青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~親類 親類~ ~観 観~ ~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺
覺~
觀~ ~角 角~ 解~ ~解い 解い~ ~解らない 解らない~ 解剖~ ~解放

「覺~」 4161, 45ppm, 2585位

▼ 覺~ (792, 19.0%)

58 のある 48 はない 42 がある 3923 がない 18 のない 17 たり, はありません 10 ません 9 があります, は無い 8 の無い, はねえ 7 があるなら 6 があるだらう, ちや居ません, は御座いません, 候 5 ない, はある 4 があつ, があらう, ちやゐない, ています, はございません, はないだらう

3 [18件] がなき, がなく, ければ, させようと, ざりき, し, しが, たれば, ちやゐません, て, てその, なければ, に覺, は, はなかつた, 書, 書を, 込んで

2 [26件] があ, があり, が無い, させます, ざるを, しは, たつて, たんだ, ちや居ない, ております, てかと, てしまひました, て足, ないが, ながら, ねども兄樣兄樣, ねばならぬ, のお, の無く, はありませぬ, はなく, は無, もあり, もない, 傳へ, 書の

1 [315件] あり縱, ある事, ある相澤, ある顏, あれど, かけたこの, がありません, があるでせう, がどれ, がねえや, が大分惡, が有れ, が男女, が目出度, が目出度い, が良い, き是, けふから, けん領, この病身, この節, こみ馬, こんだもの, こんだ日課, こんで, させる, させる事, させる反抗心, させる客, ざらん, ざりき又, ざりけり妻, ざりしなり, ざりしに, ざりし時, ざるに, しおけさを, しかさながら, しかば酒, しかを, しこと, しなり, しに, しに今, しに忽ち, しのみ, しむ, しむる, しむるにいたれり, しむるのみならず, しめしなり, しめて居る, しもの, しらざりしなり, し夕, し奇しき, し女子, し日, し時, し民, し第, し藝, ずして, その哀れ, その格調, そめたるわが, それに, たくらゐだ, たといつて, たよりは, たらう, たりしか, たりした, たりする, たりと見え, たり又, たるが, たる哀れさ, だが召集, ちやゐねえ, ちや居ねえ, ちや居りません, つつ私, つるに, てい, ていと, ていない, ていなかった, ている, ておく, ておけ, てぐわた, てここ, てこれ, てしかと, てしまう, てしまふ, てそ, てそつ, てそれ, てそれから, てちよ, てはじめて, てはゐます, ては居ない, ては居ません, てひるまう, てます, てまるで現に, ても居ない, てやりきれない, てらつし, て不義理, て仰せ, て何, て何故, て何時のまにか, て兩手, て兩耳, て再び, て力, て去年あたりちよ, て口, て口一語, て只, て墨, て姫, て巾, て心, て憂き, て懷古, て我が, て我臥床, て直ちに, て私, て紅い, て耳, て自分, て苦しい, て苦しく, て草色, て覺, て警官たち, て身, て身の毛, て隨つて, て頂く, て頬, でありますが, でお, でそれ, で何, で恥, で此處, で足許, で頓, といふ, ときや, とも言, とる, ないで, ないでは, ないもの, ないらしく, ないわけ, ない程よくな, ない者, なかった, ながらさ, ながらその, ながらだまつて耳, ながらもしかし, ながらもやれ, ながらも夏, ながらも此, ながら兎, ながら幾度, ながら強, ながら暫く, ながら歩い, ながら私, ながら細君, ながら覺, なき弱き小, なき愁らさ, なく増し, なし, などさつ, なんざねえから, にくい名, にその, にのこる, に八五郎, に寫し, に書いた, に譯, に踊つて, ぬれば, ねば或は, のため, のない寂しい, のなかつた, のやう, のよい, のロシヤ語, の三味, の儘藝者, の兩親, の娘, の家數, の小田卷直次郎, の尻切れ草履, の怪しい, の惡さ, の手代達, の新聞知識, の早業, の歐米人, の浪人者, の無き, の空風呂敷, の良い, の裏, の覺束, の記憶, はあつ, はあり, はあります, はあるだらう, はあるであらう, はあるでせう, はたえてない, はないです, はないとお, はなき, はねエぜ, は別に, は勿論, ましてね, また山, また平和, みたいに, もあるまい, もなく, も無き, も目出度く, やがては, よいの, よく出, よく記憶, を呼び戻され, を書い, を言つて, を辿つ, 七日の, 亦ポツジヨ, 侍り, 侍りし, 候は, 側なる, 其の業, 出したの, 勉強の, 同時に或, 吐氣を, 唆かす, 善からぬ, 始めて來, 少し熱, 少女が, 居候, 川では, 帳に, 幼い頭, 急に, 悄然として, 我疲勞の, 或ひ, 散々放埒の, 文法を, 方は, 易いから, 易いため, 易く耳, 暗黒なる, 曰ひける, 書か, 書が, 書きに, 書きも, 殊なりしかば, 申候, 目下此の, 眞面目切つた, 石で, 給ふならん, 絶えて, 肌の, 腹立たしい氣持, 自ら知らざりし, 自分にも, 身邊忽ち, 込みました, 込むこと, 込むだけの, 込んだこと, 込んだらしい直, 込んだ忍び足, 込んでしまつたので, 遂に技癢, 違いでなけれ, 違ひ, 頗るめでたく, 餘暇を, 高じては

▼ 覺えて~ (371, 8.9%)

76 ゐる 15 居る 14 居ます 11 ゐない 9 おいででしょう, 居ります 8 ゐます 7 來た 6 ゐて, ゐるの, をります, 居て 5 ゐたの, ゐるが 4 いらつし, おいでです, ろ, ゐた, ゐないが, 居ない 3 きた, ゐません, ゐるだらう

2 [14件] しまつた, ゐたま, ゐませんが, ゐや, ゐるかと, ゐるきり, ゐるだらうな, ゐると, ゐるやう, ゐる所, 七つの, 居た, 居りません, 居る阿關

1 [127件] おいでか, おいでかな, おゐでだらう, お出で, からこんど, からそれ, からだつで, からは奧, からは腰, から五尺, から灸點, から足掛け五年, くる, とあるビイヤホオル, なはる, ねえん, まさア, やがれ, ろツ, わたいわ, ゐたけれど, ゐたけれども, ゐたこと, ゐただけ, ゐたと, ゐたね, ゐたので, ゐたもの, ゐないの, ゐないらしいこと, ゐない位, ゐなかつたが, ゐなかつたわ, ゐますあの, ゐますか, ゐませんよ, ゐやがる, ゐやがれその, ゐやがれ岡, ゐら, ゐられる程, ゐるか, ゐるかね, ゐるがなあ, ゐるけれど, ゐること, ゐるだけ, ゐるで, ゐるので, ゐるのに, ゐるのみ, ゐるぼく, ゐる人, ゐる代り, ゐる唯一, ゐる天滿與力, ゐる必要, ゐる筈, ゐる隣, 來て, 來る, 切りと, 呼立てる, 唇を, 大きな息, 寢返り, 小さな傷, 居たなと, 居たので, 居ないが, 居なさるか, 居ますが, 居ますよ, 居や, 居らぬ, 居らぬが, 居らぬので, 居らねば, 居りさうな, 居りそれ, 居りますもの, 居るうち, 居るか, 居るかも, 居るから, 居るけれど, 居るそして, 居るだらう, 居るで, 居るなら先月, 居るの, 居るもの, 居るん, 居る人, 居る所, 居る白梅屋敷, 居る筈, 居る處, 居る頃植, 居れッ, 居れツ, 居ろ, 居ろつて, 居ろ長吉め, 心地いふべく, 忘れぬ瓜井戸, 持つて, 明かし暮らす程, 歸つて來ました, 殆ど眠られなかつた, 知るもの, 置いたら確, 置いた女, 置いて, 置かうと, 置かないと, 置かなかつたらうと, 置くが, 置くん, 置け, 考へ, 自分の, 見る女達さ, 賢なる, 醒めし時, 面にくし, 顏を

▼ 覺~ (339, 8.1%)

39 して 14 の前 10 はし 9 の上, をし 8 をきめた 5 がある, しなければ, をきめ, を定め 3 が出, だ, である, は必要, をした, を持つ

2 [22件] があつ, がなく, した, しや, するがい, すること, せざるべからず, せよ, であつ, です, でやつ, なの, のある, のほぞ, の道, もせず, をしろ, をもつ, を固める, を定めた, を定める, を決め

1 [168件] あつて, ありと, ある乎, いざとて, があ, がいる, がなけれ, がわかつた, が一時, が必要, が要る, させられた莊公, し, しけるに, したか, したから, したとき, したので, したるところ, したん, した事, した五人, した惡者共, した時, してこそ, してるの, しないわけ, しながら, しました, しろ, し又, し機敏, し給, し綾衣, する, すると, するに, するの, する外, する死, する處, せい, せざるとき, せねば, だから, だけを習, だと, で, であ, でありますので, であるならば, でなきや, でなけりや, でも, でもし, でゐた, でゐられ, でを, で一先づ東京, で何, で來たわい, で元, で再び, で出, で出掛ける, で口, で學問, で對手, で居ります, で平野町, で幽, で斯く, で此處, で火繩, で皆んな, で行つて, で諫め, で逃げ出しました, で鋼, といふ心境, として新しく, となり, とは何, と主義, と叫ぶ, と心, と落着き, と行爲, と要求, なかるべからず之, ながら其名, なき限り, なしに, ならついて, なら七圓, なら三途の川, なり, なりしを, にて之, に似ず, に就, に過ぎない, に達する, に關, のうへで申し, のが, のし, のほど, のみの事柄, のよ, の上ぢ, の上蓄電池自動車, の事柄, の仕, の以前, の手, の掌, の柔術, の眉, の經帷子, の要素, の足りない, の身, の身仕舞見事, の軍隊, の體, はい, はいたし, はきめ, はもつ, は主, は出, は必ず, は持つ, は既に, は矢, まできめた, もあり, もついた, もでき, も亦, も定め得ない, も無, も鈍ります, をお, をきめたく, をきめました, をしなけれ, をしました, をする, をなすべき, を以つて, を以てこの, を以てしづめ, を以て創め, を以て山, を以て自由黨, を固め, を定, を忘れ, を持たせられ, を最初, を極めた, を缺, を要する, を閣下, 極めて槍, 次第に斷念

▼ 覺~ (301, 7.2%)

2316 るやう 14 ると 11 たやう 9 てゐる 6 たの 5 て來, る 4 た時, た樣, てゐ, て居る, て後, よ 3 たから, たもの, て, ぬ, ました, るの

2 [13件] か, たと, たら, たり, たる後, た今, た許, てみる, てゐた, て行, の後, よ覺め, 難い夢

1 [144件] きらない孫三郎, きらぬ樣, しめるもの, ずや, ず生命, たか, たごとき悦び, たといふ, たとき, たところ, たと共に, たのち, たので, たばかりの, たままぼんやり, たらあなた, たらしく其邊, たらん時, たら一人, たら何, たりともつかぬ, たるかぎり火, たる人, たる時代, たる波, たる眼, たれど, た事, た人々, た人たち, た光, た八五郎, た場合, た多, た容子, た後, た心地, た思ひで, た支那青年, た明るい, た春三郎, た時分, た自分, た風, つつあるらし, ていろいろ, てお, てからも私, てから四十年, てから夢, てから床, てから考へる, てきた, てし, てしまつて, てしまひます, てしまふ, てその, てその見知らぬ, てはまた, ては眠る, てぼんやり, てみれ, ても色々, ても黄昏, てゐない, てゐません, てゐるらしい, てをり, てトロイア軍, てヘトヘト, て了つた, て了つたん, て了ツ, て二つ, て再び, て又, て帳場, て平次, て往い, て待つ, て思はず唸りました, て思ひ出し, て恥かし露, て持前, て救, て時計, て楊枝, て歸宅, て民俗, て氣樂, て汽船, て沒落, て生れた, て直に, て絳欄碧軒, て而, て耳, て蜻蛉, て裳, て見る, て辛くも, て辻, て近頃, て難事件, ない, ないお前, ないとき, ないやう, ない無, なかつたと, なかつた位, なば, なほど, なんず榮華, にけり, に惱, ぬ五とせ, ぬ冬, ぬ巨塔, ぬ秋, はしない, はじめた女性, はてき, ましたよ, やらぬ今日, ること, るだらう, るとともに, るとばしや, るとも, るばかり, るばかりに, るほど, る官能, る時分, れば, を, を心, を感じ, 嗚呼あの弟, 易い夢, 易し, 湧きあがるもの

▼ 覺~ (177, 4.3%)

8 世界に 4 多樣, 涙を 3 うちに, すべての, 世界は 2 上に, 下に, 中に, 人間と, 如きもの, 時代と, 涙が, 知覺は, 統一に, 速度を

1 [132件] あらゆる個々, あるこ, あるので, うちで, うちには, うちにも, うち健康な, うち或, うまさ, ことで, しめやかさに, ないまでに, ない程, なかに, なくなるの, はやいの, ほか他の, シンフオニー, プリズムに, モデルに, 上でも, 不足乃至, 中で, 中の, 交徹による, 代りに, 何處かで, 作用でも, 側より, 價値と, 充分ならざりし, 先入見, 全領域, 内容が, 内容に, 内容は, 内容を, 分析的統一は, 判斷が, 判斷のみ, 判斷も, 刺激, 力によ, 各々から, 同時的竝びに, 喚び超すあらゆる, 喚起の, 喪失に, 境に, 外的器官に, 多くを, 奈落である, 好き嫌ひ, 如き, 媒介に, 寂寥に, 尋常な, 對象である, 對象に, 對象について, 底にも, 弟子なる, 強い人, 強みを, 復現した, 恃み, 悲しみを, 扇を, 把捉は, 教に, 教は, 新鮮さは, 旺盛なる, 明證性と, 時代所謂個人主義自由主義の, 時代所謂帝國主義の, 最大輪郭が, 月夜, 有無を, 核心が, 核心を, 根柢の, 殘つてゐる, 涙さへ, 涙紙上に, 渦を通して, 無い處, 爲に, 特に鋭敏, 理解に, 發展, 知覺から, 知覺が, 空間的或, 空間的時間的綜合が, 空間的時間的關係が, 範圍は, 結合である, 統一は, 經驗を, 繼起は, 纖細を, 能力あ, 能力を, 能力理解の, 自信のみを, 興味と, 良さ, 表象が, 要求は, 觸冠で, 記憶が, 記憶は, 記臆は, 負債が, 跡を, 辯證法で, 辯證法を, 追求が, 連累から, 過ちを, 過程に, 鈍さ, 鋭い藝術, 鋭敏さを, 鏡に, 閑葛藤で, 間に, 面白さ, 領分と, 驚異を, 高みに

▼ 覺~ (164, 3.9%)

15 なくも 11 ない 7 なし 6 なさ 3 ないが, ない事, なきもの

2 [16件] ないこと, ないながら, ないの, ない乍ら, ない假名文字, ない口調, ない有, ない話, ない足, ない顏, なきを, なき行末, なくて, なく氣, なげに, なしと

1 [84件] ないから, ないくら, ないとは, ないながらも, ないもの, ないやう, ない一躍, ない乍ら江戸, ない心持, ない恰好, ない手, ない手つき, ない指, ない提灯, ない日本語, ない明り, ない星明り, ない樣子, ない檢死, ない歌詞, ない氣, ない眉, ない私, ない答, ない素足, ない處, ない言葉, ない記憶, ない詞, ない議論みたい, ない足取り, ない足駄, ない返事, ない首, なかつた, なかつたで, なかるべきを, なかるべき前兆, なが, ながりますが, ながると, なきは, なき人工呼吸, なき信徒, なき心地, なき承諾, なき朝夕, なき機會, なき歩調, なき民族的特質, なき火, なき紅葉, なき裝飾品數個, なき足もと, なくしるされ, なくな, なくなつたん, なくなりますが, なく可愛らしい眼, なく存候, なく心許なき事, なく思ひ, なく思ふ, なく應, なく文章, なく書い, なく炊事, なく矢張り錢形平次, なく考へ, なく考へる, なく膝, なく被, なく見やりました, なく顏, なげなる伊太利語, なしや, な明日, な此處, な音, ねえ, 無い, 無いと, 無き扇, 無き裏繪

▼ 覺~ (143, 3.4%)

5 もつて 4 持つて 3 して 2 そ, とり戻して, もたらすもの, 介して, 授け給, 明かに, 生じた, 磨くこと, 與へる, 鋭敏に

1 [111件] これまで, さ, さそひ初めたので, さそひ若い, しても, その夢, ちらしちらし, とりおとしたもの, なさしめ而, なしたこと, のみひたすら, まとめる中心, もう一度取返し, もたらすの, もって, 人間としての, 介してか, 以つて終結し, 以つて藝術を, 伴は, 何等の, 作り出すもの, 使用した, 來した, 來す, 促さねば, 促したさうである, 促しつつ, 促して, 保持する, 優秀兒の, 制御する, 勞働者に, 味わ, 啓發する, 喚び起す作用, 喚び起す或, 喚起する, 基礎として, 失つた一種の, 失つてゐた, 失はなかつた, 失ひ自, 失ふこと, 失ふ事, 失ふ時, 失へる, 奬説する, 小説機構の, 幾多の, 引くもの, 得て, 忘れて, 思ひ出します, 恥と, 恰で, 恰も我々, 悔めど詮なし, 惑は, 惹起す, 意味した, 手籠に, 投げいだせ, 持たないこと, 持つたもの, 持つやう, 持つ讀者, 授けられないならば, 提供する, 有した, 有しない, 有し得ない, 有する, 有する生物, 有つた人, 根據と, 根柢と, 欺きて, 濁らしたと, 物の, 生き生きと, 生じつ, 生ずるの, 生ぜしめる, 生ぜしめるか, 生ぜずして, 生活の, 異にする, 疑ふべきか, 發表する, 百姓が, 研いで, 神が, 私は, 缺いた, 缺く, 自分は, 舌の, 覺ゆる, 訂正した, 試錬し, 誤る, 諸友, 起させるほど, 起したの, 輕蔑すべき, 遠ざけ物體的, 重んじて, 鈍くしよう, 開拓し, 麻痺させる

▼ 覺~ (108, 2.6%)

11 てゐる 9 てゐた 4 てゐない 2 これらの, て居た, て母さん母さん, て見る, 顏を

1 [74件] あるひ, さう, さへ, そしてそれ, そして餘, それから脱し, つつその, て, ていただきたい, ている, てか, てのりたまはく, ても必ず, ても昨日, てゐ, てゐません, てゐるだらう, てフト氣, て今日演壇, て來, て創作, て各自, て呉れない, て喜ぶ, て夜, て實際, て將, て少し, て居つた, て彈, て彼, て快感, て支那人一流, て此, て泥棒ツ, て縁側, て聲, て舷窓, て起き出した, て非, て革命, て顏, て飛, て騷ぐとか, ながらもしか, などする, になる, の時計, はじめその, 且つ公言, 且つ獨立, 何等かの, 作者の, 内化し, 別に新, 召しか, 召すで, 各自自己を, 寧ろ直感, 思惟する, 愈, 憂鬱に, 把握する, 支那にも, 時計に, 更に以前, 汝は, 理解し得るであらう, 理解する, 白した, 能ふすべ, 脱然, 自由黨と, 詔りた

▼ 覺えた~ (96, 2.3%)

9 のである 5 ことの 4 のも 3 ことが, のであつ 2 ことは, のだ, のでした, のです, のは, もので, 今の, 言葉を

1 [56件] からたまりません, から公, かツ, か日出雄少年, がぢ, がもと, が彼, きりな, この一篇, そしてまたおの, だけのこと, に過ぎない, のさ, のであらう, ので眼, ので遂に, ばかりで, ほどなり, ものか, ものです, ものの文學, ものは, ものらしい, わけである, アルバイトの, シエークスピアに, 事は, 仕立てなどは, 位でした, 其時の, 合圖で, 大方齒, 幇間踊り, 忍び足の, 所爲か, 手で, 探偵ご, 方が, 時その, 時の, 東京語の, 樣な, 歌を, 武家が, 積りでも, 考事を, 自動車の, 藝は, 藥屋の, 趣きも, 遊藝を, 道へは, 金之助は, 錺職に, 頃に, 頃は

▼ 覺えず~ (89, 2.1%)

2 文太郎の, 聲を, 肌に, 首を

1 [81件] あたかも思ひ, それを, と, といふ春眠, どつと, にはゐられない, には居られなかつた, のべつ幕, また山, むばあらず, ゑくぼはあふれなむ, ハッハッハと, ペロリと, 一パイに, 二年が, 側に, 兜兒を, 其譯仰せられ, 其顏を, 噴飯せし, 埃の, 外に, 大きな聲, 失笑せり, 屏息せり, 延び上つて見た, 彼等の, 微なる, 微笑させられた, 心に, 心細さ, 恭しく帽, 惜むらく, 愴然として, 我れ, 我肩に, 戰慄した, 戰慄す, 手に, 手を, 打笑, 振りかへ, 暗い室内, 暗涙を, 此處に, 武士を, 歩を, 死力を, 法衣を, 然かも日, 父の, 生命の, 男に, 瞑想に, 窓縁を, 精神を, 紀昌は, 胸が, 胸も, 膚に, 膝を, 自分は, 興に, 良心我を, 苦笑した, 行衞も, 言下に, 言葉の, 誰れ, 赤くなつた, 足を, 身を, 部屋の, 雨江と, 面を, 須臾に, 頭を, 顏を, 飮み過す, 驢背に, 高くなり

▼ 覺する~ (87, 2.1%)

4 ものは 3 あらゆるもの, ことによ, ことは, ために, といふ, と思はれる, 所の, 通りに

2 [11件] からである, ことが, ところの, と同時に, と考へた, のである, ものである, ものの, やうに, 一切は, 或る

1 [37件] あるひ, がゆゑ, ことと, ことなく, ことに, こと及び, すな, すべての, ためには, だけのこと, ときには, とき我は, と信じた, と信じる, と共に, と思つたの, と思つて, と私, と稱, と考へ得ない, には何等, に及ん, に於, に用, ので, のであ, のと, のみであり, もののみが, んや, 何等かの, 場合自然學は, 形式の, 故に, 筈であり, 間は, 限りは

▼ 覺~ (85, 2.0%)

3 對し 2 なつた, 到達する, 影響を, 照し, 眠つてゐる

1 [72件] あるひ, うつらぬと, さう, すぎず決して, たと, とつて, どこかしら, なつて, なるほど, ぴんとこたへる, まじると, めかして, もとづく場合, もはやあまり多く, よみが, よりて, 下男部屋に, 二つの, 代へ, 何かしら似通った, 來なかつた, 依つて, 依て, 依存する, 偏重し, 出ること, 到達し得ざる, 哀れにも, 因ると, 因るの, 執着した, 寄與する, 寢入つてゐる, 對する, 尤も鋭敏, 就いて, 屬する, 從ふとき, 從へば, 快感が, 成るもの, 或は直, 投げ出した砂山, 抵觸し得た, 染込んだ, 横は, 歌と, 現はれる, 生じて, 瞬間的に, 知的乃至, 私の, 突き刺されて, 立つの, 耽らぬ以上, 耽る, 行動する, 襲は, 襲はれ, 襲はれた, 觸れ, 觸發され, 起たしむることと, 追ひつ, 過ぎないで, 過ぎないの, 達しない虚無主義者, 醉つた者が, 醉ひ得る, 鈍くては, 關し, 關する

▼ 覺~ (80, 1.9%)

3 ある 2 あるの, ない, なくな, 出て, 出來, 存する, 痛切に, 發達し, 鈍麻し

1 [59件] あつた, あつて, ありませんとか, いくたび, いま再び, お有, かくの, これを, しびれて, すでに或, そこから, ただ, つねに意志, ないから, ないだけで, ないと, ないの, ないので, よみが, 倫理を, 全然ない, 再び瞼, 半ば目を, 問題に, 單に, 外國の, 外的實在の, 如何にも明瞭, 存すると, 宇宙を, 常にも, 平生に, 彼の, 感覺そのものとは, 慰藉と, 授けられるか, 新らしい, 朦朧に, 殘された, 殘つた, 漂つてゐる, 烈しくも, 無い, 生じても, 生ずると, 社會的に, 私とは, 素肌の, 腰掛に, 若し事實, 變化を, 起つた, 身體の, 鈍る, 鋭敏なる, 限りも, 雙眼に, 餘り, 首尾よく

▼ 覺~ (67, 1.6%)

2 あつた, 無いと, 疑ひも

1 [61件] あまり小さい, あると, いづこ, くもの, これらの, するどいから, そのとき, ただ顯, ないぞ, ない筈, まさにこの, むしろ一層不, もちろんもし私, もとより感性知覺, 他人に, 保守と, 僕の, 元來綜合的統一, 先づ吾人に, 其の文字, 別の, 反省にと, 單に, 常に政治的, 悟性として, 或は多, 明らかに, 春の色の, 時として欺く, 最も高尚, 有限なる, 本來ただ精神, 極めて不明瞭, 欺かれ易い, 無いか, 無意識的な, 無意識的に, 物體の, 理想の, 益, 目に, 目にも, 確かに, 確實に, 私に, 私の, 私自身の, 精神と, 統一において, 老熟した, 自己意識であり, 自然的に, 艱苦との, 若い人達, 蠍の, 行はれぬ, 視覺, 觀念である, 言ふまで, 足を通じて, 身體の

▼ 覺える~ (55, 1.3%)

4 ことが, やうに 3 のである 2 ことも, 事が

1 [40件] かも知れない, からであらう, が其上今宵, ぐらゐではなかつた, ことでなく, ことなし, ことによ, ことを, ところが, と同時に, と大概, と水, と自家, のが, のさ, のだ, のだつた, ので, のであった, のであつ, のでした, のも, ほど彼女, ほど滿, までに至っ, ものである, ものの, ものらしい, やうな, ように, んです, 人生の, 代りに, 小細工脅迫虚僞が, 時に, 次第であります, 眼精には, 種類の, 頃に, 頭を

▼ 覺ゆる~ (44, 1.1%)

2 ことなし, に至りぬ, のである

1 [38件] あた, ことあり, ことが, ことなく, ことの, ことは, ぞかし, といふ樣, ときは, とき忽ち, と共に又, につけ, に彼, に白丁, に脇, に話し, に非, は件, までに成りたれ, もあり, ものから, や請, 一種の, 事が, 事なかりき, 以上は, 嫗樣の, 懸崖の, 日也, 是が, 時は, 時期である, 時迫れ, 樣である, 由を, 甲斐な, 程に, 胸の

▼ 覺~ (41, 1.0%)

2 こそ日支兩國共通

1 [39件] ありし證, から區別, がつづき, が初, が地方武士, といふこと, とか何とか, との間, と共に黄禍論, と夢, と戰, と欲求, に人, に多大, に歸, に重き, の愛, の根本的徹底的, の機, の眞實, の程度, の鞭撻, はそれ自身, は今, は自己反省, むれば, も私, をうながした, をもつ, を促され, を促し, を促した, を大呼宣傳, を期待, を求むる, を生ずる, を重大視, ノ爲メニ占有者, ヲ裏切

▼ 覺~ (40, 1.0%)

10 なもの 2 な要素

1 [28件] であり不安定, では, なあらゆる, なるもの, な一句, な世界, な並びに, な實感, な心理, な櫻, な疲勞, な經驗, な運動の, な違和, に, にあいた, にばかりで, にも性的魅惑, に向, に學習者, に感じられる, に或, に是, に物, に知, に附い, のもの, 現實

▼ 覺した~ (39, 0.9%)

2 ので, のである, まふ, 上で

1 [31件] がつて感性的, けれど直ぐ, しある, しそして, そして私, のだ, のです, ので用意, ので私, のは, まへる, ものが, ものの, やうな, 人が, 地上の, 富太郎は, 後には, 心靈を, 時において, 時には, 時の, 時は, 時路地の, 樣子で, 私は, 若樣, 表情と, 觀念ほど, 謙虚な, 風で

▼ 覺から~ (30, 0.7%)

3 出發

1 [27件] きたもの, きた多く, すぐその, はるけ, また同時に, 出て, 出發す可, 失地回復を, 引き離すこと, 引き離すため, 引き離すに, 心の, 悟性の, 成立つて, 或る, 汲まれたもの, 汲み取つたもの, 汲んだの, 生ずる表象内容, 表象される, 解放し, 記憶の, 語意が, 起るの, 逸らせないやう, 離れなかつた, 離れ得ない

▼ 覺~ (29, 0.7%)

2 云ふ, 本然との

1 [25件] いひ知, いふが, この感覺, その瞬間, なきも, 主觀的感動, 信じて, 内容の, 同じく根源的, 同一視し, 同時に神, 心がけと, 思ひ返へ, 思想と, 恐怖と, 意識とは, 感激を, 氣稟が, 痛切なる, 知識とが, 稱する, 腐肉を, 要求との, 見られ得るのみ, 角度とを以て

▼ 覺~ (26, 0.6%)

2 である, はその

1 [22件] が見つ, として私, に書い, に書き, に過ぎない, のはじ, の中, の末, の終り, は前, は單, は彼, は長い, もやはり, をその, をつくつた, をつくらう, をつくる, をつけ, を添, を見つけた, を貫く

▼ 覺まし~ (21, 0.5%)

2 かつた

1 [19件] かけて, からざる, その細ながい, それから, て, てお, てくれる, てむく, て其の, て寢, て床, て母獸, て餘, ながら自分, 何かしを, 俄に, 方を, 花やかなる, 變法自

▼ 覺しく~ (20, 0.5%)

1 [20件] ていと, やつたら, 墨色は, 大なる, 女子は, 娘は, 巖の, 手帳は, 日に, 此處彼處紫陽花咲けり, 水莖の, 目は, 眞中には, 眼を, 裕衣を, 語を, 豪さ, 隣家とても, 髮の, 鬚眉猶

▼ 覺~ (20, 0.5%)

2 の中, の弟子

1 [16件] が外國, が身, でありプロレタリヤ運動, なりといふ榮光, によつて緒, に縁故, の一人, の外剛内柔, の思慮分別, の豫知, は世界, も亦, を憧憬, を除け, ノ簇出シテ實證, 出でて

▼ 覺~ (19, 0.5%)

1 [19件] およばぬ眞空圈内, ないから, ないと, また變化, 一時に, 亦時として, 何も, 凡て病である, 出來, 思索も, 最早生々しく, 消えて, 無か, 男の, 皆無に, 目出度い方, 自分を, 自我の, 表情も

▼ 覺ます~ (18, 0.4%)

2 ことは, さう

1 [14件] と, ときのふ, とたちまち, と京子, と川本, と弟, と戸外, と枕元, と私, と薄暗い, と頭, ほどの聲, 方が, 氣遣ひ

▼ 覺~ (17, 0.4%)

1 [17件] が斯, といふの, といふもの, といふやう, との關係, と崇元寺, に御座, の友人, の惣門, の所在, の森, の興隆, の遠忌, は木立晝暗, は此, を經, を見

▼ 覺によ~ (16, 0.4%)

3 つて知覺せられた

1 [13件] つてある, つてでなく, つてまた, つて全, つて占有される, つて地震の, つて恰も, つて把捉する, つて捉へ, つて知覺し, つて知覺した, つて言ひ, つて量つたのである

▼ 覺~ (16, 0.4%)

4 彼等は 2 彼等の 1 ことが, ことなし, ことは, だけの着實さ, とその, ものは, 人は, 我身の, 時になつ, 誰をか

▼ 覺~ (15, 0.4%)

2

1 [13件] であらう, とまた, と七八十名, と四方, と奧平さん, と子供達, と後, と時々, と枕元, なは, なもとより, やうに, 時など

▼ 覺えぬ~ (14, 0.3%)

2 は我, 郎女に 1 しづけ, に喃, まで滿足, 不安に, 尊い清らかさ, 恥かし, 我は, 程の, 筋の, 靜かな

▼ 覺ました~ (14, 0.3%)

5 時は 1 が彼女, が柱, ばかりと云, ばかりの無, 子に, 時の, 時もう, 時自分の, 老爺が

▼ 覺まして~ (14, 0.3%)

1 [14件] しまつた, やらなければ, ゐた文吾, ゐましたから, ゐるの, 乾いた唇, 何か, 何かの, 出て, 居たので, 床の, 戰況を, 晝間見, 火事と

▼ 覺~ (13, 0.3%)

2 あつた, もあつ 1 あつたり, あつた彼, あつて, はない, はなく, 無論唯一人, 臺石の, 袷の, 辨じ

▼ 覺~ (13, 0.3%)

1 [13件] されたこと, されたの, ざりし如き識者, す教, ず, ずかの, ずて, ずに, ず正, ず闇鈍, せないため, せること, ない

▼ 覺~ (11, 0.3%)

1 [11件] やうだ, んだ, んだろう, 位極めて, 努力を, 女風情, 我慢の, 氣持で, 無表情に, 鐵面皮さだの, 顏で

▼ 覺~ (11, 0.3%)

1 [11件] お江野, がつく, て手帳, て神祇, ながら君, また數學者ポアンカレ, よく此方法, 其誇張の, 天に, 遂に製造所, 難し大智

▼ 覺しい~ (8, 0.2%)

1 ぢけず, ものが, もので, 事實である, 成功を, 机の, 變動を, 風俗人形

▼ 覺ゆれ~ (8, 0.2%)

1 どもこれ, ど乾隆, ど作法, ど夜, ばなり, ばまことに, ば主, ば歸途

▼ 覺~ (8, 0.2%)

2 はお 1 か, が阿, だつて, ですつて, は, を折角

▼ 覺寺統~ (8, 0.2%)

1 にも又, の後宇多天皇, の後醍醐天皇, の龜山, を一貫, 即ち南朝, 即ち南朝派, 即ち後醍醐天皇

▼ 覺醒し~ (8, 0.2%)

1 ている, て任意歸農, て來, て産業, て過去, 來れる, 夢うつ, 活氣づい

▼ 覺され~ (7, 0.2%)

1 それを, てあわて, てし, てゐる, て來, て寢卷, て行きます

▼ 覺せられる~ (7, 0.2%)

3 といふ 2 ところの 1 ものが, やうに

▼ 覺そのもの~ (7, 0.2%)

1 から區別, が檢證, とは區別, によつて, の自然的, の豐富さ, 若くは

▼ 覺~ (7, 0.2%)

1 えせ物識, 我慢が, 指導者が, 精神からは, 聽覺は, 觸覺や, 記憶は

▼ 覺ある~ (6, 0.1%)

4 ひは 1 フオヽルムロマアヌムなりき, 個人として

▼ 覺せざる~ (6, 0.1%)

1 ときは, を得なかつた, 以上は, 可から, 可らず, 哲理なり

▼ 覺つて~ (6, 0.1%)

1 お勢, か密, しまつ, その證據, ゐないの, 居た

▼ 覺むれ~ (6, 0.1%)

1 ば日既に, ば枕もとの, ば直ちに, ば説教の, ば雨降り出, 山脈の

▼ 覺られ~ (6, 0.1%)

1 それでは孫三郎, ちや何にも, ちや打ち, て, てはならぬ, て嬌慢

▼ 覺えてる~ (5, 0.1%)

1 とも怖, のは, よ, んだったら, 積りです

▼ 覺~ (5, 0.1%)

1 ない, ないかも, ないこと, なかつたかも, なかつた若

▼ 覺された~ (5, 0.1%)

1 その當時, のが, のであらう, やうな, 良心の

▼ 覺される~ (5, 0.1%)

1 ことである, ことと, のは, ものが, 場合この

▼ 覺つた~ (5, 0.1%)

1 が實際, だけのこと, といふの, に違, らしく笑

▼ 覺において~ (5, 0.1%)

1 ロックが, 事物の, 何が, 現はれる, 與へ

▼ 覺によつ~ (5, 0.1%)

2 て私 1 てこれ, て嘗て, て得る

▼ 覺~ (5, 0.1%)

1 こそはまことに, のごとき, のやう, の意見, の生涯

▼ 覺~ (5, 0.1%)

2 の人間 1 だつた, と聽覺型, に屬

▼ 覺~ (5, 0.1%)

1 といふ修驗者, と仰しやる, の活躍, の無, の話

▼ 覺~ (5, 0.1%)

1 が出, に宇野浩二流, に接觸, の全盛時代, の文章

▼ 覺~ (5, 0.1%)

1 である, であること, として特色, においては眞理, を非難

▼ 覺えなかつた~ (4, 0.1%)

1 が兎, 女のから, 平和な, 面白さ

▼ 覺えました~ (4, 0.1%)

1 がそれ, が一年, の, よ

▼ 覺えられ~ (4, 0.1%)

1 し, て, て又, もしない

▼ 覺しない~ (4, 0.1%)

1 で尊い, といふこと, 何ものも, 状態である

▼ 覺せられた~ (4, 0.1%)

1 のは, ものとして, 觀念に, 觀念は

▼ 覺つたこと~ (4, 0.1%)

4 を言

▼ 覺とは~ (4, 0.1%)

1 因果の, 眉を, 過去に, 餘り

▼ 覺とを~ (4, 0.1%)

1 以つてする, 以つて自刃し得た, 兼ねて, 著しく重んじ

▼ 覺~ (4, 0.1%)

1 ず, ず其後, たの, 候

▼ 覺られる~ (4, 0.1%)

1 からこれ, と藪蛇, な, やうな

▼ 覺~ (4, 0.1%)

1 と觀察眼, は偶然, を有し, を有する

▼ 覺器官~ (4, 0.1%)

2 を介し 1 によつて媒介, に現前

▼ 覺悟せる~ (4, 0.1%)

2 人を 1 人には, 彼の

▼ 覺えさ~ (3, 0.1%)

1 せたる二通, せぬ樣, せねば

▼ 覺えな~ (3, 0.1%)

1 かりし思ひを, ので京都, ばゆらぎ

▼ 覺えなんか~ (3, 0.1%)

1 あつて, ないぜ, 無いん

▼ 覺しき~ (3, 0.1%)

1 が助け, には後, を認め

▼ 覺したる~ (3, 0.1%)

1 クロニオーン立ち, 愛情を, 結果のみ

▼ 覺しめし~ (3, 0.1%)

2 箸の 1 ぞや初春

▼ 覺せり~ (3, 0.1%)

2 と自信 1 と稱

▼ 覺~ (3, 0.1%)

1 と, ともいへる, と言

▼ 覺つたの~ (3, 0.1%)

1 でありませう, でせう, は路地

▼ 覺といふ~ (3, 0.1%)

1 ことは, ものに, ものをも

▼ 覺なく~ (3, 0.1%)

1 しびれて, 單なる, 己が

▼ 覺へて~ (3, 0.1%)

1 ゐなかつた, 置いて, 骨身を

▼ 覺~ (3, 0.1%)

1 しき島影を, しき美術文書などを, しき處に

▼ 覺~ (3, 0.1%)

1 べし, 勿論當時, 又歸化僧

▼ 覺られず~ (3, 0.1%)

1 に夜更け, に見事, に跟

▼ 覺られた~ (3, 0.1%)

1 と思, と感づいた, と氣

▼ 覺を通して~ (3, 0.1%)

2 受けた彌陀 1 感じる事

▼ 覺内容~ (3, 0.1%)

1 が現, が與, の同時存在

▼ 覺前空~ (3, 0.1%)

1 の無明, は要するに, は覺後空

▼ 覺及び~ (3, 0.1%)

1 反省から, 想像力と, 感情といふ

▼ 覺後空~ (3, 0.1%)

1 に對, の知, をいかなる

▼ 覺~ (3, 0.1%)

1 される, して, せずに

▼ 覺醒した~ (3, 0.1%)

1 と稱, 時初めて, 理性に

▼ 覺醒時~ (3, 0.1%)

2 に於 1 に於ける

▼ 覺えざる~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 虚聞なり

▼ 覺えず破~ (2, 0.0%)

1 顏す, 顏一笑した

▼ 覺えます~ (2, 0.0%)

1 から溜つた給金, やうに

▼ 覺えられない~ (2, 0.0%)

1 と云, のでお

▼ 覺えられません~ (2, 0.0%)

1 でもあなた, ので大勢

▼ 覺する如く~ (2, 0.0%)

1 單に, 私は

▼ 覺すれ~ (2, 0.0%)

1 ばする, ば病

▼ 覺せしめ~ (2, 0.0%)

1 それと, て局外

▼ 覺せしめる~ (2, 0.0%)

1 ところの, やうに

▼ 覺せず~ (2, 0.0%)

1 にはゐられなかつた, 或は朧氣

▼ 覺せぬ~ (2, 0.0%)

1 嫉妬の, 者眞正に

▼ 覺せね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 覺せられ~ (2, 0.0%)

1 かくして感覺, そして實

▼ 覺つかない~ (2, 0.0%)

1 のであつ, 筆記の

▼ 覺つたため~ (2, 0.0%)

1 でした, で大村喜十郎

▼ 覺~ (2, 0.0%)

1 ゐないが, ゐるシャルル・デュ・ボス

▼ 覺である~ (2, 0.0%)

1 が綜合そのもの, のにふしぎ

▼ 覺でない~ (2, 0.0%)

1 としたら, 激情でない

▼ 覺として~ (2, 0.0%)

1 感じられるリズム, 發現し

▼ 覺と共に~ (2, 0.0%)

1 強く且つ, 從來の

▼ 覺ながら~ (2, 0.0%)

1 威壓を, 此方法の

▼ 覺なき~ (2, 0.0%)

1 敵の, 異樣

▼ 覺なし~ (2, 0.0%)

1 にも起りうる, 恐らく門違

▼ 覺など~ (2, 0.0%)

1 あり得ない, いふ

▼ 覺についても~ (2, 0.0%)

1 考へられねば, 論じなければ

▼ 覺には~ (2, 0.0%)

1 堪ふ可, 敏くありたい

▼ 覺にも~ (2, 0.0%)

1 顏の, 顏を

▼ 覺ばかりが~ (2, 0.0%)

2 活きて

▼ 覺ぼしく~ (2, 0.0%)

1 屏風岩の, 烱然たる

▼ 覺まさう~ (2, 0.0%)

1 とする, と明らか

▼ 覺まされ~ (2, 0.0%)

1 て, て眼

▼ 覺まされた~ (2, 0.0%)

1 ものの, やうに

▼ 覺ましい~ (2, 0.0%)

1 もので, ものとは

▼ 覺め際~ (2, 0.0%)

1 に肺病, まではと引

▼ 覺よりも~ (2, 0.0%)

1 いはば, 言ひ

▼ 覺られない~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ 覺られぬ~ (2, 0.0%)

1 が爲, やうにと

▼ 覺をしか~ (2, 0.0%)

1 もたらさないの, 精神に

▼ 覺~ (2, 0.0%)

1 に於, の表象效果

▼ 覺上人~ (2, 0.0%)

1 の肖像畫, はこれ

▼ 覺並びに~ (2, 0.0%)

1 教養の, 教養は

▼ 覺判斷~ (2, 0.0%)

1 といふの, にはこの

▼ 覺召し~ (2, 0.0%)

1 てお, は有難い

▼ 覺太郎君~ (2, 0.0%)

1 の招かる, は生面

▼ 覺~ (2, 0.0%)

1 にも明記, の類

▼ 覺~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ 覺思想~ (2, 0.0%)

1 の二種, の二者

▼ 覺或は~ (2, 0.0%)

1 意志を, 錯覺と

▼ 覺~ (2, 0.0%)

1 が急い, は動顛

▼ 覺目出度き~ (2, 0.0%)

1 に乘, 一人の

▼ 覺表象~ (2, 0.0%)

1 の外有, 即ち具體的

▼ 覺~ (2, 0.0%)

1 に反, はあらゆる

▼ 覺論者~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, でなく絶對的

▼ 覺醒せし~ (2, 0.0%)

1 むるところありたり, むるに

▼ 覺鋭敏~ (2, 0.0%)

1 なる詩人歌客等, にし

▼ 覺~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼1* [312件]

ありて其の, 覺あり睡あり月逝き, 覺いたして早, 覺えがおありぢ, 覺えがきに記し, 覺えござなく其道, 覺えざるべしとおも, 覺えしめわれを, 覺えしめずにはおかぬ, 覺えずすべりて壁間, 覺えずなりぬ看護の, 覺えずまくはまく, 覺えずやられたといつた, 覺えず出でし意料無限の, 覺えず口走れば, 覺えず叫んでまた, 覺えず微笑みながら, 覺えず成ぬ看護の, 覺えず振るのが, 覺えず歩み退くこと二三歩なりき, 覺えず涙ぐまれる程嬉し, 覺えず笑みて, 覺えず荒れすさぶ夜々の, 覺えず釣り込まれて, 覺えず頷きたり, 覺えたからさういふのだ, 覺えてたのがん, 覺えなくとも恨, 覺えようと思はれた, 覺えらる, 覺えらるれど姫, 覺えられぬと云, 覺えられる歌である, 覺えるだらうと思ひます, 覺えれば覺, 覺さもなければ自殺, 覺からかまたは感覺, 覺からのみ由來する, 覺からはずつと遠い, 覺がずつと昔から, 覺この三つが, 覺さして行くので, 覺させてやりたい, 覺させる鋭さで, 覺させ過ぎて居る, 覺さぬやうに, 覺さむとして來, 覺されず知覺される, 覺されないそれは, 覺しきあたりを存分, 覺しきさまなりし, 覺しきジエンナロの君, 覺しき一個の僧, 覺しき一册子がある, 覺しき妙貞があり, 覺しき姿窓から飛ん, 覺しき婦人の際立ち, 覺しき學生が興, 覺しき小幅の前, 覺しき島の北方, 覺しき改革は出, 覺しき方に一道, 覺しき時騎者は背後, 覺しき泥の中, 覺しき消息を耳, 覺しき男これに扈從, 覺しき男女表をのみ飾りたる, 覺しき穴あり, 覺しき終の三字, 覺しき美人眉を拂, 覺しき老女のみはこの, 覺しき老婆なり一椀, 覺しき處に不, 覺しき許多の創痕, 覺しき門から迷, 覺しく進み寄りて手まね, 覺したならば人, 覺したら今の, 覺しだしたのかも, 覺しないらしい岡田夫人を, 覺しなかつたことが, 覺しなければならなかつた, 覺しまいとする, 覺しますと波, 覺しようと欲, 覺しゐたる僕の, 覺し得なかつたしまた, 覺し得ぬ極めて小さい, 覺し得るのみである, 覺し直さなければいけない, 覺すべきこと, 覺すまいと欲, 覺すわれは, 覺むがためである, 覺せざれば病, 覺せし時の, 覺せむことを望む, 覺せよだとか云, 覺せられないこの蜜蝋, 覺せられ得ないといふこと, 覺せる妥協の, 覺のみ度, 覺だけが存在する, 覺つたお瀧は, 覺つたものか急, 覺つたやうなもの, 覺つたら最後何んにも, 覺つた亞尼の驚愕, 覺つた文學者の頭, 覺つた時思はず驚愕, 覺つた曲者は研屋忠兵衞, 覺つた鞍掛宇八郎は鳴川留, 覺つて今後眞面目にこの, 覺つて我儘が募る, 覺つて手前はお, 覺つて文箱の泥, 覺つて目配せしました, 覺つて相吉と相談, 覺つて身慄ひする, 覺つて逃出さうと, 覺つて逐ひ籠め, 覺でなくて感性的, 覺でなければならない, 覺でも何でも, 覺で張りきつてゐる, 覺とか錯覺とか, 覺ときてはゼロ, 覺とで一ぱいになつてゐる暗黒が, 覺とでは大變違, 覺との間には, 覺ながく盡きざれ, 覺ながらに自づとさういふ傾向, 覺などをもつて, 覺なりしとも, 覺なりき修行の, 覺なるに殊, 覺について學ぶこと, 覺にて徳川氏より, 覺になつて牛肉屋の, 覺にまで徹せず, 覺による抽象的世界理念の, 覺眠に, 覺のみならず感情, 覺のみにてはかような, 覺のみのうまさ, 覺はず觸るる時, 覺ひとつにて良人, 覺へがあつて, 覺への攝取統覺と, 覺まさずにいる, 覺まさせちや惡いと, 覺まさせられてしまひました, 覺まさない方で, 覺ましき檀溪の, 覺ましたきほど靜, 覺ましたら皆忘れ, 覺ましてぶるぶるっと身顫い, 覺まし降りようとした, 覺むべきものならば, 覺むるが常, 覺むるばかりに紅葉した楓, 覺むるばかり使つて居た安, 覺むる心地す, 覺むる朝日を待ちわびつ, 覺むる淺緑の此上, 覺めさへすれ, 覺めさせたのである, 覺めしごとく去り我等, 覺めしアキレウスのおどろき, 覺めし次第を知り, 覺めし母の燃, 覺めし素膚にわれ迷, 覺めたんだ, 覺めでたい人物には, 覺めようともしない, 覺めりやアまた元, 覺め何物をも發見, 覺め土地をあらゆる, 覺め振盪して, 覺め覺めては眠る, 覺もしくは自己認識の, 覺やが神的本質の, 覺やを知らずに, 覺ゆ其原理たるや第, 覺ゆ可きものである, 覺ゆ汝さらに願, 覺よりしての, 覺らざるのみ蓋し, 覺りえじ世に, 覺りましたがその, 覺ば縁側, 覺をすら逸して, 覺をば賦與した, 覺エテ之ヲ反復スルハ, 覺エテ寒熱疎密軟硬方圓等ヲ知ル, 覺シケレバ本居翁, 覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 覺ニテ知リ記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, 覺ヨリ取リ得タル者, 覺三氏の如き, 覺主義的觀念論の立場, 覺乃至感性を, 覺也其爲可噌甚矣, 覺了院性譽一鎚自聞居士は明和六年四月二十四日, 覺以上の情操, 覺以上精神内部に屬, 覺作二性之資, 覺作二性毀壞歸於元質, 覺ぞ, 覺僧正とて極めて, 覺兼思想的の別, 覺に這入, 覺出來なくなつた, 覺刺戟に對, 覺の空, 覺千萬である, 覺印象及び感動, 覺に叶つて, 覺召され庭の, 覺召された事で, 覺なり性慾史, 覺の尻端折, 覺問題解放問題結婚問題としてほとんど, 覺善覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 覺を, 覺大悟の智慧, 覺天才などは終, 覺好き人はあらじ, 覺及び其弟子宗信, 覺如以後と見, 覺孫文によつて, 覺し晝夜, 覺并びに善鸞法善, 覺形式は階級對立, 覺後世の恥, 覺し難き, 覺心理學では, 覺悟がちがつて, 覺悟し乍ら, 覺悟それにつけ, 覺悟アきまるだらうね, 覺悟スルナラバ特ニ非常時ニ安泰ナルベキ改造ヲ要, 覺悟候ひしが, 覺悟者を我, 覺悟許嫁の約束, 覺悲哀苦痛の現, 覺感情或ひ, 覺方さんが現, 覺時計をかけ, 覺書いたし候, 覺に, 覺老比丘, 覺に愛, 覺江藤村養庵という二人, 覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 覺にす, 覺人見, 覺熟慮者を羨, 覺状態におちこん, 覺は天, 覺理想だの無, 覺生活に比し, 覺申候得共込み入り候儀, 覺男女對當の個人, 覺に投射, 覺病たるの觀, 覺的世界を離れ, 覺的具象と思想感情, 覺的描寫などはか, 覺的文化的存在にまで達したる, 覺的方便によつて精神的感動, 覺的物質的の實在, 覺的聽覺的嗅覺的觸覺的な要素, 覺的要素から構成, 覺的鬱憂性に屬, 覺チニ智タルニ非, 覺知宗昭も如信, 覺と云, 覺素材とこれ, 覺を僞經, 覺緊張が無くなる, 覺缺乏の故, 覺者アナキズムの大, 覺者所説の法, 覺聽覺味覺あるひ, 覺覺に, 覺自負などからは嗜, 覺若しくは感覺の, 覺要素の寄り集, 覺解放を説かしめる, 覺觸覺など蚊帳其者, 覺記憶及び悟性, 覺論的唯物論的傾向も今や, 覺内容を, 覺譽泰了居士明和六年己丑七月遠州舞坂人, 覺醒するものなら, 覺醒せぬ間は, 覺醒せりと叫ぶ, 覺醒せる支那は, 覺醒アル鮮人ハ之ヲ現在, 覺醒シテ顧ルトキ貴重ナル政治教育ノ一ナリ, 覺醒セル民族ガ内部的興奮ニヨリテ外部的壓迫ヲ排斥セントスル時, 覺醒ニヨリテ各ソノ君主タル將軍, 覺醒ニ至ラスト云フ意味ニ非ズ, 覺醒己に歸, 覺醒理性の聲, 覺醒的民族ト然ラザル者トアルハ, 覺醒的生長ヲ閑却シタル愚人, 覺醒自己の滿足, 覺鈍麻に過ぎぬ, 覺尋常行蹊, 覺非無其故當時君之