青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

触れる~ 觸~ ~言 言~ ~言い 言い~ ~言いました ~言う 言う~ ~言え
言え~
~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて ~言わない ~言われ 言われ~ 言われた~ ~言われる

「言え~」 3366, 36ppm, 3201位

▼ 言え~ (2986, 88.7%)

36 それは 25 彼は 18 私は 17 いいの 15 僕は 13 これは 12 そうだ 11 よかった 9 それまで 8 いいのに, 私の 7 すぐに, そうです, その通り, 一種の, 彼の, 日本の, 私が, 言えないこと 6 それが, 彼女は, 自分の, 言うほど 5 これが, よいか, 今の, 女は, 言えるの

4 [14件] あなたは, いい, いいん, そうかも, それこそ, そんなよう, よいの, 一つの, 君の, 君は, 彼には, 彼らは, 確かに, 言えるかも

3 [31件] あれは, おれが, こう言う, この男, これも, これらの, そうさ, そのよう, その日, それも, どこか, よいのに, わたしは, わたしも, 人の, 今度は, 何か, 何の, 例の, 先に, 前の, 去年の, 地球の, 当時の, 彼が, 心の, 私には, 第一, 自分は, 言えるが, 非常に

2 [108件] あなたが, あまりの, いいか, いいじゃ, いいだろう, いいと, いやな, おれは, お前さんに, お前は, お関所破り, きざである, この人, さっきから, そうじゃ, そうですね, そうね, そうも, そのこと, その場, それで, それに, それの, それまでの, それらの, それを, そんで, そんなこと, ただその, だね, ですね, どこかの, どんな高尚, なにも, まことに結構, まずこの, よい, わかる, わかるだろう, わたしが, ロパーヒンが, 一片の, 一目ぼれな, 上品だ, 不思議です, 世を, 二人は, 人は, 人を, 人間と, 人間は, 人類の, 今まで, 今度の, 他の, 何も, 傲慢な, 僕が, 僕たちは, 僕だって, 先生は, 初めの, 別に, 前に, 劇団の, 半蔵さんは, 博士は, 博愛心慈悲心相愛心が, 可い, 嗤われる, 嘘に, 国の, 外国よりは, 多くの, 夜の, 天下の, 女という, 女に, 女の, 宇宙の, 少年の, 幕府の, 彼らに, 彼らの, 彼等は, 我々の, 我々は, 支那の, 日本には, 普通の, 此処の, 淡路流とも, 無理も, 現代の, 現実の, 理屈に, 生活の, 直ぐわかる, 直ちに乾燥無味, 真の, 米友は, 裏口へ, 見物が, 言うものの, 言える, 詩が, 課長は, 黙って

1 [2344件 抜粋] ああ水, あたしたちおとなだ, あちらでも, あなたにも, あのまれ, あの会員, あの家, あの朝, あの社長さん, あの試合, あの野郎, あまりな, あやまって, あり来たりの, あるよう, あれが, あゝいう, いいにと, いえる程度, いくらだって, いずれ婦に, いっさいの, いつか話し, いつも渝, いやとは, いわばその, ええ外, おそらくモンパルナス, おとうさんも, おれの, お前さん今年の, お前の, お台所町, お民, お父さんは, お身たち, かならずそれ, かなり奇怪, かれは, きたないが, きょうこの, きれいずきなほう, きッ, こういう混合物, こうです, こだわりを, こないだ小橋の, このそれ自身抽象的, このポウト・サイド, この人々, この問題, この奥, この悪阻, この横浜, この竿, この辺, これから行っ, これだけの, これ中国の, こんな生活, ござります, さっきわたしが, しきりに註文, しばらくの, すぐわかる, すこし思いあたる, すこぶる体裁, すべて説教僧が, ずいぶん遅く, そういう, そういう宣伝, そうじ, そうな, そう思う, そして私, そのだました, そのもと, その事件, その友人, その商売, その恐るべき群集, その次, その河童, その穴, その舞台装置, その鯨, それだけみんな, それでもとは, それには, それら先人達の, そんなもの, たいていの, たくさんの, ただあの, ただは, ただ銃火, たぼが, だそれ, だんだん同じ, つべこべと, とんでもない, どうにか上下, どこかで, どちらにも, どんな目, なお江戸時代, なかなか幅, なんじゃ, なんらの, はっきりと, ひとりは, ふと気, ほとんど三十分, ほんの十分, まあそれ, まあ藝, まずどうしても梅, まず六月中, まず歌朝三首, また地下茎, まだこの, まだ半分, まアインテリ失業者, むっと怒った, もうおれ, もう一本中途, もしも淑子, もし彼, もっと新しい, ものの, やっぱり母, やはり嘘, よくなる, より強く, わからない話, わがに, わしもな, わたくしも, アイヌ語では, アロンデ, イプセンチエーホフ等の, カスミ網に, ギョッと, グリーグワグナーニーチェゴーリキーダヌンチオだれであろう, ジャヴェルには, スーツケースの, ツイ今しがた書生の, ニキーチナだ, パリへ, ピシリ横面をも, ブルジョア作家の, モデル, ヤマハハも, ロビンソン漂流記の, 一たい何だって, 一人が, 一寸した, 一方は, 一生涯ただただ, 一番目の, 一般の, 一郎も, 三分三厘を, 三吉も, 三河屋を, 不仁, 不幸なる, 不思議とも, 不自然な, 世にイデアリズム, 世界観もしくは, 両社にとっては, 中園に, 主としてアチラ, 主筋に, 久吉どんが, 事は, 二人とも, 二千米から, 云うまでも, 五十年前に, 人々から, 人と, 人殺しは, 人間が, 人類を, 今までの, 今夜の, 今度君の, 仏蘭西の, 他人を, 以前の, 伊之助は, 佐久地方の, 何, 何である, 何ひとつ訊き漏らさなかった, 何人の, 何時もながら, 作の, 作者の, 保守的の, 俳句は, 個々の, 偶然という, 僕も, 元気な, 先ずこの, 先刻僕の, 先程も, 全く少年, 全人口数, 八岐の, 六月十日に, 其方の, 凹凸の, 函館は, 分別盛りの, 利左も, 前後の, 劃時代的な, 勝, 勤る, 十七かな, 十二月三日の, 十行で, 千五百円でも, 半分アカデミシャンで, 半蔵さん江戸には, 単にこの, 単色画とか, 即ちベートーヴェン, 原子爆弾が, 友の, 叔母さんは, 受動的な, 古の, 句法において, 司会者の, 吉左衛門さんあなたに, 同一で, 名誉だ, 君だって, 否とも, 味の, 品格であった, 唯一人の, 商家の, 喧嘩に, 四人顔見合わせ, 囲炉裡端の, 国防という, 土地は, 地方的単調, 堂守大いに, 声は, 変り者に, 外国の, 多少煩わしい, 大きいお, 大凡察しが, 大抵の, 大縁故さ, 大迫玄蕃が, 天上を, 天塩国留萌郡留萌町であろう, 天魔来っ, 夫人が, 奇異に, 女が, 女性的で, 好ましいこと, 妻籠では, 婚姻法の, 婿養子にでも, 子供達は, 孫だ, 実も, 客体と, 家事経営に, 封建社会の, 尊敬に, 小林の, 小永井家に, 少していさい, 少なくとも芸術家, 屋敷の, 山は, 山嶮しく感ぜ, 工科の, 己れ, 帯を, 常に能, 平等です, 年長の, 庶民の, 弁解みた, 張手という, 当然その, 影とやら, 彼こそ, 彼を, 彼女等は, 征服階級と, 徐々に確実, 微弱である, 必ずモーツァルト, 必ず私, 忠実すぎ厳正すぎる, 思い当たるの, 怠惰だ, 恐らく言葉, 悪い意味, 意味なく, 愚痴を, 懐疑が, 成敗共に, 戦いには, 戦争は, 戯曲の, 所謂精神療法の, 手織物と, 批評家を, 折角こうして, 持久戦争の, 支線として, 政治的に, 敵同志の, 文学乃至, 文章遠く, 新潟あたりの, 日光の, 日本人は, 日本派の, 早く春暖, 昆布と, 明治大正の, 昨夜だ, 昨晩万福寺の, 時雄の, 暮田正香が, 最初の, 月の, 朧夜を, 本当だ, 来た時, 林さんの, 根本的に, 桝に, 楠氏と, 模範的な, 横坐りに, 次元が, 欲しくて, 正宗白鳥が, 正直の, 此辺の, 死したる如く水押, 死体が, 殴り合いに, 母さんの, 毎日の, 氏の, 気に入らないん, 気立は, 水成火成または, 江戸中で, 決してそうでない, 決して良い, 油炒めである, 法律を, 津本村長再選後間も, 浜田屋さんから, 海面は, 深い谷, 清地を, 温和しい, 満月に, 漸近的に, 瀬戸内海で, 火鉢の, 無名の, 無論おかしい, 然ら, 照代が, 爺むさい掛け, 物を, 犯人が, 狭い露地, 現にある, 現場の, 理想的に, 甚だ悪い, 生き返ったよう, 生活, 由井の, 男ぎらいのロオラは, 番士の, 病気が, 白々し過ぎる, 百お前が, 皆まで, 監視附き, 相当な, 真実を, 知って, 知りませぬ, 破壊の, 福寿草を, 私たち二人さしむ, 私自身から, 科学文明の, 積雪期に, 突飛な, 立っても, 笑われて, 筋書きが, 精神よりも, 紀行を, 素晴らしい, 結婚する, 統一も, 綺麗らし, 罪の, 美濃路にまで, 義理ある, 考える力, 聞き手は, 肥料みたいな, 脱走者とも, 膝を, 自分ながら, 自分自身よりも, 自由詩は, 興文社から, 良心的悪く, 花時に, 苔虫の, 苦しい現実, 菊の, 蔵元屋の, 薩長ばらの, 蚤も, 行く度びに目, 袖切坂下で, 西瓜の, 見当が, 親にも, 角力取の, 言うだけ, 言えた, 言えぬこと, 言えるだろう, 言えるん, 言は, 言われる点, 詩とは, 詩的ハッキリ, 読者は, 誰は, 諸侯に, 講師は, 變と, 象徴の, 貧乏人には, 貴下に, 貴様は, 赤井の, 足りるの, 軍人が, 軽蔑する, 近藤派で, 逃げようと, 通用する, 運命の, 道元の, 道理は, 酒と, 金持は, 鉄分が, 鏡という, 長男棠助長女洲次女国三女北次男磐四女やす, 関東と, 阿濃, 陳獨秀が, 雇人拍手係こそ, 雲助が, 青年紳士であった, 非常な, 面白いもの, 頭に, 顕微鏡を, 颯爽と, 食器は, 香蔵さんあの, 駒井の, 骨肉の, 魚類を, 鳴子屋の, 鶴見は

▼ 言え~ (33, 1.0%)

4 言うから 3 言った

1 [26件] いうから, いうに, いうの, いうのに, おっしゃるし, そのとき, だれかに, 二人は, 云うなら訳, 云うの, 催促を, 勧めたので, 堅く子ども, 宿の, 教えて, 注文され, 無理に, 申しつけたから, 私を, 給仕に, 言うこと, 言うと, 言うならば, 言われいろいろ, 言われれば, 迫る

▼ 言えそう~ (16, 0.5%)

3 である 2

1 [11件] だった, ですね, なお, なもん, な何, な文句, に思う, もない, もなかっ, もなかッ, もなく

▼ 言えその~ (13, 0.4%)

1 [13件] ことの, しばらくの, 体で, 冬は, 卑しめの, 国民に, 実際生活, 屋敷の, 当時でも, 恋を, 敵に, 篠の, 自覚を

▼ 言えども~ (11, 0.3%)

1 [11件] この優美さ, この機会, まずケネディ博士, カムレッシ王女殿下の, 不正な, 乗り切ったこと, 呑まずには, 多少の, 王聴かず, 禽獣を, 色に

▼ 言え~ (10, 0.3%)

1 いかにも武男, うとうとと, お代は, やっぱり横, やはり手製, 勧むる心は, 娘は, 心には, 汝らは, 西洋にては

▼ 言えという~ (8, 0.2%)

1 ことが, の, のである, ような, 先生の, 役人が, 注文です, 言葉が

▼ 言えばね~ (8, 0.2%)

1 その浴衣, わしの, ジム, 小村さん, 山の, 支那に, 研究ひとつだ, 雪を

▼ 言え~ (8, 0.2%)

1 と節子, の境遇, の態度, の第, はその, は与える, は又, は可

▼ 言えこの~ (6, 0.2%)

1 へんの, 中に, 乗りにくい, 女油断が, 男の, 精神的にも

▼ 言え~ (6, 0.2%)

1 あれが, しないが, しないじゃ, しません, ないでしょう, 少しも

▼ 言えこれ~ (5, 0.1%)

1 だけで, ですべて, でも薬, は筏, も身

▼ 言えそれ~ (4, 0.1%)

1 はかなし, は創造世界, は君自身, を知りたい

▼ 言えそんな~ (4, 0.1%)

1 ものを, んじゃ, 口を, 気楽な

▼ 言え~ (4, 0.1%)

1 その部分, ほっとした, 上品で, 打解られる

▼ 言えばとて~ (4, 0.1%)

1 そのとおり, それらは, 彼らが, 私は

▼ 言えまだ~ (3, 0.1%)

1 この辺, 冬と, 青春の

▼ 言えもう~ (3, 0.1%)

1 一人の, 三月も, 八分通り出来上った

▼ 言え~ (3, 0.1%)

1 が畜生, が聞いてる, は不安

▼ 言え人間~ (3, 0.1%)

1 として国民, の視力, まさか機械人形

▼ 言え~ (3, 0.1%)

1 でも妄想, と言われた, も悪い

▼ 言え彼ら~ (3, 0.1%)

1 には現世, のうち, はなんと

▼ 言え彼女~ (3, 0.1%)

1 と生涯, の心, はクリストフ

▼ 言え~ (3, 0.1%)

1 はこれから, はすくなから, は決して

▼ 言え自分~ (3, 0.1%)

1 が病的, こそ事件現場, ながら感心

▼ 言えあの~ (2, 0.1%)

1 吉左衛門発病の, 時の

▼ 言えあまり~ (2, 0.1%)

1 喋り過ぎた時, 安心しすぎ

▼ 言えお前~ (2, 0.1%)

1 なぞに何, は聞く

▼ 言えそれら~ (2, 0.1%)

1 の著作家, の追憶

▼ 言えって~ (2, 0.1%)

1 ことでした, 約束してた

▼ 言えなく~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 言え~ (2, 0.1%)

2

▼ 言えよく~ (2, 0.1%)

1 あんな遠方, 辛抱し

▼ 言え~ (2, 0.1%)

1 この女, てん

▼ 言えッそれ~ (2, 0.1%)

1 にこれ, をッ

▼ 言えッ七人~ (2, 0.1%)

2 の花嫁

▼ 言え七人~ (2, 0.1%)

2 の花嫁

▼ 言え二人~ (2, 0.1%)

1 の前, の女

▼ 言え~ (2, 0.1%)

1 は俺自身, は十八文

▼ 言え~ (2, 0.1%)

1 に言い, を利かない

▼ 言え~ (2, 0.1%)

1 に, は自分

▼ 言え~ (2, 0.1%)

1 が本来, まで煎じ詰めた

▼ 言え現在~ (2, 0.1%)

1 で言え, の彼女

▼ 言え相手~ (2, 0.1%)

1 が悪鬼魔神, にそういう

▼ 言え貴様~ (2, 0.1%)

1 から礼儀, はどう

▼1* [173件]

言えあぶれ者の長, 言えあまりに淋しい遊び, 言えあらわに申せ, 言えあれほど似, 言えあんな恥辱を, 言えいざとなる, 言えいつまでも狭い, 言えいねえと言え, 言えいろいろ手段を, 言え身は, 言えおれはまだもう少し, 言えきわめて注意深く彼, 言えけっして随全, 言えこうして吊るして, 言えこら女, 言えこんどわたしが隠居, 言えさきほど申す通り, 言えさすがに名家, 言えさてお正, 言えしかし岸本は, 言えそこはまだ, 言えそれからこの御召御馬, 言えそれでもまだこの, 言えたださえ床屋, 言えても実行は, 言えとにもかくにも, 言えどうかした拍子, 言えなかんべ, 言えなんとか言葉を, 言えのこのこ人中に, 言えばこそのことだ, 言えばねえよしんばあった, 言えばよかつたろう, 言えば声の質, 言えひとの家, 言えまたその縁取り, 言えまるで先刻の, 言えむかしはあれ, 言えむしろ滑稽千万な, 言えしなかった, 言えもともと良い家, 言えもはや半ばは, 言え行かないん, 言えよっぽど半蔵も, 言えあ, 言えわしは着, 言えわたしも少し, 言えだめだ, 言えアイスアックスをかつい, 言えオリヴィエと別れる, 言えクリストフも以前, 言えコンブフェールとても戦う, 言えジョンドレットが話しかけてる, 言えッこはない, 言えッ次第によっては相手, 言えッ馬鹿を言え, 言えツバキは我が, 言えハゲてるもん, 言えマリユスがいなくなった, 言えヴァランタンにおいてももちろん, 言え一つは日, 言え一体手前は, 言え一切から離れ得る, 言え一週一回にせよ, 言え三吉の心, 言え不断の好奇心, 言え世に認められない独創的, 言え乃公は国, 言え九十余年の長い, 言え事物を統, 言え人通りの絶えぬ, 言えの其許, 言え今日までの無礼不作法, 言え今更そんな気, 言え今朝の約束, 言えの音楽団体, 言え他国人はすべて本国人, 言え以前のよう, 言え伊兵衛の方, 言え何ぞわけが, 言え何だか訳の, 言え信州のどこ, 言え偉くて諸, 言え園町からは, 言え出世間の清寂, 言え判然ちゃんと口上, 言えの方, 言え口上を, 言え成岸本の, 言え各自に信仰, 言えを申せ, 言え営業の妨害, 言え国学四大人の過去, 言えだから, 言え大いに彼の, 言え大きな大人を, 言え大望のなん, 言え失踪者の惨殺屍体, 言え女性の浴客, 言え好きだって, 言え宇治は薄い, 言えを言え, 言え実際にやってる, 言え富豪である, 言え寺門に属する, 言え対手にもならん, 言え小柳雅子へ寄せる, 言え少しも疑い, 言え少なくともそれは, 言えの方, 言え往来の人, 言え必ずしも偶然とのみ, 言え悪い音楽も, 言え情深く優い, 言え手めえの, 言え日常生活の平板, 言え日本に見られない, 言えの始め, 言え時としては国王, 言え普通の患者, 言え暖かい小春日和で, 言え暗いところを, 言え最も貴重な, 言えのたちまち, 言え未だ社会に, 言えの木クリストフ, 言え桜島に来, 言え樋口じゃあるまい, 言え横着をし, 言えの者ども, 言えとした, 言え民国革命後三十数年たってのこと, 言え浮薄と嗤, 言え火花が散り, 言えの勧告, 言え特にそれは, 言えの面, 言えらしい小春日和, 言え瓦斯が充満, 言え瓦斯ストウブは必要, 言え留守中彼の妻子, 言え病人がある, 言え白状せられい, 言え直接肉体に来る, 言え相当体格の, 言え私たちにはただ, 言え私自身でもこれ, 言え細君はそれ, 言え組織が弱く, 言えの当った, 言えを突く, 言え良心の苛責, 言え芸術家としての生涯, 言えには益々, 言え親しい友が, 言え親達を泣かせる, 言え訴人の名, 言え誘惑するよう, 言え語部の古, 言えにも知れぬ, 言え謙信はそう, 言えに比べな, 言え軍医ともあろう, 言え逃れようもない, 言え選びさえすれ, 言えとちがっ, 言え野中の一軒家, 言え鉄扇なんてそんな, 言え陰惨なベルリン, 言え非難する人たち, 言えを識ら, 言え高瀬は関わず働き始めた, 言えを主