青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「称し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~科学 科学~ 秒~ ~秘密 秘密~ 秦~ ~秩序 秩序~ 称~ ~称し
称し~
~称する 称する~ 移~ ~移し 移し~ ~移っ 移っ~ 移り~ ~移る 移る~

「称し~」 2121, 20ppm, 5796位

▼ 称し~ (1555, 73.3%)

78 いる 49 いた 24 いるが 17 ゐた 15 ゐる 13 いたが, いるの 9 これを, よい 7 人の 6 いるそう, 居る 5 いたの, いるもの 4 ある, います, ゐるもの, 可なり

3 [16件] いたこと, いたもの, いて, いますが, いるけれども, いろいろの, おった, おります, よい程, ゐたもの, ゐるが, 一種の, 売って, 差支ない, 差支へ, 引籠っ

2 [61件] いたらしい, いるよう, いる国, おりますが, おる, ここに, これに, これも, それに, よいであろう, ゐたこと, ゐたの, ゐるの, 一個の, 一間に, 三つの, 世道人心に, 之を, 人に, 今でも, 以前は, 何か, 偽造の, 八つの, 去ったの, 可なら, 可なる, 和文対訳の, 外出し, 夢の, 大人物と, 姿を, 子供が, 実は日本侵略, 居たもの, 居るが, 居る者, 山に, 山の, 差し支えない, 後生大事に, 敵の, 新たに, 此処に, 泥炭を, 父の, 猶ほ, 珍重した, 珍重する, 異を, 私は, 耳を, 自分の, 行われて, 賭博師と, 通は, 道普請や, 金を, 門を, 非常に, 面会を

1 [1113件 抜粋] ああも, あっぱれの, あの部屋, あるいは魔, あわびの, いいだらう, いたあの, いたから, いたこの, いたその, いたと, いたよう, いた三枚橋, いた光安院, いた手工業的, いた筈, いた高氏, いつも小脇, いるえたい, いるすこぶる, いるという, いるにも, いるほど, いるらしい, いるガス計量器, いる一風, いる人々, いる労働, いる厳白虎, いる妻, いる実例, いる我々一同, いる手合い, いる沢, いる甲斐駒, いる短い, いる立場, いる者, いる言葉, いわゆる力山, いわゆる市気匠気, おったの, おのおのその, おられますが, おるの, お上品, お召し, お母さまの, お身, かつて, かの岸, きた, きた者, こうした地, ここを, この, この名, この日いろいろ, この泥, この辺, これらの, しいて婦人, しばしば各地, すぐに, すべて閉店する, そのまま徐州, その一本, その五つ, その各種, その家, その都度職, そばで, それを, そんなこと, ただ宿所, どうしても動かなかった, なにかと, なんの, はれがましい大, ひとりで, びんざゝらを摺る, ほとほと凡人, まさに人間, まだ年, みなつねに, もとは, やっぱり名, よく散歩, よろこぶところ, よろしいかと, よろしいの, よろしいよう, わが国民主化に, ゐたが, ゐたので, ゐた大村一蔵君, ゐた時代, ゐた筈, ゐた藤陰成章, ゐました, ゐるわけ, ゐる故, ゐる海, アパートの, オトノドツキッチョと, コトの, サボリ許可され, スカパンと, タチバナ末茂が, ツェフロスと, ナムギャル・ターサンと, ハ, パリと, ビフテキの, ブールボン家とは, ミツキイは, ヤクの, ラママニと, ロマンチストと, 一ヶ月ばかり, 一人一人にも, 一六の, 一千日の, 一同集合する, 一家の, 一時は, 一本七十銭から, 一種尖っ, 一般に, 七つの, 三つだけを, 三川犬と, 三老と, 上品らしく, 上申した, 下駄灸という, 世に憚ら, 世俗の, 世禄五百七十二石を, 世間にて, 両面に, 中国へ, 主人の, 之れ, 事を, 二三代前の, 二十一の, 二度までも, 二本ちょうど, 二重の, 互に興じ合った, 亡者の, 京都に, 人々は, 人が, 人より, 人工的インスピレーションと, 人望を, 人民を, 人間生活の, 人類学的神話学と, 今一度山から, 仕事場の, 他人これを, 位も, 低利資金を, 作家の, 例の, 便宜的に, 俗に, 保管され, 偶然である, 僅かに, 元勲内閣と, 党略の, 公務の, 六尺豊かの, 兵力を以て, 内部に, 写生文家の, 出京, 出仕せぬ, 出向いて, 出廷を, 出藍の, 別に一部落, 前日から, 副将軍直参, 動かず中, 医学実験に, 十六七の, 南の, 南部の, 即位支那革命は, 却って主観, 厭世家と, 受験と, 古来手を, 右兵衛佐頼朝に, 各戸総出を, 各色, 同居し, 名所の, 吹聴し, 吾国の, 命がけの, 商売の, 喜び正月, 嘲ったよう, 四ツ辻が, 四五人群を, 国の, 国家統制経済とも, 国際道徳と, 土地の, 在郷軍人の, 地方限りの, 基督の, 堂上や, 塩辛と, 売りだした, 売れた阿部知二氏, 変更を, 外へ, 多くの, 多少余計, 夜更け, 夢想流杖術の, 大きな片足, 大っぴらに, 大会社, 大嘗祭の, 大楓子油, 天より, 天気が, 天然物素の, 太史公と, 奨励する, 女事務員, 女子を, 女生徒の, 好個の, 子供に, 学校を, 宗匠であった, 宗教神話と, 実はその, 実は喫, 実行不可能の, 宮中へも, 家出を, 宿に, 宿泊する, 寒い学問, 尊信し, 小刀を, 小字より, 小枝, 小豆飯三升を, 居た事, 居た理由, 居ないもの, 居ります, 居ること, 居る人, 居殿後宮も, 山から, 山王町に, 山腹の, 川島家に, 左手の, 巽と, 師匠張りの, 常々それを, 常に左右, 常世の国と, 幸福の, 店員に, 座敷牢へ, 庭掃き, 廊下へ, 弓箭を, 引き籠った, 引籠つて居た, 弭兵と, 強硬に, 当然に, 彼が, 彼岸の, 往時は, 後人の, 従来の, 得々と, 御昇進, 微塵流と, 心的現象と, 忠義と, 思う壺, 怠けて, 恐わ, 恩田百姓と, 悉く踏みにじっ, 悪思想, 愚夫愚婦を, 愛飲した, 憲政党の, 戒めて, 戯作の, 所謂もどき開口の, 手もとに, 手長明神と, 批難する, 持参する, 支那の, 政治家と, 教えこみ実は, 敢て, 文字を, 文明国の, 新しい家, 新撰隊その, 日本中に, 明らかに, 明治十八年二月十四日に, 是だけは, 昼夜二回興行である, 晴信から, 暗に世人, 暴政虐政と, 書いたり, 最大の, 月の, 朝堂へ, 朦朧体という, 木竹藁を, 村とも, 来た, 来て, 来会しなかった, 東京の, 松の, 松滑りと, 柿を, 楽園と, 横に, 欧州の, 歌舞妓に, 正座から, 正直という, 歴史的豪傑と, 段九郎の, 殿の, 毎日毎日浦から, 毎月十九日に, 比較的弱勢, 民党と, 民権論の, 気分訳とか, 永楽に, 沢井の, 法学論派と, 洋学を, 洛水より, 浪曼的完成浪曼的秩序, 海洋的神話と, 渡世し, 満州の, 準備に, 漁師の, 演奏曲目に, 潜んで, 焚物の, 無住心剣夕雲流と, 無礼にも, 焼鯛, 熊笹で, 物見組の, 物質文化から, 特に金紙, 狂乱と, 独相撲を, 猛獣の, 献納し, 王の, 珍重し, 現われし言語学的神話学説, 現場を, 生きた美女, 田面に, 男は, 町かどで, 痛快に, 白昼公然, 百句十篇を, 百里の, 監守兵らが, 盲目的愛情, 相互ひ, 省みなかつた, 真面目なる, 石ブトンという, 神, 神仏不可思議力の, 神官僧侶医師の, 神殿を, 神話伝播説と, 禄盗人といふ, 科学を, 秦が, 立てたもの, 竹竿の, 符水の, 米国へ, 粟の, 精神の, 紀尾水の, 紛れも, 終日ねた, 統帥権を, 維新当時にも, 繁, 美徳と, 而し, 聞えた典薬頭, 職業と, 自らそれを, 自ら誇り, 自分自身ひとつの, 自己の, 自由論派または, 臭気漂う, 臼や, 良民の, 花弁が, 苗代種蒔き, 若い衆の, 英雄譚が, 茶箱の, 蔭で, 蕨縄の, 薄地某が, 蘭の, 蝉取り運動と, 行脚まで, 衷心より, 袴を, 西欧めいた, 西洋まがいの, 見学し, 親代, 解党し, 記憶と, 設立され, 詩を, 読み上げるもの, 調子を, 諸門, 議政局の, 貴とき生命, 贈ったか, 起ち上ったもの, 足洗いの, 蹼あっ, 農村に, 近代的特色と, 退かなかった, 逃げ去ったわけ, 通人の, 通例でない, 進んで, 遊歴した, 道楽寺の, 邸に, 酒を, 重賞あった, 野の, 金の, 金銭米穀反物田畑山林などを, 錦の, 長いあいだ, 閑人と, 阿波の, 陰暦七月二十六日夜月の, 集まったこと, 雪山榻子の, 露宿の, 青年将校たちに, 非難するごとく, 頭から, 食せしむる, 食用に, 食色は, 飲み食いを, 飲んで, 餓死され, 首から, 高い所, 高金を, 鮭を, 鷹狩と

▼ 称しながら~ (29, 1.4%)

2 常に彼

1 [27件] この柔和, これは, すでに病弱, そのハズ, その六十侍, その実, その実験, それが, とんでもない, どうやら少し先走りしすぎた, 事実は, 他の, 先生の, 千円の, 古い田遊び時代, 実はきわめて, 実は民衆, 実は社会, 枕を, 林内閣の, 楊奉韓暹の, 極めて追分, 畢竟は, 結局あなたご, 西の, 趣は, 鎮護詞の

▼ 称しても~ (26, 1.2%)

2 よろしいかも, 人間の

1 [22件] ひとたび覇者, よい, よかろう, よく用いる, よく西洋, よろしいが, 主として怪奇小説, 今は, 大した不都合, 大過ない, 好い, 好い土地, 実は十五六分, 差支えないほどの, 差支へ, 押しの, 既に田楽, 正当なる, 決して過言, 石器時代の, 究極の, 過言では

▼ 称しその~ (25, 1.2%)

2 学名は

1 [23件] クレ国に, 下なる, 二十四五歳の, 代り夏に, 以外の, 住民なる, 区域数マイルに, 場所を, 墳墓を, 子の, 年七月の, 成長の, 所在を, 景況まったく, 檀徒の, 水中にて, 混雑な, 罪を, 美名や, 被収容者, 遠祖は, 長さ百二十間, 魚お

▼ 称し~ (12, 0.6%)

1 [12件] には単に, には夷俘, に枢機官, また東京, また道瑛, 又瑞節, 廃業し, 恕庵と, 更に岡寛斎, 玄道を, 蜂須賀氏に, 長安と

▼ 称したり~ (8, 0.4%)

1 お館, き, さながら清盛入道, する処, また秋声, 宇野浩二を, 彼の, 甚だしきは

▼ 称しこれ~ (7, 0.3%)

1 が相当, に対立, に芝, に配する, も, を堅牢, を盾

▼ 称しては~ (7, 0.3%)

1 いたが, いたけれども, 三日に, 居たが, 暗夜山を, 相集まり, 近隣の

▼ 称し難い~ (7, 0.3%)

1 かも知れない, し風当り, であらう, と云った, ながらさすが, のである, までも必ずしも

▼ 称しまた~ (6, 0.3%)

1 おとら, その内, 一般に, 一転し, 大人隼人などとも, 興行の

▼ 称し~ (5, 0.2%)

1 が一方, と交通縁組, にも大きい, の場所, を因循党

▼ 称しこの~ (4, 0.2%)

1 ドイツの, 二字に, 人は, 日長虫の

▼ 称し~ (4, 0.2%)

1 でこれ, で岡寛斎, で某, で芝神明町

▼ 称し~ (3, 0.1%)

1 となつ, はてまえ, を騙す

▼ 称し~ (3, 0.1%)

1 でもこれ, 猶行, 祖父信階の

▼ 称し~ (3, 0.1%)

1 分れて, 彼等の, 阿覚大師

▼ 称し或いは~ (3, 0.1%)

1 先祖の, 届けも, 御生母大枝

▼ 称しあるいは~ (2, 0.1%)

1 古来伝うる, 隠れたる金山

▼ 称ししばしば~ (2, 0.1%)

1 民家に, 緑雨が

▼ 称しそれ~ (2, 0.1%)

1 より禍福吉凶, を誇り

▼ 称しつつ~ (2, 0.1%)

1 しかも顔色, 多勢が

▼ 称し世間~ (2, 0.1%)

1 でいふ手習, の人

▼ 称し主として~ (2, 0.1%)

1 ギリシャ, 商家の

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 とかや, よしに

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 の勅使, 都を

▼ 称し党類~ (2, 0.1%)

2 に叙位

▼ 称し公然~ (2, 0.1%)

1 と強弓, と遊蕩

▼ 称し各々~ (2, 0.1%)

1 姓を, 枢機に

▼ 称し四老~ (2, 0.1%)

2 と称す

▼ 称し天皇~ (2, 0.1%)

1 に権力, のほか

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 は元, は子齊

▼ 称し孟子~ (2, 0.1%)

1 にも詩三百一言以, の教育

▼ 称し学者~ (2, 0.1%)

1 の価格, の身

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 の前, の解体

▼ 称し常に~ (2, 0.1%)

1 あるもの, 酒を

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 の陣, を目

▼ 称し~ (2, 0.1%)

2 在位の

▼ 称し更に~ (2, 0.1%)

1 伊犂あるいは, 家康と

▼ 称し東京~ (2, 0.1%)

1 から伊勢, に来っ

▼ 称し特に~ (2, 0.1%)

1 その中, 神に

▼ 称し現に~ (2, 0.1%)

1 日本橋坂本町十八番地に, 狸の

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 も大きく, も細かく

▼ 称し絶対~ (2, 0.1%)

2 の尊厳

▼ 称し~ (2, 0.1%)

1 人口の, 家たる

▼ 称し難き~ (2, 0.1%)

1 もとにかく, 事は

▼ 称し頼朝~ (2, 0.1%)

2 の後裔

▼ 称し飛鳥~ (2, 0.1%)

2 なる帰化人

▼1* [354件]

称しあとの月, 称しいつも三人一組で, 称しがたいのである, 称しがたくただ大, 称しけれど其実は, 称しことごとくこれを, 称しことにミコトの, 称ししかもその身, 称しすなわち如法の, 称しそこに見られる, 称しその後また方阿弥, 称しそんな工夫なども, 称しただ他国に, 称しただにこれを, 称したりとぞ両家共に, 称したりや即ち百姓, 称しつねに儒仏の, 称してあつた, 称してから隠居した, 称してからも常に自分, 称しときには附き添いの, 称しともに社交を, 称しなおその間に, 称しなにやらアルバイトの, 称ししたが, 称しはじめの氏, 称しひそかに武具, 称しふたたび年来の, 称しほんの郎党二三を, 称しまたはこの節日, 称しまた一方津軽家にては, 称しみずから商業世界の寡人政府, 称し被下候由, 称しもし充分に, 称しもと二十戸ばかりの部落, 称しもと吉備塚の傍ら, 称しわずかに自然科学, 称しキリストを信ずる, 称しクラシックといはれ, 称しクロードの風采, 称しサンダンカはこの, 称しダンジは即ち, 称しハオリ袴でやってき, 称しヘルダーが歴史汎神論者, 称しヤソ教の大, 称しヤソ昇天日なり, 称し一つをヨーク, 称し一五三六年リマの開祖, 称し一人これを唱うれ, 称し一個体の行為, 称し一方を偏重, 称し一杯五銭なりしもの, 称し一議もなく, 称し三つ子の時, 称し三等の赤切符, 称し下土出村を越本村, 称し下戸の牡丹餅, 称し下等士族を徒士, 称し不思議の術, 称し且エルサレムの大, 称しのヤソ教信者, 称し世に行わるる作法, 称し世人の実験, 称し世界の平等的方面, 称し世界万物の本体, 称し世界中第二, 称し世界最大の強国, 称し膚脱ぎ, 称し両面が光, 称し中古にはまた, 称し中頃幸重後に信賀, 称し主人役を命じた, 称し主人新免氏の姓, 称し主君の紂, 称し久しくこの曠野, 称し久留米などの応援, 称しに任, 称し九州に入る, 称しを作, 称しにこれ, 称し二百円しかもらえない, 称し五世坂東彦三郎と親しかっ, 称し五代目坂東彦三郎に随従, 称し五箇所を南里, 称し京都の公家衆, 称し人界の者, 称し仁義孝行と号, 称して一時, 称し低く動く方, 称し佐々醒雪を主筆, 称しは汝, 称し俘囚の上頭, 称し信徒にとってはヤミヨセ, 称し僧三名のうち二名, 称し兄弟の盟約, 称し先ず密教修験的の, 称し先年名佐技師が地質調査, 称し先生部屋代を五十円, 称しに稟, 称し六十余町歩の田地, 称しをうごかしました, 称し其の後今の, 称し其事の詳, 称し其二を天地分離神話, 称し其他を, 称し其勢甚だ洪大, 称し其学を勧め, 称し内弁慶を評し, 称し出仕をしない, 称しに一村, 称し前掲の南勝房法語, 称し北条調伏の呪い, 称し十二月二十五日に祝う, 称し十分間担げるか, 称し単身小田原城中へ乗りこんだ, 称し又五郎と称し, 称し台渡と高低分立, 称し右翼を蹂躙隊, 称し各地に大名, 称し合羽傘などに使用, 称し吉凶ともに酒米, 称しは岳, 称しへ来る, 称し和名をオオヒエンソウ, 称し嘉永安政の頃, 称し四分の一弱の兵, 称し四郎旗挙げに, 称し国民神話学にし, 称し国道と称し, 称し昔欧洲にて, 称し地誌などにも猪, 称しを母, 称し城下町であったと, 称し報道の責務, 称しの下, 称し壮年にて隠居, 称しに医学士, 称し多く摺物を, 称し多産劣質の新種, 称し大いに掉尾の, 称し大和河内に赴いた, 称し大塩の本田忠勝, 称し大根脚で床, 称し大正の老人, 称し大臣と称す, 称し大阪及び東京, 称し大阪道修町に住, 称し天下の人, 称し天子はすなわち, 称し夫人と称する, 称しと呼ぶ, 称し奇術師の立場, 称し奈良朝頃からの由緒, 称しが何, 称し女教の大要, 称しをし, 称し子義詮孫義満相次いで, 称し安倍氏の中御門家, 称し安房の国, 称し宋和は雲門僧, 称し実に後の, 称し実家池鯉鮒家に養われ, 称し宮廷の宦官, 称し宮廷伝来の春, 称し宮門の出入, 称し家屋は石造二階, 称し寂寥たる原野, 称し対馬守が自身, 称し専ら美人を, 称し小片に切っ, 称しの長, 称し属中には多数, 称しを下っ, 称し山麓の平, 称し市内のホテル, 称し市太夫は長, 称し市街の風致すべてパリ, 称し帰国後第一, 称し幕府の小, 称し平打ちにかけて鋼, 称しにし, 称し幾頭幾台の馬, 称し序文に歳, 称し度々演劇学校の, 称し延命の灸, 称し弓削夙人なる仮, 称し当時の武者修行者, 称しはまったく, 称し彼日より悉く, 称し彼等の, 称し往来の諸人, 称しと称えた, 称し後者はこれ, 称し後進内閣と嗤笑, 称し従来の細工道具, 称し得らるるくらいの, 称し心怪はこれ, 称し必ず高橋五郎君を, 称し必ずしも主臣, 称し志士を糾合, 称し快楽と思いし, 称し忽ち又石川氏, 称し成立しかかる時, 称し我が国でもそれ, 称し持味と称し, 称し控え室を一歩, 称し政名玄信などとも名乗った, 称し政社と号する, 称し文化五年に歿, 称し方言ヒランボと呼ぶ, 称し日本国の場合, 称しかに自由劇場的, 称し明治の落語界, 称し明治十四年版の丹波敬三, 称しは沼地, 称しの光, 称し春泥集の序, 称しは下女同然, 称しの軍艦奉行, 称し晩年には桃, 称し暗に社交を, 称して政治家, 称し最も兇猛な, 称し有毛の方, 称し木曾路から諏訪, 称しに, 称し本能の美, 称し村井弦斎氏が胃腸, 称し来観者をし, 称し東殿に出, 称し東西に長く, 称して今夜者伏見, 称し果して豆腐である, 称し栄三郎をはじめ屋敷内, 称し梵字が水中, 称し極めて少数の, 称しは世市三郎, 称し此地方に於ける, 称し残心を忘れ, 称しの眼, 称し毎度諮問した由, 称し比較的小さな集団, 称し沈湎冒色勝手次第に飛揚, 称し河内の名族, 称し油湯をエレオテジウム, 称し波斯人は彼ら, 称し洛中に米, 称し洛北の叡山, 称し深く尊敬しなかった, 称し深夜空臼の音, 称し深山村の房吉, 称し清涼殿でひたすら, 称し滔々たる流風, 称し火薬を製す, 称し検束なる, 称し無神論者と見, 称し熱湯に手, 称し父兄は行末, 称し牛景先は東湖樵夫, 称し物語的展開とか発展, 称し犠牲となった, 称しの代わり, 称しの遊戯, 称し猥談と題する, 称し同じ職, 称し之臣, 称し生理学精神病学の説明, 称しにその, 称し目下小売店卸店両戸, 称し誑かし至る所, 称し礼拝始まる, 称しの祭事, 称し社会百福の基, 称しに誓っ, 称し神主姿の男, 称し神職は金山大明神, 称し神馬を牽い, 称し祭神は豊岡比, 称しに対してもそれ, 称し程済は道人, 称しともすれ, 称し一等の, 称し精神にあり, 称し五万坪, 称し累進して, 称し細き竹三本を, 称し終に祖父玄俊の, 称し維新後に磐, 称し群臣は蘇我氏, 称し義務と称する, 称し老人は自分, 称しして, 称し職業的自覚と称し, 称し肝臓から出ずる, 称し肺臓から出ずる, 称し能登屋臙脂屋が其首, 称し脾臓から出ずる, 称し腎臓から出ずる, 称し自らも称す, 称し自ら安心する, 称し自家の内, 称し自然の大, 称し自由党の方, 称しの赤羽川, 称しを京丸, 称し英国を旅行, 称し菓子師となつ, 称し蓮座を, 称し藤原秀郷の裔, 称しを惑わし, 称し被害者は会社, 称し西の者, 称し見所との間, 称しと称する, 称し諸国をうちまわっ, 称し豪傑と呼ぶ, 称し賀宴を賜, 称し賄賂役徳をば一切, 称し賢君と唱え, 称し赤面の中, 称し趙天泰は衣葛翁, 称し軍隊にもまた, 称し農業及副業として琉球莚製造, 称し近くの集福寺, 称し連綿として若干, 称し進化と号する, 称し遂に下りて, 称し道衍を帷幄, 称し道鏡を天皇, 称し郭節は雪菴, 称し酒好きと菓子好き, 称し酒類の販売, 称し酒香酢脯を薦む, 称しと称する, 称し重臣魯粛と申される, 称し金額は普通廿銭程度, 称し針為事を控, 称し長唄の師匠, 称し門跡の寝室近く妙齢, 称し間脇には此, 称し関門状をなした, 称しに谷中村買収, 称し雑楽は何楽, 称し難く降って, 称し難しと雖, 称し雲仙に来た, 称し面積わづか, 称し革命的思想と唱え, 称しのごとく, 称し飄然熱海に去り, 称し飛行自在の魔力, 称し飽迄も対等, 称し鴎外は千朶山房, 称しの穂