青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蔭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

葬式~ 蒙~ ~蒲団 蒲団~ 蒼~ ~蓋 蓋~ 蓮~ 蔓~ ~蔭
蔭~
~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い 薄い~ 薄く~ ~薄暗い 薄暗い~

「蔭~」 5735, 59ppm, 1937位

▼ 蔭~ (1808, 31.5%)

93 隠れて 77 身を 72 なって 42 かくれて 24 立って 23 隱れ 16 なり日向 14 潜んで 12 立つて 11 いて, なつて 10 呼んで 9 腰を, 隠れるよう 8 佇んで 7 あって 6 うずくまって, 忍んで, 落ちて 5 ひそんで, 呼びました, 坐って, 姿を, 廻って, 彼の, 待って, 消えて, 隠れた

4 [13件] して, しゃがんで, 体を, 入って, 坐つて, 息を, 手を, 来て, 添って, 置いて, 舟を, 隠して, 隠れました

3 [22件] かくして, かくれた, しや, た, たたずんで, ひそみつつ, まわって, 休んで, 休息し, 倒れて, 吸い込まれて, 小さくなりました, 敷いて, 派手な, 立ち並んで, 自分の, 行って, 連れて, 隠れたり, 隠れる, 隱れる, 首を

2 [83件] あったの, あっての, あつた, あり, ある椅子, いたの, いても, いるもの, かがみこんで, かがみ込んで, かがんで, かくれようと, かくれると, かくれるの, さっきから, その人夫たち, それこそ, つないで, なった, なったほう, なつた, なり, なりたる壁, なりひな, はいった, ひそみながら, まはつ, ゆきて, チラと, チラリと, ヒソヒソと, 一人の, 一艘の, 三好屋の, 三河屋の, 二人は, 佇立んで, 何か, 何かしら一種特別な, 半身を, 南向きに, 友禅の, 吊して, 呼び入れました, 呼出して, 呼出しました, 在ると, 寄せて, 寄り添って, 小さくたたずん, 小さくなっ, 屈んで, 巣を, 平次を, 幾年と, 控えて, 朦朧と, 椅子テーブルを, 横向きに, 沈んで, 泣いて, 潜り込んだ, 生えた秋海棠, 真黒な, 硝子の, 私は, 突伏し, 紫陽花の, 群れて, 腕を, 腰かけこんで, 腰障子が, 蛙の, 行く, 見えて, 見えなくなって, 踞むと, 這入って, 長い籐椅子, 隠れると, 隱し, 隱れた, 馬を

1 [1023件 抜粋] あかい提灯, あたし何か, あの女, あゆみ入ると, あらはれかくれては, ありて, あるオルゴール, ある大理石, ある寝台上, ある新しい, ある栗, ある洞穴, ある無数, ある私, ある赤島温泉, あれどいみ, いかがわしい娘たち, いくつも, いたらしい黒旋風, いた女, いた施恩以下, いた辻斬, いつからと, いよいよ蹲っ, いる中, いる浅井, うかがって, うしろ向きに, うつって, うづく, おおよそ鳥, おく気分, おののいて, おりまするこの, おろして, お染, お通, お隠し, かがみこむ, かくされて, かくるる征矢, かくれたこと, かくれた方, かくれた長崎通詞ら, かくれながら, かくれるべきだった, かくれ私, かすんで, がやがや啼きわめき, ぐっと一度, こごんでるの, この堕胎, これを, さいて, さしも美しかっ, しつかりと, しました, しゃがむ, しよんぼり立つて, すがって, すくんで, すずろす, そっと身, その世界, その女房子, その醜い, そよいで, そッと, たたずむよう, たたずんだり, ただならぬ氣がま, たちて, たといいかなる, たッ, ちぢまって, ちら, ちらと, ぢつ, つつましく坐り開け放された, つつみながら, つとより, つぶれそう, である, とどこおって, とまった蛍, どの位沢山, なったが, なったり, なった方, なった月, なった溪, なった頬骨, なにか, なりつ, なります, なり女中, なるという, なるまで, なる中庭, ねばりついて, はきまつて, ひそみつ, ひそんだり, ひっそりと, ひともと, ぴつたりと雨蛙の, ふとんから, ぶらさげながら, ぼんやり立ち止, ぽつねんと味気, または處, まだお, まだ消え残っ, まぼろし, まわると, みな煤ったい, みること, むかし狐が, もう一つ, もっと凄い, やすみて, ゆったりと, よい場所, よび, わずかな, わたしを, ゐて, アーエートの, コッソリと, シゲテイの, シーッと, チチチチと, ナオミが, ブラ下がった, ポツンと, ミチ子と, ロイド眼鏡を, 一つ, 一むれ, 一団に, 一寸身, 一樹の, 一種の, 一軒の, 七八名の, 下りて, 並び出, 並んで, 丸ッこく, 乗じて, 乗じ自然そのもの, 乱れ飛んだ黄金色, 事件の, 五尺と, 人が, 人は, 人夫小屋が, 人影が, 人目を, 人語の, 仄見え, 今では, 他の, 伊兵衛と, 会うこと, 佇み, 佇んだ, 位置し, 住む一種, 何かしら心を, 何かは, 何やら笠, 何者かが, 來り居る, 便所を, 俥が, 倚ったほっ立て, 倚凭つて霜枯れた, 停めて, 停車場の, 僅かに, 入つて小半時, 入りき, 入りそつ, 入り月下香, 入る一叢, 入門し, 八五郎を, 円い姿見, 冥々と, 凍えて, 出しっぱなし, 列を, 到着する, 加多は, 匂つて何十方尺の, 十五銭位の, 半分かくされた, 卑屈な, 参, 反けた顔, 古布子, 合図を, 向うむき, 呼びまして, 呼び寄せたの, 咲き滿, 咽ぶ清水, 囁を, 四五軒の, 因ったの, 土鍋が, 在る太い, 在る駅近く, 坐して, 坐った私, 坐るの, 埋けたの, 堆く積ん, 声ばかり, 外套の, 多少の, 大きな苦悩, 大な, 大震の, 天幕を, 夫迄, 女に, 女郎蜘蛛が, 妻兒が, 姪が, 娘の, 学生服の, 家の, 宿りますの, 寄って, 寄りながら, 寄り添うたを, 寄り集, 寒そう, 寝ちゃあ, 寝ました, 實に, 小さい家, 小さい田舎女, 小さき騎士, 小さく光っ, 小さく坐った, 小さな地藏堂, 小さな男, 小憇, 小隠れ, 居た太夫の, 居りやや, 居るから, 居るの, 居堪らないで, 崩折れ, 平つくば, 庇護う, 床几を, 座を, 廻った, 廻ると, 引き込みて, 引入れました, 引込まねば, 強い日光, 彼女の, 待たして, 待たせて, 待機し, 忍び寄る, 思いがけなくも, 思ひ合せるの, 息へる, 息んで, 悲しむべき目的物, 感傷性を, 慄然と, 憎むべき策略, 憩いゆで卵, 憩える, 憩ふ, 成った, 成つて居た, 我れ, 所長と, 手合図を, 托して, 抱いて, 押し隠されて, 捨てて, 据ゑられてゐる透明な, 支那織り, 文吾の, 斯んな, 新進悲劇作者ラシイヌが, 於て, 日を, 旧い馴染, 昼の, 昼見る, 有島武郎という, 朱塗の, 村が, 村雨の, 松の, 果して豚小屋, 柱の, 案内しました, 棲んで, 極く狭い, 横たわって, 横つた, 横わっ, 殘つた四五人は, 母親も, 氷つた, 沈まうとして, 沈んだ, 没したよう, 没しはじめた夕陽, 沿うて, 法起寺と, 泣く女, 洋服の, 流れる四季, 浅井や, 浜防風が, 消えた時, 消え最奥, 消え込みます, 涼風を, 淡い少年, 淡黄色, 深くうつむい, 湧いて, 潜みかけたが, 潜みやがて, 潜め屏息, 潜伏し, 瀬戸物を, 灯影が, 無数の, 燈籠の, 物凄い妖婦, 犬の, 猿轡を, 玉藻を, 現れて, 用意され, 男女の, 畳みかけたまま, 白い山羊, 白い紙片, 白い蝶, 目を, 眠つてゐた, 眠らずや, 眠り水辺, 眺めて, 睡れば, 石で, 磯貝十郎左衛門が, 稍新しい, 空っぽの, 空気服を, 突っ立ち, 窺って, 立ちて, 立ちました, 立ち寄りたくなる, 立ち尽くして, 立ち黒き, 立ったなり, 立つてると, 立休らい, 立寄って, 立寄り見る時, 立派な, 竝んだ, 端麗さも, 笹垣を, 筵を, 粒々辛苦し, 紛れ込んでしまつた, 経営の, 絹糸の, 縮こまつて, 置かれた黒ずんだ鉢, 置きました, 置く房, 群った, 羽織袴が, 耀蔵は, 考へ物蔭, 聞いて, 聞せ玉, 聳える宏壮, 育つたもの, 背をか, 背中を, 臥か, 自分たちを, 舟は, 色あ, 花を, 若い山伏, 若くして逝つた一大學生, 茶の湯を, 荒筵一枚を, 菊の, 落ちたん, 蒸し, 蔽われそう, 蛇が, 蜑の, 蝙蝠の, 行き研究所, 行ってから, 見えが, 見えずなつ, 見えなくなる, 見棄て, 言葉を, 設けて, 誘ひ入れました, 誘ひ出させ氣, 谷の, 賑やかな, 赤い火, 跪きて, 踞まる, 蹲った, 蹲んで居た山男, 蹲踞る, 身の, 身体を, 軒を, 載せた電燈, 近い停車場, 退く波, 逃隠れまし, 透通る寂しく, 這いつくばって, 這ひ出し, 連続し, 運ばれる, 達して, 適當な, 避けては, 重大な, 野うばらの, 金魚が, 鈴江を, 長いまつげ, 閑かに, 闇が, 陣取って, 隠された, 隠した, 隠しても, 隠し今, 隠すと, 隠れたの, 隠れてにや, 隠れまた, 隠れるだけ, 隠れるも, 隠れ不気味, 隠れ武蔵, 隠れ素早い, 隠忍待ちに, 隱れました, 雀の, 雁皮の, 集まつた, 雪を, 露わに姿を, 青ずんで見え, 面した凄い, 頭を, 頼らなくても, 顔を, 風の, 風雨を, 飛び降りました, 飛んでること, 飮食し, 首尾いかに, 馬が, 馴れた淋しい, 駒とめ, 鳥が, 鳥冠が, 鳴いた, 黄色い四弁, 黒く暮れ, 黒髪を

▼ 蔭から~ (765, 13.3%)

26 出て 12 一人の 9 顔を 8 見て, 覗いて 5 そつと, ソッと, 身を, 飛び出して 4 彼の, 様子を, 現われて, 飛出して

3 [20件] それを, チラリと, ヌッと, 不意に, 二人の, 人が, 何か, 出たの, 女の, 姿を, 恐怖に, 手を, 煙が, 男女の, 眼を, 私の, 見ると, 誰か, 雲の, 顏を

2 [39件] こっそりと, しなやかな, ぬいと, のぞいて, ふと, へんな, まるで黒い, スルスルと, パッと, 一匹の, 仲間と, 例の, 凝と, 半弓を, 声が, 声を, 大きな鯉, 小声で, 少し出, 彼女の, 彼女を, 怖ろ, 急に, 時々ちら, 海岸の, 甲羅の, 異様な, 目鼻を, 竜之, 縁側の, 色の, 蔭へ, 蔭へと, 走り出た, 離れた, 響いて, 首を, 高貴な, 黒い人影

1 [528件 抜粋] あの騷ぎ, あらはれたが, あれが, いいかけられ, いずれへ, いちどに, いちどに飛箭, いろ, うかがうこの, おどり出て, おぼろに, お八重, お守りくださっ, お案じ, お白粉, お竜ちゃん, お通, お高婆さん, かえって小主, かけ出した, かの眇目, けたたましく聞こえた, こう云う, こう陸, ここへ, こなたへ, こなたを, ころがり出して, ごそり, さし招く, さぞお前さま, さっきの, さも手柄額, さも手柄顔, しきり, しばらく見とれ, じっとこっち, じっとみつめ, じっと屋根, じっと熱ッ, じっと見すえ, じつと, じめじめした, すっかり離れ, すっくと立った, するりと抜け出し, すゝきの穂が, すッ, そういい, そう艶妓, そう言っ, そこへ, そっとのぞい, そっと伸びあがっ, そっと台所, そっと忍び足, そっと抜け出す, そっと萩, そっと覗きました, そっと身, その人, その光景, その姿, その時不意, その白萩, その行動, その袂, その足もと, その車輛, そりゃこそ, それこそ, それぞれが, それに, それらしい, たずねました, ただ一人, ただ矢を, たちまち銅鑼, ちょいちょい首, ちらと, つかつかと, つと浮かび出た, つと起っ, でつぷり肥つた赤ら顔, とつぜん走り出た, どかどかッ, どのよう, なりと, にぶい聲, のぞいた, のぞき下ろした時, のぞき込んで, はしり出て, はらはらと, はるかに, ばらばらと, ばらばら姿, ひょろひょろと, ひょろ長い丈, ひよい, びつくりした, ふいに, ふと水筒, ふと進み出た, ふッ, ぼんやり早稲, ぽかと, またしても, またたくの, また嬰児, むくと, むくむくと, むらむらと, もう一度お, もらして, もる日光, よく見, よろよろと, イキナリ飛び出した, オイデオイデを, ガバと, キラと, コソ, コッソリ取出した, コンクリートの, コンテを, サツと, ザワと, スルリと, ズルズルと, セエヌ河の, ソツと, ソロソロと, ゾロ, テニス服の, ニョッキリ立上った, ノッソリと, ハラハラし, バラバラバラッと, パラパラパラ, ヒョコリお, ヒヨイと, ピアノの, プツーリ繰出した, ベリヤーエフの, ポタポタと, ポン, ムラムラと, モノクルを, ユラ, ルパシカ姿の, 一人飛び出し, 一団の, 一定の, 一散に, 一歩踏み出し, 一矢に, 一見居職, 一陣の, 一頭の, 丁寧に, 七番の, 三千雄の, 上の, 上向きに, 中を, 中低, 中庭の, 中折帽を, 丸々ッちい, 久兵衛の, 二そうの, 二三冊の, 二葉の, 五十本の, 亡霊の, 人間の, 今この, 今も, 他事の, 伊賀侍の, 何と虎, 何者とも, 侍従の, 儚ない一点, 先に, 六七十人の, 六十近い, 内を, 再びちらりと小娘, 再び姿, 冷笑し, 出しました, 出た一人, 出た小一郎, 出た長い, 出た黒い, 力添えを, 勘当する, 勘当だ, 半七, 半分身体を, 半身が, 南日君が, 又八が, 友染の, 取出しました, 口笛を, 叫ぶ, 可怪, 右の, 同じ唱歌, 吹上の, 吹矢で, 呼びとめた, 呼び止める声, 呼ぶもの, 唸りを, 喜んで, 嘲りの, 囁いた, 囁きの, 四十前後の, 四郎の, 垣根の, 場内に, 士官が, 声高な, 夜まで, 大きな冠木門, 大塩方の, 大川の, 大手を, 太い逞しい腕, 夫人は, 女が, 女装した, 妖怪が, 始めて見る, 子守唄は, 守って, 密, 射向けられた眼, 小さな盃, 小さな虫, 小僧が, 小僧の, 小坊主の, 岩魚が, 巴里へ, 幼児の, 幾台と, 幾臺と, 延い, 廻廊の, 弾かれたよう, 彫像の, 彼をば, 彼女が, 往来を, 後悔する, 徐々と, 心ゆくまで, 忙しない別辞, 怒った声, 恐る, 恥ずかしそう, 悍馬を, 惡態つい, 戻って, 打ち仰いで, 抜からぬ面, 抜き身を, 抜け出た蛇, 抜身を, 押し出されたよう, 指さして, 振向いて, 振向くと, 捲き起ったと, 摘みだされた, 数百人の, 文吉が, 斜面へ, 日向へと, 日脚の, 明るい方, 時々艶, 時々覗い, 更に七, 月が, 月の, 朝の, 来られたの, 来るそよ風, 松林の, 柄の, 桃割ぬれた, 棺へ, 樣子を, 次々に, 此方を, 此様子を, 武者之, 歩き出して, 死ぬやう, 毎日午後に, 毛脛を, 気味の, 水夫長の, 水着一つに, 波紋を, 流れて, 測量し, 満足な, 滂沱と, 潜んで, 濃い煙, 濛々と, 濡れた手, 火の, 無数の, 無言で, 煙の, 牡丹の, 物をも, 物珍らし, 物蔭へ, 物蔭を, 物靜かに, 猛獣の, 獲物を, 玉の, 現はれ, 現れた, 現れて, 現れ出た男, 現わし, 現われた, 現われたの, 現われた女, 現われた黒い, 現われると, 現われ出て, 現われ出ようという, 現場を, 生姜餅だの, 生徒たちを, 田に, 白いホコリ, 白い光, 白い女, 白い笠, 白い肌, 白い顔, 白刃が, 白壁みたいな, 白波を, 盆の, 盛に, 真白な, 真赤な, 眼が, 眼ばかり, 瞰上れ, 瞳の, 砂埃で, 祈って, 神, 私が, 私たちは, 秘かに, 突忽として, 立ち現われ, 立って, 立とうと, 立現われた, 立現われました, 竹の, 竹内が, 竹林武丸が, 笑って, 第三十九号室, 糸を, 綺麗な, 緋おどし, 纔かに, 美しい女給, 美しい婦人, 義兄を, 老鶯, 聞いたこと, 聞いた事, 聞える百合, 聞こえた, 聞こえて, 聴いたもの, 聴き惚れて, 腰を, 腰掛を, 自分の, 舷側に, 花世を, 若いの, 若い女, 若い絵師, 若松屋惣七と, 茫然と, 菊水の, 蚊の, 蜥蜴の, 蟇蛙が, 行燈の, 裾を, 襲いかかって, 見えて, 見させようと, 見せて, 見た平次, 見て取った三ぴんやよた者, 見る川上, 見定めて, 見届けて, 見張りし, 見習看護婦の, 見送って, 覗きますと, 覗き出した, 覗き出して, 覗き見, 覗くと, 親父が, 言つた, 誰かが, 貝十郎が, 貴下の, 赤い空, 赤い蟹, 走りだした法月弦, 走りよった, 走り出た久子, 走り出た蝙蝠, 走り出で, 起る, 躍りあがらんばかりの, 躍り出たの, 躍り出た兇漢, 躍り出て, 躍り出ると, 躑躅の, 転がり出した猟師, 轉げ出す, 農家の, 追いつめられたの, 透して, 這いだして, 這い寄って, 這出したもの, 通行禁止の, 遠くその, 遠く眺め, 遠見に, 部屋の, 鈴を, 銃口を, 長い手, 長大な, 閃刃とともに, 閣下と, 隠した大, 隠者の, 離れて, 電車の, 青いソフト, 青頭巾, 音も, 響いたの, 頭から, 頭巾を, 顔が, 飛び出した者, 飛び出した鎌鼬, 飛び立つた, 飛んで, 飛出した曲者, 飛騨の, 飛鳥の, 駈けだして, 駈け寄った人影, 高くあがる, 高く月, 髪ふり乱し, 鬼火の, 鯨骨と, 黄色い眼, 黒, 黒い大きな, 黒い朦朧, 黒い髪, 黒柳で

▼ 蔭~ (617, 10.8%)

17 聞いて 7 泣いて 5 私は 4 笑って, 舌を 3 あつた, 可愛がっ, 喜んで, 声を, 待って, 立ち聞きし, 糸を

2 [27件] いろいろの, お繁, しきりに憤慨, そう云っ, なぞ笑う, やきもきと, ブツブツは, 云って, 何か, 夜を, 強いの, 彼と, 彼の, 手を, 批評する, 月の, 様子を, 気を, 泣いたこと, 清をば, 立ったまま, 衣服を, 見た, 見て, 言って, 赤い舌, 逢ひませう

1 [505件 抜粋] あたりには, あつて, あなたが, あの小さな身体一つ, あの男, あやつって, あらぬ悪態, あんなに笑っ, いうくらい, いうもの, いう者, いさい残らず聞きすまし, いたずらを, いって, いろいろと, いろいろな, うかがって, うれしく思っ, おいよさん, おうわさ, おかみも, おぞけを, おはなし, おまけに, おりおり高い, おれを, お初の, お初へ, お喜び, お噂, お城, お宮に, お島, お息女, お染, お母さんと, お泣きなされた, お産襤褸を, お里が, お開きに, かすかな, かれこそは, きいて, きれいな, ぎゅっと握りしめ, くすくす笑った, ぐず, ぐつすり昼寝を, こそこそ耳, この私, こんなに独り, ささやいた, ささやいたり, ささやいて, さだめし嘆い, さんざん悪口, しおらしい美音, したためました, しばしば夜, しんしんと, じっと机, じりじり灼けつく, そうは, そうッ, そっと, そっという, そっともぎ離し, そっとネガ, そっと差図, その技師, その頃私, そんなに云, ちよツと, ちらりと聞いた, つかまえる, つひ通り, つぶやいたが, とやかく非難, どんなこと, どんな悪事, ながめました, なにか小声, なにを, なるたけ自分, にぎって, ぬすみ聞きして, ののしって, のろけて, はたらいたらしい形跡, ひそひそ話しあう, ひそひそ話を, ひとりで, ひや, ほかの, ほどきもの, ほめられる事, ぼくは, ぼんやりそれ, また勝入, やって, やつと, やり過して, ゆつくり, よく, よく働く, よく小さい, よく見えなかった, わしに対して, わずかな, わたしは, わっと, わるい事, われら兄弟を, われわれ二人が, アダリーも, イヒヒヒヒと, ウイスキーを, ウトウトと, ウームという, エヘンと, カツサカサと, クスクス笑い出し, クスクス笑ひ出す, ジメ, チラチラ動い, トムが, ト面を, ピツチを, フト足を, ペロリと, ホメて, ボソボソささやい, ラシイヌは, 一と, 一層暗い, 一緒に, 一縮み, 三人を, 三人顔と, 三斎屋敷闖入を, 三郎の, 不愍と, 不意に, 不興な, 世に, 世間普通の, 二人が, 二時間ばかりを, 云々した, 云いふらすの, 云い暮らして, 云つてゐた, 云つてゐる, 人が, 人に, 人の, 人らしい, 人影が, 人目を, 今も, 今二人の, 今年最初の, 仕事を, 他人の, 仲間同志だ, 休みましよ, 休もうか, 休もうと, 休んだ着物, 休息した, 何う, 何と, 何の, 何を, 何事も, 何者か, 何者とも, 侯爵夫人や, 俊基の, 傳次が, 働く人間, 僕等を, 其処では, 再び鳴動, 冷笑し, 冷評する, 出産を, 初めて私たち, 力を, 助兵衛爺さんと, 助右衛門と, 勢ひ, 即座に, 友吉が, 叩きあつ, 同宿した, 吐息を, 向ふから, 呟いて, 呻いて, 呼ぶ者, 呼んだとき, 呼んで, 咲いた日, 唸って, 啜り泣, 啼いて, 啼く, 嗤って, 嗤つてゐる, 嗤われ, 嘆かれるぞ, 嘲笑って, 噂し, 噂し合っ, 噂を, 囀る小鳥, 囁きあいました, 囁き合って, 囁き合つてる, 土蔵の, 地は, 坊主頭に, 塀際で, 声ばかりが, 夏の, 夢中に, 大学教授の, 大騒ぎを, 太政官の, 夷岐戸島唯一の, 奨励し, 女が, 女房は, 好きな, 姿は, 威張つて, 嬉しかろう, 宮方を, 宿の, 寒さ, 将来についての, 尊氏の, 尊氏を, 小さくなっ, 小さな車, 小夜子が, 小憇, 小鳥が, 尻餅を, 居眠りでも, 平べ, 幸子を, 幻聴を, 幽霊じみ, 廣介は, 弁当を, 強い風, 彌生が, 彼は, 彼女の, 彼等の, 待伏せした, 御厨, 心配し, 心配ばかり, 怒る氣, 怒鳴つた, 思つた, 急に, 怨んで, 怪む気勢の, 怪む氣勢の, 息を, 悪くいう, 悪く云つて居乍ら, 悪口を, 悪口言ふ, 悪徳を, 悲しもうと, 惡く, 愚図ばかり, 感心し, 慄然と, 憩えよ, 憩って, 成仏する, 手くらゐ, 手摺りへ, 手渡しする, 承まわりましたが, 折角不得意, 抱き合って, 抱擁し合っ, 招いて, 拳骨を, 指図した, 指笛を, 排斥の, 掛けては, 握り合って, 操ったよう, 操つた方が, 改進党の, 教祖を, 教育し, 散々に, 敵に, 斯の, 新聞の, 新聞雑誌等を, 旋回し, 日に, 昼寝でも, 時には打ち解け, 暫時休憩観賞, 最も目, 最初の, 最前から, 有難いと, 朝の, 木村の, 未亡人の, 机に, 来国俊, 案じて, 楽しい夢, 樣子を, 横に, 機密に, 檜垣衆の, 欣んで, 此の, 此處は, 母親に, 母親を, 泣いたか, 注意された, 洗濯物か, 流れて, 涙ながし, 涼しい服装, 深山に, 満足そうに, 濁み, 煩悶を, 父は, 父上が, 片手に, 牛乳だけを, 独りで, 理屈らしく, 甚太郎は, 田代芳輔の, 申しまする, 男と, 畑打ち, 皆憤懣は, 目を, 相対し, 相談し, 眉を, 眞桑瓜を, 真桑瓜を, 眠たげな, 眠って, 眠れるが, 眺めた私, 眼を, 睦言を, 知らぬ顏, 知人同士あなたは, 短刀で, 破って, 祈って, 福松が, 福音書を, 私たちが, 私の, 私ら呪てて, 私語き交し, 私達は, 称び慣れ, 種々何, 穿き換, 窃に, 立ち止つて, 立話を, 竪琴を, 笑うの, 笑うもの, 笑つたが, 笑つてゐた, 笑つて居ました, 笑つて居る, 笑われるの, 答えて, 紀久子は, 細々と, 細君も, 絶叫した, 縋って, 縫いもの, 繰った方, 耳こすりし, 耳を, 聞いたらさぞ, 聞いた俺, 聞きますりゃ御新造さん, 聲を, 聴いて, 聴かせて, 聴取った, 聽い, 肩先を, 膝を, 自分たちだけと, 自分の, 自家製の, 自己を, 自然と, 舌出す, 舌打ちした, 船員と, 良人大次の, 若い女, 若侍たち, 草を, 草鞋を, 莨に, 葉子を, 蔽はれ, 薄暗い, 薄暗いが, 薪を, 藁人形の, 藝妓を, 虎之助の, 蚊に, 蛍火に, 衣食し来, 褒めて, 見えなかったが, 見えなかつたが, 見えなくなった, 見えなくなった馬, 見たり, 見るたび, 覗いてる君子さん, 親分を, 親父が, 観客に, 角力を, 言っては, 言つてゐた, 訊ねて, 評判する, 話された, 話されてること, 話し始めました, 読まれました, 読書などを, 誰か, 誰にも, 豊世に, 貴女の, 赤児が, 身を, 身体を, 転って, 農奴の, 近い處, 通船楼の, 逢引を, 遊ぶの, 遊んで, 配偶を, 金の, 針仕事を, 釣る時, 銭の, 長いこと耳, 長い接吻, 間を, 降るよう, 隙見, 隠れお, 電車を, 非し, 面白が, 顔を, 顫き, 飯事を, 馬鹿に, 馬鹿殿様など, 騒ぐの, 鳴く, 鳴つて鹽津, 鹿の, 鼻の

▼ 蔭~ (406, 7.1%)

6 中に, 方に 5 やうな, ベンチに, 草の 4 ところに, ように, 方で 3 ところで, 小路に, 方から, 方へ, 者

2 [21件] ことに, さして, ものに, やまいちご, 二つの, 二本差も, 人として, 人の, 人間で, 仕事で, 加減か, 噂しますまい, 多い道, 孔らしい, 椅子で, 椅子に, 水槽の, 水車小屋に, 涼しさ, 花を, 道を

1 [310件] あたりから, あたりは, あたりを, ある暗い, ある眼, ある薄暗がり, あればこそ, いかさま見張る, いささかの, うつせ貝, お前の, かけ椅子に, くらがりに, ことであり, ことには, ことまでも, このあたり, しつとり, ためか, つけられて, ないの, ない少女, ない竪川, なかの, は, はうを, はずれまで, はづれ, ほうに, ほどよい, ほの, みどりと, ものへ, やや薄暗き, ような, ゴシップに, ショーウヰンドウには, ジメジメした, テーブルで, テーブルに, ニツクネームが, ベンチの, 一番暗い, 一群も, 一軒の, 一軒家毎朝かれ, 一部を, 一際暗い, 三階で, 下に, 下の, 下へ, 中から, 中へ, 主謀者も, 事で, 事情が, 井の, 井戸傍に, 井戸端に, 人である, 人とは, 人家黄色い, 人物が, 人物は, 人物を, 人間です, 仕事ばかり, 仕事を, 仕事人目には, 休み場に, 低い石垣, 作用を, 作者この, 作者だけ, 侍に, 働き, 働きと, 働きも, 働きを, 先に, 光線は, 兎の, 冷たいところ, 冷やり, 処々に, 処へ, 出来るの, 出来事で, 功は, 功労者, 努力が, 協力者でも, 友よ, 古池の, 同情者であった, 吾, 嘲罵は, 国の, 土塀について, 土藏と, 地に, 地平線から, 坂道は, 堤の, 場所の, 墓其他草を, 墓所に, 声が, 声と, 変化の, 多い美しさ, 大格闘, 奥様に, 女房たちは, 女松原つばらつばら, 子供で, 安努な, 家に, 小さい支流, 小さい誠實, 小さなもの, 小さな可愛らしい, 小じんまり, 小学生が, 小屋に, 小径を, 小振りな, 小暗い片隅, 小高いところ, 少しばかりの, 巻を, 平たい石, 広場に, 庇護と, 床に, 廃屋へ, 役者に, 役者は, 彼の, 径や, 徑で, 御手洗の, 御援助, 御理解, 愛人として, 所は, 扉の, 指揮だけを, 指揮を, 援護者だった, 教へ, 方が, 方には, 方の, 旅寝です, 日なたへ, 日向の, 昼も, 暗いこと, 暗い中, 暗い処, 暗い所, 暗い舟, 暗がりで, 暗さ, 月の, 木の, 末輩春日重蔵と, 板びさし今は, 林の, 枯れしより, 桐の, 椅子にかけて, 橋の, 正面で, 水仙と, 水車であった, 波の, 波間に, 泣言や, 海の, 消ゆる, 涼しいので, 涼しい処, 淀の, 深い楡, 深みには, 清しき宿求めえな, 清らかなる, 湿った土, 濃い緑, 濡れ縁に, 灯が, 灯を, 灯台の, 煽動者として, 熊笹の, 父も, 片袖, 物凄い眼付, 物洗場に, 玄妙, 理由の, 生活を, 田畑の, 由緒あり, 男, 男へ, 男即ち, 畠で, 略解本が, 異様な, 白い像, 白い王城, 目手を, 目見えざる, 真暗な, 石に, 石段を, 砂土帯の, 砥石に, 碇泊所まで, 磯に, 社中諸兄の, 程よき所, 窓にも, 窪みに, 端まで, 籐椅子を, 糸を, 細君の, 細道たらたら, 縁台で, 美しさ, 美として, 者が, 者その, 者として, 者とは, 者に, 者は, 者一人を, 自分は, 舊藏, 色で, 芝生, 芝生だつた, 花か, 花で, 花の, 苔むしたる井筒, 苦労ばなしなど, 苦心を, 草にも, 草むしろね, 草原に, 草叢の, 草地が, 草庵で, 菫の, 落ちて, 落葉かく, 落葉を, 葉面には, 衣桁に, 補助を, 見られる微笑, 角で, 角の, 誰にも, 谷では, 谷間を, 豊かな, 貧しい小屋, 貧しき下宿, 赤き土旅, 路に, 路を, 路側で, 軍師と, 辻堂の, 近くで, 近路, 運動は, 運動も, 道から, 道だ, 道へと, 部分で, 酒莚は, 重なれば, 鉄淵禅師に, 銀の, 銭苔の, 間を, 闇太郎の, 防火壁の, 隠れたよう, 雛菊なぞについて, 雪に, 霜柱が, 青く塗つた長椅子, 青侍が, 青渦, 頬が, 髪切虫は, 鳴物が, 黒いジメジメ, 黒味に

▼ 蔭~ (306, 5.3%)

9 作って 7 歩いて 5 つくって, 出て 4 つくつて, 選んで 3 なして, 作るよう, 成して

2 [17件] つくつた, とおして, ながめて, のぞいて, 尋ね廻って, 念入りに, 投げて, 指差した, 求めて, 真白き猫耳, 突つい, 翳して, 翳ります, 落して, 通って, 通り墓地を, 離れると

1 [229件] あゆみゆきし, あるか, いでず, お嬢さんは, かぶつた室, くぐつて, ごそごそ這っ, ごらんなさい, さがしたえず, さして, さし示した時, しぞ, しのばん, すっかり占領, そこここに, そぞろに, たどって, つかず離れず欣七郎, つくった, つくったという, つくつた竹藪, つくりました, つくり小鳥, つけて, つたつて, つたつて馬小屋に, つたひ, ところどころに, とどめたところ, とび出した源次郎, なしすこぶる, なせり, ぬけたり, ぬけ出して, のぞきますと, のぞく, のぞくと, ぶらぶら歩い, まわりに, みたが, めぐつては, もって, もてすべて, ゆるく縫う, ゆるやかな, スコッチ, ベンチの, 一巡した, 一本一本眺め渡した, 七つ八つも, 三町も, 丹念に, 二わかれ行く, 人知れず通りすぎ, 今は, 今宵の, 伝いながら, 伝い伝い, 伝う様, 伝つて息を, 伝ひ, 伝わって, 伝わらせて, 作つて邪魔なら, 作りかけた申刻, 作る廂, 傳うて, 冒して, 出た, 出た途端, 出ました, 出ようと, 切り穴, 利用し, 動いては, 匍って, 向いて, 向く癖, 向けるので, 吸ひとつて, 呼んで, 喜ぶ性癖, 地に, 堤の, 外れて, 夢中で駈け出した, 大股に, 失って, 孫太郎虫が, 寝台の, 尋ねて, 小迷, 小迷う, 履む, 岡邊に, 岩蔭をと, 川風が, 差して, 市街の, 帯びて, 幸ひ, 廃れたゴルフ, 廻ったところ, 往く山番, 往来する, 得て, 怖れ, 想像した, 慕ふら, 成せるを, 拾いながら, 持ち前, 持って, 指さしたり, 指さします, 指さすの, 指します, 探し廻りましたが, 揺がして, 撰んで, 放れると, 旅人に, 曲がって, 曲ると, 朝踏む, 林へ, 樂しみに, 横へ, 歩きながら, 歩くの, 求め叢, 河原づたいにやや, 洩れた日光, 洩れる月, 消すこと, 漏れる光, 潜るすると, 濃くする, 煙草の, 物蔭をと, 犯し風浪, 生じないよう, 登る, 白い細か, 目掛けて, 眺め不思議, 私は, 穿つとき, 立ち出た将士, 立って, 立去ると, 紫色に, 縫いながら, 縫うよう, 縫って, 縫つて出る, 縫ふ, 膝行って, 落し日, 落すこと, 落すどころか, 虎の, 行き, 行き交, 行き歩いて, 行くもの, 行く剣光, 行く身, 被った人々, 被りたる貧家, 被ること, 覆ひに, 見せた, 見せながら, 見た, 見たの, 見たり, 見て, 見まわした, 見ると, 見渡し, 見計らひそこ, 覗きました, 訪れた時, 負ひ, 走ると, 起って, 足に, 踏むと, 踏んで, 近くに, 追い五六町, 追い除けて, 追ふて, 追ふて生きる, 送つて, 逃げ廻った, 逍遙し, 逍遙する, 透かすよう, 透きて, 透しながら, 這って, 這わす等, 通つた, 通らなければ, 通りぬけ浅瀬, 通り掛りますると, 通る, 過ぐるごと, 過ぐる時, 遠くから, 選び陽, 選ぶよう, 重ねたり, 重ねて, 鋭く穿とう, 長くし, 門に, 離れた, 離れた荒編笠, 離れて, 離れました, 静かに, 頼むと, 頼むばかりぞ, 飛び出すと, 飛出すと, 騎行した

▼ 蔭~ (302, 5.3%)

16 身を 9 呼んで 8 廻って, 隠れて 7 廻ると 6 かくれた 4 かくれて, まわって, 入って, 来て 3 はいって, まわっては, 向って, 手を, 顔を

2 [20件] 來て, 入りました, 姿を, 寄って, 小走りに, 引っ張って, 引つ張つて行つて, 忍んで, 歩み寄って, 消えて, 立って, 蝙蝠の, 行って, 袖乞に, 連れて, 連れ込んで, 隠れた, 隠れたの, 隱れた, 首を

1 [177件] あちら向に, いつてか, いつの間に持ち込んだ, うごいて, おん輿を, かくして置いた, かくれこんだ, かくれさせて, かくれた時, かくれると, こっそり姿, ころが, ござ, それを, たずさえて, ついと走っ, つかつかと, つぶさな眼, とびこんだ, とび移って, はいると, ぱっと身, ぴたと向け, ぺたっと坐っ, まいる折柄, まぎれ込もうと, またかくれた, また逃げ込む, まわると, むかって, もぐり込んで, よったので, よび出して, よんで, わたしたちは, シャニムニ武者振りついて行きました, シンと, スルリと, ソッと, ホーキン氏は, 一夜置き, 下りた, 丸くなっ, 主税を, 人の, 伝わる, 佐吉を, 何時の間に持ち込んだ, 來る, 僕を, 入ったの, 入らねえじゃ, 入り, 入れて, 出ると, 南瓜に, 叫んだ, 吸い込まれて, 吹きよせるだけ, 呼ばれて, 呼びながら, 呼び出すと, 呼んだ, 土龍抜け, 坐って, 女の子の, 女軽業の, 寄ると, 寝ころがりに, 寝ころんで, 小さな黒い, 帰って, 廻っては, 廻つて妻に, 廻つて恵ん, 廻つて指で, 廻つて時々, 廻つて私の, 廻つて讒訴する, 引いて, 引きずられて, 引き摩って, 引っぱり込んで, 引っ張り込んで, 引つぱつて行き乍ら, 引張つて行つて自分, 引張りこんだ, 彼女は, 急いで, 戻って, 投込ん, 押しやった, 押隠した, 担ぎ込み, 招いて, 招き, 来た, 来たころ, 来ましたから, 枕を, 槍を, 横ざまに, 横に, 横にな, 歩いて, 歩み寄つて, 水先し, 沈めて, 消して, 源氏が, 滑り込んだり, 漕いで, 潛ませ, 潜り込み, 潜り込んで, 無意識に, 獣皮の, 率八という, 眼を, 立ち寄った実に, 立ち止まって, 立ったので, 立てかけて, 立隠れを, 素早く姿, 繋いで, 腰を, 舟を, 落ちかけた頃, 落ちて, 行ってから, 行つても, 行つて闘剣の, 袖乞いに, 触って, 誘おうと, 誘ひ入れて, 誘ひ込んで, 走った, 走り寄っ, 走り込んだ, 走り込んで, 走ろうと, 跳び下りた, 跳んだ, 蹴ころ, 身体を, 転げこむよう, 追, 逃げこもうと, 逃げ込むと, 透いて, 這入って, 這入らないか, 這入ると, 連れ込むと, 避けた時, 隠したこと, 隠し立て膝, 隠すやう, 隠れたり, 隠れた日, 隠れた迄, 隠れに, 隠れました, 隠れる, 隠れるけれど, 隠れると, 隠れ去った, 隱し, 隱れ, 隱れました, 隱れる, 飛び込んだ, 馬を, 馳けて, 馳せ附けて

▼ 蔭~ (199, 3.5%)

10 を利く 7 をきい, をきく 5 をきいた, を言 4 を叩く 3 いふ朋輩, に聞えぬ, をきかれ, を利いた, を聞い, を露 2 して, ではない, に, のなか, もなく, を云う, を云った, を利い, を吐い, を封ずる

1 [123件] いうて, いわれて, かな, があった, がおこなわれた, がそこ, がはじまる, がまま, が今更, が始まった, が慶応三年版, が新聞, が直ぐ, きいたり, きいて, きかれて, きくかた, きくもの, されて, され嘲笑, するの, するは, たたいた, だの, だの邪推, で, でございますよ, でなくこう, ではそれ, では三郎, とか非難, と云, なぞ利かう, などを利い, などを産婆, なら黙殺, には正当, には聞く, には際, にも謹しみ, にも讃め言葉, にわたくし, に似, に多い, に民間, に決断, に男, に聞いた, に過ぎない, の的, の種, はいえない, はきいた, はやはり, は一方, は全く, は嘘, は教育, は決して, は猛烈, ばかりを利い, めいたこと, もきこえた, もございまする, もござる, もそらおそろしい, もない, もまちまち, も今道鏡, も聞えた, も聞かれなかった, も聞き捨て, も遠慮なく, やその, やら壁訴訟, や悪口, や白眼視, や皮肉, よりも不安心, をいい, をいう, をいっ, をいわれ, をき, をきかない, をきかれる, をきき, をききはじめた, をきくであろう, をささやい, をし, をたたい, をたたいた, をたたかれる, をたたき続け, をまぬがれぬ, を三浦, を云い出す, を云っ, を云われ, を利かれ, を利かれる, を利き, を利きます, を叩かれ, を名古屋, を吐いた, を吐かれ, を向け, を囁きた, を時には, を猪飼, を聞いた, を聞かぬ, を聞きつける, を言っ, を言つて, を言われた, 云うよう, 云って, 利いては, 果ては暴動, 申したこと

▼ 蔭ながら~ (150, 2.6%)

7 喜んで 4 心配し

2 [11件] お弓, よろこんで, 付いて, 伏し拝まずには, 力を, 尽力し, 悦び居ります, 祈って, 私も, 翁屋の, 聞いて

1 [117件] あなた様を, あの大日向, いかにあの, いたわり愛し, おつ, おまえさん方夫婦の, お二人, お前たち夫婦の, お助け, お喜び, お子様の, お察し申, お手さばき, お手向け, お案じ, お歓び, お気の毒, お祈り申し, お聞きし, かつて自分, この事, してるの, じっとみつめ, その人, その葬式, たいそうお前さん, ひどくご, よう知っ, よく存じ, わしも, わしらでも, わっしも, 一役を, 一揆の, 一日も, 三吉も, 中村屋を, 主人を, 代りの, 伺って, 保護を, 信心を, 倅二代目勘兵衛の, 先生の, 冷やかな, 切に祈, 別を, 助けて, 同情を, 噂し, 土下座を, 声援を, 大なる, 大悦, 天主の, 将門の, 尽すつもり, 尽そうと, 岸野を, 彼は, 彼女を, 御奮闘, 御嬉しく, 御心配, 御旧恩, 御祈り, 御身の, 心案じ, 心配致し, 念じて, 恐縮いたし, 悦ばしく思います, 悦んで, 成行きを, 拝ましてやろうか, 拝んで, 拝承致しました, 推察し, 案じる余り, 様子を, 樣子を, 欣んで, 泣いて, 申して, 申暮し, 白鷹先生に, 皆様の, 直次を通して, 祈りますぞ, 祈り居ると, 祈り申し, 祈るばかり, 祈願し, 祝意を, 私は, 節子の, 聞いた, 聞きますばかり, 胸に, 自分の, 自分等の, 與らば, 見させて, 見たいん, 見守らせて, 見送ります, 見送るばかりに, 訊いて, 貴方の, 貴方様の, 贔屓し, 運動する, 采配を, 阿新, 随分骨, 非常な, 高氏の

▼ 蔭には~ (108, 1.9%)

2 いって, まだ雪, 勤王方に, 女が

1 [100件] あしたの, あたかも傷口, あぶらめといふ, あやめはや, いつも両, おいらん草が, お小人屋敷, お隣の, きつと, きまって牛飯, これほどの, そのため, その四十男, その潤色, それを, なにかある, なんらか, ひ弱い草木ども, まだ一人, まだ夜, みんな人が, むしろを, もう不幸, もう夕闇, やはり脈搏, やや涼風, よく大きな, ケリイさんの, チチチと, 一二本づつの, 七兵衛でない, 七度も, 三位卿そっと, 不幸な, 不格好に, 二十二三位の, 人が, 人影なく, 人里椹島が, 今まで, 他の, 何よりも, 依然として人っ子一人, 俥屋の, 先生の, 南瓜が, 友人, 名も, 善八の, 土俵が, 寄るまいと, 封建性が, 尊さそのもの, 小博奕, 小鳥が, 山の手の, 幾分バイロン風, 強烈な, 彼女が, 往時から, 必ずなんらかの, 必ず当代, 必ず池袋, 恐らく複雑, 恐怖の, 既に盥, 有力な, 果して何, 梨売り, 樟や, 比較的見逃され, 泉水でも, 洋服は, 灯に, 牛乳を, 百人の, 眞白い, 石楠花が, 破れ残つた蓮の, 私が, 経済の, 編集はいふまでも, 繊き, 自身の, 艶に, 花に, 若干の, 萩桔梗女郎花などの, 萼ばかりが, 薊の, 蘭が, 蝦夷菫, 蟹が, 試合に, 足跡ぐらい, 足跡ぐらゐあるだらう, 銃身や, 長患いの, 雨を, 青々と

▼ 蔭では~ (91, 1.6%)

2 勝手に, 尾鰭を, 泣いて, 舌を

1 [83件] あったが, あつた, あなたの, あり間, いきり立ったが, いろいろな, いわれる, お品, お恨みし, お話も, かかと呼び, かわいがって, この下, さう云って, すべきに, そう云っ, それを, そんなに自分, そんな風, だいぶ不, つきりと, どんなに悪く, どんな尊い, なあんだ振られた, なく歩, なにを, ひそかに, みんなイヤな, やってきた勝家, よくその, ゼーロンよりも, 一層疑, 云ふ, 何かの, 何んと, 余計な, 例によって, 兄の, 内々要路要路の, 吉良方の, 哲学者どころか, 嘲けったもの, 大伴ならぬ, 実際辛い, 屹と, 平民の, 彼等を, 忽ちに賑やか, 怒って, 思われたの, 悪口では, 悪口を, 悲しむ名, 手を, 折ふし思い出した, 拝んで, 最前から, 権力の, 歩兵一箇中隊でも, 為べきに, 獣や, 田舎者と, 皆さん悪口を, 皆十四番の, 皆同情し, 目白が, 相変らず, 祖父は, 笑って, 符諜で, 紅白粉を, 自分を, 苦情許り, 菫や, 蛙が, 蛙を, 言うものの, 頻りに業, 騷いで, 魂げて, 鶯の, 黄色い皮膚, 鼻を

▼ 蔭~ (81, 1.4%)

3 出来て 2 ある, あると, これほどの, できて, 出來, 深くなり

1 [66件] あった, あったろう, あって, あつたらう, あらうとも, ありました, あるため, あるよ, いかにも凉, いかにも涼し, おおった, この庭, ささない, さして, さしてき, さしては, さして来る, さして行く, さすでしょう, さすので, さす何, ざわざわとして, そ, できた時刻, ないとは, なくなって, なくなると, なつかしい五月下旬, ひろがって, まつわりついて, 一斉に, 五稜廓だ, 今では, 全面に, 出来たて, 力を, 地の, 地上を, 夕暮れの, 多いから, 多くなっ, 多すぎた, 大賑, 寝室に, 射して, 帳場らしい, 帽子に, 暗くなった, 格子縞の, 涼しく花壇, 漂つた, 濃くて, 濃くな, 濃くなっ, 濃く彩っ, 無いという, 物音を, 玉版箋を, 紫に, 萌し幾許, 見る, 退いて, 透いて, 隈どっ, 顔の, 黒い

▼ 蔭~ (56, 1.0%)

4 ない 3 なし 2 ない場所, ない男, 何にも, 見えぬ大野ら

1 [41件] あったろう, ある, いつか冷え冷えと, ささぬ柳, ないから, ないが, ないと, ないほどの, ないやう, ないよう, ない哀れ, ない慘憺, ない暮し, ない死, ない若い按摩, ない茅屋, ない醜男, なかった, なき, なくただ, なくとても, なくなって, なくやつれ果て, なく延び, なく汚され, なく涸れ, なく痩せ, なく神聖者, なく荒れ, なく身, なしに, よし, よしやがて穂, 亦自ら消滅, 日向も, 朽ちせず, 浅い, 深くなっ, 深くは, 無い程, 無く枯れ果てた

▼ 蔭~ (50, 0.9%)

2 まだ夏緑, 矢張こんなに, 身を

1 [44件] あたかも稲妻, こうした神木, さすが縁, その辺, たちまちぞ, どんよりと, なく太宰府, なにか怪異, なるべく作らない, ひそやか, もう墨色, もう小暗い, もう暗, 一寸先も, 何日迄も, 奥へ, 奧へ, 寒く光, 寒国においても, 少し薄暗く, 川の, 幾つもの, 恰も稲妻, 我等の, 手の, 教えられたとおり, 暗い, 暗かった, 暴風と, 涼しくし, 淋しかった, 淡くコバルト色, 深いし, 深海の, 湿りっ気, 益す暗き, 薄暗くて, 行く春, 見えない, 認める由, 身分が, 過ぎうきものを, 限り無き, 霊泉寺田沢別所などの

▼ 蔭~ (39, 0.7%)

2 沢の

1 [37件] あらゆる物蔭, なんかへ, ほととぎす鳴く, また飛道具, 下流の, 丘の, 中を, 井戸端や, 壁際に, 大きい昼, 宮殿の, 寶石の, 小梅田圃などで, 岩の, 店の, 建物の, 敷石の, 木蔭から, 楊柳を, 横丁の, 毒という, 水ふちの, 河原の, 浮藻の, 畑の, 神社の, 程ちかい, 苔の, 草っ, 草の, 草むらに, 草原に, 葉の, 蔦も, 藤棚の, 隅々から, 階段の

▼ 蔭~ (29, 0.5%)

3 日向とが

1 [26件] いう, こっちの, それに, なって, なつた, なり見るもの, なると, なるやう, 云うもの, 云つたのです, 坑内から, 思う絵, 日向から, 日向に, 月光とが, 植物の, 涼しさ, 申せば, 蜥蜴の, 表の, 裏が, 襞と, 言ふ, 錯綜した, 雨に, 頼みし椎

▼ 蔭にも~ (23, 0.4%)

3 日向にも 2 今は

1 [18件] いずれこの, かくばかり, すごい身仕度, またその, コトと, 人は, 前の, 堆く楡莢, 太郎らしい, 彼の, 扉の, 消えず細か, 潜んで, 無論誰, 猫一匹ひそん, 石の, 覗く島田髷, 高札場の

▼ 蔭より~ (23, 0.4%)

2 むらむらと, 顔黒く, 顕れ同じく

1 [17件] おどり出でたる人, これを, するすると, むらむらばっ, ピストルを, 先君の, 其方を, 出て, 半ば出で, 外らしい所, 屋方の, 山道を, 掻き集め或いは, 煙湧く, 覗き見る, 詰めやしたりけむ, 進ミ来り

▼ 蔭~ (23, 0.4%)

2 というやつ, のよう

1 [19件] が犬, だと, だろうお, だろうと, だ坊主, だ蔭間, ではなく, でもかせい, という人間界, といつわっ, とは何事, とよばれ, の大, の腰, の話, は法度, や御, を呼ん, を縫い

▼ 蔭にな~ (18, 0.3%)

4 つてゐた 2 つてその

1 [12件] つた所は, つた所を, つた青暗い, つてしまつてゐ, つてまだ, つてゐ, つてゐました, つて人に, つて助け, つて日の, つて離屋の, つて顏は

▼ 蔭~ (16, 0.3%)

2 の極意

1 [14件] が一文, だの, で走り書き, のほか, の太刀味, の奇蹟, の奥儀, の指導者, の玄斎先生, の稽古, の筆, の筆道, の達人, の達人玄斎先生

▼ 蔭~ (14, 0.2%)

2 の日, を据え 1 が置かれ, でもあげられない, といふの, のお, の礼, へのみ, を三日据ゑられるといふ, を供え, を信濃, を食

▼ 蔭まで~ (12, 0.2%)

2 来て 1 來て, 参りましたら, 呼び出して, 引きずって, 来た時, 行くと, 行った, 辿りつくこと, 逃げて, 顔を

▼ 蔭日向~ (12, 0.2%)

1 [12件] がない, がなかっ, であった, で房州, というもの, なくよく, なく働き, なく働く, などが思う, のない, のない憎, を好む

▼ 蔭などに~ (11, 0.2%)

1 [11件] より怖, 三々五々と, 侍し, 幾人かずつ, 待機し, 昨夜の, 深く積もった, 田から, 立つて, 荷おろし, 隠れたり

▼ 蔭にて~ (11, 0.2%)

1 [11件] わしを, 二三人ハタハタと, 入道の, 打戦き, 指し笑ふ, 操りたまいしか, 操り玉, 日本國民の, 柴を, 満足なるべし, 祝ぎ申しあげ

▼ 蔭って~ (10, 0.2%)

1 きたせい, きたので, くると, しまって, どこからとも, 木の葉や, 草の, 行って, 逆しまに, 黒ずんで

▼ 蔭乍ら~ (10, 0.2%)

1 お夏, お祝ひ, お紋, その生長, と存じまし, 喜んで, 御慕, 御胸中拝察, 承り居り候, 聞いて

▼ 蔭凉軒~ (10, 0.2%)

2 にて御, に附けられた, の真, の跡, はどう

▼ 蔭~ (10, 0.2%)

1 が清武一郷, され流石, の代, の好, ばかり言っ, をいい, をいう, を申さぬ, を聞く, を言わず

▼ 蔭間茶屋~ (10, 0.2%)

4 の色子 2 にもこんな 1 なるべきか, は池, へ帰る, も灯

▼ 蔭~ (8, 0.1%)

1 あらず五月靄, どこかに, ひろがりはじめ, 何かで, 岩の, 彼は, 草むらの, 袖の

▼ 蔭での~ (8, 0.1%)

2 仕事が 1 お力には, 不平も, 個人的な, 大きな働き, 目撃を, 評判は

▼ 蔭でも~ (8, 0.1%)

2 めらめらと 1 いといはせぬと, ひとしく啜り哭く, 万吉や, 屹と, 御心配, 或は其処

▼ 蔭という~ (8, 0.1%)

1 ような, 光線の, 物蔭には, 美しさ, 蔭に, 蔭は, 諺も, 風に

▼ 蔭~ (8, 0.1%)

2 になっ, に添っ 1 について守っ, に付添っ, に添う, に添つて

▼ 蔭あたり~ (7, 0.1%)

1 から後, で一刻, で白首, にぴったり, に子供, に隠れ, に雪代

▼ 蔭にでも~ (7, 0.1%)

3 隠れて 1 いたらしいはげしい, いて, 居る様, 隱れ

▼ 蔭~ (7, 0.1%)

1 一ト晩ジュウ満足ニ寝, 今日, 左手, 手, 毎日助, 痛ミハ, 目下ノトコロ僕ハ自分ニモ不思議ナクライ旺盛ナ

▼ 蔭~ (7, 0.1%)

5 にし 1 にした, 面が

▼ 蔭弁慶~ (7, 0.1%)

1 こそ無責任, だ, でございます, ね, の筆, の迷論, をきめ

▼ 蔭~ (7, 0.1%)

1 が貰つた人, であった, にもお目にかか, は, はこの, は夏目先生, は脇息

▼ 蔭~ (6, 0.1%)

1 から鼻, し前, といふ, と大分, と思う, よ

▼ 蔭なる~ (6, 0.1%)

1 俊基へ, 夕方の, 小路に, 崖の, 朝顔三日ばかり, 江戸生粋の

▼ 蔭~ (6, 0.1%)

1 と何, と天地, まで見送りました, ような, 時刻までは, 陽脚に

▼ 蔭ある~ (5, 0.1%)

2 水に 1 は夜, 処小川流れ, 樹の

▼ 蔭からは~ (5, 0.1%)

1 七八人の, 冷えびえとした空気が, 媚かしい, 時々白い, 桜桃に

▼ 蔭~ (5, 0.1%)

31 ゃったげにござります, やあ鮟鱇博士

▼ 蔭じゃ~ (5, 0.1%)

1 あるまいな, どのくらい, 丑松を, 公方様の, 馬鹿の

▼ 蔭そこ~ (5, 0.1%)

1 からじっと, にし, になるほど, にホン, の木

▼ 蔭である~ (5, 0.1%)

1 からそれ, ことを, ためか, とかいう位置, 為に

▼ 蔭ながらの~ (5, 0.1%)

3 嘘に 1 お別れ, お念仏

▼ 蔭などを~ (5, 0.1%)

2 覘って 1 わたしは, 一つ一つ探ね, 捜し出せそう

▼ 蔭において~ (5, 0.1%)

1 いっそうの, その上, ふしながら, 両親も, 雇人たちの

▼ 蔭干し~ (5, 0.1%)

4 にし 1 になっ

▼ 蔭~ (5, 0.1%)

1 がつき, こそやどれ, にかざされ, をつくり, を作っ

▼ 蔭からでも~ (4, 0.1%)

1 ひと目見てこよう, よそながらひと, 暗がりの, 飛び出して

▼ 蔭じゃあ~ (4, 0.1%)

1 そうと, どこまでも, みんな仇名でばかり, 鮟鱇博士と

▼ 蔭~ (4, 0.1%)

1 や, やあるまい, やお前, や頭

▼ 蔭などから~ (4, 0.1%)

2 好奇に 1 この人たち, 覗いて

▼ 蔭などで~ (4, 0.1%)

1 しきりに啼き立て, 手紙の, 自由な, 草に

▼ 蔭などへ~ (4, 0.1%)

2 大店の 1 一枚の, 素早く姿

▼ 蔭~ (4, 0.1%)

1 かかる時分, が深く, の石段, 朱に

▼ 蔭深き~ (4, 0.1%)

2 城砦の 1 敷石の, 枝に

▼ 蔭とかに~ (3, 0.1%)

1 注意を, 隠れて, 隱れ

▼ 蔭にばかり~ (3, 0.1%)

2 隠れて 1 堆積し

▼ 蔭へでも~ (3, 0.1%)

1 また定まらぬ, 姿を, 行きましょうか

▼ 蔭へとは~ (3, 0.1%)

1 いって, いる, ひる

▼ 蔭井戸~ (3, 0.1%)

2 の裏 1 の中

▼ 蔭多き~ (3, 0.1%)

1 けにやあらん, 大柳樹の, 衢を

▼ 蔭~ (3, 0.1%)

1 だつた, であつ, になつ

▼ 蔭扶持~ (3, 0.1%)

1 というもの, をお送り, をもらっ

▼ 蔭沙汰~ (3, 0.1%)

1 が頻りに, では根津, を

▼ 蔭涼軒~ (3, 0.1%)

1 とはほとんど, の名, は武家社交界

▼ 蔭祭り~ (3, 0.1%)

1 ということ, の日, の機会

▼ 蔭芝居~ (3, 0.1%)

1 の名人, や八人藝, をやつ

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 て仏, 行て

▼ 蔭い廻っ~ (2, 0.0%)

1 てけったい, て何ぞ

▼ 蔭からも~ (2, 0.0%)

1 それに, 公衆食堂の

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 たりし, たり夜

▼ 蔭った~ (2, 0.0%)

1 ような, 上草も

▼ 蔭つくる~ (2, 0.0%)

1 木の, 樹の

▼ 蔭つた庭~ (2, 0.0%)

2 の植込

▼ 蔭つて~ (2, 0.0%)

1 ばかりゐた, 高聲

▼ 蔭でし~ (2, 0.0%)

1 ている, てもそれ

▼ 蔭です~ (2, 0.0%)

1 から少し, わえ

▼ 蔭とも~ (2, 0.0%)

1 ありがたく思い, なりその間

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 ので人影, んだ

▼ 蔭ながらでも~ (2, 0.0%)

1 ルリの, 私の

▼ 蔭なぞに~ (2, 0.0%)

1 かくれて, 古びた小家

▼ 蔭などには~ (2, 0.0%)

1 いって, 二ツ三ツ蚊の

▼ 蔭なら~ (2, 0.0%)

1 ば多少, 誰も

▼ 蔭につれ~ (2, 0.0%)

1 込まれた音次郎, 込むと

▼ 蔭にまで~ (2, 0.0%)

1 つづいた豊か, つづいて

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 みが, みに

▼ 蔭ばかりを~ (2, 0.0%)

1 さまよった, 飛び跳ねて

▼ 蔭ばん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で門

▼ 蔭へと~ (2, 0.0%)

1 山鳩が, 野鼠の

▼ 蔭までは~ (2, 0.0%)

1 明るく見せなかった, 響かない

▼ 蔭をと~ (2, 0.0%)

1 捜し歩いて, 身を

▼ 蔭をのみ~ (2, 0.0%)

1 絶えず見つめ, 選って

▼ 蔭仕事~ (2, 0.0%)

2 は嫌

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 の生涯, の生涯失

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 でした, は三味線

▼ 蔭子将門~ (2, 0.0%)

2 に授

▼ 蔭小路~ (2, 0.0%)

1 という少年, は余り

▼ 蔭暗き~ (2, 0.0%)

1 まで茂り合い, 墓場に

▼ 蔭木戸~ (2, 0.0%)

2 の後ろ

▼ 蔭木立~ (2, 0.0%)

1 の中, の隙間

▼ 蔭武者~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 蔭築山~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 が青白い, をあはれ

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

2 たる身を

▼ 蔭~ (2, 0.0%)

1 參つて居ります, 来ると

▼1* [216件]

いづれも夢中, 蔭いや深くなれる, 蔭いろの馬, 蔭うつ大學, 蔭うつ大学の芝生, 蔭蓮さまの, 蔭からでつかい蚯蚓, 蔭からともなくのろ, 蔭からの助力を, 蔭からわつと出られ, 蔭がちになっ, 蔭くし夕日には, 蔭こそそもじの, 蔭て却, 蔭しばしとてこそ立ち, 蔭すっかり瞳に, 蔭するどく黒く地に, 蔭だけでは, 蔭だった所からも, 蔭だにぞなき, 蔭だの橋の, 蔭ちょうど普賢菩薩を, 蔭つた場處でその, 蔭つた時刻のやう, 蔭つた柵外を南, 蔭つてゴクリと固唾, 蔭つて了つたらしく部屋, 蔭つて高声に笑, 蔭づたいに歩いて, 蔭づたひ往きめぐる, 蔭であった行燈の, 蔭であれあれと言っ, 蔭といったような, 蔭といふものは, 蔭とか谷間とか, 蔭とがその顏, 蔭ところ嫌わず放尿, 蔭としてのみ感じるの, 蔭とぞ頼む二葉, 蔭とに挟って, 蔭との使い分けに, 蔭とはよく云った, 蔭とやらでお, 蔭ながらにも親しく御, 蔭なき深山の, 蔭なぞが写つ, 蔭なぞには過ぎた日, 蔭など搜し出せ, 蔭などからはまるで蒸された, 蔭などがあるならば, 蔭などというものが, 蔭などの微塵も, 蔭などは昼間でも, 蔭なりし跪ける幼き, 蔭なる子の如く, 蔭なんかに隠れて, 蔭なんかへ隠れて, 蔭なんてそんな世界, 蔭にあたって不自然な, 蔭にあたる河縁には, 蔭にかがまって, 蔭にかけてその流, 蔭にが運わるく, 蔭にこそわが嘗て, 蔭にさえあの恐ろしい, 蔭にぞなりたる, 蔭にてという風流の, 蔭にと思って, 蔭にやすらひたる時, 蔭によけて山芝の, 蔭によっているから, 蔭により集り候, 蔭にわづかに, 蔭のみ置く真昼, 蔭はい今晩は, 蔭はよかつた, 蔭ばかりで日向, 蔭ひなたの, 蔭ひろみ頼みし松, 蔭ふかく哀笛調高し, 蔭へはいるよう, 蔭へよつてき, 蔭ほしげの, 蔭ぼうしで育った, 蔭また後上京し, 蔭または蚊帳草の, 蔭までもかき分けて, 蔭みなこれ他生の縁です, 蔭もしくは落ち葉の, 蔭やら岸辺に, 蔭ゆかしき美人の, 蔭ゆけばほんのり, 蔭よい匂の, 蔭よりの御奉公, 蔭りました倶利伽羅峠の, 蔭をば極めて水, 蔭をまで隈なく, 蔭をも払い除けようと, 蔭を通して涼しい風, 蔭んで居る黒点, 蔭カ縁ノ下, 蔭デオ前サンノコトヲオ喜ビニナッテルダロウヨ, 蔭デスッカリ穢クナッチャッタンデトウヲ止メテカラ一生懸命モトノヨウニシヨウト思ッテ, 蔭ニ國家ノ當然ナル權利, 蔭一つない稲田, 蔭一河の流れ, 蔭丁度普賢菩薩を, 蔭乍ら主人を見張つ, 蔭乍ら予の身辺, 蔭乍ら伜二代目勘兵衞の仕事, 蔭乍ら僕は同情, 蔭乍ら加納屋の樣子, 蔭乍ら守護して, 蔭乍ら屋敷に殘, 蔭乍ら隨分骨を折つた積り, 蔭乍ら頂戴に及んだ, 蔭乾しにと釣り下げ, 蔭乾シトス之レヲ用ウルニハ熱湯ニ投ジテ洗滌スル, 蔭を言っ, 蔭西, 蔭以外には一歩, 蔭伝いに仲よく, 蔭凉軒日録の如き, 蔭出羽守藤原経邦兵部少輔良峰, 蔭十三回忌あり, 蔭立木を, 蔭南枝のさし, 蔭口あれも大方近頃手当, 蔭口きくのやめ, 蔭口二人をつつむ疑, 蔭口其他時間割と月給, 蔭口殿もお, 蔭口皮肉殊に自分, 蔭口車夫の力松, 蔭吹く風あるは, 蔭土蔵の横, 蔭土藏の横, 蔭に遺した, 蔭もない, 蔭多い微妙な, 蔭多からしめたり, 蔭夜鷹の掛小屋, 蔭天女も籠る, 蔭天水桶の蔭, 蔭女学校の生徒, 蔭下宿から, 蔭小暗きあたりを, 蔭の蔭道, 蔭の方, 蔭干しされた種子類が, 蔭草白花を, 蔭幾つか連つた丘陵, 蔭広前いちめん高時と共に在る, 蔭弁慶的なお, 蔭影村の街路, 蔭ひ潺湲声, 蔭戸棚の奥, 蔭挟合戦の, 蔭日向藪の前, 蔭明星額を照らす, 蔭春海等当時の聞人, 蔭時局的な統制, 蔭暗い処に, 蔭暗く花無き, 蔭の光, 蔭朝陽に温められ, 蔭木蔭で, 蔭の奥, 蔭デ今年モ大喜ビデ, 蔭の蔭, 蔭のたもと, 蔭にし, 蔭此処の樹下, 蔭氏久松一声氏等が招聘, 蔭の辺, 蔭池山映軒, 蔭流春日重蔵の町道場, 蔭涼しそうなる, 蔭涼しき松林のは, 蔭涼軒日録文正元年二月八日条には有馬温泉場, 蔭深く密生し, 蔭濃き屋根を, 蔭灯蔭と表, 蔭炬燵の後ろ, 蔭の畔, 蔭甲板に佇め, 蔭町家の庇, 蔭の過ち, 蔭石段の上, 蔭研究室と覚しき, 蔭をする, 蔭一の, 蔭糧餉のそば, 蔭の闇, 蔭はしき深林, 蔭がなく, 蔭の中, 蔭華饒く, 蔭衣服の裾, 蔭の滝其滝, 蔭言目も心, 蔭諸岡の神道無念, 蔭豐熟した穀物, 蔭軒無言録の問答記事, 蔭の向う前, 蔭たど, 蔭銃器庫の裏, 蔭間侍でないか, 蔭間侍面を洗っ, 蔭間力士その他の芸人, 蔭間専門を内職, 蔭間屋の色子, 蔭間茶屋通いの上野東叡山, 蔭間買いに憂身, 蔭し碓氷, 蔭麟茅以昇等の諸君