青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覗い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見詰め~ ~見送っ 見送っ~ 規則~ ~規定 規定~ 視~ ~視線 視線~ ~覗い
覗い~
~覗き 覗き~ ~覗く 覗く~ 覚~ ~覚え 覚え~ ~覚えた ~覚悟 覚悟~

「覗い~」 3135, 34ppm, 3471位

▼ 覗い~ (2911, 92.9%)

214 見ると 195 みると 137 いた 116 みた 107 見た 95 いる 61 見て 56 いるの 46 いると 41 見ました 35 みたが 29 見たが 28 いたが 25 ゐる 23 みて, ゐた 22 いるよう 20 見る 18 いたの, 居ります 17 見たり, 見ましたが, 見ますと 16 みますと, 見ても 15 いました 11 みたり, ゐるの, 見たこと, 見ようと 9 いて, 見たの, 見るの 8 みても, みるが, 御覧なさい 7 いること, みました, みようと, 居りましたが, 歩いた

6 [12件] いるうち, いるところ, みたの, やつて, ゐたが, ゐると, 居た, 居るの, 行った, 見るが, 見ること, 見る氣

5 いたり, いるん, みる, みれば, 下さい, 居りました, 居ると, 見れば, 通る

4 [14件] いますと, いるので, いる人, いる私, ごらん, みたところ, みること, ゐるところ, ゐるやう, 云った, 居る, 行くうち, 見た時, 見よう

3 [28件] いたから, いたこと, いるその, いるでは, いるのに, いるもの, いるらしかった, いる中, いる短い, いる節穴, いる顔, おります, しまったの, すぐに, 下さいよ, 居や, 歩きました, 歩くこと, 見える, 見たん, 見ますると, 見るよ, 見るよう, 見る事, 見る気, 見ろ, 通った, 驚きました

2 [104件] あ, あるいた, いたと, いた娘, います, いるかの, いるが, いるという, いるといった, いるとは, いるに, いる士, いる女, いる時, いる様子, いる者, いる腿引, おりますと, おるぞ, ぎよつとしたけれどもやはり, こんな事, ごらんなさい, ごらんよ, さぞ父さん, そこに, みたいもの, みたいよう, みたい衝動, みただけ, みたまえ, みたもの, みた者, みなくては, みます, みようか, みるの, やろうと, ゐますよ, ゐるうち, ゐること, ゐる十八九日許, 一刻ばかり, 來た, 來ました, 來る, 千尋の, 啖呵の, 女下駄の, 居たの, 居たり, 居たん, 居た生月駿三, 居るところ, 居るん, 平次は, 廻った, 廻つた, 引出したの, 御覧, 御覧下さい, 御覽, 忘れた方, 来たが, 来たの, 来て, 来ましたが, 来よう, 来ると, 歩いたが, 歩いた留吉, 溜息を, 無事に, 私の, 立って, 行くと, 行くの, 行くもの, 行つた, 見えた, 見たいの, 見たい気, 見たけれども, 見ただけでも, 見たつて, 見たもの, 見たら, 見た事, 見た心, 見てから, 見ては, 見ましたところ, 見ませうか, 見ませんか, 見よ, 見ようか, 見ようとも, 見よと, 見るもの, 見るやう, 見る位, 見舞でも, 訊ねた, 逃げて, 魂消て

1 [909件 抜粋] ああと, あなたは, あるいたが, あるく, あれから, いう, いそいそし, いたあんぽんたん, いたこの, いたし, いたせい, いたその, いたでしゅが, いたとか, いたに, いたまね事, いたよう, いたらしい一人, いたらしかった, いたんだい, いた一角, いた万寿, いた人々, いた夫, いた女の子, いた女中, いた家, いた方, いた最前, いた武士, いた水雷艇, いた沢村さん, いた源次, いた田山, いた眼, いた者, いた舟底, いた若い, いた赤い, いた顔, いったが, いても, いないこと, いなさるん, いなすッ, いましたので, いますよ, いますん, いやがるから, いやはりました, いようとは, いるお, いるくめ子, いるくらい, いるぞ, いるだけ, いるとき, いるなどは, いるにも, いるばかり, いるほどに, いるま, いるむっくり, いるもう, いるらしいの, いるらしゅうございましたが, いるサラリーマン, いるネクタイ, いる一枚, いる万山, いる中年, いる二階, いる件, いる光景, いる入道雲, いる処, いる千枝松, いる大きな, いる大腿, いる少年, いる山, いる峰, いる巻毛, いる庄三郎, いる扉, いる新, いる新郎新婦, いる木, いる栖方, いる様, いる水, いる灰白色, いる王女, いる生, いる画, いる真っ赤, いる眸, いる眼, いる祖母, いる紫色, いる総司, いる老, いる胸, いる茶褐色, いる藤吉郎, いる角度, いる赤い, いる車, いる道, いる長男, いる青い, いる頬, いる鼻柱, おいでだ, おこう, おられるでしょう, おりその, おりましたが, おりました正木博士, おりますところ, おれば, お前を, お勝手へ, お泣き, お父様, お粧, からりと, きた, きたの, きたらどう, きた彼女, きては, くれ, くれました, くれるやう, こういった, こう云った, これは, ござった障子, ごらんこうして, さへも, しまった大次郎, じつと, すっと身, そういった, そして文学者, そつと, そのむこう, その土間, その感謝, その翁, その頬, それから, それから喉, それから生, たしかに見た, ためらった, ともに燈, どうする, なんとか地名, ひっこんだの, ふとトランプ, ましたよ, またへらへら, まはる, まわること, みずには, みたいくらい, みたいそんな, みたいなどと, みたい声, みたくて, みたくなった, みたくなって, みたけれど, みただけで, みたとき, みたらいつの間にか, みたらこれ, みたらこんど, みたらやはり, みたら其, みたら失敗, みたら正面, みたら私, みたら翁, みたら金魚, みたん, みた時, みた村, みな, みぬか, みましたらあの, みましょうか, みよう, みようかとも, みようという, みるぐらいの, みるという, みるやう, みる気, みる気持, みろ, もう見落し, やがて音, やまぬもの, やらうといふ, やられた, やるの, やろうという, ゆらゆらした, よりかかった状, ら, ゐたつけ, ゐたり, ゐた八五郎, ゐた太吉, ゐた娘, ゐた時, ゐぬとも, ゐます, ゐやしないかといふ, ゐようなどと, ゐるあたり, ゐるかなり, ゐるくら, ゐるでは, ゐるので, ゐるらしく見えましたが, ゐるわたし, ゐる上, ゐる事, ゐる人間, ゐる児童, ゐる古, ゐる女, ゐる時分, ゐる望遠鏡, ゐる気, ゐる淡紅色, ゐる焼け, ゐる男, ゐる私, ゐる窓, ゐる絵, ゐる若い, ゐる處, ゐる辻, ゐる間, カアテンの, グラリと, ニコニコツと, ハッとばかりに, フフンと, 一しきり烈しく, 一方の, 一枚, 一通の, 一驚を, 下さいと, 下さい親分, 下さらない, 下さんせ, 下駄箱の, 乱れ寝て, 云う, 云って, 亭主だ, 人知れず, 今更の, 仰つた, 伝えらるる, 何か, 何やら叫ぶ, 何を, 何處からか, 余吾之, 供の, 俺に, 偏光の, 全部だ, 其処に, 動かなかった, 勝利と, 半幌, 卸覧に, 召使たちが, 向うの, 呼んだ, 呼んだが, 商品や, 堂守の, 大声で, 大聲, 天狗わらい, 失望し, 女の子が, 寺内を, 小女の, 少し甘える, 居たお, 居たが, 居たといふ, 居たんで, 居た加奈子, 居た月, 居た氏, 居た顏, 居ます, 居られた, 居るお玉, 居るでは, 居るやう, 居る中, 居る人, 居る年増, 居る樣子, 居る男, 居る穗先, 居る若く, 居る變, 帰る, 帽子を, 平次も, 庭まで, 廻るの, 廻わり従卒や, 彼らの, 往くの, 待つて, 御病人, 御覧よ, 徳利や, 徳太郎の, 念の, 思わず是公, 恟々と, 恭三と, 悔しいやう, 慌しくひょいと, 憂慮し, 手帖に, 指して, 教師達から, 映画か, 暖かい卵, 暮したといふ, 書生が, 来い, 来たこの, 来たよう, 来た自分, 来なきや, 来るか, 来るの, 来るよ, 来るらしい声, 梟が, 様子を, 橙色の, 機嫌を, 次郎ちゃんは, 歩いたの, 歩いても, 歩く, 歩くと, 歩くの, 歩く木刀, 気を, 泊りは, 洗われた日光, 流石に, 渠等三人の, 炊事番が, 燥ツた, 独り悦に入る, 猶予った, 留吉は, 發見しました, 白粉を, 皆と, 目に, 目の, 直ぐ返す, 眉根に, 眼を, 私と, 私を, 立った, 立つであらう, 立てつ續, 笑った, 笑つてる, 笑ふ, 精一杯わめきました, 縁に, 羅に, 聞いた, 聞く, 肩へ, 背中の, 臆病そうに, 自分の, 落つこつて, 薄い眉, 蛞蝓の, 行かう, 行きます, 行くから, 行こうと, 行ったが, 行ったん, 行つたのです, 袖で, 見えるわけ, 見える女, 見させて, 見せるの, 見たい, 見たいよう, 見たかも, 見たくなった, 見たそう, 見ただけ, 見たといふ, 見たところ, 見たなり, 見たば, 見たまえと, 見たもん, 見たらお, 見たらよい, 見たらデクデク, 見たらボヘミア, 見たら二人共木枕, 見たら向う岸, 見たら広い, 見たら暗い, 見たら生れたばかりの, 見たら直木, 見たら窓, 見たら虚子先生, 見たんぢ, 見た上, 見た初, 見た親父, 見てくれ, 見ない, 見ないかという, 見ないこと, 見ない限り, 見なかつたの, 見なくては, 見ねえ, 見ねえ底, 見ましたけれども, 見ましたなるほど, 見ましたらさ, 見ましたんで, 見ましょう, 見ませうといふ, 見ようかと, 見られるよう, 見るくらいの, 見るつもり, 見るという, 見るに, 見るほどの, 見るわけ, 見る人, 見る工夫, 見る必要, 見る感興, 見る段, 見る者, 見ろや, 見ろ家, 見送って, 覚えず苦笑, 親分の, 角を, 言った, 訪れた侍, 谷間に, 走って, 退屈ざまし, 逃げ帰つた樽野, 通ったり, 通る人, 遊ぶ南風, 選るだろう, 鍵を, 阿呆の, 隅の, 非凡の, 頼んで, 風にも, 騒ぐ, 髪を, 黙って

▼ 覗いたり~ (97, 3.1%)

13 して 7 した 3 するの 2 したが, しました, すると, する時, 何か, 漫歩を

1 [62件] おかげで, お前達親子を, かくして裏, ぐるっと町, しとると, しましたが, すかしたり, する, なんかすると, ひよい, へんな, ぼんやりし, またその, またはずっと, または清い, ハンドバッグを, バケツに, ピンセットで, 付け廻したり, 写真を, 古い椿, 合圖を, 周章てて, 地面に, 外を, 夜半に, 夫人連の, 奥山の, 小犬の, 山を, 帰りには, 店の, 手拭掛が, 暫らく粘, 暴言を, 本屋の, 欄干から, 清吉まで, 湯殿を, 溝板の, 煙草を, 甲板の, 目を, 眺めたり, 私へも, 積みかさねて, 耳朶の, 腰弁当で, 落つか, 葉之, 裏へ, 要するにじき疲労, 見廻したり, 視たり, 踊りをを, 通を, 部屋の, 銀座通りを, 鏡に, 隨分可, 雨戸へ, 鬢を

▼ 覗いても~ (40, 1.3%)

2 やはり際限

1 [38件] いいか, その先, とうてい判りこない, みなかったそう, もうそこら, もうその, よくよく, チットも, 一向差支えない, 上から, 中は, 人気は, 何も, 何んにも, 何処へ, 出て, 大きな幾冊, 大牛の, 小さな狭い, 底の, 店の, 或る, 最も低額, 眼に, 矢張こ, 花飾美と, 見しもの, 見ずに, 見た, 見たくなるといふ, 見なかつたさ, 見なかつた本, 見ませんが, 誰も, 贋物ばかり, 長柄の, 雑兵の, 飢えて

▼ 覗いては~ (36, 1.1%)

3 見たれど 2 先生は

1 [31件] いかん, いけません, いられない高, その樣子, にっこり笑っ, 人に, 何か, 例の, 冷かに, 呶鳴り, 引込んで, 悪い, 悪いもの, 惡いと, 消えるやう, 禿げかかつた部分, 秀吉の, 素通を, 絳絹の, 考えピンセット, 苗字の, 葉の, 行ったが, 見ても, 見なかつたの, 見るが, 調べ革の, 逃げ逃げては, 長き夜, 顔色を, 驚異の

▼ 覗いてを~ (10, 0.3%)

6 ります 2 りました 1 りそして, りは

▼ 覗いちゃ~ (8, 0.3%)

2 不可ません 1 いけない, いけないよ, いけねえよ, いねえじゃ, ならない, なら無えと

▼ 覗いてから~ (8, 0.3%)

2 ゾロゾロ出 1 かつたり, 大方一時間にも, 棲り, 次郎吉の, 浴室へ, 神保町の

▼ 覗いながら~ (4, 0.1%)

1 その日, それでもまだ, 屋敷を, 盗むよう

▼ 覗いたりなんか~ (2, 0.1%)

1 しちゃ, して

▼ 覗いてばかり~ (2, 0.1%)

1 いたの, ゐたつて埒

▼ 覗いてや~ (2, 0.1%)

1 がるから, しないかと

▼ 覗い~ (2, 0.1%)

1 であり同時に, とし

▼1* [13件]

覗いたりのそりの, 覗いちやアいかん誰だ, 覗いつつ一字一句に, 覗いてさえいるの, 覗いてでもいるよう, 覗いてにッこりし, 覗いてね憂慮し, 覗いまいった, 覗い七十日の後, 覗い寄りさま巧に八, 覗いを見, 覗いをくばっ, 覗い金環金盃に化け