青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「触れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~解らない 解らない~ 解剖~ ~解放 解放~ ~解決 解決~ ~解釈 解釈~ ~触れ
触れ~
~触れた ~触れる 触れる~ 觸~ ~言 言~ ~言い 言い~ ~言いました ~言う

「触れ~」 1943, 21ppm, 5483位

▼ 触れ~ (1216, 62.6%)

27 いない 20 いる 19 いるの 18 みた 14 いないの, 見た 13 いた 10 来た 9 きた, くる, 来る 8 それを, 行った 7 いるよう, みると, 見て, 見ると 6 おかねば 5 いたの, いなかった, いると, みて, ゐる, ゐるの, 来ると, 来るの 4 いった, いるが, いるところ, おいた, くるの, みれば, 来たの

3 [28件] いたが, いて, いないこと, いるに, いるので, いる点, いれば, おきたいと, おらぬ, くる空気, これを, みたいと, みなければ, みました, みようと, みる, ゆく, ゆくこと, ゐるもの, 歩いて, 私の, 行きます, 行くの, 行こうと, 行って, 見せた, 見よう, 鳴る音

2 [79件] ある, あるいた, いたよう, いないから, いない事, いなかったが, いながら, いること, いるし, いるという, いるとき, いるのに, いるん, いる通り, おいたが, おきたい, おきます, おりません, かなしも, きたこと, きて, くること, くるもの, くるよう, くれ, くれました, こない, そこに, それでも私, ならないもの, まわる, みたが, みたの, みてから, みても, みますと, みるの, ゆくの, ゐた, ゐるところ, カチカチと, 一つに, 万一金銭上, 之を, 井戸の, 何かが, 凝結する, 始めて, 居るの, 差止めらるる, 彼らを, 彼女が, 心を, 描いて, 故郷に, 来た人, 来て, 来ない, 来るところ, 来るもの, 歩いた, 歩くよう, 死んだ人, 激する, 火花の, 相手の, 置きたいと, 置くこと, 置こう, 行く, 行くこと, 行く事, 行つた, 見たい気, 見たい誘惑, 見ようと, 見る, 言った, 起すや

1 [694件 抜粋] あたためるという, あるいたので, あるくの, あるく者, いくこと, いずしかも, いたから, いたため, いただきたいもの, いたと, いたとしても, いたよ, いた跡, いた連中, いっては, いても, いないけれども, いないため, いない一般的, いない修辞論, いない場合, いない心持, いなかったの, いなかった筈, いなければ, いました, いましたが, います, いますただ, いません, いやな, いるかが, いるから, いるだけに, いるだろうか, いるとか, いるとは, いるとも, いるらしく少し, いるアイヌら, いる個処, いる呼鈴, いる場合, いる思い, いる故, いる方法, いる者, いる限り, いろいろ名前, うつりゆく心, うれしかつ, おいたし, おいたと, おいてから, おいでに, おかなかった悔い, おきましょう, おくの, おこう, おののきたかった, おののきたくて, おられるし, おられる文章, おらんから, おり即ち, おり環境的, おる太鼓, お答え下さい, お袖, かちりと, がさがさと, きたと, きたところ, きたよう, きた社会, きながら, くくく, くるから, くるかんじが, くるまで, くるん, くるんだ, くる手, くれない, くれるなと, くれる事, くれる者, けちな, ことことと, こられましたもの, これらすべての, ごらんなさい, さて始め, さやかなる, さわさわと, しかも法, したたか濡れた, しだいに崩れ, しまいました, しまったから, しまったの, しまったので, しまつ, じたじたと, すぎる, すぐ越前, すつかり, そのため, そのはじける, その作者, その名, その夜, その宗七, その片, その皮膚面, その空気, その花粉, その解釈, それからは, それに, それらを, たちまち灰燼, ちょいちょい芸術家, つめたい手, できたもの, どのよう, ならない花, にわかに西涼, はつきりした, はねとばされたの, ひとは, ふき出して, ふと自殺, まいらぬの, ますます往年, また兵馬, みずから気づかない, みたい, みたいらしい表情, みたい問題, みたい深山幽谷, みたかったから, みたかったが, みたかったですな, みたくなるの, みたこと, みたところ, みたら氷, みたり, みなかった皮膚, みますから, みやうため, みよう, みようという, みるが, みること, みるまでは, みるよう, みる気, もみたかったの, もらいたいから, もらいたいため, もらいとうない, もらえば, やつて, ゆかうと, ゆかなかった, ゆき方, ゆき理解, ゆくだけの, ゆくところ, ゆくので, ゆけないで, ゆけない冷厳, ゆこう, ゆさゆさと, よく用い, わが仮, ゐたため, ゐた窓掛, ゐない, ゐないかと, ゐない憾, ゐない点, ゐません, ゐられる, ゐるかも, ゐると, ゐるので, ゐるやう, ゐる目, ゐれば, カチリと, カントの, ギクッと, ジーンと, ゾッとしました, チリチリ鳴り, パタリと, ヒヤリと, ヒヨウ, ブルジョア, メスを, 一声啼く, 一層人, 一朝主家, 一本, 一本一本麻の, 丹念に, 主観の, 二人ともに, 云った, 五六人の, 人の, 人生を, 他の, 仰せられること, 何かの, 使うの, 傷つけないとの, 僕が, 先頃から, 光を, 再び私, 再び電気, 冷え冷えと, 冷やかさを, 出づ, 出ようと, 初めは, 力を, 動き出すといふ, 動くよう, 十年の, 即座に, 反発心, 呼吸つく, 命を, 咳を, 回った, 困ります, 声を, 変化し, 変容すべからざる, 多くを, 夜の, 大局を, 大阪落の, 失望なさり, 奏で出づる即興曲, 奪い還されは, 女の, 嫣然として, 孝太郎は, 実感を, 害すると, 家族へ, 将に, 少しずつ, 少しばかり, 居たの, 居た雪江中根氏, 居ないとかいう, 居なければ, 居られます, 居り貴重, 居る, 居るとか, 居る物質, 居る自分, 巨大な, 巨艦一爆提督も, 底なる, 座敷か, 廊下を, 廻ったが, 廻って, 廻ること, 強い抵抗, 彼の, 得る経験, 御様子, 御覧に, 心が, 心は, 心細い凧, 心臓を, 必ず生ずる, 忽ち倒れ, 怒号する, 思い出すとき, 思ひがけ, 急湍は, 悪いという, 悶絶したくなる, 情けを, 愕然として, 愛の, 感激出来る, 感電死した, 我が呼吸, 戞, 所罰を, 批評する, 折折に, 拡がりまたは, 拾いあげられようという, 掌中その他の, 提供する, 撫で廻して, 政府の, 散るの, 断絶した, 新吉は, 日の, 日暮れな, 暖かった, 暖味が, 書いたり, 書かれるもの, 書くとき私, 未知の, 本形, 来い, 来たこと, 来たせい, 来たという, 来たどの, 来たばかりの, 来たよう, 来た一切, 来た人間, 来た時, 来ての, 来ないの, 来ないん, 来なかった, 来ねば, 来るある, 来るという, 来るといふ, 来るに, 来るやう, 来るよう, 来るサフラン, 来る切っ先, 来る境域, 来る深, 次の, 正式に, 歩いたって, 歩いたの, 歩いた小峰助右衛門, 歩きましたが, 歩きゃあがって, 歩く, 歩くぞと, 歩くらしい広告屋, 歩け, 歴史家の, 死ぬもの, 死ぬ虫, 死んだと, 殺された方, 比重系の, 気を, 水分を, 氷結する, 沈むよ, 法律が, 波長を, 注意され, 洋楽に対する, 涙の, 深い意味, 激すれ, 火花を, 無常を, 熟したまま, 父の, 牢屋に, 玄沢坊の, 率然と, 球は, 理解され, 理解しよう, 生ずる樹氷, 疑いの, 発せられた抒情, 発生する, 白い泡, 皆目拾えなかった, 皮が, 益々凝る, 相集っ, 知つてゐた, 研究する, 砕くる危険, 砕けるだろう, 破門された, 破門の, 禁錮された, 禍を, 私は, 突然筋肉, 節子が, 紺青に, 経験する, 置いたが, 置いたごとく憶良, 置かなければ, 置かねば, 美しさ, 美色という, 肩を, 腹が, 膝は, 自分の, 自分も, 船は, 船首から, 芝居や, 花弁の, 花活の, 蕎麦の, 薫は, 薫化する, 血糊が, 行かねば, 行かれた, 行くたび, 行くところ, 行ったの, 行った時, 行った船頭, 行つて父を, 表われ, 見たい, 見たいと, 見たいという, 見たい衝動, 見たかつたの, 見たく味, 見たところ, 見たところが, 見た知識階級, 見ては, 見ても, 見ない手, 見ながら, 見ました, 見ましたが, 見るだけの, 見れば, 見ろ, 見事に, 見胸, 覚めて, 観察すれ, 言ったが, 言わん方, 試た, 話が, 誠なき, 読むこと, 読者の, 貰いたい様子, 貰いたくない政府, 貰った職員, 貴女は, 起ったよう, 身を, 轟然たる, 退がれば, 退くだけ, 通った, 遊動せず, 酸化し, 金に, 閃いた, 院は, 離れる, 震え上つた者は, 露下る, 静かな, 面白かつ, 音立てた, 響なく, 頬の, 頻に, 顔や, 飛び上ったの, 馳せつけよ, 駈けまわれ, 騒いだかも, 騒擾の, 髪の毛を, 鳴つた, 鳴り, 鳴るばかり

▼ 触れては~ (82, 4.2%)

5 いけない 3 ならぬぞ, ならぬと 2 いたが, いるが, ならない, ならぬもの, ならぬ深い

1 [61件] いけないと, いけない怪我, いけませんよ, いるけれども, こちらの, その根, それを, つらい堪え難い痛手, ならないもの, ならない題材, ならぬ, ならぬとの, ならぬの, ならぬのみ, ならぬ何, ならぬ偶像, ならぬ場合, ならぬ妖艶, ならぬ尊い, ならんと, ゐないの, ゐません, 互いにひそひそと, 互ひ, 亡き師匠, 人間ほど, 動いて, 勧め誘いたれど, 味な, 大悟徹底の, 天主の, 女の, 家庭に, 平凡な, 幽かな, 庭を, 弾む, 思ひ出すの, 愛読し, 感情が, 慰められて, 我へ, 手を, 日本に, 書いて, 来ない, 機械よ, 此方の, 気に, 湯加減を, 澄み入り, 物思いが, 狩野川が, 紛乱を, 細々と, 航海話を, 話題に, 諸国へ, 通ひ慣れ, 道中にて, 鉄壁を

▼ 触れ~ (43, 2.2%)

1 [43件] じゃ, すぐ取れ, すぐ泣き出し, すなわち自ら, そのまま手先, たちまち花, にほひぬべく, ぼろ, ぼろぼろ崩れ, もろく落ちる, わかるよ, 二三片に, 今すぐ, 切れそう, 剥げるまでに, 即時に, 周りの, 子が, 将に, 折れさうに剛つて, 指やや, 数片に, 斬れる逸物, 棘の, 水気ふくみゐ, 消えも, 消ぬ, 消失せるであろう, 生きて, 痛むの, 皮革や, 益々痛む, 直ぐ切れ, 縮みて, 落ちそう, 落ちるよう, 蝮が, 触り得と, 触る事, 起るとも, 鐘が, 額と, 高慢の

▼ 触れても~ (40, 2.1%)

2 嫉ましいわい, 見たい

1 [36件] いないの, いるの, これを, すぐに, すでに人知れず顔色, その中, それは, まるで音, わらへ, 之を, 刄の, 動揺しない, 啜り泣く, 啜り泣くそこ, 嫉ましい, 彼らは, 彼女の, 心の, 心は, 感じないと, 感覚が, 斬れそう, 深い実態, 深く物, 火の, 熱くない, 甘いこと, 皮膚が, 穢れでは, 蕁麻に, 見なかった, 触れたよう, 身動きも, 音立てない, 頭を, 飛び上がるかも

▼ 触れ~ (35, 1.8%)

5 廻して 2 まわして, 出して

1 [26件] うけた前日, した客, して, するの, せいっ, まはし, まわした, 七兵衛と, 下して, 全国に, 出さねば, 出しその, 出したもの, 出す事, 命じ自身, 回しました, 廻しまする, 廻し相互, 廻し馬鹿囃子, 廻すには, 廻せ, 発して, 聞いても, 聞きましたよ, 見渡すと, 達しまた

▼ 触れたり~ (29, 1.5%)

3 して 2 した, する, するの

1 [20件] しない限り, すること, する事, する感覚, する時, それを, ひっかきまわすの, ペンを, 佐伯氏と, 内殿の, 子供の, 昔の, 机の, 歩こうと, 縫い交わし, 胴を, 腕に, 自分を, 離れたり, 電力統制問題など

▼ 触れ~ (23, 1.2%)

4 ふ音

1 [19件] つた, つたもの, の全, はせて, ひが, ひそこ, ひによつて, ひを, ふ, ふそれ, ふといふ, ふやう, ふわけ, ふ円, ふ時, ふ様, ふ程顔, ふ邪魔, ふ響き

▼ 触れ~ (21, 1.1%)

2 出たの

1 [19件] あった, あったっけな, あったので, ございます, しきりに手合図, そこで, まわり城下, 一つ現われました, 出た, 出るあいだ, 回って, 大抵きまった, 廻ったの, 廻ったん, 廻って, 廻るであろうから, 廻ると, 廻るはず, 発しられたの

▼ 触れながら~ (19, 1.0%)

1 [19件] こんなこと, それとは, そんなしゃれ, ただ一つ肝腎, どしどし梯子, まっしぐらに, やがて住居, 九太を, 姉の, 思って, 横通りから, 歩いた, 磯の, 苦しみに, 諍った, 起ちかけた, 鏡を, 音響の, 頷いた

▼ 触れ~ (16, 0.8%)

2 見で

1 [14件] あの篝, あるはず, されん, したけれど, しないの, しまいそう, せんと, とどいて, ない, なくどうして, なく不意, なく義貞, 出た, 春の

▼ 触れそう~ (14, 0.7%)

1 [14件] だ, だったので, で光井, なので, なほどにも, な口走りよう, な彼女, になり, にもしない, にビシャビシャ, に垂れ, に感じられた, に近い, もありません

▼ 触れ~ (14, 0.7%)

2 しないかと, しなかった 1 しない, しないの, しなくて, しまい, しようが, すまいかと, せぬかと, 何とも人間わざ, 終った, 聞えて

▼ 触れ~ (11, 0.6%)

1 [11件] 一両小判が, 事情を, 人相書とも, 件を, 出て, 声の, 感染が, 手前この, 貝が, 貝を, 遠慮の

▼ 触れその~ (9, 0.5%)

1 口から, 国土の, 志を, 思想の, 悔悟も, 戯曲の, 日常生活を, 温味, 生活を

▼ 触れつつ~ (9, 0.5%)

1 その体, 廻り道を, 当局の, 独習を, 示した筈, 落つる路ば, 行くも, 行く子供, 走れ

▼ 触れ~ (9, 0.5%)

1 が到来, が回っ, が馬籠, と共にあの, の到来, の回し, を前, を取り出し, を読み

▼ 触れ~ (8, 0.4%)

2 が足りない 1 が充分, が単純素朴, であったに, の足らない, は何ん, は多種多様

▼ 触れ~ (7, 0.4%)

2 うな 1 うに, えも, したから, したわけ, せまいと

▼ 触れ~ (7, 0.4%)

1 き, して, つれて, 依って, 成けりこの, 行って, 駈け出して

▼ 触れ~ (7, 0.4%)

3 に臨ん 1 につれともすれば, に当り, に応じ, に接し

▼ 触れ~ (7, 0.4%)

2 に聞く 1 にきく, にも伝えられ, に入る, に聞い, に触れた

▼ 触れ~ (6, 0.3%)

1 のですわ, ばこぼれ, ばさらさら, ば折れんず, まわして, むとせば

▼ 触れあつ~ (5, 0.3%)

2 てた 1 た, たやう, た指

▼ 触れ~ (5, 0.3%)

1 この上京, 十二月には, 売り物にでも, 定刻に, 忽然と枯れ凋ませる

▼ 触れそして~ (4, 0.2%)

1 そのおくれ毛, 事件の, 母を, 門外の

▼ 触れ~ (4, 0.2%)

21 とお, な

▼ 触れ合つて~ (4, 0.2%)

1 しかも少し, ゐる, 実にも, 鳴つた

▼ 触れ~ (4, 0.2%)

1 が外, が聞こえる, でこの, を聞く

▼ 触れさえ~ (3, 0.2%)

2 しなければ 1 しなかったお

▼ 触れずし~ (3, 0.2%)

1 てその, て大, て論

▼ 触れそれ~ (3, 0.2%)

1 から藤原氏, を産む, を足蹠

▼ 触れちゃ~ (3, 0.2%)

1 いかんよ, いけないと, いけません

▼ 触れてを~ (3, 0.2%)

1 らない, られるの, りますから

▼ 触れでも~ (3, 0.2%)

1 あるらしいので, したかの, すると

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

1 いい先刻, 云つたつ, 知るや

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

2 はつた 1 はされし

▼ 触れむとする刹那~ (3, 0.2%)

3 の静謐

▼ 触れやすい~ (3, 0.2%)

1 からである, ために, 社交場裡で

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

2 るること 1 るべきもの

▼ 触れ出し~ (3, 0.2%)

1 では定め, で供まわり, で軽騎二十余

▼ 触れ彼女~ (3, 0.2%)

1 と対立, の唇, の眼

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

1 に感じたる, に感ずる, に映った

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

1 に触れ, を求め, を見

▼ 触れ易く~ (3, 0.2%)

1 なること, 受けやすい, 随て

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

2 につれて切々 1 に従

▼ 触れ渡し~ (3, 0.2%)

1 におびやかされ, の趣意, を知らないで居残っ

▼ 触れ看板~ (3, 0.2%)

1 にも二三匹, も致した, を掲げた

▼ 触れ~ (3, 0.2%)

1 が想像, の内, の魂

▼ 触れかよ~ (2, 0.1%)

2 ふかな

▼ 触れこれ~ (2, 0.1%)

1 に触れ, を動かす

▼ 触れざらん~ (2, 0.1%)

1 と欲する, と誓

▼ 触れしたがって~ (2, 0.1%)

1 は時代, 知らず識ら

▼ 触れそれから~ (2, 0.1%)

1 どちらが, 引ッ返し

▼ 触れてか~ (2, 0.1%)

1 ちっと音, へりしが

▼ 触れてから~ (2, 0.1%)

1 一人娘であった, 一層その

▼ 触れてでも~ (2, 0.1%)

2 いるよう

▼ 触れてと~ (2, 0.1%)

2 うとうと鳴りひびけ

▼ 触れての~ (2, 0.1%)

1 噂ばなし, 感想で

▼ 触れにくい~ (2, 0.1%)

1 とみえる, 不思議な

▼ 触れまた~ (2, 0.1%)

1 咬まれた人, 唇を

▼ 触れやう~ (2, 0.1%)

1 とする, ともしなかつた

▼ 触れやすき~ (2, 0.1%)

1 ときなる, もののみ

▼ 触れりや~ (2, 0.1%)

2 落ちそ

▼ 触れ不動~ (2, 0.1%)

1 だ, の奇瑞

▼ 触れ又は~ (2, 0.1%)

1 之れ, 動かして

▼ 触れ少し~ (2, 0.1%)

1 でも私達, 切り込んで

▼ 触れ易い~ (2, 0.1%)

1 ために, ところへは

▼ 触れ暫時~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 触れ更に~ (2, 0.1%)

1 実践的には, 徹底し

▼ 触れ~ (2, 0.1%)

2 に接し

▼ 触れ~ (2, 0.1%)

1 に応じ, に触れ

▼ 触れ~ (2, 0.1%)

1 では久しく, をつくり

▼ 触れ~ (2, 0.1%)

1 にも入るべき, 醒ませ震い立たせる

▼ 触れ~ (2, 0.1%)

2 に乗じ

▼ 触れ~ (2, 0.1%)

1 ひ難い, をそのまま

▼ 触れ難い~ (2, 0.1%)

1 ものに, ものにすら

▼ 触れ難き~ (2, 0.1%)

1 を表す, 痛み所あり

▼1* [167件]

触れあなたの髪, 触れあの驚くべき伝奇的, 触れあぶない思を, 触れいく度か, 触れいたく前額を, 触れ種の, 触れかかる放蕩者の, 触れかたでもした, 触れがたい在るか, 触れがたく冒しがたき, 触れがちである, 触れくさい息が, 触れけんと思う, 触れこういうことを, 触れこの身内が, 触れさうなので密, 触れざらんやう, 触れしもの我これを, 触れそうして躯ぜんたいで, 触れそこに或, 触れたまはぬ, 触れたりとて漆の, 触れだったので多く, 触れちゃあならねえ, 触れつつは居る, 触れつつもこの己, 触れつめたい井戸水に, 触れてからというものわたしは, 触れてまでその男, 触れであったがその, 触れでござるぞ, 触れどこからかつ, 触れながらかのひとの, 触れなど仰せ出さりょう, 触れはっと泣き相, 触れふたりで居酒屋, 触れとして纔, 触れやがて新撰組の, 触れようなどとは夢にも, 触れんで泣いてばかり, 触れサフィーがコンスタンチノープル, 触れフランシスの信心, 触れ一切の科学, 触れ一寸でも並ん, 触れ一方には君, 触れ三男袁尚が仮に, 触れ上図のごとき, 触れ且右之趣板札, 触れの上一面, 触れの煙草, 触れを見, 触れ二三人は懸, 触れ互いに見合わし互いに, 触れ人間の感情, 触れ何事でご, 触れ余談ではある, 触れ作品を通じて更に, 触れことなれば, 触れ候やうにとそれ, 触れ候処すべて御人数, 触れ候者のみに有, 触れ充分納得し, 触れ公権を剥奪, 触れ冥途で虎, 触れされて, 触れの橋, 触れに味わい, 触れ古典的死語に代えるべき, 触れ右手はラファエレ, 触れ合つた一瞬間に別, 触れ合つた二つの心, 触れ合つた験しもない, 触れ合つて一つの巨大, 触れ合はんばかりに寄り添う, 触れを味わう, 触れに打たれ, 触れ圧迫した, 触れ城外五十里ほど進み, 触れに接し, 触れ夜具の襟, 触れのご, 触れ大道に反, 触れ天皇上皇妃嬪たちをも一列, 触れ好奇心を喜ばす, 触れに湿り気, 触れ宗教感や倫理感, 触れ宣誓したあの, 触れ小径を廻っ, 触れ崩壊する, 触れくない, 触れ廻わるのみならず, 触れ当てに出かけた, 触れの親友ら, 触れ彼らをことごとく, 触れ後日に至り, 触れ心地の好い, 触れ心身を鍛え, 触れ快活な声, 触れ怒りとも笑い, 触れ悍馬の脚もと, 触れ愕然として更に, 触れ我々が見る, 触れ我々国民はもつ, 触れ或いは殺生, 触れに触り, 触れ拙者に楯, 触れ散らし茶店に, 触れ散らし角の噂, 触れは米, 触れ時々蜘蛛の, 触れ時に乗じて, 触れになすられ, 触れ横転しつつ, 触れで互, 触れかしました, 触れ死人の毛髪, 触れ毎戸かわるがわる一人, 触れ気狂いにされ, 触れを踏む, 触れ浄光明寺のうち, 触れ温くかった, 触れのよう, 触れよりも明り, 触れに或は, 触れ熱い涙が, 触れに映っ, 触れ燐化水素と硫化水素, 触れ物凄い濃霧の, 触れ異常の焔, 触れ皆氷柱の形, 触れ相当の処罰, 触れ相関せざるあらむ, 触れを憧憬, 触れに見える, 触れ神妙に主人, 触れ空間と時間, 触れ窓ガラスに額, 触れ三の, 触れ精神の本態, 触れ結婚どころでは, 触れ総勢堰を切っ, 触れ美酒にあくがれ, 触れ肉眼で眺め得る, 触れと背, 触れを押し, 触れ自分のやっ, 触れ自分等の聯想, 触れ自然に触れ, 触れ自身に実験, 触れ草双紙が絶版, 触れ表現の山頂的, 触れ親愛の度, 触れ資治卿の噂, 触れ趙雲が通る, 触れ軽く抹殺される, 触れ農作物のこと, 触れなれど, 触れ道念の絶頂, 触れ陣地の兵, 触れ難くただ脈々と, 触れ静夜月を仰ぎ, 触れ非常に才気煥発, 触れ革帯にさわり, 触れで打たるる, 触れを撫でる, 触れことごとく飛ん, 触れ鼻息荒くなり