青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「細君~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~紫 紫~ 紫色~ 細~ ~細い 細い~ 細かい~ ~細く 細く~ ~細君
細君~
細工~ ~紳士 紳士~ ~紹介 紹介~ 紺~ ~終 終~ ~終っ 終っ~

「細君~」 6103, 59ppm, 1953位

▼ 細君~ (1500, 24.6%)

17 夫の 12 自分の 9 彼の 6 それを 5 健三の, 夫を, 私の, 自分が, 言ふ, 黙って 4 彼に, 熱心に, 笑いながら, 笑った, 細君で, 良人の

3 [24件] すぐに, どうした, 一人で, 下女を, 両手を, 何時もの, 十風の, 口を, 声を, 夫が, 妙な, 子供を, 家の, 微笑し, 手を, 時計を, 目を, 眼を, 答えなかった, 美人と, 自分で, 色の, 茶の間へ, 非常に

2 [76件] あさ子どちらも, お筆, かう云, くやしそう, さう, その子供, その家, その日, その水, その茶碗, それが, どうし, ひとりで, また子供, また彼, まだその, まだ雑誌, 七輪の, 三千円ばかりの, 三藏の, 主人に, 主人の, 云つた, 亭主と, 亭主に, 亭主の, 今は, 今まで, 代助, 体を, 何とも答えなかった, 何にも, 何やら呟, 僕の, 出て, 別に, 刷毛を, 力無く, 厭な, 夜具でも, 夢中に, 女中を, 始めて, 娘の, 娘を, 宗助を, 帯の, 帰って, 彼が, 忙が, 急いで, 急に, 恨めしそう, 戸棚から, 手紙を, 承知しない, 機を, 気の, 派手な, 火鉢を, 無論の, 癖直しを, 知つてゐる, 笑ひ, 膝の, 苦しそう, 襦袢の, 言って, 語を, 途方に, 重苦しそう, 障子の, 隣の, 首を, 驚いて, 鶴子さんに

1 [1178件 抜粋] あかくな, あっけに, あまり新, あるとき, ある年二十五銭, いいほどに, いい直した, いかにもことば, いきなりくるりと, いきなり布団, いそいそとして, いった, いつたが, いつの間にかもう梳櫛, いつもの, いとまめやか, いろいろ話そう, おかしがっ, おそろしい位良人, おろおろし, お兼さん, お勝手の, お延, お菊, かえって夫, かなりきれい, がさ, きれいかね, くどく彼, こういい, こういっ, こうも, こっちを, この夕方, この婚礼, この珍, この言葉通り, これも, こんな調子, さっと氣色ばん, さらに次, しきりに撫で廻わす, しづかに, しばらくし, しまいに黙っ, じっと例, すぐこう訊いた, すぐ子供部屋, すぐ察し, すぐ手, すぐ賛成, すこし乱れた, すっかり感心, すらりと, そいつを, そこで大きな, そこへべ, そのガリマアル君, その子, その後で, その挨拶, その泣く, その病気, その表情, その間に, そら, それではと, それに, それによって, それ以上何も, それ者の, そろそろ昂奮, ただしとやか, ただ妙, たぢろい, たばこ盆に, だめです, ちょうど, ぢつと, ついに夫, でて, とりあわない, どういうもの, どうしても金, どうする, どうぞ家, どう云う, どれが, なお答えなかった, ななめに, なるほど, のみこめない顔, ぱくりと大きな, ひとことも, ひとり寂し, ひどく素直, びっくりした, ふと心, ふるえて, ほつと, まさしく悪魔, ますます不思議, またぴくぴく, また何, また健三, また女, また頸, まだ, まだスケッチ, まだ夫, まだ考える, まだ默つて木像, まるで一家, まんざら知らない, むしろ感服, むつつりと, もう一度こういった, もう居, もう肯, もちろん若衆, もと賤, やがてきまり, やがて坐, やはり赤茶けた, やぶれた襖, やや安心, ようやくお, ようやく御機嫌, よくお, よく此笑, ろくによく見る, ゐるとの, オランダ本国人と, カンテキでも, ズル, タンゴ, チャブ台を, トン, ハンガーごとその, パナマの, フランス女を, マドマゼエルが, モンペ袴を, ランキン夫人への, ロスアンゼルスで, 一声誰かを, 一寸バツ, 一層おろおろし, 一歩前へ, 三人目の, 三年程, 三藏に, 上品な, 下を, 不平な, 不思議に, 不意の, 不氣嫌, 不精無性に, 両親を, 中を, 中途から, 主人を, 久しぶりに, 久美子が, 乳呑児を, 二つ下の, 二人に, 二字の, 二度吃驚という, 云つて, 五フィート乃至, 五十嵐の, 今さらならぬ, 今では, 今一人で, 仕合せな, 仕方なし, 以前よりも, 伊織の, 伸子が, 伸子たちの, 何だか生れつき以外, 何とも, 何の, 何事かと, 何年前か, 何時までも, 何遍か, 余り未練, 來城を, 例の, 依然として仕事, 依然として鼻, 健三に, 傍から, 元の, 先づ前髪を, 先刻自分の, 入って, 全くの, 其の品位, 其大きな, 内心危んだ, 再び銚子, 冷めたる銚子, 凄い眼付, 分らない, 刑事に, 別に他, 別に嬉しい, 別に鶏, 利口だ, 前より, 劉伶の, 助かって, 勝ち誇った, 勿論妾, 十五程若かっ, 十風程景氣は, 半分朽ち懸けた, 単に掃除, 却, 去年の, 又先, 又大きな, 取り合わなかった, 口の, 口添えを, 台所や, 吃驚し, 同じ調子, 同窓生である, 名を, 向ふ, 唯々として, 啜り泣きを, 喘息やみで, 嘆息した, 四つに, 四十一で, 四国巡回の, 園へ, 変な, 外の, 外米は, 夜眠りに, 大きな不安, 大分よく, 大喜び, 大小種々の, 大阪へ, 夫に対して, 奥の, 女だけ, 女の, 女優で, 女持の, 妊娠し, 婆さんを, 嬉しさ, 嬉し気, 子供の, 定めて, 家事の, 容易に, 寝室に, 寝衣姿, 尊敬の, 小さな声, 小児に, 小柄で, 少々驚ろ, 少しも, 少し躊躇, 岡田が, 嶮し, 巻蒲団に, 帰った, 常にこれ, 平手で, 年三十五六色の, 床の, 庭には, 廓に, 弱い良人, 待兼し, 後を, 得意らしく, 御機嫌が, 微かに, 心の, 心配が, 必ず手, 忽ちヒステリ, 怒つて, 怒気を, 思わず知らず, 思出した, 恐らく知るまい, 恨めしい顔付, 悪いとも, 悪魔でも, 悲鳴に, 惡いとも, 慌てて, 慰める, 憂を, 懼れた, 我に, 或株屋, 手に, 手縫いの, 承知しなかった, 抱取つて, 持って, 指尖, 振返つて, 支那大使館詰の, 断りたさそう, 斯る, 旅行中だ, 旦那さんが, 明方の, 昔彼が, 昨日うわさ話の, 昨日の, 時々彼, 晝過ぎ一人ぼんやりと, 暫らく眼を, 更に業, 最初一声叫ん, 木場の, 本來, 杉村博士の, 東京に, 東京駅で, 格子戸を, 案外易々, 森彦の, 模擬革の, 櫛卷き, 歌舞伎芝居が, 正月の, 此手紙を, 歯医者へ, 死ぬまで, 殆ん, 殊の, 毛布を, 気に, 水芭蕉だ, 永遠の, 泌, 泣きじや, 注意ぶ, 津田に, 津田を, 活動夫は, 浮かない返事, 海や, 深く夫, 清々と, 湯豆腐を, 漸く手, 漸く氣, 澄まして, 焜炉を, 無言の, 無責任な, 煙に, 照れて, 煮物に, 父の, 牢屋で, 独りで, 狼狽へて, 猶語り続いだ, 珍しいおとなしい女, 甚だ文学好き, 田舎の, 甲斐が, 畫を, 病んで, 白い細紐, 白井より, 皆まで, 皿も, 目下の, 直に斯, 眉に, 看病に, 真面目である, 眼さえ, 眼も, 短い返辞, 石の, 確かに, 私を, 秘して, 空に, 突然ゾツ, 突然夫, 窓から, 立ちあがつて, 立ち上って, 立て切った障子, 笑って, 笑つて相手に, 第一, 答えたが, 籠の, 素速く, 結婚の, 給仕し, 網干に, 編みかけ, 縁鼻へ, 美人でも, 老紳士, 耳も, 肌の, 肚の, 背で, 能く, 腰を, 自儘, 自分より, 至極素直, 若いし, 苦い顔, 苦笑ひ, 茶の, 茶袋から, 莫迦ばかし, 萬亀子と, 蒲団の, 藪から, 蚊帳の, 血の気を, 袂から, 裁縫が, 裸の, 見えない, 見つかりそう, 見向きも, 言いそして, 言った, 言ふまで, 話して, 誘惑できない, 誰かしら, 調戯う, 變な, 赤い炭団, 赤ん, 赤坂の, 起き上つて隔, 起つて, 踊は, 身をかは, 車夫に, 軽い嘲笑, 近くに, 迷亭へ, 逃げるよう, 連夜の, 過つて, 遠くから, 郷里へ, 酷く羨ましさうに自分, 金を, 銀ちゃんの, 鏡を, 長安に, 長男を, 閻と, 附加した, 陋巷の, 隠居の, 雙方を, 電気も, 震災の, 青い顔, 静かに, 音楽学校の, 顏を, 顔の, 顔色にて, 顔見合し, 食卓に, 飲まなかった, 飾氣の, 駈けよって, 驚ろいた, 高利だ, 鬢を, 默つてつん, 默つて息を, 鼻の

▼ 細君~ (1349, 22.1%)

22 顔を 16 方を 14 方は 13 方で, 方へ 12 前に, 手に 11 父は, 顏を 10 方が 9 ことを 8 事を, 手から, 方から, 父の 7 ところへ, 姿を, 方に, 顔が, 顔は 6 心を, 言葉は, 話を

5 [12件] ために, ほうは, 前で, 前へ, 声が, 姿は, 実家の, 父に, 肩を, 胸に, 膝の, 顏は

4 [11件] ような, ように, 代りに, 体は, 名は, 機嫌を, 父が, 父と, 言葉には, 頭の, 顏色は

3 [32件] 前では, 名, 名を, 声は, 妹の, 姿が, 実家へ, 後姿を, 従弟だ, 心は, 手で, 手を, 方の, 枕元に, 様子を, 父を, 病気の, 病気は, 目には, 眼が, 眼の, 眼は, 耳に, 胸には, 言葉に, 言葉の, 言葉を, 話に, 足音が, 里の, 額の, 顔には

2 [91件] いう事, いかつい顔つき, お産を, ことで, ことに, ことは, ことも, こと細君の, この冗談, つれて, ほうへ, ほうを, ほかに, ゐる男, ノルマに, 両手は, 両脇, 事が, 云う事, 云ふ, 体が, 倒錯的な, 候補者に, 側に, 傍へ, 凜子は, 創意工夫の, 口の, 口元に, 右の, 同情は, 名が, 名である, 問に, 坐つて, 声, 声で, 声に, 妹にあたる, 嫉妬を, 尻に, 弟が, 往く前, 後から, 心に, 悪口を, 愛を, 態度を, 所へ, 手へ, 手もとを, 方にも, 暗い顔, 来た時, 枕元へ, 枕頭に, 様子は, 樣な, 汲んで, 泣き声が, 溜息が, 父も, 琴子と, 生殖器へ, 病気に, 病気を, 絹張りの, 耳には, 耳にも, 聲が, 腹の中の, 膝に, 膝下に, 芳子の, 芳子も, 話では, 説明に, 身に, 道を, 郷里を, 里は, 頭を, 額に, 顏が, 顔では, 顔と, 顔に, 顔も, 顔や, 魔睡, 鼻の

1 [739件 抜粋] あおいほそお, あきさんです, あけみは, あるの, ある男, ある老人, ある連中, いうと, いった通り, いひ草ぢ, いもうと, いる台所, うたふ, うちの, おじの, お化粧, お時, お産の, お繁さん, お腹を, お豐さん, お里に, こころもちに, ことか, ことだ, ことなど, ことなるべし, ことばを, ことまで, さわ子が, しぐさが, そそけた疲れた姿, その実家, そばへ, ためだ, であろう派手, と反, ぬい子は, はる女さん, ひたすらな, ひっぱりや, ひろ子という, ほうが, ほうに, ほうには, まじめな, ますさんは, ますさんや, まわりを, ものに, やうに, やかましい盆栽家, ゆかり女史も, ようで, よそ行着の, らしいフランネル, オトラ婆さんと, オトラ婆さんの, クスクス笑う, クツキング・ノート・ブツクは, クロチルドの, コーヒーの, ヒステリイか, ブランシユが, マリイさへ, マリイ・ジャンヌと, 一人な, 一人に, 一番好い, 一行も, 一顰一笑も, 上京する, 下敷に, 不可思議な, 不安を, 不幸を, 不意の, 不行跡に対する, 世俗的な, 両手を, 両親兄弟が, 丸髪姿が, 久子さんが, 乱行に, 乳の, 事か, 事だけ, 事まで, 事も, 云う通り, 云った詞, 亡友の, 交易はさまで, 京千代に, 仕度を, 他の, 代わりに, 以前の, 伯母さんの, 体であった, 何に, 何んな, 余所行姿を, 余計な, 保証する, 保険だったら, 候補者だった, 候補者という, 健康を, 傍で, 働く姿, 元の, 兄のと, 兄弟の, 児を, 全然知らない, 全身を, 冬菜が, 冬菜に, 凄艶, 凡ての, 出て, 出は, 前だけ, 前でない, 前髪の, 力には, 労を, 動かなくなる時, 千鶴子も, 印形は, 厳命で, 去ったあと, 受けも, 口から, 口出しを, 口答えを, 叫びとも, 叱るが, 同意を, 名前で, 吹聴ばかり, 呂は, 命令を, 品位を, 品子は, 唇から, 唸り声を, 唸る声, 問いが, 噂それを, 噂を, 土産を, 地所へ, 墓場のよ, 墓標が, 声と, 声には, 変心, 夕化粧が, 外に, 外出姿を, 夢に, 大きな目, 大きな腹の中, 夫は, 奔走で, 好人物と, 好奇心は, 好意や, 妊娠との, 妹だ, 妹だけに, 妹とかいふ, 妹に, 姉さんとは, 姉という, 姿勢は, 娯楽を, 嫉妬は, 嬌態に, 子が, 子で, 子供が, 子大きい, 存在を, 安芸子と, 安芸子や, 実家, 実家が, 実家と, 実家に, 実家近くの, 宣伝も, 室へ, 家だった, 家族の, 容色は, 寐る, 寐顔を, 寝室の, 寝室へ, 寝間へ, 寝顔を, 小い, 小さい手, 小遣くらゐ, 居る宿屋, 屋寿子で, 左の, 帯と, 帯よりも, 帯上げと, 帶の, 常は, 幾子が, 幾子は, 座を, 弁舌に, 弟は, 弟はちよつと, 弟植昆虫学者おとなしい, 弱ったの, 影が, 影も, 影響かも, 影響だ, 待遇は, 従弟から, 従弟と, 從妹とかいふ, 御意に, 御腹, 心がけが, 心も, 心事を, 心持は, 心掛け乃至, 心行きを, 心遣, 思ひあまつた様子, 思惑を, 性格子供の, 性格研究に, 怨みを, 悲痛な, 意地悪い, 意志は, 意見にのみ, 意見の, 愚痴も, 態度だ, 態度としては, 態度は, 態度も, 所に, 手では, 手によって, 手は, 手中に, 手前そんな, 手料理の, 手料理は, 手真似を, 手紙な, 手落呼わりなどを, 手許から, 手鞄が, 批評であった, 抗議なし, 持って, 指の, 指環や, 指紋で, 掃除法の, 推察通りやっぱり, 支度の, 放漫をさえ, 文子さんは, 料理に, 方と, 方へは, 時代は, 智慧で, 有る人, 服装を, 来る時間, 枕もとの, 柔かい肩, 柳江が, 棺桶が, 楽屋仲間を, 様子も, 樂な, 横手に, 横面を, 横顔を, 死については, 死んだ日, 死後二人の, 死骸を, 母も, 母親だった, 母親な, 母親にあたる, 気に入らないの, 気に入る筈, 気嫌を, 気息遣, 気紛れに, 気苦労も, 注意で, 注意を, 洗髪の, 涙が, 混乱ぶりは, 淺ましい, 湯たんぽや, 溌剌たる, 為めには, 熱が, 熱心な, 父たる, 父どれを, 父によって, 父母にも, 物脅え, 独唱を, 琴子は, 生きて, 生家へ, 生活の, 産褥で, 用いた寝台, 申立から, 男友だちが, 病中や, 病室に, 病気については, 病気には, 病氣の, 病状が, 痩腕で, 発作は, 発明です, 発熱については, 発見と, 皿から, 目にも, 相談相手に, 眉の, 真実の, 眸が, 眼つきが, 眼と, 眼には, 眼を, 着物まで, 睨みの, 知らないこんな, 知合だ, 短い髪, 祖父母が, 禿に, 稼ぎで, 空子が, 立脚地を, 立話が, 笑ふ, 笑話という, 答え, 答に, 紅い唇, 級友で, 素行が, 給料で, 綺麗な, 締め残し, 縫つてくれた, 縫ひかけた, 老いて, 耳へ, 聲に, 聲は, 肌の, 肖像とが, 肩に, 肩へ, 肩越しに, 背に, 背後に, 腰は, 腹が, 腹には, 腹の中は, 膠着力も, 臨月が, 自から, 自ら筆を, 艷を, 花子が, 芳子であった, 芳子と, 苦心は, 英語を, 葉書が, 葉書だつた, 著物, 葬式に, 蔭口を, 藥代として, 虚栄心を, 行動に, 行動の, 被けた蒲団, 裸体だった, 見て, 親戚の, 親類の, 解釈であった, 言った言葉, 言外まで, 言葉なぞを, 言葉なんぞが, 許に, 許へは, 評が, 詞は, 話して, 話しでは, 話は, 話も, 話頭は, 語勢から, 語勢は, 説明を, 読み上げる文章, 警告に, 議論に, 貞操を, 責に, 賈氏が, 質問である, 赤い手絡, 起きあがる気配, 足とは, 足の, 身なりを, 身の, 身体中に, 身許其他様々の, 身許調査は, 身邊に, 軽い咳音, 輕い, 近くに, 返事は, 返事も, 選択に, 選択には, 部屋では, 部屋との, 部屋には, 部屋は, 酌を, 里から, 里に, 里方である, 重病を, 金盥の, 閑な, 関係者に, 閻と, 阿爺, 隣に, 静子が, 非難の, 面に, 頭から, 頭でと, 頭と, 頭全部を, 頭髪は, 額には, 顏と, 顏には, 顏の, 顏や, 顏色を, 顔にも, 顔までが, 顔色を, 願を, 首の, 首を, 髪の毛の, 髪を, 鳩尾へ, 鶴子さんに, 黒い眼

▼ 細君~ (913, 15.0%)

13 出て 7 言った 6 何か, 来て 5 顔を 4 あった, 傍から, 死んでから, 注意した 3 いった, いて, ひとりで, 声を, 夫の, 来たの, 笑った, 言って, 訊いた

2 [37件] あって, あると, いくら弁護, そう云った, その言葉, それを, どんな顔, なんにも, はいって, やって来た, ゐるの, 一人苦しん, 一緒に, 二人の, 冷たい眼, 出来ても, 口を, 台所で, 夫に, 子供を, 家の, 家出を, 彼に, 来ると, 海軍服の, 石に, 私達の, 聞いた, 自分の, 蒲団を, 裁縫を, 見て, 訪ねて, 返事を, 静かに, 頭を, 鶴子の

1 [759件 抜粋] ああいう, あったなどという, あったの, あの事件, あまえるやう, ありながら, ありました, あるか, あるから, あるなんて, あるの, あるん, あれば, いうこと, いかにも田舎, いぎたなく眠っ, いそいで, いたずらそうな, いつだった, いないと, いないので, いなくなっても, いやに, いるか, いるじゃ, いる奇麗, うちの, うなずいて, うるさがらないこと, おずおずし, お産を, お神楽三階, お酒, お銚子, がっかりし, きいた, くすくす笑い, ここまで, こないだうちへ, この世に, この俄, この家, この赤ん坊, これからやっ, ご亭主, さう, さつき伊庭さんといふ, さびしさうに横顔を, しきりにすすめた, しきりにそれ, しげ子の, した, じつと, じろ, すぐラッヴレイ, すぐラツヴレイ, すぐ氣, すっかり老けこん, せきたてた, そうである, そこから, そっとやって来, そつと, そのピストル, その山小舍, そりや, それである, そんな話, たまに, だるそう, だんだんに, ちゃんと払出, ちょっとお, ちょっと顔, つくるヘースティ・プディング, できて, できない時分, とがめる, ときどき掃除, どういうこと, どうしてまた, どんどん戸, どんどん木戸, どんな場合, ないと, ないばかりじゃ, なくては, なんだか病身, ぬつと, はっきりくりかえし, ひきとると, ひどく嫉妬, びしよ濡れの, ふとしたこと, ふと不安げ, ふと時雄, ほんとうに, ぼくを, ぼんやり空, まああがれ, またどっと, また何, また入っ, また反対, また歴然たる, また裾, また飛び出し, まだ娘盛, まるでつまらない, まるで相手, もう寝入る, もっと寐, もとの, もはや良人, やいて, やっと七つ, やっと居馴染ん, やつて, やらなければ, よくよく見る, よく出来た, ゐて, ゐなければ, ゐると, キビの, タカジヤスターゼを, チョコンと, ドイツ人に, ノックし, ハンケチで, パリを, ブツ, ブツブツ云, モルトケ大将の, レイスネルとは, ヴェロナールを, 一つの, 一人乗り合わし, 一代という, 一案を, 一番エライと, 一種の, 三つばかりの, 三人だ, 三味線を, 三年一緒に, 三藏から, 上がって, 下から, 下の, 下女を, 不安な, 不承不承な, 不気味そうに, 不行跡を, 不賛成を, 中頃に, 串戯に, 主の, 久しい病気, 事状を, 二つ買っ, 二人ほど, 二十五歳だ, 云うには, 云うの, 云つた, 云ふ, 云わないところ, 亡くなったらと, 亡くなって, 亡くなり次に, 人の, 今ひとり別, 仙吉に, 以前から, 伸子たちに, 何とかし, 何やら小声, 何処の, 何故に, 何時でも, 何時も不断着, 來て, 例の, 信頼を, 俺に, 停車場に, 停車場まで, 側に, 傍へ, 僕に, 元結を, 兒を, 入ったもの, 入籍し, 六つに, 其下に, 冷かす, 冷淡な, 出しな, 出來, 別口で, 制する, 劇関係故, 加勢を, 労苦し, 勉強し, 勝手に, 勤めから, 勧工場から, 化粧料として, 医者から, 医者へ, 十分寝込んだ, 十四五人ばかりの, 午食を, 去って, 参考に, 又それ, 取り出して, 口添へ, 可哀想だ, 可笑しく見えた, 台所から, 台所の, 吾妻下駄をから, 呻いた, 呼ぶと, 品の, 問うと, 喜い, 喧まし, 四時頃自動車で, 四番目の, 困った顔, 困つて, 園と, 土間に, 塩ッ辛い, 変ると, 大きい桃割, 大きな丸髷姿, 大分先に, 大学附属病院の, 大病だ, 天理教に, 奥から, 奥様然, 女優を, 女学生時代の, 妊娠し, 妬くつてこと, 姑に, 嫁に, 嫌いに, 嬉しがっ, 嬉しそう, 学問の, 実家の, 宥めた, 家出した, 家附き, 寝て, 尋ねる, 小さい声, 小娘の, 小学校の, 小言を, 少しいたずら好き, 居た, 居て, 属してるごく, 山曲の, 巡査と, 差し合の, 帝劇に, 席に, 帰って, 帶の, 年に, 店へ, 座敷には, 廓に, 引き止めて, 弱いよう, 当人を, 彼の, 彼れ, 彼以外の, 彼女と, 後へ, 後年息を, 御歳暮の, 心得て, 応接間へ, 念の, 怒つて, 怒るの, 怺え, 恁う, 恩に, 息を, 悲嘆に, 情夫と, 愁訴に, 憤ツ, 懐妊し, 所天は, 手ずから編ん, 承知を, 承諾の, 押し込んで, 拵へ, 指さした方, 指輪を, 携えて, 支度を, 故の, 故も, 数え年三つに, 数人ずつ, 料理の, 料理法の, 新聞を, 日向の, 明日取り換える, 昨夜の, 時々廓言葉, 時々思ひ, 時々見舞い, 暫らく考え, 最後に, 最後の, 月々貰う, 有れば, 朝飯を, 本を, 来たので, 来てから, 来ましてね, 枕元へ, 柩に, 案内し, 棒縞の, 櫛を, 次の間で, 此度は, 歯が, 死んだその, 死んだと, 死んだの, 死んで, 残ると, 段々下落, 民友社から, 気を, 氣の, 水菓子を, 汽車の, 油坊主で, 泣き出しましてね, 消息不明な, 涎掛けを, 滝に, 火鉢を, 熱い茶, 熱そうなお, 犯人であろう, 独りで, 狭い台所, 玄関に, 玄関まで, 玉廻しに, 現れる, 生きて, 産を, 用意し, 男を, 画帖を, 留守な, 留守番を, 疾くの, 病中の, 病気に, 癇癪を, 皿の, 盛んな, 看病の, 真つ, 眼に, 着古した, 睦じ, 知らしに, 知らなければ, 石段を, 石油コンロや, 磯貝の, 神経を, 私どもの, 私に, 私を, 稍, 空の, 突然気がついた, 笑いだしたら主人, 笑いながら, 笑つてうち消そう, 答えた, 紐で, 絶無である, 縁側に, 縁側を, 美人だ, 美人な, 翌朝眼を, 考えたり, 聞く, 背負ふんだ, 胸を, 腕に, 腹部の, 膳の, 臥て, 自分で, 自分より, 舞踏会に, 良人を, 艶, 芋を, 若々しくさえずる, 若うし, 苦笑した, 茶を, 荒物屋から, 葡萄酒の, 蔭で, 蔭口を, 虚栄心を, 蝋燭を, 衣物の, 裏口から, 襷を, 見つけに, 親しげ, 言ううち, 言うと, 言おうと, 言し, 言たる所を, 言ったばかり, 訊ねた, 訊ね返した, 訴えるの, 証人として, 認めて, 説勧め, 貴方の, 買いとる, 買物の, 賞めた, 赤痢に, 起きてから, 身代り候補に, 身体の, 転んだ高い, 辣韮の, 迎えに, 近々子供, 退屈そうに, 逃げたと, 逃げ闇, 途中から, 通りかかった, 部屋に, 部落出の, 酸乳という, 重心を, 鋏を, 鏡臺の, 開いた, 間もなく二人, 附添つて彼女を, 階子口から, 随分手ひどく, 随筆を, 集まった, 電話を, 非常に, 面倒がる, 頭から, 風邪を, 食物を, 食膳の, 首を, 香銭七百円もらっ, 驚いて, 髭の, 魚芳を, 鶴子を

▼ 細君~ (516, 8.5%)

22 向って 11 して 6 なって, 声を 4 なる女, 渡した, 聞くと, 言った, 頼んで 3 なつた, なつて, なるの, 向かって, 向った, 手紙を, 聞いた, 話しかけた, 話して, 説明する

2 [23件] したが, しては, すると, その将棋, たずねた, ならない前, なるべき人, なる資格, やって, 向つて, 小袖とかを, 成って, 擲げ附ける, 新らしい, 死なれて, 渡す, 知れて, 聞いて, 腰を, 言われて, 説明し, 請求した, 連れられて

1 [375件] いうと, いつも新しい, いわなかった, おいてけぼりを, お時儀, お礼を, お給仕, お茂登, かくして, かけさす, かぶれて, かわって, きいた, ききたかつた, きせて, くらべて, くれぐれも女児ども, こういう飾りいっさい, こう云いました, こづき廻されたこと, この後磯貝, さう出られると, さへ, した, したと, したの, したらよい, した事, した方, しても, してやりたいと, しなければ, しやう, しろ当の, すすめるため, すっかり話しちまった, するつもり, するなんて, するには, する露西亜, せがまれたらしくばか, そういう配給, そうした下卑た, そっくりで, そのこと, そのよう, その卵, その話, そむかれて, それだけの, それとなく服, そんなこと, たきつけたもの, たづね, だつて, ちょっと満, ちよつと, つたえて, つながるもの, つれられて, とれば, どこか, どんなにハラハラさせられた, なった, なったあいつ, なったって, なったので, なったわけ, なった人, なりお, なりすまして, なりても, なりましたぜ, なると, なるという, なるときまつ, なるならなるとして, なるひと, なるん, なる時, なる気持, なる者, なれますか, なんの, はやらせないで, ひどい復讐, ふれて, まかせて, むかって, むけた, むけたが, めぐり逢って, もらえと, やつつけられ, やらせたらと, やられても, やれとの, ゆびわを, わたし細君, シェレーの, ダンスの, ロシアの, 一つも, 一と, 一夜の, 一応相談, 一杯酌が, 上げ給え, 不便利, 与えた, 与えました, 世辞を, 丸山の, 予めそう言っ, 二人分そっくり, 云いウメニャー, 云い置いて, 云った, 云つてゐる, 云ひ, 五円借りた, 仕舞わせて, 代って, 代つてそれぞれ男たち, 代筆させた, 代筆させない, 会おうという, 会ったの, 会って, 会釈した, 伴れられ, 似たの, 似たほど, 似たりと, 似て, 似合いそう, 似合さうな, 似合は, 体を, 何か, 何処に, 何気ない調子, 俺は, 借りて, 償金を, 内緒で, 内證, 冷やかな, 出逢つて, 出遇, 別れの, 別れを, 別を, 劣らぬ高尚, 助太刀を, 勧めて, 取っても, 口を, 可愛がられたこと, 叱らる, 合せる顔, 同情を, 向くよう, 向つて云, 向つて其, 呼ばれて, 呼び出しを, 命じて, 命ぜられて, 命令し, 商売を, 問いかけた, 喰は, 喰べ, 囁きました, 地を, 売りつけた, 変るであろう, 好かれないの, 好きな, 如何に, 姦通され, 娘二人を, 嫁す, 子供が, 子供は, 子供を, 子供二人, 宛て愛人, 宜しくいつ, 客を, 寫眞を, 対って, 對し, 小つ, 幾分同情し, 引き合した, 引き廻されること, 引き留められて, 強ひられ, 当てはめて, 当り散らして, 復命した, 心配される, 心配を, 急きたてられて, 恋して, 愛されたいおれ, 愛されない亭主, 愛想よく, 愛想を, 慰められて, 成ったもの, 成つて帰つて来た, 手伝って, 打ち明けた, 扮し, 扶けられ, 持たせて, 持ちかねて, 指して, 指輪一つ買っ, 挨拶を, 捨てられて, 接吻を, 教えて, 教は, 散々油を, 早速医者, 昨夜何か, 是非代理で, 更に新しい, 最後の, 朝野という, 案内され, 機織の, 此方の, 死なれたり, 死なれてからは, 死なれるって, 死に別れて, 死別し, 死別れ, 残りの, 毎晩義太夫を, 比ぶれ, 気の毒だ, 気を, 気遣われしなれ, 涙を, 深い恐怖, 濟ま, 灯を, 煽動され, 甘いの, 甘いよう, 甘くなっ, 甘んじて, 生水を, 用心さっしゃれ, 疑はれて, 病われた, 白井さんが, 白状した, 目を, 直々逢う, 眉根を, 真相を, 知らせまいと, 知られたら僕, 知られた処, 知れずに, 知れては, 知れないで, 社会主義の, 私の, 稼がして, 稼がしては, 立話し, 笑われながら, 筆と, 答えて, 米川の, 約束した, 細引を, 紹介し, 締めて, 縛られて, 老婆が, 聴かせるやう, 肩掛だの, 育てさして, 臂を, 自分は, 至っては, 至つては, 花束を, 苦労を, 葉書を, 螫され, 袖を, 見せた時, 見せに, 見せびらかした鋏, 見せる, 見られたら大変, 解らないやう, 言うと, 言つてきかせられない, 言ふ, 言わせると, 計り下女, 訊かして, 訊ねた, 託し友人, 訴えると, 話さずに, 話さないの, 話さなかった, 話さなければ, 話しかける, 話した, 話したいと, 話したくなかった, 話したこと, 話頭を, 誘われながら, 語つた, 語り聞かす流石探偵, 説き勧められて, 説明しよう, 調子を, 譲り渡すこと, 賣り付けた, 質問を, 迎えられた時, 返した, 返事を, 返答し, 迫って, 逃げられたこと, 逃げられた時, 逆は, 通じなかった, 通有な, 逝かれて, 逢いたがった, 逢い場合, 逢った, 逢ったから, 逢ったが, 逢ったところ, 逢って, 逢っては, 逢つた事は, 逢つた時の, 逢つてからは, 違いない, 遠慮も, 遣る, 酌を, 金の, 金を, 限らず彼, 隠して, 隱し, 青野の, 非常に, 靴を, 頭が, 頼むの, 顔を, 食って, 餅菓子を, 馴

▼ 細君~ (404, 6.6%)

12 連れて 8 呼んで 7 もって, 相手に, 見た 5 伴れ 4 亡くして, 呼んだ, 迎えて 3 つれて, 促が, 前に, 残して, 見ると, 離縁し

2 [17件] さそい出し三日, して, どうする, 叱る, 同伴し, 喜ばせて, 持って, 放りだしたまま, 極め付けて, 満足させる, 見る, 貰うの, 迎えた, 遠い郷里, 非難した, 顧みた, 顧みて

1 [294件] いましめて, おしこんだの, おしだすよう, おちつかせるよう, おったてた, かえたという, かえって冷, きわめて人間らしい, ここまで, しかりつけさらに, しかり子供, しきりに捜し, じろりと眺め, その子供, それほど重んじ, たしなめると, たった一人, だまして, つかまえて, つくって, つなぎ止めて, つれだして, つれてよりも, とがめる, ときふせて, とっさの, とらへて, どうして悦ばせたら, どうともし, どやしは, ながめたが, なぐさめた, なぐりつける音, なだめたり, なめてるから, はじめ家内の, ひっかけて, ひッ, ぶち殺した, ほったらかして, まじえて, まだ知らなかつた, みて, もってるの, もつても, ものに, もらいに, もらうと, もらう気, もらったの, もらって, もらつたとかいふ, やさしく抱いた, やっつけたの, やっつけるため, やる女, やる由, よこすという, よんで, わきへ, わざわざ揺り起し, わしの, アチコチする, ギュッと, ハッと, 一人で, 一先づ外へ, 一歩上から, 上から, 上田に, 上野の, 不快に, 中心と, 中心に, 些とも, 亡くしたネ, 亡くした森宗匠, 交易する, 人質に, 他人に, 仮りに, 伴うて, 伴ひ, 作りたいから, 作り出す所以, 使って, 例に, 促して, 傷つけること, 先き, 全く他人, 共有し, 制す, 加えない一種, 助けて, 助け出すこと, 労らなけれ, 労る, 厭い養父母, 厭な, 口説き落さなければ, 叩き起すこと, 台所から, 叱つたさうだし, 叱り教, 右側に, 同化し, 呶鳴る, 呼び戻した, 呼び給, 呼び迎えて, 執えて, 大切に, 大黒と, 失いました, 失くし, 失って, 失われた人, 奥さんと, 奪っちまうぞと, 奪つち, 女と, 妾の, 娶った, 娶つた, 娶つて, 嫂さんと, 嫂と, 嫌つてゐる, 嫌ひな點も, 定めたの, 宥めて, 家に, 寒がらせなけれ, 寝取られて, 對手に, 少し覚えた, 尾行する, 岸本に, 強いながら, 待ち合わせた, 後から, 従順でない, 得て, 心から尊敬, 心から忌々しく, 心配させる, 忌々しく感じた, 忍耐し, 思い出した, 思った, 思ふ, 恋仕掛けで, 恕せよう, 恭しくおっ, 悪様に, 想つて鳥肌に, 愛しはじめたこと, 慰めながら, 憎み抜いて, 所謂女らしく, 手に, 手伝って, 打って, 扶け, 抱き締めて, 抱き起して, 持たなくちゃ, 持たなくちや, 持っちゃ, 持ってる男, 持つて, 持つなら食器, 持つの, 持てたなン, 持てば, 振りかへ, 振り返つた, 捉へて, 捕えて, 捕まえて, 掃出したなんて, 探して, 掴まえて, 携へて, 携帯し, 教養する, 敬稱した, 書斎へ, 月賦で, 根ほり葉ほりしはじめる, 歌わしたり, 死に至らしめるという, 残念がらし, 殴りつけながら, 池の, 激励し, 火葬に, 猛火の, 王立協会の, 珈琲店から, 病院へ, 痛烈に, 痩せさせた凡て, 療養院に, 発見せず, 盗むこと, 眼で, 睨みすえた, 睨めたり, 知って, 磯貝に, 称んで, 突き退けるばかりに, 窯で, 笑う健三, 納得させる, 置きざりに, 美しいと, 美佐子は, 背負って, 胸近く引き寄せ, 自分の, 臺所から, 落胆さし, 見かけましたから, 見たが, 見たと, 見た時, 見つけて, 見つけること, 見やったが, 見やったり, 見るとき, 見る笠原, 見下して, 見下ろして, 見付けて, 見初めて, 親切に, 親許へ, 言い慰めた, 訊き糺して, 誘いに, 誘った, 誘つた, 誘惑した, 貰いに, 貰いのんき, 貰い当てること, 貰うと, 貰うとき, 貰うには, 貰う時, 貰った, 貰った銀行, 貰って, 貰つた, 貰つてすつかり, 貰つて其處へ, 貰つて北町から, 貰ふ, 貰ふと, 買ひたい, 起したぎり翌, 辱しめる, 迎えたこと, 迎えたと, 迎えたところ, 迎えたばかり, 迎えるため, 迎へ, 迎へに, 追ん, 追出して, 追放し, 退けたが, 退けぬ, 連れた亀田, 連れての, 遠ざけて, 郷里に, 里に, 鎌倉に, 陥れては, 離したら困るであろう悲しい, 離別した, 離婚し, 離婚しなく, 離縁する, 離縁する云い出し, 頭から, 顧みる, 驚かせた

▼ 細君~ (298, 4.9%)

17 一緒に 7 子供が 5 顔を 4 二人で 3 メイ子は, 別れて, 口を, 四人の, 私の, 結婚した

2 [17件] いえば, いっしょに, 一しよ, 一緒の, 並んで, 二人自動車に, 共々に, 別れた亭主, 女中との, 妙な, 御前が, 相談の, 結婚する, 話して, 話を, 雪江さんが, 雪江さんは

1 [213件] あたかも他人, あやしいという, いえども, いかにも明朗, いがみ合, いがみ合ったこと, いっしょになんか, お出かけに, お常, お銀, きては, この火, これが, ご同級, しげ子とは, したら余計そう, すぐ懇意, そして村, その兄, その弟, それから弟, ちがう一人, であった, なったお, なった小松, なるべき女, なるもの, はかの, はじめた初め, ひんぱん気な, ふたりきりで, まあちゃん, まだ處女, めっかち, やりあったこと, キヌの, テル子が, マメイドの, メイ子が, 一人の, 一幼児と, 一緒だ, 七歳から, 丈夫な, 三人の, 下女との, 下女一人といふ, 下婢たちが, 下婢とは, 不和を, 丸善とだけは, 乱麻を, 二人きりか, 二人きりだった, 二人きりで, 二人ぐらしで, 二人の, 二人天幕を, 二十年ほど, 云ひ, 云ふも, 五つばかりの, 交渉が, 仲が, 仲を, 仲善の, 仲良くなり, 伴れ立っ, 伸子とは, 伸子とを, 何か, 倅とが, 入つて, 入れ違いに, 全く同じ, 六代目の, 共々滞留, 共に在り, 出奔し, 別れさすの, 別れた, 別れた時分, 別れなければ, 別居し, 前後六十回も, 千代子の, 去年学校を, 友達であった, 友達とでは, 叔父に, 取り換わせた健三, 取り換わせた談話, 口喧嘩の, 口数多く, 可愛らしい二人, 合点してる, 同じから, 同じ位, 同じ者, 同室す, 同棲し, 同樣, 同等の, 向う見ずな, 喋りあつ, 喧嘩した, 喧嘩する, 喧嘩を, 喧嘩別れを, 四五日前夜おそく, 四人し, 壕に, 夏に, 夕飯を, 多々良君とは, 大学生の, 女の子を, 女中と, 女中とが, 女中の, 女児と, 女児を, 女兒と, 妥協する, 妹に, 妹は, 姪の, 娘きりである, 娘と, 娘とが, 娘とは, 娘とを, 娘の, 娘達も, 子供とが, 子供とを, 子供の, 子供達とを, 子供達植民地警備の, 小供, 少し奥まった, 差向, 己との, 年齢から, 幼い伜, 幼馴染だ, 庚娘とを, 弟の, 御三, 御子息, 心やすく, 思ったの, 思へど, 怪しい関係, 怪しい關係, 恋し合っ, 恋に, 息子が, 悟った石子, 意味あり, 懇意な, 成つてから, 戦争を, 手を, 打ち解ける機会, 掃除とは, 文選に, 来たら評判, 楢山夫人との, 槍騎兵とを, 気持ちが, 父親の, 狩猟なども, 田舎の, 異る, 目くばせし, 相談し, 相談する, 相談を, 眇の, 眼を, 知りあいに, 知り合, 知合に, 石田, 総領息子と, 縞の, 肥大した, 臆断し, 自分との, 若い土方, 若い女中, 若い女弟子, 若い美しい髭, 若者が, 言えば, 言葉を, 話し合った, 論戦し, 赤ちゃん一緒に, 迷亭は, 遊んで, 遊んでばかり, 違って, 遠方へ, 長女が, 関係し, 関係した, 隆は, 隣室に, 離れて, 馴染みの, 駈落ちした

▼ 細君~ (229, 3.8%)

3 細君だ

2 [14件] ありお, あり子供, ある, あれば, いっさい語らなかった, それで, それに, ゐた, 半病人, 娘も, 子供も, 私の, 近の, 非常に

1 [198件] あり息子, あるくらい, あるん, いうの, いた, いつしか前, おきて, おまえの, おろす肚, お附, かう云, かなり修行, きたない風, きっと踊ったろう, きれの, こう云う, ここに, この花見, これだけは, さぞ困るだろう, そうした点, そう云っ, そう見, そのさき, そのまま立っ, その位, その例, その家, その気, その舎, それには, そんな気, た, ただそれ, でて, とかく評判, ときには自分, どうやらそれら, ないの, なか, なるほどと, はじめっ, ひたすら西田, ひどくやさしいたち, ひどく気, またおかあさん, またこの, また失望, また彼, まだ達者, みずからすすん, もう帰っ, もともと好かない, もらって, やって来て, やはり何やら空想, よく調べ, よく調べる, わきから, アメリカへ, メイ子も, 一しよ, 一向気, 一寸妙, 一度に, 一生懸命な, 万々承知, 上つて来, 不安なりに, 不承知に, 主人も, 亦客, 亦腹, 亭主の, 今その, 今日は, 仕方が, 仕方なし, 仰天した, 何と答え, 使いに, 使ひ, 來た, 信じなかつた, 倒れて, 元の, 共々に, 其方へ, 出来小, 別の, 動かなかった, 友人も, 可哀そうであった, 同情深い, 同時に漫才屋, 同時に立った, 同行する, 同道であった, 君の, 呼び給, 困るし, 堅く手, 外出し, 大ちや, 夫婦喧嘩の, 奥の, 女に, 女中も, 好きな, 妬かないが, 姉小路の, 嬉しそう, 定期市の, 実家と, 実家を, 寒月も, 少からぬ, 居なかった, 居るし, 幾度か, 廊下まで, 弁護士も, 強ひ, 御一緒, 御常, 心配し, 心配そうに, 必ず怯み, 応対に, 怒火心頭, 思つた, 思出した, 悩んだが, 意地悪を, 態度も, 手紙などを, 承知した, 敗けん気, 新しい土地, 日の出と共に, 早速賛成, 時々その, 木戸へ, 横から, 樽野の, 此新兵に, 死んだ實母, 殆ん, 決して悪い, 深く感じた, 無事の, 父を, 現れて, 留守で, 目を, 直に一緒, 相談相手に, 眉を, 看護婦も, 知ってるの, 知つ, 知らずに, 知らないし, 礼子や, 稍, 立止つて, 笑いだした, 笑いながら, 笑って, 笑つて, 笹村を, 籠で, 素人臭き, 終に大きな, 老人も, 腹立たしげに, 膳を, 自分達の, 至極健康, 芳子に, 行きたいだろう僕, 衣服の, 訳を, 試みに, 調子を, 貰わずに, 迷亭の, 這入つて, 適度の, 避難者の, 離縁に, 静かに, 音作の, 音作夫婦も, 飯を, 默つては, 默つて只, 黙って

▼ 細君~ (63, 1.0%)

6 子供を 4 子供の 2 娘さんや, 子供も, 子供達まで, 細君の, 胡瓜に

1 [43件] お婆さんは, お蝶, フリント船長と, 丸善や, 乃至御, 井伏は, 人の, 仲間に, 例の, 信子さんも, 十二に, 同役の, 女中に, 女中や, 妹にも, 姪と, 姪を, 娘たちが, 娘だった, 娘の, 娘は, 娘やに, 娘を, 娘達が, 子どもたちにも, 子どもたちは, 子供たちが, 子供たちは, 子供まで, 安田も, 家庭を, 小児は, 弟が, 弟の, 恋人の, 柔かいムジリ, 老母が, 職業婦人学校の, 茶に, 親しい朋友, 隱居さんは, 音作夫婦が, 髪結に

▼ 細君から~ (54, 0.9%)

2 宣告を, 茶碗を, 電話が

1 [48件] あの可愛い, あの大, いえば, いつ頃, いろんなこと, こう反対, して, すっかり離れ, それを, ふとっちょさんだの, パンツと, 不満を, 主人に, 云はれる, 五十嵐に, 受け取った, 受取った一, 吹聴せられ, 命ぜられた買物, 嬲られる時, 子供扱いに, 感謝され通し, 手移しに, 擬せられた先生, 故障が, 斯う, 施された術, 来た手紙, 洋服の, 眼を, 睨まれて, 笑われたり, 結核を, 習ひ覚えた, 聞いた, 聞いたま, 聞いた筋, 聴いた健三, 苦情が, 裏地まで, 見れば, 話しかけられた, 起されるまでは, 速達の, 速達郵便を, 邪魔者あつかい, 離れて, 驚ろかされた

▼ 細君には~ (54, 0.9%)

2 合点が, 夫の, 少しも

1 [48件] かつこう, この古臭い, この次, そういう気持, その態度, それが, ただ手ツ取り, ちょっとしたでき, できないあけっぱなし, どうでも, なく私, まだ訊きたい, よく通じなかった, 一度は, 両親が, 会ったこと, 何が, 何と云つて, 何にも, 余り信用され, 俳優が, 健三の, 僕が, 僕も, 初對面, 勝手が, 同藩, 夢にも想像, 子供みたいに, 強くあった, 彼女の, 惚れて, 想像出来なかった, 散々だった, 数えられて, 既に大, 既に子供, 格別な, 無論生前, 空っぽう, 罵倒され, 解らなかった, 軽薄なり, 逝かれ若い, 過労の, 金を, 隠しても, 頭が

▼ 細君~ (38, 0.6%)

7 あつた

1 [31件] あつたり, いくぶん気味, この小母さん, しかも坐っ, しかも蜂谷重吉, すらあまり, ひどく気だて, アリーナ, シモンを, 一ぺんも, 他の, 代表させる, 墓参に, 夫の, 宰相であり, 息子も, 悠々と, 指圧療法を, 日野さよ子という, 時々千種, 最後は, 有ながら, 泣きながら, 狂人の, 病氣の, 盛に, 眼ばかり, 美しく小肥り, 讓葉と, 野面にまで, 釣出して

▼ 細君にも~ (28, 0.5%)

1 [28件] いろいろ世話, しようと, その他の, その部屋, なく私, まだ解らない, まだ通じ, むずかしい顔, やはり商売, 了解され, 人形に, 入浴させた, 八つ當り, 同じ様, 夫の, 客に対する, 己にも, 挨拶を, 旭屋の, 楽を, 洋服を, 紹介せられ, 胼胝などは, 自分の, 行かせました, 見えたという, 謝罪する, 重きを

▼ 細君らしい~ (26, 0.4%)

3 のが 2 人が, 女が, 婦人が, 西洋婦人が

1 [15件] ところが, のや, 二十五六の, 人などが, 人達が, 人達まで, 四十五六の, 女と, 女の, 女を, 威厳を, 婦人で, 小さい婦人, 者は, 調子で

▼ 細君~ (24, 0.4%)

2

1 [22件] からあの, からこの, からそりゃあ, から一つ背中, から気立, から氣立, から離せない, か女中, がこの, が何時, といっ, といふ女, といふ見方, と云うこじ, と君, と思ってる, と教え, ね, のを, よ, 僕は, 奴さん頭が

▼ 細君という~ (24, 0.4%)

5 のが, のは 4 ものは 1 のと, のに対しては, ひとは, 互の, 人にも, 人は, 席が, 積荷の, 言葉を, 連想の

▼ 細君との~ (20, 0.3%)

3 間に

1 [17件] ことが, とやかくの, 変態的性生活を, 家庭生活が, 恋愛について, 悶着は, 注意ぶ, 無言の, 約束を, 見さかいくらいは, 話題は, 謂わば, 部屋も, 間が, 間には, 間も, 関係などを

▼ 細君でも~ (18, 0.3%)

1 [18件] そういうの, ない, なければ, なし, もっちゃ, 一緒に, 世話を, 何処の, 出て, 大が, 成るべくなら逃げ出したかつたので, 持って, 探して, 無いの, 突然這入, 貰は, 貰わなくちゃ, 過ぎて

▼ 細君たち~ (15, 0.2%)

1 [15件] がおそらく同時に, がそば, が真実, と一緒, にいろいろ, のメモアール, の中, の安心, の感情, はそれ, は彼女, は皆, までも無, も従来どおり, も甘く

▼ 細君~ (15, 0.2%)

1 [15件] が室積, が深山木, で相談, と大変, と芝居, に向, に委せよう, に訊ね, の社交團, の神経, の縁台, の縁臺, はいくぶん, もすぐ, もちがった

▼ 細君である~ (14, 0.2%)

3 リザ

1 [11件] うちは, ことが, ということ, という女, といふ女, ところの, と云う, のにその, 一人の, 女が, 非常に

▼ 細君として~ (13, 0.2%)

1 [13件] 不足は, 中国で, 受けて, 実際自分, 張合が, 必死な, 慈愛ある, 旦那という, 申し受ける事, 納まって, 見たり, 迎えろと, 適当の

▼ 細君とは~ (13, 0.2%)

2 口を

1 [11件] かかる敗北者ら, なりき, なんらの, まだいちど, よく似合, 別れて, 夫婦喧嘩を, 学校朋輩で, 少し趣, 思つた, 見違

▼ 細君~ (13, 0.2%)

1 [13件] とどけて, 一言書き残した, 云い置いて, 半襟を, 向って, 土産代りに, 宛てて, 彼女の, 投げつける虚ろ, 渡すと, 示して, 話す細君, 警戒を

▼ 細君に対する~ (10, 0.2%)

2 感想が 1 不安や, 不平も, 不快な, 厭な, 基調は, 疑惑は, 虚栄心から, 遺恨で

▼ 細君より~ (10, 0.2%)

1 ずっと偉い, ずっと若く, 一つ年の, 少し低い, 気軽に, 疑い受け, 色っぽい, 色つ, 花前の, 順序よくもっと重要性

▼ 細君です~ (9, 0.1%)

21 か, かじゃ, からくよくよ, がこれ, がねどうも, ね, 実に奇麗

▼ 細君~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 のか, のかい, のかと, のである, のでさ, のにちっとも, んだ

▼ 細君~ (9, 0.1%)

1 と話し, にも云わず語らず, の台所, はきまり, は炊事, は無, も彼女等, も知っ, や子供

▼ 細君だった~ (8, 0.1%)

2 のか 1 かそれとも, と聞く, のである, 女が, 婦人を, 相で

▼ 細君に対して~ (8, 0.1%)

1 どう反応, 一方ならず腹, 引け目を, 最も満足, 気の毒と, 気を, 猜疑の, 腹を

▼ 細君一人~ (8, 0.1%)

1 が見送つ, だけだった, だけ三等, なの, のほか, の時, を知っ, 永い歴史もの

▼ 細君~ (6, 0.1%)

1 さいぜん妹, メイか, 何か, 恋人かから, 未亡人であろう, 細君は

▼ 細君からの~ (6, 0.1%)

1 手紙を, 注文は, 為替が, 爲替が, 葉書を, 電報が

▼ 細君では~ (6, 0.1%)

2 とても話, 仕方が 1 ないらしい, なくて

▼ 細君とが~ (6, 0.1%)

1 つづいて, まだ生きてる, よくテーブル, 公設市場の, 撮って, 斯う

▼ 細君よりも~ (6, 0.1%)

2 自分の 1 なお遠く, はるかに, 丁寧な, 坑夫長屋を

▼ 細君以外~ (6, 0.1%)

3 の女 1 とも見えぬ, に關係, の女性

▼ 細君同伴~ (6, 0.1%)

1 でさ, でわれ, で亜米利加, で日本, にて来り, の祝宴

▼ 細君~ (5, 0.1%)

1 政と, 秋が, 綱さんが, 繁が, 藤さん

▼ 細君であった~ (5, 0.1%)

1 が信州, が地震, ことさえ, のにその, 祖母が

▼ 細君とも~ (5, 0.1%)

1 あろうもの, ろくろく口, 友達にな, 挨拶を, 話を

▼ 細君とを~ (5, 0.1%)

1 しばり上げて, 前に, 注意する, 腹の中で, 見ると

▼ 細君と共に~ (5, 0.1%)

1 住まつて, 始終行儀, 我家に, 豊世を, 食卓を

▼ 細君まで~ (5, 0.1%)

1 いっしょに, その隅, 共々厳重, 殺す気, 焼いた

▼ 細君からも~ (4, 0.1%)

1 みっしり叱られた, 何か, 立退, 誰からも

▼ 細君じゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ない, 突如喉笛

▼ 細君などが~ (4, 0.1%)

1 どうしても子供扱い, 先着し, 四銭の, 間借りし

▼ 細君などは~ (4, 0.1%)

1 たまらないで, まあ僕, 全然なく, 見たこと

▼ 細君同士~ (4, 0.1%)

1 に何, の打ちとけ, の近所つき, は男子

▼ 細君あれ~ (3, 0.0%)

1 がそんな, はどう, も女子大

▼ 細君さん~ (3, 0.0%)

2 などに成れぬ 1

▼ 細君だろう~ (3, 0.0%)

1 かという疑, かと考えた, じゃない

▼ 細君といふ~ (3, 0.0%)

3 のは

▼ 細君としての~ (3, 0.0%)

1 大事な, 用が, 真情で

▼ 細君としては~ (3, 0.0%)

1 些細な, 定めし意気, 早くも

▼ 細君について~ (3, 0.0%)

1 いえば, そちらへ, 屡々語つて

▼ 細君にとっては~ (3, 0.0%)

1 一生の, 模範的な, 煙草入れや

▼ 細君にな~ (3, 0.0%)

1 つてごらんなさい, つて今, つて平和に

▼ 細君に対しては~ (3, 0.0%)

1 もはや自分, 別段に, 寸分も

▼ 細君~ (3, 0.0%)

1 しからぬ細君, は家政, は自分

▼ 細君以上~ (3, 0.0%)

2 に可愛がられ 1 の獲物

▼ 細君思い~ (3, 0.0%)

1 に似ず, の気転, の谷村

▼ 細君~ (3, 0.0%)

1 なるもの, の外, は女

▼ 細君~ (3, 0.0%)

2 の女 1 なの

▼ 細君その~ (2, 0.0%)

1 娘と共に, 男を

▼ 細君それから~ (2, 0.0%)

1 お婆さんの, 出戻りの

▼ 細君だけが~ (2, 0.0%)

1 アメリカへ, 引越して

▼ 細君だって~ (2, 0.0%)

1 きいて, まだ全額払込

▼ 細君であり~ (2, 0.0%)

2 恋人であり

▼ 細君ででも~ (2, 0.0%)

1 ありましょうか, あるらしい下足番

▼ 細君でなく~ (2, 0.0%)

1 て単に, ともあっ

▼ 細君とに~ (2, 0.0%)

1 啀み合われるほど, 怒られて

▼ 細君など~ (2, 0.0%)

1 ねれて, はおつ魂消て

▼ 細君などに~ (2, 0.0%)

1 引合わされた, 易々と

▼ 細君なども~ (2, 0.0%)

1 いろいろと, 必竟どう

▼ 細君なる~ (2, 0.0%)

1 ものに, オペラの

▼ 細君なんかに~ (2, 0.0%)

1 しなけれや, 見せる男ぢ

▼ 細君にたいして~ (2, 0.0%)

1 愛想よく, 無器用な

▼ 細君にたいする~ (2, 0.0%)

1 小言の, 深い愛情

▼ 細君にとっても~ (2, 0.0%)

1 歓迎です, 正月に

▼ 細君にまで~ (2, 0.0%)

1 見離される, 辛く当つ

▼ 細君に対しての~ (2, 0.0%)

1 てれかくし, 健三は

▼ 細君ぶり~ (2, 0.0%)

1 が大いに, でした

▼ 細君また~ (2, 0.0%)

1 大黒との, 平手で

▼ 細君みた~ (2, 0.0%)

1 ようだ, ような

▼ 細君みたい~ (2, 0.0%)

1 な女, な婦人

▼ 細君よりは~ (2, 0.0%)

1 娘子供に, 美しい方

▼ 細君女中~ (2, 0.0%)

1 によって金漿玉露, によつて金漿玉露

▼ 細君孝行~ (2, 0.0%)

2 な若い

▼ 細君年子さん~ (2, 0.0%)

1 の声, は前々

▼ 細君~ (2, 0.0%)

1 亭主は, 帰宅

▼ 細君思ひ~ (2, 0.0%)

1 に似ず, の男

▼ 細君携帯~ (2, 0.0%)

1 でいや, で仏蘭西

▼ 細君~ (2, 0.0%)

1 も安閑, も打ち

▼ 細君自身~ (2, 0.0%)

1 の不注意, の口

▼ 細君花子~ (2, 0.0%)

1 とが夕餉, は隣

▼ 細君連れ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, では発しない

▼1* [188件]

細君あの狭さ, 細君ありて充分目科, 細君いろいろ心配し, 細君うまく責任を, 細君お宮さんは義雄, 細君かと思うたらお, 細君かのうちが, 細君からか聞いて, 細君がね女なんて, 細君がよすると驚い, 細君こまって居る, 細君これは蓋もの, 細君もあらん, 細君さえ自分を, 細君さ細君はその, 細君しきりに怖がって, 細君じゃねだいいちお金, 細君すらも悉く虚名虚位, 細君そっくりである, 細君そのものが果して, 細君それから増田, 細君ただは置かない, 細君たる検束力あり, 細君だけ置いて, 細君だけはまずとりあえずとて, 細君だちを呼び寄せる, 細君だっても一婦人じゃ, 細君だつたか名前, 細君やない, 細君つてのもある, 細君ひとは, 細君であって時折, 細君でありたいわねえ, 細君でありますから, 細君であろ十八九の, 細君であろうとしてその, 細君でさえ中頃から, 細君でさえも困って, 細君でしたが芸者上り, 細君でないのか, 細君とおきかへられ, 細君とか子供とかいう, 細君とてもやがてその黄金, 細君とで一寸見る, 細君とともにここに, 細君とには子供の, 細君どものやう, 細君どれ程か心配, 細君なぞに比べると, 細君なぞの気心の, 細君なぞを連れて, 細君などという下宿人の, 細君などの入ったもの, 細君なら時々それ, 細君なんか格別な, 細君なんかと一緒に, 細君なんかの必要は, 細君なんかは爪は, 細君なんてい, 細君にあたる人を, 細君にさえ持てない主人, 細君にすら夫は, 細君にだけいとま, 細君にだけはひそかに, 細君についての詳しい話, 細君にでもやるよう, 細君にと望まれたが, 細君に対し外手町に, 細君に対するとどうしても孤独, 細君のであらう, 細君はちよつと満足げ, 細君はといえば, 細君はとよといって, 細君はよささうだね, 細君ばかしを相手に, 細君ばかりであつ, 細君ばかりの家に, 細君ひさ私もちょいちょい, 細君ひとりに留守, 細君びいきの形, 細君へは月々いくらかの, 細君へも放たれた, 細君まかせというところ, 細君ましてその身, 細君みよ子はもう, 細君みんなマネージャー的要素がある, 細君むつ子さんの歌, 細君もねそいつを, 細君よし子の前, 細君らしくなつて, 細君らしく成った豊世の, 細君らしく振舞わせないのかと, 細君をと独身ものは, 細君をも迎へ, 細君アカンボ製造中にて随分, 細君エレナは嘆願, 細君エレナ・イワノフナが一月十三日午後〇時三十分, 細君ドラーは自分自身, 細君ノルマの残し, 細君フランス語の先生, 細君ヨネがあらわれた, 細君レントゲンの副作用, 細君は遣り, 細君上気上った頬, 細君下田安田という順序, 細君不孝だ, 細君のお, 細君二度も死のう, 細君京千代のお, 細君娘の, 細君以来女にはよから, 細君会社員娘明治の江戸ッ子, 細君位ぎこちなく自分自身, 細君候補生として入り込む, 細君全治した子, 細君共々に斯, 細君て来, 細君に何, 細君に懲り, 細君十一時に来, 細君及雪江嬢を面白, 細君樣つや, 細君同士旦那同士の感情, 細君名人お葉, 細君問題は何, 細君営業の待合茶屋, 細君四畳半の方, 細君大学病院の看護婦, 細君天下とみえ, 細君を愛し, 細君女学生会社員あらゆる職, 細君女房連が湯屋, 細君の四人, 細君お徳, 細君婦人女房として完全, 細君宝塚ホテルへ泊り, 細君女ものを, 細君少々厭味を, 細君少々ぷりぷりする, 細君引越しさわぎの, 細君忽公子に惚れ, 細君急いで去る, 細君手拭かぶって, 細君持ちを説きつけ, 細君操縱については干物, 細君の逃げ足, 細君より少く, 細君暮しでは出来ない, 細君本位の家庭, 細君て話す, 細君来りて先生, 細君柏児を伴, 細君案外暢気な, 細君か知らねえ, 細君次の間には娘, 細君正しく云えば, 細君殊に若い細君, 細君殴打の廉, 細君殺しのせい, 細君比良の一族, 細君に張, 細君気質になっ, 細君たるこしらえ, 細君りに, 細君的属性とでも云う, 細君を醒し, 細君相形を崩し, 細君相手に小さく, 細君矯正の試み, 細君礼讃振りには普通, 細君空子が帰つて, 細君笑いながらわざと, 細君がった口, 細君の人々, 細君細君の妹, 細君絵かきの細君みんなマネージャー的要素, 細君美妙斎の胡蝶, 細君自分の亭主, 細君船員が岸, 細君荘子の死, 細君赤ちゃんつれて, 細君連中海岸近くの商家, 細君選択方法はこれ, 細君選択法でこの, 細君野原の母娘, 細君雅子林町の連中太郎, 細君静子も居た, 細君と菜