青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「観~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親切~ 親友~ 親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~ ~親類 親類~ ~観
観~
~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺 覺~ 觀~ ~角 角~

「観~」 5247, 57ppm, 2038位

▼ 観~ (716, 13.6%)

23 いた 16 いると 12 いる 11 いて 10 いるの 9 ゐると 8 いたの 7 いるよう 6 ゐる 5 いる者, ゐて 4 いるうち, いること, おります, くると, よい, 来て, 貰って 3 いたから, いたが, いたので, いるという, いるに, きた, 歩いた, 行くと

2 [45件] いたか, いたし, いたところ, いました, いよう, いるせい, いるところ, いるので, いる人たち, いる心, いる方, おかねば, おくべきもの, おったの, おられた, おりながら, しまうこと, しまうと, それを, とれる, まはつ, まはる, ゐた, ゐられる, ゐるだけ, ゐるだらうか, ゐるの, ゐるやう, ゐる病人, ゐる芝居, ピストル自殺を, 一晩中遊び戯れた, 人生なる, 取って, 取る, 寝る, 居ると, 居るの, 急に, 来た, 来ると, 私は, 自然に, 行こうと, 非常に

1 [462件] あき足りないで, あと座談会でも, あるいた, あるいたんだよ, あるいは否定, あるく, あれば, いい, いいうること, いいが, いいだろう, いいと, いきなり彼ら, いく, いくと, いたうち, いたかを, いたこと, いたせい, いたせよ, いただきたい, いただくこと, いただけ, いたと, いたという, いたもの, いたよう, いた二人, いた以上, いた孔明, いた彼, いた様子, いた男女, いと哀れ, いないこと, いないであろうが, いないと, いない証拠, いなかった, いなかったという, いましたが, います, いますが, いられて, いられないの, いられなかった, いられなくなって, いられるが, いられるもん, いるお花, いるかが, いるかは, いるが, いるきらい, いるし, いるだけ, いるであろうと, いるといった, いるとともに, いるのみ, いるばかりの, いるふう, いるべきです, いるほどな, いるものみたい, いるようだつたら僕, いるよりは, いるらしい, いるらしいの, いるわけ, いる中, いる人生態度, いる人間, いる以上, いる伸子, いる公卿たち, いる向き, いる将門, いる所, いる法, いる点, いる確信, いる範囲, いる自分, いる舞台, いる訳, いれば, うさばらし, うつつならぬ, おいて, おかなければ, おくつもり, おけ, おこう, おこうと, おこうという, おった, おらるるか, おられたこと, おられて, おられるに, おりましても, おりますが, おりますに, おり後半, おる, おるか, おわしたこと, お世辞, お考えなされ, かういふ写真, かれこれ言, きたが, きつと, くださる人, くれた, くれという, くれぬか, くれば, くわしく知らせろ, ここに, この作者, この映画, これは, これを, しづかなり, しばらくレジャンヌ夫人, しまったの, しまふの, しみじみと, しんみり睡つた, すぐ安土, すごした不満, そこに, そして学ぶ, そして種々, その印象, その喜憂, その国, その将来, その業力, その真髄, その線, その詩中, その起原, その風格, それから舟, それの, ただちに東亜, たのしく新鮮, たのしむばかり, とった, とって, とる鋭い, とれるだろう, とろうと, どうして己, どれほどの, なくても, はおられん, はおるが, ひそかに, ふたたびモスク, ほしいという, まいる, まいれ, ますと, まちがいあるまい, みても, みないと, みよう, みると, もらいたいと, もらいたいという, もらいに, もらうこと, もらう気, もらったので, もらったら彼, もらつたら朔太郎, もらはうと, やらうと, やらんからと, やれば, やろうとは, ゆかないと, ゆかねば, ゆくと, ゆくに, ゆくより, ゆく活眼, ゆこうと, よいあんばい, よく倦, よく用いる, われわれが, ゐたかと, ゐたの, ゐたので, ゐても, ゐない, ゐないのみ, ゐないもの, ゐないよと, ゐました, ゐますわ, ゐませんが, ゐられないといふ, ゐられないの, ゐられなかつたこと, ゐられる映画, ゐるかといふ, ゐるかを, ゐるが, ゐるけれども, ゐるその, ゐるに, ゐるので, ゐるもの, ゐるより, ゐる冬山, ゐる分, ゐる山, ゐる私, ゐれば, ゐればい, ゐ乍ら, サラベルナールを, ユリの, 一寸測り知られぬ, 一層よ, 一番厭やに, 一益は, 一言もっ, 一順その, 一順其関係比例を, 下さい俳人, 下さつた女史, 下さつた方, 下さるお, 下さるよう歌舞伎, 世の中の, 世の中を, 中国攻略の, 云って, 人間が, 今後頼みに, 仏蘭西の, 以て, 以来この, 仰ぐ眼, 伸子は, 何か, 何でも, 何時も, 俯向い, 俳優生活という, 僕の, 其の人, 其味を, 其或は, 初めて仏蘭西, 初めて此大画家, 別れたの, 力説なされた, 動くべきなり, 十四日に, 午後の, 参考に, 取ったの, 取つた上, 取れた, 取れたに, 取れた欣び, 名優の, 呑気だ, 善処し, 嘆いたおぼえが, 嘲笑つてる, 噛み合すよう, 外へ, 多くの, 大いに感激, 大過は, 失敬し, 好ましからぬ, 始めて芸術的感激, 娯しむ, 孔明歿後の, 官兵衛は, 実に独自, 実際私, 居さ, 居た, 居た時, 居り, 居るうち, 居るかの, 居るが, 居る人々, 居る者, 居る裡, 巡らしいち, 市の, 帝の, 帰った, 帰らんと, 帰りたいと, 廻つた, 廻つても, 廻り正午, 廻る, 廻るので, 引締める者, 後に, 微笑する, 心持が, 心配いたす, 必ず数万里外, 快楽を, 思うさまな, 恰も唯心論, 悟らねば, 悦んだ, 悲しむ秋, 情けなかつた, 愈々現在立国, 愕然と, 感じ得るだけを, 感動した, 感想を, 慨然として, 慾しゅうございます, 我が情, 戴きたいあなた, 戴きたいという, 戴きたいラサ, 損を, 散歩した, 数万里外の, 敵の, 斯ん, 早き朝餐, 早くも, 明かに, 是れ, 暮して, 曰くあなたの, 更に面喰, 書いたり, 最も時代, 朝夕に, 来たいし, 来たこと, 来たところ, 来たに, 来たらと, 来たアカシヤ, 来た人, 来た昂奮, 来た歌劇, 来た目, 来た良人, 来た芝居, 来ました, 来られたさうであるから, 来るの, 来れば, 松千代でない, 楽しむと, 楽しむもの, 楽しめない僕, 欲しかった, 此に, 此処へは, 此子は, 武蔵の, 歩いたもの, 歩いたらしいこと, 歩いても, 歩かせ気, 歩くには, 歩くの, 歩く中, 歩く誰, 歩く食べもの店, 死ぬるも, 決してこころよく, 活字函なす家群に, 涙を, 深く到り得, 深く刻まれた, 演出者が, 漢朝の, 無用な, 異様の, 白秋に, 益々現代, 眼も, 知って, 石田三成小早川秀秋浮田中納言その他の, 私に, 笑ひたい人は, 笑ひ興じた, 絵島の, 緑平老を, 置いたらと, 置かう, 置かなくては, 置きたいと, 置きたい土地, 置きたかつたので, 翻訳の, 聊か卑見, 自ら心の, 自分が, 自分の, 自分を, 自殺説は, 興を, 芝居とは, 花に, 行かないの, 行かなくっちゃ, 行きたいわ, 行くうち, 行けば, 行って, 西かとも, 要を, 見るが, 覚えて, 観客の, 言い出したは, 言葉を, 詠める歌七十五首, 諸人に, 警むる所あれか, 貰おう, 貰った, 貰つた, 貰らおうと思っ, 走れる也, 退き太鼓, 通つた, 通つたに, 進ぜる, 遊ぶ, 過ぎた日本, 酒垂山の, 醜さ, 長年も, 雨気の, 面白い, 頂きましたら三人共みな, 項羽は, 頗る有意義, 飽くと, 首将謙信の, 香を, 馴れ過ぎたから, 驚いた

▼ 観~ (584, 11.1%)

29 呈して 16 呈する 15 もって 9 なして, 持って 7 呈した 5 呈したの 4 抱いて 3 なせり, 呈するの, 持つて, 睨みつけて

2 [25件] いだいて, こらす事, さへ, たずねて, なし薄暮風, なすの, 一変する, 作り宇宙観, 呈したこと, 呈すること, 呈するもの, 呈せしめて, 土台に, 培って, 必要と, 意味した, 抱くこと, 拵えたり, 改めたるも, 有して, 決定する, 示す, 行ずる者, 語りたいと, 述べて

1 [428件] あまの, あらゆる特権, あらわし社会組織, あわれんだ, いうの, いかにかえ, いけないと, いだいた人たち, いだいては, いよいよ実際的, いよいよ深く, いよいよ深めた, お聞かせ下さい, お述べ, かき短い, きかせて, きらうすべて, ここで, この一連, さえ持って, さもさ, じっと凝視め, すすめよう, すでに呼びもどし, そそつて, そっくりそのままもっ, そのまま, ただ一気に, たった一語, たつた一語, だれにも, つかむには, つくった, つくり上げること, つくること, ていして, とどむ, なさ, なさしむる法, なさしめざるに, なした, なしたし, なしたの, なしたるか, なしたる者, なすと, なすべきや, なすほどの, なす者, なす風, ぬりつぶすため, はっきり持っ, ば意識的に, ふくだけ, ほのめかして, まざまざと, まず第, みる人, もう少し大きく, もち合わし, もつて, もつという, もつとは, もつに, もつべきであるかという, もつやう, もつプロレタリア作家, もつリアリスト, もつ作家, もつ者, やった, やっつけ得られるつもり, やはり自分, よく表し, よむ, よろこび迎えたもの, わがもの, わざわざ引き出し, 一に, 一変させる, 一寸匂わし, 一杯に, 一致させる, 一言に, 不安に, 与うるに, 与えさせるもの, 与えしやも, 与えた, 与える, 与えるよう, 与え時, 世界観だけとして, 中心に, 主張する, 乃至芸術観, 云い表わすだから, 代表する, 代表せし, 伝承し, 伴うて, 作す, 作って, 作り上げたもの, 作り出すの, 作り易, 作るもの, 保って, 信ずるもの, 修めた時, 修養しなけれ, 偶, 免れない, 其儘に, 具体的に, 内容と, 内省し, 凝らすこと, 出して, 出て, 初めて成し得た, 刻し, 創建した, 助成する, 助長せしめられる, 動揺させ, 動揺させる, 包蔵す, 十分身に, 参照されたい, 又技術的世界観, 取るかは, 句の, 同じくし, 含むもの, 含む事, 含んで, 吾, 呈しあたら, 呈しえたよう, 呈しき, 呈したにも, 呈したもの, 呈したり, 呈したるまた, 呈し加, 呈し正季ら, 呈し河上, 呈し見物, 呈す, 呈するまでの, 呈するもちろん, 呈するやう, 呈するん, 呈する兵器, 告白する, 唯物弁証法と, 唯物論的組織に従って, 問う, 啓蒙し, 営み夫, 固執する, 地盤と, 基礎づけた, 基礎とは, 基調と, 増補する, 変えて, 変ぜしめひいては, 変革され, 変革した, 多く持つた, 多彩に, 多量に, 天下に, 失うとも, 失つた, 嫌悪する, 学び承けようと, 完成する, 定着し, 実感として, 害せず, 容れるからの, 宿命として, 対比, 尊重成し, 導き出すには, 局部的にでも, 展開した, 市場と, 布衍し, 平凡な, 広く一般民衆, 強いられること, 強ひも, 強めて, 形作る, 彼女らの, 彼是言ふも, 彼等の, 待つさまざま, 得る以前, 得れば, 御披露, 忘れしめた, 念じたもう, 思はせるもの, 思わせるもの, 怨むと, 恣ならしめた, 恣に, 悲しいもの, 想う, 意味する, 意識し, 意識的無意識的に, 懐くの, 成して, 成じた時, 成り立たせる, 成就する, 成就すれ, 我ものとして, 或る, 批判し, 把んだ, 把持し, 抱かしむる, 抱く人々, 拒絶した, 拾つて紹介する, 持する事, 持たず何等, 持ち環境, 持った人々, 持った作家, 持った殿様, 持つた訣, 持つてかの, 持つ事, 持つ者, 指導しよう, 指示し, 据えて, 描いて, 揺り動かすもの, 擾乱する, 支配し, 支配する, 改めつつ, 放言し, 教えたなら侍, 教え込まれること, 整理した, 文学の, 斥けるそして, 新に, 是と, 是正し, 暗いもの, 最も露骨, 有し五, 有するが, 有するもの, 有って, 有つてゐる, 期待する, 本質的に, 根底から, 根底より, 根本的に, 根柢から, 根柢と, 植ゑ付け時代に, 検討する, 極端に, 樹てる, 歌って, 正す一つ, 洩らして, 流布させた, 添うるが, 添えるの, 添えれば, 演繹する, 為すに, 無意識的に, 無辺際に, 牧も, 物語る, 特に一定, 率直に, 理論的に, 生じて, 産まないまでも, 産まねば, 産むもの, 用意し, 用意する, 異にし, 発揚し, 発表した, 発見し, 盛った随筆, 眺めて, 睨んだぎり, 知って, 知らない, 知らなければ, 知りその他, 知りたい態, 知りたい気, 知ること, 知る以外, 破壊する, 確立し, 確立せね, 示すこと, 示す一つ, 示唆し, 社会文学の, 禁ずること, 禁慾主義的な, 私は, 私共に, 立て, 立てること, 立てんと, 端的に, 築く, 紹介すべし, 紹介又は, 経営する, 結果し, 結果する, 統一した, 織り込むこと, 考える上, 考へる語原研究, 考察せよ, 聞, 聞いた事, 聞かされたの, 聞かされたり, 聞かなければ, 聞きたい, 聞くと, 育てるに, 自覚し, 芸術に, 行じ, 行じた, 行ずると, 衒うの, 表すため, 表す敬語, 表す為, 表明し, 表現する, 袈裟がけに, 装う文芸委員, 補強する, 覆してまで, 見いだそうと, 見せた歌, 見た, 見たし, 見ても, 見守った, 規定する, 解剖し, 解明し, 言い表わして, 言わせて, 討ち洩らした口惜し, 評論し, 試みたい, 試みられては, 話すこと, 詳らかに, 誘うでも, 誘う一つ, 誘ふこと, 誘導し, 語るもの, 誤ま, 説くに, 説明しだした, 説明する, 読んだお, 読んだこと, 読者の, 論じ初め, 論ずる人々, 論ずる資格, 講演し, 講釈する, 豊富ならしめ, 貪看せしめ得ざること, 賛美し, 起させ仏門, 起すよう, 起す例, 超越した, 辞して, 述ぶる, 述べたるもの, 述べなければ, 述べます, 述べ人生観, 述べ尽したの, 送る, 透して, 造り出す, 遮るゆえ, 遺して, 部分的な, 陳べた一篇, 階級性に, 随筆から, 離れて, 露骨に, 面白半分, 顕揚する, 養うこと, 高めて, 高調し

▼ 観~ (557, 10.6%)

120 ある 58 あった 13 あります, あるの 12 あつた 9 あるが 8 あって 6 ないでも 3 あったの, あるから, なくは, 笑って, 違って

2 [13件] ありました, ありますが, ここに, 出て, 制度は, 叫んだ, 如何に, 必要である, 挿話的に, 新しくなる, 緊密妥当な, 頷いた, 飾りなく

1 [277件] あいも, あったから, あったが, あったよ, あったらだいぶ, あったら男, あった列車, あった頃, あっては, あっても, あまりにも, ありこの, ありすこぶる, ありそして, ありその, ありそれら, ありましょうか, ありますなれど, あります夫, あり不思議, あり峰頭, あり従って, あり最後, あり漸く, あり絞首台, あり舞台, あり若干, あり阪中, あり陳宮, あり震災, あるけれども, あること, あるこの, あるし, あるそう, あるその, あるだろう, あると, あるという, あるところ, あるとは, あると共に, あるので, あるよ, あるよう, ある主人, ある九時, ある何分, ある情熱, ある所, ある決して, ある点, ある筈, ある維新政府, いかなるもの, いかなる根拠, いるよう, ききたいですよ, きわめてしっかりしてる, くつがえされそう, くらまされて, ここまで, この作中, この問題, この山, この点, この長流, ころりと, ございまして, ごそごそ鐘楼, したから, ずーっと流行, そういう意味, そう云っ, そう教えた, そう鷹揚, そこから, そこに, そこへ, その侍, その前, その尖端, そろそろ登場, たしかである, だから方法, てら翁, できて, ではなく, どうして成立, どうなる, どのやう, どれも, どんなもの, ないで, ないよう, なかったなら, なく弱い者, なければ, はいって, はっきりし, ばかに, ひとつの, ふくまれて, へつたところ, まったく一変, もし正しい, やかましくて, よく訣, より独断的, チラッと, ブルジョア文化圏に, レンズに, 一つの, 一変した, 一種の, 一種均衡を, 万事後を, 不気味な閃き, 世の中の, 世界に対する, 世界直観だ, 主な, 二等辺梯形内に, 云った, 人心を, 人生を, 今日の, 他人には, 仮想される, 何かしら出来上った, 何かに, 何で鍛えられた, 何等の, 作中の, 健全な, 入りこんで, 六十年の, 其神格に対する, 凝視めて, 凡そ芸術家, 出来る, 出来上らない, 出来上るの, 別な, 南玉に, 単にその, 単に世界観, 厭世観である, 叙述され, 只自分, 同じくこの, 同時代人, 同様に, 呼ぶと, 命令を, 哲学の, 哲学体系にまで, 問わるべきであろう, 固まって, 国民全体の, 土台であり, 土鍋の, 地を, 声を, 変ったから, 変ったとて, 変ってしも, 変つた, 変つて来た, 変りましたね, 変るだけじゃ, 変化し, 外国人なかんずく, 多くの, 大きく浮上, 大体の, 如何に必要, 始めから, 存在する, 宗教的思想が, 宙に, 実験の, 容易に, 対立し, 小太郎に, 少なからず, 尻尾を, 幽霊の, 強く出, 強烈に, 彼女の, 往々に, 必要だ, 必要に, 悪魔の, 惟任どのを, 成り立つの, 成立し, 成立する, 手当を, 承知しなかった, 指導者の, 振向いて, 採用されれ, 支配的であり得なかった, 支配的に, 改まつ, 文学の, 族長的社会主義とも, 日本人の, 明かに, 明瞭に, 最も強く, 未熟か, 杓子から, 案外こと, 構成される, 横たわって, 歴史的時間感に, 段々移つて行つたの, 比較的後, 流露し, 浅薄だ, 無いの, 無意識だった, 牧を, 猿だ, 珍しいほどの, 現にそれ, 現れかける時, 現れたなら身体ぐるみ, 現れて, 現われること, 現代にも, 現代人の, 理論に対して, 理論的に, 甘かった, 生じたり, 生まれると, 生まれるとは, 生れて, 異つて, 盛んに, 直接に, 眼前に, 瞬と共に, 硬化状態に, 示す世界, 私のよりも, 私を, 窺はれる, 笑った, 箒を, 織りこまれて, 聞いた, 背後から, 自然と, 自然の, 芭蕉に, 著しく這入つ, 表現される, 襖を, 見られるの, 見出される処, 観念論的世界観によって, 観相の, 話すには, 赤と, 起る, 這入つて, 逞まし, 適用する, 邪魔を, 間違って, 頼母木の頭を, 類型としてしか

▼ 観~ (485, 9.2%)

7 上に 4 下に, 変遷, 眼を 3 ことで, 相違の

2 [39件] うちに, ために, ような, 一部を, 上の, 下では, 世界は, 中では, 中に, 中最, 体系化に, 側から, 内に, 内容が, 前に, 問題に, 大きさ, 如きもの, 徹底が, 我我に, 把握の, 方へ, 方向を, 是非は, 時は, 根柢に, 根柢を, 様式は, 目, 相違が, 簷下を, 背後に, 著る, 身のほどを, 韻文である, 風習が, 魏法師から, 魏法師の, 魏法師は

1 [382件] あったこと, あったカミョンスキイ伯爵, あった彼, あの一室, ある, あるの, あるもの, あるプロレタリア演劇, ある人, ある男, いかんに, いった生死, うえでは, うえに, おかげで, おのずからなる, おるお, お茶屋が, かの対立, こういった, こした芝居, ことが, ことである, ことでしょう, ことばが, ことを, このイデオロギー性, この撞着, この論理的真髄, ころだ, ごとき経験的, ごとくマテマテカ塾, さまざまなる, しからしめるところ, ための, ちがいであった, なかには, ながめ秘密荘厳, ながれが, はしがきの, はじめ前越後守伴龍男の, ほかに, ままを, もち得る論理内容, もつ真理典型, ようで, ようである, ように, よりどころ, イデヤに, インデッキスな, エッセイを, カテゴリーの, コンガラカッた, スタイルという, ハイカラでも, ポイントは, マンハイム的名辞を, 一つである, 一つの, 一つを, 一定の, 一支柱の, 一斑を, 一片に, 一片の, 一種の, 一種類や, 一部である, 一部に, 一部内景, 一部面に, 一面を, 上から, 上での, 上にも, 上手であろう, 不徹底さ, 不用意な, 世界, 世界を, 中で, 中には, 中の, 中心に, 主従的である, 主旨には, 云わば, 仮想に, 伏在する, 低下を, 何の, 何物である, 供養にさえも, 依然たる, 信奉者であった, 偏狭を, 側の, 側を, 先駆者の, 克服宗教的範疇体系の, 全体的統一は, 全然誤っ, 全貌を, 具体的内容と, 内にも, 内容と, 内容は, 内部構造については, 写した図, 出入などを, 出来上った, 出現とを, 刀法が, 初めは, 初め藤原保則が, 別から, 刹那的な, 前では, 前を, 加は, 加へ, 動揺怠惰への, 勝利を, 十三年玄奘法師の, 卑劣さ自信の, 原始状態に, 及びアトミスティーク, 反映であった, 反映として, 合理化された, 合理的内容を, 名こそ, 名で, 名でも, 名に, 名には, 名を, 含められて, 問題が, 問題であり, 問題です, 問題とか, 問題としても, 問題や, 問題を, 問題主題の, 問題内容と, 問題前衛の, 問題文学の, 問題社会的効用の, 土台と, 地盤の, 基点に, 基石の, 基礎, 基礎と, 基礎として, 基礎とな, 基礎の, 基礎を, 基調が, 声が, 声は, 変化であっ, 変化もしくは, 変化を, 変遷を, 変革に, 変革を, 外に, 多くは, 大根幹, 大略である, 奇怪な, 如何から, 始も, 姿を, 字で, 実質から, 客観的な, 客観的内容の, 寝息を, 対比に, 対象と, 屋根を, 展開の, 山門を, 崖上から, 差異が, 差異である, 差異に, 幽け, 底部を, 庵室に, 庵室は, 当否に関する, 当然の, 影響も, 後姿は, 従って又, 御多分に, 心の, 心理学, 必要を, 性格を, 息を, 成立の, 或代表, 所有者が, 所有者に対してのみ, 手が, 批判, 批評は, 把握とを, 抹殺と, 拒否の, 指図の, 探求なども, 提供せられる, 支持者であった, 支柱と, 支配した, 新しい観点, 方が, 方で, 方は, 普遍通用性を, 智力が, 暇法慮, 曝露として, 最も代表的, 有つ, 本能論の, 材料を, 柔らかである, 根元である, 根底と, 根底を, 根拠として, 根拠などは, 根拠を, 根本を, 根本問題に, 根本問題の, 根本的な, 根本的対立は, 検討, 検討が, 概略でも, 構造などは, 横行を, 欠如から, 歴史的で, 歴史的移行が, 残りを, 段階に, 比較的統一, 比較論か, 没人情と, 流行する, 涵養に, 涵養は, 深さ, 片鱗ぐらいは, 特徴を, 特異性が, 特異性である, 特異性に, 特異性による, 特異性の, 特異性を, 特色を, 独自の, 狭さ, 理義彼に, 理論の, 理論は, 理論化が, 理論的な, 理論的に, 環内に, 産物である, 異同, 発展と, 発展に, 発達を, 盛んな, 目で, 相映, 相異, 相違に, 真理を, 真理内容の, 真理内容を, 眼, 眼すなわち, 眼によってのみ, 眼心の, 矛盾を, 研究を, 確立である, 確立に, 確立において, 示唆に, 科学的立脚点に, 移行を, 程度が, 立ち合いの, 立去って, 立場から, 立場からは, 第一, 範疇体系が, 範疇体系な, 簷下に, 簷下へ, 素質が, 紹興蔵音弘教書院蔵に, 終は, 組織, 組織この, 結末に, 統一化に, 統一政治的鍛練によって, 纏って, 背後から, 背骨の, 自己崩壊から, 舞楽との, 荒廃し掛け, 表現形態が, 裏には, 裏返った速断, 裡に, 西房に, 要求に対して, 観想的世界に対する, 観点な, 解釈の, 言葉が, 言葉には, 言葉を, 詩的表現以外の, 話を, 詳しい対立, 認識と, 説明から, 説明にとっては, 課題にたいする, 論争に, 諸断片, 谷氏へ, 質が, 質も, 軌道を, 転回が, 連関の, 進歩新, 道主に, 道士王昇に, 違った旧, 遺骸に, 部分, 部分を, 長短を, 門派において, 閃きを, 限界を, 隅々までを, 雄弁な, 革新せられない, 頃までは, 類別は, 類型の, 飛躍であります, 飛躍を, 飛躍的な, 骨格と, 高下を, 魔睡, 齎物な

▼ 観~ (424, 8.1%)

18 行つた 8 立って 6 於て, 来て, 行くと 5 行く気, 行った 4 相当する, 行くといふ, 行くの 3 入って, 就いて, 捕われて, 立脚し, 行つ

2 [35件] いった, けり, すぎないの, つれて, とらわれて, ゆくこと, 先行し, 入らしむる階梯, 出かけた, 合理化せられる, 基き又, 基き又は, 外ならない, 対立する, 当る如来像, 抗し, 於ては, 映じたある, 最適切, 来たの, 止まって, 続く様, 聞いた, 行かう, 行かないもの, 行く, 行くこと, 行くもの, 行く人, 行って, 行っては, 行つたのだ, 襲はれ, 護られて, 過ぎないの

1 [273件] あい柳生石舟斎, あやまられて, ある拠り, いった事, お叩頭, かなりの, きて, くらぶれ, ことごとく同感, したがって, して, しても, その勢力関係, その論拠, それとなく予言, ぞくすべきである処, たいへんな, たった文学, とらわれるだろうと, どのよう, なって, なる, なるの, なんらかの新しい, はっきり現われ, ほかならない, もって, もとづいたもの, もとづいて, もとづくもの, もとづく人間超克, ゆかないけれども, ゆきたいという, ゆくつもり, ゆくので, ゆくほどの, ゆく気, よらずして, よるならば, 一つの, 一も, 一層の, 一致し, 一致出来ない, 与える反応, 与える決定関係, 与するもの, 世界直観に, 人生観に, 任して, 伴って, 似た人生観, 似た思想, 似るところ, 住し, 何の, 依って, 停滞し, 傾きかけた機運, 入った, 入り一道士, 入るの, 写らなかった場合, 冠した名, 出かける夜, 出掛けた, 到達し, 到達せね, 厳粛と, 参らされて, 参りまして, 反対し, 反対した, 反対する, 同じきがため, 向う第一歩, 含まれると, 呆れかえった使用人, 呆れかへ, 呼れたれ, 囚はれた, 囚われたもの, 囚われるほど, 圧倒され, 基いて, 基かざるを, 基きながら, 基くの, 基く修練, 基く当面, 基づく自覚, 基因した, 大きな刺戟, 安住し, 安易に, 富む, 対抗し, 対比され, 対立し, 導かれながら, 就ては, 差異が, 帰命し, 帰着せしめ, 引き換えて, 影響され, 影響する, 往かう宗左, 往った, 往って, 従って, 念じこの, 急に, 情操する, 或る, 打たれた処, 折々載せ, 接した刹那, 支えられ子供, 支配され, 敗けを, 斬りつけて, 新しき立脚地, 於けるや, 於けるアウトノミー, 於けるモメント, 於ける本質, 於ける社会, 於ても, 本づく, 来た, 来たこと, 来たじゃ, 来たそう, 来たと, 来たよう, 来たん, 来なさるの, 来られても, 来るだらうと, 来るんぢ, 根ざして, 椰樹の, 欠けて, 毒された, 比べて, 渡すの, 準じられなければ, 溶け入るべき概念的, 照らされて, 特別の, 現われる, 生きること, 留まらないならば, 異らない, 直接に, 私は, 移動が, 突入し, 立ち寄つたこと, 立ち後者, 立った一つ, 立っての, 立ってる人, 立つの, 立つ学問, 立脚する, 符合する, 終り切れないで, 結び付いて, 結び附けては, 絶対に, 罪が, 耽って, 肉薄した, 自分たちも, 至りては, 至れば, 色どられた, 若干の, 蜂谷が, 行かうと, 行かうといふ, 行かないか, 行かないといふ, 行かないよ, 行かない人々, 行かなかつたが, 行かなくなりまして, 行かぬといふ, 行かれなかったが, 行きたいと, 行きたい戯曲, 行きたくなく, 行きたく或は, 行きました, 行きましたそして, 行きましょうか, 行くある, 行くか, 行くかといふ, 行くため, 行くたんび, 行くつもり, 行くという, 行くとか, 行くところ, 行くな, 行くなんて, 行くばい, 行くほどの, 行くやう, 行くよ, 行くよう, 行くわ, 行くん, 行く人々, 行く元気, 行く前, 行く或は, 行く時, 行く毎, 行く芝居, 行けないと, 行ったか, 行ったこと, 行ったと, 行ったとき, 行ったところ, 行ったニコライ, 行った位, 行った宮部京子主演, 行った時彼, 行った途上, 行ってるかも, 行つたぐらゐのものである, 行つたニコライの, 行つた唯一人の, 行つて夜更けに, 裏づけられた哲学, 見惚れて, 触れたよう, 誘はれて, 誤謬が, 貫ぬかれた, 走りすぎる, 身を, 較べて, 近いこんな, 近い太子陵, 追はれる, 這入りたくなるよう, 連って, 連れて, 過ぎないし, 達した, 達する次第, 適合する, 重大な, 重大なる, 錯雑と, 降伏し, 降伏する, 限らずこの, 陥らざるを, 陥り今, 霧を, 非常な, 革命が, 革命を, 類似し, 驚嘆の, 高められた

▼ 観~ (282, 5.4%)

3 世界の

2 [14件] すべての, そう云っ, それが, なかった, まず第, 一変し, 何も, 哲学の, 多くの, 夫が, 存在論を, 彼の, 現在に, 現実の

1 [251件] あまりに偏頗, あまり飽気, あります, あり得るけれど, ある意味, いくらでもある, いずれの, いちだ, いっそう広い, いって, いわば, おそらく仏教渡来以前, おみやげのだ, かういふふう, かえってこれ, かなりはっきり持っ, ぐるぐると, こういう所, こう云っ, ここに, こともなげに答えた, この世紀, この点, じっと月丸, じっと牧, すぐその, すこぶる複雑, すこぶる身勝手, すなわち実行的人生, そういう意味, そういう気持ち, そこに, そっちこっち追いかけ, その名, その容子, その小石, その年齢, その技術, そばへ, それに, それ自ら浪漫主義に, それ自体の, そんなところ, たしかに一変, たしかに興味深い, だいぶちがう, だからもはや, ちょいと, つぶやきながら, であるから, できません, とんで, どうだ, どうであろう, なかつた, なんの, ひねくれた僕, ほうきで, ほとんど傲然, ぼくには, まだ強, もと時を, もはや文壇, わが知識, カタカタと, キリスト教における, ブルジョア, プラトン, 一つの, 一切の, 一定の, 一定形態の, 一応ただ, 一種の, 一般に, 世の中次第, 世界に対する, 世界直観では, 世界観としての, 主に, 主体的な, 之だ, 之に, 云うまでも, 云わば, 人生観, 人間から, 人間の, 人間を, 今でも, 今回の, 今日では, 今日に, 仏蘭西の, 他でも, 以上で, 伝統的に, 伴われて, 低い知識, 体系乃至, 何処までも, 余り薄弱, 作用しない, 俺の, 個々の, 別として, 別の, 十九世紀末的近代主義の, 南玉を, 単なる前提, 単なる思い込み, 単に先天的, 原始二元論とも, 厳格であり, 又決して, 反対に, 口で, 各種文化領域を通じて, 同じで, 同じもの, 同時にまた, 吾, 哲学と, 哲学に, 哲学を, 哲学体系自身と, 唯物論では, 唯物論的存在論を, 喜びの, 型を, 変化し, 大きい目, 大体つぎの, 大体記録の, 天変地異の, 奥州の, 如此に, 始めて言, 婚姻以前に, 実証的な, 実践的であり得る, 実際この, 審美感と, 封建時代からずつと, 平等観によ, 幾度か, 広げられて, 庶民の, 弁証法的思惟の, 当に, 当時の, 当然お, 彼にとっては, 従つて, 必ず一転回, 応挙の, 快楽なる, 思想が, 急に, 性的関係を以て, 我々の, 或いは一般, 手の平を, 抑, 数学の, 文学にとっても, 方法との, 時間の, 最も好く, 最初とは, 最初に, 最初一つの, 朕が, 朗かに, 本来は, 根ざす社会, 棠軒の, 極力排撃, 次の, 次の間へ, 次第に意識的, 次第に高次, 正にこの, 歴史に, 歴史の, 歴史的知識の, 比較的少数, 汚い木, 決して単なる, 決して浅い, 法衣の, 浄土教史観と, 清の, 炉の, 無機的自然や, 無論民族, 牧を, 独り理性によってのみ, 理想主義と, 甘い, 生ぜぬ, 異っても, 皆な, 直観な, 直観の, 眉の, 眼という, 確に, 祖父の, 秀吉も, 私は, 科学よりも, 空間の, 立上った, 米国婦人の, 綱手の, 肩の, 脣に, 脣を, 自分に, 自然科学の, 自然科学的方法の, 芭蕉崇拝者の, 若きわれわれ, 茶碗へ, 草を, 華厳の, 著書の, 蓋し松本平, 蘭書を, 虚弱者と, 西洋に, 要するにこの, 見る見る微笑, 親鸞にとって, 観念論的存在論を, 観想的と, 詳証学という, 誠に仕, 足を, 進化し, 金包を, 鋭く美しい活きた, 陰鬱な, 頷いた, 頷いて, 顎を, 顔を, 類型乃至, 首を, 魅力も

▼ 観~ (166, 3.2%)

6 方法との 5 方法 3 いうと 2 いふ, それに, 云うの, 云って, 云っても, 創作方法との, 文学の, 方法とが

1 [136件] いいその, いいますか, いうべきもの, いうほどの, いうよりも, いつたやう, いひ換, いやすの, おしが, おしてとうに第, する人, する必要, その複雑多岐, それから, だった, である, どう連絡, どこが, なって, なりどう, なる, なること, なるの, また併せ, カルヴァン式悲観とを, フランス文学の, 一作をも, 一致した, 一致する, 一致するだらう, 一般に, 世界思惟との, 世界観との, 並に, 云うこと, 云うと, 云う堂, 云う書, 云う表題, 云う道教, 云ったが, 五仏頂とが, 人生観と, 人生観とを, 他の, 仰せられる方, 何の, 全く同じ, 利害の, 前後し, 創作方法とを, 創作方法の, 叫びたがる人間, 各種の, 同じくすべて, 同じく浅薄, 名づけ仙骨, 呼ばれるの, 呼んで, 哲学とを, 如何に宿命的, 実感と, 宿命観が, 審美観とで, 当然ながら, 形式とを, 形而上学的範疇による, 彼とは, 復讐の, 思想方法との, 感想に, 戦うか, 手法とは, 技術とを, 文学とに, 文学文学の, 新しい芸術観, 方法とは, 早変りを, 暗夜の, 比較し, 浪漫的哲学の, 生活が, 生活との, 生活の, 生活様式の, 申す命, 異なること, 異る, 目標仕事が, 直接に, 直接相互決定の, 直接連った, 相互決定の, 相容れないばかり, 相調和, 社会的労働の, 科学に, 称した者, 稍や, 範疇組織との, 範疇組織とを, 素直な, 結びついて, 結びつく, 結合し, 考える必要, 自己の, 自然に, 自然科学との, 自然科学的, 自然科学的方法との, 自然科学観とは, 自発性とを, 芸術, 芸術性とが, 芸術論を, 衝突しない, 観念論的世界観とを, 観想的世界観との, 観想的世界観とは, 観想的世界観とを, 言うか, 言う風, 言っても, 言ふ, 論理と, 論理による, 謂ふ, 農村精神作興式の, 進歩的婦人観とに, 道士の, 錯覚自我説, 関数関係に, 闘いつつ, 雖も

▼ 観~ (105, 2.0%)

5 をすれ 3 である, ではない, をし 2 からすれ, がある, でなければ, にも描き, はいかにも, もある, をする, 感じ方

1 [75件] から, からする, から此, が他, が少し, が画家全般, が異う, が直ちに, が結局, が見物, くらいに解釈, でありましょう, ではあっ, でみ, で十人, で強, で現代女性, とおもわれた, として現, と云, と云う, と別に, などこそ随分, なの, にある, にもよる, にも相当, によってはおもしろい, によっては世界, によつて, に深い, に純粋さ, の出来る, の応用, はあんまり, はおの, はちがう, はできない, はできる, はなるほど, は一つ, は両者, は今, は何, は偏, は同じ, は近藤, ほど異, もあります, もする, もね, も作品, も感じ, も戦い, も正しい, も面白い, や考へ, や行き方, より文学, をしか持たない, をした, をしない, をなした, を上品, を含ん, を変, を彼ら, を徹底的, を持っ, を正しく, を私, を結論, 変わったからよ, 考へかた細か, 考へ方

▼ 観から~ (70, 1.3%)

3 すれば, 見れば 2 して, 始めて, 来て, 発生する

1 [56件] いえば, いって, こう云われる, それは, である, どのよう, もう一度彼, より多く, 一様に, 云えば, 云ったら父, 今に, 出た文芸復興調, 出て, 出るの, 出発した, 出立する, 切り離して, 剣難の, 割り出したかぎり, 割り出した物理学, 動機づけられ, 夫, 専門に, 情熱の, 或る, 排除する, 推して, 推察する, 来たもの, 来た虚無思想, 来るの, 来るもの, 来る混乱, 来る考え, 游離し, 生まれたという, 生まれた遺伝的感受性, 生れたもの, 生成し, 社会の, 福祉国家観への, 科学的方法が, 編み上げた至美至高, 考へて, 脱して, 自殺する, 蝉脱すべき, 裏づけられた哲学, 見て, 見ても, 見るとき, 規定される, 解放された, 言えば, 鑑賞批判した

▼ 観~ (68, 1.3%)

2 社会観を

1 [66件] が直接, きれいごとの, まして科学政策, またヴィルドラック, また家士, ものの, イデヤやは, ッた, 一存在理論の, 一般的生活意識やが, 世を, 世界観が, 世界観の, 主観の, 人生観に, 人生観を, 他文化領域, 作品が, 信条を, 倫理観に, 倫理観やは, 創作方法では, 哲学やを, 唯物主義の, 善を, 夫, 夫によって, 女性観を, 存在論から, 宇宙観の, 宇宙観や, 宗教観に, 宗教観も, 宗教観又は, 実証主義の, 実際生活, 宿命観やを, 平和への, 形而上学が, 徳育が, 思想という, 思想として, 思想を, 恋愛観を, 悲哀観の, 描写論を, 政治思想と, 文化理論は, 方法の, 既成宗教の, 昔堅気の, 更に, 東北人の, 正義観やの, 歴史主義は, 歴史観によって, 民情も, 理論のみで, 生活知の, 範疇や, 道徳の, 道徳観といった, 道徳観の, 音楽的世界観, 風俗に, 風物の

▼ 観~ (61, 1.2%)

2 あるが, やはり其

1 [57件] あるの, この第, しないうち, すべてが, そうなる, それに, たいがい同じ, ちと狭い, ない, ないで, ないほど, なくは, またこの, またしとやか, またその, また不断, 三人よれ, 世界観, 亦ここ, 亦世界, 人物観も, 人生観世界観も, 出て, 出ては, 出るわけ, 取りよう, 史家によって, 同じ差異, 否めないの, 含まれて, 固まって, 変って, 変つ, 宇宙観も, 宿星学も, 密教の, 審美眼も, 屋頂の, 常識という, 平等であり, 彼地の, 徐々に高められ, 得ない, 或いはかれ, 或は彼, 新しい価値, 書く意図, 永楽大鐘も, 源泉が, 物の, 略体得なし, 社会観も, 自己の, 至極気, 言うこと, 郷に従い, 高まり得ること

▼ 観~ (60, 1.1%)

5 である 3 だ, だと, になる 2 だった, です

1 [42件] が出ます, だか, だぜ, だそう, だったの, だつた, であった, であったろうと, であった昔, であつ, でありその, でした, でで, でもありやしない, というか比類, とする, となる, と思っ, と称せられる, と道ばた, なの, にされる, にぞくするだろう, にち, によって驚ろか, に大, に接した, に日本パノラマ, に日本館, に清明館, に違い, のほう, のよう, の一つ, の中心地, の始まる, はお, は尠, は時々, を妨げられる, を見る, 最難忘

▼ 観という~ (52, 1.0%)

4 ものは 3 ものを, ような 2 のは, ものも, 概念を, 言葉の, 言葉は

1 [32件] のだ, のを, ものが, ものじゃが, ものに, ものにまで, ものの, イデオロギーの, 一学説の, 以上すでに, 先生が, 厳めしい, 名に, 唐人が, 問題を, 地盤から, 坊主が, 堂が, 奴が, 字は, 容器の, 日本訳語は, 概念にとっては, 点に, 特色を, 皮から, 直観状態は, 言葉が, 言葉に, 言葉も, 言葉を, 資格を

▼ 観~ (51, 1.0%)

3 の頭, をし 2 にはなるべく, の注意, の眼, を共同製作者

1 [37件] が何と, が初め, が直視, として見, となるであろう, にうつ, にぼんやり, に与え, に好感, に示さん, に見せる, に逆襲, に関するあらゆる, に闘, のエスプリ, の主観, の位置, の内, の声, の心魂, の想像, の感覚, の立場, の視覚, の近代的, の頭脳, はその, はチットモ, は不満, は主観的, は忘れ, は被, もしくは聴者, をこの, を強う, を捉, を楽しませる

▼ 観ても~ (47, 0.9%)

1 [47件] あの一石, あり得ない, いい, いいという, いるまい, おれは, ここが, この点, さしつかえあるまい, すでに或, そうな, その面白, それが, そんなに面白い, そんな小策, まこと, やろうけれども, よく分る, わかるよう, バアトンが, 万葉歌に, 上杉勢の, 交通運輸に, 人間対照の, 分らぬ位, 合同反抗を, 女の, 山の, 巨人の, 当時の, 悉くに, 感じたこと, 新短歌, 時代は, 東洋大陸の, 民衆が, 然うだ, 私は, 終日に, 考えられない, 苦労が, 見あきず, 観あきない作品, 面白いもの, 顕然たる, 飽きないやう, 飽きない観れば

▼ 観によって~ (28, 0.5%)

2 規定される

1 [26件] すべてを, では, 人々の, 偽善的に, 充分に, 到って, 哲学に, 培われるの, 実践した, 導かれたこれら, 後々の, 思想を, 更に階級性, 様々である, 生まれたこの, 生活し, 用意された, 確保し, 科学と, 置き換えられねば, 考を, 裏づけられた方法, 解釈すれ, 解釈せずし, 輝き出す独特, 迎えられて

▼ 観~ (26, 0.5%)

4 あつた

1 [22件] あつたらう, あつて, あまりに常套, あらねば, ありうるわけ, おざりませぬ, しばりつけられ一面茶色, それが, みたされた男, ギリシア悲劇的に, 下駄を, 光が, 光りが, 当って, 彼らは, 後者が, 相手を, 紛らかして, 言われる限り, 踏みこんで, 鑑賞する, 階級的醜

▼ 観とは~ (26, 0.5%)

1 [26件] あくまで世界, いへ書かんと, そのアスペクト, その原始型, だいぶん違った, だいぶん違つた人達, どういうもの, ドクトリンや, 世界観に, 云わば, 人道主義では, 他の, 併し, 切実に, 可なり隔り, 同じもの, 大体この, 大分肌違ひ, 少しばかり, 広い意味, 必ずしも首尾一貫, 思われない, 相反する, 西と, 趣を, 違つて知識としての

▼ 観には~ (25, 0.5%)

2 多分の

1 [23件] あれ丈自由平等を, いつた, この事実, さっぱり内容, じつに絶好, た, ただ韋提希夫人観念, まずどれ, キリスト教的の, 一応註釈, 入らなかったもの, 写実と, 唯物論らしい, 常に七十余人, 或程度, 是非共に, 直接な, 自分の, 色々な, 観念論らしい, 記す必要, 這入つて, 道士が

▼ 観~ (23, 0.4%)

2 のを

1 [21件] から, からである, から或は, から氷, ということ, というの, というよう, というわけ, という考え, という見立て, とかいうもの, とかいふもの, とか云, とか云う, とか思想, とも考えられる, と云うべきである, と云わね, と信じる, な, ね

▼ 観である~ (23, 0.4%)

3 ことを 2 ことが, ことは, ということ, という点

1 [12件] かどう, から, がそれ, が人生, そしてこれ, という事情, と難, ばかりで, ゆえのみに, 以上勿論, 処の, 正像末三時の

▼ 観~ (23, 0.4%)

3 行って 2 かけつけて, たずねて, 出かけて, 往って

1 [12件] おもむいた, お叩頭, お詣り, ただしく呼びかけた, ついて, 参詣する, 夫は, 往った, 微笑した, 持って, 斬りつけたの, 斬り込んだ時

▼ 観~ (23, 0.4%)

2 なもの, な意志, のもの

1 [17件] な, な価値論, な原理, な従来, な思想活動, な意味, な意義, な様子, な永い, な統一, な要するに, な詩人情熱, な語, になり, に取扱っ, の感じ, 諸概念

▼ 観ある~ (22, 0.4%)

2 は如何, は葭町

1 [18件] が再考, が覗い, ことも, こと今日の, ところの, に於, のも, はただ, は何人, は実に, は止む, は誠に, もの何ぞ, も怪むに足らず, を否み得ない, を知らず, 態度で, 日本帝国は

▼ 観~ (22, 0.4%)

3 の作品 2 の画業

1 [17件] であるといふ, とそして, の, のあらゆる, の作家的実力, の画風, の若, は, はこれ, はその, はどう, は仕事, は墨, は直線, は私, は精神的拠所, を院展

▼ 観かた~ (21, 0.4%)

2 をもっ

1 [19件] が出, とでは全く, とゴーリキイ, と女性, に於, に止れ, のある, の不十分さ, の中, の主観的, の存在, の方向, の角度, の限度, はいつも真に, ばかりし, までを導き得る, 入りこみが, 描きかた

▼ 観瀾亭~ (21, 0.4%)

3 というの, の下, の床下 2 の襖絵 1 から瑞巌寺方面, がある, と行っ, に伊達正宗, に集まっ, のお, の壁画, へ行っ, を中心, を見

▼ 観では~ (18, 0.3%)

4 ない 3 なくて

1 [11件] ありませんか, あるけれども, ないだろうか, ないの, ない処, ない筈, なかった, なくそういう, 実在が, 理論も, 自我意識が

▼ 観~ (18, 0.3%)

3 して 2 という言葉

1 [13件] かい, したの, し松, だね, というの, といったところ, とかに転用, にまで及ぼす, によるその, の力, の欠けた, は既に, 態度の

▼ 観潮楼~ (18, 0.3%)

2 と名づけた

1 [16件] から斜かい, が出来上った, です, と名付けられた, に親しく, のやけあと, の上, の二階, の先生, の内部, の広い, の本棚, の窓, へは菊人形, へ参りし, や断腸亭

▼ 観たり~ (16, 0.3%)

3 して 2 語ったり

1 [11件] しお, しても, してるの, しなるを, し事, するが, するの, 出席簿を, 吸殼を, 本を, 考えたり

▼ 観とか~ (16, 0.3%)

2 華盛頓会議と

1 [14件] こき出されたそういう, また歴史, 云ったものの, 云って, 人生観とかいう, 人間観とか, 仕事の, 何とかいう, 呉敦などの, 実証主義とかと, 止観十乗とか, 流動観とか, 量子的世界観とかによって, 高尚の

▼ 観との~ (16, 0.3%)

1 [16件] 上に, 乖離は, 区別を, 協定乃至, 幾つかを, 特殊な, 相違に, 結合した, 結合の, 行き違い, 連絡も, 連関が, 連関に, 間には, 間の, 関係に

▼ 観自在菩薩~ (16, 0.3%)

5 深般若波羅蜜多 2 が深 1 が般若, というあの, において自己, のよう, の世界, の体験内容, の画像, は親しく, を見出す

▼ 観世界観~ (14, 0.3%)

1 [14件] がなけれ, が違っ, と叫びたがる, によってすべて, に至り, に関すること, の変遷, の必要, の特色, の革新, は独り理性, も史家, や道徳, を表現

▼ 観~ (13, 0.2%)

4 の現実主義者, の自然主義 1 に於ける, のリアリスト, の体系, の心法, の統一

▼ 観三昧~ (12, 0.2%)

6 に入っ 1 で立ちますれ, という名, に入った, に入らね, の指示, の示す

▼ 観~ (11, 0.2%)

7 のである 1 ので, のであっ, のであった, ほす

▼ 観として~ (10, 0.2%)

1 かかる態度, 不充分な, 取り上げる時, 多少の, 時代の, 現われたもの, 統一を, 絶対に, 見るぶん, 近世の

▼ 観時代~ (10, 0.2%)

4 の作 1 にどれ, には素朴, にも珍しい, のもの, の推移, は模作

▼ 観さえ~ (9, 0.2%)

3 あった 2 ある 1 呈した, 帯びて, 自分で, 超えて

▼ 観そのもの~ (9, 0.2%)

1 が一面, が実は, が小説, が歪曲, すらそのまま, である, の二元性分裂, の名, を決める

▼ 観つつ~ (9, 0.2%)

1 あれば, ゐて, 幽け, 思ひぬ, 時久し, 曲る, 籠らむ, 隣れば, 飯欲る

▼ 観であり~ (9, 0.2%)

1 その意味, それと, もう一つ, 世界観の, 他方は, 作者が, 又最も実際, 又益々そう, 品質だ

▼ 観でも~ (9, 0.2%)

1 あったの, あり得ないでは, ある, あるが, いいやつぱり幼稚, それが, 今日の, 兄弟は, 前に

▼ 観にも~ (9, 0.2%)

1 いつかつながる, かなりな, それに, 手が, 拘らず他, 根拠が, 示唆に, 美が, 行かず月々発表

▼ 観もの~ (9, 0.2%)

1 だ, だったので, であ, であった, である, としては如何にも, になる, の一つ, 有洛東にて

▼ 観瀾山~ (9, 0.2%)

2 の桜 1 からそれ, からほぼ, から眺められる, から見下した, から見下す, であれほど, で一緒

▼ 観~ (9, 0.2%)

3 の晩 2 の夜 1 と漢時代, の人, の人びと, の人人

▼ 観さん~ (8, 0.2%)

1 がまあまあ, がもう, が節附, が貴, でないと, のところ, は山, 云うて

▼ 観であっ~ (8, 0.2%)

1 てこの世, てその, てそれ, てはならぬ, ても或, て一般, て世間普通, て理論

▼ 観なる~ (8, 0.2%)

2 ものが, ものは, ものを 1 が正面, 概念は

▼ 観乃至~ (8, 0.2%)

1 人生観説を, 人間学は, 哲学体系に, 哲学否生活そのものにとって, 因縁観等を以て, 存在論は, 生活意識が, 発見説と

▼ 観~ (8, 0.2%)

1 から真下, から見る, から降り, に咲く, に立っ, の上, の真下, をおこさう

▼ 観無量寿経~ (8, 0.2%)

21 にとき, に拠っ, のごとき, の中, の韋提希夫人, や宝積経

▼ 観~ (7, 0.1%)

1 ておれ, て帰船, て楽しん, て野外, 台上に, 国防的経綸を, 遂に時間

▼ 観ては~ (7, 0.1%)

1 いけません旅行, いたが, いないん, いるが, ゐなかつた, 一面に, 殺風景だ

▼ 観であった~ (7, 0.1%)

1 がそこ, がホッブズ, ことを, だがこの, とすれ, わけであります, 世界像に対しては

▼ 観とが~ (7, 0.1%)

1 あるにも, なければ, 三木の, 又し, 君の, 極度に, 筆頭である

▼ 観とを~ (7, 0.1%)

1 一纏めに, 例に, 信奉し, 具し而, 対立させる, 有す, 音楽を通して

▼ 観ながら~ (7, 0.1%)

1 これも, しみじみと, そのま, 徒然に, 愚痴を, 見物が, 遊びに

▼ 観なき~ (7, 0.1%)

5 に非 1 にあらず, を得ない

▼ 観を以て~ (7, 0.1%)

1 しては, し世間慾, するより, すれば, 世間から, 見るべき芸術, 貫かれて

▼ 観化流~ (7, 0.1%)

21 の剣豪茨右近, の大, の定法, の海内, は茨右近

▼ 観~ (7, 0.1%)

1 に現われた, に読誦大乗, の前, の曼陀羅, はこの, を初め, を訳した

▼ 観といった~ (6, 0.1%)

5 ような 1 人為家に

▼ 観といふ~ (6, 0.1%)

1 ものが, ものを, やうな, 作家を, 染料絵具や, 道徳的な

▼ 観による~ (6, 0.1%)

1 この村塾主義, のであり, 世界像は, 中入り軍の, 対立は, 長いよしみ

▼ 観~ (6, 0.1%)

2 が勝れ 1 に疲れた, の歌, はかれ, やなどによる美的法悦

▼ 観~ (6, 0.1%)

1 だけがただ一人障子, に勤め, に筆, の門流, は, は車

▼ 観行院様~ (6, 0.1%)

1 から聞い, にお前, はまた, は至って, は非常, もまた

▼ 観~ (6, 0.1%)

1 とは畢竟, などを読ん, の程度, を書き, を立てる, を裏づけする

▼ 観としては~ (5, 0.1%)

1 事実上プロレタリアの, 存在乃至, 理想が, 理想主義とも, 理想主義に

▼ 観などに~ (5, 0.1%)

1 どれほど本気, よさ, ワタリを, 眼を, 関係が

▼ 観なども~ (5, 0.1%)

1 さること, 余して, 同様であったろう, 従って太平記, 眼を

▼ 観において~ (5, 0.1%)

2 観じ得た如来 1 憎むべき黒住団七, 楽天だ, 物心の

▼ 観にまで~ (5, 0.1%)

1 さまよい出なければ, そうした哲学的統一, 整理, 歴史的に, 連絡させる

▼ 観に対して~ (5, 0.1%)

1 だろうが, ゲーテは, 一寸特殊, 新たな, 近代の

▼ 観また~ (5, 0.1%)

1 よく考へる, わが国の, 此方から, 考えても, 考へる事

▼ 観人生観~ (5, 0.1%)

1 がどう, だから, であるという, なども余し, を盛った

▼ 観及び~ (5, 0.1%)

2 次の 1 実在論的認識論は, 審美心に, 社会観から

▼ 観~ (5, 0.1%)

1 美術会と, 美術会の, 美術会は, 美術会を, 雑帖にも

▼ 観~ (5, 0.1%)

2 の生涯 1 と玄義, には前代名家, に聴く

▼ 観桜会~ (5, 0.1%)

1 に行く, のころ, の主催者, はしません, を開い

▼ 観潮楼歌会~ (5, 0.1%)

2 があつ 1 といわれる, のあった, は一

▼ 観あり~ (4, 0.1%)

1 あに慨すべき, とす, 哲学あり, 文芸批評あり

▼ 観~ (4, 0.1%)

1 うした, うして, へすれ, へ抱かされる

▼ 観としての~ (4, 0.1%)

1 ヒューマニズムと, 科学的意味を, 立場における, 韻文

▼ 観とで~ (4, 0.1%)

1 あまり多く, 世界の, 固まって, 自然を

▼ 観とに~ (4, 0.1%)

1 一つの, 分ち得ると, 支配された, 置いたもの

▼ 観などを~ (4, 0.1%)

1 とやかくいわない, 弁じて, 意味する, 語ったが

▼ 観について~ (4, 0.1%)

1 一つの, 一言半句も, 我等は, 説明し

▼ 観に関する~ (4, 0.1%)

1 ことは, ならば, 論文で, 限りに

▼ 観への~ (4, 0.1%)

1 導火線と, 戸口を, 転換の, 逃避でも

▼ 観より~ (4, 0.1%)

1 云へば, 因縁行へ, 生ずるもの, 空行へ

▼ 観をさえ~ (4, 0.1%)

1 なして, 呈して, 呈するに, 裏付けて

▼ 観~ (4, 0.1%)

1 から登っ, でお待ち, という寺, の向う

▼ 観~ (4, 0.1%)

1 とは静, に非, の子, は夙く享和元年

▼ 観~ (4, 0.1%)

1 と出かける, の季節, の客, の日

▼ 観~ (4, 0.1%)

1 から望み見, に坐する, に小林萬吾, の卓

▼ 観的統一~ (4, 0.1%)

1 と云った, によって各々, をも与えない, を哲学

▼ 観社会観~ (4, 0.1%)

1 がこの, といふやう, にもかなり, をもっ

▼ 観聞志~ (4, 0.1%)

2 と云, もし過ちたら

▼ 観~ (4, 0.1%)

2 を中絶 1 するやう, にでかけ

▼ 観~ (4, 0.1%)

1 の手紙, はその, は勢至丸, をさんざんもち

▼ 観遊山~ (4, 0.1%)

1 というよう, には持て来い, に出る, に出懸け

▼ 観ありし~ (3, 0.1%)

1 と同様, を以てマイエル以後, を以て其の

▼ 観からの~ (3, 0.1%)

1 一つの, 当面の, 時に

▼ 観からは~ (3, 0.1%)

1 当然倭, 恐らく有終の美, 稍外れる

▼ 観しかして~ (3, 0.1%)

2 奇に 1 他の

▼ 観たる~ (3, 0.1%)

1 に過ぎない, 唯物史観における, 莫らんや

▼ 観って~ (3, 0.1%)

1 ずく入に, 坊さんを, 坊主が

▼ 観ての~ (3, 0.1%)

1 上の, 名称である, 問答にも

▼ 観てを~ (3, 0.1%)

1 り, 居りけり十月末, 居りける

▼ 観とも~ (3, 0.1%)

1 申すべきもの, 異る, 違つて居た

▼ 観どころ~ (3, 0.1%)

1 がある, があるだらう, の騒ぎ

▼ 観など~ (3, 0.1%)

1 こんな面, そのまま受け入れる, 親近の

▼ 観なり~ (3, 0.1%)

1 ければ, 世界観なり, 兎に

▼ 観によ~ (3, 0.1%)

1 つてのみ, つて生きる, つて身命を

▼ 観に対する~ (3, 0.1%)

1 反撥と, 目立たしい, 註釈である

▼ 観へまで~ (3, 0.1%)

2 おりた時 1 連絡しよう

▼ 観よう~ (3, 0.1%)

2 として居る 1 に由っ

▼ 観をすら~ (3, 0.1%)

1 呈して, 導き込むやう, 組織正しい

▼ 観をも~ (3, 0.1%)

1 持って, 未だ確立, 聞きたいもの

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 丞来り, 従頭至足無, 我皇室の

▼ 観人生観世界観~ (3, 0.1%)

1 がなけれ, によってすべて, は独り理性

▼ 観人間観~ (3, 0.1%)

1 が尻尾, の不用意, をもっ

▼ 観供養~ (3, 0.1%)

1 の林邑楽, の記録, より先だつ

▼ 観僧都~ (3, 0.1%)

1 あるのみ, がある, を訪ねました

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 で暮らす, に目, の状況

▼ 観又は~ (3, 0.1%)

1 その文句, 唯物論的存在論に, 観念論的存在論に

▼ 観国家観人生観世界観~ (3, 0.1%)

1 がなけれ, によってすべて, は独り理性

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 がお目にかかっ, とその, の

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 の遊覧, の酒宴, の酒宴以来其方

▼ 観殿~ (3, 0.1%)

2 に入れよう 1 ノ南ニ

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 というもの, に触れる, を以て破

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 の場所, の希望, は年来

▼ 観~ (3, 0.1%)

1 では, はことさら, 観自

▼ 観~ (3, 0.1%)

2 の勝地 1 の碑

▼ 観~ (3, 0.1%)

2 を験し 1 すなわちクレボヤン

▼ 観覚得業~ (3, 0.1%)

1 という人, の手紙, も弟子

▼ 観道徳観~ (3, 0.1%)

1 がどれ, で下駄, を以て見るべき

▼ 観あれ~ (2, 0.0%)

1 どこれ, ども広重

▼ 観こそ~ (2, 0.0%)

1 思想な, 新しい世紀

▼ 観した~ (2, 0.0%)

1 ものだ, ものと

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 て馬, 候如くに

▼ 観すこぶる~ (2, 0.0%)

1 淡雅優美, 面白味が

▼ 観すら~ (2, 0.0%)

1 ある, ないこと

▼ 観する~ (2, 0.0%)

1 となんと, にこれ

▼ 観そこ~ (2, 0.0%)

1 なったピスカトール, なつた五人

▼ 観その~ (2, 0.0%)

1 目で, 認識論を

▼ 観たりて~ (2, 0.0%)

1 ふその, ふ一種

▼ 観でなく~ (2, 0.0%)

1 しかるに哲学, 物処について

▼ 観とかいう~ (2, 0.0%)

1 こむずかしい方面, 程の

▼ 観とから~ (2, 0.0%)

1 人生に対して, 切り離されて

▼ 観とでも~ (2, 0.0%)

2 いうもの

▼ 観なし~ (2, 0.0%)

2 とせず

▼ 観などと~ (2, 0.0%)

1 いえば, しゃれたことをいうのはおかしいが

▼ 観などは~ (2, 0.0%)

1 その一例, 一応統一的

▼ 観なんか~ (2, 0.0%)

1 この際, 信じるもの

▼ 観における~ (2, 0.0%)

1 根本概念が, 根本概念は

▼ 観にたいして~ (2, 0.0%)

1 反抗する, 地上に

▼ 観にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 観にとっては~ (2, 0.0%)

1 このよう, 眉に

▼ 観みたい~ (2, 0.0%)

1 な明日, な芸術家観

▼ 観もしくは~ (2, 0.0%)

1 人生観と, 人間観を

▼ 観やう~ (2, 0.0%)

1 といふやう, とする

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 るべきもの, るる人

▼ 観わが~ (2, 0.0%)

1 捨てがたき, 捨て難き

▼ 観をば~ (2, 0.0%)

1 その最も, 何と名づける

▼ 観三年~ (2, 0.0%)

1 に長安, の

▼ 観九年~ (2, 0.0%)

1 にはじめて, の条

▼ 観人世観~ (2, 0.0%)

1 が始め, にかなり

▼ 観人生~ (2, 0.0%)

1 もわかった, を観

▼ 観十三年~ (2, 0.0%)

1 という年, の条

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 其最上の, 貴族政治時代の

▼ 観呉敦~ (2, 0.0%)

1 の輩, をはじめ

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 で鉄砲, を流行らせた

▼ 観女性観~ (2, 0.0%)

1 をお, をそのまま

▼ 観客席~ (2, 0.0%)

1 が取り囲ん, を埋め

▼ 観~ (2, 0.0%)

2 を観

▼ 観往生~ (2, 0.0%)

1 と謂, と謂われる

▼ 観恋愛観~ (2, 0.0%)

1 がレンズ, はある

▼ 観或は~ (2, 0.0%)

1 想像を, 白鳳彫刻観から

▼ 観房源智~ (2, 0.0%)

1 は, は備中守師盛

▼ 観批評~ (2, 0.0%)

1 したもの, し想い

▼ 観~ (2, 0.0%)

2 抜くほど

▼ 観智国師~ (2, 0.0%)

1 という高僧, の法友

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 いろいろと, でいろいろ

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 とは関係, と五行

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 が亡師春山, の肖像画

▼ 観漢紀~ (2, 0.0%)

1 に於ける, 或は後

▼ 観理僧都~ (2, 0.0%)

1 が延長年間, は

▼ 観的立場~ (2, 0.0%)

1 から取扱おう, に立っ

▼ 観経曼陀羅~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 あるもの, に聞い

▼ 観自身~ (2, 0.0%)

1 が又, が歴史的

▼ 観芸術観~ (2, 0.0%)

1 であって, を支配

▼ 観誦すれ~ (2, 0.0%)

2 ば無明

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 の如き, を持

▼ 観象会~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の目的並

▼ 観象台~ (2, 0.0%)

1 に使った, の課長

▼ 観過し~ (2, 0.0%)

1 ていた, 難い点

▼ 観道徳意識~ (2, 0.0%)

2 によつて

▼ 観~ (2, 0.0%)

1 を凝し, 大教主経

▼ 観難き~ (2, 0.0%)

2 が故に

▼1* [422件]

だし事とは, 観あとまでその, 観あらしむ, 観あらしむるに至った, 観あらしめ絢爛なる, 観あるいは日本の, 観うればなり, 観はする, 観えるかも知れぬ, 観おもはず俗念一掃の, 観ある, 観かく取扱ひ, 観かたどこでも何, 観かたやそれへの, 観かた如何から評価, 観かた感じかたは出来ない, 観かの神話の, 観からのみ発生する, 観からばかり結論を, 観きわめておる, 観ぐらい明快な, 観ここにおいて枉げ, 観こそは最も一般的, 観これを成さん, 観ごたえのある, 観さえが成り立ちは, 観される自然の, 観さん一人で手ずから, 観しかじかに感じ, 観しかも観照的でなく, 観しないじゃなかった, 観しようと骨, 観し得るのは, 観じ来たれば医者, 観じ来れば後, 観すべき筈なり, 観すべて一図画なり, 観せんまた過, 観その他の問題, 観その間から実に, 観それが前, 観それ自身だけを問題, 観そんなことは, 観だけ駒の, 観だけが社会の, 観だけで文学が, 観だけとして論じて, 観だけを抽象する, 観っていうものに, 観つつも茶の, 観つまり目先では, 観づらかつた, 観てから四年たった, 観てからと観ない前, 観てからの病みつきである, 観てこそ初めて其処, 観てとつた彼は, 観てばかりいた, 観であればこそ初めて, 観でしかない, 観とおしていた, 観とかによって量子力学に, 観とさえ連絡を, 観としか受け取れない, 観としてもそう思う, 観とではもちろん大きな, 観とともに既にはつきり, 観とに対する注意と, 観とのみ自然科学の, 観どう云ふ, 観どこを手, 観なかでも貨殖に関する, 観なぞを書き現, 観などから完全に, 観などからは出ないという, 観などが造営された, 観などで潤色され, 観などではない, 観などという言葉は, 観などについて自己の, 観などにも常に眼, 観などの泰山の, 観なほせエ, 観なほ上演禁止の発令, 観なら好いけれども, 観ならびに雪山にて, 観なんて今の, 観においては単にそれ, 観においても数段傑出し, 観にしかならない筈, 観についての苦悶を, 観についてはもっと後, 観についても数百千年に, 観にのみ依らずこの, 観にまでさえ拡大された, 観によりて如是法を, 観に対してはそうな, 観に関して是非する, 観のみでは, 観のみが把握し, 観のみに就て, 観はじめて戯曲の, 観ばかりだったという, 観ひいてはまた人生観, 観へと資格を, 観へも惻々と, 観もつた, 観まったくここを, 観まで約千年, 観までを新に, 観むか人生に対する, 観むことを請, 観むと欲すと, 観むとて相携へて愛宕山, 観めまぐるしい気分の, 観もろもろの抽象的煩悶, 観やの意志の, 観やは本来エゴイズムの, 観やぶられた形で, 観やら諦めの, 観やらをよく知っ, 観やを或る, 観よく察して, 観よくも一国の, 観よりも古い天武天皇時代, 観らしいものが, 観をこそ最も普通, 観をといえば, 観をのみ其中に, 観をもって指導しよう, 観アルヲ以テナリ, 観スピノーザやショーペンハウエル, 観スレバ但ダ茫然, 観ズルニ生死ノ去来, 観テエト博物館で英国近代, 観テ車ヲ為ルヲ知ル, 観妙相ヲ, 観ルノ眼ニテ之ヲ観レバ, 観ルハ徒ラニ之ヲ玩ブノミニ, 観ルヲモ厭フ輩モ無キニ, 観ル朱ヲ施シ粉, 観レバ必ズ贋品ヲ攫ムニ至ル, 観レバ支那ハサテ置キ我邦ホド古物ヲ疎略ニスル国ハ有ルマジト思フナリ, 観為スモノト雖ドモ悉ク之, 観ヲ学ブベシとある, 観ヲ立テ飛閣ヲ西城ニ連ヌ, 観一つ一つ別の理由, 観一巻の詩, 観三年奏聞を経唐, 観三諦即一心, 観上人を引ッ, 観不浄観を以てし, 観の治乱興亡, 観の重要, 観中発見された観念, 観中竜子を敷, 観中観念の傾き, 観乍らその建築物, 観九宮四庵が前代, 観九年二月二十七日の条, 観二年を距, 観の心, 観人情を察し, 観人柄実力そしてそこ, 観人生観文芸観というよう, 観人生観道徳観がどれ, 観人間的解釈に拠ろう, 観人間解放への熱望, 観今日の眼, 観仏歌の美し, 観仕り候処徳川の, 観以上の如く, 観以後百年二百年を経た, 観会ハ是レ同ジ, 観は勝てり, 観して, 観俳優の演技, 観俳句において代表, 観倫理観が存在, 観ヲ屡, 観儀式其よりも溯つ, 観元年に宇佐, 観元年従四位下を贈られ, 観全体に対して決定的, 観全般についても, 観全部を缶詰, 観八年五月には下賀茂神社, 観六年七月には富士山, 観六年十月には肥後, 観六年親ら罪人を訊問, 観其の訓詁を, 観其当否に異論, 観其霊基所盤連亙数千里間, 観其餞辛島伯彜還西肥之作, 観処世哲学というもの, 観分けた筆の, 観劇談に見え, 観流鎧通し, 観化法は, 観化流皆伝の達剣, 観化流逸剣茨右近も悲鳴, 観化粧室の涅槃境, 観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 観十一年に新, 観十七年十一月五日吏民仍旧致祭日加午天甚美晴仰観山峰, 観十三年五月十六日の条, 観十八年円如法師が広, 観十六年八月二十四日に京師, 観十年七月の地震, 観十月若くは, 観即ち又社会観, 観去来品に感銘, 観古代のストア, 観史的唯物論に立つ, 観同時に自己の, 観名優の口, 観はますべし, 観と魏, 観の混つた, 観和尚から五両, 観哲学で自分, 観四年頃の旧記, 観国体の幕府, 観国家観も人生観, 観堂々とし, 観堕落論などの受売り, 観多くの材料, 観大いに他樹, 観天楽地の間, 観奕道人と署名, 観如何に表現, 観妙真人である, 観嫌悪者は忽ち, 観子供の母親, 観は杞山, 観の如き, 観学院の曲水, 観宇宙観そんなこと, 観宗作または玄清等, 観宗教観人生観なども余し, 観実は唯物論的世界観の, 観実践階級的教育で鍛えられ, 観客層は早晩, 観家庭観はこの, 観察しようにも相手, 観将来には条約改正, 観小説として人, 観山南に漁, 観に塔, 観年中に慈覚大師, 観年間山陰諸国に祭られた, 観幼児の言葉, 観当時の人, 観形式としての芸術性, 観彼らの冒険的行動, 観彼等と倶, 観の評がい, 観といふ語, 観心本尊鈔に, 観心術を詳述, 観必ずしも客観的な, 観念仏三甚内はこの世, 観念仏楽になろう, 観思想問題としてなら, 観性法橋から進呈, 観性道徳の不安, 観して, 観感興起の理, 観という僧, 観を識, 観我説を唯一, 観戦略経世などを聞かされ, 観戦記の第, 観戯曲家が戯曲的, 観房感西に書かせる, 観所観正観邪観のごとき, 観批判しそれ, 観撰修を標した, 観要格式目, 観政要の談議, 観政要六韜などの漢書, 観文学からだけのこと, 観文芸観というよう, 観考算変, 観方いまではもうさういふ, 観方すべてが一変, 観方その他が野暮, 観方一つだが, 観方人間の観, 観方宗教への考え, 観方文学的表現等では非常, 観日本倶楽部で午餐, 観明房の已講理真, 観易からざるところ, 観の如く描い, 観普遍的で実際, 観智院ニソノ画有リ山水人物法ヲ海北氏ニ習フ, 観更に隣の, 観の吏, 観書くのだ, 観道士並守清不, 観札幌に淹留, 観柳書屋と名づけた, 観柳書屋柳原書屋三亦堂, 観桜図は山田長左衛門さん, 観桜宴会はその, 観楓亭の跡見, 観楓昼は音曲夜, 観楓閣指して, 観様式への推移, 観正しく又自分, 観正観邪観のごとき, 観毎年九月二日の夜道士一人天, 観活字として読んだ, 観海旅館に少憩, 観海楼へ送りこむ, 観海流の扇谷十兵衛, 観湖楼の羽織袴, 観湖楼和井内ホテルの御, 観潮楼上に唯一人, 観潮楼偶記を読み, 観澄ましている, 観濤二同席上村醸新熟一中秋一送敦卿一, 観瀑台があれ, 観瀾亭あたりを選ぶ, 観瀾亭一名月見御殿の床下, 観無事に居, 観無常心が発菩提心, 観の, 観爛道場に推参, 観物ぢや, 観物化しずかなること林, 観物小屋に引張る, 観物辻講釈百日芝居と甚だ, 観がそんな, 観男女観に基因, 観でも純一無雑, 観画吏の傍, 観白石六三郎氏の別墅六三園, 観的存在理由を固執, 観的拡大としての文献学主義, 観的方法論においてはプラトン, 観的本性だとして, 観的歴史観である処, 観的特色やを通じて, 観的神学的倫理的社会的政治的なさまざま, 観的範疇に属する, 観的背景と論理組織, 観的見地からくる, 観を極める, 観瞬転突起発動せんと, 観術という, 観破するのも, 観破られッこは, 観破仕リ以来貴, 観確かに立ち, 観といふところ, 観社会を取扱, 観の隙, 観稔察して, 観竹田に螢, 観二に, 観を三史, 観組織の力, 観経前後の諸, 観経往生の行, 観経怠りない尼僧たち, 観結婚観家庭観はこの, 観統一を得, 観なりと出, 観の手, 観するのに, 観者そのものを画面効果上, 観者辟易せしに, 観聚方は多紀桂山, 観聚方等に従つて方, 観し戒緩, 観肉体の欲求, 観自体がファッショ, 観自在の眼, 観自在王院を建立, 観自然観を賛美, 観自然観倫理観が存在, 観自由を得る戦ひ, 観芸術といふもの, 観著しい宗教的傾向ただ, 観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 観術震天術クレボヤンス式のこれら, 観表現する技術, 観をとおし, 観見してすなわち, 観見世間是滅法欲求無尽涅槃処, 観ひ換, 観記録にある, 観誤つた自由主義的な, 観藝戸, 観を待ち, 観貴志湯浅党などが前後, 観蹟聞老志に, 観身分制などというもの, 観軍国主義帝国主義独裁的な全体主義, 観透してるおお恐い, 観進猿楽を見物, 観遊雅知教などほか, 観道士の寺, 観道徳的立場がある, 観道満なる人, 観邪観のごとき, 観部分的のうま, 観鋭く感じて, 観長谷川寛等のごとき, 観長谷川氏のは心理的効果論, 観門人として関流宗統, 観門義注秘訳, 観集成館を見物, 観難い物である, 観を聴く, 観でございましたが, 観風旅行をした, 観馴れたものしか, 観魚亭に北, 観鳥居氏の人種学