青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「観音~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親父~ 親爺~ ~親類 親類~ ~観 観~ ~観察 観察~ ~観念 観念~
観音~
~覺 覺~ 觀~ ~角 角~ 解~ ~解い 解い~ ~解らない 解らない~

「観音~」 1522, 16ppm, 6898位

▼ 観音~ (389, 25.6%)

23 のお 13 の前 10 へ参詣 9 の境内 7 へお 6 へお参り 5 の像, の御 4 にお, のよう, の御利益, の御堂, の縁 3 がある, だと, と頬摺り, の横手, の鳩, へ向っ

2 [18件] がさう, がそう, さ, だ, でも, にお参り, に似, に似た, に誓い, のうしろ, の化身, の市, の手, の祠, の鐘, へ朝, へ願, を彫っ

1 [237件] お手, かどなた様, があります, がお, がくだ, がすわっ, がだんだん, ができた, がなくなっ, がなんと, が七日, が三体, が人殺し, が八月, が大震災, が姑, が建て, が水, が流行らないなら, が焼かれる, が焼け残った, が燦燗, が琵琶湖, が私, が美しい, しきりに拝ん, じゃございません, だか, だけはよう信心, だけは昔, だな, だの御, だ生きた観音様, であろう妻沼, でしょう, ですか, では, で拾っ, で西洋人, という, といっしょ, といつた, とか地蔵様, とその, と切支丹, と同じ, と御, と明神様, と見せかけ, などな, などをそれから, なの, なんか彫っ, なんか拝んでる, にお礼, にお祈り, にかかさず, にかけても可愛がる, にし, にそっと, についてのふしぎ, になつてとり, には江府, には腕, にもおめにかかりました, にも済みません, にも願, によう, に一々, に会つて, に似てる, に参詣, に君臨, に嫉妬, に守られ, に寄せる, に引ずられ, に彫ませた, に投げ, に敬崇, に未練, に琵琶湖, に神馬, に見えます, に連れ, に集まっ, に願っ, に鳩, の, のうち, のところ, のふしぎ, のまわり, のやう, のポーズ, のモデル, の中, の中店, の仰むけ, の体温, の使者め, の先, の冷たい, の処分, の利益, の功力, の商売振り, の地内, の坊さん, の夕陽, の夢, の大きな, の天井, の守つて, の屋根, の巡礼, の御告, の手引, の手洗い水, の持っ, の日, の木像, の杜, の樅, の次, の灯, の画像, の石門, の絵, の縁日, の繁華, の美し, の胸算用, の腹帯, の茶屋女, の蔭, の行方, の足, の門前, の階段, は, はあなた, はあぶない, はこんど, はこッちの方, はしずか, はどの, はほんとう, はまさか, はみんなツジツマ, はエライもの, は七日, は三つ四つ, は仇名, は其後何処, は切支丹, は夜通し, は少し, は残っ, は相, は矢張彼処, は童子, は進ん, は霊験, は駒形, へおい, へでも行く, への参詣, への帰り路, への願かけゆえ, へはお, へ上げ, へ上げる, へ何, へ参っ, へ参りました, へ参る, へ御百度, へ月詣, へ毎日, へ納めよう, へ納め物, へ羽, へ詣でた, へ詣でる, へ這入ります, まで参詣, まで大急ぎ, もお前さん, もこれ, もだらし, もマリヤ様, も先祖様, も分らね, も段々, も笑っ, も綾麿, やら両国, や大和, や大鷲神社, や水天宮様, よりも火事運, をお, をせおっ, をそっと, をどこ, をはじめ, をふしおがみました, をわる, を一人, を七日, を中心, を信仰, を内証, を半殺し, を女房, を巡り, を彫れ, を彫ろう, を御, を念じ, を念ずる, を抱いた, を拝みました, を拵え, を探し, を描き, を焼い, を照らし, を盗み出し, を知らん, を祈り奉る, を自分, を買っ, 南無八幡, 御手, 念じるだ

▼ 観音~ (275, 18.1%)

6 像を, 前に 5 境内には 3 ように, 像が, 像に

2 [17件] お像, お姿, ほのぼのと, ような, 中から, 五重の塔の, 唇が, 境内へ, 境内まで, 市の, 床の, 御堂を, 思い出と, 浄土に, 瀬である, 石像の, 蠑螺堂の

1 [215件] いずれにも, おびんづる, お力に, がらん洞の, が一枚, ことに, この大, ごとく摂取, そばに, それよりも, ためには, ところで, となりにも, と同じ, ながめ, ほうへ, まわりに, もつ一つ, スマートで, プロフィールと, ポーズ崩れ, 一なり, 三十三身何様な, 中に, 中の, 仁王門を, 仲見世だ, 伴衆中に, 作家の, 作成された, 侍者に, 信者な, 側に, 傍に, 像だ, 像の, 像一幀代価千両なり, 像中に, 僧衆の, 先の, 内に, 内陣の, 写実的な, 写実的根拠の, 写真絵はがき, 出現が, 出開帳が, 利益だ, 利益である, 前面に, 創られたの, 功力で, 加護を, 助けで, 化身かとも, 化身と, 化身という, 化身ダライ, 千手の, 印象を, 原型の, 厨子と, 台坐, 台座を, 右に, 右手が, 右手などは, 合掌の, 呪いを, 四万六千日で, 四万六千日である, 四燈その, 地内と, 地内には, 地内は, 坊主が, 堂々たる威躯, 堂が, 堂の, 境内が, 境内で, 境内に, 境内の, 境内や, 境内を, 多いこと, 夢の, 太鼓とどろく, 奇妙に, 姿さしまし, 姿だけ, 姿に, 姿を, 威容は, 守護袋とを, 宝前に, 寄進帳の, 寺伝に, 寺内でも, 尊像も, 尊容に, 山へ, 左には, 左右には, 市が, 市では, 市に, 市十七八の, 平鐘, 幻覚を, 広庭, 形に, 彫像は, 彫刻には, 彫刻を, 後ろへ, 御像, 御利生なり, 御利益を, 御名を, 御堂の, 御相, 御縁日, 微笑との, 微笑は, 慈心を, 手は, 手指の, 持って, 提灯そこのけの, 方が, 方で, 方に, 方へ, 方角へ, 春の, 春は, 時代が, 時代は, 有難さ, 本地たる, 本尊が, 柳の, 梅の, 様に, 様式の, 様式や, 横の, 歳市へ, 気分によって, 沖を, 泉を, 浄土で, 浄土と, 渇仰者である, 瀬に, 瀬にか, 灰燼に, 焼かれるの, 熱心な, 甍ながめ, 生まれたの, 画を, 白布を, 盛り場の, 真福寺を, 眷属たる, 眷属と, 矢場の, 神秘的な, 祠, 祭日には, 祭日の, 立像が, 範疇に, 籠堂と, 籠堂を, 納額として, 素晴しい, 絵だ, 絵像は, 絵馬堂に, 緑髪朱唇白衣白木彫の, 線と, 縁日も, 繁昌だ, 背中には, 背部を, 芝居小屋で, 虚空に, 裏手に, 裏町で, 詠と, 讃歌のみを, 象だけが, 貸し傘が, 軸が, 造型感覚とも, 運命が, 金鼓ひびけり, 金鼓揺り, 門前の, 開帳が, 関係から, 隆盛には, 霊場である, 霊験が, 面相は, 音羽谷で, 額には, 額堂の, 額面を, 顔であっ, 顔は, 高いお

▼ 観音さま~ (131, 8.6%)

8 のお 4 のお守り 3 に似た, のよう, の方 2 にお願い, のこと, の右手, の市, の御利益, の頭, へお参り, へ参詣, へ行った, を信仰

1 [90件] かなと思つて, がいきなり, がお, がお笑い, がれんげ, が大好き, が甚深微妙, ぐらいは知っ, でした, です, でも, で金運, といつ, とお, どうぞお, ならさっき, にお, におすがり申し, にお参り, にぐち, には人造人間, には合掌, に化けた, に変装, に申しわけ, に虫封じ, に近い, のま, のまつられ, の体得, の傍, の前, の加護, の反り甍, の台座, の周り, の地内, の姿, の巨大, の座像, の御, の罰, の裏, の観, はいつも, はいつ来た, はかかる, はかわいそう, はこの, はどんな, はほんとう, はめちゃめちゃ, は一寸八分, は勝ち, は左手, は廚子, は愛憐, は片目, は自由自在, へお, へお願い, へとたしかに, へ三七日, へ其の, へ御, へ数珠, へ日参, へ無理, へ病気平癒, へ行きゃ, へ行っ, へ連れ, へ願, へ願掛け, まで出向かず, まで御, もあります, も般若, や一休和尚, や上野, や天照大神, や阿弥陀仏様, をせおっ, を其の, を心, を思わせる, を拝, を拝み, を指す, を祈り

▼ 観音~ (75, 4.9%)

2 のよう

1 [73件] かなにか, かも知れねえ, があった, がおかれ, がその, がわれわれ, が造られなく, が雲, じゃ, だけは是非とも, である, であるの, とか太刀, とが比較, とそれから, と同居, と見た, などが生干し, などは一尺八寸, なん, に変装, に対する愛着, に恋, に接する, のうち, のむこう, のモデル, の代金, の作成, の優しく, の前, の地点, の多い, の彫り, の彫刻, の御利益, の方, の正体, はかく, は久しく, は二つ, は大川, は幕府, は金, ばかりはと言っ, へ供養, も同じ, も彫りましょう, も或は, やモツァルト, や夢殿, をおい, をつくる, をひつくり, を仏壇, を元, を取上げる, を受け出し, を天照, を好ん, を彫った, を彫り, を彫りかけ, を彫る, を彫ろう, を手, を抱い, を抱いた, を納める, を背負っ, を膝, を見せねえ, を見たい

▼ 観音~ (69, 4.5%)

2 拝し, 拝みたくば, 拝んで, 礼し

1 [61件] お前は, この推移, さして往, さほどいい, つくり一つ, つくり出すよう, でつちあげて, またそのまま, みて, 一体それ, 二束三文で, 今ぞ, 仏間に, 仰ぎみるに, 作り始める, 作る覚悟, 信じ門戸, 信仰する, 信心致しました, 偸み, 出すこと, 出品する, 初め深川の, 取るの, 壁に, 天平随一の, 守る市民, 安置し, 安置せん, 形成し, 後に, 念じて, 念じ候えば, 思ひだした, 愛慕する, 拝した, 拝する, 拝みながらも, 拝み二百余年, 拝んだの, 持って, 据え奉れり, 探り出した三人, 最高の, 注文する, 産婆代わりと, 白炎の, 的に, 眺めながら, 礼拝し, 納めて, 蔵するに, 製作し, 見まもって, 誘いに, 買いに, 買い取った古金屋, 買うこと, 質に, 開いて, 開けますから

▼ 観音~ (58, 3.8%)

2 支那の, 貴方がたの

1 [54件] あり得たしかし, いずれも, この御堂, その境内, その後どう, その異様, どうで, めぐりめぐって, もう少し寿命, ガンダーラ仏あるいは, 一番の, 下金屋が, 中央の, 二尺何寸かの, 今日から, 仏像に対する, 仕切った一室, 何となく, 何の, 何ものにも, 偉大な, 光明后を, 写実的根拠を, 半跏, 右の, 埃に, 大きさ, 奈良の, 子種の, 山火事に, 師匠の, 幾多の, 当然法華寺, 恐らくこれら, 朝鮮を, 東京で, 様式の, 生まれ出た, 異邦の, 真に二束三文, 確かに, 私に, 私の, 私達の, 竜紋賞を, 置き物に, 羅漢寺建立当時から, 自然を, 見えません, 買われました, 辷るよう, 近づきやすし, 通り過ぎながら, 道徳という

▼ 観音~ (46, 3.0%)

4 参詣し 3 参詣する 2 かかる

1 [37件] お詣り, お詫びを, それを, ついて, 仕えたが, 仕えたとある, 仕え百寺, 似た女性的, 似た感じ, 何が, 光明后の, 入りたるに, 劣らない, 参籠し, 天平の, 奉納した, 強請し, 応対した, 比すれば, 比肩し得る, 現わ, 現われた慈愛, 申し子を, 眼を, 祈りました, 納めるという, 至っては, 詣でさき, 詣でた, 詣で中, 詣る, 近い, 近く金田夫人の, 近づく道, 附属する, 高めると, 鶏を

▼ 観音~ (45, 3.0%)

5 を読誦 4 を唱え 3 の声 2 を誦する

1 [31件] か何, ぐらいは読める, ではこの, のお, のなか, の中, の写経一巻, の文句, の通り, は実に, は忘れた, は読み申さず候え, は馬鹿, まで散らし, も落ち, や法華経, をやり, をよみ, を入れた, を取出し, を口, を念ずる, を見た, を覚え, を誦さ, を誦し出そう, を誦ん, を読まなけれ, を読みましょう, を読ん, を買っ

▼ 観音~ (42, 2.8%)

3 ある, 立って

1 [36件] あたかも整列, あって, あり得た以上, あり雄偉深遠, いろいろに, その豊満, ついて, できあたり, シナ人の, 一般に, 今焼かれよう, 代表し, 何らか, 出来上がると, 創造せられる, 勧業博覧会において, 奇妙な, 安置され, 日本作でない, 最初の, 残って, 法華寺に, 灰に, 煩悩三十三身三世十方恒河沙数の, 白い鳩, 祭って, 納まって, 縹渺たる, 自分へ, 製作それ自身を, 見える, 見え彼女, 貞観時代の, 身動きを, 造顕されはじめた, 降りて

▼ 観音~ (26, 1.7%)

3 いふ 2 地蔵とを, 百済観音との

1 [19件] その反対, なったよう, なるほか, はなはだしく異なる, シナ六朝の, 一枚の, 三月堂とに, 両菩薩, 云へば, 共通に, 勢至とが, 同じく左手, 名づけて, 梵天, 産湯清水の, 言うの, 関係する, 非常に, 鳥式仏像との

▼ 観音~ (24, 1.6%)

3 参詣を 2 参詣し, 参詣する, 夜詣り

1 [15件] いって, お詣り, ゆく道, 出て, 参拝, 参詣した, 御武運, 曲るところ, 案内し, 礼参りさえ, 祈願を, 納額し, 行くこと, 詣らんには, 頼りて

▼ 観音さん~ (21, 1.4%)

3 の, の絵エ 2 の感じ

1 [13件] がモデル以外, で遊ぶ, と言, に話し, のお, のよう, のポーズ, の絵エ出来, の顔, へおま, へ参りたい, も潰され, や勢至菩薩

▼ 観音~ (18, 1.2%)

1 [18件] といいし, とも奈古谷寺, と僧正坊, に不空羂索, に泊っ, に移つて, の上司さん, の内, の前, の和尚, の方, の縁さき, へ寄っ, へ帰っ, へ来, まで戻らぬ, まで戻ろう, を今朝

▼ 観音~ (14, 0.9%)

2 中宮寺の

1 [12件] 一輪の, 四天王像より, 地蔵の, 夢殿観音では, 夢殿観音の, 夢殿観音よりも, 木彫の, 楊柳観音が, 法隆寺の, 浴室を通じて, 神様を, 銅像夢違観音

▼ 観音~ (12, 0.8%)

2 にすがる 1 じゃ敵, で何ん, と申す, の微妙, の現前, の絶大, を念じ, を念ずる, を念ずれ, 宿る

▼ 観音~ (11, 0.7%)

2 見ましたが 1 ありましたこと, あります, さほど有, 天蓋の, 如意輪観音も, 弥勒も, 日ならずし, 薬師も, 造れたろうという

▼ 観音~ (10, 0.7%)

1 と船長, などと云う, にちかづく, の船員, は乗客, は徐々, は恙, は直江津, は船体小, は貨物

▼ 観音びらき~ (8, 0.5%)

1 になる, にサッと, に開い, に開かっ, に開かれた, の戸, の扉, をしめ

▼ 観音菩薩~ (8, 0.5%)

2 の化身 1 でありこして, に三十三身, に夢中, は河水, も恐らく, を拝する

▼ 観音~ (6, 0.4%)

1 と建札, の杉並木, まで行っ, や蜂ヶ峰方面, を上り, を経

▼ 観音境内~ (5, 0.3%)

1 で豆腐, の松邑, の遠見, は江戸, を中っ腹

▼ 観音立像~ (5, 0.3%)

1 がすばらしかっ, がすらり, とヒダ, はおそらく, はその

▼ 観音~ (5, 0.3%)

2 の田圃道 1 で与, とにその, までつけ

▼ 観音という~ (4, 0.3%)

3 のが 1 のは

▼ 観音勢至~ (4, 0.3%)

1 の三尊, の金像, 両菩薩, 自来迎

▼ 観音崇拝~ (4, 0.3%)

1 というごとき, のごとき, の勢力, の流行

▼ 観音~ (4, 0.3%)

2 の頭 1 という二つ, の頸

▼ 観音~ (3, 0.2%)

2 まで 1 まで廿日廿一日

▼ 観音~ (3, 0.2%)

1 ね, のを, よ

▼ 観音~ (3, 0.2%)

1 名が, 毎年十二月十七八日の, 狐にでも

▼ 観音であり~ (3, 0.2%)

1 それが, 或は薬師, 童貞マリヤの

▼ 観音との~ (3, 0.2%)

1 対比は, 対照である, 間に

▼ 観音などの~ (3, 0.2%)

1 仏像は, 像が, 御姿

▼ 観音には~ (3, 0.2%)

2 似て 1 京都の

▼ 観音にも~ (3, 0.2%)

1 一貫した, 暗い背景, 詣で参るべく須賀川

▼ 観音へも~ (3, 0.2%)

1 お詣りし, 参詣に, 祈願を

▼ 観音まで~ (3, 0.2%)

1 つきあい給え, 一里あまりの, 歩いて

▼ 観音参詣~ (3, 0.2%)

1 に出, に来, の老婆

▼ 観音~ (3, 0.2%)

1 の傑作, の神秘, は疎開可能

▼ 観音詣で~ (3, 0.2%)

1 に行った, の一人旅, を思い立っ

▼ 観音詣り~ (3, 0.2%)

1 かたがたやって来, の帰り, も無論

▼ 観音~ (2, 0.1%)

1 なにかの, 何かに

▼ 観音から~ (2, 0.1%)

1 あの附近, 感受する

▼ 観音さんみたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な姿

▼ 観音では~ (2, 0.1%)

1 ない, まだ残っ

▼ 観音として~ (2, 0.1%)

1 感ずる, 通用したであろう

▼ 観音とでも~ (2, 0.1%)

1 いはうか, 言うか

▼ 観音とは~ (2, 0.1%)

1 まるで違っ, 貴女さまじゃ

▼ 観音とを~ (2, 0.1%)

1 幻視した, 鏡と

▼ 観音などを~ (2, 0.1%)

1 一群として, 彫って

▼ 観音について~ (2, 0.1%)

1 すでに述べた, 言ったよう

▼ 観音らしい~ (2, 0.1%)

1 威厳は, 気高さ

▼ 観音サマ~ (2, 0.1%)

1 はすでに, や薬師サマ

▼ 観音信仰~ (2, 0.1%)

1 から出, の貧男

▼ 観音劇場~ (2, 0.1%)

1 のところ, へ中村

▼ 観音大士~ (2, 0.1%)

1 のほか, を潮音洞

▼ 観音~ (2, 0.1%)

1 を八文字, を左右

▼ 観音~ (2, 0.1%)

1 の教祖, の本殿

▼ 観音様信仰~ (2, 0.1%)

1 せよとの, で毎晩

▼ 観音~ (2, 0.1%)

1 らしい, らしく地下

▼ 観音~ (2, 0.1%)

1 とかいうよう, のなつかしい

▼ 観音~ (2, 0.1%)

1 にておとし, の戸

▼1* [119件]

観音あるいは妙音菩薩が, 観音おうまことの, 観音おだまき箱根小槌獅子丸などどれひとり道誉, 観音および四天王像の, 観音さまのである, 観音さま二十面相の腕, 観音さま地蔵さま阿弥陀さまといったよう, 観音さま濡れ仏にてお, 観音さま観音さまどうぞお, 観音そこにお, 観音そのままだと, 観音それだけで三時間位はか, 観音ただ一躯に茫然, 観音でありますがそれ, 観音であるならばかかる, 観音であろうともキリシタン, 観音ですよ, 観音でなくても人間, 観音でもあるまいと, 観音とかまたは駕籠, 観音なぞへは滅多, 観音など推古天平の, 観音などがズラリと, 観音などと同じく半裸, 観音などはそのころ綱封蔵, 観音なるものの, 観音においてはその衣文, 観音にまで高めたこと, 観音のみならずガラス, 観音まいりに出かけた, 観音この交番, 観音より帝大の, 観音よりの方に, 観音よりも更に白鳳的感覚, 観音をば出来得るだけ, 観音をも祀ったの, 観音シャマをかこイ, 観音一つ彫らすの, 観音両部に属し, 観音両部属の尊, 観音にも一二, 観音中宮寺観音などの仏像, 観音久次実は大岡越前守, 観音とのたまう, 観音二十八部衆の満, 観音五体の中, 観音付近の産, 観音以上に白鳳的, 観音するもの, 観音像がわりに動かし, 観音像その他優にエヂプト, 観音利益仇討というまくら書き, 観音力他を鬼神力, 観音力刀尋段々壊, 観音力観音の柳, 観音力釈然得解脱と牢, 観音遁賊難持命語の, 観音勢至らの大衆, 観音勢至文殊普賢虚空蔵などある, 観音古人にも是, 観音右側に天平, 観音四天は布袋, 観音地蔵等の仏菩薩, 観音坂下まで, 観音坂附近や蜂ヶ峰, 観音堂守となつ, 観音夢殿観音など推古天平, 観音夢殿観音百済観音等の神秘, 観音大悲を本尊, 観音太夫と仇名, 観音如意輪観音を始め, 観音如意香爐孔雀などという名高い, 観音子安の釈迦, 観音孔雀などという佳人, 観音宮戸川出現の条, 観音小槌おだまき獅子丸於呂知箱根沖波などという白拍子名, 観音へ往復, 観音巡拝者のこと, 観音左ニ勢至ノ二脇侍立像ガ侍立シテイテ, 観音を見た, 観音像は, 観音救世の績殊, 観音教どころの勢力以上, 観音でもある, 観音柳一名ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, 観音様これはね先代様, 観音様ほかのお願い, 観音様一寸八分の御, 観音様今日一日が無事, 観音様瓢箪池だって, 観音様郊外の野原, 観音法隆寺金堂釈迦及び薬師, 観音浄正の二山, 観音百済観音中宮寺観音などの仏像, 観音百済観音法隆寺金堂釈迦及び薬師, 観音百済観音等の神秘, 観音でありその, 観音皆名があるで, 観音神様などをば習慣的, 観音神田明神芝の愛宕, 観音秀府二疋の犬, 観音立ち給い必ずしも, 観音経読誦会の立札, 観音経読誦悠然として憐笑, 観音聖林寺の十一面観音, 観音聞しめして怒, 観音自身は白い, 観音菩薩像など描い, 観音と呼ぶ, 観音薬師寺東院堂の聖観音, 観音薬師熊野鳴渡, 観音西北大津道横須賀道となん, 観音にのった, 観音踏絵こんたす, 観音近松寺から出され, 観音金色燦爛微妙清音まん, 観音阿弥陀八幡が若宮, 観音阿弥陀如来聖観音の四仏, 観音院境内にオサルサマ