青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

解釈~ ~触れ 触れ~ ~触れた ~触れる 触れる~ 觸~ ~言 言~ ~言い
言い~
~言いました ~言う 言う~ ~言え 言え~ ~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて

「言い~」 5672, 61ppm, 1873位

▼ 言いながら~ (2125, 37.5%)

36 彼は 18 彼女は 15 私は 13 岸本は 12 自分の 11 手を 8 出て 7 何か, 私の 6 それを, 彼の, 彼女の, 源氏は, 眼を, 竜之 5 ヒョイと, 顔を 4 ポケットから, 女は, 寄って, 帰って, 母は, 立って, 米友は, 部屋の, 頭を

3 [29件] おまん, お徳, お種, かれは, そこへ, ちらと, よく見る, サト子の, 人間の, 俊夫君は, 僕は, 先き, 兵馬は, 前に, 半蔵は, 君勇は, 大次郎は, 奥から, 女中は, 室の, 家の, 懐中から, 母の, 涙を, 老人は, 肉屋は, 腰を, 身を, 酒を

2 [111件] あの人, あんまは, お三輪, お民, お茶を, お角, お雪, こんどは, さっきの, すぐに, そこの, そそくさと, その映画, その男, それに, はいって, ほんとうに, わたくしの, わたしは, ガラッ八, テーブルの, ニヤリニヤリと, ノズドゥリョフは, ベッドの, マッチを, 一しょに, 一人の, 一枚の, 三吉は, 三四郎を, 上り框へ, 下りて, 両手で, 主膳は, 二人が, 二人の, 二人は, 今の, 今度は, 仏頂寺は, 例の, 側に, 傍に, 僕の, 僧都は, 先に, 先生は, 入って, 力を, 半蔵の, 卓の, 危い, 厩舎の, 右の, 吉左衛門は, 向こうの, 夫人は, 女の, 子供の, 実際に, 工事道具を, 平次の, 平次は, 彼を, 彼女が, 彼女を, 待って, 心の, 思えば, 急いで, 扉を, 持って, 按摩は, 早くも, 机の, 松雲は, 柱に, 棚から, 椅子を, 次郎は, 正勝の, 正香は, 気の, 水を, 源氏を, 火の, 火を, 無意識に, 片手で, 片手に, 男は, 登って, 着物を, 神官は, 立ち上がって, 竹田は, 笑って, 節子は, 膝の, 自分で, 草の, 薫は, 藤吉は, 豹一の, 起ち上ると, 身体を, 近寄って, 道子は, 青年は, 静かに, 飛んで

1 [1607件 抜粋] ああいう, あがり口, あとを, あの様, あらためて部屋, あれほど, いかにまた, いきなりやかん, いくつでも, いちばん青い硬い, いつもよごれた, いま芝居噺で, いらだたしそう, うしろの, うやうやしく頭, おかしな奴等, おそめ, お光, お加代, お夏, お客を, お弁当, お浜, お玉を, お自ら, お菓子鉢から, お追従, お静, かついで, からだを, がたがたと, くぐり戸, こうして夜更け, こうなる, ここまで, この上, この単純, この場合, この山麓, この時代, これだけの, こわい目, さいぜんから, さっさと上, さては浅草, さも惜しい, しかし, しかし注射器, しかも太い, しきりに偽造君, しばらく山茶花, じいさんは, じっと目, じろじろ三郎, すげの, すっかり禿げ上がった, すらすらと, すれ違って, ずっと近く, そうあなた, そこに, そこらを, そっと左右, その, そのままじっと縁側, その一方, その会議, その働きぶり, その子, その家庭, その張紙, その手, その時代, その水際, その発見者, その興奮, その返事, その顔, そも何者, それでもお, それでも少し, それは, そんな実例, ぞろぞろ引上げ, たしかに計画的, たぬきは, だんだんショーウィンドー, ちょいと, つい自分, である, とうとう大きな, ともかくも, どうしても一種, どこを, どっちを, なおすぐ, なよなよと, にっこり覆面, のぞき窓, はさみを, はなはだ相, ばあやが, ひとりで, ひょいと立ちあがっ, ひらりと, ふすま, ふとあの, ふと思った, ぶら, ほとんど二人, まさかり, またころげる, また三歩足, また教室, また酒, まだどちら, まっさきにど, みんなの, むくむく起きあがった, めずらしそう, もうその, もう上衣, もう懐紙, もぞもぞと, やがてわたし, やっと半合, やはりまたも, やはり私, よくかぎつけ, よその, よろよろ家, わざと青い, わたくしにとっては, アンガスも, オツベルは, ガツガツと, クリストフに, クルリと, グリルに, コンブフェールの, サンプルを, ズボンの, タイツと, チラと, トマトを, ハナヤへ, バターの, パッチリ, ビルルッと, ピアノの, フラフラと, プラアゲプラアゲと, ボタンを, ボーシスが, ムクの, モオゼ像の, ラッパは, ルパンは, ヴェリチャーニノフは, 一つ二つ三つまで, 一人が, 一寸厭, 一心に馬田, 一散に, 一旦上, 一杯の, 一生けん命走っ, 一羽のが, 一軒の, 一間ばかり, 三つ組の, 三日の, 上げた今, 上手扉から, 下ったり, 下男の, 不憫そのものであります, 両国の, 中へ, 丹尾の, 久保は, 乳母の, 二つの, 二ツ目の, 二人と, 二枚の, 二階へ, 五年生の, 井戸端で, 人々は, 人事係の, 人通りの, 今に, 今行き過ぎた, 他の, 仰向いた顔, 件の, 休みました, 似合わしい第, 何と, 何やら囁く, 何時もの, 俺は, 傘を, 優しく妻, 兄の, 先祖以来藤原家が, 入口の, 八の, 兵馬と, 其処で, 其調子の, 内心うれしく, 再度生, 冴子が, 凄い顔, 出掛けましたが, 別の, 前後左右から, 加奈子の, 動いて, 勝手を, 十七の, 千歯の, 半分ほど, 卑屈そうな, 危なっかしい足どり, 又ヨボヨボ向う, 受け取ったが, 古いギシギシ, 右手の, 吉兵衛の, 同意を, 名物葛餅の, 向こうへ, 吸附煙草を, 和尚は, 喜んだの, 四スーも, 四阿の, 園長は, 土間に, 坊さんを, 堅く結ん, 壁ぎわに, 声色屋が, 外を, 多少気がかり, 夜居の, 大きなしっぽ, 大出刃, 大岩を, 大抵家の, 大股に, 天蓋を, 女どもの, 女乞食の, 女物の, 妖怪に, 妻を, 婆さんでも, 婆アさんが, 嫣然として, 子分の, 安楽椅子に, 実はホン, 客には, 室内を, 寂しい顔, 寝室へは, 寮の, 寿平次は, 小さなギヤマン, 小僧は, 小指で, 小田さんは, 小萩の, 少しやり過し, 少し顔, 少年の, 尻持を, 局員は, 屍骸の, 山荘の, 崋山と, 左手を, 左膳冷飯草履を, 市兵衛は, 帯の, 帳面を, 帽子の, 平次しばらく, 年とった, 幾日も, 庄五郎は, 店の, 庭下駄を, 引きずって, 弟の, 強く抱きしめる, 彦兵衛が, 彼女はこぼる, 待ちきれないよう, 後ろから, 後向に, 御名方神の, 微笑しました, 忠相は, 急に, 恭一も, 悪魔の, 愛撫し, 慢心和尚は, 懐しそう, 懐中電灯の, 戸を, 房枝の, 手でも, 手伝い婆さんに, 手早くフトン, 手紙を, 抱いて, 持たぬ者共, 指で, 改めておじぎ, 教壇を, 敵将の, 新しいえさ, 新兵衛, 新噴水, 旅に, 日暦を, 明るいうち, 星を, 時計でも, 暗澹たる, 望みあり, 朝飯を, 木村さんは, 本気に, 札を, 来た, 板敷の, 枕頭へ, 栄三郎乾雲丸を, 桃を, 梯子を, 椋鳥を, 槍は, 横っ飛びに, 橋板の, 欄干を, 歌い廻すその, 正成も, 歩きました, 歯ブラシを, 殆ん, 毎日弾い, 気軽に, 決して方向, 泉太や, 泣きだしそう, 泰軒先生が, 浜町河岸を, 海中へ, 涙に, 清は, 渚の, 温かい寝床, 源氏が, 溜め息を, 火の番小屋に, 炉の, 無理に, 煎じ薬を, 熱い汗ばんだ, 父である預かり, 片っぽう, 片方の, 片足で, 狼狽て, 猿を, 玉鬘は, 理解の, 瓶なる, 甥に, 田舎同様な, 町を, 畳に, 白い丸い石, 白酒の, 皿小鉢や, 目から, 目一つの, 相変らず, 真面目な, 知らず知らず強い, 破れた財布, 硯箱を, 神山は, 秋山さんの, 窓から, 立ち去って, 立上った, 端折りの, 笛を, 笹村は, 簾の, 米友が, 紀久子の, 納豆を, 紳士の, 絆纏に, 絨毯を, 縁側に, 繁三を, 羞か, 羽根布団で, 老爺は, 肩掛けの, 胴巻きの, 脣を, 腹巻を, 自分から, 自分よりも, 自慢に, 舞台で, 船室の, 花弁を, 苫を, 茶の間へ, 莞爾として, 落葉松の, 蔦代の, 蔵人と, 薫が, 藤波の, 蟇口を, 血の, 衆に, 行ったという, 表では, 袖から, 袖口で, 褐色の, 見廻すと, 視線で, 言った, 証人は, 話し出した, 誰も, 護送自動車に, 豺は, 賛成しない, 赤さんは, 赤石の, 起きあがり小さい, 起き上ります, 起って, 足袋を, 身なりを, 転轍機の, 近藤女史は, 追って行く, 逃げまどう市民, 通る者, 運転手の, 道具を, 遠く御, 遺書を, 重い磁鉄, 重吉の, 野呂の, 金盥で, 鉄の, 鍬を, 鐚助は, 長十郎は, 開けたがま口, 防いで, 陽子の, 集まった人数, 離室の, 雲水たちの, 青い斑, 面前に, 音楽を, 頭や, 額には, 顔が, 飛びついたけれども, 食うの, 食べ出して, 馬を, 駅長は, 駒井甚三郎は, 髪を, 鶴雄は, 黒いきれ, 黒光りの

▼ 言い~ (481, 8.5%)

74 なって 45 なった 42 なるの 30 なると 16 なりました 12 来たの 11 なったの 9 来た 8 なりながら, なること 7 来たん 6 なったが, なっても, なる 5 なり, なり宮, なる院 4 なったこと, 来て 3 なった院, ならないの, なりながらも

2 [18件] きた, きたの, きたん, なったとおり, なったので, なっては, ならずに, ならぬの, なりまして, なりますね, なりますの, なる声, なる言葉, 来たこと, 来たと, 来る, 来る人, 行った

1 [133件] あがって, いこうでは, いって, いらしたよ, きたと, きたのよ, きましょう, なったあと, なったあなた, なったかと, なったからと, なったきり, なったため, なっただけ, なったとか, なったものの, なった人, なった冗談, なった去年, なった時, なった言葉, なってから, ならず寂しい, ならず御, ならず黙って, ならないかと, ならないで, ならないでは, ならないはず, ならなかったが, ならなかったこと, ならぬこと, ならぬよう, ならぬ院, なりあけて, なりいろいろ, なりきまり, なりしいて, なりその, なりちょっと, なりなお, なりましたけれど, なりましたこと, なりましたそう, なりました時, なりました者, なりましても, なりましょう, なりますから, なりますが, なりますこと, なりますので, なりますよう, なります分, なります宿命, なります方, なり世間, なり侍従, なり内記, なり南向き, なり女二, なり寝室, なり怨み, なり手, なり楽器, なり機会, なり歎, なり源氏, なり激情, なり笙, なり美しい, なり良製, なり薫, なり追究, なり顧みがち, なるお, なるから, なるが, なるその, なるでは, なるとも, なるので, なるのに, なるほどの, なるまま, なるもの, なる人, なる姫君, なる宮, なる御, なる感情, なる返辞, なれないもの, なろうこと, やっち来たぜ, よこすし, わたしの, 使いが, 出かけようとして, 出なくっちゃ, 出ました, 寄るもの, 寄る出入り, 小宰相, 帰ったの, 戻ると, 来たかと, 来たが, 来たです, 来たなんて, 来た事, 来た貞一, 来ても, 来なかったはず, 来ました, 来るあたら, 来るかよ, 来ると, 来るの, 来るも, 来る奴, 来る頃, 私の, 行かなきゃなりませんものね, 行くと, 行くとき, 行くには, 行くん, 行ったそう, 行ったの, 行ったのに, 行ったわけ, 追って

▼ 言いかた~ (129, 2.3%)

19 をする 9 をし 6 をすれ 4 だが 3 が下手, である, であるが, はしない, をした 2 が癇, だった

1 [72件] かもわからぬ, があり, がある, がこの, がどんなに, がまずい, がまずかっ, がサト子, が少し, が幾とおり, が無い, が生き, が足りなかった, だけど, だと, で, であった, でくり返し, でごまかす, でしかモノ, ですが, での小説, では役に立たない, でほめれ, でもなく, でベッド, で告白, で巧み, で自分, にきこえ, になる, に可, に特徴, ね, のある, の中, の難解さ, の順序, はあたし, はお, はきらい, はこれから, はたった, はどう, はやめましょう, は僕自身, は出来ない, は初め, は大, は少女たち, は彼, は溌剌, は誰, は露骨, ばかり致しました, もそれ, もひどく, も不快, よ, をかえ, をしました, をするなら, をなさいます, をなさらず, をなさる, をまた, を借りる, を心, を思い出す, を教え, を知らない, を能う

▼ 言いわけ~ (126, 2.2%)

14 をし 9 をする 4 をしよう 3 がまし, をしました 2 したらいい, しようと, でもする, のよう, をした

1 [83件] あるもの, があり, がいる, がし, ができる, がましく仰, がましく書い, がましく言った, が信じられない, が書い, が相, が立ちます, が見つかった, が長々, して, しなさるつもり, しようなんて, するよう, する情けな, する考え, だとか, であった, でしたが, でその後, では, でもし, で実は, とばかりも思えない, なすって, などは退屈, などをする, など聞きとうない, なんぞができましょう, にならない, に落ち, に過ぎない, のしよう, のため, の意味, の言葉, はいつも, はいよいよ, はお, はたびたび, はむろん, は一言, は暗い, は止め, は気, は沢山, は聞かない, は聞き入れられませんでした, は致しますまい, ほどにでも女たち, も聞かない, をあそばされる, をあそばす, をこしらえ, をしなく, をしましょう, をします, をしませんでした, をすれ, をなさいました, をなさる, をなされ, をやりかけた, をよろず, を云っ, を信ずる, を待っ, を拵え, を散文的, を申す, を考えてる, を聞い, を聞く, を見つける, を言った, を頬, 聞きわけた一つ一つ, 聞きわけるの, 聞く耳

▼ 言いながらも~ (124, 2.2%)

10 平次は 4 私は 2 ともかくも, 特務曹長は, 頭の

1 [104件] あきらめて, あの冷静そのもの, あまりに歎, いつも表, お君, かつえ, この事件, この報告, この邸, この面, こんな行政, しおれ切って, しんみりと, すぐに, すわと, そっとお, その座敷, その自由, その観覧, だれが, ついいける口, とにかくに, とにかく仕事, ほんとうは, また心, まだ記憶, わたしは, ガラッ八, シューベルトの, ツイ空きっ, メイクアップの, モグモグと, 一脈の, 三筋に, 中将は, 二人は, 僕たちは, 充分期待, 先生と, 典侍の, 内心一種の, 千歯に, 博士は, 嘉六の, 夕霧は, 多少は, 大したイヤ, 大姫君, 大将は, 大納言は, 夫人は, 奥から, 好奇心が, 妙に, 妾の, 姿の, 宗七が, 寿美子は, 小菊に, 小諸の, 小野の, 平次の, 弁信は, 弁護士に, 彼は, 彼女は, 御手紙, 必ずしも往来, 忍びきれずに, 快く引受けます, 念の, 恨みの, 悠長に, 戦争の, 手を, 打つ気, 明日からの, 是ほど, 極めて熱心忠実, 歎い, 死骸を, 母の, 気に, 泣いて, 涙ぐんだ目, 源三郎の, 源氏が, 産婦の, 登子の, 私には, 結局自分には, 絶望的に, 耳の, 胸は, 自分の, 自身の, 落ち着きの, 話の, 誰よりも, 足を, 途中が, 途切れがち, 金兵衛は, 雨の

▼ 言い~ (112, 2.0%)

13 わした 11 わして 7 わせない 5 わし難い, わすこと, わす言葉 4 わす事 3 わされる, わしたら, わし方を, わすため 2 わしが, わし方が, わすには, わすもの, わす方法, わせません, わそうと

1 [36件] する事, わされ, わされない, わしいわゆる, わしえぬ, わしえよう, わしそれを, わしたかった, わしたがる, わしてる, わします, わしようの, わしを, わし得ない, わし方そのものが, わし方だ, わし方である, わし方に, わし方の, わし語らしめ, わし難い重苦しい, わすか, わすが, わすならば, わすの, わすべき感情, わす人, わす場合, わす媒介, わす思想, わす手段, わす為め, わす能力, わせぬ, わせば, わせる

▼ 言いそう~ (76, 1.3%)

10 な事 9 なこと 3 にした, もない 2 して, である, なの, なもの, な言葉, に口

1 [39件] かと思う, だった, だったと, でかっと, です, で江島屋鹿右衛門, で言いませんでした, なが, なこった, なその, なところ, なやつ, な内側, な勢い, な向う傷, な四書五経, な寒い, な恰好, な旧家, な時, な気色, な温順, な滝太郎, な稚気満々, な答え, な米, な葉子, な面, な顔, にあっけ, にある, にし, にする, にない, になる, に見えた, に見える, もありません, も無い

▼ 言い~ (72, 1.3%)

8 しなかった 7 しない 5 なった 4 したが, したものの 3 しなかったが, しません 2 しないと, しないよ, せん, 言ったが

1 [30件] いたしません, ぐきを, しないか, しないが, しないだろう, しないで, しなかったかい, しなかったかと, しなかったかね, しなかったの, しなかったろうと, しなかったわ, しねえの, しまい, しまいかと, しまいな, しませんか, しませんが, しませんでした, しませんでしたか, しませんよ, すまい, すまいかと, せんただ, なったとき, なったほどの, なった左膳, なって, 尻餅を, 致しませんよ

▼ 言いつつ~ (70, 1.2%)

2 浪子の

1 [68件] あまり世間, いくが, いともかるがるしく, いろいろ考えた, うそうそと, お蓮様, これは, さっさっと, しずかに, すうっと, すっぽりと, ひたと身, ふっと吹飛ばせ, むささびの, パラリと, 一目見た, 三つ組みに, 三畳の, 亭主の, 他の, 何か, 何やら考え, 例の, 便所を, 先に, 八郎は, 内ポケット, 千々岩が, 去った, 声が, 大きな箕, 子爵夫人は, 射て, 小児を, 弟は, 彼女の, 心づいて, 懐中から, 懐中より, 手さぐりに, 手足は, 握り飯の, 服紗包みの, 桜の, 氏は, 浪子は, 漆なす, 片手正眼に, 珍しげ, 省作は, 矢を, 穂先五寸の, 細君と, 縁先に, 美人は, 老女は, 自分の, 菓子皿に, 藁を, 赤黒子は, 近よらん, 通過ぎる, 道翹は, 部屋へ, 青年は, 飲み干せり, 首を, 駆け込みました

▼ 言いにくい~ (55, 1.0%)

4 ことを 3 事を 2 ことだ

1 [46件] からとあっし, から小野田さん, から簡単, が, けどとにかく, けれども未だ, ことだったら, ことで, ことです, ことも, し他, だろうじゃ, ところを, と申す, と見え, なあ, なら聴かない事, なア, のか, のだ, のでお, のでやめ, ので言わなかった, ので黙っ, ようであります, ような, わけも, んです, ドサ貫クンに, ドサ貫クンは, ンだったら言っ, 事から, 事でした, 事柄が, 事柄です, 呪文を, 夫の, 島民名前などは, 忠告を, 悪口でも, 様子を, 筈の, 言葉ばかり, 話, 話である, 音を

▼ 言いぶり~ (50, 0.9%)

4 でありました 3 でしたから 2 で, であります, です

1 [37件] がいよいよ, がお, がかえって, がつい, が事実, が狼狽, が穏, だかまわないから, だけでなく, だった, だろう, だ牝虎偈, であった, であったのに, ではありません, で言え, で言葉, で豪傑肌, と人, になっ, にも妙, に挨拶, に満足, に私, に驚かされた, のうち, は歯痒い, は自暴, もやはり, もやや, や仕草, や挙動, や甲虫, をし, をする, を聞い, 古エジプト

▼ 言いその~ (48, 0.8%)

1 [48件] あとで, ごとく曲った刀, ときふしぎな, のちこうして, ま, オソトキの, コクニー, トランステヴェレノ, ハンマル, ラツァロネ, 争いから, 分度, 声が, 声と, 声は, 夜の, 姉の, 子供を, 寿命の, 座敷の, 強がりの, 患者は, 手当を, 手紙を, 捫着から, 日は, 母は, 熱心が, 物ごしと, 男と, 男の, 真相を, 箱は, 紙幣を, 結果, 結果いかんでは, 若いよう, 規模の, 言葉に, 言葉は, 診断が, 詩句を, 話を, 責任は, 車を, 重々しい大きい衣, 面をば, 頃日本で

▼ 言い難い~ (47, 0.8%)

2 のであります, もろもろの, 一種の, 恐怖に

1 [39件] からとか顔, がしかし, がやがて, が主役歌手, が強国, が演奏, くらいに各地, ことな, しまり方, だろう, ということ, のである, のも, ほどの烈しい, ものであろう, ものばかり, ようである, ように, ナ, 不安に, 仙骨が, 喜びに, 喜悦の, 声を, 微妙な, 微笑の, 快感を, 悪寒を, 愚かな, 感じを, 憎悪を, 晴朗さを, 涙が, 瞬間だった, 美感を, 表情を, 言葉である, 誘惑だった, 輝きに

▼ 言いにく~ (44, 0.8%)

34 そうに 5 そうな 2 そうである 1 げに何とやら, そうです, 相に

▼ 言いよう~ (41, 0.7%)

9 のない 7 もない 6 がない 2 がなかっ, のねえ, もなく

1 [13件] がチョット, が厶, にて多少, のない珍し, の無い, はない, もありません, もなかっ, もなく寂しい, もなく恐ろしい, もなく淋しく, も無い, も無くいじらしい

▼ 言い~ (39, 0.7%)

5 これを 3 可なり

1 [31件] いよいよ狐, きっと母親, すなわち之, その友, その日, みなみな, わざと召使い, 二郎は, 今年五十三時々, 即ち忍び, 古制旧, 多くの, 夜も, 家の, 幣を, 思いわずらうこと, 振り返りみイエス, 放ちやると, 文三の, 早帰らん, 曰くその, 更にそ, 木の, 桃の, 涙は, 竜比丘を, 等閑に, 紙包に, 長くも, 頬ひ, 飲食を

▼ 言い~ (39, 0.7%)

2 した, よって, 言ったり

1 [33件] あえず後方, あえず馬怒り, おわらず卓, おわらず突き出した栄三郎, おわらぬうち, して, しないくせ, しなかった, しなければ, する, せずそのまま, つれを, ひとりの, やられずこの, よったの, よったので, 出ずして, 完らぬ, 敢えず, 果てずお, 果てぬに, 知らず時雄, 終らずあしずり, 終らずこの, 終らずプイ, 終らず両, 終らず快活, 終らず番頭, 終らず皿一杯, 終らぬに, 終らぬ時, 終わらず, 聞かせ

▼ 言いまた~ (37, 0.7%)

1 [37件] あの通行人, ある者, いっそうそれ, からかいながら, この, しても, そのよう, それで, それを, エピミーシウスにも, グジクルと, ハギの, 一層丁寧, 不思議な, 中の, 五・一五事件及び, 今日は, 傍の, 元弘三年正月の, 其境涯を, 北道は, 同じく黒石, 国民学校という, 巧みに, 平静に, 彼の, 御別宅, 歌舞伎についても, 此の, 決してボウイ, 経済と, 自惚, 苞木と, 薄笑いした, 詰めて, 鉄炮焼きとも, 雪の

▼ 言い廻し~ (31, 0.5%)

1 [31件] がある, がどうも少し, がぶっきらぼう, が自ら, が言い, だったもの, でしょう, です, でそれでも, でなく実際, ではある, で彼, としては論理, とみ, にかけて当時同君, にこだわった, には苦労, に腹, のややこしい, の奇怪, の幼, の感, の示唆, は丁寧, は実に, は断定的, もあろう, も甚だ, やアクセント, を両手, を思い出せない

▼ 言い~ (29, 0.5%)

2 した, とした

1 [25件] からって頑固, したお, したこと, したまま院, した萩乃, し私, せらるるごとくふるまい型, とし, まお前, まきゅう, まぐったり, まぐっと, まはらはら, まみぞ, まやっと, まわたくし, まザブリ, ま三ツ紋つき, ま咳, ま妙, ま往来, ま摺れ, ま整然, ま直ぐ, ま駈け出す

▼ 言い争い~ (27, 0.5%)

4 をし

1 [23件] があった, がつづい, でもした, のあった, の出来ない, の声, の発端, をいつか確か, をした, をしたらしい, をしつづけ, をしなけれ, をなすった, をはじめた, をはじめたら, をやっ, を始めたらしい, を心苦し, を私, を聞き, を聴い, を致しました, を致します

▼ 言いそして~ (22, 0.4%)

1 [22件] あらぬ一ヶ所, あんたは, この人, しみじみと, そういう佯, そんなになつかしい, どうしても自分, ぼくの, ジロリと, 一切の, 伝票を, 別れた, 南に, 家へ, 引き出しを, 心の, 最後には, 横町の, 歩き出した, 町会の, 第二, 腹の

▼ 言いそれ~ (22, 0.4%)

1 [22件] から言い添えた, がし, がそのまま, が夕闇, こそ首くくり, じゃほんとう, にもいや味, に付け加え, に続け, に自分, は一軒, は困ります, は私ひとり, は紛々, をやめさせ, を伝えた, を割っ, を取調べる, を拒む, を拾いはじめた, を持っ, を生物線

▼ 言い乍ら~ (22, 0.4%)

1 [22件] いとも物々しく, すまして, ちょいと, ふいと, も三郎兵衛, も何やら, も小僧, も幾年振り, も番頭, も貝六, も足, やさしく駕籠, 入ったん, 同時に大和当麻, 少しあわて, 思いがけない強い力, 新兵衛, 痩せ衰えた指, 突き上げたパナマ帽子, 立ち上りました, 近寄って, 遂に私

▼ 言い~ (19, 0.3%)

1 [19件] から宿屋, が, とか麻生氏, のおろか, のほう, の推察どおり, の顔, はあと, はすでに, はその, は子供心, は見, もこの, もそう, もそれ, も首肯い, より十下, を寝床, 疲れたの

▼ 言いそれから~ (18, 0.3%)

1 [18件] そのバイロン, のちの, もっと言いたい, 一言つまらぬ, 仕方な, 付け元気の, 指を, 改めてお, 次郎に, 母に, 煙草に, 直治に, 私には, 私を, 米友に対して, 自分は, 著席した, 近所の

▼ 言い自分~ (18, 0.3%)

1 [18件] で洋服箪笥, で自分, のため, の寝台, の影法師, の心, の胸, はこちら, はその, は昔, もすこし, もそれ, もまた, もトラック, も写真, も実は, をまじまじ, を抱い

▼ 言い振り~ (17, 0.3%)

1 [17件] だ, だが, で, であった, で分っ, で問いつめ, で私, といい, とを併せ, なので, には寄附申込書, には少し, の仇, はなんだか, をされる, をし, をしたかった

▼ 言いがたい~ (16, 0.3%)

1 [16件] がいずれ, がそれ, しずけさ, すさまじさが, そのにおい, ほど奥深く, ものな, 変な, 快感を, 感情であった, 慰安と, 懸念に, 焦燥の, 異香, 訳である, 風情が

▼ 言い難き~ (15, 0.3%)

1 [15件] ものと, を忍ん, 光輝を, 哀情が, 快感を, 恨を, 悲哀を, 悲哀胸を, 感が, 時に, 椿事を, 秘事住めり, 苦悩が, 酷薄さとを, 静けさと

▼ 言いさえ~ (14, 0.2%)

10 すれば 1 した, しなけりゃまあ, しなければ, すりゃあ

▼ 言いざま~ (14, 0.2%)

1 [14件] から見れ, したもう, じゃない, その僕, と存候, にさらば, に持っ, に枕, に煙, に鈴子, に頭, までそれ, もう早, 手早く懐剣

▼ 言い~ (14, 0.2%)

4 くない 1 いことも, いだけの, いところ, いと思いました, い事, い奴, い放題, くなった, くなる, くなるほど

▼ 言い~ (13, 0.2%)

9 れば 2 うれば 1 へれば, ゆれば

▼ 言いこの~ (12, 0.2%)

1 [12件] あたりでは, 七兵衛と, 両人は, 子は, 文句と, 新しく知った, 日は, 曲の, 素っ気ない, 美人の, 言草と, 訪問客には

▼ 言い~ (12, 0.2%)

2 だよ 1 か, かい, ことだけは, なり三味線, はどんな, んこう, 声が, 能書きどおりな, 言うこと, 風俗から

▼ 言い~ (11, 0.2%)

2 はるが, はんな 1 さッて, どうした, なるほどと, はりやつた, はれ, 柿江, 櫛を

▼ 言いある~ (10, 0.2%)

7 者は 1 ものは, 時は, 有力な

▼ 言い~ (10, 0.2%)

1 わるを, 代官が, 此も, 武家さんの, 照は, 茶の湯と, 蘭は, 言い, 返事は, 静の

▼ 言い~ (10, 0.2%)

1 こっち側から, てら, ぺらぺら喋る, 出て, 拍子木を, 沸き立つ見物, 甘いよう, 能書きを, 言う, 驚いて

▼ 言いこれ~ (10, 0.2%)

1 がこの, が宿縁, と言い, は婦人, は御, は柳吉, ほど似た, まで親しい, も食う, をギリシア盛時

▼ 言い~ (10, 0.2%)

1 かをつかもう, か仔細, か重大, がし, とあっ, といい, もせず, をしよう, をなすべき, を着

▼ 言い~ (9, 0.2%)

1 えが, えしてやれ, くるなり, くるを, けしが, けらるる, ちっとグラス, ぶされて, へれば

▼ 言い~ (9, 0.2%)

4 そうに 1 かるべきも, さうに体の, そうです, そうな, ねたか

▼ 言い難く~ (9, 0.2%)

2 私は 1 この曲, さればと, 宣伝の, 思います, 神秘的な, 翌年ワルシャワで, 説き難き

▼ 言いもし~ (8, 0.1%)

3 思いも 2 信じも 1 また当分徳川, 信じられも, 天が

▼ 言い~ (8, 0.1%)

7 そうに 1 さを

▼ 言い~ (8, 0.1%)

1 がない, で女, といい, にし, に提げた, をとろう, を出す, を女

▼ 言い~ (8, 0.1%)

2 を垂れ, を垂れた 1 の頂, を下げ, を大地, を少し

▼ 言いあの~ (7, 0.1%)

1 いまわしい噂, キャプテンの, 塵っ, 歌に, 皮膚の, 緑の, 赤色の

▼ 言いあるいは~ (7, 0.1%)

1 たぶん語, 一種の, 僕の, 多言なれ, 志と, 起承転結と, 遠く故郷ボヘミアを

▼ 言いたり~ (7, 0.1%)

1 ない, ないし, ないヴァニティ, ない何だか, ない個所, ない勢い, ない色

▼ 言いにくく~ (7, 0.1%)

1 て, ていいよどん, てダアダア, なったので, なる, なるの, 思召す

▼ 言いわたし~ (7, 0.1%)

2 になりました 1 て中西弥惣兵衛, であった, のとおり, はそのまま, は終った

▼ 言い~ (7, 0.1%)

2 の君 1 つる大仙あり, てたと, てて, てられたので, にはこじき

▼ 言い~ (7, 0.1%)

1 こうして見えなくなった, この誓言, は動き, は姉さん, は躑躅ヶ崎, またこの, もまた

▼ 言い入れ~ (7, 0.1%)

3 に来た 2 に行った 1 に平田家, に集まる

▼ 言い~ (7, 0.1%)

2 えた 1 えると, って死んだ, って眉, って貞, って鶴

▼ 言いそうして~ (6, 0.1%)

1 お客の, かつて私, ご本人, ただ口で, 何を, 私が

▼ 言いつつも~ (6, 0.1%)

1 お雪ちゃんの, なお一方, 止め度なく, 裁く気持ち, 鎌倉放擲に, 頷き頷き聞くの

▼ 言い~ (6, 0.1%)

1 でしそ, でたる者, でないが, でなかった, でました, で去り

▼ 言い或は~ (6, 0.1%)

1 弥勒菩薩だ, 感覚の, 散文の, 民衆作家とも, 気狂いだ, 自然の

▼ 言いすぐ~ (5, 0.1%)

1 その足, にそのまま, に去っ, 乳母を, 近くの

▼ 言いでも~ (5, 0.1%)

1 したかの, しましたか, するよう, するより, 私は

▼ 言いなお~ (5, 0.1%)

1 これに, 七月二十五日何処に, 故人が, 身体容貌を, 頼んで

▼ 言いにくかっ~ (5, 0.1%)

31 たの, たもの

▼ 言い~ (5, 0.1%)

1 がんだ, がんない, 出方が, 出方や, 折助なんぞが

▼ 言い~ (5, 0.1%)

1 には友情, のない, の噂, の馳走, を責める

▼ 言い~ (5, 0.1%)

2 にし 1 である, にただ, に過ぎず

▼ 言い~ (5, 0.1%)

1 彼を, 御自身, 悪み, 時間も, 行うべきである

▼ 言い憎い~ (5, 0.1%)

2 ことで 1 けれど少し, って事, のだ

▼ 言い~ (5, 0.1%)

2 る者 1 いわ, る人, 者は

▼ 言い或いは~ (5, 0.1%)

1 もう一人, ワザと, 一万五千などと, 中庸と, 寛恕と

▼ 言いもう~ (4, 0.1%)

1 一人の, 忍びきれなかったの, 焼打ちを, 笞刑吏の

▼ 言い両手~ (4, 0.1%)

1 でこめかみ, で笞, の指先, を動かし

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 えた, ったピアニスト, って壇, って席

▼ 言い~ (4, 0.1%)

2 つて 1 はした, へりける

▼ 言い大きな~ (4, 0.1%)

1 モロッコ皮の, 声を, 手で, 隕石が

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 の言, は, も的, をお

▼ 言い度いが~ (4, 0.1%)

1 実は一, 実は内儀さん, 実は怪しい, 生憎今晩

▼ 言い彼女~ (4, 0.1%)

1 がクッション, の考え, は前, をしばらく

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 にとよと言った, に兼松, のこと, の精神

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 器量と, 奥へ, 様子と, 自身の

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 で嘆息, で真言, にも思っ, に思い込ん

▼ 言い更に~ (4, 0.1%)

1 またたとい, わたしに, 嘆じ, 被告に

▼ 言い椅子~ (4, 0.1%)

1 から懇願, をおとなしく, をひとつ商人, を夜間用

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 にかかっ, のベッド, の目, はジャン・ヴァルジャン

▼ 言い難し~ (4, 0.1%)

1 だから表向き, とくる, と答える, 殊に仏家

▼ 言い~ (4, 0.1%)

1 に知らず知らず積みし, に肩, は現, をそむけ

▼ 言いかつ~ (3, 0.1%)

1 は心, は直ぐ, 名文と

▼ 言いがたき~ (3, 0.1%)

1 意気と, 柔和な, 詩味を

▼ 言いがたく~ (3, 0.1%)

1 これと, 著し難し, 谷の

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 らく, らくよく, らく吾と

▼ 言いこう~ (3, 0.1%)

1 なれば, も言っ, 名乗りながら

▼ 言いさらに~ (3, 0.1%)

1 付け加えて, 看護婦に, 簾の

▼ 言いざま彼~ (3, 0.1%)

1 はいきなり, はパーヴェル・パーヴロヴィチ, は憤然

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 さもありな, 働きすぎて, 燃えさかる情熱

▼ 言いつぎ~ (3, 0.1%)

2 が来た 1 が来

▼ 言いどう~ (3, 0.1%)

1 したって, したわけ, して

▼ 言いなん~ (3, 0.1%)

1 しても, すなら, の意味

▼ 言いにくけれ~ (3, 0.1%)

1 ばわたくし, ば前, ば私

▼ 言いには~ (3, 0.1%)

1 ならないが, ならなかったが, 行かない

▼ 言いふるし~ (3, 0.1%)

1 たこの, た熊, た陳腐

▼ 言いほか~ (3, 0.1%)

1 に心残り, の白刃, の連中

▼ 言いやすい~ (3, 0.1%)

1 からわたくし, 言葉が, 音に

▼ 言いゆっくり~ (3, 0.1%)

2 と立ち上がり 1 立ち上がりささえ

▼ 言いより~ (3, 0.1%)

2 まん 1 兄の

▼ 言いベッド~ (3, 0.1%)

1 の中, の縁, の近く

▼ 言いポケット~ (3, 0.1%)

1 からたばこ, から一通, へ手

▼ 言い一人~ (3, 0.1%)

1 の阿闍梨, は何, をサンプリス

▼ 言い乍ら私~ (3, 0.1%)

1 の手, の膝, は失望

▼ 言い二人~ (3, 0.1%)

1 のそば, は並ん, は姫君

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 の列, の都会, は媚びる

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 もそれ, も首肯い, を顧み

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 がそれ, に向かい, のほう

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 てそれ, ないが, るよう

▼ 言い~ (3, 0.1%)

2 して 1 した時

▼ 言い同時に~ (3, 0.1%)

1 その紳士, ドタドタと, 膝まずき

▼ 言い夫人~ (3, 0.1%)

1 のことさら, は良く, を促し

▼ 言い姫君~ (3, 0.1%)

1 のほう, の最後, をつれ

▼ 言い実に~ (3, 0.1%)

1 さまざまの, へんな, 見事な

▼ 言い弁護士~ (3, 0.1%)

1 が要求, の扉, をもっとよく

▼ 言い得ら~ (3, 0.1%)

1 るる, るるという, るれば

▼ 言い政府~ (3, 0.1%)

1 で取り扱うまい, と言い, の仕事

▼ 言い最後~ (3, 0.1%)

1 に, にしんみり, に黙っ

▼ 言い次に~ (3, 0.1%)

1 たずねた, は多数詞, 詩の

▼ 言い殊に~ (3, 0.1%)

1 其意見が, 小刀の, 毒竜バシリスクは

▼ 言い特に~ (3, 0.1%)

1 叮嚀に, 日本を, 東国武士を

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 がそれ, のひと, は歎息

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 に見た, は顔, を閉じしめ

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 三の, 二が, 二第

▼ 言い継ぎ~ (3, 0.1%)

1 語り継ぐとは, 語り継ぐの, 語り継ぐべき誓願

▼ 言い継母~ (3, 0.1%)

1 にはまた, にも話した, はあんまり

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 の立っ, は縁側, は途中

▼ 言い蝋燭~ (3, 0.1%)

1 の光, を下げ, を携え

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 のよう, をし, をした

▼ 言い~ (3, 0.1%)

1 のたけ六尺, をひるがえし, を起こし

▼ 言い身体~ (3, 0.1%)

1 がたっぷり, も引き動かす, を正した

▼ 言いあて~ (2, 0.0%)

1 たりする, たろう

▼ 言いあなた~ (2, 0.0%)

1 の耳, の髪の毛

▼ 言いあまりに~ (2, 0.0%)

1 人を, 激しく迫っ

▼ 言いいきなり~ (2, 0.0%)

1 ふるえる片手, 席を

▼ 言いいっしょ~ (2, 0.0%)

1 に歩い, に談笑

▼ 言いいま~ (2, 0.0%)

1 まで見た, 受けた印象

▼ 言いいよいよ~ (2, 0.0%)

1 となれ, 恩愛の

▼ 言いおばあさん~ (2, 0.0%)

1 が奇妙, が警戒

▼ 言いお祖母さん~ (2, 0.0%)

1 は, は俊亮

▼ 言いがい~ (2, 0.0%)

1 がない, のない

▼ 言いがたし~ (2, 0.0%)

1 この門, さ

▼ 言いここ~ (2, 0.0%)

1 へ入っ, へ来

▼ 言いこんな~ (2, 0.0%)

1 古道具は, 言葉を

▼ 言いざま横~ (2, 0.0%)

2 に払った

▼ 言いしかも~ (2, 0.0%)

1 その惡口, その紋切型

▼ 言いしばらく~ (2, 0.0%)

1 してから, 考えて

▼ 言いしも~ (2, 0.0%)

1 つまるところは, みな人間交際の

▼ 言いそっと~ (2, 0.0%)

1 左手を, 金を

▼ 言いその後~ (2, 0.0%)

1 では誰, の応対

▼ 言いそれからまた~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, 二つ三つ意見を

▼ 言いそんな~ (2, 0.0%)

1 手つきで, 縁故からも

▼ 言いたま~ (2, 0.0%)

1 いければ, えッ女情

▼ 言いだれ~ (2, 0.0%)

1 も寝入っ, も皆

▼ 言いって~ (2, 0.0%)

1 おくれやっぱり, 大いに奮発

▼ 言いっぱなし~ (2, 0.0%)

1 てそれなり, にし

▼ 言いっ放し~ (2, 0.0%)

1 で強いて, にし

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 出方と, 出方とが

▼ 言いという~ (2, 0.0%)

1 その物, のを

▼ 言いどうやら~ (2, 0.0%)

1 お前さんも, 部屋を

▼ 言いどんな~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 言いはず~ (2, 0.0%)

1 かうべも, 群れゐ木

▼ 言いひとり~ (2, 0.0%)

1 でい, の少年

▼ 言いひどい~ (2, 0.0%)

1 泥濘の, 者は

▼ 言いほとんど~ (2, 0.0%)

1 寸分の, 悲しげに

▼ 言いまことに~ (2, 0.0%)

1 柔和な, 親切極まる

▼ 言いまず~ (2, 0.0%)

1 御寺, 黙ったまま

▼ 言いまたは~ (2, 0.0%)

1 このお, その人

▼ 言いまだ~ (2, 0.0%)

1 卵お, 煙草を

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 旦那とね, 泥棒や

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 力に, 自分一人で

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 した, したえ

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 こなしさ, て観る

▼ 言いパリー~ (2, 0.0%)

1 へ帰る, を学芸

▼ 言い一度~ (2, 0.0%)

1 は, は二週間前

▼ 言い七兵衛~ (2, 0.0%)

1 そっくりあと, もそれ

▼ 言い下し~ (2, 0.0%)

1 来たる, 来たるを

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 の名, 水之

▼ 言い乍ら千代~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 かな最初, をした

▼ 言い亭主~ (2, 0.0%)

1 から日本酒, がっかりなどという

▼ 言い今度~ (2, 0.0%)

1 は進ん, は食う

▼ 言い今日~ (2, 0.0%)

1 のこの, は実に

▼ 言い他人~ (2, 0.0%)

1 の惑い, の行なうごとく行なう

▼ 言い付け~ (2, 0.0%)

1 によってこの, をきい

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 で何, を参照

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 のつり針, の海図

▼ 言い健康~ (2, 0.0%)

1 と言い, のこと

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 というの, の手

▼ 言い全然~ (2, 0.0%)

1 嗜みの, 愚蒙

▼ 言い六条院~ (2, 0.0%)

1 のお話, のこと

▼ 言い再び~ (2, 0.0%)

1 波多野君や, 眼を

▼ 言い去る~ (2, 0.0%)

1 ことは, のは

▼ 言い叔父~ (2, 0.0%)

1 をじっと, を立ち止らせ

▼ 言い場合~ (2, 0.0%)

1 と申し, によっては何気ない

▼ 言い大騒ぎ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 言い女房~ (2, 0.0%)

1 もいそいそ, をやっ

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 の方, の顔立ち

▼ 言い学校~ (2, 0.0%)

1 の教師, も女学校

▼ 言い学術~ (2, 0.0%)

2 と言い

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 へ帰っ, を出

▼ 言い少し~ (2, 0.0%)

1 わきへ, 疲れて

▼ 言い尼君~ (2, 0.0%)

1 が僧都, は困っ

▼ 言い工業~ (2, 0.0%)

2 と言い

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 が主人, が自恣

▼ 言い度そう~ (2, 0.0%)

1 な様子, な開けっ拡げの

▼ 言い延べ~ (2, 0.0%)

1 のできる, も限り

▼ 言い廻し方~ (2, 0.0%)

1 の不, の巧劣

▼ 言い廻わし~ (2, 0.0%)

1 だのに, を使う

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 の三則, の名

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 から遠く, の健康

▼ 言い後者~ (2, 0.0%)

1 おメス, を直感的認識

▼ 言い悪かっ~ (2, 0.0%)

1 たもん, たん

▼ 言い慣わし~ (2, 0.0%)

1 で雅号, に姑

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 った, ったもの

▼ 言い損い~ (2, 0.0%)

1 の表明, をした

▼ 言い放題~ (2, 0.0%)

1 で取, 言わして

▼ 言い旦那~ (2, 0.0%)

1 の料簡, は呆れ

▼ 言い旦那さん~ (2, 0.0%)

1 はそう, はつかつか

▼ 言い易い~ (2, 0.0%)

1 けれども達人, のも

▼ 言い検事~ (2, 0.0%)

1 は, を能弁

▼ 言い正直~ (2, 0.0%)

1 に, に進ん

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 の帰ろう, も渋々

▼ 言い浮舟~ (2, 0.0%)

1 の聞き入れない, は出家

▼ 言い溜息~ (2, 0.0%)

1 をついた, をもらし

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 仏性というも, 結構と

▼ 言い父母~ (2, 0.0%)

1 の中一人, をはじめ親戚一同

▼ 言い片手~ (2, 0.0%)

1 でわき, を漠然たる

▼ 言い犯人~ (2, 0.0%)

1 が職業的専門家, は明

▼ 言い理由~ (2, 0.0%)

1 のある, を訊かれた

▼ 言い甲斐~ (2, 0.0%)

1 もなく, もなく怖

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 てたか, てること

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 でぴしゃり, で頸

▼ 言い自身~ (2, 0.0%)

1 の心, の通った

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 のしばらく, を数える

▼ 言い芸術~ (2, 0.0%)

1 と言い, のため

▼ 言い落とし~ (2, 0.0%)

1 がある, をし

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 って剣, りて

▼ 言い通し~ (2, 0.0%)

1 だった伝六, でクージカ

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 れて, れの

▼ 言い違い~ (2, 0.0%)

1 したの, と思い違い

▼ 言い遠く~ (2, 0.0%)

1 より戦, より戦闘

▼ 言い~ (2, 0.0%)

1 をもってる, を千圓

▼ 言い雌魚~ (2, 0.0%)

2

▼ 言い顕わし~ (2, 0.0%)

1 て居る, 得ぬ冥々

▼1* [921件]

言いああ私は, 言いあたかも天地の, 言いあとは黙っ, 言いあと何にも言わず, 言いあまり多くの, 言いあらあらかしくと書きおさめ, 言いあらゆる部屋を, 言いありのままに話し, 言いあるいはまた滑かに, 言いいい糸の, 言いいかにも怨めしそう, 言いいくら名を教え, 言いいずれにし, 言いいたずらに壁破りの, 言いいろいろに言葉, 言いうべくんば, 言いうるかと思う, 言いおかしなものに, 言いおかみさんが二度と, 言いおのれを, 言いおりもおりと, 言いお母さまに抱きつきたい, 言いお母さんといい, 言いお玉の胸, 言いお祝いの品物, 言いかごの前, 言いかた言葉の陰影, 言いかつおの中落ち, 言いがたいなまめかしさ, 言いがたい重苦しさが, 言いがたき暗愁は, 言いがたくなまめかしかったから, 言いがたなき悲哀味が, 言いがたぴし破戸, 言いきたならしいと言い, 言いきちんと頭を, 言いきゅうにまた, 言いくるしがった, 言いくるりと向き直っ, 言いけさの教室, 言いけむように色めかしく, 言いけれどもその唯一, 言いこういう無能な, 言いこうして路なき, 言いこそしないに, 言いこちらを見上げた, 言いこっちはそう, 言いことし生れた一ばん下, 言いことに砲術にかけて, 言いこの世では許されなく, 言いこの同じ部屋に, 言いこわいようなれ, 言いごとと聞こえる, 言いごまかしだって何, 言いさしにした, 言いさっさと一人で, 言いさっぱりした人, 言いさて何事か, 言いさまにお, 言いさまざまの説, 言いさまで古からぬ, 言いさも分別あり, 言いさよ子が用, 言いざまもろ手で必死, 言いざまスッと斬り下ろした, 言いざまパーヴェル・パーヴロヴィチはいきなりまったく, 言いざま中尾は眉, 言いざま二人とも声, 言いざま僕と六さん, 言いざま兵藤のフクラハギ, 言いざま前に居合わした, 言いざま天目茶碗に白湯, 言いざま布団を引っ, 言いざま拳を振挙げ, 言いざま棘に触った, 言いざま無理やりにヴェリチャーニノフ, 言いざま片手でその, 言いしいて促し立てて, 言いしかし俺は, 言いしだいに数しげく, 言いしまいには弁慶, 言いしわが言葉, 言いじゃないッ, 言いすぎはしなかった, 言いすこしでも直義, 言いすでに殺されて, 言いすばらしいものです, 言いすべてを隠さん, 言いすべて人間の交際, 言いすべて用をさせる, 言いそこにも一人, 言いそのまま他の, 言いその他二三の問, 言いその他種々の言い方, 言いその後さまざま養生しても, 言いそもそも郵便局で, 言いそれお前のぱっちの血形, 言いそれではと古, 言いそれでもほめられて, 言いそれほど心配する, 言いそれらはみんなおら, 言いそれ以上何も言わず, 言いただいま承ったところ, 言いただちに女を, 言いたとい国を, 言いたまえそんな遠く, 言いたまえきみが呶, 言いたまえぼくは催眠術, 言いたまえ中倉先生の御意, 言いたまえ毎度逢って, 言いたまえ路之助, 言いたまたま病人の, 言いたりとせらるるなり, 言いたるが理屈, 言いだい私に向かっ, 言いちょっと大学を, 言いちらと横眼, 言いっぷりだろう, 言いつくづく写真を, 言いつたのださうだ, 言いつては腹, 言いつまり共産に, 言いづめのよう, 言いづらそうに, 言いづらい別居だっ, 言いても伯母は, 言いてんで相手に, 言いとうてい同日に, 言いとなりのクラス, 言いともないの, 言いともに食通を, 言いおしだった, 言いどうか一度穴の, 言いどうも同一人, 言いなあにそうじゃ, 言いながらの一人芝居だ, 言いなどして, 言いなんとかして, 言いにくうもございます, 言いにくかろう, 言いにくき便利なる, 言いにくく怖かった, 言いにやにやしながら, 言いねえ土産を, 言いねの半分には, 言いはたまた会社員, 言いはなしたるなかなか, 言いはなし候様はあたかも, 言いはなはだしいのに, 言いはりになりました, 言いはん月の友, 言いぱちんぱちんと爪を切っ, 言いぱなしにして自分の居間, 言いひしと抱き合いそれから, 言いひとかど, 言いひとしくこれ万世一系の, 言いひょいと私の, 言いふたはれ亞米利加, 言いふだんあまり親しくし, 言いふと初対面の, 言いほとんどそう信じること, 言いほのかに総角, 言いほんとうに自分, 言いぼく達が驚き, 言いッしょう, 言いまじめな話, 言いますます逢わせて, 言いまるで船を, 言いみな集まってから, 言いみんなは一ぺん, 言いむしゃむしゃ食べはじめました, 言いむりやり入らせて, 言いめいめいに一杯, 言いもうたいして自分の, 言いもう一度ノックした, 言いもう二度と足を, 言いもしくは書いて, 言いもっと気の, 言いやがてそれとなく次郎右衛門の, 言いやたらに接吻, 言いやっこらはうよう, 言いやはり絵を, 言いややしばらくして, 言いゆったりと安楽椅子, 言いよかったろうもう, 言いよっぽどよく出来てるので, 言いわけ一ついわずいっこう, 言いわけ以上のもの, 言いわけ役に住, 言いわざとらしく高く笑うと, 言いわしが望む, 言いんさんな, 言いイスはどうも, 言いウイスキーを二, 言いオランラウト人は鮫, 言いカチンと音, 言いカラフトでわ, 言いキリスト教で天国, 言いクリストフに演奏, 言いクリトーンが, 言いクープリンは彼, 言いグルゥバッハ夫人の態度, 言いコップでぐいぐい, 言いコンパスをさし立てた, 言いシェットランドの背高, 言いシナ風の装飾化, 言いシュナイデルはこれぞ, 言いスウプをすまし, 言いスカートの皺, 言いスピッツは金切り声, 言いスピードを落した, 言いスープを皿, 言いズボンのポケット, 言いソファに深く, 言いディッケンズの例, 言いヌケも兄, 言いヌケヌケとした, 言いノートをめくり, 言いバタパンを蜜, 言いバターもいや, 言いパン屋のを丁稚, 言いパーキンスの, 言いヒラメと堀木, 言いビュルストナー嬢の洗礼名, 言いブナッケそのものおもそぉ, 言いプロと言い, 言いプロセニウムの客席, 言いボイコが再び, 言いマンチェスタアや紐育, 言いミルン氏もまた, 言いムク犬と言う, 言いモトムが岩, 言いモヤイを結えつける, 言いラサ付近では一番, 言いラニョンとのこの, 言いリュックを背負っ, 言いルイ十四世時代を偉大, 言いルトーニンは鼻柱, 言いレアリストと言う, 言いロシア風の予想外, 言いロデンが本当, 言いローレンス等が紹介, 言いワインガルトナーは, 言いヴァイリマの家族, 言いは西方, 言い一々個人によって, 言い一つの宿所, 言い一切にわたる人間文化, 言い一寸間をおい, 言い一方の学者, 言い一本の爪楊枝, 言い一村と言い, 言い一郎の手, 言い一部の読者, 言い一面識もない, 言い万一こんなヨタ者, 言い三万石の城, 言い三人指二本で掻, 言い上手に帰り, 言い上方で, 言い上着の襟, 言い上衣をぬいだ, 言い上部は図引き, 言い下総香取郡飯篠村の飯篠山城守家直入道長威斎, 言い不和となった, 言い不思議な女性, 言い不慮の災い, 言い与四郎は小鬢, 言い世の中の人たち, 言い世間から尊敬, 言いは彼, 言い腕を, 言い両国橋と言い, 言い両脚を大きく, 言い中味といい, 言い中国地方ではゴギ, 言い中国朝鮮をはじめ, 言い中央の母屋, 言い中宮へ兵部卿, 言い中年から晩年, 言い主婦なれば, 言い主張するもの, 言い主観主義の芸術, 言いを袖, 言いをいたわっ, 言い乍らストーブの側, 言い乍らドスを利かせ, 言い乍ら一番の見晴, 言い乍ら一行は白山, 言い乍ら二人の中, 言い乍ら二時三時までも夜, 言い乍ら其日の糧, 言い乍ら前列に虔, 言い乍ら塀の穴, 言い乍ら婆やのお, 言い乍ら対馬守は突然, 言い乍ら彼が紙屑籠, 言い乍ら彼女は私, 言い乍ら手を叩く, 言い乍ら手提金庫の蓋, 言い乍ら江藤老人を振り返りました, 言い乍ら深井少年の手, 言い乍ら片手を縁, 言い乍ら短銃を美人像, 言い乍ら窓から乗り出す, 言い乍ら臆病な狐, 言い乍ら自分は十銭銀貨一つ, 言い乍ら萩江鞍馬は狼, 言い乍ら蟲喰い頭, 言い乍ら裕福な暮し, 言い乍ら車を廻し, 言い乍ら郷太郎は駕籠, 言い乍ら野良犬のよう, 言い乍ら顔を洗った, 言い乳母が寝, 言い了らぬに, 言いが, 言い予親ら幾度も見た, 言いつて, 言い争そう事をいつ, 言い争そう現場を父, 言い争ッたの, 言い事件はすぐ, 言い事功の人, 言い二つを並べ, 言い二つながら手掛としては, 言い二三の俳句, 言い二度目には二時過ぎ, 言い二階堂や山名, 言い五つのパン, 言い五十嵐と言い, 言い五尺そこそこの小男, 言い井田さんの方, 言い人々に挨拶, 言い人品と言い, 言い人形座と言い, 言い人格的に見, 言い人民のこと, 言い人気とりだと, 言い人間と言っ, 言い人間界の代物, 言い人類と言い, 言い今夜と言い, 言い今朝ふかしたサツマイモ, 言いてその, 言いの竜, 言い伊太利のヴェニス, 言い会社と言い, 言い伝六あわてずいや, 言い伸びをし, 言い伽藍へ行かね, 言い佐幕というよう, 言い何だかドス黒い, 言い何ぶん私の一存, 言い何んでも, 言い何一つ嫌悪と, 言い何本マッチがマッチ箱, 言いの事, 言い傍聴人に向っ, 言い僧侶なら寺, 言い僧都は病室, 言い兄君の兵部卿親王, 言いに立っ, 言いのある, 言い全く僕が, 言い八つ当りしても, 言い八ヶ岳は富士, 言い公卿たちは雲上人, 言い公然わが日本民族, 言い公用と言う, 言いをキリ, 言い六人の学者, 言い兵士のを鼓手, 言い其子の有, 言い写実の妙, 言いが陰, 言い冷やかに挨拶, 言い凝りに凝った, 言い几帳の前, 言い出ずる機会もなく, 言い出づる光代出来るならねえ, 言い出づる辞もなく, 言い出づればあれほどに心強う, 言い出席したと, 言い切り玉へるも, 言い初めから今, 言いくる, 言い別に医者からの, 言い利七の方, 言い劇場をメルポメネ, 言い功績と言い, 言いす得右衛門, 言いもなき, 言い勘定を間違え, 言い勝ちに出任せ放題, 言い北原ミユキは店, 言い十一隻からのイギリス, 言い十三個の斑点, 言い十人も綺麗, 言い十六世紀にオラウス, 言い千人死んだこと, 言い千種忠顕もともに, 言い卑屈に笑っ, 言いの縁付き, 言い南京と呼ぶ, 言い原義は, 言い厭味たっぷりの文句, 言い又こう言い自分自身, 言い及び広東奉行の, 言い反覆部はみな, 言い口もとに皺, 言い右大将にこの, 言い右手で自分, 言い右近はしばらく, 言い司教を聖なる, 言い合わせに帰府, 言い先生にも, 言い同じように, 言い同僚には二重三重, 言い同行をしよう, 言い和賀郡の一部地方, 言い商人があまり, 言い商人のを小僧, 言い嘉七はその, 言いをつい, 言い四十くらいの男, 言い団扇座と言い, 言い図解して, 言い国学というもの, 言い国王のを皇太子, 言い在郷の若い衆, 言い坂田は伏し拝んだ, 言い坊やわかりますよ, 言い坊主は坊主, 言いを幾つ建て, 言い堂内の彫刻, 言い境遇と言い, 言い墓地続きの寺, 言い墨色と言い, 言いうれば, 言いは夜, 言い夜通し尼君と, 言いあくびし, 言い大勢の人, 言い大山はその, 言い大沢は, 言い大福帳と言い, 言い大粒の涙, 言い大納言の君, 言い大胆に行うべきである, 言い大阪や東京, 言いは陽, 言い天啓の声, 言い天狗小僧と言い, 言い太刀魚お, 言いの坐っ, 言い失敗は進歩, 言い奥さまはそれ, 言い奥さんは平然と, 言い女ぎらいか未だに独身, 言い女中にも誰, 言い女王はいなみ続け, 言い女王自身もそう, 言いにイヤ, 言い姉妹をオメナイ, 言い始終働いて, 言いは父親, 言い婆さんの呆気, 言い子ガニが親, 言いの一つびとつに針金, 言い学問と言い, 言い学生の背中, 言い学生時代から実践運動, 言い宇治の荘園, 言い安い品じゃ, 言い安楽椅子を示した, 言い完全に適切, 言い宗教と言い, 言い実は折入っ, 言い実業家と言う, 言い実際それ以外に, 言い客観主義とは情意, 言い客観性が無い, 言いの御, 言い家中を笑わせ, 言い寝巻の頸, 言い寝床に腹這い, 言いうと, 言い対象への愛, 言い尊い御仏, 言い雅には, 言い小さな辞書を, 言い小児は自分, 言い小娘の夭死, 言い小説とは言わない, 言い小首を捻り, 言い少将らは姫君, 言いをふりました, 言い屈曲さえあれ, 言い屋敷が一町四面, 言い山中で天狗, 言い山育ちの娘, 言い山荘の留守居, 言い山陰道筋の鉢屋, 言い崇敬措かなかったもの, 言い工場主を机, 言いらして, 言い布らすんだから, 言いと言い, 言い師団長を何, 言い幽かな溜息, 言い広くもあらぬ, 言い広東奉行が全く, 言い度い程加奈子, 言い度いものであった, 言い度げに二三歩, 言いに飛び降り, 言い庭先へまわした, 言い廷丁の私服, 言い廷臣のを扈従, 言い廻しようがあろう, 言い廻し僕の推察, 言い廻し言葉だろうと, 言いが躊躇, 言い弁論をただいま, 言いを司る, 言い弘徽殿の女御, 言い張つたけれど村民, 言いつるに, 言い当人もそれ, 言いと言い, 言い彩色といい, 言い彼らがいかにも, 言い彼自身初めて自分, 言い従僕のを小, 言い従来地方から上洛, 言い御息所は大将, 言い微かな笑い声, 言い微笑しながら, 言い忘れはしなかった, 言い忙しそうに, 言いに決心, 言い怪む判事警察官が猶, 言い恐ろしく面ッ構えの, 言い恩威といい, 言い恰好と言い, 言い恵心僧都は大和, 言いして, 言いそうに, 言い悪くいけれど, 言い悪ければ家内, 言い悪しきものを, 言い悲しくて悲しく, 言いに走り, 言い情けなさそうに, 言い惜しげもなく, 言い愛嬢を昼, 言い感じの悪く, 言いはしだ, 言い慣らわして来た, 言い慰めもし, 言い慶娘のこと, 言い憎うござります, 言い憎かったん, 言い憎かろう, 言い懇願するよう, 言いされて, 言い懶惰なあなた, 言いも許した, 言い我々は色, 言い我儘を言い合う, 言い戦争責任云々と騒ぎ, 言い戦場にあ, 言いるるこそ, 言い戸締りが厳重, 言い房州通いの蒸汽船, 言いのところ, 言い手全体をすっかり, 言い手帖をひらい, 言い手紙は拡げた, 言い鈴が, 言い把手を引っ張った, 言い抗議すること, 言い折敷に載せた, 言いてて立ち上つた, 言いでその, 言い指さきがびりびり, 言いまえどころ, 言い捨つるは実際, 言いに唾, 言い揣摩臆測はし, 言い揺鉢とも言っ, 言いわば笑わるべし, 言い損いや書き損いをつかまえ, 言い支店長代理の視線, 言い支那から来た, 言い政治と言い, 言い教育家は教育, 言いなき者, 言い数冊の本, 言い文部省の方, 言い料理人のを下, 言い新しい姫君へ, 言い新聞紙に帰せ, 言いをした, 言い日曜日に出来た, 言い日本の忠義, 言い日本人の作家, 言い日進月歩の時, 言い宿役人時代から, 言いさない, 言い明石の邸宅, 言い易かった, 言い易くして, 言いきたれば, 言い昨夜のこと, 言い智識分布の中心, 言い暮らし眼中唯文学あるのみ, 言いえた, 言い月初めの夕月夜, 言い朋友の品物, 言い早く大龍寺, 言い木彫りのもたれ, 言い木曾街道六十九次とも言った, 言い木曾谷三十三か村の人民, 言い未だ一人の, 言いを小さな, 言い本人も気分, 言い本当に不審の, 言い本来食物お意味, 言いの入口近く, 言い束髪の上, 言い来年はずっと, 言いと言い, 言い東海道辺では天龍川, 言い果ては他人の, 言い染み工合と言い, 言い柴田に上越, 言い校正のこと, 言い校長のデルヴァンクール氏, 言い根付と言い, 言い格子の外, 言い森積も見た, 言い植木の世話, 言い楽観させようと, 言い様子と言い, 言いから眺め, 言い次郎がブラシ, 言い欧州では美術, 言い武州もお, 言い歩みを進めた, 言いにはかなく, 言い死がいをうめ, 言い死刑執行人に切られる, 言い死肌の色, 言いにも仲間, 言いして, 言い母親のほう, 言いのおけぬ, 言い気晴しに紅葉, 言いのこぼれた, 言い水夫のを見習い, 言い江戸の八丁堀, 言い決して人格を, 言い河童と言い, 言い法師別当らの水無, 言い法律と言う, 言い泣きも笑い, 言い泣き声になっ, 言い注射をし, 言い海軍と言う, 言いをぬぐい, 言い渋い顔で, 言い渡殿に打ち解け, 言い湯屋で見た, 言い滑稽にまで無理, 言いと聞け, 言いえる, 言い演奏会を音楽, 言い漸く私だけ, 言い激情は見せず, 言い濁りをかすめ, 言い無いものを, 言い無常の世, 言い無理に余, 言い無理矢理君枝を, 言い無言なれども, 言い無軌道と言っ, 言い無駄書きに, 言い照枝も両親, 言い熊本君の傍, 言い物々しく鉾を, 言い物ごしと言い, 言い物乾場のこと, 言い物蔭にいた, 言い物言いと言い, 言いが少し, 言い状咳は又, 言いを抱い, 言いを君主, 言い王家を王, 言い珍しいほど好条件, 言い理想主義的なシューマン, 言い瑞歯に聯想, 言い生命の躍動, 言い産卵すること, 言い由緒の正しい, 言い男たちを見つめた, 言い男らしさとは, 言い男らしき人と, 言い男性衰微時代が百年前, 言い描きは, 言い画家の意見, 言い画家のを弟子, 言い画架の上, 言い留守番にした, 言い畜生と言い, 言い番人の翁, 言い病舎の二十八, 言い白らけで, 言い白山の奥, 言いも縫い, 言いといい, 言い皺くちゃの顔いっぱい, 言い皺だらけの婆さんエステル, 言いよりパインアップル, 言いを持った, 言いす言葉, 言い監督のそば, 言い直視の鋭さ, 言いな有様, 言いをひそめた, 言い真に欲する事, 言い真底から憎く, 言い知らずあでやかなもの, 言い知らず力が籠った, 言い知らず心を惹い, 言い知識と言い, 言いの一つ, 言い石原の利助, 言い確かに暫く, 言い磐司とおまえ, 言いをし, 言いの御, 言い社会の大, 言い祖父を新, 言い祝福して, 言い神のを神童, 言い神主さんと言い, 言い神主様は罪, 言い神学校の生徒, 言い神経質な笑い声, 言いや祓, 言い私たちを誘っ, 言い秘伝のよう, 言い突然疲れを, 言いから外, 言い窓ぎわへ行った, 言いること, 言い立ち話をさせた, 言い立つる所より森, 言い立てをし, 言い立川景子さんに聞い, 言い立派に教養, 言いれば, 言い笞刑吏をよく, 言い笠井氏のコップ, 言い筆紙の類, 言い筍八段というの, 言いと言い, 言い箱根熱海の温泉場, 言い籠めて隙, 言い米国のトロー, 言い約束が違った, 言いにむかっ, 言いして, 言い紛れもない, 言い素早く手紙を, 言い紫色に光る, 言い終つてからその, 言い終つて康子は指, 言い終つて結婚をなさつ, 言い終りに臨ん, 言い結局かず枝, 言い絵本の弘法大師一代記, 言い継ぎ擁られて, 言い継ぎ行かむ, 言い綾藺笠を冠, 言い緊張した心持ち, 言い編物をし, 言いと言い, 言い縹致と言い, 言い繰返し二人の手, 言い美しい女ほど, 言い美味と言う, 言い義理ある弟, 言い義髄が同じ, 言い羽根布団を退け, 言い羽織の紋, 言い老婆は相手, 言い聖書の中, 言い職名外間祝女と言われ, 言い肉屋はあと, 言いを小さく, 言い能登守と言い, 言いを長持, 言いを撫で, 言いがへっ, 言いする竹一, 言い自主自由の権義, 言い自分自身の思いつめた, 言いの行, 言い良弁に関係, 言いの白い, 言い芥川があまり, 言い苦い話だ, 言い茂ちゃんと言い, 言い茶碗の中, 言い莽草の実, 言いにし, 言い葉子はいかにも, 言い蒲団の隙間, 言い蒼然たるさび, 言い薄氷を踏む, 言い藤堂平助と共に江戸以来, 言い蛸ひとりを宿, 言い行動と言い, 言い行在に止まらん, 言いはそう, 言い襖子を中, 言い西洋にも空樽, 言い西洋寝台は長く, 言い所要所は, 言い見事なほど, 言い親しく宮に, 言い親玉と言う, 言い観音堂の屋根, 言い觸らさしめました, 言い言葉は少ない, 言い記憶への郷愁, 言い訪れを受ける, 言いぶる態, 言いじった, 言い誇らしげに肩, 言いが見, 言い論理的にはちょっと, 言い講堂では前列, 言い謬りかとある, 言い豪傑笑いしてから, 言い財産家は乳母, 言い貧乏人になれ, 言い貧相な番人, 言いと言っ, 言い貶黜せらるること七十余回, 言い起居眠食, 言いのこと, 言い路傍の杉林, 言いをおろし, 言い蹌踉と居酒屋, 言い近頃はどうも, 言い返しをし, 言い退屈しのぎに昨日, 言い送りになりました, 言い逃がれようとしてもここ, 言いった, 言い逆上気味と言い, 言い途中の容子, 言い通訳という何, 言い遊楽や革命, 言い遊舞には八処女, 言い過分の働き, 言い道具と言い, 言い道庵ある間, 言い遠慮なき人と, 言い適当な祈祷, 言い部屋を見る, 言い鄭人が温, 言い酒井の調子, 言い酒宴は一そう派手, 言い重い荷物を, 言い重箱の蓋, 言い野菜の袋, 言い金曜日に出来た, 言い金箔附きの, 言い鉄びんを天井, 言い銚子をどしどし, 言い錠前のある, 言い門人洒堂に教え, 言い開港と言っ, 言い間違いに今日, 言いかる, 言い陰干しの煙草, 言い陰険極まる近臣, 言い陸軍と言い, 言いに二階, 言い隻手を女, 言い難い悲しいような, 言い難く快いものであった, 言いを払う, 言いを蹴っ, 言い電話で代理, 言い露出したところ, 言い非常の場合, 言い面構えと言い, 言い順序と言い, 言い頑固で傲慢, 言い頭巾というもの, 言いをなで, 言いわすには, 言い風体と言い, 言いをのばし, 言いめいて, 言い騒々しけれども悪から, 言いいで食物, 言い高笑いしながら, 言い高貴とは生命力, 言いが揺れ, 言い髪の毛をひきむしり, 言い鬱屈からの解放, 言いお, 言い