青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蔵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~蒲団 蒲団~ 蒼~ ~蓋 蓋~ 蓮~ 蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵
蔵~
蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~ 薄く~ ~薄暗い 薄暗い~ 薔薇~ 薪~

「蔵~」 4832, 50ppm, 2317位

▼ 蔵~ (976, 20.2%)

33 中に 32 中へ 17 中の 16 中で 13 中から 11 ような, 中には 10 前の 9 中を, 方へ 8 二階の, 前に 6 ように, 中は, 二階に, 二階へ, 手に 5 二階で, 壁に, 家へ, 方で 4 あとを, 中が, 二人は, 前へ, 姿を, 家で, 家に, 戸前を, 顔が, 顔を

3 [14件] ことを, 中では, 入口に, 前で, 前を, 声は, 奥に, 女房お, 小屋は, 手紙は, 方を, 白壁が, 縁の, 鍵は

2 [70件] お金を, こと, ことだ, すがた, そばに, なかへ, ほうへ, まえに, 一味は, 三階の, 三階へ, 上に, 両名, 中, 中だ, 中も, 乾児たちの, 乾児たちは, 乾児たちを, 二人の, 二階を, 側の, 入口の, 口から, 名物で, 商金鼎なんと, 壁には, 外では, 外の, 外へ, 大名物, 大戸を, 姿が, 定鼎, 家の, 家を, 山越図の, 師直と, 庇あわい, 影は, 戸が, 戸に, 戸の, 戸前が, 所へ, 扉を, 方は, 方へと, 漢玉章劉海日の, 留守を, 留守宅へも, 白さ, 白定窯鼎が, 眼は, 窓の, 絵図面を, 耳に, 花天月地中に, 蔭に, 裏に, 裏の, 裏手, 話に, 話を, 通を, 金子を, 鍵が, 間へ, 顔は, 鼻蔵人の

1 [527件 抜粋] あいた口, あちらの, あつい床板, ある大きな, ある家, いい出しである, いうこと, いう通り真正, いたずらです, いったよう, うしろへ, うら長い, うわごと, お化, かぎ檜物屋の, かべを破っ, こうした精力, ことかい, ことである, ことでございます, ことです, ことなぞを, ことに, ことは, ことゆえ一方, さしだした物, したくも, すぐの, すみずみ, すみに, そとを, それと, それほど激しく, つづきところどころ, できぐあいがな, ところへ, ところへは, どこかに, どれかへ, ない地主, なかから, なかへでも, のき, ほうだった, ほうに, ほうも, ほかは, まえで, まへの, まわりの, まわりへ, まわりや, まわりを, まん中に, もとまで, ものが, も聴いた, やつて, やつも, ような思い切った, ピリオッドの, 一人子息と, 一件で, 一家眷族みな殺しと, 一条だけが, 三人で, 三名が, 三階に, 下に, 下は, 下心, 下手人と, 与四郎などは, 世にも花やか, 世話に, 世話を, 世話料を, 世話料をも, 中か, 中からの, 中です, 中と, 中とそとで, 中なぞ, 中にも, 中ばかりに, 中へなど, 中へは, 中まで, 中小屋の, 中平林さんは, 乾児たちが, 乾児たちであった, 乾児たちと, 乾児たちも, 乾児どもであった, 乾児どもの, 乾児どもを, 乾児の, 乾児二人が, 乾児二人に, 乾児二人を, 乾児大勢に, 乾児数人が, 乾児達であった, 事なんかじゃ, 二人が, 二人であった, 二人も, 二人もし, 二戸前も, 二階から, 二階が, 二階だけが, 二階だった, 二階です, 二階には, 京都行きから, 人形が, 人数は, 仁木の, 仕業であろう, 仲間が, 住む美濃, 住居が, 住居の, 体を, 何かを, 何とか法印, 使い方が, 侍等が, 便りには, 信楽勘十郎庄屋めきたる, 俤を, 倍も, 借区, 側に, 側を, 働いて, 兄である, 入り口は, 入り口を, 全血管, 八坂の, 公平な, 内です, 内と, 内の, 内へ, 円天井を, 出来かかった, 出迎え来たった, 分なり, 制が, 前から, 力に, 功労とを, 加藤を, 勧進帳こいつを, 半面と, 南から, 口ぶりに, 右にも, 右手から, 司という, 同勢も, 名が, 名の, 名は, 向うに, 吟味中には, 咽喉の, 品すべて取り上げる, 品は, 哲学私観, 唇が, 噂も, 噺も, 四名を, 囲んで, 国宝, 地下室の, 型は, 報告によって, 場合と, 境涯を, 墓のみ, 墜落し, 墨梅の, 壁の, 壁も, 士学館, 声が, 声だ, 声であった, 声に, 声を, 声色を, 変形である, 外に, 外にまで, 奥へ, 奥所の, 女お, 女である, 女に, 女の, 女は, 奴が, 奴は, 奴を, 奴必定三円位で, 奴近ごろ身に, 妙な, 妹などは, 妻, 妻は, 妻まつ, 妻まつの, 妻も, 姿であった, 姿は, 娘が, 娘という, 子が, 字は, 宗清福助の, 定家所伝の, 実直な, 室これに, 家が, 家である, 家まで, 家内の, 家記, 寄人に, 居間にな, 屋根から, 屋根に, 屋根の, 屋根裏には, 岸に, 岸を, 工事と, 左右に, 師匠張より, 帰って, 帰りの, 帰りは, 帰る家, 底から, 度胸が, 座敷に, 座頭は, 廂の, 廂合に, 強盗時代の, 当り狂言, 役人衆らしい, 後だけに, 後ろに, 徒が, 心には, 心境も, 思った郷里, 性格だ, 性格を, 恵印法師で, 悪事とを, 悪事を, 悪法に, 悪行は, 悲鳴が, 意見であった, 感ずること, 慰み物です, 憂愁を, 懐ろに, 懸命が, 戸は, 戸を, 戸前から, 戸前の, 戸前は, 戸前へ, 所感も, 扉まえ, 手から, 手より, 手を, 手下たちが, 手伝を, 手先味噌松という, 手入れでも, 手前を, 手紙にも, 持主が, 持参した, 挨拶だ, 提議だ, 揚子方言に, 政右衛門も, 敵でない, 新しい墓, 方から, 方が, 方にゃ, 方へは, 日本駄右衛門家橘の, 日蓮羽左衛門の, 日記に, 日記は, 日記を, 旧悪を, 早耳です, 時代だ, 時代は, 暴悪を, 書籍が, 書籍を, 朝の, 末年と, 本を, 本当の, 東を, 梯子段を, 棚へ, 権次で, 横に, 機能を, 機鋒が, 歯を, 死をも, 死骸が, 母親です, 気を, 水門の, 活動に, 清正を, 清盛, 清盛入道は, 瀑布図である, 火の, 為には, 烈しい声, 煤掃き, 父である, 父の, 狼狽えた顔, 瓦から, 瓦屋根の, 生まれた地方, 甥な, 由縁を, 申開きには, 留守宅を, 番人が, 番人にて, 病気も, 病躯を, 白っぽい壁, 白壁にも, 真龍軒, 眺める世界, 眼が, 眼に, 眼には, 眼の, 石あ, 石階を, 穴から, 窓から, 窓なぞが, 窓に, 筆は, 筆法は, 答えだ, 答えに, 策であった, 籠に, 精悍そのものの, 素姓も, 絵巻物の, 網干左母次郎芝翫の, 網戸に, 網戸の, 縁じゃやらと, 縄を, 罪に, 美しい髪, 義経で, 義経の, 老婆は, 耳には, 背が, 背なかへ, 背を, 背後に, 背後天井に, 胸は, 胸倉を, 脇の, 腰か, 膝の, 自来也, 自由に, 舞台は, 舞台を, 艸という, 芝居が, 芸などが, 葬式を, 蔭などで, 蔭へ, 蘭丸が, 虫干ししよう, 袖で, 裏手で, 裏手に, 裏手は, 襲名が, 見はり, 見地より, 親しい友人, 親分に, 親類だ, 観世物が, 言うこと, 言うとおり, 言った意味, 言に, 言葉が, 言葉の, 言葉を, 言語や, 註を, 詩集は, 話が, 話の, 語ること, 誤写に, 調べも, 調査で, 買った紅バラ, 質店と, 賭場, 賭場か, 賭場で, 賭場を, 賭場一度の, 贔屓を, 足から, 足に, 跡という, 身体には, 身体を, 返す言葉, 迫り方, 速記した, 連続であった, 過去の, 道場に, 遣ひ残り弐拾, 邪推とか, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 重忠女寅の, 重盛と, 野性は, 金を, 金子が, 金銀にも, 鉄の, 錠前が, 鍵なんて, 鍵の, 鍵を, 鏡に, 間借部屋を, 闇の, 陰に, 隅々, 隅を, 階下へ, 階段を, 雷庄九郎で, 電灯を, 露わな胸元の, 露地を, 面から, 面を, 面倒を, 顔の, 飛燕凝, 養父で, 首だけが, 馬の, 馬上姿が, 馬鹿

▼ 蔵~ (526, 10.9%)

6 言った 5 それを 4 そこへ, 声を, 眼を 3 何か, 手を

2 [13件] いつもの, そんなこと, 云った, 前と, 女の, 平気で, 急に, 日吉の, 書いて, 気が, 笑いながら, 自分の, 香蔵と

1 [471件] あくびを, あくまでも生き, あすこの, あの木小屋, あまり多く, あらん限り, いかにもわし, いささか鼻, いつでも, いつのまにか群衆, いつ頃, いよいよ土地, いよいよ本性, いよいよ自分, いろは四十八蔵あり, うとうとと, うなずきながら, うろたえ出した, おちおち寝, おとなしい清七, おとなしく手, おもしろくない, おもしろそう, おろか八百屋の, お兼, お前の, お大, お祖母さんが, お篠, お花, かたきの, かねてからうすうすそれ, かんぬきを, くすくすやる, ここの, ここへ, こころよくその, このごろさる, この狂言, これから寝ず, これから木曾福島, こんなこと, さしずめ彼, したり顔にて, しょんぼりと, じきに, じっと唇, すぐさま現場, すぐに, すぐ介錯, すぐ向き直った, すぐ室外, すぐ庭門, すっかり悄気, ずかずかと, ずっと沈黙, そういっ, そうした子, そちを, そのまま身動き一つ, その仇, その働き, その光り, その場, その容子, その弟ふたり, その影, その手紙, その時, その気持, その舷, その言葉, その計画, その議, その足, その辺, そら涙, それから, それに, それ以上を, たしか, だんだん茶屋酒, つい先頃, つかつかと, とたんに叔父, とんだこと, どうも気乗り, どうも質, どう逃げた, どこへ, なあんだつまらない, ない, なおさらの, なかなか得心, なかなか承知, なにか急所, ひとりで, ひと事の, ふいに, ふところから, ふと恋, ほかにも, ほくそ笑みして, ほとんど活きた, ほどよく米, まずその, まずそれ, また今, また凶年, また笑った, まだ家督相続, まだ顔, まるきり音沙汰, みな封印され, みんなふところに, むしろ唖然, むしろ平左衛門, もうこの, もうたいへんな, もうひとり, もう一俵, もう三十, もう恐れ入っ, もう草鞋, もっと倍, もと漢学, もどりませぬかな, やがてつぶれる, やがて両, やさしく情け, やさしく言っ, やっと吾, やはり一橋公, ややしばし穴, ようよう, よくも, よろけた, よろこんで, わが外套, わざとそう空とぼけ, わざとらしく首, イヨイヨ静かに, ジリジリと, バケツを, ブルッと, マダなか, モウ一度前後左右を, 一夏の, 一朱の, 一発彼の, 一箇月ばかり, 一躍万, 七代目団蔵追善供養の, 七年前に, 三つしか, 三吉が, 三吉と, 三吉の, 下の, 不意に, 両掛, 中津川に, 中津川の, 中津川を, 中津川本陣の, 久しぶりに, 乱戦の, 乾児たちと, 乾児たちに, 二俵目の, 二十七次の, 二十八で, 二晩も, 二足三足歩きだした, 云うまでも, 互いに競い合っ, 京都に, 京都の, 人形でも, 仄かな, 今ごろこんな, 今猶, 今自分, 他へ, 仰向けに, 伊那に, 伊那回りで, 伝馬町御, 伸びあがるよう, 何うだ, 何となく気味悪い, 何時しか其自然, 信用しなかった, 倒れた, 側を, 備中国長尾村の, 僅かに, 優善に, 元来腕利き, 元気らしく, 元禄四年の, 兄の, 充分に, 先に, 先年私が, 先年通り極めて, 入来りぬ, 全身が, 六斗の, 六番の, 典膳などには, 内証の, 出先で, 刀を, 初めは, 勝手に, 勝重の, 勿論知らなかった, 卅一幸吉は, 半蔵から, 半蔵に, 半蔵夫婦に, 又も, 口が, 口を, 叱るよう, 各村, 同じ序, 同国生まれの, 吽える, 呻いて, 和泉屋へ, 哄然と, 唐桟の, 問ひました, 善八を, 噛返しと, 四年ほど, 地団駄を, 坐ったきり, 城内に, 堂の前へ, 堅気な, 塾で, 墓原に, 売るばかりが, 大きく高く両, 大丈夫だ, 大抵その, 大風雨の, 天にも, 女房の, 姉に, 委細を, 実の, 家で, 家へ, 宿の, 寒い寒い北海道, 察した, 師の, 席順の, 常住に, 平田篤胤没後の, 平田門人の, 年上の, 年長で, 庭の, 庭へ, 庭を, 弓を, 引き取って, 引っ奪る, 弟たちを, 当時京都の, 彼が, 彼に, 彼の, 後に, 復た, 応じたが, 怒った, 思った, 思わず声, 思出した, 急いで, 急所を, 息を, 恵那の, 悪事の, 悪夢ばかり, 悲鳴を, 惜しいこと, 手拭を, 手早く身支度, 手箱を, 才学が, 捨鉢の, 撥を, 既に十万円, 日の, 早くつづ, 昼間こそ, 暫時稲垣さんの, 書院の, 有名な, 有為の, 望まない, 朝の, 木挽の, 木蔭で, 未練気も, 本音を, 机に, 村の, 来栖勘兵衛で, 来栖勘兵衛な, 杯を, 柳営の, 案内を, 槍を, 次郎作が, 次郎作に, 欲に, 正造の, 正面の, 正面を, 正香の, 歿した, 毎夜の, 気らくに, 気抜けした, 江戸一番の, 沈黙し, 波浪の, 泰助に, 洋学者なる, 洒唖として, 海音如来の, 涙の, 深く勅勘, 深夜の, 湯槽の, 火葬なるべし, 灯を, 炭バケツを, 無いと, 無事で居ります, 無意識に, 無感覚に, 無駄話を, 片桐から, 片肌を, 物置同様で, 琉球館書記方心得を, 田山白雲に, 甲府の, 病と, 病み景蔵, 病身らしい, 目を, 相当の, 相手の, 相手を, 真から, 真黒な, 眩み真, 眼さきが, 知らないの, 知らないらしい, 私の, 稲垣の, 空とぼけたよう, 空を, 立ち上って, 立派だ, 立派で, 笑えない顔, 笑ひました, 笠を, 筑摩県の, 箸が, 米搗き兄は, 約一年間, 絵筆を, 美濃中津川の, 耳にも, 聞入って, 聞覚えある, 肩を, 脚絆を, 腕を, 腰なる, 臆面も, 自分が, 自分でも, 自己の, 茂太郎の, 茶の間の, 茶碗を, 草鞋ば, 落合の, 蒼白な, 蔵じゃ, 蜂須賀の, 行燈を, 表門の, 西の, 西郷に, 見て, 見送って, 覗き込みて, 親切な, 言う, 言って, 言ひました, 言葉の, 言葉を, 討ったりと, 語気を, 躍り上がり躍り上がり, 身が, 身なりを, 車掌の, 農家の, 近所を, 逃がしたが, 逃げうせた, 道中差を, 遠くから, 遠くも, 遠慮なく頂戴, 部屋には, 酔って, 重々の, 重い口, 釜無の, 銀平と, 錯覚に, 鍵を, 長い槍, 長崎丸と, 門の, 開け放ちます, 附添した, 隠し持ったる鉄棒, 隠れいつ銀平, 隠れた, 隣席の, 電話口を, 電車の, 面喰らった, 頭を, 頼母によって, 額からも, 額の, 顫い, 顫え, 飛びかかって, 首を, 馬の, 馬十と, 馬籠の, 馬鹿な, 駈けただけでも, 驚いて, 高慢なる, 鸚鵡返しに, 麻雀を, 黒く日, 黒壁で

▼ 蔵~ (365, 7.6%)

108 ている 50 てゐる 30 ていた 19 てゐた 9 てある, てゐ 8 てい, て居る 3 ておく 2 てあった, てあろう, ていたらしい, ていない, ており, ておる, て在る, て持っ, て置く

1 [103件] それを, つつまだ, つつも表, て, てありはせぬ, てあります, ていたであろう, ていなかった, ています, ていられる, ていられるらしい, ているであろう, ているらしい, ているらしく思われる, てお, ておけ, ておられる, てくめども, てくれた, てぐっと, てこの, てごわすじゃ, てしかも, てその, てそれ, てどう, てなお, てはいなかった, てひたすら, てゐない, てゐるだらう, てゐるらしい, て一人北海, て世に, て中天, て余, て僕, て兄, て六漢道人, て其標準, て凡て, て告白, て問, て四斗樽二つ, て大金, て居た, て居られた, て居られる, て居り, て居ります, て後これ, て憎々し, て成育, て我, て敗戦, て来る, て棚, て歩い, て死んだなら, て浮きたたなかった, て無き, て片時, て生き, て発せられん, て真昼, て空しき, て細君, て置い, て置いた, て置くらしい, て逢著, て長い, て黙し, ながらも外観, ながら一方, ながら一見何一つ, ながら健康, ながら句, ながら必要, ながら杏坪先生, ながら温い, ながら相対, ながら表面歓心, はやくも, ひとみに, また一部, 一般の, 休火山に, 含蓄ある, 宋版の, 広漠として, 廃墟に, 後これを, 後世を, 心開けず, 愚かなる, 武家政治の, 熱情家らしく思はれ, 自覚し, 雪消の, 顔に, 駕を, 高眠安臥

▼ 蔵~ (284, 5.9%)

5 ある 4 あって, 言う 3 代って, 帰って, 眼を 2 それを, 帰国を, 来栖勘兵衛だ, 答える, 言った, 首を

1 [250件] あります, あり同心, あるから, あるだろうね, あるばかり, あんな事, いかい, いたこと, いたので, いた石, うわごと, おとなしく下り, おやぢ, お前の, お角, かく語りし, こういっ, ことばの, この同門, これに, これを, こんに, ございます, しきりにすすめた, しきりに捜し物, しぶい声, じまんニて, じまん致し, すすみ出て, すでに京都, ちょっと枕, つかつかと, どうして縄, どんなに怒る, ないん, なお念, ならんで, なんだ, ひとへ, ひょいと物, ほとんど立場, もう急き立て, もう昨夜, もう樽, もどって, やや得意, やらうと, わざわざ京都, スケッチブックを, ニコニコし, ヒソヒソと, ロシアへ, 一つ残りました, 一人に, 一件ハ今, 一度に, 一心に祈りつ, 一戸前ある, 七兵衛に, 三畳の, 不覚を, 両手を, 並んだ石垣, 並んで, 主家を, 久しく控, 久し振りに, 乗り込んで, 九つも, 乾児を, 予期し, 事は, 二十三間あっ, 云った, 五つある, 五つ六つも, 五つ戸前あっ, 人を, 仆れた, 今日まで, 今朝毒殺した, 付いて, 伊豆の, 住居の, 何, 何か, 何し, 何とかし, 何を, 何故父親, 信成の, 傍らの, 先づ門外, 入って, 処刑されよう, 出る, 刀を, 列から, 前に, 北海道を, 半分とりくずされ, 半分は, 博奕場に, 又四郎を, 取って返したの, 受けた恩義, 口走って, 只今生得の, 叫んだ時, 向き直ると, 国に, 売り物に, 大の, 大声で, 大太刀, 大威徳法, 大平峠を, 奥庭に, 女中に, 姉の, 嫉妬心を, 家に, 家橘智恵内芝鶴皆鶴姫女寅と, 富小路家に, 尋ねると, 小使勤務の, 左大臣の, 差出す手紙, 席の, 年季奉公の, 幾戸前とか, 床に, 庭からは, 建ちならんで, 建ったと, 建つ, 建つわ, 弓矢を, 得意と, 心中に, 志丈の, 忠信で, 念を, 思いきった大きな, 急に, 怪しい女, 恨みが, 慌てた声, 戒心を, 所望する, 手拭を, 撥を, 教えて, 新に, 早くも, 早く既に, 昔噺は, 昨年の, 来て, 来ての, 来ると, 枕頭へ, 正直あふれた, 武勇一図の, 死んで, 残された, 残ってと, 殺しに, 毒を, 気遣, 法力を以て, 泰助に, 浪士を, 浮かぶとか, 浮くという, 深い井戸, 湯桶の, 源次郎に, 無遠慮な, 父からの, 現われること, 生れて, 病室を, 白と, 的に, 盗んで, 目を, 真っ先に, 眼で, 眼の, 石に, 福山侯阿部備中守正精に, 秀調の, 突然そば, 突然大きな, 立ち帰って, 立って, 笑う, 米友を, 置いて, 美濃を, 老師鉄胤の, 肩を, 育った大塚, 胸に, 脱走した, 腑抜けな, 自分の, 自動車で, 茂太郎の, 落魄した, 蒼い顔, 虹の, 蜂蜜を, 行きかけると, 行って, 裾模様でも, 見えたり, 見つからないから, 見て, 見に, 見廻りしも, 覗いて, 言い出した, 言い添える, 言うと, 言ったうわ, 言って, 言出した, 訪ねて, 話を, 語り出したところ, 誰に, 跳ね起きようと, 返り討ちに, 返辞を, 違うん, 遣たの, 鉄棒を, 鎗持て, 門口で, 開かれる, 険しい峠道, 顫え, 風の, 食事の, 馬に, 馬籠本陣を, 馬鹿申せ, 鸚鵡蔵の

▼ 蔵~ (178, 3.7%)

4 して 2 呼んで, 拵えましても, 探して, 探しに, 調べて, 識って

1 [162件] あけさせ絹, あけた, あずかって, いくつも, いわなくとも, おとして, かたづけて, き, きょう限り義絶する, さらけ出した, しらべて, すぐに, すぐ甲州領, そのままに, そらんじながら, たずねて, たよって, つきあつ, つなぐ渡り廊下, つれて, でて, とりまいて, どうする, ひとかたならず嫉, ひらこうとも, まうけ, まうけた, みつけては, むっとさせたらしかった, めざして, よび起して, よろこばせた, わざわざこの, エド蔵に, 一人で, 一度往来, 京都に, 介抱し, 伴なう, 伴れ, 使いに, 使うの, 促して, 働かせようと, 再呼ん, 凝視めた, 出し遣りたる後, 出て, 切った, 前に, 勤めた, 医師千斎の, 去なし, 取って, 取囲んだ, 呪うところ, 呼びに, 呼び寄せて, 呼び止めるじゃ, 地上に, 埋め隠したの, 始め皆な, 嫌い始めたの, 守ると, 守る話, 完了する, 害め慈悲太郎を, 家に, 封じて, 小使室に, 巡って, 帯で, 建ったので, 建て, 建てたついで, 建てた男, 建てまして, 建てようといった, 建てるなんて, 建てるには, 建て増し地所を, 建築元, 廻って, 引き立てその, 忌嫌っ, 怖がった理由, 思いこの, 思いその, 恨む訳, 憶い起こしぬ, 懇請した, 扇で, 手討ち, 打倒して, 抱き込んで, 持たぬため, 持たぬわれわれ, 持って, 持つて, 持ぬ, 指さして, 据えた魚漁家, 掘って, 掘り出だす, 掘り当てたの, 施入した, 早くここ, 武家の, 残して, 殺して, 狙うか, 狙って, 発見し, 発見した, 相手に, 眼に, 睨みつけた, 破って, 破るなんて, 立てるとかいう, 端近く, 笑えなかった, 終って, 縛する処, 縛り付けて, 聴いた圓石, 胆吹山に, 脅かした言葉, 自身番へ, 茶屋に, 虐使する, 裏切り天国, 見た, 見つけて, 見て, 見に, 見ようと, 見る, 見ること, 見ると, 見下ろしたかと, 覚えて, 訪ねた, 評した所, 認めた瞬間顔色, 誘った, 識る, 護り時々, 護るその, 負ひ, 迎へ, 追いかけた, 追いやって, 追い立てて, 造ったの, 連れて, 開いて, 開示す, 間諜と, 預けて, 預るもの, 鼠が

▼ 蔵~ (172, 3.6%)

8 火が 3 しまって, なって, 向って 2 しても, むかって, 収めずなんて, 収められて, 挑まれて, 置いて, 言わせると, 預けて, 頼んで

1 [137件] あった, あったという, あるが, あるだけ, あると, ある限り, いった通り, いつたこと, いれられた小, おさまって, かぶせて, かわった, きく, しまわれて, しようと, すすめ自分, する, するより, それぞれ依頼する, そろえさせて, ちなんで, つづいて, どつ, なるでしょう, なるという, なれなれしく話, なんと話した, はいりませんからね, まかせて, みこしを, ハ大兄よりも, 一人一人檻車に, 不義者なりと, 与うるの, 与ふる壬辰八月十四日, 久しくあ, 二俵の, 他の, 仰っしゃった上, 伊庭親子老人ながら, 伝わって, 似て, 係るもの, 促されて, 入つて, 入りこんで, 入る, 入れて, 入れられたこと, 入れられたの, 入れられて, 入れる何, 入れる慣例, 其一子を, 出あいました, 出張し, 出逢ったら庄屋殿, 副戸長, 勤めさせたの, 収めず, 収めて, 命じて, 在るの, 埋められて, 堪へたりと, 売って, 妨げられ仏頂面, 寄せて, 寒雀, 屹と, 広い二階立, 引っ担いで, 引渡された, 強い衝動, 強く念, 心の, 怨ませアレアレ, 成ったり, 捕えられ, 斬って, 早田に, 暴かれお, 書き下したところ, 有つて, 殺されたが, 比べると, 気の毒だった, 渡され候金百円, 満ち籠るところ, 無い, 瓜二つの, 生あり, 生き写しだ, 生存を, 用いそれ, 疑いを, 発して, 相違ない, 秘って, 秘められて, 移ると, 積まれた, 積んで, 積んである米, 積置し, 籠って, 籠らせ幾, 籠らせ幾らか, 納まったきり, 納めて, 聞こえると, 至るまで, 至るまでは, 荒莚を, 荷車で, 行くと, 見せた, 見とがめられぬ, 言うから, 言った, 認められて, 讒訴する, 転がって, 近い稲城, 近く木造の, 這って, 這入て, 連れられて, 運ばれて, 達したるとき, 違ない, 銃ハ捨たりと, 門口から, 閉じ籠め, 電話する, 面会を, 頼んだの

▼ 蔵~ (167, 3.5%)

3 いって, 一緒に, 云ふ, 言って

2 [15件] おみね, その乾児たち, その女房, 云ふも, 力を, 半蔵とは, 同行した, 幸吉の, 幸吉も, 手を, 次郎作は, 申します, 蔵との, 香蔵とが, 馬丁の

1 [125件] あまり言葉, ある, いいて, いう, いうし, いえども, いえば, いえる悪, いっしょに, いったが, お兼, お浦, この辺, その一類, その手下ども, つくった時, となえたが, なつて, なる, なんと三遊派, まず生国, やらいうしがね, スナップ, 七兵衛と, 三吉との, 不和であろう, 中間の, 二の, 二人で, 二階ね, 云います, 云うもの, 云う人, 云う僕, 云う僧, 云う海軍士官, 云う男, 云う者, 云ったよう, 云つたのは, 云ひ, 仰せられる僧形, 会談し, 何十艘の, 僕は, 兄と, 前年私が, 勝重とは, 化けたの, 十二月十五日赤穂義士復讐の, 友田と, 反対の, 口を, 吉田稔麿の, 同じよう, 同じ運命, 名おかへ, 名づく, 名づけて, 名のる, 名まで, 名乗って, 呼びまして, 呼ぶ声, 呼懸け, 咄し, 堀割とを, 変名し, 宇治山田の, 幸吉は, 店とで, 慈悲太郎を, 成った勘兵衛, 成つた, 拝もうと, 改名し, 改名の, 改称し, 数へ, 映画世界の, 書いて, 来たら隆, 松江伝介が, 権十郎の, 次郎作といふ, 次郎作とを, 沼田英吉との, 洛北岩倉村へ, 清澄の, 源助は, 現在の, 申す博徒, 申候寺男召使ひ, 異ならない位置, 白壁の, 相伴い東北行, 相携え, 相談の, 睦まじそう, 称えられる先々代, 称し後, 称し次, 称する名所, 称する御蔵, 称んで, 竹中どのから, 簑助が, 紋作との, 紋作の, 紋次も, 結ばれたという, 聞いて, 言へる, 記する, 話し何故, 謙助との, 謡われるよう, 赤垣源蔵と, 違ふか, 野口昌作との, 鍵の, 阪妻が, 隣り蔵, 飯食い地蔵とは, 香蔵の

▼ 蔵さん~ (143, 3.0%)

4 がいいました, と一緒 3 や香蔵さん 2 からも便り, の顔, はいいました, はじ, は水, は眼

1 [120件] あの相良惣三, あの鉄胤先生, お二人, お入り, お宅, か, からお, からはそんな, からも聞きました, が, がきまり, がとまった, がまんじゅう笠, がもちかけました, が人力, が人力車, が村, が私, が見えたら, が言いました, が話しました, が門, このお方, こんな様子, さえ見れ, そう君, それにわたし, たしかそうでした, だってもそう, でありました, でしたが, とおっしゃいました, とおっしゃいます, とおれ, とかおっしゃいました, ともしばらく, と呼ぶ, と話す, なんにもありません, には寝, にもうれしい, に一つわたし, に見られ, のあと, のうちニ, のかきし, のし, のしのこした, のところ, の姉さん, の心, の意見, の胸, の言い草, はいつも, はうらやましい, はお, はからの人力車, はこの, はこんな, はしばらく, はしんた, はせんだって利助さん, はそう, はその, はそれ, はただ, はつぶやきました, はとむね, ははっきり, はふうッ, はまた, はもう, は中津川, は京都, は人々, は今, は利助さん, は半田, は右手, は喜びました, は帰っ, は年, は思いがけない, は思いました, は昨日, は村, は枕もと, は椿, は汲ん, は海, は牛車, は留守, は腰, は腹, は苦し, は藪, は誰, は諏訪, は起きあがっ, は顔, へ届け, まあ中津川, までお, もあの, もがまん, もどうして, もまた, もまたそうでした, もまんじゅう笠, もゆっくり, も呼ん, も大, も椿, よりさき, をお誘い, をつかまえ, を頭, 直にそっち, 見て

▼ 蔵って~ (108, 2.2%)

5 おいて 4 あるの 3 あるので, おいた, 置いて 2 あったが, あったの, あります, あるん, おくが, しまった

1 [78件] あったか, あったせい, あったので, あった冬, あった四折, あった渦巻型, あった銀, ありましたから, ありますが, ある, あるあの, あること, あると, あるという, あるには, あるらしい, ある室, ある幾つ, ある彼女, ある所, ある潜在意識, あれだろう, いた, いたとて, いたの, いた形跡, いるの, おいたって, おいたの, おいたらどう, おかねば, おきたいもの, おきたくそれ, おくか, おくこと, おくの, おくより, おくわけ, おく五階屋根裏, おく甲州, おこう, それなり手を, だの, ないよう, もしあの, 呉れ, 在ったん, 在るの, 家へ, 小さく整然と, 居る, 御座るゲナ, 私は, 立ち上ろうと, 竿は, 置いた, 置いたもの, 置いたり, 置いた一重ね, 置いた古い, 置いた書籍, 置かれようか, 置かれるおつもり, 置きたいよう, 置きましたと, 置きましたので, 置き例, 置くもの, 置くよう, 置く者, 置ぐも, 置けと, 置け俺, 置こうと, 記念に, 錠を, 鍵を, 鸚鵡蔵の

▼ 蔵~ (103, 2.1%)

2 ある, おはま, 香蔵も

1 [97件] いた, いつのまにどこ, いよいよこの, いよいよ面, いられなかった, いる, お豊, この人, こんな男, さすがに, さぞ彼, しまいには, すでに故人, その声, その晩, その跡, それと, それに, それを, たくさんある, どうかする, なかなか口, ぱッと, ひとまず長い, まあいい, またズカズカ, また何とか, また御用弁, まだ在職, まだ見た, もはや杖, やがてわが家, やむを得ず足, よろこぶ, わが君, ギョッとして, 一目参に, 不承, 二人とも, 二度吐胸を, 京都の, 今しがた落ちました, 住居の, 俯向いた, 共に京都, 刀を, 初めから, 十冊前後まで, 半蔵も, 又十郎, 堪らなくな, 始めの, 安房守も, 山を, 幸吉も, 心や, 心配さう, 心配し, 悪いが, 意を, 持たる, 持ってけ, 旧の, 景蔵の, 来ないが, 次郎作も, 死んで, 気がかりに, 江戸へ, 混線だろう, 無い, 無礼講と, 珍しく機嫌, 用心手薄く, 申し赤螺三平, 留守の, 直ちに得物, 眺め入って, 眼を, 知って, 空であった, 笑い出した, 笑って, 紋作も, 考えて, 自覚し, 蜂谷香蔵も, 言った, 言って, 調子を, 身内の, 金の, 金奉行の, 鉄砲の, 頭の, 類焼し, 黒くぴかぴか

▼ 蔵~ (81, 1.7%)

3 はいって, 行って 2 入るの, 入れる, 運んで

1 [69件] おさまった, おちつづいて, お入れ下さい, こりゃあ夜中, そう命じ, つれて, どうしてお, はいった, はいること, まいって, 上られたころ, 仕舞うの, 仕舞ったか, 入って, 入りたいと, 入りゃア, 入ること, 入る時, 入れ, 入れて, 入れなければ, 入れられたらしい, 入れるよ, 入れ置きますという, 参りましょう私, 収納いたします, 取って, 向って, 囁いた, 密蔵させ置き, 小六は, 届いた, 差しかかったが, 引越して, 往くの, 往ってる, 御一緒, 忍んで, 戻したの, 手を, 捕らえられて, 数回長い, 来て, 案内した, 案内する, 歩いて, 残して, 火が, 火を, 物を, 眼を, 納めました, 納めましたならば, 納められて, 行きますの, 行き度, 行くこと, 行ったたあ, 行ったの, 行った折り坂本町, 誘入れ, 込んで, 返して, 逃げ込んだは, 運び入れ鉞, 運ぶこと, 電話する, 預けて, 預けといて

▼ 蔵から~ (78, 1.6%)

8 出して 3 出て 2 品物を

1 [65件] うけましたので, ここまで, こんなに胸, さっと走り出, そう鸚鵡蔵, みれば, もらった手紙, わざわざその, 七兵衛おやじからの, 二十樽ほどの, 代首, 優美を, 出し入れさせられ, 出し家, 出すこと, 出そうと, 出たよ, 出た事, 出入りする, 勝手口まで, 半蔵が, 半蔵の, 反物を, 受け取った, 受け取った提灯, 口止めし, 古い戦道具, 向う鉢巻の, 吩咐けられた, 品物が, 四日ほど, 外へ, 威張って, 小判を, 小浜へ, 小銃を, 帰って, 店の, 引き摺り出して, 徹夜で, 志村のぶ子に, 手に, 持ち出した鎧櫃, 持ち出して, 持出したに, 持出したの, 指摘された, 探し出す時, 数回に, 明るみに, 昨夜の, 母家から, 父の, 物を, 白張提灯を, 盗み出して, 竹河岸あたりに, 罵られて, 蔵を, 西は, 解放し, 軍備費だけは, 迎えよせ, 頼まれた娘, 高蒔絵の

▼ 蔵~ (75, 1.6%)

5 られて 4 た, てある, て居る 2 てゐる

1 [56件] ありたり, がやもり, たの, たるなり, た中, た二グラム, た四, た小雀, た所, た柳行李, た輿, て, てあった, てあります, ている, てお, てけろりと, て土蔵, て当夜, て枕近く置, て置, て置き, て置く, て誰, て貯え, て釣, て鉈小刀, て随時, て鞘, にここ, に頼母様, に騙された, ぬ, はまだ, やりて, よく出しおった, られし小鷹丸, られず腐屍, るには, るの, るので, るまでの, る厨子一個, をここ, をひき連れ, を打ち殺せ, を連れ, 入るるによって, 多分小鼻, 広く世上, 思い知るが, 置きつ, 置き用いるに, 置くより, 置く甲斐, 隠しあるを

▼ 蔵され~ (69, 1.4%)

38 ている 6 てある 4 てゐる 3 てい, ていない 2 ていた

1 [13件] たりし, ているだろう, ておいで, ておった, ており, てしまう, てなかっ, てもいる, て居た, て居り, て居る, 年一度の, 時折作品なども

▼ 蔵という~ (61, 1.3%)

5 のが 3 のは, やくざ者に, 博徒の 2 奴が, 者が

1 [43件] かたが, ならず者だけが, のと, ものは, やくざ野郎が, やくざ野郎そのものに, やくざ野郎の, ような, 三十歳に, 五六歳の, 人が, 人に, 人は, 伯父が, 厄介者が, 古鉄買の, 名代の, 名刺を, 名前だ, 大変雄大な, 大工で, 奴だ, 奴の, 役割で, 御蔵方随一の, 怪体な, 悪い親父, 悪僕, 悪者より, 男が, 男到底, 男御苦労さまに, 百姓でした, 経が, 美少年だの, 老人あり, 者であります, 者は, 腕の, 自分に対して, 親方で, 親爺が, 野郎でありました

▼ 蔵つて~ (38, 0.8%)

3 あつた 2 あるの, あるので

1 [31件] あつたさうである, あつて, ありますのよ, ある, あるか, あるだらうか, あるとも, あるはず, あるん, ある重い, おかなければ, と歯磨類, はある, ぽんぽんと, ゐた, ゐるかは, 呉れ, 置いたの, 置いたま, 置いたもの, 置いたら鼠, 置いて, 置いてよ, 置かなかつたの, 置きます, 置くこと, 置くと, 置くとい, 置くの, 置くべき行李, 置け俺

▼ 蔵~ (35, 0.7%)

3 がある 2 を読ん

1 [30件] が仏堂, が即, であります, と云, にのたまはく, に併せ, に周錫, に月, に渡っ, の仏部, の律部, の正蔵秘密部, の版木, の経堂, はかなり, はその, はチベット, は大抵, は読む, も梵語, を大王殿下, を引い, を欲しい, を殿下, を積め込ん, を読み始め, を買い, を買っ, を長く, 及び他

▼ 蔵~ (34, 0.7%)

4 香蔵と, 香蔵の 2 景蔵の, 香蔵が

1 [22件] お引っ越し, お浦, しきと, 三吉が, 三吉の, 儀保等には, 八蔵や, 同じ町, 商売一つした, 実の, 延若たちと, 役宅や, 新問屋和泉屋, 景蔵と共に, 景蔵まで, 母屋の, 苫の, 農夫たちが, 青柳が, 香蔵などが, 馬丁の, 高麗蔵で

▼ 蔵した~ (33, 0.7%)

2 管龠を

1 [31件] かと思はれる, だけで, という事, のだつた, ま, まま彼の, まま独占の, ものだ, カプチン派の, 一首だ, 今と, 伊太利の, 例の, 劇作志望者諸君が, 原稿も, 商人であった, 大きな圏谷, 岩尾根が, 庇護の, 所であった, 木像です, 歌である, 歌も, 此強胆なる, 沈黙に, 渾沌の, 父台州と, 白さ, 絶世の, 老幹, 若い女

▼ 蔵~ (29, 0.6%)

2 が指頭, とは食事, の言, は世間, は其処, は晩成先生, は障子, は頻りに, も和尚

1 [11件] がいった, がその, がちょっと, が一寸, が云, が其老人, なりなどいう, はいろ, はいろいろ, は立返, は立返っ

▼ 蔵には~ (28, 0.6%)

2 いって

1 [26件] いつたとき, お常, かたく口, この牛込, 三吉の, 二つ窓が, 今叔父, 先祖以来の, 副業が, 大切な, 床下の, 手を, 普通の, 書物が, 月二回ほどずつ, 残つてゐる, 気が, 甥でござる, 米が, 自分の, 親戚にあたる, 解せなかった, 金なんざ千両箱で, 飯田の, 驚くばかり, 黄金が

▼ 蔵~ (22, 0.5%)

3 の日観 2 という寺, の納所

1 [15件] から古, と云う, と申します, にある, には御, の住持, の住持日観, の天井, の小道, の日蓮坊主, へ戻り, へ絵, へ長, まで駈け戻っ, を訪れる

▼ 蔵~ (19, 0.4%)

1 [19件] が獄, と共に山澄, と同行, と稲葉屋親子, の住む, の目, の顔, はこの, は京都, は本正, ぶら提灯, までその, まで九つ時ごろ, まで駕籠, もさすが, もにわかに, を待っ, を待った, を馬籠

▼ 蔵~ (19, 0.4%)

5 の下 2 の内, の方 1 から本堂, であつ, の上り框, の入口, の外, の広間, の廊下, の白壁, へ来, 迄も通つて

▼ 蔵にも~ (18, 0.4%)

1 [18件] いえる, かならず御, その人間, その十曲峠, その眉, たんまりお宝, 下され度候, 乗り移ったの, 何かの, 千両箱の, 半蔵にも, 及ばない木ッ葉役者, 四号の, 室にも, 聞えて, 足を, 載せて, 青山半蔵にも

▼ 蔵~ (18, 0.4%)

2 と鍵屋, の女, の方

1 [12件] という方, と言, に宿つた病人, の亭主, の人数, の倉, の分, の床几, の門, は散々, へ泊つた, へ駆込む

▼ 蔵~ (18, 0.4%)

2 のところ

1 [16件] が二等教授私, が時折参詣, ですが, で請負師組合長, に就い, に通信, のつい, の内君, の息子, の息子宏輔君, の注意, の速記, もよほど, を残念, 同筆者等, 第百銀行

▼ 蔵する~ (17, 0.4%)

7 所の 4 所である 2 所に 1 を容, 主なる, 無限の, 菊塢の

▼ 蔵大臣~ (17, 0.4%)

3 の秘書官

1 [14件] が来られた, が象牙, が骨, とそれから, に金, の下僕ら, の命, の書記官馬詮, の次, の盛粧, の直轄, の衙門, はもちろん, は大抵

▼ 蔵~ (16, 0.3%)

1 [16件] あつた, あつて, ありそう, すらこれ, すら再度, そのさき, 作者は, 六十五歳だ, 厳重に, 噂に, 左の, 後のは, 本館から, 荷造りを, 行うの, 行詰ったが

▼ 蔵とは~ (13, 0.3%)

1 [13件] お前は, かつて同じ, その部屋, どんなおもしろい, 一年越互に, 仲直りさせる, 何じゃ, 変名で, 復た, 武蔵の, 英語で, 註して無い, 誰の

▼ 蔵~ (12, 0.2%)

2 の眼 1 から我々, でもいれ, とは, にも頼ん, のことば, の事, の手, の話, の顎, へ

▼ 蔵殿~ (12, 0.2%)

1 [12件] が前, が武士, とその, のお, のもと, の一室, の乾児衆, の賭場, へ因縁, ほど我々, を召し連れ, 罷り出まして

▼ 蔵~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことよ, とそっと, とプリューシキン, と扉続き, と火鉢, と着, と静, のであった, ように, 心持です, 手つきまでが

▼ 蔵ひ込ん~ (11, 0.2%)

3 で置い 2 で女房 1 であつ, でしま, でゐた, でゐる, で置いた, で買

▼ 蔵~ (11, 0.2%)

1 [11件] あの古, がはた, について大和, の玉, はすぐ, はやがて, は相手, は雀, も深, ニ而候, ハ辛抱し

▼ 蔵~ (10, 0.2%)

1 が三十一年, が色彩映画, と並ん, にブツカル訳, の, のこと, の隣, より男振り, を長岡, 早く話した

▼ 蔵~ (10, 0.2%)

1 があった, が多い, が陳列, で私, の中, の貴重, は何, も見ました, を一覧, 必ず茶器

▼ 蔵い込ん~ (9, 0.2%)

2 でいた, でいる 1 であった, でいるらしい, でおく, で其の, で大事

▼ 蔵せる~ (9, 0.2%)

1 がごとく, ものに, ものを, わだつみの, をわれ, を検校, 事の, 無数の, 由聞きぬ

▼ 蔵との~ (9, 0.2%)

2 間の, 間へ 1 喧嘩の, 役得で, 葬式が, 衣裳持物を, 間に

▼ 蔵どの~ (9, 0.2%)

1 がまた, が番, が逃げました, これ待たん, とはあなた, と城内櫓下, なので, に恨み, も非

▼ 蔵座敷~ (9, 0.2%)

1 が母, で婆, で将棋, で生, で黒塗り朱塗り, には番頭達, に飾っ, のなか, の離屋二

▼ 蔵まで~ (8, 0.2%)

1 あんな足形, お運び, ついて, 一緒に, 勤めるやう, 参りますのに, 行くの, 集まって

▼ 蔵~ (8, 0.2%)

1 にあ, にない, になき, には能衣装, に入, へとつ, 自ずから金象, 蔵奥蔵荷蔵と

▼ 蔵儲中~ (8, 0.2%)

6 にある 1 に存, に遺つ

▼ 蔵~ (8, 0.2%)

1 と併せ, なければ, にはその, に榛軒, のなか, はこの, は大抵, を毎

▼ 蔵~ (8, 0.2%)

3 の東三 1 に住み込ませた, の哨兵一隊, の東三さ, や家畜, らしい男

▼ 蔵造り~ (8, 0.2%)

2 の問屋 1 で店, の中, の家, の寄席, の暗い, の間口

▼ 蔵からの~ (7, 0.1%)

1 めずらしい便り, 京都便りを, 便りには, 便りは, 便りも, 手紙が, 書面に

▼ 蔵~ (7, 0.1%)

1 これは, ときい, と睨ん, と答えた, のが, のという, のに足形

▼ 蔵った~ (7, 0.1%)

1 かも知れん, にし, のか, のだろう, ので, ままに, 時しなり

▼ 蔵~ (7, 0.1%)

2 ていた 1 その収まる, ています, て小さな, て横, て見えずなりました

▼ 蔵われ~ (7, 0.1%)

2 てあった, ていた, ている 1 てある

▼ 蔵~ (7, 0.1%)

2 と麻雀 1 が主, にも外出, の上, の名, を先頭

▼ 蔵~ (6, 0.1%)

1 そうです, にかかる, に行く, ホッと, 場に, 盃を

▼ 蔵からは~ (6, 0.1%)

1 いつぞやも, なおやがて, まだドンドンと, 二人あてに, 好戦の, 容易ならぬ

▼ 蔵たち~ (6, 0.1%)

2 の一団 1 に助けられなかったなら, の手, の揚げた, は十二両

▼ 蔵~ (6, 0.1%)

2 ておいた 1 ておい, ておく, てしまはなけれ, てしまひたかつた

▼ 蔵である~ (6, 0.1%)

2 ことに 1 ことが, ことは, ことまぎれ, ことを

▼ 蔵では~ (6, 0.1%)

1 ありますまいか, ない, ないか, ないぞ, ないエド蔵, なさそう

▼ 蔵~ (6, 0.1%)

3 に係る 1 せられて, に帰し, を採録

▼ 蔵太郎~ (6, 0.1%)

1 かえ, であること, やおじさん, をつれ, を坐らせ, を背

▼ 蔵~ (6, 0.1%)

2 の質屋 1 にした, の仕事場, の瀬戸物屋, の立ち並ぶ

▼ 蔵~ (6, 0.1%)

2 である 1 というの, という季題, の句, の日

▼ 蔵などの~ (5, 0.1%)

1 奇蹟は, 学友と共に, 棟の, 諸君の, 青年俳優で

▼ 蔵一家~ (5, 0.1%)

2 の用心棒 1 が武蔵屋, の守護神, の寝

▼ 蔵奉行~ (5, 0.1%)

1 がもう, が一緒, が立去る, などをみなここ, へ在高

▼ 蔵~ (5, 0.1%)

1 では武器, のひとり, の立馬左内, の記録, まで罷

▼ 蔵~ (5, 0.1%)

3 の墨竹 1 といふ余, の竹

▼ 蔵~ (5, 0.1%)

1 やが, やだけには幕僚たち, やの挙動, やの行動, やは将軍

▼ 蔵爺さん~ (5, 0.1%)

1 が急い, が聞いた, に渡し, に褌二本, を呼ん

▼ 蔵香蔵~ (5, 0.1%)

3 の二人 1 の生まれた, の親しい

▼ 蔵この~ (4, 0.1%)

1 人達は, 姓名も, 怨み死んでも, 成金何の

▼ 蔵でも~ (4, 0.1%)

1 なかった, なし今, 持つて, 立派に

▼ 蔵といふ~ (4, 0.1%)

1 のだ, 人が, 蕎麦打ちの, 長い間江戸

▼ 蔵とが~ (4, 0.1%)

1 わざわざ名, 二人で, 喧嘩の, 誘いに

▼ 蔵とても~ (4, 0.1%)

1 こうして無宿渡世, この子供, またすでに, 今は

▼ 蔵とも~ (4, 0.1%)

1 に出, 出来合って, 名づけは, 親しくし

▼ 蔵なども~ (4, 0.1%)

1 其役, 吾を, 次々に, 武者溜りの

▼ 蔵なる~ (4, 0.1%)

1 ならず者に, ものだ, ものの, 奴が

▼ 蔵めたま~ (4, 0.1%)

2 までその, までどこ

▼ 蔵兄弟~ (4, 0.1%)

1 が待っ, が駈けつけた, は思い切っ, も大

▼ 蔵~ (4, 0.1%)

1 という名, につづく, のその, の如く

▼ 蔵多家~ (4, 0.1%)

1 といふうちいま, といふ料理屋, の主人, ばかりでなく

▼ 蔵夫婦~ (4, 0.1%)

1 などは最も, もこれ, も賛成, も鼻

▼ 蔵~ (4, 0.1%)

1 といふかなり, の方, の歓喜天, 深

▼ 蔵~ (4, 0.1%)

1 にのっ, の目録, の筆頭, の要務

▼ 蔵~ (4, 0.1%)

1 が淹留, の事, は旬日, は淹留

▼ 蔵~ (4, 0.1%)

2 である 1 であった, にある

▼ 蔵役人~ (4, 0.1%)

1 か町方与力, と近侍, も彼, らしい男

▼ 蔵親分~ (4, 0.1%)

1 が眠っ, にはあの, に嬲り殺し, に腕

▼ 蔵ある~ (3, 0.1%)

1 地窖や, 所において, 所必ず

▼ 蔵いこん~ (3, 0.1%)

1 でいた, でしまっ, で仕舞った

▼ 蔵さん君~ (3, 0.1%)

1 は京都, は何, も気

▼ 蔵じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ない蔵, ア有りません

▼ 蔵せざる~ (3, 0.1%)

1 が如く, にあらず, を恥ぢた

▼ 蔵それ~ (3, 0.1%)

1 から十四, から峰谷香蔵, と並ん

▼ 蔵つづき~ (3, 0.1%)

1 の日かげ, の物置, の間

▼ 蔵とか~ (3, 0.1%)

1 八助とかいう, 毛谷村の, 飯塚とし子田中絹代などの

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

1 のだ, のでございます, ので日頃

▼ 蔵なら~ (3, 0.1%)

1 ばまだ, ば何, んとは

▼ 蔵について~ (3, 0.1%)

1 上京した, 裏へ, 記憶し

▼ 蔵はれ~ (3, 0.1%)

1 てある, てゐ, てゐる

▼ 蔵ばかり~ (3, 0.1%)

1 つづいて, でない十七席, 田舎と

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

1 ながら笑つた, になつたん, 込むでゐたさうだ

▼ 蔵より~ (3, 0.1%)

1 出でたり, 十五円津名郡江崎清七より, 遥に

▼ 蔵らしく~ (3, 0.1%)

1 さまざまの, はないだろう, 楽器類も

▼ 蔵一味~ (3, 0.1%)

1 がまだ, に自分, を殲滅

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

1 丞様の, 介先生の, 浩瀚

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

2 という学者 1 の説

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

2 の中車 1 の寛斎

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

1 が, のとき, は心配

▼ 蔵死す~ (3, 0.1%)

1 七十六歳, 三十七歳, 六十二歳

▼ 蔵経書院蔵~ (3, 0.1%)

1 にも載せ, に収められ, に無い

▼ 蔵~ (3, 0.1%)

2 屋鐘鳴 1

▼ 蔵あり~ (2, 0.0%)

1 とこれ, 三四里の

▼ 蔵い込み~ (2, 0.0%)

1 そのまま逃ぐる, ながら言った

▼ 蔵い込む~ (2, 0.0%)

1 と足, には夜明け

▼ 蔵い込んである~ (2, 0.0%)

1 のか, のかしら

▼ 蔵お前~ (2, 0.0%)

1 はまた, も未だ

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 三井鴻池といった, 八助か

▼ 蔵させ置き~ (2, 0.0%)

2

▼ 蔵さなく~ (2, 0.0%)

2 てはならない

▼ 蔵された~ (2, 0.0%)

1 寧ろ多感, 情熱そういった

▼ 蔵すなわち~ (2, 0.0%)

1 古人が, 財宝を

▼ 蔵そう~ (2, 0.0%)

1 とする, なる日

▼ 蔵それから~ (2, 0.0%)

1 田舎の, 馬籠の

▼ 蔵だった~ (2, 0.0%)

1 のを, 水挿を

▼ 蔵ちょっと~ (2, 0.0%)

1 でもそんな, 此処へ

▼ 蔵っと~ (2, 0.0%)

1 いて, いてな

▼ 蔵であっ~ (2, 0.0%)

1 たり木口, て慈悲太郎

▼ 蔵でした~ (2, 0.0%)

1 から, ものだ

▼ 蔵です~ (2, 0.0%)

1 ものねえ, ッ

▼ 蔵として~ (2, 0.0%)

1 住むの, 暮らすの

▼ 蔵なぞは~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 赴任し

▼ 蔵など~ (2, 0.0%)

1 大鼻つまみ, 幾棟かに

▼ 蔵などが~ (2, 0.0%)

1 寝食も, 草鞋ば

▼ 蔵にとって~ (2, 0.0%)

1 あります, 第一気

▼ 蔵に対する~ (2, 0.0%)

1 不快を, 自分の

▼ 蔵はれた~ (2, 0.0%)

1 ま, 歯の

▼ 蔵ひ込んでる~ (2, 0.0%)

1 のも, 頭を

▼ 蔵へは~ (2, 0.0%)

1 入れること, 独りで

▼ 蔵めよう~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 蔵もう~ (2, 0.0%)

1 ええ, 一丁融通し

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 とは唯我と, の筐

▼ 蔵われた~ (2, 0.0%)

1 本箱の, 薫香が

▼ 蔵を通して~ (2, 0.0%)

1 あの年上, 知るよう

▼ 蔵んで~ (2, 0.0%)

1 居るやう, 居る必要

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 と力任せ, 出合え

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 に橿園, 向病

▼ 蔵一人~ (2, 0.0%)

1 がエライわけ, のため

▼ 蔵世界~ (2, 0.0%)

1 の妙薬, の音楽師

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

2 先生の

▼ 蔵二階~ (2, 0.0%)

1 からのがれだそう, へ集まった

▼ 蔵仏教徒~ (2, 0.0%)

1 の円満, の協同和合

▼ 蔵住い~ (2, 0.0%)

1 と奥倉庫, の中

▼ 蔵俊僧都~ (2, 0.0%)

1 が何, の処

▼ 蔵半蔵~ (2, 0.0%)

1 この二人, のよう

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 後に, 関五郎和介後

▼ 蔵収め~ (2, 0.0%)

1 の日, は後

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 九蔵板東家橘等が, 寿太郎に

▼ 蔵同様~ (2, 0.0%)

1 に人足, に追放

▼ 蔵君等~ (2, 0.0%)

1 の十名, は原案反対

▼ 蔵四千五十八巻~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ経題, の二部

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 へいこ, 法師を

▼ 蔵大阪~ (2, 0.0%)

2 に死す

▼ 蔵太郎さん~ (2, 0.0%)

1 にまで縄目, もあのお

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 に書き送った, に長文

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 へ行く, を観る

▼ 蔵寺大門先~ (2, 0.0%)

1 なる関谷安次宅地内, には大道店

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 がいつか地蔵尼, というの

▼ 蔵左団次~ (2, 0.0%)

1 の千太, の松島千太

▼ 蔵帳一名名物帳~ (2, 0.0%)

1 にまでのっ, の筆頭

▼ 蔵帳官~ (2, 0.0%)

1 が牢城, に簿

▼ 蔵志丈~ (2, 0.0%)

1 はやがて, もまた

▼ 蔵慈悲太郎~ (2, 0.0%)

1 の瞳, を害め

▼ 蔵昌恒~ (2, 0.0%)

1 が土屋宗家, は忠義無類

▼ 蔵時代~ (2, 0.0%)

1 とはまるで, に馬籠

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 である, に新

▼ 蔵果品~ (2, 0.0%)

2 を持っ

▼ 蔵正武~ (2, 0.0%)

1 という五十がらみ, の屋敷

▼ 蔵法師~ (2, 0.0%)

1 を制せられよ, を措い

▼ 蔵海先生~ (2, 0.0%)

2 実に頼もしい

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 を見, を見よう

▼ 蔵稲荷~ (2, 0.0%)

1 の大, の霊験

▼ 蔵自身~ (2, 0.0%)

1 こそ本職, の人間

▼ 蔵~ (2, 0.0%)

1 で二人, の裔

▼ 蔵高麗蔵~ (2, 0.0%)

1 でかれら, などの歌舞伎座幹部俳優みな招待

▼1* [466件]

あそこへ追い込ん, 蔵あたりがかなり, 蔵あてに書いた, 蔵いある事を, 蔵いこまれたのを, 蔵いこむその腰, 蔵いこんだまま人手に, 蔵いこんでございますから只今, 蔵いずれもまず, 蔵いっぱいありましたけれど, 蔵いろは四十七の納屋, 蔵い直したはずの, 蔵い込まれている, 蔵い込んだがその, 蔵い込んどるんや, 蔵うたな, 蔵うた棺であること, 蔵うに少なくとも八畳二間, 蔵うべきものは, 蔵のいやに, 蔵土佐商会より, 蔵おうでもなく, 蔵おうとすると, 蔵お前さんの前, 蔵がかへつて来, 蔵がをくさんたち, 蔵くらいなもの, 蔵これはもったいない, 蔵どうしたじゃ, 蔵さず盲人に, 蔵させたれば足, 蔵さないばかりに自分, 蔵さぬものと, 蔵さるべきもので, 蔵されおり王が, 蔵されてる芽ぐむ力といった, 蔵さんお前の手, 蔵さんこれがわたし, 蔵さんそれに景蔵さん, 蔵さんホントに泣きたくなる, 蔵さん今の君, 蔵さん今日は正月, 蔵さん今晩は, 蔵さん去年中は色々, 蔵さん吾家の阿, 蔵さん大平峠あたりは雪, 蔵さん大橋が落ちた, 蔵さん東山道軍の執事, 蔵さん福島での御, 蔵さん蕎麦でもやり, 蔵さん貝殻骨から乳, 蔵さん香蔵さんそれにわたし, 蔵さん馬籠は君たち, 蔵しおるな, 蔵してるということ, 蔵しものいえば風ゆらぎ, 蔵しやって免, 蔵しらべを致しましたら, 蔵し生れながら機謀, 蔵し行って怯まず, 蔵するでは古記, 蔵せらるべきものである, 蔵その人は, 蔵それに木曾福島からの, 蔵それ等の剣道師範, 蔵たててホイキタホイ, 蔵だけ残して, 蔵だけが残った, 蔵だけは是非見たい, 蔵だって今は, 蔵だのお手道具, 蔵ったらいいでしょう, 蔵ってからも皆降り, 蔵ってでもいるよう, 蔵つたものか, 蔵つた懐中時計をまた, 蔵つて了つて俺の手帳, 蔵つて他人の首, 蔵つて電話口へ出た, 蔵づくりの上方風, 蔵でありまた唯, 蔵であろう土間で, 蔵でしょう私に, 蔵でなくて市蔵, 蔵といったような, 蔵としては片時も, 蔵とて背に, 蔵とでも譏られそう, 蔵ともども大野木村の開拓民たち, 蔵とやらへ俺らも, 蔵と共に連れだち, 蔵どうしたどう, 蔵どんや馬丁, 蔵なぞが寝食, 蔵なぞとは打って, 蔵などで一つの, 蔵などと申す者, 蔵なり妻なく, 蔵なりに頼むべきはず, 蔵なんか眼中に, 蔵なんかへ伴れ, 蔵にだってこれほどの, 蔵になつた多, 蔵によって明治変革は, 蔵に対して憚る, 蔵ぬっと顔差出し, 蔵のやしきへ, 蔵はじめその一家, 蔵はじめ五郎蔵の乾児ども, 蔵はじめ香蔵半蔵のよう, 蔵はにことしながら, 蔵はぶるると, 蔵ひこみ時たま亭主, 蔵ひこんである手帖の, 蔵ひしかと気, 蔵ひなくしでもした, 蔵ひょこひょこと退る, 蔵ひ込まれてあつ, 蔵ひ込むよりは凡, 蔵ひ込んだま, 蔵びらきという十一日, 蔵ふたたび寺門を, 蔵へなだれて, 蔵へば縦令へ, 蔵まえ駒形並木かみなり, 蔵まつて居る, 蔵までがその日, 蔵までも焼いたら堪るもの, 蔵まわれ日に, 蔵て知れず, 蔵むべしと, 蔵むるのいよいよ堅固にし, 蔵むる用に供, 蔵むればどんな盗賊, 蔵めんと欲, 蔵め何事したるかと, 蔵め刀を衣中, 蔵め埋葬式を行う, 蔵め所という意味, 蔵め敬を色, 蔵め暗夜に社殿, 蔵め死後一年目に開く, 蔵もとより地下, 蔵もの置蔵などの並んだ, 蔵やい八蔵どう, 蔵やら荷置き場を, 蔵よりか少し遅れ, 蔵るる者ただ一万人残る, 蔵れたとある, 蔵れたる至悪の, 蔵ずに, 蔵わが供を, 蔵わしは江戸, 蔵わせになった, 蔵わねばならぬ, 蔵をはづかしめ候, 蔵をも建つべき銀行貯金, 蔵で居た, 蔵建てようと, 蔵ゲビ蔵薯作テキ州古川をはじめ, 蔵シ居ルコト観破仕リ, 蔵シ毒ヲ育イ, 蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 蔵ス所世ヲ経テ失サルカナ, 蔵ス筆法雋頴墨色沈酣阿堵一点, 蔵セリ善価ヲ求メテ沽ラン哉, 蔵ドクトルに電話, 蔵論じて, 蔵ハはかまを着, 蔵ハふだんニハやかましくにくまれ, 蔵ハ何でも出来る, 蔵ハ八九度も戦場, 蔵ハ外の用事ニ, 蔵ハ此頃八度の戦段, 蔵プロダクションのシナリオ, 蔵メ蠹ヲ辟ク, 蔵ン中へ叩きこん, 蔵一つだ, 蔵一世一代の仁木弾正, 蔵一人岩下一人で天下, 蔵一人己が子, 蔵一党が待ってる, 蔵一同お暇乞い, 蔵一味め俺の行衛, 蔵一味大勢の者, 蔵七蔵らぶら提灯, 蔵三戸前には大判小判, 蔵上京して, 蔵両人を大, 蔵両氏が熊本, 蔵並ぶ裏は, 蔵中ごろ和介又は関五郎, 蔵中央に腰掛け, 蔵中田善次郎福地彦蔵小山藤八黒田茂吉大朏善平, 蔵中称和介後称文兵衛, 蔵であった, 蔵主人病中にも度々, 蔵事十余年前麹町辺通行の折拾, 蔵事地蔵尊の賽銭, 蔵事新宿板橋辺の女郎屋, 蔵事盗み候金子は満, 蔵二十歳であった, 蔵二郎を救う, 蔵交代に八橋楼, 蔵こそあの, 蔵今日は朝, 蔵以上の強い, 蔵仲介幸次郎佐次兵衛と三たび, 蔵伊庭軍兵衛と名声, 蔵伊藤俊介同じく中島作太郎なぞ, 蔵伴助宅悦の三人, 蔵住居らしかった, 蔵佐野川市松の如き, 蔵をぬかす, 蔵何だか知って, 蔵俊師の慈眼房皆一代, 蔵修斎前侍医瑞典法眼余語君墓, 蔵の首, 蔵がいる, 蔵兄右衛門尉の身, 蔵先代桜川善孝といったよう, 蔵先生のところ, 蔵来りこう, 蔵入りにした, 蔵入門す, 蔵八巻あり, 蔵八蔵と呼, 蔵六爺めきのうは寝込ん, 蔵助教授は学位請求論文, 蔵勝麟太郎なぞを小普請役, 蔵人に, 蔵匿うことを, 蔵十津川の増田二郎, 蔵卒然独り内に入り, 蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 蔵又五郎宗之助莚若などに大阪, 蔵友田喜造長富紋太栗田銀五藤野清次など吉田一家, 蔵叔父さんと一緒, 蔵受身になり, 蔵写本には, 蔵の眷属, 蔵司稲荷祠畔も亦, 蔵合さまには及び, 蔵同じ町の, 蔵君末松三郎君等が最も, 蔵君杉村虎一君城数馬君等が発表, 蔵吹くづち原の, 蔵命名之儀, 蔵品ハ長持幾棹トカ有リシモ, 蔵品家畜を君, 蔵品廻り廻つて東京へ来た, 蔵品整理などの内, 蔵啓迪を借り, 蔵器曰く兎の肉, 蔵器説に風狸, 蔵図らず見付出し寺方へは, 蔵国太郎などの一座, 蔵国太郎伝五郎という座組, 蔵園三四郎にそんなに, 蔵という賊魁, 蔵だ, 蔵売って日当り, 蔵外四十九名とその後親族雇人同居等, 蔵抄本, 蔵大兄の本, 蔵大森留吉茂呂宗次郎谷熊次郎関口多吉大朏善平, 蔵大町の又吉, 蔵天蔵と呼ぶ, 蔵天野為之三宅恒徳の四先生, 蔵太そっちの輿, 蔵太吉村虎太郎平井のあいだがら, 蔵太曰いつの戦にても敵合三五十間, 蔵奉行お前は素晴, 蔵奉行五百枝将左衛門, 蔵奥蔵荷蔵と鍵, 蔵女寅染五郎などに女形, 蔵女寅染五郎新蔵舛蔵などの青年俳優, 蔵女形の袖崎市弥, 蔵女房おみね, 蔵に毒, 蔵如何に驚きけん, 蔵を思いだした, 蔵宇五光と申せ, 蔵宇治山田の米友, 蔵安立讃太郎遠山勇之助, 蔵の入り口, 蔵家庭を盗み得る, 蔵容姿端麗にし, 蔵元二年四月, 蔵寺坂にかかっ, 蔵小杉雅之進と医師二人, 蔵小林偵七郎茂呂近助, 蔵小相英太郎今村次郎の速記, 蔵屋根のよう, 蔵屋鍵屋と名ばかり, 蔵左側は通り, 蔵左団次小浪米蔵戸無瀬升, 蔵巳さんと島田英雄さん, 蔵市川寿美蔵市川新蔵中村伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 蔵市川新蔵中村伝五郎嵐和三郎中村勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 蔵市川松蔦大谷友右衛門市川紅若その他, 蔵市川米五郎松本国五郎等がある, 蔵帰ったかそれ, 蔵帳一切をこれ, 蔵幅中の二三品, 蔵幅家であること, 蔵幸吉という兄弟, 蔵延若に谷崎潤一郎作, 蔵式毅がおっ, 蔵役人ふたりと池田家, 蔵役人本田某の屋敷, 蔵役所まで参った, 蔵律蔵は戒律, 蔵たりと畳みかけ, 蔵挨拶に, 蔵可笑しく, 蔵心得て叢中, 蔵しも剛直人, 蔵の記事, 蔵恐らく今時分やはり, 蔵憤然として起つ, 蔵懲役場改心の幕, 蔵戒律を納めた, 蔵或は夢殿を, 蔵の錠前, 蔵ひの, 蔵拝誦道元禅師はほん, 蔵持ちと書かれた, 蔵掃除について払下げ, 蔵探索専門の人, 蔵摩訶般若波羅蜜, 蔵は福助, 蔵の要目, 蔵教授これが会長, 蔵新井喜五郎の二人, 蔵新蔵なども今, 蔵新蔵勘五郎で在来, 蔵新蔵女寅などのほか, 蔵方ニ行て高柳, 蔵方立馬左内のせがれ, 蔵日頃厄介になっ, 蔵昌恒殿のもしや, 蔵は秉忠, 蔵春公や, 蔵普請に足場, 蔵景蔵それから馬籠, 蔵然時ハ, 蔵更に一騎と, 蔵朧気に見, 蔵来り夕刻から, 蔵来訪又, 蔵来話及其事意似譴魯皐, 蔵松江伝介のふたり, 蔵松真木の鈎月, 蔵柏原与兵衛などが軍功, 蔵染五郎などを加え, 蔵染五郎二人の室, 蔵根津のお, 蔵の谷門蔵, 蔵桶屋の徳助, 蔵梅五郎の按摩丈賀, 蔵楼詩集の著者, 蔵への, 蔵構えの, 蔵構わずに行, 蔵様始家内御一統, 蔵氏来診これは扁桃腺, 蔵氏矢野玄道氏外に青山廷光氏川田剛氏, 蔵水屋厩御共所, 蔵水津氏某女, 蔵永島与八稲村与平等であって, 蔵永禄十年の奥書, 蔵江戸の北, 蔵池泉橋そのほか, 蔵や晋, 蔵海めさすがに, 蔵海め流石に仏, 蔵涅槃妙心を正伝, 蔵渡合って各々一騎, 蔵源助と称する, 蔵瀬川菊之丞岩井半四郎は云う, 蔵炭量の約, 蔵焦れこんでなん, 蔵片手をぬい, 蔵を観る, 蔵物産之膏腴, 蔵特有の一種, 蔵成公案, 蔵現ずる故世に, 蔵用事があったら呼ぶ, 蔵申立て候処によれ, 蔵番奥宮鏡太郎とその, 蔵白氏集活字版本旧年売却頃書肆英平吉携来一本即旧, 蔵盗み出して破壊, 蔵目掛け仆れかかっ, 蔵省作省作そとはまっ, 蔵矢島幸作さらに犬伏町, 蔵磯山新助, 蔵が緋衣, 蔵が連, 蔵福助の息女, 蔵移しの工事, 蔵稲村与市大出喜平山本栄四郎左部彦次郎は兇徒嘯集, 蔵稲荷社と云つたの, 蔵竹助の妓夫, 蔵等総勢二十余名が集合, 蔵答えて汝ただ家内, 蔵篋笥中或夾冊子内経歳, 蔵粂三郎それに売出し, 蔵れなどを, 蔵経仏教の典籍一切, 蔵経家を紹介, 蔵に出, 蔵羽左衛門市蔵高麗蔵女寅梅幸吉右衛門松助菊五郎などという顔ぶれ, 蔵者也とハッキリ, 蔵脱走夫れから, 蔵臣宝出でてこれ, 蔵船場の大, 蔵花田準造, 蔵荒次郎の二人, 蔵荷蔵と鍵, 蔵葉巻をくゆらし, 蔵薯作テキ州古川をはじめ, 蔵や台所方, 蔵親分丸損かな, 蔵でカン・リンボチェ, 蔵諸国噺胸算用などが好き, 蔵なり, 蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 蔵赤螺三平などの予審ぶり, 蔵身内の味噌松, 蔵辰蔵二人の弟子, 蔵込むから余計値, 蔵ひに, 蔵近くの桜, 蔵近藤勇山岡鐡舟榊原健吉これらの人々, 蔵追善供養の為め, 蔵逆上せしか, 蔵逓両相が挂冠, 蔵連十英翁甲論乙伯この頭, 蔵連立ちて今, 蔵部屋の一部, 蔵銀平時分はよし, 蔵鏑木等来る, 蔵じて, 蔵長ニ使者ニ来り同国, 蔵と申しまし, 蔵の座敷, 蔵附きの中流以上, 蔵院さまの前, 蔵院前まで行く, 蔵見, 蔵れたの, 蔵音弘教書院蔵に収められ, 蔵頭露尾の醜, 蔵顔膨らかし腹の中には余計, 蔵食パン部に石崎元次郎, 蔵飯島の下女, 蔵香蔵それから十四, 蔵香蔵馬籠の半蔵なぞ, 蔵の轡, 蔵馬籠の半蔵なぞ, 蔵驚くまいことか, 蔵鷺庵という寺, 蔵のやう, 蔵鼻蔵と謡われる