青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「聞い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~者 者~ 而~ ~耳 耳~ 聖~ 聖書~ ~聞 聞~ ~聞い
聞い~
~聞いた 聞いた~ ~聞え 聞え~ ~聞えた 聞えた~ ~聞える 聞える~ ~聞かせ 聞かせ~

「聞い~」 20859, 207ppm, 490位

▼ 聞い~ (18818, 90.2%)

798 いた 516 いたが 489 いると 426 みると 425 いる 269 見ると 206 いて 198 いるうち 179 ゐた 150 下さい 149 いたの 147 いました 139 いるの 111 いましたが, 知って 110 ゐる 106 みた 99 いるが 98 見た 97 ゐると 94 私は 90 いたので 88 ゐたが 82 くれ 72 います 65 みれば 59 おります 56 いたから 53 居た 52 おる 51 いれば 49 いるよう 48 ください 40 いなかった 39 来て 37 いても 36 みても, 彼は, 見れば 34 いますが 33 いない, いるので, みて, 見て, 非常に 32 居たが 31 ゐて, ゐるうち, 來た, 来たの 30 急に 29 おいでに, おりました 28 いるから, いるん, おいて, みよう, 来たん 27 おくん, みますと, 居る 26 いたもの, 居ると 25 いること, いる者, ごらんなさい, ゐたので, 見ますと, 見る 24 いるだけ, おりましたが, おるが, みたが, 見ても 23 いる中, それを, みようと, ゐるが, 御覧なさい 22 いるところ, ゐたの 21 しまうと, 始めて, 来た 20 みるが, ゐるの, 僕は, 私の 19 いたん, やろう 18 いるか, いるもの, おくれ, みなければ, ゐました, ゐましたが, 安心した, 見たが, 見ようと 17 いたし, いないの, いますと, おりますが, しまった, どうする, わたしは, 自分の, 驚いて 16 いる内, おれば, くれた, それは, みましょう, みる, 目を 15 いたこと, みました, 居ります 14 いた私, いましたから, いましたので, いらっしゃい, ごらん, 何に, 居りましたが, 居りますが, 来い 13 いたのに, いながら, いますよ, おりません, しまって, ゐたから, 呆れら, 喜んで, 居るの, 見るが

12 [13件] あきれら, いたけれど, いたよう, いる時, くれる人, みたの, みたら, やって, 二人は, 半七, 平次は, 見たいと, 見ましょう

11 [16件] いたと, いるよ, いる私, いる間, おりますと, しまったの, みたいと, やる, ゐるので, ゐるやう, 下さいよ, 居て, 来たと, 知つてゐた, 見たの, 頂戴

10 [18件] いたに, おけば, くれるの, さへ, すぐに, ちょうだい, びっくりし, びっくりした, みるの, もらいたいこと, もらいたいの, 十を, 居たの, 居るが, 置いて, 見ました, 見よう, 見ろ

9 [21件] いたお, いたか, いただきたい, いるお, いるだけでも, いるという, いるばかり, いる人, おいで, くれと, これは, それが, やろうと, ゐるだけ, 何か, 大に, 急いで, 来たか, 眼を, 私も, 見たら

8 [23件] いたところ, いるほう, おきたいこと, おけ, おると, くださいよ, しまいました, みたり, みなさい, ゐます, 下さいますか, 出て, 居りました, 彼女は, 来たが, 来ました, 涙を, 自分も, 見なければ, 覚えて, 貰いたい, 貰ひたい, 驚いたの

7 [33件] いた人々, いた通り, いては, いないが, いないこと, いなければ, いられなかった, いるあいだ, いるだろうが, いるはず, いるより, いる方, おかなければ, おきたいの, きたの, くれい, くれたまえ, くれました, くれますか, くれるか, くれ給え, みたい, みたいよう, みたん, みな, ゐる中, 僕も, 呆れるよ, 心の, 極楽見, 歩いて, 源氏は, 頂きたいこと

6 [44件] いたその, いたまえ, いた一同, いた時, いた自分, いないか, いないん, いなかったが, いるだろう, いるのに, おりまする, きたん, くれません, くれよ, すつかり, ますが, みたこと, みたところ, もらいたい, もらいたいと, やれ, ゐながら, ゐるん, ゐれば, ハッと, 下さいな, 中の, 來て, 俺は, 呆れる, 女は, 尋ねて, 居ったが, 居りますと, 居るうち, 父は, 眉を, 知つてゐる, 胸を, 行くうち, 貰は, 近所の, 頂きたいと, 顔を

5 [82件] いたけれども, いただきたいと, いたっけ, いたろう, いた者, いてから, いないので, いますから, いません, いられない, いりゃあ, いるけれど, いるし, いるだけで, いる気持, いろ, おこう, おられた, お雪, きた, きて, くれたが, くれなければ, くれると, くれる者, しまってから, しまつ, その人, それから, ちよつと, びっくりしました, まいりました, みたいこと, みたいもの, みたいん, みたかった, みようかと, もらおうと, やっと, よく知っ, わたくしは, ゐたこと, ゐたもの, ゐても, ゐない, 一同は, 下さいまし, 下さる, 下され, 云った, 人の, 他の, 吃驚し, 吃驚した, 呆れらア, 奥から, 姫が, 安心しました, 居たので, 居りましたから, 彼の, 後家持自身も, 御覧, 御覧に, 御覽, 来たこと, 来たという, 来たもの, 来ましたよ, 直ぐに, 私が, 自分が, 自分は, 行った, 見たくて, 見に, 訪ねて, 貰いたいこと, 貰おうと, 集まって, 頂きたいの, 驚いた

4 [117件] あきれる, いただかなければ, いただけ, いたり, いた二人, いた他, いた新田先生, いた話, いないのに, いなかったの, いましたがね, いましたし, いやな, いよ, いらっしゃる, いられるか, いるかね, いるかも, いるじゃ, いるとも, いるには, いるわけ, うれしかった, おきたい, おく, おくれよ, おったが, おどろいた, おりまして, おりますから, くれこういう, くれそう, くれない, くれないと, くれれば, くんねえ, ここへ, これを, しまったん, そこへ, その方, それに, どうしよう, なるほどと, はつと, ましたが, ますと, みたいの, みたい事, みましたが, みます, みること, みるつもり, みろ, もらうこと, もらうよう, やった, やっても, やつて, やるから, やるが, やると, やろうという, わたしも, ゐたけれど, ゐるから, ゐること, ゐるといふ, ゐるもの, ゐる者, 一目見, 下さいね, 下さいませんか, 下さい親分, 先生は, 八五郎は, 参りました, 呉れ, 呉れ給, 喜んだの, 女の, 安心いたしました, 安心し, 居ました, 居ましたが, 居るので, 彼も, 心に, 心を, 怒って, 愕然と, 感心し, 感心した, 成程と, 手を, 暮した, 来たり, 来る, 此の, 死ぬ気, 母は, 男は, 知った, 知ったの, 竜之, 笑い出した, 置きたいと, 置きたいの, 腹を, 見たん, 見ようか, 誰も, 貰いたいと, 頂戴よ, 顔色を, 駈けつけて, 驅け

3 [224件] あきれらア, あわてて, いそいで, いたい, いたけど, いたこの, いたそう, いただきたいこと, いただきたいの, いただくこと, いただけの, いたって, いたとき, いたものの, いたよ, いたらそれ, いた主人, いた妻, いた娘, いた孔明, いた玄徳, いた男, いないぞ, いないと, いなかったので, いなかったよう, いますわ, いよう, いられるもの, いるだろうね, いるとは, いるのみ, いるほど, いるらしい, いる一同, いる事, いる以外, いる僕, いる分, いる子供たち, いる彼, いる自分, いる途中, おかなかったの, おかねば, おきたいが, おきたいと, おくが, おくの, おくれ染物, おく必要, おこうと, おった, おって, おぼえて, おりましたよ, おれも, お政, お置き, かれら, きたこと, きた話, くださるな, くだされ, くれたって, くれたの, くれて, くれという, くれないの, くれないん, くれなかった, くれます, くれるかね, くれるよう, くれ斯, くれ私, くれ給, こい, ごらんに, さすがに, しまつて, すっかり安心, そこに, そんなこと, どきっと, なるほどそう, ひそかに, びつくりし, ふたりで, ふつと, ほかの, ほっとした, みたかったの, みただけ, みた事, みなくちゃ, みましたら, みようか, みようでは, みようという, みようよ, みるか, みる気, みろと, もしやと, もらおうか, やること, やるの, やるよう, わかったの, わたしを, ゐたけれども, ゐたし, ゐたのに, ゐた男, ゐた私, ゐなかつた, ゐなかつたの, ゐるだけで, ゐるところ, ゐる三田, ゐる人, ゐる内, ゐる方, ゐる私, ホッと, 三吉も, 上京した, 下さいこういう, 下さいと, 下すって, 了つてから, 今は, 今更の, 今迄, 仰天し, 何の, 來る, 例の, 初めて驚いた, 半蔵は, 参れ, 呉れるの, 呉れる人, 周瑜は, 喜助の, 土地の, 大喜び, 大急ぎで, 女中は, 如何に, 始て, 孔明は, 家の, 宿の, 居ても, 居なければ, 居ること, 居る自分, 居れば, 帰ったの, 帰って, 彼らは, 御覧遊ばせ, 微笑を, 心が, 心配し, 怒りを, 想像し, 愉快に, 或る, 書いたもの, 来いと, 来るの, 来るわ, 歩いたが, 残念に, 気が, 気に, 泣く, 満足し, 父親の, 甲斐は, 男の, 知つて居た, 私に, 罪人を, 置きたい, 置くが, 置けば, 置こうと, 考え込みました, 耳に, 行ったそう, 行って, 見たい, 見たまえ, 見ましたが, 見ます, 見ますると, 見ようかと, 見よ大黒, 見るから, 見るん, 見る勇気, 見る気, 見給, 見給え, 試みに, 誰よりも, 足を, 途中で, 陳宮は, 隠れて, 頂かうと, 頂き度, 頭の, 飛んで, 駕籠の, 驚いたが, 驚きました, 驚きましたが, 驚くな, 驚く人

2 [769件 抜粋] あきれるわ, あげましょうか, あげます, あとからも, あとは, あの御, あまりの, いい気持, いささか胸, いたいの, いたお母さん, いたそれ, いただいて, いただきたいので, いただきます, いただく事, いただこうと, いたです, いたな, いたならば, いたばかり, いたほか, いたらさぞ, いたろうが, いたんじゃ, いたマチア, いた一座, いた伸子, いた何, いた冬木刑事, いた勝平, いた城太郎, いた夏侯淵, いた奴, いた小次郎, いた彼, いた彼女, いた故, いた新聞記者, いた李逵, いた次郎, いた父, いた神尾主膳, いた竜, いた老, いた者ら, いた葉子, いた長, いた風, いた魔法博士, いないかの, いないから, いないで, いないとも, いないな, いないわけ, いなくても, いなよ, いましたのに, いまして, いますがね, いやに, いよいよベゴ石, いようと, いようという, いらっしゃるわね, いられないという, いられました, いるけれども, いるこれ, いるそれ, いるため, いるだなあ, いるだろうか, いるとき, いるに, いるのよ, いるふう, いる人魚, いる前, いる女房, いる容子, いる暇, いる矢先, いる竜, いる筈, いる訳, いる顔つき, いる鼻, うれしくって, うれしく思った, おいたいろいろ, おいたこと, おかうと, おかなかったと, おかなかったので, おきたいん, おくこと, おくれだったかね, おくれでないから, おこうか, おまえは, おりましたから, おりましたもの, おりますの, おりますものの, おりまた, おるの, おれの, おろうが, お前は, お松は, お気の毒, お父さま, お蝶, お高, かけつけて, かねて, がっかりした, きたと, きました, くださいました, くださいますか, くださって, くだせえ, くる, くれたこと, くれたね, くれたもの, くれた人, くれても, くれないか, くれぬか, くれる, くれるかい, くれること, くれるだろう, くれ東作, くんな, この関係, これに, ごらんよ, さしもの, しばらく考え, しばらく見合せる, しまえば, しまひました, すぐその, すっかり感心, すべてが, その夜, その女, その男, その通り, それじゃあ, それへ, た, たいへん残念, たんだ, ちょうだいよ, ちょっと驚いた, では私, どうした, どんなふう, にんじんは, はじめて誕生日, はっと眼, ひどく感心, びっくりする, ふくろふ, ふと眼, へんに, ほしいこと, ほろりと, ぼくは, ました, ません, みたいくらい, みたくて, みたくなった, みたらいい, みたらそう, みないこと, みないと, みなんだら, みねば, みましたけれど, みますが, みますよ, みよ, みようじゃ, みるから, みるて, みるなら富豪, みるに, みれ, みんなも, もうじっとし, もらいたいよう, もらいたい事, もらいてえこと, もらいます, もらうつもり, もらうほう, もらうわ, もらうん, もらったこと, もらわないと, もらわにゃ, もらわねば, やつたら, やらう, やらうと, やりました, やりましょう, やろ, やろうじゃ, ゆくうち, らあ, らっしゃい, らっしゃる, ゐたある, ゐたか, ゐたん, ゐた勝平, ゐた時, ゐては, ゐないのに, ゐは, ゐますと, ゐる丈, ゐる時, ゐる間, アリョーシャは, ザワザワと, ソッと, ニールスは, リヽーが, 一と, 一体どうする, 一座の, 一番驚いた, 一目も, 三十一日晩大町に, 三吉は, 上げませう, 下さいましと, 下さいますな, 下さいませ, 下さらないから, 下さらないで, 下さりませ, 下さるで, 下さるでしょうね, 下さる事, 下されば, 下せえ, 下宿へ, 不思議に, 中二日, 予は, 事の, 二人に, 二人の, 二階へ, 人びとも, 人を, 今までは, 今夜は, 今日の, 以て, 仲裁に, 伊織に, 何うし, 何と, 何にも, 何も, 來い, 俄かに, 僕が, 公園の, 兵馬が, 冷酒を, 初めてそれ, 判断し, 別室の, 博士は, 厭やは, 参りますから, 参ろう, 口を, 叩頭を, 君が, 呂宋兵衛は, 呆れて, 呆れらい, 呆れるぜ, 呆然と, 呉れたので, 呉れと, 呉れないの, 哀れを, 唯懼, 喜び勇ん, 喫驚し, 嚇怒した, 圧迫を, 声を, 外へ, 夜道を, 大いに怒った, 大きに安心, 大安心, 大方事件, 夫人は, 夫婦は, 女御は, 女房は, 始めて一窓庵, 娘は, 嫂や, 嬉しさ, 子供心に, 孫兵衛は, 孫権は, 安堵いたしました, 安堵した, 安心を, 富岡は, 小六は, 少しも, 少し不安, 居たお, 居たこと, 居た事, 居た渠, 居ったし, 居つた, 居ますと, 居られましたが, 居りますれば, 居りや, 居るお, 居るよう, 居る丑松, 居る人, 居る人々, 居る筈, 居る者, 居る風, 居給えよ, 岸本は, 左側の, 師の, 帰りたい無事, 帰ると, 平次の, 廻ったが, 引き返した, 彼が, 待って, 後は, 微笑し, 微笑みながら, 徳さんは, 心から, 怯えたの, 息を, 悪い気持, 悲憤の, 想像した, 愕然として, 懼れざる, 成程, 戯れに, 戴きたい事, 戴こうと, 手で, 手に, 折が, 押掛けて, 振り向いた, 文次は, 明治四十三年九月七日の, 書いた, 書いたの, 最も敏感, 最初は, 望んで, 本當, 来たので, 来たのに, 来たばかりの, 来た一伍一什, 来た返事, 来ましたの, 来ます, 来るから, 来るが, 来るよう, 林冲も, 栄二は, 楽しむこと, 横から, 欲しい, 歩いた, 歩いたの, 気を, 法然は, 泣いて, 浮舟は, 溺れる者, 父が, 爺さんは, 狼狽したらしい, 玄徳の, 王は, 甲田も, 町役人が, 町役人と, 益, 相手の, 矢も, 知っては, 知ってるだろうが, 知つて居る, 知つて黙, 私を, 私達は, 笑いながら, 笑った, 第一, 米友が, 縁の, 置かなかつたの, 置くこと, 老師が, 耳を, 聞かないよう, 聞かぬ振り, 自分で, 舌を, 芝居の, 苦笑いを, 藤崎さんも, 虎杖村に, 行くん, 行けば, 見たいこと, 見たいもの, 見たいよう, 見たい気, 見たかつた, 見たくなる, 見たば, 見たら何, 見ないうち, 見ないと, 見ない事, 見なくちや, 見なけりゃ, 見ねば, 見やあ, 見やう, 見ようとして, 見ること, 見るの, 見るより, 見度, 覺悟を, 記憶し, 訪れて, 貰いたいの, 貰い泣きし, 貰えば, 賜も, 迂愚の, 返事を, 逃げる鼠, 通行の, 連れて, 道庵先生が, 遠い旅, 金五郎は, 銀を, 関羽は, 面白いと, 頂きたいから, 頭に, 頭を, 顏を, 顔の, 馳け, 馳付けた, 駆けつけて, 駈けつけたの, 驚きも, 驚く, 驚嘆し, 鯉の

1 [6390件 抜粋] あああの家, あきれ返った, あげるから, あたしも, あとで, あの音, あるよう, いいか, いかにも不満, いくらか身体, いずに, いたお祖母さん, いたく思う, いただきお, いただきやしょうとても, いただければ, いたでは, いたまえ読むから, いたらしい爺さん, いたら手間, いたろうし, いたゲエル, いたマユミ, いた与五兵衛, いた事務員連, いた伯父, いた兵卒, いた友人, いた圭吾, いた太刀川青年, いた宇東三五郎, いた小原, いた左膳, いた彼人, いた文吉, いた月野博士, いた栄一, いた汪紹生, いた湯隆, いた熱海検事, いた皆, いた紅海, いた老けたほう, いた蕉門, いた赤坂, いた銀, いた須永, いちばんくやし, いつもの, いないとは, いない限り, いなかった筈, いねえ, いましたけれど, いました家, いますだけに, いま持っ, いよいよ思いがけない, いらいらしだし, いらっしゃいましたが, いらっしゃる親分さん, いられないほど, いられませんよ, いりゃ悪者, いるぐらい, いるその他数, いるだろうし, いるね, いるよりも, いるわたし, いる中谷, いる伯母, いる半蔵, いる大正池, いる家内, いる弁信, いる時間, いる気, いる玄鶴, いる竹童, いる若者, いる顔, うつとりとして, うれしがる, おいおい声, おいでかな, おかなかったん, おきなされ, おくと, おくれでないか, おげん, おったから, おどろいたおばさん, おもしろそう, おられたの, おりその, おりましたろうが, おりますのに, おり私, おる委員諸君, お倉, お呉んなせ, お役所式, お爺さんは, お豊, かかる事, かめよは, きたお, きたり, きもを, くださいませんでしょうか, くださんせ, くるんだ, くれたとき, くれた気, くれなかったそう, くれぬ上, くれめ, くれるなと, くれる相手, くれ僕, くれ給え西洋料理, こいと, このおれ, この方法, この調子, これへ, ごろうじろお前は, さっき屋敷跡を, さては御, さもよくわかる, しって, しまい度, しまったな, しまってからも, しらぬ顔, すぐどなった, すぐ飛ん, すっかり解った, ずっと以前, そうにわかによろこぶ, そのまま宅, その先, その安否, その感動, その異, その訂正, その音, それから百姓仲間, それとは, ぞっと背中, たえ入るもの, ただ軽く, たべたくなつ, ちゃんと家, ちょっと返答, つかわそうどこ, て腹, とんでもない, どうやらこうやら, どの先生, なおくよくよ, なさると, なるほどもっとも, なんとなくそこ, にっこり笑いました, ぬらぬらと, はじめたもの, はっと思い出した, はるか南方の, ひどく七郎, ひどく駭, ふかい感銘, ふるえ声, ほぼどの, まあゆうべ, まごまごと, ますます変, ませんが, また出直す, また馬車, まゐれ, みたい稽古槍, みただけの, みたらしいが, みたらよ, みたら奏任待遇, みたら舶来, みないうち, みなせえ, みましたらこれから, みますのに, みりゃ足腰, みるべきこと, みろい, むきに, もう一度叫び声, もしやそれ, もらいたいという, もらいますよ, もらえるし, もらったが, もろうて, やった姉さん, やはり沈黙, やらなくちゃ, やりますよ, やるべきでは, やれるほど, ようやく力, よほど気分, ろくに分っ, わざわざ人, わたしうれしく, われ睡る, ゐたと, ゐたら奴め得意, ゐた三郎さん, ゐた夫人, ゐた或, ゐた樣, ゐた者, ゐないけれど, ゐましたけど, ゐられないこと, ゐるだらうが, ゐるわ, ゐる弟, ゐる町, ゐる駿介, インターヴューし, ギョッと, ザヴィエルが, タフトが, ハラハラしました, ピクンと, ブルツクスは, メグは, 一々それ, 一寸驚ろ, 一座が, 一歩前に, 一転妬情の, 万七と, 三田は, 下さいかういふわけ, 下さいますのよ, 下さい私, 下さらなかったの, 下さるでしょう, 下されますか, 不吉と, 与八の, 中宮は, 主税どのは, 乞食体の, 二人も, 井上は, 人並に, 今それを, 今死ぬ, 付近に, 以来安心し切っ, 伯父文吉が, 何が, 何となく茶道, 何事かと, 余程何, 侍従は, 信忠は, 借りに, 僕の, 先ず安心, 全身を, 兵部も, 其悦びやうと言つたらなかつた, 内証では, 冷笑ひ, 出頭した, 初めて司馬懿, 別に, 前祝いに, 勇みを, 北東に, 半身を, 厭な, 參つた, 取りあえず気, 只には, 吃驚しました, 同じ心, 名ばかりを, 吾儕は, 呆れるじゃ, 呉れないのね, 呉れるので, 呟いたそう, 品物を, 喜び, 喜色に, 噴き出し, 国府の, 城主の, 外から, 夢から, 大いに嘆き, 大いに痛心, 大原が, 大変笑ひました, 大晦日に, 太く怖るる, 奥さんが, 女房たちは, 妹の, 委細わからない, 嬰寧を, 孝次郎は, 安行の, 実に気の毒, 客の, 家来竹田の, 富三も, 實を, 小光, 小磯扇次さんが, 少し勝手, 少し辟易, 尠から, 居たやう, 居た彼, 居た花房一郎, 居つたもん, 居なかつたので, 居られないくらいに, 居りさてさて, 居りません, 居るばかり, 居る平次, 居れる時, 岡田の, 市中大いに, 帰つた, 常陸の, 幼ない, 廣は, 弊帚の, 張繍は, 彼女の, 後事を, 御新造様と, 復一の, 心当たりが, 必竟それが, 忽ち顔, 思いのほかの, 思ひ見るに, 思わず振り向いた, 怪しからん, 恭三は, 想像する, 感動しました, 感慨ことに, 憎らしがっ, 成る程それ, 戴きたいと, 戸を, 手帳に, 拝見する, 捕手を, 改心し, 数馬は, 断る訳, 旅の, 早くも, 昂奮し, 昔を, 晨は, 更に何, 最初の, 期待し, 李が, 来たし名所, 来たらしいの, 来た人, 来てたもん, 来ませう, 来るもの, 松蔭大藏が, 梨枝子は, 楽んだ, 次には, 止した古, 歩いただけ, 歸って, 殆ん, 気の, 江戸に, 泣かずに, 津田庄左衛門は, 涙が, 深い息, 渡瀬は, 滑稽に, 火事を, 焦仲卿, 爺さんの, 狂喜する, 玄蕃も, 王成を, 甘心する, 生れ故郷の, 申込んだ一人, 異様に, 発表した, 皆しばらく, 益々怖, 直ぐ手, 直義も, 真青な, 知ったん, 知ってるわ, 知らん顔は, 確かな, 神尾は, 私もぞ, 突然な, 端なく, 笑ったの, 米沢から, 結構だ, 織衛も, 置かなかったので, 置きたい物, 置くだけの, 美しく快く感じた, 老婆は, 聞かぬ顔, 胸の, 自ら意識しない, 自首し, 花井氏は, 若林の, 茫然と, 落着きを, 薬湯へ, 行きたいの, 行つた杉の, 見いと, 見たいの, 見たく此処, 見たらそこ, 見たら単に, 見たら百年, 見な, 見べし, 見ませうで, 見るからと, 見るのに, 見る積り, 見舞に, 角両, 許しを, 誠一も, 諸生ら, 谷将軍も, 貰い度く, 貰おうか, 貰ひたいと, 貰わんけりゃ成らん, 起き上ろうと, 身が, 転瞬, 近江屋の, 逃げだすつもり, 連中を, 道誉は, 郭淮は, 重畳じゃった, 銀太と, 門衛の, 関羽張飛は, 陸遜, 集まり須臾, 震え上っ, 面白がっ, 響きの, 頂きたかったの, 頂けませんか, 頷いた, 顔一杯に, 飛び廻る氣, 飯を, 馬鹿馬鹿しくも, 駆け付ける様子, 駈け付けて, 驚いたこと, 驚かぬはず, 驚くの, 高浜近傍の, 黒岩万五は

▼ 聞いても~ (750, 3.6%)

7 いなかった, それは, 彼は 5 私は 4 それが, 少しも, 要領を, 返事を 3 いた, いたし, なんの, 忘れて, 源氏は, 知って, 私が

2 [59件] い, いいん, いないと, いなかったん, いましたが, いやな, お百姓, くれたま, くんねえ, しかたが, すぐに, すぐには, その時々, べつに心配, らへ, わからなかつた, わかります, ゐなかつた, 人々は, 仲が, 何にも, 何の, 何を, 判然した, 別に怒り, 同じよう, 唯遠い, 夫人には, 好いの, 家康は, 尼にも, 居ましたれど, 平氣, 彼等は, 御米, 恐ろしい, 悚然する, 慄然と, 明確な, 昔し, 癪に, 直ぐフフン, 知らないと, 知らぬと, 考えても, 耳に, 聞いても, 聞かないでも, 聞かなくても, 聞かぬふり, 若者は, 見ても, 見なかったが, 話しても, 誰も, 足の, 身震が, 顔を, 黙って

1 [569件 抜粋] あきないの, あこがれる唄, あたし達の, あなたは, あのよう, あまり長い, あまり驚かない, あまり驚き, いいじゃ, いいとにかく, いいわ, いけないぞ, いたが, いたの, いたので, いっこうはっきりしない, いつも必ずその, いつ動き出すか, いて, いないかの, いないが, いないし, いないぞ, いないのに, いないよう, いない癖, いなかったけど, いましたし, いやあしない, いやいい, いやだ, いられねえお目にかかって, いるし, いるに, いるので, うたえ切れなくなった, うまそう, うれしい話, おいでに, おかしいからね, おしず, おっしゃらないん, おどおどし, おもしろい答弁, おもしろく感じ, おられずどうぞ, おらん, おりませんでしたし, お俊, お前などは, お登和嬢, お藻代, お道理至極, お銀様, かいもく分からない, くだらねえもう, くれずに, くれない, くれないで, くれないの, くれなかった, くれません, くんなれ, けしからん電話を, けっして英人, こころここに, こたえられねえ高, こっちからは, こっちへ, これに, これを, こんなこと, さしつかえないという, さしてこわがる, さしてはと, さぞかし女, さっぱりわからない, しゃくにさわらないもの, しんみりと, すぐ兩, すぐ分らなくなる, すぐ南無阿弥陀仏, すこしも嫌, すっかり勉強, すべての, ずいぶん奇怪千万, ずいぶん愛想, せんかたない, そうビクビクし, そのうち, そのたび, その意味, その日休業, その時, その病人, その眼, その行衛, その迂, その音, それい, それすらも, それを, そんなお, そんなところ, そんなに大した, そんなに素晴らしい, ぞっとする, ぞっと身, たいしたこと, ただにやにや, ただ見過し, たのしく, だめだ, ちょっと同情, つい, つねに知らずしらず, つまらないこと, つまらない事柄, つまらなかった, てんで顔出し, どうしても呑みこめなかった, どうする, どうも不幸, どうも信じられなかった, どうも曾我村, どこも, どれほど, どんなに尋ね, どんなの, なお狂的, なお迷っ, なかなか話し, なにが, なにも, なに分かりきった, なんという, なんにもなり, にやにや笑つて, にわかに信じかねました, にわかに同意, はっきりした, はっきりと, ひやひやする, びっくりさせられない, びっくりせず, べつにおどろく, ほほえみ乍ら, ほんとうとは, ほんとうに, まさかり, まさか実行, まずその, まずもっ, まず一応の, まだルミ, まだ分らない, まだ眼, まだ続いた, まだ返事, まだ部下, まだ馬良, みない, みなかったし, みな一様に, もう前日, もう痛く, もらいにくく, もらえずだまって, もらおうし, やっぱりだまっ, やっぱり信じられまい, やはりこの, やはり忘れ, やはり顔, よい, よいが, よいわ, よくわからず, よく判る, よく知らぬ, よさそう, よほどお, よほど興, よもやひどい, らはんけれ, わからないある, わからないと, わからない人, わからぬ, わからねえし, わかりっこない, わかりませんから, わかる, わかるじゃ, わかるであらうが, わかる道理, わが軍, わくどう, わしは, ゐない, ゐません, サタ・ダルケほど, バーグレーヴ夫人は, ヒューエヒューエと, ブルーズや, ローズ, 一同は, 一向に驚かぬ, 一向わからない, 一向不審, 一向駄目, 一度額の, 一笑に, 一致し, 不快でならなかった, 不滅なる, 与平は, 事態の, 五里遠くで, 人の, 人は, 人格について, 今では, 今の, 今まで, 仏事などは, 仕方あるまい, 他人は, 以前の, 伊勢屋の, 住職の, 何う, 何か, 何だかわたし, 何だの, 何となく甘ったるい, 何んの, 何人も, 何等後悔憤怒, 余は, 余り微妙, 余り気味の, 俄に, 信じない, 信用せぬ, 修養講話を, 倩娘は, 停電する, 僕らの, 先方の, 内で, 冷かし半分, 冷汗の, 出て, 分かるまい, 分らない, 分らないかも, 分らないまるで, 分らなかったという, 分らぬ事, 分らん, 分らんこと, 分りそう, 分る様, 初めは, 判らぬので, 判ンないっ, 別に, 別にもう驚かない, 別に心配, 別に怪しみ, 別に珍し, 到底わかり, 前言を, 動かなかった, 動じなかった波子, 動悸が, 匿し, 十人ぐらいは, 参事官官舎で, 反つて肚立, 口を, 可哀相に, 吉五郎は, 同じ事, 名を, 名前を, 向こうの, 君達の, 呑みこめぬ, 品位ある, 唯一人知っ, 問題の, 善いとか, 喜ばない事, 喰わずに, 嘲笑され, 増田は, 変だろう, 夢遊病者の, 大工に, 好いが, 好いと, 好いん, 妾には, 妾は, 始めて, 委しいこと, 孝心は, 宇治の, 安心し, 容易に, 寒いわね, 小夜子は, 小栗の, 居りませんが, 居るし, 山の, 岩吉は, 島の, 左程, 差し支, 差支の, 常に彼, 平気で, 年寄りに, 幻影の, 幾度聞い, 床しい, 張合の, 彫青, 彼の, 彼らは, 彼之, 彼女は, 御嫁, 微動を, 心に, 忘れちま, 忘れましたが, 応答の, 怖いもの, 怖い感じ, 怖ろ, 思い出せないらしい, 怪しい奴, 恋しい気, 恐れる, 恐れ入らねえところ, 恐怖ばかり, 息苦しくなります, 恵比寿講の, 惜い, 愉快な, 愛憎尽かさん, 慄と, 戰國時代の, 戰爭中の, 拵えたよう, 教えて, 文豪は, 斉彬公の, 早速これ, 昨夜浜田屋から, 時々気疎い, 時々氣, 暫く蹙ん, 更に涙一つ滴, 書籍に, 未だに顔, 本を, 本当にぞっとする, 本当に出来ない, 本當, 格別驚きも, 案外平気, 檜垣の, 此所は, 死ぬの, 殿様は, 母の, 決して云, 決して変らない, 決着どころか, 泣くほど, 深くその, 混雑し, 清純な, 無理と, 無理の, 牧が, 玉鬘は, 現在の, 理窟の, 理解する, 生かすの, 生存權生存權と, 當り, 疲労し切つた, 白々しかつ, 皆阿, 益の, 直ぐ忘れ, 眼を, 知ってるん, 知つては, 知らない, 知らない様, 知らぬ, 知らぬという, 知らんと, 知らんふり, 知りません知りませんで, 知る者, 知れなかった, 知れません, 石太郎の, 祇園の, 祖先自らの, 私たちの, 私には, 私よりは, 笑う気, 笑って, 筋しか, 米友の, 紅葉の, 紛うかた, 絶対に, 絶対の, 絶對の, 置きたく思ったが, 耳新しく感じる, 聞いて, 聞かなくっても, 聞かなくつて, 聞きあきない, 聞きたり, 聞きとれぬ程女, 聞き苦しく何, 胸が, 腕は, 自分で, 自分の, 自分は, 芝居を, 苦しみを, 萍ぐらしの, 萩乃は, 薪屋で, 薬草取りに, 藁の, 袁紹の, 見ざりき, 見た, 見たいと, 見なかった, 見なかつた, 見ませんでした, 見當, 解らないという, 解りは, 言わないで, 記憶が, 訳も, 訳を, 話は, 語らない, 諸将, 趣向ずくめに, 足下が, 踊つてゐる, 踵を, 身の, 身ぶるいが, 返事しなかった, 返事も, 逃げないで, 金五郎は, 金輪際口, 金魚の, 間違ひ, 隠してばかり, 雨が, 面白い, 須原には, 頑是ね, 頑是の, 頼朝が, 飛上りたい, 首を, 馬は, 駄目だ, 驚きも, 高い山, 髪の毛は, 鳴海潟を, 黙ってるから, 黙ってるん, 黙りこくつたま

▼ 聞いたり~ (415, 2.0%)

73 して 18 した, したこと 16 見たり 15 すること 11 すると, するの 6 しながら, 読んだり 5 した事, しました 4 したもの 3 しただけ, したの, するため, 何か, 役所の, 答えたり

2 [19件] したところ, した色々, しちゃ, しても, する, するもの, するよう, する事, する度, 厭な, 名を, 嗅いだり, 感じたり, 新聞で, 本で, 考えたり, 聞かせたり, 訊かれたり, 話したり

1 [171件] あの書物, あるひ, いったり, いろいろと, いろいろ診察します, したいち, したお話, したから, したが, したくて, したくないって, したさまざま, したすべて, したそう, したそんな, しただけの, したと, したという, したので, したろうね, したわけ, した上, した事実, した人, した他, した光景, した其, した家族, した幾多, した形, した怪事件, した悪徳, した所, した狐, した独居, した珍しい, した色々様々, した話, しちや骨, してから, してりゃいい, してる事, しとうございます, しないよう, しばらく清談, しまして, します, しますけれど, しようと, するうち, するたび, するのに, するまでも, するやう, するん, する勇気, する場合, する客, する度毎, する時, する用意, する範囲, する間, すれば, せられる度, そつと, その中, その人生観, その梗概, それからまた旅順攻撃, それから久方ぶり, それと, できないの, なさるでしょう, ふれるもの, ほおじ, または感じ, または画本, また奇妙, また新聞, また私, また自ら, また過去, やがて一軒, よんだり, ダンスを, 一中節を, 一二冊の, 他愛も, 使番に, 兄の, 写真を, 又繰り返し, 友達と, 右の, 唄うたり, 喫茶店を, 四方の, 夢想に, 夢想兵衛の, 大きな町, 姿を, 姿形を, 字引きで, 容貌を, 宿の, 尋ねたり, 屍体を, 彼の, 往來の, 思ひついたり, 悪口などを, 想像し, 意見に, 或いは又お, 或は君自身, 手に, 描いたり, 教えたり, 文学の, 新聞の, 新聞を, 映画や, 時としては, 暇な, 書物で, 本人の, 松の, 標札屋が, 気づいたり, 汽車の, 渦を, 演奏し, 現状の, 画集を, 真白に, 私の, 私自身鮎子に, 秋草を, 笑ったり, 答へたり, 美しい風景, 習ったり, 耳で, 聞いたよう, 聞かされたり, 聞かれたり, 自分でも, 自分の, 致しました, 致しましたので, 致しました事実, 致しますので, 舷にあたる, 芥川賞受賞作厚物咲を, 蓄音機に, 覚えて, 親類の, 語ったり, 買った店, 足音を, 透切だらけで, 遊んでばかり, 遣つたり, 酒場の, 隣の, 雨に, 青白い人, 音楽が, 音樂が, 食ったり

▼ 聞いては~ (414, 2.0%)

12 いるが 11 いたが, いなかった 7 いましたが 6 いられなかった 4 いけない, それを, 流石に 3 いられない, ゐたが, 居たが, 矢も, 見まするけれど

2 [23件] いけないです, いけませんよ, いたけれど, いない, いませんでした, きたが, くれないの, そのままには, なりません, ゐなかつた, ゐぬ風, ゐるが, ッと, ドクトルが, 一刻も, 一般の, 出かけた, 居りますが, 此母此家を, 猶更, 私は, 私も, 身は

1 [294件] あすの, あせり気味, あの右衛門, あんまりいい, いい気持, いけないと, いけないん, いずに, いた, いたけれども, いたんだがね, いつそう, いないが, いないと, いないよう, いない恨めし, いない遠く, いなかったか, いなかったかも, いなかったの, いなかった父, いぬ, いよいよ打っちゃっ, いよう, いられないほど, いられなかったに, いられなかったの, いられなくなって, いられなくなりました, いる, いるけれども, いるし, いるものの, いるらしいが, いるん, うた, うちに, おかなかったの, おそろしいぞ, おのれも, おれが, おれん, お役, かれも, がっかりする, くじけた勇気, くださいませんか, くれないだろうと, くれないであろう, くれない国, くれなかった, くれまい, くれまいか, くれまいかね, くれましょう, くれよう, くれるでしょうが, ここらに, こちらを, この縁談確, これほど, さしもの, さすがの, しみじみ母, じっとし, すておけぬ, そのたび, そのままにも, その掛け声, その陳腐, それが, それに, ただうれし泣き, ただその, たとい高い, たれも, だめ, ちょっとなつかしく, ちょっとわからぬ, とても口, どうも気, どこに, どのよう, どんなに腹, どんな感想, なおさら許す, なおなお黙っ, なつかしいと, ならぬ, ならぬもの, なるほど大きな, はあほか, はたはたと, まことに恐懼, みたが, みないが, みんなを, もうお, もうさすがに, もうじっとし, もう居, やはり弱い, よいも, わからぬこと, わたしは, わたしも, ゐない, ゐないが, ゐないので, ゐなかつたから, ゐます, ゐられないぢ, ゐられないもの, ゾッとしない, 一向解らない, 一寸驚かれる, 一驚せず, 下さいますまいか, 下さるまいか, 不安を, 予は, 事面倒お尋ね者は, 二人とも, 二剣相ひく, 人が, 人も, 今の, 今夜にも, 他の, 他事と, 以後関羽の, 何だか済まない, 何です, 何ともない, 何とも了, 何んと, 僕は, 僕も, 兄者人の, 先着の, 光秀も, 全く堪りませんでした, 全く意外, 六畳敷の, 兵火の, 其のまま, 其儘には, 其処の, 再会を, 写しに, 医者が, 千載の, 却って後, 又八も, 取られも, 各意氣百倍, 向こうが, 呉れない, 問屋場に, 固より, 堪らない, 塞外の, 夜具の, 夜陰蟷螂の, 大将が, 天下の, 天童利根太郎も, 女でも, 娘の, 嫌だ, 嫌でも, 安閑とは, 実に極り, 客も, 小供, 少しの, 居ないし, 居ますけれど, 居らぬ, 居られない, 居られない忙しい, 居りませんでした, 巣箱を, 帰る訳, 平気で, 年寄役の, 幼い胸, 強い覚悟, 強ひ, 彼が, 往って, 後の, 心を, 心配する, 必ずどこ, 忘る, 忘れて, 悦んで, 悪いこと, 悪党二人さすが, 悲しいと, 悲しと, 愈よ, 意外な, 感心し, 成程と, 我も, 拒む訳, 按じちと, 捨て, 捨て置かれぬ, 捨て置くわけ, 探幽, 日本語の, 早く其の, 曹丕も, 最早手段, 木曽家たる, 来たが, 来たの, 案外皇居云々, 検事も, 此方共も, 永いよう, 江戸っ子など, 沈黙する, 泣くにも, 満足が, 無限の, 焦躁いよいよ, 熱海口まで, 父は, 物に, 猶々聞, 生きて, 甲州へ, 男も, 皆の, 皆も, 盃の, 益々十吉, 盗人として, 目も, 真に生き, 眼の, 矢代もも早や, 礼を, 私ならず, 私共でさえ, 立ち止まらざるを, 筆記し, 粗末に, 紹介状を, 羊も, 聞くなと, 職業柄猶予は, 腹が, 自分と, 自分も, 自失する, 與吉は, 舌を, 色気がねえ, 行末見定められぬ, 西行も, 見て, 見ぬが, 見のがせない気, 見のがせん, 許さぬわ, 許すこと, 誰しも, 誰だ, 誰だつ, 諫めに, 負けろとも, 起きずには, 足が, 足腰が, 躑躅ヶ崎の, 身も, 身もだえした, 酒が, 酒井博士の, 長作等は, 開けないわけ, 面白くない, 首が, 首を, 驚かぬ者, 驚きました, 魚心堂も, 鳥渡わからぬ, 黙って

▼ 聞いてから~ (177, 0.8%)

6 急に 3 私の 2 お銀, でも, 三月目まだ, 案内を, 私は, 自分は, 静かに

1 [154件] ≪うううう, いい事, いうもん綿貫, いずこと, いっそう力, いろいろと, うらなり君, お宮という, お清, かえって伊緒, けろっと, ここを, こっちなんだか, この川上, この本, これで, これは, すご, すべてが, そなた, その凝視, ただの, だいぶたつ, だと, ついウトウトと, であつ, である, ですよ, でないと, でなくちゃと, どうして自分, なな, なるほど, にしやうと, のちいろいろ, はっきりした, ふたたび城, ぼくは, また一時間, まだ半日, まゆみは, もうその, もう半年, もの, ものの, やう, やっと三月, ややあっ, やや意気, ようよう炬燵, よけいに, わしは, アトは, ボブロフは, ランという, 丁度六日目に, 万作夫婦の, 三日の, 下僚と共に, 不思議そうに, 中新田へ, 今までの, 以後は, 以来急に, 以来汽車の, 何とでも, 俊夫君は, 信長は, 信頼の, 其言を, 出かけるニユース, 刈り取った麦, 初めて旧, 前より, 口を, 四五分ほど, 夜も, 夢から, 夢に, 夢を, 大いに飲み出した, 大分あとの, 大分動い, 夫人らは, 奥さんは, 好きに, 始終くよくよ, 寝間着姿の, 小六への, 川ガラスの, 巫女に, 帰らぬ夫, 帰ります, 幾年も, 引っ返して, 彼も, 彼女の, 後であった, 後は, 御隠居, 慎吾の, 折節帰省中であった, 拔齒の, 日は, 日光の, 日頃押えつけ, 早くも, 更に数年, 杉村は, 杉村を, 樹明君と, 武蔵は, 武蔵も, 死体を, 殿様の, 毎晩空を, 気分が, 池田の, 決めたいと, 深く心, 熱烈なる, 爾来全く意見, 特に注意, 登攀し, 白石みずから問いも, 目を, 眼の, 社長や, 私が, 立ち上って, 第二段, 築堤に, 考へて, 腰掛の, 自分の, 舞台を, 芳村は, 薫は, 言っても, 言つた, 試すと, 走って, 起床夜が, 路易は, 車で, 遣れば, 長い月日, 長兵衛が, 間もなく素晴らしい, 隼人は, 顏の, 餘り, 馳け, 龍太郎と

▼ 聞いちゃ~ (56, 0.3%)

2 いられねえ, こて

1 [52件] あたしも, あとへ, いけないの, いけないん, いけません, いたん, いないから, いないだろうな, いないでしょうな, いないわ, いない用事, いなかったん, いねえ, いねえああ, いましたが, いられねえこと, おらが, おられん, おられんそ, おられん余り, おらんぞ, おるが, くれないの, くれめ, これから京大阪, たまらねえや, なお聞かず, ほかの, ほって, まんざら慾, ァ志道軒, ア, ア我慢は, ア打捨っ, ア私は, ア遁さね, ア釘勘の, ッた, 一刻も, 俺も, 厭, 居ません, 居りませんよ, 悪かろう, 放っても, 泰さんも, 犯人ゃその, 相手が, 素通りならねえ, 聞きのがせねえよ, 見遁, 黙って

▼ 聞いてさえ~ (29, 0.1%)

2 怖ろ

1 [27件] いれば, おかしくなり, その陰険卑劣, なぜか, ぶるぶるする, われわれは, ゾッとします, 五百円, 吃驚いたします, 好い心持, 小気味の, 居りましたら研究材料, 恐れを, 悚然と, 惜しいもの, 涙が, 熟柿の, 物が, 綾子さんの, 興を, 興醒めが, 苦々しく思う, 虫酸が, 身に, 開けた所, 馬鹿, 驚かされたのに

▼ 聞いてからは~ (24, 0.1%)

1 [24件] あまりに痛ましく, ついに忘れる, どうしてもそれ, なかなかの, なほさらこの, ふっつり内証, 一層自分, 何卒早く, 便所の, 口上手な, 妓等が, 妻帯者の, 子を, 子供心に, 宇宙という, 当分は, 敵の, 朝の, 本邸へ, 毎日の, 漂う海, 終日嬉し, 自分が, 自分だけかも

▼ 聞いてを~ (19, 0.1%)

2 ります, りますが

1 [15件] かしい程, つたあの, つたといふ, つたのです, つたん, つて下さる, られさ, られた, らんが, りました, りましたわ, りますうち, りますから, ります偉い, るぢ

▼ 聞いての~ (16, 0.1%)

5 通りだ 2 上で 1 お望み, とおりじゃが, とおりだ, とおりわしに, 上, 記憶であるらしい, 通りじゃ, 通りな, 通り土地の

▼ 聞いちゃあ~ (13, 0.1%)

1 [13件] いけない, いたがね, いられない, いられないよ, おれ達は, なおのことだ, もう悪事, 猶さら, 耳よりだ, 詰まらねえから, 誰だって, 身動きが, 追手に

▼ 聞いちや~ (10, 0.0%)

1 いけないよ, つたよ, ゐない用事, ゐられないやう, 居たがねえ, 居たん, 居ないだらうな, 居られねえ, 捨てて, 放つても

▼ 聞いてからの~ (10, 0.0%)

2 ことと, ことに 1 ことだ, 上で, 帰り道すっぱり, 帰り道すつ, 気持を, 義貞には

▼ 聞い~ (10, 0.0%)

2 くれ, くれ信さん 1 いでよ, くれや, くれよ, くれわし, くんだな, つた

▼ 聞いてからに~ (7, 0.0%)

2 しよう 1 おしなさい, しようという, しろい, すると, なるの

▼ 聞いてや~ (7, 0.0%)

2 しない 1 がったの, がるに, しないかい, しないでしょうか, しねえ馬鹿野郎

▼ 聞いてね~ (6, 0.0%)

1 あっしが, なんだかトテモ感心, 君の, 家へ, 渾名し, 確かに

▼ 聞いたりなど~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, するの

▼ 聞いてからも~ (4, 0.0%)

1 すでに数年, 一語を, 四人生れ, 金は

▼ 聞いてよ~ (4, 0.0%)

1 あの兎, おれが, そうな, 言って

▼ 聞いてさえも~ (3, 0.0%)

1 いやな, ただは, 渾身の

▼ 聞いてすら~ (3, 0.0%)

1 それが, 丑松は, 今日は

▼ 聞いてに~ (3, 0.0%)

1 こ, はかに, やりに

▼ 聞いてばかり~ (3, 0.0%)

1 いたもの, いても, 居たもの

▼ 聞い~ (3, 0.0%)

1 いだげっ, ごらんなさい, 驚き走らし

▼ 聞いたりの~ (2, 0.0%)

1 うえでの, 感受性の

▼ 聞いてかへ~ (2, 0.0%)

1 つたその, つていまでは

▼ 聞いてからでも~ (2, 0.0%)

1 決して彼女, 遅くは

▼ 聞いてからと~ (2, 0.0%)

2 云うもの

▼ 聞いてからという~ (2, 0.0%)

1 もの宿へ, もの敬二郎の

▼ 聞いてこそ~ (2, 0.0%)

1 それで有難味, 居たが

▼ 聞いてぞ~ (2, 0.0%)

1 うっと, くりと

▼ 聞いてだけ~ (2, 0.0%)

1 いて, いても

▼ 聞いてて~ (2, 0.0%)

1 まえに, まえ同様

▼ 聞いてでも~ (2, 0.0%)

1 いるかの, いる様

▼ 聞いてな~ (2, 0.0%)

1 はるから, わしも

▼ 聞いてばかりも~ (2, 0.0%)

1 いられないだろう, いられないよう

▼ 聞いとき~ (2, 0.0%)

1 なはれため, まほ

▼1* [25件]

聞いたいじょう捨てても, 聞いたちゅうからおらいつ, 聞いたりと云う風, 聞いちやつたンだけど, 聞いちやつた祕事まで聞い, 聞いちやアうれしくなつ, 聞いちやヂツとしてゐられない, 聞いちや何ですが, 聞いちや惡からう, 聞いちょる, 聞いてか嫂が, 聞いてかの僧を, 聞いてからずつと默つてゐる, 聞いてからなど四人が, 聞いてがつかりして, 聞いてしもた, 聞いてだに優に, 聞いてははアこいつは, 聞いてはをられぬ, 聞いてもやすらかな往生を, 聞いてやらにゃならぬ義理, 聞いてよと入り来るは, 聞いて程好く妄想, 聞いとかんと, 聞いチくんねエ