青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「素直~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

紙片~ 級~ 紛れ~ 素~ 素人~ ~素子 素子~ 素晴らしい~ 素朴~ ~素直
素直~
素質~ ~紫 紫~ 紫色~ 細~ ~細い 細い~ 細かい~ ~細く 細く~

「素直~」 2635, 25ppm, 4615位

▼ 素直~ (1710, 64.9%)

26 それを 15 うなずいた 14 して 13 出て 12 受けて, 答えた 11 うなずいて, 承知した, 聞いて 10 帰って, 頷いた 9 きいて, 自分の 8 手を, 承知し, 答えて 7 心の, 白状した 6 なって, 受け入れて, 口を, 彼の, 無限の 5 受入れて, 来て, 言って

4 [11件] それに, 云った, 承認する, 白状し, 私の, 答へ, 耳を, 自然に, 言ふ, 身を, 返事を

3 [29件] あきらめて, うなずきました, うなずく, うなづいて, 云うこと, 云え, 人の, 元の, 受けた, 受取る事, 受容れ, 口に, 同意を, 喜んで, 応じた, 承知しなかった, 物を, 申し立てた, 盃を, 相槌を, 答えたが, 肯いて, 育って, 読んで, 起きて, 返して, 頷いて, 顔を, 驚いたり

2 [104件] あいたこと, あやまって, いって, うけいれて, うけて, うけ入れられない程, お縄, ここへ, これを, すらすらと, そこを, その上, その氷, とり入れ舌鼓, なだらかに, なった, ならなければ, はいはいと, わたしに, 下駄を, 主人の, 二つの, 云へ, 付いて, 何処へか, 作品に, 信じて, 入つて, 分って, 前に, 参るの, 受けいれて, 受け入れた, 受け入れられること, 受け取って, 受け取つて, 受け取る様子, 受け取る法, 受け容れて, 受容れる, 受納れ, 同意した, 巻きほぐして, 帰ると, 引き渡すか, 待って, 後ろ手を, 応じて, 感動し, 成長し, 打ち明けて, 承知する, 承諾した, 折れて, 書いて, 書けたと, 欲し, 母の, 泊める約束, 流れて, 清らかに, 渡して, 無事泰平に, 猫を, 申上げ, 男の, 白状しました, 白状する, 眼を, 礼を, 立ち上がって, 立ち上って, 立って, 笑った, 答へて, 素直にと, 考えた, 考えて, 聞けば, 肯定したい, 自白する, 蛇の, 行かないもの, 表から, 表へ, 表現し, 裂かれて, 褒めて, 言う事, 訊くと, 許しては, 註文を, 詫びて, 誠実に, 諦めて, 謝った, 返辞を, 進んで, 闇の, 静かに, 首を, 首肯く, 髷などを, 黙って

1 [1125件 抜粋] あいあいと, あかないん, あきらめ堀木, あしらはれた, あとすさり, あやまった, あやまらないの, あやまる, あやまれなかったの, あらわれた歌, あんよを, いう通り, いっただけ, いふこと, うけあつ, うけいれないの, うけいれる事, うけとった, うけとる, うけとれた, うけられたこと, うけ入れられるよう, うなずきましたが, うなずける, うなづきました, おいそれとは, おしいただいて, おっしゃったらいかが, おとなしく引き受け, おなりなさい, おれ達を通して, お受けし, お坐り, お帰り, お暇, お父さんごめんなさい, お繩, お言葉どおり, お辭儀, お金を, お頼み, かえった人間, きいた, きくこと, きれいに, くるしい表情, こう言う, ここの, ここを, こちらの, こつちを, この槍, この諏訪, こわして, さいは, さうと, さらわれて, しかし敢然と, しても, しないと, しねえな, すぐ謝っ, するっていうの, ずきんと, そういい, そうやっ, そう答え, そう解釈, そう返事, そこへ, そのさわり, そのままそれ, そのまま帰っ, その大, その役目, その忠告, その説, その道理, その鷹, それでも下, それにつれ, そんな事, だまされて, つかまらないの, つつまれて, でんぐり返って, どこへでも, なさるの, なった点, なった私, ならうと, なられましたわね, なりきつ, なりしこの, なりなさい, なりまして, なりや, なり穏やか, なる歓びさ, なれないもの, なれよ素直, なんの, はいと, はいりよう, はけ口を, ひとつ頭を, ふじ子の, ふれること, ぺたんと坐った, ぼくの, まず機械, また蚊帳, まわるという, むすびついて, もとの, やめました, やれないの, よく働く, よろこぶという, わかる人, わたさねえと, わたしを, アネサの, カシを, シミジミと, タバコを, ハンカチを, ヤンは, 一同の, 一礼しました, 一般の, 丈の, 上洛し, 且つ明確, 事実を, 二三千円で, 二人は, 云うか, 云えば, 云ば家へ, 交換される, 享け, 人智の, 今夜から, 今迄の, 伝右衛門の, 伸び, 伸びた白い, 伸びた若木, 伸び育つて, 佐吉に, 何もかも, 何もかも白状し, 作ったらさぞよく, 作品を, 侍部屋の, 保つて, 信じられた記憶, 信じる人, 信じ得たの, 信用しない, 俺について, 倣って, 傾け遠く, 働かないの, 働こうとは, 元気の, 先の, 兜を, 全部信じる, 其の忠言, 其言葉に, 再び元, 出かけて, 出しますが, 出せばい, 出ました, 出られなくな, 出来るけれども, 出立て, 分った, 判断できる, 前非を, 力いっぱいに, 加奈子の, 加野は, 動かされて, 動く, 十九だ, 半分脱ぎかけた, 博士に, 参るしか, 友人に, 反映する, 取って, 受け, 受けいれなければ, 受けいれること, 受けこたえし, 受けたまえ, 受けとった, 受けとめて, 受けますと, 受けられぬの, 受けるため, 受けるよう, 受け一つ, 受け入れたこと, 受け入れないこと, 受け入れられずその, 受け入れ夫, 受け取られない傾き, 受け取り軛, 受け取るべきもの, 受け取れるまでには, 受け味, 受け容れること, 受け継いで, 受取った, 受取り感じて, 受取るより, 受合って, 口輪を, 右衛門は, 合点を, 向うを, 吸収し, 味って, 味わいたいん, 咲く花, 喜び得た時, 垂れて, 外れた縄, 外套の, 天理に従って, 夫の, 夫婦に, 好感が, 姓名を, 子供の, 宙へ, 客の, 容れこ, 容れる可能性, 寂として, 寝かして, 尋常に, 少女期以来彼女が, 屈服し, 左大臣誅伐の, 師匠通りの, 帰さば, 帰った, 帰ったん, 帰られる日, 帰りませんの, 帰るの, 帰る気色, 常識だけで, 年を, 幸若の, 広小路を, 座席を, 庭上へ, 弁信の, 引き取らない, 引くから, 引っ返して, 引つ込むの, 引下って, 弟は, 彼に, 彼女に, 往生し, 後から, 従った, 從つて來た, 御所望, 微笑し, 心を, 心掛けます, 応じたの, 快活に, 思って, 悄気た, 悲しむこと, 感じる必要, 感じ人, 感嘆し, 感想を, 應じ, 懐紙に, 我々の, 戻って, 扇風機を, 打ちあけられて, 批判する, 承知いたしません, 承知します, 承知を, 投げだして, 折れるなら今, 持って, 挟まれて, 挨拶しました, 捕えられたにも, 捨てられも, 掴むこと, 擡げて, 支度を, 敗北の, 文字どおりに, 断わって, 明に, 明瞭に, 書いたもの, 書きあらわせたと, 最後まで, 服従する, 札を, 来い, 来そう, 柄杓を, 格子を, 椅子を, 槇子に, 次の間へ, 歌に, 止って, 正面から, 歩き去る, 歸つて呉れ, 歸らう, 死にたいと, 殺されて, 殺される気, 気分好く, 波を, 洗いざらいお上, 流露しない, 海へ, 渡さなかったので, 漱石について, 点頭いた, 点頭くもの, 無礼なかれ, 父は, 物理學を, 犬の, 現れて, 理解され, 生々と, 生きて, 生ひ立つた, 生長し, 申しました, 申し立てろ, 男らしく打ちくつろい, 痰吐を, 発せざる憾み, 発露する, 白い半, 白状したら解い, 白状しませんでした, 百兩出しや, 直吉の, 真理を, 眺め感じる静物, 着こなされて, 神を, 私と, 私どもの, 私へ, 突立ち上る, 立ち上つた, 立ち去った, 立ち去らぬか, 立ち去ろうとも, 立つ, 立つて, 立てて, 立上がつて, 立上つてぞろぞろ, 立去れば, 笑へ, 答えたら, 答えること, 納まらないよう, 納得する, 純粹, 細く伸びた, 紹介状を, 緑青で, 縋る気持, 美を, 考えこんだ, 考えるより, 考へ素直, 聞いたらしい人々, 聞いちや, 聞かずには, 聞き入れぬ何, 聞くよう, 聴いたもの, 聴き納, 聽いちや, 肯かねえじゃ, 肯定する, 肯首ずいて, 育ち進んだらきっと, 育てばや, 胸に, 腰かけた, 自分が, 自然の, 自由な, 自白さえ, 自白し, 致さぬと, 良平の, 草履を, 菜や, 虎之助は, 行きましたが, 行くかしら, 行く様, 行動し, 表出し, 西洋の, 見えるまでに, 見ないと, 見ぬくこと, 解した, 解釈した, 言うが, 言えと, 言ったらどう, 言ひます, 言わねえの, 言葉に, 訂正する, 記しとどめるの, 許容せられ, 詫びるの, 話したいの, 話した方, 話に, 認めて, 認めること, 誘い出されたので, 読め面白い, 諦めさせなかった, 謙虚に, 謝れ, 讓つて貰ふ, 貰つ, 貰ふ, 賛成し, 起きあがりそして, 起ち上がりそう, 起つて, 足の, 踵を, 車内の, 返しな, 返らせたこと, 返事したらう, 返答を, 述べた, 述べて, 退散し, 送り出して, 通してを, 通せ, 連れられて, 運びすぎるよ, 運んで, 遵守される, 酌も, 重く咲き, 金を, 鎮まるの, 開かれたこと, 隣家の, 離縁状を, 露呈されてる, 預けて, 頷いてばかり, 頼まないの, 顔に, 食べないから, 飲み込めて, 飽くまで閑雅, 首肯いて, 馬を, 駕籠に, 駿介を, 高まつ, 鮨を, 默つた

▼ 素直~ (507, 19.2%)

12 心を 9 心は 8 心に 6 心が, 心で, 心の 5 心持で, 気持で, 調子で, 郎女の 4 もので 3 のが, 人だ, 人な, 子だ, 返事を

2 [39件] これ程素朴, ところが, ところも, のは, まことに良い, ものであった, ものな, ものは, 人を, 人間に, 優しい愛, 優しい態度, 声で, 女じゃ, 女だった, 女の, 子であった, 子供の, 心である, 心においてのみ, 情熱が, 愛情を, 態度に, 成長を, 所が, 敬愛の, 歌を, 気持が, 気質を, 氣持で, 答へが, 耳朶を, 肯定の, 自然な, 自然に, 良い娘, 調子には, 魂の, 魂は

1 [343件] あまり無理, いい子, お嬢さま, お歌にな, お雪, お雪ちゃんは, かの女, かはいい, こころ持ちの, こと, ことであった, ことは, こと若い, この従妹, ご承服, そして賢い, その斜面, そぶりを, たまし, だけさして, てるは, ところの, ところは, どつ, なつかしさ, の, のだ, のだろう, のである, のであろう, のびやかな, のを, もしくはナイーブ, ものだ, ものでございました, ものの, ものを, もの簡素な, もの自然な, もの食は, やさしいもの分り, やさしい娘, やさしい黒い瞳, よいお子様, よい人情, よさ, コースです, ソフィ嬢は, レアリズムで, 上品な, 不平のみに, 世間知らずの, 主人であった, 人々が, 人おとなしい, 人だった, 人だって, 人でしょう, 人なつこさ, 人に, 人の, 人は, 人らしく, 人懐つ, 人間で, 人間であった, 人間の, 人間は, 人間性と, 仏徒では, 仕事が, 伜とで, 住民たちと, 何所までも, 余裕の, 作が, 作を, 作品には, 作品の, 使ひ, 働き手に, 優しいひと, 優しい気性, 元気な, 処が, 出來ぢや, 出来で, 分り易い, 初心な, 判定さ, 利口な, 創造精神が, 力作である, 力強い生活心境, 動きに, 卒直な, 単純な, 叔母を, 叙景歌や, 口調で, 同情は, 君に, 告白に, 和子よ, 和文だつた, 咳を, 土民と, 坊ちゃんらしい, 声だった, 声にな, 声を, 夢の, 大きさ, 大人しい女, 天使の, 夫が, 女だ, 女だったら, 妻である, 姉さまの, 姿で, 姿を, 姿態に, 娘が, 娘さんな, 娘でも, 娘と, 娘として, 娘とは, 娘を, 子だった, 子だったら, 子である, 子でした, 子には, 子供です, 子供でも, 子供は, 子供ぽい, 子供らしい, 子供を, 孤児を, 安らかな, 客観で, 家畜の, 将軍家を, 小太郎である, 少年であっ, 崇拝者が, 市井人として, 庭が, 弟の, 弱い人間, 強い子, 形には, 彼を, 彼女であった, 往生で, 御忠節, 微笑み, 心, 心でも, 心と, 心にも, 心への, 心受容れる, 心天然の, 心情を, 心持ちが, 心持を, 忠誠の, 性な, 性格でも, 性質だ, 性質であった, 性質は, 性質を, 恰好の, 悦びと, 意義ある, 愛人とは, 感じで, 感じであった, 感じの, 感傷が, 感傷的な, 感動は, 感情で, 感覚温かく, 感謝は, 態度です, 態度と, 或は適度, 手紙を, 斜面それが, 方が, 方である, 春の, 書生に, 朗吟に, 本当にいい, 枝ぶりを, 柔らかな, 栗色の, 機嫌の, 歌で, 歌笑である, 歓びとは, 正当な, 殊勝げな, 毛を, 気品ある, 気性を, 気持ちで, 気持ちに, 気持では, 気持と, 気持に, 気持にだけ, 気持は, 気立の, 気質孤独への, 気風からは, 氣だての, 氣性を, 氣持を, 流露が, 海舟が, 涙ぐましい願い, 深い蔭翳, 清い鷹揚, 清らかな, 温かい心地, 温和しい, 満足と, 漂泊の, 激励の, 灰色の, 点である, 無常観は, 父じゃ, 牛が, 物のみ, 理論的発展を, 生き方, 生まれつきを, 生まれ付きである, 生一本の, 生活な, 男だ, 男で, 男は, 画です, 畷筋を, 痛々しい態度, 発展を, 発達が, 白い色, 白馬の, 直覚力の, 眼で, 眼を, 眼差しに, 石燈籠で, 私の, 笑い方に, 笑顔で, 筆つきで, 答な, 簡明な, 精神という, 糸柳は, 純情な, 純真な, 結論に, 線の, 罪の, 美しさ, 義仲の, 考えは, 考えも, 者清らかな, 胚胎を, 能く, 自己への, 自由な, 良い子, 良い字, 良い演奏, 色気に, 花嫁に, 芸風の, 若い世代, 若い女, 若さ, 若紳士, 草書では, 荒海育ちの, 菅の, 落ち着きを, 藝術は, 表現欲を, 表面だけしか, 見方を, 親しみを, 観衆は, 解釈であり, 言葉つきとで, 言葉である, 語りかただった, 謙遜な, 貴種の, 質で, 質な, 返事が, 返事だけでも, 返事であろう, 返答を, 返辞を, 透き徹つたあり, 途を, 運命の, 道を, 適切の, 邪気の, 金髪を, 鑑賞を, 隠遁者, 面白い良い人, 響きで, 頭の, 額卵なりの, 顔で, 顔と, 顔に, 顔の, 鬚男は, 魂を, 魅力は, 黒い髪毛, 鼻つきでございます, 鼻わけても, 鼻筋眉が

▼ 素直~ (122, 4.6%)

5 あつた 4 はない 2 おとなしい, そして純一, はある, はなかっ, 可愛らしいぜ, 簡明です, 美しくて, 良い男

1 [97件] あたたかで, あつたら, いい, いいな, おとなしいので, おとなしい傲慢, おとなしゅうございます, ごく当り前, さうし, さり気ない, しかない, しかも力強, すこしも才走った, そこから, そして長い, その上, そりゃ心掛け, そりや, どれ一つ意地くね, なかなか佳い, なんの, はあり得なかつた, もよい, よく働き, よく気, わたしわたしという, アッサリし, アテ気の, シミジミした, スツキリとして, 一見亜太郎, 人が, 人の, 人間として, 何の, 俗に, 健全な, 優しく一方, 内気な, 力持ちで, 勇敢であった, 勉強する, 勉強を, 厚くて, 可愛いのよ, 可愛らしい子供, 命がけに, 善良そうであった, 善良であった, 善良な, 器用で, 器量の, 大胆な, 子供らしい, 安心なら, 平易で, 年下の, 弱氣, 当り前な, 従順な, 心持ばかりの, 必至の, 忍耐づよい姿と, 快活な, 情愛が, 懐しい声, 房, 手輕で, 才鋒の, 明るくつて, 晴々と, 楽々し, 正直で, 氣が, 淡々たるもの, 温和であり, 無条件に, 熊襲的な, 熱心だった, 物疑ひ, 特色豊かな, 立派だった, 端的で, 純情で, 純粋で, 素朴な, 美しかった, 臆病であった, 自然な, 蟠りなし, 誠しや, 謙虚で, 近所の, 邪氣が, 重厚な, 陽気な, 靜かで

▼ 素直~ (95, 3.6%)

2 からその, だ気高, は奇術, をもっ, を取りもどし

1 [85件] からであった, がいつ, がおのずと, がその, がそのまま, がとても, がなかっ, がなかつた, がまた, が全然, が気に入っ, が氣, が求められる, が清らか, が漂った, が自然, が非常, その淡泊さ, その頃, だけが美, だけは認め, で, であった, であつ, である, でこの, で取立て, で右手, で客, で素子, で自分, で語られ, で頼朝, といふもの, とかは薬, として扱われ, として胸, とすでに, と一種, と努力, と品位, と女らしい愛らし, と情熱, と正直さ, と皓潔, と純粋さ, と野心家独特, などというもの, に, にした, にとってしばしば, になり, には一様, によってこの, にノスタルジア, に惚れ, に戻つ, に鋭く, に驚き, のない, のみが分る, の一方, の深まり来る, の裏, の謂, は失っ, は失つて, もなく, も日本庶民, や温か, よりもより, をもち, を与える, を取戻し, を彼自身, を感じます, を持っ, を汚す, を知るまい, を缺, を買われ, を身, を鈴木さん, 鋭い清廉, 鍛えられた土台

▼ 素直には~ (25, 0.9%)

2 なれないの

1 [23件] いって, いわないだろう, できかねるという, なり得なかったの, ゆかない, 云いそう, 出すまじけれ共, 取り上げなかった, 受け入れないらしいので, 受入れがたい, 受取れない, 尽くして, 承知しません, 押へ, 持てなかつたの, 歸るまじ, 消え失せては, 表は, 言いそう, 言って, 話に, 頷かぬの, 頷けなかった

▼ 素直~ (20, 0.8%)

1 [20件] かどう, からです, からどこさ, から可愛い, から善良, から相手次第, が右馬介, し妙, し近所, し顔, ぜ, つたやさし, といふ, とほんとう, とも思われた, と云っ, な, よ, 夜中二度も, 強い弱いふるい新しいあらいこまかい永く保つ

▼ 素直でない~ (14, 0.5%)

1 [14件] ところは, とだけはいえない, となる, と解った, のよ, の馬鹿, ものに, やさしくない, 人間だ, 娘を, 子の, 素直でない, 自分が, 頭で

▼ 素直である~ (9, 0.3%)

2 かを 1 がこれ, がため, が夢声老, が少し, だけそれだけ, と同時に, 時には

▼ 素直なる~ (9, 0.3%)

1 おも, そしてただ素直, 作家の, 処女の, 君を, 尊敬それで, 御賛同, 御返答, 順序によって

▼ 素直について~ (8, 0.3%)

2 くる 1 來なけれ, 來る, 往った, 来い, 来た, 歸らなかつた

▼ 素直であり~ (5, 0.2%)

1 ながら剛直, 個性的であり, 無垢でありたい, 素直である, 謙虚であった

▼ 素直そう~ (4, 0.2%)

1 でそれ, ななんぞと, な好い, な娘

▼ 素直という~ (4, 0.2%)

1 ことが, 意味は, 美質を, 言葉で

▼ 素直にも~ (4, 0.2%)

2 忍辱の 1 義剛にも, 考えて

▼ 素直~ (4, 0.2%)

1 やうである, 友に, 姿の, 鼻大きく

▼ 素直すぎる~ (3, 0.1%)

2 んだ 1 ほど素直

▼ 素直だった~ (3, 0.1%)

1 からです, がただ, その妹

▼ 素直~ (3, 0.1%)

1 いうよりも, 云ふべき, 愛とは

▼ 素直にと~ (3, 0.1%)

1 して, ほつて, 志して

▼ 素直らしく~ (3, 0.1%)

1 柔順には, 浅井を, 首を

▼ 素直じゃ~ (2, 0.1%)

1 からかあっと, から話せ

▼ 素直であれ~ (2, 0.1%)

2 ばある

▼ 素直でいる~ (2, 0.1%)

1 ような, 筈は

▼ 素直でなかつた~ (2, 0.1%)

1 からで, 性質を

▼ 素直でなく~ (2, 0.1%)

1 てはよく, 結局本当の

▼ 素直でも~ (2, 0.1%)

1 なさそう, 親を

▼ 素直といふ~ (2, 0.1%)

1 ことが, 意味は

▼ 素直とは~ (2, 0.1%)

1 云へ, 謙虚な

▼ 素直なひびき~ (2, 0.1%)

2 の感ぜられる

▼ 素直にかの~ (2, 0.1%)

1 女の, 笛を

▼ 素直にて~ (2, 0.1%)

1 唯我, 昏るる

▼ 素直~ (2, 0.1%)

1 一つの, 女の

▼ 素直らしい~ (2, 0.1%)

1 世帯気に, 女で

▼ 素直~ (2, 0.1%)

1 よそおって, 悟りて

▼1* [52件]

素直おん眉, 素直に働き始める, 素直さうな娘です, 素直さすべて色調の高雅, 素直さもなければ幼なさ, 素直さ一つによるもの, 素直さ人間性という評価, 素直さ弾力のある, 素直さ色調の遊び, 素直さ謙遜さ無慾さそれによって他人, 素直すぎて, 素直そのものに受けいれ, 素直だのもうそんな, 素直だろうが素直, 素直やア, 素直であっておそらくは, 素直であったとはいえない, 素直でこだわらないので僕, 素直でしたから決して, 素直ですよ, 素直でない反りやすき部分, 素直でなかったためだの, 素直でなかろうがどうせ, 素直でなくなっていた, 素直でなくなり品性が, 素直でなくなりますから座禅, 素直で判りのよい, 素直なあるがまま, 素直なはにかみ易い, 素直なむすめの, 素直なら好いだらう, 素直なれ人々に, 素直な分け髪へ, 素直な参り方に, 素直な撫でつけにし, 素直な気取を見せた, 素直な老いた母は, 素直にかけて居ること, 素直にねそれが, 素直にの意である, 素直にばかりして, 素直にばかりは考へて, 素直にものよろこびを, 素直弟たちに, 素直らしく当りさはりの, 素直ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ雲, 素直上品才智こんなもの, 素直棒立ちに落ちたで, 素直玲朗をモットー, 素直過ぎ優し過ぎ, 素直過ぎるんだ, 素直直温