青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

親しく~ ~親しみ 親しみ~ ~親分 親分~ ~親切 親切~ 親友~ 親子~ 親戚~
親方~
親父~ 親爺~ ~親類 親類~ ~観 観~ ~観察 観察~ ~観念 観念~

「親方~」 2462, 27ppm, 4378位

▼ 親方~ (545, 22.1%)

27 お角 13 お角さん 9 ところへ, 顔を 7 ところに 6 所へ 5 家の, 家へ 4 アーティストは, 死骸を

3 [11件] あとについて, おかみさん, ために, ような, 恩を, 息子だ, 情に, 手に, 方に, 方の, 用事で

2 [31件] あとに, おかげです, ことだ, ことを, ほうに, ように, 一座, 一言に, 不在に, 代りに, 処へ, 前だ, 可愛がると, 大五郎, 女は, 家が, 家に, 家まで, 家を, 方へ, 甚内は, 竹松は, 耳へ, 腹が, 腹の中が, 言ふ, 言葉に, 身辺について, 運平の, 部屋を, 頭の

1 [361件] あとから, いいつけ, いう通り, いう霊岸河岸, いなくなったについて, いる時分, うちに, おかげでござんす, おかみと, おぼえが, お下りゴム長靴, お住いが, お助け, お古なら, お古を, お名前, お帰り, お弟子たち, お心持, お打ちなさいます, お気に入りの, お眼玉, お神さん, お聞きなさる, お蔭それに, お蔭で, お言葉, げんこつが, ことばに, ことばを, こと大いに, ご機嫌, すがた, その冗談, その言葉, ためと, ためなら, ためにも, とこへ, とこへも, ところで, ところの, のど首を, はげ頭を, はじだ, は親方, ふくするどい, へやに, ほうから, ほうを, ほかに, ほかには, まはり, もっともらしい, ものに, やりかた, やり口が, やるもん, ようでした, りっぱな, わきに, わしより, アタマの, アーティストが, アーティストらしい, インキつぼ, ウィンジャマーが, カタキという, カタキを, チョッキの, 一室は, 一座の, 一行に, 三七郎が, 三七郎には, 三七郎は, 三年目の, 上着の, 下に, 世事に, 世話に, 世話にな, 両腕, 久米一にも, 乱暴, 二の舞だ, 二重の, 二階に, 云い付け, 云ったこと, 五人は, 五郎造が, 五郎造らしく思われた, 人格が, 人生観を, 仁吉らしかった, 仕事に, 仕打ちが, 仙八を, 伴奏で, 住んでる所, 住所が, 体に, 使いで, 使う口上, 傍に, 傍について, 先代に, 写真を, 処え, 制度は, 制度厳重な, 剃刀が, 前に, 勝手な, 南左衞門が, 南左衞門は, 卜斎について, 卜斎までが, 厄介に, 友田が, 反対する, 取柄で, 口から, 口に, 口上を, 右手に, 名を, 吩咐に, 呼ぶ声, 命に従い, 命令に, 命令を, 喜八で, 喜八は, 喜六という, 噂を, 壁辰さんに, 声が, 声だった, 声で, 声は, 声を, 大一座, 大勘, 天童太郎の, 女が, 女房の, 好きな, 好意で, 好意を, 妹の, 姪です, 姿が, 姿を, 娘で, 娘の, 娘二人お, 子で, 字と, 守りなんか, 安でき, 室に, 家から, 家じゃ, 家だ, 家でも, 家とて, 家は, 家へは, 対う, 対を, 小さな役者, 小左衞門, 屋敷の, 帰つた迹では, 年増は, 幽靈, 庄五郎の, 庄蔵から, 店に, 引き立てで, 後見を, 御世話, 御心持, 御感想, 御料簡, 御機嫌, 御眼玉, 御蔭それに, 怒りを, 怒り声も, 惡事などは, 意気地なし, 意見も, 態度に, 憤怒が, 所も, 手から, 手について, 手を, 手前も, 手前世間の, 手紙を, 手鉤を, 承諾を, 指さすほう, 指図だ, 指図で, 指図どおり適当な, 指揮の, 指揮のと, 挨拶が, 授けて, 掟が, 支那人に, 教えて, 教訓の, 方じゃ, 方で, 方でも, 方にも, 方は, 方への, 方を, 暖簾を, 月齋と, 木乃伊親爺は, 本当の, 本業と, 本當, 束縛も, 来ました時, 桐兵衛である, 桐兵衛の, 桐兵衛を, 梅軒に, 植甚へ, 横面を, 機嫌を, 權之助の, 歌は, 死んで, 死骸に, 気の, 気前の, 気持で, 氣持が, 氣持は, 永田杢次とよ, 永田杢次の, 永田杢次を, 浜尾市造が, 浜尾組で, 深井某に, 清吉が, 源太夫を, 為に, 烱眼, 特別借切り, 犠牲に, 猪右衛門である, 玉川權之助が, 珍らしく, 瓦長瓦師長五郎と, 甚八が, 甚内の, 甚内様と, 生きて, 生御霊, 瘤みたいな, 目は, 目的は, 真面目くさ, 眼を, 知らない顔, 碌三が, 禿頭で, 禿頭の, 私の, 秘密を, 竹松が, 竹松に, 竹松の, 竹松夫婦は, 米櫃も, 糞たれ, 紋だ, 細君ヨネが, 総元締, 老人は, 耳にでも, 肚なんでも, 肩に, 肩入れで, 腰に, 膝へ, 花夜叉が, 荷物は, 萬兵衞の, 虫の, 行ったあと, 行方が, 裏書を, 見せたお手本, 親切の, 解雇した, 言いつけに従って, 言うこと, 言うには, 言ひ, 言ふこ, 言伝を, 言葉を, 評判と, 評判は, 調馬師に, 譲渡証など, 資格が, 足もとに, 身にも, 身の代取り, 身体を, 軽口で, 軽口よりは, 軽口を, 迎ひ, 連衆の, 運平が, 運平らの, 遠のく跫音, 遠縁で, 遺言に, 部屋で, 部屋の, 酒の, 酔いに, 重い足音, 金づちが, 金づちがこつんと向こうず, 釘勘が, 銅鑼屋の, 鍛った, 隅田川に, 面に, 面倒を, 靴が, 靴を, 頭に, 顔に, 顔にまでも, 顔ば, 顔も, 顔踏みつけたる, 顔蹈みつけたる, 養子, 養子分と, 首に, 首尾は, 鼻かけ, 鼻を

▼ 親方~ (409, 16.6%)

5 わたしの, わたしを, 言った 3 それを, わたしに, 例の, 言って

2 [14件] こしを, たずねた, どこに, わたしが, ジョリクールを, 一層落ちつい, 一言も, 両手で, 云つた, 案内を, 答えた, 若旦那の, 茶袋よりも, 親切な

1 [354件] あの小僧, あの通り江戸一番, あるときわたし, あれで, あんなに冷たく, あんな狂言, いいながら, いずれ今頃ウロ, いつのっそり, いつもから, いつもこの, いつもより, いつも彼, いつも馬車, いつ帰る, いないよ, いねえかね, いねえの, いひました, いふの, いまやりかかっ, いるか, いろいろな, うっかりした, ええ人, おいでか, おいででございます, おかみさんに, おだやかに, おまえを, おまけに, お宅, お留守, かくしから, かけ物, かぜを, かっさいを, かれを, がんじ, きのどく, ぎごちなく笑った, ぐずなんだい, こういっ, こう言う, こう言っ, こう言った, ここぞと, ここに, こごえて, こちらから, ことごとくいい, ことによる, このうち, このつぎ, この一つ向う, この煙草入, この頃, これが, これこれだ, これだけの, これまで, これまでも, こんなふう, こんなアク, さう, さっきの, さっそくその, さほど偉大, さもさ, しばらくし, しわの, すぐ前, すぐ死にました, すぐ西山, ずんぐりした, そういう, そういうふう, そういっ, そうなろう, そうは, そう思っ, そう言い, そこで旅, そこの, そこらの, そこらを, そのとき, その罰, そばへ, そりゃ粋, そんなに悪い, たいへんに, たかが犬, たくさんの, たしか六十, ただのろのろ, だまって, ちょうど乳, ちょっとそこ, ついさき, ついと右, ついに業, つまりわたし, とうとうマルコ, とりあつ, どうしただろう, どうしてここ, どうどうと, どうにか, どこへ, どんなあんばい, どんなだった, どんなによろこんだでしょう, なかなか容易, なだめて, なんでも, なんともない, なんと言うだろう, なんと言うであろう, ぬけ作, ばかに, ひじょうにていねい, ひとりさきに, ひと言も, ぷっつり手短, ぷりぷりかんしゃく, ぼうしを, ぼくを, また, またじろじろ, またぴしやんとバルカ, また剃刀, また吉治, また皆, まだ寢, まだ生き, まもなくあまく, まるでかまいつけなかった, みな腕の, みんなの, もう六十, もう浴衣, もちろん理髪アーティスト, もったいらしく首, もとは, やがてその, やはりみいり, やはりもっとやれ, ゆかいな喜劇, よく姉さん所, よすぎる, よろよろとして, わたしだ, わたしと, わたしに対する, わたしのう, オレが, ガリ, グウの, シャツの, ジロリと, デイジョンで, ドコドコまでも, ヒダ随一の, ピシリピシリと, プログラムを, ポンポンと, マルコに, マルコの, モウロクし, 一つには, 一人か, 一度も, 一日中指揮者とな, 一足は, 三平を, 不承, 両手を, 久しぶりで, 乱暴な, 事務所の, 二人の, 二日分の, 二階に, 五六年前山陰で, 人夫どもに, 人手に, 人間じゃ, 今なにを, 仕事場へ, 伊太夫大尽の, 伏見の, 低い声, 何かと心配, 何だそうですねお上さん, 何とか言った, 何を, 何ん, 何んか, 何んだ, 何方へ, 何日の, 何處に, 余の, 俺らには, 偉いんだい, 元気の, 元氣, 内か, 冷淡に, 出かけて, 出ずとも, 函館の, 別にあら, 別に説明, 剃刀を, 前から, 力なく, 勘次が, 千フランと, 只一人呼び出された, 叱言, 各自分, 同じ黒人, 吻っと, 吾輩が, 呼び子を, 啖呵を, 国へ, 垢の, 声を, 夜までには, 大お目玉頂戴, 大分いける, 太い眉, 太い鉄棒, 夫人が, 女中が, 始めること, 威勢が, 子分を, 客の, 宿へ, 寝て, 小屋に, 少し頓狂, 尚一層, 居なさるかい, 居らんなあ, 居るだろうな, 巡査に, 工場手工業的中産階級の, 平次の, 幾らかの, 彼の, 得意に, 心安そう, 心配し, 怒って, 思いちがいを, 思い切って, 情ないほか, 情無い, 感心した, 感心な, 慰めるよう, 戸口の, 手広く商売, 指します, 指で, 指輪が, 指輪を, 掛行燈に, 旅に, 日本は, 旦那から, 早く一微塵, 昔からの, 昨夜夜明かしで, 時折それを, 晩酌の, 暢氣に, 曳き子, 来ないで, 棚の, 模倣の, 正確に, 歩いた, 死んだの, 殺して, 永田組が, 江戸で, 江戸の, 泣いて, 渋団扇で, 炉端の, 無雑作, 煙管を, 煙草を, 片手に, 犬の, 王さまに, 用心深い経験, 留守でした, 盥の, 目を, 直ぐおどけた, 直ぐ横槍, 知つて居るだらう, 石の, 私が, 私の, 窓の, 立ち止まったとき, 笑いながら, 笑ひだしました, 続けて, 総立ちの, 腰を, 舞台姿の, 芝居の, 若いとき, 蜜柑を, 裸石鹸を, 西山を, 見た, 親で, 親切に, 言いながら, 言つて居ました, 質問した, 身の, 身代りに, 身内の, 近江金十郎といふ, 近頃す, 返事を, 道庵先生を, 遠くへは, 遮り止めて, 酒が, 野卑な, 限りなき, 非常に, 面喰らったらしかった, 面目ない, 頭と, 頷いた, 頻りに無駄口, 額の, 顔が, 髷は, 鹿毛の, 鼻かけ

▼ 親方~ (352, 14.3%)

14 言った 5 帰って 4 刑務所から 3 たずねた

2 [18件] いて, お前に, さけんだ, もうナフキン, わたしを, 住んで, 先に, 和し過ぎるので, 家へ, 店へ, 手を, 犬の, 立つて, 義理人情を, 聞いて, 落ち着いて, 贔屓に, 金を

1 [290件] ああじゃ, ああ張り切る, あった, あつしの, あまりはげしく, あやめられたとき, あるもん, ある場合, あれほど, あんな風, いいましたぜ, いうと, いうの, いかに六三郎, いくらか晩飯, いずれもどっ, いた, いたの, いっしょに, いった, いったの, いつか言った, いつも, いつも話, いなくなってから, いなくなれば, いふに, いよいよ強気, おいでだ, おすすめし, おまえと, おめ, おめでたく成った, お出ましに, お手先, お泊め申し, お聞きなすったら, お見え, お越しなすった, かの女, かれを, きれいな, くり返した, くれた十分の時間以上, ぐうたらじゃけ, こうの, こうも, こう言っ, ここへ, こちらの, これの, これは, ご臨席, さう云, さかり場で, さすがに, さすって, さらばさらばを, さるの, しかたが, しきりになだめ, しじゅうわたし, しまって, しゃんとしとりゃ, すぐ行っ, そいつを, そういうもん, そう申しました, そう言う, そう言っ, そこに, そこまで, そのとき部屋, その仕打ち, その朝, それを, そんなこと, そんなに怖い, そ言ってた, ただの, たつて, ちょいちょい寄る, つぎには, つまらんこと, てれんてん, でて, とうていこれ, とって, どうしてこんな, どこかへ, どこにも, どっかの, どなりつけます, なにか探し, なんで他人, のっそりと, のっそり汝, はいって, ばくちの喧嘩で, ひどくわたし, ふえを, ふたりの, まえよりは, またわたし, また口, まだ腹, まったく死んだ, みんなの, むっつりとして, もうがらがら, もう止せ, やかましいから, やってきた時, やって来た, やって来ました, やつて, よほど機嫌, らんの, わたしに, わたしの, ゐたり, ゐなくな, オゾケを, シルクハットの, ステキも, ナイフを, ランプの, 一人で, 一向その, 一所に, 三割ぐらい, 三平を, 世話を, 中へ, 二人来, 云いました, 云う, 云うん, 云ひました, 人間なら, 仰っしゃるんで, 仲へ, 似て, 佐兵衛ほかに, 何とかいった, 何と云, 何んか, 余興に, 來ない, 例の, 供給を, 俺らを, 六文錢を, 其手下に, 内を, 出て, 出向いて, 刑務所に, 前の, 前金で, 割って, 勘次へ, 勝手に, 厭な, 取っちまって, 取ろうと, 口上を, 同一数の, 呑ンだくれ, 呼んでるよ, 命令した, 命拾いを, 命賭で, 囲われたな, 大分居る, 大層あんた, 大当て, 大部分其処, 大難に, 好きに, 威勢の, 定めしお腹, 宝箱を, 封じ手に, 居ないの, 居らんですみますかって, 居るの, 左手を, 左次郎だけは, 帰ったら己, 帰らんもん, 帰りました時, 帰宅する, 常にこう言いきかせ, 引き出された, 弟子の, 弟子や, 彼の, 後向きの, 後悔し, 御出張, 怒ると, 怖いもの, 急に, 恐れ入って, 悪えんだ, 意見し, 所々に, 手に, 手放すだろうか, 承知の, 投げて, 捉まっ, 放埒な, 教えて, 日向の, 旦那遊びを, 早くお, 時々僕, 時々自分, 晒しに, 晩酌に, 書いた紙, 有るの, 本郷へ, 来たと, 来たの, 来て, 来んが, 次の, 此の, 死ぬ時, 死んじゃ, 死んだって, 死んだと, 残りの, 殺されたつて, 殺された晩, 水に, 泣き出しそう, 注意した, 浜へ, 浪花節だ, 火元に, 焦ったがるの, 熱海から, 留守じゃあ, 百姓の, 盜つた, 監獄には, 目を, 直ぐあご, 相川町で, 眼を, 稼ぎを, 窮屈そうに, 立ち上った, 立女形で, 第二, 答えた, 細い目, 胸先を, 自分の, 自分を, 舞台がかりで, 舞台に, 船長に, 見えましたよ, 見つけ出し本人, 言い残して, 言うには, 言うの, 証明した, 詫びを, 話を, 課業を, 談判の, 請合ったの, 谷中に, 貴方に, 返事を, 迷つて出る, 這入って, 通りかかって, 酒飲みで, 醉つ, 鋼鉄の, 頼まれなくとも, 顔を, 黙って

▼ 親方~ (166, 6.7%)

4 聞いて 3 向かって, 頼んで 2 そう云っ, なって, 別れて, 大喝され, 殴られて, 頭を

1 [144件] あひたいん, いいところ, うまく持ちかけられ, おおかみ, おぼえの, お委せいたします, お目, お目にかかりたいが, お眼, お礼を, かわって, ご挨拶, さし出す獲物, しかられるだろう, したっても, したところが, して, しろ源公, すえたまま, すぐあたし, すり寄ったと, するん, せがんだ, そういっ, その, そのわけ, そんな余分, たずねること, たのんだところが, たのんで, たよって, ちっと話, ついて行こうと, つながって, とびかかるの, どなりつけられながら, なすりつけて, なりました, なりますそう, なりまする, なれなかったばかりか, なろうと, ひつぱたかれながら扱き使はれ, ひどい迷惑, ぶっつかって, へたくそな, ほめられたこと, まわして, めつかつ, よく話し, よろしう, コン棒といふ, ジョリクールの, 一つお辞儀を, 云い付けられたん, 会うこと, 会ったが, 伴われて, 何か, 使われに, 初会惚れです, 助けられたん, 十兵衛の, 十兵衞の, 取っ捉, 口添えを, 叱られそう, 叱られやす黙って, 叱られるん, 向かった, 向っちゃ, 吩咐かって, 告口し, 呑込めるだろう, 姑息な, 宛てたもの, 寝ずに, 小声で, 就て, 岡惚てる, 引きつけられるよう, 引き廻されて, 引き渡された, 引渡して, 当たるとしても, 後足で, 怒らせようと, 怒られるから, 怒られると, 怒られるの, 愛想が, 打たれましたが, 打ちまけて, 打って, 持つん, 持つ尊敬, 挨拶した, 挨拶なし, 提供しない, 撲られるの, 断わるの, 死なれては, 済まないよねえ, 済まぬから, 渡した, 無断で, 発して, 目を, 着せた, 磨がせて, 絡んで, 縋りたれど, 義理だてを, 聞えるよう, 聞く勇気, 聞こえよが, 育てられて, 見込まれたん, 言い出すの, 言って, 言われたとおり, 詰め寄りました, 話して, 話しましたら大層, 謀つてゐた, 譴られました, 負けないくらいの, 賛成し, 逢ったの, 逢って, 連れられ時に, 違いない, 違いねえ, 重, 重々恩を, 金出, 限ったもの, 難儀を, 頭の, 頼まなかったん, 頼まれたが, 頼まれて, 頼んだ, 食べさせたあの

▼ 親方~ (93, 3.8%)

6 おかみさん 3 わたしも 2 十五六の

1 [82件] ありまた, あんまりです, いじらしくって, お内儀さん, お前には, お前を, お神さん, こ, この四, この工場, これまで, さびしく仰ぎけり, さも何, しまいには, すっかりテラ, そんなこと, ただ, だまって, ちゃんと三方ヶ原, ついて, とても敵, なかなか死際, なかなか画, なし駕籠宿, にんがり笑, むかっ腹を, やはりくたびれ, よろこんで, わたくしの, わたしを, 一寸どう手, 一度ならず, 一度帰っ, 一緒にな, 万年町の, 両手を, 二の句が, 人柄で, 人足たちも, 今日は, 何も, 兄弟子たちも, 勘弁する, 同罪だ, 商売の, 困って, 変り者だ, 大へん, 姉さんたちも, 姿を, 定めて, 帰って, 帳場支度で, 当分は, 彼の, 心配し, 承知し, 指輪も, 昼休みに, 暗然と, 本人が, 来なさる, 来りゃ挽子, 様子を, 江戸っ子なら, 源公も, 粋じゃ, 義理一遍の, 自分が, 自分の, 舌頭を, 良い顏, 花嵐も, 薄うす, 行方不明な, 親切に, 言いましたっけ, 貴方に, 遣り手, 頭を, 駭い, 驚かされた

▼ 親方~ (77, 3.1%)

2 いっしょに, 一所に, 一緒に

1 [71件] いう, いうだけ, いえども, いっし, いっしょで, いはざりき, いふもの, いわざりき, いわれて, おかみさんが, おかみさんの, おっしゃるの, お前と, かけ合いに, かみさんとが, さや当てするた, その子供ら, とまって, なり小, なると, ひそひそ話を, みえるへん, よばれて, よんで, わかりゃ往来中, わたしが, わたしは, ミリガン夫人との, 一本あけた, 云ふ, 云われた, 他の, 仲間の, 十兵衛では, 十兵衛とは, 十兵衞で, 十兵衞とは, 同体と, 向かひあつ, 呑んで, 呼ばれて, 呼ばれてる一人, 呼ぶこと, 呼んだところが, 四人で, 多くの, 女衒と, 娘と, 弟子との, 往復は, 忰と, 思うとる者, 思うので, 怪しいという, 怪しい関係, 枕を, 流浪し, 為すもの, 爲す, 百姓一揆の, 知合いという, 私と, 私との, 私ばかり, 笛の, 膝つきあわし, 話を, 警官は, 道連れの, 附き合, 駒井能登守とは

▼ 親方~ (60, 2.4%)

2 して, やって, 呼んで, 対岸に, 殺した下手人, 見て

1 [48件] ありがたい忝ないと, たべて, つかまえて, ながめるの, なだめて, もって, ダシに, バッサリ殺った, 一ッ走りに, 中心に, 出せ, 取り当てたの, 取り替えた, 名古屋に, 失ったため, 引きずるよう, 引き取って, 引つ張つて來, 後ろから, 御存じで, 忘れること, 怒らせた頃, 怨んで, 抱きこんだん, 振り出しに, 有難い忝ないと, 案内に, 此方へ, 殺したん, 殺して, 殺しやがったん, 知って, 知らねえか, 知らねえと, 知らねえよう, 祝き廻る, 笑わせるよう, 縛つて行つたのは, 背に, 見ると, 見殺しに, 訪ね, 訪ねて, 訪れて, 誘うて, 迎えに, 退けた後釜, 頼って

▼ 親方~ (56, 2.3%)

10 の御 4 のところ

2 [11件] お吉様, があれ, がまさかに, が彼, でしたか, の一人, の大気, の対岸, の手前, は定めし, は怒らする

1 [20件] ああありがとうござり, あゝ有り難う, ええありがとうござりまする, が望まる, が望まるる, が木曾路, たとえ十兵衛気, で, とただ, ともろとも, と唯, と諸共, のありがたい, の云, の云われた, の有難い, はお, は御, 仮令十兵衞気, 聞いて

▼ 親方さん~ (38, 1.5%)

2 でございますか, は

1 [34件] あのムク, お休み, お酒, か, から貰っ, から貰った, か知らねえ, がお呼び, がくれた, が手前, が担がれ, が親切, じゃない, だってもそう, では身支度, とお話し, どうしましょう, にお金, にお願い, に伺ったら, のお, のお伴, のよう, の前, の守り, はふた, は何処, は親切, まだ病人, もうその, も誰, や娘たち, 危ない, 危ないどう

▼ 親方から~ (30, 1.2%)

2 療治手当も

1 [28件] いいつけられた通り, おほめ, して, ながかった, やかましく言つて, わたしは, カス喰う, 他に, 借りる, 借出されて, 八釜しく, 出店を, 受け取って, 固く頼まれ, 大目玉を, 家の, 尋ねられて, 工面し, 御褒め, 恵んで, 毎日露骨に, 独立した, 石の, 聴いたとおり, 許されて, 車を, 金が, 頼まれまして

▼ 親方~ (26, 1.1%)

4 角は 3 角さんは, 角の

1 [16件] めえ, めえさんだ, もんが, 帰んなさい今, 暇いたしましょう, 留守を, 神さん, 聞きなさる通り, 蝶を, 角さんが, 角さんな, 角さんに, 角さんを, 角だけが, 角でした, 豊は

▼ 親方という~ (19, 0.8%)

6 のが, のは 1 のを, ものに, ものは, 人は, 奴も, 恐ろしい気象, 風貌だ

▼ 親方~ (18, 0.7%)

2 姉御の

1 [16件] お神さん, またその, 仮声使い, 仲間の, 兄弟子たちが, 兄弟子たちの, 兄弟子に, 友だちに, 大久保さまの, 抱主に, 朋輩の, 機関室の, 犬たちの, 藤本さんの, 請負師連は, 重三郎が

▼ 親方には~ (14, 0.6%)

2 眼玉を, 義理も 1 かなわねえや, わたしが, 三万円の, 何名かの, 半文の, 嫌われるし, 実の, 時々お, 目星は, 頭が

▼ 親方~ (13, 0.5%)

521 えこりゃどうも, かが腫物, からここ, という触れ込み, とか顔役, とこう

▼ 親方にも~ (10, 0.4%)

1 いわれ兄弟子たち, その秘伝, 仲間にも, 充分買っ, 太夫さんにも, 当人にも, 懸って, 無断で, 私から, 覚えが

▼ 親方~ (10, 0.4%)

1 お手渡し, よろしく, 上げる妾, 主ある, 何時までも, 奉る, 宜しく言っ, 寄った, 見せずに, 頼んで

▼ 親方とは~ (9, 0.4%)

1 とうから御, とうてい調和, ふるえる手, 何を, 心安い間柄, 本當, 正式の, 長い間, 頭を

▼ 親方らしい~ (9, 0.4%)

2 のが 1 がそれでも, 四十ぐらいの, 年輩の, 男が, 男は, 者が, 隅の

▼ 親方~ (8, 0.3%)

1 さ, 其のお, 娘に, 暮したの, 泣き落すの, 率いる子供, 由さんソレ筏乗の, 通って

▼ 親方夫婦~ (6, 0.2%)

1 にくれ, のほか, の不憫, は二人, は悔, は長い

▼ 親方~ (5, 0.2%)

1 うまく逃げ, ご免です, どうです, 店じまいだ, 減らないだらうけど

▼ 親方お前~ (5, 0.2%)

2 の方 1 のところ, は感心, もやっぱり

▼ 親方その~ (5, 0.2%)

1 ついでに, 南部屋敷てえ, 壺には, 芹沢様と, 駕籠を

▼ 親方それ~ (5, 0.2%)

1 こそ親子心中, じゃあね俺ら, にし, に恨, に恨み

▼ 親方たち~ (5, 0.2%)

1 と武蔵温泉, に守られ, の御蔭, は供給, もここ一日二日

▼ 親方では~ (5, 0.2%)

1 あった, あったが, ない, ないし, なかった

▼ 親方どうも~ (5, 0.2%)

1 お久しぶり, 大きな声, 済まない, 済みませんでしたあの, 相済みません

▼ 親方~ (5, 0.2%)

1 なにを, のかい, のさ, もんか, んだ

▼ 親方~ (5, 0.2%)

2 だからね 1 だって自分, だよ, ところの

▼ 親方~ (5, 0.2%)

1 はあなた, はこの, はもう, を酔漢あしら, を酔漢あしらい

▼ 親方親方~ (5, 0.2%)

1 ありゃなん, こんな物, と呼んだ, と多く, は永田組

▼ 親方からの~ (4, 0.2%)

1 お届物, 前借りを, 挨拶かい, 紹介で

▼ 親方これ~ (4, 0.2%)

1 でいよいよ, はどう, は稻垣, へお

▼ 親方さま~ (4, 0.2%)

1 がかよう, がわたし, に申しあげ, の匕首

▼ 親方だけ~ (4, 0.2%)

2 でした 1 だ, では

▼ 親方だって~ (4, 0.2%)

1 ハッキリ知っ, 五円位貸し, 大事に, 猶太仲間

▼ 親方です~ (4, 0.2%)

1 か, か今日, ねえ, よ

▼ 親方でも~ (4, 0.2%)

1 ないのに, なければ, なんでも, よく知っ

▼ 親方とか~ (4, 0.2%)

1 兄い, 太夫とか, 親爺とかと, 買弁とか

▼ 親方として~ (4, 0.2%)

1 その名声, なかなか大, アカデミーが, 登場するでしょう

▼ 親方みたい~ (4, 0.2%)

1 なこと, ななり, な奴, な飛行機

▼ 親方思い~ (4, 0.2%)

1 だね, ですけ, のうち, のお

▼ 親方~ (4, 0.2%)

2 になりました 1 に成つて, の牙

▼ 親方甚八~ (4, 0.2%)

1 とに組, の長話, は, はあわて

▼ 親方~ (4, 0.2%)

1 じゃありません, に頼ん, の所, の顔見世

▼ 親方~ (4, 0.2%)

21 は会議室, も着つけない

▼ 親方あれ~ (3, 0.1%)

1 がもしか, ですか, は

▼ 親方お前さん~ (3, 0.1%)

1 はここ, はほんとう, は何

▼ 親方~ (3, 0.1%)

1 何かが, 何かで, 早いね

▼ 親方この~ (3, 0.1%)

1 あんばいじゃ, 刀を, 庭の

▼ 親方どう~ (3, 0.1%)

1 しますこいつ, しようという, ですお婆さん

▼ 親方なる~ (3, 0.1%)

3 ものは

▼ 親方なん~ (3, 0.1%)

1 だえ, でございます稻垣さま, のお前さん

▼ 親方一人~ (3, 0.1%)

1 でお, で引受け, で御

▼ 親方~ (3, 0.1%)

1 が障る, はお, はそんな

▼ 親方工業者~ (3, 0.1%)

1 に集る, 及び商人, 及び輸出商人

▼ 親方御免~ (3, 0.1%)

2 なせえ 1 なさいよ

▼ 親方~ (3, 0.1%)

1 の客, の職人, を吹かす

▼ 親方いい~ (2, 0.1%)

1 ことの, 酒だ

▼ 親方うまく~ (2, 0.1%)

1 いきました, 行きやしたか

▼ 親方かと~ (2, 0.1%)

1 思われる男, 訊いて

▼ 親方こんな~ (2, 0.1%)

1 ご時世に, 物を

▼ 親方~ (2, 0.1%)

1 へ去年, まだ起きた

▼ 親方さえ~ (2, 0.1%)

1 去年いろいろ, 顔を

▼ 親方じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないの

▼ 親方すみません~ (2, 0.1%)

1 が今度, とあやまつた

▼ 親方たる~ (2, 0.1%)

2 資質ある

▼ 親方だった~ (2, 0.1%)

1 んでさ, 人の

▼ 親方ちっと~ (2, 0.1%)

1 はりこうに, 粋な

▼ 親方って~ (2, 0.1%)

1 え奴, 奴はね

▼ 親方である~ (2, 0.1%)

1 から人生, が観相家

▼ 親方といふ~ (2, 0.1%)

1 のがね, のは

▼ 親方どうか~ (2, 0.1%)

1 しましたか, 私を

▼ 親方なら~ (2, 0.1%)

1 ばそれでも, 悪いよう

▼ 親方なんか~ (2, 0.1%)

1 あ, そんなに持ち上げる

▼ 親方なんぞは~ (2, 0.1%)

1 最う心得, 気が

▼ 親方について~ (2, 0.1%)

1 日本には, 造船部へ

▼ 親方に対して~ (2, 0.1%)

1 済ましちゃいられない, 顔が

▼ 親方ばかり~ (2, 0.1%)

1 でさ, では

▼ 親方まことに~ (2, 0.1%)

1 ありがとうはござりまする, 有り難うはござりまする

▼ 親方また~ (2, 0.1%)

1 海へでも, 裾野の

▼ 親方五郎造~ (2, 0.1%)

1 から注意, だった

▼ 親方~ (2, 0.1%)

1 九郎の, 治さんの

▼ 親方堪忍~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 親方大層~ (2, 0.1%)

1 精が, 遅く今夜

▼ 親方姉御私~ (2, 0.1%)

2 は悲しく

▼ 親方後生~ (2, 0.1%)

1 だから, です

▼ 親方恐し~ (2, 0.1%)

1 さの, さのみ

▼ 親方様二人~ (2, 0.1%)

1 でしょうとは, で為

▼ 親方様堪忍~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 親方殺し~ (2, 0.1%)

2 の下手人

▼ 親方猪右衛門~ (2, 0.1%)

1 であった, と相棒

▼ 親方~ (2, 0.1%)

1 に行く, へ魂

▼ 親方製造業者~ (2, 0.1%)

1 によって前払, に利潤

▼1* [271件]

親方あきれてもの, 親方あっしが急用, 親方あの神尾主膳様が, 親方ありゃなんでしょう, 親方あんまり威張ると, 親方いいますからかんべん, 親方いくらになる, 親方いけねえぜ当ってる, 親方いけますか, 親方おいでなさい, 親方おいらまだねむく, 親方おかげさまで全く, 親方おまえさんは戦争, 親方お上んなさい, 親方お前さんそれを知っ, 親方お客さまをつれ, 親方お客様ですよ, 親方からは絵の, 親方からも堅くいわれ, 親方かんにんしとくな, 親方がさえて物, 親方がのつそり汝為, 親方がわりになっ, 親方ぎょうさんつけたもの, 親方ぐらいにうまくひいた, 親方ぐらいの者であった, 親方ぐれえな者だ, 親方こうなって, 親方こういうところを, 親方ここが小太郎山, 親方こっちじゃあ, 親方さすがは稼業柄, 親方さんおさらばでござんす, 親方さんこれで御免, 親方さんわたしあの手紙, 親方さん一緒にい, 親方さん今そこで十八番, 親方さん元結はまだ, 親方さん力持のお, 親方さん火が, 親方ッかりなせ, 親方しっかりしなさい, 親方じゃったのに, 親方じゃねえ職人さ, 親方すらいって, 親方すらも怖ろ, 親方そう無茶, 親方そう手荒いこと, 親方そう泥坊をぶん殴っ, 親方それからまた一人, 親方それアたぶん美濃清, 親方そろそろ晩に, 親方たいへんだ, 親方たった一人知ってる, 親方た助けてッ, 親方だけが例の, 親方だけしか住んで, 親方だけはひどく有難, 親方だろうと思いました, 親方ちがってい, 親方ちとお手伝い申しましょう, 親方ちょっと起きて, 親方ちよいと當, 親方たって私, 親方っていう人は, 親方ついさっき何もかも, 親方であったろうという話, 親方でございましたよ, 親方でございますか実に, 親方でなくても万人これ, 親方といつてもい, 親方としてのお角さん, 親方とでもいい相, 親方との話が, 親方とも呼ばれたもの, 親方どうやらおひ, 親方どこに行っとった, 親方どのか, 親方どもは人夫達, 親方どんな気持ちで, 親方なども来て, 親方なにをなさいます, 親方なにかあったかね, 親方なんぞも申しますが, 親方にくッつい, 親方にさえ会って, 親方にとってどんなに間抜け, 親方にとっては金箱だし源公から, 親方にべなって, 親方にゃこの匂, 親方によっても財産の, 親方に対してよりも一層はげしく, 親方に対する御恩返し, 親方に従って一ヵ所に, 親方のでいいん, 親方のねエあの指輪, 親方のみでは, 親方はさもゆかい, 親方はへッつい, 親方ひとつこれを丹念, 親方ふしぎなこと, 親方ぶりだ, 親方ぷんぷんしちまってね, 親方へはまた手前何, 親方へまをやっ, 親方へまで届ける, 親方ほかの者, 親方ほどの経験を, 親方ほんとに今夜泊った, 親方まで出張って, 親方までが花見船に, 親方まる出しの, 親方まるで違いますから, 親方まア面目次第も, 親方みだぃ手ぶらぶら, 親方もかへりユウコフ, 親方もね実はお, 親方やっつけてしまいなせ, 親方やる仕事が, 親方よしてくれ, 親方よりありがたいもの, 親方の眼, 親方らしき若者と, 親方らしくぶすりと云った, 親方わしだが, 親方わしとこに県下, 親方わたしはいや, 親方をでも焚きつけて, 親方をも筆端に, 親方これから気, 親方アよう伝あにいとね, 親方ア親方あ, 親方ア金持だと, 親方ア馬はどう, 親方グスタウ・シュレッケルと学論, 親方グズグズしないで, 親方シュミットの家庭, 親方お粂, 親方ッ手をかす, 親方ドスを担い, 親方バルーという者, 親方ピストルをお, 親方プラスビイユ君の所, 親方マッキ・メッサーがやはり, 親方とこの, 親方一座の興, 親方一流の皮肉, 親方一行とこれから, 親方七番堂の欄間, 親方三次は, 親方世の中にゃこんな, 親方久し振りだね, 親方二ツの眼球, 親方二十三十の荒くれ男, 親方井坂さんは腕, 親方今度ばかりゃ, 親方今日はいよいよ, 親方今晩は, 親方以上には評価, 親方以上八人であった, 親方伊勢屋のお嬢さん, 親方ています, 親方になりゃ, 親方佐兵衛であった, 親方にも有りません, 親方何と言はれ, 親方何んでございます, 親方何卒そればかりは, 親方先生師匠に一生, 親方をあげましょう, 親方制度に対する時代的, 親方勿論喰べ, 親方卜斎つねに小言, 親方吉治がいねえ, 親方を紋三郎, 親方呼びに遣りし, 親方喚いても寂, 親方喜八といふ剽輕男, 親方だと, 親方塩ッぱいほうのお団子をもう, 親方變な, 親方大事に奉公, 親方大人気無い廃止, 親方大変です梅ちゃん, 親方姐さんだッ, 親方子方の感情, 親方密告不正入国者の生活, 親方富五郎お艶, 親方寝たほうが, 親方小火か何, 親方少し待って, 親方工業家の間, 親方はとっ, 親方海屋さんから, 親方府中でお目にかかった, 親方当人は相当, 親方が串戯, 親方徒弟農奴がある, 親方近所の, 親方御苦労だったね, 親方怒ってるわ, 親方怪我アしやすぜ, 親方いこたァ, 親方悪い了簡だろう, 親方手合のそうした, 親方手配はずいぶん, 親方持ちだもの, 親方振りやがっ, 親方耕堂久作が, 親方早く私に, 親方昨夜は何ん, 親方昨日お宅から一軒隔, 親方昨日植木を出た, 親方是非是れは, 親方時代からの縁故, 親方本当でございますね, 親方本懐を遂げ, 親方ています, 親方東京に在, 親方某通称家鴨小屋の主人某, 親方株月々の三十一日, 親方棒頭からも同じ, 親方検視をした, 親方様ゑゝありがたうござりまする何所に此様, 親方様聞て下され, 親方にお, 親方決してその御, 親方沢山だ何, 親方河原の小石, 親方河嘉の松五郎, 親方浜さんも大, 親方済まねえが, 親方済みませんが, 親方渾名を稲荷, 親方漢語を使いおる, 親方珍しいことです, 親方上げよう, 親方に住ん, 親方病気だと, 親方白状します, 親方目釘を外し, 親方直ぐに湯, 親方真面目に聞い, 親方知つて居るか, 親方私たちはいま, 親方聞して, 親方立聞きして, 親方等々の境地, 親方が出る, 親方紛失とは気の毒, 親方をすえ, 親方を崩し, 親方自身は黄色く, 親方若い者には, 親方かさずに, 親方行って下さい, 親方親方あれですか, 親方誠に有難う存じました, 親方も権太左衛門, 親方誰か表に客人, 親方起きておいでです, 親方車力の奴, 親方逢わしておくん, 親方連中であったが, 親方達者そうなの, 親方鉄砲でしょうそれ, 親方面倒だ, 親方面白くないらしいわ, 親方風情に翻弄, 親方飛んだ迷惑だ, 親方あたって