青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「觀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親類~ ~観 観~ ~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺 覺~
觀~
~角 角~ 解~ ~解い 解い~ ~解らない 解らない~ 解剖~ ~解放 解放~

「觀~」 1588, 17ppm, 6637位

▼ 觀~ (181, 11.4%)

6 上に 4 多樣, 相を

2 [15件] ために, なかに, 中最, 内容が, 形式の, 性質上より, 情に, 感は, 映畫, 構造を, 樣式は, 相に, 美を, 諸對象, 風習が

1 [137件] あつた, あらはれざる, あるを, ある美人, うちに, ところには, ない思惟, ながめ祕密莊嚴, はうに, または直, ものでない, やうに, 一片に, 一語を, 三樣の, 上からは, 上でなけれ, 上には, 世界に, 中心に, 主唱者の, 主客を, 主客等く存ぜり, 事實を, 人間にや, 介在すべき, 例を, 俗名は, 信仰を, 側に, 共同的還元に, 内容としての, 凡てを, 判斷による, 別を, 前に, 前へ, 努力によ, 區別感情理窟の, 原稿を, 名を, 哲學的基礎の, 問題だ, 問題である, 問題と, 問題を, 外に, 大小廣狹は, 天才的なる, 好き對象なり, 如く最も, 如く死後, 始祖と, 對立は, 對象としても, 差別は, 幽け, 形式が, 形式として, 形式に, 形式においてのみ, 形態又は, 影と, 影なり, 後までも, 心理學, 思想が, 情と, 情は, 情を, 情を以て, 情客觀の, 態度を, 我眼に, 或ひ, 批評なる, 把握が, 排斥とかばかり, 放恣, 數は, 數を, 斷言的なる, 方向に, 方法によ, 明晰性や, 時あり, 晩年には, 景色を, 根本問題に, 根本思想を, 根柢である, 極點に, 概念に, 概念についても, 概念を, 概念體系そのものに, 歌と, 歌は, 歌ふ, 歴史考察を, 沒理想なる, 流れを, 流行した, 特徴は, 理想なり, 理想に, 理義彼に, 理論の, 産物である, 發足點と, 發露で, 相, 相と, 相の, 相は, 相主, 相勝ちたる, 眞なれ, 究極の, 統一である, 線を, 色も, 若ガキ, 血管の, 視角では, 解釋に, 記者某, 詩的代表者として, 話の, 變革に, 轉換を, 關係に, 雲去, 面白味が, 頃だ, 類似から, 香奠の

▼ 觀~ (156, 9.8%)

3 なして, もつて, 呈する

2 [11件] なすの, なせり, 優越な, 呈するので, 思はせるもの, 添へ, 生じて, 育てること, 行ずる者, 評したる言葉, 評する言葉

1 [125件] うたひこんだ, うつすり, きはむ, さへ, しなければ, つねに信じる, つねに疑ふ, なし得るよう, なすこと一瞬間, なすや, ば目撃せざりき, ひかへたる處也, ひとつの, もつてのみ, もつやう, アナトオル, 一瞥すれ, 交へる, 他は, 何處の, 偲ばしむる, 傳へたペアレット氏の, 免れうるであらう, 呈した, 呈したが, 呈したで, 呈したの, 呈して, 呈しました, 呈し一方, 呈し且又實際, 呈す, 呈すと, 呈すべき情勢, 呈すること, 呈するさ, 呈するの, 呈するもの, 呈するやう, 呈せり, 喜べり, 固執する, 妨げるから, 妨げる何もの, 嫌惡する, 完成した, 必要と, 忘れて, 思ひ浮べんと, 怠て, 惹き起すこと, 意味する, 成せるのみ, 成立し, 抑へ, 抱くわけ, 拵上げる, 持つた人, 持つた作家, 持つて, 持て, 揚げて, 改めたるも, 改め大洋, 書き込むこと, 根據として, 概説し, 構造する, 樂しむ, 欲した, 求めて, 求めるもの, 添ふる, 添へる, 添へるだらう, 清くする, 清高な, 爲し, 物質的外存的に, 特にすぐれた, 現出したる, 現實, 現實化, 生じた, 生ずる, 生産する, 知り居る也, 知るべき屈竟, 示す場合, 立つると, 立つるは, 立てんと, 立て各自, 立て講説, 經驗論は, 維持せ, 聞いて, 聽く, 肴に, 背景として, 與へて, 表出せり, 襲つて來ない, 見た, 見るため, 見るほどの, 規定し, 言はむ, 説いて, 説きたり, 説明し, 談ずべからざる也, 談ずれば, 論ず, 謂は, 變化し得る, 賞翫し, 輕ん, 輕蔑すべきで, 述べた句, 述べ萬有引力論, 通つてゐる, 除き去られること, 高うもし, 黒くぬりつぶし

▼ 觀~ (141, 8.9%)

3 可きもの, 時は 2 ことが, ことによ, ところの, に國, に多く, に足る, のであります, のは, もの, ものと

1 [115件] かと云, が, が如く, ことに, ことの, ことは, ことも, ことを, こと掌上の, しかない, しまた, ためで, と, といふのはい, とこれ, とこれら, ところを, とすでに, とその, とは大, とやはり, と一層, と云, と亞弗利加, と全然, と十, と唐時代, と坑, と墨子, と多く, と大要左, と太子, と如何にも, と孔子, と必ずしも, と必要, と既に, と此, と漢時代, と特に, と現時, と直ぐ, と矢張り南支那, と禪師, と菊五郎氏, と軍人, と道教, と隨分奇妙, と非常, と飽足らず, と餘程劣つて, なり, にた, にはいい, にはその, には凡そ, にも作品, に亦, に侯, に別に, に吾が, に吾人, に孝子順孫, に張三李四, に漢, に能, に逍遙子, に閣下, のが, のであつ, のである, の異彩, の眼識, の術, は幽, も, ものとの, ものに, ものの武藏自身, ものは, もの怖, もの驚歎せざる, も少から, も殆, やうな, よりもお前達, より來, 人の, 他の, 働きであり, 可し, 山上に, 心に, 想ひがして, 所あり, 所から, 所なれ, 支那に, 時も, 時大, 晝つかた, 月なら, 機會が, 此熔岩を, 熔岩は, 爲である, 目は, 眼が, 者に, 者の, 能は, 處予が, 諸君は, 雲の, 點でも

▼ 觀~ (105, 6.6%)

4 對する 3 ありと, 働き掛ける性質, 對し, 於ては, 重きを

2 [11件] あらずして, 先行し, 合理化せられる, 於て, 映じたある, 最適切, 當る, 續く, 行つた, 關し, 驚きぬ

1 [64件] あらざりき, ありといは, いうて, いつたこと, して, しても, つ, ひたすらに, みつしりと, もとづくもの, よるが, 一變した, 代へる, 仰がねば, 作用する, 來た, 依るところ, 俟た, 働きかける目的, 働き掛けむとする人格, 働き掛ける結果, 働き掛ける際, 入ること, 入ること能はず, 入るに, 到るところ君, 反對, 委ねて, 存するやう, 安ん, 就いて, 就いての, 就ては, 屬する, 影響され, 心をば, 接した時, 接して, 接すること, 於ける形式上, 於ても, 止まらないで, 比ぶべく, 滿足し, 潜めり, 現はる, 移さで止まむや, 立つて, 肉迫し, 自分の, 行かうと, 行きつく迄の, 行くと, 行つてる, 訴えるわけ, 迫り來らざる, 逢ひ, 過ぎないもの, 過ぐる, 配し得るやう, 釋藏は, 關する, 關係し, 驚ける外國人

▼ 觀~ (77, 4.8%)

15 ある 3 あると, ないでも 2 あった, あつた, あるの, 緊密妥當な

1 [48件] あり殊に, あり詩文, あるが, あるけれども, あるとも, あるばかり, あるやう, ある所, およそ思惟, この不思議, この思想, その人, それ自身の, つき添つて, はたして人間的, また與, 一應我等を, 主題といふ, 大事である, 客觀, 寢仆れた, 少し許, 強く働く, 我々である, 手持不, 支配的に, 教育した, 方丈の, 時代を, 此の, 淺い, 滅し, 無い, 現じ, 社會表皮に, 私には, 筆を, 精神の, 菊池氏の, 語意の, 變つたから, 變り, 起り道士, 道學先生の, 違ふ, 鏡へ, 間違つてゐる, 面白かつ

▼ 觀~ (74, 4.7%)

3 いふ 2 するは, よく契合, 主觀, 客觀とが, 愛との, 本質との

1 [59件] あんまり違, いつたやう, いはねば, いはれては, いひ私情, いふと, かいつたもの, し作家, す, すべきもの, すること, する心, する者, すれば, なし如何, なし得るもの, なす者も, なづけ哲學上所見, なり客觀, なる, なるの, やらんお, 云はるべき, 云ひ, 人生に, 仕事の, 倫理上宗教上の, 判斷, 同じくすべて, 名を, 呼ぶ代り, 客觀, 客觀と, 客觀とに, 客觀との, 客觀は, 實質との, 感服した, 所境相分と, 折衝する, 死んだ菱田春草, 申して, 相對, 看做して, 知性とは, 稱す, 稱へ, 範疇とを, 纔に, 考へら, 考へられるもの, 考へられ得るやう, 言つても, 言ふ, 論理とは, 違ひ, 關係する, 音助は, 高遠なる

▼ 觀~ (65, 4.1%)

1 [65件] あらゆる意味, あるが, かういふもの, このやう, その初物, それが, それ故に, どこまでも, まさにその, もはや存在, アントロポロギーの, シエクスピイヤといふ, 一箇の, 人間の, 今やひとつ, 佛蘭西の, 作者の, 僕に, 其適例であります, 到底名状, 到底圭一郎, 前者に, 前面に, 又主, 哲學においては, 單に, 増す, 墨を, 審美感ならざる, 審美感に, 岸拍つ, 巖石の, 平和と, 平次の, 彼においても, 後醍醐天皇の, 忘れて, 我々において, 我前に, 敵の, 明らかに, 春の, 時々ぽかんと手, 時として全く誤解, 此の, 此對象に, 此派の, 無産者的基礎經驗の, 煙花は, 盲目である, 知性が, 知的同感, 私情なり, 科學者が, 終りぬ, 菊池的處世法に, 表象感情意志の, 觀點の, 言ふまで, 變つた, 赤裸々に, 逍遙の, 重層, 餘程變つたに, 鹿野山の

▼ 觀~ (63, 4.0%)

2 ゐた, ゐるの, 居るの

1 [57件] えもン, かもじを, くれるもの, この孝道, さしつかへ, どうして之, ぼくは, ゆくと, ゐたの, ゐたので, ゐたばかり, ゐたもの, ゐて, ゐる, ゐるうち, ゐるかは, ゐるには, ゐる外, ゐる比, ゐる法, ゐる限り, ミケランジエロが, 使ふ, 八景の, 其の風, 其幽閑を, 其或は, 其美艶を, 取るべきところ, 司馬遷の, 大いに研究, 孔子の, 居る, 居るとか, 感服し, 支那人は, 早き朝餐, 時勢の, 朝夕に, 樂を, 武藏の, 歸つた, 泣くは, 無理ならぬ, 熟, 甚だ遺憾, 知るべきである, 稀有の, 美の, 行くやう, 行つてはと, 西かとも, 貰つ, 貰は, 貰ひ, 貰ひなさい, 輕

▼ 觀~ (56, 3.5%)

19 なもの 2 な希望, な態度, な目的, な確實性

1 [29件] であ, であて, でありながら, であり從, であり理性, である, であるそれ, であると, であるといふ, であるに, でなく却, でなければ, なところが, な作用, な個々, な個人, な個別性, な大きい, な好奇心, な存在, な小説, な心, な心理的, な感情, な時期, な條件, な社會, な社會法則, な遠

▼ 觀~ (55, 3.5%)

4 ば彼 2 ば將來, ば昔

1 [47件] ばこの, ばこれ, ばそれ, ばチヤムバーレーン, ばホメロス, ば世, ば主, ば九州, ば五郎作, ば井上, ば例へば, ば依然として, ば侯, ば個物, ば其人多く, ば其生涯, ば剛愎, ば勢轉雄, ば司馬遷, ば呂氏春秋, ば國務益, ば壽, ば大御神, ば大隈伯, ば奇怪, ば尚書, ば希臘時代, ば悟れる, ば我々, ば手, ば此國, ば殆ど, ば滑稽至極, ば漢族, ば皇后, ば能, ば袖垣, ば西洋, ば觀想, ば試驗成績, ば足利時代, ば進歩黨, ば間違つて, ば閣下, ば閣下專賣, ば非常, ば風

▼ 觀~ (43, 2.7%)

3 てゐる 2 てゐた, 來れ, 入つて, 心を, 自己は

1 [30件] しかして悟るべし, そのやう, てくれ, てさ, ての發心, ては一切, ては何, ては斯, ても猶, て人中, て來, て僧, て尼寺, て居, て岸頭籬根, て嵯峨, て投槍, て自分, また人間, 何うかし, 來る, 地球を, 後者は, 得或は, 方が, 永遠の, 給ひ, 給ひける, 給ふらん, 解脱の

▼ 觀する~ (25, 1.6%)

3 時は 2 に忍びず

1 [20件] かどう, ことが, ことによ, ことにより, ことは, といふ, と北支那, と明, と漢, と考へる, に至, のであ, のである, もので, ものである, ものと, 場合の, 樣な, 者と, 頭腦的な

▼ 觀~ (23, 1.4%)

2 てゐ, てゐる

1 [19件] ことあり, たるの, てこれ, てし, てはゐられまい, てみよう, てゐた, てをります, て之, て居る, て悟つた, て歸納, て見よう, て見れ, や君, 夜の, 後者は, 心は, 聊草茅に

▼ 觀ても~ (20, 1.3%)

2 稀有の

1 [18件] すでに或, すべての, マルコ, 他に, 内容の, 勿論魯人, 名稱, 大いに貴重, 太宗時代に, 實に, 將た, 所謂, 文章や, 殊にその, 神祇に, 西, 重大なる, 隨分珍と

▼ 觀ずる~ (18, 1.1%)

1 [18件] か, ことも, ことを, といふ點, なかれとは, に越した, のが, ので, のである, の喜び, の見地, は哲學上, ものあれ, ものは, もの一個, もよし, を得る, 如しと

▼ 觀たる~ (15, 0.9%)

2 南北支那, 造化の

1 [11件] かを知る, にあらず, に相違, のみにし, もの少なから, を失はず, 支那の, 日本の, 明治時代の, 耶馬臺國, 莫らんや

▼ 觀といふ~ (14, 0.9%)

3 ものを 2 ものが, 名を 1 ことに, のを, ものに, ものの, 傑僧まで, 男は, 語を

▼ 觀から~ (12, 0.8%)

2 正當 1 すれば, まつたく解放, 云ふと, 分離し, 動物愛護主義者に, 始まつて, 察したところ, 得た暗示, 言へば, 豁然と

▼ 觀~ (12, 0.8%)

3 あつた 1 あつて, あらうといふ, さへ, フツと, 二者を, 判斷し, 如何に, 操り個性を, 滿ち

▼ 觀~ (12, 0.8%)

2 やはり其 1 あるけれども, あると, ただ直, ないと, 人の, 人生哲學と, 止みたりき, 減じゆくは, 訓練によつ, 音助も

▼ 觀~ (11, 0.7%)

1 [11件] うとならば, 人生觀が, 人生觀に, 古徑, 唯物主義の, 戀愛論の, 神觀は, 禪宗で, 脚本としての, 藝術作品中に, 處世觀を

▼ 觀主義~ (11, 0.7%)

1 [11件] が出, である, となる, の立場, は不十分, は彼, は死, は秩序, は近代, を單, を建立

▼ 觀~ (10, 0.6%)

1 いもの, からであります, ことに, ときの, のでせう, のみで, ほどの脅え, 所では, 新派芝居, 話や

▼ 觀ある~ (8, 0.5%)

1 ことは, この講座, にあらずや, まで脱線, ものである, をと思ひ, 吉野村梅園村などの, 大英百科事彙

▼ 觀られる~ (8, 0.5%)

2 ものと 1 だけの超, ものであり得ぬ, 場合特に, 時であり, 時である, 限り自然に

▼ 觀~ (8, 0.5%)

2 ことを 1 か我, とおも, とやし, と欲, と神澤子, は卑

▼ 觀である~ (7, 0.4%)

1 かどう, が事物, が國民, そしてこれ, と共に客觀, のに對, 故に尊重

▼ 觀とは~ (7, 0.4%)

2 自己の 1 いへぬが, かけ離れたもの, その生命, 或ひ, 離れたくなかつた

▼ 觀では~ (6, 0.4%)

3 ない 1 あるけれども, なくて, 何十年を

▼ 觀との~ (6, 0.4%)

1 中間に, 如きは, 結合は, 絶對的な, 間に, 關係は

▼ 觀した~ (5, 0.3%)

1 ので, もので, ものと, 事が, 氣持に

▼ 觀ずれ~ (5, 0.3%)

1 ば一切, ば人生, ば北極圈内, ば彼, ば自ら

▼ 觀そのもの~ (5, 0.3%)

1 が前期, が既に, であつ, と一致, に於

▼ 觀でも~ (5, 0.3%)

1 あるに, その人, 同一である, 性愛觀でも, 風想觀でも

▼ 觀において~ (5, 0.3%)

2 觀じ得た 1 主體, 結合される, 與へ

▼ 觀によ~ (5, 0.3%)

1 つて, つてである, つてでは, つてのみ, つて救はれた

▼ 觀るべき~ (5, 0.3%)

1 めでたき祕事, ものである, ものなし, 者なし, 者少し

▼ 觀を以て~ (5, 0.3%)

1 はつきり自然主義と, 何から, 直に贊意, 見る, 見るの

▼ 觀察し~ (5, 0.3%)

2 得て 1 をる, 注意深く研究, 破壞

▼ 觀~ (4, 0.3%)

1 てゐる, て貰つて大屋, 物よりも, 物小屋に

▼ 觀~ (4, 0.3%)

1 しむ, し人, し昔人, らる

▼ 觀つつ~ (4, 0.3%)

1 あれば, ゐて, 徐歩し, 籠らむ

▼ 觀であり~ (4, 0.3%)

1 この身體, そしてその, リッケルトによ, 本質の

▼ 觀として~ (4, 0.3%)

1 取扱ふ, 受取られると, 夜雨君の, 杉山先生などの

▼ 觀なる~ (4, 0.3%)

1 にはあらず, のみ, ものは, ものを

▼ 觀には~ (4, 0.3%)

21 何等か, 直觀

▼ 觀にも~ (4, 0.3%)

1 それ自身の, 作家の, 到達した, 少しも

▼ 觀~ (4, 0.3%)

1 るべきもの, るべきもの觀想, るべきもの顯, るるもの

▼ 觀られ~ (4, 0.3%)

1 それを, たり出, てゐた, てをる

▼ 觀られた~ (4, 0.3%)

1 ので, 場合私に, 場合私の, 觀念の

▼ 觀~ (4, 0.3%)

1 される, されること, され擴大, され最大限度

▼ 觀十一年~ (4, 0.3%)

1 に制定, に決めた, の唐律, の太宗

▼ 觀次郎君~ (4, 0.3%)

1 がつけた, には僕, に渡す, の目

▼ 觀じた~ (3, 0.2%)

1 のである, のも, 祖先の

▼ 觀すれ~ (3, 0.2%)

1 ば個物, ば其の, ば日

▼ 觀とか~ (3, 0.2%)

1 世界觀と, 忠義といふ, 綜合とかいふ

▼ 觀による~ (3, 0.2%)

1 それとの, ものある, ものなどが

▼ 觀より~ (3, 0.2%)

1 客觀に, 生じたる美, 與へらる

▼ 觀をも~ (3, 0.2%)

1 うたひ得, 示すもの, 足る程

▼ 觀並びに~ (3, 0.2%)

1 藝術觀, 藝術觀の, 藝術觀を

▼ 觀あれ~ (2, 0.1%)

1 かし, ども他

▼ 觀され~ (2, 0.1%)

1 崇拜された, 明晰に

▼ 觀したる~ (2, 0.1%)

1 氣樂さとは, 種々の

▼ 觀じ得た~ (2, 0.1%)

2 如來の

▼ 觀すべき~ (2, 0.1%)

1 日と, 日偶數の

▼ 觀ずる日輪~ (2, 0.1%)

2 の在る

▼ 觀たはう~ (2, 0.1%)

1 が本, が正直

▼ 觀~ (2, 0.1%)

1 つたのを, のと

▼ 觀つる~ (2, 0.1%)

1 を思ひ出でぬ, 時と

▼ 觀でなく~ (2, 0.1%)

1 具體的なる, 却て

▼ 觀とい~ (2, 0.1%)

1 はむは, へるに

▼ 觀とが~ (2, 0.1%)

1 互に作用, 判然と

▼ 觀~ (2, 0.1%)

1 のである, わけだ

▼ 觀などと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 話題に

▼ 觀なんぞも~ (2, 0.1%)

2 出た

▼ 觀にて~ (2, 0.1%)

1 一人の, 共に愛誦

▼ 觀により~ (2, 0.1%)

1 常識を以て, 明に

▼ 觀のみ~ (2, 0.1%)

1 では, 愛の

▼ 觀のみに~ (2, 0.1%)

1 就て, 止まつて

▼ 觀もしくは~ (2, 0.1%)

1 對象を, 直觀的懷疑

▼ 觀~ (2, 0.1%)

1 和み靈, 斯く世間

▼ 觀よう~ (2, 0.1%)

2 として居る

▼ 觀るなら~ (2, 0.1%)

1 ば神, 各

▼ 觀をか~ (2, 0.1%)

2 やうな

▼ 觀乃至~ (2, 0.1%)

1 それ等の, 直觀的悟性

▼ 觀人生觀~ (2, 0.1%)

1 である, 乃至それ等

▼ 觀及び~ (2, 0.1%)

2 次の

▼ 觀往生~ (2, 0.1%)

2 と謂

▼ 觀有る~ (2, 0.1%)

1 もので, 事緊要たる

▼ 觀~ (2, 0.1%)

1 の如く感ずる, の心

▼1* [157件]

あらしめ絢爛なる, 觀ありて面白く, 觀ありしを以て其の, 觀あるべからずといひければなり, 觀あるべけれど惜し, 觀いたし間, 觀なんじゃ, 觀といふ事, 觀これを思ふ, 觀されるところの, 觀ざりき浮石の, 觀ざるの現象, 觀しかも觀照的でなく, 觀したいやうな, 觀したならば花開き, 觀しますと最初, 觀しようと勉めた, 觀じたる瀧口入道なり, 觀じるかくの, 觀じればやはり, 觀じ去り我れ, 觀汝に, 觀ずべきであらうか又, 觀ずる人は必ず, 觀ずる哲學者と雖, 觀ずる悟者にとつ, 觀ずる者によつて, 觀せたことが, 觀せねばならぬ, 觀せられ案内の, 觀せるとした, 觀せんひまなかりしを, 觀その誘ひに, 觀その他の僧尼, 觀それ故に單, 觀たく思つてゐた, 觀たつてあんな, 觀たら限りも, 觀たらうか, 觀たらずんばあらず, 觀たりしとを, 觀たりと云ふ, 觀だの偉觀, 觀ちやつてからでもい, 觀やない, 觀つねに眠るが, 觀つぶさに其の美, 觀てをりました, 觀ですよ, 觀でなければならない, 觀とかいふものを, 觀としての所謂有神論に, 觀とでも云ふべき, 觀とに分析する, 觀ともいへよう, 觀とを以つて深く, 觀ないで濟, 觀ながら煙草を, 觀なしとせず, 觀なぞはとりつくろ, 觀などによつて, 觀などで萬葉盛時の, 觀などの觀行は, 觀などは即ち其一例, 觀なども却て, 觀などを手がるに, 觀ならば土塊, 觀ならぬもの却つてあらゆる, 觀なりとおも, 觀なりがもたれるやう, 觀なりとするは, 觀なりといふ可し, 觀なればなり, 觀における模寫が, 觀について根本的異, 觀にては遲速を, 觀によつて我々, 觀に迄現れる彼女等, 觀のうへにどれほど, 觀のせゐばかりであらう, 觀のみをと言ふより, 觀や, 觀への還元を, 觀ましかば我, 觀ましたけれども矢張り笑, 觀ますると云, 觀また處世には, 觀または對象としての, 觀むか人生に, 觀ものである, 觀やら何やら, 觀られたる文化的生の, 觀られぬ限り即ち, 觀られるならば一層, 觀られ解される存在意味ある, 觀るべく事の, 觀るべしであるから此部, 觀をのみ旨として, 觀をばピュローンの, 觀ガ半面ヨリ最モ有力ニ説明シ盡シタルハ人, 觀シテ自適ス往々, 觀シ日本ト結ビテ獨立ヲ企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ, 觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, 觀ルニ今ヤ人口ハ益, 觀一般が存在, 觀不幸者を見, 觀はなつかしき, 觀世界觀を求める, 觀主義者はどれほど, 觀二十三年の條, 觀内容のちがつた人間, 觀北京より更に, 觀十七年正月廿八日の出來事で祕閣, 觀十二年西暦六百三十八年に大宗, 觀十八年に大極殿, 觀十四年に孔穎達等, 觀にはコルソオ, 觀察したるに出, 觀察し得可からざらむや, 觀察し畢り研究, 觀察し解剖し盡, 觀察し解釋し批判, 觀寶地觀寶樹觀寶池觀寶樓觀と言, 觀寶樹觀寶池觀寶樓觀と言, 觀寶池觀寶樓觀と言, 觀工場は奇數, 觀幸福者を觀, 觀の二首, 觀てそして, 觀從つて一切の事象, 觀思索するの, 觀感性に訴, 觀感情理窟の語, 觀成功者を觀, 觀を識, 觀戸障子は震動, 觀春草武山などをコンビ, 觀時代の人, 觀構造實によく, 觀機械論的宇宙觀の上, 觀で天使, 觀欲死觀等を生ぜしめ, 觀泥棒觀をも示す, 觀滿誓惠行妙觀その他の僧尼, 觀無意識界を觀, 觀状態を改造, 觀盆栽いぢ, 觀と世界, 觀立ては人間, 觀終りて日, 觀を極, 觀若くは心理學的實驗, 觀角力の好き, 觀費さず得ず一生を, 觀趣味に缺如, 觀音山といふ, 觀頗る現れたりと