青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親爺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親しみ~ ~親分 親分~ ~親切 親切~ 親友~ 親子~ 親戚~ 親方~ 親父~
親爺~
~親類 親類~ ~観 観~ ~観察 観察~ ~観念 観念~ 観音~ ~覺

「親爺~」 1541, 17ppm, 6830位

▼ 親爺~ (340, 22.1%)

3 それを

2 [20件] これを, しんみりと, そこの, その信念, そんなこと, ボケ茄子の, 一ぺんに, 何でも, 信吉が, 刻み烟草を, 又大分, 地主か, 大こぼしです, 尤も珍重, 戦争に, 気の毒な, 田舎へ, 胸を, 門を, 顔を

1 [297件] あさりまわって, いい働き手, いき, いきなりさう, いつも眼, いつも酒, いとも懇ろ, いま直, いよいよ困っ, うまく話し込ん, うめいた, えらい厄介, おらんか, おれが, おれに, かなり久しく, かねてより, きょうも, ぎょっとし, ぎょろ, けっしてその, こういっ, このもの, この二人, この春, この都会, これ勝太郎足の, さう, さっき明智が, しめつぽい, ずいぶんお前, そういうこと, そう答えた, その二日前, その僕, その姿, その時刻, その頃妾, そんなもの, そんな人間, ただ夢, たつた一つ, ちゃんと自分, つまらなさそう, とうと, ともかく倅, どうか知らん, どうして君, どしょう骨, なかなか悪く, はじめてにやにやと, ぴしゃりと, ぴっくりして鶏の, ふくれる, ぼれて, またしんみり, また子供, また隣翁, まだしも匙, まだちょうど三千ルーブル, まだまだ横着, まだまだ豚, まだ土地, まるで自分, まるッきり, もう今日, もう彼, もう心外, もう提灯, もう親爺, もとより亡いもの, もと矢張り此所, やっきと, やつぱりほんとうの親爺かも, やはりちびり, やはり面白, よこしゃしないだろうからなあ, ゐないし, イダーリアの, カン, グルーシェンカが, サッと血相, セピヤ色に, ハッパに, ブツブツ言い, ヘロ中だ, ヘロ中で, 一人で, 一体自分, 一寸顔を, 一度味, 一生涯麦飯を, 丁度田, 三千ルーブルの, 下谷一番の, 不承知だつた, 不満さうに客の, 主に, 主婦への, 乗らぬで黒沢, 乱杭の, 二ツ返事で, 二三日の, 二度ほど, 云った, 云ふ, 今どうしても, 今イワン, 今死んだ, 仕事らしい, 低い声, 何か, 何処へ, 信吉に, 借金や, 偉いね, 僕の, 僕を, 僕一人なら, 先生と, 全くあれ, 六十三だ, 六十八で, 六十年の, 六年前に, 六番坑で, 兼次を, 分を, 前に, 力松の, 労務者のみに, 十三歳の, 十日を, 十畳で, 即座に, 口を, 叩き上げた人間, 呼びつゞけた, 嘆息した, 噺の, 四五年前から, 回数券を, 困りはて, 困惑した, 固くこう, 固く斯, 土間の, 地べたへ, 地味がい, 坐って, 夜に, 大の, 奥さんと, 妙に, 妻に, 娘の, 子の, 孔雀の, 宇一に, 客にからか, 家に, 家の, 家を, 家督を, 小倉の, 小僧に, 峠の, 平気の, 平生から, 幹太郎と, 幾度か, 弁当の, 彼を, 得態の, 微笑し, 徳人であった, 心得たこと, 思ひの, 急いで, 恐ろしい馬好, 恐ろしく気, 恐怖の, 恐縮し, 息を, 息子が, 懇ろに, 手を, 手織木綿の, 押黙り異常, 支那人の, 明智の, 昔使つてた, 昔学校の, 昔札つきの, 昨夜も, 晝過にな, 暇が, 朝から, 未だに彼等, 朴訥で, 村の, 栗栖の, 桶を, 横浜に, 樹泥棒だった, 死ぬだろうと, 母の, 毎日, 毎日毎日不, 毎日蒸し暑い, 法律的には, 涼しい顔, 淀んだ人混み, 渋い茶, 測量を, 湯殿に, 満悦袋小路の, 満足し, 焙爐, 煙管の, 煙管を, 燻った四畳半, 牙を, 物凄い顔, 物覚えの, 独り笑はずに, 理論的に, 由藏がか, 番茶を, 疲, 病氣にな, 病的に, 癲癇持の, 百姓である, 目遣いを, 眼が, 確かに, 私が, 私の, 秋葉の, 算盤の, 簡單にか, 精進期の, 素裸体に, 耳が, 耳の, 聖護院八ツ橋の, 肥桶を, 脇腹から, 腰が, 自家に, 興奮し, 若い衆の, 苦手だ, 茶碗を, 草履などを, 葬儀屋だ, 薄暗い廊下, 藁で, 行き交う人間, 行跡に, 裏戸口の, 見つからなかった, 見やがれ汝, 見番の, 親爺おれは, 言つて自分が, 言われるまま, 詞を, 誰の, 貧乏官吏から, 貰って, 買った土地, 赤い紐, 逃げおくれて, 酒に, 酒を, 野良の, 野良へ, 金を, 金主だ, 長い間, 閉口し, 間を, 間違ひもなく, 阿Qの, 面白そう, 顎で, 飛んで, 食事毎に, 餓死した, 馬鹿だ, 駄々子の, 驚いて, 麦が, 黒い顔, 鼻を

▼ 親爺~ (311, 20.2%)

9 ところへ 5 ような, 顔を 4 前で, 家へ, 金を 3 ように, 方で, 枕元へ, 砲術長が, 顔が

2 [26件] あとを, とこへ, 云ふ, 代に, 使嗾で, 傍に, 如きは, 如きも, 家に, 幼稚な, 店で, 所へ, 所謂熱誠が, 所謂薫育は, 手にも, 手蹟である, 捨て所, 方は, 残して, 白髮の, 腹の, 若い頃, 論理は, 頭の, 顏を, 顔も

1 [213件] あとつぎぢやのう, いうの, いびきが, うちでも, うなじは, くせだ, くせに, ことであった, ことなんて, ことも, ことを, ご機嫌, すすめる田舎女, すること, その煙草, それに, ために, ちぎれた趾, ど頭, のみしろ, ほうから, ほうが, ほうも, ほかの, ようで, ようなおどけた, タキシイドを, ペーターは, 一ツ一ツを, 一分が, 七光りが, 三十人に, 世話を, 両手に, 中に, 中間で, 乞ふ, 乱酔たるや, 二の腕に, 云うこと, 云う所, 代りは, 代理人を, 伊三郎の, 何者である, 供を, 信用を, 借金に, 停車場送りの, 傍へ, 全財産, 六兵衛が, 六兵衞と, 分と, 切なさ, 剃った頭, 勝手に, 叔母己には, 口真似にな, 口辺に, 古い知己, 召使の, 名とか, 名は, 呼吸が, 商売は, 商法に, 嘉平と, 困惑し切った, 墓穴を, 声色で, 大切に, 大変だ, 大政治家レニン, 奴それが, 奴山の, 好色眼と, 妻, 妻にもな, 姿が, 姿は, 娘とては, 嫌な, 子を, 守り本尊は, 家へは, 家へも, 容太郎は, 寵者だ, 寵者で, 小言が, 屍を, 屍体によりか, 年を, 幽霊が, 廻し者だったら, 弟子と, 弥九郎も, 弱身, 彌吉, 心も, 怖しい, 息子が, 慈悲ぶ, 慾深, 懐は, 懸硯, 手紙にも, 手紙まで, 手許を, 支那人なみの, 文句を, 斯んな, 方にまで, 方にも, 方へ, 方寸に, 方支那将軍の, 曲りくねった足, 有名な, 様に, 横顔が, 歩調は, 死に方, 死体が, 死体は, 死因は, 死滅を, 死骸と, 気持も, 添合いや子供の, 為めに, 無能を, 猥褻が, 生れが, 生命の, 留助といふ, 留守の, 番だ, 白毛髭のせゐ, 皮膚は, 相手に, 真似は, 眼に, 石は, 破廉恥さ加減に, 碁敵が, 碁敵だ, 磯貝が, 磯貝は, 竹三郎は, 答は, 細心な, 罵しり声, 羽振, 考えは, 考は, 耳へ, 職業は, 肌も, 脛を, 腹を, 葬儀を, 薬鑵頭を, 行く先を, 褌を, 見本の, 親切な, 言うこと, 言つた事は, 記念だ, 話に, 話も, 話を, 説に, 豊年坊主を, 跡を, 踊りっぷり, 身に, 転落が, 返答である, 返辭, 逮捕を, 道楽も, 遺伝らしい, 遺言に, 遺言によ, 遺言を, 還暦の, 酌を, 酒を, 金は, 金まで, 金六と, 銀行か, 隠徳, 霊を, 面という, 靴に, 項の, 頬が, 頬の, 頭に, 額に, 額へ, 顏と, 顏に, 顏は, 顔だけは, 顔で, 顔でも, 魂膽が, 鼻さきには

▼ 親爺~ (236, 15.3%)

3 出て, 死んで

2 [15件] ある, ほかの, 前に, 坐って, 批評した, 捺摺り付けた, 旅行から, 死ねば, 死んでから, 眼を, 禁酒論者な, 立って, 豚を, 金に, 首斬

1 [200件] あつた, あつら, あなたの, あると, あんまり流し, いう, いくら地面, いたため, いたんだ, いつまでも, いつもさう, いて, いるが, いるじゃ, おれに, お辞儀を, くれぐれも申しおいた, この世に, この危険, これに, こんなこと, こんな事, こんな馬鹿者, さっき無垢の, じっと彼, ただ一人, ついて, とうとうヘロ, とうの, どうし, どんなだ, どんなにがっかりするだろう, どんな奴, なんの, のんだくれだ, ひとりいる, ひょく, ひよろひよろ, ほくほく引き取り, まさか長者町, まだ出, まだ死な, まだ死なない, まだ見えない, みんな下駄屋の, もう六十近く, もしその, やはり義経, やや遠く, やんやん云って, コーモリ傘だけを, ピンピンし, ヤケに, 一人坐し, 一声合いの手を, 三升樽を, 三年前隣村の, 三日前に, 不作法に, 不審がる, 不幸むすこを, 世にも不, 世話を, 二寸角ぐらいの, 云って, 今にも泣き, 今日泰然として, 仏師で, 代わる代わる私, 代助, 仰天する, 仲に, 何でも, 來て, 傍から, 傍らから, 僕を, 出逢, 初めて牢, 力松が, 包を, 厭な, 受取って, 受持で, 呉服商を, 圧出された, 坐して, 墓場へ, 多助どんの, 大, 夫人に, 女房と, 娘に, 子供の, 客の, 家の, 寝て, 尾張の, 山では, 山陽の, 平次に, 弟の, 張込みに, 彼の, 忰に, 怒ったの, 怖いと, 怠け出した, 息せき切つて, 息を, 悪いから, 愚図愚図云ふもんだ, 憎らしかった, 憎らしかつ, 戸棚を, 手足を, 折れて, 持つて, 掛引が, 故郷を, 斯んな, 施主な, 月二十五円ずつを, 月十八円と, 来たぞ, 来るよう, 板に, 果して馬鹿, 栗栖を, 棺の, 橋のうへから, 此二三日の, 死ぬとき, 死んだ, 死んだら, 死んだらお前, 死んだらどう, 死んだら子, 死んだ時, 殆ど自分の, 残飯桶を, 河童と, 満足した, 無事で帰っ, 無言の, 熱を, 物語に, 玄関の, 現れた時, 甚だ因念, 甚だ因縁, 由藏には, 病気に, 病気にな, 白面で, 眞面目が, 眠って, 短氣, 石崎家の, 破って, 破片を, 私に, 立ち上ったらしかった, 立つて, 立戻っ, 約束の, 聞いて, 自身で, 舵を, 苛, 草葉の陰で, 蒼くな, 血潮の, 裸足で, 見て, 見るからに, 見番で, 見番の, 見限って, 親戚の, 言うと, 言つた通り死に神が, 言ひました, 説明した, 起きあがりつ, 跛引き引き駆け出した, 迎えに, 送って, 通りかかって, 酒を, 金ない, 長わずらい, 門へ, 隣家の, 靜かに, 非常に, 顔を, 風巻に, 首を, 黙つて

▼ 親爺~ (107, 6.9%)

4 似て 2 しても, しろ泣いて, よく詫ら, 二度程, 代って, 相談し, 連れられて, 頼んで

1 [87件] あやまらなければ, あるの, あるよう, いつ生んで, いわれそれ, お知らせする, かうした愚痴, くどく言, しろおふくろ, しろ己, すゝめて, そう言っ, そんな気, つかへるの, でつかは, なったり, なっても, なり下がって, なり代って, よく見られる, 一つ踊らし, 一晩中くっ付い, 一部始終を, 与えるため, 云うひま, 介抱された, 介錯を, 会って, 何か, 信用を, 先月の, 入口の, 勝ること数百倍, 及ぶ者, 反抗的な, 口を, 口説かれて, 叱られて, 同情を, 向って, 向つて, 呼ばれて, 安心させなさい, 對する, 彼は, 必要な, 感じられ却って, 扮した, 投票した, 提供し, 日給十八銭で, 會つた時にも, 此ことを, 比べると, 気が, 渡した, 無心し, 用あり, 目を, 祝福あれ, 笑はれた, 笑われたとき, 罵られて, 聞いた, 聞いて, 荷駄を, 落度が, 見える, 訊くと, 話さうと, 話して, 説きつけたなら東京, 談判し, 負債が, 逢て, 連れて, 遇わなん, 違いない, 違ひない, 邪魔を, 酌を, 面と, 頭を, 頼まれて, 頼むと, 馴染んだ折そつくり, 鼻の

▼ 親爺さん~ (75, 4.9%)

3 が死ん 2 のところ, の顔

1 [68件] いかにも真面目, かなにか, からあの, からお許し, か不具者, があまり, がお婆さん, がその, が云った, が僕, が出掛け, が前々, が十日, が呑んだくれで, が家, が怒る, が泣きこん, が泣く, が祖父, が近所, が邪宗門, そんなふくれ, だが, でした, というの, といったほう, と義父, どんな人, なり小太郎さん, にお, になんとか, にはこの, には内証, には言わん, のあいだ, のこと, のもの, のジョン, の店, の睾丸, の辰馬銀行, の面倒, の頑固, の頬, はいつも, はどういう, はなくなっ, はひどく, はふだん, はほ, はまったく, は世界中, は云った, は大変厳格, は大笑い, は實, は涙, は縁側, は越後, は酔っ払い, は金持, は長屋, もあった, もいっしょ, も何せ, も息子, を刀, 悪い事

▼ 親爺~ (65, 4.2%)

5 一緒に 3 二人で 2 何か, 娘が, 組打を

1 [51件] いつたらどうか, おぢ, おふくろから, お前だけ, お義理, きまって, その頃, それに, たつた二人, なった, ぱったり出逢った, ひとりごとを, アニキは, チチコフと, テレーズとが, 一局手合せした, 一所に, 主婦は, 二人暮らしで, 仇名された, 俺れ, 別れた, 別れジュネーヴ行, 別懇だ, 同じよう, 同じ服, 同様なり, 吐きだすやう, 喧嘩し, 妹の, 家主の, 寝て, 対坐し, 幹太郎は, 思ったかも, 打つよりは, 揃いの, 来たらほんとに, 殊の, 母は, 称して, 言い, 言うの, 言っても, 言ふ, 詩の, 話を, 談判し, 軽薄らしい, 近づきでは, 顔を

▼ 親爺~ (65, 4.2%)

4 おふくろも 2 さすがに, そこまでは

1 [57件] あいつの, あきれたと, あの通り, あれば, いいかげんおれ, いるし, うまいこと, この間手紙を, そこに, それで, それで胸, それに, それの, たうとう, のこ, まだで, もてあましたが, よくない, 両親は, 中気で, 主婦の, 主婦も, 二階の, 云ふ, 亦その, 亦最も, 亦親爺, 伜も, 僕達と, 先生と, 八重も, 加わって, 四万という, 大概の, 娘も, 少し乗出しました, 少し乘出, 居ずたつた二, 彼の, 手並が, 承諾した, 昼寝を, 残念共泣きの, 男泣きに, 碁と, 碌で, 祖父も, 親爺なら, 言って, 調所殿の, 財産を, 越すという, 辛うじて顔, 青年も, 静まりかえって, 頑固なら, 馬鹿でない

▼ 親爺~ (56, 3.6%)

2 呼び出さないでも, 呼んで, 相手に, 訪ねると

1 [48件] あのま, いずれの, こき使つて, たしなめるよう, だまして, どなりつけながら, どんな目, はじめ一族郎党は, ドンと, 乾鰮の, 人間では, 制して, 口説いて, 呼びました, 喜ばせようと, 困らせた, 外の, 守って, 家老だ, 引き取つた, 応接間に, 怒鳴りつけそれ, 打つ, 打つの, 扱ふ, 持つて, 捉ま, 捉まえ, 捕えるべく例, 救いの, 残して, 殺したやう, 殺したホント, 殺すなんて, 殺すよう, 毆つて飛出し, 盲目的に, 磔刑柱に, 籠絡し, 縛つて行きや, 苦る, 見つけて, 見て, 見ながら, 訪ねました, 説き伏せて, 追いぬけよ, 霜柱の

▼ 親爺~ (19, 1.2%)

2 あつた, この男, 伜を

1 [13件] この寺, デブは, 佛喜三郎と, 口やかましい事, 娘の, 市五郎と, 年の, 彼の, 後のが, 無口で, 終ること, 縞の, 身なりは

▼ 親爺~ (16, 1.0%)

1 [16件] おかみさん, おふくろが, おふくろに, おふくろは, お袋が, その親爺, 兄弟が, 兄弟たちを, 兄弟に, 兄弟達に, 兄貴などから, 妹が, 妹は, 娘っ子どもの, 彼の, 新蔵

▼ 親爺~ (15, 1.0%)

4

1 [11件] からという, が, がかなり, つたのです, つてお, つて兄さんだ, とか或は, とか色々, とは私, と思っ, よ

▼ 親爺から~ (13, 0.8%)

2 聞かされたので, 説法される 1 あべこべに, お目玉を, もらったこの, 勘当された, 委託り, 怒鳴られた思い出, 時々聞い, 貰って, 追払われたその

▼ 親爺には~ (13, 0.8%)

2 似ても, 内々で 1 いつも自己流, たとえ切支丹伴天連, なかつたの, 一寸留守, 人間世界の, 妻子と, 工場主の, 年頃の, 死亡の

▼ 親爺です~ (8, 0.5%)

2 からね, よ 1 かい親分, が喘息, が私, 七兵衛親爺は

▼ 親爺~ (8, 0.5%)

1 が今ごろ, くたばって, どうせ今年きり, はア, よく五年, 可愛い娘, 思ひ知れと, 煩いこと

▼ 親爺~ (8, 0.5%)

1 のうち, の後ろ, の心配, の胸, はいろいろ, はかなり, はこれ, はせっかく

▼ 親爺~ (7, 0.5%)

1 が参らした, が死なし, と一緒, は帰, は幾何, は私, も行った

▼ 親爺といふ~ (6, 0.4%)

2 のが 1 ものは, 奴が, 稀代な, 老太陽

▼ 親爺夫婦~ (6, 0.4%)

1 が正真正銘, で, でこつち, にとりいりはじめた, に異様, は僕

▼ 親爺でも~ (4, 0.3%)

1 たまたま里, なかった, なければ, 興奮の

▼ 親爺である~ (3, 0.2%)

1 故うるさく, 燐寸の, 犬は

▼ 親爺という~ (3, 0.2%)

1 ものは, 老太陽, 親爺が

▼ 親爺との~ (3, 0.2%)

2 描写は 1 金銭関係が

▼ 親爺とは~ (3, 0.2%)

1 仲善し, 時折路上で, 身分が

▼ 親爺なら~ (3, 0.2%)

1 こっちア面当てに, 娘も, 無い方

▼ 親爺にも~ (3, 0.2%)

1 いくらか色気, ただならぬ気配, 主婦にも

▼ 親爺まで~ (3, 0.2%)

1 出て, 無理に, 犬と

▼ 親爺一人~ (3, 0.2%)

1 でお, に止まらなかった, は怨まれまい

▼ 親爺~ (3, 0.2%)

1 が, きかな, 突いて

▼ 親爺かい~ (2, 0.1%)

2 好く祝儀

▼ 親爺さん一人~ (2, 0.1%)

2 出して

▼ 親爺さん床柱~ (2, 0.1%)

2 を撫で

▼ 親爺じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないと, ないん

▼ 親爺それ以上~ (2, 0.1%)

2 に怖い

▼ 親爺だけは~ (2, 0.1%)

1 たつた一人, 幽霊の

▼ 親爺だった~ (2, 0.1%)

1 のだ, のです

▼ 親爺~ (2, 0.1%)

1 やございません, や参

▼ 親爺では~ (2, 0.1%)

1 なかった, なかろうか

▼ 親爺とか~ (2, 0.1%)

1 親方とかなど, 非常に

▼ 親爺ども~ (2, 0.1%)

1 として主君, はだいぶ

▼ 親爺~ (2, 0.1%)

1 のだ, んです

▼ 親爺などに~ (2, 0.1%)

1 やって, 逢えば

▼ 親爺なんて~ (2, 0.1%)

1 云うと, 云ふと

▼ 親爺~ (2, 0.1%)

1 よい工合, 言いました

▼ 親爺~ (2, 0.1%)

1 は自分達, を葬る

▼ 親爺橋江戸橋海賊橋~ (2, 0.1%)

1 と廻っ, と廻つて歸

▼ 親爺橋荒布橋江戸橋海賊橋~ (2, 0.1%)

2 と橋

▼1* [100件]

親爺あの禿の, 親爺いい機嫌に, 親爺いくらだ, 親爺いよいよつけ上り, 親爺おふくろどちらも弱い, 親爺おれはおれ, 親爺この春, 親爺かも知れないと, 親爺からの補助は, 親爺こそただもの, 親爺これも遠縁, 親爺さんいつからエキストラ, 親爺さん酒をつけ, 親爺その次が, 親爺それから最初酒場の, 親爺それでどうじゃ, 親爺たちが張り切った, 親爺たる事を, 親爺だけでは, 親爺だけが長年の, 親爺だけじゃなかった, 親爺って言うん, 親爺子な, 親爺であった鳴りを, 親爺でありあまりに敏腕, 親爺でございましたな, 親爺でもねえ親爺, 親爺で御座いましたな, 親爺とうとう毎土曜日, 親爺とかと呼び慣れて, 親爺として余生を, 親爺としての一生は, 親爺とも覚えぬ, 親爺どうしても他人だ, 親爺どのお前も, 親爺などの習慣とは, 親爺などは代金の, 親爺なる人物が, 親爺なんかてんでお話, 親爺なんぞ兄め気でも, 親爺にとつて親友の, 親爺にとっても従妹己にとっても, 親爺にともおさわ, 親爺にばかりでなく自分, 親爺に対する方便であった, 親爺はへえーと敬, 親爺はやく晩にな, 親爺への不服が, 親爺まだ五十には, 親爺までが夜どおし近所, 親爺までやつて来る, 親爺みたいに獣, 親爺めオタンチンのげじげじ野郎め, 親爺め仕事は半人前, 親爺め何を言つて, 親爺め女帝陛下のお供, 親爺もろともにナグリ, 親爺みんなお, 親爺よりも偉くなる子, 親爺らしい百姓が, 親爺グリーゼルが女, 親爺三吉をお, 親爺の姓名, 親爺仁八町内の遊び人, 親爺仁右衛門渾名も苦虫, 親爺今夜は屹度, 親爺今日は休み, 親爺以外の何人, 親爺の不所存ゆゑ, 親爺似かして母親, 親爺先妻コンムニストカを離別, 親爺六兵衛殿といい, 親爺はぬ, 親爺同様に伜, 親爺奴云つたのか, 親爺奴今ここの沙, 親爺娘一人持つた覚え, 親爺の林寛, 親爺御機嫌斜めならず, 親爺悄然として僕, 親爺振りだった, 親爺教育のジグス, 親爺の人, 親爺の人, 親爺様御飯が出来ました, 親爺と肩, 親爺留助はこれ, 親爺相伝の野暮天野郎, 親爺綱屋の綱七, 親爺自らが愈々, 親爺自身を見出す, 親爺譲りの癖, 親爺惜しんで, 親爺辮髪切りたくない, 親爺連中の云, 親爺連額を集め, 親爺が寄り集まる, 親爺だ, 親爺え上っ, 親爺養生もする