 武士を, 歴史を, 江戸屋敷に, 浪人か, 浪人だ, 淡路城代稻田氏が, 物を, 留守居とか, 百姓一揆に, 空気を, 米を, 編纂した, 美少年が, 美少年と, 者から, 者だ, 者に, 者には, 若侍一同, 藩士が, 記録に, 警固隊を, 財政も, 財政を, 責任を, 軍隊は, 運命も, 重役に, 重役の, 重臣も, 隊長は, 領地に, 領地を

1 [1178件 抜粋] あいだに, あるじなみ, ある者, うちで, うちには, お侍, お家騒動とか, お寺社奉行, お抱医, お救い, お歴々だった, お留守居番, お米倉, お船方, お茶師百と, お金を, お馬廻り五百石, ことです, ことを, ごときも, ごとく手当, ご家中, ざん訴が, すべてが, ため引い, ちょっとした藩士, なかで, なし得ないこと, ひかえ所, ほうしんが, ほうへ, ほかに, ものか, やり口を, ゆるしが, よしみで, 一士人を, 一番家老の, 一隊は, 七百人が, 三人侍鳴川留之, 上の, 上下を, 上屋敷に, 上級士族土岐太郎八の, 上邸や, 下屋敷に, 世子吉川家の, 中で, 中に, 中屋敷は, 中根善之進は, 中間や, 主手前は, 久保奎堂も, 事に, 事務を, 事情が, 京都手入れから, 京都派兵も, 人々とは, 人々へも, 人かと, 人たちと, 人たちによって, 人たちは, 人だ, 人と, 人に対し, 人士と, 人心は, 人数な, 人渋木生と, 今尾では, 仕置役として, 代官の, 代官所で, 令に, 仲間や, 伊沢千右衛門という, 休戚の, 伺書提出は, 位置を, 佐原惣八郎であった, 佐藤一斎に, 侍, 侍たちは, 侍であった, 侍の, 侍講に, 侍頭大学信盛の, 依頼によって, 倉庫に, 儒員たり, 儒家の, 儒者に, 先覚者の, 先輩岡見彦曹と, 入江道場では, 全員が, 公務を, 公用も, 公議により, 兵だ, 兵に, 兵に対して, 兵より, 兵力に対して, 兵士が, 兵士に, 兵士を, 内々の, 内に, 内部は, 処罰とは, 出ながら, 出兵が, 出張所は, 出来た以後, 出身で, 分らず屋は, 利害の, 制度の, 剣人たちの, 剣士君塚龍太郎が, 剣道方に, 力でも, 功では, 動き方から, 動向だ, 勘定奉行普請役御, 募集に, 勤を, 勤番の, 医と, 医吉木蘭斎という, 医官で, 医官竹田某の, 医者の, 千余人水戸藩の, 印鑑で, 危急枉げ, 厳重な, 又者共, 収入十分の一を, 取締令の, 只野あや女後に, 各種の, 名が, 名とは, 名を, 名君定通公が, 名流の, 名義で, 名鑑を, 向背が, 向背の, 向背を, 君主も, 哨兵線に, 困窮だの, 国家老とか, 土を, 城下では, 城下まちに, 執政者に, 士に, 士に対しては, 士人に, 士人等が, 士卒を, 士卒二千余人が, 士官が, 士族だ, 士族二人を, 士林太仲に, 士民を, 士豊田又四郎が, 外へ, 外艦砲撃, 大きな武家, 大久保市蔵からも, 大事を以て, 大兵を, 大名など, 大名の, 大名行列でした, 大挙に, 大目付様に, 大童松倉の, 大金を, 奈良原喜左衛門から, 奥村藤兵衛と, 好い家柄, 如き地方, 妥協は, 子弟たちへ, 子弟を, 存亡にも, 学問所が, 学問所頭取佐久間修理じゃが, 学校が, 学校で, 学風を, 宗門改めに, 官吏によって, 定宿という, 実力しか, 宮谷家から, 家中が, 家中を, 家中続い, 家人も, 家来たちと, 家来共も, 家老でも, 家老として, 家老どころに, 家老一行が, 家老格に, 家老等と, 密貿易の, 寺社奉行または, 将の, 尊敬の, 小山田庄左衛門殿, 小川弥右衛門地下人, 小監察なぞ, 小野秀徳の, 屋敷が, 屋敷へ, 山廻り役によって, 岸上に, 巌流に, 巡邏隊でした, 差こそ, 市岡氏へ, 布令書などには, 師範として, 師範野田一渓の, 幼主が, 引退を, 当主が, 当局へ, 当路者に, 役人か, 役人には, 役人達の, 役所まで, 征長軍が, 後士族の, 徒士目付と, 御勝手がかり, 御威光, 御家老職, 御殿の, 御用か, 御用も, 御船手組の, 御連中, 微官, 忌諱に, 志士と, 志士は, 志士二十余名を, 応接方で, 急使という, 恥辱じゃから, 恥辱とも, 情勢が, 情勢を, 意志に, 戸田家の, 所有の, 手において, 手もとにも, 手代見た, 扱いで, 扶持帳や, 抗議には, 持って, 持船に, 指南番か, 指南番小野派一刀流熊野三斎の, 指南番浅川一柳斎と, 指導者は, 掃き屑, 掟では, 探偵は, 提携は, 援士は, 政その, 政客が, 政治に, 政略は, 政策として, 教授に, 文庫から, 文武を, 斥候隊が, 新しい侍, 方々は, 於保武十氏中村藩の, 旅行者たりとも, 日程に, 旧陣屋, 早舟を, 昇平丸が, 時代に, 時徒士であった, 書生と, 最も重要, 最初の, 月番家老より, 有司の, 有志が, 有志なども, 有志らは, 有様は, 木呂子退, 末を, 材木方を, 松代では, 松平家では, 枢要に, 柳田徳蔵今一人は, 栗山大膳親を, 検閲は, 槍奉行斉藤源太夫の, 権者が, 正式に, 武士だ, 武士とも, 武士も, 武家を, 武家生れだった, 歴史の, 殖産興業の, 殿様の, 江戸の, 江戸屋敷の, 江戸留守居の, 河口信任なる, 沿革を, 法規は, 洋船が, 活動によって, 浅川一柳斎に, 浪人者阿, 浮沈にも, 混成隊が, 渡海を, 湧井半, 激昂なお, 為めに, 然るべき武士, 爲めに, 牢獄か, 物頭二百石稲葉丹下の, 狼火方同心に, 猜疑などにも, 生きた藩史, 生命が, 生命を, 用人は, 用人塩原彦七で, 用務も, 用達を, 画師で, 留守居に対して, 留守居中有数の, 留守居役でも, 留守居役を, 留守役奥村藤兵衛という, 百姓で, 監視の, 目付白石市郎右衛門が, 相互に, 督学を, 矢に, 知事は, 砲火を, 確執が, 磔刑は, 祕密で, 禁足を, 秀才三十人ばかりを, 秘密で, 秘密嗅ぎ出す, 空気は, 立場の, 立派な, 米倉を, 系統の, 紙幣は, 統領仕り, 総督それに, 縁故で, 美少年には, 美少年も, 美少年梶川与之助なる, 老職, 者, 者であろう, 者な, 者を, 者共が, 耳目は, 聘を, 背後に, 能楽家柄として, 脱藩者だの, 臣で, 臣下にまで, 興廢に, 船印の, 船手は, 船番所を, 英才を, 荒武者を, 葛藤は, 蔵奉行五百枝将, 蔵屋敷の, 藤田九万氏詩家では, 藤野立馬と, 藩主と, 藩政にまでも, 藩船の, 藩論を, 行き届いた保護, 行動を, 裏門を, 要人に, 要路者に, 触書にも, 言語政策だ, 記録では, 記録を, 註文で, 誇りを, 諒解を, 諸兵, 諸大名, 諸将, 諸英傑, 警備隊が, 護衛の, 谷干城の, 負けであった, 財政から, 財政上の, 貢進生と, 費用の, 質子の, 足利の, 足軽程度の, 軍令には, 軍勢数万人が, 軍艦を, 軍隊の, 輿論と, 輿論の, 輿論を, 追手に, 途に, 連中の, 連合軍だ, 運命が, 運送船をも, 遠藤温氏と, 邸が, 酒井左衛門尉である, 重役から, 重役どもが, 重役五名が, 重職まで, 重臣中根雪江は, 重臣葉山左内に, 金でも, 鈴木為輔川村三助の, 銃隊は, 開城離散は, 関係から, 関原以来蓄積したる, 陣中へ, 陣所に, 隣りの, 零落れた士族, 青柳又八郎は, 面目の, 頃には, 領分を, 領分内の, 風を, 飛地であった, 飛脚の, 首たる, 驚き思いやられまし, 高大之進の, 麦田一八郎の

▼ 藩~ (212, 5.5%)

2 [13件] あっても, いたが, して, 下つた, 仕えて, 取っては, 向て, 奉公し, 於て, 松平太夫といふ, 率先し, 身を, 限りて

1 [186件] あったもの, あてたもの, ある才能, あれ何人, いたされた, いられたおりどんな, いる亡父, おさめて, おるかおらぬか, お命じくださいます, きまったの, くだしたと, この重荷, さよう, すぎない織田家, せよ浅野家以上, その人, つづけざま, なったじゃろうだの, なってから, なるだろう, ひき渡したの, ひろく分れ, みな御, やはりご, やはり吉田様, わかつという, わかれて, 一隻の, 上地を, 下って, 乞うて, 二十何両かで, 人と, 人となり田舎まわりの, 人も, 仕えたなどが, 仕え島田貞継, 仕え平賀保秀, 仕え村松茂清, 仕え磯村吉徳, 仕え金沢刑部左衛門, 仕へ, 仕へた, 仕へた徴, 仕へた時, 仕官した, 付属し, 仙台会津の, 仙臺會津の, 代って, 令し, 伝えて, 伝わって, 伝わる武勇譚, 依っては, 党派争いは, 入った時, 入つて, 内通の, 出された, 出入りし, 出兵を, 分割し, 分散入牢せしめられ, 勘定方の, 召されたの, 召し下し, 同流の, 嗤われも, 嘆願哀訴するごとき, 在る武器, 地方有志の, 大石進という, 大金の, 始まったので, 娯楽を, 学あり, 宋学を, 對し, 就きたるなれば, 就くに, 尽くしはじめた, 居た所, 居て, 居るとき, 届いた翌日, 届け親類, 属して, 属しました, 属し応援, 属するか, 属するでしょうそう, 属する人々, 差し出した当時, 席を, 建議した, 引き渡されたの, 弟が, 往来し, 征討に, 後れは, 徹底させる, 恐れられるだろう, 恐れられ戦い, 意見を, 所属し, 抱えられたと, 抱えられたもの, 抱えられたり, 抱えられ安達太郎山, 押し寄せるという, 押寄せるという, 握られ両, 敵するの, 於いても, 於けるが, 於ける分家, 於る, 日光お, 普通なる, 書き役, 村上天流斎という, 来てから, 歎願し, 止まって, 武辺の, 殘つた記録に, 比較し, 気脈を, 河上と, 注入され, 甘州府, 生れなかったから, 申しつけたぞ, 申し聞けられ候, 百歳あまりの, 相馬大作という, 知れて, 知れぬよう, 範を, 籍の, 置かれた藩学校, 聘用せられ, 聞え当時, 至つて正式に, 莫大な, 落ちたこと, 行て, 行はれた, 西安に, 見いだしたの, 託すべし, 記録が, 認められるの, 譲らず否, 象山先生の, 買て, 買取た, 賦課され, 赴いて, 起こったお家騒動, 起った事実, 起りたる御家騒動, 軍艦を, 追, 追い遣るか, 通達し, 運命づけられ, 達したの, 遺した円明二刀流, 金を, 関係深い, 阻まれたの, 降ったと, 限らず日本国中, 預けに, 預けられその, 預けられたと, 預けられて, 頭を, 願って, 願書を, 高橋記内という, 魁し, 齎らし賜はら

▼ 藩~ (117, 3.0%)

1 [117件] いかにし, いずれも, お取り潰し, お台所, かくの, かつても, かつてより, こ, こうした敗兵たち, ことごとく撃退, この年正月高杉晋作, この徳大寺家, これを, ござらぬ飛騨, すでにこの, そのまま食う, その事實, たいそうな, たしかに二つ, ただちよ, たちまち強い, だいぶ助かる, どうだ, どこだ, どちらです, どれ一つ生やさしい, ないのに, なくなって, なんじょう無二の, まあない, またもや激しい, もろくも, ドウしたら, 一同死力を, 三代前の, 上下挙っ, 二編の, 京都藩邸留守居宍戸九郎兵衛を, 人心恟々と, 今の, 今大きな, 佐幕党として, 俄に, 兄弟に対する, 先々代が, 勤王で, 勤王とは, 勿論姫路高松, 十六歳以上六十歳まで, 南部津輕兩藩兵二百數十を, 去就に, 嘉永五年に, 境町御門の, 多数これあり, 大名中の, 夫, 完く, 小なり, 小藩, 少名彦命神陵決定, 已にその, 幕府から, 幕府に, 幕府の, 弓矢沢の, 当然隣藩, 徳川宗家にとっては, 必ずしも官費, 愕然と, 手薄で, 捕り手組子, 放ち遣ること, 既に勤王党, 既に恭順, 日光など, 旧禄, 早くも, 早くより, 早く長州, 昔から, 昨年入部し, 昼間でも, 有名なる, 有頂天の, 朝敵という, 横濱本牧を, 武備を, 死に物狂ひで官吏, 水戸の, 永く存置, 津軽である, 海路四国の, 深川洲崎を, 準備金の, 激しい混乱, 無論こっち, 特に怒った, 猶中納言茂承, 猶他, 直ちに戦端, 直ちに採用, 禁門の, 色を, 芝口を, 藩の, 藩主同士こそ, 蘇生の, 裂けて, 見るべからざるなり, 言うに, 起て諸, 進んで, 運上所を, 鐵砲洲から, 防備手薄で, 随分奮戦, 須く

▼ 藩~ (97, 2.5%)

3 出て 2 あげて, 代表する, 怨む者, 敵として, 脱して

1 [84件] うごかしたと, くじくこと, ご浪人, さして, して, とりつぶそうの, はじめ京都の, はじめ全国無数の, はじめ諸, まつまでも, もつて, やめて, 代表し, 使嗾した, 催して, 傷つけずに, 出はずれて, 分つとき, 初め土州因州その他大義に, 制するという, 削るを, 削奪, 勧誘し, 同うし君, 名乗った梶川与之助, 味方に, 命ぜられる際, 圧迫しよう, 平げて, 平げ以て, 廃し, 廃したるは, 建て竜造寺家, 廻るという, 往来した, 待つよう, 心服さする, 応援せ, 急に, 意味する, 慴服させた, 抑うる, 抑え禍, 挙げて, 掃蕩し, 支配し, 救う, 救うのみ, 数える, 断行し, 沈黙させた, 浪人し, 燕に, 留める夫, 相手と, 石垣に, 破ったとき, 笠に, 糺合し, 統一し, 統御する, 維新の, 置くからには, 罰するという, 脱しきれぬ精神状態, 脱しさせた画心, 脱走し, 脱走する, 行ったその, 裁抑, 見かねて, 解放する, 許された, 許した, 越前守は, 迷惑させた, 追われた真実, 逃げ出した細川護美氏, 遂に動かし, 除く外, 順に指名, 預かるおかたとして, 飛び越えて, 駆り西郷

▼ 藩~ (96, 2.5%)

2 そんな事, 朝敵に

1 [92件] あった, あった頃, ありますからね, ある, あれば, あろうとは, いよ, この形勢, この海岸, それぞれの, それほどこの, とびぬけて, どうしてそんな, ほかならぬ, もって, わが国に, 一不祥事の, 一人という, 一心同体と, 一戦をも, 中心です, 中心と, 主筋に, 京都より, 京都守護職を, 今じゃ, 党派を, 出て, 出来た時, 利用し, 利益を, 動きその, 募集した, 勢力の, 十四人最も, 南に, 南朝の, 危急に, 叛旗を, 各自に, 名誉の, 向背の, 囘天中興の, 土州に, 外国船の, 多くの, 大挙し, 守って, 宮門警衛をも, 封建制の, 将軍家が, 平安に, 幽齋, 弓矢沢の, 引揚げに, 徳川に, 承服する, 承服せぬ, 攘夷の, 攻守同盟の, 政権を, 救われひいては, 文久三年に, 断行され, 朝廷に, 木曾山を, 木曾山保護の, 武器人員の, 沢山ある, 治水事業に, 率先し, 率先勤王倒幕の, 発した取締令, 穏か, 続出し, 維新の, 置かれその, 脱籍者, 自慢に, 至上の, 蛤門の, 西洋形の, 討とうと, 討幕の, 財源の, 貧乏籤を, 近藤を, 連合し, 関ヶ原の, 降参し, 震駭し, 預かって

▼ 藩では~ (95, 2.5%)

2 それを, なくて, 家老大村彦右衛門を

1 [89件] あまり数学, あらかじめ藩中, ありましたが, あり如上, あるし, いちばんの, かつては, きびしいお触れ, この人, さすがに, その出来事, それに新, それより, そんな事, まだまだ心, もっぱら本当, イギリスに, キリシタンの, 一時遁れ, 三津浜に, 世子の, 之が, 二人を, 五寸角ほどの, 今日の, 他に, 代官山村氏に, 仲平を, 佐幕派の, 先陣を, 処置に, 初めから, 前にも, 厳しかった, 去年の, 台所方の, 堤長発氏処士では, 外国の, 天龍川の, 太守の, 嫡子主膳正直溥の, 宝暦の, 家々から, 寺の, 少しも, 山中の, 岩崎小次郎氏肥前藩では, 幕府の, 延宝五年に, 役に立つ立たぬを, 必ずしも士人, 急を, 或は禄, 才力の, 早速それ, 最後の, 有名な, 朝命を, 朝廷と, 木曾谷中三十三か村の, 松田正久氏中島盛有氏, 橋立の, 武芸を, 武蔵様が, 江戸京都大坂あたりの, 江戸定府を, 江戸屋敷からの, 河師という, 減禄を, 漢学者は, 特にこうした, 田町の, 皆前例によって, 相馬永胤氏久留米藩では, 磯部四郎氏高鍋藩では, 競つて新らしい, 竹三本を, 若年寄付小人物産方という, 藩の, 藩主に, 藩主初め在京する, 藩士一同, 謙助を, 遅くとも十五歳位, 長く芭蕉, 隊は, 領内に, 高橋二郎氏富山藩では, 黒岡帯刀氏長崎省吾氏の

▼ 藩から~ (93, 2.4%)

2 援軍を, 獨立しよう, 送って

1 [87件] お召状, けらい, この滋賀, こんなけが人, それぞれの, どのやう, やかましく言い出したげ, 一人一日金一分の, 一粒金丹を, 上陸を, 下付せらるる, 与えた五十円, 二名ずつを, 二宮金二郎, 付けられた監察官, 仰せ出された献金, 使の, 六百石の, 内使を以て, 出させること, 出たと, 出た同姓, 出た武士気質, 出た祖先, 出て, 出るという, 出るに, 分けて, 分配され, 剣士を, 勿論ソレ, 十万石を, 奨励の, 字引を, 布令が, 幕府に, 幾人も, 廻って, 当時十五六歳の, 御勝手仕法立て, 托して, 投げだされたと, 捕手が, 掛け合いに, 放逐丈けの, 新たな, 月輪軍之, 来た木曾谷, 来て, 毎年その, 江戸の, 洋学修行として, 渡して, 渡った米俵, 焼失人へ, 特別の, 番士を, 直ちに来意訪問, 県と, 移住し, 突っ込まれた場合, 立てられたもの, 苗字帯刀を, 若侍たち, 茶壺を, 藩への, 見れば, 見張りの, 護衛兵を, 貰うこと, 貰う少々, 貰う給費, 賦課する, 贈るよう, 追はれた, 退身, 送られて, 選ばれた, 選りぬいて, 閉門を, 集まりきたった, 雇って, 頼まれたり, 頼んで, 養子に, 駈けつけたが, 高禄を

▼ 藩~ (93, 2.4%)

3 へ帰った 2 に居れ, の三津, の士族, の明教館, へ帰る, を召

1 [78件] からこの, から京都, から取寄せ, から放逐, がお召上げ, である, ではかたき, では人, では全く, では地べた, では私ども, でもこの, でも名, でも獣肉, で多少, との航海, にいたら, にいる, にも例, にも及ん, に住む, に住んだ, に居た, に居る, に帰る, に来, に横文字, に淋しく, のほう, のみに蟄居, の三津浜, の中心, の中津, の住宅, の公共, の城下, の外, の宅, の松山, の武場, の浦, の海岸, の父, の私ども家族, の穀税整理, の近島, はたしか, は召, は既に, は日向, へも知れた, へ入り込む, へ向け旅立った, へ帰す, へ帰っ, へ帰らるる, へ帰り, へ帰れ, へ帰任, へ戻っ, へ来, へ来た, へ聞えた, へ追い返される, まで, まで行く, より出, より連れ, を出る, を出発, を占領, を去らるる, を去る, を幕府, を立去っ, を訪ね, を離れる, 遠州相良

▼ 藩~ (70, 1.8%)

2 対立し

1 [68件] あつた, あらう, いうまでも, お狼火方, かくまうこと, げす, ござって, すらこの, すら敵し得なかった, すら薩州方, そこの, その子弟, どういう処罰, はござりまするが, ゆるされて, 一人を, 一手に, 云う元締役, 今も, 任用せられる, 何か, 何という, 保護し, 優遇され, 公儀へ, 出版し, 可なりに, 國産獎勵を, 家老と, 岩佐の, 巣山留山明山の, 布令を, 帰順の, 建てた上松, 後には, 御同役, 御家騒動の, 徳川幕府ばかりが, 戸板保佑を, 指導する, 支弁せね, 明君と, 有名な, 水司又市と, 水錬, 江戸から, 江戸暮しを, 流布され, 浪人などを, 発達した, 知る者, 秘密に, 築いた臺場, 籠城の, 編纂した, 置いた上松, 藩校を, 血眼に, 認めて, 誰が, 貴方も, 開成丸という, 間道通過を, 馬回り使番を, 鳴らしたもの, 黒川の, 黒船を, 黙って

▼ 藩~ (50, 1.3%)

3 藩との 2 仙台藩の, 歩調を, 藩で, 藩とで

1 [39件] あるの, いい廃仏, なったわけ, なると, なるや, レンラクし, 下妻との, 与力との, 事を, 二ツの, 云って, 交代に, 交渉した, 何の, 全家中, 剣道の, 同じやう, 同時に其刀, 同時に医, 同時に横川邸, 境を, 宇摩郡の, 対立する, 幕府の, 提携せね, 攘夷藩との, 改めて, 新撰組は, 此処で, 毫もえらぶ, 福澤と, 聴いて, 聽い, 芸州藩の, 薩藩が, 薩長以下勤王諸, 記して, 諜じ, 連合し

▼ 藩~ (50, 1.3%)

2 帰って

1 [48件] おふせつけられ, お召抱えに, くれい, この人, その事, 一斉に, 一目散の, 七里の, 三千両城下の, 下されましたところ, 下る船, 伝わって, 何ほどという, 出張する, 分けて, 分散入牢せしめられ, 報告し, 対しても, 工人を, 帰っては, 帰る事, 帰ろうとは, 帰参する, 幕府から, 引きぬいたの, 引渡されて, 御三家からの, 復帰し, 手紙を, 招かれたこと, 持ちかえり藩公, 早馬で, 死亡届が, 殺到した, 殺到しよう, 潜り込んで, 無断で, 熊本の, 献上金を, 用事が, 用捨し, 百万石の, 私的な, 行って, 討幕の, 送った, 送って, 預けられた二十八名

▼ 藩でも~ (45, 1.2%)

2 学問の, 有名な, 隠密が

1 [39件] いよいよ戦備, こんな時, そうであろう, その後十四年の, その罪, ないと, なかなかの, よい政機, よく木曾地方, 一度で, 久しき以前, 会津に, 同様であった, 喜んだ, 困って, 城の, 城を, 大家の子, 大禄, 天下の, 実際に, 家老は, 屈指の, 幕府直轄時代からの, 心配し, 手強いの, 日光を, 武術の, 殊に烈しい, 決して黙っ, 注意し, 特に制裁, 異論を, 知るわけ, 表向きには, 許して, 足りないしかし, 重立った勤王, 重要な

▼ 藩~ (38, 1.0%)

5 の御 2 のお, の御前

1 [29件] からつけ, からの御沙汰, から如何, から懇篤, から特に, から翁, が優柔不断, が先導, が来られた, と共にし, などより田舎者, に対しても闡明, に従い, に生きた, に関係, の世子, の招聘, の膝下, の蜂須賀侯, の許可, の賞美刀, の越中守, の銅像, の面前, は武, へお, へお客様, へ聞こえた, より藩

▼ 藩~ (38, 1.0%)

3 の分裂 2 の一致, を一変

1 [31件] が一決, が在府党, が変る, が決った, たる公武合体, なる公武合体, に従わしめよう, に背い, の一定, の勤王化, の席, はいつ, はたちまち, はまた, は主戦, は佐幕, は家老派, は容易, は援兵, は鳥羽伏見, も自, より考える, を, をうごかす, をまとめる, を一定, を一身, を征服, を従前通り無視, を握り, を獲得

▼ 藩~ (37, 1.0%)

1 [37件] から五十円, ではそんな, でも内々, でも随分, となった, においては各, にも届けず, に向, に報告, に対してばかり斯く, に対する挙動, に居た, に聞えた, に詰め切っ, の内議, の報告, の存, の建っ, の推薦, の書類, の許可, はかつて, はかよう, は全く, は大少, は藩士, へも婚儀, へ届く, へ引, へ打合せ, へ来, へ駈け着けた, まで届け出, より最後, を取囲む, を攻め, 御制度

▼ 藩~ (35, 0.9%)

1 [35件] あった, あったという, あつた, ありましたソン, あるからね, これを, さまざまの, して, それを, そんなもの, ない, なくまた, なし左, なるべく隠忍持, なんとかし, またただ徳川時代三百藩, みな涙を, 一君万民の, 一揆の, 元の, 出兵しない, 十中八九皆ソレであった, 協力し, 名古屋県と, 命令によって, 小く, 小諸藩も, 当然参加, 恭順を, 控えて, 松代藩も, 矢張り攘夷の, 行立つ, 誠に安楽, 遂に堪忍袋

▼ 藩~ (26, 0.7%)

2 を率い

1 [24件] がそれ, が加わっ, が土方歳三, が多少, が疾風, が鳥羽街道, で仏式, として東京, につかまっ, になっ, に加, に加わっ, に攻められる, の七重村, の攻撃, の進発, は, はそれ, は一手, は天使, や軍夫, を加え, を尻内, を東条少佐

▼ 藩~ (25, 0.7%)

1 [25件] での売買, ではこの, では家老, でもみな人, でも非合法的, にあ, に尊攘派, に振ひ輝きぬ, に養成, のあの, の不平士族, の内輪喧嘩, の各, の各地, の城普請, の嫉視, の理財上, の粛正, の紛乱, の紛議, の能楽, の能楽界, の若, の騒動, 諸物産

▼ 藩には~ (22, 0.6%)

1 [22件] お館, かつては, この乱麻, これほどに, ちょっと類, 人物が, 伊東という, 冗談の, 封建時代の, 小銃も, 居らぬ筈, 左様な, 府下非常を, 弘道館という, 従来槍術の, 悪習慣, 残らぬ事, 民主主義の, 皆大小を, 算家という, 西洋火術の, 西郷南洲高杉晋作に

▼ 藩にも~ (20, 0.5%)

2 属して, 硯について

1 [16件] いろいろある, それが, ちょっと類, 京都儒者の, 伝わって, 儒臣なる, 多くあった, 奨励の, 尾州藩にも, 差置けぬと, 幾人か, 拠って, 據つて志を, 知られて, 軍隊らしき, 連合せられたい

▼ 藩~ (20, 0.5%)

7 のお 2 の大事

1 [11件] に害, の一門, の不利, の大変, の将来, の庫, の柱石, の興廃, を守ろう, を安泰, を犯そう

▼ 藩との~ (13, 0.3%)

2 衝突を

1 [11件] 交渉も, 交渉を, 剣道大, 口約を, 姻戚関係や, 衝突と, 衝突に, 間に, 間にのみ, 間にも, 間の

▼ 藩~ (12, 0.3%)

2 を脱し 1 からも除かれた, にあっ, に名, に在る, のない, へもどし, を奉還, を脱, を謹ん, を除かれた

▼ 藩~ (11, 0.3%)

2 であった, というもの, の如く 1 に交, に対して様々残酷, に対すれ, は襄, もいた

▼ 藩~ (10, 0.3%)

1 で京坂, で江戸, で薩摩, によって出入り口, により多年怨み, に依っ, に依る, の寄宿生, の者, を蒙り

▼ 藩~ (10, 0.3%)

2 の対立感情, は藩民同志対立 1 であ, であって, となった, となつ, となり, の心胆

▼ 藩~ (10, 0.3%)

2 のお 1 から当, が沼尻, に乗せられ, の便, の冬, へお, を使っ, を預り

▼ 藩~ (9, 0.2%)

1 かそれ, から天下名題, から立派, がだいぶ, が帝大, が荒木, と見る, のう, のから

▼ 藩という~ (9, 0.2%)

1 ことに, ことを, のが, のは, ものから, ものを, ような, 制度の, 組織も

▼ 藩とは~ (9, 0.2%)

1 互いに恨み, 何じゃ, 何の, 別個に, 幽斎在世の, 敢えていわぬ, 武蔵岡部の, 申しながら, 相違ひ

▼ 藩とも~ (9, 0.2%)

1 なる, にそれほど, に否, に多く, よく交渉, 同じであった, 嚮背に, 御儒者, 金を

▼ 藩より~ (9, 0.2%)

1 一足先に, 一頭の, 受けなお, 命ぜられた洋学, 御届け, 徳川殿今度勅命により, 提出すべき, 支給せられ, 通行の

▼ 藩~ (9, 0.2%)

1 で仕込む, には処法, には處法, に国, の事情, の人間, の雇傭人, へ売出, へ旅行

▼ 藩知事~ (9, 0.2%)

1 というもの, となられた, となる, に更, の職権, を仰せ付けられる, を拝命, を罷められた, 承昭

▼ 藩~ (9, 0.2%)

1 が畏敬, である, でなく牢人, としてこの, と家族, にいた, に対する加役, のみがなしとげた, 或は町人出

▼ 藩において~ (8, 0.2%)

1 この際兵端, 何ゆえに, 外国軍艦を, 学校の, 当路と, 正党奸党, 老儒先生を, 考慮手配しよう

▼ 藩~ (8, 0.2%)

1 が阿波, だけを持つ, のお, の菩提寺, よりは社稷, を祀った, を祀る, 両公

▼ 藩~ (8, 0.2%)

2 のよう 1 が善く, が大いに, が釣り人, といふもの, と云う, もそういう

▼ 藩からの~ (7, 0.2%)

1 お咎め, きびしい詰問, 列席者を, 厳命に, 寄り合いだ, 御養子, 救助金は

▼ 藩~ (7, 0.2%)

1 代官との, 同窓の, 大垣藩との, 就中維新前後に, 張之, 長崎奉行佐賀藩などから, 飯田藩に

▼ 藩~ (7, 0.2%)

2 である 1 だな, で, でもある, の子, の家柄

▼ 藩~ (7, 0.2%)

1 たるもの, とし, に戴かしめし, の住居, の権, の経営, を以て天子

▼ 藩~ (7, 0.2%)

1 と詐称, に役立っ, のため, の名, の船便, の都合, を詐称

▼ 藩~ (6, 0.2%)

1 さもなければ勅使, 大店, 知らぬが, 私に, 竜野藩かの, 膳所藩か

▼ 藩からは~ (6, 0.2%)

1 一人あて一日米一升の, 三十人ずつほどの, 二十人以上の, 密使を, 無論だ, 睨まれて

▼ 藩からも~ (6, 0.2%)

1 一時の, 仰がれて, 兵を, 度々賞美, 応援すべき, 昌平学校が

▼ 藩へも~ (6, 0.2%)

1 かかわること, 三十人ばかりの, 世間へも, 帰れねえから, 広まって, 新免浪人が

▼ 藩~ (6, 0.2%)

1 にみんな初め, に一人, に主として, に必ず, に藩論, に鎖国攘夷

▼ 藩出身~ (6, 0.2%)

2 の田中不二麿 1 で今, の大審院, の渋江保さん, の者

▼ 藩~ (6, 0.2%)

1 からすべて, に関係, の一ツ, の助手同様, も円滑, を聴く

▼ 藩~ (6, 0.2%)

1 のやれ, はなかっ, もそれ, やご, をイロハ順, を掲げ

▼ 藩~ (6, 0.2%)

1 が来, に捕へられた, の二男, の歓待もうけ精練所, は座敷, へ渡し

▼ 藩政府~ (6, 0.2%)

1 に向い議する, に向っ, に波及, の追, はさらに, 既に成算

▼ 藩あたり~ (5, 0.1%)

1 からも手紙, じゃ伊藤俊助, の人たち, の強い, の田舎千両役者

▼ 藩~ (5, 0.1%)

1 ておった, てから後, て和田家, て飽, 更に孥

▼ 藩じゃ~ (5, 0.1%)

1 あるしの, ござんせんか, よく尽くしました, 主名を, 御家老

▼ 藩だけの~ (5, 0.1%)

1 もので, ものであるまい, 一つの, 例では, 間の

▼ 藩においては~ (5, 0.1%)

1 このお山, 古来未曾有の, 家を, 競うて, 都甲金平が

▼ 藩にて~ (5, 0.1%)

1 四郡の, 廉潔の, 正味二三十石以上の, 種々の, 要路に

▼ 藩への~ (5, 0.1%)

1 かけ合いでも, 嘆願書の, 通りが, 遠慮から, 面目が

▼ 藩~ (5, 0.1%)

1 勢力の, 県から, 県は, 県皆な, 領の

▼ 藩学校~ (5, 0.1%)

1 での目的, で教えられる, の明教館, は当時表面上, は藩

▼ 藩~ (5, 0.1%)

1 と共に上書, にお預け, の各, の如き, を朝敵

▼ 藩~ (5, 0.1%)

1 といふ意味, として之, に入れ, は以, を忘れしめ

▼ 藩かぎり~ (4, 0.1%)

2 の御 1 で立て, の制度

▼ 藩かの~ (4, 0.1%)

1 兵士と, 町はずれに, 留守居役か, 軍隊が

▼ 藩であった~ (4, 0.1%)

1 から藩士, がその, とはうなずかれる, 筈だ

▼ 藩である~ (4, 0.1%)

1 が国, が國, 仙台, 宮津の

▼ 藩です~ (4, 0.1%)

1 からな僅か, から家老上席, が肌合, けれども武張った

▼ 藩での~ (4, 0.1%)

1 家老職まずは, 御相談, 試合は, 鑓仕

▼ 藩と共に~ (4, 0.1%)

1 攘夷を, 東海道軍に, 知事は, 運動する

▼ 藩なら~ (4, 0.1%)

1 ば一番, ば大多喜藩, 御存じで, 藝州藩だけの

▼ 藩によって~ (4, 0.1%)

1 それぞれ寛厳の, 訓練され, 違うが, 開始された

▼ 藩に対して~ (4, 0.1%)

1 あれほど, ハツキリと, 功名心なし, 甚だ淡白

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 が改まった, というもの, の改革, の身分

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 と勝戦, を振, を養う, を養っ

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 において裏打ち, に仕えず, の一大事件, を浄め

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 などの整理, の経済力, は空々, も軍費

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 すぐ蝋屋, の様子, は京都, は右

▼ 藩時代~ (4, 0.1%)

1 に許された, の作業, の唯一, の彼

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 にも幕権, の精神, を争いし, 大参事

▼ 藩江戸家老田丸~ (4, 0.1%)

4 主水正

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 に分ける, に於, の動き, 正籍

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 の疲弊, の調査, を又, を立直す

▼ 藩~ (4, 0.1%)

1 の増大, も貰えぬ, を以て洋学, を要した

▼ 藩であろう~ (3, 0.1%)

1 が県, とも佐倉藩, とも生意気千万

▼ 藩とか~ (3, 0.1%)

1 云うので, 肥前鹿島藩とかの, 鯖江藩とか

▼ 藩として~ (3, 0.1%)

1 浪士らを, 見れば, 間道の

▼ 藩としての~ (3, 0.1%)

1 独自の, 觸書を, 面目も

▼ 藩としては~ (3, 0.1%)

1 やむをえぬ状態, 出雲の, 彼等に

▼ 藩ながら~ (3, 0.1%)

1 この本丸, 伯爵を, 類例の

▼ 藩まで~ (3, 0.1%)

1 その名, 行ったけれど, 駈付け

▼ 藩~ (3, 0.1%)

1 とかわり, の前, の力

▼ 藩~ (3, 0.1%)

1 の事, の利子, も政府

▼ 藩全体~ (3, 0.1%)

1 が力瘤, の大きな, の病患

▼ 藩家中~ (3, 0.1%)

1 の者, の藩士達, の鷹見爽鳩

▼ 藩~ (3, 0.1%)

1 から高橋, が江戸, ではおどろい

▼ 藩~ (3, 0.1%)

1 役方御宿所と, 藩薩州土佐の, 逗留中に

▼ 藩~ (3, 0.1%)

3 一の

▼ 藩~ (3, 0.1%)

2 遊候に 1 仰付

▼ 藩~ (3, 0.1%)

1 がまとまりました, が相, を重ね

▼ 藩~ (3, 0.1%)

1 を横領, を私, を費

▼ 藩~ (2, 0.1%)

1 取り潰し, 客分片山伯耆守久安様など

▼ 藩および~ (2, 0.1%)

1 旗本の, 長州藩では

▼ 藩された~ (2, 0.1%)

1 という事, のである

▼ 藩した~ (2, 0.1%)

1 のである, ものである

▼ 藩すら~ (2, 0.1%)

1 此と, 相関らず

▼ 藩する~ (2, 0.1%)

1 ことに, 事を

▼ 藩たる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 長防二州

▼ 藩だけは~ (2, 0.1%)

1 御三家以外で, 暫時ながらも

▼ 藩だった~ (2, 0.1%)

1 が長い, し稽古所

▼ 藩~ (2, 0.1%)

2 ふ観念

▼ 藩であり~ (2, 0.1%)

1 藩民で, 藩民であっ

▼ 藩でございます~ (2, 0.1%)

1 から若しも, と云った

▼ 藩でござる~ (2, 0.1%)

1 か, な

▼ 藩でした~ (2, 0.1%)

1 のだ, よ

▼ 藩とが~ (2, 0.1%)

1 こんなに京都, 対立した

▼ 藩としても~ (2, 0.1%)

1 ずいぶんあやふやもの, それだけの

▼ 藩とで~ (2, 0.1%)

2 対立し

▼ 藩などの~ (2, 0.1%)

1 人々が, 大きな屋敷

▼ 藩などは~ (2, 0.1%)

1 なくて, わらじに

▼ 藩における~ (2, 0.1%)

1 ごとく一時, 勤皇は

▼ 藩にては~ (2, 0.1%)

1 この方針, その後七年の

▼ 藩にとって~ (2, 0.1%)

1 中興の, 大きな打撃

▼ 藩のみ~ (2, 0.1%)

1 でなく拙, では

▼ 藩ほど~ (2, 0.1%)

1 功を, 根強かった

▼ 藩をも~ (2, 0.1%)

1 内外ともに, 廃し

▼ 藩を以て~ (2, 0.1%)

1 一国と, 其管下と

▼ 藩~ (2, 0.1%)

1 脱スル者, 脱スル者及佗藩

▼ 藩一致~ (2, 0.1%)

1 の窮乏岡崎, 全藩勤王

▼ 藩一藩~ (2, 0.1%)

1 はどれ一つ生, を支配

▼ 藩三十五万石~ (2, 0.1%)

2 の城主

▼ 藩~ (2, 0.1%)

1 に合祀, の市民

▼ 藩以外~ (2, 0.1%)

1 の宗匠達, の浪士

▼ 藩兵家本草家~ (2, 0.1%)

1 に兵粮丸, に兵糧丸

▼ 藩内仕置~ (2, 0.1%)

2 の件

▼ 藩内随一~ (2, 0.1%)

1 の御, の聞え

▼ 藩喜多流~ (2, 0.1%)

1 の先覚者梅津只圓翁, ノ能楽師ナリ

▼ 藩地外~ (2, 0.1%)

1 で漢学生, に放逐

▼ 藩地松山~ (2, 0.1%)

1 にいた, に帰るべき

▼ 藩当路~ (2, 0.1%)

1 へ説きつけた, も承諾

▼ 藩役人~ (2, 0.1%)

1 の身, は狡策

▼ 藩挙っ~ (2, 0.1%)

1 て学者, て宗家大事

▼ 藩普通~ (2, 0.1%)

1 の家族, の禍

▼ 藩有志~ (2, 0.1%)

1 において常野, の者

▼ 藩松平家~ (2, 0.1%)

1 から羽前, の名誉恢復

▼ 藩~ (2, 0.1%)

2 に対立

▼ 藩民同志対立~ (2, 0.1%)

1 しもっと, しもつと

▼ 藩民的国家的~ (2, 0.1%)

2 な対立感情

▼ 藩民的国民的限定~ (2, 0.1%)

2 を難

▼ 藩~ (2, 0.1%)

1 においても風俗, 常に上士

▼ 藩浪人~ (2, 0.1%)

2 若くは

▼ 藩留守居~ (2, 0.1%)

1 の如き, より辨官

▼ 藩知事公~ (2, 0.1%)

1 かい, の居間

▼ 藩祖以来~ (2, 0.1%)

1 の城, の素朴

▼ 藩~ (2, 0.1%)

1 とされ, ともいえる

▼ 藩記録~ (2, 0.1%)

1 にあ, はその

▼ 藩譜編纂~ (2, 0.1%)

1 のかかり, の用務

▼ 藩警固~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 藩重役~ (2, 0.1%)

1 の子, の耳

▼ 藩關係~ (2, 0.1%)

1 のもの, の古書類

▼ 藩限り~ (2, 0.1%)

1 には決せられぬ, に士族

▼ 藩隨院長兵衛~ (2, 0.1%)

1 と黄泉, にございます

▼ 藩高橋一派~ (2, 0.1%)

1 の会合, の秘密会合

▼ 藩黌明倫堂~ (2, 0.1%)

1 に学んだ, の学則

▼1* [387件]

あって我松山藩, 藩あなた方の御, 藩ありしが明治四年七月列藩, 藩いずれもこの, 藩お抱えの能楽師, 藩からよりだされた勇士術者, 藩くらいはあるに, 藩ぐらいからそういう人たち, 藩ぐらいになってや, 藩こぞって安堵する, 藩ことごとく全国へ, 藩ことに御三家の, 藩本家に, 藩ごとの掟, 藩させてもらいたい, 藩じゃが先祖の, 藩すれば脱藩人, 藩せぬのは, 藩せられて幕府, 藩せられることに, 藩ぜんたいがよろこび祝っ, 藩そのものが自滅, 藩そんな藩が, 藩がいに, 藩だけでも七百名に, 藩だってこんな場合, 藩だつたし稽古所, 藩だの久留米藩だ, 藩であってその, 藩であったら或いは柔弱, 藩でないとする, 藩でなくて隣藩, 藩で御座いませうね, 藩というも可なる, 藩といふのは, 藩とかの人も, 藩とちがつた所謂文化的, 藩福知山の, 藩なしと斯, 藩なぞの少壮な, 藩などから応援を, 藩などでは殊にそれ, 藩などにあらわれた, 藩なりの勢力を, 藩なる山吹領という, 藩においても相呼応, 藩にたいする幕府の, 藩については元来なら, 藩につき土地と, 藩にても新に, 藩にまで臨もうと, 藩によつては, 藩によっては八合判の, 藩にわたりその内容, 藩に対し討幕の, 藩に対しての身の, 藩に対してはその卑劣朝鮮人, 藩に対しても絶対の, 藩に対する筆法は, 藩に関する観念のみ, 藩のみが真面目に, 藩はと見ると, 藩ばかりでは, 藩ばかりが何故に, 藩ひとつ主をいただく, 藩へはまた秘密, 藩ほどの人でも, 藩また同様である, 藩までというのであっ, 藩まま小いたち, 藩ゆえ小狭い所, 藩よりの警衛と, 藩わが主人と, 藩を通して開城降伏の, 藩仕ヘ, 藩応援, 藩フラクションは島津三郎, 藩一人も服さざる, 藩一体となり, 藩一刀流の指南番, 藩一同は版籍, 藩一定の職制, 藩一族の子弟, 藩一派の策動, 藩一箇の働き, 藩一統はくるし, 藩一統上下をあげ, 藩一臣下が何, 藩一致それぞれの施政, 藩一般の見る, 藩七人組と称された, 藩三万石だけが領邑, 藩三百の大名, 藩三百石究竟の勇士, 藩上下の人々, 藩上下一同まず愁眉, 藩上原元英来, 藩上層の指導精神, 藩中小士族相応の勤, 藩丸山藩であって, 藩事, 藩亀山藩へ送った, 藩二奉行所から出動, 藩于外自昔祖禰, 藩五島藩佐賀藩水戸藩などの人々, 藩京都留守居役乃美織江の手記, 藩付属の歩役, 藩に出, 藩以下への, 藩以後にまでひそか, 藩以来ほどなく, 藩以来内地人の圧迫, 藩以来士民が適, 藩伊賀国柳生の里, 藩佐竹様への押え, 藩佐竹樣への抑, 藩佐竹氏と談合, 藩佐賀藩では急, 藩佐賀藩水戸藩などの人々, 藩保護の下, 藩信濃の十一藩, 藩の落胤, 藩延期の, 藩主長生公, 藩公御機嫌伺いのため, 藩公邸の長屋, 藩公酒井宮内大輔の遺徳, 藩公酒井家はいつ, 藩公長知侯にお, 藩公長知公の御, 藩公黒田家のお抱え, 藩共馴染の芸子, 藩兵づれとは違う, 藩兵二百數十をもつ, 藩兵全部引き揚げの建言, 藩兵達の大, 藩兵隊東京府迄引揚可申旨, 藩内上層と下層藩士, 藩内二百石の馬廻り某氏, 藩内京都派のため, 藩内外に聞こえた, 藩内武士の血脈, 藩内総動員を行, 藩の青年侍, 藩出張之兵大半青森, 藩分裂の勢い, 藩制度などには今日, 藩制改革が行われた, 藩制時代を経, 藩に弘前俎林, 藩なら柳生一刀流, 藩創立以来の日記その他, 藩功臣諸氏は電撃雷撃, 藩の回復, 藩勤王へ, 藩勤皇の導き, 藩匠川畔の風光, 藩医たちがうち, 藩医員として迎え, 藩医官は上下, 藩医柳田泰治の門人沢井才一郎, 藩十万人を先鋒, 藩即ち小松領に, 藩及び川越藩の, 藩召出しの儀, 藩致旨被, 藩の素材, 藩史みたいな人物, 藩史今なら知事, 藩史料や櫻田事變, 藩史蜂須賀蓬庵伝のほう, 藩縣など, 藩同様に更に, 藩同様枚挙に遑, 藩吏千葉勘左衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, 藩吏戸田又太夫, 藩向う側は他, 藩がある, 藩和歌山藩等にお預け, 藩のため, 藩土佐産の名犬, 藩土浪人あぶれ者野士百姓町人ならず者都合その勢四千人, 藩地のを呼寄せ, 藩地以上に関東, 藩地全般にそう, 藩地士農商の言語なまり, 藩地徳望の士君子, 藩地生活をした, 藩地等でも日本国内, 藩非是小朝廷, 藩としてここ, 藩外海禀化寧境恭修貢職新嗣邊業, 藩外藩内のあの, 藩參事明治八年作, 藩大久保の受持, 藩大名の屋敷, 藩大野藩彦根藩丸山藩であって, 藩大阪屋敷勤務下級藩吏の二男, 藩奥平家のやしき, 藩子弟七八名に洋学修業, 藩孝女の仇討, 藩宇和島藩等の各, 藩官吏に知己, 藩定府中の富人, 藩宝一風宗匠がゆられ, 藩家來寺田志齋がその, 藩家老の死, 藩家老浦靭負家来赤根忠右衛門宛の雲浜書翰, 藩家老渡邊登へ洩れた, 藩家興廃のせ, 藩宿老の家格, 藩密造の贋一分銀, 藩対馬十万石の宗従四位, 藩小さい方の, 藩小吏としての, 藩小笠原佐渡守から入れた, 藩前説を, 藩して, 藩屋敷が置かれ, 藩の諸, 藩島原藩なぞの少壮, 藩州附近伊皿子二本榎猿町白金辺を持場, 藩巡邏隊拙者は伍長, 藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, 藩に勧告, 藩建白によって下った, 藩引払ひの, 藩当路者の発した, 藩当面の不祥, 藩彦根藩丸山藩であって, 藩御用の左官職, 藩徴士荒川甚作に与, 藩心服仕らずては, 藩必死の鎬, 藩志士の面々, 藩応接警衛の命, 藩の複雑, 藩情如何を詮索, 藩所蔵の, 藩援剣の残党, 藩擧つて學者に研究, 藩支藩を通じても伝え聞く, 藩政庁を相手, 藩数十の族党, 藩文学の後, 藩を並べ, 藩岩, 藩月輪一刀流の剣軍, 藩有力者の頭, 藩有馬家南隣は島原藩松平, 藩本多様に御, 藩本山から下諏訪, 藩李鴻章一二達識の士, 藩松平主殿正, 藩松平大膳大夫はここ, 藩松平隠岐守の屋敷, 藩柳生対馬守のお, 藩榊原家の隊伍, 藩権伸張策だった, 藩横井平四郎壮年の砌諸国遊歴, 藩の十九間, 藩次に十九間久留米藩次百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は, 藩次三百間は松平忠之兄弟, 藩次九間島原藩次に十九間久留米藩, 藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 藩次百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 藩正義党の方達, 藩歳入の正味, 藩残らず攘夷藩で, 藩毛利従三位であり前, 藩水戸藩などの人々, 藩水野家の勘定方, 藩治上の打合せ, 藩沿岸に三隻, 藩浪士らによって江戸高輪東禅寺, 藩浮かぶ瀬の, 藩海軍を開キ候得バ, 藩混交のわがまま兵, 藩漸く削奪, 藩版籍奉還となり, 藩物頭役として入京, 藩に繋がれ, 藩王以下は永楽, 藩現役の中堅, 藩は討ちもらした, 藩用人中根靱負の記, 藩留守居役百石比良野文蔵の女, 藩的偏見を失つた, 藩的公武合体運動の頭目, 藩降る, 藩目付とあら, 藩目附役百石比良野助太郎妹翳として届けられた, 藩相互に自家, 藩相馬中村をさして, 藩県不可達の地, 藩眼前の難儀, 藩に属す, 藩知事さまだあ, 藩知事公新邸が出来た, 藩知事勝成公は余儀なき, 藩知事津軽承昭, 藩祖上杉謙信の遺言, 藩祖伊達秀宗がかつて, 藩祖大浦為信は関ヶ原, 藩祖政宗が最も, 藩祖政宗公というの, 藩祖教景公このかたここ, 藩祖楽翁公が禁裡, 藩祖正勝以来の渭之津, 藩祖浅野采女正の勲功, 藩祖為信の遺業, 藩祖義直や柳生兵庫, 藩祖謙信公から家, 藩祖酒井宮内大輔忠勝に関係, 藩祖長直公, 藩を食まう, 藩禄等は凡て旧, 藩福知山家の三百石, 藩管下の村, 藩籍俗姓のくわしい, 藩籍奉還の議, 藩籍奉還後藩主が藩知事, 藩籬草の一名, 藩経済のため歟, 藩給廩米五口事在文政丁亥, 藩にて牧, 藩なし武器災, 藩美濃の八藩, 藩の冷飯武士, 藩者絶少矣, 藩におっ, 藩肥後藩島原藩なぞの少壮, 藩臣たちだの巣立ち, 藩臣知己朋友すべて孤独な客心, 藩若侍の間, 藩若州の産物方, 藩苦しまぎれに天下, 藩薩州土佐の軍艦, 藩衆議の上, 藩西洋嫌いは徳川, 藩を得る, 藩論分裂の形, 藩論区々にわかれ, 藩論掌握の機会, 藩諸侯の魁, 藩のなか, 藩議いずれかに相, 藩財政はこの, 藩財整理を命ぜられた, 藩財窮乏のため, 藩賜爵禄優待之比歿, 藩越前藩宇和島藩等の各, 藩足利は危機目前, 藩軍艦環瀛丸に乗り, 藩となり, 藩通志には十二月朔日, 藩連合のこと, 藩連合公武合体ひいては御一新, 藩道中筋の道固め, 藩遠江の四藩, 藩選出の徴士, 藩郡上藩高富藩また同様, 藩重職列席の会合, 藩鈴木丹下の, 藩銃隊長として奮戦, 藩銃隊頭を命ぜられた, 藩鎭征伐を行うた, 藩が, 藩関係の書類, 藩の尚書, 藩隊長富永孫太夫をはじめ, 藩随一の使い手, 藩隨院長兵衛事一代の侠骨, 藩隨院長兵衛兄弟分には唐犬権兵衛, 藩隨院長兵衛水野十郎左衛門のため, 藩雲霞の如き, 藩青木某の女婿, 藩の一部, 藩頼千祺観其餞辛島伯彜還西肥之作, 藩食いつめの放蕩無頼上がり, 藩飯田五郎作なる者, 藩馬術の指南番, 藩駿河の三藩, 藩駿河七十万石徳川従三位とある, 藩高富藩また同様, 藩高橋三平が携行, 藩黒田二十五騎の一人