青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覗く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~規定 規定~ 視~ ~視線 視線~ ~覗い 覗い~ ~覗き 覗き~ ~覗く
覗く~
覚~ ~覚え 覚え~ ~覚えた ~覚悟 覚悟~ ~親 親~ ~親しい 親しい~

「覗く~」 1060, 11ppm, 9525位

▼ 覗く~ (462, 43.6%)

4 そこに, そこには, 中は 3 これが, それは, 外は, 家の, 自分の

2 [22件] いつの間に建った, うす暗いプラットフォオム, そこは, つい下, ぼんやりと, 仰天しました, 兄の, 先客の, 奉仕の, 奥には, 娘の, 岩礁が, 底の, 彼は, 成程, 戸袋の, 月の, 桃色の, 眼の, 空は, 闇の, 雛が

1 [391件] あなたが, あの騷ぎです, あんまり鮮, いうでも, いうので, いきなり後ろ, いきなり若い, いきり立った荒くれ男, いずれも, いって, いつの間にか伊崎, いつも前, うす暗いプラツトフオオム, うす暗い堂, うす暗い行燈, おかみの, おすゑのらしい年恰好, おなじやう, おばば, お光, お勝手が, お夏, お女中, お市, お濱, お米, お綱, お葉, お通さん, お隣り, お雪, かみさんは, がっしりした, がんがらがんのが, ぎんは, こちらの, この女, この有, これは, さア, したら八五郎兄哥, すぐ傍, そこが, そこで手相, そのあと實, そのま, そのまま息, その一刹那, その下, その中, その列, その前日限り, その奥, その板, その甕, その職人, その膳, それが, ちゃんとこう御, ちょうどオペラ, ちょうど茶店, ちらりと見えた, つばめが, どうなっ, どうも樣子, なお寂しい, なると, なるほど港, ひらたという, ふム, ほの暗い電灯, まあどうだろう, まことにそれ, まだ若い, まだ起き, まぶしさ, もう身動き, よく分かった, よく見えました, わかるの, クルツプ会社から, ケティが, チラ, トラツクから, パッと, 一人の, 一坪程の, 一番上に, 七人の, 七八寸も, 三, 三ツの, 三十二三の, 三畳間の, 下から, 下で, 下に, 下の, 下は, 不幸にも, 不思議な, 中央に, 中庭は, 中段の, 久左衛門は, 之には, 二つとも, 二人の, 二人共頭を, 二疊に, 井戸の, 人が, 今しも, 今の, 今夜は, 仔細らしく, 他人同志では, 件の, 伊之助は, 伴藏が, 低い崖, 佐伯の, 何だかもと, 何という, 何にも, 何一つ殘つて, 余りいい, 兄貴は, 光が, 入口に, 入口の, 八ツ目鰻の, 八橋は, 六個の, 六十ばかりの, 六十有余歳の, 共に其の, 共同風呂には, 其處には, 内には, 内親王殿下には, 内部は, 冷い, 凛とした, 出窓の, 列なって, 前に, 前の, 勢を, 十太夫も, 古きも, 叫んだもの, 台の, 右の, 同時に思わず弾かれる, 同時に苦し, 向うの, 四五日前から, 四十近い, 四山の, 四間間口で, 土は, 坊ちやんは, 坐って, 型ばかりの, 夕暮れの, 大きな一軒, 大きな赭ら顔, 大満員だ, 大痕痘, 天井も, 夫婦は, 奥も, 女の, 女の子は, 女は, 女中は, 姉様は, 婦人が, 婦人は, 嫂は, 客が, 寒い竹, 小さな電燈, 少々夜, 屏風越しに, 山の手の, 山の根を, 山麓の, 崖の, 川から, 帰ると, 干潟の, 平田は, 幸いに, 幸いにも, 広い浴槽, 広間は, 庇は, 床の, 床は, 底まで, 庭いちめんの, 廣間は, 廻縁の, 弓矢を, 当の京姫, 彼の, 彼女の, 往来には, 思うと, 思わずこれ, 急に, 恐ろしく贅沢, 息も, 意地の, 懸命に, 戯談どころか, 扇骨木の, 數丈の, 文句は, 斉しく, 新造がね, 日蓮宗の, 旦那は, 早合点した, 明らかな, 星どころで, 星影が, 昨日の, 時々泡, 時間は, 暗くて, 月ばかり, 月明りの, 木の, 朱実は, 枕もとへ, 果してそれ, 果して人, 果たせるかな, 柱からも, 椀の, 次郎吉は, 歴然と又, 毛ほどの, 毛色が, 氣に, 水ばかり, 水肌に, 水隈だけ, 池の, 河の, 洗張屋が, 洩れ陽, 浅い底, 消えかかった白い, 消えて, 淵子ちやんが, 清が, 清姫飯を, 清潔そうな, 満員であった, 灯は, 然るべき研究, 煤けた障子, 煩いや, 煮山椒, 燈光は, 狭いながら, 狭い家, 狭い路次, 猿と, 玄関の, 生垣に, 男は, 町から, 町を, 番頭の, 目よりも, 目玉を, 直ぐに大, 直ぐ傍, 眞新しい, 真暗であった, 真赤に, 眼鏡の, 瞬間二人の, 石で, 石の, 石燈籠は, 確に, 神体は, 私の, 穴の, 空っぽ, 空の, 空身の, 突然うしろ, 竈の, 端が, 竹内も, 竹細工の, 紛れも, 細君の, 縁側から, 縄梯子が, 羽目と, 聖は, 肖像や, 肩衣を, 背の, 脚の, 膨らんだ様子, 自分も, 臭気の, 船は, 色々見慣れない, 色グラスの, 若い女, 若い娘, 茫然と, 蓑を, 薄暗い中, 薄暗い行燈, 蘆荻が, 蚊帳の, 蛇が, 蟹は, 行手の, 表紙に, 表階子の, 襟の, 見るも, 見慣れない独楽, 見慣れない麻裏, 言つた川柳の, 谷間の, 豊かな, 賀奈女は, 赤く汚れた, 赤や, 起き上ってた時子, 路を, 路地の, 跳び下りたくなったり, 身動きも, 軒に, 遊星は, 遙かの, 遠い水, 遠くの, 部屋の, 酒を, 金箔を, 金色燦爛などとは, 鉄の, 銀五郎の, 銭多く, 鍵の, 鏡台, 長い往来, 長く伸びた, 長火鉢の, 長閑な, 門弟共が, 開けつ放したま, 階子段の, 隣りのみか, 雑音が, 霧が, 青扇は, 静まり返った正面, 静まり返つた正面, 靴脱ぎ, 頭には, 顔が, 風が, 首を, 香の, 驚きました, 骨董が, 鬱陶しかった, 魚の, 鯛の, 鶏小屋の, 黄色くなりかけた, 黄色つ, 黒くいりつい, 黒雲の, 鼻が

▼ 覗くよう~ (107, 10.1%)

27 にし 12 にした 4 に見 3 な気 2 なこと, にする, になっ, に見た

1 [53件] だ, でもあった, なこの, なもの, なもん, な円い, な嘔気, な暈, な気持, な眼差し, な素, に, において汽車, にじっと, にそこ, にとろり, にと見る, になすっ, になった, にひょっこり, にションボリ, にレンズ, に一目, に一角, に他人, に低く, に傾い, に千代紙, に友染, に右瞻左瞻, に土間, に少し, に崖端, に彼, に彼ら, に思われ, に思われた, に手, に振向く, に最前, に梅, に様子, に水, に池, に目, に瞰下, に立っ, に脊伸び, に見上げた, に見送り, に足, に静, に首

▼ 覗く~ (75, 7.1%)

11 です 3 だ, でした, ですから, では 2 が好き, だった, である, は

1 [44件] がある, がとても, が一つ, が一番便利, が嬉しく, が樂, が素早く, が見えた, さえ気, だが, だけれど, だそう, だろう, であった, でも, にはその, はこの, はびつくり, はふっくり, はガラッ, はガラツ八, は一向, は今, は彌, は時, は止しました, は炭火, は私, は穏やか, は穩, は誰, もありました, もそいつ, も一人, も自然, やら反り, を, をやめ, を不, を待った, を待つ, を楽しみ, を父親, を知つて

▼ 覗くやう~ (48, 4.5%)

8 にし 6 にした 2 にする, に封書

1 [30件] で惡, なもの, な不作法, な冒頭, な工合, な形, な文字, な気持, な氣, な變, に, になだらか, に一足踏み寄つて首, に他人, に仲人佐兵衞, に冠さつた, に取り詰めました, に射し掛けた, に小腰, に差し, に幾度, に手, に沼, に窓, に茶色, に見, に見た, に見上げ, に言, に齒

▼ 覗くこと~ (45, 4.2%)

3 にした 2 が出来た, は非常

1 [38件] ありしに, があった, があの, がある, ができた, ができない, ができました, ができませんでした, が何, が出, が出来ない, が出来ました, が大抵, だ, だけだった, でも, にしました, になりました, に気, に氣, に興味, のほう, は出来ない, もあります, もある, もお許し, もゆるされない, も出来ない, も叶わなかった, も憚, も水の泡, も許されなかった, をこよなき, をば怠る, をも禁じたりけり, を厭わぬ, を得る, を覚えました

▼ 覗くもの~ (13, 1.2%)

2 がある, はない 1 あり, であろうかと, では, は沢山, は馬鹿, もあった, もなけれ, や胴魔声, 急いで

▼ 覗く~ (11, 1.0%)

2 じゃなかった, だ, だから, だな 1 だやい鉄砲, です, ですかね

▼ 覗く~ (9, 0.8%)

2 ごとくに 1 ごとく座, ごとく指, ごとく陰々, その笠木, 否や, 如く陰々, 扉を

▼ 覗く~ (8, 0.8%)

1 あだ, どうやら変, はっきりと, ハルトマンが, 四十あまりの, 引かれて, 日光は, 汀の

▼ 覗く~ (8, 0.8%)

2 にし, に軒 1 な気持, な風, にする, に気高く美しい

▼ 覗くという~ (5, 0.5%)

1 ことは, のは, 仕事を, 方だ, 晩でも

▼ 覗くまでも~ (5, 0.5%)

1 ありません, なく中, なく其処, なく立った, なく開け放した

▼ 覗く~ (5, 0.5%)

2 がある 1 あ音羽, が無, もある

▼ 覗く~ (5, 0.5%)

1 その背中, にも良妻賢母, のやう, は即ち, も自分

▼ 覗くたび~ (4, 0.4%)

1 に博士, に小野さん, に自分, に黒い

▼ 覗くため~ (4, 0.4%)

1 だったの, には少し, に出, に出来た

▼ 覗くわけ~ (4, 0.4%)

2 では 1 には行かない, はねえ

▼ 覗く~ (4, 0.4%)

1 が出来ねえ, にし, を忘れない, を怠たる

▼ 覗く~ (4, 0.4%)

2 は薊 1 の目, を透かし

▼ 覗く~ (4, 0.4%)

1 のゆめ, の瞳, はどんより, は円

▼ 覗く~ (4, 0.4%)

1 に淋しく, の皺, の色白, を追い払う

▼ 覗く~ (3, 0.3%)

1 楽書で, 爪立つが, 玉を

▼ 覗くその~ (3, 0.3%)

1 人気者の, 又上, 顔を

▼ 覗くとも~ (3, 0.3%)

1 なく内, なく見る, 視め

▼ 覗くなり~ (3, 0.3%)

1 のけぞるよう, 水色の, 立喰ひ

▼ 覗くので~ (3, 0.3%)

2 あつた 1 とても神妙

▼ 覗く~ (3, 0.3%)

2 あり 1 の脛

▼ 覗く~ (3, 0.3%)

2 のやう 1 には老人

▼ 覗く~ (3, 0.3%)

2 にし 1 にする

▼ 覗く機会~ (3, 0.3%)

1 がない, がなかっ, を持たなかった

▼ 覗く~ (3, 0.3%)

1 して, なる雲, に扇形

▼ 覗くかと~ (2, 0.2%)

1 見た井戸, 頭に

▼ 覗くだけの~ (2, 0.2%)

1 ことで, 仕事しか

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 床しや, 風情で

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 たちまち黒雲, 春の風

▼ 覗く伸び~ (2, 0.2%)

2 縮む奇

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 で御座いますが, をめ組

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

2 に自分

▼ 覗く拍子~ (2, 0.2%)

1 にもうずいぶん, に過っ

▼ 覗く時胸~ (2, 0.2%)

2 をうつ

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 があったなら, を有

▼ 覗く気勢~ (2, 0.2%)

1 である, に車夫

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 が起りません, になりました

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 に出, に皆

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 があっ, が失せませんでした

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 に涙, もある

▼ 覗く真似~ (2, 0.2%)

1 をし, をする

▼ 覗く~ (2, 0.2%)

1 となる, の方

▼ 覗く若い~ (2, 0.2%)

1 娘を, 男の

▼ 覗く青柳~ (2, 0.2%)

2

▼ 覗く風情~ (2, 0.2%)

1 して, に人

▼1* [156件]

覗くいくつかの目, 覗くうちにとうとう, 覗く庄の, 覗くかとして拝まれたまいぬ, 覗くかも知れないから, 覗くからまるで押す, 覗くくらいにぼんやり見る, 覗くぐらいは邪魔にも, 覗くけれど全体の, 覗くごとに我, 覗くお小遣, 覗くそれを見つれ, 覗くたびごとにいつもいつも, 覗くたよりと為, 覗くたんびに一再, 覗くだけでは, 覗くだけで内輪の, 覗くだけにしようと, 覗くだに好き心地せず, 覗くえと親分, 覗くといふやうに, 覗くときは左, 覗くとき究極は個人主義, 覗くとともに鼻は, 覗くとねポンポチ米を, 覗くとは見えない, 覗くとべツとり血潮, 覗くと共に迷いと, 覗くと金兵衞の家, 覗くどころじゃありません, 覗く無礼だ, 覗くなんて気違いじみ, 覗くにも行儀が, 覗くのみとなりぬ, 覗くの図か君, 覗く失礼と, 覗くばかりが楽しみで, 覗くひまも無く, 覗くふりをし, 覗くえ, 覗くほど取詰めて, 覗くほどの隙間も, 覗くまで安心が, 覗くまでの事は, 覗くもかはゆ, 覗くもの右往左往する人波, 覗くもんじゃない, 覗くよう軒行燈の白い, 覗くわたしこそ, 覗く許して, 覗くガラツ八が思はず, 覗くレンズも眼, 覗く一つ一つ丁寧に部屋, 覗く不心得者を見, 覗く不思議なコーナー, 覗くに片足膝, 覗く丹前の後姿, 覗く二人であろうとは, 覗く互に見合いましたが, 覗く人目は届かぬ, 覗く來日ヶ峰の一處, 覗く偽りの近眼病者, 覗く元気もなし, 覗くさえ浮んだ, 覗く八つ口へ白い, 覗く八五郎の長い, 覗く冒涜的な彌次馬, 覗く冬月の影, 覗くなる想, 覗く前フト足に障る, 覗く勢ひもありません, 覗くの底, 覗く同行たちを叱り飛ばす, 覗く哈爾賓の雪, 覗く善兵衞も娘, 覗く噴火口の底, 覗く土耳古宮廷妾, 覗く場末の町, 覗く夥しい人の, 覗くの方廊下, 覗くは極めて, 覗く家内のいたまし, 覗く家族の顔, 覗く寂しさを, 覗く専門家の眼, 覗く県の, 覗く小さな視界を, 覗く小屋藁屋を屋根, 覗くも出れ, 覗く島田を見た, 覗くの下, 覗く工合が周囲, 覗く巨勢が心, 覗く店店からも時計, 覗く度毎にド, 覗く御嶽の顋, 覗く心地す, 覗く恰好になつたま, 覗く戸口には重く, 覗くもあった, 覗く星どもを見上げ, 覗く時人は皆, 覗く時私は其処, 覗く景色かつい, 覗くの他, 覗く木立と月光, 覗く杉山の顔, 覗くの中, 覗くの下, 覗く梅ヶ枝の影, 覗く椿の管, 覗く樣子は變, 覗くにもなれなかった, 覗く気配がなかっ, 覗く水目金のよう, 覗くの底, 覗く潜望鏡のよう, 覗くに両手, 覗く熊谷三郎兵衛は年甲斐, 覗く物好きな眼, 覗く百姓の群, 覗く看守の眼, 覗く眞赤な實, 覗く石庭の草, 覗く神秘な眼, 覗く私たちをみる, 覗く積りでゐました, 覗くのよう, 覗く笹村の目, 覗くが無くなった, 覗く糸切歯の金, 覗く紅味が少し, 覗く縁側の障子, 覗くがある, 覗くのまるい, 覗くを見た, 覗く荷高似内の見聞, 覗くのよう, 覗くを, 覗く谷五郎の外, 覗く赤い半襟が, 覗く農婦の輪, 覗く連中である, 覗く野郎は怪しい, 覗くや遠く, 覗くにやつ, 覗く隙間を慥, 覗く青いものが, 覗くのどれ, 覗くにし, 覗くしさ, 覗く鮮さがある, 覗くの影, 覗く黒い影を, 覗く黒味勝ちな眼, 覗くの高