青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「菜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~
菜~
華~ 華やか~ 萩~ 萬~ ~落 落~ ~落し 落し~ ~落した 落した~

「菜~」 1103, 11ppm, 9518位

▼ 菜~ (191, 17.3%)

10 葉の 5 葉を 4 葉が 3 いろ, ように, 葉に

2 [15件] あを, お殘, たぐいの, ために, ひとつびとつに生命の, ような, 中を, 外に, 束を, 条下に, 畑の, 花びらほどの, 葉, 葉と, 葉や

1 [133件] あた, あつもの, あるか, お汁, お葉漬け, ことなど, しっそな, すすり泣きに, なかへ, においの, はなの, はな春菊鬼げし, はをなぶる, ひたし, ひたしぐらい, ひたしもの, ひたし物香物沢山という, ほかに, ものを, やうな, やうに, ゆでたの, よろこびが, サラダでも, プログラムぐらい, 一種我邦の, 一簇故に, 一茎を, 一覧表を, 上に, 中で, 乘合船, 事ばかり, 二字で, 二字を, 代が, 代金を, 何をか, 作列に, 優美, 冷たいゆたかさ, 列に, 別名も, 味も, 味噌汁も, 品種に, 図で, 図も, 声が, 字を, 屑や, 幅の, 幾種かを, 当てッこ, 影を, 後について, 御製の, 意で, 意である, 意味であろう, 慈悲も, 憐れに, 掠奪は, 有る時, 材料などは, 果を, 根を, 残りの, 母, 母七十に, 汁で, 汁に, 油味噌の, 油屋が, 油屋へも, 浸しもの豆腐おす, 漬けもので, 漬けものを, 漬物が, 漬物で, 漬物を, 漿姫柚子の, 煮たの, 煮浸しは, 父と, 物を, 物煮豆など, 献立は, 由, 畑, 畑と, 畑は, 畑も, 畑や, 畠を, 白い茎, 真価を, 種を, 種子が, 種子を, 種蒔く, 空の, 窓や, 籠を, 背へ, 膳組に従って, 膳組の, 花咲きぬ富士を, 花咲ける, 若葉を, 茎に, 莟である, 莢喫む鶸の, 菠薐草を, 葉などが, 葉張りかな, 薹を, 記文は, 身寄りの, 這入って, 鍋を, 雛桃の, 青いひたし物, 青葉を, 頃とも, 類の, 類は, 風鳶も, 餘り, 香すら, 香りあはれそは, 香味茄子の, 鰡を

▼ 菜~ (155, 14.1%)

6 洗ふ 5 洗って 3 摘んで

2 [12件] たべて, つくること, ぶら下げた裏庭, 取って, 拵らえ, 拵らえる, 洗う女, 煮て, 用いカシ, 竹の, 耕って, 間引いて

1 [117件] あさって, いれた鍋, お湯で, かかえた夫, かかえて, しぼって, すすぎ袂, そそる音, たくさん車に, つけるの, つけるん, つむよう, とって, とつて, とるもの, とろうと, どっさりゆで上げなけれ, ならべて, ひと掴み分け, みたてたり, もつて, やりして, よく作った, アルミの, ワカメだ, 一う, 一つかみ抜い, 一皿御馳走し, 主として肉食, 仲善く, 何に, 作ったり, 作って, 作りました, 作り終えると, 入れて, 入れては, 出して, 刻んだり, 命じちびりちびり, 命じて, 小皿に, 小笊, 少し加え, 引いた跡, 引きつつ, 愛す, 截り, 手ずからお, 打棄つて, 抜いて, 抱え己, 拵へて, 持った圭子, 持って, 持つて, 採む時, 摘み居る少女, 摘み足して, 摘むのに, 摘んだらやがて, 播く準備, 母と, 水仙に, 汁の, 沢山置い, 洗いつつ, 洗うという, 洗うもの, 洗う手伝い, 洗つ, 洗つてしまつた後には, 洗つてゐる, 洗ひ上げ, 添えて, 添え紫雲英, 減らしたり, 漬ける何と, 漬け畑, 炊き込んだ粥, 煮たり, 煮るやは, 煮米, 牛酪で, 産して, 盛りわけて, 積み重ねた流し許, 積んで, 管理し, 粉として, 粥汁に, 細かく刻ん, 置いたが, 茹る, 荒すので, 蒔いたら生, 蒔いて, 褄に, 見た, 見て, 見ると, 親や, 負って, 負ひ, 貰つた家では, 買ひ, 賜ふ, 載せたり, 通りがかりの, 釣るし, 間引く雑草, 食い二日人鶏, 食う, 食って, 食べたらどんなに, 食べないの, 食べるの

▼ 菜~ (62, 5.6%)

7 して 2 なさるお嬢様, 仇なす, 水を, 茄子が, 飯を

1 [45件] しあるいは, しそして, した, したの, しながら, し残り, するため谷, すると, する干納豆, する苦味, すれば, すわりたるあえ, とどめそれ, なりよるわい, もとて, 丸く小さい二寸, 僕は, 充る, 印旛びと今も, 合せて, 喰べ, 塩から, 奴豆腐を, 心を, 必ず豆腐, 手が, 持って, 掛けた, 昼食の, 案内され, 此の, 生卵, 用ゐる, 田螺を, 花が, 茶代りの, 茶漬を, 薹が, 豆腐でも, 身かき鯡の, 酒二献であった, 限りその, 霜を, 鮭を, 鱒を

▼ 菜~ (53, 4.8%)

2 野に

1 [51件] いらないよ, いらんかのう, けっしてワカメそのもの, こ, つむまでに, ひとり夫の, まだ弾傷, めいめい有合わせを, もう芽生え, ワカメでない, 一汁二菜と, 何も, 元来何, 八九尺に, 別です, 千曲川の, 味噌梅干佃煮の, 塩辛など, 多く苦い, 多に, 夢の, 夫の, 好きなれ, 好く出来た, 少量で, 平淡の, 形の, 御膳番の, 怯えた鶯, 息子と, 朝が, 枕から, 枯れたが, 格別ねえだ, 母の, 気が, 沢庵に, 油を, 淡泊なる, 父の, 独活に, 生徒が, 畑へ, 皆天王寺の, 皆白き, 眩い, 絶叫した, 絶対に, 茹で, 萎みて, 間引いてから

▼ 菜~ (45, 4.1%)

2 と芋, の味噌汁, を洗

1 [39件] が乏しい, くふ, しぐれて, だけで喰べた事, だけを白湯, でもよく, といっ, とのとき, と到来, と大根, などを鍋, に麦飯, のありがた, のかげ, のこやし, のやう, のよう, の如く, の煮た, はこれ位, はまた, はよかつ, ばかり食べ, ひたし, もあれ, や郵便, をそ, をたくさん, をつみこん, を入れた, を切, を持つ, を摘ん, を漬けた, を漬ける, を煮, を煮る, を買, を買う

▼ 菜~ (43, 3.9%)

1 [43件] あるか, うまい, こぼれて, こんなに植わつ, その時, つく, できると, できるわけ, ない, ないから, ないの, ほきて, もう青青, よう漬かった, よく此, 一本できなくなったら, 一本出来なく, 不味いとか, 作って, 出て, 出来た, 出来ましたね, 前よりも, 原因なら, 土を, 大根の, 奥に, 我がスミレ, 振向くと, 明るなり, 枯れる雨, 気に入らなかったなんて, 気に入らぬと, 沢山ある, 油揚げ湯葉と, 洗ひ, 無いなら, 現はれる, 見えて, 親しんでしまつた, 車麩の, 遂にゐたたまれず, 食い残されて

▼ 菜葉服~ (39, 3.5%)

3 のポケット, の男, を着 2 の野郎

1 [28件] がいきり立つ, がうなる, が二大隊, が戻っ, で一杯, とメリヤス, にゴム靴, に鳥打帽, のほう, のよう, の一人, の三好, の上, の人, の工夫, の平吉, の職工連, の腕, の襟首, の青年, はふうん, はむっと, はコート, は辛抱, は黒い, を出し褪め, を真黒, を着た

▼ 菜~ (28, 2.5%)

3 のおいし 2 を入れ

1 [23件] がおいしい, がぐつさり添, がどう, がなけれ, が一つまみ, が漂, が甘い, が食べられる, こういった, づかいの, で, で飲んだ, のうま, の大変, はほん, へ掛けた, もおしたじ, も皆, をつけ, を喫, を喰う, を旨, を目笊

▼ 菜~ (27, 2.4%)

5 葉の 2 葉や, 葉を

1 [18件] ぱでこれは, ぱと, ぱとかで紛らされ, ぱと水ばかり, ぱの, ぱばかりで満たされた, ぱやコスモスの, ぱを, ぱ汁と, 葉か, 葉が, 葉と, 葉とを, 葉に, 葉も, 葉服の, 葉汁を, 葉臭く

▼ 菜~ (27, 2.4%)

2 紫うすき

1 [25件] あったので, ある, あるは, いうので, いえば, いったかは, いって, いはれて, なし外, なる, ネラ子が, 云って, 人参ジャガ芋なぞの, 冷飯二杯ほどを, 外に, 大根の, 書くべきである, 油揚の, 漬物という, 燕麦緬羊と, 申しまするは, 菫の, 蜊貝の, 雉笛と, 鳥を

▼ 菜~ (22, 2.0%)

4 汁を 3 大根の

1 [15件] 人参を, 何かを, 切干や, 塩味噌粉干, 大根や, 大根を, 柿の, 水を, 漿塩壺など, 肉を, 芋なども, 蔓茘枝が, 藜を, 豆など, 酒の

▼ 菜~ (20, 1.8%)

2 添えずに

1 [18件] ある, それに, まきましたから, 両方共に, 乾栗も, 二ノ膳つきで, 共に決してスミレ, 同様である, 味噌漬だ, 実はこの, 母子草も, 洗う, 海上において, 煮た, 糠鰊で, 草も, 鉄の, 雑草も

▼ 菜~ (17, 1.5%)

1 [17件] が出, が生長, と魚介, にせね, に至つて, の味称美, の料家具, の生育, は播き付けられぬ, は最も, は蘭軒, もなかりき, より十二指腸蟲卵, を仕立てよう, を嗜んだ, を輸, を食す

▼ 菜ッ葉~ (14, 1.3%)

1 [14件] がのこっ, が一等, が少な, が足りない, が食えます, のよう, の漬物, ばしでなく, をも時々, をやったら, をオレ, を奪い合い, を見, を踏んづけ

▼ 菜~ (14, 1.3%)

3 やちよ

1 [11件] であからさま, になった, に近い, の向う, の日南, の葉竹, の阿媽, は花, へ纔, やちょっとした, 白き鶏日向

▼ 菜ッ葉服~ (13, 1.2%)

2 の男, を着た 1 がトロッコ, が屍体, の大男, の胸, の袖口, を着てる, を着る, を着込ん, 半ズボン

▼ 菜~ (11, 1.0%)

1 [11件] が, との境, になっ, に入る, に案内, の紫蘇, の間, も庭園, を余さしむ, を前, を歩み

▼ 菜~ (10, 0.9%)

1 お家万歳の, そう長, めざましいな, 奈良枝では, 小さい棺, 握飯を, 日常生活によって, 爾雅, 茶漬をか, 豐田さんの

▼ 菜でも~ (8, 0.7%)

2 煮るらしく鍋, 皆な 1 あり魚, 大根でも, 拵えた時, 煮させて

▼ 菜~ (7, 0.6%)

1 からくず, ぞ, とか葱, と思ひ, と説明, な, のという

▼ 菜~ (7, 0.6%)

1 がよう, くらいは取れよう, でも植えよう, なんかこの, なんか作らず, は其村, を識

▼ 菜にも~ (6, 0.5%)

1 この冬, なか, 一釜茹でた, 稀には, 飽き果てた, 魚が

▼ 菜~ (6, 0.5%)

2 でもと, といふの 1 で大根, は方言

▼ 菜大根~ (6, 0.5%)

1 すら萎む, と同じ, の切干, の類, を掛けつらね, 及び午蒡人参等

▼ 菜~ (5, 0.5%)

1 が充ち, の図, の方, を手探り, を描い

▼ 菜~ (5, 0.5%)

1 の次ぎ, の漢名, はけっして, はにほひ, は何

▼ 菜という~ (4, 0.4%)

1 個所に, 元の, 意味で, 若い女子

▼ 菜とも~ (4, 0.4%)

1 いう例, 支那で, 旱菫とも, 言うの

▼ 菜どの~ (4, 0.4%)

1 にとって幸, のどこ, はもう, 左の

▼ 菜などを~ (4, 0.4%)

1 うろ抜いて, 売に, 洗うので, 谷川を

▼ 菜ばかり~ (4, 0.4%)

1 である, なので, 喰べて, 喰べてを

▼ 菜~ (4, 0.4%)

1 かたよせ竈, に一摘, を担っ, を提げ

▼ 菜など~ (3, 0.3%)

1 喰べ, 挙げいるから, 青々と

▼ 菜などは~ (3, 0.3%)

1 お汁, 何でも, 日頃噛む

▼ 菜ッパ~ (3, 0.3%)

1 の切れッパシ, をまぜ, を切っ

▼ 菜ツ葉~ (3, 0.3%)

1 のやう, もとけ, を買う

▼ 菜一つ~ (3, 0.3%)

2 作ること 1 だけだ

▼ 菜~ (3, 0.3%)

1 がそこ, とだけ存じました, の年増女さ

▼ 菜~ (3, 0.3%)

1 を生じ, を生ずる, 無牛馬虎豹羊鵲

▼ 菜葉隊~ (3, 0.3%)

1 がつづかぬ, が後, はくる

▼ 菜~ (3, 0.3%)

1 の中, の瑞瑞しい, 即ち菘

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 一汁に, 切干かの

▼ 菜がは~ (2, 0.2%)

2 いつて

▼ 菜じゃ~ (2, 0.2%)

1 ない鶴, 食われないの

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 ねの, ね油

▼ 菜とは~ (2, 0.2%)

1 いえまい, 別々の

▼ 菜とを~ (2, 0.2%)

1 我らに, 持って

▼ 菜なる~ (2, 0.2%)

1 その本物, 者は

▼ 菜には~ (2, 0.2%)

1 煮豆に, 糸蒟蒻が

▼ 菜まで~ (2, 0.2%)

1 きれいに, 知りぬいて

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 治ス, 治スル者ハ須ク

▼ 菜~ (2, 0.2%)

2 はさば

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 ひほけ円き, ひほけ遊ぶ子ら

▼ 菜~ (2, 0.2%)

2 としてふんだんに

▼ 菜堡子~ (2, 0.2%)

1 とかいうの, とかいう所

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 だの藁, 去り難

▼ 菜摘み水~ (2, 0.2%)

1 汲みかくしてぞ, 汲み仕へてぞ

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 に買っ, に買つて

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 とかつまり汁, にそれぞれ

▼ 菜浸し~ (2, 0.2%)

1 を添, を添え

▼ 菜漬樽~ (2, 0.2%)

1 にでも入れませう, や炭俵

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 まで泥海, 長い長い汽車

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 の上, をのつけ

▼ 菜積み~ (2, 0.2%)

2 たる

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 して, になった

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 や其他, を試み

▼ 菜蔵果品~ (2, 0.2%)

2 を持っ

▼ 菜~ (2, 0.2%)

1 とは変ってる, をやります

▼1* [157件]

ひたり, 菜かと仰っしゃっては, 菜から悉く僕, 菜かれなくてあれ, 菜ぐさ下萌青し早すずろ, 菜ぐらいあるだろう, 菜さえ能登は, 菜その他飮食物の減失, 菜それもちさ汁, 菜それに一泊を, 菜そろへ菜, 菜たくさん植えて, 菜たねは畑, 菜たばね菜と, 菜だけであって, 菜だけは別に, 菜ぢやござりましねえ, 菜切り包丁抜い, 菜つむ海部処女等が, 菜つる竹村にをちか, 菜である事を, 菜ではなくイタリア菜, 菜というということは, 菜といふ野菜が, 菜としてはうとうぶきが, 菜とも書き繖形科植物の一種, 菜どうしやう, 菜なきを憂うる, 菜などが交じって, 菜などに居てか, 菜などの冬作は, 菜にさえなり得ない程, 菜について綿密な, 菜にというので, 菜にとて山款冬数十茎を, 菜に関して明瞭なる, 菜のうへにも及びぬれ, 菜たけ麦ば, 菜ひたさく磯を, 菜ほうけて春行, 菜めしと間違, 菜もるちの花叢藜に, 菜やら古洋灯, 菜よりも暖かそう, 菜をとつてゐた, 菜をば都へ, 菜をも大抵この, 菜をよわざわざ中ノ条, 菜アザミというの, 菜キサラギナ日野菜セリフオンも立派, 菜シラヤマギクというの, 菜ッぱのようにかじかんでしまって膝小僧をなで, 菜ッ葉ズボンに年中縞, 菜ッ葉問題といっしょ, 菜ッ葉服姿の男, 菜ッ葉色の作業服, 菜ッ葉色制服のちがい, 菜ツ葉一把三銭野菜もだ, 菜トマトが南瓜, 菜ニ供スル者ヲ菜瓜ト為ス, 菜ハ東海ニ生ズ形チ帯ノ如シ, 菜一人一度分一厘残汁同上二厘だいたい残飯生活, 菜一片の田楽焼, 菜一葉とれないの, 菜三種して, 菜の智識, 菜とある, 菜という会, 菜はつける, 菜作りをやらなけれ, 菜佳肴も味, 菜に有合せ, 菜其他飮食物の減失, 菜刀もちて切る, 菜ばう, 菜と遊ばされし, 菜四把八銭也半分煮て, 菜売りの女, 菜鮒大山芋などを, 菜大根茄子などは料理, 菜大根豆芋等を手作, 菜大根黍陸稲なんかが育ってる, 菜家畜をあげ, 菜の世話, 菜屋さんもこんな, 菜山椒の芽, 菜席上贈祭酒向井元仲, 菜肚紅焼魚翅, 菜に誤, 菜得撫草色丹草など帝国極北, 菜摘みを事, 菜摘み來な, 菜摘み来な, 菜摘邨来由の巻物, 菜断穀断と茶断, 菜時々らんきよう, 菜木犀の花, 菜でもある, 菜水引草など皆野, 菜活けてあんた, 菜漬位である, 菜漬午後は煮, 菜濱防風であるとか, 菜のよう, 菜牛蒡人参などの野菜, 菜物視され昆布屋, 菜犁頭草箭頭草宝剣草如意草などの名, 菜のなお, 菜田それを点綴, 菜畠やちよつとした, 菜畠蝶々に比べ, 菜畠越に遠く, 菜連なり日本, 菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 菜科花葱科などの様, 菜の田畑, 菜穗子に歸ら, 菜を提げ, 菜細根大根花菜漬こういった, 菜繁茂し何ぞ, 菜肉汁料理はおまかせ, 菜肉防寒防蠅の用意, 菜を容れれ, 菜色ナシ嗚呼蟻, 菜芋大根米などでつくり, 菜芋茸などの姿, 菜荒しといふ名, 菜菓子の好み, 菜といっ, 菜葉そよ, 菜葉一把が一厘, 菜葉一把三銭也新漬, 菜葉一株拾うた煮て, 菜葉一株拾つたお汁, 菜葉二銭半分は煮, 菜葉切りのほか, 菜葉庖丁だろう, 菜葉庵の饗宴, 菜葉弐把五銭なりこれ, 菜葉服姿の中野学士, 菜葉洋袴の隠し, 菜葉畑も春, 菜葉粥をこし, 菜葉粥近来の御馳走, 菜葉色になった, 菜蔬我食うべきもの, 菜立つこと二尺, 菜辛菜を粥汁, 菜遠近砂の上, 菜部屋を出, 菜と罐詰, 菜電気蓄音機の前, 菜類これらは皆, 菜飲みたいだけの酒, 菜鶯菜牛蒡人参などの野菜, 菜をはっきり, 菜黄これに交うる