青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「親~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

覗き~ ~覗く 覗く~ 覚~ ~覚え 覚え~ ~覚えた ~覚悟 覚悟~ ~親
親~
~親しい 親しい~ ~親しく 親しく~ ~親しみ 親しみ~ ~親分 親分~ ~親切 親切~

「親~」 9592, 104ppm, 1040位

▼ 親~ (2776, 28.9%)

55 敵を 26 ために 25 家を 23 代から 22 家に, 家へ 20 敵と 18 仇を 17 因果が 15 ように, 方が, 脛を 12 口から, 名を, 心は, 死目に 11 ない子, 家の, 身として 10 いうこと, 敵, 身に 9 かたきを, ことを, 代からの, 子を, 心が, 恩を, 為に, 罪を 8 ところへ, 事を, 厄介に, 喪に, 心に, 手に, 敵だ 7 仇だ, 敵の, 敵は, 金を 6 家から, 心を, 心子知らず, 恩, 愛は, 愛を, 手を, 方を, 目を, 言ふ

5 [25件] ありがたさ, ある人, もとを, ような, 借金の, 側へ, 力で, 口からは, 名は, 恥を, 意見も, 慾目で, 手から, 手で, 敵が, 敵に, 方で, 方に, 様に, 罰だ, 血を, 許へ, 身としては, 遺産を, 里も

4 [25件] ある子, いいつけ, ためだ, つけた名前, やうに, 云うこと, 仇が, 保護を, 前に, 命令に, 子に, 心子知らずと, 意に, 死に目に, 為めに, 目には, 眼から, 私は, 膝下に, 行方が, 身代を, 遺言で, 金で, 難儀を, 顔が

3 [62件] こしらい, つけた名, ところに, やうな, 下に, 世話に, 仇でも, 仇と, 仇討ち, 代に, 位牌を, 側, 処へ, 利助の, 前で, 名誉に, 命を, 喪中に, 墓の, 姿が, 威光で, 子に対する, 家, 家が, 家は, 心の, 心子知らずとは, 思惑を, 恩は, 情として, 情は, 意見を, 愛が, 慈悲という, 慈悲阿, 所へ, 手助けを, 敵でも, 新助, 日に, 権利を, 無理を, 爲に, 病気が, 目から, 目に, 目にも, 義務である, 言ひなり, 許から, 許に, 讐を, 貢を, 足を, 跡めを, 跡を, 遺言を, 金は, 頭に, 顔に, 顔は, 骨を

2 [176件] あざらしが, ある甲斐, ある者, うちに, かたきと, かたきの, かへる, すねかじりだ, すねかじりで, すべてが, せいな, そばに, ためでも, ためという, ためには, ためにも, ないチョビ安, ない児, ない娘, ない子供, ない孤児, なさけは, ふところに, ほうが, もとに, ゆづりの, 不承知な, 乳を, 乳房を, 云いつけに, 仇か, 仇という, 仇などと, 仇に, 仇敵を, 仕事を, 仕送りを, 使に, 側に, 傍に, 光は, 利助とは, 前でも, 前へ, 半兵衞, 卿の, 厄介と, 取りきめて, 取り極めた通り, 古巣に, 名で, 名前を, 名誉を, 名跡を, 命に, 命令で, 命日だ, 喪を, 因果で, 在所が, 大金を, 如, 如くに, 姿は, 威光でも, 子なれ, 家で, 家です, 家にも, 家へも, 家をば, 居る方, 山女魚は, 市之助が, 師匠も, 心では, 心なる, 心には, 心も, 心子知らずで, 心持で, 念力で, 思い出を, 恥まで, 恩や, 悪口を, 情から, 情が, 情であった, 情と, 情の, 意を, 意志によって, 意見や, 愛から, 愛で, 愛である, 愛ほど, 慈悲, 慈悲だ, 慈悲は, 慈愛が, 慾だ, 我儘である, 手ひとつで, 手元で, 手許に, 手許を, 敵です, 敵では, 敵も, 敵姉の, 敵覚悟を, 敵討ちは, 方から, 方にも, 日, 有難さ, 権力が, 権力も, 機嫌を, 歎き, 死に目にも, 死目にも, 気もちが, 気持も, 海豹が, 無い子, 爲弟の, 狭い胸, 用で, 病気と, 病気といふ, 病気の, 病気を, 痩せたる肩, 癖に, 目の, 眼からは, 眼が, 眼鏡に, 私が, 立場から, 立場に, 結ぶ縁, 胸を, 良持, 良秀の, 良秀は, 言うこと, 言ひ, 言ふこ, 言葉が, 言葉に, 許さぬ男, 許した仲, 許しを, 詞に, 財産を, 責任を, 身の, 野心の, 金でも, 金とも, 附けた名, 限りない, 雀は, 雀や, 雁は, 靈を, 非を, 顏娘は, 顔も, 顔色を, 養育の, 餌食と

1 [1413件 抜粋] あいだがらであり, あとに, あなた方が, ありがたいこと, ある児, いう事, いじらしい心, いとしみ, いひつけ, うちなんて, うつ太鼓, おてつだい, お前さんの, お庇, かきの, かたきが, かたきで, かたきは, かつての, からだが, きめた縁談, くれたもの, こころなりけり, こころ子しらず, ことであった, ことなど, ことは, ことや, ごとく, さだめた許嫁, したまま, すがた, すねかじり, する當前, せんぎは, そば, ためか, ためなり, ためや, ため妻の, だらしの, つけた平凡, ところを, ないおれ, ないせい, ない一人, ない処女, ない子達, ない少年, ない故郷, ない雀, なげきの, なやみの, ばちか, ひざもとを, ひとりであっ, べつな, ほかに, まえに, まぼろし, ものじゃ, ものは, やっかいに, ゆし, ゆるしを, よろこびも, ゐないところ, エゴイズムを, タライ回し結構, ピエエル爺さんは, 一の, 一字を, 一存にも, 七光りで, 上をも, 不取締り, 不幸や, 不理屈, 不運は, 丹後から, 久兵衛夫婦が, 乙松も, 乳房に, 争ひ, 事だ, 事なんぞ, 云い付, 云ふ, 亡い, 人情だ, 人情でございます, 仇さへ, 仇では, 仇なんて, 仇敵た, 仇敵でも, 仇討は, 仕送りで, 付けた名, 代より, 代りにな, 代わりとして, 仲裁によって, 伊東義益という, 位牌と, 余徳という, 作で, 使いとして, 保護が, 信念子は, 偉大な, 側から, 側にも, 傍を, 儘にも, 兄弟に, 光という, 入国の, 全快です, 六兵衛に, 其血潮, 冥福を, 初代一刀齋に, 利助が, 前ぢ, 劉向これが, 力にて, 力は, 助宗, 務めを, 勢が, 勧めや, 北条時政は, 十三屋文吉といふ, 半兵衛は, 卿さえ, 卿は, 又右衛門の, 又右衛門夫婦で, 反対を, 口からも, 口は, 同姓婚を, 名が, 名を以て, 名呼ば, 周助は, 味という, 味方に, 命ぐれえ助け, 命乞を, 命令の, 命令通りに, 命日だつた, 命日を, 問題が, 喪が, 喪中の, 四郎は, 因果だ, 國母の, 圧力が, 垢が, 場合は, 境遇は, 墓を, 声を, 多数にとって, 大病という, 大病の, 大藩の, 失策を, 好みを, 姓氏を, 姿であり, 威と, 威光に, 威光を, 娘として, 子, 子といふ, 子に対するが, 子のというは, 子供なら, 子煩悩が, 存命し, 宇太八を, 安全を, 宗円の, 官兵衛の, 実在と, 家じゃ, 家でも, 家にでも, 家や, 家來など, 容子では, 寐首を, 尊長が, 尊長者の, 小屋から, 居間には, 屡々陥り, 山荘へと, 市之助に, 師匠の, 年寄達も, 店には, 引越は, 強圧の, 形見で, 影響だ, 役目だ, 御前に, 御蔭と, 心ありません, 心さもこそ, 心であろう, 心もちも, 心子知らずだ, 心得べき科学, 心持は, 心柄である, 心理には, 心配は, 忌日さえ, 念を, 思うごと, 性を, 怨みのと, 恐ろしさ, 恨みは, 恩でも, 恩なぞと, 恩の, 恩よりも, 恩恵という, 恵みを以て, 悪口なぞ, 悲しさ, 悲しみも, 情けは, 情で, 情を, 情愛が, 惡いこ, 惨澹たる, 意志と, 意思を, 意見と, 愚かさより, 愛ことに, 愛と, 愛なんか, 愛までも, 愛情から, 愛情という, 愛情も, 愛腹心の, 感情は, 慈悲の, 慈悲や, 慈悲心から, 慈愛に対する, 慈愛を, 慾でござら, 慾目でも, 慾目ながらも, 憂いと, 成れの果て, 所有物嫁は, 手でだけ, 手ばかり, 手もとに, 手一つに, 手前よき, 手前面目な, 手落ちで, 扱帶で, 承知しない, 択り出した, 指図や, 振る舞いを, 探索に, 搾取を, 教えた過ち, 教を, 教緩, 敵だって, 敵である, 敵で御座る, 敵とか, 敵なら, 敵にでも, 敵ほどに, 敵一方は, 敵二つには, 敵和田直之進が, 敵思い知った, 敵覚えた, 敵討じゃ, 敵討という, 敵討は, 斎藤利行に, 新左衛門は, 方だけ, 方はい, 昔し, 昔話, 時には, 時勢に, 暖かさ, 有る者, 有難味が, 望みで, 本能が, 株で, 楽だ, 権利, 権利で, 権威は, 横ッ面を, 櫛名田姫に, 欲望である, 歌を, 死でも, 死に目を, 死を, 死んだの, 死妻の, 死目には, 死罪を, 歿後も, 毛皮を, 気に入らぬ一つ, 気持から, 気持ちとして, 気持は, 氣に, 河内の, 法も, 泪を, 浪五郎に, 海老蔵が, 淋しさ, 深い愁, 温情が, 為だって, 為とで, 為めだ, 為夫の, 無い子供, 無い身の上, 無事である, 無反省, 無理で, 爲めに, 牛若, 物欲し, 猪より, 理屈を, 生きて, 生命を, 生涯よりも, 産み成した, 留守を, 疾を, 病中其の, 病気です, 病氣に, 白地の, 皇室へ, 監督の, 目にさえ, 目的どおり到っ, 眉は, 真情である, 眷顧を, 眼の, 眼識ほど, 知らない罪, 石塔を, 石舟斎の, 社会的な, 祈祷を, 私でさえ, 私の, 秘密を, 積りに, 笑い声も, 筆蹟である, 素姓も, 経験を, 緋鹿子の, 縁を, 罪にも, 罪子どもの, 罰より, 義を以て, 義務に, 義務を, 習いで, 老父母, 考えと, 考へが, 耳には, 耻し, 職業が, 肉喰犬という, 肌に, 胸には, 脛ばかり, 膝から, 膝下で, 臑を, 自分が, 自分は, 自慢と, 自由だ, 自由を, 若い女, 苦労は, 苦心を, 菩提の, 藤六の, 血は, 行徳助宗が, 見さかい, 見立に, 親であった, 親にも, 角右衞門だ, 言いつけには, 言う事, 言う通り福松, 言付に, 言葉の, 訓戒を, 許さぬいたずら, 許さぬ恋人, 許さぬ淫奔, 許し得たある, 訴えを, 話しあいで, 誇りに, 誠に二つ, 誰よりも, 謗は, 譴責から, 讐とも, 讐家の, 讐覚えた, 財布から, 財産も, 貧苦を, 責任感と, 資力の, 資産で, 贔屓目という, 跋文, 身には, 身の上を, 身イに, 身体だ, 躾けと, 迷いな, 連れて, 運命は, 選んだ対手, 遺した物, 遺書を, 遺物に, 遺産も, 部隊, 都合次第でございます, 酒代の, 量見, 鑑定で, 門を, 間を, 間違いを, 附いてを, 隠れ家も, 難有サ, 面ッて, 面汚し, 頭は, 頭を, 頸へ, 顔なんぞと, 顔に対して, 顔よりも, 顔娘は, 食事を, 首い, 香兵衞お祖父さんの, 髪を, 魂への, 鰡の, 鳴海を

▼ 親~ (670, 7.0%)

14 子を 10 死んで 6 あると, 出て, 子に, 子供を 5 子の, 子供に 4 あれば, その子, 子供の 3 ある, 勝手に, 大事か, 子供と, 悪いの, 死んだと, 無からう, 病気で, 自分に, 自分の

2 [38件] あった, あっても, あるのに, いつまでも, この世の, ついて, ないか, はりの, スヴォーリンに, 三目も, 乙者の, 乞食して, 亡くなつた時, 何う, 先に, 大事と, 女の, 子に対する, 恋しく, 恋を, 悪いん, 憎い, 我が子, 承知しない, 早くなくなった, 死ねば, 死んだのに, 無くても, 猿の, 生れたと, 病気だ, 破産しかかっ, 私の, 私を, 聞いて, 身を, 非業に, 鳴いて

1 [494件] ああし, あきれて, あったって, あったとして, あったらここら, あったら我子, あって, あつた, あらば, あり子, あり犬, あるか, あるから, あること, あるだろうか, あるだろうかしら, あるでしょう, あるなら親, あるの, あるので, あるやら, あるわ, いかにし, いくら學資, いて, いなかったから, いなかったからなどと, いねえから, いるうち, いるため, いるとしても, いるもの, うらめしいと, えらい罰金, えらくない, おこりに, おそく歩きはじめた, おとといの, お前とは, かつえるなんて, かの黒髪, かりだしお, かり共, かり毎夜, かれら, きばつて七荷に, きめて, きょうの, こういう名, こうして金, こう云っ, こしらえて, こつそり, この上新田, この人, この南河内川上郷, この態, これから引取り, これほどに, ございますか, さまざまに, したい放題, して, しらべたぐらいで, すきか, すでに故人, すべきこと, すゝめる, そのこと, その事, その仕事, その子供, その常識, その復讐, その点, そりゃひどい, それを, そんなに大事, そんな事, そんな破廉恥, たえず彼, たえず気, たくさん雛を, ただ憎かっ, たまらないってね, ためあしかれ, ちゃんと働きかけ, つき添って, つけたか, つけたもん, つけたん, つけて, つづくという, どうした, どこかに, どのよう, どれだけ, どんなもの, ないから, ないぢ, ないと, ないとおも, ないとか, ないとて, ないの, ないん, ない子, なかなか承知, なきゃ子供, なくこの, なくって, なくて, なくとも, なくな, なくなって, なければ, なんて云う, はこぶなり, はたして, ほんとうに, まじないの, ますます老い, まず親しみ, まだ多い, むりに, もう一度此所, もしこの, もし悪人, もっともっとうらめし, もともと認め, やかましくいう, やかましくって, よかろう, よく子供, ろくで, わからない, わが子の, わが子を, わざわざ忠言, わざわざ龍雄, わずらってから, わりのう, わるいと, われに, ゐるわけ, エラ物であった, コンナ人間を, シッカリ者だ, ナイキリー, ノコノコ入る, バタヤで, モリヤーク, 一人の, 一生に, 一番知っ, 下されるもの, 不承知な, 不承知を, 与えし緋鹿子, 与八で, 世に, 世における, 世話を, 世間体の, 両親が, 予言した, 二人まだ全く, 二十で, 五十三四である, 亡くなったの, 亡くなれば, 亡なっ, 今だに, 今度の, 今朝の, 仏師で, 他人なら, 他人に, 他人扱いに, 付け置いた, 代々つかえ, 代つて家, 会社員に, 住んで, 何か, 何だ, 何と, 何んと, 何万人か, 例えば選挙権, 侍の, 保護を, 倒された時, 偉すぎた, 側に, 偶には, 傍で, 僅かな, 僕に, 優しくされます, 先づ, 先へ, 全く子, 公認し, 六十に, 六十歳に, 其子の, 出さない習慣, 出たとか, 出でて, 出るの, 出來, 出来弟, 判明し, 剣道の, 医者だ, 十分に, 十分心得, 半日の, 卵ばかり, 厳重な, 去ると, 参って, 口籠り, 同じく教育, 同一病の, 名乘つて, 命を, 困窮し, 土産を, 在るじゃ, 地下に, 坊さんに, 報いて, 墓の, 壊そうと, 変に, 多くなった, 多年の, 夢枕に, 大事, 大切か, 大層世話を, 大急ぎで, 大病だ, 大病とかいう, 大阪で, 太鼓うちや, 太鼓打ちや, 女郎を, 好いと, 妄想的に, 娘に対して, 娘の, 娘を, 婿を, 嫁の, 嫁入の, 子と, 子ならぬ, 子に対して, 子供と共に, 存命で, 孝行を, 學主であれ, 學主を, 官から, 実子に, 家の, 家を, 寄せつけないん, 寄合って, 寄合つて何と, 少しばかりの, 少しむずかし, 少ない通り, 就職そのものについて, 居ないと, 居りました時分, 己れ, 平生若い, 年寄に, 幼児を, 幾人あるだろう, 引出し育て, 弱めて, 当時有名なりし, 彼らを, 後鳥羽院の, 得心で, 得心でも, 微笑めば, 心に, 心配し, 心配しすぎる, 忍従を, 忘れるもの, 急いで, 恋しくなる, 恐しくかみさん, 息子に, 息子の, 悦んで, 悪い無理, 惚れこんだの, 惡いんだ, 惡いんです, 愛して, 愛に, 感ずるわけ, 感謝し, 憎いか, 憎い己, 戸外まで, 手を, 手許へ, 承知し, 承知しやしない, 承知で, 承知の, 承諾しない, 捜索願いを, 描いたよう, 支封から, 放蕩息子を, 教えるという, 教えるの, 教育に, 新橋まで, 日本語を, 早く帰っ, 有つたら, 有りやしょう, 有るから, 望んだ, 来て, 案ずるほど, 楯岡甲斐の, 楽を, 槍師だ, 此の, 死すると, 死にざま, 死ぬか, 死ぬと, 死ぬるか, 死んだか, 死んだから, 死んだならば, 死んだらという, 死んだ後, 死んだ時, 死んでから, 死んでも, 死んでもといふ, 残して, 殺された晩, 殺されてしも, 気がついたとしても, 気に入って, 気付かずに, 江の川を, 河原や, 治承, 泣き言かな, 泣くから, 泥棒だって, 洗濯屋だ, 海に, 満足に, 炎天を, 無い, 無い極度, 無かつ, 無実で, 無實, 無慈悲であった, 無智, 無言っては, 無責任だ, 熱心に, 犬目付の, 犯した報い, 狂人の, 猫を, 王宮へ, 甘いので, 生きながら, 生れると, 生んだの, 生んだので, 生んで, 留守の, 病気し, 病気という, 病気に, 病気を, 病氣で, 白昼の, 監督し, 相談し, 着せまつる子育地蔵, 知ったらなあ, 知って, 知らぬ事, 知らぬ間, 知れたら返すだろうねえ, 知れた安心, 知れないからと, 知れますよう, 知れるよう, 知んねえから, 神様にな, 禁じても, 私に, 秘蔵弟子の, 突然薨去, 立てて, 立姿月下に, 立身出世する, 笑う時, 第二世, 糞を, 結びし義理, 結婚させ, 結婚の, 絶対的権威を, 縄を, 老いたという, 聞いたら涙, 聾で, 育った北洋, 育てたから, 育てたらしいよい, 背後に, 胸中の, 自慢する, 自慢に, 自身番へ, 致仕し, 芳町と, 苦しんで, 英人の, 茶いろ, 蒔絵職, 裕福でありません, 見ても, 見透した通り, 言って, 討たれた故に, 討たれても, 討たれれば, 許さないの, 許さなかったため, 詠んだという, 認めた間柄, 誰あろう, 謝罪に, 警察へでも, 負う必要, 貧しいため, 貧しくて, 貧しくなり, 貧困で, 貰って, 買うこと, 買って, 跛足であった, 路頭に, 身の, 身体を, 軽き身, 達者で, 遡り込んで, 遣ろうという, 選択し, 酔っ払って, 金の, 金を, 闇に, 附いて, 附いてを, 附けて, 随分馬鹿, 革鞄の, 頭が, 顔の, 願意聴きとどけ, 食糧品か, 養われへんそう, 馬上から, 骨を, 黄金三両を, 黙許した

▼ 親たち~ (644, 6.7%)

5 と一緒, のこと, もそれ 4 がパリ, のあいだ, のいる, の手, の生活, は自分 3 の家, の顔, やなんか居

2 [34件] がその, が子供, が彼女, が若い, とその, につれられ, に向っ, に引きあわせる, に心配, に話し, のところ, のほう, の住ん, の墓, の心, の心持, の意見, の留守, の迷惑, はその, はそれ, はどう, はみんな子供, は勿論, は嘆いた, は子供, は想像, は本当に, も店, も心配, も無論, も親しく, や兄さん, を馬鹿

1 [528件 抜粋] からさう聞かされ, からしつけられ, からすぐさま, からの要求, からやかましい, から土地, から独立, から生まれた, から疎まれ, から離れ, から飴, から駈, から駈落ち, が, があった, があらわれる, がある, がい, がいい, がいた, がいつも, がいる, がうろうろ, がええ, がおお, がおりました, がけさ, がそう, がそれ, がたいへん, がたくさん, がどんな, がどんなに, がなお, がなんと, がにぎやかさない, がねしずまる, がはじめた, がやや, がわざと, が不和, が不承知, が世に, が主として, が久しく, が亡くなられた, が交際, が住もう, が何年, が信じ, が先祖, が出, が出さなかった, が北京, が厳しく, が可愛, が同じ, が多い, が大正時代, が娘, が家族づれ, が小犬, が少なから, が平気, が平生, が店, が強情, が彼等, が微, が怯, が息子, が悪い, が日ごろ, が日本, が昔, が月並, が来, が極めた, が横浜, が此態, が決め, が無理, が熱心, が甘やかし過ぎた, が田舎, が留守, が監督, が真実子供, が眼, が笑っ, が縄付, が縦, が考え, が自分, が自慢, が見つけ, が許さぬ, が許し, が話し, が道, が適当, が選ん, が金, が青く, が騒ぎ出した, が鳴い, が麓, だけや, だけをたより, だって飛んだ, である, でお, でさえも男の子, です, でそのまま, でも思いつき, でも親, で駈けつけ, と, といっ, としてこちら, とつや子, とつや子三人, とつれ合い, との意見, との相剋, とは別に, とも仲, とアメリカ, とモンマルトル, と一しょ, と伸子, と同じ, と同居, と変り, と姉, と家屋, と教師, と私, と膳, と赤ン坊, にあわす, にかくれ, にさっそく, にし, にせがん, にたいしても大, につぎ, につめよっ, にとっては一律, にとっては全く, にとってもその, になるべく, にはいたっ, にはそれ, には堂上人種, には苦労, にもいろいろ, にもその, にもめぐり会えるだ, にも不衛生的, にも可愛がられ, にも愛せられ, にも掛け合い, にも話し, にも逢えず, にも逢った, によく, に一応, に争議, に任せ, に会い, に会った, に似, に出し, に勧, に厭, に対し, に対しても申訳, に対して怪しから, に引渡し, に彼, に恨まれる, に戒, に承諾, に択出, に抵抗, に拗ね, に泣かれ, に済まぬ, に申しわけ, に相談, に知らし, に知れ, に聞い, に自分, に苦労, に言, に言訳, に読ん, に輝かしい, に迷惑, に連れられ, に隠し, に頼まれ, に顔, のこの, のそういう, のそば, のつき合い仲間, のとまっ, のなか, のにごった, のばつ, のやり, のよう, の不安, の中, の云い, の云う, の人生, の仕事場, の会計, の位牌, の出迎え, の分別, の前, の協力, の参考, の取る, の国, の塒, の声, の大, の大変, の失望, の好意, の如く, の実, の家族, の寝室, の寝所, の心づかい, の心得, の心次第, の心配, の性格, の意嚮, の意気組, の感じた, の感情, の或, の戦争, の所謂縁談, の手紙, の扶養, の指図, の描い, の方, の日本橋, の望まない, の権威, の歎, の歓心, の歪んだ, の毎日, の気, の気に入った, の気持, の注意, の派手, の物議, の環境, の生き, の生活ぶり, の生活扶助, の目, の真似, の眼, の立つ瀬, の組織, の経済能力, の結婚生活, の置かれ, の群, の考えかた, の考え次第, の肝煎り, の胸, の苦労, の苦心, の葬っ, の表, の話, の諍い, の近ごろ, の迷信, の間, の陰口, の難儀, の食事, の驚き, は, はあの, はうろ覚え, はお父さん, はお礼, はかがん, はかし, はかれ, はきっと, はこういう, はしきりに, はせめて, はそう, はそれぞれ木, はたいそう, はたいてい, はたずねました, はただ, はちよ, はつや子, はどちら, はどれ, はどんな, はどんなに, はにわかに, はね母親, ははじめ, はぷんぷん, はほとんど, はまるで, はみんな商工業者, はもちろん, はもはや, はジェネ, はドシドシ娘, はペリエール並木道, は一日, は一概に, は一種, は三日, は不, は不思議, は不憫, は主人, は二人共患者, は亡くなった, は伸子, は何と, は先ず, は別, は努力, は勝気, は困る, は土岐一族, は堅い, は外, は大人, は妙, は威し, は娘, は嬉しかっ, は子, は安心, は寺域, は小脇, は居間, は彼, は思っ, は手術, は托児所, は承知, は投獄, は捻じ切っ, は政治的権力, は時に, は木, は死に, は気の毒, は江戸, は決して, は湾口, は無自覚, は腹掛, は見当らなかった, は言い合した, は諒解, は跣足, は鉱山, は長い, は霊, は顔, は顔色, は骨折ってる, ばかりじゃない, ばかりでなく, への義理, へも相談, へわたさなかった, へ申, へ知らせなけれ, また当の, までお前さん, までがいまだに, までがこの, までそ, まで今日, まで家, もあります, もいい加減, もいつか, もいろいろ, もお, もかわいく, もきちんと, もきつ, もこころよく, もこの, もどうにか, もまた, ももう, もよほど, も一緒, も何, も信じ, も兄さん夫婦, も先方, も内々, も内々相談, も味方, も困っ, も困りぬい, も大変心配, も大気, も子ども, も家, も家中, も感じ, も承知, も早く, も甘, も異存, も知らない, も祖父祖母, も自分, も自慢, も英国風, も諦め, も近寄らない, も近所, も遂に泣く泣く, も鼻, やその, やなんかい, や仲人, や何, や友人, や女房たち, や妻子, や娘, や弟, や弟妹, や弟妹たち, や番頭ども, や祖母, や養母, よりはよりまし, よりもまっさきに, よりも遅く, よ鶯, を, をおどかす, をその, をまず, をも招かれました, をよろこばせ, を入れ, を呼び, を呼びたい, を国, を嬉し, を安心, を引き寄せ, を怨みます, を恨み罵った, を憎む, を批評, を持つ, を破局, を納得, を自分, を見かえし, を見捨て, を身近, を送っ, を集め, 去る, 及び親たち, 説き伏せる方法

▼ 親~ (642, 6.7%)

22 なって 16 對する 14 對し 8 して 7 似て, 向って, 孝行を 6 苦労を 5 不孝を 4 似ぬ子, 孝を, 養はれる 3 はぐれて, 不孝な, 別れて, 死に別れて, 泣きを, 隠れて

2 [38件] いいなよ, かくした男, すると, そむいて, なること, なると, なるの, 似ぬ堅い, 似ぬ色白, 別れましたせゐか, 取っては, 向うて, 向つて, 売られて, 如かずじゃ, 孝ならず, 孝なる, 孝に, 孝行しなけれ, 孝行する, 孝行であり, 庇護され, 当って, 当る人, 心配させる, 心配を, 暇乞を, 棄てられて, 死別れ, 死水を, 異見を, 縁の, 苦を, 言へば, 身を, 迷惑を, 隠して, 非ず

1 [444件] あいたい息子, あずけて, あたって, あなた方に, あやかり又は, あるなんて, ある筈, あんな慾, いい出し, いえない金, いくらでも金, いわれても, うるさがられ幾何, お世話い, かくさなければ, かくて, からかうな, きめられました, これが, されては, しかずなどという, しちや婆さんがち, しても, しろお前, しろ或は, しろ親, しんせつな, しんの, すがりつきたがるもの, すすめた, すすめたり, するやう, するよう, そう心配, そのこと, そむき家, そむき師, そむく子, そむける子, それが, そんなこと云, たてつけわが, たのまれて, たよりて, だかれて, ちの望みに, ちゃんとこの, ちやんと, つかふる, つきまとわれる娘さん, つけませんと, つながる, つらい目, つれられての, とって, なじまぬ佐, なったもの, なったものの, なったり, なってからも, なってこそ, なつかない, なつて, ならない外, なられたの, なりかけた時, なりたいと, なり祖父母, なり賭, なる, なるかも, なるから, なるため, なるといふ, なるとしても, なるとも, なる人, なる教母, なる資格, ねだって, はぐれる場合, ほんとうに, まかせ夫, まさった子, みせる性格, むかって, めぐり会い娘, めぐり合ったの, やりますと, やるに, ゆるされ世, よう似た, よく言った, よほど心, よろしくッ, ろくろく飯, わび言, ロクな, ワリが, 一寸でも, 三度の, 不孝なる, 不自由の, 与える金, 世話に, 世話を, 久し振で, 事えて, 事えぬそれ, 事へる, 云いつけて, 云ふ, 人に, 仇敵ある, 仕えたか, 仕え下, 仕へて, 仕へる心算, 仕込まれたの, 仕送りを, 代って, 代わって, 会いたか, 会うの, 会った時, 会って, 会わして, 伴れられ, 似げ, 似ず甜, 似たるこそ, 似ない風流心, 似ない鬼, 似ぬを, 似ぬ鼻, 似ねえ罰当り, 似ること, 似るといふ, 似るの, 似るもの, 似易い, 似易く, 似気, 侍せしめられたため, 保護せられ養われ, 倚り添う, 偽って, 優ると, 優る惡人, 先つた信栄信階の, 先立て済む訳, 内密で, 内緒で, 出して, 分れて, 別れひと日暮れ, 別れるくらいな, 別れるよう, 別れる汝, 別れ十, 別れ良人, 加担した, 劣らぬ体たらく, 勘当され, 勘当された, 勘当されましたら, 勘当せられ, 勘當された, 十分の御馳走を, 厚ききらい, 取りあげられ半, 受けた恩義, 叛き, 可愛がられるので, 可愛がられ抜いて, 叱られたり, 叱られながら, 叱られるばかり, 叱られ子, 同行を, 向うべきか, 向かつて, 向った, 向っても, 向つて言, 呵責せられる, 呼ばれたのみ, 喰い付いた狼, 喰ッて, 嘘を, 回った, 報ゆる, 報告した, 売られたという, 売られた妹, 変わらぬ心, 奉仕する, 女の子飛んだ, 女郎に, 如かず, 如かず天皇, 妻は, 姉に, 子供たちが, 孝あり, 孝たるべき, 孝だ, 孝だった, 孝行し, 孝行しなく, 孝行せぬ, 孝行だ, 孝行で, 孝行な, 孝行なさい, 孝行は, 孝行ぶってる, 孝行主人に, 孝行仕るべき, 孝養を, 安心させる, 安心を, 安楽を, 客が, 寛である, 対って, 對つて無慈悲な, 小蒼蠅, 尽くすの, 左様なら, 希望を, 平身低頭し, 引渡すこと, 弟子たちに, 強いられて, 当る同社, 従うの, 従がった, 従ひ, 従へ, 従順な, 御昇格, 御飯を, 心から相, 心配された, 怒り親は, 怒鳴り込まれて, 怖じ兄弟, 思いも, 恥じない資格, 悖ふの, 悪たれを, 悪体, 悲憤の, 惡事が, 意見か, 意見めかしい, 愛されて, 愛され兄弟, 愛想が, 懸合うと, 成つた一人が, 成りかけたの, 成りかけた蜂, 成りましたお, 成るもの, 手を, 手向を, 手紙を, 打たれた覚え, 打ちあけて, 抗うて, 抗するたわけ者, 抵抗する, 押されて, 押し挫, 拒まれて, 持ったと, 持ったむす子, 持った新人, 持った身柄, 持って, 持つたその, 捨てられたが, 故郷に, 救われた, 教えた俺, 教育され, 散々苦労を, 早くわかれ, 暇乞ひ, 暇乞も, 暴え, 服ませる, 服従し, 服從する, 朝覲行幸の, 案じさ, 棄てられた寄辺, 棄てられ甲州, 楯つく, 楽を, 次いでの, 歎き, 死なれたらどう, 死なれたり, 死なれても, 死に別れるって, 死に別れると, 残して, 殺されても, 気兼ねし, 水を, 注ぎこむの, 注意される, 添う人, 済まずお, 済むまいとか, 渡す, 濟ま, 為した不孝, 無実の, 無数に, 無断で, 無断の, 無斷, 無沙汰で, 無理を, 無量の, 物を, 現われて, 甘いもの, 甘えるよう, 甘える幼, 甘やかされたの, 甘やかされた放蕩息子, 甘やかされた金持, 甘過ぎる, 生み附け, 生れた馬鹿者やいと, 申しわけない, 男の子だ, 當る, 皿の, 盡す, 直諫, 相談しなく, 相談すべき, 知れては, 知れても, 知れるか, 祈り伏せられて, 秘し夫, 突つか, 答える事, 紹介まで, 結びついて, 継いでは, 罪を, 義理を, 聞いて, 聞くと, 肖たうなじ, 肖ん子, 育てられ自分, 背いた放蕩無頼, 背いた罰, 背いて, 背かず悠々, 背かせ, 背き親, 背中を, 自分の, 至るまで, 若かずと, 苦労させた, 茶を, 虐められるぐれえ何, 衣食の, 襲われ牙, 見せかけて, 見せて, 見せること, 見せるの, 見せるもの, 見放され学校, 見棄てられた上, 見離されて, 親しむ小児, 親としての, 言うよう, 訣れた後, 訴えたこと, 談判し, 謁した, 謝さね, 負かず, 負けないほどの, 負担と, 貰った小遣い, 貰われて, 起こされて, 起り略経画無し, 近づく蚊, 返すの, 送ったもの, 送って, 逆らった自由結婚, 逆らひ, 逆らふ, 逢いうる日, 逢いこんな, 逢いたいので, 逢た, 連れられて, 連れられ仲間, 進めたの, 遇ったよう, 遇ったよりも, 違いねえ, 遠慮は, 選ばれた良人, 金が, 金を, 阿る小, 附いて, 隱れ, 離れて, 離れ故郷, 面当てしよう, 面目ねえ, 頼みこんで, 頼みましたが, 頼らないという, 頼り親, 頼ろうとしても, 頼んだ, 頼んで, 顔赤う, 食わせるの, 飼われてからは, 養われて, 養われる者, 黙つて

▼ 親~ (611, 6.4%)

18 子を 8 子に 7 子の, 自分の 6 なくとも 5 子供を 3 これを, 早くに, 無理な, 生つけ, 親だ

2 [31件] あとを, あなたの, ありません, あるの, あるまい, いうに, かさねて, かの実, この苦痛, その子, どこに, ない, また, もともと雨, 一人を, 何か, 何んと, 刃を, 又存外訳, 可なり, 子供に, 子供の, 必死に, 急に, 甘いもの, 眉を, 石殿に, 親として, 親の, 親子は, 顔を

1 [483件] あったが, あったもの, あった方, あの方角, あまし男振り, あまりに多方面, あらうじや, あらずしかも, あらずや, ありがたいもの, あるか, あるが, あるに, あわれむよう, いそいそ灰, いっしょについては, いった, いつまで, いつも楽し, いつ迄も, いやしない, うなずいた, うめいた, えらい災難, おとなは, おゆ, おろか家も, かう言, かえすと, かさねて呼び返した, きっと云う, げんなりと, こういう人, こう言う, ここから, こちらで, ことさらに, ことに母親, このあめつ, この二人, この己, この時身, この霊石, これほど, さうし, さきに, さらに声, さらに説明, しあわせです, じっと眺め, すぐに, すぐ分別, すぐ機げん, ぜひも, そういっ, そうでない, そうばかり, そう呟く, そこに, そっと門番, そっぽを, そのうち, そのご, そのため, そのわが子, そのトラホーム, その人々, その句集, その娘, その子供達, その家庭, その結婚, その老い骨, その黒髪, そばめて, それだけ覚悟, それでもない, それを, それ程に, それ程の, そんなこと, そんな事, ただ見かけ, だれだ, ちょうど好い, ともかくも, どうしてこんな, どうしてゐる, どうして俺, どうして自分, どこの, どれ位なげくであろう, どんな性質, どんな馬鹿, ないか, ないだらう, ないで, ないに, ないの, なお頻りに, なかった, なかなかああ, なかなかあんな, なくても, なく兄, なしきょうだい, なしされ, なしと, なしという, なしやけに, なし兄さん, なし石, なし稚い時, なにやら薬, なんという, にがりきった, ねえの, ばてれん, ふためきぬもの, ぶるぶると, べつにたしなめ, ほかに, ほんとうに, ほんとに怒っ, ほんとは, ぼけて, まあたんとはおへん, またかと, またその, また当然, また歩, また自分たち, まだ危ぶむ, まだ眠らず, まだ高野街道, まもなくまた, まるでその, みないちどは, みなそう, みな貧乏でした, むかしと, めいめい子供達を, もう働かせ, もう十四, もう死んだ, もう牛, もちろんその他親類, もちろん自分, もはやその, もはやない, やっぱり腹, やはり表, よい時, よくこの, ジロリ黒い, ハッと, 一つも, 一層の, 一度見, 一段とその, 万人に, 三縁山増上寺の, 上唇を, 世間には, 中, 中御門家と, 九月中旬には, 乱酒でございます, 乾干し, 事も無げに, 二の足を, 二人で, 二人の, 二年前に, 五十歳抽斎の, 京都の, 人並み以上に, 仔雀の, 代々猟人なら, 代々獵人なら, 仮の, 低い溜息, 何かと心配, 何でも, 何を, 何をか, 何んという, 何故に, 何者かの, 使者を, 俯向きたる, 俺の, 僅かの, 働きの, 先ずあるまい, 先ず本能愛以外, 公定価格の, 六十に, 六十九歳で, 再び面目, 出来るだけ, 刀に, 刄を, 分かって, 別として, 則ち, 前に, 前の, 力強い声, 十分力を, 十本の, 半纏の, 南條文雄, 単純な, 危く涙を, 厳格という, 叔父夫婦にも, 取巻, 名ヅケ子, 善知鳥うとうと, 喉ぼとけ, 嘘かと, 嘲って, 嘴に, 四人の, 四年前の, 四角な, 壇の, 声低く, 売手で, 外から, 外舅として, 多く売笑婦, 夜よ, 大したこと, 大方ならず, 大概酒を, 大江氏の, 大臣にも, 失礼な, 女親だ, 妖魔を, 妙な, 始めから, 娘として, 子と, 子供へ, 子知らず, 学校の, 官憲から, 客に, 家に, 家柄の, 容易に, 寂しき笑, 寝そべり, 實名は, 寿を, 小さな瞼毛, 小児に対して, 少くとも, 少し, 少なくとも百万フラン, 居るが, 巣鴨の, 左うちわで, 年を, 幾らかの, 当然凡て, 彼を, 彼女の, 往年の, 後むき, 御天子樣, 心配でございます, 必ずその, 忽ち起ち上がっ, 怒って, 怖かった, 思ひ込んで, 思慮に, 急いで, 恋しければこそ, 悪い顔, 惜しげも, 惜しんで, 惡人だ, 意中の, 意味あり, 慈愛を, 憎むべき清三, 戦線に, 戯曲と, 戸主に, 房州に, 手むか, 承知で, 押し役, 拘引され, 持つし, 掘りはじめる, 搾られろくな, 文化元年五月連年蝦夷地の, 斯う, 新しくわが, 新劇の, 既に死し, 日ごろ自分, 易の, 昨日の, 時に二十七歳, 書斎の, 最後の, 月の, 有ると, 有名な, 有難いお前, 木の, 本郷一丁目の, 来れり楯六郎親忠, 松山の, 概して子, 榊原藩で, 次第にい, 正にウバ彼岸, 此の, 武士か, 武家とか, 歴と, 死にきと, 殺せませんね, 母一人と, 気の毒だ, 気違である, 決して江戸ッ子, 決して直接, 決して自分, 決死の, 泣き寄りで, 泥棒に, 活力に, 浄まりぬ, 浪人者か, 涙ぐみたるまま目, 涙を, 淡水へ, 深川の, 清しき目を, 渡良瀬川の, 滅多に, 激しく彼, 火箸もて, 灰みたいな, 灼けた小石, 炭を, 無い, 無いくれない, 無いぞ, 無いの, 無うても, 無くても, 無し, 無しだ, 無限に, 煙草の, 熊野へ, 熱さ, 牛の, 犯人です, 狂言の, 狼狽した, 獵師だつたさうです, 玉とも, 玉の, 現在の, 瑕なかれ, 甘いから, 甘め, 甚だ小型, 甚内の, 生計の, 申し上げた, 男親か, 男親が, 留守だし, 疎に, 疎開一人で, 白い幣, 白の, 白島山平, 皆才覚, 目黒で, 相当な, 相模国毛利庄の, 真赤に, 眼を, 知つて居りました, 知らず次郎右衛門ひそか, 知らないよろこびに, 石川では, 社会の, 私だ, 私の, 突然の, 立ちあがつた, 立ち停まって, 笑ましげ, 答えなかった, 純良な, 素知らぬ顔, 結婚では, 絶對不可犯である, 網元でございました, 罪の, 美人の, 義平の, 老い家は, 肉屋さんです, 能が, 膝に, 自分が, 自分たちの, 自分で, 自分達が, 自慢で, 自首した, 船に, 船乗り波の, 艶麗に, 若い弟子, 苦しんだ上, 英語を, 虐待などは, 血統の, 襟に, 親, 親たらず, 親で, 親です, 親でも, 親と, 親同志, 言い, 言った, 誇張でなく, 誰だ, 誰でも, 誰な, 諸国遍歴の, 謀叛人でも, 證人として, 負け惜しみも, 貧弱に, 跳りあがっ, 身に, 身を, 身代を, 軽く頷き, 返辞に, 追出すもう, 進歩的であり, 達者で, 遠国に, 野伏に, 鍬を, 長いこと兵法, 長防二州, 陰った月, 陰陽博士安倍晴明が, 面白半分, 頭を, 顎を, 飛脚ででも, 食べませんが, 餓鬼の, 首で, 香峰の, 馬鹿者だ, 騒がず, 騷が, 髪さか, 鷲である, 默つてそれを

▼ 親~ (575, 6.0%)

7 離れて 5 助けて, 大事に 4 持って, 棄てて, 殺して, 殺す筈, 馬鹿に 3 さなくなりぬべし, 呼んで, 愛すること, 探して, 殺す者, 毆いた, 相手に, 親とも

2 [29件] すてて, もって, 口に, 失って, 安心させる, 尋ねて, 引取って, 思う心, 思う情, 慕って, 慕ふ, 捨て, 捨てて, 捨てる子, 捨てる気, 棄てること, 残して, 殺されて, 殺したり, 殺そうと, 滅すと, 睨むと, 罵つたり, 苛める気, 苦しめて, 見捨てて, 見放して, 親として, 訴へ

1 [456件] いさむるには法, うらむよう, おどかすやつ, かくして, ここで, さがしあてようッ, さがして, さんざんに, したうに, したう房枝, して, じらすな, すてる気, せめるの, そういう風, その年紀, たずねる人事相談, たずねる唄, たずねる手がかり, だいて, つかまえて, てこずらすが, とり乱させる試験, どうす, なぐるという, にらめると, のこして, のろい妻, ばかに, ふりすててまで, ほったらかして, ほんとに知る, まさしげが, むやみに, もちながら, もち有名, もった中流女性, もった子供, もった青年, もつ子ら, もとめる可憐, ゆすって, ゆするよう, よく思っ, よろこばすこと, わき役として, ゴマカス旨い, タライ回しに, 一つ寄越せ, 一人持ち, 一人残し, 不都合にも, 世話し, 五首, 亡くした当座, 人に, 人質に, 人間が, 介抱致し, 何と, 使い立てしやあ, 侮辱する, 信じて, 信頼すべきだ, 倒すに, 倒そうと, 先頭と, 再び暗闇, 写した高島信章, 出して, 出せじや, 出迎, 切り付けた善兵衞女房, 助けようという, 助けること, 助け度, 動かしたため, 区別する, 卑怯と, 厚うし, 厭うて, 召して, 可懐, 告発した, 告訴する, 呪い恋人, 呼ばして, 呼びますが, 呼び女, 呼び寄せて, 呼ぶ, 呼ぶなり, 呼出して, 咒文に, 問いつめても, 問われて, 喜ばせるの, 喪うとか, 喪した, 喪つた徳之助は, 喪つて逆上した, 喰い尽して, 噛み殺したから, 囲むけ, 売って, 売りて, 大切に, 大将に, 大江氏で, 失い子, 失い老いて, 失い財帛不足孤苦無援, 失い貧乏, 失う悲しみ, 失える, 失ったより, 失った子, 失った少年, 失った時, 失つた春登は, 失つて惡へ, 失つて歎い, 奪われた悲しみ, 守るこそ, 守ること, 宗に, 害する, 寝入らせたり, 尊ぶもの, 尊敬しない, 尋ねても, 尋ねる子, 山に, 山には, 山の, 帰した, 帰省する, 干犯する, 幽閉し, 床の, 引いて, 引き取って, 引つぶされてから, 引取つて世話を, 強請つて金に, 彼は, 得たよう, 忘るる, 忘れては, 忘れぬわたくし, 忘れるとは, 忘れるやつ, 思いそこ, 思うこと, 思うに, 思う子, 思う手紙, 思う百篇, 思ったつもり, 思ふ心, 思へば, 思わぬでは, 思出す, 思慕し, 怨み度くも, 怨むな, 怨む子, 怨んだ勿体な, 怨んで, 怨んでは, 恥づか, 恨みし反逆者, 恨むかも, 恵まれること, 悩ませ苦め, 情なしと, 惡口し, 意地見る, 愚弄しおる, 愛さずに, 愛しよい, 愛し得るよう, 愛するよう, 愛する事, 愛利し, 慕い女の子, 慕い子, 慕うの, 慕うよう, 慕う心, 慕つて逃げよう, 慕ふて, 慰めなければ, 憎いと, 憐んで, 懊悩させ, 懐い子, 懐かしいと, 手に, 手古摺らせて, 手塩に, 打った, 打っちゃって, 打つたと, 打つたり, 打つた者, 打擲する, 承知させ, 抱いたの, 抱えて, 担出した, 拝みに, 持ちたる小さき, 持ちて, 持ったが, 持ったのう, 持ったもの, 持った一少年, 持った人, 持った孝行者, 持った故, 持つたものたち, 持つた子, 持つ子供, 持つ子弟, 持つ者, 振向かなかった, 捕えて, 捜し出さなければ, 捨つると, 捨てがち, 捨てその, 捨てたの, 捨てた穢多, 捨てては, 捨ててまでも, 捨ててもと, 捨てるなら俺, 捨て妻, 捨て家出, 探しに, 探し子, 探すと, 探す一件, 救い孝子, 救う力, 救け弟妹, 救はんが, 敬うよう, 敬わねえ, 敬愛し, 敬愛し得る, 敬愛せぬ, 斬って, 斬るため, 断っても, 新しく教育, 有尾人と, 本当の, 株で, 棄て, 棄てずに, 棄てた, 棄てなかった罪, 棄てやすく, 棄てるなんて, 棄て夫, 棄て己, 楽しませない, 楽に, 欺き夫婦喧嘩, 欺けとて, 欺し, 欺す, 正面から, 殺さしめ給うたとか, 殺さないで, 殺さば, 殺されたと, 殺された者, 殺した, 殺したと, 殺したの, 殺したらどう, 殺したる者, 殺した天罰, 殺した敵, 殺すからは, 殺すと, 殺すの, 殺すやう, 殺すよりも, 殺す大逆, 殺せば, 殺害せられた, 毆い, 毆いて, 毆く, 毆くものは, 求むる声, 求める声, 法廷に, 泣かした人間, 泣かす俥, 泣かせた, 泣かせて, 泣かせ先生, 活きて, 洽くし, 滅す, 滅すさ, 滅すでござる, 滅すです, 滅すという, 滅すといふ, 滅すとでも, 滅すとは, 滅すの, 滅するつもり, 滅するを, 滅せよと, 無慈悲無情の, 焼いて, 煩わさず自活, 煽てたり, 牛の, 犯すこと, 狙うよりも, 甘すぎる, 生かそうと, 畚とか, 病気だ, 発見し, 盗賊に, 眺めたが, 睨む奴, 睨めおるか, 睨めかえすしぶと, 睨んだその, 瞞す, 知つて居る, 知らなかった, 知り宇宙, 知る, 矯正する, 破り天下, 破るなり, 磔刑柱の, 祭るの, 立てれば, 粗末に, 縛るという, 縛るというは, 置いて, 置かなくても, 置きざりに, 置きて, 自分が, 自覚し, 舁ぎ出した, 苦しめる事, 苦しめ夜, 葬る迄は, 蔑ろに, 薄すべ, 血眼に, 裏切つたばかり, 裏切りそして, 裏切り親, 裏切ること, 裏切る不孝, 見ず, 見ず我, 見つが, 見る目, 見捨て, 見殺しに, 視るごとく光秀, 覚えて, 親と, 親は, 親むの, 親臭い, 観る眼, 討たれたる寿限, 討たれた子, 討たれ兄弟, 討たれ子, 討ち倫理, 討ち子, 討って, 討つて, 記憶の, 訴えた金森家, 訴へたり, 訴へて, 訴へる, 診察する, 詈る, 誘惑する, 説いて, 説きに, 説くであろう, 警察へ, 護らんが, 讃へ, 責が, 責める気, 責める資格, 越えたその, 蹴る, 蹴殺した罪人, 軽視する, 辭し, 連れては, 遊ばせて, 過すほどの, 遣ふてあれ, 選ぶやう, 選ぶ権利, 選択する, 邪魔に, 金槌で, 降して, 離れ兄弟, 離れ異国, 離れ親, 離屋の, 鞭で, 頼んで, 顧みない子, 顧みぬ, 顧みること, 顧みるの, 食べさせて, 養いその, 養うため, 養うと, 養うという, 養うの, 養う子, 養す, 養ったり, 養って, 養ってさえ, 養ふ, 養わせるが, 養わなければ, 養わんとに, 養わんならん肝腎, 養育する, 餓死せしめ, 馬鹿だ, 騙すよう, 魂に, 麁末に

▼ 親~ (348, 3.6%)

25 子の 14 なって 12 子と 8 子は 7 なること, 子, 子が 6 名の, 親との 5 云うもの 4 なる資格, 子とが, 子を 3 いへば, その子, なった, なつた, なつて, 云ふ, 夫の, 子という, 子との, 親とが

2 [14件] いえども, なり子と, 一緒に, 云って, 兄の, 別れた, 奉公人と, 子である, 子とは, 子兄と, 心得て, 思えば, 思って, 言うの

1 [181件] あとは, いい夫, いい子, いうものの, いうより, いえば, いっしょに, いったので, いひ子, いわず大江時親, かわり無き, して, し人倫, し奉り世界, し師, すと, すべき人, すること, するより, すれば, つれ立って, なったという, なった人達, なった時, なった段ボール, ならないで, ならねば, なりたる者一人, なりました, なり五, なり子, なり子供, なり師, なり得ない男女, なり祖父母, なり配偶, なると, なるべき準備, なるべき覚悟, なるもの, なる多数, なる定め, なれば, なれる人間, やらいう怪態, よく似た, われと引きつけ, 一人の, 一所に, 主人に, 主人は, 二人見つ, 云うの, 云うものの, 云う名, 云う地位, 云う心, 云つても, 云ふも, 仔の, 他人の, 代を, 余り違わぬ, 全くその, 全くちがった, 判ると, 別るる, 別れて, 同じこと, 同じである, 同じです, 同じ事, 同じ名, 同一楽屋に, 同一種類だ, 同体に, 同意でない, 同数くらい, 同数の, 名づけたの, 名告ら, 向うの, 呼ばれる身, 呼び子と, 喧嘩を, 外国旅行を, 大将と, 大蔵が, 天つ, 夫との, 女親との, 妹の, 妻子の, 威張る衆, 娘たちにとって, 娘と, 娘としてばかり, 娘との, 娘とほど, 娘を, 嬰児の, 子だって, 子で, 子です, 子では, 子でも, 子といふ, 子とか, 子とさえ, 子とには, 子な, 子に, 子ひとつに, 子ほど, 子ほども, 子世代と, 子供と, 子供とを, 子妻と, 子心と, 定めしこと, 家を, 宿の, 小供, 少しも, 崇めきつ, 弟の, 彼との, 待ちくたびれた子供, 待ち草臥れた, 御相談, 心得有り難く, 心得違いを, 忍び逢う, 思いイヤ余, 思い余念, 思い天然, 思い込んでの, 思うか, 思うじゃ, 思うならなぜ, 思う事, 思う秀子, 思っても, 思つてわしの, 思わずに, 思わないが, 感情の, 教師こそ, 楽しく眠らるべき, 歩行を, 母親の, 無関心, 爭ふこ, 猿之助の, 生活した, 申しまする者, 知れては, 知合いに, 碁を, 称す, 結びつけて, 考え太陽, 聞いて, 育てられる子, 自身が, 良人と, 衝突し, 親とで, 親とは, 言うだろうじゃ, 言っても, 言つても, 訣れてから, 認めては, 認めないお, 間違えてか, 雛が, 頼まんければ, 頼み参らせ, 顔を

▼ 親~ (297, 3.1%)

32 兄弟も 27 子も 6 家も 4 なければ, なし兄弟 3 その親, 察しる弟

2 [19件] あれば, うち揃ひ, ない, ない兄弟, ない家, 同然, 同胞も, 奪はれ, 妻も, 妻子も, 姉妹も, 捨てはてて, 知って, 知らず兄弟, 親だ, 親なら, 身寄りも, 轅棒に, 退かず死ぬるが

1 [180件] あったが, あの都会, あらず同胞, あり, ありませんし, あり子, あり幼い, あるが, あること, あるだろうのに, あるという, あるの, あるもの, あるもん, あるん, あるン, ある子供たち, ある者ゆえ, あろう可愛らしい, あろう子, いこう無念, いないであろう, いや, いる, お前を, ぐるりも, これで, しょうち, そうであった, そのまた, その又, その手, その隣, それほどは, そんな罪, だらしが, だれも, ついに死ぬ, ともに今, ないし, ないで, ないわけ, ない人間, ない場合, ない奴, ない姉, ない子供たち, ない童女, なき子, なく兄弟, なく夫, なく女房, なく子, なしそれ, なし女房, はっきりしない, また同様, また言う, むす子, もう少し先, もてあましたそれで, よみがえったよう, わからない身許, わが子は, わざと殺される, ズッと, 上士族であれ, 世間に, 丹精し, 主人も, 人間子が, 今日は, 仔も, 代表し, 以前は, 何も, 信長の, 働きよい, 兄妹も, 兒も, 八年四月に, 別に拵ら, 參りません, 及ばないほど, 及ばない程, 及ばぬほど, 友達も, 反対してるらしい, 可愛がる, 同じで, 同じとは, 同じ咎め, 呼んで, 咎めず夫, 商売人に, 嘗つて此の, 嘸案じ, 四人の, 国には, 売笑婦が, 大事金も, 天理教の, 女房も, 女房子も, 好みの, 姉も, 娘も, 子ともども互の, 子の, 子を, 子供も, 学校も, 寝たらむ, 居るが, 屋敷も, 師も, 席を, 帰って, 弟も, 忘れて, 息子も, 懐しや, 手の, 承知の, 拙者は, 捨てて, 捨てはなはだしき, 捨てませう, 捨てよ兄弟, 捨て兄弟, 救われるにと, 教師も, 新婚の, 未来の, 某の, 棲霞軒の, 横丁の, 止めること, 死去りました, 段々愛想, 気が, 泣かねば, 活物なる, 消ぬ, 炭焼だった, 無かつ, 狐子も, 猿である, 玉子も, 生きて, 盗人じ, 知らず昼, 知らないうち, 祖父も, 神様も, 立って, 耻である, 興味を, 良人も, 色を, 若い者達, 英男自身も, 行く一人, 親じゃ, 親で, 親戚も, 親父も, 親類も, 許さず世間, 財産も, 近頃は, 迷惑である, 退かず一族肉親, 送って, 逝き子, 遣りたけれど, 間違へる, 隱したがるだらう, 離る, 食べ

▼ 親から~ (139, 1.4%)

10 子へ 7 子に 3 出して, 讓られた, 金を 2 その友達, 子子から, 手を, 生れたと, 財産を, 遺された財産

1 [101件] いいつかった荷, いいふくめられて, お前さんを, お金を, こういう息子, この爪, するを, せびつた小遣, たいせつに, なづけられて, もらいまた, もらったところ, よくもあんな, 享け, 享けたあたら, 享けたのにも, 仕来った百姓, 仕送りなどという, 伝わった抱一, 伝わった鉄砲, 出たもの, 別居させなけれ, 勘当され, 勘当に, 勘當される, 十円借りました, 厳しく止められ, 反かせ, 受けた病気, 受けつが, 受けて, 叱られる時, 國家人民に, 多病ならざる, 奉公人達にまで, 始められた, 嫁取り婿取りの, 子と, 子供が, 子孫に, 子孫へと, 学資を, 実隆への, 小さい人, 引譲られた, 強請した, 御挨拶申, 承け継いだ財産, 文学勉強の, 新塾, 最後の, 月々学資を, 月給を, 決められた平凡, 泣き込まれああ, 泣き込まれ嗚呼, 満足に, 独立する, 生まれた弟, 生みづけられて, 生れたこと, 生れたモルモット, 生れた兄弟, 生れた者, 生れて, 相伝した, 知らせて, 破談を, 神事幽, 繁殖し, 聞かされて, 腰の, 自由に, 見ると, 見れば, 言われて, 許された柴田, 許されなかった, 譲られたこの, 譲られた大事, 譲られた資産, 譲られて, 譲られましたこの, 貰い受け, 貰う学費, 貰った名前, 貰った大切, 貰った生身, 貰った身体, 貰った金銭, 貰って, 貰つたほんとうの, 貰つた生身を, 身代を, 輕き, 返事が, 金が, 金も, 陰陽を, 離れて, 頼みを

▼ 親~ (132, 1.4%)

8 兄の 4 兄弟が 3 妻や

2 [15件] 仲人が, 兄を, 兄弟に, 兄弟は, 兄弟や, 友達の, 夫が, 夫に, 夫を, 女房を, 妹たちの, 子や, 子供の, 親戚に, 身内の

1 [87件] あるいは女子, お友だち, きょうだいから, きょうだいへ, ぐるりの, この世の, まほる, 世間が, 付き添いの, 仲間たちであった, 伯父は, 兄が, 兄たちの, 兄に, 兄は, 兄また, 兄又, 兄妹に, 兄姉に, 兄姉も, 兄弟か, 兄弟たちが, 兄弟たちと, 兄弟たちに, 兄弟で, 兄弟と, 兄弟という, 兄弟の, 兄弟へは, 兄弟も, 兄弟妻子やなんぞは, 兄弟或いは, 兄等を, 兄良人また, 兄貴の, 兄貴も, 兄貴を, 先生から, 先祖に, 其他に, 友達に, 古りたる, 同志たちと, 同胞に, 同胞の, 女房に, 妹たちも, 妹に, 妹には, 妹の, 妻が, 妻子より, 妻子を, 姉などの, 姉や, 娘たちも, 娘の, 子の, 子は, 子を, 子供や, 子供を, 子守は, 家族の, 家来に, 弟妹が, 教師から, 教師が, 番頭にも, 目上の, 社会の, 社會の, 祖父母の, 良人に, 良人の, 良人は, 良人や, 若い女房, 親戚たちの, 親方, 親族の, 親類が, 親類と, 親類に, 親類の, 身内を, 近所から

▼ 親~ (81, 0.8%)

42 ぞ, ということ, と云う, わ

1 [69件] あらゆる妖異変化, あんまりだ, からあんな, からかしら, からこそとしみじみ, からそう, からであろう, からといっ, からとてその, からとて余計, からと思っ, からな, からなあ, からね, から五十日, から坊主, から夫, から好く, から子, から死水, から直に, から私, から自分, か子, がいくら, が生みの親, が閑斎, しだから, し部下, つたのです, つた河童も, つても, つて知らない, つて自分の, というの, というん, という風, といっ, といふ, とお, とおれ, とか伯父, とはいう, とは気が付かず, と云っ, と名乗っ, と大, と大事, と思う, と思うだろう, と思え, と思っ, と思わなく, と教えられ, と私, と腹, と陰口, なあ, ねどっち, もう少し詳しく, もの, ものかわい, ものたしかに, ものと, もの夕飯どき, イヤイヤ斯, 御真実, 毎朝, 男の

▼ 親として~ (81, 0.8%)

4 子を 2 十八の, 子の

1 [73件] おまえを, このこと, しかるべき心づかい, すむの, その懐ろ, その気持, それから, それくらい, それを, だまって, どのよう, まことに情なく, もう一つ, よく教, わしからも, 一つの, 一入に, 一度直接, 乗り出して, 事へ, 人知れず苦しむらしかった, 以後ものが, 余り冷酷, 兄弟として, 其の家, 出来るだけ, 動きの, 十一年目に, 十手を, 又教育家, 名優と, 名残り惜しげの, 哀切な, 女房子を, 妹として, 娘の, 子には, 子供らに対する, 尊びそれ, 尊敬する, 彼女の, 御夫婦, 心もとない, 心痛き, 心配せぬ, 忍びない, 悔恨の, 慕って, 憐れな, 手前を, 教えざりけんこと, 日本で, 最も危ぶむ, 最愛の, 欲する有りの, 此上も, 満足出来なけれ, 源氏は, 無理な, 父として, 産まないの, 申し訳が, 皇室を, 知らずに, 知らぬはず, 約諾した, 経験を, 考うるも, 考えること, 自分の, 良人として, 見るに, 誠にありがたく

▼ 親殺し~ (78, 0.8%)

4 の大 3 にされ, の下手人, の條項, の疑ひ 2 でなくて, になる, の場合, の疑, の罪, の處分

1 [50件] だ, だと, だの子殺し, ではあるまい, でもしよう, で縛られ, で縛られる, というもの, と云, などといふ無道, などと云, などを企らむ人ぢ, にする, にならず, に當, に間違ひも, に關, のお主, の主, の墓, の大罪, の始末, の嫌疑, の新, の毒酒, の犯罪, の相, の科, の秘密, の罪人, の肩, の處分法, の話, の非望, はすまい, は凌遲死, は勿論, は大逆, や主, をした, をする, をやりかけた, を人間界, を凌遲死, を引廻, を有難, を重く, を隠す, 主殺し, 公子にとっては

▼ 親という~ (62, 0.6%)

12 ものは 7 ものが 6 ものの 3 のは 2 ものを, 字は, 者は, 親の

1 [26件] あり重子, あんばいに, くれえ, ものだろう, ものに, ものにかけては, ものについても, ものへ, ものよ, 二字だけは, 二字と, 人に, 位置に, 位若くして, 名が, 名ぱっと, 奴が, 御僧, 方が, 気が, 珍らしい, 絶対の, 縁も, 者を, 語が, 語も

▼ 親にも~ (60, 0.6%)

2 主にも, 子にも

1 [56件] あらねば, かえって孝行, かくし人目, この期, その旨, それほどの, はっきりと, まさる大切, めったに逢えない, やさしい子, やさしゅうございました, 云われて, 似ねえ猿みたい, 似るなかれ, 兄弟にも, 共通した, 判った, 勝る脇田先生, 勝る親切, 反き去, 告げずに, 告げず家出, 孝でなく, 孝行で, 孝行でございましょう, 師にも, 引合せ大家, 打ち明けなければ, 打ち明け兼ね自分, 旅させろだろう, 格別の, 棄てられた人間, 気に入り娘, 無断で, 無限の, 生まれまさった子, 申しましたが, 申し訳が, 知らして, 知られて, 示すべからざるもの, 私が, 老先生, 背き去つたお信さんだつ, 良人にも, 見せられないこの, 親戚にも, 親昵し, 親類にも, 言いたくないと, 許さぬ胸, 誤解され, 逢った, 逢ひけん, 逢へれ, 頼んで

▼ 親には~ (55, 0.6%)

2 子に対して, 逢はれない

1 [51件] あさましいほど, きつと, それが, どうしても子, ないという, なお秘密, なれて, めぐりあわせ宮内省, めぐり会えずかりに, わが子の, モッと, 不孝女房には, 不幸の, 云いながら, 似ぬ娘, 似ぬ鬼子, 何でも, 先の, 内密で, 別れ外つ, 勘当され, 勘当せられ, 叱られる, 娘が, 孝この, 孝だ, 孝他に, 孝女で, 孝心が, 孝行であり, 孝行良人に, 恩が, 想像も, 換へ, 早く別れました, 早く死にわかれ, 殊に不孝, 決して, 煩悩が, 申したべ, 申したれ, 神様が, 絶對に, 見えた, 見放される兄弟, 親として, 親としての, 親の, 親らしく, 親不孝だった, 運が

▼ 親でも~ (52, 0.5%)

3 兄弟でも 2 ある, なく子, 子でも

1 [43件] ああうまく, ああなる, あるから, ある兄弟, ある者, おふくろぐれ, お身勝手, きょうだいでも, とにかく血みどろ, ないし子, ないん, ない人, ない娘, ない子, ない癖, なく叔父, 仕方が, 何心なく, 使えと, 勝手すぎよう, 大事に, 姉妹でも, 娘から, 子に対して, 小さい者, 差違は, 年よりを, 惚れる, 惚れるふふふ, 斯んな, 泣かせそう, 経験した, 自慢できなかった, 親としての, 親の, 許さぬ石, 認めずには, 蹶や, 躍起と, 送るよう, 遠慮し, 間違うくらい, 飛んで

▼ 親~ (52, 0.5%)

2 は無し, をもっ, をもつ, 難き炎上

1 [44件] がある, がついた, ができた, が薄い, というもの, ながらさらに, はどこ, はなき, はまるで, は増した, は最初, ぶりか, もあった, も持つ, をする, をはこぶ, を以て学校教師, を回復, を増し, を感じ始める, を抱い, を持ち, を持つ, を求めざる, を表わす, を見せた, を覚えます, 上下和睦し, 又人々, 常に先んじ, 心に, 慈母の, 慣れた薬, 慣れた藥, 易い内容, 易きが, 深いもの, 清子を, 睦ぶ, 睦敷すべし, 耕作に, 難い, 難かりし, 順境の

▼ 親としての~ (50, 0.5%)

1 [50件] うれしい気持ち, お心持ち, この伊太夫, そういう希望, その心持ち, まじめな, わしが, エゴイズムを, シメシが, 一切の, 一条件として, 万人に, 伊太夫が, 作家が, 作家と, 兄の, 因縁が, 報酬を, 威厳が, 当然の, 御愛情, 心づかひも一通り, 恥さらしです, 愚痴である, 愛の, 愛情が, 愛情の, 感情には, 感情は, 憐れみで, 期待を, 本意であろう, 様々の, 権利も, 権利を, 気持も, 浅からぬ, 父を, 生活以外に, 監督の, 社会的な, 私が, 私の, 立場と, 精神は, 自分たちが, 自慢と, 自然の, 興味を, 親しみを

▼ 親とも~ (47, 0.5%)

2 なって, 主とも, 思って

1 [41件] いった如く最初, ならない方, なりある, なり子とも, なれば, にいた, ろとも, 云うべき者, 云うべき角川一家, 云って, 仰げと, 伯父とも, 兄とも, 兄弟とも, 冥途に, 力に, 大切に, 御主君, 思いおふくろ, 思いますまい子, 思い大切に, 思い夫とも, 思う, 思うて, 思うな, 思う恩人, 思つて呉れる, 思はせてない子, 思はねえ奴, 思や, 思わぬ, 思わねえの, 思ッて, 慕う無邪気, 称すべき人物, 言いたいよう, 言うの, 言うべき大切, 言ふ, 隣人の, 頼み心から

▼ 親兄弟~ (42, 0.4%)

2 が彼, には飽くまでも

1 [38件] からむごい, があるなら, が会い, が逢い, であらう, でもない, として生き, との縁, とは違ふから, と云う解けぬ, などはどう, に仕うる, に向っ, に歎, に見離され, に話す, のいとしい, のこと, のため, の側, の反対, の同意, の家, の後生, の讐, の金, の間, は, はある, はない, もある, もすて, もない, も喜ぼう, も女房子, や妻子, や親戚友人, よりも猶

▼ 親~ (40, 0.4%)

65 で居た 3 でも, でゐた, で来た 2 だこと, だの

1 [16件] だから, だので, だらしかつ, だりする, だ人, だ人人, だ宿, だ彼女達, だ後, だ者, でい, でくれます, で居, で得た, で来, で行く

▼ 親なし~ (36, 0.4%)

3 で産, 千鳥の, 子でも 2 千鳥, 子だ, 子で, 子を

1 [19件] で家, で昨年, で随分, ともいう, になっ, になれなり, に臥せる, の女中, の雑使婦, 児が, 児な, 児の, 子お, 子では, 子な, 子の, 子や, 子よ, 諸将

▼ 親代々~ (35, 0.4%)

2 の家, の芸人, の薄暗い

1 [29件] お扶持, からの熟練, からの百姓, から一村, から鷄, の上方, の今川, の仕事, の六段八畝, の同心, の呉服商, の商人, の商売, の家柄, の御, の御用, の故郷, の江戸, の江戸っ子, の浪人者, の猟師, の田舎者, の耶蘇教信心, の落語家, の譲り, の財産, の貧乏, の門徒, まだ続い

▼ 親~ (34, 0.4%)

3 さへ 2 お槇

1 [29件] あつた, あつて親, あの通り, いて, いながら, おざりまする, おってこういう, これまた, ござりましょう, ござりやす, さア, せう, そして私, その鍾愛, でも, のう, 一同に, 二人が, 俺達は, 兼実の, 大ばくちの尻, 小作は, 弟で, 慶びを, 改名披露ってな, 気の, 満槓, 良い方, 苦労し

▼ 親である~ (31, 0.3%)

2 から子, 河童も, 私は

1 [25件] かを問いただそう, か女親, ことが, ことを, その慈悲, という尊敬, とか天, と同時に, と尊敬, と見るべき, にも関, のみならず, ひとの, 人たちらしくない, 人に, 人の, 余儀なき頼み, 其の方, 大蔵の, 太陽と, 当の半, 木材を, 磯村の, 筈の, 精神によ

▼ 親ども~ (31, 0.3%)

1 [31件] からも先生, が同意, が承知, だけで, だな, にお, にかげ, には褒美, にも何, にゃ用, に慰めきれない, に手, に話さない, のあの, のふしだら, の仕付方, の希望, の死骸, の注意, の稼業, の話, は, はこういう, は土下座, もありましょう, もすげなく, も付き添わず, や一族, わが弟, を初め, を呼出し

▼ 親んで~ (29, 0.3%)

2 いた

1 [27件] いたから, いたなど, いたパノラマ, いた古, いる, いるわけ, いる所, いる食物, ゐる, ゐるから, ゐるの, ゐる此八人, 一日能会の, 人間を, 其の鋭い, 写生に, 参禅も, 寫生に, 居られるの, 彼等を, 父の, 生に, 立派な, 簡単な, 而し, 自分の, 記念の

▼ 親~ (26, 0.3%)

3 のお, の御 2 の家, の慈悲, の方

1 [14件] がいくら, じゃった, だ, だったの, と云, なら猫イラズ, に当る, のうち, のため, の名前, の土蔵, の肝, はさぞ, へ出入

▼ 親たる~ (25, 0.3%)

2 天に

1 [23件] もの能く, わが君, 人この, 人たちの, 人まで, 人を, 人此理を, 人達の, 天から, 天の, 弾正先生は, 恩人であります, 民族を, 江漢が, 父に, 祖先も, 祖先や, 範を, 老人であった, 自然科学に対する, 責任が, 責任に, 防寨の

▼ 親~ (24, 0.3%)

1 [24件] ても一度, なったよう, なった河野, なりて, はなりし, わたくしに, 且つ予, 女と, 慰められし人, 拝せん, 拝読せん, 接したり, 握り返しつ, 物言ふ, 睹たら, 聽いた, 自から枕, 見し所, 観て, 観ること, 言解か, 訪はれ, 話したの, 関五郎の

▼ 親~ (24, 0.3%)

3 は僕

1 [21件] から事情, があんな, が医者, が待合室, が死に, と彼奴, にどうしてああ, に対してもまた, の一番, の口, の心, の態度, はあの, はいそがし, はこんな, はもう, はベドウス, は云った, は仕方, は自分, を後

▼ 親とは~ (24, 0.3%)

2 昵近な

1 [22件] いいながら, いいながらも, いえどう, いえ娘, いつても, いはぬ親, 何かぐらい, 別の, 同一物, 呼んで, 思いますまい憎くっ, 思うまい, 思えやしない, 思われないん, 思軒以来の, 愚かな, 慕われようが, 正反対だった, 深い関係, 犬と, 言ながら, 順助が

▼ 親らしい~ (24, 0.3%)

2 色を, 行為を

1 [20件] こと一つでも, のが, ものを, 事も, 前置きを, 年だった, 形だけ, 怒りが, 意見は, 愛も, 技巧を, 揶揄の, 注意を, 男は, 百姓は, 老人と, 考えで, 自覚も, 親も, 言葉で

▼ 親に対する~ (22, 0.2%)

2 天賦の

1 [20件] せめてもの, 不平や, 不満と, 子の, 孝道なり, 微妙な, 思慕の, 愛のみが, 愛よりも, 愛情を, 態度において, 操を, 本能を, 気持ちは, 理想は, 畏敬礼節の, 礼それらは, 至情の, 言草か, 道徳など

▼ 親より~ (20, 0.2%)

3 大切な

1 [17件] あの方, かいくらか, まして自分, ましな, 二十年も, 偉い子, 先に, 勝って, 可愛くなります, 外に, 始む或は, 子にわたる, 強いて, 当人より, 怖れ, 老いに, 賢いの

▼ 親よりも~ (20, 0.2%)

2 先に, 良い素質, 誰よりも

1 [14件] なお懐かし, なつかしいと, よく養母, わたくしを, 多芸であり, 子よりも, 敬って, 更に大事, 有難い人, 活花の, 深く信じ, 純清, 舅姑を, 重んじて

▼ 親~ (20, 0.2%)

1 [20件] が大勢, が築きましたる, が諫言, でございます, と恨んだ, と早く, なり支配頭, につきまし, には内々, に顔向, の商売, の横死, の耻, の苦しい, は卑下, は堅い, もそれ, より形見, を薪割, 亡くなりました

▼ 親~ (20, 0.2%)

1 [20件] が, が向, じゃありません, ですよ, でも引っぱっ, と思い込ん, と聖像, と菊之助さん夫婦, の名乗, の外, の夢見, の後ろ, の様子, はごく, はそれ, は路地, もどう, をかばう, を殺した, を眼

▼ 親~ (19, 0.2%)

2 兄弟にでも, 兄弟の

1 [15件] いつまでも, ぎでいくらでもいないとき開け, 乱暴な, 兄妹が, 兄或は, 啼く音, 女親か, 姉か, 姉妹で, 子か, 子が, 知人かが, 祖父の, 認識しなかった, 鶏が

▼ 親がかり~ (18, 0.2%)

1 [18件] だなどという, だらうとは, であるから, では困る, で奉公, で小遣, で気焔, で着物, で話, なので, のもの, の事情, の場合, の生活, の若い, の若僧, の身, の身の上

▼ 親といふ~ (18, 0.2%)

6 ものは 2 のは 1 ことが, ものの, ものわれと, わけだ, 一個の, 事が, 共これ, 名の, 御僧, 親は

▼ 親なる~ (18, 0.2%)

2 人をか, 政友として

1 [14件] かと問うた, かなの, ゆゑに, を以て恒, アンジエロとともに, 人が, 人の, 人物の, 兵学者が, 君よ, 岡本綺堂先生を, 庄兵衛と, 者が, 者は

▼ 親~ (18, 0.2%)

2 の事

1 [16件] して, し阿魯台遁, せしほどの, とあ, について忠勇, のため, の傘蓋旌旗, の時, の機会, の計画, の軍議, の途, は神武天皇, をすら望ん, を仰せ出され, 掛り国事掛り

▼ 親~ (18, 0.2%)

2 について來

1 [16件] かしら, から毛色, がいななく, が眼, が通る, についた, に体, のほか, の後, の所, の背中, の腹, もまた, も仔馬, を沢山, 見て

▼ 親との~ (17, 0.2%)

4 間に

1 [13件] きょうの, ことあなたは, はなしは, 不和そして, 口約束は, 愛の, 折り合いが, 昔, 相違なんか, 約束な, 許嫁でも, 間が, 間で

▼ 親~ (16, 0.2%)

4 んだ 2 んです 1 の, のか, のである, のでございます, のです, のでとにかく, ので彼, のよ, んで, んでしょう

▼ 親~ (15, 0.2%)

1 [15件] かかる, よろこびを, 仕送りをも, 出す土産, 勘当の, 吹聴致す, 女の, 山婆が, 強請に, 心身を, 手紙が, 手紙を, 無事の, 訴えるよう, 金を

▼ 親をも~ (15, 0.2%)

2 捨て, 捨てて

1 [11件] こめて, もてあまさせて, 夫をも, 妻をも, 家をも, 忘れるまで, 愛利し, 措いて, 神をも, 見捨てたとも, 顧みない私

▼ 親しか~ (14, 0.1%)

2 つた

1 [12件] つたうへに, つたお吉, つたお孃樣, つたお鈴, つたこの, つたに, つたの, つた者たちと, つた者と, つた者の, つた者同志の, 出来ない慰め

▼ 親に対して~ (14, 0.1%)

1 [14件] かかる感じ, こう云う, そんな口, よういわぬ, 反駁の, 子としての, 尽くすべき義務, 愛の, 所謂不孝な, 深く謝, 済みませんから, 甘えたり, 申しわけが, 責任無し

▼ 親~ (14, 0.1%)

1 [14件] この神意裁判, すること, するの覚悟, せしめ一国, せねば, の祭, も柿崎等, 其の仕事, 出会した事件中, 執られるという, 往いて, 往き見むと, 書く平, 書く平仮名

▼ 親とか~ (13, 0.1%)

3 子とか 2 兄とか, 兄弟とかの 1 先達とかいう, 国とか, 夫とか, 妻とか, 聞えて, 言ひし

▼ 親~ (13, 0.1%)

1 [13件] が立ち, として慕われ, として白木, となし, と頼み, に任命, に縛つて, に逞, のところ, の一本, の上, の麓, を最前

▼ 親であり~ (12, 0.1%)

1 [12件] この広い, ながら少し, ワーテルローの, 又た, 国土であり, 夫であり, 娘である, 教師である, 日本の, 次には, 良人であり, 諸君の

▼ 親では~ (12, 0.1%)

4 ない 2 ありませんから 1 あるが, ないだろうと, ないの, なかった, なくて, なくどうも

▼ 親なり~ (12, 0.1%)

1 [12件] 且其の, 仲介者の, 何ぞ此, 兄弟なりが, 兄弟なりの, 兼帯にて, 叔父なり, 妻なり子なり, 子なり, 師匠の, 智識なり, 隣の

▼ 親への~ (12, 0.1%)

2 孝行も 1 仕送りで, 仕送りを, 大孝, 思いやりについて, 思慕は, 愛情は, 挨拶よりも, 甘えごころが, 見せしめか, 追慕それは

▼ 親さま~ (11, 0.1%)

2 のおん 1 が京都, といっ, に, にお, にはついに, の, の髻, はあなたさ, をお召

▼ 親しかりし~ (11, 0.1%)

2 こと斯く, 朋達なり 1 は米公使タオンセント・ハリス, 人の, 団欒は, 土田検事殿に, 昔の, 時だに, 者は

▼ 親~ (11, 0.1%)

2 ない二十前, なければ 1 しめなかった, ぬの, れる性情, んことを, んと, んのを, んや

▼ 親一人子一人~ (11, 0.1%)

2 のお 1 であ, です, と云, のたより, の中, の京, の仲, の境涯, の娘

▼ 親でない~ (10, 0.1%)

3 子でない 1 ことは, とすれ, と云, のにたまさか, 事に, 子と, 親を

▼ 親~ (10, 0.1%)

1 が病気, と葉子, のその, の仙台, の冤罪, はことに, はしばらく, はやはり, を仙台, を責め

▼ 親~ (10, 0.1%)

1 がその, が一疋, が畜生, が血, の前, の手, は余程, は小, は川, をそつ

▼ 親~ (10, 0.1%)

6 りの 1 の店, の酒飮, りでございます, りで體質

▼ 親さえ~ (9, 0.1%)

1 あるの, その職業, なかったら, なくば, 得心なら, 知らない阿呆, 組留められず, 親しめる隙, 謎である

▼ 親です~ (9, 0.1%)

1 かきめ, からその, から三年間, から當, それは, ね, ねえ, もの大野田の, 女親が

▼ 親としては~ (9, 0.1%)

2 これほどの 1 あの温厚, かなり簡便, さもあるべき, 望んで, 淋しくも, 腹も, 若過ぎる

▼ 親なら~ (9, 0.1%)

2 娘も 1 かってに, しむるにあり, その悲しみ, それじゃ, どんな権利, 半殺しの, 親を

▼ 親~ (9, 0.1%)

2 の心, 第も 1 に当る, の勘当もの, の犠牲, への暇乞, 共に解死人

▼ 親~ (9, 0.1%)

1 がある, だけが胸, と共鳴, と同時に, な情, の何もの, の弟, の深い, を装

▼ 親~ (9, 0.1%)

1 であったが, にも約する, の, の家, の探偵小説月評, の月評, の面会, は不在, は特に

▼ 親~ (9, 0.1%)

2 の様子 1 が急い, が白, に二匹, のいつ, の悲歎, の態度, は益々

▼ 親~ (9, 0.1%)

2 の姉 1 とともに出向き, の女, の妻, の日記, の第, は二泊, は実隆

▼ 親だって~ (8, 0.1%)

1 あんまりだっ, こういうところ, この事, 何だって, 公平には, 好くいおう, 老人だって, 親類だって

▼ 親であった~ (8, 0.1%)

2 人も 1 から実際, という自然的, 強情者の, 方に, 母は, 筈だ

▼ 親ながら~ (8, 0.1%)

1 その子, たまらず, 於弁の, 浅ましくし, 淺ましく, 父も, 近所に, 顔見る

▼ 親なれ~ (8, 0.1%)

3 ば褒めるで 2 ば子, ば表 1 ばこそ子

▼ 親ほど~ (8, 0.1%)

1 その主観, だれからも, な年輩, 有難いもの, 根気よく, 正直に, 浪人骨が, 良医

▼ 親先生~ (8, 0.1%)

1 からのお, には幼時, のとこ, の大江家伝来, は偉い, へお目にかかり, よりの御, をお

▼ 親同胞~ (8, 0.1%)

1 がそれぞれ, なんてせいぜい, の前, の計らひ, はかう, は珍し, を棄て, を養つて

▼ 親~ (8, 0.1%)

3 した人 1 した後, した所, した故老, せざる故, せなん

▼ 親ある~ (7, 0.1%)

2 者は 1 にも非, ものは, や水, 国を, 身は

▼ 親~ (7, 0.1%)

1 兄弟の, 友から, 友人から, 友人達からは, 友達の, 御交際, 方だ

▼ 親からは~ (7, 0.1%)

1 なれて, 何か, 來月が, 女らしい娘, 疎んぜられ世間, 親を, 近々当地

▼ 親~ (7, 0.1%)

1 さんていう, たちが, の云, 様が, 達が, 達は, 達も

▼ 親さん~ (7, 0.1%)

1 があの, がお, が可, でやすよ, に惚れた, の方, は是方

▼ 親だった~ (7, 0.1%)

1 ことを, せいであろう, のかねえ, のである, のです, 河童も, 若いつる

▼ 親であっ~ (7, 0.1%)

1 てもこれ, てもどんな, て一方, て店員たち, て日蓮, て見れ, て随

▼ 親とが~ (7, 0.1%)

1 きめて, どんな関係, もめて, 共々に, 或る, 着て, 約束した

▼ 親にでも~ (7, 0.1%)

1 わかれるやう, 会ったよう, 強く当る, 洩らしたか, 自分が, 逢いに, 逢ったよう

▼ 親むべ~ (7, 0.1%)

2 き政略 1 きなく一点, き友, き好感的, き無く況や, き秋

▼ 親不知~ (7, 0.1%)

2 へかけ 1 の因縁噺, の嶮, の浜, の荒磯, 子不知

▼ 親兵衛~ (7, 0.1%)

1 が美妙, が美妙斎, に到っ, の名, は一番, は少年, は行徳

▼ 親思ひ~ (7, 0.1%)

2 なんだ, の女 1 の了見, の奥方, はそれどころ

▼ 親旦那~ (7, 0.1%)

1 が亡くなれ, が殺された, の御, の時分, は伜, は首, や下女

▼ 親~ (7, 0.1%)

1 と子犬, に戯れ, のお腹, は一年, までやって来, までやつて來, をしまい込む

▼ 親~ (7, 0.1%)

1 がなかなか, がウシ, が黄金, に掘り当て, に掘り当てた, に掘り当てまし, に掘り着けました

▼ 親どの~ (6, 0.1%)

2 の山荘 1 か, じゃ, とはそも, はあなた

▼ 親むこ~ (6, 0.1%)

1 とが出来るであらう, ととを言, との外, とは此, とは稀, とを得たる

▼ 親~ (6, 0.1%)

3 知子不知の 1 知子不知, 知子不知といった, 知子不知は

▼ 親~ (6, 0.1%)

1 にのった, にのりうつり, に乗った, の腹, へ逃げ, を捨て

▼ 親~ (6, 0.1%)

1 からし, すなわちにしん, となり, にし, の詮索, を関西

▼ 親じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ありませんか, 生んだあと, 親の

▼ 親たち夫婦~ (5, 0.1%)

2 の間 1 とつや子, のこころもち, のこんど

▼ 親としても~ (5, 0.1%)

1 この点, 取捨に, 師としても, 武士としても, 見るよう

▼ 親まず~ (5, 0.1%)

2 必らずしも 1 いは, に秘密主義, 浪費せず

▼ 親~ (5, 0.1%)

1 ぬ己, るよう, る山河, る者, る親戚知己等

▼ 親一人~ (5, 0.1%)

1 で育てた, にがんばらせない, になつ, に子一人, 子ひとり

▼ 親不幸~ (5, 0.1%)

2 といふもの 1 な子, ばかりし, をし

▼ 親兄姉~ (5, 0.1%)

1 がその, でも市中, にさ, のよう, をこそ問わず

▼ 親~ (5, 0.1%)

1 と言っ, の者二人, もそれぞれ, もない, らしい親内

▼ 親~ (5, 0.1%)

1 とも相談, の仕事, への支払, へ通つて, 又は荷主

▼ 親泣かせ~ (5, 0.1%)

2 兄弟泣かせ 1 というの, の骨頂, はそんなに

▼ 親~ (5, 0.1%)

1 が狂気, が狂氣, が飛ん, の方, は可

▼ 親かた~ (4, 0.0%)

2 もこの 1 は船中, を

▼ 親からも~ (4, 0.0%)

2 兄弟からも 1 全く構っ, 同様な

▼ 親がにを~ (4, 0.0%)

4 殺したから

▼ 親がわり~ (4, 0.0%)

1 いんだ, であった, として立会っ, のよう

▼ 親きょうだい~ (4, 0.0%)

1 にも自慢, に会える, のこと, をもふるさと

▼ 親くし~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てくれる, なかつた

▼ 親~ (4, 0.0%)

2 くる妻 1 へ生きて, まで

▼ 親しかるべき~ (4, 0.0%)

3 はずの 1 母親は

▼ 親だけ~ (4, 0.0%)

1 あって, だ, でその, 自害し

▼ 親だけに~ (4, 0.0%)

1 お母, その死, なおさら優しく, 子に

▼ 親でなく~ (4, 0.0%)

2 てどうして 1 よこしまな, 浄瑠璃でなく

▼ 親と共に~ (4, 0.0%)

2 往かんは 1 熱心な, 逃亡すべし

▼ 親なども~ (4, 0.0%)

1 ある人, これは, 或いは時, 馳け

▼ 親なんて~ (4, 0.0%)

1 いうの, ばかな, バカな, 実に馬鹿

▼ 親にさえ~ (4, 0.0%)

1 こういう醜い, 滅多に, 背いて, 顔を

▼ 親みたい~ (4, 0.0%)

1 な心, な顏, にもう, ものでと講釈師

▼ 親らしく~ (4, 0.0%)

1 もない, 世話など, 挨拶を, 源氏は

▼ 親~ (4, 0.0%)

1 ここに, ベダイ人を, 挨拶あり, 目撃した

▼ 親わが~ (4, 0.0%)

1 兄弟わが子などの, 夫わが, 手を, 方に

▼ 親をば~ (4, 0.0%)

3 持つて 1 大切に

▼ 親~ (4, 0.0%)

1 だけひきつれ, にし, の一人, の籍

▼ 親~ (4, 0.0%)

1 こそ真, の運動, は涙, は深く

▼ 親~ (4, 0.0%)

2 かと眞 1 かと真に, ぞと

▼ 親~ (4, 0.0%)

2 の皮 1 は毎日外, は突然

▼ 親~ (4, 0.0%)

1 であるいざなぎ, でその, なる太陽神即, 漏岐

▼ 親~ (4, 0.0%)

2 の禮 1 の爲め, の証拠

▼ 親~ (4, 0.0%)

1 が死ぬ, に帰り, の能こと, へ行きたる

▼ 親雲上~ (4, 0.0%)

1 が立つ, と稱, に授け, は其等

▼ 親きよう~ (3, 0.0%)

1 だいぐらい, だいに対して, だいの

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 な口, な笑顔, に彼

▼ 親すずめ~ (3, 0.0%)

1 に返し, の鳴き声, は三人

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 さきだちて, 子ぞ, 知らま

▼ 親って~ (3, 0.0%)

1 えもの, みんなそう, ものが

▼ 親づき~ (3, 0.0%)

1 に成っ, に成れ, までは計ろうた

▼ 親でさえ~ (3, 0.0%)

1 あれほどに, 十分は, 子供の

▼ 親でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばわからない 1 ば出来ない

▼ 親とともに~ (3, 0.0%)

1 世を, 伊予の, 生活した

▼ 親とに~ (3, 0.0%)

1 いつとも, この貧困, 縛られて

▼ 親とを~ (3, 0.0%)

1 忘れて, 探し出さねば, 集め私

▼ 親どうし~ (3, 0.0%)

1 に来, の張り合い, の話し合い

▼ 親なくなり~ (3, 0.0%)

1 て, て哀れ, て山寺

▼ 親などは~ (3, 0.0%)

1 ついて, ない方, 子に

▼ 親ならぬ~ (3, 0.0%)

1 私ながら, 親に, 親を

▼ 親なんか~ (3, 0.0%)

1 それくらいの, なんでも, 何でも

▼ 親にな~ (3, 0.0%)

1 つては, つてやらう, つて一度毎に

▼ 親にまで~ (3, 0.0%)

1 いつはる, 恥を, 馬鹿に

▼ 親に従い~ (3, 0.0%)

1 夫に従い, 子に従い, 棧道に

▼ 親ばかり~ (3, 0.0%)

2 不幸なる 1 いじめるもん

▼ 親ひとり子ひとり~ (3, 0.0%)

1 だ, でこの, でほか

▼ 親まさり~ (3, 0.0%)

1 のもの, の別嬪, 主まさり

▼ 親まざる~ (3, 0.0%)

2 に至る 1 は人

▼ 親までも~ (3, 0.0%)

2 白痴に 1 軽蔑される

▼ 親みの~ (3, 0.0%)

1 あるその, ある言葉, 深い事他

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 の交, の恩, の機縁

▼ 親もち~ (3, 0.0%)

3 なら親

▼ 親われ~ (3, 0.0%)

2 を見 1 を庇う

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 殺サズ, 滅スとある, 滅スを

▼ 親一人娘一人~ (3, 0.0%)

1 が別々, の梶さん, の私

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 から書面, し内, するいわゆる

▼ 親同士~ (3, 0.0%)

1 の争闘, の言, の許婚

▼ 親同志~ (3, 0.0%)

1 が話し, で勝手, なる程

▼ 親~ (3, 0.0%)

3 威張に

▼ 親~ (3, 0.0%)

2 は子 1 の眼

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 といふ人, に劣らず, 左右無く

▼ 親忠家~ (3, 0.0%)

1 に分ち給, の両人, を以て死骸等

▼ 親恋し~ (3, 0.0%)

2 がりの 1 と思う

▼ 親抱き~ (3, 0.0%)

3 の松

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 があるだらう, と相, の方

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 に繋がれ, の間, 無一字

▼ 親棄山~ (3, 0.0%)

1 ということ, とではたがい, の昔話

▼ 親殺しじゃ~ (3, 0.0%)

1 て, な, よ

▼ 親殺し事件~ (3, 0.0%)

1 の多少, の處分, を暗から

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 をつきつけ, を手交, 及びペルリ

▼ 親~ (3, 0.0%)

1 にする, に非, のまだ

▼ 親あり~ (2, 0.0%)

1 兄弟姉妹の, 妻子あり

▼ 親あるいは~ (2, 0.0%)

1 その他の, 同胞に

▼ 親あれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ生れ来, ばである

▼ 親いまだ~ (2, 0.0%)

1 その例, その頃

▼ 親おもい~ (2, 0.0%)

1 の人, 母親の

▼ 親かた等~ (2, 0.0%)

1 がそこ, の一人

▼ 親かった~ (2, 0.0%)

1 ものの甥, 昇と

▼ 親かと~ (2, 0.0%)

1 まちがえるよう, 思わしめるだけの

▼ 親かも~ (2, 0.0%)

1 しれません, 知れない

▼ 親からの~ (2, 0.0%)

1 贈物であっ, 金の

▼ 親くせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 親こそ~ (2, 0.0%)

1 業の, 異れこ

▼ 親さえも~ (2, 0.0%)

1 明らかに, 軽蔑したくなります

▼ 親さん小六さん~ (2, 0.0%)

2 の人気おこし

▼ 親しまし~ (2, 0.0%)

1 ておきたい, て下さいませ

▼ 親しもよ~ (2, 0.0%)

2 冬は

▼ 親その~ (2, 0.0%)

1 国の, 考え方封建性という

▼ 親たち同士~ (2, 0.0%)

1 が互, は単に

▼ 親たる者~ (2, 0.0%)

1 の義務, を虫ケラ同然

▼ 親だけは~ (2, 0.0%)

1 無事に, 生存し

▼ 親だの~ (2, 0.0%)

1 伯父だ, 子だの

▼ 親だらう~ (2, 0.0%)

1 が生まれる, が神

▼ 親だろう~ (2, 0.0%)

1 がまだ, と恩人

▼ 親であろう~ (2, 0.0%)

1 が皆呼び捨て, ぞ

▼ 親でございます~ (2, 0.0%)

1 からその, と

▼ 親でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことは, としたなら

▼ 親とても~ (2, 0.0%)

1 其の通り一徹, 差圖は

▼ 親なき~ (2, 0.0%)

1 カヤ, 子であった

▼ 親など~ (2, 0.0%)

1 なるを, 頼まいでも

▼ 親などが~ (2, 0.0%)

1 その組, 登って

▼ 親などの~ (2, 0.0%)

1 すること, 場合には

▼ 親にすら~ (2, 0.0%)

2 捨てられたらんやう

▼ 親に対し~ (2, 0.0%)

1 持って, 生徒は

▼ 親に対しては~ (2, 0.0%)

1 思わない, 格外の

▼ 親に対しても~ (2, 0.0%)

1 いとしさ, 特別に

▼ 親のね~ (2, 0.0%)

1 え子, たまに

▼ 親はと~ (2, 0.0%)

1 聞かれて, 聞くと

▼ 親はるか~ (2, 0.0%)

1 に声, に聲

▼ 親~ (2, 0.0%)

2 ちが

▼ 親まう~ (2, 0.0%)

1 とする, 親んで

▼ 親まずし~ (2, 0.0%)

2 て反

▼ 親ませる~ (2, 0.0%)

1 ことは, やうに

▼ 親まで~ (2, 0.0%)

1 引ッぱり出し, 殺すと

▼ 親まれ~ (2, 0.0%)

1 た, 易い理由

▼ 親みにくい~ (2, 0.0%)

1 やうな, 文明である

▼ 親ゆえ~ (2, 0.0%)

1 に胸, の子

▼ 親ゆづり~ (2, 0.0%)

1 の博多帶, の資産

▼ 親よりの~ (2, 0.0%)

2 制裁も

▼ 親らしくない~ (2, 0.0%)

1 ことでも, 継母様だ

▼ 親るい~ (2, 0.0%)

1 の数, を初

▼ 親をまで~ (2, 0.0%)

1 つくづくと, 捕えずには

▼ 親を以て~ (2, 0.0%)

1 畜身にも, 膝をも

▼ 親二人~ (2, 0.0%)

1 に怨まれ, はわが子

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 およびその, ともう

▼ 親付き~ (2, 0.0%)

1 だってあの, でか

▼ 親以上~ (2, 0.0%)

1 に大切, の者

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 な俺, に思っ

▼ 親佐さん~ (2, 0.0%)

1 のお, は堅い

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 の胸, はやはり

▼ 親兄妹~ (2, 0.0%)

1 が居れ, とさ

▼ 親兄弟親類~ (2, 0.0%)

1 が村, までが娘

▼ 親六十~ (2, 0.0%)

2 で児

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 や, や親出

▼ 親分ち~ (2, 0.0%)

2 よいと

▼ 親及び~ (2, 0.0%)

1 兄たるだけの, 兄に

▼ 親孝心~ (2, 0.0%)

1 で発明, に愛で

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 と言, 朝臣鉦鼓は

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 という意味, の三人

▼ 親容隱~ (2, 0.0%)

1 の條文, の法

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 にたいする交誼, に向っ

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 から支島, の地

▼ 親師匠~ (2, 0.0%)

1 がつい, のため

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 から人間的, へ醇化

▼ 親惣右衛門~ (2, 0.0%)

1 の心, を徳

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 に参ろう, の程

▼ 親案じ~ (2, 0.0%)

2 て尋ね

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 の罪, を討ちとり

▼ 親殿~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, は気むずかしい

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 が獲物, は子

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 の肉, は長い

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 がま, なら一頭百五十円以上

▼ 親獅子~ (2, 0.0%)

1 のふところ, は舞台

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 として長州征伐, となり

▼ 親盛入道~ (2, 0.0%)

1 が八坂, が法然

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 にする, の花崗石面

▼ 親祖先~ (2, 0.0%)

1 ありて, の位牌

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 のある, の風流雲散

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 に当, を弁護

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 するが, するの感あらしむる

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 なる吉田定房, を呼び

▼ 親至愛~ (2, 0.0%)

1 の子供, の間

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 が書き方, と云

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 て慌しく, をした

▼ 親親類~ (2, 0.0%)

1 にも悲嘆, に夫

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 の, の背広

▼ 親~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 でさえもその, はのろい

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 は形, は背

▼ 親~ (2, 0.0%)

1 が雛鶏, とヒヨコ

▼ 親鹿~ (2, 0.0%)

1 で有りましょう, も打とう

▼1* [444件]

あらなくにこゑ楽しかり, 親いうてもお母さん, 親いまさずいろと, 親いろせ神何あらん, 親するもの, 親うめる兄弟の, 親うらみなり聞かれぬ, 親おもう心に, 親および国家の, 親おれには実, 親かといふ恐ろしい疑, 親かねて存ずる, 親からさえも日に日に離れ, 親からでも擽つたい, 親かを殺されて, 親がかはつて返した, 親がって言うの, 親がにが甲羅を, 親がらすは早くから, 親がわびをしておるじゃなッかい, 親やうだいに, 親きょうだいいとこたいがい親類同志みたいなもの, 親ぐらいな甲羅も, 親ぐらいに思って, 親ぐるみでおだて, 親ぐるみ娘を貰わなけれ, 親この時は, 親さま東の重胤さま, 親ざるはどう, 親しからしめた結果では, 親しかりにし, 親しかりければ互に, 親しかる心に, 親しずくでいただく, 親しますよりも脅, 親しめりし事の, 親しらずをのけ, 親じゃからッて, 親じゃと思わねば, 親すなわち毛利時親の, 親すら捨てて, 親する気は, 親から神道碑, 親せんと欲する, 親そのままなの, 親たちこっちへ来る, 親たち二人はもう, 親たち兄たちまたは夫, 親たち師匠から人間, 親たち弟に逢った, 親たち月給取り本位の教育家, 親たち結婚という風, 親たち自身の心, 親たち重治さん栄さん夫婦などとどじょう, 親たらずとも子, 親だけが子供に, 親だてらにいらぬ, 親だなえ親は, 親ちゃん継母じゃあない, 親っていうのが, 親つていふもの, 親づらして腹, 親であったらこんな隔て, 親でございましてそれ, 親でしかなかった, 親でしたら自分は, 親ででもあった, 親でなくたつて仇くら, 親で無い親, 親とてこれらの, 親とで勝手に, 親とでも思いちがえたもの, 親とに対して共通の, 親とに対する義務だ, 親ともして種類別, 親どうして刃を, 親ない子は, 親ながらに惚, 親なく子なく, 親などと思っては, 親などという者は, 親などにはずっとそうして, 親なみにいうなぐさめ, 親なりが国を, 親なりといふ, 親なるべし三十ばかり, 親なる如く個想に, 親なんかになると, 親なんぞを探す暇, 親なんら朝廷に, 親にあたる女の, 親にこそ酬え, 親について兵学を, 親にとって子に対する, 親にとっても兄弟にとっても, 親になぞ会いに, 親にのみは懐き寄るはじめて, 親にはどつちみち別れ, 親にばかり託しきれず一人, 親にゃ聞えむかと, 親に対しての呪言の, 親に対してよしないこと, 親に対すると同じくふるまわなく, 親に関することなく, 親のみすがた木, 親のみが発明する, 親はかあっと, 親はらからも過ぎし, 親ばかりで随分あまやかし, 親ばかりの願いでは, 親へは必ず孝, 親へも彼は, 親ほどにまで強く深く精神的, 親まあ親です, 親まかせの孝謙天皇, 親まさりだったからといっ, 親まざりし貫一は, 親ましむるによつて人の, 親まじりに七八人, 親また腕を, 親まつる墓の, 親まつ鳰のもろ音哉, 親までの恥に, 親みあうも見え, 親みのとりどりに深, 親みの代りに好奇心, 親み合ってはい, 親み合わねばなりません, 親むべきものがあった, 親むやうなるところ, 親む可き状, 親む媒となる, 親む工合だから, 親もたぬ子の, 親やだによ引はらう, 親やったら息子の, 親ゅう交って, 親ゆづりで自分の所有, 親ゆびとで押え, 親よか妻が, 親よりは大事な, 親よろこばざれば親子, 親らこれを受けしめよ, 親らし玉うの類なり, 親らしくしてする, 親らしくなりやがった出来損いが動物とも, 親らしくふるまうのは, 親らしく睨みつけながら, 親らしく言ってある, 親ら上東門外に迎えた, 親ら久高知念玉城に行幸, 親ら伝授したまひ, 親ら公堂に到り, 親ら出會した事件中, 親ら勅赦状に, 親ら千人の垢, 親ら四種の兵隊, 親ら国内の主要, 親ら奧州に巡錫, 親ら嫁の家, 親ら愛孫の世話, 親ら政治をせられなかった, 親ら旅館へ來訪, 親ら書きしもの, 親ら琢き立給, 親ら筆を執る, 親ら罪人を訊問, 親ら署名して, 親ら肉食を遊ばされた, 親ら薬餌を供す, 親ら藥を製し, 親ら裁斷する俗界, 親ら豐火日向筑紫を巡, 親ら金の箕, 親ら鳥が四フィート, 親ら麻衣を曳く, 親り活きた虎を, 親をがみ, 親をだに棄つれ, 親をはふり出して, 親をばばば馬鹿に, 親を通して申込まれる山々, 親んでからお勢, 親エリザベスの謁見, 親ガニであるそう, 親タラズトイヘドモ子モッテ子タラザルベカラズ, 親ダイバー子ダイバー, 親てこんな, 親ハヤわれを待ち, 親バカのおやじ, 親ヘムツミ又ハ妻子下人, 親・通具父子が加, 親一つは源吉, 親一人位は養えます, 親一人妹一人養うこと, 親一人子一人長屋ぐらしも出来かねた, 親一人子一人頼りになる, 親一人楽に過す, 親一個がけしかけた, 親一処に聚まり悲しみ, 親一子はいと, 親一族親友輩がその, 親一軒の主人, 親一郎どのより三郎どの, 親三田村四郎などという今日, 親三郎の顏, 親袖を, 親に菴室, 親丸山などになる, 親惡事訴出候時之, 親乞食の行衛, 親人類生國, 親の年紀, 親今井四郎兼平義仲の命, 親より引続き, 親代々又右衛門を名乗っ, 親代々子のすつ, 親代々家の稼業, 親代々家禄で衣食, 親代々石切だからよ, 親以來正見なく皆, 親以外の近親, 親以来これが二度目, 親伯父叔母諸親類, 親位殺し兼ねませんよ, 親位自分達の下らない, 親佐々木源三秀義と重国どの, 親と小, 親されそして, 親兄弟ハ勿論ドンナ親シイ人ニモ話サヌコトヲ誓イマス, 親兄弟一家親族知人朋友学校警察までよって, 親兄弟主君の敵討ち, 親は洞門, 親八左衞門が不, 親が隠居, 親兵百余人に前後, 親兵衛同様の神護, 親兵衛武勇談はややもすれば, 親兼高岡忠郷花井卓蔵の各, 親出すな, 親分つたら顎から, 親切ったってそれ, 親効いもない, 親動物の思考, 親勝手に縁, 親ならざりし, 親宗の, 親同様一人ほか居ないもの, 親君ひとり後にのこっ, 親君シートの上, 親君写真をもっ, 親君四時に来た, 親呼んで, 親問う勿れ, 親して, 親四子をつれあそぶ, 親基翁も来会, 親にあり, 親士脩身所染法儀七患辭過三辯尚賢上, 親を掛け, 親になっ, 親なき妻, 親女房に憂目, 親までの命, 親を捨て, 親姉妹と語る, 親たり, 親は, 親威同志と, 親娘三人は戦争, 親娘殺しを白状, 親子ども愛人まだ生れない, 親季朝臣の子, 親実に情ない事, 親家鴨とお喋り, 親いたし候, 親を上, 親尊長主婚者, 親小山内薫氏のなくなった, 親居処を替えし, 親屏秋元但馬守が城主, 親屬間の姦通, 親山女魚を釣る, 親山平は十六年前, 親島おかけめしやいが, 親帆立貝は割らない, 親帰りておりこひめこ居た, 親に始まり, 親幼年時代からの生活, 親幾人に仇敵, 親左衛門大夫時広, 親広さま左衛門大夫時広さま前駿河守季時さま, 親の女, 親康島田寿一大矢尋三郎菅沼岩蔵溝部惟幾の人々, 親寄せて, 親引きとして残った, 親弟妹の間, 親征なぞの御, 親征中の心痛, 親征大和行幸の事件, 親征日本武尊の西征東, 親の墓, 親必須宮室宮室既備事資器用今謂, 親忠家之に相副, 親忠家等の手, 親思う心に, 親思ひですからあんな, 親息子たちはいづれ, 親情なき者なり, 親惣右衞門の妾, 親愛す可し, 親が, 親懸り因って親, 親成先の弥三郎, 親戸主の権威, 親所天の讐, 親手首を持, 親折梅一枝又作和歌并以賜余, 親拝みの古風, 親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 親持ちの場合, 親持つほどの御, 親振った軽蔑の, 親探しは近, 親によつて傳, 親支那の曇鸞, 親支配人どもより急度, 親な気持ち, 親曇鸞道綽善導源信源空の七祖, 親替わりに私, 親最愛の眼鏡, 親有れば則, 親というべき, 親と異, 親てわび, 親柱五本に菊屋傳右衞門, 親根からかうたくさん, 親して, 親の方, 親のふた, 親は, 親して, 親正木村隼人を天王山方面, 親さえ抜け, 親死なしめて後, 親は母, 親氏自身立派に探偵小説評論, 親の娘, 親決して肯れはなすまじく, 親の兵法, 親涅槃第一, 親淨於那爛陀亦屡, 親清兵衛景延の代, 親が大きく, 親著像に, 親無きあとで, 親や堅い, 親片手ずつ掛け, 親片膝立てて, 親独楽も十個, 親独自の工夫, 親の牙, 親町野は恐く, 親的クダを巻かれる, 親の方, 親益宿谷空々新楽閑叟, 親相當な心配, 親真壁城主の真壁幹重, 親真実は高利, 親を, 親眤従僕助くるなし, 親眷属全部そろって, 親眷族はみんな貴様たち, 親眷族みな苦悩す, 親祖父現在し玉, 親神策軍正將羅, 親したの, 親や左衛門, 親で目上, 親の女, 親籍兄弟みなその安着, 親にはあ, 親組飯田四郎左衛門良清に嫁, 親結婚を許さざりしか, 親がひかれ, 親縁者奴婢指さっしゃれば, 親縁関係によって大体, 親罰子罰嬶罰のと四方八方, 親が跟, 親美氏なども観, 親老いて若い, 親者之を割け, 親聞きつけて泣く泣く, 親肢身体髪膚併せて, 親背後に見, 親とか三善康信, 親臭いとも思ッ, 親亦多, 親舟子舟のいきさつ, 親良人誰に拘らず, 親菩薩が教育, 親藤夜叉も子持ち, 親に聞かされた, 親蛙われは, 親は巣, 親はと見る, 親行きて泣く泣く, 親すべきであろうか, 親見参に行く, 親覚羅氏が絶漠, 親親分許して, 親に頼る, 親試したこと尠く, 親詩書廣讀諸家之詩, 親とでも言, 親をし, 親譲リデ若イ時, 親はこれ, 親財産地位などのあり余る, 親走り来て手, 親返りといふ, 親違いの姉, 親國の, 親には恐入りました, 親の子, 親野霜の翁, 親でドア, 親ふた百八十五円丁度, 親に起る, 親關係に在るべき, 親陸奥守に任, 親雲上政恒からはじまつた, 親をし, 親せうとの, 親養父を殺す, 親馬仔馬みんな戻つて, 親ノ重, 親魏倭王に封ぜられ, 親魏倭王卑彌呼帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米, 親は一度, 親鳴く子を, 親なるもの, 親還り来るを, 親となっ