青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「落着~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~落した 落した~ ~落ち 落ち~ ~落ちた 落ちた~ 落ちつい~ ~落ちる 落ちる~ ~落着
落着~
~落葉 落葉~ ~葉 葉~ ~葉子 葉子~ ~著 著~ 著しい~ ~著しく

「落着~」 2748, 28ppm, 4116位

▼ 落着~ (1094, 39.8%)

79 ている 50 ていた 3825 てゐる 24 てい 18 てゐた 16 て来た, て話せ 11 てきた, て居る 10 ていられる 9 ていられない, てしまった, てみる, て来る, て物, て言った 8 てゐ, て答えた 7 てくる 6 て仕事 5 ております, て居ります, て来, て聞い, て見えた, て話し

4 [17件] ていなかった, ていました, てき, てし, てよく, て來, て勉強, て居ちや, て煙草, て眠る, て考へ, て聞く, て聽, て腰, て話, て話す, て静

3 [20件] てお, てじっと, てはいない, てみれ, て何, て俺, て寝, て居, て横, て相手, て私, て答, て考え, て考える, て自分, て落着, て見る, て静か, て飯, て髪

2 [69件] たり落着, ていささか, ていたら, ていっ, ていない, ていなけれ, ていなさい, ていやがる, ていれ, ておい, ておりました, てお話, てからの話, てから後, てから話す, てくれません, てここ, てこっち, てこの, てさて, てさも, てしまふ, てそして, てその, てね気, てはいられない, てはいられなくなった, てみ, てもう, てやがる, てゆっくり, てパイプ, て一パイ, て下, て下さい, て了つた渠, て云った, て兄, て大, て妾, て居られない, て店, て弧, て彼, て後, て心, て手, て暮し, て暮らし, て歩い, て煙, て目, て聴い, て胸, て自然, て茶, て行く, て行った, て見せる, て見れ, て見物, て視, て話した, て話し始めました, て談話, て部屋, て酒, て間もなく, て養生

1 [417件] たりし, たりなつかしい, ちゃいけ, ちゃいけません, てあたり, てあんな, ていかず, ていく, ていくらか, ていさ, ていず, ていった, ていつも, ていません, ていやがら, ていよいよ, ていよう, ていらしたっ, ていらっしゃい, ていらっしゃる, ていらっしゃれる, ていられ, ていられた, ていられなかった, ていられなくなっ, ていられなくなった, てうれしい, ておいで, ておしまい, ており, ておりません, てお出かけ, てかかれ, てから, てからあの, てからいちよう, てからお, てからでも絵, てからどんな, てからの筆蹟, てからの逸話, てからはごまかし, てからはひどく, てからは春先, てからやがて, てからケン, てから一樣, てから云う, てから八五郎, てから分っ, てから子供等, てから様子, てから父, てから見回す, てから言, てから訊くべき, てから間もなく, てきたらしい, てきました, てください, てくれ, てくれなけりゃ, てくれる, てぐっすり, てこうした, てこたえた, てこつこつ, てこれから当然, てこんな, てさう, てさっぱり, てしかし, てしまいました, てしまっ, てしんみり, てすずしい, てすっかり, てせつ, てそう, てそういう, てそうして, てそこ, てそこで, てその道, てそれ, てそれからまた, てそれでも, てたいへん, てたしかめなおす, てだけは居れるだろう, てちや, てぢ, てという気分, てどうして, てなか, ての話, てはいた, てはいなかった, てはいられなかった, てはいられまい, てはいられません, てはいられませんでした, てはいる, てはおられないだろう, てはおりました, てはおります, てはじめて, てはつきり, てはれや, ては居られぬ, ては居りました, ては聞い, てふたたび, てふと, てほか, てほとんど, てまず, てみえた, てみせ, てみせた, てみた, てみよう, てみられなかつた, てむかい, てもいい, てもいられまい, てもう一度, てもちッ, てもゐない, ても居られまい, ても胸, てやがて, てやってき, てやつ, てやつたらい, てやらなき, てやり, てやる, てやれやれ, てゆ, てゆく, てゆけ, てゆるゆる, てよかつ, てよから, てゐない, てゐられない, てゐられる, てゐられ無くなる, てゐるだらう, てをりました, てをります, てカチン, てジリジリ, てスヤスヤ, てタマ, てヂョウジアァナ, てハキハキ, てボヤボヤ, てマートン, てメヅサ退治, てユックリ, て一つ, て一ツ, て一年, て一思案, て一月, て七日, て上目がち, て世間, て世間話, て中, て了つた, て了つた私, て事業, て二三尺, て二人, て二日目, て二本, て云う, て五六歩, て井戸, て井戸端, て人々, て今, て今日, て他所, て会う, て促し, て働い, て先生, て光沢消し, て入っ, て其, て其方, て再挙, て写生, て冷淡, て冷然, て分別, て力, て勇ましい, て卑し, て叔父夫婦, て取りこぼさぬ, て叩い, て可, て右眼, て各自, て向う, て吾家, て呟き, て命中, て咎め立て, て咲二, て品, て地獄, て坐っ, て坐ってる, て坐つてる, て坐り直した, て坐ろう, て夕べ, て夢, て大食, て好い, て委しく, て委細, て室内, て家, て寝よう, て専門的, て尋ね, て尋ねた, て尋ねる, て小遣帳, て居ぬ, て居られぬ, て居られる, て居れない, て居れる, て山民, て川, て左, て差支えない, て常態, て帽子, て座, て座敷, て弁護士, て張合った, て待つ, て得られなかった, て御多分, て心地よかっ, て応対, て応答, て息, て悠々, て悠遠, て悲し, て手紙, て手紙一本, て手許, て手首, て振舞, て掛ける, て掛っ, て掛らなくつ, て採り上げる, て提灯, て斯, て旅籠気分, て昨夕, て昨夜, て暮せ, て暮れ, て書い, て書いたら, て書ける, て朝寝, て本, て机, て来たし, て来ました, て格子戸, て格式, て椅子, て極楽, て横着, て次, て此通り, て武士, て武甲, て歩き出しました, て歸參, て死ぬ, て殆, て残つて, て沈み考え, て沈ん, て泣きつづけた, て注意, て海, て深く, て温順, て湯浴み, て滞在, て滿足, て為事, て煙管, て煙草ケース, て熱心, て牢獄, て特に, て狙い, て独り言, て珍しく, て理, て理智的, て生活, て田舎, て申します, て百姓, て皆, て相談, て眺める, て眼, て着物, て知識, て私たち, て私ら, て秘書, て立とう, て答案, て糜夫人, て素直, て紹介, て絹, て維新, て美しい, て美津枝, て考えた, て考えられない, て考えられなかった, て考え事, て考へた, て考へる, て考へろ, て聞かなけれ, て聞き, て聞け, て聞けない, て聴かう, て腹, て膝, て自分たち, て至極, て良人, て花やか, て葉巻, て蒲団, て薬, て蘊蓄, て行, て行かなけれ, て行動, て見, て見える, て見苦しから, て見返っ, て親切, て解き放された, て言いかえした, て訊きた, て訊ねる, て訳, て話し始めた, て話し込む, て話そう, て詳しく, て語った, て語りつづけた, て語れ, て説教壇上, て読ん, て読んだ, て誰, て論文, て謡, て讀みはじめた, て踊っ, て逃げた, て通える, て連句, て邪魔, て都合, て酒量, て酸素, て重厚, て鉄道工場, て銚子, て門戸, て開拓, て随分, て青年, て靜, て靜思, て音, て順序, て頷いた, て顔, て颯爽, て食事, て飲め, て首筋, て黙つ

▼ 落着いた~ (566, 20.6%)

36 声で 21 調子で 11 口調で, 態度で 10 もので 6 ような 5 のであった, のは, 心持で 4 ところで, ところは, のを, ように, 声が, 顔を 3 のだ, ものか, ものです, 低い声, 心で, 心持に, 樣子を, 気持に, 言葉で, 足どりで

2 [42件] いい感じ, かい, ことの, ことは, しかも気品, というの, ところを, と思う, と言, ので二人, ようで, 中に, 主人の, 先へ, 冷たい態度, 声を, 好感を, 微笑を, 態度は, 所が, 挨拶で, 時である, 様子で, 樣子で, 気分に, 気分は, 気分も, 気持ちに, 気持で, 生活を, 男の, 答へを, 聲が, 聲で, 脚は, 調子には, 足取りで, 返事, 野郎だ, 静かな, 顏を, 風で

1 [318件] いい料理屋, いい気持, いい酒場, うちに, お住居, お島, お崎, お關, か, かえ, かしこい方, かすらすら, かということ, かと見え, かと見れ, かに見えた, からこの, から一刻, か何, か何だ, か先, か分らない, か気, がいい, が以前, が妓, が足もと, くらいであった, けれどこの, ことが, ことばを, こなしで, こなしと, この頃, これは, ご様子, しかし非常, しかも敏感, しっかりした, その刹那, だけによく, だけに十畳, つもりが, つもりで, という意味, という有様, といふ有様, とき始めて, ところが, ところがこの, と聞い, のか, のかと, のが, のである, のです, のでその, のんびりした, はつきりした返, はなしも, は今, ふうである, ままに, まま火桶に, むつつりした, ものが, ものだ, ものだった, ものだつた, ものであった, ものでありました, ものである, ものらしかった, もの言ひ, もんだ, やさしい親しみ, ややこしい情緒, ようすに, ようだ, ようであり, ようでありまする, わ, わけである, んです, カメラマンの, 一室で, 一家の, 一撃を, 上おもむろに, 上として, 上は, 中にも, 人々である, 人が, 人で, 人物, 人物で, 人間か, 人間だつた, 今度こそはの, 仕事である, 仕事を, 会席では, 作品である, 作品です, 例である, 優雅な, 先は, 先を, 光を, 光景間もなく, 光線や, 公園が, 内儀の, 内省的な, 凪である, 切口上, 力強い聲, 労働者と, 口振りで, 口調に, 口調にな, 古来の, 句である, 同じ調子, 味静かな, 咳ばらひ, 啓蒙, 堅實な, 境地に, 声, 声に, 夜の, 大きな声, 大学生と, 夫人も, 女で, 女の, 奴だ, 妻でした, 姿と, 娘だ, 婦な, 安心が, 家庭を, 容子に, 宿は, 寂の, 寛永十七年から, 小路に, 少年が, 少年で, 岩を, 工合と, 帯を, 幅の, 平次その, 平気な, 平穏な, 平静な, 平靜な, 幸福な, 広い額, 度胸を, 廻転を, 張りの, 形に, 影の, 彼女の, 彼女を, 後では, 後までも, 後其処で, 心と, 心を, 心境に, 心持が, 心持は, 快活な, 思慮から, 悪党でない, 情深い心, 惱みの道を, 愛に, 感じが, 感じだ, 感じの, 感情では, 態度が, 態度だ, 態度にも, 慎ましい中流生活, 憎々しい口調, 憎々しい調子, 手際で, 扮装である, 抑制された, 振りで, 文章の, 日から, 春日が, 時には, 時分に, 時星野は, 時迄に, 晩この, 晩年の, 晩年以後の, 智慧深い, 暢や, 本郷の, 様な, 様を, 様子に, 様子も, 様子や, 樣子も, 殿さまが, 母の, 母性的の, 毎日であった, 気が, 気は, 気分が, 気分で, 気品は, 気持である, 気持にな, 氣が, 氣持に, 氣持にな, 氣持も, 永い間, 淋しい気の毒, 淡い興味, 深紅色の, 温かい声, 温かい聲, 滑な, 然も, 物ごしにも, 物腰で, 物静かな食べ, 王生が, 男です, 男女の, 町の, 目を, 真面目な, 眼つきで, 眼で, 眼差しを, 短い会話, 秩序ある, 空しい気持, 笑顔を, 筆である, 筆致は, 米友は, 絶望を以て, 練習を, 美しい光, 美しい色, 聚落が, 脚どりで降りた, 自信の, 自分に, 色だ, 色地に, 艶に, 蒼白い足どり, 見得を, 見知らぬ男, 言い方でも, 言葉が, 言葉に, 言葉や, 計量によって, 記念すべき, 訳だつた, 話に, 話振りは, 語調で, 調子だった, 調子である, 調子に, 調子の, 趣も, 身支度と, 軟かい色, 返事が, 部屋が, 部屋を, 重厚な, 陰翳を, 陽気な, 陽氣な, 階段を, 隠者の, 青年らしい, 青磁色の, 静けさに, 静な, 靜かな, 面々が, 面を, 面色で, 頃家内の, 顔いろ, 顔し, 顔つきだった, 顔つきだつた, 顔つきで, 顔で, 風でじやれ, 風を, 食堂で, 黒地の

▼ 落着~ (323, 11.8%)

26 なかった 22 ない 11 ないの 10 ない気持, なかつた 8 ない心持 6 なくなって 5 ないで, ないよう, ない容子, ない様子, ない眼, ぬ様子 4 ずに, ないこと, ないし, ないもの, ない心, ない気分, ない気持ち, ない目, なさ 3 ない樣子, ない顔, なくなりました, ぬもの

2 [22件] して, ず少し, ないから, ないつて, ないなら, ないので, ないよ, ない変, ない家, ない心もち, ない態度, ない歩み, ない腰, ない表情, ない風, なくて, なくなった, ぬ, ぬの, ぬ様, ぬ気持, ぬ老人

1 [108件] したらしかった, してから, してやるが, ず, ずいろいろ, ずされば, ずにばかり, ずまじめ, ずよく, ず云いました, ず厠, ず君子, ず夜半, ず更に, ず混雑, ず界隈, ず立って, ず胡乱, ず臆病, ず自制, ず自動車, せずには, ないお, ないくらい, ないご, ないじゃ, ないせかせか, ないぢ, ないでしょう, ないと, ないという, ないとか, ないと共に, ないもん, ないやう, ないらしく, ないわねえ, ないん, ないガヤガヤ, ない不安, ない不満, ない人, ない光, ない全く, ない困り, ない坐りよう, ない夕方, ない女たち, ない好, ない妙, ない心地, ない忙しさ, ない感じ, ない挙動, ない故に, ない梓, ない歓び, ない気, ない気もち, ない氣持ち, ない焦燥, ない目つき, ない眼付, ない空氣, ない立膝, ない考, ない膝, ない色, ない言葉, ない調子, ない雰囲気, ない青春, なきや, なくして, なくては, なくなり出した, なくなる, なくなる目標, なければ, ぬげに, ぬといふ, ぬながらに, ぬのに, ぬは, ぬやう, ぬよう, ぬらしかった, ぬ中, ぬ体, ぬ前, ぬ外面, ぬ存在, ぬ心持, ぬ意味, ぬ数分, ぬ時に, ぬ樣, ぬ氣, ぬ氣持, ぬ男, ぬ眼尻, ぬ腰, ぬ色, ぬ表情, ぬ視線, ぬ雲行, ぬ顔付, 最初驚かされた

▼ 落着~ (218, 7.9%)

13 ことが 11 ことに 9 のを 7 ところは 4 とすぐ, のである 3 ことの, と, ところに, のだ, やうに, 先の, 先は, 先を, 所へ, 暇が

2 [18件] ことと, ことは, ことを, つもりです, ということ, ところが, ところへ, とほぐれる, と彼, に従って彼, ので, のであった, やうで, ようであった, ように, 先に, 場所も, 気に

1 [104件] かという見透し, かと彼女, かも知れぬ, かわからない, か判らない, か際限, がいい, が人情, が可, ことだ, ことで, ことにな, さまを, ためでは, つもりか, でせう, といいえ, というの, という一種, という結論, といふこと, とこの, ところぐらい, ところだ, ところだった, ところで, ところと, ところなんぞは, ところも, ところを, とさき, とともに私, ともう, と三平, と五月, と信長, と先刻, と出, と夫, と山, と彼女, と思い出した, と支倉, と男, と私, と聞いた, と菅原, と軽い, につれいま自分, に従って円座, のが, のじゃ, のだった, のだろう, のぢ, のであつ, のでこの, のでしょう, ほうが, までにはしばらく, ものである, ものでございます, やいなやビュルストナー嬢, やうな, やらわかりません, や否, より仕方, 世の中であろう, 二階へ, 住居までが, 余猶, 先々処関はず店を, 先が, 先で, 先である, 先も, 八蔵, 処を, 場所に, 場所を, 夕暮で, 季節, 定連客, 家とては, 宿は, 当も, 思ひを, 所か, 所は, 所まで, 所も, 時には, 時耳の, 様に, 気持を, 筈がねえ, 筋道は, 處は, 語調である, 身と, 迄もなく, 運命は, 部屋が, 隙も

▼ 落着した~ (49, 1.8%)

4 のであった 2 がここ, そうだ, と知る, のは, ような, わけです

1 [33件] かと見えました, から明日, がその, が今度, が式部, が詰らぬ, という事実, といえましょう, と報ずる, と言った, どころか始まった, にすぎない, のだ, ので, のである, のです, のでない, ので丁, ばかりだ, ものだった, ものと, やうな, ように, 事件につき, 後で, 心祝いの, 数日の, 時分よ, 様であった, 様に, 訳です, 頃八五郎に, 頃千恵の

▼ 落着~ (48, 1.7%)

3 告げた 2 取り返して, 待ち兼ねて, 得て, 見せながら

1 [37件] うしなって, そなえて, つけるため, つけるの, つけわたし, もって, 信じない人物, 出来るだけ, 取戻して, 可能に, 告げたるが, 告げました, 失い或いは, 失った, 失ったの, 失って, 失ってた, 失つてゐなかつた, 失つてゐる, 失つて狼狽も, 失ふこと, 待つのみ, 待つばかり, 急がねば, 示して, 與へる, 見せて, 見せはじめた, 見たり, 見とどけずに, 見ともあれ, 見ないで, 見ること疑い, 見る事, 見俊基朝臣, 見届けなければ, 覚へ

▼ 落着~ (45, 1.6%)

5 てから八五郎 4 てからガラツ八, てから平次 2 てお

1 [30件] それぞれの, てからこの, てからまもなく, てからガラッ, てさしも, てしまった, てしまへ, てほとぼり, てもそれぎり, てゐる, て世間, て了, て五月二十三日, て八丁堀, て四五日, て大分經つて, て女中, て女隱居, て居る, て帰った, て恩詔, て棚田夫人光子, て植田欣子, て無事, 五十円ほどの, 市民も, 手を, 新居を, 私は, 老人は

▼ 落着~ (44, 1.6%)

43 後平次は 2 ある馴, ないもの, ない顔, 中に, 後八五郎は

1 [27件] あるやう, ある人体, ある女, ある流石, かたちで, ないクラス, ない不, ない人, ない子, ない心持, ない流るる, ない青柳, 上で, 上に, 仕方である, 形に, 後ある, 後ガラツ八の, 後八五郎に, 後八五郎の, 後八五郎のせ, 後平次の, 後繪解き, 無い, 無い不恰好, 無い不格好, 蛇尾振

▼ 落着~ (28, 1.0%)

3 なかった, なかつた 2 ある, して, 彼の

1 [16件] あった, あつた, つきにくい, つくだろう, ない不快, ない気もち, なくな, なく俗悪, なく殆, なんとなく気, 付かない, 悪いよう, 悪か, 悪くとも, 無かつ, 生じた

▼ 落着する~ (22, 0.8%)

2 かを知らず

1 [20件] かを待ち設け, ためには, ところであります, と同時に, と私達, に相違, はずだった, まではめったに, までは下手, までは何分, までは君, までは毎晩旧宅, までは相原家, までは誰, までは陽, ものと, やうに, んです, 万一この, 前に

▼ 落着かせ~ (16, 0.6%)

1 [16件] ちょっと微笑み, て, ていました, てからあなた, てから壮太郎, てから話さぬ, てくれた, てさて, てしまふ, てはくれない, てやる, て眠らせるであろう, て置い, て置く, やうと, 話題を

▼ 落着いてる~ (14, 0.5%)

2 ぢや

1 [12件] かと訊ねた, ことが, じゃない, だけにそれ, ところを, と思った, やうな, んです, 仁木三十郎が, 気持を, 空間だった, 自分の

▼ 落着くべき~ (14, 0.5%)

3 ところに

1 [11件] か未だ, ところという, ところは, ところへ, に落着き, 故郷も, 筋道が, 筋道としては, 絵図面は, 處に, 道という

▼ 落着こう~ (12, 0.4%)

2 という考え, とした 1 という, とし, としかけ, としたら, としてひときわ, としてふと, とします, とする

▼ 落着払っ~ (11, 0.4%)

2 ていた 1 て, てい, ていや, ている, てこう, て云った, て微笑, て答えた, て花車

▼ 落着いたら~ (10, 0.4%)

2 遊びに 1 お粥, その上, それは, そんなこと, ゆっくりお, 便りを, 居所を, 縁談の

▼ 落着くま~ (8, 0.3%)

1 でその間, でそば, では今日, では彼女, で少し, で待とう, で考えろ, で静か

▼ 落着きこん~ (7, 0.3%)

3 でいた 1 ではいられない, で云う, で茶, で鏡

▼ 落着~ (7, 0.3%)

1 して, とどまらず朝鮮, 及んだよう, 浸り得たもの, 落す落ち, 落着ない, 落着払ッて

▼ 落着~ (7, 0.3%)

2 少しも 1 どうなりました, 今日でも, 存外単純, 死ぬまで, 遠くも

▼ 落着いたらしい~ (6, 0.2%)

1 お楽, お樂, が神尾, その姿, んだ, 延子の

▼ 落着いち~ (6, 0.2%)

4 やいけません 1 やつたわ, やゐられません

▼ 落着かせる~ (6, 0.2%)

3 ために 1 ことを, つもりで, というその

▼ 落着かね~ (6, 0.2%)

1 えから, えで, えよう, えんだ読むと, てゐる, ばいざ

▼ 落着いたらしく~ (4, 0.1%)

1 声を, 弦の, 思い思いに, 村重以下がやがや

▼ 落着かう~ (4, 0.1%)

1 かと思ひ, といふ当, とする, とすれ

▼ 落着かせた~ (4, 0.1%)

1 のであった, のである, のは, ものか

▼ 落着かせよう~ (4, 0.1%)

1 かと思い惑っ, とされる, とでもする, と思うた

▼ 落着くだろう~ (4, 0.1%)

2 と思った 1 と予想, と思い

▼ 落着~ (4, 0.1%)

1 何所やら, 優しく女性, 在宿し, 居廻りを

▼ 落着~ (4, 0.1%)

1 ホッと, 思うの, 相成っては, 訣別し

▼ 落着~ (4, 0.1%)

1 が判れ, きを, は籬, を圭子

▼ 落着済まし~ (4, 0.1%)

21 て夢, て聊か

▼ 落着いたなら~ (3, 0.1%)

1 ば案外, 真先に, 言ふ

▼ 落着かな~ (3, 0.1%)

2 そうに 1 げにそっぽ

▼ 落着かれる~ (3, 0.1%)

1 おつもりか, までは, ようです

▼ 落着くに~ (3, 0.1%)

1 しても, 委ねられる時, 連れて

▼ 落着くらしい~ (3, 0.1%)

2 のである 1 形勢だった

▼ 落着したら~ (3, 0.1%)

1 すこし息, そのとき, ゆっくり祝宴

▼ 落着~ (3, 0.1%)

1 に引替え, 曲者が, 様子でした

▼ 落着~ (3, 0.1%)

1 お蝶殺し, も陸続, 或は田畑

▼ 落着払つて~ (3, 0.1%)

1 かう言, やつて, ゐて

▼ 落着次第~ (3, 0.1%)

2 緩くり 1 当然焼き捨て

▼ 落着かれた~ (2, 0.1%)

1 かの, ときの

▼ 落着くん~ (2, 0.1%)

1 だ, だろう

▼ 落着~ (2, 0.1%)

1 で悠々, で或

▼ 落着すべき~ (2, 0.1%)

1 を悟つ, 関数関係乃至

▼ 落着すれ~ (2, 0.1%)

1 ばいい, ば所謂吏道

▼ 落着~ (2, 0.1%)

1 ようで, 樣で

▼ 落着ぶり~ (2, 0.1%)

1 である, をながめ

▼ 落着~ (2, 0.1%)

1 出て, 出來

▼ 落着冷静剛愎~ (2, 0.1%)

2 の凡て

▼ 落着後平次~ (2, 0.1%)

2 は八五郎

▼ 落着払ッ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て出来た

▼1* [93件]

落着いたさずつらき事, 落着いたしましてしばらく, 落着いたって偉い, 落着いたなら言うがいい, 落着いたやうだつた, 落着いたら聴かして貰おう, 落着いた嗄れ声に, 落着いた歩き方で, 落着いた沈んだ心の, 落着いちゃいられませんよまた, 落着かいでとかく, 落着かしやつたか, 落着かすので, 落着かせないのである, 落着かせなくしてくれ, 落着かせぬ原因は, 落着かせまして折角, 落着かせ元気づけるために, 落着かせ導いてゆく, 落着かせ成るべきように, 落着かせ知らぬ間に, 落着かつせえ気, 落着かなさ内容の, 落着かれさっそくお, 落着かれずまたひょいと, 落着かれたであろうな, 落着かれたら白状し, 落着かれぬままに, 落着かんが次, 落着きたるものの落着, 落着くし市村もじつくり, 落着くだらうと思, 落着くでもなく, 落着くとおまはん, 落着くに相違ござりませぬ, 落着くに違いないと, 落着くに随ってさすが, 落着くに隨つて有繋, 落着くべしと云, 落着けっ丈八, 落着させましたが二萬兩, 落着したらうむをいわさず, 落着しないうちから, 落着しますれば私, 落着しようとし, 落着せしむる事あり, 落着せしめるならしいて天理, 落着せず大正五年籾山書店, 落着せるが未曾有, 落着そのものを頭, 落着そうです, 落着やない, 落着つかぬ見るからにずる, 落着てもまだ苦し, 落着ですな, 落着として今さらせんぎの, 落着とは十分に, 落着ないサラリーマンばかり, 落着なくギョロ, 落着なされたものを, 落着はらった動作は, 落着はらつた体を, 落着まで閉門謹慎を, 落着までに長い時間, 落着まではどうしてもお, 落着ものですから, 落着らしいのです, 落着イテ考エテミルナラ別ニ奇抜ナコトデモ何デモナイコトガワカル, 落着仕り居るなり, 落着以来かれこれ二十日近く, 落着とせ, 落着出來ずしては天性, 落着又は上昇, 落着場所も探し, 落着家さんだし, 落着宿の主人, 落着延引して, 落着後ことごとに右門, 落着後八五郎の問, 落着後故郷の九州, 落着後清廷が目覚め, 落着附御家従へ, 落着払った姿, 落着払つた其顔が着, 落着払つて微笑しながら, 落着払つて日常の会話, 落着拂つた其顏が着, 落着拂つた樣子が不思議, 落着拂つた聲で斯, 落着拂つてその下, 落着拂ツて平筆, 落着であった, 落着に話