青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「觸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

解放~ ~解決 解決~ ~解釈 解釈~ ~触れ 触れ~ ~触れた ~触れる 触れる~
觸~
~言 言~ ~言い 言い~ ~言いました ~言う 言う~ ~言え 言え~ ~言っ

「觸~」 1120, 12ppm, 9082位

▼ 觸~ (332, 29.6%)

14 て行きます 11 て來 9 て, てゐる 7 たり 5 てゐない, て見る 4 て歩く 3 てくる, てゐます, て行く, て見た, もなく

2 [17件] てこぼれる, てはならない, て居ない, て居る, て思ひ, て見, て見せた, て見よ, て貰, ばその, もせじ, 合つて居る, 合ふ, 度く, 彼を, 耳に, 込みで

1 [219件] あつた, あひ, あふくら, あるとき, かかつ, かた自, があつ, がたきた, がたき痛み, がたく, が出, ことに感じ, しこと, しもの一, し巨大, し故に, その電光, たまは, たりする, たり座敷牢, ぢや, つつもこの, てあらぬ, てある, ていひける, ている, てお, ておいた, てかさ, てかすか, てかつ, てがさりと鳴つた, てくだ, てくれ, てくれません, てこそまた, てこそ大, てさや, てそして, てそんな, てぞろりと, てなつかしく, てはおもしろき, てはならぬ, ては言, ては責められ, ては道中, てぼろ, てみまかり, ても熱, ても見, ても見たかつた, てやひ, てゆく, てわたし, てゐた, てをら, てアテナイ, てカチカチ, てチヤリン, て不快, て之, て以来, て何くれ, て作ゆき, て倒立, て再び, て勇氣, て双, て可, て同棲, て器, て困つた, て土, て女, て妙, て學校經營者, て居候並, て差止めら, て市, て平和, て廻つた, て彩虹, て彼, て心, て心強く, て忽ち, て我前, て手, て日, て書かれ, て有難い, て来た, て止む, て此行爲, て歩いた, て歩かれた, て歩きました, て泡沫, て渡つた, て火花, て珍, て痕, て皮肉, て盲, て眞中, て知らず, て研究, て碎け, て碎けず, て私, て立つ, て答, て自ら傷けしもの, て芽ぐみ出した, て血, て衆, て行つて, て裂かれ, て製本, て見し, て見なけれ, て見よう, て許婚, て評する, て詠, て詩, て讀者, て走る, て跳ね, て身, て輕, て通, て過ぎた, て過ぎゆく, て過ぎ去, て重大, て青, て顏, て食肉, て鳴, て鳴つた, でもあつ, なかツた, ながら何者, ながら巣鴨, ながら底, には, に成けり, のあつ, のお, のやう, の太鼓, の聲, はじめ徐々に, はそれくら, ばかつ, ばや, ば博奕, ば縮み, ほどのきりやう, む, むとせざれば日頃は, むと欲する, めや, もすれ, もなし, も得ず, やうと, やうも, やすき, やすき思ひ, るこつちやありません, をした, をしました, をする, デカダン樂派の, 人生の, 來る, 其時代の, 凱旋の, 利章の, 半身を, 半醒半夢, 合つた, 合つて, 合はんばかしに, 合ひ, 夜は, 度い, 廻つて村中の, 彼の, 心地の, 我々が, 折に, 日頃故郷の, 易いこころ, 易いこと, 易い學校, 易き心, 書も, 樣を, 民衆の, 汝語るべし, 理性に, 甲斐の, 當り, 盟へ, 目に, 相打つ, 神罰を, 私が, 給ふか否か, 込みが, 込みだけ, 込みを, 逮治された, 鉛の, 頭が

▼ 觸れる~ (124, 11.1%)

8 やうに 7 ことが, ことを 4 といふ 3 のを, ものが, やうな

2 [13件] ことさへ, ことに, ことの, ことは, たびに, と云, に從つて, のが, のである, ものは, んだ, 人は, 許り

1 [63件] か, から除く, か觸, くらゐ近づい, ことである, ための, だけの心構, と, といふ不可思議, といろ, ところ, ところが, ところに, としんみり, とそれ, とどの, と一休關係, と何もかも, と分別臭い, と宛然泥, と平次, と忽ち, と櫻, と繩, と胸, と自ら凝集, な, には或, のであります, のでかちん, のです, ので困る, のは, のも, はたれです, ばかりに突, ばかり近い, ほどだつた, むさくるしい苦力, ものまでも, ものを, もの皆, 一種の, 事が, 凡ての, 女の, 對象の, 時女の, 時彼れ, 時心に, 時私は, 毎に, 眼なく, 石といふ, 空氣は, 蕎麥に, 處が, 許りである, 限りに, 音で, 響, 風の, 風も

▼ 觸れた~ (75, 6.7%)

4 やうに 3 ことは, のは, やうな 2 ことが, ことの, もので, 事が, 例を, 樣に, 氣が, 袖は

1 [46件] からたまりません, がその, ことさへ, ことも, しかしその, その觸, ためしも, だけだ, だけで, だけでも四方, ときあわて出さない, ときお, と云, のです, のでせう, ので思ひ出した, ので晝間, のらしい, のを, もぬけ, ものから, ものは, ものを, ように, 呻吟の, 場所へ, 多くの, 嬉しさ, 平次は, 後だ, 感じが, 所の, 指先には, 政治的見解で, 時其一刹那或, 時矢が, 柳の, 歴史で, 物象は, 生活は, 神經過敏の, 筈である, 者が, 者は, 若い武家, 言葉を

▼ 觸~ (42, 3.8%)

4 やうな 3 可から

1 [35件] かした, ことが, ことは, しかして彼, すら恐ろしく, ぞうれしき, とおま, となくなります, とべと, ともう, ともなく, とサラサラ, と其儘酒, と搖れ, と瀧口, と熱い, と病人, のが, のである, ので骨, は何, ばかりにし, までいたいけ, ものが, ものは, やうに, らくと, 其背を, 可き, 可くし, 可し, 外面の, 程輕く, 袖も, 音が

▼ 觸つて~ (36, 3.2%)

5 見ると 2 はいけない, はならない, も巖, も觸つて

1 [23件] いらつし, お芳, たまらなかつたん, は精一杯, もす, も外れる, ゐないこと, ゐながら, ゐるのに, 立つて, 聞苦しい, 見ずに, 見せたり, 見たか, 見たり, 見て, 見ても, 見ました, 見ましたが, 見ようと, 見るがい, 見るの, 見る市井

▼ 觸~ (34, 3.0%)

5 ずの 3 ずに, ないで 2 ず山, せて

1 [19件] うとして, さしめました, されさうに, されたの, されちや, されてるやう, されるの, すの, すもの, す癖, ず, ず攀ぢ, ず肅然, せたから, せたのに, せた事さ, なかつた, なくなりましたよ, ぬ神

▼ 觸~ (26, 2.3%)

2 の粗い

1 [24件] が何とも, が柔, が汗, が私, が違, けむそこすぎ, そその, てゐ, て青み, とか隱, ながらゆ, につつあり, に全, に廢唐, のい, のへな, の新鮮, の滑らか, もなかつた, を良く, 生徒は, 繁みに, 自分には, 黄表紙雨月物語その他樣

▼ 觸~ (22, 2.0%)

3 てゐた 2 てゐる

1 [17件] それの, ちや大, てさ, てゐよう, て其, て太い, て居た, て居つた, て御, て歩いた, て歩きました, て毀損, て行き, て見る, 到達する, 合つて電氣を, 否我

▼ 觸~ (19, 1.7%)

2 指の

1 [17件] うける, もてあまして, よろこびながら, 保ちその, 受くる, 寫すに, 必要と, 想は, 持つと, 持つ小品, 挑むやう, 殘し, 知るやう, 筆に, 緩和し, 起しながら, 避けるやう

▼ 觸れず~ (18, 1.6%)

1 [18件] いかにも強か, しばらくは, それには, ただ純情多感, ちらと, といひし, に, にしまつたの, には逃げ出す, に居た, に持つ, に玄關, に腐, に話し, ば何故, 恰かも, 汝が, 燃ゆる

▼ 觸~ (17, 1.5%)

1 [17件] うちで, やうに, ロオブを, 五欲を, 加はつた, 匂ひ, 多い通詞, 密度に, 所産は, 手際には, 機會が, 氣を, 爲方で, 異なる毎, 繪ばかり, 間に, 面が

▼ 觸るる~ (16, 1.4%)

2

1 [14件] ことなく, ところこの, なく, のは, ものありき, 事の, 事を, 其前途に, 朝露の, 柔かな, 状況如何に, 瞳冬の, 軍勢の, 音

▼ 觸する~ (15, 1.3%)

2 ことが

1 [13件] ことによ, ことの, ときに, のが, ものは, も陰陽別々, 人と, 器官を通じて, 所なき, 所の, 枝に, 殆ど唯一の, 男も

▼ 觸れない~ (15, 1.3%)

2 やうに

1 [13件] かといふこと, ここに, で置かね, としてわれわれ, やうで, やうな, 如何にも賢い, 態度の, 景色に, 程彼, 範圍にて, 速力で, 限り自分の

▼ 觸~ (12, 1.1%)

1 [12件] あつた, ある限り, やかましくて, 出來, 大き過ぎた, 始まつて, 忘れられなかつた, 異樣, 私に, 私を, 脊筋を, 足の

▼ 觸れなかつた~ (10, 0.9%)

2 のは 1 から愉快, のだ, のである, ので分らなかつた, ので無能, やうに, 人である, 昌造の

▼ 觸れよう~ (10, 0.9%)

4 とする 2 としなかつた 1 ために, としてむなしく, としてゐた, としてゐる

▼ 觸~ (9, 0.8%)

1 たらしく安定, たりし, たり手, たり打つ, たり眼瞼, たり間違つて食物, ちや不可い, てみる, てゆく

▼ 觸~ (9, 0.8%)

1 なるん, まさる歡喜, 堪へない, 歸れる, 異る, 當つても, 芳烈さが, 關する, 顫へ

▼ 觸~ (9, 0.8%)

2 どうも寫實精神 1 つたらたまら無い美, つて見る, られるやう, 八五郎を, 彼に, 深刻に, 長い間

▼ 觸れし~ (9, 0.8%)

1 ことあり, ことは, て置い, むる, むることなくたえず, むるなかれ, をばわれ, 時, 街の

▼ 觸した~ (8, 0.7%)

1 から鍾建, と稱, に過ぎなかつたです, ものも, 日本の, 結果である, 結果では, 者が

▼ 觸つた~ (7, 0.6%)

1 から御, がさりとて, だけで倒れ, のでせう, ものはた, ものを, やうに

▼ 觸れぬ~ (7, 0.6%)

2 鼎七十タランタの 1 もの, 前に, 場所で, 樣と, 釜一つ銀色燦と

▼ 觸れん~ (7, 0.6%)

2 とする 1 とし, とす, とせり, もの, もの彼

▼ 觸らし~ (6, 0.5%)

2 て居ります 1 ちやなら, てゐる, て實, 彼等は

▼ 觸らした~ (6, 0.5%)

1 がため, のだ, ばかりに菊次郎さん, ものが, んだ, 者が

▼ 觸るれ~ (6, 0.5%)

2 ば忽ち 1 ば, ばしとど, ばすな, ば著く

▼ 觸れたら~ (6, 0.5%)

2 或は反 1 その一本一本, ば, ぽろりと, 自分と

▼ 觸~ (5, 0.4%)

1 外物との, 多いの, 志賀氏の, 構圖も, 身に

▼ 觸れざる~ (5, 0.4%)

1 ことなく, こと三十年, さきに, 者である, 間に

▼ 觸れずし~ (5, 0.4%)

31 てアキルリュウス, て專ら禹貢

▼ 觸れたる~ (5, 0.4%)

1 ときの, は重み, ものあらず, 刹那に, 時は

▼ 觸れなけれ~ (5, 0.4%)

1 ばいかん, ばならず, ばならぬ, ば堪能, ば觸

▼ 觸れられ~ (5, 0.4%)

1 たりし, ても腦髓, てゐない, て動かされる, て少し

▼ 觸れられる~ (4, 0.4%)

1 ことあるひ, ことは, と飛び上る, 諸々の

▼ 觸~ (4, 0.4%)

1 た, たの, たらプリツ, て甚だ

▼ 觸から~ (3, 0.3%)

1 平次は, 新しい火花, 起つたので

▼ 觸せん~ (3, 0.3%)

3 として反撥

▼ 觸つたら~ (3, 0.3%)

1 女は, 小鳥だらう, 痛て

▼ 觸~ (3, 0.3%)

1 あるが, いつもの, 色彩と

▼ 觸によ~ (3, 0.3%)

1 つてあらゆる, つて癒されなけれ, つて魚の

▼ 觸られ~ (3, 0.3%)

1 さえしなけれ, ても直ぐ, てムズムズ

▼ 觸れした~ (3, 0.3%)

1 やうに, 例も, 通りこれは

▼ 觸れ込みで~ (3, 0.3%)

1 お玉ヶ池の, この見世物, 士分の

▼ 觸しよう~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 觸つた時~ (2, 0.2%)

1 にや悚然, 附いたの

▼ 觸~ (2, 0.2%)

1 書かれて, 表現し

▼ 觸には~ (2, 0.2%)

1 一種名状し, 反應

▼ 觸はる~ (2, 0.2%)

1 のであ, ものが

▼ 觸らす者~ (2, 0.2%)

1 には人, もある

▼ 觸らば~ (2, 0.2%)

2

▼ 觸りで~ (2, 0.2%)

1 もよく, 彼女の

▼ 觸れさせ~ (2, 0.2%)

1 人家に, 命も

▼ 觸れさせる~ (2, 0.2%)

1 と向う側, な夜

▼ 觸れしめ~ (2, 0.2%)

1 て, よ

▼ 觸れで~ (2, 0.2%)

1 はない, もした

▼ 觸れまし~ (2, 0.2%)

1 ては汚う, ものを

▼ 觸れられなく~ (2, 0.2%)

1 てただ, もない

▼ 觸れ廻し~ (2, 0.2%)

1 て居る, て貰

▼ 觸れ得る~ (2, 0.2%)

1 のみで, 一切の

▼ 觸れ込ん~ (2, 0.2%)

1 でゐる, で來

▼ 觸我と~ (2, 0.2%)

1 物象との, 神との

▼1* [110件]

からだけでもあつたらう, 觸たくない, 觸こいつはまた, 觸したら其の渇望, 觸しなければ人生, 觸し得ざる一味の, 觸し得た稀なる, 觸し過ぎてゐる, 觸す事ではない, 觸せしめようとする, 觸せねばならぬ, 觸せる實在の, 觸と思ふ, 觸つたのか馬, 觸つたやうでした, 觸つた丈で癒し, 觸つた樣子です, 觸つた者があります, 觸つた膳をその, 觸つてみたいやうな氣持, 觸つて一舐めしても, 觸つて一基の燭臺, 觸つて僕も一ばん, 觸つて舌を卷きました, 觸つて顫へること, 觸つて首を垂れました, 觸つとがさ, 觸でなければならぬ, 觸ではなく全, 觸でもなければ, 觸ばかりによつて, 觸ますよ, 觸混淆や, 觸らさう, 觸らさんとする, 觸らしたらこの縁談, 觸られると直に, 觸らんやうに願, 觸りですが北條左母次郎, 觸りましたネ, 觸りや絽の蚊帳, 觸るだらうぢや, 觸るべきもの目の, 觸るべくあらざるが如, 觸るまいとひ, 觸るるごとくに, 觸る聞く事が, 觸れあふやうな, 觸れうるものの, 觸れえたやうな, 觸れけんの, 觸れさして下され, 觸れさせじとする, 觸れさせたくなかつたのでせう, 觸れしめることさへ, 觸れじ今アカイア, 觸れずけし飛びぬ神プォイボス・アポローン, 觸れたくもない, 觸れたくない樣子で, 觸れたりと見ゆる, 觸れたるや久し, 觸れだったっけ, 觸れつれ今に, 觸れてるかも知れぬ, 觸れなば何ぞ, 觸れなかつたらしく平次と, 觸れなんことを, 觸れねばならぬ, 觸れまいとしてゐる, 觸れゆく日かな, 觸れよ誰か, 觸れらしい村雨が, 觸れられなかつた事を, 觸れられようとは思つて, 觸れるならば觀次郎君, 觸れるべきやはら, 觸れればボロボロ, 觸れ出して媒妁人, 觸れ出せば紳士淑女, 觸れ出られると思つた出鼻, 觸れ合せてしきりに, 觸れ哀しめる心つめたく, 觸れ廻り腹卷には, 觸れ廻る柄だ, 觸れ得てゐない, 觸れ得ず靈は, 觸れ怒れる老母は, 觸れ思ひ煩ふ, 觸れ感じることが, 觸れ探らではかな, 觸れ歩いた時代です, 觸れ泣きて愛友, 觸れ無いところに, 觸れ込みぢや, 觸れ込みですがどこ, 觸れ込むわけです, 觸れ込んだお京, 觸れ過した修道院の, 觸を以て銀の, 觸とす, 觸ルヽ時ハ伸ビタル足ヲ縮ムルガ如キ, 觸ルヽ時忽チ目ヲ塞グハ, 觸交渉に對應, 觸以上に進む, 觸何物も接觸, 觸我と我との接觸, 觸の十二, 觸混合によつて發火, 觸込みで七日, 觸部分を丹念