青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親しみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~覚えた ~覚悟 覚悟~ ~親 親~ ~親しい 親しい~ ~親しく 親しく~ ~親しみ
親しみ~
~親分 親分~ ~親切 親切~ 親友~ 親子~ 親戚~ 親方~ 親父~ 親爺~

「親しみ~」 1498, 16ppm, 6987位

▼ 親しみ~ (515, 34.4%)

43 感じて 19 もって 18 持って 10 もつて, 持つて 9 覚えて 7 こめて 6 示して, 見せて 5 加えて, 増して, 感じた, 感ずるよう 4 感じながら, 感じる, 感ずる, 生じて, 見せた, 覚えた

3 [11件] おぼえて, お互に, さへ, みせはじめて, 彼に, 感じさせた, 感ずること, 抱いて, 籠めて, 見せるよう, 覺える

2 [21件] いだいて, お持ち, もつこと, もつよう, 保子さんにも, 感じさせるに, 感じさせるの, 感じさせるもの, 感じなかった, 感じます, 感じること, 感じる訳, 感じ出した, 感ぜずには, 持つ人, 深くする, 示そうと, 薄くする, 見せたの, 覚えたの, 覚える

1 [268件] あらは, いちばん深く, おぼえたけれど, おぼへる, こめた別れ, こめた呼び方, こめた眼, こめた笑み, こめた調子, こめるよう, すこしずつ, その迎え, それらの, たたえて, たよ, つくる請負師, つけるだけの, なまなましく覚えさせた, ひとしほ, ふと感じた, まして, まして来た, まし今, また見出した, みせ, みせた, もたれて, もちだした, もち何度, もち小説家, もった李永泰, もつ, もつ人, もつ私, もてなかった, よくよく立ち割っ, よみがえらせること, わかせ忙しい, 一夜に, 一層つよく, 一層深める, 与えて, 与えるもの, 与へたの, 与へるもの, 互いに持っ, 交える妨害, 交へる, 交わしたという, 以つて考へられ, 作ったの, 作って, 作ろうと, 再び味わし, 出すため, 分け合えるよう, 加える者, 加へて, 加へても, 十分見せた, 厚くしたい, 取らないよう, 取り交し続けた幾人, 受けること, 受ける価値, 向けて, 含めた感嘆, 含んだ遠慮, 呼びかえすこと, 呼び起こしたよう, 呼ぶので, 増させるなかだち, 増したの, 増した障子, 増し何より, 増し彼女, 増すやう, 増すよう, 増す種, 増せし事, 大きくした, 失つた, 寄せたがって, 寄せたころ, 寄せたらしい, 寄せつづけた, 寄せて, 寄せるけれども, 寄せるという, 寄せ強者, 寄せ揉手, 平等に, 彼は, 忘れず何, 思って, 思ひ出して, 思ふと, 急速に, 恭一か, 感じうる人, 感じえなかったの, 感じこれ, 感じさせたので, 感じさせても, 感じさせる, 感じさせるや, 感じさせる顔, 感じずには, 感じたが, 感じたこと, 感じたやう, 感じたり, 感じたアヴェンチン山河, 感じた事, 感じてないや, 感じては, 感じないでは, 感じないの, 感じなかったという, 感じひよつと, 感じふと, 感じますね, 感じるが, 感じるけれども, 感じるの, 感じるもの, 感じるよう, 感じる事, 感じる場合, 感じる点, 感じ出して, 感じ初めたや, 感じ初めたよう, 感じ始めたの, 感じ始めるの, 感じ底, 感じ得るとは, 感じ洋々, 感ずるうれし, 感ずるが, 感ずると, 感ずるとかいふ, 感ずるところ, 感ずるに, 感ずるの, 感ずるやう, 感ずる心, 感ずる木, 感ずる程, 感ずる訳, 感ぜしめる, 感ぜられなくなります, 投げるかの, 抱かせた, 抱きました, 拒みこそ, 持たずその, 持たせました, 持たせること, 持たせるため家伝, 持たせるので, 持たせるよう, 持たないこと, 持たないし, 持たなかった代り, 持たなくなったため, 持たぬという, 持たれて, 持たれる, 持ちかけて, 持ちたいと, 持ち前の, 持ち始めた者, 持ち得る子供, 持った, 持ったが, 持ったもの, 持った心持, 持った甘えたもの, 持ってるもの, 持つかと, 持つこと, 持つたもの, 持つた其, 持つた眼, 持つだらうが, 持つという, 持つの, 持つは, 持つもの, 持つよう, 持つ事, 持つ点, 持つ郷土料理, 持てた先方, 持てないこと, 改め左右, 日ごとに, 日に, 有って, 有つてゐた, 有つて居た, 植付けられる, 欲し, 残した, 求めて, 浮べた, 深めた, 深める因, 添えて, 漱石の, 特に示した, 現わす, 発露する, 皆に, 知る最初, 示されて, 示した, 示すと, 笑靨に, 籠め狎れ, 純次に, 結ぶの, 結んだなら何かと, 続けて, 自分が, 薫は, 表すかわり, 表わして, 見いだそうとは, 見せそば, 見せたいため, 見せた躊躇, 見せない子供, 見せながら, 見せられるの, 見せる, 見せるの, 見せるやう, 見せ又, 見出した彭, 見出して, 見出す様, 覚えおでき, 覚えさして, 覚えさせる, 覚えさせるの, 覚えさせるばかり, 覚えたという, 覚えたに, 覚えないもの, 覚えました, 覚えるの, 覚え初めて, 覚え彼, 覚え梅軒, 覚へたり, 覚ゆる, 覺え, 覺えた, 覺えて, 込めたひとみ, 込めて, 送つて, 通じ合った, 遽に, 重ねて, 露骨に

▼ 親しみ~ (235, 15.7%)

10 あるもの 7 ある声 4 ある調子 3 うちに

2 [17件] あつた, あるの, ある人, ある以前, ある微笑, ある態度, ある汚い, ある顔, ないもの, ない顔, 情を, 深いもの, 深い平易, 深い暮田正香, 深かった, 点に, 色を

1 [177件] あった場合, あとで, あふれたもの, ある, あるい, あるおもむきを, あること, あることば, あるなつかしい, あるぬく, あるやう, あるよう, ある人品, ある人物, ある会合, ある作品, ある僚友精神, ある優しい柔かい, ある優しみ, ある分野, ある原千代海君, ある又, ある口調, ある古い, ある句会, ある呼び方, ある場所, ある場面, ある好意, ある宿屋, ある少女, ある廣, ある心, ある感じ, ある懐しい, ある手触り, ある文化性, ある明るい, ある東京, ある歌, ある江戸, ある湯屋, ある眼, ある線, ある色, ある表情, ある表現, ある視線, ある言葉, ある言葉づかい, ある話しを, ある近国, ある酒, ある靴, かずかずが, こもつた微笑, こもつた態度, こもつた方言, こもつた言葉何一つ, ために, ないしかつめらしい切り口上, ないひそか, ないよう, ない以上, ない古い時分, ない名, ない場所, ない女, ない嫂, ない存在, ない客, ない新, ない樣子, ない焦茶色, ない男, ない眼, ない私, ない観衆, ない道具, なかに, まま, もてる人々, もてる料理, やうな, 不可分な, 伝統が, 力貴, 口調で, 合図を, 吐息を, 呼称で, 多いこと, 多いもの, 多い一番彼女, 多い作品, 多い例証, 多い器物, 多い時代, 多い草, 始末については, 少ない継母, 少ない行動, 度が, 強い彼, 御語気, 心か, 心が, 心を, 念が, 念を, 急速な深まり, 情が, 情さえ, 愛称だ, 感じられる調子, 感情が, 感情だった, 感情である, 感情です, 感情を, 態度を, 手は, 手を, 持てないもの, 持てる秋, 最も深き, 気持が, 気持とで, 気持を, 浅い読者, 淡い宏, 深いおじさん, 深いこの, 深い人, 深い印象, 深い哀愁, 深い婦人労働者, 深い方, 深い暮田正香ら, 深い穉, 深い草, 深い薫, 深い血属, 深い記憶, 深くな, 深くなる, 深く忘れ, 無い他郷, 無かった, 現れた手つき, 目で, 眼で, 眼に, 程度は, 笑顔を, 籠った口調, 籠った彼女, 籠つた笑顏を, 義務を, 薄いもの, 薄い事, 薄い今日, 薄い厳格, 薄い眼付, 薄い間柄, 薄い顔, 薄かった, 薄かつ, 表情を, 見えるの, 視線を, 言を, 言葉遣いだ, 調子さえ, 近い頃, 限りを, 響きとして

▼ 親しみ~ (175, 11.7%)

7 ある 5 あった, あって 4 あるの, あるよう, 出て 3 あつた, ない, 深かった

2 [12件] あつて, あると共に, ある樣, もてないの, 出來, 出来て, 感じられるの, 持てる, 深いから, 湧いて, 自然に, 青年の

1 [113件] あったと, あったので, ありいよいよ, ありしかも, ありその, ありまた, あり主君, あり人間らし, あり家庭, あり過ぎた, あるか, あるから, あるからと, あるが, あると, あるとか, あるもの, あるらしい, あるらしく察せられたので, ある一つ二つ, ある情味, あろう, いかにもよく感じられる, うすいって, おあり, おきぬの, こもって, さすが名門, しみじみと, そこから, だんだんに, ついた, できたらしい, どうしても湧かず, ないと, ないので, なかった, なくただ, なくって, なくなって, なくなるよう, なく且, なく辛烈, ふえて, ます, ますにつれ, まだ二人, もっと多い, もてた, もてないですね, もてないん, もてなかつた, もてるの, よみがえって, 一層増し, 三人を, 乏しく日比谷公園, 余りある, 出はじめましたそれ, 出来た, 出来また, 出来るという, 出来均平, 加わり彼, 加わり遠慮, 加わるにつれて, 半分以上甦った, 増したやう, 増すだけ, 多いやう, 多かった, 客人待遇法を, 寄せられるの, 少いせい, 微塵ほども, 感じられた, 感じられて, 感じられない, 感じられるのに, 持てた, 持てたの, 持てない土地, 持てない気持, 持てるの, 持てる意味, 比較的薄かっ, 淡かった, 深い, 深いので, 深いよう, 深くおのずから, 深くなっ, 減殺され, 湧いたやう, 湧いたよう, 溢れて, 無くなるよう, 現れて, 生じて, 生まれて, 籠つてゐた, 自ずと芽生えた, 落着いた, 著しく見え, 薄い, 薄いの, 薄い結果, 薄くかつ, 薄く何, 薄く橋本君, 見えるの, 露骨でも, 黙し勝ち

▼ 親しみ~ (51, 3.4%)

2 持って

1 [49件] あった, あるが, あると, いずれも, いつのまにか消え, いよいよ細やか, かえって前者, この人, この後, こんなぐあいにして数年間, ござろうとも, しみじみと, それのみ, それのみに, それほど出る, どこかに, ないけれども, なかった, なし雇人, もちながら, もてるし, ヨーゼフ・ハイドンの, 二人差向いで, 依然圏内狭小, 出なかつた, 前よりは, 剥げて, 勿論私, 千年の, 単純な, 友情を, 増した, 増すで, 増すであろう, 失せた, 始めから, 少しも, 持つて, 持てないが, 故郷に, 日ごとに, 残って, 疎くする, 直ぐに, 若い男女, 見せがたい, 遥かに, 非常な, 頓に薄らい

▼ 親しみ~ (50, 3.3%)

2 なつかしさ, 尊敬とを, 尊敬を

1 [44件] いうには, そして頼もし, なった, なつかしみを, 一緒に, 便利を, 信頼を, 励みとを, 反抗との, 同じな, 同時におどろき, 喜びとを, 好奇心を, 威厳とを, 嬉しさ, 寛ぎとが, 尊敬には, 年毎に, 思はせかねない無, 愉しみと, 愛が, 愛とを以て, 感動とを, 感謝とを, 憐憫が, 懐かしさ, 懐かしみとの, 懐しみを, 懷か, 敬意と, 敬意とを, 敬意の, 気兼ねとを, 気楽さを, 温かさ, 無限の, 熱烈な, 片笑靨, 理解とを, 罪の, 苦しみとを, 豊かな, 避けがたい, 階級を

▼ 親しみ~ (46, 3.1%)

2 あった, ないから

1 [42件] あって, あらわれて, ありなつかしみも, ありませうが, あり徳分, あり話, ある, あるが, あるという, あれば, しらずしらずあったの, せず加, ついて, ないの, ないらしく, ない両人, ない父, ない直吉, なかった, なかつたので, なく抱擁, もたなかった, もち得なかった, 一層深く, 何にも, 何も, 何らの, 余計しみじみと, 加わったわけ, 厚みも, 同感も, 増して, 増すよう, 愛情などという, 感じなかった, 憎しみも, 持たないし, 温みも, 湧いて, 無かった, 生まれ団結, 見せて

▼ 親しみ深い~ (40, 2.7%)

2 ものに, 調子で

1 [36件] それを, つ, のは, ものが, ものにな, やうな, レコードである, 一戸, 人の, 人格には, 低音に, 作品は, 同輩の, 名著が, 威容で, 存在と, 小さな木, 庶民的な, 往来が, 御様子, 微笑を, 手つきで, 政治家の, 方な, 曲が, 更に, 活発な, 生徒らの, 眼を, 空気が, 笑いを, 者であった, 青年たちの, 顏を, 風景であろう, 魅力を

▼ 親しみ深く~ (24, 1.6%)

1 [24件] いかに尊い, いろいろな, おぬい, これを, しかも厳粛, その上, てそしてまた, でもあり, ながめやった, なったおりあなた, もあった, 且つ一種慕, 並んで, 思はれるもの, 思われたの, 愛すべき人, 感じたので, 感じて, 感じられた日本家屋, 振舞うて, 毎日見慣れ, 立って, 見慣れた机, 響いて

▼ 親しみ易い~ (22, 1.5%)

3 ものに

1 [19件] が折, ところが, とは言っ, と云, のは, やうな, ような, 人だ, 人だったろう, 人物でした, 兄妹や, 哀楽の, 感が, 態度で, 政府が, 気が, 温か味を, 神が, 笑顏だらう

▼ 親しみやすい~ (20, 1.3%)

1 [20件] くせに, つきあいいい, といううち, ところが, ものである, やうに, 交際し, 人の, 優雅な, 友達として, 子供の, 平民の, 感情を, 気取らぬ美し, 点が, 表題を, 謙遜な, 遊び相手と, 青年だった, 顔だった

▼ 親しみ~ (18, 1.2%)

1 [18件] なること, なるだけ, 代へたり, 前世の, 加えて, 報ひる, 太古の, 彼は, 心を, 於いて, 浸りながら, 満足し, 甘える気, 自から, 過ぎないと, 過ぎなかった, 過ぎませんでした, 酬いる最も

▼ 親しみにくい~ (13, 0.9%)

2 ものを

1 [11件] という, ところが, とは思っ, と考へた, のだ, ので, のという, ものが, ものと, ものに, 雰囲気は

▼ 親しみとを~ (12, 0.8%)

3 持って 2 感じて 1 もつて, 丸い子供, 感ずるか, 持った, 持つて, 欲した, 表わすかの

▼ 親しみ~ (9, 0.6%)

1 なつかしみを, よろこびを, 好意のみ, 嫂らしい, 張りが, 愛着を, 相互に, 羨ましさ, 距離やを

▼ 親しみ難い~ (8, 0.5%)

2 ものを 1 ものとして, ような, 怪物的な, 感じ, 感情を, 感情的疎通性に

▼ 親しみを以て~ (7, 0.5%)

1 こう言いました, それ等の, 兵卒の, 歩く事, 氏等の, 考えたこと, 路傍の

▼ 親しみから~ (6, 0.4%)

1 だとしては, だとばかり, 人間に対する, 出た軽い, 来て, 極めてす

▼ 親しみ~ (6, 0.4%)

2 さを 1 かつた, からしめた, さが, さ又

▼ 親しみがたい~ (5, 0.3%)

1 ところを, 感じが, 憎悪の, 無愛想な, 部屋を

▼ 親しみさえ~ (5, 0.3%)

1 すこしも湧い, 寄せて, 感じて, 持って, 覚えるもの

▼ 親しみ~ (5, 0.3%)

2 懐いて 1 あつた, 久闊の, 彼女等も

▼ 親しみという~ (5, 0.3%)

1 ことは, のを, ものは, ものを, ような

▼ 親しみ~ (5, 0.3%)

1 かいところ, かいもの, かいクルィロフ, かい皺, かさだった

▼ 親しみ易く~ (5, 0.3%)

1 てね, ないの, もあった, 光つて居る, 又読む

▼ 親しみやすく~ (4, 0.3%)

1 もあった, 且つ読ん, 叱られながらも, 思われて

▼ 親しみをも~ (4, 0.3%)

1 忘れて, 感じ得なかつた, 感ずるの, 示して

▼ 親しみ~ (4, 0.3%)

4 だけで

▼ 親しみこれ~ (3, 0.2%)

1 をよく, を信ぜよ, を記念

▼ 親しみ~ (3, 0.2%)

1 今も, 己が, 至善に

▼ 親しみながら~ (3, 0.2%)

1 おおぜ, それらの, ぼんやりし

▼ 親しみふかい~ (3, 0.2%)

1 ものだつた, 日本美観である, 菩薩の

▼ 親しみやすき~ (3, 0.2%)

1 傾きあり, 湯治場の, 蒲団は

▼ 親しみをさえ~ (3, 0.2%)

2 感じて 1 感じた

▼ 親しみ~ (3, 0.2%)

1 で木小屋, に冥通, に行き

▼ 親しみ~ (3, 0.2%)

1 げに, さと, さ人柄の

▼ 親しみ郷土~ (3, 0.2%)

3 を愛し

▼ 親しみある~ (2, 0.1%)

1 機会は, 部屋の

▼ 親しみがたく~ (2, 0.1%)

1 思って, 落ちつかぬ

▼ 親しみその~ (2, 0.1%)

1 結果軍服を, 耳や

▼ 親しみだけ~ (2, 0.1%)

1 では, 持って

▼ 親しみだけは~ (2, 0.1%)

1 抱いて, 見せて

▼ 親しみつつ~ (2, 0.1%)

1 旦暮訪いつ訪われつ, 養い来った日本民族

▼ 親しみなどは~ (2, 0.1%)

1 たちまち消え, 寄せてはを

▼ 親しみにくかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たが

▼ 親しみに対して~ (2, 0.1%)

1 ああまとも, いやがらせを

▼ 親しみ~ (2, 0.1%)

1 つた, ふの

▼ 親しみ合つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, 打ち解け助け合つて彼等

▼ 親しみ~ (2, 0.1%)

1 い心, い素振り

▼ 親しみ~ (2, 0.1%)

1 に甘え, のす

▼ 親しみ~ (2, 0.1%)

1 に憤怒, は島人

▼ 親しみ易い軽い~ (2, 0.1%)

2 藍色に

▼ 親しみ易き~ (2, 0.1%)

1 もの, ものを

▼ 親しみ最も~ (2, 0.1%)

1 正確に, 深きもの今陣營

▼ 親しみ深かっ~ (2, 0.1%)

2

▼ 親しみ深き~ (2, 0.1%)

1 もので, 彼女を

▼ 親しみ父母~ (2, 0.1%)

1 は慈愛, を慕い

▼ 親しみ難かっ~ (2, 0.1%)

1 た, た叮寧さ

▼ 親しみ難く~ (2, 0.1%)

1 てこの, 人寰は

▼1* [128件]

親しみふと人間, 親しみあの料理屋に, 親しみあらゆる職業教養年配性格を通して, 親しみあるいは愛着の, 親しみいつの間にか生きること, 親しみいやなつかしさ, 親しみかえって清国に対して, 親しみかつは武威, 親しみからばかりでは, 親しみがたしといえ, 親しみこの事を, 親しみしかもめいめいが, 親しみしんから人, 親しみすらお互いに, 親しみその後は乳屋, 親しみそれを研究, 親しみそれから次には, 親しみか猛烈, 親しみだけとはちが, 親しみって奴が, 親しみであったものが, 親しみでなく此の, 親しみとが感じられること, 親しみとともに一面高く, 親しみとの交じり合った表情, 親しみともつかぬ炎, 親しみなく遠く感じる, 親しみなどを覚えて, 親しみなりを與へて, 親しみにくかつた, 親しみにも甘えほとんど, 親しみに対する裏切りな, 親しみのち曹操に仕え, 親しみふかき花よ, 親しみふかくみえて, 親しみぶりはむしろ, 親しみ引き戻した, 親しみほかの誰, 親しみまで感じて, 親しみまでがなんとなく温か, 親しみむつぶもの, 親しみやすかった, 親しみやすくつつましい市井の, 親しみやすく温かくまた無邪気, 親しみよく争ひ, 親しみよりか雨中の, 親しみよりも大人対小, 親しみをまでそのまま持ち続けてる, 親しみアキレウスの父ペレウス, 親しみ三四郎に多かれ少かれ, 親しみ且そこを愛する, 親しみ且つ学ばんと, 親しみ久しく眼前の, 親しみは影, 親しみ仏教たるとキリスト教たる, 親しみ以上にいつか私, 親しみ健康と剛健, 親しみは馬鈴薯, 親しみ勝ちであった, 親しみ協力一致して, 親しみ写本の, 親しみ古人の詩, 親しみ古代の雰囲気, 親しみ和歌の趨勢, 親しみを知らず, 親しみ夏冬二回政務の余暇, 親しみ天草の本渡, 親しみ如何なる場合にも, 親しみの中, 親しみ寄りたいという, 親しみ寄りつ読書に, 親しみとんで, 親しみ小人を遠ざけし, 親しみ従って十一谷君を, 親しみ恐れはばかりあるいは, 親しみしむの一段, 親しみを戒め, 親しみ懐しみも常, 親しみかしみ, 親しみを汚し, 親しみ批判し描寫, 親しみ振りに返る, 親しみ採集などによく, 親しみ政治や戦争, 親しみへられた, 親しみ教養を引き, 親しみはれるやう, 親しみ敬愛しよろこんで, 親しみに一家, 親しみが文三, 親しみ早く何事かを, 親しみ易かったという, 親しみ易げな印象, 親しみ昵む事が出, 親しみの淵源, 親しみ本当にその魅力, 親しみ次に道阿弥を, 親しみ次第に過去時代の, 親しみ欣然日々の, 親しみ此方に遠ざかれ, 親しみ江戸つ子, 親しみ浅田を介し, 親しみに入れ, 親しみ深い快い様子に, 親しみ深く面白いものだ, 親しみ清子を見る, 親しみ独特の百姓剣法, 親しみ現時文壇の新作等, 親しみ甘えたものである, 親しみ睦み合いしに, 親しみ私情を去っ, 親しみを住まい, 親しみするに, 親しみ自然を対象, 親しみ至善にとどまる, 親しみ興味と云, 親しみ薄く感ぜられた, 親しみ血腥い中に, 親しみ解説書等で間に合わせ, 親しみ賢人を遠ざけし, 親しみ赤い柿の, 親しみ軽い実験的興味をすら, 親しみ農田の人々, 親しみ閑雅の清趣, 親しみに合せる, 親しみ難き風ある, 親しみ飲食衣服の物, 親しみ馴れていつか