青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「触れる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~解放 解放~ ~解決 解決~ ~解釈 解釈~ ~触れ 触れ~ ~触れた ~触れる
触れる~
觸~ ~言 言~ ~言い 言い~ ~言いました ~言う 言う~ ~言え 言え~

「触れる~」 1216, 13ppm, 8399位

▼ 触れること~ (236, 19.4%)

9 が出来ない 7 が出来なかった 6 ができる, が出来る 5 が出来た, なしに 4 ができない, なくし, の出来ない, を避けた 3 ができた, のできない, のない, の出来る, は出来ない, をあえて, を怖

2 [13件] ができなかった, ができません, が出来なかつた, である, では, なくただ, なので, はできない, は出来なかった, も出来る, を恐れ, を避け, を避ける

1 [135件] あるいは絶対境, か, がある, がすく, がたしか, ができよう, ができるだろう, ができれ, がない, がなかっ, がわれわれ, が伝統, が出来なかったら, が出来ぬ, が出来ねえ, が出来ます, が多, が必要, が生きる, が許されなかった, が誰, が躊躇, さえできぬ, さえ畏れ多い, だって度々, だに, だよ, であったが, でロシア式, としてここ, として当時, とする, となった, なから, なき勧善懲悪式, なく, なくその, なくなし, なく後向き, なく終つたの, なしには, などをも含めた, になっ, になった, になつ, になる, には必ずしも, によって吾, のすくない, のできた, のできる, のよう, の危険, の多い, の好き, は, はお, はこの, はしなかった, はなく, はならぬ, はなるべく, はぼくら, はもちろん, はやはり, は事実, は何ん, は僕, は出来なかろう, は出来なくなった, は出来ぬ, は出来ませんでした, は別, は巨人, は暗示, は次に, は益々, は私, は絶対, は許されませぬ, は避ける, は鬱陶しく, ばかりで, もしなかった, もその, もでき, もできなかった, もなく, もなし得なかった, も不可能, も出来なかった, も厭わしかっ, よりもその, をあまり, をいとう, をいやがっ, をしない, をする, をやめよう, を予定, を互いに, を他, を余り, を余儀なく, を先例, を厭, を大, を好まなかつた, を希望, を必要, を想像, を意, を意味, を憚, を憚つて頭, を戒めた, を期待, を渇望, を烈しく, を禁ずる, を禁ぜられ, を言われる, を許さず, を許さない, を許さぬ, を許されませんでした, を許される, を躊躇, を逃げ廻り, を避けさせる, を避けよう, 即ち低俗, 少く土地隔絶, 決してこれ, 無く又

▼ 触れる~ (185, 15.2%)

4 すぐに, それを 2 いきなり新聞, いふこと, どういうもの, 二人は, 云ふ, 何か, 彼の, 急に, 火傷を

1 [159件] ああ耳, あとは, ありきたりの, いうだけの, いうので, きっとその, こいつは, こういう姿勢, ここは, この電燈会社, こんなこと, さすがの, さも自分, すぐこれ, すぐ尻, すぐ摩擦, すぐ月光, すぐ枝, すぐ螫, すれば, そうまで, そこに, そのさわり心, その先, その女, その恋, その感じ, その正体, その途端, そばの, それで, それらが, たあいなく涙ぐむ, たちまちその, ちょうどその, つい大名心理, つい押し, なると, なれば, ぬるぬると, ひどくただれ, ひどく大きく感ずる, ぴくっとその老婆の, まるで身体, むらむらとして, もうさう言, もろくポロ, わけも, スウッと, ドウし, ハラハラハラハラと, ハラリハラリ御簾の, ビリビリッと, フランシスは, プスリと, ポロリと, 丁度てっぺん, 乃ちこの, 事実焦げつく, 二人とも, 云うまでで, 人々は, 人は, 何よりまずその, 俄に, 傷つき涙するよう, 北原は, 危険だ, 台は, 同時に先ず一部, 同時に父, 同時に身体, 向こうから, 呪が, 咳が, 咽っぽい, 喜ぶなんか, 喜平は, 喟然として, 声は, 多少の, 家中に, 家中の, 寨中の, 少し身慄, 常にピューリタン的, 彼は, 彼女の, 忽ちそれだけ減るでしょう, 忽ち葉, 忽縲紲の, 思う, 思うから, 思った瞬間, 恰もその, 扉の, 承知しねえ, 散るま, 検索心が, 極めて自然, 歯に, 死んだふり, 死んだまね, 気の毒な, 水の, 海鼠の, 点火器の, 狂暴な, 甘酸っぱい花弁, 甚太郎は, 申します, 申す意味, 男から, 男は, 痒くなる, 癇筋を, 白羽二重の, 眼が, 知らず知らず逆上, 祓へを, 神の, 神罰を, 神聖を, 神聖味を, 私は, 私共は, 穢れである, 突然法水, 答えること, 縁起が, 考えられる如く作られたもの, 考える, 肉を, 胸の, 胸膈が, 自制は, 舌の, 船中一番勇敢に, 蓑は, 見える, 触れぬとの, 言ふ, 言ふけれ, 許さぬぞ, 遠くで, 酔が, 重く冷たくしかも, 鏡の, 開きました, 間もなく崩れた, 雪に, 雪の, 雪は, 電気に, 電気の, 震えた, 露骨な, 青年は, 静かな

▼ 触れる~ (104, 8.6%)

8 である 43 であります 2 が恐ろしかっ, だった, ですから, では, は厭, も厭, を待っ, を感じ, 外は

1 [71件] か, がつね, が何となく, が喜ばしく, が坂, が恐ろし, が感ぜられ, が目的, が腹立たしかっ, が苦痛, さえ厭うらしい, だけを彼, だと, であった, であるが, です, ですね, でなければ, でも, と同じ, はいよいよ, はお, はその間, はちょっと, はザチ, は一年半振り, は下層, は何, は危険, は困難, は好まない, は好みません, は愉快, は無論, は私, は私たち, もその, もひやりと, ももう, も何と, も怖, も恐ろしく, も私, をさえ避ける, をひどく, を互に, を今, を厭, を厭う, を好まぬらしい, を好む, を少し, を彼, を怖, を怖がっ, を恐れる, を感じた, を感じる, を注意深く, を私, を米友, を耐えられない, を許さない, を許し, を遠慮, を避けた, を避ける, を顧慮, んも, 主観を, 触れぬの

▼ 触れるもの~ (83, 6.8%)

5 があった 3 があつ, がありました, はその, は何 2 がある, だった, に貴方がた, のすべて, は半ば, をもっ

1 [54件] からま, から起っ, から過去十余年間, があら, があります, がありません, があるらしく, がない, がみんな活, がみんな黄金, が取, が悉く, が理学, さえあれ, だから, だけでも楽しい, でありながら, でありますから, であり乍ら, であるため, でない, では, としてその, としてより, のない, の命, はきっと, はたちどころに, はなかっ, はみな, はむしろ, は何一つ, は凡て, は彼ら, は捕縛, は日常, は時代, は総て丑松, は菜, は際限, もなかっ, もわるく, をめらめら, をやっき, を出したら睨まれ, を懐し, を持っ, を焼きつける, を片端, を舌刀, を調べ, を道具, 安く買える, 新しい経験

▼ 触れるよう~ (75, 6.2%)

7 なこと 5 な事 4 な気 3 な感じ 2 なもの, な音

1 [52件] です, でも, な, なそういう, なその, なところ, な不気味, な事件, な云い方, な何ら, な場所, な心, な快, な思い, な所行, な映画, な期待, な次第, な爽, な葉, な血相, な触れないよう, な言葉, な近く, な重, な音曲, な響き, にあとさき, にさっと, にし, にしびれる, にすぐ, にそっと, にと壜, になっ, になった, にまた, にも感じた, にケティ, にサフラン, にビクビク, に動いた, に囁いた, に思う, に恐れ入っ, に感ずる, に拇指, に書かれ, に気候, に霜白, に風呂場, に高く

▼ 触れる~ (36, 3.0%)

2 の出来た

1 [34件] ができない, ができる, がない, が出来ず, が出来た, が出来ない, が出来なかった, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来る, が尠, すら出来ない, すら日本, と存じます, などは有るまい, にはなる, にもなる, によつて, に対しての三重, のできぬ, のできる, のない, の出来なかった, はある, は出来ない, まで仕出かし, も出来ない, をあえて, をまでも忌んだ, を案じ, を目がけた, を禁ぜられ, を肯, を許されない

▼ 触れるところ~ (24, 2.0%)

3 まで触れ 2 がある

1 [19件] から青い, があり, がありました, がない, がなけれ, が濡れ, だった, となり, にいる, に残し, に生命, のある, のない, の或, の真, はすぐ, はどこ, は灰色, を注意深く

▼ 触れる機会~ (17, 1.4%)

3 が多く 2 があった

1 [12件] がある, が多い, が近来, のある, のない, の多かっ, の多く, はなかっ, を持ち, を求めた, を自分, を非常

▼ 触れるという~ (16, 1.3%)

4 ことが, ことは 2 ことから 1 ことで, のは, わけで, わけには, 思想から, 意味が

▼ 触れる~ (15, 1.2%)

4 早いか

1 [11件] いい, そういう出来事, ためには, また花袋, ままに, まま依田学海, よい, 否や, 多くの, 如く触れぬが, 自家に

▼ 触れる~ (14, 1.2%)

1 [14件] がかちかち, がけだるい, がさく, がした, がサク, が伝わった, が僕, が盛ん, が聞えた, が雷, が騒然, すら何となく, はかすか, らしいので

▼ 触れる~ (12, 1.0%)

3 しても 1 つけて, まかせて, 到っても, 当っては, 当りこれ, 相応しければ, 至ったならば, 違いない, 違わん

▼ 触れるやう~ (11, 0.9%)

2 な心地 1 なこと, なこれら, なたとへ, な新鮮, な爽, な近く, にし, にそつ, に話

▼ 触れる必要~ (10, 0.8%)

2 のない 1 があった, があつ, があらう, がない, はどこ, は全く, もない, を認めない

▼ 触れる~ (8, 0.7%)

1 がかく, が少し, でバケツ, で有った, に置くべき, のみがわが, はない, は十尺

▼ 触れる~ (8, 0.7%)

1 なん, にはイワン, には手, に最高潮, のよう, はおのずから, わが心琴, 即ち之

▼ 触れる~ (8, 0.7%)

1 があっ, があった, がある, さえなく, は無い, は皆, もなく横たわっ, を驚かす

▼ 触れるから~ (7, 0.6%)

2 である 1 それは, それを, でありました, 以前の, 甘くなる

▼ 触れる~ (7, 0.6%)

4 否や 1 いな, 否や立ちどまっ, 彼の

▼ 触れる~ (7, 0.6%)

1 がなく, だつた, のもの, の法則, は摩擦, まで触れ, まで議論

▼ 触れる~ (6, 0.5%)

2 鼻に 1 ドウかした, 触れないうち, 触れないか, 触れぬか

▼ 触れるため~ (5, 0.4%)

1 にはまだまだ, には実行意識, にまた, に春雨, に近い

▼ 触れるので~ (5, 0.4%)

1 やはりその, よく風邪, 森野は, 私は, 蟹の

▼ 触れるほど~ (5, 0.4%)

1 こんぐらかるばかり, だから, だった, 近く押寄せ, 顔を

▼ 触れるほどに~ (5, 0.4%)

1 して, 二人は, 赤い提灯, 近づいたが, 長く垂れ

▼ 触れるわけ~ (5, 0.4%)

2 である 1 だが, であります, には参らん

▼ 触れる~ (5, 0.4%)

1 がない, が批評家, が籠っ, が籠つて, をもたない

▼ 触れる問題~ (5, 0.4%)

2 に就い 1 がお, が限り, であったから

▼ 触れる~ (5, 0.4%)

2 がした 1 になれない, はしなかった, もない

▼ 触れる~ (5, 0.4%)

2 のもの 1 だよ, なもの, に大きく

▼ 触れる限り~ (5, 0.4%)

2 のもの 1 では, の物体, 如何に複雑

▼ 触れるすべて~ (4, 0.3%)

2 のもの 1 の人, を温め

▼ 触れるたび~ (4, 0.3%)

1 にお, にその, にゴリゴリ, に不愉快

▼ 触れるだけ~ (4, 0.3%)

1 で全快, で宇宙間, 相互の, 触れるが

▼ 触れるほどの~ (4, 0.3%)

1 位置にまで, 危きをも, 書籍の, 距離では

▼ 触れるまで~ (4, 0.3%)

1 人生は, 差し出すと, 近く引き寄せる, 近づいて

▼ 触れる場合~ (4, 0.3%)

1 などがあ, には少く, には必ず, のない

▼ 触れるかも~ (3, 0.2%)

2 知れない 1 知れないといふ

▼ 触れるごと~ (3, 0.2%)

1 にそれ, になぜ, に電流

▼ 触れるとき~ (3, 0.2%)

1 にはすでに, に肌, 改めて考え直す

▼ 触れると共に~ (3, 0.2%)

1 お銀様, じっと蹲んだ, 未来に

▼ 触れる~ (3, 0.2%)

1 にがたがた, に双生児, に自分

▼ 触れる~ (3, 0.2%)

1 がなかっ, さえなかっ, はない

▼ 触れる権利~ (3, 0.2%)

2 がない 1 はない

▼ 触れる空気~ (3, 0.2%)

1 のしずもり, の動揺, は幾度

▼ 触れる~ (3, 0.2%)

2 に行かない 1 に行かなかった

▼ 触れる部分~ (3, 0.2%)

1 が小さけれ, には繃帯, を最小

▼ 触れるかと~ (2, 0.2%)

1 思うと, 思って

▼ 触れることさ~ (2, 0.2%)

1 へも許されなかつた, へ許されない

▼ 触れるさえ~ (2, 0.2%)

1 忍び得られないで, 汚らわしい程

▼ 触れるそれら~ (2, 0.2%)

2 の器具

▼ 触れるだけでも~ (2, 0.2%)

1 勿体ないよう, 相当ふえ

▼ 触れるだけの~ (2, 0.2%)

1 紙幣を, 能力なく

▼ 触れるとは~ (2, 0.2%)

1 あんなもの, 異なった事物

▼ 触れるにつけ~ (2, 0.2%)

1 僕は, 師直は

▼ 触れるばかりに~ (2, 0.2%)

1 して, 近づけて

▼ 触れるものすべて~ (2, 0.2%)

1 は恐怖, を破損

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 かを感じた, の固体

▼ 触れる何物~ (2, 0.2%)

1 もない, もなかっ

▼ 触れる器具~ (2, 0.2%)

2 であるから

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 のひと, の服装

▼ 触れる役目~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 さは, よさ

▼ 触れる思い~ (2, 0.2%)

1 がする, で彼

▼ 触れる感じ~ (2, 0.2%)

1 の方, よりももつ

▼ 触れる日々~ (2, 0.2%)

2 の用具

▼ 触れる様子~ (2, 0.2%)

1 がない, は見えなかった

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 に壁, に怪し気

▼ 触れる浄め~ (2, 0.2%)

2 の嵐

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 はあつ, を含ん

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 であった, であったと

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 が冷, をすべて黄金

▼ 触れる程度~ (2, 0.2%)

1 である, で点燈

▼ 触れる~ (2, 0.2%)

1 が, を避け

▼ 触れる髪の毛~ (2, 0.2%)

1 が熱, や肩掛

▼1* [167件]

触れるああすれば, 触れるあらゆる建物の, 触れるいとまもなく彼は, 触れるお召の感触, 触れるかのような, 触れるからかも知れないの, 触れるからといふので, 触れるかをその所生, 触れるくらい向う見ずに, 触れるくらいにして, 触れるこの死体が, 触れるうして, 触れるささやかな音, 触れるその本質に, 触れるたんびに私, 触れるだけで十分だ, 触れるだに勿体ない光, 触れるってえこと, 触れるというは重大事件で, 触れるといったような, 触れるとき人に接する, 触れるとき心はいちばん緊張, 触れるとしてこうした場合, 触れるとともに玄徳へ, 触れるとどもならん, 触れるともなく触れる, 触れるそっとし, 触れるなと教えた当年, 触れるなといった食卓作法も, 触れるなり急に, 触れるにつれこの民衆仏教, 触れるには情感も, 触れるのみならずその他様々, 触れるはずである, 触れるばかりである, 触れるばかりにのそりの, 触れるひまもなく, 触れるほかはいっさい, 触れるまでに低く垂れ下った, 触れるまでの盃を, 触れるまではまさかにコンナ非道, 触れるまでもない儀, 触れるものすべて被害を物語らぬ, 触れるもの海ばかりだ, 触れるよしもない, 触れるよりはまあこんな, 触れるよりもまづ自分, 触れるですもの, 触れるオルガの水滴形, 触れるピンピンいう音, 触れるマンゴスチンも珍, 触れるロシアの学者, 触れる一切のもの, 触れる世界の雑駁さ, 触れる事々物々は焦心, 触れる事等が私, 触れる云々は形容詞, 触れる人間的なもの, 触れる位何度も匂, 触れる何もかも珍しくて, 触れる余地がなかっ, 触れる余裕がなかっ, 触れるに銃, 触れる勇気がなかっ, 触れる印象を得た, 触れる収賄贈賄の新聞記事, 触れる可能性のある, 触れる吐息さえ怖, 触れるに可憐, 触れる堅い蒲団が, 触れる場所が悪い, 触れるに応え, 触れるな動物, 触れると幾, 触れる始末機関を例, 触れる実在を求め, 触れる実相の世界, 触れる容子はない, 触れる対象の範囲, 触れる小さな出来事の, 触れる触れる岩, 触れる岩片端から動い, 触れるや蓐, 触れる度毎にそれ, 触れるの韻律的効果, 触れる彼女の手先, 触れる微風のさ, 触れる心力さえあれ, 触れる快適さに身, 触れるをさせた, 触れるの無い堅, 触れる恐ろしさ遣, 触れる意味を持つ, 触れる愛らしさが, 触れる感じ手をポケット, 触れる感覚までもこれ, 触れるがあろう, 触れる拍車の音, 触れるの面積, 触れる故之によつて, 触れる敬礼をし, 触れる文学的なもの, 触れる時あたしはいつも, 触れる時分には深い, 触れる時局的要点であると, 触れる時私は自分, 触れる時音に出, 触れる最初の舌ざはりが灰汁, 触れる木葉の間, 触れるといへ, 触れる板硝子と往来, 触れるな音, 触れる機縁を為した, 触れるになる, 触れるの荒れた, 触れる気イも起れ, 触れる気味の悪, 触れる気遣いのない, 触れるの音, 触れる水量を調節, 触れる流れの冷た, 触れる淡い情趣が, 触れる熊笹を毟っ, 触れるの音, 触れる物体は自然, 触れる物象に対して類まれ, 触れる物音は二人, 触れる理由は何, 触れる生物が悉く, 触れる皮膚に意識, 触れる相当つよくふれる, 触れるのほてり, 触れる私たちは恥辱, 触れる空間の存在物, 触れる突起がなくなっ, 触れる窓外の鳥声人語, 触れるだ, 触れる総ての女性, 触れる縁板はぷすぷす煙, 触れる美しさを, 触れるの熱, 触れる行動をとった, 触れる行動的直覚の意識, 触れるを知っ, 触れる街街に満ちた, 触れる衣ずれ足音がし, 触れる衣擦れにも獣, 触れる衣類の如き, 触れるの上, 触れる見当がつかなけれ, 触れる言葉である, 触れるりに, 触れるが日の出, 触れる貴女の魂, 触れるの熱, 触れる路傍の小石, 触れる身体を慎しみがち, 触れる迄の何秒かの, 触れるがなかっ, 触れる道理がない, 触れる重大な暗示, 触れる隆吉の身体, 触れるの影, 触れる音葉と葉, 触れる音部屋の隅, 触れるがした, 触れるの首