青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「観察~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~ ~親類 親類~ ~観 観~ ~観察
観察~
~観念 観念~ 観音~ ~覺 覺~ 觀~ ~角 角~ 解~ ~解い

「観察~」 3649, 39ppm, 2943位

▼ 観察~ (707, 19.4%)

77 ている 74 ていた 27 てみる 12 てゐる 11 てその 9 て見る 8 てい 7 てみ, てみよう 6 てゆく 5 それを, てこれ, てみたい, てゐた, て居る, 得可し 4 てみた, て来た, て来る, 記録し 3 これを, たりし, たるに, ていました, て居ります, て行った, 記述する

2 [32件] そこに, それに, たりした, たりする, たり仮面, ていない, ています, ているだろう, ていれ, ておいた, てごらん, てし, てもよい, て彼, て御覧, て病念, て見た, て見たい, て見よう, て見給え, て面白, ながら, 川の, 得可き, 研究し, 研究する, 研究すれ, 自然に, 解剖し, 解明し, 記述し, 難きに

1 [338件] あまねく見, いかなる感覚, いかに想像, かつ自分, すっかり心, すべてに, そこから, そしてゆっくり, そして自分自身, その上, その作品, その左翼, その形貌, その心持, その正体, その苦悩, その重量, それから, それぞれの, それぞれを, それに対して, それへの, たりじ, たりそれ, たり何, たり前後, たり押問答, たり書い, たり研究, たり社会, たり考え, たり蝦蟇, たり観測, たり評価, たるが, たるにと, ついでほろり, つつ, つつその, つつ今日, つつ知ろう, つつ自分, つねに神, て, てありません, てある, ていかり, ていきます, ていく, ていたかった, ていたであろう, ていたなら, ていたら, ていった, ていられる, ていられるであろう, ているで, ているでしょう, ているらしかった, てお, ておきたい, ておく, ておった, ておどろくべき, ております, てかからね, てかなり, てからアダナ, てから質屋, てきた, てくれ, てこう, てさび, てしかも, てしまいました, てしまった, てすぐ, てすめ, てそこ, てそっと, てそれ, てそれら, てたしかに, てたちどころに, てたとい, てつく, てとんぼ, てどう, てどうも, てのこと, てはいまい, てはいる, てはどう, ては私, てぶぶ, てみたら, てみなく, てみました, てみましょう, てみます, てみれ, てみ給え, てもこの, てもこれら, てもまだ, ても同じ, ても同一, ても尋常, ても田舎, ても素人, ても聖人, ても飽きない, ても驚くべく, てやった, てやりました, てやる, てゆきました, てよい, てゐなかつた, てゐました, てオコウちやん, てプラン, て一時間ごと, て一種気の毒, て下さらない, て主観的, て之, て二人, て云った, て互いに, て今日, て他日, て以, て体質, て余蘊, て充分, て先生, て公正, て其, て其の, て凡て死, て判ったら, て判断, て参ります, て双生児, て取ったらしく, て否定的, て呉れ, て喜ん, て報告, て夫, て女性, て嫉妬, て学界, て宛ら, て小生, て居た, て居られる, て平常, て廻った, て彼ら, て得た, て得られる, て愚痴, て愛す, て憂はしげ, て批判, て描い, て描き出し, て描写, て数種, て新年, て早く, て時節, て書い, て最初, て来, て来なかったらしい, て果して, て検事, て楽しんだ, て正宗菊松, て歩いた, て歩け, て歴史小説, て満足, て為し得べきでない, て無自覚, て現象的, て甲乙性格, て病気, て直感的, て知っ, て知る, て確か, て神, て私, て綺麗, て老年, て考へ, て而, て胴衣, て自ら娯しみ, て自分, て自然法則, て行, て行かなけれ, て行かね, て行きたい, て行く, て行こう, て要, て見, て見なけれ, て見ね, て見ました, て見ましょう, て見れ, て話し, て詳細, て誰, て貰う, て貰ひたい, て過ごした, て音楽精神, できるだけ理解, ながらつつましく, ながらどうして, ながらゆき子, ながらゆっくり, ながらスリッパア, ながら判定, ながら喋っ, ながら喋つて, ながら感嘆, ながら新田先生, ながら横, ながら画家, ながら笑っ, ながら答えた, ながら近代科学, ながら黙っ, に行った, はじめわたしに, はぢめ, またその, また実験, また解剖, もちろん私, やうといふ, よく写実, りっぱな, カケコンだ, ガラスの, ソファーに, ビスケットも, ポツダム宣言に, 一応論理化, 一方に, 不平不満の, 不自由な, 世界像を, 丙子の, 人情を, 人生を, 他方日本において, 何を, 催眠状態の, 傾聴し, 其の結果, 内部を, 写実主義の, 初めて読み出でた, 判断するべき, 創作する, 周囲を, 味は, 壊相や, 天下を, 女の, 女中の, 子どもとともに, 実態を, 実験を, 小説に, 彼を, 彼等と, 得可から, 得可く, 心臓部の, 思想の, 思考する, 想像する, 懐旧の, 或いは憤慨, 批判し, 批判する, 採集し, 探査しなけれ, 描写し, 描写する, 描破し, 描破しよう, 撮影した, 散策し, 新しい事, 明かに, 更にこの, 本能退化の, 材料を, 検定する, 次いで蒐集, 次にその, 次便で, 次第に自分, 注意深く, 理解したがっ, 省察する, 精査する, 純の, 素描し, 経験する, 考, 自分を, 自覚した, 自身を, 良く読む, 解明する, 記憶し, 試験薬品で, 認識する, 説明する, 進化を, 遺漏なく, 難し, 静かに, 風俗を, 風景だけの

▼ 観察する~ (440, 12.1%)

26 ときは 25 ことが 10 ことは, ように 9 時は 8 ことに, ことを 6 ことも, ために 5 ことによって, ことの, のが, のは, 必要が 4 とそこ, のである, を得可, 事が, 機会を 3 だけで, と, ということ, とその, もこれ, を要す

2 [26件] かも知れない, こと, ことである, ところでは, ところの, とそういう, とそれ, と内面的, と同時に, と鮎, にあ, にあらざれ, に過ぎぬなら, のだ, のであります, の余裕, の途二, を得ず, 人は, 余裕が, 余裕を, 方が, 時には, 時にも, 者が, 訳には

1 [217件] かそれ, か何事, がやがて, がよい, ことあり, ことから, ことそれ自身に, ことと, ことなし, ことによりて, こと丈け, こと前陳の, こと或は, すばらしい能力, ためであった, ためでありました, ためには, ため商人の, だけだ, だけであつ, だけでも当時, だけにきめた, だけのもの, だけの余裕, つもりだ, つもりである, という心持, という研究, という科学者, という舞台, といろんな, とおりに, とかの, とかまたは, とかれ, とか批評, ときあれが, ときそこに, ときに, ときには, ときの, とこいつ禁錮, とここ, とこの, とこれ, ところあらしめ, ところあらん, ところに, とこん, としたら, とすれ, とずいぶん, とそんな, とたしかに, とだいぶ, とともにまた, とどことなく, とまるで, とやっと, とチベット政府部内, と一つ, と一種, と中央, と二種類, と云う, と云っ, と他, と先ず, と共にその, と労働者, と宗教, と実に, と往来, と斯様, と最近, と満更, と画面全体, と私, と竹さん, と老媼, と職業, と自分, と至極, と虎杖, と蛇, と見た, と貧困, と釣狐, と震災直後, なか, にさきだち, にはぜひとも, には一週間位滞在, には自然鑑賞, には那珂川, に予め, に付け聞く, に先, に先ず, に到底, に及ん, に在り, に壺中, に慣れ, に方, に朝, に欠くべからざる, に止まり, に止めん, に此最後, に礼儀, に至り, に足る, に躊躇, に限る, に際しての忘, に頭, のだつた, のぢ, のであった, ので何れ, のに, のに都合, のも, のを, の利益, の栄, の機会, の習慣, の自由を, の謂, の途, は沈静不動, ばかりでなく, ひとも, ほかに, ほどの心, ほど興味, までもなく, ものが, ものは, ものも, もみな, も一国, も断じて, やうな, やうに, ような, よゆう, よりも一瞬間, より速い, わけには, を楽しむ, 一方独立展的, 上に, 上においても, 上にとっても, 事と, 事に, 事物が, 人の, 余裕なぞなく, 傍らに, 傾向すら, 力は, 力を, 商売の, 場合先ず, 場合漠然と, 場合高見順によって, 学術, 宇宙空間部分の, 対象に, 専門家の, 張合が, 役目が, 必要から, 必要は, 必要も, 我輩は, 方法にも, 方法を, 方自然に, 時の, 暇も, 有様は, 条件を, 様な, 機会が, 機会に, 機会は, 機縁に, 現象学を以て, 生態学と, 癖が, 直江蔵人左典厩屋敷と, 眼に, 私が, 科学者自身の, 立場に, 習慣が, 者なり, 者なる, 者に, 能力は, 能力を, 自分が, 芝居が, 芸術家には, 術を, 訳です, 試みも, 読者は, 邪魔に, 鋭い御, 非凡な, 面白さ

▼ 観察~ (337, 9.2%)

27 して 9 下して 5 もって 4 した 3 したり, すると

2 [13件] くだして, する, すること, する者, はじめた, 下したならば, 下すの, 主眼と, 放棄し, 書いて, 私は, 語った, 進めて

1 [260件] いきなりそれ, いろいろと, いろいろな, いろいろ述べる, おこない何ゆえ, お話ししたい, かんたん, きくこと, くは, こういう形式, こころみた, ことにしたる, させて, させるから, されるの, しかつ, したの, したもの, した一つ, した者, しては, しても, しながら, しました, しまして, しようと, しようとも, し上述, し刻々, し小さな, すでに自分, するため, するため誠一, するという, するには, するので, するん, する人達, する余裕, する小, する必要, せずには, そう述べた, つけ加えて, つづけた, なさんと, なしたるか, なすほど, なるべく綿密, ひろめ私, ほしいまま, まるでせな, もう少ししたい, もち続けようとの, もとに, やがて彼, やって, フッツリと, 一々紹介, 一緒に, 下さなければ, 下されても, 下しあるいは, 下しかつ, 下しこれ, 下した, 下したの, 下したもの, 下したプーリ, 下しながら, 下しまして, 下しまた, 下し之, 下し如何なる, 下し得たから, 下すこと, 下すとき, 下すなどは, 下すので, 下すよう, 下す事, 下す機会, 下せば, 与えるの, 並行させ, 中止し, 丹念に, 二三有っ, 云うの, 云って, 享楽し, 享楽する, 以って, 使嗾し, 信じて, 働かさなくては, 初瀬に対して, 刺戟される, 力強く確証, 加うる, 加えそれ, 加えて, 加えました, 加へて, 勉強しなけれ, 参照, 反復し, 反復出来る, 反映する, 収集し, 向けて, 向け得たという, 否定し, 否定する, 含んで, 呼ぶこと, 回らす時, 固持し, 土台と, 基礎と, 基礎に, 始めたり, 始めて, 始めるの, 娯しむ, 学び一生, 導きそれら, 少しも, 彼等に, 待つ必要, 得意と, 怠たって, 怠ったから, 怠って, 怠つて, 怠らないという, 怠らなかった, 怠らなかつたに, 怠るまいと, 怠ろうとは, 意味する, 打ち切って, 承認し, 投げ掛けて, 披瀝すれ, 持って, 捨てて, 排して, 描き得て, 提唱した, 支持すべき, 放つよりも, 敢て, 整理し, 文吉が, 施した, 書いた, 書き洩さずに, 書くこと, 有せざりし時代, 検察官の, 止めたり, 止めよう, 正しいもの, 此範囲に, 求めるもの, 求める現象, 深めて, 為さざるべからず, 為して, 無視する, 煩さね, 物語りはじめました, 狂わせる程, 発揮する, 益々深めつ, 目醒まされ, 眩まそう, 神代の, 私の, 積んで, 筆し, 簡単に, 精査せむこ, 精緻に, 終えると, 終った自分, 終ると, 終るの, 経と, 結果する, 続けた, 続けたらこの, 続けて, 続けようと, 綜合し, 縷々述べ始めた, 織込んで, 繰り返すこと, 習う, 聞きたかったん, 聴いた時, 自分に, 致しました, 行いかつ, 行うこと, 行うに, 行ったの, 行ふ, 裏づけさらに, 裏づけるもの, 要するは, 見出すこと, 見給え, 記したもの, 記載し, 記載した, 記述し, 記録簿一般に, 試みた, 試みたもの, 試みたん, 試みて, 試みよう, 試みる, 試みるとき, 話されると, 話しかけましたが, 話しだした, 語ったの, 語らせたく思った, 誤ったとは, 誤っては, 誤つた, 誤つて, 誤まったもの, 誤らしめるが, 誤らずして, 誤るまいと, 誤る恐れ, 警官や, 起す場合, 述べた, 述べたもの, 述べたり, 述べないかなど, 述べられた, 述べ又, 逞しくしない, 遂げた, 遠慮なくここ, 適用すべきである, 避ける準備, 鋭くし, 鋭敏ならしめ, 開始する, 面白いと, 飾りなし, 齎し来りて, 齎らし来り

▼ 観察~ (276, 7.6%)

9 眼を 5 深さ 4 ために, 下に, 対象と 3 上に, 中で, 細かさ

2 [17件] もとに, 中に, 力が, 年時を, 態度に, 正しいこと, 正しさ, 生育に, 目を, 眼が, 眼は, 範囲は, 結果から, 結果を, 鋭さが, 鋭敏なる, 面白さ

1 [207件] あらはれで冬, うちに, ここに, こまかなる, ごとき経験, ごとく, しかたが, しかたそれは, しかたで, しっぱなし, ためでも, できるいわゆる, なお熟し, もの二箇同, ようだった, ノートに, ポーズなどは, 一であろう, 一定の, 一度達したる, 一階段に, 上では, 上の, 下卑て, 不備を, 不可避的に, 不足と, 中にだけ, 仕事として, 仕方が, 仕方で, 仕方という, 仕方とかが, 仕方とは, 仕方に, 仕方の, 仕方は, 代りに, 例外たらしめ, 便宜と, 光りを, 光線の, 入用な, 全部に, 公平無私ならん, 出来ない身体, 分類を, 力に, 力によ, 力によって, 及ばざる処, 叡智を, 可能な, 周囲には, 周密は, 問題が, 土台に, 報告でも, 大抵は, 天才です, 奇抜な, 如何によっては, 妙と, 妙は, 妥当なる, 対象として, 対象に, 対象を, 尻を, 届く限り, 差は, 底を, 後に, 徹底的に, 心を, 必要な, 必要なる, 急所に, 意外な, 意義比較の, 手段が, 才を, 技術, 投げ輪, 持主であり, 指導と, 方法と, 方法を, 方法態度深浅等に, 方法自身が, 時間が, 本が, 本質を, 本質的な, 材料に, 根底に, 業である, 機会も, 機会を, 機敏なる, 機械である, 欠乏或は, 正当であった, 歩を, 殺気横溢し, 決して誤らざる, 浅い平凡, 浅さ, 浅薄なせゐ, 深いところ, 深く且大, 深浅態度等が, 源は, 点において, 為に, 為方は, 焦点を, 特有な, 狂ひであらう, 甚辛辣なる, 甚鋭敏なりし, 発表を, 発達段階の, 的だった, 目が, 目的物と, 直接の, 相違に, 眼で, 眼と, 眼に, 矛を, 矢を, 確実さ人間心理の, 科学であり, 範囲においては, 範囲も, 範囲以上である, 範囲以外に, 範囲以外の, 粗暴な, 精しい人, 精微と, 精疎, 精確を, 精神に, 精粗において, 精細ならざりし, 精細に, 精緻を, 系統は, 細かいところ, 結晶を, 結果として, 結果としての, 結果に, 結果は, 結果得られた, 絵は, 緻密な, 自由を, 至らないわけ, 至らない気, 興味が, 興味は, 良き指南役, 虫の, 行き届いて, 裏面には, 要点を, 視点, 視点に, 視野を, 角度が, 角度と, 角度を, 記述は, 記録である, 記録として, 記録を, 証拠と, 誤れる者, 豊かさが, 豊富さは, 資料が, 質に, 追求における, 通りだ, 通りを, 部分は, 金的とも, 鋭いそして, 鋭いの, 鋭い一面, 鋭い人, 鋭い彼, 鋭さ, 鋭さには, 鋭敏な, 錯誤と, 鏡に, 門の, 間にも, 際はとに, 類とは, 飛び離れた心力, 高度な

▼ 観察~ (147, 4.0%)

2 ない, むしろ簡単, 当って, 当つて, 正しいと

1 [137件] あったの, あまりに確か, あらゆる時, ある情景, いよいよ手, いよいよ鋭敏, うい, きのうの, けっしてし, こ, この何物, この感情, ご不平, さすがに, されて, じつに正しい, すぐに, すでに身, それから, それだけに, それを, たいがいな, たちどころに捻れ, たぶん間違つて, だからまだ, ちがったもん, つとに故人, どうする, どうも出鱈目, どれも, どんなに推移, なるほど一応, ほとんど不可能, ほとんど変更, まことによくわが, またそのまま, また他, まだ若い, まづまづ希望, むつかしい事, よせ, わけても, アメリカから, クールフェーラックが, ゴーリキイの, ツルゲーネフの, 一八〇〇年に, 一分のすきも, 事象の, 今に, 今日の, 他の, 伸子に, 何う, 何れも, 何処迄も, 余の, 僕ばかり, 全然まちがい, 全面的に, 凡そ以上, 出来かねる, 出来ない, 出来なかつたが, 出生を, 到底望むべからず, 勿論一部分, 勿論滑稽, 単なる観察, 古人に, 同年齢, 嘘だ, 多く得意, 多く支那, 多少一般世人, 大体において, 容易に, 寧ろ第, 対象の, 小に, 少し書き, 山を, 帚木が, 常に新鮮, 幕末史中最初まず, 広い意味, 彼れ, 徹底し, 必ずしも平凡, 恋の, 悉く中っ, 意味を, 批判精神という, 持って, 新奇な, 旧表, 時日も, 普通の, 曖昧に, 最も正しい, 根拠が, 極めて丁寧, 極めて合理的, 極めて皮相的, 機敏だ, 次第に緻密, 正しいという, 正鵠に, 比較的容易, 氏自身の, 深めなかった, 深刻に, 漫然紅梅に対する, 熟思へ, 犯罪心理という, 狂ったもの, 狂ひ, 狂わなかった, 生活必要品に対する, 町の, 相当鋭い, 研ぎ込まれて, 確かに, 私の, 科学が, 精緻を, 細かい, 肉眼で, 自然に, 蕪村俳句のより, 行届いて, 観察という, 誤りで, 読書に, 遂げられませんでしたけれども, 鋭い, 非常に

▼ 観察した~ (141, 3.9%)

10 ところに 7 ところでは 3 ことの, のである, のです, 所に 2 がその, のだった, のは, のも, ような, 上で, 事が, 所では

1 [96件] あげく洋次郎と, ある第三者, お延, かぎりの, からで, かをも知った, かを明, か特に, があの, がね, が別に, が東寧辺り, が結局, が酔っ, ことが, ことは, ことを, この事件, この事実, この感情, し男, だけで, だけでも分るです, だけでも十分, だけでも或, って詰らない, といった, ときは, とき尋常一様の, とき果して, ところである, ところによって, ところは, ところガン人は, に相違, のか, のち, ので, のであった, のであろう, ので今や, のと, ものが, もので, ものであろう, ものでした, ものを, ようで, ようです, わかり易い一例, わけです, オランダ人の, クレルヴァルの, グリムスタットという, シャスタを, 上讃美し, 人が, 人にとっては, 人の, 八十六個の, 処では, 処に, 前もってその, 同僚は, 場合に, 場合はたして, 場合働く, 場合私共の, 女靴の, 如くに, 彼は, 彼女には, 後でなけれ, 後に, 後二三の, 悪魔の, 敬太郎は, 文章を, 星の, 時の, 時作家生活の, 時自分は, 最初の, 概略の, 津田は, 点そして, 現実の, 瞬間に, 種々の, 竹見の, 結果として, 結果は, 結果確実に, 者多く, 贔屓目なし, 赤い蝶

▼ 観察~ (135, 3.7%)

14 よれば 12 よると 2 伝統を, 依れば, 出発せず, 己れ

1 [101件] あてること, あらざること, いそがしかった, かかった, かまけて, これまでとて, したがうと, して, すぎない, その後どれほどの, それほど脅え, たって, つつまれつつ, とどめるの, とりかかった, なったこと, なったところ, なるの, なる兄, ふけって, ふけるほど, ふみ入れて, ふり向け自然, もとづいて, よるならば, ズトン, ハッキリ抗議, バルザック的とも, 亢奮させ, 他ならない, 付され得るの, 体験に, 余念の, 依って, 依て, 依りて, 価しないほど, 価する場合, 偏したること, 偏せしめようと, 全身の, 加えて, 及ばぬ人, 基いて, 基くこと, 基く全, 基づいたもの, 基づいた信念, 基づいて, 基づく近代一社会層, 基因した, 堪へて, 大した自信, 大なる, 委ねたいと, 就ては, 常に終始し, 当って, 恰好な, 悖らざる痴漢, 我を, 拠ると, 接する, 新鮮味を, 於ては, 最も対応, 最も都合, 本いた, 欠くる, 正しいもの, 比しても, 気を, 注意を, 満ちた気持, 熟練した, 用いて, 由て, 由れば, 発展させられる, 直接に, 相違が, 科学的性質を, 科学的認識の, 立った会得, 立脚した, 笑いだしも, 終らせること, 終始した, 見落しの, 負ふところ, 通つた, 過ぎないん, 過ぎない事, 過ぎなかった, 道を, 適するやう, 適用された, 錯誤ある, 附せられた, 非らざれ, 養われた口伝

▼ 観察~ (128, 3.5%)

2 あります, 宿って, 必要である, 発達すれ, 行き届いて, 行われて

1 [116件] あつた, あの鋭い, あまりに狭隘, あり殊に, あるに, あるの, あるらしく兵馬, あれこれの, あれば, いくらか当っ, いるという, かえって創紋, かくの, かわきの, ここに, されて, そこに, ちがって, ちと足らん, できないため, できるよう, どこかに, どのやう, なくては, なされたの, はたして実用, ふくまれて, まちがって, やや細, ゆき届いた作, より現実, シッカリし, 一つの, 一緒に, 万事じゃ, 下されて, 下されても, 下される, 不可ない, 不足だ, 与えて, 促されて, 健康を, 充分な, 全宿中, 出来たの, 出来たもん, 出来なかったの, 出来ましょうが, 出来るわけ, 出来る原因, 動いて, 動も, 動機と, 単に集団的, 各頁, 吾, 嘘ばかり, 外国に, 多かった, 多くの, 多少その, 女を, 如何に, 如何に彼, 宿る, 巧みに, 度量を, 当面の, 彼の, 彼は, 往々この, 徒に汎, 必ずしも正しく, 必要に, 意外に, 或は当ってる, 本と, 次第に架空的誇大的, 次第に生んだ, 正鵠を, 決して狂つて, 浅薄であり, 深くない, 湧いた, 満蒙の, 甘くまるで, 田舎者たる, 男女共犯物盗り, 的確で, 直接この, 真正の, 真逆これ, 知らず知らず国民, 私には, 立つて, 細かいに, 細かすぎる, 終ったせい, 終了すれ, 色眼鏡を通して, 行なわれない場合, 行われるならば, 行届かなかった, 誤つて, 誤りである, 誤りであれ, 起るし, 進んで, 違いますわたくし, 鋭いと, 鋭い君, 鋭くていらッ, 鋭くなけれ, 関の山な, 非常に

▼ 観察~ (116, 3.2%)

4 実験との 3 分析と, 実験とを 2 周到な, 思惟とが, 想像の, 疑惑が, 解剖の

1 [96件] いっても, その丹念, その報告, その悲惨, その評価, どっちが, アラビア哲学の, タウェイハルウアの, デリケートな, 三項の, 云う者, 云っても, 体験とから, 俳優が, 全く矛盾, 内省との, 分析とを, 分析の, 判断と, 判断とは, 判断とを, 判断の, 努力を, 勉強によって, 司馬懿の, 同情が, 同情と, 同時に興味, 同様胎児が, 多少の, 実験と, 実験とに, 実験とは, 客観的な, 忠実な, 思われるもの, 思想とに, 思想とは, 思想を, 思索, 思索と, 思索とから, 想像が, 想像によ, 想像を, 感受力とで, 批判が, 批判とで, 批判との, 批判とを, 批評の, 批評は, 把握との, 推理とは, 推理に, 提案とに, 時代観察です, 正成一族の, 沈着と, 注意とを, 洞察とが, 浪漫主義的ファンテジイとの, 潤ひある, 玩味の, 用途の, 相容れないと, 真に近い, 真の, 知識との, 研究が, 研究とを, 研究に, 私の, 稀に, 空想と, 経験とが, 経験とに, 経験の, 結論とを, 自然何か, 著しく理想化, 行動, 表現を, 観測, 解剖へ, 解釈とが, 言ふも, 言へば, 訓練が, 記憶とを, 記述の, 認識の, 豊富な, 針を, 錯綜し, 頭脳とを以て

▼ 観察~ (115, 3.2%)

4 の態度 3 であった, である, の眼 2 として自ら, の位置, の立場, はこれ

1 [94件] があれ, がいた, がかれ, がそう, がその後, がちゃんと, が下した, が不断, が入れ代っ, が動物, が外部, が多く, が多く男性, が実際, が居ましょう, が真, が金, たらしめ露伴, たるべくその, たる僕, たる生理学者, だよ, であったの, であったシートン, であっても, でありいつ, であり一つ, であり予報者, であるかという, であること, であるばかり, である以上, でないと, ではあった, といえ, としてすなわち, としての別, としての徹底的態度, としての描写, としての研究者, としての能力, としてもロシア, として我々, として科学的精神, として選ばれた, となっ, ならずんば, なら日下部太郎, なりと誤解, にすぎなかつた, にとってすらその, にとっては母親, になっ, になろう, にはそれ, には昔時, には無限, には興味, には色眼鏡, にも珍, によって独創的, にわかる, に取っ, に対して言おうよう, に雪, のすでに, の一般的, の少し, の感想, の態度如何, の気持ち, の注意, の看取, の義, の落, の見落し, の軽薄, の運命, の錯感, の頭, はかく, はこの, はそれら, はむろん, はエセックス, は他, は智, は森全体, は清浄無垢, は自分, また契約, もまた, をし, を人間

▼ 観察~ (81, 2.2%)

4 をもっ 3 がある, と想像力, を持っ 2 がなく, が優れ, が鋭い, というもの, に富ん, の強い, を養成

1 [54件] から生ずる, がわかる, がテスト, が強かっ, が特に, が瞬く, が科学者芸術家, が鈍かっ, が非常, です, ですが, で如何なる, とあらゆる, といふもの, と推理力, と機智, と発育, などというもの, によって発見, による研究, に与える, に富みいた, に対する疑い, のお蔭, のすぐれた, のため, の乏しい, の優れた, の弱い, の欠けた, の練磨, の腰刀, の鈍い, の鋭い, の鋭敏, は人, は常に, は悲痛, は殆, は火, は真に, は科学, は非常, も非常, や分析的, や想像力, や考察力, をもった, を失, を持った, を練り, を養い, を養っ, 乃至は

▼ 観察すれ~ (71, 1.9%)

4 ばする 2 ばいい, ばこの, ばそれ, ば彼, ば日本

1 [57件] ば, ばあらゆる, ばいかにも, ばいまだかつて, ばおそらく, ばこういう, ばここ, ばこれ, ばこれら, ばそういう, ばそこ, ばそこで, ばその, ばそれで, ばそれほど, ばそれら, ばほとんど, ばもちろん, ばよかっ, ばよほど, ば一般, ば二曲線, ば人, ば他人, ば何等, ば作家ベズィメンスキー, ば兇器, ば全く, ば勿論, ば各, ば国民, ば奴隷制度, ば子守, ば実に, ば尋常一般, ば彼我, ば彼等, ば徐々に, ば従来, ば徳川時代, ば悲観, ば我が国, ば手近, ば新, ば方陣, ば最後, ば正面突破, ば決して, ば理性, ば種々, ば美, ば背中合わせ, ば著者, ば複雑, ば身代, ば農場, ば風

▼ 観察~ (49, 1.3%)

2 実験と, 実験という, 実験は, 実験や, 批評に, 批評等全てが

1 [37件] その際, 人間の, 出会う事件, 判断を, 勤勉や, 実験が, 実験によって, 実験も, 実験を, 常識的な, 形容の, 心理解剖の, 思想やは, 意見を, 感情が, 批判を, 批評が, 推理の, 推理を, 描写とは, 描破の, 断定だけ, 潮流図の, 組織的装置による, 考察の, 表現に, 表現は, 観測, 観測でも, 観測を, 観測実験, 記憶の, 記述に, 記述の, 評価の, 認識に, 説明に

▼ 観察から~ (45, 1.2%)

3 して 2 出発し, 出発する, 生れた

1 [36件] いろいろ批判, こんな事, その中, その人, でないと, でなくては, とり落されて, なるべく節子, のびて, はじまって, また仕事, もたらされた写実的, 予想されなく, 何かを, 入り深く, 出たもの, 出た語, 可笑しいアネクドオト交, 始まる, 始まるが, 導いて, 引き出されたもの, 得た材料, 急傾斜, 成る規則法則, 承知したらしい, 斯んな, 来たところ, 生ずる徴候, 生まれるもの, 生れて, 示唆され, 谷底部に, 逃れる事, 部落民は, 隠れて

▼ 観察~ (39, 1.1%)

1 [39件] から免れる, がやがて, が何, が自分自身, が鋭い, が鋭利, だ, であたり, である, でほとんど, で先日, で悉く, とその, とであらゆる, とは伯, とを半ば, などある, にお, には自尊心, による, に実にくっきり, に敬服, に映ずる, に非常, の代り, の特殊, はしばしば, もすっかり, をお, をこの, をそそい, をそなえ, をもっ, をもつ, を以て或, を具, を持った, を有せり, を用意

▼ 観察~ (36, 1.0%)

1 [36件] ある, あるが, あるに, あろうと, しなかったが, する, するし, た, できるであろう, ない, なかなか豊富, またしばしば, また違う, よく私, 亦実験, 仲, 凡誤りでは, 分析も, 加えました本家, 区々では, 可能である, 奇抜だ, 女らしくて, 少なくは, 当然こういう, 往々かく, 思想も, 想像およぶ, 敢て, 書かれたらルポルタージュ, 深くなり, 無理は, 相応に, 秘奥に, 薫は, 途中で

▼ 観察では~ (28, 0.8%)

4 あるが 2 ない

1 [22件] あるの, あるまいか, あるまいが, これは, すこぶる心もとなかっ, どうも妹, ないと, ないの, 不足であり, 何等の, 受けて, 君の, 土牛は, 小説家だ, 少し足らない, 必要な, 才能だけは, 日本人の, 無い先生, 舞踊の, 若い女, 誤りに

▼ 観察され~ (27, 0.7%)

7 ている 2 ていた

1 [18件] たりした, てい, ているらしい, て容易, て面白かっ, ながらこちら, ながら煮られなけれ, また末枯, また神, 含味されなけれ, 批判的に, 捜索される, 映画によって, 構成され, 記述され, 評価され, 評価された, 評価されるべき

▼ 観察~ (26, 0.7%)

2 がある, に立脚

1 [22件] からあの, からその, から云え, から人間, から男女, から考える, が外れ, が従来, であるという, といふの, と云う, に立っ, に立つ, に至つて, は元来, は実に, も現代人, より推究, をカルル, を急, を発足地, を示し

▼ 観察しよう~ (24, 0.7%)

6 とする 2 と思っ

1 [16件] と, というの, という下心, という慾, とされる, とし, とした, として面紗, とすれ, とはしない, と企てた, と努力, と思いました, と思うなら, と言, と謀むでゐた

▼ 観察~ (22, 0.6%)

2 あつた, 女の

1 [18件] あつて, すぐに, その後の, それは, なしに, なぜ盗れない, やるん, 地下の, 娘の, 実は僕, 当るの, 描いて, 片づけて, 現実を, 私には, 科学上多くの, 見付かったの, 解決が

▼ 観察によって~ (21, 0.6%)

1 [21件] ある程度確証, わかって, 全く事実, 各種の, 幾分充たされる, 得られたこの, 我々は, 描出される, 明かと, 更に確証, 書かれて, 現実の, 疑いの, 直接間接に, 示されて, 私の, 立証せられた, 自分は, 裏づけられること, 複雑な, 見れば

▼ 観察される~ (18, 0.5%)

2 ことを, のが

1 [14件] うちに, がよろしかろ, が深, ことだろう, とまず, のである, ので多く, やうに, 一つの, 事物も, 意識現象だけに, 時代に, 機会と, 現象である

▼ 観察という~ (17, 0.5%)

2 ものが

1 [15件] ことが, ことによって, この統計的研究方法, のに, のは, ものかも, ものとは, ものも, ものを, ような, 点の, 特殊な, 経験の, 統計的操作の, 複式の

▼ 観察~ (16, 0.4%)

2 な視線, に見

1 [12件] である, であるなと, な微笑, な心持, な理性, な目, な眼, な自己, にあたり, にそれ等, に把握, に眼

▼ 観察したら~ (14, 0.4%)

1 [14件] いろいろ面白い, その文人, ただ至当, どんなもの, ばかの, ば所望, もどかしさ, んには, 充分開拓, 彼が, 彼女は, 滑稽に, 適当な, 重吉の

▼ 観察~ (14, 0.4%)

1 [14件] が札幌, というところ, という刑務所, と云っ, によって保護観察, によばれた, に転化, の役人, の所長, は文筆関係者, へよばれた, へ犯人, も耳, よりの来状

▼ 観察である~ (13, 0.4%)

2 と思う

1 [11件] かの如く, かも知れない, から, が今, が平日書物, ことを, とか, と思われる, と独り, と雀右衛門, 日本人自身では

▼ 観察~ (12, 0.3%)

6 可きもの 3 可き 2 可く 1 可し

▼ 観察すべき~ (12, 0.3%)

3 ものなり 1 かを知る, ことあり, は富山洞, 事柄が, 任務を, 出来事を, 材料も, 者なり, 順序と

▼ 観察~ (12, 0.3%)

1 [12件] からそれ, から多少, から寸法, から確実, が最後, ということ, というの, という感じ, と云っ, と思った, と数学者, ね君

▼ 観察には~ (12, 0.3%)

1 [12件] いくらか, ならない, まだ不充分, みずから少し, 万, 便利でありました, 全く眩惑, 冷やかさ距離知的な, 右の, 常に, 徹底した, 教えられること

▼ 観察された~ (10, 0.3%)

3 児玉氏 1 のだ, ものや, 場合そこには, 幸福の, 描写という, 結果だろう, 野獣の

▼ 観察せざる~ (10, 0.3%)

6 可から 1 より来れる, をえない, を得ず, を得なかった

▼ 観察せん~ (9, 0.2%)

1 か, か彼, がため, と欲し, と欲す, と欲する, にはまず, に新しき, に露国

▼ 観察を以て~ (9, 0.2%)

2 すれば 1 し誇張, 其目的を, 方法として, 満足す, 終始し, 組立てられた地方色, 見て

▼ 観察しなけれ~ (8, 0.2%)

4 ばならない 2 ばならぬ 1 ばならん, ば詩論

▼ 観察せられた~ (8, 0.2%)

2 ものである, 事を 1 のであります, のは, ほかにも, または明らか

▼ 観察~ (8, 0.2%)

1 でもあった, とでも言ふん, とも自称, など, には誰, に観察, の目, の眼睛

▼ 観察~ (8, 0.2%)

1 がどんな, なるもの, にもそのまま, の分り, の最も, は氷河, は現代, よりもジョミニー

▼ 観察し得る~ (7, 0.2%)

1 という能力, ところである, のであの, ように, 地位に, 変化の, 素養が

▼ 観察~ (7, 0.2%)

1 ばすなわち, ばもっ, ばアジア, ば兵, ば果して, む, むあ

▼ 観察との~ (7, 0.2%)

1 いかに浅薄, 双輪を, 独自性を, 相離れざる, 精密な, 結果それぞれに, 間を

▼ 観察せられ~ (6, 0.2%)

1 ている, てわれわれ, 吟味せられる, 国民の, 彼らの, 或場合

▼ 観察であっ~ (6, 0.2%)

1 てさえそれ, てその, てむしろ, て外国小説, て姉ちゃん達夫婦, て本来

▼ 観察です~ (6, 0.2%)

31 が, がしかし, けれども

▼ 観察でも~ (6, 0.2%)

1 あった, して, たしかにそうだ, ないが, なければ, 有りうるから

▼ 観察にも~ (6, 0.2%)

1 はっきり語られた, 堪えない, 堪えないという, 堪へない, 堪へないといふ, 狂いは

▼ 観察による~ (6, 0.2%)

2 一般的推論 1 より外, 夫, 比類なき, 魅力によ

▼ 観察より~ (6, 0.2%)

2 すれば 1 斯く言, 法隆寺の, 生じたるもの, 超常識的観察

▼ 観察してる~ (5, 0.1%)

1 の, のが, ばかりでなく, 妻の, 自分の

▼ 観察しない~ (5, 0.1%)

1 でいた, でかさばり, で男子, ものまたは, 方である

▼ 観察するなら~ (5, 0.1%)

2 ばまた 1 ばその, ば別に, ば嘗て

▼ 観察とが~ (5, 0.1%)

1 あります, いる, 一致する, 要求せられるであろう, 身に

▼ 観察とは~ (5, 0.1%)

1 その性質, ゴーリキイに, 深まり小説, 自然に, 著しく相違

▼ 観察~ (5, 0.1%)

2 のである 1 のか, のです, んです

▼ 観察したなら~ (4, 0.1%)

1 ばそこ, ば必ずや, ば科学上, ば美しい

▼ 観察しました~ (4, 0.1%)

2 がこれ 1 ところまがいも, よ

▼ 観察であり~ (4, 0.1%)

1 また思索, 価値づけである, 又時所位, 近代精神文化の

▼ 観察~ (4, 0.1%)

2 四回参照 1 三回参照, 二回参照

▼ 観察されてる~ (3, 0.1%)

1 と思う, と考え, のを

▼ 観察されね~ (3, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならず

▼ 観察したる~ (3, 0.1%)

1 のみ元, ものは, 結果として

▼ 観察しなかった~ (3, 0.1%)

1 ことから, ため思う, のは

▼ 観察しはじめた~ (3, 0.1%)

1 が木沢, ときいつも, のである

▼ 観察し来れ~ (3, 0.1%)

1 ばそれら幾種類, ば其等幾種類, ば平民

▼ 観察すべく~ (3, 0.1%)

1 上を, 俗法師の, 鼻の

▼ 観察せし~ (3, 0.1%)

1 むることを命ぜず, 所なり, 点に

▼ 観察せられる~ (3, 0.1%)

2 が明治 1 においてはここ

▼ 観察であろう~ (3, 0.1%)

1 と信じ, と思う, と思われる

▼ 観察できる~ (3, 0.1%)

1 けれどもそれ以上, という特権, ものと

▼ 観察として~ (3, 0.1%)

1 では, 屡々口, 未しであろう

▼ 観察によりて~ (3, 0.1%)

1 はじまり実験, 事実が, 湧生す

▼ 観察をも~ (3, 0.1%)

2 決して閑却 1 怠っては

▼ 観察出来ない~ (3, 0.1%)

1 みじめさ頭の, 場合か, 場合又は

▼ 観察出来る~ (3, 0.1%)

1 し一ばん, のだつた, 一室の

▼ 観察及び~ (3, 0.1%)

1 取扱にあたり, 実験のといふ, 批評は

▼ 観察実験~ (3, 0.1%)

1 したり, によって実物, の価値

▼ 観察致します~ (3, 0.1%)

1 とこうした, とそこ, と武士

▼ 観察~ (3, 0.1%)

2 を御 1 を聞い

▼ 観察および~ (2, 0.1%)

1 思い出, 批評

▼ 観察からは~ (2, 0.1%)

1 得られないよう, 期待した

▼ 観察させる~ (2, 0.1%)

1 ことは, 為であった

▼ 観察され得る~ (2, 0.1%)

1 とは申しません, ものは

▼ 観察しか~ (2, 0.1%)

1 できなかった, 持てなかった

▼ 観察しきたら~ (2, 0.1%)

1 ば人生五十年, ば必ず

▼ 観察しなく~ (2, 0.1%)

1 ちやならない, てはならない

▼ 観察します~ (2, 0.1%)

1 と極端, と決して

▼ 観察し合っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て相手

▼ 観察し得た~ (2, 0.1%)

1 範囲の, 自然の

▼ 観察し来る~ (2, 0.1%)

2 時は

▼ 観察し続ける~ (2, 0.1%)

2 ということ

▼ 観察せず~ (2, 0.1%)

1 には居ない, 味解せずし

▼ 観察せね~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 観察せよ~ (2, 0.1%)

1 との内意, 観察せよ

▼ 観察せらるる~ (2, 0.1%)

1 もその, 以前から

▼ 観察だけで~ (2, 0.1%)

1 かういふもの, 済ましてを

▼ 観察だの~ (2, 0.1%)

1 批評だの, 自分の

▼ 観察といふ~ (2, 0.1%)

1 幽霊の, 方法のみ

▼ 観察とから~ (2, 0.1%)

1 では, 推して

▼ 観察とで~ (2, 0.1%)

1 作家は, 書かれて

▼ 観察とでも~ (2, 0.1%)

1 いった方, 申しましょうか

▼ 観察とに~ (2, 0.1%)

1 結び付いて, 負ふところ

▼ 観察とを~ (2, 0.1%)

1 私は, 簡約し

▼ 観察どころ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 観察など~ (2, 0.1%)

1 いつても, しなかったに

▼ 観察などは~ (2, 0.1%)

1 今の, 何等文学本来

▼ 観察によ~ (2, 0.1%)

1 つてその, つて三浦環女史の

▼ 観察によっても~ (2, 0.1%)

1 三名の, 昭和十年十一年頃に

▼ 観察ばかり~ (2, 0.1%)

1 で細かく深く, なさるん

▼ 観察よりも~ (2, 0.1%)

1 まず合掌, 華やかで

▼ 観察例えば~ (2, 0.1%)

1 死亡数の, 高速度撮影や

▼ 観察思想~ (2, 0.1%)

2 に通路

▼ 観察方法~ (2, 0.1%)

1 とかは許され, は次第に

▼ 観察~ (2, 0.1%)

1 というもの, にもえ

▼ 観察研究~ (2, 0.1%)

1 からくる, する純

▼ 観察~ (2, 0.1%)

1 が含まれ, によって一個一個

▼ 観察者たち~ (2, 0.1%)

1 にはこの, も段々

▼ 観察~ (2, 0.1%)

1 でこの, はそれ

▼1* [181件]

観察あらむ事を希望, 観察あり感慨あり, 観察あるいは諦観最も, 観察からいつても, 観察からの抽象である, 観察からもたやすく察する, 観察さえするよう, 観察させた作家漱石の, 観察させたならば結末, 観察されず主観の, 観察されたごとくチベット政府に, 観察されたら思いも, 観察されなければならない, 観察されましたが幸, 観察されるべきことである, 観察され描かれた汽罐車製造工場内の, 観察しえたのである, 観察したいと思った, 観察したかったけれど容易, 観察したがっていた, 観察したごとき諸点が, 観察したらしくそうで, 観察したら微笑むべき一九三〇年型を, 観察しだしたのだった, 観察しだす一時的倦怠の, 観察しつくしている, 観察しつけてゐる, 観察しつづけなければならなかった, 観察してやろうと腹を, 観察しなおしても以前, 観察しなほかかる場合, 観察しますると, 観察しましても同一, 観察しまするについて暫く, 観察しますれば儒教, 観察しまもれ闘って来, 観察しろ覚えておけ, 観察し去りてその, 観察し始めて思わず, 観察し始めたのである, 観察し始めるので病ん, 観察し学ぶべきことが, 観察し得可きもの, 観察し得ないものが, 観察し得るだろうがそれ, 観察し急いで小舎, 観察し悲しむべき人間の, 観察し掘っている, 観察し描いている, 観察し描き出したのを, 観察し描くことの, 観察し暮して居ります, 観察し書き留めんと欲する, 観察し来たればかの, 観察し来った功績の, 観察し来りてその, 観察し直さねばならなくなる, 観察し考えられなければならない, 観察し行く原質の, 観察し見おろし得るその場所, 観察し進んで各人, 観察すべきだな, 観察すべきであろうか, 観察すべし卒なる, 観察すら下して, 観察するあたわざるに苦しみ, 観察するうへに便利, 観察するでもなし, 観察せしめたりし, 観察せしめる普通の, 観察せずして全体, 観察せられるべきであろうと思う, 観察せられ得る一切の, 観察せる事すこぶる, 観察その村の, 観察それらのもの, 観察だすな, 観察だったが, 観察であったのだ, 観察できた筈だ, 観察でさえも映画によって, 観察でないのだ, 観察としては誤らないと, 観察とによって建築の, 観察とも云われない様, 観察と共に優れた本, 観察どおりであった, 観察ながら日本の, 観察なさるか伺い, 観察なされることと, 観察などと明るい筆つき, 観察などを働かす余地, 観察ならば又, 観察ならびにそれからの, 観察なりと信ずる, 観察なるもの, 観察において農業は, 観察においてもまたその, 観察にかけては天才な, 観察についてより十分, 観察についての示教を, 観察にても始めんと, 観察にのみ終始し, 観察によっては領地巡視中の, 観察によりましても国語の, 観察に対して十分私共, 観察ぶりも似た, 観察あらゆる観察, 観察までが伝えられて, 観察をと註釈を, 観察若シ法身, 観察シタ上デ, 観察シテ之ヲ記ス可シ, 観察一方から形式, 観察与りて多き, 観察乃至判断が, 観察事項等を含む, 観察候処一二の, 観察供給方を依頼, 観察光彩精神の高, 観察出来て結局ロング, 観察分析する, 観察分析発見という点, 観察創見に出会うた, 観察力判断力を働かす, 観察力批判力で腸, 観察力観照力は長い, 観察力記憶力なぞが非常, 観察即ち観測, 観察又は観測に, 観察図説して, 観察報告を書く, 観察奈何は姑, 観察実験推理の方法, 観察実験等について, 観察帰納演繹の手法, 観察往復の途中, 観察従って叙述描写の, 観察恐れ入りましたな, 観察所長をし, 観察批判を働かせ, 観察批評評価しこれ, 観察推究の力, 観察描写をふくめ, 観察整理され得ざるところ, 観察斟酌して, 観察未だ到らなかつた点, 観察材料としてここ, 観察比較する私たち, 観察法世界観といいます, 観察洞察史観を要求, 観察点すなわり前代社会, 観察煩悩具足の凡夫, 観察熟考に裏づけられ, 観察率直さを含ん, 観察現実批判の健康性, 観察申し上げないような, 観察申し上げるところでは, 観察研究事項記入の事, 観察範囲を出なかった, 観察精神をもった, 観察者らは単に, 観察者鑑賞者となっ, 観察能力のため, 観察自体など, 観察自身の蓄積, 観察表現よりももっと, 観察要項を列挙, 観察見聞したこと, 観察観念の間, 観察記述で感銘, 観察記録する興味, 観察診断した最も, 観察証知すること, 観察をし, 観察評価のうへにも度々, 観察誤りなしとしても, 観察議論も次第に, 観察や取扱方法, 観察音曲家屋の構造, 観察の省察