青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親類~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親分~ ~親切 親切~ 親友~ 親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~ ~親類
親類~
~観 観~ ~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺 覺~ 觀~

「親類~」 2592, 28ppm, 4166位

▼ 親類~ (716, 27.6%)

28 者が 22 家へ 19 家に 10 者に 8 ような, ように 7 中で, 人に 6 人達が, 家で 5 ところへ, ものが, 家を, 者は, 者も

4 [13件] ものから, やうに, 一人が, 中の, 人達に, 女の, 娘で, 娘の, 方が, 者で, 者の, 者や, 者を

3 [13件] もので, ものと, ものに, 人が, 人は, 娘を, 子が, 家から, 家が, 家の, 御女中方, 方へ, 者だ

2 [49件] ある郊外, お娘子, お町, ことで, ことを, ものは, やうな, 人たちが, 人たちは, 人たちや, 人と, 人達は, 人達まで, 人達や, 処へ, 前で, 吉尾の, 名乗りを, 女が, 女に, 娘という, 娘といふ, 子供が, 子供を, 家などでは, 小田原を, 店から, 所へ, 手前世間の, 手簡を, 承諾を, 掛り人で, 方で, 方です, 方に, 様な, 男が, 男であった, 男の, 男も, 者たちは, 者には, 者共が, 若い男, 薬舗へ, 衆も, 話が, 重立った者, 附合も

1 [381件] あいだに, あった私, あること, ある事, ある他, ある者, いい顔, いかにも冷淡, いざこざまで, いる牛込, うちで, うちでは, うちに, うちより, おえつさまという, おかみさん, おじさんが, おじさんと, おじさんみたいな, おじさんを, おつきあ, おとなしい女の子, おばさんに, おばさん達が, お墓, お墓参り, お嬢さんが, お嬢さんです, お安さん, お方が, お方でございます, お盃, かかりうど, ことごとくが, ことだ, ことは, ご新姐さん, ご法事, じいさんで, じい様という, ために, ためを, ちなみありとて, つまらない連中, つもりで, ところに, なかには, なかの, なにがしという, はずです, ひとたちと, ひとの, ひとみんな, ほかなる, ほかは, ものたちが, ものたちの, ものたちは, ものだけ, ものだけに, ものを, もの一人とは, もの共も, もの多勢集っ, やうで, やさしい女の子, やって, やつが, やつらは, よしみで, わたしが, オバサンが, ゴタゴタを, ジイサンバアサンなどが, ツキアイなぞという, ドゼウだけを, ハリケーンを, ミウーソフさん, 一人から, 一人であった, 一人なれ, 一人に, 一人は, 一人も, 一人インバネスを, 三周へ, 不出来し, 不幸に, 不幸を, 世話に, 中から, 中でも, 中には, 中をも, 丸屋から, 丹波などという, 事だの, 事も, 二男が, 五郎さんぢや, 亡者共が, 人々が, 人々などは, 人々の, 人々も, 人々或いは, 人かい, 人かな, 人から, 人たちと, 人たちに, 人たちまで, 人だけは, 人だろう, 人で, 人でも, 人には, 人の, 人も, 人を, 人一人の, 人看護婦などが, 人等びっくりさし, 人達だって, 人達の, 人達も, 人達等で, 人達近く郊外に, 伯父さんの, 佐野さんや, 何かの, 何とか云, 何とか云う, 何人かが, 保護に, 内に, 列に, 別荘が, 前に, 前へ, 勤番者の, 医者に, 厄介に, 厄介者と, 厄介者まで, 反對, 叔父さんが, 可愛らしいお子さん, 同意が, 名も, 周旋, 善右衛門さんの, 噂などを, 固めの, 墓地へ, 壬生源左衛門や, 大河原ね, 奥平という, 奥様や, 女からの, 女たちに, 女だ, 女どもが, 女に対する, 女子供, 女衆, 奴が, 奴ぢや, 奴や, 奴等が, 妾と, 姉さん達や, 娘あわせ, 娘お, 娘か, 娘が, 娘さんが, 娘さん若い, 娘たちは, 娘である, 娘です, 娘と, 娘なんぞを, 娘達が, 娘達の, 娘達を, 婆さんが, 婦人が, 嫁しうべき, 子にまで, 子らを, 子供, 子供たちを, 子供も, 子供や, 子供達の, 子供達は, 子等知己の, 孤児だった, 孫の, 客を, 家, 家だった, 家です, 家とを, 家な, 家などへ, 家にも, 家は, 家へでも, 家まで, 家も, 家内が, 家磯辺セメント店の, 寓居に, 尊重は, 小児の, 小母さんたちが, 小母さん方が, 小父さん, 少いの, 年より, 年寄が, 形に, 御女中, 御意見, 心痛は, 忠告やら, 悪口を, 意見から, 愛じゃ, 愛すべき女の子以上, 愛だって, 或る, 所への, 手前お, 手前つい, 手前や, 手前先代の, 手前表向きは, 承知しない, 援助は, 改まった顔等, 新年会, 方, 方々とも, 方々を, 方々他に, 方ででも, 方は, 方も, 暁星の, 有無を, 有象無象に, 望みで, 村蔵と, 来たったとき, 杯を, 松島が, 松平河内守から, 某が, 某に, 樣に, 次男で, 止るの, 水野と, 法事で, 法事に, 焼出され, 物すごい婆さん, 田安の, 申合せが, 男に, 男の子が, 男は, 男を, 男女七人半円を, 男達に, 病人の, 病院で, 瘋狂人を, 皆さんが, 盃でも, 盃まで, 目に, 眼さきへ, 眼にも, 破産者から, 磯屋の, 端として, 筈を, 米野の, 紅屋です, 組は, 絆だ, 結婚式に, 総代が, 縁を, 縁故などを, 織元から, 義務であった, 義母で, 義理勘当した, 老人で, 老人であった, 老人と, 老人に, 老人の, 老人は, 老人を, 老人アンドレア・バルヂピエロの, 老人達は, 老人達らしい, 者かな, 者たちが, 者でございます, 者です, 者とは, 者とも, 者なり, 者にも, 者ばかり, 者までも, 者よりは, 者同志で, 者四五人を, 者達も, 聞えも, 自分より, 舗へ, 若い御, 若旦那様で, 若者多, 苦情が, 荒物屋という, 葬式も, 蔭口だ, 蝸牛の, 衆が, 裁判官が, 親玉と, 親類とか, 言うとおり, 許まで, 話じゃあねえか, 話合いに, 話合ひ, 誰彼なんぞの, 誰彼に, 誰彼にも, 誰彼まで, 誰彼伯父伯母などに, 誰某と, 諸屋敷, 財産が, 赤沢さんの, 身に, 連中なんて, 酒屋を, 重助を, 鋪へ, 間からも, 間には, 間柄じゃのう, 間柄だ, 間柄だった, 間柄だろう, 間柄です, 関係から, 關係を, 附き合いを, 隣家に, 青年でも, 預りっ子か, 顏に, 顔に, 顔の, 顔も, 餅搗を, 餘され, 高森の

▼ 親類~ (156, 6.0%)

9 なって 7 不幸が 6 預けて 2 あずけて, なったなどという, 奉公先を, 引取られ, 病人が, 預けた, 頼んで

1 [120件] あずけました, あずけるもの, あずける事, あずけ自分, あたるこの, あたるので, あるの, いらっしゃるの, いらつし, おなりに, こかして, さへ, したよう, して, なったよう, なった仲, なっても, ならずとも, なりたいと, なる, なるの, なるまでに, なるよう, なれるの, なろうじゃ, なろうもん, 一人素敵な, 二人揃っ, 交わるの, 会わせる顔, 何, 分けて, 反感を, 取っては, 同居し, 呼ばれて, 喚び戻されて, 嘆願し, 坊主でも, 大きな煙筒, 夫の, 娘が, 居た狸, 山伏の, 年の, 廻つて助力を, 引き取られて, 当るという, 当るの, 当るもの, 当る地主たち, 当る木賀子爵, 当る身分, 後指さされ, 思掛けず出逢った, 急報する, 悪く云われ, 惡い, 成っちまって, 成る人, 手紙を, 招かれて, 持ちたいもの, 持って, 持つても, 文通した, 暇乞いを, 本当に親切気, 民事上の, 泊つたと, 泊らせ與惣六, 泣きついても, 無沙汰を, 熱心に, 生薬屋が, 生藥屋, 用たし, 當る, 病人も, 相談し, 相談したれ, 相談する, 知らせただけ, 祭りあげられるに, 福といふ, 私を, 色々な, 行きし娘らみそぱんをもらひ帰り, 行って, 行つて父親は, 見本が, 話の, 誰ぞ, 謗られ憎, 貧乏人が, 身を, 迷惑を, 逢って, 連れられて, 違いない, 遣る手紙, 金を, 鈴木清兵衛という, 限ると, 隠居が, 電報を, 預かツ, 預け, 預けたとか, 預けたなどという, 預けた男の子, 預けっ放し, 預けつ放しで, 預けられそれで, 預けられて, 預けられる程, 預け妹, 預け美しい, 顔向けも, 馳走し

▼ 親類~ (135, 5.2%)

8 あって 4 あるので 3 牢屋敷へ

2 [13件] あつた, ある, あるから, あると, あるの, すくない, 一人も, 一軒位ある, 二三人それに, 二三軒, 多いから, 怎とか, 来て

1 [94件] ああのこう, あったからと, あったと, あったの, あったん, あらわれます, ありますよ, あるそう, あるだろう, あるって, あるとかいう, あるよう, あるわけ, あるんかい, ある以上, ある相, いいかげんな, いたの, おありなさる, おおぜ, お巡りさんにな, この先, こんがらかる事, こんなもの, すぐに, すでに夫婦, それぞれ準備し, たと, つづくという, どんな品行, ないから, ないと, ほしいもの, ゐるし, アメリカさんあたりから, 一人ある, 三里先に, 不賛成だった, 並んでると, 二三人根津の, 二人も, 出たが, 出来る, 出来るんだい, 大和の, 寄って, 寄つて亡くなつた, 寄つて相談の, 寄り集まって, 寄合ひ, 少いという, 居ると, 川の, 座敷へ, 引き取った, 引き取ったとか, 引き取ったの, 引き取つた, 引取った, 得心でなけれ, 恨むの, 悪い風説, 手を, 承知しません, 有って, 有るから, 有るので, 有れば, 本郷に, 村に, 来ると, 沢山あります, 沢山控え, 河田の, 深川に, 疎開し, 確な, 神田で, 聖人の, 芝に, 荒物屋を, 行く子, 見舞われるの, 親類がと, 許して, 遠くに, 里に, 長州に, 長州の, 集ったので, 集まつて, 顏を, 顔を, 首を

▼ 親類~ (115, 4.4%)

7 泊りに 5 行って 4 お嫁 3 往って, 行くやう 2 參り, 手簡を, 相談に, 行ったという, 行つた, 身の, 預けて, 預けられて

1 [77件] あずけられて, あだしたり, あづけ, いつもの, お報せ, お祝事, お預かりし, きのうあずけただ, それぞれよろしく, まいりましたが, まゐりました, やつた, やつて, やるくらい, やるに, ゆく, 一寸寄らう, 七夕に, 人を, 仙之, 供えに, 出させたの, 參る, 合す顔, 呼ばれて, 回る道順, 客にでも, 寄って, 寄つて手傳ひ, 寄り付くこと, 廻ると, 往った, 昨日あ, 来て, 歸す外は, 母が, 永預, 泊つたわ, 泊まらうか, 泊まろうか, 泊るという, 法事が, 無沙汰見舞に, 留守番が, 皆負っ, 知らして, 立ち寄り私, 立ち退いて, 立寄つて, 行くとか, 行くの, 行く約束, 行った, 行ったから, 行ったら座敷, 行った切, 行つたといふ, 行つてうまい, 行つてゐる, 行つて泊つた晩離屋の, 行つて泊らう, 行つて泊り, 行つて馬を, 行ッて, 話を, 走らせたり, 送った, 避難した, 雇われて, 預けた, 預けたとか, 預けられること, 預けられるという, 預け召使い, 預け自分, 顔出しを, 顔向けが

▼ 親類~ (105, 4.1%)

3 ないので, 縁者も 2 ありますから, ありますが, あんめエ, ございません, ないから, ないそう, ないもの, 何んにも, 冷たい友人, 知己も

1 [79件] あいそを, あつた, あの五代目, ありましたが, ありますからね, あり仮令, あるから, あるが, あるけれど, あるけれども, あること, あるこんだもん, あるには, あるわけ, ある筈, あんべ, うるさいそう, お医者さん, ございませんので, ございませんゆえ, ござんす, たよって, ないと, ないという, ないといふ, ないやう, ないよう, ないん, ない周囲, ない心細い身の上, ない母子, なくお前さん一人, なくわずか, なく友達, なく相談, なく結局, なく遊ぶ, なし親類, やかましく云いだした, やはり下総屋, 下心が, 二三軒は, 何にも, 何も, 其のまま, 別に居ない, 力に, 勿論同じ, 友人も, 友達も, 同様これから, 同様で, 同様です, 多くは, 安心し, 小作も, 少なくこんな, 川桝の, 懇意な, 昔の, 有りませんが, 来るもの, 無いぢ, 無いで, 無い行処, 皆身分, 相手に, 相變ら, 知合も, 糞も, 組合も, 見て, 訊いたが, 身よりも, 身内も, 身寄も, 近い他人, 送って, 重臣も

▼ 親類~ (76, 2.9%)

3 が承知, の手前, の相談, や御 2 この半, に寄つて, の寄合, の御, や店

1 [54件] がお, がたくさん, がだまつて, がやつ, が分家, が引っ, が引つ, が皆んな集つて, が見えます, が隱, が集まつ, が顏, でございますが, では奧樣, でもまさか, でも疑, で遊び呆けた, とも御, と錢形, にまで披露, にもちゃんと, にもちやん, にも異存, に取入っ, に集つて, に集ま, のどなた, の勸め, の同意, の噂, の寄合ひで, の決め, の苦情さ, はその, は多, へ寄っ, へ知らせ, もさすが, もその, も世間, も何ん, も奧方, も引取つて貰, も御, も腹の中, や他, や分家, や古い, や番頭, を二三軒廻つて參, を殘ら, を説いた, を集める, 御相談

▼ 親類縁者~ (76, 2.9%)

3 のため 2 から金, が見放し, というもの, と町内, の干渉, の者, の間, も無い

1 [57件] がある, が一騒動, が取り巻い, が多い, が多数, が忽ちに, が数多く, が數十人, が有るで, が横槍, が申し合せ, たりとも, であるという, であろう, でもオレ, というわけ, といえ, といへ, との交渉, とも義絶, と雖, なる他, にはある, によって開かれた, に促され, に引き渡せ, に訴訟, の一門, の事, の人, の人達, の大勢, の少し, の義理, はもちろん, は一人, は無い, は遠出, へ手紙, までの耳, まで村方一同, も今, も友達, も相当, も誰一人, や友人, や友人たち, や近所, をたよっ, を一巡さ, を呼び集め, を招い, を招く, を歴訪, を誘う, を頼っ, 親しいお

▼ 親類~ (68, 2.6%)

6 近所の 4 知人の 3 友人の 2 世間の, 仲人の, 友人が, 友達が, 知己に

1 [45件] かれの, 上官や, 両親たちが, 何かへも, 兄弟が, 兄弟の, 又は香潮, 友人づきあいも, 友人達が, 友達から, 友達などが, 友達などの, 友達に, 友達の, 友達へ, 友達も, 友達を, 友達蛙が, 子分に, 家の, 心安い人, 懇意先や, 手伝いに, 支配人の, 朋輩たちの, 楽壇の, 母親の, 町内の, 番頭に, 知るべを, 知る人, 知人から, 知人が, 知人たちの, 知人などは, 知人ばかり, 知人へ, 知合には, 知合の, 総代が, 縁者が, 縁者を, 近所へ, 門下生に, 隣の

▼ 親類でも~ (65, 2.5%)

5 あるの 3 何でも 2 あって, ないし, なく奉公人, ねえが

1 [49件] あつた, あまり親しく, あらう一人, ありなさるか, ありは, ありませんでした, あるかと, あるかの, あるめ, あろう一人, いやな, おあり, お父さんの, こんなに身分, ございますから, そういうわけ, だいぶ御, ともかく少量, ないお, ないまだ, ないん, ない敵同士, ない者, ない連中, なく夜分, なく師, ねえん, 今まで, 何ん, 何んで, 何んでもねエ, 來て, 口のき, 回し者でも, 困つてん, 土肥の, 奥さんでも, 実家でも, 家に, 家族でも, 得心致します, 愛子と, 手にかけて, 手を, 採上げませんから, 無い他人, 無闇に, 知人でも, 縁者でも

▼ 親類~ (55, 2.1%)

6 たずねて 3 たずねた 2 たずねると, 持って

1 [42件] おつた, たずねた帰りみち, たずねた帰り道, たずねること, たづね, つくりながら, よんで, 丸めて, 五六人だけ, 倒して, 回る, 害せられて, 尋ねて, 尋ねるため, 小馬鹿に, 引き合いに, 怒らせ父母, 持つと, 探しに, 東京に, 棄てた, 次にす, 次にすべ, 気まずくさせた, 煩わされ或いは, 相手に, 粗末に, 考えはじめた, 背景に, 褒められたよう, 見つけること, 見渡したところ, 見渡すに, 見舞おうと, 見送りに, 訪ねて, 訪ね今日, 転々と, 送つて, 離れ世利, 頼って, 駈廻った結果

▼ 親類~ (50, 1.9%)

3 ないので, ないん 2 あれども

1 [42件] あっても, あっとじゃろか, ありませんよ, ありやんしねえ小前, あるとは, このほか, これ, さう, しんせつで, とくに離れ, とにかく当人, ないから, ないの, ないよ, なかった, なし手許, なにを, ねえの, みなどれほどの, みな呼ばれました, みんなこの, みんなもう, 一家の, 下谷に, 亭主孝行という, 何という, 勿論知らぬ, 困ると, 大抵知っ, 懇親を, 来るこんど, 武士でございます, 漁師を, 無し赤城家, 田舎の, 皆な, 知れず仕方, 絶えて, 能勢因幡守榊原七郎右衛門同大膳などが, 自然新しい, 蜂の巣です, 足が

▼ 親類~ (47, 1.8%)

2 での褒め, には半, の者

1 [41件] かかって, から爪彈, がみんな, が寄っ, が私, が集まつ, こんなに集まる, でいや, でこんな, での羨望, でも頼り, でも顔, で一番, で同情, で爪弾き, で相談, にもない, に俺, に分配, に加十, に大, に市蔵, に御, に忌み嫌われ, に知れ, に祝儀不祝儀, に配布, の反対, の大, の御, の渦, の目上, の羨望, の褒め, の評判, は助かった, へも披露, へ彼女, へ相談, を呼ん, 挙って

▼ 親類~ (45, 1.7%)

3 でも 2 お泊り, さうし

1 [38件] あらうと, げすが, この春, しかも母親, そんな人, でもお, なかなか金持, はなし上げる訳, まさしくこの, やっぱり藤村利平, バラリが, 三十年程, 他事は, 僕には, 元吉という, 其処に, 同じ浮田村, 奈良村に, 始終頼ん, 姓を, 少し暮し向き, 引取る, 手伝いながら, 最近孫娘を, 決して悪い, 無くっても, 狼は, 用を, 留められて, 神保修理という, 私は, 老夫人, 良い男, 英語の, 親友です, 遠縁の, 鉄筋コンクリートの, 雇人である

▼ 親類から~ (44, 1.7%)

1 [44件] お金が, この竹, それだけの, また大黒, もらって, よんどころなく引, 一人エライのが, 一人悪い, 伊太郎という, 來て, 借金し, 出して, 変人扱いに, 寺を, 後見人を, 戻って, 托されて, 招ばれ, 故障の, 斯くの, 来たもの, 浅草の, 清七, 珠の, 目下に, 祝い物を, 種々の, 誘われて, 説きつけて, 貰ったん, 貰つた市太郎といふ, 貰つた養ひ, 貰つて育て, 貰はれた, 返して, 連れて, 遊び仲間の, 適當な, 預って, 預つたお房, 預つた娘, 預つて, 頼まれて, 鯖や

▼ 親類たち~ (38, 1.5%)

2 の顔

1 [36件] からも故障, からよけい, がどんな, が勝手, が取っ, が寄り集まっ, が町方, だけが棺, であること, でした, との談判, と相談, なので, にすら知られ, にずっと, に合わせる, に多少, に忌, に手紙, に示し, のあいだ, のいう, の中傷, の噂, の言葉, の間, の陰口, は五百マイル, は妙, は皆, は答える, もみんな, も同じ, も皆, や古藤さん, を驚かした

▼ 親類~ (36, 1.4%)

2 同居する

1 [34件] あんまり遠く, いうほどの, いえば, いえる, いって, いへば, お寺へ, し人心シュウラン, みなして, 争うたり, 云って, 云ふくらゐ, 云ふも, 仰し, 師匠の, 平次と, 思い違えて, 思うて, 折合の, 決めて, 申しましても, 申しますでも, 申すの, 申せば, 相談の, 相談を, 称して, 突きだしの, 言つた, 言つた力に, 言ふ, 言ッた, 近所の, 雇人が

▼ 親類~ (36, 1.4%)

3 に当る 2 であるから, にあたる, にあたる佐竹六郎, のもの

1 [25件] がある, だで, だろう, であったの, である別懇, でその, で身分, なので, に亭主, に近い, のいる, のお方, のほう, のやう, のよう, の一人, の人, の安倍丹, の煙筒, の穴子, の者, はありません, をたどっ, を一つ, を口説い

▼ 親類~ (34, 1.3%)

42 から, と云う, と思っ, と申す

1 [22件] からこの, からという, か知らない, がいつも, がおいら, そうだ, そうである, そうです, という, ということ, というん, という夫婦者, といっ, とか云, とか云う, とか言います, とか言っ, と云っ, と言われる, と認め, もの, もん

▼ 親類~ (27, 1.0%)

1 [27件] がやかましく, が寄つて, が集まつ, にこと, に寄つて貰, に対して鼻, に披露, に拒まれ, に相談, の取きめ, の口入, の手, の指圖, の間, の顏, はコソコソ, は店, は消し殘つた提灯, への返事, へ丁寧, もそれ, も世間, も寄りつかなくなっ, も皆そこ, を呼ん, を帰した, を集め

▼ 親類という~ (21, 0.8%)

3 のは, ものが 2 ような

1 [13件] ので, ものからも, ものも, やつがな, ように, わけじゃ, わけで, わけには, 一群れは, 人間の, 弓町の, 御親切者, 親類の

▼ 親類一同~ (17, 0.7%)

2 の御

1 [15件] から指名, が婚礼, が式, が立会い, と合議, に焼香, の住所姓名, の激励, の相談, の者, の顔, は絶縁, を奥, を集め, 小さな棺

▼ 親類にも~ (16, 0.6%)

1 [16件] いろいろある, いろいろご, その訳, 人望が, 告げた, 土地の, 女の, 岩崎家に, 忘れられて, 悲嘆や, 披露の, 泣付いて, 異存が, 目つかっ, 顔向けが, 黒木屋だけ

▼ 親類~ (15, 0.6%)

1 [15件] え, なにかだろう, 何か, 何かに, 何かの, 何ぞの, 友達か, 友達です, 友達の, 同商売, 無二の, 知人でも, 知合は, 縁類の, 雇人の

▼ 親類では~ (15, 0.6%)

2 ないの, 夕飯の

1 [11件] あるが, あるし, ない, ないか, ないと, なくて, まずお直, 今でも, 吃驚し, 得心しません, 母が

▼ 親類~ (13, 0.5%)

1 [13件] が取り計らいましたれ, が寄つて, と寺, に厄介, に居りまする, に持っ, のはなし, の態度, へ些, へ参っ, へ預けられた, もまず, も驚く

▼ 親類會議~ (13, 0.5%)

2 を開い

1 [11件] が濟, が開かれ, が開かれる, その前, でも開い, に親類方, のお, の上, はやり直し, も無事, を延ばさせる

▼ 親類~ (12, 0.5%)

4 んだ 2 酒造家の 1 そうな, の, のだろう, のである, ので甥, んだってね

▼ 親類には~ (12, 0.5%)

1 [12件] ちがいありませんよ, どういふ, まだどうにか暮し, 内証で, 口の, 大きい尼寺, 娘の, 発狂し, 見放され拠, 見離される, 随分やかましい, 面目ない

▼ 親類らしい~ (11, 0.4%)

3 者に 1 が, 中年者と, 二三人と, 往来が, 気が, 者も, 胡麻塩の, 親類も

▼ 親類づきあい~ (9, 0.3%)

1 だから, だの, の古道具屋, の習慣, の間柄, よりも自分, をし, をします, をする

▼ 親類じゃ~ (8, 0.3%)

1 ありませんがね, あるし, でのう, ないか, ないただ, ないの, 当てて, 日下部さんが

▼ 親類です~ (8, 0.3%)

2 か, かい 1 かえ, かどう, が小さい, と放送

▼ 親類へでも~ (8, 0.3%)

3 行きなすつたか 1 このお, 何処へでも, 呼ばれて, 泊まりに, 行くよう

▼ 親類まで~ (8, 0.3%)

1 ざっと四十人余り, ざつと四十人あまり鬼灯提灯を, まいりましたそう, 使いに, 夜具か, 寄つて天井裏から, 行ったとき, 行って

▼ 親類会議~ (8, 0.3%)

1 が何度, が開かれ, の代表者, の真中, の結果, も無事, や役場, をひらい

▼ 親類~ (8, 0.3%)

1 から遊び, のその, のまた, の旧い, の私立大学, の老人, をきいた, を訪ね

▼ 親類うち~ (7, 0.3%)

1 から世話, でも評判, で一軒, など披露, にお産, に又, に立派

▼ 親類じゅう~ (7, 0.3%)

1 での律義者, に迷惑, の洗濯もの, の爪弾き, の褒め, の議論, へ合計十三本

▼ 親類である~ (7, 0.3%)

1 からと, から久我, が決して, ことも, といっ, ベエコンよりも, 所の

▼ 親類とか~ (7, 0.3%)

2 友達とか 1 で一空様, で石井一家, なんとかいっとく, 縁者ででも, 言う者

▼ 親類より~ (7, 0.3%)

3 近くの 2 お客の 1 近い他人, 金を

▼ 親類一統~ (7, 0.3%)

1 から立てた, から義絶, に相談, の手詰, はお前, へも物色, へ説き聞かせた

▼ 親類といふ~ (6, 0.2%)

3 のは 1 ことに, のが, ものも

▼ 親類ども~ (6, 0.2%)

1 からも故障, がうろたえ, がやって来た, の披露, も曹操, や同僚ども

▼ 親類なら~ (6, 0.2%)

1 この拳骨, ごの, さあ敵, ば格別, まだしもである, 氷の

▼ 親類交際~ (6, 0.2%)

1 でお, で身請, に末永く, の身請, もいや, をし

▼ 親類附合~ (6, 0.2%)

1 がしたい, すらしない, で居, の一日, の出來, は大嫌い

▼ 親類~ (5, 0.2%)

2 やありません 1 やありやしねえ, ゆうで, ゆうでも

▼ 親類とは~ (5, 0.2%)

1 一切行き来を, 云いながら, 親子橋の, 言いませんだい, 針子橋の

▼ 親類にあたる~ (5, 0.2%)

1 その地, 千葉市の, 家か, 松川の, 陸という

▼ 親類へも~ (5, 0.2%)

2 話が 1 問い合せて, 行かうかと, 行かない

▼ 親類~ (5, 0.2%)

1 から到来, にも捌けた, に嫁, に居りまする, の従兄

▼ 親類同士~ (5, 0.2%)

1 でさらに, で縁組, なん, の間がら, の附き合い

▼ 親類同志~ (5, 0.2%)

2 なん 1 の噂さ, の間, の間がら

▼ 親類知己~ (5, 0.2%)

1 の娘さんたち, の身の上話, へは二十幾個, へ電報, をあっ

▼ 親類だけ~ (4, 0.2%)

1 であまり, では, 廻って, 廻ると

▼ 親類づきあひ~ (4, 0.2%)

2 をし 1 のやう, の心安い

▼ 親類として~ (4, 0.2%)

1 交際し, 居るか, 是非出席しなけれ, 近づきに

▼ 親類とも~ (4, 0.2%)

2 中悪く 1 仲違に, 間悪

▼ 親類などへ~ (4, 0.2%)

1 お桐, のめのめと, 僅かの, 行って

▼ 親類にでも~ (4, 0.2%)

1 厄介に, 招ばれ, 知らせて, 逢った心持

▼ 親類仲間~ (4, 0.2%)

1 でも決断, で春秋, のまちまち, の意見

▼ 親類同様~ (4, 0.2%)

1 にし, に親しく, に附き合っ, 互いに力

▼ 親類~ (4, 0.2%)

1 に非常, のこと, の借金, の義理

▼ 親類すじ~ (3, 0.1%)

1 から世話, だが, のミウーソフさん

▼ 親類つづき~ (3, 0.1%)

1 になっ, の山崎老人, の男

▼ 親類づき合い~ (3, 0.1%)

1 になっ, をし, をする

▼ 親類でございます~ (3, 0.1%)

1 か, がてっとり, よへエ

▼ 親類でもね~ (3, 0.1%)

1 えが, えとりっぱ, え奴

▼ 親類なんか~ (3, 0.1%)

1 ぢや, でたまるもの, 無いも

▼ 親類なんて~ (3, 0.1%)

1 ものは, 一晩でも, 他人より

▼ 親類まき~ (3, 0.1%)

3 で毎朝

▼ 親類みたい~ (3, 0.1%)

1 だ, なの, なもの

▼ 親類一族~ (3, 0.1%)

1 にする, の人びと, をかりあつめ

▼ 親類一門~ (3, 0.1%)

1 として忍び, はみな子供, も俄

▼ 親類付合~ (3, 0.1%)

1 だとか, で今, のある

▼ 親類~ (3, 0.1%)

1 でそう, で慶応義塾出, とかいうこと

▼ 親類~ (3, 0.1%)

1 だから, のこと, の者

▼ 親類朋友~ (3, 0.1%)

1 などが相, の厄介, の間

▼ 親類相談~ (3, 0.1%)

3 の上

▼ 親類知人~ (3, 0.1%)

1 の, の間, は

▼ 親類立合~ (3, 0.1%)

2 でなければ 1 と云う

▼ 親類~ (3, 0.1%)

1 が束, で馬場美濃守, 御譜代家老

▼ 親類~ (3, 0.1%)

1 よりに任せれ, よりに荒される, よりもこの

▼ 親類関係~ (3, 0.1%)

1 が考えられる, にある, になっ

▼ 親類~ (3, 0.1%)

1 されたり, で覗き, をし

▼ 親類かと~ (2, 0.1%)

1 問や, 訊けば

▼ 親類からも~ (2, 0.1%)

1 友達からも, 見放されて

▼ 親類ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 共通点が, 関係に

▼ 親類だけに~ (2, 0.1%)

1 二段きき, 二段聴きだ

▼ 親類だった~ (2, 0.1%)

1 かも知れぬ, ことも

▼ 親類だって~ (2, 0.1%)

1 ただ静か, 話を

▼ 親類だの~ (2, 0.1%)

1 友達だの, 庭場中の

▼ 親類づき~ (2, 0.1%)

1 あひし, 合ひ

▼ 親類であった~ (2, 0.1%)

1 かのよう, のでかの

▼ 親類としての~ (2, 0.1%)

1 あいさつを, 世間の

▼ 親類とて~ (2, 0.1%)

1 ほかには, めったな

▼ 親類とで~ (2, 0.1%)

1 慰むの, 移住し

▼ 親類とを~ (2, 0.1%)

1 特に心弱い, 考えずして

▼ 親類などは~ (2, 0.1%)

1 なかるべきはず, 二日に

▼ 親類へと~ (2, 0.1%)

1 往った, 辿り着いた

▼ 親類へは~ (2, 0.1%)

1 なんの, 無沙汰がちに

▼ 親類までが~ (2, 0.1%)

1 娘の, 馬鹿に

▼ 親類みた~ (2, 0.1%)

1 やうな, ような

▼ 親類もねえと~ (2, 0.1%)

1 云い仕様, 云って

▼ 親類~ (2, 0.1%)

1 同參會, 同愛想

▼ 親類友だち~ (2, 0.1%)

1 だの, に久々

▼ 親類友達~ (2, 0.1%)

1 の家, の家なぞ

▼ 親類合議~ (2, 0.1%)

1 で準, という形

▼ 親類得心~ (2, 0.1%)

1 の上, の故に

▼ 親類~ (2, 0.1%)

1 一門も, 坐候而夫

▼ 親類知音~ (2, 0.1%)

1 の人々, の者

▼ 親類~ (2, 0.1%)

1 だつたん, ようお

▼ 親類組合~ (2, 0.1%)

1 の衆, までが納まりますまい

▼ 親類縁者ども~ (2, 0.1%)

1 があれ, に聞かせる

▼ 親類縁者一同~ (2, 0.1%)

1 の身の上, も世間

▼ 親類縁者家庭関係~ (2, 0.1%)

1 の人々, の牧師

▼ 親類縁者近所~ (2, 0.1%)

1 の人々, の衆

▼ 親類總代~ (2, 0.1%)

1 の猿, の錨屋萬兵衞

▼ 親類身寄~ (2, 0.1%)

1 というもの, もありません

▼ 親類身寄り~ (2, 0.1%)

1 だからと, というもあと

▼ 親類連中~ (2, 0.1%)

1 とも話し合っ, は勿論

▼1* [180件]

親類ありますがな, 親類あるいは知己の, 親類い行きなさったいわれましたのん, 親類うち寄り種々申し諭し, 親類かい君んと, 親類かたへ参ります, 親類かなと内心大に, 親類かも知れないよ, 親類からずつと七八人, 親類からの見舞品で, 親類がたを入れ, 親類がとよくご, 親類へ折り, 親類さきでゆき子は, 親類しか居りませぬので, 親類じゃがなんでも, 親類じゃなどと名乗って, 親類そのほかの, 親類たちはじめ店じゅうの番頭小僧, 親類たんとある, 親類だけが殘りました, 親類だけでも大變, 親類だけは年賀に, 親類だけを招くこと, 親類だらけでは, 親類だろうといらぬ, 親類ぢゆうの小, 親類つきあいが今, 親類つづきだなどいっ, 親類つづきなのでしょう, 親類づきあい渋茶をいれ, 親類づらをした, 親類どこです, 親類でありながら, 親類でありますが馬, 親類であるべきはず, 親類であろうと友人, 親類といったところで, 親類とかに病人が, 親類とでも何とでも, 親類とに宛てた手紙, 親類とばかり覚えて, 親類と共に一夜を, 親類どうしになっ, 親類どころか定宿も, 親類ないし友だち以上の, 親類なぞに対して外見を, 親類などざつと十七八人, 親類などから祝に, 親類などに知らせるならば, 親類などの話で, 親類なども無いらしい, 親類などを呼びあつめて, 親類なら養ってくれるだろう, 親類なりの家へ, 親類なんかは一人も, 親類なんてには何の, 親類になッて, 親類にばかりぱっぱしてこの, 親類にまで累を, 親類によって毒薬で, 親類に対してのみ出血する, 親類はいふめでたしと, 親類はと云えば, 親類ぶんだハハハハ, 親類へのみやげに, 親類ほど頼みに, 親類または同族であった, 親類までといって, 親類までの希望であった, 親類てえな商売, 親類もよつぽ, 親類やら何を, 親類よりは近くの, 親類らしく感ぜられるのである, 親類をも易々と, 親類ガオレガ云ウコトヲ誰モ云イ返ス者ハナイニ, 親類ガ悦ンデ猶々, 親類ヅキアイというウワッツラ, 親類一同寄つて決めたこと, 親類一同薄気味わるくなっ, 親類一統大勢の村民達, 親類一門それぞれ知己の新仏, 親類一黨から義絶, 親類の交際, 親類中一番年長のお, 親類二人と私ほか, 親類二名へあてた, 親類五六人老番頭宅松, 親類交いをし, 親類交際素人より親切, 親類以上親身になっ, 親類以下散々に智慮外, 親類便りの無い, 親類木や, 親類全体を一手, 親類共ガ毎度私ヲバ, 親類共ニも相談, 親類加勢し合って, 親類友達下部等の若男, 親類友達失礼だが, 親類友達等に打解け, 親類取扱人比田寅八って下, 親類同志みたいなもの, 親類同様ニシテクレトイウテカラ両人ガ起請文ヲ壱通ズツヨコシタ, 親類同然にまじわった, 親類呼ばわりをし, 親類和睦の記念, 親類回りに出かけ, 親類固めに仏, 親類ぜい, 親類大略以在他所相從于戰場之者, 親類奉公人などが残らず食いつくす, 親類かなんか, 親類姻戚関係を辿り, 親類の手紙, 親類家の子など大勢, 親類家族の人々, 親類寄合いの時, 親類少なく千々岩は, 親類帰投者功臣となっ, 親類廻りは済ました, 親類当時飛ぶ鳥, 親類懇意たり共, 親類扱いにする, 親類はせられ, 親類教えてくれる, 親類旧友などからも雑多, 親類朋友皆またいふ, 親類枕元を取巻き, 親類の次女, 親類樣方御一統, 親類殊に自分の, 親類しの, 親類母屋の人々, 親類御咄, 親類父母妻子ニ迄イクラ, 親類眷族嬶も妾, 親類知合ならびに娘, 親類知己位の狭い, 親類知己朋友らが皆, 親類立會ひの, 親類が遣っ, 親類等皆いふめでたしと, 親類総出でお, 親類縁者たちから変人, 親類縁者ナドイテクレナイ方ガイヽカナ取リ分ケ颯子ハイナイ方ガイヽカナ, 親類縁者ニ取リマカレテ, 親類縁者一同寄り集まり相当, 親類縁者五兵衛の世話, 親類縁者共の願い, 親類縁者出入りの懇意, 親類縁者出入り商人にまで搜, 親類縁者参謀功臣に至る, 親類縁者友だちにまで突き放され, 親類縁者叔父の朋友, 親類縁者達でよく, 親類能勢因幡守榊原七郎右衛門同大膳, 親類自慢とお笑い, 親類衆様方へ対し奉り, 親類てえな, 親類見舞に夫人, 親類親内もそれぞれ, 親類親友なりもしくは, 親類親友一同顧問弁護士の佐瀬渉, 親類身内のもの以外, 親類近くの他人, 親類遠縁から故郷, 親類門人の者, 親類門弟参集して, 親類関係人柄財産の高, 親類關係がなく, 親類附き合ひ, 親類附き合いというもの, 親類隣村までも手, 親類預けになった, 親類で支配人格, 親類顏幾代先きの誰樣に何, 親類風波の基, 親類麹町二本傳次方江同居仕御用向無滯相勤候處當夏中より中風相煩歩行