青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親友~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~親しい 親しい~ ~親しく 親しく~ ~親しみ 親しみ~ ~親分 親分~ ~親切 親切~
親友~
親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~ ~親類 親類~ ~観 観~ ~観察

「親友~」 1075, 12ppm, 9396位

▼ 親友~ (263, 24.5%)

8 ように 4 一人が 3 やうに, 一人であった

2 [17件] 一人だ, 一人で, 一人である, 交際は, 大川を, 大河です, 大門次郎に, 妹を, 妻と, 家に, 忠言に, 愛情を, 或者, 深井は, 郵便局長の, 間には, 間柄で

1 [211件] お父さんに, ことです, ことを, この部屋, これまで, ごとく, たっての勧め, ために, ためにも, つもりで, ところへ, ところを, とめるの, ないため, ないもの, なかの, はずの, ひとりだった, やうな, ようだ, ような, よくふとった, オデン屋が, カピも, ジャンナンが, セルヴィヤの, ツモリで, デーイピロスに, ノロちゃんが, フオレスチャ夫人ねえ, ホレーショーと, ルイズ・ド・ベエヌが, レニンが, ワトソン君を, 一人と, 一人の, 一人は, 一粒種を, 上に, 世話で, 中に, 中村警部を, 二人までも, 交りでした, 交際が, 他には, 仲であり, 会話を, 住いであった, 俺を, 値打が, 僕たる, 公使を, 内で, 内情を, 円タク運チャンミスター三郎が, 処を, 出現や, 前に, 加藤郁治と, 千鳥波という, 南条己未, 危難を, 口から, 古藤義一さんです, 名の, 名を, 命を, 国後と, 堀見, 場合は, 墓の, 声をさえ, 夕霧が, 外へは, 大きな甲高い, 女工が, 奸計に, 好意を, 好誼に, 子の, 子供づれの, 学習院だつた, 室井が, 家庭で, 小山は, 小山中川の, 小山先ず, 小父様に, 小生が, 山田さんの, 左内の, 左内は, 平手造酒と, 平手造酒の, 広海屋, 弱々しげ, 彼を, 後藤新平氏が, 御夫婦, 御機嫌, 徳田秋聲より, 心持が, 思いつきで, 悉くを, 情では, 情を, 情誼とて, 意地の, 感心できない, 所望には, 手の, 手塚東条両人まで, 手帳でも, 承諾は, 招きに, 故押田習君, 敗北について, 敦子様, 敵に, 方であり, 曽呂利新左衛門であった, 有り難さ, 木下杢太郎の, 未亡人さまといふばかり, 松浦ミネ子さんから, 林律子さん小林壽子さんとの, 林駒生氏が, 某という, 栄達に, 桐山氏と, 森田少年と, 檜垣の, 止めるの, 死すら, 死についての, 気質を, 池野成一郎博士は, 河田が, 河野を, 浜野ぢや, 滅茶な, 為でも, 為めに, 生胆, 由井清と, 由井清氏藤野漸氏相田義和氏なども, 画家が, 画家柴田是真, 病を, 発見した, 相憐, 相手を, 相撲選手の, 眼の, 祝いな, 私丈けには, 立上氏が, 筈です, 筒井順慶など, 米国大使に, 純粋なる, 細君だ, 細君との, 細君に, 紹介状が, 羊得という, 肥下徳十郎という, 若い母, 著書の, 蒲鉾小屋の, 行跡が, 西木獣医の, 観世銀之丞については, 言葉だけに, 言葉を, 詩人に, 話を, 誓を, 誤解に対して, 財産と, 賀古翁の, 身を, 軟化が, 農夫が, 郁治を, 郊外の, 部類であった, 鉱山に, 長与専斎も, 間で, 間である, 間では, 間にも, 間柄ぢや, 間柄であった, 間柄であります, 間柄でも, 関係を, 関繋じゃ, 陰口を, 霊を, 音楽が, 須婆田車六の, 顔を, 養父が, 馬場孤蝶との, 骨を, 高橋順益が, 鷲見与四郎と, 黒田が

▼ 親友~ (82, 7.6%)

13 あつた 2 あつて, その頃, 後に, 秀吉の

1 [61件] いつも明智, いようじゃ, いらっしゃいますもの, いわゆる物事, おあり, がす, この男, そのうえ親戚同士, ただの, とびぬけて, な同じ, ね安田, のちにも, また暖かい, また私, キャラコさんを, トロイ勢を, 一緒に, 一風変った, 万事を, 且つ畏友, 両氏以上の, 今は, 何か, 偶像的な, 共々に, 同じく愛書家, 同じクラス, 同じ文科志望, 喧嘩一つした, 囚人仲間一同から, 坦率な, 大阪の, 女同志の, 女学校を, 実や, 家柄は, 居留地三号の, 平田さんという, 彼女とも, 彼女の, 待合では, 後の, 恐く満場, 恩人の, 愛したり, 旧い社会主義者, 毎晩いっしょに, 清之介に, 皆此の, 相共に, 神聖な, 篠原さんと, 終戰直前に, 而も, 辰馬久という, 野田先生は, 釜山一番の, 長平にも, 関東信託に, 鶴髪童顔白髯という

▼ 親友~ (64, 6.0%)

2 できて, 邪魔を

1 [60件] あったが, あったに, あつた, いて, いないと, いる, いる自分, お気の毒さま, かつて関係, こんど戦地へ, しっかりと, たくさんいる, ちゃんと机, どなたかと, ないこと, ふれて, ゐた, ダイヤモンド鉱山に, フランス文学に関する, 一朝に, 久しぶりに, 二三人製造所の, 云つた時, 会合し, 余りにも, 兇漢なる, 出来た, 出来たから, 出来る時代, 切迫した, 取ったよう, 取りかえして, 名人位を, 吾輩な, 奉職し, 学業の, 寝て, 彼女へ, 急に, 愛人と, 抱いても, 旅行に, 日本政府との, 明日自分の, 歯がゆがっ, 死んだとき, 殺したに, 気がかりに, 社長である, 私の, 血の, 見つけ出せるわけ, 負けて, 迎えに, 近所に, 逃げたと, 遊びに, 間違えて, 附添っ, 附添つて居る

▼ 親友~ (56, 5.2%)

3 なって, なつた 2 しちゃあ, 成る丈

1 [46件] おなりに, して, そのとき八十万円, たのんだ事, だつて, なった, なっただろうこと, なったもの, なっても, ならう, なりうる温和, なりましたが, なるといった, なるはず, なれない, もつとか, イエニー・フォン・ヴェストファーレンという, 一杯くわされた, 与えて, 伝ふ, 何か, 別れて, 加工した, 向って, 告げた事, 妙善と, 宛てた手紙, 對し, 就て, 彼は, 後藤貞行という, 御目附, 打ち開けて, 斬られて, 残して, 泄われ, 済まぬ許して, 相談し, 真木重兵衛といふ, 米山保三郎という, 縋って, 臂を, 話を, 語ること, 送る書簡, 高橋順益という

▼ 親友~ (51, 4.7%)

3 思うてを 2 いうほど, するであらう, 一緒に, 成つた, 認めて

1 [38件] あれば, いうだけ, いうほどの, いえども, いって, いっても, かりにも, きまって, したゴーゴリ, しなければ, たがいに, なって, なり井上嘉門, なり忘れ給, なる事, みこんで, よび塚田, エセックスの, 三十八人の, 二人遠く, 二言目には, 云うもの, 信じて, 別れること, 前の, 子供と, 徒党的な, 思いこみいつか志, 相心得, 称する人々, 称する連中, 稱せし, 絶交させる, 言ひ直し, 謂ふこ, 閑談したく, 闘ひ, 雖も

▼ 親友~ (45, 4.2%)

2 この家, 寧ろ彼

1 [41件] あったけれども, あのごたごた, ありゃあ, お仲さん, かえって疑問, かの全身ポマード, その三つ, その屍体, それを, どうしました, なかつた, ほんとにさう, また私, まるで家族, 今日の, 信じない, 再び笑いました, 始終訪ね, 実に至れりつく, 小ヴォローヂャ, 島の, 平凡化そう, 彼の, 彼以上に, 必ず本, 押しも, 早くも, 柱を, 泰然として, 現在は, 生きて, 知り合いの, 私によって, 私の, 行方不明に, 討ったが, 詩人な, 譲治の, 辻村さんで, 酒である, 驚いて

▼ 親友~ (38, 3.5%)

2 して, わざわざ玄関, 失い又, 送出し

1 [30件] おいて, お慰め, かばう気持, たずねるつもり, もって, バットで, 一人亡くした, 一人失くし, 作るもの, 侮辱した, 元気づけるよう, 古英雄, 大勢よびあつめ, 失った, 広島で, 弔って, 怒らせ戸障子, 愛すべき奴, 持たない千世子, 持ってるよう, 救うという, 救ったの, 殺したに, 毒殺した, 病室に, 肌着の, 裏切って, 裏切つたり, 裏切る, 裏切る彼等

▼ 親友である~ (33, 3.1%)

3 ことを 2 水島と

1 [28件] が吾, が相手, ことに, ぞと言つたの, といふ理由, と思われた, と言う, にし, によってその, のとは, のは, もう一人, アメリカ人の, マルシャル国手を, 伊達捷平の, 名探偵青竜王, 国分君の, 園子の, 天文学者の, 戸沢下総守と, 殊に今度, 清川に, 男が, 竹田とか, 紙魚亭主人の, 蕗屋清一郎という, 藤沢さんであろう, 西村氏から

▼ 親友~ (29, 2.7%)

2 と思っ, と思つて

1 [25件] からじゃない, からずかずか, からといっ, から君, から弔問, から情誼, がボストン・カルタ, が今, が今度, が彼, が顔, けど加代子さん, し山木, つたかな, つた嘴の, つた關係で, といったよう, とかいう平手さん, とふれこんだ, と云う, と云っ, と知る, と聞い, と言っ, のと

▼ 親友として~ (27, 2.5%)

1 [27件] あたくし, この家庭, これが, すっかりぶちまけ, つき合って, つき合つて, ですね, なぜそう深酒, はっきり答え, ドイツセン博士の, 不安動揺の, 不満で, 云って, 交際し, 信頼し切っ, 名の, 周旋し, 如何に, 常に行動, 恥か, 扱って, 永久に, 町子と, 私に, 答えて, 許し合って, 関羽に

▼ 親友~ (18, 1.7%)

3 んです 2 ので, のである, んだ, んださうで 1 のか, のかも, のであった, のでその, ので晩餐, のよ, んだろう

▼ 親友であった~ (17, 1.6%)

1 [17件] が二人, が人, ことは, この立派, というのみで, という教員, と云う, と言う, のである, のに訣別, 井野氏が, 作家フランツ・ウェルフェルに対する, 作家マクス・ブロートの, 同時代, 大納言の, 若松の, 魚市場と

▼ 親友でも~ (16, 1.5%)

2 ありまた, 隣人でも

1 [12件] あり兄弟同様, あり北原先生, あり同志, あるから, ある田中君, あれば, いいさ, ないどれ, 又どんなに, 従兄でも, 自分と共に, 鼈四郎は

▼ 親友だった~ (14, 1.3%)

2 のです

1 [12件] が他, が学校, じゃない, ので二度びっくり, シンドラーは, ヴェーゲラーの, 嘴の, 噴水と, 堀見, 波越八弥が, 鎮西将軍韓遂から, 高石老人は

▼ 親友であり~ (14, 1.3%)

1 [14件] お前は, そしてお, ながら家, また浅野家, チヨの, 一方が, 兄との, 同時に雄吉, 後に, 愛人同士だった, 早世し, 最大の, 現在の, 目下は

▼ 親友です~ (14, 1.3%)

32 から, が 1 からちゃんと, からな, からね, からねえ, がけっして, なんて皆, 今日は

▼ 親友~ (13, 1.2%)

2 あり得る

1 [11件] あれば, ここに, ふるさとも, もうお互い, 依頼する, 出來, 実に卓抜, 汝を, 甚だ多い, 相反した, 行つて居る

▼ 親友たる~ (11, 1.0%)

2 本多男爵も 1 介山居士が, 信長の, 僕に, 加藤虎之助も, 山本正雄は, 情愛の, 村田の, 理由を, 者ある

▼ 親友という~ (9, 0.8%)

3 ものは 1 ので, のは, ものが, 男だ, 関係じゃ, 関係に

▼ 親友なる~ (7, 0.7%)

2 ものが, 小山の 1 エリゼ・ルクリュが, 現任大蔵大臣も, 芝区南佐久間町何丁目何番地住何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて

▼ 親友じゃ~ (6, 0.6%)

2 ありませんか, ないの 1 ないか, ないが

▼ 親友なら~ (6, 0.6%)

2 別である 1 こんど私は, ぼくの, 妻も, 懐しそう

▼ 親友でした~ (5, 0.5%)

1 からあの, から私, し私ども, ね, よ

▼ 親友では~ (5, 0.5%)

3 なかった 1 ありやせんぢ, ないの

▼ 親友以上~ (5, 0.5%)

1 に, に仲よく, に心安く, のもの, の親友

▼ 親友~ (4, 0.4%)

1 おふたり, とにかくよほど親しい, 兄弟であった, 兄弟でも

▼ 親友から~ (4, 0.4%)

1 受けでも, 来た手紙, 聞いたが, 葉書で

▼ 親友であっ~ (4, 0.4%)

1 たりした, てもこの, てもそこ, て法律

▼ 親友~ (4, 0.4%)

2 知人を 1 春枝夫人の, 隣人を

▼ 親友をも~ (4, 0.4%)

2 持たぬ 1 みだりに許さず, 新しく得た

▼ 親友たち~ (3, 0.3%)

1 が没後何, である, も親戚

▼ 親友とか~ (3, 0.3%)

2 縁者から 1 何とか云っ

▼ 親友とが~ (3, 0.3%)

1 かうして, 来る筈, 腰を

▼ 親友としての~ (3, 0.3%)

1 また畏友, 君に, 感情が

▼ 親友とも~ (3, 0.3%)

1 いうべき友情, 思われる二三, 話さなくなり出会っても

▼ 親友にな~ (3, 0.3%)

1 つた, つてゐ, つて裏の

▼ 親友たり~ (2, 0.2%)

1 し泉富子, 彼とは

▼ 親友だって~ (2, 0.2%)

1 こればかりは, 言ったわ

▼ 親友~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 親友でいらっしゃる~ (2, 0.2%)

1 と思え, のです

▼ 親友なり~ (2, 0.2%)

1 もしくは土地, 未来の

▼ 親友には~ (2, 0.2%)

1 よい人, 見せるがね

▼ 親友に対して~ (2, 0.2%)

2 身の上談話を

▼ 親友または~ (2, 0.2%)

1 優しかつ, 夫婦が

▼ 親友~ (2, 0.2%)

1 と相, よたとえ

▼ 親友マドロス~ (2, 0.2%)

2 に隣地

▼ 親友~ (2, 0.2%)

1 には必恒藤恭, の親友

▼ 親友交歓~ (2, 0.2%)

1 をした, を行わない

▼ 親友信者~ (2, 0.2%)

1 が波間, の方々

▼ 親友同士~ (2, 0.2%)

1 のよう, の間

▼ 親友同志~ (2, 0.2%)

1 であったけれども, なん

▼ 親友小田中尉~ (2, 0.2%)

1 の女, の女気無し

▼ 親友扱い~ (2, 0.2%)

1 するが, にし

▼ 親友親友~ (2, 0.2%)

1 って言っ, と二言目

▼ 親友~ (2, 0.2%)

1 が憂えた, と卒業論文

▼ 親友隣人~ (2, 0.2%)

2 を執拗

▼1* [149件]

親友あつかいを受け, 親友あり病重し, 親友お札博士の名, 親友かっていうこと, 親友かと興ざめざるを, 親友からの便りである, 親友がっている, 親友かしに, 親友へも認め, 親友そしてその人, 親友たち爺さん達を招待, 親友たらしめよといひ送らむか, 親友たらんことを, 親友だの刎頸の, 親友だろうくらいに想像, 親友って言って, 親友でありたいのだ, 親友であろうと敵味方, 親友でこそあれ他人, 親友でないものに, 親友でなければロオトレツク, 親友といふことでした, 親友としては勿論仮り, 親友とて聞捨てならぬ, 親友とでも話して, 親友とは謂へん, 親友とを従へて, 親友と共に事を, 親友などのいきさつが, 親友なりきといふ, 親友なりし某當時醫學部に, 親友なりしかど到底彼, 親友なればこそこうして, 親友にても当面に, 親友にも塩谷宕陰の, 親友に対しては駄々ツ児だ, 親友に対するように, 親友のちやんと, 親友はじめ重役衆まで何とか, 親友ぶりを寄せ, 親友宛てた遺書, 親友への厚い志, 親友ほどうれしいもの, 親友までも捨てて, 親友みたように, 親友僕の, 親友よく理を, 親友らしいがあの, 親友らしくいつも一緒, 親友らしく振舞っていた, 親友をかばふ気持, 親友クラウヂウス・パシヤ夫人で此, 親友シュレーデル氏の家族, 親友ジァン・ガスパル・ドビュロオ綱渡の一座中世, 親友ジゼルの批判, 親友バルベイ・ドオルヴィリに宛て, 親友パトロクロスは之, 親友ミチルちゃんと遊び, 親友ラム氏に心から, 親友一人しかありません, 親友一同顧問弁護士の佐瀬渉, 親友けに私, 親友上田萬年博士が専門局長, 親友二三人が何事, 親友二三名に向, 親友井沢判事の来訪, 親友井沢判事饗応のため, 親友京都便利堂主人がしい, 親友京都便利堂主人中村弥左衛門君もツイこのごろ世, 親友伊波普猷さんと此点, 親友会飲の時, 親友伴大次郎のれっきとした, 親友佐藤重吉という代り, 親友僚一によく, 親友兄夫婦も加え, 親友兄弟同様の客, 親友先生の奥さん, 親友原達の伯父さん, 親友及先輩の弔辭, 親友同輩の青年, 親友は言われ, 親友嘉治さんへの友情, 親友四人までを自殺, 親友壺井栄夫人に感謝, 親友女流文学者豊村女史にある, 親友宋憲の仇, 親友実業家の野島, 親友小田君でした私, 親友小野田氏の涙ぐましい, 親友小鳥好きの人, 親友山本正雄によって育てられる, 親友山田小竹女の許, 親友山田珠樹鈴木信太郎の両君, 親友岡田と大体, 親友島村清吉という方, 親友川島浪速の片腕, 親友廣田弘毅さんだったので, 親友早坂掬紫平井邦二郎前田夕暮等の友情, 親友春山和尚に原文, 親友杉山平一君より君, 親友林駒生氏を訪れた, 親友某君が突然, 親友梶川様が附い, 親友森田君にこの, 親友榎本の名, 親友殿の客分天野北山一人, 親友水彩画家大下藤次郎氏がある, 親友水戸の上, 親友水戸記者を大西洋, 親友河崎夏子さんの兄君, 親友河東秉五郎君にこの, 親友泣きて傍, 親友深沢深は何ん, 親友清川のみか愛する, 親友渡辺の名刺, 親友湊屋仁三郎の使者, 親友溝口ゆき子の家, 親友濱島武文の妻, 親友牝猫に預けよう, 親友瑜伽行者は何処, 親友瑜珈行者は何処, 親友甲斐のない, 親友的存在の全部, 親友相原珠子の家, 親友りある, 親友知己等へも吹聴, 親友が開い, 親友芥川比呂志のなか, 親友若林学部長が知っ, 親友蛸ちゃんはどう, 親友誰々四五人にも相談, 親友諸君が詳しく, 親友賀古鶴所氏と別懇, 親友足立長子さんと東京女子高等師範学校, 親友がその, 親友輯其遺稿若干篇上木予亦跋其後小蓮残香集是也, 親友辻村君はこの, 親友逸見斧吉君は高, 親友金田一京助博士は何時, 親友鈴木春山とが描かれ, 親友の話, 親友青山喬介だ, 親友青柳喜平氏が二十四貫, 親友高原淳次郎松陰の後嗣吉田庫三, 親友高安月郊氏が小説, 親友高畑五郎を訪問, 親友鳴海三郎氏の談, 親友麻井大七郎, 親友黒住箒吉がまるで