青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~触れた ~触れる 触れる~ 觸~ ~言 言~ ~言い 言い~ ~言いました ~言う
言う~
~言え 言え~ ~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて ~言わない ~言われ 言われ~

「言う~」 18193, 197ppm, 512位

▼ 言う~ (3449, 19.0%)

268 です 237 である 178 であった 171148 だった 124 でした 109 か, では 46 を聞い 38 かい 3330 だが 28 だろう 26 であるが 25 だから 21 さ, じゃ, だったが, であったが 20 ですか 18 でしょう, ですが, はその 16 であります 15 を聞く 14 かね, ですから 13 でしょうか, を 12 でも, を聞いた 11 だそう, はこの, は何, は尤も, は私 10 が聞えた, だね, であろう 9 ですよ 8 じゃない, だよ 7 がある, だと, はおかしい, はそれ 6 が, が本当, であろうか, と同じ, はあの, はお, はよせ, も変, も無理, を忘れ

5 [11件] かえ, かな, だな, だろうか, だろうと, であるから, はそういう, はそんな, はつまり, はどういう, もおかしい

4 [15件] が精一杯, であって, であろうが, でございます, ね, はこう, はよく, は僕, は嘘, は無理, は自分, も恥, をお, を忘れた, を聞き

3 [28件] かその, かなあ, か僕, が好き, じゃな, だえ, だけれど, であろうと, には, はあなた, はうそ, はそう, はだ, はどう, はほんとう, はもっとも, はやめ, はよし, は可笑しい, は変, は止し, は誰, は道理, もあれ, ももっとも, も尤も, を止めた, を聞け

2 [110件] かそれ, かも知れない, があります, があんまり, がいる, がこの, がその, がどんな, がもう, がホント, が一番, が其, が大, が常, が悪けれ, が本名, が正しい, が癖, が皆んな本当, が私, が精いっぱい, が聞こえた, が道理, じゃありません, だお, だけれども, だろうが, でしょうが, ですかい, ですからね, ですね, です茂ちゃん, でないこと, と, なら, ならお, ならまだしも, なら仕方, はあまりに, はあんた, はあんまり, はいけない, はこれ, はこんな, はじつは, はたしかに, はなん, はやはり, はよそう, はわれわれ, は一体, は一応, は人間, は何ん, は例, は僕等, は元来, は全く, は別, は半蔵, は単に, は名ばかり, は外, は失礼, は容易, は少し, は平助, は当, は御, は悪い, は昔, は止せ, は止そう, は正しい, は甚だ, は聞こえない, は言い過ぎ, は言う, は貴様, は飴チョコ, は香蔵, もある, もおかしな, もその, もへん, も不思議, も何, も嘘, も所詮, らしい, をきく, をそのまま, をよせ, を姫君, を宮, を差し控え, を弁, を引, を引取, を彼, を憚, を源氏, を私, を聞かず, を聴い, を聴く, を自分, を見, を見せ, を許し

1 [995件 抜粋] あらまあ, おかしいわ, かあいつ, かいそいつ, かがどうもはっきり, かしら, かしらやっぱり, かたぶん, かとあなた, かとひとり合点, かとも思った, かと問題, かと見えない, かなア, かはっきり, かもともと, かよし, かを知らない, かコラ, かネ, か井, か分らない, か反逆人め, か君, か大, か妙, か彼, か怪しい, か斯, か東山, か用心深, か知ってるだろう, か突如, か自分, か醜い, か麦松, があたりまえ, があった, があの, があろう, がいけない, がおっくう, がかれ, がここ, がしゃくにさわっ, がせつなくっ, がたった, がつまり, がてれくさく, がとにかく, がどうにも, がなん, がなんで, がほとんど, がほんとう, がむろん, がやつぱり此, がより, がガラッ, がドンドン, がホンマに, が一曲所望, が不審, が中将, が今, が何だか, が何故, が億劫, が再び, が前, が半蔵, が又, が同一, が嘘, が変, が嫌い, が家主, が尤も, が当っ, が彼自身, が恐らく, が愚か, が新式, が普通, が最う, が有る, が次室, が殆, が気に入らず, が水臭い, が無理, が生態上, が當, が直接, が真赤, が筋, が精一ぱい, が絶え絶えほのか, が聞え, が聞える, が聞きとれる, が腹だたしかっ, が苦しい, が見, が解らん, が過言, が間違い, が関東, が面白い, くらいいや, さいきなり, さえ何だか, さえ余計, さえ病人, さえ聞える, さお前さん, じゃあない, じゃい, じゃそう, じゃなかった, じゃねアリョーシャ, じゃよ, じや, すらある, そんなこと, だあれ, だからね, だがな, だけはほんの, だそして, だったそう, だとは, だよく, だろうね, だわが, だ女, だ自分, であったん, でありますえ, であり生活, であるそうして, である彼等, であろうそう, であろうとこう, でございましょうか, でございますがな, でしたが, でしょうな, でしょう続け様, ですえ, ですけれど, ですけれども, ですそれでも, ですの, です口辺, です自分, でないという, でなくこれ, でなく臭い, とあなた, とでは意味, とは違う, と一つ, と同一, と同時, と大差, と生じっ, ならあやまります, ならこの, ならその, ならひどい, ならわかるが, なら及ばずながら, なら私, なら間違, におっかぶせ, にはお, にはこの, にはそれ, にはもし, には一二度會, には前, には千万円単位, には四つ, には寮, には昨年, には棚田さん, には現, には第, にもひどく, にも彼, によれ, に対して大, に対して指無し, に思い, に驚いた, ねほほ, はあり得ない, はいけなかった, はいず, はいつ, はいや, はおこがましく, はおそろしい, はおまえ, はおめでたい, はおもしろく, はお前, はかの, はこいつ, はこうした, はこっち, はこんど, はさつき君たち, はする, はそこ, はそれほど, はたとえば, はたやすく, はちっと, はつまり料理番, はです, はとり, はどこ, はな, はなんだか, はねそんな, はね私, はほか, はぼく, はまだ, はまだまだ, はまちがっ, はまったく, はむずかしい, はむろん, はもう, はもし, はもとより, はやつぱりウソ, はやや, はよしなさい, はよろこばしい, はわざと, はアイビキ, はイタリア語, はオカシイ, はキリスト教, はザネリ, はツマリ自分, はハンブルグ, はフランス, はホント, はムダ, は一々, は一年, は一羽二羽楽しみ, は三浦半島側, は下男, は不見識, は主人, は乳母, は事實, は亜鉛屋根, は人民たち誰, は今日, は他, は以前, は会話, は体, は何と, は何事かいな, は作者, は信号係, は倫敦, は僭越, は元来猫, は先方, は其の, は初めて, は前身, は劇団, は勿論, は医者, は南町奉行与力, は即ち, は只単に, は君, は唯今, は四時四十二分, は困難, は夕顔棚, は多く彼岸, は多少, は大変, は天邪鬼, は女, は好い, は好く, は妾たち, は娘, は宋思芳, は実, は実際, は富士山, は寿平次, は小さな, は尼君, は常識的, は年々歳々, は年金所有者フォーシュルヴァン氏, は広島, は店, は当らない, は当り, は彼女, は徒事, は必, は怖い, は愉快, は憤懣, は我邦, は数年前, は文藝部, は断じて, は日本, は旦那方, は早い, は星山さん, は是, は暫らく, は末, は本当さ, は本来平等, は村人, は権利, は次郎, は正しく, は此邸, は残念, は毎朝, は決して, は沽券, は海原伯爵, は深田贔屓, は源太郎, は火星兵団, は無論, は父, は物事, は物質的, は珍しかっ, は理, は理由, は生活的故郷, は男, は畢竟, は異な, は病院, は皆, は直ぐ, は真, は社会, は社会科学, は私自身, は笑止, は箸, は結構, は繪, は美容術師, は義務, は耄碌, は自分一人, は至って, は螺, は西班牙, は言葉, は説教, は身受, は軍隊, は辛い, は近世資本主義的生産関係, は違いありません, は野暮, は銭形, は阿, は随分, は青木, は非礼, は面倒臭い, は風流, は高等学校, は黒田五十五万石, ほ僕, も, もあほらしい, もあり, もうすぐ来るでしょう, もおそらく, もきっと, もぜいたく, もたい, もだるい, もねえ, もばかばかしい, もほか, もまだ少々, もよい, もバック, も一理, も何だか, も冗談沙汰, も凡人, も別に, も厭, も可笑し, も妙, も実は, も少し, も当て, も当然, も心苦しい, も思い上っ, も恥ずかしい, も愚, も憚り, も料理業者, も決して, も無駄, も玉鬘, も異な, も礼, も私, も精一ぱい, も聞いた, も聞く, も至極, も蛙, も言, も誇大, も関西, やし, やない, やほん, よりもっと, わ鮭, をうんうん, をかなり, をこちら, をすく, をたしかに, をなだめ賺し, をひかえた, をもう, をもッ, をやがて, をやめた, をわすれ, をナニ, を一年, を主従, を今, を供, を修道女たち, を先刻, を八五郎, を切髪, を叩き消す, を右近, を女房, を嫌う, を尼夫人, を平次, を幸兵衛父子, を強い, を待たず, を御, を忘れませんでした, を恥ずかしく, を投げ, を押し, を控え, を新吉, を止め, を無理, を男, を発い, を禁じられ, を聞かされた, を聞き取る, を腰, を薫, を見れ, を説明, を誰, を郁太郎, を面白, を黙っ, ん嫌, 言わないの

▼ 言うこと~ (2015, 11.1%)

63 を聞い 42 には 31 である 29 はない 24 がある, ができない 22 です 2120 ができなかった 19 ができる 18 が出来なかった 15 をよく 14 が出来ない, を聞かない 13 がない, が出来る, になる, に耳, を聞く 12 だった, をきい 11 ができた, をきかない, を聴い 10 だから, をお 9 のできない 8 があった, がよく, はできない, はよく, は何 7 だよ, になった, はありません, は出来ない, をきかなかった 6 ができよう, がなかっ, なすこと, はできなかった, もあった, を聞き

5 [15件] がいい, が出来た, が出来ます, に, にする, に間違い, の出来ない, は, はわからない, は少し, もない, をきかず, を信じ, を真面目, を知っ

4 [17件] があるなら, がなくなっ, が大きい, が真実, であるが, でした, では, ならば, はこれ, は無い, もある, もできない, を, を信用, を本気, を聞いた, を肯い

3 [37件] がいちいち, ができません, が何, が聞える, ですが, なら何, にし, にしよう, になっ, のできる, はお, はこの, はもっとも, は一々, は出来なかった, は決して, は真理, は自分, もしどろもどろ, もできなかった, もよく, も出来ない, も出来ません, も聞かない, をきかなくなっ, をわかっ, を一々, を彼女, を忘れ, を気, を聞かなかった, を聞かぬ, を聞かん, を聴かない, を聴き, を黙っ, 為すこと

2 [82件] があったら, がうそ, がお, ができ, ができぬ, ができませんでした, がまるで, がみんな本当, がわからない, がわかりません, が一層, が出来ず, が出来ましょう, が出来ません, が出来ませんでした, が本当, が正しい, が私, が聞こえない, だが, だけである, だけは聞かない, だけれども, だね, だもの, であって, でも, なしと, など聞く, ならどんな, なら何でも, にどうしても, になり, にも一理, に一々, に従った, の中, はあった, はある, はいくらでも, はいつも, はさっぱり, はそれ, はできぬ, はないでしょう, はなかっ, はなん, はほとんど, は全く, は前, は嘘, は本当, は聞い, は道理, も, もする, もできる, もまた, も聞い, も聞く, も間違い, よ, よりももっと, をきかなくなる, をきかぬ, をきく, をきけ, をする, をなん, を何, を信じない, を全部信用, を好まない, を正しく, を理解, を聞いてる, を聞かなけれ, を聞け, を聴かぬ, を聴く, を肯かない, を肯く

1 [979件 抜粋] あ本当, か, からそれ, があたりまえ, があっただろう, があべこべ, があら, があります, があんた, がうんと, がおそろしく, がきわめて, がこの, がさっぱり, がその, ができず, ができないだろう, ができなくなった, ができます, ができるだろう, ができれ, がどの, がなくなり, がはっきり, がほんま, がまだ, がもっとも, がわかった, がわかつた, がわからぬでしょう, がわかりすぎる, がわかる, がわし, がガヤガヤ, が一々, が一致, が不条理, が事実, が二重, が何となく, が信用, が全然, が出来たであろう, が出来ないだろう, が出来なくなった, が出来ませぬ, が出来れ, が分かるでしょう, が判った, が別当, が十分, が可, が呑み込めない, が嘘, が大げさ, が好き, が実に, が少しく, が御, が忍び, が急, が最も, が気に入らんいう, が無理, が王子, が皆, が移り気, が総て虚構, が聞かれないなら, が能, が至極もっとも, が見つかったらしかった, が解った, が言いたい, が説き得よう, が道理, が違つて, が間違っ, が面白い, が飲み込め, が高圧ぶり, きかなけりゃア, きくか, きけ言うこと, さ, さえ信じられ, じゃありません, すらできる, すること, それからてんでに, だけしかきけませんでした, だけで, だけでも人, だけど, だけはぺらぺら, だけは意外, だけは言っ, だけをごく, だけ聞い, だけ言っ, だぞや, だって何, だと, だ怪我人, であった, であまりに, でありまして, でありもう, であると, でございますが, でしょう, ですお嬢さん, ですけれども, です昔, でなるほど, でわたしたち, で一貫, で先生, で図らずも, で幸伯父, で思い当る, で日本人, で男, とが一致, とは思えない, と同じ, と見え, ないね, ながら清元, なし, なすこと周囲, なぞがどうして, なぞは冷笑, なぞを聞きやしません, なぞ執り上げ, なぞ聞い, などが認められ, などに耳, などは問題, などは耳, などは聞かない, などを真に, などロク, など耳, など馬鹿, なら, ならお嬢様, ならなん, ならわたし, なら仮令, なら本当に, なら聴かん理由, なん, なんかちっとも, なんかにゃ耳, なんかに注意, なんかまるで, なんか聞かない, なんざ耳, なんぞ聴い, にあいあい, にいつも, にうなずいた, において私, にこれから, にしまし, にします, にすらそれほど, にたいして関心, について考え込ん, になつ, になん, にはおのずから, にはお袋, にはがんりき, にはこの, にはこんな, にはそれ, にはたよろう, にはどんな, にはなに, にはなん, にはよく, には今, には何, には何一つ, には嘘, には当家, には提灯, には日本, には条約許容, には筋道, には表街道, には間違い, にまとまり, にもなる, にも用い, にゃおやおや, によってはじめて, に一度, に不快, に今, に何一つ, に何処, に受身, に向っ, に基づい, に多く, に岸本, に当るなら, に従わんけりゃ成らん, に残らず, に気がつきませんでした, に注意, に眼, に自分, に行なわれない, に詰った, に諾々, に身, に返事, に逆, に逆らわず, に道理, に関し, に願い, に骨, のあった, のない, のばかばかし, の不利, の出来なかッ, の出来ぬ, の嘘, の方, の違え, はありまし, はあるまい, はいくらかもっとも, はいつもいつも, はうそ, はおなじ, はかならずしも, はきまっ, はけっして, はこうした, はござらぬ, はすぐ, はすべて主観的, はそれだけ, はたいへん, はたしかに, はたった, はつまり, はできないであろう, はできませぬ, はできませんでした, はとても, はどうもあんまり, はどうやら, はなく, はなに, はねえ, はほん, はまだ, はまちまち, はまんざら, はみなほんとう, はみんな嘘, はむつかしく, はもちろん, はやはり, はよき, はわかる, はわけ, はネルロ, はハイハイ, はヨタ, は一々もっとも, は一向に, は不思議, は主観性, は久子, は今日, は何度, は僕, は先生, は出来ん, は分ったろう, は分る, は劇団, は即ち, は取り上げず, は取留まった, は大きい, は大体僕, は大袈裟, は好く, は始終, は学者社会, は察せられる, は屡, は岩, は当, は必, は恐ろしい, は恥かしく, は想像, は敢えて, は旅, は時たま, は本人, は止し, は正当, は池田, は無, は理, は申訳, は白魚, は益々, は真, は眷, は確り, は科学者, は筋, は絶対, は聞かなけれ, は聞く, は聞ける, は至極, は著者, は要するに, は覚え, は言い出し, は許さぬ, は許さん, は説明, は賢, は違っ, は針, は鋭かっ, は間違っ, は階級性, は驚異, は高尚, ばかりを知ってる, ばかりを聞い, までいや, もあります, もありません, もいや, もおでき, もきかない, もことごとく, もしなかった, もてんで, もできた, もできません, もできるであろう, もなし, もほか, もまるで, もやはり, もわからなけれ, もコッケイ, も一応, も一面, も出来なかった, も出来ませんでした, も半ば呪い, も只, も固, も妙, も平常, も忘れ, も時務, も有りません, も為す, も無理, も男, も私, も考えられます, も耳, も聞こえない, も聞入れない, も覚えた, も迂, も道理, やおれ, やら, よくわからない, よりももつ, よりも水, よりも煙草, わかって, をあえて, をあげつらう, をあまり, をうのみ, をきいたら, をきいてれ, をきかないなら, をきかなかったら, をきき, をさえぎった, をしばらく, をじっくり, をすべて利用, をそっくりそのまま, をそれ, をちっとも, をなしえなかった, をはばかりません, をみんな, をよろし, をテナルディエ, をプロレタリアート, をマ, を一言, を何時も, を信じさせる, を信じたら, を信じる, を僕一人, を利いた, を利かなかった, を単に, を取り上げない, を可能, を壊され, を好まないらしい, を如実, を巨細, を待った, を御, を快く, を恐れ, を愚痴, を拒んだ, を教えられる, を書き止め, を書く, を止めました, を残らず, を汲取, を注告, を熱心, を申し上げときます, を痛感, を眞, を知らず, を知らぬ, を空耳, を笑っ, を納得, を綜合, を考えた, を耳, を聞かせよう, を聞かなかったら, を聞かなくなっちまう, を聞かぬなら, を聞かねえ, を聞きいれ, を聞きなさい, を聞きなさらなかった, を聞きましょう, を聞きませんで, を聞き入れませんでした, を聞き入れるだろう, を聞き流し, を聞くずら, を聞こう, を聴かなく, を聴かん, を聴き入れた, を肯かぬ, を肯きなすった, を肯定, を茶化し, を裏づけ, を覚えた, を親切, を言い出した, を言わせ, を計算, を許さなかった, を証明, を誤解, を読み分ける, を諾い, を軽々しく, を辞せぬ, を須, 又聞く, 書くこと, 無いか, 聞かないで, 聞きすぎて, 解って

▼ 言う~ (1705, 9.4%)

38 彼は 18 女は 16 それは 10 彼女は 9 私は 8 これは, それを, 僕は, 君は 7 思って, 私の 6 先生は, 源氏は 5 今の, 娘は, 私が

4 [11件] その人, わたしは, 丸木は, 女王は, 婆さんは, 思った, 急に, 承知しない, 次郎は, 男は, 荻原は

3 [18件] あなたは, おりあの, おりこの, おりそれ, かれは, すぐに, なく, 人の, 何か, 博士は, 少年は, 平次は, 番頭は, 節子は, 胸が, 豹一は, 野崎は, 鈴子は

2 [84件] あの人, あんたは, いきなり起ち上っ, いても, おめ, おりさ, お六, お前は, お徳, お絹, お雪, こうです, ここに, この辺, さすがに, する, そういうこと, そうは, そこへ, その女, その男, そばに, そんなもの, そんなら, ぼくは, もう一人, もっと光沢, キョロリと, モロー彗星の, 一人が, 三好は, 与次郎は, 中国の, 中将は, 主人は, 二人の, 人々は, 今まで, 今度は, 他の, 何でも, 例の, 俺も, 入道は, 冷汗が, 叔父は, 同時に初, 君が, 土地の, 土門は, 変です, 変に, 夫は, 女が, 姉は, 姉も, 家の, 市野さんは, 弓子は, 彼の, 彼等の, 思いながら, 思ったの, 校長は, 母親は, 狐の, 私も, 種吉は, 笑われるかも, 素直に, 罪です, 美禰子が, 老人は, 老婆は, 腕を, 自分の, 自分は, 自分も, 誰よりも, 足立は, 轡川は, 酒の, 長田は, 馬は

1 [1275件 抜粋] あいあいと, あなたが, あなた方の, あの女, あの手紙, あははと, あらゆる芸術批評家, あるいは私, あれが, あんたらの, いいわ, いえども, いかにも親, いつしよ, いでるぞな, いやがるん, いや二, いよいよ恥ずかしく, うみやす, え, おおと, おとどの, おのずからこの, おまはん, おもん, おりうまく, おりここ, おりどこ, おりりすぼん港, おり今, おり僕, おり全く, おり北原君, おり変質者, おり弱年, おり文楽, おり気持, おり犬, おり相手, おり誰, おればかり, お俊, お前に, お医者さん, お墓, お役人衆, お手前拝見と, お民, お爺さんは, お艶, お銀様, かえってその, かにゃならぬことや仕, からからと, かんのが, きれいで, くれやすな, ぐずぐず言い, こいつには, ここで, こずら, この, このところ十五分間, この事, この今人, この夏, この平次, この方, この榛, この言葉, この遠矢, これなし, これも, これらの, こんな高札, さかしがり, さっそく彼, しきりに食料品, しばらく身, しまいにゃあただ, じっとその, すぐお前, すぐまた, すぐ立ちあがっ, すすっと寄っ, すっかり安心, すなお, するりと自動車, すれば, せっかくの, そうです, そこで何時, そのあなた, そのままおもや, そのまま塾長室, そのよう, その中, その仙台城下, その姿勢, その婆, その意味, その時私, その率い, その間に, そりゃそう, それが, それっきりに, それでは正しい, それと, それよりも, それ者上りの, そんな小, そんな返事, そん時聞かなかつた, たいていの, たいへんに, たちまちなつかし, たとえ流行ってる, ちゃんと私, ちょうどその, ちょっと怪しく, つぎの, つまり何, つめたい機械, ですね, でもこれ, どういう素質, どうなる, どう致しまし, どの方面, どんな人間, なかから, なかなか長い, なくいつ, なくそんな, なくブツブツ, なく奉った, なく彼ら, なく自然, なく釘抜藤吉, なぜだ, なまじいに, なんとも, はあ寒い, はけしからぬ, ひとつには, ひとりは, びしょ濡れで, ふいと, へん仕事は, ほかほかが, ぼくり, まごつくん, ますます姫君, またええ, またすぐ, また一歩, また人, また麦, まちがった古, まるで見, みんな頭を, もうすっかり本性, もう何番さん, もし自分, やっと私, やるから, よごれでも, よろしいとの, らんこういう, わしばかりが, わたしどもの, われわれは, アヽそう, ウーンと, エンジンの, カオルは, カタくるしい, カフェ, キーファ・モーキエヴィッチは, グレプニツキーを, サト子に, シヅは, スタンダールも, スミレなる, ツルゲーネフに, トオカルは, ドンと, ハラハラし, パパは, フォン・アッシェンバッハは, ブル犬は, ベッドと, ポーの, ムックリ, ヤマノイモとか, ルリは, ロシヤの, 一九二二年には, 一僧これは, 一寸五分ぐらいから, 一層頬辺, 一時間の, 一目凝, 一般に, 七兵衛が, 三下がりの, 三家も, 三日も, 上山さんじゃ, 不安心には, 与力笹野新三郎は, 並居るもの, 丸屋の, 久兵衛は, 九鬼は, 乳母は, 二つの, 云わんより, 五十吉は, 京姫は, 人が, 人間じゃ, 今日が, 今日は, 今更に, 仏言わく, 他人の, 伊太夫が, 伊豆守一つ頷く, 会計係は, 低地の, 何が, 何だか柳田先生, 何となく習慣的, 何の, 何者か, 例えば以前, 俊亮は, 信か, 俺の, 健斎国手も, 傍に, 僕だって, 僭越だ, 兄は, 先に, 先生の, 先生万更厭な, 光雄は, 入れて, 内儀は, 冗談言う, 冷やり, 初めから, 別にそうでも, 前大臣, 前申した, 助七は, 勿論大変, 医者は, 千世を, 千二少年が, 千駄谷の, 南条は, 占い者は, 原稿なんか, 参ちゃんは, 又ばさま, 友人は, 口から, 口を, 台所には, 右大臣の, 同じである, 同時にその, 同時に馬腹, 向う岸に, 君らが, 君枝は, 和助は, 問答の, 四方に, 困ると, 国際劇場の, 地下鉄横町は, 城介君は, 夏の, 外から, 大きな伸び, 大げさに, 大人気ない, 大友君は, 大学で, 大抵田地, 大次郎は, 天誅だ, 太郎右衛門も, 夫殺しだった, 奥さんの, 女たちは, 好きで, 妙な, 妻に, 婆やは, 嫂は, 子供等は, 孔乙己は, 学生で, 守宮オット待ちなさい, 安子は, 宗春卿は, 実さんの, 実は芸, 寂然として, 対岸の, 小さい亀, 小君は, 小母さんは, 小舟町辺の, 少し驚いた, 尚更奇怪, 尼君は, 居士が, 山本は, 島田少年が, 川越屋などは, 巴里版ルイ・キャヴォの, 帝は, 師匠去年の, 帽子も, 年嵩な, 弟は, 弾きだす前, 彼も, 彼等は, 御主人, 心が, 必ずしも公式, 必ず返す, 怒る, 思うと, 思ったが, 思つて馬を, 怪物は, 恩に, 恰度蹠骨尖端の, 意外な, 愛子は, 感傷的な, 成る程, 手白も, 承知は, 折角の, 指一本は, 揃いを, 支那の, 救命艇など, 文学青年的に, 斯うい, 新内語りは, 日中戦争の, 日曜日, 日頃わたくしに, 明らかに, 春さん一とき考え, 時折歯がゆく, 書いて, 月を, 木原伝之助は, 木村は, 本物の, 杉田は, 果せるかな, 柳吉の, 栄養薬である, 案外恥じた, 桟敷に, 検束する, 極限を, 次の間の, 此度は, 死んだ佐原屋, 殿様が, 母は, 民謡とか, 気絶する, 氷河地形などは, 汝らの, 決してそうで, 決して左様, 法学書の, 海原伯爵家の, 消極的惰性的の, 温泉灸療法という, 源氏が, 無敵は, 無理強いに, 無駄を, 熊吉は, 熱海の, 片足を, 物に, 狼連が, 猶射つ, 理性からの, 甘ったるいもの, 生酔いに, 男が, 病人が, 白崎は, 白馬岳は, 皆笑った, 皆賢善女賛成と, 直ぐに高価, 相変らず落ちぶれ, 石山は, 祖母の, 神月の, 私という, 稻子は, 突然女, 立ち上って, 章三は, 端正な, 笑って, 第一次世界大戦, 節子の, 米友が, 約束した, 紳士は, 結局米友という, 緋鯉の, 編集の, 美しい子, 美智子さんは, 羽が, 老人の, 耳には, 聞かんぞ, 職業が, 胆吹山という, 能登に, 自信が, 舞台中ざあと音が, 良斎は, 芭蕉は, 芹川さんは, 若林も, 英学が, 茶店の, 菅子は, 蔀風の, 薫は, 虎どもは, 蛇答え, 蜂谷が, 蟋蟀の, 裁判所によって, 裔一は, 見すまして, 見識に, 親戚は, 言ったあと, 詩は, 読者は, 諸君は, 變だ, 賀川市長は, 赤井は, 踞牀, 軽蔑する, 逆な, 過去二日半を, 道綱は, 配流の, 野呂の, 野郎怪訝な, 金内は, 鈴木は, 鏡を, 開化と, 閭は, 隅ッこに, 随分な, 雲井の, 電話までも, 静かに, 非常な, 音は, 風流な, 食物に, 馬の, 馬吉は, 驕慢な, 鬼小僧は, 鰊様が, 黄いろな, 黒ずくめの, 鼻の

▼ 言う~ (899, 4.9%)

184151 です 39 じゃない 35 だね, ですよ 32 ですか 31 だよ 28 だから 24 だろう 21 でしょう 14 だが 13 じゃありません, ですもの 10 じゃねえ 9 だもの, ですの 8 だぜ, だそう, ですから, ですが, ですがね 6 だけれど, ですけど, ですけれど, ですね 5 だけど, だな 4 じゃなかった, だえ, だぞ, でございます, ですって, ですな 3 だからね, だっけ, だわ, ですかね, ですからね

2 [15件] じゃ無い, じや, だおれ, だがね, だけどね, だし, だねえ, だろうね, だ三日稽古, でしょうね, ですかい, ですってね, ですとさ, では, や

1 [108件] か, かね, じゃ, じゃあいくら, じゃあございません, じゃあない, じゃあねえあの, じゃあるまい, じゃございません, じゃな, じゃなし, じゃのう, じゃア, じゃ無え, だあ, だお, だお前, だからねえ, だこれから, だそういう, だぞと, だったらまあ, だったら話, だってあの, だと, だとは, だとよ, だどんな, だなに, だぼく, だら須山さん, だろ, だろうからねえ, だろうが, だろうけれど, だろうそれ, だろうと, だろうなあ, だろう可, だろう弱ったなあ, だろう良い, だろう虫, だわからねえ奴等, だん, だ一体, だ何, だ俺, だ僕, だ冗談, だ可哀そう, だ呆れ返った婆さん, だ大分, だ女房, だ気, だ痛い, だ癪, だ私, だ親分, だ飛んでも, だ馬鹿, でございますか, でございますよ, でしょ, でしょうあっちこっち, でしょうお前, でしょうか, でしょうかしら, でしょうかねえ, でしょうが, でしょうな, でしょうねえ, でしょうよ, でしょうわたし, でしょうホント, でしょう百何十里, ですえ, ですええ, ですかしら, ですかねえ, ですけどねえ, ですけれどね, ですけれども, ですぜ, ですそれ, ですと, ですねえ, ですねエ, ですのよ, ですわ, です何, でなけれや, なら, ならあたい, ならおいら, ならその, ならそれでも, ならなにか, ならわたし, なら今度, なら俺ら, なら先, なら口, なら手前, なら殺して, なら決して, なら私, なら買って, やろ

▼ 言う~ (834, 4.6%)

30 居る 27 ゐる 16 おる 15 みい 12 よい, ゐるの 10 いる 7 ゐた, 居るが, 居るの 5 いた, ゐるが, 居る時 4 おきたいこと, おるが, たがな, よからう, ゐること, 居た, 都までも 3 いたが, はりました, 出て, 居るです, 来て

2 [43件] いました, いましたよ, いること, いるし, いるよ, おいた, おった, おったが, くれた, くれたの, くれるな, どなる, や, やつた, ゐます, ゐますが, ゐる人, 來た, 内に, 呉れ, 呉れたが, 呼んで, 喜んで, 威張る, 居たの, 居たので, 居られる, 居る処, 帰って, 浜辺は, 相済まぬ, 置いた, 置く, 置くが, 翁は, 聞かそう, 自分一人の, 菊子は, 見や, 見よう, 見る, 訂正を, 非常に

1 [547件 抜粋] あげて, あげるよ, あちらの, あっちこっち皆この, あつた, あるが, いいです, いこたあ, いささか誇り, いたこと, いたところ, いたの, いた瞬間, いったんは, いつもオヒネリ, いなさったわ, いるうち, いるけれども, いるぜ, いるそう, いるぞ, いるの, いるのに, いる位, いる内, いる季節, ええか, おいたのに, おいた通り, おきますぞ, おくが, おくなは, おくりゃれ, おこう, おったと, おったの, おったもの, おらるる, おられん, おらんのに, おりましたよ, おりますから, おるうち, おるのう, おるん, おる人, おる場合, おる文章, おれば, お叱り, お呉れだ, お園さん戯弄らん, お掛けやした, お染, お粥, お見やれ, お金を, かういふこと, き, くさる, くだされ, くる, くると, くるるの, くれ, くれいとの, くれたお前, くれたと, くれたよう, くれたらわたし, くれた通り, くれと, くれなは, くれは, くれへん, くれましたわたし, くれるお, くれるがなあ, くれるなよ, くれるの, この夜中, この小屋, こぼして, これほどまでに, ござれば, ごらん, さし支, さツさ, しばらくそこ, しまったところ, しまへば, じゃったが, そして私, その儀, その労働者, その太い, その用意, その身, その長五郎, それから, それからめいめい, それで, そんなら, たことは, だん, った, つなぐと, つれて, でご, でしたよ, でやんした, なさるが, はつたんや, はります, はりまん, ほくから, ほめられたが, ほめられるもの, ましたから, ましたやろ, ます, ますと, ますわい, まっしゃろ, まわるの, まを, まん, まんがな, み, みいこら, みい只, みい帰っ, みかげ, みと, みなさい, みな私の, みよう, みようも, みよ大阪, みる悪口, みれば, みんな笑はる, みイ, もらっては, やった, やつたら, やつたん, やよ, やりましてん, やりましょうと, やりよると, ゆけば, よいかも, よいが, よいこと, よいの, よい事, よい事情, よい宮廷方面, よい様, よい程, よこして, よろしかろう, らしたから, らどう, わいわい騒ぐです, わしは, ゐたこと, ゐたの, ゐたらしいの, ゐた事, ゐた証拠, ゐて, ゐては, ゐなさる, ゐました, ゐるから, ゐると, ゐるので, ゐる事, ゐる地方, ゐる季節, ゐる様, ゐる薪, ゐる趣き, んの, んのや, ゴロツキの, サッサと, シナ製の, ブツブツ文句, ペロペロと, ヤットの, ラサ府へ, 一生懸命仰向か, 一睨み睨んだ, 上げて, 下さるな, 下さるも, 下だ, 世を, 世間とてもあんまり, 久松と, 了う, 了へ, 二つあつ, 二つながら石, 云わしゃれても, 人足の, 今の, 今夜は, 仏に, 仕舞ふ, 仕舞桶の, 他人は, 何やら訳, 來たんや, 來や, 來よる, 兄と, 入って, 其頃恰寄り来る, 内へ, 再び潮, 再度の, 出たお, 出たところ, 出で, 出ると, 別れ出た, 励まして, 半畳を, 去った, 反対し, 叩くと, 可か, 可から, 可かろう, 可なり, 叱りつけますと, 呉れな, 呉れよ何れ近日返金, 呉れる者, 呼びかけたの, 問いかけると, 善い事, 喜ぶ, 喜ぶんぢ, 嘆息した, 嘘を, 嘲笑した, 因果の, 困らせ切つて仕舞, 固く山門, 国境から, 国民生活が, 大いに此, 大勢に, 大変好誼を, 大臣の, 大路小路を, 奥に, 女の, 女子たちに, 好いでしょう, 妙に, 威力を, 婦人団体の, 嫁に, 子供が, 子孫代, 学者政治家が, 家に, 家の, 宿に, 寄付けません, 少女達は, 尚よい, 居たお婆さん, 居た様, 居った, 居ったん, 居つた, 居て, 居ない, 居ないが, 居なさるぢ, 居ぬ, 居ます, 居られたから, 居られへん, 居ります, 居るから, 居るその, 居る中, 居る人達, 居る時代, 居る様, 居る此紐, 居れど, 川に, 川下へ, 差支へ, 市長は, 帰ったと, 帰つて来た, 帰らねば, 帰るの, 常態とも, 幡を, 幸徳は, 引つ返した, 引上げた, 弘子さんが, 弟姫を, 強情ゆえみんなが, 径一丈あまりの, 径一丈余の, 御主人, 御祈願, 御遣し, 徹底的に, 息子はんたち心配し, 息引きとらはった, 悄れ返っ, 慰めたの, 慰めて, 慶応へ, 成らぬ事, 戻して, 手に, 手を, 抗弁する, 折々迫られました, 拙者にも, 招いて, 振り切ること, 攻撃し, 放した, 断って, 明治七八年まで, 春子と, 智略に, 暇貰ふとい, 暴力においては, 服せざるなく, 来たかい, 来たので, 来たん, 来た縮, 来ないが, 来ます, 来やしない, 来よるこたあらへん, 来よるの, 来るかと, 来るでしょうから, 来るもの, 東京の, 板で, 板倉四郎左衛門, 桁に, 橘を, 欲しいん, 歎い, 正しいこと, 正式に, 正月十五日に, 水道の, 決して一所, 沙汰を, 沢山の, 泊めたと, 泣いとる, 泣きじゃくりながら, 泣きだしたが, 流して, 海に, 済みま, 湯ざましの, 激励し, 煤煙監視人が, 牝鶏が, 狂人の, 現れた, 田螺は, 留めた, 留める, 発明家は, 皆が, 監督さんから, 直様降服の, 真さん今宵は, 知らぬ云うて, 知れた事, 示威行列を, 祓への, 祝杯を, 神事劇の, 私が, 私の, 秋祭りを, 立ち上りました, 笑い植木鉢, 笑われたこと, 笑われたん, 縷々自己の, 置かう, 置かないと, 置かなければ, 置きたいの, 置きながら, 置きますこと, 耳を, 聊か冷笑, 聞いたでご, 聞かさう, 聞かすが, 聞かすゆえ, 聞かせた, 聞かせた通り, 聞かせても, 聴かして, 聴かすさかい, 聴かせましたが, 聴かせること, 背中を, 自分の, 自分は, 自分乍らずぼらに, 臭いという, 舌を, 良い扨, 若い者, 苦しみを, 草履を, 菩薩か, 藝よりも, 蚤を, 蛇の目の, 蜻蛉の, 蝗と, 行くの, 行つたのである, 行方しれず, 表は, 裸体に, 見せる, 見たい, 見ても, 見も, 見やれ, 見ようと, 見れば, 言い寄ったろうか, 訪ねて, 誤りを, 説明が, 誰ぞ, 論文を, 諦めさせました, 豪い評判, 財布の, 貰いたいの, 貰う位, 貰ふたんや, 賀川市長は, 赤蜻蛉は, 起されたが, 踊り込んで, 踊る踊り, 返事さらす, 退けつ, 逃が, 遊びに, 遣ります, 遣れ俺, 還らぬ事, 野猪の, 金作りの, 銀紙の, 降壇, 陸で, 隊長急に, 非難する, 預けた先方, 頑張るつもり, 頻に, 頼まんと, 頼んどいたさかいの, 飛び歩き小説, 飜訳された, 餘り, 馬で, 騷いでござる, 高松の, 魂の, 麦畑の, 黄金か, 鼻垂先生は

▼ 言うよう~ (492, 2.7%)

27 に, になった 23 なこと 22 だが 12 ですが 9 なもの, な事 7 な声 6 じゃが, な人, になりました 4 になっ, に女 3 な, なそんな, な気, な話, にお, にする, になる, に彼

2 [25件] だけど, だけれども, だったから, では, なお話, な兄, な口, な時, な気持, な言葉, な顔, にあの, にこれ, にし, にそう, にその, にそれ, になるだろう, に何, に偶然, に君, に目, に自己, に花, に言っ

1 [256件] じゃがお, じゃまるで, だけれど, だった, だわ, であった, であったから, でありますが, である, であるが, でお, でおかしい, ですけど, ですけれど, ですけれども, でも, で分かりゃあ, で甚だ, なあてつけて, なあの, なあらたまった口調, なありさま, ないかにも, なお, なかすか, なかっこう, なこう, なことば, なその, なとかく, なとこイ何, などうにか, なまた, なものの, なもん, なやさしい, なよう, なようす, なら死んだのに, なわめき声, なん, なギャング張り, なハンデキャップ, な一瞥, な一般的, な不服, な世辞, な何ん, な俺ら, な全く, な冗談, な凶行, な単なる, な口吻, な叫声, な名前, な君, な問題, な型, な失礼, な平然たる, な弟子, な当てこすりは, な心持ち, な忌まわしい, な忠告, な意味, な意志, な感じ, な抽象風, な星菫派, な晴れ, な最初, な最後, な有様, な条件, な根本的, な母親, な清流, な無鉄砲, な爆音, な理由, な男, な異名, な疎, な真理, な程度, な筋ッ, な考え, な腰つき, な船, な茶道, な莫迦げたこと, な表情, な見当, な言い方, な訳, な註文, な調子, な諸点, な賞讃, な趣味, な踊り場, な軍人特有, な軽薄, な連句的, な遠い, な量的, な鈍い, な風, な高等, にあるいは, にうなずい, にかんた, にきち, にくどく, にくんくん, にけろりと, にこう, にここ, にこの世, にしきりに, にしなければっ, にしなさい, にしばしば, にすぐ, にすれ, にそのまま, にそれほど, にたしかに, にため息, にだれ, にちょうど, にと勧め, にと尋ねられ, にどこ, になったら, になまめかしく, になり, になりまし, になりましょう, になります, にはまいりません, には姉さん, には思われぬ, にひかり, にひたすら, にひねこびた, にほんとう, にほんのり, にまた, にもし, にもまた, にも承れる, にも見えた, にやっ, にやはり, にわし, にチャン, にニッコリ, に一つ, に一応, に一種特別, に一緒, に上田敏君, に世の中, に二つ三つ, に今, に仏教, に他物, に仮, に何となく, に余生, に僕, に公, に六条院, に冷たい, に切っ, に利己心, に取られる, に口, に口ごもった, に古, に善い, に嘲笑い, に声, に変化, に夏道, に夜目, に夢, に姉君, に委しく, に実際, に寄っ, に寝る, に少し, に左, に帽子, に当る, に当時英国, に思い切っ, に思わせる, に恰好, に愛情, に憂鬱, に成った, に手, に教えられ, に敢然と, に日本, に時代, に林田, に果して, に桶, に死刑執行人, に母親, に流るる, に源氏, に無機物, に無用, に煽動, に犬, に玄関, に理智, に田舎, に相手, に稀代, に立派, に笹村, に簡単, に粗率, に精神, に綻び出しました, に翁, に聞こえた, に聞こえたらしかった, に肺門淋巴腺, に菊枝, に行きましょう, に見えた, に規則的, に言いつかっ, に言いました, に言い出した, に訴えました, に足, に踏みつぶし, に適当, に酒, に銀座, に長い, に陛下, に顔色, に飛びのく, に飼葉桶, やが

▼ 言う~ (452, 2.5%)

35 ままに 24 いい 13 早いか 10 それは 8 私は 7 ものは 4 いいや, いいよ, ま, よい 3 いいさ, お前は, これは, その時, そんなこと, 君は

2 [15件] あの人, いいと, ごとき, ごときは, それが, ものも, 今は, 僕は, 可え, 君が, 好い, 如く, 本人達の, 疾いか, 私には

1 [291件] あとは, あの路考ッ, あの遠い, あらゆる真理, ある程度までは, あれだけ, あれは, あんたは, いいお母さん, いいすなわち, いいそうすると, いいの, いいん, いくら友だち, いっこう立とう, いったいおまえ, いない話, いわゆる人間一般, おいらにゃ, おのれ鎔かさず, お前の, お千代, お染っ, お膝下の, かく子供, かなり気, きみの, くぐもって, げにこの, こちらは, この, このとき, この二学派, この二番目狂言, この助手, この子, この年, この年頃, この有無, この求古会, この相手, この老母, この考え, この語, この起重機, この面, これが, これはみかわの, これほど, これらは, これを, こんな時代, ごとき現代経済組織, ごとき蕪村, ごとくに, ごとく今日, ごとく洞穴, ごとく清葉, ごとく秋, ごとく純, ごとく英米独仏, ごとく道具, さてそれ, しかし, しかしそれでは東京, じつは僕, そいつは, そいでは, そういうの, そうも, そこが, そこに, そこには, そのお, そのしどろもどろ, そのロングウェル氏, その不思議, その嫌悪, その悪口, その敗将, その文書, その理会, その自慢, その船頭, その頃, そもそも八王子, そりゃあまったく, そりゃ嘘, そりゃ負惜しみ, それぁ右の, それでは空, それに何, それも, それわ, それ以上の, そんなに為, そんなばかげた, そんなもの, そんな手数, そんな話, たしかにもう古い, とにかく変わっ, どうしても私, どうだ, どうもそれ, どうも嘘, どの娘, なあに三本しか, なんという, へえ駄目, まさか狸, まさにそれ, まだ何ん, まったくそれ, まったくだ, まにまにこの, ままにとか, もしお前, もし単に, や, ようだった, よしイヤ, よし友達, わが国の, わたくしは, アリョーシャ, インドでは, エス文の, シャンヴルリー街の, シルクという, ドイツ軍事界の, ドロア・ド・ロンム結社の, パリーの, フォーシュルヴァンにとって, ボクは, ポチは, マリユスは, マリユスを, ロシアにも, ワグナーなし, 一は, 一人の, 一介の, 一度も, 一番至当らしい, 一般に, 一部屋だけ, 三四郎からは, 下二段活か, 世子の, 世間で, 丹生神と, 事は, 事実わたしの, 二千枚三千枚張りの, 人々は, 人は, 人間は, 人間並で, 今日では, 今日という, 以上の, 仮令見る, 住民は, 何百両という, 修行にも, 俺わ, 個という, 僕には, 儘に, 兄さんは, 兄は, 全然知らん, 半蔵さんの, 危急存亡の, 友愛と, 君たちは, 味が, 問題は, 四人の, 国家の, 國の, 墨汁の, 士分の, 大したもの, 大水が, 太宰府へ, 太郎や, 女が, 女王は, 好いいくら, 好いじゃ, 好いん, 好かろう, 如き仰山, 如き徳義一偏, 如き悶着, 如き無稽, 如くお, 如くに, 如く外国, 如く夢, 如く往古蒙昧, 如く数年, 如く施基親王, 如く聞える, 如く道庵, 妹に, 威圧され, 婆, 学校の, 実は拙者, 実現は, 実際, 客観的な, 尺八などは, 岐阜の, 庭なんて, 彼ら自身も, 忍耐し, 思の, 感情は, 故に今, 故に名文, 文学の, 新しい事実, 日本の, 日本太郎何が, 日蔭者の, 旦那が, 早解り, 明日の, 明日は, 最後だ, 本当は黒雲四人男, 本戦争, 杉本は, 果して必ず出来る, 正に蓮花, 正己が, 此先貴公は, 武術なんぞの, 母も, 母親は, 江戸の, 決して花々しい, 法廷が, 洋行でも, 浮舟は, 激流だ, 瀕死の, 灯は, 熱中した, 物は, 物怪に, 病人にも, 白菜だ, 真実かい, 真実は, 確かな, 私が, 私の, 私も, 科学者が, 突っ込んで, 立退き料, 米の, 絵は, 繍は, 考えるだけは, 聞いて, 脛カジリの, 臨川寺では, 自分の, 自身の, 芸者なんかと, 蝦蟇は, 表面だ, 被告は, 裏面は, 諸君は, 護符や, 贅沢を, 路地を, 身體つきや, 辛苦は, 農夫から, 遁走する, 銅六は, 陽なんか, 鶴吉の

▼ 言うもの~ (416, 2.3%)

27 がある 24 では 15 だから 14 ですから 13 じゃない, もある 10 もあった 98 ですか 75 があり 4 があっ, があった, があります, じゃ, だと, です, はありません, もありました, もあれ 3 がありました, じゃありません, だよ, である, でない, はありませんでした, はなかっ, もあり, もない

2 [20件] があるでしょう, がない, だという, であると, ですからね, でないと, には言わし, のない, の中, はそんな, はない, はなく, は事実上, は何, は元来, は知らず, ばかり, も出, も多かっ, を

1 [168件] あらず全, あり或は, およそこの, かいつ, かこの, かそ, かとそんな, かと尋ね, かと言う, かね, か一等呑助, か井伏君, か放っ, か木綿, か米, か話, があったら, があらす, がありませんでした, がなかっ, がなく, がまるで, が二上山, が人生, が全く, が出, が分かりかけ, が多い, が少い, が有る, が根, が死ぬ, が残っ, が漠然と, が激増, が無い, が無く, が現れ, が間にあっ, が非常, さえありき, さえある, じゃで, じゃな, じゃなく, じゃねえ, じゃ地蔵菩薩, そんなにも, だそう, だろう, だろうよ, で, であったから, であったの, であります, であるらしい愛して, であろうか, でいわゆる, ですかな, ですな, でないお隠れ, でない益, で無い, で素人, とお, とは思われません, とひどく, とも一応, と仲違い, と極めた, と結婚, と見た目, なし, なの, なら俺, なら実に, にいちいち, にとどまる, に就い, に深い, に違い, のよう, の気味, の特徴, の誤り, は, はありゃしません, はいつ, はこの, はこれ, はこんな, はそったら, はその, はそれ, はただ, はどうして, はどんなに, はひとり, はまるで, はカン, は一人, は一方, は下役, は人生, は人間, は作物, は偉大, は先達て店, は全く, は存在, は学校, は実, は実際, は居ない, は怖い, は時代後れ, は有りゃしません, は来る, は楽しい, は永い, は汝等, は無い, は畢竟只, は瞬間, は私達一家, は考えられない, は考えられなかった, は脆い, は船, は見た, は誰, への私, もあっ, もあるで, もなかっ, も出来た, も別に, も有った, も村民, も釣込まれた, よ, よははははは, らしい, をただ, をなさる, をむやみ, をも始めた, を先ず, を出来る, を始め, を平気, を強い, を持たぬ, を書い, を最も, を無理, を狂信, を産ん, を着た, を知らぬ, を経済, を自ら, を見たがっ, を貰う, を駄目, 即これ, 或は黄, 稼ぐ者

▼ 言う~ (369, 2.0%)

7 になる, はない 6 である 4 だ, です, にし, を聞い 3 が大きい, になっ, を信用, を肯い

2 [28件] がある, がいちいち, が出来た, が出来る, が妙, が無い, だから, だが, でしょう, では, でまだ, でも, ならなん, なん, に間違い, はよく, は僕, は少し, は無い, は能, も無い, をきい, をきく, を必ず, を真に, を聞かない, を聞きます, を聞く

1 [265件] かね, から見, があの, があるなら, があれ, がうまい, がこれ, がそれ, がちかごろ, がちがっ, ができなかった, ができる, がどうにも, がない, がなくなっ, がなくなった, がまずく, がわかっ, がわかる, がハッキリ, がヒドク, が人々, が余程, が全, が出来なかった, が出来ました, が出来よう, が分った, が分らなくなりました, が分る, が判った, が前後, が区々, が奈良朝頃, が少し, が彼女, が心, が必, が必然, が忘れられ, が懼, が手取, が折合, が残酷, が源氏, が甘ったるい, が直角, が私, が絶対, が良い, が誇るべき, が退屈そう, が違ったら, くらいは心得, ぐらいの所, さえ出来ない, さえ出来なかった, さ誰, じゃない, じや, すら其まま, た, だがね, だけだ, だけで, だけです, だけは忘れない, だけは昨晩主人, だけを本当に, だそして, だった, だってあり得ない, だと, だなあ, だ一人, だ問題, つまり肉体関係, で, であった, であったと, でありました, であるいは, であるし, でお引受け, でお話, でした, ですから, で変, で大変, で犯しては, で管理, とがちがう, とその, とどっち, などてんで, などは通じない, などほとんど, なども居間, など僕, ならきく, なら何, なれば, なんか, なんかをいちいち, なんぞ信用, なんぞ聞く, にしよう, にちっとも, になったら, になつ, になりました, になります, になるで, になれ, には, には素直, にも堪えられなかった, にゃ永久, に一向に, に事, に嘘, に気, に決した, に決定, に確信, に納得, に考え到る, に負い, に逆らいたがる, のあり, の出来た, の反対, の委員, の意味, は, はあまり, はいちいちもっとも, はいつも, はことごとく, はこれ, はてんで, はどうしても, はどんなに, はほんとう, はまるで, はみんな拵え事, はもはや, はよくよく, はムジュン, は一, は一つ, は一ツ一ツ, は一ツ一ツ何, は一通り, は不可能, は五十年, は何, は余り, は例え, は信じなけれ, は動物, は古い, は安易, は寺, は当, は後, は後に, は思いの外素直, は恥ずかしい, は成立, は拙し, は時々, は暫く, は殺す, は流石, は皆, は真面目, は科学者, は結局, は考えない, は考えられる, は聞きません, は聞きやす, は聞く, は自分, は詩自身ふらんす語, は議論, は間違い, は間違ってるだろう, は須永君, は馬鹿, もうあたし, もできる, もどっち, もない, もならぬ, もよく, も不可能事, も信じられる, も前後, も十分, も大事, も存じ, も己, も忘れ, も恥ずべき, も時, も本当, も無く, も知らない, も聞い, も聞きません, も聞落, も言う, も食料品店, やら, よそれ, より君, をかく, をきかなくなりました, をだ, をどうして, をはじめた, をま, を一, を事実, を人々, を仰せられました, を何でもかでも, を信じ, を具体的, を受けいれる, を君, を少し, を御, を感付, を手短, を指す, を明瞭, を書こう, を本当に, を次第, を理解, を申し上げたら, を知らなかった, を知り, を確認, を示す, を終生, を考え, を聞かせよう, を聞かなけれ, を聞きとれる, を聞き伝え, を聴い, を聴かない, を聴かなけりゃ, を肯かない, を肯かなかった, を肯かぬ, を讀ん, を避けた, を非常, 何だかわけ, 為す事

▼ 言う~ (312, 1.7%)

9 違いない 6 忍びない 5 きまって, しても, ちがいない 4 至っては 3 足りない

2 [16件] そうで, 値いする, 及ばず渡り仲間, 及ばず遠い, 忍びざる, 止めて, 自分は, 言われぬほど, 言われぬ不安, 言われぬ嫌, 言われぬ思い, 言われぬ深い, 言われぬ甘美, 足らないもの, 過ぎない, 過ぎぬ

1 [243件] あった, あったらしい, あなたが, あまり残酷, あらず, あらずや, あらず本, あらず権理道義, ありふれたマリア, ある, いえない人, いやそんな, いよいよ面目, いわれない不気味さ, いわれない頼り, いわれぬ微笑, いわれぬ恐怖, いわれぬ楽しみ, おかめ, およばず第, およばぬこと, お察し, きまった奴, きまってるわ, ここも, この節, この街道筋, これは, これまた, これまで, こんな墓参り, さに, しては, しのびないひどい, すぎない, すぎないの, その朝あなた, その頃, それは, ちがいは, つけても, とどまるならば, とどまるの, なぜとらぬ, はいったが, ほかならず, まったく別, ゃいわくがあるからだ厭だ, ゆわれないし, わが胸, わたくしは, オーヴァー・シューに, ハイキングとやら, 三人で, 事を, 何と, 僕は, 兄さんたちは, 全くそうでも, 到っては, 前の, 努力は, 原文の, 及ばす町方与力, 及ばずここ, 及ばずその, 及ばずながら, 及ばず三吉, 及ばず上, 及ばず会館内, 及ばず八ヶ岳, 及ばず切, 及ばず化雲岳, 及ばず南京, 及ばず外国人, 及ばず小さな, 及ばず彼方, 及ばず探幽, 及ばず日本国じゅう, 及ばず横町裏町, 及ばず母, 及ばず物, 及ばず神祭, 及ばず紫紺, 及ばず経済, 及ばず船一艘, 及ばず西洋, 及ばず軍書, 及ばず遠く飯豊, 及ばず郊外, 及ばず雁, 及ばないこと, 及ばない事, 及ぶまい, 及んで, 吉次, 均しからん, 堪えがたい, 堪えない見るに, 声に, 婆アも, 定まって, 家庭へ, 彼は, 彼らは, 彼女は, 必ずしも然ら, 忍びざるもの, 忍びずと, 忍びず彼, 憚らない, 斯る, 新婦の, 村から, 極まって, 止まって, 止まらず到る所, 止めること, 決って, 決まって, 決まってるわ, 然ら, 犬には, 異ならず, 異ならず前後文, 百姓は, 相応しく華やか, 等し, 等しく婦人, 答者は, 臨んで, 自己の, 至りたるもの, 至る, 落ちず語るに, 蕪村の, 見るところお前さんたち, 言いきれないひどい, 言えないいろんな, 言えないよう, 言えない句調, 言えない圧迫, 言えない失態, 言えない暗い, 言えぬもどかし, 言えぬ恐怖, 言えぬ悪臭, 言われず魅惑的, 言われないほど, 言われないほどの, 言われないまちがいごと, 言われないよう, 言われないよくよく, 言われない切ない, 言われない妙味, 言われない得意, 言われない忌, 言われない悲しい, 言われない柔か, 言われない苦労, 言われない苦悶, 言われぬかが, 言われぬくらい, 言われぬほのぼの, 言われぬ一日, 言われぬ不, 言われぬ不具, 言われぬ人間的魅力, 言われぬ侘し, 言われぬ侮辱, 言われぬ優しい, 言われぬ匂い, 言われぬ可憐, 言われぬ地獄, 言われぬ失望, 言われぬ安らかさ, 言われぬ寂し, 言われぬ弱味, 言われぬ微妙, 言われぬ心持, 言われぬ忍耐, 言われぬ快感, 言われぬ思, 言われぬ怨み, 言われぬ恐怖, 言われぬ恐怖さ, 言われぬ悲哀, 言われぬ愁, 言われぬ感じ, 言われぬ憎悪, 言われぬ救い, 言われぬ楽し, 言われぬ沈んだ調子, 言われぬ温か, 言われぬ温良さ, 言われぬ満足, 言われぬ無念, 言われぬ目, 言われぬ素直, 言われぬ美しい, 言われぬ美しく, 言われぬ胸, 言われぬ苦しい, 言われぬ苦み, 言われぬ苦労, 言われぬ薫, 言われぬ表情, 言われぬ複雑微妙, 言われぬ親しみ, 言われぬ訳, 言われぬ輝き, 言われぬ辛い, 言われぬ青年, 言われぬ香水, 言われぬ魅力, 言われん, 言われん悲し, 言語の, 詮方なく, 足らざるなり, 足らず, 足らない山伏, 足らぬもの, 足らぬ小額, 足らぬ私, 足らんの, 足りないほどの, 足りない仕事, 足りない微弱, 足りない程, 足りぬでは, 足るもの, 近いもの, 近い結び方, 近かった, 返事も, 過ぎぬ古物語り, 違いありません, 違いなかった, 適した地形, 限る, 限ると, 顧客に

▼ 言うので~ (275, 1.5%)

12 私は 8 厶ります 6 厶りまする 4 ありました 3 一緒に, 僕は, 銀子も, 銭湯の

2 [11件] ありまして, なくして, ほかの, 二人は, 右近は, 彼も, 手を, 源氏は, 私が, 見ると, 銀子は

1 [211件] あたふた廊下, あちらまかせ, あつた, あつたら, あの人, あの継母, ある日, いかにもおもしろ, いくらか包ん, いっそう人, いつとは, いろいろ考え, うき世, おさよ, おざんしょう, お前を, お手伝いしました, お神, かなり手数, がす, がすがね, きのうと, この地方, これには, ござります, さえ彼女, さすがの, さつきの, しかたなく, しかたなし, してな, しまいには, しよう, すぐそこ, すぐ久野, そっちを, そのこと, そのハーハー, そのマダム, その仕度, その勇ましい, その晩, その男, その言葉, それでつれ, それではわたし, それを, それ以來ほかよりも, そろそろ南, たべたがらないもの, ちょっと道, ちようど家に, ついて行って, つい私, とうとう僕, とうとう家出, ともするとくいちがう, なかなか日本語, はなし, ひさしぶりで, またその, また坑夫, もし其様, やがて四人づれで, やっとこうして, よく姉たち, よんどころなしに, わたしも, シロッケわ, スミス船長は, チベットでは, ツイツイここまで, バーグレーヴ夫人が, バーグレーヴ夫人は, ブラブラ歩い, ボクソウルも, ロース肉の, 一切の, 一度あの, 一度参りまする, 一騒ぎした, 三人の, 三吉は, 下僕が, 二人で, 二十銭だけ, 二時間程も, 五串ばかり, 人間に, 代は, 仮作の, 仲人は, 何の, 何度聞き直し, 余儀なく鈍色, 借して, 僕が, 僕の, 兄の, 八丁堀からは, 六月の, 其筋では, 出て, 出る話, 刀の, 初めから, 別荘を, 十二里に, 博奕打仲間では, 博物教室に, 取って, 名は, 名残惜しげに, 和尚さんも, 困って, 坑夫の, 夕陽を, 大輔の, 女中たちに, 女房は, 奴さんホクホク, 嫌々母, 学事をも, 家族全部が, 宿屋を, 小林君は, 小菊も, 山脈に, 幾分かでも, 広海屋, 床の, 弱りましたよ, 彭は, 彼が, 彼は, 後ろの, 従者たちは, 忙しくし, 思出した, 急いで, 急に, 恐悦し, 惟光は, 所持した, 手近かな, 文面の, 早く追い払おう, 昔亡父が, 春さんさんざん, 暮れから, 村の, 松倉十内様は, 柔の, 母は, 母も, 江戸川まで, 決められた, 油断なく, 泣いて, 泣き加納, 浜町添邸の, 無理に, 犬たちは, 玉鬘自身も, 百姓は, 監督は, 知らせに, 知事の, 神様の, 神輿の, 私だけ, 私には, 私の, 私迄, 立つて, 箱から, 米ちゃん大変な, 精一杯でした, 綾衣は, 縁側で, 美術館の, 腰を, 自分の, 荻原は, 葉子は, 街中を, 観相院へ, 言葉は, 訪ねて, 詩人も, 豊世は, 豹一は, 踊り子たちは, 軍人は, 軽蔑し, 連れて, 逮捕され, 道太は, 道雄だ, 遠く馬車, 遠野の, 適当な, 部落の, 重蔵は, 鎖阿, 関係者からは, 随い, 隠亡は, 雄吾を, 顔を, 高札場の

▼ 言うところ~ (267, 1.5%)

34 による 23 によれ 4 だ, の, のもの, はこう, を聞い 3 に依ります, に依る, に依れ, はない 2 であろう, です, ではこの, に耳, の意味, は, はまた, も道理, を聞きました, を聞く

1 [158件] あらんと, からすでに, から兵庫県, から学校当局, から察, がすべて事実, がない, がまた, がもっとも, が正しい, が私たち, じゃが, じゃねえお前, だけにある, だったが, だったろう, ついに切実, であったが, である, でげす, でしょう, でしょうね, ですね, ですよ, では, ではそこ, ではその, ではむかし, ではフランス, では中東, では先祖, では君, では朗読, では校長, では深, では深い, でも有ろう, で彼, で隅田川, とあなた, と全く, と反対, と同じ, と実地, なぞそっくり, なの, なるもの, なれども, にし, にて相違, には丹後守, には温か味, にも一理, にも時, によります, に反する, に台, に従い日本沿海, に従わなけれ, に拠る, に拠れ, に注意, に特色, に道理, に違い, に顔, に飛んだ, のご, のごとくなる, のぜいたく食い, のプロレタリヤ画家, のモンタージュ, のレーゼドラマ, の五十万年前, の出家, の反対, の如く, の快楽, の政議, の教育, の精神病者, の説, の通人, の量的, の魔気, はありません, はいかにも, はおよそ, はただ, はつまり, はとにかく, ははっきり, はまったく, はみな, はもっとも, は人柄, は何, は俗世界, は全く, は全然, は分っ, は半ば日本, は変っ, は官有林規則, は常に, は明白, は欺かざる, は気, は皆法王, は真実, は素人, は誤っ, は講義, へきた, へ大勢, へ連れ, まで待っ, まで漕ぎつけ, も人, も多少, も怖, も懇篤, やその, より上, をあまりに, をもう一度, を今日, を信ずるなら, を信ずれ, を優星学, を先棒, を全く, を受け, を否定, を容れ, を察, を果す, を無断, を盗み聞き, を相手, を知らざるべし, を知らな, を知らなかった, を碧, を約め, を聞きそこねた, を聞きます, を聞け, を聴きます, を聴く, を言いつくさしめよう, 信ずべき価値, 善しと, 実に, 必ずしもことごとく信ずべき, 必ず行われざる, 決して信ずべからざるなり, 論ずるところ

▼ 言う~ (207, 1.1%)

20 がある 15 もある 7 もあった 5 があった, もあります 4 があったら, だと 3 だ, だよ, もあり, もあろう

2 [11件] があっ, があり, があります, があれ, が多い, である, なん, はホント, は極, もありました, もない

1 [113件] あり, かね, からすこし, がありまし, があるでしょう, がいない, がいなく, がおかみさん, がおります, がこの, がアチラコチラ, が伺った, が僕たち, が僧形, が居た, が春子さま, が有りまし, が案外, が沢山, が無かっ, が面憎く, が馳, さえあります, さえある, じや, だえ, だから, だが, だそう, だったがね, だという, だね, だねえ, でしょ, ですからね, ですの, でそこ, でね, ではない, ではなかっ, とあんた, といつ, と横田, などどういう, なの, にあなた, にそん, にとってはその, にとっても一時, には一応, には非常, に中津川, ね, ねおまえ, のお, のつもり, の事, の伝え, の口, の噂, の声, の影, の心持ち, の眼, の言, の遺産, の顔, は, はあっ, はあまり, はありました, はきっと, はすでに, はすべて嘘, はそういう, はその, はない, はまあ, はまず, はもう, はもののわからぬ, は一度, は同伴, は国賊, は子供, は学位, は実, は少ない, は居ない, は帝, は東京中, は立っ, は青バス, もありましょう, もありませんでした, もあるであろう, もあるでしょう, もあれ, もいます, もいる, もなかっ, もなかなか, もなんてまあ, も慾, も有った, も有ります, も無い, も無くなっ, やなんかで山, を殺した, を私, を追っかけ, 多しと

▼ 言うから~ (191, 1.0%)

4 私も 2 これは, それで, それを, だ, だよ, 君は, 差し当りそれ, 来て, 聞いて

1 [169件] あいたいを, あたしスタンドの, あては, あなたは, あんな男, い, いけない, いけません, おいでと, おれが, おれも, お前は, お咲ちゃん, お寿, お島さん, お金は, けいこを, こうし, こうして一緒, こうアッサリ, この彫刻, この脇, これこれで, これも, こわごわ通ったら, しかたなし, じゃお宮, じゃ何, すこぶる妙, そいつが, そうです, そのしだい, そのはず, その手, その言葉, その金, それじ, それではお, それでもきかず, それで聴かないなら, たんとも, ちょっと行っ, ついその, ついて, であった, でしょ蓮香さん, とにかく土地, ともかくも, なんしろ, なんとか出世, ね後, ひいて, びっくらして行っ, へんよ, まさかと, まだ電燈, もうそろそろ帰ろう, もう十分, やって, やはり先見, ゆるして, ようよう案内, よく見, よし来た, わからねえじゃ, わたしちゃあ, わたしは, コチトラの, ツイ縄張話を, ハッと, マタ, ラヴの, ワケだって, 一つ布団に, 一度帰し, 三百両は, 上方へ, 不思議です, 与七みたい, 中央の, 久しぶりにて, 人が, 人格ゼロな, 人間は, 仕方が, 仕様が, 仲の町の, 何かと思っ, 余分に, 信用し, 俺あ, 俺が, 俺は, 俺も, 僕も, 先ず泥棒, 出たまで, 刀を, 初めは, 判って, 口上の, 可愛い, 呶鳴りつけ, 問屋場へ, 四人が, 困るよ, 変り者に, 多分夜光虫, 夜中まで, 嫁に, 実地に, 実際当時, 寝たが, 店座敷の, 廓へ, 悪者に, 意味あり, 憎まれずには, 日本には, 春着を, 昨夜金公の, 有り合せの, 本当にし, 杖に, 棚の, 正直に, 殴られるん, 江戸にて, 渡りに, 湯銭だけ, 焚火ご, 珍しく禁酒中, 生きて, 目を通して, 直ぐ其家, 相当な, 知つ, 立派そうに, 結局幸福だ, 綺麗な, 義理の, 考えて, 聴いて, 肚の, 腹が, 腹を, 腹ア立っ, 良人が, 落窪の, 血の, 行きがかり上送っ, 見て, 見に, 解らなくなるじゃ, 言うまで, 言えば, 言ったまで, 誰の, 跟い, 道中にて, 鄭重に, 鐚が, 閉口します, 顔を, 顔馴染の, 飯を, 馬みたいな, 駄目さ, 麦と

▼ 言う通り~ (168, 0.9%)

6 にした, にする 5 だ, にし, になる 4 です 3 かも知れん, だと, だよ, になっ 2 だから, でした, にしない, にしろ, にすれ, のもの

1 [113件] あの肌, あの若い, あんまりあんた, いくら立派そう, お互にあんまり, お由, かも知れない, この人, この場合, この女軽業, この山, この男, この結果, この解説, これからまた, こんなこと, される通り, せよと, その鉤, それだけこの世, そんなに早く, だこの, だったと, だどだい, だまって, だろうと, だろジャーク, つれづれなる, であった, であったから, である, であるが, であると, であるよう, です広間, でどうも, で何, どうせ昼, なまじ半端, ならこの, ならば, なら飛んだ所, な虚無僧, に, にあずかっ, にうわ, におし, にきかない, にこの, にしよう, にその, になさらなけれ, になった, になつて, にならなかったなら, になるだろう, になれ, には働い, にばかりもし, にみな, にもならない, にやっ, にケエプ・タウン, に出船簿, に切り開い, に大金, に据, に渡し, に相違, に石, に言いきかし, に言っ, に趣向, に追随, に違い, のわけ, の事情, の十人並, の心理状態, の悪漢, の残忍, の酒器, ぶたれると, またその, まったく上品, もう死ん, ややもすれば弁信, を信じ, を守っ, 乗込みを, 余りにも, 全く同じ, 全く度胸, 別に挨拶, 大活劇, 実際我国, 少々左ねじ, 少しの, 平常は, 御奉公, 或は偶然, 極めて少ない, 極めて非, 殆ど崖, 残んの, 無い袖, 狂って, 皆目お喋り坊主, 真甲, 絶えず食客, 落ちれば, 遠いどよめき, 酔って

▼ 言う~ (140, 0.8%)

16 もあった 10 もあり 9 もありました 7 があっ, がある 5 があった 3 あり, がありました, はなかっ, は知らず, もなく, もなけれ 2 がない, が出, が著しく, はありません, もあっ, もある, もいた, も出

1 [52件] あれども, があったら, があり, がありまし, があります, がありません, があれ, がいる, がこうして, がございまし, がなかっ, が上げたい, が二, が少なく, さえあった, さえある, さえだれ, すらあった, だ, でこの, で御座いましょう, と何, に罪, の家, は, はあえて, はこの, はだれ, はできるだけ, はなくなる, はほとんど, はめったに, はもっとも, はやや, は乞食釣, は人間, は数, は肉, は酔狂, もあらんなれ, もあります, もありませんでした, もあるだろう, もございます, もない, もなかっ, も世間, も無し, も聞く, をののしり殴る, を今日良縁, 呟く者

▼ 言うまでも~ (118, 0.6%)

74 ありません 14 あるまい 4 ありませんが, 無い 3 ありますまい

1 [19件] ありませんわ, ありゃあ, これは, なし, ねえやな, 無いが, 無いこと, 無かった, 無くこれ, 無くその, 無くただ, 無く僕, 無く君, 無く吾が, 無く残念, 無く物, 無く警視庁強力犯係, 無く銀, 無し太子

▼ 言うわけ~ (115, 0.6%)

17 では 9 でも 7 じゃない 65 にも行かない 4 はない 3 です, にはいかない 2 か, がない, じゃねえ, なん, にはゆかない, には行きません, にも行かず

1 [47件] か僕, か古賀さん, がありません, がある, さ, じゃございません, じゃなかった, じゃねえけん, じゃ無い, だお, だか, だが, だね, だろう, だ兄貴, で, でありがたい, である, でここ, でこんなに, ですね, です親分, でそれ, でなく取わけ意地悪, でね, ではござりませぬ, で不消化, で私, なの, なり, にいかない, にいかなかった, にいかん, にはいきません, にはゆかず, には行かぬ, にもいかない, にもいかねえや, にもならね, にも行かなかった, に行かない, に行かん, のもの, はじつは, はつまり, は今度, も無かろう

▼ 言うには~ (108, 0.6%)

3 これは, それは, 手前は 2 あらざれども, 何か, 及ばない, 及ばん

1 [91件] あたらない, あたらないが, あの二人, あの野郎, あらねど, およばぬ, およばぬの, おれの, お元さん, お前は, お嬢さんあれは, かれの, きょうは, この仲間, この男, この辺, この際, この頃, この頃わが国, この首縊松, こりゃごく, これから西北, しき石の, すでに遅かっ, その意味, その穴, それには, ですな, なにかこの, なんでも, まだ御, みんな下手だ, もう余りに遠い, もはやかなわぬ, よく考え, ドコという, ハムムラビの, 一所に, 三吉は, 亀が, 今度という, 何と鶴, 余りに狭く, 初め自分は, 千鳥は, 及ばず蚤, 及ばない吉弥, 及ばぬが, 各国公使は, 変な, 太夫方も, 奉行所あてに, 子供は, 小吉も, 弥一右衛門殿は, 当らないけれど, 当らないぶちまけて, 彼の, 御大法にて, 御覧の, 必ずしも浦和, 急用が, 手前も, 手前ゆうべは, 折角の, 日本へ, 早いよ, 明日は, 昔だったら, 昨夜あれから, 是非麦焦しの, 本陣の, 此の, 毎年の, 湯屋は, 父親の, 田舎の, 確かに, 私が, 竜太夫という, 節ちゃんなんかが, 考えて, 腸から, 航海が, 言ったが, 誰も, 軽井沢へ, 週に, 遠かった, 金が, 難船を

▼ 言うても~ (107, 0.6%)

4 大伴宿禰に 2 よい位, よからう, 何にも, 差支は

1 [95件] あの女, あの際, あんたが, あんまり話, いいが, いやか, いろ, ええの, おまえは, お前は, かうした気風, かならず一群, ことばの, さし支, そのまま信じる, それぁ無理, とこひ, なかなか信じ, ならぬと, またこの, もはや今日, よいの, よい処, よい様, よかろう, よくもと, よさ, よろしい, よろしゅうござりまするか, わが国家組織, カフェは, ケタが, 七夕が, 三十人は, 不承し, 乗せて, 二十一といふ, 人の, 何やら英雄, 其は, 凡そ事務所, 分らぬ奴, 判らぬとでも, 即ち人格, 反語を, 古代研究には, 句或は, 同じだ, 同じで, 向ふ, 君たちは, 国の, 大した者ばい, 大した違, 大衆主義を, 大阪の, 奈良朝頃, 女房という, 婦人大会の, 安ん, 宜しい, 宮中に, 家に, 小母さんじゃ, 局部的には, 差支えないと, 後村上天皇で, 心中に, 手付けは, 日本紀奏上前に, 書物の, 棒のみを, 構いませんな, 母が, 母は, 気遣いあるまいと, 洒落にも, 病気が, 皆降伏, 確かな, 筑前にも, 編木を, 聴え, 自分から, 良え, 親の, 親爺さんも, 解るまいが, 言はい, 話を, 誰も, 道徳的な, 間を, 飲みはれしまへん, 飲んで

▼ 言う~ (102, 0.6%)

13 がした 3 がありました, が聞えました, を聞いた, を聞く 2 がし, がする, が聞えた

1 [71件] がうしろ, がおこりました, がきこえ, がきこえた, がきこえる, がその, がてんで, がハッキリ, が出たら, が切れ切れ, が吃驚, が多少, が少, が店, が戸, が沈ん, が火星人, が玄関, が白い, が笑い, が絶えなかった, が聞え, が聞こえた, が聞こえました, が聞こえます, が聴, が血, が起り, が部屋じゅう, が錯綜, が頻りに, それから, だろう聞けば, だ斬られたの, づかいなどを, です, で気, と共に人, と共に当の, と共に番士, にその, にびっくり, に似, に改めて, に見る, の中, はうるん, はお, はきこえたろう, はすすり泣き, はほのか, は何, は勘さん, は怪塔王, は昔, は昨夜, は本当に, は重み, もおろおろ, もよく, も何となく, も物凄い, も確, も聞こえる, も落着き, やらを聞きました, をきく, を後に, を確かめる, を草むら, 叫ぶ声

▼ 言う~ (98, 0.5%)

4 言わぬか 2 それが, どうか, ッ, 聞いて, 言わないうち

1 [84件] あるいは二千七百年, あるいは判決, あるいは畳, あれの, いえさ, いかにもおかしく, うーん, え, こうまるで子供, こう道徳的, さなく, さまざまな, するか, そう言う, そこに, それともまた何と, それは, それも, それを, そんな感じ, ちょっと知りたい, ちらりとこれ, つまりステップ, です, でなければわたくし, とうてい筆舌, とにかく性格, どうかわかりません, どうも変, はみ出たもの, へんに, まあそう言った, よく聞い, わからない, わからないしね, わからんじゃ, われその, 不審なき, 九人の, 二つに, 五家族と, 信念を, 凄艶, 分れしません, 地盤と, 売家と, 天然の, 心配な, 性的な, 恐迫觀念, 悲惨と, 或いは何, 戰後的な, 早乙女笑いと, 本質と, 物わかりの, 猿, 異端宗教と, 知ってて, 知らないが, 知らん, 知りませんが, 知れない, 知れやしないって, 緊張と, 習慣と, 腕とは, 見たいもの, 解らなかった, 触手の, 言いがたい重苦し, 言おうか, 言ぬ, 言わないかに, 言わないかの, 言わない時, 言わぬかの, 言葉を, 責任と, 責任持てず, 足取りの, 青豆の, 頭には, 驚愕と

▼ 言うとおり~ (98, 0.5%)

11 にし 95 にする 4 になる 3 だと, にした 2 かもしれん, だった, です, にしよう, になっ, になった

1 [51件] だが, ださあ, だとも, だね, だよ, で, である, であるかぎり, であること, でおと, でしょう, ではなかっ, として学校, ならそれ, なん, に, におさめ, におし, にお母さん, にこの, にさせ, にさせる, にしたら, にしなかった, にしろ, にだまっ, にちがい, になすっ, にならなきゃ, になります, にはたして, にはっきり, にはなっ, にめんどう, にネ, に中川, に人, に任せ, に出, に安楽, に従おう, に急い, に書い, に珍しい, に直し, に私, に美しい, に酒, の大望, を写し取った, 実際あった

▼ 言うよりも~ (98, 0.5%)

2 初めから

1 [96件] あたしの, お祭りみたい, こちらは, この手, この町, さらに服装, そうであれ, そこで, その植物, そばを, それからはみ出, それまで, それを, どんなに心細い, なんか, なんだかうれしい, はっきりと, ぼくらの, むしろ, むしろありがたい, むしろあり得る, むしろその, むしろどこ, むしろもはや精根, むしろ今日, むしろ彼, むしろ怠惰, むしろ暮れ, むしろ気, むしろ見物, もっとびっくり, もっと憤怒, わざと試み, アネゴと, アワレでしょう, キズそのものである, スリルが, ズボンは, ルリさんから, ロロ新, 一段低く, 人間が, 今日演劇の, 何倍か, 僕が, 僕には, 君は, 堂上華族の, 変に, 多くを, 大衆的である, 天竺風な, 学究と, 実際人相, 室生の, 寧ろ公然の, 寧ろ凸起, 寧ろ唯あの, 寧ろ煩さげ, 寧ろ馬, 寧自ら霊の, 常識を, 後から, 怖いらしい, 思出さない, 急に, 性質じゃ, 惚れて, 房代の, 手記に, 断絶であった, 未開人の, 正直いっ, 武人とでも, 殆ん, 況や僕, 淋しい平凡, 温度じゃ, 片隅に, 私には, 私の, 私は, 私達は, 移動する, 積極的に, 童心童心と, 美人を, 自分の, 良いと, 色つ, 蒼白, 見すぼらしかった, 語りよう, 遥かに, 非公式な, 頭が

▼ 言うじゃ~ (93, 0.5%)

46 ないか 24 ありませんか 4 ないの, アない 3 ないですか 2 ありませんの, ない, 有りませんか, 無いか 1 あない, ございませんか, ないかい, アありません

▼ 言う迄も~ (89, 0.5%)

16 ない 8 ありません 7 ないこと 6 ないが 2 なくこの, なくこれ, なくそれ

1 [46件] ありませんが, あるまい, あるまいが, ないし, ないそして, ないの, ない今日, ない聊か, なかろう, なかろうと, なくあの, なくお, なくまだ, なくよりもっと, なくプロテスタント, なくペイルソルプ, なく一八四一年七月, なく三宝山, なく京弥, なく人間, なく人間以外, なく余吾, なく偽者, なく先生, なく入籍, なく全日本, なく唯, なく夏季, なく大井川, なく小栗桂三郎, なく幾多, なく日本国中, なく武器, なく死刑, なく浪人者赤崎才市, なく犬, なく船客, なく謎, なく退屈男, なく降雪量, なく顔, なく高原, なく鯉坂君, 無い, 無く私自身, 無し唯余

▼ 言うより~ (87, 0.5%)

9 ほかは 5 外に 4 ほかに, 仕方が 3 外は 2 ほかなかっ, ほかには, 他は

1 [56件] あんまり昂奮, いっそうほのめかした, いらっしゃいという, おもに裏切られた, しからばとて, そうした習俗, その方, つまりそれ, てらてらと, なんと言います, にらんで, ほかの, ほか何一つ, ほか批評する, ぼんやりし, まあ土方, むしろそれ, むしろぼく, むしろ彼, むしろ此, もつと, 世話を, 他に, 其すら, 又する, 呶鳴った, 問い方, 外には, 外ね, 外の, 外私には, 年中行事, 彼一家と, 意識に, 挨拶の, 早くラプンツェル, 早く天狗さん, 早く拳, 早わかりが, 根本的な, 極めて現実的, 殆ん, 渋いに, 犬にでも, 痛いの, 眼玉が, 知識化しよう, 筋肉が, 腕露呈に, 自分に, 莞爾, 身震せし, 退職金を, 運よく, 酒好きが, 骨が

▼ 言うもん~ (86, 0.5%)

19 じゃない 9 だから 5 だ, ですか 4 じゃねえ, ですから, の頭 3 か, じゃありません 2 かね, で, です

1 [24件] かあたし, かこの, が下手くそ, が有っ, じゃなくっ, じゃねい, じや, だでね, だね, だねえ, だ余り, でがん, でござんす, ですからね, ですからネ, でねえ, でねえよ, で二度目, の, のわい, の蝶子, はそうそう, や, より惡性

▼ 言うのに~ (81, 0.4%)

4 私は 2 これは

1 [75件] いやそんな, いやどうも, おまえ一人が, おやじは, お前と, お国, ざっと四半刻, すぎないん, そいつの, それより, そんなグッタリ, ちょいと, ついて, とどまつ, なにをといった, なんか少しおどおど, ひぬま, ほんとに骨, まず見た, まだ判らない, まだ空, まだ調子, やや腰, よく一日, ろくなの, わからねえ奴, わたしは, アイツの, 一国一城の, 一度気, 三つも, 今鳴らし, 信じなければ, 勲章を, 同意を, 呉羽之, 和し, 唯御機嫌, 噴き出して, 天性的の, 好いと, 実に非常, 幼稚い, 彼は, 手間は, 批評家たちは, 押被せ, 撞き飛ばすこと, 本堂は, 機を, 殆ん, 毎日初夏の, 涙ぐんで, 火星人は, 無理に, 無理は, 父の, 狼連を, 百や, 相変らず, 紙入れを, 自分も, 至っては, 苦労した, 著いた, 話し相手が, 身は, 近いもの, 違いない, 釣れはじまる, 長島博士は, 霰の, 青酸の, 餓える恐れ, 骨を

▼ 言う言葉~ (76, 0.4%)

2 に値い

1 [74件] かと蝶子, から始まっ, が, があった, があります, がある, がどんな, がなかっ, がはやってる, がもし, が今, が口, が有る, が泣くであろう, が終わり, さえがあまりに, さえも心, だ, だから, だけが聞きとれた, で, であります, である, であるが, です, でなければ, ではない, で尊長者, で自ら刺戟, で表現, なの, にかぶせ, によって中, に困っ, に就い, に必ず, に脅, に衣冠束帯, の上, の中, の広い, の意味, の抑揚, の最も, の来歴, の終らぬ, はそれ自ら, はない, は分る, は或, は是非, は時々, は決して, は用い, は皆, は私, は耶蘇, は頗る, ほど人間, をいっそう, をそのまま, をも耳, を使っ, を使った, を好み, を子供たち, を彼, を愛した, を挟ん, を繰り返したであろう, を聞いた, を背中, を覚え, を覚えた

▼ 言う~ (69, 0.4%)

10 可なり 3 さらなり 2 不可なき, 愚かな, 更なり

1 [50件] あまりはなはだしからずや, おかしいが, おわらぬに, からだだけの, けがらわしい間柄, これは, その字, なおおろか, ほとけ気徳右衛門, みなこれ文明の, みな人間交際の, よく芸術, ヘチマも, 不都合ならん, 亦かく, 切なそう, 切符などを, 勤めの, 唯是, 善し言わざる, 変です, 大なる, 女子の, 妨げずまた, 妨げなし, 実は社会, 実際合祀, 必ずしもそれ, 恐れ多い不義密通, 恐ろしいこと, 愚かであった, 愚な, 憎い奴, 憚りない, 憚り多い怪しき, 末の, 本来主観の, 気の毒な, 無念あれも, 無惨ながら, 無益なり, 甲斐ない, 相互間の, 穢らわしいよう, 聞くも, 行過ぎた, 言うは, 誇張では, 身ぶるいする, 野暮だ

▼ 言うだけ~ (67, 0.4%)

5 である 4 では, 言って 3 だった, です, 言うと 2 だ, であった

1 [41件] あなたも, だが, であって, であと, でけろりと, でした, でしょ, ですし, ですよ, でその, でそれ, でそれきり, でそんで, でどんな, で別に, で地の利, で大臣, で火, で犯人, で立って, で而, で自分, なの, ならい, なら容易い, なら言わしとけよ, なん, やったらなんぼ, 判然した, 損だ, 無駄と, 自分が, 薄雲, 言うよ, 言ったらどう, 言つ, 言わして, 言わせて, 野暮さ, 野暮だ, 野暮である

▼ 言ううち~ (65, 0.4%)

2 にもお, に鶯

1 [61件] つと, にあす, にいつか長割下水, にはすべて, には米吉, にま, にもう, にもごろりと, にも今に, にも大空艇, にも市兵衛, にも平次, にも止めど, にも紫玉, にも綾衣, にも肌, にも誰, にバタバタ, にブーン, にポタリ, に一種, に三人目, に両国, に両親, に二人, に五六間, に列車, に前, に向う, に和尚, に四日め, に声, に大きな, に大粒, に妙庵, に寄っ, に尾藤内記, に彼女, に怪しく, に愛馬, に我, に時間, に果して, に極り, に泰親, に涙, に涙ぐまれ, に涙ぐんだ, に犬, に猪熊, に白い, に秦野屋, に聖者, に膝, に行列, に表, に風, に駕籠, に鼠, もあの悪, も渠

▼ 言うつもり~ (65, 0.4%)

9 なの 6 では 3 だ, だったが 2 だったの, だったん, であった, でも, はない

1 [34件] か, かお, かその, からかそれとも, からでした, か自分, がある, じゃなかった, じゃねえ, だが, だっけ, だった, だったかも, だったので, だったのに, だったんだい, で, であったが, であって, でいたらしかった, でいるらしい, ですか, でなく尋ねました, で少女, で繰り返す, なん, のがつい, はありません, はなかっ, はほんとう, は無い, やったん, らしかったが, らしく読まれる

▼ 言う~ (65, 0.4%)

72 あれは

1 [56件] いったい何, いま連れ出せ, お前が, お前は, お前言, きっと誰, すべての, そう急, その先, その方, それは, それより, それ行く, そんなこと, っす, で一円, どういうわけだい, どうせ手前, また非常, ア, アあっしに, アリョーシャもう, ア容易な, ザッと, ッて, ッほざく, ッ雑言申さるる, ボーイの, 今おれが, 今は, 何の, 俺は, 八, 太い奴, 安かろう, 手前なんぞは, 折角の, 曲者が, 有難いと, 机竜之, 松井博士の, 気にいらなきゃ買わないどけ, 汚ない, 特別賞与ものだ, 生意気を, 生涯あの, 相手は, 細工の, 脚を, 色魔, 芸者の, 言うな, 貴様は, 貴樣, 馬鹿馬鹿しい, 駈落

▼ 言うかと~ (62, 0.3%)

28 思うと 6 思って 4 思えば 2 思ったら

1 [22件] いいますと, いうと, おれは, お思い, きけば, むくれるところ, 些か好奇心, 問うに, 実は博士, 尋ねられると, 尋ねると, 屹ッと, 思いながら, 思いますと, 思うの, 思うよう, 思う声, 思う間もなく, 思やあ, 見れば, 言わんばかりに, 青木は

▼ 言うだけの~ (58, 0.3%)

19 ことを 6 ことは 5 事を 3 ことで 2 事は, 理由で, 金を

1 [19件] ことか, ことです, ことな, ために, なんだろう, もので, ものは, もんです, 事じゃ, 事だ, 事で, 事です, 勇気は, 姿に, 文句を, 権利を, 権威と, 親しみを, 隙が

▼ 言うものの~ (58, 0.3%)

1 [58件] あの男, いつも水, かかる事, かわいやな, この小さい, この際, そこが, その事柄, その実, その小径, それも, そんなこと, またよくよく, もとより地方, やっと六十歳, やっぱり太夫, やはりお前, やはり初め, よく考え, 一番大きな, 不幸に, 世間どおりには, 五百石旗本の, 僕が, 僕の, 先にも, 公然と, 兵助も, 北村さん自身なにか, 千種十次郎も, 半月あまりも, 又三郎, 向島の, 困ること, 地球の, 壮容に, 平造も, 庭の, 彼らの, 所詮この, 明日この, 昔からの, 本当は重苦しい, 栄介は, 榊原大, 灯の, 甚右衛門は, 百姓の, 相手の, 眞の, 私には, 自分の, 蔵元屋の, 賺し屁, 辛さ, 近頃放送, 長次郎と, 面と

▼ 言う必要~ (57, 0.3%)

13 はない 11 がない 7 もない 2 がある, はなかっ, も無い

1 [20件] があった, があります, があろう, がなかっ, がなくなった, がなくなり, が有る, に迫られる, のある, のない, はありません, はないだろう, はないです, はなかろう, は少し, は無い, もあるまい, もなけれ, もなし, も有るまい

▼ 言うけれど~ (56, 0.3%)

4 それは 2 私は

1 [50件] あれは, あんなに肥っ, おいらという, こうして植え, この先生, この自分, この辺, これは, そうと, その一つ, その言葉, その証拠, そんなに弁信さん, そんな代価, ちょっといい, つきあって, つまるところは, ほんとうに, わたしは, クリストフは, マドロス君一人で, 世話に, 事実長崎の, 今やっ, 俺の, 僕は, 其平生の, 合理合法の, 君は, 態度から, 文士だ, 斬られて, 明日に, 殿様, 決して当節, 生きて, 皆分別臭い, 矢張り単にそう, 私としては, 私の, 老巧の, 背中を, 自分が, 親の, 誰だって, 貴女二人は, 買う方, 風来山人なんぞは, 馬鹿らしい話, 馬鹿気て

▼ 言う~ (56, 0.3%)

7 がある 42 があったら, でな

1 [41件] か, かね, がいる, がこうして, がどうか, が到底, が多い, じゃ, じゃな, だお前, だと, だな, だね, だテ, だ金, でそっち, で一寸, なの, にな, には言わし, はいない, はその, はそりゃ, はつまり, はない, はひとつお前, はやっぱり, はピアノ, は一人, は個性, は僕, は勿論, は反動, は国賊, は砕石, は私, は逐い出し, ほど愚, もある, もいる, を向う

▼ 言う意味~ (54, 0.3%)

2 である, ではない, なん, にも取っ, の

1 [44件] かあえて, がなか, がやっと, がよく, がわかった, が浮ん, だけで, だと, だ千種君, だ話して, であったと, であるなら, でいっ, でしょうが, での正しい, で勉強, で御, で昔, で有害, なら日本, にまた, に外, に違い, のこと, の反, の手紙, の散歩, の無限, の真に, は, はあなた, はこう, はさすが, はそうした, は人間生活, は必ずしも, は理想的, は私, は規則的, をなさない, をのべ, を問いただした, を持っ, を示した

▼ 言う~ (54, 0.3%)

3 の調子 2 には必要以上

1 [49件] うっとりと, が来やしない, ぐっと引入れる, そのメイ, その胸, だろう, でもアナタ, でも彼, でも意見, にお, にはいかにも, にはいつもギラギラ, にはお, にはここ, にはたいてい, にはなかなか, にはまるきり, にはよほど, には互いに, には急, には息も, には絶えず, には顔, にも甘ったれる, にゃまったく, にパラフォクス, に使う, に弟, に彼, に従兄, に微々, に用いた, に用いる, に英国, に連れ, の, のほか, の口つき, の声, は一方, は参っちゃってる, は老実, は頭, ふと見返った, もしそれ, も同じ, も声, 白い歯, 織次

▼ 言うかも~ (50, 0.3%)

10 知れない 7 しれない 4 しれないが, 知れぬ 3 しれぬ 2 知れません, 知れん

1 [18件] こっちが, しれないがね, しれませんから, しれませんが, しれん, わからぬ, 知れないが, 知れないけれど, 知れないし, 知れないワ, 知れない自然科学, 知れぬ孰, 知れねえが, 知れませんが, 知れませんよ, 知れんいや, 知れんから, 知れんが

▼ 言う~ (49, 0.3%)

277 きのみ 3 き程 2 くして 1 からざる, からず, きこと, きだった, きところ, きなれども, きを, き妙年女子, き巡礼, し大

▼ 言う~ (48, 0.3%)

2 それは, 僕も

1 [44件] あなたの, あわせ者, この通り, そこを, それじゃ, とにかくきょう, なかなかの, ひる日中朝, まあいったい妻子供, まさか節ちゃん, またある, また別, わたしは, ランプ室の, 一人は, 一週間も, 仕事を, 他の, 処によっては, 又青島, 困ったこと, 城山とも, 外は, 妾を, 少佐が, 屋根にも, 島原の, 川合の, 巡査を, 戸口の, 更に気まり, 楽毅論から, 母と, 短いくちばし, 祖母さんは, 私は, 私も, 自分としても, 自身も, 蚕が, 貴島も, 貴様も, 銅の, 高瀬は

▼ 言うほど~ (48, 0.3%)

6 でも 4 では 2 自分が, 違って

1 [34件] あさ, おし並べられ, じゃねえ, たたきつけられた, であったから, であるから, でないかも, なぐりつけた, のんきそうに, むずかしいもの, ゆすぶって, ゆすぶると, ドギツイもので, 不安に, 人は, 伸びを, 元来私, 可憐な, 味の, 商人気質の, 岸本に対しても, 幼稚な, 思いあたる事, 悪いもの, 悪い女, 正太さんを, 洒落ても, 満足し, 牽付けられる, 狼狽し, 珍しいこと, 考が, 自分ながら, 若槻を

▼ 言うんで~ (47, 0.3%)

2 え, ごぜえます, 来たの

1 [41件] いろいろな, えしょう, がすから, これ以上の, しよう, しよう男の, そいで, そういう引っかかりで, それから, そんなふう, たいへんほめられた, まさか十手, みんなそう, やって来た, わたしの, 一同が, 三五沢で, 久しぶりで, 仕方が, 伊那からも, 俺たちは, 僕は, 先生ああ, 勢いこん, 十八九の, 十手捕縄を, 大枚の, 家ん中が, 急に, 手帖と, 村の, 毎月毎月妾の, 気の, 無しに, 申さずとも, 経営方面は, 苦笑する, 誰にも, 貧乏人の, 逃げ廻ってる春子さん, 連れて

▼ 言うにも~ (46, 0.3%)

2 あの蔵元屋

1 [44件] お玉風情の, この不自由, この通り, この雨, それ役者の, まだ書生中, もう四十, 一口毎に, 中央から, 二人は, 今は, 今斬っ, 十八文の, 十里内外の, 及ばず市内, 及ばぬこと, 及ばぬ平凡事, 及ぶまいが, 及ぶまいと, 声に, 外から, 大家の, 奥歯に, 宿屋の, 年若の, 弁信は, 当人たちの, 当人の, 忍びなかっ, 拘らず駕籠, 昨今の, 歯に, 気を, 無邪気な言い, 用いまた, 相応の, 相手は, 舟そのものが, 襦袢一枚帯は, 言いかた, 言れぬ, 足りないわずか, 顔を, 飛騨の

▼ 言うよりは~ (45, 0.2%)

1 [45件] お絹, お茶漬音頭, これが, そのよう, その乳房, それが, なにも, はっきりと, むしろただ, むしろ一, むしろ女, むしろ小枝, むしろ心地よく, むしろ情実上, むしろ本文, むしろ満州事変後急速, むしろ滑稽, むしろ自分自身, むしろ詩人, むしろ貧しい, もっと広い, 九柱の, 今は, 今日これから, 名将は, 周囲の, 咽喉から, 壁代であった, 子供から, 宇津木兵馬といった, 寧ろ客間, 寧ろ怪しげ, 損を, 教権を, 殆ん, 破壊です, 私の, 種類を, 腕前を, 自分の, 親雀, 解しよう, 身の, 道庵そのものを, 黙って

▼ 言う~ (44, 0.2%)

3 によれ

1 [41件] から更にずっと, がない, が理義明白, だ, である, では後者, で流行, ならん, にも道理, による, に従え, に心服, に拠り, に拠る, に来る, の形而上学的実在, の虚しき, はこう, はほとんど, は一々, は勿論, は皆虚構, は終に, は蘭花, は頗る, へやって来た, までピタリ, まで到達, まで考え得る, まで行った, まで追求, も尤も, も無理, も近く, をかいつまん, を批評, を知らず, を見りゃ, を言, 何ぞそれ雍容悠長, 行う所

▼ 言うけれども~ (41, 0.2%)

3 それは 2 日本歴史の

1 [36件] あれは, このひと, この館, これは, その気, その為, そんな間抜け, どうも心, やはりその, わたしは, 一人の, 万般の, 今日のは, 他に, 伝統は, 俺から, 僕は, 全く牽強附会, 去年の, 君たち, 土の, 実際それ, 忘れて, 怖ろ, 我々の, 果してその, 機械工業の, 次郎左衛門は, 決して人生, 浮いたり, 淪落の, 私は, 結局は, 諸君が, 近所隣り, 酔っぱらいである

▼ 言う~ (41, 0.2%)

4 がする 2 がしなかった, が無い, になった, になれなかった, にもならず

1 [27件] かや, があった, があったら, がし, がしない, がしました, がします, がふと, がヒョッ, が動いた, が年中, が段々, だ, だったの, だろが, にどうしても, になっ, にならず, になり, にはなかなか, にはなれなかった, に成らなかった, のする, の無い, はしないらしかった, はまるでありませんから, もない

▼ 言う~ (39, 0.2%)

1 [39件] あえて氏, お前だかん, こうで, すなわちこれ, その兵衛, その言, ちと憚り, どんな身分, やがて有無, やすしさ, 不都合ならん, 世より, 伯母なり, 何かね, 余を, 前, 名ばかり, 名目であっ, 場末です, 大法螺, 実際を, 小さき知恵袋, 易く実行, 易く疲れる, 易く行なう, 易しさ, 智恵浅き, 欧州では, 汝が, 異な, 禮を, 脇屋義助が, 葉が, 虎故, 虎栖より, 親密が, 言っても, 許婚も, 近間に

▼ 言う~ (39, 0.2%)

4 俟た 3 俟たぬ 2 俟たず, 俟ちません, 要しない

1 [26件] いかにも眉毛, うべき, ええその, えざらん, きけ人, またざるなり, 何とも思わぬ, 俣た, 待たない西洋, 待たぬ, 得ず然, 得べし, 憚らぬ, 手初めに, 敢て, 老人は, 耳にも, 聞きて, 聞き怖じた, 聞けば, 要しないであろう, 要しない知己, 要せず凡て, 親が, 遮る妻君, 避けた

▼ 言うほどの~ (38, 0.2%)

5 ことは 2 ことで, ことも, もので, ものは

1 [25件] おそろしく的確, ものでなく, ものも, レコードは, 事で, 些細な, 人では, 人間は, 値打も, 勇気は, 勇猛心は, 動機が, 変化は, 大慈善, 必要が, 必要も, 悪感を, 暖かさ, 用じゃ, 篤志家も, 規則の, 証拠も, 豪傑だ, 遊びながら, 金額では

▼ 言うなり~ (37, 0.2%)

2 彼は

1 [35件] おばあさんは, かっと舟べり, この世の中, さっさとそこ, すぐに, すらりと, であった, ひらりと, もう溜らなくなった, サッと縁側, スッと, トットットットと, ポケットの, 七合入の, 丸木と, 佐々は, 俊夫君は, 坊さんを, 家政婦は, 床の, 引金を, 手に, 持って, 早くも, 次第になるべく仕込まれ, 次第に風呂場, 次第の, 清子の, 相手を, 紀久子の, 腰の, 逃げるよう, 通りに, 顏は, 鼻は

▼ 言うまま~ (36, 0.2%)

7 になっ 4 になる

1 [25件] にする, にその, になった, になろう, にベル, に乳母, に二人, に任せる, に何, に右, に女, に待っ, に手錠, に捨て置き, に暫時そこ, に渡し, に舟, に良い, に花弁, に認めた, に踊っ, に青年, に黙々と, を勇者, 挽き出

▼ 言う~ (35, 0.2%)

2 ではない, の言葉

1 [31件] がいなくなった, が人間, が塩田カジョー, が彼自身, じゃ, じゃな, だ, だから, だったが, であった, であつ, である, ですが, で軽い, と組ん, のよう, の根本, の様子, の表情, はいつた, は二人, は何ん, は加奈子さん, は既に少し, は殺し, は気ちがい, は私, は銃, も, もあれ, を愛した

▼ 言うばかり~ (32, 0.2%)

2 でした, で何

1 [28件] だ, だが, ちっともわけ, で, でご, ですが, でその, でちっとも, でなくお, でなくこの, でなく他, でなく同じ, でなく近く自分, では, でろくに, で何時, で家, で家橘, で手, で決して, ない品, ない嫌悪, なき不快, なき苦悶, なく浅まし, なく艶, なれども, 無し

▼ 言うやつ~ (31, 0.2%)

4 がある, もある 2 だと, でね

1 [19件] がありました, が有る, じゃ, じゃと失望, だが, だよ, だらず, です, で非常, なん, に, には決闘, はあの, はありません, はど, は一つおまけ, は怖, は月収一万元, もそいつ

▼ 言うとき~ (30, 0.2%)

2 はその

1 [28件] がある, たちまち野猪, だけはいっ, だけはおとなしく, な, なはれ, にあの, にこう, にはその, にはたいそう, には少く, に真っ先, の, はあんまり, はいかなる, はいくら, はおごそか, はき, はつまり, はもはや, は世の中, は人望, は口, は汝ら幸福, は私, は言う, もうまるで夢中, 何だかほんとう

▼ 言う~ (30, 0.2%)

3 がいい 2 が適当

1 [25件] あ向う, があれ, がい, がおそらく, がふさわしい, がより, が当たっ, が悪い, が早い, が正しい, が正直, が無理, が近い, が間違っ, でした, では, で御座いましょう, で母君, とまだ, の質, はもう, はフランス, は外科, もある, を呼出し

▼ 言う~ (29, 0.2%)

2 雪の

1 [27件] かめと, せいさんは, 仲の, 侍が, 兼婆さんの, 利口な, 名は, 名前, 島, 常も, 手紙な, 気の毒な, 百姓さんも, 社です, 種の, 紋は, 絹の, 考な, 苦しそう, 言葉でございました, 言葉を, 銀に, 銀には, 銀様です, 隅の, 雪は, 静の

▼ 言う~ (29, 0.2%)

1 [29件] であった, では織れる, でも無い, に, にいちはやく, にです, にね, には, に一致, に伝え, に僕, に別々, に割, に動いた, に改, に書く, に横, に物, に特に, に続く, に考へられ, に薄笑い, に見じ, に象徴派, に貯, の考え方, の表現, は無し, を守っ

▼ 言うては~ (28, 0.2%)

4 うそに 2 ならぬと

1 [22件] いけないと, いけない言葉, お弄りなさる, くれなかつた, こず母, ならぬという, なりませぬ, みても, ゐぬ, ゐるが, 不適当, 人を, 元手要らず, 居ない, 居られは, 悪うご, 来ても, 泣いて, 皆, 相成らんぞ, 眞實とは, 菅の

▼ 言う~ (28, 0.2%)

1 [28件] から袖裾, がありまさ, じゃが, じゃが今, だよ, で, です, で誰, による, に由, の験, はいずれ, は敢, へお, へしとやか, へ一層, へ以前, へ月, まで進んだ, まで高潮, もあろう, も見, を確めよう, を立直っ, を聞, を蛙ども, 一応の, 善し

▼ 言うとも~ (27, 0.1%)

5 なくこう, なく言った 2 なく

1 [15件] いう, ない標語, なくいつ, なくつぶやいた, なくほのか, なく呟いた, なく彼, なく残月, なく池上, なく独り言, なしに, 小供, 思えなかった, 悲劇が, 言おうと

▼ 言うなりに~ (27, 0.1%)

10 なって

1 [17件] こめかみの, なった, なった公方, なってるわけ, なつて, なり方, なるばかりか, なるよう, なろうと, 寝床へ, 従順に, 思い諦めたらしく受験, 成って, 盃を, 空気銃を, 自由に, 軽く廻します

▼ 言う~ (26, 0.1%)

2 の声, は名, もある

1 [20件] か, がそれ, が感じ, だなあ, だ遺言, であった, であつ, であると, などがたくさん, に対しては当座, に野心, の様子, の異常, の面, は, はどう, は卵巣性, もあった, もその, を無理

▼ 言う~ (26, 0.1%)

32 である

1 [21件] がどの, が落ち, じゃが, だけでしょう, だ一人, であるが, です, ですが, ですぜ, で御座いますが, などもこの, にそういう, にひどく, に似た, の中, は聞いた, もありました, をし, を聞い, を聞いた, を聞きつけた

▼ 言う~ (24, 0.1%)

3 もなかっ

1 [21件] にお, にすらり, には一眼, にも平次, にも額口, に亭主, に兼輔, に几帳, に半, に天, に左, に左右, に底, に文字通り首, に気, は無い, もありません, もありませんでした, も右近, も無い, も無かっ

▼ 言うため~ (23, 0.1%)

1 [23件] か私達, そうした祝い, だったと, では無い, にきた, についに, にはひどく, にはよほど, にひと, にわざわざ, に与えられた, に久我, に出, に強く, に挙げ, に文楽, に正太, に生れ, に費したであろう, に起き上がろう, の計略, の身振り, 立ちかけて

▼ 言うなと~ (23, 0.1%)

2 いうに

1 [21件] 仰ゃる, 制した, 口ど, 口止めする, 口留めを, 叱った野, 命じながら, 堅く口留め, 奴鳴っ, 怒られるか, 怒鳴った, 思いました, 思いましたが, 思ったけれども, 戒めその, 来るん, 無理に, 申すに, 眼で, 言ったに, 言って

▼ 言う~ (23, 0.1%)

5 な事 2 なこと, な女

1 [14件] だが, な冒険, な叫声, な合理論, な屍体, な手法, な直接, にそんな, になっ, になった, に俺, に決して, に浮気, は

▼ 言う~ (22, 0.1%)

3 がした, がする, になつ 2 になつて, もします 1 がしました, がします, がまだ, が微か, が私, など全く, になる, になれなかつた, もする

▼ 言う~ (21, 0.1%)

2 では, なん, には行かなかった

1 [15件] かな, か用事輻輳, じゃア, だ, だがな, であろうか, ですから, ですんで, でカキツバタ, で次第に, なの, にいきません, にもいくまい, は船, を知っ

▼ 言うたび~ (18, 0.1%)

2 に唇, に白い

1 [14件] にいちいち, にお, にどう, にぱくぱく, にメガネ, にユラユラ, に下男, に口, に煙管, に私, に背中, に腰, に首, に黒髪

▼ 言うそう~ (17, 0.1%)

32 だ, だが, ですが, な 1 だね, である, でございますから, です, でね, で削ったよう

▼ 言う~ (17, 0.1%)

2 でも

1 [15件] お互いに, たべるから, では, で二人, にお里, にもこれ, の事, の深い, の物, の面白い, の風情, 何事をも, 偉くない, 春さんは, 有りゃア

▼ 言うその~ (16, 0.1%)

2 獣に

1 [14件] お前の, すべての, なかば信ずる, イエも, 事柄は, 力だって, 声の, 家にかの, 態度は, 教師は, 松島という, 松薪とは, 獣は, 祝いだ

▼ 言う~ (16, 0.1%)

7 否や 1 かく言い, がる, ないか, ひらり体, 何の, 前なる, 女は, 子供は, 殿様は

▼ 言う様子~ (16, 0.1%)

1 [16件] が変, が娘, であったが, で半身, などにあれ, にその, に弱々しい, に死んだ, に源氏, はありません, はいかにも, はやっと, は伊勢, は眼, も美しい, も見せませんでした

▼ 言う~ (16, 0.1%)

1 [16件] じゃない, だ, だとて, に妻, に朝野, のこんな, の一生涯, の結婚, の言葉, の農村, の顔, は労働者, へただ, まで頭, もいくらか, も時に

▼ 言うたか~ (13, 0.1%)

2 といふ, と言 1 てあんた, てええ, てねえ出来る, て和尚さん, て払え, て考えもん, と問う, どうか, も知れません

▼ 言うでも~ (13, 0.1%)

2 ないが

1 [11件] あろうか, なく, なくいきなり, なくそのままぐっと, なくとうとうこんなに, なく何, なく竜, なく言っ, なく謂わ, なしツキアイ, 無え

▼ 言うという~ (13, 0.1%)

2 ことは, 字に 1 ことに, ことらしい, ふうにでも, ものです, んだ, ノヴェルティに対する, 事に, 態度を, 方式だけ

▼ 言うのほか~ (13, 0.1%)

6 はない 3 はなかっ 2 はありません 1 なし, はあるまい

▼ 言う人間~ (13, 0.1%)

1 [13件] がある, が未だ, が飛び出す, です, ではなかっ, のヤワさ, の声, はいつ, はそんな, は何, は變つて, を平次, を知っ

▼ 言う場合~ (13, 0.1%)

1 [13件] がある, が大いに, じゃありません, でない, でないぞ, にはあの, にはその, にはそれ, にはよい, にも笑談, にホント, のごとく, まで自分

▼ 言う権利~ (13, 0.1%)

4 がある 2 がない, はない 1 がなくっ, と義務, はございません, をだれ, を得たがっ

▼ 言う~ (13, 0.1%)

1 [13件] から出, から見, から言え, があったら, がない, だ, です, では, において農民, にかかっ, になる, に至っ, ばかりの一致

▼ 言うあの~ (12, 0.1%)

1 [12件] ヒステリーの, 侍じゃろう, 兵団つまり, 剣相の, 同君一流の, 天狗に, 娘は, 特徴的の, 笑い声が, 蜥蜴の, 術だ, 説な

▼ 言うかの~ (11, 0.1%)

5 ように 4 ようだった 1 ごとく見えた, ようでした

▼ 言う~ (11, 0.1%)

2 お前の 1 あの男, お前は, それでは私, 一と, 不破さんが, 人を, 明日こそ, 腹あ, 花世どのは

▼ 言う~ (11, 0.1%)

2 もある 1 がありました, が京, が立ちました, ですから, もありました, も聞かれた, を兵たち, を撒き散らし, を立たせ

▼ 言う間もなく~ (11, 0.1%)

1 [11件] いずれへか, 一枚引開けました, 小僧の, 少年は, 忍び返しの, 怨讐二つの, 愛する子, 死んで, 車輪に, 長い袖, 闇の

▼ 言う~ (11, 0.1%)

1 [11件] が無い, で地底, に戻っ, をし, をながめ, を今, を情, を斜め, を見, を見れ, を隠し

▼ 言うからには~ (10, 0.1%)

3 何か 1 在留邦人の, 子供の, 定めし相手, 正直に, 火星の, 終戦後に, 遠方行きに

▼ 言うくらい~ (10, 0.1%)

2 だから 1 たまらない者, だで, では, で食うに, なら死んだほう, 形までが, 熱心で, 色黒で

▼ 言うけど~ (10, 0.1%)

2 僕は 1 あたいおじさまが, あなた方に, そんな地位, つくしの, でもお, 株屋が, 男が, 腕も

▼ 言うなよ~ (10, 0.1%)

1 いま死ぬ, おれは, この事, 人聞きが, 八手前の, 本来お雪ちゃんに, 理窟を, 罰当りどもめ, 隊長の, 馬公

▼ 言うほう~ (10, 0.1%)

1 かもしれぬ, がいい, がもっとも, がよい, が好ましい, が適当, だから, でも, の人, はなん

▼ 言う事実~ (10, 0.1%)

1 が判明, そのこと, は先ず, は君, は市内警察, をも忘れる, を存じ, を明確, を確かめ, を認めなかった

▼ 言う以上~ (10, 0.1%)

1 おそらく間違い, には何, の意味, の頓知, は, は事件, は井上流砲術秘巻, は力, は男, 同時にそれ

▼ 言う~ (10, 0.1%)

1 が出, だったの, だと, で片づけ, の我儘, の敵, はつい, は同じ, を得, 儀でも

▼ 言う~ (10, 0.1%)

2 ですが, はありません 1 では, ないわよ, のとこ, のところ, はなかっ, やろ

▼ 言うはず~ (9, 0.0%)

5 はない 1 が無い, だよ, の, の商売

▼ 言うまで~ (9, 0.0%)

21 いりゃいい, そこに, そのままに, である, なの, ぼくは, 私は

▼ 言う~ (9, 0.0%)

1 だった, です, でなくっては, で同, で橋本, で無, で魚, なもん, なん

▼ 言う~ (9, 0.0%)

2 もなかっ 1 がありませんでした, がなかっ, が無い, の強い, もなく, もなくなっ, を失った

▼ 言う源氏~ (9, 0.0%)

1 がなつかしく, がまた, であった, にはまた, のほう, の君, の様子, の美しい, は泣き

▼ 言う考え~ (9, 0.0%)

1 が習慣, が頭, などはちっとも, にとりつかれた, に落ちつく, のどこ, はなかっ, ももう, をも含め

▼ 言うことば~ (8, 0.0%)

1 がありました, がよく, となっ, と共に鉾, も唐突, をすら知りません, を愛した, を聞いた

▼ 言うこの~ (8, 0.0%)

1 くすぐりを, 上つ, 人の, 小男の, 最も完全, 点米友も, 種の, 説理あり

▼ 言うそれ~ (8, 0.0%)

1 ですからね, は, はいい, はその, はなん, は稲葉家, は素晴らしい, は聖心女子院

▼ 言うたり~ (8, 0.0%)

2 して 1 かたらひを, してなあ, するほぐ, する様, 応神天皇を, 武塔天神と

▼ 言うなあ~ (8, 0.0%)

1 お豊さん, こんなん, そんな事, どんな帯, なんだけ, よせ, 名ばかり月給九十円の, 時代だ

▼ 言うのよ~ (8, 0.0%)

1 ああああ煩い, からかって, その女, その筈, もっとも兄さん, わたし昼間だ, 嬢さんあなたの, 狒々がね

▼ 言うひま~ (8, 0.0%)

2 がなかっ 1 にも齒, はない, もない, もなかっ, もなく, をあたえなかった

▼ 言う~ (8, 0.0%)

1 しばらくを, に, になぜ, に伺っ, に必ず, に自分, に自身, に防空壕

▼ 言う平次~ (8, 0.0%)

2 の眼 1 それほどの, の声, の態度, の方, の言葉, の顔

▼ 言う~ (8, 0.0%)

1 の口調, の大胆, の恐ろしい, の苦痛, の言葉, の顔, は子弟, も依然として

▼ 言う彼女~ (8, 0.0%)

1 がその, には市ノ瀬牧人, の告白, の姿, の心づかい, の心根, の話, よりは小首

▼ 言う感じ~ (8, 0.0%)

1 から切り離し, が久子さん, が強かっ, が深い, でそう, のしない, もしました, を持つ

▼ 言う~ (8, 0.0%)

2 のある 1 があった, がある, がつい, に好ん, に自分, は自信

▼ 言う資格~ (8, 0.0%)

2 はない 1 はおろか, は僕, は怪しく, は無い, もなく, も無い

▼ 言う~ (7, 0.0%)

1 えおい三人, そんな甘い, どこへ, やって来たやって来たおい, 多分そこ, 罰が, 見るが

▼ 言うてを~ (7, 0.0%)

1 らるる, られた, られた事, られました, りました, ります, りますけれども

▼ 言うのみ~ (7, 0.0%)

1 けっして強者, であった, であるが, でわたくし, で黄金郷, ならず時として, 翼あり

▼ 言うの外~ (7, 0.0%)

5 なし 1 ならず, はありません

▼ 言うほか~ (7, 0.0%)

1 ない, ないので, なかった, にはわたし, には言句, はありません, はない

▼ 言う~ (7, 0.0%)

31 えぞ, えと, えと思っ, えどっこい

▼ 言う~ (7, 0.0%)

1 がその, にうなづい, の枕もと, の氣持, の満期, の発明, も他人

▼ 言う~ (7, 0.0%)

1 かねお, がいつも, だが, です, の下, へ入る, をふけ

▼ 言う~ (7, 0.0%)

3 はありません 2 はなかっ 1 に表し, はない

▼ 言う~ (7, 0.0%)

2 なの 1 か二十年, か何処, ではありません, ではなく, には行かない

▼ 言うお前~ (6, 0.0%)

21 こそ案山子, の方, の片意地, はいっ

▼ 言うだけに~ (6, 0.0%)

1 かえって創作的うそ, して, 書き方は, 止めて, 気味が悪い, 気持が

▼ 言う~ (6, 0.0%)

1 え, すれど, はござりません, 何とやら, 明かんの, 気の毒な

▼ 言うとこ~ (6, 0.0%)

1 だ, だな, で, で先ず, にゃ彼, へ遊び

▼ 言うとは~ (6, 0.0%)

1 どうしても思われなかった, 凡夫の, 実に乱暴千万, 思ったが, 思われないから, 情ないぞ

▼ 言うにゃ~ (6, 0.0%)

1 あ昨日, およぶ, アよ, 及ぶべき, 当らないよ, 言って

▼ 言うにや~ (6, 0.0%)

4 及ぶ 1 およぶ, 及ぶ大岡

▼ 言う不思議~ (6, 0.0%)

1 では, な再現, な因縁, な姿, な婦, な布団

▼ 言う問題~ (6, 0.0%)

1 じゃ無いだろう, に帰着, は妻, は小, もあった, を解決

▼ 言う恐ろしい~ (6, 0.0%)

1 事であろう, 動揺み, 変装でしょう, 病気に, 科学の, 腕前に

▼ 言う気持~ (6, 0.0%)

1 から, で宇治, になっ, に押し出され, はなかっ, は分かる

▼ 言う理由~ (6, 0.0%)

1 かと繹, か僕, だが, で花田中尉, の一つ, は毛頭ない

▼ 言う自分~ (6, 0.0%)

1 がからきし, がセンエツ, が内心, の湯呑, もさよう, も立った

▼ 言う~ (6, 0.0%)

1 あり能, はなかっ, もある, も知らなかった, を失ッ, を知らない

▼ 言う~ (6, 0.0%)

1 だと, で勇ましく, で表す, と其の, の正しい, はなくし

▼ 言う~ (6, 0.0%)

1 あらばこそ, さえなく, に植木, もありません, も与えず, も手紙

▼ 言うがね~ (5, 0.0%)

1 わしあ, 君は, 帳簿が, 既に危きそこ, 病人が

▼ 言うころ~ (5, 0.0%)

1 がやって来, にはわたしたち, は姉娘, は店座敷, は私たち

▼ 言うだけで~ (5, 0.0%)

1 あとは, 十分です, 満足した, 積極的に, 約三十分

▼ 言うてな~ (5, 0.0%)

2 はるの 1 奧の, 角の, 酒の

▼ 言うとともに~ (5, 0.0%)

1 この子供, 彼は, 恩地喜多八は, 手錬, 火鉢越に

▼ 言うとね~ (5, 0.0%)

1 しまいに泣くだ, それじゃあ, わしは, ヨハンや, 娘も

▼ 言うふう~ (5, 0.0%)

1 な, にする, に手, に書い, に酒宴

▼ 言う人々~ (5, 0.0%)

1 が多く, のひそひそ話, の声, はだんだん, は少し

▼ 言う元気~ (5, 0.0%)

1 がなかっ, さえなかっ, はない, もなくなった, もなくなります

▼ 言う八五郎~ (5, 0.0%)

3 です 1 の言葉, を眼顔

▼ 言う~ (5, 0.0%)

2 にも懐 1 にもう, にも段々, に追って

▼ 言う勇気~ (5, 0.0%)

2 もない 1 がなかっ, がなくなった, もなく

▼ 言う名前~ (5, 0.0%)

1 が私, だけ聞け, であった, でございますか, で呼ばれる

▼ 言う始末~ (5, 0.0%)

1 だった, であった, であるしの, でこれ, なの

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 が出来た, に出, の散, は雨戸, へ入っ

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 で残つて, になる, の降嫁式, をし出した, を採る

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 亭主が, 心善の, 心意気は, 註文だ, 関係でした

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 がよほど, が起っ, と同じ, のなか, の苦しみ

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 から先程, しも中庭, しも取次, は無くなっ, もあった

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 あいと, そんなもの, に一緒, 行ったが, 貰った米

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 が来, が載っ, にかぎっ, になれ, の真昼

▼ 言う~ (5, 0.0%)

3 は無い 1 がある, も無い

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 がいよいよ, の言葉, の話, の顔, を見る

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 が出る, くばせを, に遇っ, の出る, も

▼ 言う積り~ (5, 0.0%)

21 だ, でなかったのに, なん

▼ 言う約束~ (5, 0.0%)

1 じゃない, でがし, で明日, なん, をし

▼ 言う習慣~ (5, 0.0%)

1 がつい, のある, もあった, も女王, を脱し得なかった

▼ 言う若い~ (5, 0.0%)

1 お医者さん, 女房も, 娘の, 浪人者だ, 浪人者とかの

▼ 言う~ (5, 0.0%)

1 であった, の美しい, の言葉, は襖子, を女御

▼ 言うかわり~ (4, 0.0%)

1 にする, にとんま, にみっしり, にアグリッパ

▼ 言うきり~ (4, 0.0%)

1 だった, でよ, で一語, で意味

▼ 言うくせ~ (4, 0.0%)

1 に, にこの, にその, に用事

▼ 言う~ (4, 0.0%)

31 な日中

▼ 言うこれ~ (4, 0.0%)

1 はもちろんそう, も語源, を実行, 粗浅

▼ 言うさえ~ (4, 0.0%)

1 あるに, 恐しい, 現ない, 野暮な

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 印伝の, 君は, 異議なし, 隠し立てを

▼ 言うだけでも~ (4, 0.0%)

1 お冬さん, その詩的, 末が, 田舎に

▼ 言うちゃ~ (4, 0.0%)

2 なんや 1 わるいが, 何や

▼ 言うどころ~ (4, 0.0%)

2 では 1 でなくむしろ, の様子

▼ 言うない~ (4, 0.0%)

1 仏頂寺は, 僕アはじめから, 富樫に, 小僧っ子の

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 いつたい純潔, がいを, 私お前に, 私が

▼ 言うひと~ (4, 0.0%)

1 だ, だと, もあり, もありました

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 にあっけなく, にあふれあふれ, につむじかぜ, に爺さん

▼ 言う一節~ (4, 0.0%)

2 だった 1 を含ん, を残し

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 からあちら, からガラッ, から平次, に

▼ 言う代り~ (4, 0.0%)

21 に中心, に隊長

▼ 言う女房~ (4, 0.0%)

1 があった, は少し, は皆, もある

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 がない, のあった, は, や発音

▼ 言う態度~ (4, 0.0%)

1 が如何にも, のそれ, の薄っぺらさ, までも冷淡

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 この林, はこれ族姓, は竜, 常に客

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 とこれ, の中, を出した, を読ん

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 があっ, に着こう, は出とりません, もある

▼ 言う機会~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, が生ずる, はあるいは, を作りたく

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 がある, である, は正しい, を立てた

▼ 言う調子~ (4, 0.0%)

1 でその, でヌケ, で語り, はまだ

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 見だお前, 見だから, 見だろうが, 見を

▼ 言う~ (4, 0.0%)

1 がしました, が近くなり, が風, に目

▼ 言うお話~ (3, 0.0%)

1 でした, ですの, で一度よく

▼ 言うかなあ~ (3, 0.0%)

1 どうにもたまげちゃっ, なんか, 日本で

▼ 言うからは~ (3, 0.0%)

1 委せて, 水の, 相当の

▼ 言うくらいの~ (3, 0.0%)

1 ことから, ものだ, ものです

▼ 言うぐらい~ (3, 0.0%)

1 だから, であります, 日本革新の

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 え, はいで彼女, 答えを

▼ 言うことそれ~ (3, 0.0%)

2 は芝居 1 がマリユス

▼ 言うしね~ (3, 0.0%)

1 こうなれ, まあ此処, 実は以前

▼ 言うたより~ (3, 0.0%)

1 が来る, に接した, 無さ

▼ 言うだけは~ (3, 0.0%)

2 言わせて 1 聞いて

▼ 言うって~ (3, 0.0%)

1 とがめられたけど, どんなこと, のは

▼ 言うつまり~ (3, 0.0%)

1 は, 研究の, 言えば

▼ 言うなという~ (3, 0.0%)

1 ような, 表情が, 謎でしょう

▼ 言うなんて~ (3, 0.0%)

1 まるでだめ, 友さんらしく, 飛んでも

▼ 言う~ (3, 0.0%)

3 けんや

▼ 言うまでに~ (3, 0.0%)

1 ざっとこの, なりました, 答えが

▼ 言うまでは~ (3, 0.0%)

1 せがみ通しました, 僕達どちらにも, 勇気ありし

▼ 言うやら~ (3, 0.0%)

1 さっぱり判らず, さっぱり要領, 呻くやら

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 いいえあなた, けっしてあなた, ッ

▼ 言う一人~ (3, 0.0%)

1 が昨晩, の浪人者, は無関係

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 には特色, にも明さん, に胸

▼ 言う二人~ (3, 0.0%)

1 の上, の人, の間

▼ 言う今日~ (3, 0.0%)

1 になっ, は今日, は場の

▼ 言う仕事~ (3, 0.0%)

1 です, もない, を見

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 だ, でありますが, は雨

▼ 言う~ (3, 0.0%)

2 をした 1 という言葉遣い

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 のよう, の事柄, の文句

▼ 言う先生~ (3, 0.0%)

1 だと, はない, を前

▼ 言う可ら~ (3, 0.0%)

1 ず人, ず社会, ず筆以

▼ 言う君子~ (3, 0.0%)

1 にもせよ, の一人, よりもこう

▼ 言う場面~ (3, 0.0%)

1 がある, に邂逅, は一つ

▼ 言う女王~ (3, 0.0%)

1 があくまでも, であった, の顔

▼ 言う如く~ (3, 0.0%)

21 に自ら

▼ 言う婦人~ (3, 0.0%)

1 が, の心得, もいつの間にか

▼ 言う~ (3, 0.0%)

2 だね 1 だと

▼ 言う岸本~ (3, 0.0%)

1 の側, の方, の胸

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 があるかっ, は無い, も有るだろう

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 には書, の人, の秋

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, のない, もなく

▼ 言う母親~ (3, 0.0%)

1 などからそんな, の心, の目

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 じゃない, ではなかっ, はねえ

▼ 言う美しい~ (3, 0.0%)

1 お心, 比露子夫人と, 証人とは

▼ 言う~ (3, 0.0%)

1 さえ持っ, の底, をきめた

▼ 言う証拠~ (3, 0.0%)

1 が有る, はどこ, を提出

▼ 言う通りそれ~ (3, 0.0%)

1 が中間ひとり, は可愛い, を預かる

▼ 言う連中~ (3, 0.0%)

1 の中, はいつも, も必要

▼ 言う野郎~ (3, 0.0%)

1 の総領, はインチキ野郎, は偉う

▼ 言うあなた~ (2, 0.0%)

1 ならどんな, は

▼ 言ういわゆる~ (2, 0.0%)

1 南インドの, 黄金時代であった

▼ 言うおのれ~ (2, 0.0%)

1 こそ逃ぐる, の女房

▼ 言うおり~ (2, 0.0%)

1 があるであるう, もあろう

▼ 言うおれ~ (2, 0.0%)

1 でさえただ, と

▼ 言うお方~ (2, 0.0%)

1 だな, は昔

▼ 言うかという~ (2, 0.0%)

1 ことを, 心持が

▼ 言うからこそ~ (2, 0.0%)

1 人間に, 嫁に

▼ 言うからね~ (2, 0.0%)

1 今晩は, 苦いと

▼ 言うかを~ (2, 0.0%)

1 源氏は, 聞きたいもの

▼ 言うがまでも~ (2, 0.0%)

1 ない, ないが

▼ 言うげっ~ (2, 0.0%)

1 ともやはり, とも俺

▼ 言うこいつ~ (2, 0.0%)

1 は伊勢参り, も洛北岩倉村

▼ 言うこッ~ (2, 0.0%)

1 た, たから

▼ 言うすこし~ (2, 0.0%)

1 命令の, 甘ったるいくらい

▼ 言うすべ~ (2, 0.0%)

1 もない, を知らない

▼ 言うそば~ (2, 0.0%)

1 からそれ, からまた

▼ 言うぞと~ (2, 0.0%)

1 妹の, 笑われるか

▼ 言うたこ~ (2, 0.0%)

1 とも略推定, とも神

▼ 言うたって~ (2, 0.0%)

1 くれと, しかたが

▼ 言うたらしく~ (2, 0.0%)

1 ちは, 江戸では

▼ 言うついで~ (2, 0.0%)

1 にこの, に附記

▼ 言うてからに~ (2, 0.0%)

1 うまいこと相手, 金助はんに

▼ 言うとな~ (2, 0.0%)

1 大概生意気な, 猿めが

▼ 言うとなあ~ (2, 0.0%)

1 おれは, この仕事

▼ 言うどころか~ (2, 0.0%)

1 やたらに, 声が

▼ 言うなかれ~ (2, 0.0%)

1 じゃ, と蛇足

▼ 言うねえ~ (2, 0.0%)

1 人に, 看護婦さんたちは

▼ 言うのよせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 言うほどじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないが, ないけれど

▼ 言うほどに~ (2, 0.0%)

1 また幻, 心に

▼ 言うまでもねえ~ (2, 0.0%)

1 郵便局の, 金三郎という

▼ 言うやいなや~ (2, 0.0%)

1 与次郎は, 広間の

▼ 言うやはり~ (2, 0.0%)

1 淋しい部落, 赤煉瓦の

▼ 言うよりか~ (2, 0.0%)

1 どれ程, 寧ろその

▼ 言うわたし~ (2, 0.0%)

1 の性格, の知っ

▼ 言うんだい~ (2, 0.0%)

1 この夜中, そりゃ銭金ずく

▼ 言うんでも~ (2, 0.0%)

1 ソッポを, 無いらしい

▼ 言う上等~ (2, 0.0%)

1 のバター, のライスカレエ

▼ 言う中年~ (2, 0.0%)

1 の寫眞師, の武家

▼ 言う予定~ (2, 0.0%)

1 であるから, でいる

▼ 言う事件~ (2, 0.0%)

1 すれ違った機, を考え浮べず

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 でもおれ, より蛇

▼ 言う代わり~ (2, 0.0%)

1 に乙丙, に植物

▼ 言う以外~ (2, 0.0%)

1 に格別, に法

▼ 言う仲間~ (2, 0.0%)

1 の一人, を大いに

▼ 言う使い~ (2, 0.0%)

1 が北口, だ

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 でも黒田五十五万石, なん

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, は銃

▼ 言う個人~ (2, 0.0%)

1 の生死, や団体

▼ 言う優越~ (2, 0.0%)

2 だった

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 の心, を前

▼ 言う具合~ (2, 0.0%)

1 じゃ一時, になっ

▼ 言う冗談~ (2, 0.0%)

1 に困っ, の下

▼ 言う~ (2, 0.0%)

2

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 三郎の, 百姓の

▼ 言う反省~ (2, 0.0%)

1 などは持つ, に対しては僕ぁ人間

▼ 言う口調~ (2, 0.0%)

1 である, を洩らす

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 こそいんちき, は誰

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 が少し, のよう

▼ 言う報告~ (2, 0.0%)

1 が来た, ですから

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 のよう, の中

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 それた罪, 慈悲心を

▼ 言う大きな~ (2, 0.0%)

1 声が, 女部屋の

▼ 言う大将~ (2, 0.0%)

1 には実際, の様子

▼ 言う大臣~ (2, 0.0%)

1 であった, に悲しい

▼ 言う女中~ (2, 0.0%)

1 の声, は小石川

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 のキス, の恋人

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 はふし, 実は家

▼ 言う姉妹~ (2, 0.0%)

1 よ我等, よ汝

▼ 言う婆さん~ (2, 0.0%)

1 の足腰, を拝み倒し

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 の機嫌, の眼

▼ 言う子供~ (2, 0.0%)

1 だけれど, の馬鹿

▼ 言う学校~ (2, 0.0%)

1 の授業, も一つ

▼ 言う学者~ (2, 0.0%)

1 の説明, や思想家

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 のお, の御

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 事件も, 農夫この

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 の見える, はありませんでした

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 でもなく, も三つ

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 に何処, を越し

▼ 言う形式~ (2, 0.0%)

1 ということ, の方面

▼ 言う復讐~ (2, 0.0%)

1 をする, を憎んだ

▼ 言う心持~ (2, 0.0%)

1 である, でしょう

▼ 言う心算~ (2, 0.0%)

1 だったの, なの

▼ 言う思い~ (2, 0.0%)

1 なはん, もよらぬ

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 の遊戯, は世

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 のかおり, は白

▼ 言う愛子~ (2, 0.0%)

1 と一緒, はあまりに

▼ 言う技術~ (2, 0.0%)

1 と法律学, を持っ

▼ 言う拙者~ (2, 0.0%)

1 は兄, を作阿弥

▼ 言う推定~ (2, 0.0%)

1 に達する, を思い出し

▼ 言う故おれ~ (2, 0.0%)

1 が源兵衛, はただ

▼ 言う文句~ (2, 0.0%)

1 から始まっ, じゃない

▼ 言う新しい~ (2, 0.0%)

1 劇団の, 運転手さんが

▼ 言う映画~ (2, 0.0%)

1 だからと, の筋

▼ 言う時代~ (2, 0.0%)

1 です, ほど不幸

▼ 言う更に~ (2, 0.0%)

1 積極的であり, 論ずるに

▼ 言う最後~ (2, 0.0%)

1 のドタン場, の女

▼ 言う機械~ (2, 0.0%)

1 があり, だと

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 に妙, に武太さん

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 の出端, の色

▼ 言う~ (2, 0.0%)

2 の喜び

▼ 言う注文~ (2, 0.0%)

1 じゃから, で御座いましたそう

▼ 言う消極的~ (2, 0.0%)

1 な手掛, な考え

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 に度たび信輔, に此機会

▼ 言う為め~ (2, 0.0%)

2 に学問

▼ 言う理窟~ (2, 0.0%)

1 はあるまい, もあらん

▼ 言う生徒~ (2, 0.0%)

1 だりた, はたいてい

▼ 言う甲斐~ (2, 0.0%)

1 なく思う, のない

▼ 言う男の子~ (2, 0.0%)

1 がある, の掌

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 でとる, を見た

▼ 言う相手~ (2, 0.0%)

1 がない, に向けられ

▼ 言う真意~ (2, 0.0%)

1 が判らなかった, が呑込み

▼ 言う社会~ (2, 0.0%)

1 はなる, は征服

▼ 言う種類~ (2, 0.0%)

1 の噂, の犬

▼ 言う空想~ (2, 0.0%)

1 の拠り所, を楯

▼ 言う立派~ (2, 0.0%)

1 な, な娘さん

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 一の, 二の

▼ 言う素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 情熱の, 浴場が

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 婦人や, 祖母さんを

▼ 言う老人~ (2, 0.0%)

1 だと, の顔

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 が圓陣, が天井

▼ 言う自然~ (2, 0.0%)

1 の美し, は普通

▼ 言う自覚~ (2, 0.0%)

1 がたりない, がどうしても

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 のセーラー, は今何処

▼ 言う良人~ (2, 0.0%)

1 は無理, を夫人

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 だのはるか, でござんすか

▼ 言う苗字~ (2, 0.0%)

1 で名, の家

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 だろう, なん

▼ 言う表題~ (2, 0.0%)

1 が胸, だったと

▼ 言う要は~ (2, 0.0%)

2 ただそれだけ

▼ 言う親爺~ (2, 0.0%)

1 ですからね, は小僧

▼ 言う言葉つき~ (2, 0.0%)

1 がなんとなく, にちょい

▼ 言う記事~ (2, 0.0%)

1 が載っ, をも掲げ

▼ 言う評判~ (2, 0.0%)

1 であった, で御座いました

▼ 言う諢名~ (2, 0.0%)

1 のある, をつけ

▼ 言う~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 はありました, は無かっ

▼ 言う途方~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 言う通りおれ~ (2, 0.0%)

1 は之, も侍

▼ 言う通り今~ (2, 0.0%)

1 がお互い, になっ

▼ 言う通り今夜~ (2, 0.0%)

1 この二人, は月

▼ 言う通り土地~ (2, 0.0%)

1 では屈指, の人

▼ 言う通り詩~ (2, 0.0%)

1 には音律, は本来感情

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 を揺られ, を通っ

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 沙の, 過ぎる歌

▼ 言う長い~ (2, 0.0%)

1 歴史が, 歴史を

▼ 言う限り~ (2, 0.0%)

1 に於, は男

▼ 言う雪線~ (2, 0.0%)

1 がなく, もしくは恒雪線

▼ 言う~ (2, 0.0%)

1 から言っ, と同じ

▼ 言う頭脳~ (2, 0.0%)

2 の持ち主

▼ 言う頼み~ (2, 0.0%)

1 でしょう, ですよ

▼ 言う風習~ (2, 0.0%)

1 があった, が稀

▼1* [1285件]

言うあいだにも遠ざかる, 言うあだ名ある, 言うありがたいお話でした, 言うあれね, 言うあんたはおれ, 言ういい伝えばかりが, 言ういけ好かない爺っ, 言ういずれ堕落し, 言ういつどこで拙者, 言ういやーな笑い声, 言ういよいよ他の, 言ういろいろな意味, 言ううち婦人は火鉢, 言ううち徳二郎の小舟, 言ううら悲しい心持ちに, 言ううわごとを, 言うおかしな悪口を, 言うおっとりした声, 言うおばさんがなおぶっ, 言うおまんは, 言うおもしろい男愛子は, 言うおやじの顔, 言うおよそこの事, 言うお初の色気, 言うお前さんは真, 言うお前自身がなん, 言うお嬢様だろう, 言うお客には帰っ, 言うお尋ねにつけ, 言うお巡りのことば, 言うお母さんは別人, 言うお父さんの言葉, 言うお話しを聞くでございます, 言うお雪ちゃんの言葉, 言うかいニセモノを, 言うかく慌しい折, 言うかくして該民衆は, 言うかたもあろう, 言うかつて牧羊夫が, 言うかなと思うと, 言うかなんぞは全く耳, 言うからさ申し出たら殴られてね, 言うからと親子し, 言うからもおかしいと, 言うがいよ, 言うがっしりした湯, 言うがな肥前さんの, 言うがなあもうお前, 言うがにまさるいや, 言うがほどのことは, 言うがんまりしたその, 言うが迄もない事, 言うきのうの発句, 言うきみこそだれ, 言うきり会釈代りの笑顔, 言うくらいがせいぜいであった, 言うぐらいが関の山だろう, 言うぐらいの事だ, 言うけたたましい喊声が, 言うけれどもなア, 言うはこれ, 言うここの女主, 言うこころは人生唯一, 言うことうそじゃあない, 言うことなんでもし, 言うことみんな素晴らしいみんな聡明, 言うこともちッとは聴く, 言うことわけがわからない, 言うことマジメにきい, 言うこと一から十, 言うこと二十分ないし三十分, 言うこと以外になん, 言うこと位現在やさしいこと, 言うこと何だって聞い, 言うこと作家の人間的, 言うこと信仰し給えあれ, 言うこと信用せんと, 言うこと全部を支持, 言うこと勿れ, 言うこと変なん, 言うこと私の為す, 言うころ客は今, 言うごとにでもしねえ, 言うさかいそんなら, 言うさても困った, 言うしかし実際あの, 言うしたがって支那日本に, 言うしっかり者みたいな, 言うしろものに, 言うじゃあないか, 言うれつからしも, 言うすなわち艶は, 言うすべて本質を伴わざる, 言うすべて空なり, 言うなたの, 言うそうして断末魔よりも, 言うそしてどんな女, 言うその間に左膳, 言うそれから毎朝毎朝船へ, 言うそれならあなたの, 言うそれにしてもお前を, 言うそんな慈善や, 言うぞいの, 言うたいの頭, 言うたかげであるが, 言うたかテどこを探したら, 言うたぐいであったろうと, 言うただ真を, 言うたちゅうまるで落し話, 言うたのしい暮しが, 言うたびごとに男, 言うたび口から蛙, 言うたらしいのである, 言うたんで出, 言うたんびに横, 言うだいフフ男なんざ, 言うだけかアハハハハ, 言うだけから言つても, 言うだけが野暮に, 言うだけじゃないか, 言うだけじゃァ解らないが, 言うだてば, 言うだにおかしな事がら, 言うちっと切なそう, 言うちょりますか, 言うつまり自分の親分, 言うてかまして, 言うての還して, 言うてもな殿殿たちには, 言うてもよかつた, 言うてやないか, 言うてよつたん, 言うといった工合に, 言うとおり二つの愛称, 言うとおり今夜海へ出る, 言うとおり僕は他, 言うとおり剣を抜い, 言うとおり商売がねえ, 言うとおり外国で書かれた, 言うとおり妹は地方官級, 言うとおり寇家へ知らした, 言うとおり弥生は気づかれぬ, 言うとおり暴力が持ち出され, 言うとおり真実なるもの, 言うとおり眼を閉じた, 言うとおり聖人君子でないわれわれ凡人, 言うとおり財産のない, 言うときそのものがこの, 言うときそれを傍, 言うときわたくしの親しみ, 言うとき何を本来意味, 言うとき兄さんに申訳, 言うとき口を曲げる, 言うとき悟空はそれ, 言うところすべて理論以前の屁理屈, 言うところ一般の人, 言うところ区々ではある, 言うところ誠実なれば, 言うとしか三吉には, 言うとたん貝の火, 言うとってだっしゃないか, 言うとて熟兎, 言うとても浮気者で, 言うとでも思ったの, 言うとへい二ぜん分, 言うどこの者, 言うどの島も, 言うなあと思ったらベル, 言うなかなかやかましい代物, 言うなさけ無い幽靈みたい, 言うなって云うん, 言うなとは申さん, 言うなとばかり手で, 言うなどやっぱり出来なかった, 言うなどと聞くと, 言うなにか伝説の, 言うなりにはなるがね, 言うなりにも成って, 言うなんらの権利, 言うにこそへつらいが, 言うにさえ声の, 言うにぞ老人の, 言うにつれおきみ, 言うにもほどがある, 言うにゃのおとよ, 言うねも一度言っ, 言うのあなたの画, 言うのうと杯を, 言うのお前たちが大きく, 言うのきれいだった, 言うのこれんばっち, 言うのでと言われて, 言うのみじゃない, 言うのわたしきまりが悪い, 言うのアうすみ, 言うのウアンナコトウまアエロ, 言うの勘弁して, 言うの未然形に接續, 言うの理あらんや, 言うの男優連だつて, 言うの直截なるに, 言うの自由は有, 言うの要なかるべし, 言うの言葉なり, 言うはなしでした, 言うはめになる, 言うかりない大, 言うばかりか俊亮を, 言うひそひそ相談, 言うひどい音が, 言うふき方をする, 言うべなはむ, 言うほうびだと, 言うほどにも悲観的に, 言うほどは駄目だった, 言うほどもないフクコ, 言うほのかな恋心, 言うほのぼのとした, 言うまだ三十に, 言うまでじゃないか, 言うまでのことな, 言うみたいに私, 言うみつもその, 言うむかし武士の話, 言うむりをむりと聞かないよう, 言うもし我に, 言うもしたしかに物体が, 言うもなぁ食慾を, 言うもなあ学者だ, 言うものそれが自分, 言うものサ何と及ばぬ, 言うもの俺あへえ三百六十五日, 言うもの全体が持っ, 言うもの好き嫌いはある, 言うもの自分がヤアギチ大佐, 言うもの観世物に売れ, 言うもの議論が容易, 言うもの附着いたの, 言うもんじゃ無くってよ, 言うゆえんである, 言うよりかも寧ろ一つ, 言うよりはけだもの, 言うわしをここ, 言うわたくしの性質, 言うわね見せ物, 言うんだい鰡八がどう, 言うアイサツはある, 言うアイロンの粗雑, 言うアテもない, 言うアラビア数字に教員室中, 言うエキソルディアムはおそらくもう少し, 言うエジプトのピラミッド, 言うエチオピアの長生人アトス山, 言うオカシナ事を僕, 言うカヨでは, 言うガラッ八の, 言うキマリのもの, 言うギャラリーを開いた, 言うギャングみたいな一黨, 言うクジスタンの馬獅, 言うクセを持っ, 言うケッペキさを一貫, 言うケティはもう, 言うコンタンらしいの, 言うサーちゃんと小柳雅子, 言うシタタカ女に迷い込みまし, 言うシロウト寫眞家の, 言うジャッカルの王, 言うジャンクタンはなん, 言うスイトンのよう, 言うスペイン人かと聞く, 言うセトにたかが, 言うセルカークの目, 言うチョビ安を無視, 言うツモリではありません, 言うけれども夫, 言うテンヤワンヤだけであった, 言うデカダンスやと思っ, 言うデマ政治家の類, 言うデモの時, 言うデモクラシーは我国体, 言うトロミエスいつびっくり, 言うナイわれらの研究, 言うナイ吾等の研究, 言うニルカンス鳥は女神シタージ, 言うニルヴァーナというの, 言うネーを揶揄, 言うノウトルダムの妖怪, 言うノガイ人は馬, 言うハイかしこまりましたとは, 言うハガキが黒田さん, 言うヒケメもある, 言うヒメの本当, 言うビスマルク主義はむしろ, 言うフランスの同胞たち, 言うベルリオーズであった, 言うホールとは銀座何丁目, 言うミジメな悲しい, 言うミスチックなパンティスチック, 言うモミを, 言うヤマハゼをその, 言うラミーとは同属, 言うルールシーヌ街へ連れ, 言うじゃない, 言うヴォヤビュラリーをのみ陳列, 言う一事は, 言う一句から荒々しい, 言う一声をきく, 言う一行に始まっ, 言う一部の人たち, 言う丁度好い調子, 言う七十万ポンドけえ, 言う万七を追い立てる, 言うけで扱い, 言う三人の兄弟, 言う三年は芳, 言う三年前の婚礼, 言う三田は威勢, 言う三百両のお宝, 言う三題噺を逆, 言う上さんの声, 言う上下の身分, 言う上原さんの声, 言う不可思議な気味, 言う不埒な奴, 言う不愉快な人間, 言う不逞な言葉, 言う不運で有りましょう, 言う与次郎が疑われる, 言う世事に与った, 言う世間の噂, 言う世間智の代表的所有者, 言う中国名すなわち漢名, 言う中婆さんで御座いますが, 言う中間人物なら自分, 言う丸い帽子の, 言う丸ぽちゃの妓, 言う主人の少女, 言う主張が現れる, 言う久美子夫人の話, 言う久能谷の庵室, 言う乗合のお客さん, 言う乞食よりも賢明, 言う乳母などもあった, 言う了簡を考える, 言うは今, 言う事なす事にそろそろ, 言う事ア夫れッ切り, 言う事全体の中, 言う二つの岐路, 言う二十七八の房州女, 言う二十八歳の独身店員, 言う二品を一見, 言う二夫云々は有夫, 言う二様の立場, 言う二重に輪, 言う五十男葛西から婿, 言う亭主の声, 言う人垣を押しわけ, 言う人民戦線なぞと言う, 言う人種とは素性, 言う人絶対に非難, 言う人貰い泣きしたん, 言う人道学なるもの, 言う人達だろう, 言うではござらぬ, 言う今年の関所, 言う今度は洋服屋, 言う今村先生のお, 言う仏人の女, 言う仏蘭西の作家, 言う仕様のない, 言うの標準, 言う他宗の信徒, 言う仙妃の詞, 言う代議士を知っ, 言う令嬢の顔つき, 言う以上こちらはどうしても, 言う以上僕にも多かれ少なかれ, 言う以前は禊ぎの料, 言う伝えが吉野, 言う伝吉は腥い, 言う伝説を信ずる, 言う伯父の病態, 言う伯父自身の自筆, 言う何となれば, 言う何とか云う男, 言う何ゆえに用事, 言う何時我起きいでん, 言うの儀, 言う余裕が出, 言う作品を創る, 言う作家の作品全部, 言う作家所生の言葉, 言う価値もなく, 言う便りまで有, 言う便利この上, 言う保証をよこせ, 言う信念の上, 言う信輔は当然又, 言う修業上の心境, 言う修養をし, 言う修験者はこれ, 言う俳優もその, 言う借りものの小説, 言う借金ほど怖い, 言うから笑っ, 言う傾向がはっきり, 言う働きはない, 言うに従える, 言う兇行の有様, 言うの病気, 言う先程のあの, 言う光景を見た, 言うがあります, 言う全く一度も, 言う全体としての事実, 言う共同風呂がある, 言う共産黨の女, 言う兵長だ, 言う其仕の字, 言う其原因は様々, 言う其寡黙も次第に, 言う其従順は化し, 言う其流れについて下っ, 言う其言葉の中, 言う冷たさでしょう, 言う凄まじいどよめきが, 言う処大にわが, 言う出家の話, 言うです, 言う刃音が同時に, 言うには差支えない, 言う分子が余計, 言うの世界, 言う別嬪以前で申せ, 言う別種な関係, 言う前口上があっ, 言う前日だった, 言う頭目を, 言う割烹の御, 言う劇場に至る, 言う加減か私, 言う労働者もある, 言う効果は誇張, 言う勇ましい懸声, 言う動作をくり返し, 言う動物であること, 言う勘弁して, 言う勝手な奴, 言う勿体ない事であろう, 言う匂いがこの, 言う區別はない, 言う十九歳の一人娘, 言う十二月の月, 言う十六七の戦災孤児, 言う千代之助, 言う千坂家の老, 言う午前三時ごろだった, 言う半分で大抵話, 言う半蔵の周囲, 言う半襟ばかり選りだし, 言う卑しい風でしょう, 言う厳重な警戒振り, 言う六の, 言う友だちや, 言う友人もあった, 言う反橋の石, 言う叙事詩とは詩, 言う口ぶりでいった, 言う口上です, 言う口付きが覚束, 言う口元が歴々, 言う口実で人橋, 言う口惜しいが頼もしい, 言う口振りが変, 言う古い豪族の, 言う古老もあり, 言う古語で表現, 言うがある, 言う叫びがやや, 言う叫び声と同時に, 言う右近の心, 言う吉里の頬, 言う名人の描いた, 言う名玉というの, 言う名義を与えた, 言う告白だ, 言う呑気な声, 言う呼吸も引かず, 言うのお, 言う和やかな母, 言う哀れな恋人, 言う哄笑が爆発, 言う商人いわく汝ら竜の性卒暴, 言う商売もやり切れない, 言うを発した, 言う善哉この言, 言うこびだけ, 言う喫茶部になっ, 言う嘉六の言葉, 言うほど怖い, 言う囁きが起った, 言う囚徒の経験, 言う因果な通り合せ, 言う因縁でございまして, 言う困難をどうにかこう, 言うを想像, 言う固い口ぶりで, 言うはドコ, 言う国家的自由とにより, 言う国王叡感斜めならず即時彼, 言う国語の系統, 言う土佐案なるもの, 言う土地の唄, 言うをたずねたら, 言う地所の譲り渡し, 言う地点にその, 言う地獄だお前, 言う地響に似た, 言う坊主ではありません, 言う坊様だと, 言う坑夫の情婦, 言う報せを聞いた, 言うから離れた, 言う場処は残り, 言う場合それはただ, 言う場合此小説の書き方, 言う場所なん, 言う塚本老人の真意, 言うの声, 言う壮士肌で稀, 言う壮年勇蔵には無二, 言う声いずれもひそか, 言う声音であったが, 言う変りようでしょう, 言う変化は文章, 言う夕霧を見, 言う外国の, 言う外言いようがない, 言う外貌を持っ, 言う多勢に無勢, 言う多吉夫婦と共に明治八年, 言う大きい情熱家の, 言う大切なお嬢さん, 言う大勢の姉様, 言う大友少年のさけび, 言う大変な機械, 言う大寺にまだ, 言う大工が一人, 言う大師まさに知るべし, 言う大徳我の相, 言う大槻はいい, 言う大物だ, 言う大目付からの御, 言う大納言であった, 言う大食いとは違う, 言う天が下に新しき, 言う天下大いに乱れ, 言う天蓋も広く, 言う太い声, 言う太夫じゃ, 言うの命令, 言う夫婦だこれ, 言う失敗があった, 言う失礼な方, 言う奇談あり, 言う奇蹟の時代, 言う女どものふるまい, 言う女傑である, 言う女子に経済, 言う女房らからも怪しい, 言う女文字です, 言う女連なぞが有った, 言う奴あちらへ参っ, 言う如く士は今日階級, 言う如来の前, 言うな言い廻し, 言う妙技を演じ得る, 言うの為, 言う妻覓ぎ人が, 言うの側, 言う姉さんが味方, 言う姉君であるから, 言う姦婦とは多く, 言う姫君の言葉, 言う姿はない, 言うは何, 言う娘さんの方, 言うはあるまい, 言う嫉妬の心云々, 言う子供三の顔, 言う子供声高やかに, 言う字句が彼, 言う学問である, 言う学士と連立っ, 言う学生服を着た, 言う孫三郎の顔, 言う安全第一, 言う安易な作物, 言う宗教心を衝激, 言う官兵の隊長, 言う官吏揚りです彼処, 言う定めであった, 言う宛名を認め, 言う実に薄っぺらな, 言う実感があった, 言う宮廷に伝わる, 言う家々では実例, 言う家畜という有様, 言う宿の若, 言う宿屋の高, 言う寄宿舎を見たい, 言う寄生虫のため, 言う富豪の塀外, 言う将軍も出, 言う小さい杵で, 言う小さな鋭い声, 言う小乗的の教義, 言う小女の取次ぎ, 言う小娘は君, 言う小説家や新聞関係, 言う少しも怯まぬ, 言う少しムッとする, 言う少女との二人暮し, 言うについて女, 言う屈辱を反撥, 言う山の下にある, 言う岡崎さんがあの, 言うの風説, 言うに囲まれた, 言う島国人的特性を文壇人, 言うの堤, 言う左京へ, 言う左様でご, 言う巨寺の秘仏, 言うは葛城山, 言うが麻布, 言う希望を持つた, 言う師匠心が湧い, 言う常陸夫人は得意そう, 言う帽子をかぶっ, 言う平凡な姿, 言う平和におくらしなさい, 言う平次佐太郎はさすが, 言う平次自身もひどく, 言う平蔵を下る, 言う幹事雑貨店主の冴えた, 言うに入り, 言う店中の噂, 言う店名の下, 言う度胸を持っ, 言う康子の言葉, 言う廓方面の一流, 言う弁信の着早々, 言う弁当料理です, 言う弁解はこの, 言うを挙げた, 言う弟子たちに僧都, 言う強力がそんな, 言う当人があんな, 言う当惑からであった, 言う当時の熊本, 言う形容詞はこんな, 言う形式そのものを馬鹿, 言う彦兵衛を, 言う彼等の戯れ, 言う往来をはるばる, 言う後世から平凡, 言うはお, 言う御諚で此山, 言う復古は更生, 言う徳川慶喜征討の御, 言う徹底を言う, 言う心もちを知っ, 言うは現在, 言う忠告である, 言う急坂を登っ, 言うだね, 言う性分がもと, 言う怪盗風太郎とは俺, 言う恋人を得た, 言う恐しい口, 言う恐怖のきざした, 言う恭一の声, 言う恰好をし, 言う悩みは刑法, 言う悲しい浅ましい一刹那の, 言う悲痛な言葉, 言う情ない朝目でしょう, 言う情事の祠, 言う惣吉の顔, 言う惣菜があった, 言う想像なんかをし, 言うであったが, 言う意図を持っ, 言う意外に於, 言う意志をも含めた, 言う意気込みは畳みかける, 言う意識が有る, 言う愚楽の声, 言う感情よりも彼, 言う感情感覚全精神, 言う感想はどこ, 言う感激にみちみち, 言う感銘を強く, 言うだった牧, 言う慣わしで移さず, 言う憶測だった, 言う成語位無意味を極め, 言う戦国時代であった, 言う所かくの如し, 言う所一として自, 言う所以はこの, 言う所美なるも, 言う所鎖国家の口吻, 言う手合いに舌, 言う手段に乗せられ, 言う手紙をよこした, 言う手間で褒め, 言う批評にそんなに, 言う折助年齢の頃, 言う折返しをもっ, 言う抱月の近代文芸, 言う拍子に落ちし, 言う拔目なさだつた, 言う挨拶の言葉, 言う掛り人は, 言う掛茶屋にはいり, 言う探偵趣味雑誌の耽読者, 言う支那人の声, 言う支那的論理によれる, 言う故忠次郎とやった, 言う故病気の由, 言う故礼を言う, 言う数日後一古鏡の鼻, 言う数百万弗の財産家, 言う数行を残し, 言う文体になじんだ, 言う文字を染めぬいた, 言う文学とは単に, 言う文珠屋の言葉, 言う文芸である, 言う斉魯二篇に当たらない, 言う料理は, 言う断じて言う, 言う断案を思い出した, 言うらしいとは, 言う新生文化日本にふさわしい, 言う新聞記事すらまだつい, 言う新駅も出来た, 言う方々があろう, 言う方法は無い, 言う方針を取り, 言う旅宿の前, 言う旅籠屋へ行く, 言う日増しの催促, 言う明るさでしょう, 言う昔アレキサンドル王その地, 言う春藤良一の言葉, 言う昨夜主人の気, 言う昨日までの常識, 言う時事実彼女はどこ, 言う時北海道でわクマ, 言う時徳利の底, 言う時急に赧, 言う時機を織った, 言う時節でない, 言う時芸術それ自体が, 言う時間が来た, 言う時魔の魂, 言うの大, 言うには妙, 言う智力とは学識, 言う暗示を受けた, 言う暴露家がいる, 言うを忘れた, 言う書題を設けた, 言う最初虎に条紋, 言う最近の学説, 言う有難い恩典な, 言うの内, 言う朝倉先生がふしぎ, 言う朝野に不満, 言う本質を持った, 言うが下っ, 言う村人も大概, 言うがあり, 言う条一昨年迄はと詞杜絶, 言う東京へ残し, 言う松鶴はもう一度さも, 言う板葺きの小屋, 言う枕言葉も生じた, 言う枯れ木も山, 言う甲の, 言う栄華にまとわれ, 言う栄養が充ち満ち, 言う栄養薬的料理それは小児, 言う根性は無い, 言う格言を素直, 言うを村会, 言う梅干の美味, 言うと人魂, 言う極めて甘美な, 言う極めて漠然としただが, 言う極楽の文学, 言う標題でね, 言う樣子が先程, 言う権太夫に来, 言うから侍従, 言う樵夫もっともと同じ, 言う機械油の上, 言う機械的な音, 言う次に勝麟の, 言う次第に行かなかった, 言う歓喜が胸, 言う歓迎の辞, 言う正義は階級, 言うの機, 言う武骨な貴族, 言う歩みをとる, 言うんど, 言う殆ど不可避的な, 言う殊勝な孝子, 言う残酷な科学, 言う残金をあなた, 言うじゃない, 言うの誡め, 言うを飲ませる, 言う毒婦の芝居, 言う民子を無理, 言う気力はありません, 言う気色がございません, 言う気配などに洗練, 言う氣持も少し, 言う水枕溺死人引揚げの奥の手, 言う水野越前の面上, 言う汽船は何処, 言う河豚内に負, 言う治兵衛の言葉, 言う沼田正守がまだ, 言う法外な好意, 言う法華経では仏, 言う波田へその, 言う泣菫曼陀羅が織り成された, 言う洋服だろあれ, 言う活動大写真, 言う浪花節のキネマ, 言う浮世絵師で, 言う浮舟の顔, 言う海辺にいかにも, 言う消息が尼君, 言う清い張の, 言う清葉より聞く, 言うに寄せ, 言う渡し守の猾そう, 言う湖南でも評判, 言うの中, 言う源三郎へ左膳, 言う源治の圧し, 言う滑稽味のある, 言う演説をし, 言うとした, 言う漢軍には後援, 言う漫評果して漫, 言う瀬戸際じゃポウルさん, 言う灯り看板が見えますやろ, 言う災難に遇った, 言う無法なこと, 言う無理はたいてい, 言う無邪気な主人翁, 言う焦心を表す, 言う降町, 言う照国の誠一, 言う熊吉の低い, 言う熊我いかでか, 言う片里の言葉, 言うに行き当りました, 言う物語を含んだ, 言うの鳴く, 言う犯人はどうも, 言う状態になっ, 言う狐狸のたぐい, 言う独り言を平次, 言う猜疑さえ生じた, 言う往き過ぎ顧みて, 言うを啣, 言う猶予も与えず, 言うの行き, 言う玄長様が何, 言う玉鬘の平生, 言う現実主義とは理想主義, 言うに容れた, 言う甘えようや始終ニコニコ, 言う生活をした, 言う生霊の説, 言う産婆の声, 言う田原屋の手代, 言う田舎の方, 言う田部氏の大きな, 言うを開い, 言う男達に触れ, 言う町会議員などもある, 言う畏れ多い風聞が, 言う異状は認めなかった, 言う疑いを持つ, 言う疑念が電光, 言う疑深い奴に, 言う病気にかかりました, 言う病識かただ, 言う白鷹先生というの, 言う白鼠ある処, 言う皮膚はあんなに, 言う益州に金馬, 言う盗みもする, 言う盛徳の士, 言う盲人だ, 言う直義の卑劣さ, 言う相当の顔役, 言う相棒の喜多公, 言う相談をしかけた, 言う看板をかかげ, 言うの欲望, 言う真似をする, 言う真理は真理, 言う真綿で首, 言う瞬間には用, 言うに映っ, 言う矢声もろ共犇めきわめきながら, 言う矢島は顔, 言う知名の美人, 言う知識のない, 言う短い夢を, 言う研究劇団の女優, 言う破綻を生じます, 言う硝子扉にうち当った, 言う社会主義は現実, 言う祖母の表情, 言う祖母さんの前, 言う祖母さん母や姉, 言うが乗り, 言う神さんが別々, 言う私心なきこと, 言う私自身すらも沈黙, 言う私設の市場, 言う科学者がだんだん, 言う秘書課のよう, 言う稀代の賊, 言う程へまになっ, 言う程度の氣持, 言う程有名でない役者, 言う程簡単なこと, 言うに使った, 言うか, 言うですか, 言う空虚を歌, 言う窪田氏の声, 言う立場の違い, 言う竹屋敷に卍, 言う笹村はその後, 言う笹野新三郎の小言, 言う筆者の友だち, 言う筋合いはある, 言う節子と一緒, 言うの風情, 言う米友の心持, 言う米国住黒人の談, 言う条ずみです, 言うだ青, 言う紅白の墨形, 言う純情的な武士, 言うの上, 言う紙面の上, 言う素人批評家としての職場, 言う組織の宿直員, 言う経験を正直, 言う結果に逢着, 言う結論は今, 言うの会, 言う継子の扱い, 言う練習中に用い馴れた, 言うでこうして, 言うの頭, 言う罪名になっ, 言う美人が一緒, 言う美少年よりもこう, 言う美術雑誌を主宰, 言う義理合いでどうも, 言う羽目に陥る, 言う老女の様子, 言う老年の文学, 言う考え方と結果, 言う聖ベネディクトの一派, 言う職業上ずいぶんやかましく, 言うだ女, 言う肌合いの女, 言う肩ロースであったと, 言う育ちかたをした, 言う肺炎になっ, 言う胆吹の山, 言う背中をさすれ, 言う胡弓だの, 言う腐れ縁さ, 言う腹ぐろい人達も, 言う惚まじり, 言う自信を持つ, 言う自分勝手の亭主, 言う自棄半分なの, 言う自由結婚で旧弊, 言う自由行動を採り出し, 言う至言のひとつ, 言う舊子爵家の次女, 言うでしょう越前守, 言う舎人のよう, 言う舎利弗譬えば須弥山王金色辺, 言う舵手の声, 言う良助さんのお話, 言うよい返事, 言う色気と食い気, 言う芝居の草双紙, 言うとは告白, 言う芳年の後, 言う芸者でね, 言う芸術家の顰, 言う侍が, 言う若人をおきあてた, 言う若者の普通, 言う苦しそうな, 言う苦しみをお, 言う苦情ですが, 言う英船長サリスの, 言うが生え, 言う茶店が一軒, 言う荒々しい男の, 言うかれ衲子, 言う莫迦だ, 言う葉子の言葉, 言う蒼々と淀んだ, 言う薄暗がりの中, 言う藤六の前, 言う藪中に多き, 言うを身, 言う蜜柑中毒の客, 言う血気の武士, 言うがそいつば打ち, 言うの様, 言う行き方の泣菫さん, 言う行動は甚だ, 言う衣裳や腕環, 言う装飾は何, 言う裏街道では大菩薩峠, 言う西洋人が非常, 言う西洋料理屋でその他, 言う西洋風の町, 言う次郎の, 言う見当がアラカタ付き, 言う見方もあっ, 言う覚束ない娘, 言う親仁形は役不足, 言う親分こそ身体, 言う親方のことば, 言うを聞か, 言う言いぐさですもの, 言うみ方, 言う記者達の顔, 言うりなき, 言うを抱い, 言う診断書を書いた, 言う註釈も加え, 言う誇りはある, 言う説それらのいろいろ, 言う説外国奉行であり乍ら, 言う説明を聞い, 言う説法の場, 言うか三味線, 言う調子わたしを見る, 言う論理からかこの, 言うがあったらしい, 言うがある, 言う議論は実行, 言うなバクロ雜誌, 言う豹一よりもお, 言う責任感が湧い, 言う貴女の気もち, 言う貴島を殘, 言う貴族主義とは社会生活上, 言う貴男は親切, 言う貴重品なぞを自慢そう, 言う賤しき女輩が衣裳, 言う質問はヴァイオリン, 言う赤子を抱き, 言う赤崎才市も不敵, 言う赤煉瓦の茶館, 言う赭熊の肱, 言うがあった, 言う踏み台だけはどこ, 言う軽い扮装, 言う軽い足音が, 言う輝子の言葉, 言うにし, 言う轢殺事故を惹起, 言う農夫の言葉, 言う近ごろの様子, 言う近所界隈の取沙汰, 言う近頃はじめた表現法, 言う返事だったの, 言う逃げようもない, 言う上るの, 言う途端立てかけて, 言うだよ, 言う通りあんたを思い切る, 言う通りいま聞えるあの, 言う通りお前さん等二人に何, 言う通りお前たちの考え方そのもの, 言う通りお勝手が開い, 言う通りお雪ちゃんは今, 言う通りこれも災難, 言う通りどこへか囲っ, 言う通りどっちにし, 言う通りほのかに杏, 言う通りわしは一切何, 言う通りわたしは幽霊, 言う通りスナオに取りあげられます, 言う通りヘソだしレビュウなど, 言う通りヘルメズ岬の野火, 言う通りラシャメンで国, 言う通りワザと足, 言う通り三日見ぬ間, 言う通り不利な地位, 言う通り世には音律, 言う通り世界最大の新, 言う通り主人も奉公人, 言う通り亥刻時分に外, 言う通り人生五十年タカが知れ, 言う通り人間に於ける, 言う通り人類の歴史, 言う通り代官の威光, 言う通り何代前のこと, 言う通り何処を探し, 言う通り僕は敵, 言う通り先手を打たれた, 言う通り別々じゃ, 言う通り名前を書いた, 言う通り唄の文句, 言う通り壻養子したる家, 言う通り大抵のうわ, 言う通り天下に職業, 言う通り天地はみんな雪, 言う通り女は殺され, 言う通り子供の時分, 言う通り安房の国, 言う通り封建的倫理観から来る, 言う通り希臘の叙事詩等, 言う通り幸内の手, 言う通り彼女を殺した, 言う通り心も傷つく, 言う通り悪食をせず, 言う通り悪魔の顔, 言う通り折助の社会, 言う通り昔は商売, 言う通り昨今の京洛, 言う通り桃溪の間道, 言う通り桜井がこの, 言う通り此の場合, 言う通り武装こそし, 言う通り気の利いた, 言う通り水の中, 言う通り決闘をしない, 言う通り流れに棹さし, 言う通り清和醇粋である, 言う通り牛もひき, 言う通り物を書く, 言う通り畜生谷を通った, 言う通り白昼衆人のあいだ, 言う通り盗み泥棒をし, 言う通り確に曲者, 言う通り確かに, 言う通り福松と一緒, 言う通り秀吉や家康, 言う通り私は丹波, 言う通り穏厚篤実をもっ, 言う通り米友としての芸当, 言う通り米国は拝金国, 言う通り紙筆を棺, 言う通り給仕はいかにも, 言う通り義を見, 言う通り職業の種類, 言う通り蛇神の呪い, 言う通り詩的精神の第一義感, 言う通り語義を概念, 言う通り貰いがかかっ, 言う通り資本家の走狗, 言う通り青銅のよう, 言う通り静にし, 言う通り面は頭巾, 言う通り顔にちょっぴり, 言う通り食気不振で無理, 言う通り飯田の御新造, 言う通り館の中, 言う通り馬鹿には出来ん, 言う通り黒幕という奴, 言う通り黙許して, 言う通母の客間, 言う通訳をした, 言う逞しく生きようという, 言う逸話すら残っ, 言う運転手が来たら, 言うがなく, 言う道庵にとっての恐怖, 言う道理は無い, 言う郁治の態度, 言う部落に出る, 言う郷太郎の言葉, 言う都度肩から暗く, 言うをもどし, 言う酒屋に嫁, 言う醴泉の湧き出た, 言うの何, 言う重役連の挨拶, 言う野崎に二人, 言う野幇間のよう, 言う野心がある, 言う量見で君, 言うの場合, 言う金ちゃんの言葉, 言う金剛神の草鞋, 言う金箔つきの鋳掛屋, 言うの音, 言う銀行屋さんの処, 言う銀製の横笛, 言う鎮守であるか, 言う長者の言葉, 言う門前の小僧, 言う間タルラは顔, 言う間柄だったの, 言う間歇遺伝ですが, 言う関守氏はその, 言う阿呆だろう僕, 言う除糞人の一人, 言うに俺, 言う雑誌へ杉浦先生, 言う雜誌の人, 言う離縁の理由, 言うも有る, 言う多く降った, 言う電話が来た, 言う震え声の中, 言う静かなこと, 言う静枝のみずみずし, 言う非常の大, 言う非難がごう, 言う面白い現象を, 言う革命なんか僕, 言う音楽家連中の会話, 言う響きとが聞こえる, 言うは汽車, 言う順位はもはや, 言う順序である, 言う頗る呑気な, 言う頸首を空, 言うは相当, 言う顔付で文句, 言うの主義, 言う風説でありますの, 言う首尾よくやり遂げた, 言うの煙, 言うが勝たなかったら, 言う馬方の声, 言う馬鹿なこと, 言う馬鹿馬鹿しい芝居でしょう, 言う駒井の言葉, 言う駒鳥絹枝の眼, 言うをし, 言う騒ぎ放って, 言う騒ぎ五階の, 言う騒ぎ物好きに入った, 言う高坂甚内をその, 言う高塚蔵人の眼, 言う高雅な穏当, 言う髪結い職の婦人, 言うのうめき, 言う魯智深の, 言うのよう, 言う鶏犬を先, 言う黒ずくめの服装