青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蓋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~著しく 著しく~ 著者~ 葡萄~ 葬式~ 蒙~ ~蒲団 蒲団~ 蒼~ ~蓋
蓋~
蓮~ 蔓~ ~蔭 蔭~ ~蔵 蔵~ 蕎麦~ ~薄 薄~ ~薄い

「蓋~」 3504, 36ppm, 3207位

▼ 蓋~ (1644, 46.9%)

114 して 78 あけて 58 取って 49 開けて 32 した 31 とって 25 取ると 23 取つて 20 あけた, 開けると 18 あけると 17 開けた 16 開いて 13 とると, 払って 11 とった, とつて 9 取った, 明けて, 閉じて, 開くと 7 する, 伏せて 6 とる, ひらいて, 開いた 5 あけようと, されて, しながら, しめて, するの, とつた, 取つた, 拂つて見る 4 あけたり, あけました, あげて, したり, とれば, 刎ね, 払うと, 拂ふと, 開けたの, 除って

3 [23件] あけること, しめた, しろ, すると, するよう, つけて, とじて, はらって, 取て, 取りました, 取れば, 取ろうと, 手で, 持上げて, 明けた, 置ききれ物, 載せその, 閉じると, 閉ぢて, 開けたまま, 開けたり, 開けるが, 除る

2 [89件] あけ, あけた日, あける, あけろ, あけ中, あけ火箸, お前は, かけた卓上電燈, かぶせたよう, こじ開けて, さし翳す, しその, したが, したの, したよう, したん, した二ツ, した時, しめぴょんと, しめると, するやう, する音, そつと, つ, はねると, ぱたりと, ひらき針, ひらき鍵, ひらくと, ひらけば, もちあげて, もち上げ, ソッと, ハネる, ホヤに, ポンと, 上から, 下へ, 中から, 丹泉の, 今度は, 仰いで, 伏せた, 傾けて, 剥いで, 取つたり, 取り, 取りて, 取り除けて, 取る, 叩きながら, 向うへは, 唐櫃の, 圧え, 執って, 外して, 張らせて, 払いました, 払いますが, 抜いて, 抽斗の, 持ちあげて, 持ちあげる, 挙げた, 明けましたの, 明け中, 用うる, 留めて, 直して, 細目に, 締めた, 緩くおさえ, 裏返しに, 見ました, 閉じた, 閉めた, 閉めたよう, 閉めて, 開きしに, 開きて, 開き幾重にも, 開くこと, 開けては, 開けば, 開けようと, 除けて, 離るる, 静かに, 頭の

1 [700件 抜粋] あけかけた, あけさせるよう, あけその, あけたいん, あけたこと, あけたと, あけたとき, あけたもん, あけたよう, あけたら美しい, あけた小さな, あけた弓なり, あけた長持, あけっぱなし, あけてさえ, あけても, あけないこと, あけなか, あけながら, あけましたが, あけますが, あけるたび, あけるに, あけるの, あける権利, あけ恐るお, あけ我物顏, あけ甲斐, あけ矢代, あけ黄ばんだ鍵盤, あげる湯気, いじったり, いたして, いたしましたが, いったん宙, いつもの, おさえて, おっかなびっくりの, おろしその, おろしながら, お作りに, お盆に, かき破って, かざしたよう, かざし星, かすめて, かたく閉し, かぶせた, かぶせた大きな, かぶせて, かぶせられて, かぶせ終ると, がたがたしめよう, がらがらつと手荒く, ぎいぎい締めた, ぎりぎりばった, くぐって, こじあけた跡, こじあける, こつこつと, ごとごと動かした, ささげて, さしかける, さしだした, させたあの, させたほど, されたやう, されたん, された敷布, される瞬間, されわ, しそれから, したい煙, したけれども, したなりに, したのに, したま, したもの, した丈夫, した井戸, した儘, した処, した広い, した形, した手頃, した揺籃車, した時俄, した棧俵法師, した灰殻壺, した白紙, した處, した釜, しっかりと, しっかり閉める, してから, してと, してない長持, してやらう, しとしと打っ, しないで, しない小さな, しない茶漬け, しばた, しました, しめいそいで, しめそこ, しめたが, しめた時, しめて去る, しめる, しめるぜ, しめるだけの, し一時間, し釘, すかし, すっと引く, すっぽりと, すべきは, するか, するため, するという, するとき, するまで, するもの, する上, する方, する時, する運命, ずらして, せうと, せずに, せずには, せよと, せんか, そっと開い, そっと開け, そのまままだ右手, そろそろと, そんな風, ちょいと, ちょっとあけ, つくるトップ, つまみあげて, つまんだ, とざして, とじながら, とじ自分, とったとき, とったら妙, とった犬小屋みたい, とった越前守, とつたら, とりあげると, とりて, とりに, とりのけようとして, とりはらう, とりビーム, とり中身, とり出した, とり女学校時代, とり有合せ, とり紗帛, とるぞ, とるよう, とる手, とんとんたたき, ながめる癖, なして, ねじあけ中の, のけると, のしあげようと, はぐつて, はじいた, はずして, はずし死, はずすと, はねのけいきなり, はねのけて, はねのけると, はね上げたやう, はね中, はめて, はめますんで, ぱちんと開き, ぱつと取つた, ひいて, ひっくりかえして, ひつぺがして迄, ひらいたまま, ひらきそっと, ぴり, ぽかんと払った, まだお, もうすぐ明く, もちあげるの, もちあげるよう, やりかけたが, ゆがめた, よく見る, よく調べ, わざわざ開け, ガッチリ閉め, グイと, コツコツ開け, シッカリと, スポンと, パタパタと, パターンと, ピタリと, ピンと, ブスッと, 一つ一つ空け, 一寸開け, 上げそれ, 上げた, 上げて, 上人の, 下から, 下に, 並べて, 主水, 仕直したところ, 仕直して, 何度も, 作って, 使っても, 俺は, 倒に, 傾けた, 傾け合って, 僧都の, 元通りに, 元通り閉め, 兩手に, 兼ねた御影石, 冠せたから, 冠った, 切った, 切つて味を, 切る, 前に, 剥きかへ, 割って, 力まかせに, 動かしたところ, 動かした形跡, 化作し, 十分固く, 半分ほど, 卸しまして, 去って, 反らして, 取ったが, 取ったら何, 取ったり, 取った下, 取った浦島, 取っては, 取つた所, 取つた茶壺, 取のけ冷, 取らないよう, 取られたまま, 取りさ, 取りそれ, 取りのぞきそっと, 取りましたとも, 取りまして, 取り中, 取り去ったが, 取り去ったならば, 取り落したり, 取り落すよう, 取り離したかと, 取るぐいと, 取るの, 取る内, 取る音, 取ッ, 取払って, 取換えて, 叩いて, 叩き出すまで, 叩き置いて, 叩けば, 合せて, 啓けた, 四五寸持ち上げ, 固めて, 堅くし, 壁に, 外ずして, 外づしたやうにあか, 大方まっすぐに, 密封いたしまし, 密閉する, 少しあけ, 少し開い, 巧みに, 差し出した, 平次は, 幾度も, 廻る湯気, 引きのけました, 引き上げし時, 引き上げるには, 引拔いた, 引起せ, 張らずに, 張らせ, 張り橋, 当てがっ, 忙しなく顫わせ, 慌てて, 懐に, 手に, 打ちつけた, 打ちつけたが, 打つ, 打付けて, 払いのけた, 払いますよ, 払うと共に, 払っため組, 払ったよう, 払った丹, 払ってから, 投り出され, 抜きながら, 抱きかかえ彼, 押えおる海賊等, 押して, 押し上げざま, 押へ, 拂つ, 拂つた丹之, 拂ひました, 拂ひます, 拔き取つ, 拡げて, 拵へて, 持たせて, 持ちあげるたび, 持ち上げた妹, 持ち上げた時, 持ち上げて, 持ったまま, 持上げながら, 持上げると, 捩じあけて, 捩ぢ, 掘出して, 採るとき, 掩いか, 掩ひ冠せ, 掩へる, 揃えたり, 揚げて, 揚げ不意, 握れる余, 撤つて濛々と, 擡げて, 支えてた棺桶, 放す, 放って, 整然として, 斜めに, 新三郎に, 明けたこと, 明けたの, 明けたり, 明けても, 明けぬ中, 明けましょうかと, 明けると, 明け放しだ, 月に, 棒で, 殺した, 法水が, 湯気が, 無造作に, 物も, 用いて, 白い実験着, 盆に, 直しきらないうち, 着て, 破って, 破りまさに, 秋の, 突き破って, 突き落し, 米櫃の, 締めに, 締めると, 置いた, 置きながら, 翳して, 膝で, 落したので, 落す音, 蔽うて, 蜂矢は, 蝶番に, 袂に, 裂り, 覆って, 見あげた, 見せる, 見たよう, 見ると, 見るや, 謀主と, 赤く塗っ, 起こし窖, 起す枢機, 跳上げ, 蹴って, 蹴飛, 身に, 載せたるまま, 載せたるまま甲某, 載せる, 載せるよう, 載せ三人, 辷って, 返して, 透して, 運んで, 重しに, 鑵詰へ, 閉ざせりその, 閉じ, 閉じたはまぐり貝, 閉じた猶, 閉じた音, 閉じながら, 閉じ煙草入れ, 閉じ窓, 閉せば, 閉ぢる, 閉めた蝸牛, 閉めながら, 閉めると, 閉めるの, 開いただけでも, 開いたところ, 開いたピアノ, 開いた夫, 開かなかった, 開き, 開きじつに恐る恐る, 開きました, 開きますと, 開きみたるに, 開き星影, 開き棒, 開く, 開くとともに, 開くと共に, 開くの, 開くまいという, 開けしきりに, 開けずに, 開けたと, 開けたまま乱雑, 開けた上, 開けた時, 開けた硯箱, 開けた結果, 開けちや, 開けつ, 開けねば, 開けました, 開けまだ, 開けられた鳥籠, 開けること, 開けるとき, 開けるな, 開けるなり, 開けるの, 開けるまでは, 開ける度, 開ける手つき, 開けろそれ, 開け気晴らし, 開け眼, 開け荷, 開け遺言, 開け黒い, 降ろした無人, 除けると, 隙か, 集めて, 静に, 顱巻で, 高く擡げた, 鳴らした

▼ 蓋~ (478, 13.6%)

50 上に 15 裏に 11 ように 10 隙間から 9 上の, 上を 7 上へ 6 下に 5 ような, 上には, 間から 4 して, 中に, 裏を 3 うえで, しまる音, 上から, 方を, 洋燈が, 裏には, 裏側に

2 [30件] あたりに, あるもの, うら, すでに動揺, ところへ, はしに, コックリと, 上で, 下から, 下が, 下で, 下の, 回転の, 外に, 姿を, 手紙は, 無い盆, 穴から, 紙を, 表面に, 表面を, 裏から, 裏が, 裏の, 裏へ, 錠が, 開いて, 間に, 隅に, 隙から

1 [253件] あいた柳行李, あいだから, あいだに, あく前日に, あく日が, あく日に, あは, あひだ, あるの, ある上手, ある小さな, ある椀, ある皿, ある茶碗, あわぬ半, いる卓, うえから, うえに, おもて, かかった洋燈, くつつき, こわれた本箱, ごと, しかけた行李, しじゆう, ために, ついたもの, ついた四角, ついた大きな, ついた大型, ついた本箱, ついた湯飲茶碗, ついた竹筒, ついた重ね箱, つまみを, ところを, とられた行器, とれた非常箱, ないいろんな, ない半分, ない四号活字, ない埃溜, ない堀井戸, ない掘, ない水瓶, ない泥溝, ない石油箱, ない箱みたい, なかで, なくなった由来, なぞへにな, はまった古めかしい, ふちの, ほか劉唐呂方郭盛など, ほの, まわりから, まん中に, もと, もとの, やうな, やうに, ガラスは, ガラスを, ネジが, 一つを, 一方の, 一方辺縁の, 三色版画の, 上にて, 上にまで, 上へは, 上るの, 下では, 下には, 下は, 下へ, 下宿屋の, 中で, 中は, 中へ, 中ほどが, 乗った旗艦, 乗って, 二人だけ, 二大将が, 二片も, 亡きあと, 付いたもの, 代りに, 住む東渓村, 使いです, 傍には, 傍へ, 内から, 内には, 内側は, 内側へ, 内部に, 切なる, 動きを, 取ツ手, 取手に, 合い加減, 合せ目へ, 合口に, 合口によって, 名主屋敷に, 周囲に, 喩肉慾貪, 垂れか, 声が, 外の, 外れの, 外れを, 外列三片が, 大人の, 奉書は, 奥に, 如き雲, 如くなれば, 如く大形, 如く庭, 如く重く, 小孔, 屋敷には, 左右から, 左右に, 弔い合戦の, 形が, 形を, 彫り窪めた, 後方に, 息づかいは, 意見も, 手を, 手入れにか, 把手に, 把手は, 撤らる, 方は, 旗じる, 旧情が, 明け方を, 書状は, 書簡を, 書面なる, 木材の, 末端は, 本を, 板は, 板を, 梵字を, 棧が, 極意面白, 横面に, 檜木笠を, 深い曲物, 湯呑を, 溝に, 漆も, 澁紙も, 澁紙を, 濡れ光る, 無い, 無い古お, 無い大きく四角い樋, 無い浅い塗盆, 無い硯箱, 無念ばらし, 熱いの, 熱くなる, 熱さ, 珠簾と, 生返辞, 甥と, 男である, 異変, 直径およそ, 真ん中を, 真中には, 眼の, 着たッ切雀, 石を, 破れし, 破片な, 硝子を, 硝子一面に, 礼を, 秘伝を, 秘法が, 秘法を, 端が, 端を, 端即ち, 箱を, 簾から, 簾車は, 紋を, 綱を, 縁には, 置き場所から, 置場所から, 置洋燈の, 美車, 肩に, 脹れぼったいよう, 船は, 色だしに, 菅笠おお, 菅笠とを, 蔭には, 蝶番が, 表は, 表面から, 表面には, 表面の, 表面左右に, 裏で, 裏側には, 裏面正中に, 裡に, 角に, 註文で, 赤い布, 退路を, 逃走を, 運動と, 運動の, 重そう, 重厚で, 金文字が, 釘が, 開きに, 開くかと, 開くと, 間の, 間へ, 闇に, 陣笠を, 隅の, 隙間に, 隙間を, 雪が, 雫で, 霊を, 霊堂で, 静かに, 面に, 頂に, 頭の, 類と, 馬幟を, 馬車は

▼ 蓋~ (263, 7.5%)

20 して 8 あいて, 開いて 3 あって, ついて, 急に, 明いて

2 [20件] あいたので, あった, ある, ない, なければ, 出来るよう, 動くから, 取って, 取りはらはれると, 取れて, 口を, 外れて, 少しばかり, 少し隙, 明いた六日, 明かなかつたので, 腫れて, 落ちて, 開いたの, 開かれた

1 [175件] あいた, あいたから, あくと, あくという, あけて, あけられないよう, あけられるどころ, あけられる予定, あつた, あまり重, ありそして, あるから, あると, あるん, いって, お人, かたりと, かっちり閉め切られ, かねての, かぶさったきり, かぶさって, きつく閉まっ, けいれんする, ごとごとおどる, されおまけ, されたほど, されて, しめてあつ, すこし開い, すすみ出て, そっと上がっ, ただの, とれて, とれる, どうやら原形, どこかへ, ないから, ないで, ないね, なかなか取れなかった, ぱたんと閉じられた, ぱちりとあいた, ひくひく痙攣, ひとりで, ひとりでにヒョイ, ひとりでに口, ひらいて, ふと立ち, へだてて, ぽっかり明いた, まず最初, また続けざま, むく, やがてぴたりと, ゆっくりと, ゆるんで, よく合わぬ, カタカタと, ガタと, ガタガタ跳って, ガタリと, コジあけ, ソロソロ開き, ドッと, ホンノリと, ポンと, 一番強い, 乘つてゐ, 二三寸あい, 二枚だけ, 二重に, 何う, 先手の, 冠せて, 出來, 出口を, 出来たよう, 半ば引開に, 半分に, 厳重に, 取らずに, 取られた, 取れた, 叱ったわけ, 呀ッという, 喫驚する, 坐った, 壇に, 外れそこ, 大変に, 大変重, 小声で, 少し長い, 少し開く, 嵌めて, 嵌られた, 工夫よく, 張り拡がる, 必し, 我手に, 打ちつけてないのに, 打欠け, 拂つてありました, 持ち上がった, 持ち上がりそう, 持ち上がるもの, 持ません, 揺, 擡げられて, 敵弾に, 旨を, 明いたとたん, 明けられると, 明け放されて, 曲って, 曲つてゐた, 曹操などという, 曹操を, 杯の, 添へて, 濡れて, 無くなったり, 無くなつ, 熱くなりました, 現れて, 白く舞いもどった, 目にと, 石の, 神経的に, 篏め込ん, 置いて, 美々しくできた, 耳を, 脱れる, 自ずと上, 自ら鍋と, 自然に, 落ちたの, 落ちると, 蛇目形に, 貼られて, 贈ったが, 起されると, 跳り出した, 躍つて, 載せられた, 退けられた, 遥か彼方, 重い, 重いほど, 重くなっ, 重くなつ, 重く垂れ, 重たくて, 重過ぎる, 鎹で, 閉じられた, 閉つて敷居に, 閉められるわけ, 閉め切って, 開いた, 開いてるて, 開かないの, 開かれたよう, 開きます, 開けて, 開けられた, 開けられた時, 開けられて, 開けられること, 附いて, 陣頭に, 風を, 飛散った, 鳴って

▼ 蓋~ (177, 5.1%)

3 して 2 おのずと開い, さっきから, すぐに, どうした, 一人の, 主人が, 二三尺離れ, 彼の

1 [158件] あいた, あいたの, あけられた, あまり安っぽい, かたわらの, かよわき女性, この一戦, ころころと, こんなとき, ざる棺を, したか, しないで, しめ, じぶん, すきとおったやわらかい, すぐには, せき込むよう, その後に, その美しい, その足, たちまち衣裳甲冑, ついに言った, つい笑いだした, つかつかと, つねに一目, とめてないが, どれも, なく上, はや虫の息, ぱたんと閉った, ふたたび落ち, ほとんど蔭, まさしく手, まさに三寸, またばり, もう開けられない, もとの, やがて言った, やっと腰, やや色, れつ, わけも, わざと怪訝, ギーと, スクスクと, パクリと, 一人ぢや, 一度じゃが, 一旦浮いた, 一見すっかり気に入った, 一返で, 中から, 中高に, 主の, 事の, 二ツに, 今迄の, 他愛も, 何と, 何時の間にか以前, 俺が, 傾いて, 元の, 先に, 先程から, 全部で, 動こうとも, 厚さ何分, 友の, 取りのけられぼろ, 向うの, 地に, 変に, 外から, 外に, 大いによろこん, 大切に, 委細を, 孫堅以来三代呉に, 宋江の, 客舎の, 家の, 密閉された, 密閉し, 少しの, 少し俗, 左右に, 年来の, 彼が, 彼らを, 彼を, 後の, 心の, 必ず小姓, 思わず膝, 悉く上げられ, 慰めて, 所作真盛り, 手を, 拠るに, 捕手の, 撤られた, 早速曹操, 暫時の, 曇りたるもの, 曇りたる蓋, 木を, 来たナと, 枕頭の, 横に, 正確に, 武具兵粮を, 殆ん, 毀れて, 気に, 氷河運動の, 波間へ, 浅い鐘形, 深夜ひとりで, 火の, 無いの, 獅子奮迅し, 珠玉の, 眞新, 着々と, 祭りの, 笑うたんび, 纜を, 船楼に, 苦戦を, 被せ蓋で, 議事を, 身うごき, 身を, 軽い桐材, 近頃秀真, 逃がしたと, 逃げくずれ, 重く彼, 重厚な, 長軸, 門長屋の, 開かれた, 開かれました, 開きました, 開きやしない, 開けたなり, 開けられるで, 間に合わせながら, 陣中の, 霰の, 頃あいを, 顔を, 飯椀を, 首を, 高く碧空, 鳥に, 黄金無垢の

▼ 蓋~ (153, 4.4%)

13 手を 7 なって 6 して 4 釘を 3 なつて, 入れて, 挾まれて 2 かかって, 上絵の, 代うる, 大雅堂, 聚まり光れり, 載せて, 首を

1 [100件] あたつ, あてがう, いかなる因縁, いろいろ粋, かかったとき, これを, した, しても, しますが, すれば, そ, ちょっと載せた, ついた不思議, ついた小さな, ついた花, ついた鏡, ついて, なすった小さな, なった地下道, なってるはず, なると, なるの, なるやう, なるよう, のせられた, はめ込んで, ふれむとしたる刹那, ほんの少し, やがて気づい, わけて, オッ立てた, トビ, 一と, 一両の, 一杯入れ, 万珠の, 下手くそに, 並べて, 之を, 乗せて, 仔細は, 代って, 会わせぬ以上, 体を, 何か, 傷を, 入れ金槌, 凍葉, 凝ツ, 凝集させ, 向って, 喩ふ, 塵も, 女は, 当る首, 御鋪物, 息拔き, 手前が, 持ち添えた懸物, 汗を, 注いで, 浮き上り細く, 為て, 焼きついて, 玄米で, 珠簾の, 白く雪, 百打の, 盛り上げる程, 目を, 相違ございません, 眼張の, 着いて, 短く摘んだ, 移した, 立てて, 紙が, 紛れも, 腰を, 至るその間逓次後者, 菓子と, 落ちられたので, 葺かれた物, 被はれた, 要が, 触れた自分, 触れて, 觸れ, 語ると, 貼りこんで, 貼り重ねて, 軽い接吻, 載せた当時, 重しの, 金を, 電燈の, 颯と卯の花, 食事を, 髪剃, 黄金の

▼ 蓋~ (84, 2.4%)

5 ない 2 あけずに, ありさ, ありません, いまは, ないよ, 呉用も, 底も

1 [65件] あくという, あけないうち, あけッぱなしになっていて, ありそう, あります, ありませんね, ありみを, あれば, おるつもり, おれを, じっとし, ともに裏庭, ないから, ないが, ないて, ないと, ないん, ない娘, ない様, ない話, ない野暮, なく両側, なく支那, ねえが, ねえやああ, また無事, また知ろう, わきかえり拍子, われ鍋に, 中蓋, 人を, 元の, 公孫勝も, 共々に, 内部から, 冷たししらじら, 前の, 包丁も, 合は, 合わぬという, 味も, 嚴重で, 宋江も, 封印も, 念を, 惑うだろう, 持って, 撥飛ばし, 明きません, 無い素朴, 無い興, 無くなりますが, 直ぐ水蒸気, 眦を, 破れようかという, 秘密階段も, 箱も, 素焼である, 胸を, 苦笑し, 重たげであった, 閉じあえずに, 開く, 飛んで, 黙らないし

▼ 蓋~ (42, 1.2%)

3 一緒に 2 呼んで

1 [37件] いって, した, し置くと, そこへ, ぢて, つて, つて見た, なるラムネ玉, ぴったり合う, コップと, 云うばかり, 公孫勝, 公孫勝の, 公孫勝は, 別々に, 副統, 劉唐とは, 古くより, 古靴, 同心の, 名づく, 名づけて, 君たちが, 周瑜が, 地と, 実の, 密談し, 懸子の, 時事を, 籠とが, 自分との, 諺にも, 身とは, 隔ての, 頑固な, 鬱紺木綿を, 鰭とを

▼ 蓋馬車~ (34, 1.0%)

3 の中

1 [31件] から降りたった, がいよいよ, がこちら, がポーチ, が一台, が乗りこん, が庭, が眼, と並ん, と二人, と従僕, と読者, にも似, に三百ルーブリ, に乗っ, に乗つ, に乗りこんだ, に馬, の形, の恰好, の車体, はいよいよ, はガタリ, はノズドゥリョフ, へ乗りかえ, へ乗りこみ, よりは幾らか, を君, を拵ら, を見送っ, を軽々と

▼ 蓋には~ (25, 0.7%)

1 [25件] かなわなかった, ばらばらと, やはり今, ボンネットを, 二つの, 十字架が, 品名と, 塵埃が, 墓窖の, 室町蒔絵の, 少し血, 渋い朱色, 漢文で, 生真面目に, 白い布, 穴の, 良寛遺愛の, 薄い褪紅色, 薔薇の, 観世繕を, 軽鉄, 重いもの, 釘を, 青肉で, 鱗の

▼ 蓋~ (24, 0.7%)

3 あほらする

1 [21件] おさえつける, ぐっと圧, その内面, つづけさま, またし, もし度, ポンポンと, 一部分を, 伏せて, 円い煎餅位い, 塞げると, 差し覗く, 押しつけて, 押して, 構いません, 笑うと, 縁を, 美々しく飾り, 胸へ, 被はれ, 隠蔽そうとしても

▼ 蓋~ (20, 0.6%)

4 手を

1 [16件] かけて, むかって, り, 下に, 乗せて, 伝え充分, 先ず一面, 力を, 向けながら, 嵌込まれたり, 手でも, 楓や, 耳を, 足を, 身を, 酒を

▼ 蓋から~ (19, 0.5%)

2 喰みだし

1 [17件] それを, やがて一本, ボロ, 一方へ, 今暁の, 勢ひよく洩れ, 喬生の, 喰み出し, 埋宝, 弱々しい濁った, 彼に, 打ち傾けて, 空家の, 聞いて, 胴の, 身を, 頼まれて

▼ 蓋~ (13, 0.4%)

2 ほかの

1 [11件] その周囲, はめ板を, また椀, 何かに, 呉用が, 呉用まで, 唇の, 廂に, 引出の, 湯呑み茶碗に, 甘寧

▼ 蓋する~ (12, 0.3%)

2 ことが, 者も 1 ことを, やうに, ような, よと見れ, 四角の, 時には, 次第である, 色男忍びの

▼ 蓋~ (12, 0.3%)

1 [12件] か, だ, てえので, でした, に実, のあの, のひとそろい, の紋, の紋つきちりめん, の紋どころ, を抱きあわせた, 大御番組

▼ 蓋~ (12, 0.3%)

1 [12件] がある, が反, が平開, が白く, のもと, の中央紅色, の中央部, の前, の白花, は元来, は六数, もナンバンカンゾウ

▼ 蓋でも~ (10, 0.3%)

1 あけたよう, したやう, するよう, 何でも, 勤まる, 取るよう, 同じ事, 明けられたよう, 被つて, 閉めて

▼ 蓋まで~ (8, 0.2%)

2 奇麗に 1 お開け, ことごとく凍っ, して, 取って, 突き抜けた鉄骨, 鮮血は

▼ 蓋をと~ (8, 0.2%)

4 つて見た 1 つて, つてがら, つて一杯詰つてゐる, つて見

▼ 蓋~ (7, 0.2%)

2 何かで 1 あるいは円い, 何かに, 御承知, 袋の, 鉄の

▼ 蓋さん~ (7, 0.2%)

1 が仰っし, とわし, の屋敷, は愉快, は昨今, は村名主, までがあっしども

▼ 蓋~ (7, 0.2%)

1 てまし, てゐる, て如何にも, て置く, て腰, て軽く, て露

▼ 蓋にも~ (7, 0.2%)

2 後から 1 これっきりの, これつ, 少し緩み, 皺ひとつなく, 鍵を

▼ 蓋~ (6, 0.2%)

1 てゐぬ, ように, 何本かの, 我から, 男子に, 空が

▼ 蓋うて~ (6, 0.2%)

1 も崇拝者, 他の, 名すなわち, 名定まる, 白布とが, 立上った

▼ 蓋という~ (6, 0.2%)

1 なかなか肯かない, のは, 人物, 国の, 男で, 自分の

▼ 蓋つき~ (5, 0.1%)

1 のもの, の丸い, の器, の小さい, の茶台

▼ 蓋とを~ (5, 0.1%)

2 もって 1 吉宗は, 棚から, 除き去りたる一大巨函

▼ 蓋なし~ (5, 0.1%)

1 に担いだ, のその, の小さい, の錻力, 天界への

▼ 蓋~ (5, 0.1%)

1 て, て世, て彼, 上には, 盡す

▼ 蓋~ (5, 0.1%)

1 に暇, 公孫樹の, 所山は, 楯の, 者

▼ 蓋~ (5, 0.1%)

2 の五趣生死, の門 1 の仏事

▼ 蓋~ (5, 0.1%)

5 の後

▼ 蓋~ (4, 0.1%)

1 を取り除い, 気概また, 玉を, 諸民

▼ 蓋とが~ (4, 0.1%)

1 すっと風, 方なれ, 門の, 附いて

▼ 蓋どの~ (4, 0.1%)

1 か, こそ人, を初め, 同道しよう

▼ 蓋など~ (4, 0.1%)

1 いらん捨てて, こもごもに, 八名の, 見るかげ

▼ 蓋へる~ (4, 0.1%)

1 大楯, 屋上たるに, 微かなる, 紙天井も

▼ 蓋~ (4, 0.1%)

1 取去リテ取出シ, 張ラズ, 煙草盆トシテ煙管ポンポンナドノ便アリ第, 生擒リ

▼ 蓋以下~ (4, 0.1%)

2 の領袖たち 1 はあらためて, もみな片手

▼ 蓋~ (4, 0.1%)

1 からもうよほど, で第, に宿った, 縣の

▼ 蓋~ (4, 0.1%)

1 当周泰, 当徐盛, 当程普, 当蒋欽

▼ 蓋あけ~ (3, 0.1%)

2 のころ 1 に出くわした

▼ 蓋~ (3, 0.1%)

1 つてるやう, へも動かす, へ作つて

▼ 蓋さえ~ (3, 0.1%)

1 して, すれば, 開ける事

▼ 蓋~ (3, 0.1%)

1 がこれ, と思う, と思つて

▼ 蓋では~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, ないか, ないので

▼ 蓋などを~ (3, 0.1%)

1 ささげた行列, するの, 叩きながら

▼ 蓋にか~ (3, 0.1%)

2 かつて嘴 1 かつた

▼ 蓋はれ~ (3, 0.1%)

1 て, て部下, 目を

▼ 蓋もの~ (3, 0.1%)

1 に, をさげ, を開け

▼ 蓋人君~ (3, 0.1%)

1 からは豊川稲荷, から静岡茶, とに贈

▼ 蓋付き~ (3, 0.1%)

1 のスウプ, の箱膳, の茶碗二個

▼ 蓋叫天~ (3, 0.1%)

1 が宛然日本, だの小, とか花旦

▼ 蓋韓当~ (3, 0.1%)

1 などの輩, などの頼もしい, などは味方

▼ 蓋あり~ (2, 0.1%)

1 そうな, て熱湯

▼ 蓋いぶ~ (2, 0.1%)

1 たの, たは

▼ 蓋および~ (2, 0.1%)

1 その上, 手ともに

▼ 蓋された~ (2, 0.1%)

1 ような, 井戸の

▼ 蓋しか~ (2, 0.1%)

1 消ちし, 萌えむ

▼ 蓋した~ (2, 0.1%)

1 ものだ, ベッシュタインの

▼ 蓋じゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 蓋その~ (2, 0.1%)

1 人と, 身を

▼ 蓋だけ~ (2, 0.1%)

1 せずに, 二重にな

▼ 蓋だけを~ (2, 0.1%)

1 別の, 開けたり

▼ 蓋つくる~ (2, 0.1%)

1 やうな, 奴等が

▼ 蓋です~ (2, 0.1%)

2 から水肌

▼ 蓋との~ (2, 0.1%)

1 密閉部から, 間から

▼ 蓋などの~ (2, 0.1%)

1 旗本六七人に, 脹れぼったい眠い

▼ 蓋などは~ (2, 0.1%)

1 さっき捨て, それを

▼ 蓋なり~ (2, 0.1%)

1 小皿なりに, 武蔵の

▼ 蓋なんか~ (2, 0.1%)

1 ありやしない藁筵, どうでも

▼ 蓋にの~ (2, 0.1%)

2 つしり

▼ 蓋のうへに~ (2, 0.1%)

1 やや深い, 薄つ

▼ 蓋はん~ (2, 0.1%)

1 とし, 迄は汝

▼ 蓋ばかり~ (2, 0.1%)

1 だから, どこかへ

▼ 蓋ひし~ (2, 0.1%)

1 暗の, 霧を

▼ 蓋ひたる~ (2, 0.1%)

2 は必ずしも

▼ 蓋ふて~ (2, 0.1%)

1 一瀉する, 寢に

▼ 蓋へり~ (2, 0.1%)

1 アキリュウス後に, 其妻は

▼ 蓋より~ (2, 0.1%)

1 甘眠, 長く食物

▼ 蓋をば~ (2, 0.1%)

1 たんと閉めた, たんば

▼ 蓋を通して~ (2, 0.1%)

1 油煙に, 見える真鍮色

▼ 蓋一つ~ (2, 0.1%)

1 動かさず嘲笑, 動かさず嘲笑うよう

▼ 蓋一枚~ (2, 0.1%)

2 を置い

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

2 の隅木

▼ 蓋人中最下~ (2, 0.1%)

2 之種

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

2 手拭茶碗の

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

1 にいれ, を見つけ

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

2 は公

▼ 蓋宋江~ (2, 0.1%)

1 そのほか, をはじめ

▼ 蓋山黄泥岡白沙塢野雲渡~ (2, 0.1%)

1 などという有名, などという難所切所

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

1 とも付かず, までが私

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

1 に累, の馬幟

▼ 蓋置き~ (2, 0.1%)

1 も大した, を三つ

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

1 の羽織, の馬印

▼ 蓋附壺~ (2, 0.1%)

1 などに見るべき, によい

▼ 蓋附桶~ (2, 0.1%)

2 を十個

▼ 蓋~ (2, 0.1%)

1 に暗, へ松

▼1* [222件]

ありで親も, 蓋あるがゆえに, 蓋いくれたを懌び, 蓋いちめんに薄, 蓋いま深恨断腸, 蓋い被さるのだった, 蓋い隠すことが, 蓋うた深い廂, 蓋うたものであったと, 蓋うていてその, 蓋うて定まる批評は, 蓋うて居るもので, 蓋からも歓迎の, 蓋がるばかりで, 蓋飲み終って, 蓋くし殘る, 蓋こそまさしく蜀帝, 蓋ごとすっぽり蔽われ, 蓋ごとき者の, 蓋さって来る, 蓋さなかつたりする, 蓋さまのお, 蓋さッてい, 蓋しかの二十六名の, 蓋したい気持だった, 蓋口を, 蓋せられている, 蓋せんとする, 蓋以て, 蓋たちは右側, 蓋だけは取らずに, 蓋だったのです, 蓋だってそうだ, 蓋った黒塗の, 蓋っていた, 蓋であろう此の, 蓋といふ道具には, 蓋とつちや見られねえから, 蓋とても夏は, 蓋とになるよう, 蓋とは義兄弟と, 蓋ともいう, 蓋とらえて抛りこみ, 蓋とる窓明り, 蓋とればたちまち, 蓋と共に魯粛も, 蓋のか, 蓋ないよ, 蓋なき古井戸, 蓋なすや緑, 蓋なぞを取って, 蓋などがあるところ, 蓋などという名が, 蓋などとも駈け隔てられて, 蓋などに感じよく, 蓋なら長年の, 蓋にあたる箇所へ, 蓋にがたりと当つた, 蓋についてゐる磁石, 蓋にてそこらを, 蓋にでも何にでも, 蓋になつて八五郎を, 蓋にまで例の, 蓋によって貴下の, 蓋はじめ呉用も林冲, 蓋はといえば, 蓋はどさっと音, 蓋ははッた, 蓋はん事を計, 蓋ばかりに力を, 蓋ばかりのような, 蓋ひ隠さなくては居られない, 蓋ふてゐると云, 蓋ふといふ方, 蓋ふべしと, 蓋ふる未だ乾かざる, 蓋へでも先ず一面, 蓋または茶盆に, 蓋までがこの俺, 蓋みな上げられて, 蓋もろともに落たる, 蓋の賊首, 蓋ざるを, 蓋わが軛は, 蓋わしめ人をし, 蓋われた石垣が, 蓋をわつて, 蓋を以て宮本武蔵と, 蓋開けられるやう, 蓋ゲエテ自身フアウストなどを書かん, 蓋コオフイポツトドウリツピングパンおろしもの, 蓋シ信府統記ノ著者モ国師甲武信, 蓋シ僧侶ハ祈祷ヲ商ヒ, 蓋シ其温泉或ハ湯花, 蓋シ其趣旨ヲ察スルニ, 蓋シ利根ノ本, 蓋シ勝軍利ノ義ニ, 蓋シ天下第一, 蓋シ従来本邦ニ留学スルモノ満支両国青年子弟, 蓋シ木ノ化石ナリ, 蓋シ本年ハ不忍池, 蓋ニ保温室ヲ設クルコトニヨリ, 蓋ニ具ウル保温室内ニ常ニ保温セシメ置クモノナリ, 蓋フ時利アラズ騅逝カズ騅逝カズ奈何スベキ虞ヤ虞ヤ若ヲ奈何ニセン, 蓋ン中へ悉皆, 蓋一味の大, 蓋一杯に泛べたの, 蓋一種の計, 蓋丈人之, 蓋に白獣, 蓋上面に太い, 蓋免從後傅合之, 蓋の第, 蓋という珍, 蓋五体の一つ, 蓋絶テ無, 蓋おくるところ, 蓋人事の間, 蓋人心の理, 蓋の箱, 蓋以下みな手を打った, 蓋以下一党の同勢, 蓋以下六名の共犯者, 蓋以下呉学人公孫勝阮の三兄弟, 蓋以下従来の名だたる, 蓋以下花栄秦明黄信薛永蒋敬馬麟らの寨友たち, 蓋以先作者居前増益者處後作非一時, 蓋以外の部分, 蓋の手口, 蓋偶然ではない, 蓋は彼, 蓋備後辺の人, 蓋六片の中央, 蓋に結び下げた, 蓋其後命婦の斡旋, 蓋凝りて玉帝, 蓋金具煙管など, 蓋前後騎従数十人別に二人, 蓋に入れ, 蓋原文は言語, 蓋自然の, 蓋又は盆を, 蓋取りますでござんす, 蓋取れば圧され, 蓋句集というの, 蓋博士は, 蓋くる也, 蓋呉用公孫勝などもみな居, 蓋呉用劉唐公孫勝らの四名, 蓋呉用宋江などのほか, 蓋呉用宋江ほかあまたの領袖たち, 蓋呉用宋江らの並び, 蓋嗚尊のスサ, 蓋四輪輾リ去ル者ハ華族ナリ, 蓋は鉅燕, 蓋国主は栗栖, 蓋戟長, 蓋大人をすえ, 蓋天王が枕元, 蓋天蓋地の大, 蓋夫子自道, 蓋元帝, 蓋宋江ともに異議, 蓋宮炎上のあと, 蓋居候の赤髪鬼劉唐, 蓋らしく思われる, 蓋常識は凡識, 蓋平に一宿した, 蓋におしめ, 蓋当然の事, 蓋之霊, 蓋患難は忍耐, 蓋戲曲の質, 蓋所謂窃礼之不, 蓋旌旗をまん中, 蓋日の本は夫, 蓋より先, 蓋普通はその, 蓋有諸家増益用廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 蓋松これも三蓋松, 蓋のもの, 蓋此家の用人, 蓋水口祭りに招ぎ, 蓋涼しげに一輛, 蓋淪於塵俗而莫之覺也, 蓋俗見, 蓋熊襲の都噌唹城, 蓋の屋根, 蓋独楽薄い板, 蓋猩々緋の一段幡連, 蓋の長女, 蓋の體, 蓋畳むに石, 蓋此地, 蓋白馬金鞍の親衛隊, 蓋取除, 蓋累代の家, 蓋終其先志也余亦与, 蓋統領以下寨のお, 蓋総出だろう, 蓋總出だらう, 蓋老病床に苦吟, 蓋腱反射は両側, 蓋皆熊, 蓋戰於升, 蓋花栄呂方郭盛のともがら, 蓋蓮華の闇, 蓋衣裳つづらすべて印のある, 蓋かはれる, 蓋り沢山, 蓋試合をはじめた, 蓋近き要処, 蓋逍遙子が能くもの, 蓋閉したる風琴の, 蓋閉ずるより早く, 蓋の支那茶碗, 蓋附き開閉器に, 蓋陛下の心, 蓋霊車を崇め, 蓋風呂敷の装置等, 蓋馬車そのものであつ, 蓋魂魄者其主而霊者而已矣故二気消散