青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「落し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~菓子 菓子~ 菜~ 華~ 華やか~ 萩~ 萬~ ~落 落~ ~落し
落し~
~落した 落した~ ~落ち 落ち~ ~落ちた 落ちた~ 落ちつい~ ~落ちる 落ちる~ ~落着

「落し~」 3283, 34ppm, 3442位

▼ 落し~ (2215, 67.5%)

81 いた 61 しまった 45 いる 28 ゐた 19 しまつ 14 いるの, しまう 13 おいて, ゐる 12 しまいました 10 しまうの, しまったの, やった, 行った 9 いたが, しまって, 自分の, 行ったの 8 いった 7 いたの, みると, やると, ゐるの, 云った, 居た, 来て 6 それを, やって, 了った, 来た, 見ると 5 いました, いると, しまったが, みせる, やる, ゆくの, 來た, 眼を, 置いて, 言うて

4 [14件] きたの, しまったん, しまひました, しまふと, その上, やろうと, ゐると, 云つた, 元の, 居る, 溜息を, 行くの, 行ったもの, 行ったん

3 [30件] いったもの, いつた, いて, いるが, いるもの, ください, くれ, さつ, しまうと, しまおうと, しまったこと, しまったよう, すさまじい音, まだ何, みた, やつた, やろう, 一枚は, 両手を, 口を, 叫んだ, 居りました, 急に, 来たの, 来たよう, 煮て, 膝の, 行きました, 行く, 逃げて

2 [116件] あとは, いた眼, いったと, いつもの, いましたが, いるか, いること, いるよう, いる所, おきました, おしまひ, お吉, お富, きた, きて, くる, くれた, くれるから, これも, しまいたかった, しまうという, しまえば, しまったから, しまったので, しまったもの, しまつた, しまつて, しまふ, しまふところ, しまふの, じっと許宣, じりじりと, すぐ自分, すばやく引きあげ, そのう, ひどくお前, みたり, やったり, やらうと, やりたいね, やるよ, やれば, やろうか, ゆく, よこして, よこしました, オカンを, ドクトルを, ビイルを, ムリムタイにでも, 上から, 下さい, 下さりませ, 両手に, 乙女の, 了って, 仕舞いました, 何か, 來る, 俯向い, 其処に, 冷たい風, 半熟に, 去って, 呟いた, 唯, 囁いた, 四辺に, 壊して, 娘の, 居ると, 居るの, 帰った, 平次の, 廻るん, 彼の, 往った, 微塵に, 指して, 新らしい, 来たん, 極めて気, 歯を, 殆ん, 汚したの, 汽車の, 煙草を, 目で, 知らずに, 破って, 私は, 空を, 粉に, 置いたらどう, 置きました, 置くこと, 聞いて, 自分達も, 草の, 行くもの, 行ったか, 行った財布, 行つた, 見せるの, 言うこと, 言った, 語りは, 誰が, 身體を, 逃げました, 逃げましたが, 釵を, 食ふ, 食べました, 馴れない平次, 鼻を

1 [1324件 抜粋] あぐらを, あったの, あの子, あると, あれば, いかで諸, いく客たち, いたかも, いただきますと, いたよう, いたらマア坊, いた与八, いた松田, いた玄徳, いた袁紹, いったの, いった反古, いった青い, いつまでも, いても, いなさる方, いましたらポーセ, いらっしゃい, いるあの, いるから, いるその, いるという, いるとき, いるよ, いるらしくも, いる上, いる人々, いる処, いる奴, いる山裾, いる彼, いる朝野, いる石垣, いる翳影, いる辺, いる青木, いればこそ, うつらうつらと, おいたとは, おいちゃあ, おかないと, おくつもり, おくん, おしまいに, おらないけれども, おります, お才, お米, お置き, お飯, かねに, かぶりついた糸七, がっかりする, きたほか, きたよう, きょとんと, くだされば, くどくどと, くれい, くれた刃, くれた物, くれべ, くれますわ, くれるぞと, ぐったりと, ぐんぐん進ん, こう言う, こちらの, この女, こられたもの, こんな筋, ささやいた, さしあげなければ, さも感動, しばしば樂ん, しばらく指, しばらく考へ, しまいたくないの, しまいましたわ, しまいます小, しまい剃りあと, しまい永久, しまうそうして, しまうので, しまうよう, しまう事, しまおうそして, しまったあ, しまったそう, しまったところ, しまったらばと, しまった処, しまった災難, しまつたん, しまつて浮動し, しまひいま, しまひたかつた, しまふから, しまへ, しまわないよう, じっと耳, すくんだやう, すぐ砂土原町, すつと, せっせとあと, そこはかとなく揺めいた, そこらに, そっと窓, そつと, その下, その地面, その岩, その時腕, その死骸, その袖, それからさっと, それからまた精げ上げた, それが, それと, ちょっと嫌, とうとう手金, どうぢ, なにか考えこん, なんだか大, はく, はらはらと, ひれ伏した, ふと常, ぶちまけちまひ, ほろりと, まいりませば, またその, また拾い上げた, まだ二十五歳, まるで赤煉瓦, みせるぞ, みたい亢奮, みても, みや, みる, むくりと, もらうよう, もらってから, やったと, やったん, やった孫房家, やらう, やりさえ, やりてえと, やりまさア, やるから, やるつもり, やるん, ゆくかの, ゆくだけの, ゆくなよ, ゆく影, ゆく運命, よく眠っ, よこすし, わが娘, わったり, ゐたのに, ゐた山崎, ゐた考, ゐて, ゐるその, ゐるだけで, ゐるに, ゐる六十あまり, ゐる姿, ゐる樣, イライラし, ガタガタふるえた, グズグズと, サツと, シクジリの, ソファの, ニュース第, パンスケに, ヘナヘナと, ワーッと, 一つも, 一塊づつ散つ, 一寸考え込みました, 一生けん命実を, 七日間の, 三番棒で, 上官の, 下さいと, 下さいました, 下に, 下駄で, 不機嫌な, 世間普通の, 両脚を, 両足を, 丸額に, 了いました, 了つた, 了は, 了ひました, 二番に, 亡い, 亡す, 人力でも, 仕事に, 仕舞つた, 仰ぎ様, 伏せた頬, 会津を, 低い子供, 何となく考, 何も, 何時の間にやら, 使つてゐる, 來るなら, 俯向いた, 僅に, 元も, 入口の, 兩手を, 八百キロだ, 其処にが, 再び上人様, 切身の, 利欲の, 前なる, 割り私の, 十一文川底から, 十年前に, 半歳餘り, 南アルプスには, 単に結果, 参り四万川, 又湯, 叩いて, 同じよう, 呉れ, 呟いた時, 命からがら逃げ出し, 咒禁師の, 唸り返した, 喝采する, 囀れり, 困った今日, 地摺に, 坐り直った, 壊した, 夏という, 夜半の, 大きく膨脹, 大きな泥湖, 大伯母と, 大虫, 天然の, 奴おさえろ, 安い品, 宜く見る, 家の, 小合溜, 小手と, 少しずつ, 居たが, 居ない, 居るに, 居るらしい, 居る女, 屍体の, 川丘みどりに, 左兵衛佐は, 差しながら, 帰りたいと, 帰路を, 平定した, 幹は, 廻るの, 弾みを, 当該事件が, 往つた履の, 後手に, 得意に, 心を, 怒らせて, 急ぎ書き, 恐る, 息もはず, 悄るる, 意の, 我に, 我家の, 戻ると, 手を, 抱きついた, 拾い上げる拍子, 拾ひけり, 挨拶した, 据わって, 採集した, 搜しました, 敵の, 斃れました, 斬り返すか, 新芽から, 旅立ちの, 日暮の, 日頃の, 明日は, 晴れに, 暢気さうに岩魚を, 暫らく身を, 更にアラビヤゴム, 書架の, 最早そのまま動かう, 木下殿を, 札幌に, 来そう, 来たぞ, 来たでしょう, 来たので, 来たらしかった, 来た夕立, 来てよ, 来ねば, 来ました, 来る, 来るとかいう, 東の, 柄に, 梓滝郡へ, 椽の, 横坐りに, 權六の, 歎じた, 正月を, 此処でも, 歩いたり, 歩くほう, 歩く鳥, 死んだんぢ, 殺したと, 殺しました, 殺害し, 母親に, 気長に, 水呑コップに, 汚すと, 法水は, 洋館説に, 洟を, 流るるさえ, 海中に, 涼衣に, 渡るところ, 満足し, 溺れ死なし, 漂浪の, 潰乱を, 濁しけり, 火の, 灰色の, 無念を, 無理に, 無言の, 煙草に, 爪皮一枚を, 父の, 片附ける, 生かして, 生き地獄, 申訳が, 疊に, 疲れきり汗, 病気に, 登校した, 白粉を, 直ぐに, 眉間に, 真剣な, 着物を, 知らん顏, 破った事, 磨いたり, 秘密に, 突き交ぜ, 窓の, 立ち何, 立去った, 竜宮まで, 笑ひたるらし, 糸嚢から, 紛失しました, 素早くシュミーズ, 終った, 組み付いた, 編笠を, 罪とがも, 置いたという, 置き月, 置くと, 置けば, 義理の, 義雄の, 羽島さんの, 聞き入, 肌に, 肩揚の, 胴体と, 腕を, 腰へ, 膝を, 自分が, 自分も, 艱難辛苦を, 草を, 荒い鼻息, 薄ッぺらな絵, 蘇生つた, 血ぶる, 行きは, 行きやが, 行くと, 行くよう, 行く内, 行く彼等, 行け, 行ったこれ, 行った処, 行った最初, 行った白い, 行った針, 行つたから, 行つたのです, 行つた青い, 表装の, 裏の, 見せて, 見せる, 見たの, 見たり, 見て, 見ようという, 見る気持, 見事自刃され, 見玉, 言いました, 討死を, 語られも, 調べた, 豹の, 買うよう, 走り出して, 足を, 跛行を, 踏み潰して, 身仕舞いを, 軽く千鶴子, 辞退を, 退隱, 逃げ亡せ, 途中で, 逝きたいもの, 過ぎたの, 道を, 遠くに, 配達された, 酔ったよう, 金, 鉄の, 銭湯の, 鐵漿を, 閾の, 隠した物, 隣家を, 雨ぞ, 雲が, 震い着い, 静かに, 頭を, 顔色を, 顧みぬほど, 飛ぶの, 食うと, 食って, 食べむと, 飲み私, 養子の, 駈け抜けると, 高くついた, 魂が, 鮮やかな, 鳴ける小鳥ら, 黒い地肌, 黙った, 黙つて

▼ 落しながら~ (114, 3.5%)

3 言った 2 この現実, 云った, 歩いて

1 [105件] あの生稲, いい加減に, いった, うなずいた, しばらく沈黙, すぐまた, ずん, そうだ, そこに, そこらを, その間に, それぎり何とも, つづけた, どんどん向う, はたと言葉, ひろ子も, ふいに, ふと紙鳶, ふと薄紫, まじまじ僕たち, もう一度盆, やや皮肉, ゆるゆると, わなわなふるえる, わびしさ, スイスイと, ヘッドライトの, ベンチから, 一枚一枚の, 丁度神の, 三吉は, 上って, 中江川平太夫を, 事務室へ, 二人の, 云いました, 云うの, 云つた, 云ひました, 何か, 何となく其処, 何ともいえない, 側に, 入口の, 其のまま, 冷えた自分, 出て, 刎ね, 博勞が, 口籠もった, 口重そうに, 呟いた, 喚いた, 始めて得意, 孝之進は, 宥った, 家の, 家を, 宿の, 常にトボ, 平次の, 幾らか気, 当も, 形の, 往来に, 微笑んだ, 心では, 思つた, 悠然とかまえてる, 摺寄る, 新聞の, 暴, 本堂の, 村の, 杖を, 椅子に, 標石から, 沢を, 無性に敷島, 無意識に, 父親の, 猪苗代湖行きの, 番傘を, 目の下の, 硯の, 神妙に, 私の, 立って, 粗末な, 聞いて, 自分は, 言出した, 読む, 身を, 道子は, 遠ざかって, 遮るもの, 青くなり, 静かに, 静に, 額を, 首垂れ, 馳ける, 黒髪を, 鼈甲縁の

▼ 落したり~ (76, 2.3%)

9 して 8 した 2 し者, するの, 梁へ, 爪の

1 [51件] あちこちに, あるいはまた自分, い, いろんな事, お茶に, させた, したまま, した真新しい, してから, してね, しながら, する, すると, する危険, する物騒, それから食後, そんな役目, つよめたり, または家, まちがいを, 井戸端で, 信一と, 削いだり, 又は是非墨色, 叩き付けたり, 坐って, 塀に, 失したり, 奪られ, 小手を, 手首を, 捨てたり, 梳いたり, 横に, 櫟林の, 瀬戸物を, 猿蟹合戰を, 甚だしきは, 粗忽な, 背中へ, 膝を, 舞扇を, 落さなかったり, 表を, 足を, 醤油を, 金網越しに, 青葉まで, 音せぬ, 頭を, 髪を

▼ 落し~ (65, 2.0%)

5 中の 3 中に, 蓋を 2 中へ, 揚げ蓋が, 煙草入れを, 血の池借金の

1 [46件] うまさ, おちたその, からくりから, ついた四角, ないため, ような, 一手だった, 上に, 中から, 中さ, 中は, 中まで, 付いた四角, 信国が, 入った十能, 努力が, 夏の, 大事な, 奧に, 女工にな, 安火鉢, 床に, 底に, 形が, 憂きめ, 手なんぞ, 断崖の, 方が, 方へ, 根附が, 気持を, 汚い長火鉢, 火を, 灰の, 煙草入れと, 秘芸御覧に, 空あい, 箇所が, 計略も, 酒宴を, 鐺を, 長火鉢の, 陥し穴, 風を, 馬鹿め, 髯を

▼ 落し~ (52, 1.6%)

3 さして 2 かかって, 撞, 首を

1 [43件] かかると, かかる獣, かかろうと, くるといふ, さすと, つけて, つけ入って, ながめて, なった襟, なってから, なつた, ならないで, なりは, なりました, なりましたので, なりませんでしたか, なるの, よんで, 一刀下の, 三本の, 入って, 入れたまま, 噛み合って, 大地に, 引っ掴みジリジリ, 忍ばせた五十兩, 愛想尽し, 投げ飛ばされた咄嗟, 押さえて, 挟撃した, 掛った, 暗くなっ, 来るだろう, 来る浅慮, 海に, 胃の腑を, 背筋の, 行くそう, 行くと, 行った, 近づいて, 面白を, 飛び込んだ

▼ 落しては~ (49, 1.5%)

3 いるが 2 あるが, いけない, いけないよ, いけません, ならないと, 可け

1 [34件] ありません, いかんよ, いけないぞ, いけないと, いけませんぜ, いないの, それを, つまらないで, なにか祈, ならないこと, ならないといふ, ならないの, ならなかった, ならぬ今に, ならぬ大事, ならんぞ, なりませんお母様, なるもの, ひよる光りを, ひろい上げようやく, またすくい上げ, ゐないと, 一日も, 其庖丁で, 喰べて, 困るねえ, 城中すべての, 来つつ, 次へ, 水車を, 灰に, 片手で, 自分の, 若々しい若葉

▼ 落しても~ (30, 0.9%)

2 不思議は

1 [28件] いい, いいつもり, いつでも, いないが, かまわぬと, こうして煩悩, これだけは, すぐに, そのまま引込ん, たれ癖, ドンコに, 二郎は, 今時警察へ, 剃り落しても, 危いぐらい, 大丈夫勝つ, 大事ない, 安月給, 容易に, 忽ち押し流され, 悪いという, 或程度, 振り落し, 根が, 落しても, 赤斑の, 転がしても, 高い処

▼ 落し~ (23, 0.7%)

3 開けて 2 喰は

1 [18件] ぐわんと, こしらえて, して, やったらしいよ, やったり, やってから, やつて, やる労働者, 十能に, 喰い残余, 喰らはせ, 引き受けろもし, 持って, 榜ぎ出で, 運んで, 開けさせました, 開けると, 開ける工夫

▼ 落しそう~ (16, 0.5%)

4 になった

1 [12件] だった, なこと, なので, な勢い, な心持, な酒, にした, にする, になり, になりました, になる, に掛けた

▼ 落してから~ (13, 0.4%)

2 驚いた

1 [11件] あっしひとりで, このこと, やってきなよ, 一度寢, 一本腕は, 五分以内に, 吸口を, 国頭旅行からの, 池の, 私に, 長火鉢の

▼ 落し~ (12, 0.4%)

1 [12件] しないかと, しないかという, しないが, しない筈, しまい, しませんよ, するが, せぬ, つたのと, ないかと, ひきうけたと, 今の

▼ 落し~ (12, 0.4%)

2 が分らない 1 があなた, がちようど, が探し, というの, にかえし, のこと, のところ, は, はこちら, は判つて

▼ 落しその~ (11, 0.3%)

2 代り結納は 1 ナギナタを, 上に, 刀は, 勢いで, 次は, 籾を, 薄暗い陰翳, 足で, 顳

▼ 落し~ (11, 0.3%)

1 [11件] いいの, いこうと, かえります, どうしてもかなわない, 四番も, 植物の, 洗髪の, 立て續, 語り澁る, 遁げたたった今, 那波

▼ 落し~ (11, 0.3%)

1 [11件] から例, がピッタリ, のやう, の下, の方, はいつ, より真, をあげ, を押し試み, を開く, を開け

▼ 落し~ (11, 0.3%)

1 [11件] が下りる, というの, なん, にその, の動き, の微妙, の支点, の最小内角, の箒, の角度, を半開き

▼ 落し~ (9, 0.3%)

1 ですな, でない様, になっ, のやう, の前, の様, を聽, を聽いち, を語つて

▼ 落しそれ~ (8, 0.2%)

2 があぐら 1 に湯, は夜店, をうしろ, をとっ, を交互, を巧み

▼ 落しちゃ~ (8, 0.2%)

1 いかないぞ, いけないよ, いけねえぜ, いや, ならんという, アいけません, ア済まない, ツマラン

▼ 落しでも~ (8, 0.2%)

3 したの 1 いい恵んで, したもの, したよう, したん, しては

▼ 落し~ (8, 0.2%)

2 手早く覗い 1 いて, いひ石田局, きまっておる, 云, 瓶を, 言ふ

▼ 落し自分~ (7, 0.2%)

1 のみ登天, の行為, の身体, はわずか, はキャッ, は大平山, も棒

▼ 落し~ (6, 0.2%)

1 がったらどう, がったん, つけ加へが, 植かへを, 癪お, 話しっくら

▼ 落しそれから~ (5, 0.2%)

2 水を 1 ふたたびそっと椅子, ナイフの, 騒ぎ出したこと

▼ 落しという~ (5, 0.2%)

1 ことに, 懐中袋から, 民間修験が, 秋の, 髪一体

▼ 落し~ (5, 0.2%)

1 しなかった, せんさかい, みあげを, 何のその, 全然済む

▼ 落し~ (5, 0.2%)

2 て立 1 たりし, て, て平野

▼ 落しそして~ (4, 0.1%)

1 それは, 伏眼で, 脇腹の, 頭を

▼ 落しなすった~ (4, 0.1%)

2 のです 1 ばかりで, 荷が

▼ 落しまた~ (4, 0.1%)

1 その上, ひきあげる, 元の, 燭を

▼ 落し~ (4, 0.1%)

3 腕を 1 の手

▼ 落し~ (4, 0.1%)

1 にはいっ, は堰路, を呑んだ, 聞くこと

▼ 落し~ (4, 0.1%)

4 上げました

▼ 落しさうに~ (3, 0.1%)

1 した, して, なり

▼ 落したる~ (3, 0.1%)

1 を見, を貴き, 名刺を

▼ 落しつつ~ (3, 0.1%)

1 この惨敗, 両脚を, 同ホテル内

▼ 落しなど~ (3, 0.1%)

1 した, して, するを

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 たもの, て言う, 給うこと

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 からは泡, にたまる, は切った

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 がたくさん, です, なら知らぬ事

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 だと, の不知哉丸, らしいが

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 にし, に身, を床の間

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 が上手, をし, を遂げ

▼ 落し~ (3, 0.1%)

1 ふ, ふな, へり盲者中

▼ 落し~ (2, 0.1%)

2 日さまが

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 いいワナ, 済むよう

▼ 落しけむ~ (2, 0.1%)

1 一尺の, 久米の

▼ 落しこういう~ (2, 0.1%)

2 稼業を

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 うな, まで

▼ 落しさて~ (2, 0.1%)

2 臍下丹田に

▼ 落したりなど~ (2, 0.1%)

1 した事, して

▼ 落してしも~ (2, 0.1%)

1 うた, うたが

▼ 落してでも~ (2, 0.1%)

1 来たん, 自分が

▼ 落しでは~ (2, 0.1%)

1 どうも火持ち, なくて

▼ 落しなく~ (2, 0.1%)

1 元弘二年の, 演じ申すべく候えば

▼ 落しよう~ (2, 0.1%)

1 か思, と言い出した

▼ 落しダネ~ (2, 0.1%)

1 で女中, と名乗っ

▼ 落し乍ら言~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 落し今度~ (2, 0.1%)

1 はシャン, は懐中

▼ 落し~ (2, 0.1%)

2 を拒み

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 のよう, の生地

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 といった風情, とも思われない

▼ 落し~ (2, 0.1%)

2 と二人

▼ 落し初め~ (2, 0.1%)

2

▼ 落し右手~ (2, 0.1%)

1 に常用, の股

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 は助け, を取った

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 だと, には精

▼ 落し好き~ (2, 0.1%)

2 な尺八一管

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 に廻っ, 向くと

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 で自分, もだら

▼ 落し掛け~ (2, 0.1%)

1 からホヤ, センの

▼ 落し服装~ (2, 0.1%)

1 から姿態, を改めて

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 を染め, を染めるべきである

▼ 落し殿様~ (2, 0.1%)

1 にたきつけ, は死去

▼ 落し~ (2, 0.1%)

2 りに

▼ 落し玉子~ (2, 0.1%)

2 の吸物

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 に差しこん, に差した

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 に妖しき, も生やし

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 のふた, もて竈口

▼ 落し秘符~ (2, 0.1%)

2 の威徳

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 でで, で利根

▼ 落し込んだ~ (2, 0.1%)

1 のだ, 私は

▼ 落し~ (2, 0.1%)

1 は柳, をたれ

▼ 落し高速度~ (2, 0.1%)

2 逆回転

▼1* [351件]

落しあとから息の根, 落しあるものは, 落しあるいは分量を, 落しあッというま, 落しいい加減酔ったところ, 落しいったん湯に, 落しいま一人の子, 落しおそくとも今晩七時半の, 落しお座所の御, 落しお辞儀の暇, 落し宝塚中劇場あたりへ, 落しかけていた, 落しかげんにし, 落しかたい拳で, 落しから床板を, 落しきたるを感じ, 落しきつてゐる, 落しきりに候, 落しこうして, 落しこんだのです, 落しごみをおとす, 落しさうになつたが, 落しさえすれば, 落ししかしもう二度とめぐり合う, 落ししずかな水, 落しすぐ毛を, 落しすべて当人以外の助太刀, 落しすんなりとした, 落しせっかくこちらに, 落しそこにグミ, 落しそっと薬に, 落しそのまま寸延びの, 落しその他の小, 落したといへよう, 落したままで行燈, 落したよりは今, 落したりと云, 落したりとて悲しむ者, 落したりなんかして, 落したりもした, 落したれど露顕, 落したんぢやありません, 落しとかすべて, 落しだのホームランゲームだ, 落しちやならねえ, 落しっぱなしになっ, 落しつかきかぞへ一二三四五六七八九人, 落しつづいて俳諧本来, 落してあつたアメリカ土人, 落してからの事だ, 落してこはすこ, 落してこそおれ今に, 落してとぼとぼと歩み行く, 落してなりと差上げましょうに, 落してね今探し, 落してねと真面目に, 落しての話で, 落してもも一度美濃善, 落してよ俺の, 落してをりますが, 落しとうとう払暁まで, 落しば蔓, 落しながらも十分聞きとれる, 落しなさいましてもあなた, 落しなさらなかったらわたくしは, 落しなさるなと呼び, 落しなすって, 落しなすつたことは, 落しなすつたのは曉方, 落しなぞもあろう, 落しなどを運んで, 落しなんかしようもの, 落しにはなにを, 落しはいまつの, 落しはっと座ると, 落しひとから貰った, 落しひどく神妙さうに黙々, 落しふたたび亀寿さまを, 落し首を, 落しあすと, 落しまいらせ十三歳の, 落しまする際に, 落しまたは弾丸の, 落しまだ三十六歳の, 落しみちのくの果て, 落しむき直って冷淡, 落しもはやいつもの仕事, 落しやがて梯子を, 落しやすい火山岩である, 落しやはり眉を, 落しやらんとして, 落しゆっくり煙草を, 落しようのと血道, 落しよきひと泣け, 落しスルスルと滑っ, 落しダダッと見る, 落しダンブル掃除入渠船の船底洗, 落しバットの狙撃, 落しペンキを塗る, 落しメリメリと外箱, 落しヨロヨロと後退り, 落しル・サンルウと雑役, 落しワナワナと慄, 落し一つ鼾をかき, 落し一休みの後, 落し一斉に激水, 落し一緒に博士, 落し一面の水, 落し丁度手の甲で, 落し三分間ほど曲り角, 落しから木剣, 落し世間恐怖もて満たされ, 落し乍ら中江川平太夫を顧みました, 落し乍ら以ての外の首, 落し二人ばかりに手, 落し二階の自分, 落しか, 落し人明白に相, 落しへる木, 落し何やら囁いた, 落し何処を風, 落し何千何萬の人, 落し來らんとして, 落し候事も有れ, 落し候侍の事, 落しである, 落し入るること大なる, 落し兩手を額, 落し兩脚を斷, 落し兼ねないような, 落し内々脂下つて居るところ, 落し内側の四片, 落し内臓を抜いた, 落し出鼻を廻わる, 落し切り落しむっちりとして, 落し勝ちな妹, 落し好く飛ん, 落し十二月に村木, 落し十枚ばかりの小判, 落し千丈の崖, 落し南谷を隔て, 落し去っている, 落し参らせつづいて将卒, 落し参らせるとしても世子, 落し一足行っ, 落し口鬚と顎髯, 落し右腕を抱え, 落しはぬ, 落しふ場所, 落し吹きおくり塵を, 落し呑み終りて女房, 落し周瑜の体, 落し味噌のよう, 落し器具に火, 落し器物を棚, 落し器用に三枚, 落し国土の重宝永遠, 落し国許を立退いた, 落しや木の葉, 落しに倒, 落し地上に仰ぎ倒れしむ, 落し地面に立っ, 落し坊主に読経, 落し堤防の毒, 落し墨染の衣, 落し夕飯を済ます, 落し大勢の難儀, 落し大枚三百兩の支度金, 落し太陽が赫, 落し失神したよう, 落し奉らんとも申されぬ, 落し嫁入り前の若い, 落し宗友の冷たい, 落し宗春の衣裳, 落しをとり, 落し小松屋へ乘, 落し少しかがむ様, 落し少年たちまち覚め, 落し尻餅をつかせ, 落しが手, 落しから馬匹, 落し平気で勝負, 落し床几から身, 落しにたまった, 落しの茂, 落し弩弓を乱射, 落し弱った魂を, 落し張合なげに, 落しと光, 落しは目頭, 落し彼奴の首, 落し後悔の尾, 落し得長寺院の三十三間, 落しの饗宴, 落し忘れて静か, 落し思はずも幼, 落し悍馬の蹄, 落し悪い城は, 落し惣蔵更に一騎, 落し惨めな末路, 落し意外なほど, 落し憂鬱である, 落しその上, 落し我児をぐっと, 落し或いは民主主義的或いは, 落し或は少し許, 落し扇子を忘れ, 落し手早く掻取り, 落し手網で魚, 落しふま, 落し損つた片割れだらうと, 落し損ねたとかいふ話, 落し散々詫びを言, 落し数千町歩の新田, 落し敵城を乗取る, 落し斯くて三浦越中守, 落し方法はつい, 落しは早く, 落し日本風に結髪, 落し早苗取りと続いた, 落し易いとかそういう, 落しはと取ろう, 落し最後にウンクツアリウム, 落し服部良一と銀座, 落し木の下の猿, 落し木製の草履, 落し末端は五度位, 落しの木, 落し李別が驚い, 落しを握れ, 落しのこずえ, 落し果ててしまった, 落し枯葉をおとす, 落し様子を覗いおる, 落しの幹, 落し次手に振, 落し次第に新しい仲間, 落し正面からものいおう, 落しに脚, 落し水仙を地びた, 落し江州へ帰る, 落し油磨きをかけ, 落しを行う, 落し法律修業を廃, 落し法衣を著し, 落し泥道に乗り棄て, 落し注視しまた, 落し泳ぎを全く, 落し清正公などと船頭, 落し漸く縄を, 落し灌木を掻き分け, 落しをたい, 落し炭酸瓦斯を下, 落し点じたのを, 落し無念の思晴, 落し片手なぐりに, 落しが金, 落し玉突き台に浅く, 落し珊瑚の珠, 落し甲賀世阿弥の血汐, 落し申さうかと只もう, 落し申さんと奉, 落し申しその次, 落し申したる心外さ口惜さ, 落し申し上げんつもりです, 落し申そうかと只もう, 落し疣尻卷にし, 落し白いものを, 落しして, 落し真中を固く, 落し瞬時ためらい, 落し慶どのの, 落しの伝説, 落し私足下に手, 落し窓際にもたれ, 落し窮屈そうに胴体, 落し立てそれからその, 落し管領を殺した, 落し終に自ら刀鋒を, 落し結局比例の一点, 落しの中腹, 落し候えば, 落し置くを跡, 落し群がり落つる毬棒刺叉を, 落し飛ぶとき, 落し翌日血の痕, 落しを隠し, 落し高く笑, 落しが短く, 落しを組ん, 落しの上, 落し自軍の列, 落し良いものは, 落しは沼地, 落し芝生の上, 落しる, 落し落し出鼻を廻わる, 落し落し意外なほど, 落し葉子にちらりと, 落し葉藏の顏, 落し蒲団の中, 落しだけが靜脈, 落しを割り水, 落ししかと手, 落し行きしかを知る, 落し行儀よく両手, 落し行方知れずに, 落しなんてえ, 落しの灯, 落し衣裳を着変え, 落しを投げ, 落し製図を引裂き, 落し襟元をくつろげ, 落し試みていました, 落し話しでありますが, 落し話ぢやありません, 落し話同様思わぬところ, 落しが盃, 落しから推し, 落し蹴落しながらさすが, 落しをかわす, 落し身軽に裾, 落し軈て男らしくない, 落し込むことと, 落し込んで三枚襲, 落し近所の二三軒, 落し返してからカプセル, 落し回転二重うつし, 落し遂に檜垣の, 落し運平老から離れ, 落し遠く空のは, 落し部屋は真暗, 落し金式の物, 落し金網を大口, 落しを調餌室, 落しの毛, 落し鋭く呼子を, 落しよ鏡, 落し間もなくその年, 落し防空壕に飛び込む, 落しや首, 落し飛び散る血を, 落し飛行士は夕暮, 落し垂れて, 落しった者, 落しけ付けた, 落しをしゃぶり, 落し骨組を引張っ, 落しをふりみだし, 落しの着物, 落しの下