青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「解~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺 覺~ 觀~ ~角 角~
解~
~解い 解い~ ~解らない 解らない~ 解剖~ ~解放 解放~ ~解決 解決~ ~解釈

「解~」 2665, 29ppm, 4069位

▼ 解~ (599, 22.5%)

64 して 13 すること 9 すると 8 すれば, を加 6 するに 5 されて, すべきもの, である, の出來, をし, を下し 4 したもの, しようと, するの, せなければ, に關, の仕方, を附

3 [11件] が出, されるやう, したの, しなければ, するが, するとき, せられて, に於, をする, を下す, を與

2 [18件] したよう, しては, するため, するより, するを, する人, であるが, と創意, と違つて, による, によれ, に從, に從つて, のし, はまた, は出, を下した, を含ん

1 [364件] あり, ありて, ありと, いづ古, かと云, から一切顧野王, か如何, があつ, がある, がつき兼ねる, がつく, がまた, が主, が何, が到底, が前述, が多く, が徹底, が果して, が正しい, が減つて行つて, が爾, が經文, が要領, が變つて來, が載, させるやう, されずして, されたので, されたらこんな, されては, されてを, されなくなつ, されなければ, されまして, される, されること, されるでありませう, されるの, され易い, され闡明, され附會, しかない, しか持たない, しがたい, しそして, した, したあの, したい, したいの, したか, したかといふ, したかを, したが, したこと, しただけ, したと, したので, したり, したるかは, したると, した一つ, した人, した伊勢, した工夫等, した所, した方, した相, した結果, しても, してやらうと, してるの, しながら, しました, しまた, しよう, し剩, し原則, し又, し國人, し太子攝政時代, し失敗者, し度, し得, し得たの, し得たので, し得たり, し得べしと, し得べし承久二年正月十四日, し得よう道理, し得る, し得るかが, し得るに, し得るの, し得るので, し我, し批判, し文字通り, し旁, し狩谷, し盡, し直した, し記憶, し難い, すべき本, すべき鍵鑰, すべくあからさま, すべくして, すべし, する, するかは, するがい, するといふ, するところ, すると共に, するならば, するには, するので, するのみで, するやう, するよう, する上, する事, する側, する必要, する意味, する樣, する程, する能はず, せざる可ら, せしめ疑はず, せむとしたりするが, せむとする乎, せようと, せらる一, せられざりし者, せられたの, せられたは, せるもの, せる者, せんと, だつたか, だと, だらうと, であ, であつ, でありますが, であるかは, であるかも, であること, であるしかし, であると, でこれ, です, ではなく, では國語, では錦, でも附會出來, で一見, で即ち, で恐らく, で滿, で説卦傳, といふべき, とかが一層, としては古い, としては面白い, として今日, として僕, として先, として初めて, として必要, となつ, とはいへ, とは認められない, とは顧野王, とも視るべき, とをともに, とを説き, と思はれる, と批評, と指導, と相, と眞率, と私自身, と速, など, なら勝手, なり創意, に, にちよ, についてあらゆる, についてまだ, について多く, につき, には偶然, には自信, には詩, には醯醯是呼召, にも近づかう, により又は, に二人, に依, に依れ, に修正, に傾い, に全力, に勉め, に勢力, に及び, に困難, に在, に委す, に存ずる, に對, に就き, に局, に忙殺, に據, に於い, に日, に本, に止まらず, に爲, に由れ, に當, に疑問, に目標, に至つて, に苦, に苦しむ, に苦むところである, に過ぎず, のあり, のしきれない, のつきかねる, のなか, のまま, の一定, の今, の介在, の仕, の仕方そのもの, の付かない, の分裂, の困難, の成れる, の方式, の方法, の概念, の次に, の當否, の詳略, の誤り, の謂, の通り, の過程, の重任, はあるまい, はいかにも, はすべ, はせられる, はたしかに, は人, は今日, は僕, は儒家, は充分, は先生, は全く, は前漢經師, は可, は存在, は尤も, は後世, は必要, は恐らく, は支那, は文字通り汗牛充棟, は木曾出身, は未だ, は本論, は決して, は絶えず, は西洋, は要するに, は誤つ, は諸, は間違つて, は附會, は騷ぎの, ばかりし, もつけられなかつた, も一應, も出, も加, も加わり, も取扱方, も生れ, も着き, も經傳, も違, やら意味, や指導, よりももつ, をあな, をあらかじめ, をした, をしない, をすれ, をその, をつけ, をとつ, をなさらず, をなし得べき, をも含ん, をトマス・アクイナス, を一定, を下さう, を下された, を主として, を亨, を今日, を作つて, を其儘, を包含, を可能, を喜ん, を得ざりし, を得たる, を得よう, を得る, を悉く, を探求, を施す, を普通梵語, を有し, を本, を求むる, を求め, を求められた, を求めん, を爲, を異に, を省い, を示すべし, を種々, を索め出し, を聞く, を致さね, を與へた者, を補つた, を要せざるべき, を許さ, を許す, を試, を試み, を試みん, を話し, を誌, を誤つた, を附ける, ヲ目的トセルモ, 即ち一定

▼ 解つて~ (340, 12.8%)

18 ゐる 16 ゐた 14 ゐるの 11 居る 9 ゐるん 8 ゐて 7 ゐるが, 居ります, 居るよ 6 ゐると 5 ゐても, ゐるぢ, ゐるよ, 居るが 4 ゐたが, ゐないの, ゐます, ゐるやう, ゐれば, 居るぢ 3 たまるもの, はゐる, ゐるから, ゐるさ, ゐるだけ, ゐるので, ゐる筈, 居ても, 居るの

2 [16件] よ, ゐたの, ゐたん, ゐましたので, ゐますので, ゐますよ, ゐら, ゐるけれど, ゐること, ゐるで, ゐればこそ, 居らぬ, 居りますが, 居るん, 来た, 来て

1 [134件] ありがたいが, からは彼女, からもヘエ, きたので, きた今度, くる, しまつ, そしてせめて, たつて, はならない, はゐます, はゐません, は困ります, は居ない, は居なかつた, は翻訳, も, もくれます, もそれから, もらひたいやう, もらへるかも, もらへると, もわざと, も事実, も呉れまい, も大, も平次, も縛る, も解らん, も證據, も身許, やつて, やらうと, よく種々, ゐたとでも, ゐたので, ゐたわよ, ゐた母親, ゐた決して, ゐた筈, ゐた筈ぢ, ゐた結局, ゐない, ゐないかといふ, ゐないこと, ゐないだらうが, ゐないと, ゐないので, ゐないのね, ゐないもの, ゐなかつた, ゐなかつたが, ゐなかつたと, ゐなかつたの, ゐましたよ, ゐますけれど, ゐますわ, ゐられて, ゐるかつて, ゐるかといふ, ゐるからして, ゐるからと, ゐるからね, ゐることぢ, ゐるこれ, ゐるし, ゐるため, ゐるだらう, ゐるだらうな, ゐるだらうね, ゐるとも, ゐるなどと, ゐるならあつし, ゐるならなぜ, ゐるに, ゐるもの, ゐるもん, ゐる三島, ゐる事, ゐる人々, ゐる位ひなら滝, ゐる体験, ゐる彼, ゐる筈ぢ, ゐる部分, ゐる限り, ゐる鬚, をる, 呉れたら従来通り浄, 呉れ人, 在しつて, 嬉しいのよ, 居た, 居たわけ, 居たんで, 居た積り, 居て, 居ない樣子, 居なかつたの, 居ます, 居ますよ, 居らぬと, 居りましたけれど, 居りや, 居るお前, 居るから, 居ること, 居るならどうして, 居るなら先刻言, 居るのに, 居るやう, 居る事柄, 居る実に, 居る實, 居る心配, 居る或は, 居る積り, 居ればこそ, 改めて入念, 来たが, 来たの, 来たので, 来た様, 来る, 来るから, 来るだらう, 来るで, 来るに, 来るの, 来る傑, 来る気, 来る言葉, 見ると, 頂くため

▼ 解つた~ (211, 7.9%)

2215 ものぢ 13 やうな 98 んです 7 か八, でせう, んだ 3 が, であらう, ものだ, やうに, よ八, んで親分 2 かね, からもう, か君, か石本, が名, ぞな, ね, もンぢ, やうな解らない, んで

1 [85件] あの純真, あの花, えらいもう, お酒飮, かいあれ, かい何, かい爺さん, かい皆, かい石原, かお, かどう, かも知れない, から, からこ, からそれぢ, からだ, から早く, から明日, かガラツ八, かツ, かネ實, か出し, か味噌, か平次, か珊五郎, か馬鹿野郎, がとにかく, が三人, が宇三郎, が校長, が此奴, が照吉, けれども依然として, けれども此, ことだ, ことです, ことと, ことは, さ, し時々, ぜ, それにまたどうしても, ぞ, ためしがなく, だけで, だけの事, つもりだ, つもりに, で有らう, といふ話, といふ風, とお, ときに, ところで, としたら, としよう, と独り言, と私, と言つた時, どころで, どんなに内地化, ならば, なら私, のかい, のでせう, のでてれ, ので取り, ので彼, ので悉達太子様, ので此方, ので漫然と, のに彦太郎, ものと, もんぢや, やうで, よこれ, よ先, よ平次殿, よ東作, よ鞍掛宇八郎, わけだ, わけは, 今食つた餅, 筈も, 頃には

▼ 解~ (146, 5.5%)

11 水が 6 水を 4 御所と, 水に, 水の 3 跡に 2 ような, ように, 外に, 御所で, 水で, 水は, 設題たるのみ, 雫が

1 [98件] あとは, きざしを, ごとき意味, ごとく, ごとく解け去ったであろうが, しずくで, した跡, ために, ない者, にじみ道, ぬかるみに, ひどい庭, みちの, わからぬま, 中を, 事との, 二句である, 人ある, 仙な, 仙去であった, 作用が, 又変った, 収斂円が, 古註, 句は, 号令を, 埋合せ, 場所五カ所難解の, 塩尻に, 大部分, 如きも, 如く溶け, 始末も, 季節に, 川水を, 序に, 庭を, 悪路, 文, 方が, 日で, 日に, 日は, 春の, 時分と, 時分の, 正を, 水と, 水については, 水や, 水泡はも, 水量に, 水音が, 水音を, 河原その, 沼の, 泡立つ流水, 波の, 泥が, 流れ, 深さ, 滴が, 滴りが, 為に, 物音を, 田居に, 田舎道は, 町を, 痕が, 穴の, 端緒を, 第一ニ候, 結合, 自然にも, 蒼白い水, 解説, 語意に, 課題だ, 談が, 賀の, 跡と, 跡には, 跡の, 路に, 途を, 道が, 道の, 道を, 遲い, 里道を, 雫すれ, 雫や, 音は, 頃なら, 頃に, 頃は, 頃偃松が, 黒い山肌

▼ 解~ (83, 3.1%)

4 が云った 2 という男, は云った, は兵部, は自分, を見た

1 [69件] が, がそっと, がそんなに, がひとり異, がまったく, がやがて, が三人, が促した, が口, が思い当る, が自説, だった, で, でございます, でした, ですが, という人物, という名, とが振向いた, とつづい, と云う, と刑部, と腹心, と親交, など取り, につかえ, になにか, にはまだ, のこと, のふたり, の両, の付人二人, の家柄, の屋敷, の年, の臣平尾, の要求, の言葉, の許, の説, の頭, はあと, はさすが, はそう, はそれ, はたしなめた, はなお, はまだ, はもう, はモウ六十, は一ノ関, は去った, は口, は吉岡, は呼び集めた, は奥山大学, は東照宮入国, は正面, は炎, は物蔭, は言うまでもなく, までが四つ巴, もあと, もさすが, も名古屋因幡守, も秀次, を抑えた, を評定役, 大番頭石川内蔵允

▼ 解する~ (79, 3.0%)

7 に苦しむ 4 に苦しんだ 3 に至った 2 か, かの問題, ことが, にはその, に於, に苦, に苦む

1 [51件] かどう, かを確め, か中田法学博士, か否, ことの, ことは, ところでは, ところの, ところは, とすれ, とて髻, と多少, などいう, にあらず, にそ, になく, になん, には, にはいと, にはこれ, にはどうしても, には堂, にも一, にも苦しみまする, に不思議, に人, に全く, に強, に必要, に至つて, に至ら, に至らしめた, に至らず, に至り, に至る, に至れり, に苦しまざる, に苦しまし, に苦しむなり, に苦むなり, に足るであらう, に難う, や否, よりほか, より以外, を至当, を要せず, 意味において, 所ならじ, 時以上の, 限りに

▼ 解~ (67, 2.5%)

9 して 2 おこして, せがみました, 与えて, 元と, 要するまでも

1 [48件] あたえて, いい表わす事項, うけその後当時越路太夫, しませうか, するの, するもの, せがみます, せがむと, せがんだの, もつかと, 下さんこと, 下すに, 与えること, 与えるの, 付するの, 伴ふ, 務め其の, 参照し, 反駁した, 取るも, 受ける事, 待って, 待つて, 得たり, 得ること, 必然ならしめ, 恐れて, 懐ろから, 提出し, 教えて, 早め合うだけ, 書いて, 正しとして, 求めること, 流す千曲川, 皮やや, 示して, 経て, 考え合せて, 考慮外に, 聞くの, 聴くの, 聽か, 補ふ, 見てさえも, 試みるの, 試み責, 読みて

▼ 解しない~ (60, 2.3%)

2 やうな, わけに, 作家が

1 [54件] からだ, からで, からである, からでしょう, ことに対する, こと夥しい, これは, それは, ためで, ため路傍の, でかの, でしまう, では置かない, でも物理, で大体, として冷遇, と云, と云う, と云ふよ, と見える, のか, のだ, ものだ, ものである, ものと, ものは, ものも, ように, 一味の, 一般の, 下劣な, 人々の, 人の, 人ほど, 俗物な, 僕が, 半面でございます, 商人は, 奴ばつかりだ, 子供の, 専制主義者官僚主義者軍国主義者を以て, 山の, 手合であり, 抽象論者だ, 方々は, 様な, 歳頃である, 犬忠義という, 畜類の, 異人達は, 者が, 見方である, 醜悪な, 金力家は

▼ 解から~ (52, 2.0%)

4 ないの 3 ないと, なかった, なくなって, ぬ 2 せないよう, ない事, ない解

1 [30件] ない, ないある, ないかは, ないから, ないが, ないけれど, ないまま五日十日, ないまま間, ないもの, ないよう, ない呟く, ない國, ない気, なくなったまま, なくなります, なくなる, なくなるぢ, ぬお話, ぬからである, ぬこと禪僧, ぬぞ, ぬとこ, ぬまま, ぬ何, ぬ内, ぬ証拠, ねえの, んが, んけになあ, んで

▼ 解~ (46, 1.7%)

8 てます 4 たかい 3 たかと 2 てくる, てくれ, てくれた, てしまふ, てる, てるよ確乎と

1 [19件] たかね, たかへ, たらしかつ, たらしくき, たらしく彈みきつて家, ちやゐる, ちや居ない, てくれたら, てくれない, てくれます, てくれる, てしまひまし, てしまへ, てみり, てるよ, てる話ぢや, て下さい, て下さる, て頂き

▼ 解~ (43, 1.6%)

2 本を

1 [41件] いずれも, いたも, いたも騒がしく, いろいろに, かうである, かうも, かつて全く無かっ, きわめて簡単明瞭, こちらが, この点, この用途, しかし極めて, しないでよ, すべて孔子が, すんで, そうでない, その, ふりて, もう自然, 一たび失ひつる, 不思議に, 以て, 全くこれ, 大和を, 少々閉口, 常識的には, 形式からと, 得られそう, 成り立たない, 或いはまちがい, 散文, 時に外面的, 有り得ない, 物理的あるいは, 疑わしく定義, 簡潔で, 英辭書の, 角に, 許されない, 通らない, 面白からう

▼ 解つたの~ (38, 1.4%)

5 である, であるが 3 です 2 か, だ, でした, は

1 [17件] かと思ふ, か決して, さ, だえ, だが, だけれど, だらう, ですか, では, はせん女さん, はそれ, はそれ丈, はたつた, は手柄, は斯, まごつきは, よ

▼ 解~ (32, 1.2%)

3 よれば 2 して, 従はば

1 [25件] かかったが, かかって, なお瓦, なりましたで, なりますまいよ, よったに, よると, 反對, 古本に, 引いた, 引ける古本, 引ける孔安國, 役立つ事例, 従うべきもの, 従ふと, 曰水は, 汚れた足, 漢以來諸家の, 無理が, 狐犬に, 石ころが, 移る過程, 至りて, 辛苦する, 過ぎない

▼ 解~ (32, 1.2%)

5 を施し

1 [27件] がし, が追求, する, だけで成り立った, だけに満足, といえ, と称する, と証明, において何等, については和算家, には力めた, によって判断, による韻文, に於, に趣味, に関するもの, はある, はし, はする, は後, は必ずしも, も出, をあ, をさし, を廃, を記した, を試みる

▼ 解~ (30, 1.1%)

4 して 2 ひどいから

1 [24件] あった, あり得る, ある, あるかも, あるが, あれば, したと, すんだばかり, なければ, はじまって, わからないの, わからんよ, 交代で, 優劣の, 古本に, 善い, 困難である, 子供の, 幾通りでも, 手に, 煩を, 省略された, 聞きたい樣子, 聽き

▼ 解つてる~ (22, 0.8%)

5 のは, よ 3 から, ぢや 21 といふこと, わ, んだ, 積りだ

▼ 解~ (22, 0.8%)

3 して 2 である

1 [17件] が同一, さるべきもの, されたり, したり, しなければ, し得るで, し能, すべきもの, すること, する如く分析, する機會, せられて, とともに古い, とともに社會, のアホリ, を免れ, を論證

▼ 解~ (20, 0.8%)

1 [20件] がそこ, が出はじめた, が天龍川, が春, が注ぎこみ, が絶え間, が薄く, であるが, ではある, とどろきたぎち昨日, との中, に浸り, の出盛りである, の川, の終わろう, の閃き, の音, は毎年三月中, を合せ, を送り下す

▼ 解くる~ (18, 0.7%)

1 [18件] ことあり, ことなく, こと無く, とき, なり, につれてかなた, まではここ, やうに, ように, をお待ち候, を待たん, を笑われ, 心は, 日に, 日まで, 日を, 氷柱の, 状地の

▼ 解つて來~ (14, 0.5%)

42 ました 1 た樣, て, てそれ, る, るに, るやう, るよ, る樣

▼ 解~ (14, 0.5%)

2 せざる可, せらると 1 されるまでには, しその, したら現在個人, しないと, せられざるもの, せられぬ以前, に対して大, に對, は多く, は神話学研究

▼ 解~ (14, 0.5%)

4 に向 2 だとか, だの苦痛, に向いなさい 1 したわけ, に向っ, に向わなけれ, 無因

▼ 解つたら~ (12, 0.5%)

1 [12件] うに, お前も, 何も, 又もと, 友は, 如何で, 平次は, 松五郎も, 歸れ, 母は, 親分も, 首を

▼ 解~ (12, 0.5%)

42 てるよ 1 たかね, たでせう, てるん, てゐ, てゐた, てゐるじ

▼ 解~ (12, 0.5%)

1 [12件] が分かった, が分かりました, が含まれ, が得られる, だけを知っ, となっ, と云う, のよう, は決定, を得る, を発見, を示さず

▼ 解~ (11, 0.4%)

2 焼酎を 1 あらう, 一しお寒, 必語原は, 水かさが, 水が, 水嵩の, 流された橋, 言語を, 述べた通り

▼ 解~ (10, 0.4%)

1 される事, したので, した時, する事, の処分, の威嚇, や一般解傭, を云い渡し, を請う, を通告

▼ 解~ (9, 0.3%)

2 になる 1 つつある, てしまつて, て其の, て無数, て腐敗, になっ, 下さりませ

▼ 解~ (9, 0.3%)

1 が出, に注し, は出し, を上し, を出し, を出した, を取つ, を携え, を註し

▼ 解~ (9, 0.3%)

1 したばかりの, するであろう, するの, に象り, のなか, の時, の期, の渦巻き, を待っ

▼ 解院殿~ (9, 0.3%)

2 の位牌, へかの, よりも出格 1 の御, の御代, 同肥後守光

▼ 解すれ~ (8, 0.3%)

21 ばこの, ば不幸, ば戰, ば觀行, ば誠に, ば起行

▼ 解~ (8, 0.3%)

2 どかと 1 くれたこと, 一儀に, 下さった方, 取せ其兒, 右手に, 打笑い

▼ 解~ (8, 0.3%)

1 云う卦, 冬の, 參照し, 異なるところ, 言った, 訳文を, 限られたわけ, 雪解とで

▼ 解~ (8, 0.3%)

2 ている 1 た, たヨ, た何, た者, た解ッ, ているだろう

▼ 解由店~ (8, 0.3%)

5 の刑部屋敷 1 と云った, の一軒, へ続々

▼ 解かった~ (7, 0.3%)

21 かの, のでございます, ので御座います, ような, 上は

▼ 解~ (7, 0.3%)

1 つまりは, なしに, 何のその, 出て, 後に, 提出せられ, 蓄えられますゆえ

▼ 解死人~ (7, 0.3%)

1 として死罪, として死罪申付者也, とやらに立とう, に立たなけれ, に立つ, に立とう, は免れぬ

▼ 解かっ~ (6, 0.2%)

1 てい, ていない, ていましょう, ていませぬ, ている, て参りました

▼ 解しよう~ (6, 0.2%)

4 とした 1 と解すまい, によっては人生

▼ 解~ (6, 0.2%)

1 が伊豆, であった, の作品, の文学, の歌詞, は未

▼ 解氷期~ (6, 0.2%)

1 になる, に上流, のベーリング海, の潮力, をまつ, 近き松花江見ゆ

▼ 解~ (5, 0.2%)

1 た, た風, ている, なん, るが

▼ 解~ (5, 0.2%)

1 とか釋名, に, には, をそれ, を書きいれ

▼ 解由様~ (5, 0.2%)

1 と, に対して九兵衛, まで戦死, もとう, を御

▼ 解~ (5, 0.2%)

2 の年 1 したこと, の事, の東徙

▼ 解かむ~ (4, 0.2%)

1 とする, 便と, 波の, 為何もかも

▼ 解からず~ (4, 0.2%)

1 にそのまま, に唯, また貴, 又面白い

▼ 解かりました~ (4, 0.2%)

1 がその, がそれ, わい, 解かりました

▼ 解かる~ (4, 0.2%)

1 ことである, ことに, と, のでした

▼ 解くれ~ (4, 0.2%)

2 ばふる, ばもと

▼ 解しか~ (4, 0.2%)

1 あり得ない場合, ぬるので, ぬる点, ぬれど

▼ 解するなら~ (4, 0.2%)

1 ば, ばその, ば大, 差支ない

▼ 解つた解~ (4, 0.2%)

3 つた 1 つたから

▼ 解つて貰~ (4, 0.2%)

1 つたつて, はない, へりや, へるだらうかといふ

▼ 解~ (4, 0.2%)

1 対手であった, 男だ, 疑惑に, 行動に

▼ 解~ (4, 0.2%)

1 問の, 男は, 第二候, 義を

▼ 解~ (4, 0.2%)

1 に於い, の趣旨, を讀ん, 中の

▼ 解~ (4, 0.2%)

1 されて, の上, 停任, 猶在

▼ 解由家~ (4, 0.2%)

1 とは反対, にとって重大, の当主, の後

▼ 解~ (4, 0.2%)

1 される, しこれ, し得る譯, せずとも

▼ 解釋出來~ (4, 0.2%)

1 たと, ぬと, るが, る例へば

▼ 解釋法~ (4, 0.2%)

1 は今日, は大抵, を云爲, を以て大師

▼ 解つたらう~ (3, 0.1%)

1 か, がなう, な

▼ 解つた人~ (3, 0.1%)

1 でお, で平生, と話し

▼ 解つた心算~ (3, 0.1%)

2 だが 1

▼ 解には~ (3, 0.1%)

1 信濃國には, 大蔵を以て, 孔安國の

▼ 解~ (3, 0.1%)

1 が建立, は出来, を熊本城外

▼ 解~ (3, 0.1%)

1 して, せらる, たり

▼ 解由左衛門~ (3, 0.1%)

1 すなわち足軽大将, に下った, も任地

▼ 解~ (3, 0.1%)

1 では, に訳し, の言

▼ 解秋和尚~ (3, 0.1%)

1 からそして, から眼薬, に初相

▼ 解~ (3, 0.1%)

1 したり, して, に非ずし

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 ねばいつま, むともがきゐるプロメシュウスと

▼ 解かりに~ (2, 0.1%)

1 ならぬかも, なります

▼ 解かるべき~ (2, 0.1%)

1 に余, 時を

▼ 解くま~ (2, 0.1%)

1 も惜しん, も胸占

▼ 解ぐれ~ (2, 0.1%)

1 そうだった, て行く

▼ 解けっ~ (2, 0.1%)

1 このない, 風呂敷を

▼ 解しきれない~ (2, 0.1%)

1 矛盾が, 顫動が

▼ 解つたわ~ (2, 0.1%)

1 よ, よ関

▼ 解つた上~ (2, 0.1%)

1 で快感, は此屋敷

▼ 解つた例~ (2, 0.1%)

1 しが, はなかつた

▼ 解つた君~ (2, 0.1%)

1 のあの, の心地

▼ 解つた様~ (2, 0.1%)

2 な気

▼ 解つた男~ (2, 0.1%)

1 だつたの, といふ腹

▼ 解つた話~ (2, 0.1%)

1 はそれつ, をし

▼ 解つた高等科~ (2, 0.1%)

2 の生徒

▼ 解つてそれ~ (2, 0.1%)

1 が面白く, も若い

▼ 解つて了~ (2, 0.1%)

1 ひましたよ, へば何

▼ 解という~ (2, 0.1%)

1 人あり, 順で

▼ 解として~ (2, 0.1%)

1 マイヤーは, 最良で

▼ 解なく~ (2, 0.1%)

1 て気持, 然せず滅せず

▼ 解によって~ (2, 0.1%)

1 使って, 改造が

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 という点, のです

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 なくなったよう, なくなっちまうん

▼ 解元李西涯等~ (2, 0.1%)

2 と朋友

▼ 解决者~ (2, 0.1%)

2 は寧ろ

▼ 解夫婁~ (2, 0.1%)

1 といふ王, の解

▼ 解子氏~ (2, 0.1%)

1 の言葉, の長篇小説

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 には間, の板

▼ 解得し~ (2, 0.1%)

1 継承し, 繼承し

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 にもか, の泉

▼ 解模様~ (2, 0.1%)

2 を胸高

▼ 解消せられなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 したり, すべき組版

▼ 解版女工~ (2, 0.1%)

1 であるアサ, の失業

▼ 解由母~ (2, 0.1%)

2 お柳

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 となりし, のからだ

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 が不可能, スルニ足ラザレバ師ニ就テ之

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 し続いて, は冬

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 と云, をし

▼ 解~ (2, 0.1%)

1 の説, をつい

▼ 解釋たる~ (2, 0.1%)

1 に對, に過ぎず

▼ 解院殿存じ~ (2, 0.1%)

2 寄らざる御

▼ 解體的要素~ (2, 0.1%)

1 の作用, を引去

▼1* [301件]

あらば教, 解あるらしう二人は, 解いちやいけない, 解えて見ねえか, 解えるけれども小説, 解かけた風呂敷包混雑に, 解かっしゃれ, 解かって心から感心, 解からず泣く事も, 解からもかつて一つ, 解からんテヤ, 解かりかねて面白く, 解かりじゃろうが武辺, 解かりませぬが, 解かりませんが大層, 解かりませんでしたけれど其日, 解かり切っている, 解きけるがなお, 解きなさるべきではありませぬ, 解くるささやき滋し, 解くるも清々し, 解ぐして馬, 解ぐす資格が, 解ぐれつの肉闘, 解ぐれるような, 解ぐれればあと, 解けっこ無いんだ, 解しながら, 解させ逐年長閑さ, 解さるべき時代である, 解される知るものは, 解しかけてゐた, 解しかたが小林秀雄氏, 解したのである, 解しなかったらむしろ不自然, 解しゃくやくふうによって演技, 解しゃく演技者のく, 解し得ないものであった, 解する如く蕪村は, 解せり地二七・二五以下に, 解後でも, 解たかったので酒, 解ぜ, 解つたお前此頃松公に逃, 解つたすべて世間師は生活, 解つた七ツ釜立神岩などの奇勝, 解つた丈で歌, 解つた上去年二百十日の翌日, 解つた上家搜しを, 解つた事を嬉しく, 解つた今指さして, 解つた位のもの, 解つた和尚さんで有, 解つた女で加之, 解つた室を見なさい, 解つた所がある, 解つた敬坊万歳どなたも幸福, 解つた方で, 解つた日には出, 解つた時に爺さん, 解つた時家中の者, 解つた時清左衞門は到頭, 解つた時私の感じた, 解つた松葉屋のお, 解つた樣な氣, 解つた樣子です, 解つた気もちになつ, 解つた氣がした, 解つた爺さんだらうと, 解つた積りです, 解つた自分の一生, 解つた解つた君の心地, 解つた訳だつたが, 解つた静かな心, 解つた頭で時に, 解つた風に無分別, 解つてなんだ馬鹿, 解つてびつくりしましたが, 解つてらあね, 解つて主人の重, 解つて了ふんだからネ, 解つて二人の仲, 解つて俺は下手人, 解つて千山の途中, 解つて奇遇に驚いた, 解つて彼は返, 解つて急にお, 解つて歸さうと, 解つて毒を用意, 解つて涙が出る, 解つて涙声で, 解つて確になりはなつた, 解つて私は吻ツ, 解つて紺羅紗の煙草入, 解つて蔓を解いた, 解つて裸体美の一向, 解つて身を入れ, 解つて高等學校へちやん, 解ても癖直しを, 解であるかまたは, 解ではある, 解といふのは, 解とか水温む, 解とで往来難渋の, 解と共に永久不滅である, 解ないところだ, 解なかったとの, 解なされ候はば, 解などが加つたと, 解などはいま宋学流行の, 解などを拔き出し, 解ならいって, 解なりと言い, 解なりとて全文, 解なれどもしかし, 解にて善き怒り, 解にも全く此, 解に従って置きたい, 解のみづのたぎつなるらし, 解べきと摺り, 解ほぐしてその, 解ます夫や, 解み込めないらしく中味を, 解霜の, 解なった, 解らいでか, 解るこつちやない, 解ちよる, 解イテ見ヨウ, 解カレル一歩前ニアリ折角ノ名誉ト富, 解キ褌ヲ脱, 解クニ足ラズ解疑スルニ足ラザレバ師ニ就テ, 解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ尚未, 解ゲデセエ鯡ゴト日當りの, 解シテ始テ其裁判ハ悉ク情理ヲ尽シタルモノト謂ハザル可カラズ, 解シ得ルカ得ザルカノ小學程度ヲ以テ國民教育, 解セズシテ後レタル彼等ノ貴族的中世的特權, 解待ッテ大事一挙コソ上策, 解ないわ, 解万宝大雑書, 解は朱子, 解滴りに, 解下ろして, 解下剤の注射, 解不好参考宋元明清諸家, 解並列の恐ろしい, 解で, 解に帰依, 解了する者を, 解事者を以て自ら, 解事者等に, 解事自ら縁を破り, 解人生有与無, 解人間の好悪感, 解以下は牧民以下, 解以来これはまた, 解任せられていた, 解作用が急速, 解半歟, 解出づるまでは支那, 解分るを聴, 解分裂を起こさない, 解をもって手当て, 解十郎兵衛種村伝左衛門という二人, 解参照をも添え, 解をうけん, 解同書二・六・一五一以下に見, 解嘲したことも, 解団式の直後, 解とマントア, 解囲企図を粉砕, 解と為り, 解大成といふ書, 解子さんなどこういう, 解子のちに参加, 解子壺井栄など, 解子平林たい子藤島まき壺井栄などがそう, 解子森三千代の諸氏, 解であるから, 解の説く, 解度念願に御座候而, 解引くところ奈良朝当時の, 解が各, 解に始めた, 解得したるものなり, 解得せしめる名文章, 解得せる現象關係の, 解得なされ候なら, 解なるが, 解にあり, 解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 解心をも, 解悟哲学者の自若, 解悟哲學者の自若, 解悟心證の一致, 解悟法も幾分, 解情量の亜流, 解感興の旺溢, 解所收の孔安國注, 解捌いて緑, 解掛けつつ偶, 解放ちたまへ, 解斎舞といふ, 解などを指図, 解昇天する人, 解浅し残る, 解最も難なし, 解有情無, 解を与える, 解棄てた下, 解の我, 解せずいつの間に, 解水岸にあふれ, 解水林へだてて, 解氷時に至っ, 解氷未し橇, 解ひ衣, 解消せられて終日終夜, 解消せられることに, 解深厚を以て称された, 解りて, 解版台の傍, 解版皆自分の手, 解版臺の傍, 解にも, 解由ひとりが異, 解由使いは出た, 解由使宮中に於ける, 解由公儀御用達とはいっ, 解由千賀子の屋敷, 解由多田淡路守典厩武田信繁もいた, 解由夢心地に立, 解由宰府口には毛利左近, 解由家代々の主人, 解由小西弥九郎一柳市助などいわゆる, 解由小西弥九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 解由店刑部殿参る, 解由当年五十歳の分別男, 解由木下助右, 解由殿に御意, 解由水野弥一兵衛庄司仙三郎近藤幹雄中坊陽之助, 解由眼八について列, 解由等これに殉じた, 解由軍記などがあつ, 解的智識を加えたら, 解が一反, 解磁弾が山, 解秋和尚主董鍋島家旧別邸, 解第一, 解素因の表面化, 解の手段, 解縉等と与, 解して, 解翠裾花下摺とある, 解喩老の, 解老喩老の諸, 解脱せしめやうと, 解脱せるにかかわらず, 解を妨げん, 解の恋, 解して, 解褐以来未だ幾, 解が少し, 解を附し, 解に明白, 解詁松平康國氏の韓非子國字解皆, 解説明まで君一人, 解識想をふり舞わし, 解して, 解するため, 解を許さない, 解に足袋, 解道窮りなく, 解酲有何物売来, 解釋す可し, 解釋せんには三日, 解釋ハ自由ヲ以テ放火, 解釋ヨリ來ル思想ノ自由信仰, 解釋並に其圖式, 解釋又は講述, 解釋如何によりて孔子, 解釋學の重要, 解釋學的概念であ, 解釋家もすでに, 解釋批評の仕方, 解釋放言して, 解釋者として一種, 解釋致しましたが, 解院台雲五公居士と号す, 解院殿卒去遊ばされ次いで, 解院殿台雲宗伍大居士, 解院殿御卒去の砌, 解院殿御弟君中務少輔殿立孝公, 解して, 解難しとせず, 解難解の場所, 解いまだは, 解靄嶺にはこもれ, 解では, 解に書い, 解體改築されて