青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「薔薇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~ 薄く~ ~薄暗い 薄暗い~
薔薇~
薪~ 薫~ ~薬 薬~ 藁~ 藍~ 藏~ 藝~ 藤~ 藤原~

「薔薇~」 1715, 18ppm, 6433位

▼ 薔薇~ (944, 55.0%)

82 花を 43 花の 3735 花が 23 花おま 16 木の, 花に 9 花さへ 8 ような, 花は, 花も 7 ように, 花で, 花弁よ 5 木に, 花びらを, 香に 4 やうな, やうに, 匂いが, 枝を, 瓶は, 花と, 花よ, 花壇の, 花束を, 莟の

3 [14件] にほひ, 上を, 中に, 木が, 木は, 色を, 花でも, 花びらで, 花びらの, 花園の, 花弁に, 花環を, 葉の, 香の

2 [51件] そばに, とぼそ春, もののけ, 上に, 下に, 中から, 傍に, 刺繍は, 如く紅き, 小枝, 方へ, 木から, 木と, 枝に, 枝の, 棘の, 植込の, 模様の, 皮膚そのまま, 皮膚は, 綱を, 花ああ, 花その, 花である, 花など, 花まだ, 花人間の, 花冠を, 花吾等の, 花咲く, 花弁が, 花弁の, 花弁は, 花弁を, 花憲兵隊事件, 花挿頭を, 花波に, 花片を, 花簪を, 葩の, 蕾の, 薫の, 藪から, 藪の, 虫白蟻, 谷の, 這つた門や, 造花を, 香ひ, 香りが, 香を

1 [439件] あおりを, あざ笑い, あたりから, あるに, あるの, ある方, あわれな小さな, いと低き, いろいろ, おも, かぎりないこひしさよ, かさねの, ことだって, ことは, ことを, この通, ごと, さ, すべすべした, すべての, ついたボンネツト, つぼみの, なかから, なかに, においが, にほ, ひとつひとつの, むだな, ようだ, ようだった, エピソオドについては, コップが, サンドウィッチは, サンドウィッチを, ピラミッドが, ブケエを, ワルツ, 一つが, 一つに, 一握りかを, 一曲が, 一束を, 一点を, 一種だ, 一輪, 上まで, 上部を, 下で, 下の, 中には, 丸い花壇, 乱に, 事など, 二つの, 二の, 二三枝を, 亢奮が, 何処が, 値段が, 傍を, 冠と, 冠を, 刺で, 刺の, 前に, 匂いを, 匂い寝台, 匂が, 匂ひ, 匂砂の, 反対の, 叢には, 叢の, 君よ, 吹雪に, 呪詛を, 咲き乱れたパアゴラ, 咲き乱れた花壇, 咲き乱れる花園, 咲き亂れた, 咲く裏, 咲く頃, 唇, 唇が, 嘲笑, 噂を, 四鉢五鉢, 園生の, 在る所, 垣根, 垣根なども, 埋みつ, 壜を, 夢, 大きな鉢, 大枝, 大枝が, 大輪が, 大輪を, 大輪三本買いました, 大輪取る, 天使の, 女王祭, 好きな, 如く並び立たせても, 如く神, 如く赤から, 宮と, 岡の, 帽が, 帽を, 廣さいかばかり, 形と, 影いづ, 徽章を, 怪物, 息は, 息吹とでも, 意で, 感じでありました, 憂悶を, 打顫, 描いて, 揺りや, 散りぬ悲しき, 散る低き, 散策, 新芽が, 方で, 方を, 族よ, 最低き, 最後の, 木で, 木には, 木の下で, 木や, 木忍辱の, 木虱を, 枝, 枝が, 枝と, 枝頭に, 枯葉飄りゆく, 根で, 根であり, 栽培を, 棘が, 植込みが, 樹の, 歌, 歌と, 水, 水で, 清凉なる, 火に, 為に, 爪がと, 生きて, 畑, 白きは, 白では, 簪でも, 簪を, 籠, 籠を, 精に, 紅, 紅い嫩芽, 紅い花, 紅き指, 紅という, 紅の, 紅は, 紅ゐ, 紅花が, 絡みついた白ペンキ塗り, 罌粟の, 美しい赤らみ, 美しさ, 老木が, 臭いが, 色と, 色の, 色香を, 艶麗な, 艶麗高根撫子の, 艶麗黄花石楠の, 芯すら, 芯に, 花あまりの, 花あり, 花いかにも, 花いやに, 花うちゆる, 花かな, 花かなんぞの, 花から, 花くらいの, 花ぐつたりした手に, 花けだし, 花この世に, 花さえ, 花さも, 花だって, 花だの, 花だらけの, 花です, 花とげとげとしてや, 花どんなに, 花なぞを, 花などが, 花なんて, 花にとっても, 花にも, 花ぱつちりした眼の, 花びらに, 花びらも, 花ふと, 花ふむ, 花へ, 花ほど, 花ますます, 花みたいに, 花もしや, 花もて, 花もらひ, 花や, 花やがて, 花ゆくりなく, 花よりも, 花をば, 花アカデエモスの, 花不思議といふ, 花世界を, 花乱れ咲く, 花乳色で, 花亂心地の, 花事件の, 花二度は, 花仰山に, 花信心深い, 花僞善の, 花優しく, 花光り輝く, 花免許の, 花剪り切れない, 花勝ち誇つた, 花半ばは, 花口を, 花可笑し, 花品の, 花噛まれ, 花園である, 花園に, 花園は, 花園よりも, 花園を, 花壇とに, 花壇を, 花天日に, 花子どもよ, 花小さい, 花屍體から, 花床の, 花弁で, 花弁と, 花弁より, 花強情な, 花彼自身の, 花後宮の, 花忘れられ, 花怪獸の, 花情深, 花愁に, 花慈悲の, 花憲兵隊事件の, 花成上の, 花扇の, 花打つ, 花括, 花掻頭で, 花掻頭を, 花曉方の, 花曲けた小娘の, 花末は, 花束から, 花束ひと抱さきの, 花束得させよ, 花柔く, 花模様の, 花欄干に, 花決着の, 花海の, 花濃, 花煙の, 花照りか, 花煩惱の, 花片, 花片の, 花物語に, 花狂氣の, 花理想の, 花瓣が, 花瓣に, 花瓣を, 花白き, 花眼に, 花石を, 花秋の, 花稜鏡の, 花窖と, 花簪であった, 花簪とは, 花簪など, 花籠を, 花粉で, 花紅く, 花紅と, 花紅玉の, 花紅粉の, 花紫陽花色の, 花絶間無い, 花絹頸飾りの, 花綱を, 花綺麗に, 花綿紗の, 花羅馬公教會の, 花羅馬法皇の, 花羊守る, 花美しい, 花老耄した, 花肉を, 花肉色の, 花自分で, 花芯と, 花若々し, 花草間に, 花華車な, 花蔑まれた, 花藥局の, 花處女に, 花處女の, 花虚無に, 花虹色の, 花買ひ, 花賢明は, 花赤く, 花輪が, 花轎で, 花遊女の, 花陰に, 花陰鬱な, 花雛形娘の, 花雪の, 花顏の, 花風が, 花馬鹿者どもの, 花驚き, 花魂と, 芳香の, 芽が, 苗さへ, 苗を, 茂みに, 莟, 莟に, 莟めるごとき, 華やいだ向う, 葉, 葉が, 葉と, 葉とで, 葉などは, 葉に, 葉を, 葉二枚でもって, 蔓が, 蔓に, 蔓の, 蔓を, 蔓欄に, 蕊より, 蕋を, 蕾である, 蕾など, 蕾に, 蕾は, 蕾よ, 蕾を, 薄いピンク, 薫ほのかに, 薫を, 藪と, 藪に, 虫と, 袂に, 見えぬ深き, 見える小径, 記憶を, 話, 話は, 誘惑, 谷と, 路アカシヤの, 身熱から, 軒下に, 返り花, 送り主, 送り主なる, 送り主を, 造り花が, 鉢, 鉢植えを, 鉢植が, 開いたや, 間, 間で, 間に, 間を, 陰影, 陰影の, 青葉棚の, 鞭を, 響を, 香, 香が, 香こめし, 香と, 香にも, 香ふ, 香りの, 香りを, 香伽羅の, 香油まみらし, 騎士, 騎士は, 黄いろい花, 黄なる

▼ 薔薇~ (150, 8.7%)

5 持つて 2 つくって, 切つ, 取り出して, 唇に, 惜し気, 植えて, 見て, 開かせるため

1 [129件] あらはに, お前に, お嬢さんの, からませた門, からませて, これだけ, さした女, さして, すみれを, その衣裳, ち切りフランス流, ち切ると, つけ, つけて, つないだよう, つんで, ぼんやり見, まきて, むしばむ蟲, むしりとると, アドニス花と, トルキスタンの, ボタンの, 一つさし, 一輪と, 一輪食卓の, 一面に, 七本押売りし, 上げなくては, 並べた日, 今までの, 付けて, 伸べて, 供え香, 傳ひ, 八本植えられ, 切つてゐる, 切りに, 刈るに, 剪り, 剪る, 取り上げて, 喜んで, 嗅いで, 嗅ぐこと, 嗅げども, 差す真似, 差そうと, 彼女に, 御身の, 愛させるやう, 愛します, 折って, 折ると, 抜き取り観客に, 抱擁する, 抽く, 拝見しましょう, 拾い出した, 持って, 持ってれば, 挿した方, 挿して, 捧げて, 控鈕の, 掴み自分, 描いた帯, 揺って, 摘まざるその, 摘み得たりと, 摘み茅花, 摘むこころ, 摘もうと, 摘んだ, 摘んで, 撒かして, 撒き散らした路, 故郷の, 散らしたよう, 散らしぬ曲馬, 散らし牧草畑, 敷いた道, 根こそぎ棄て, 植えたとして, 植えた者, 植え白々しい, 植ゑ, 植ゑる, 植ゑる事を, 楽しんだ揚句, 欺くという, 歌ふ, 気に, 沢山お, 無意識に, 焼きしも, 燕尾服の, 発見し, 盛った花瓶, 盛つた花瓶を, 看護婦が, 真と, 絡ませた低い, 縁側に, 背景に, 胸に, 花瓶の, 見かつ, 見たがって, 見たこと, 見つめて, 見つめながら, 見てから, 見に, 見も, 見る, 見るため, 詠ったの, 認めること, 買ったん, 賞美した, 踏まむ, 蹴散らし, 輪に, 返して, 飾った緑, 飾って, 馬車の, 髪に

▼ 薔薇~ (84, 4.9%)

5 咲いて 2 ある, ほろりと, 生けて

1 [73件] あると, あるもん, いいな, お好き, この庭, こぼれる, ざくりと, そこに, そのまま声, その背景, たくさん植ゑられてゐた, ただもう, ただ一枚の, どの舎宅, どんな花, ないひとつ, ふさは, ほころび初め, みんな病気に, ハラ, パーゴラの, ポオの, 一束挿し, 一輪さして, 三輪盛られ, 二三輪寒, 今朝は, 匂ふ, 可哀そうだ, 咲きそろって, 咲きだしたかの, 咲きました, 咲き乱れて, 咲き出したよう, 咲き零れ陽光, 在るの, 墓石に, 小さい鮭肉色, 巻き込まれてる青葉棚, 微笑んだ, 懶げ, 散って, 散り去った, 散乱し, 暗きを, 最初の, 植えて, 植えられて, 植わって, 椎の, 歌って, 気の毒に, 沢山ある, 満開で, 生えて, 目に, 真紅に, 真黒な, 眼も, 紅を, 綺麗です, 縁を, 自然を, 花を, 花弁を, 芽を, 見て, 豪華な光り, 買えら, 這いかかって, 露多い, 鮮かな, 黄色いランタアン

▼ 薔薇~ (79, 4.6%)

5 生きてる 3 まっかに 2 彼の, 濡れて

1 [67件] あつて, あの水, いやです, いるが, うす白し, かうしてまで, かしこ, こんなところ, そのまま脚光, その後うす, その葉, たちまち火, ちゃんと残っ, ちょいと, どうやら枯れず, どう変, はやも, ます, また大変, まだ出ない, まつ赤にな, まよ, むしられた跡, もう開い, マイダスが, 五月の, 仄かに, 何を, 何時か, 半ばしぼん, 呟いた, 咲きも, 咲き匂う, 夏から, 大へんいぢ悪, 妖精の, 実に見事, 年増ざかりの, 心ある, 急に, 撫子は, 既に凋, 朝毎に, 殊におせん, 残って, 煙が, 燦めく, 百合は, 私が, 私には, 突然花, 紅いでしょう, 自ら武器たる, 自分が, 自分たちの, 自然から, 花壇一杯咲き乱れ, 菌糸の, 菰に, 葉大方落ち, 蘇生した, 蝕ひ, 露に, 露台に, 青みぬうつ伏しぬ, 高く這い上っ, 鮮かに

▼ 薔薇~ (48, 2.8%)

3 百合とを 2 百合と, 百合との, 鈴振

1 [39件] いっしょに, いへば, し見ゆ, その他の, なったと, なら何時, ねぎ, マーガレットと, マートルの, ミモザの, 一枝の, 三鞭酒と, 伊勢海老と, 似て, 取り代えて, 呼ばれる年, 呼ぶの, 宮城野萩の, 平打の, 思へどわが, 指環と, 沈丁花の, 珍種の, 百合とで, 百合の, 百合花の, 睡蓮の, 睨めっくら, 称する使い方, 花子, 菫の, 蔦とを, 藤とが, 赤き薔薇, 香り合ふ, 鮪と, 麝香の, 麝香撫子の, 黄なる

▼ 薔薇~ (45, 2.6%)

1 [45件] いること, うめられて, おおわれて, おとす, からみそれ, きれいな, くちづけを, じっと目, ちがいない, つつじかな, ほふはじめて, フツト・ライトの, 並んだチユウリツプ, 似た非凡, 六弁の, 刺あるごとく, 取り囲まれた二百坪, 名あり, 唇を, 埋まつて, 埋まる床, 埋もれたスパセニア, 執せず, 夢中に, 寒すぎた, 射して, 就いては, 彼は, 思いがけなく大輪, 思ひがけ, 恒例的に, 戯れる胡蝶, 接吻を, 残って, 浮かれた鶯, 満ちて, 眼を, 移り変る切れ目, 立つ, 置き換える, 群がる蜂, 見えると, 見入るひとみいのち, 誘導され, 返って

▼ 薔薇いろ~ (39, 2.3%)

5 の頬 4 の光り 3 の手, の靄さ 2 藍いろ

1 [22件] がかがやく, になっ, に薄, に頬, の光, の唇, の大理石, の掌, の春日, の火, の罌粟, の腓, の霞, の靄, の顔, をした, をそら, 向日葵金色, 温し子, 湾内や, 灰いろ, 雲の

▼ 薔薇~ (33, 1.9%)

3 百合の, 百合や

1 [27件] ぜにあふひ, その他樣, ほたる, アッカンサスの, アネモネの, カーネーションが, ダリヤの, ポプラや, 他の, 初咲き, 唐辛子の, 小川や, 山茶花は, 接骨木の, 白い夾竹桃, 白菜が, 百合夏菊などの, 紫丁香花の, 紫陽花と, 荻などは, 菊は, 菫や, 蘭の, 金雀花が, 金雀花の, 鬱金香の, 鬼薊の

▼ 薔薇~ (15, 0.9%)

1 [15件] があった, がルュキサンブウル, だの平, でやっ, とよばれた, の亭, の大庭, の広, の方, の書院, の木戸口, の辺, へ, へ面し, を見せ

▼ 薔薇~ (11, 0.6%)

1 [11件] まだ残っ, ゆるなか, チュウリップも, 入り交つて, 匂いそめ, 咲き出すでしょう, 咲き紫陽花, 百合も, 蘭も, 鈴振, 香りの

▼ 薔薇~ (11, 0.6%)

10 病めり 1 にむか

▼ 薔薇~ (11, 0.6%)

2 をさす 1 との, などが見事, なり, に止まり, の花束, ひらく, を取り, を活けたる, を血

▼ 薔薇~ (10, 0.6%)

1 つてそりあ, つて中には, とか心臓, とか心臟, と思う, と思っ, と思ふ, と言う, と返答, どこの

▼ 薔薇~ (10, 0.6%)

1 あつた, あつたら, あの壺, その食卓, でも, 一ぱいだ, 二三箇月前に, 同じよう, 掩ふ, 飾つて置く

▼ 薔薇~ (8, 0.5%)

1 おお純粹, さはに, そなた, 冬の, 如何なれ, 汝薔薇よ, 落ちよ, 薔薇よ

▼ 薔薇~ (7, 0.4%)

2 ににほふ, にほのめきぬ 1 という舶載油, は, 薫じて

▼ 薔薇なら~ (6, 0.3%)

3 ば花 1 ば今, ば彼, 花咲かん

▼ 薔薇には~ (6, 0.3%)

1 その蕾, ほのかに, ダリアと, 小さい花, 恐るべき刺, 棘が

▼ 薔薇~ (6, 0.3%)

1 からさす, から直線, が, のところ, のやう, を見

▼ 薔薇との~ (5, 0.3%)

1 からまってる間, 幻も, 彼方には, 花輪が, 間に

▼ 薔薇とか~ (4, 0.2%)

2 パイプなどの, 魚とか

▼ 薔薇よりも~ (4, 0.2%)

1 ずっと値打, 派出に, 派手に, 美しくこの

▼ 薔薇乳香~ (4, 0.2%)

2 を焚いた 1 という一言, と云う

▼ 薔薇~ (4, 0.2%)

1 の噴水, の風呂, は大食國殊, を獻上

▼ 薔薇~ (3, 0.2%)

1 牡丹か, 菫かと, 酒か

▼ 薔薇から~ (3, 0.2%)

1 時は, 目を, 眼を

▼ 薔薇では~ (3, 0.2%)

1 ないかと, ないその, ものを

▼ 薔薇とを~ (3, 0.2%)

1 組合せた十円, 見れば, 道に

▼ 薔薇なり~ (3, 0.2%)

2 その附近 1 その辺り

▼ 薔薇あり~ (2, 0.1%)

1 こは, つめたき紅

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

2 もてへは

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

1 へ, へ花

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

2 香にに

▼ 薔薇とが~ (2, 0.1%)

1 一面に, 薄紅色

▼ 薔薇などが~ (2, 0.1%)

1 きれいな, 盛られて

▼ 薔薇などは~ (2, 0.1%)

1 もうずつと, 虫食いだらけの

▼ 薔薇などを~ (2, 0.1%)

1 口實ほどに, 石垣の

▼ 薔薇にも~ (2, 0.1%)

1 うようよつい, 豌豆にも

▼ 薔薇のり~ (2, 0.1%)

2 風味あやしき

▼ 薔薇をこそ~ (2, 0.1%)

1 咲かせもすら, 詩にも

▼ 薔薇カット~ (2, 0.1%)

1 が施, の施

▼ 薔薇パイプ~ (2, 0.1%)

1 などの混雑, などの混雜

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

1 の縞, の飾り

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

1 の傍, の前

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

2 にけに花

▼ 薔薇~ (2, 0.1%)

1 のシガアレット・ホルダー, のシガレット

▼ 薔薇白き~ (2, 0.1%)

1 百合を, 薔薇咲き満ち

▼ 薔薇香水~ (2, 0.1%)

1 か何, を頭

▼1* [118件]

薔薇あまりに色, 薔薇いとしのオフェリヤ, 薔薇いろなせどまだ, 薔薇いろは一時間かそこら, 薔薇いろ空いろ利休茶, 薔薇かと思われる花, 薔薇かの花びらを, 薔薇さえその色, 薔薇じゃありませんわ, 薔薇そして枝も, 薔薇その上に, 薔薇わ, 薔薇ただ三葉四葉の灯映り, 薔薇たり芍藥たるを, 薔薇だけが新らし, 薔薇だったのだ, 薔薇だってそうだろう, 薔薇だつ緑ひとつら, 薔薇だの橄欖だの, 薔薇やありません, 薔薇つまざりし罪と, 薔薇でありましょうか巨大, 薔薇であるために, 薔薇でもないのに, 薔薇といった感じで, 薔薇とともに身を, 薔薇のパパ, 薔薇なれば, 薔薇における諸聖徒着座, 薔薇によつて野性を, 薔薇に対する悲しみで, 薔薇のといふ譬喩は, 薔薇のみならず萩, 薔薇ばかり咲き誇った花壇, 薔薇ふふむは紅し, 薔薇触るよう, 薔薇ほどの花にな, 薔薇みたいな匂い, 薔薇みち蹈めば濡羽, 薔薇もそよろ, 薔薇ゆすり動かして, 薔薇ゆすれりあるかなく, 薔薇より淡く菫, 薔薇わが手より, 薔薇をなこれだけ, 薔薇をば嗅ぎて, 薔薇を以てまきちらされた道, 薔薇カーネーション等美しくもっ, 薔薇ダリア小田巻などの色とりどり, 薔薇レモンの花盛り, 薔薇栽ルナリ, 薔薇一枝を貰つて, 薔薇一色に変っ, 薔薇一輪摘みそ, 薔薇一鉢を購, 薔薇仏蘭西薊錦葵ミルトと花冷え, 薔薇の所, 薔薇作りの名人, 薔薇光りゆらめくとも知らず, 薔薇ありて, 薔薇向日葵はなあおい百合, 薔薇呉れて聖書かし, 薔薇咲き満ちて, 薔薇咲く日なり, 薔薇の傍, 薔薇を此, 薔薇の薔薇, 薔薇大方は散り, 薔薇姫石楠四葉塩竈高根撫子深山沙参白根人参真柏, 薔薇専門の植木屋, 薔薇少し米用なし, 薔薇形窓がアーチ形, 薔薇悲しみの靴, 薔薇のもてる, 薔薇戦争の勃起, 薔薇摘みほのかに, 薔薇散らむとするばら冬の, 薔薇暮れゆく今日を, 薔薇朝鮮薔薇は葉大方, 薔薇木丹などの草木, 薔薇のパイプ, 薔薇栽培にも一家言, 薔薇気狂ひで薔薇で, 薔薇水中州未得方, 薔薇はアドニス花, 薔薇を身, 薔薇温室の朝顔, 薔薇す片, 薔薇特有の可憐, 薔薇があっ, 薔薇白百合の大輪, 薔薇石竹矍麦虞美人草花芥子紅白除虫菊皆存分に咲い, 薔薇をおそれぬ, 薔薇の植物, 薔薇窓式である, 薔薇のある, 薔薇粗野にし, 薔薇にか, 薔薇紅色を呈し, 薔薇緋芥子の緋紅, 薔薇聖ギヂルが花, 薔薇花かをる籬の蔭, 薔薇花将に開か, 薔薇花紅を染め出せり, 薔薇菫ダリヤ睡蓮百合の花, 薔薇萩芒桔梗などをうちくれ, 薔薇が這い上り, 薔薇薔微あてなる薔薇, 薔薇薫じ星の, 薔薇藤その他の花樹, 薔薇でそつ, 薔薇輝石や雪, 薔薇祷, 薔薇金雀児チユーリツプ花菱草シヤスターデージー松葉菊王不留行, 薔薇を気, 薔薇飾りを結びつけ, 薔薇黄水仙青黄ろい春蘭, 薔薇黄花石楠黒百合色丹草など素人目