青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「荷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~ 荒~ 荒い~ 荘~ ~荷
荷~
~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子 菓子~ 菜~ 華~

「荷~」 2538, 26ppm, 4430位

▼ 荷~ (859, 33.8%)

32 背負って 27 おろして 21 卸して 17 担いで 15 かついで 14 つけて 10 下して, 下ろして, 積んで 9 負うて 7 負って, 車に 6 肩に, 運んで 5 おろしたよう, 置いて, 解いて 4 しょって, のせて, 下ろす, 分けて, 負ひ, 送って 3 おろした, おろす, からげて, つんで, 下ろした, 出そうと, 取って, 持って, 積んだ大八車, 軽くし

2 [44件] おろしてから, おろし蕾, おろすと, おろす供, そこへ, つけた車, ひく馬, まとめて, 下したよう, 下し休んで, 下ろしたよう, 下ろした後, 二人で, 入れる, 動かして, 取りに, 我が家まで, 扱つてゐる, 扱ふ, 抱えて, 担ぎ手, 担って, 拡げて, 散乱した, 満載した, 片附け, 積んだ荷馬車, 積んだ車, 積んだ馬, 纏めて, 背中に, 背負いながら, 背負っては, 船に, 解くと, 負う畜, 負は, 負ふ, 載せて, 運ぶの, 運ぶ馬車, 陸に, 預けて, 食ひ過ぎ

1 [511件 抜粋] あけはじめた勇吉, あげようと, あずけ十三名, あなたは, あらかた送り出し, いっぱいつん, いっぱい負っ, いつぱい抱, うごかし, えッちら, おいて, おろさせて, おろし, おろしか, おろしかけたとき, おろしたって, おろしたと, おろしたという, おろしたやう, おろした樣, おろした豆腐屋, おろしでも, おろしました, おろし縁日帰, おろすの, おろすや, おろす年, おろす決心, おろす附木売, おろせと, おろせば, おろせり, おろそうと, かかえ夫人, かずけなさいましたが, かついだまま通り, かついだ一群, かついだ男, かつがせて, かつぎ上げました, かつぎ執拗, かつぎ込みまして, かつぐ, かつぐと, かつぐ中間, かばうと, くくった繩, この竹籠, さげた手拭浴衣, さげて, ささえる, さらった第, さらって, しばりつける綱, しめる音, しめ直す, しょった人夫, しょっては, しょわされていなければならないんですか, しよつて, すぐに, すこし送ります, すツ, せおった男, せを, そつと, そりに, たたいた, たたかれた泥きのこ, つくるこころもち, つけさせられて, つけた自転車, つけた荷車, つけた馬, つけた駄馬, つけに, つめたり, つめてから, つんだ牡牛, といて, ときさけて, とり乱したまま馳, どこへ, なでながら, ならべた, はこんで, はやとき, はるばる人夫, ひかせ絶え間, ひつかけた, ひやかして, ひらいた, ひろげて, ほうり出すむりにせおってつきぬけようとした人, ほどいたン, ほどいて, ほどき都風, ほどくこと, ぼつぼつ本所, まとめ木刀, まとめ繩, もたせかけるよう, もって, もて自ら水, ゆすって, ゆすぶりあげて, ゆすり上げながら, ゆりあげて, ゆり上げながら, ゆわえつけて, エッサエッサと, ギシ, ノートに, ブチ込む, マア先へ, 一つ下ろした, 一人で, 一層積む, 一杯負, 三島へ, 上げそう, 上げて, 上り口へ, 下げて, 下さん先, 下した, 下したやう, 下した所, 下した様, 下した樣, 下した気, 下した気持ち, 下しましたよう, 下しまして, 下しもう一度, 下しゆうべ, 下しナイフ, 下し右, 下し始めた処, 下し屋台, 下すと, 下すなり, 下すバナナ売, 下す車力, 下そうなんの, 下ろさせその, 下ろしたつもり, 下ろした飴屋のち, 下ろしてから, 下ろし私, 下ろし穎割葉, 下ろすとき, 下ろすの, 下ろすより, 下ろせば, 下ろそうと, 両方から, 両方蝙蝠の, 両端で, 乗せて, 二十貫に, 付けた馬, 付けて, 依頼した, 側へ, 先に, 入れねば, 入れるわけ, 入れ直ぐ, 全くおろし, 其背に, 再び下, 出した, 出したり, 出して, 出しに, 出す筈, 分けた時, 分担しよう, 利用し, 動かしたり, 動かす掛声, 動かす方法, 勿論すぐあけただろう, 卸しそう, 卸した, 卸したよう, 卸した一人, 卸した佐吉, 卸した儘十五分許, 卸した感じ, 卸した気, 卸した顔, 卸しては, 卸しまず, 卸し改めて, 卸し馬, 受けとった時, 受け取り梱, 受取るため, 右手に, 合せご, 吊りあげまた, 土塀の, 地面から, 売った銭, 売りこなして, 売りゃ, 売り切って, 外した, 大通りへ, 天秤棒にかけて, 失ひし事故此者早々長崎帰, 奪う海賊, 宮廷に, 容れて, 小屋に, 小金吾が, 山の, 山下雁鍋の, 山羊の, 岩に, 左右に, 廻し追, 廻わす, 引いて, 引かせたの, 引くのに, 引出します, 引寄せ合切嚢の, 引揚げ, 張ったの, 張られなかったので, 復た, 心の, 思ひ出した, 我が得手勝手, 払つたほどの, 扱う人間, 扱う親船, 扱って, 扱つたと, 扱つてゐた, 扱つて主人の, 扱つて居る, 扱つて暴富を, 扱つて百萬の, 扱わせて, 投げだして, 投げつけた, 投げ棄てると, 抱えた復員兵, 抱へ, 抱へて, 押えて, 担いだ連中, 担いだ金魚売, 担いでの, 担いでも, 担い歩み憊, 担がせて, 担ぎ, 担ぎある, 担ぎ三吉, 担ぎ町, 担ぎ蝙蝠傘, 担ぐ物売, 担った, 担ったり, 担わないと, 拒むもの, 拔つてゐる, 括りて, 拵えた工合, 拵えて, 拵へ, 拵らえ, 拾って, 持たせて, 持たせ山中, 持ち出したこと, 持ち出す前, 持ったお蔦, 持ったり, 持つて, 持つ小者, 振り落し, 振分, 捌かせて, 捌かないという, 捧げるよう, 捨てて, 捨てるよう, 捨て馬, 探すため, 探り取つたが, 揚げるにも, 揚げ卸し谷, 損ずるやう, 携えて, 改めて腹帯, 整理し, 敷居ぎわにおろした, 新宅へ, 早く背負っ, 曳いて, 村の, 東京へ, 格子戸の, 棄つる用に, 棄てて, 棄てても, 棄てねば, 棚に, 渡す苦力たち, 滅茶滅茶に, 焚火の, 無事に, 無造作に, 片づけた, 片ッ端, 牽きだした, 甲板に, 皆な下し, 盗み人知れず, 盗んで, 目方にかけて, 真中へ, 着けた二頭, 知らん顔し, 祝って, 私が, 積けた橇も, 積まれ多く, 積みかけた船, 積みも, 積み一五〇一年一月十六日出帆, 積み上げた荷車, 積み込み始めた, 積み込むとき, 積み込む日, 積み込んで, 積み重ねた赤い, 積むな, 積むの, 積む音, 積めるに, 積めるトラック, 積める車, 積んだの, 積んだ手車, 積んだ牡牛, 積んだ物影, 積んだ舟, 積んだ船, 積んだ荷車, 積んだ重い, 積んだ馬一頭, 積んだ駄馬, 積んだ驢馬, 積んでね, 積込んだり, 突返さう, 竹川に, 終へる, 結えた縄, 締め直す, 縁に, 繍す, 纏め彼, 置いた所, 置いてから, 置き菅, 置き頂上, 置く, 置くと, 背から, 背で, 背に, 背負いあまつさえ, 背負いこんで, 背負いすぎた人夫, 背負いなにか, 背負うこと, 背負うと, 背負ったままみんな, 背負ったもの, 背負った二人, 背負った人々, 背負った儘, 背負った山人達, 背負った男女, 背負った町人風, 背負った私, 背負った長次郎, 背負った馬, 背負つ, 背負つた男が, 背負つた男だ, 背負つてゐ, 背負つてゐた, 背負つてゐる, 背負つて出かけた, 背負つて大店の, 背負つて歩い, 背負つて歩く, 背負つて歩けなくなり, 背負つて町から, 背負つて隧道を, 背負ひ, 背負わされて, 背負わして, 背負わなければ, 脇に, 脇へ, 脊負った, 脊負って, 脊負つて外へ, 自分だけで, 船積みさせた, 落っこと, 著けた馬が, 覆しすこぶる, 見せて, 見ながら, 見に, 見やって, 見るたび, 解いた, 解いても, 解かせ照らし合わせて, 解かなければ, 解きいくつ, 解きなお, 解きまた, 詰めたかも, 負い藤蔓, 負うこと, 負うた人, 負うた馬, 負うの, 負うよう, 負ったり, 負った商人, 負った妙, 負はんと, 負ひたる, 負わされた気持, 負わされて, 負わされる青年, 負わすこと, 負わすに, 負わせた虫, 負わせて, 負わせるところ, 買占めに, 足く, 車で, 軽々と背負い上げ, 軽くしなけれ, 軽くしよう, 軽くする, 軽くせん, 軽目に, 載けたり, 輕くし, 返したん, 送らなければ, 送りどこ, 送ると, 送るについて, 送ろうという, 逐うよう, 途中で, 造ったこと, 造り直すと, 運ばうと, 運ばせろ, 運びだして, 運び或は, 運び第, 運び終わると, 運ぶ, 運ぶその, 運ぶに, 運ぶ人, 運ぶ小さな, 運んだ赤帽, 運搬する, 避けつ, 重いと, 重くした, 附けて, 降した気, 降ろしたよう, 霰の, 頂上迄, 預つて, 頒ち, 風呂敷で

▼ 荷~ (217, 8.6%)

5 勝って, 重い 4 重いので 3 勝ち過ぎて, 軽くなる, 重くて, 重くなる, 重すぎる

2 [15件] 下りるの, 先か, 到着した, 勝ち過ぎた, 勝過ぎ, 勝過ぎた, 無うて, 着いたばかり, 着いて, 積まれて, 置いて, 見える, 重くなった, 重すぎた, 降り

1 [158件] あたり前の, あった, あっては, あっても, あらかた卸された, あるから, あるので, いくつも, おりたの, おりたよう, おりて, おりる思い, おろして, かかって, かちすぎる, かちすぎるほど, ごろ, すぎる時, そつくり見える, その夕, それにつれて, それも, だんだん軽く, ついたから, ついて, つくと, とうとう始末, ないか, ないから, ない時, なかなか届かず, なくな, はこべ八時ごろ, ふら, ぽつぽつ寛斎, まだすっかり出来上っ, まだ残つて, もうやって来た, ヒョロヒョロした, 一つ一つ落ち道路には, 一ツおりました, 一台忘れられた, 下りたよう, 下りました, 下りますので, 下りるか, 下りること, 下りんでな, 二ついずれも, 二階から, 今ついた, 今つきました, 今までに, 今度あ, 入ったので, 入つた, 入らないとも, 出たら跡, 出來, 出来た, 加わったこと, 動いて, 動かず紹介, 動けば, 勝ちすぎたかも, 勝ちすぎたこと, 勝ちすぎたの, 勝ちすぎたん, 勝ちすぎた相手, 勝ちすぎるだろう少し, 勝ちすぎるとは, 勝ちすぎるの, 勝ちすぎる語, 勝ち過ぎたの, 勝ち過ぎたよう, 勝ち過ぎた試験, 勝ち過ぎます, 勝ち過ぎる, 勝ち過ぎること, 勝ち過ぎるし, 勝ち過ぎるだらう少し, 勝った, 勝った仕事, 勝った様, 勝つかも, 勝つたと, 勝過ぎる, 吐かれて, 回って, 多い, 多いからと, 多いとか, 多いので, 小ぢんまりと, 少々勝ち過ぎる, 届いた, 届いたとき, 届いて, 嵩んだので, 平均しなく, 後から, 悉皆這入らねえ, 手に, 木曾の, 未だ着かぬ, 来なかったそう, 段々輕, 済まぬ, 減らない, 濡れようと, 無いので, 無ければ, 無事に, 着いてからの, 着くから, 着けられぬ, 背も, 背負えないの, 苦に, 落ちること, 落ちると, 行くところ, 解かれ他, 軍務司長への, 軽いだけ, 軽いわけ, 軽くな, 軽くなった, 軽ければ, 軽るくなる, 送りこまれそれ, 通ったあと, 過ぎた顔, 過ぎてらあの, 重いか, 重いからな, 重いと, 重いには, 重いの, 重い為, 重かった, 重かつ, 重かろう, 重すぎ, 重すぎます, 重すぎるでしょう, 重そう, 重過ぎ, 重過ぎた, 重過ぎる, 重過ぎるだらう, 降りた, 降りたところ, 降りたよう, 随分ある, 集まるから, 順に到着, 骨に

▼ 荷~ (202, 8.0%)

6 中に 3 上へ, 中には, 軽さ

2 [14件] ために, 一味を, 上に, 前に, 後ろの, 池に, 茎ばかり, 荷で, 荷を, 荷物だ, 蔭に, 酒桶を, 重き彼の, 重みを

1 [159件] あったこと, あった前, あつた, ありさま, ある所, ある輩, ある類, うち半分は, うていると, うて戦うの, うて数百, お荷物, かちすぎた又, からくりを, かわりの, ことから, ことで, すぎた努力, その小, たくさんある, ため幾らか, ところへ, なかから, なくなった時分, ま, まま一気に, やり所, よりわけを, 一つから, 一つへ, 一部を, 三味線を, 上げおろし, 上には, 上の, 上下しを, 下へ, 下りる思い, 中から, 中にも, 中へ, 仲間です, 來る, 価格は, 入り工合, 入れ代え, 出る時間, 出入りも, 前には, 前の, 動く日, 勝ちすぎたこの, 勝ちすぎた命令, 勝ちすぎた熱情, 勝ちすぎて, 勝ちすぎること, 勝った辛労, 勝つもの, 勝つ大役, 包みを, 半分も, 半分以上を, 取引を, 台, 名状すべからざる, 和蘭鐵砲を, 唐草の, 噸数が, 回送は, 土台に, 嫁入荷物を, 山も, 島に, 帰りは, 帳付, 引渡しに, 張輿は, 形が, 御鑑札, 恰好が, 意味を, 揚下しは, 整理から, 整理に, 方が, 旅の, 木立を, 朸と, 来るの, 柑子は, 柴なら, 柴も, 柴を, 桶が, 桶の, 様子せめて, 横に, 正面へ, 水と, 水を, 池が, 減った部屋, 潮も, 潮を, 片着, 片蔭, 現実的な, 番の, 番を, 瘤を, 目標し, 相談が, 着くころ, 着くころ私, 祝いも, 移動し, 種類に, 積んで, 積替, 笊を, 継立てを, 縄の, 背負込みと, 腥い香, 花の, 荷物が, 荷物では, 荷物の, 荷物は, 荷物までは, 葉であった, 行衛については, 裏の, 見本の, 調べは, 贈り物を, 身軽さに, 車焼鍋なら, 軒から, 軒には, 軽くその, 送り受けを, 過ぎた大役, 都合で, 酒が, 酒樽を, 酒瓶を, 重すぎる, 重みと共に, 鐵砲百梃, 長持だけは, 間から, 陰で, 隱し, 雨外套を, 預り状を, 類が, 駿馬と, 鮮魚が

▼ 荷~ (96, 3.8%)

2 つまらないもの, のぼる馬ぐる, 五日市町の, 重くて

1 [88件] あっても, あまりに重く, あり宵, いかにあしき, いくらでも送る, いつかほかへ, かなり乱雑, きょう決して, して, すなわち世界, せたりなんぞ, そのよう, ちと牛, つけて, どうした, どうなった, どこから, ないし, ばかに, みなわしが, もてないと, もはや, れること, 一担ぎ, 一歩ずつ, 三日に, 二倍に, 二十貫にも, 今圓次, 何である, 何です, 何も, 倒れ一荷, 全部ルックに, 出とらなん, 分けて, 動かせるし, 動きませんかて, 十一包みも, 十貫目から, 千葉と, 古人のよりも, 嚴重な, 夥しいもの, 室の, 少しずつ, 尾州藩の, 山と, 己が, 彼等の, 持って, 擔ぎで畢竟, 日毎に, 有りゃせん, 来た人足, 欲ししか, 涼しい水, 潮水に, 無事だった, 百荷にも, 皆下ろした, 皆杏, 積みます, 籠で, 米と, 約七貰, 綱を, 置きっ放し, 肩にかけて, 苦痛として, 薄雪, 車に, 軽い, 軽うし, 軽くなった, 軽くなりました, 軽ければ, 軽しと, 軽そう, 軽められる, 部落と, 重いが, 重いし, 重いの, 重くはきなれぬ, 重く途, 重し困り切つ, 重そう

▼ 荷~ (77, 3.0%)

9 して 5 なって 2 あまって, なるほどの, 作って, 抑えつけられて

1 [55件] あまるほど, あまる歴史的, あまる苛斂誅求, かかって, かくれて, しなかったかと, しょい込んだ幾枚, し出すと, すること, する仕方, つけて, なった, なった荷物橇, ならないでは, なりますが, なる, なるから, なること, なるだろう, なると, なるの, なるのでなあ, なるほど, なるよう, なる憂い, なる手土産, なる暑, ひしがれて, ぶつかったり, まとめ人丸, 一挺紛うべく, 交ぜて, 余るしかし, 余るほどの, 作り屈竟, 勝ちすぎて, 喘いで, 奴を, 廂を, 感じない, 成つて車の, 担げて, 括りつけられたの, 振り分けて, 挿した色紙, 柏峠の, 積んで, 突当りそう, 糸の, 腰かけて, 苦しむ時, 踞んだ形, 身体を, 造って, 造るの

▼ 荷~ (64, 2.5%)

3 のテンバ 2 の連中, を一人

1 [57件] が, がようやく, が度, が疲れ, だの, とか馬, となっ, と共にブ師, と共に参りました, と別れ, と幾人, と案内人, などはとかく, については何事, になっ, に対し, に案内, に縋らなく, に野糞, のうち一人, のお供, のよう, の一人, の下僕, の女, の支那人夫, の男, の雑人たち, は, はあなた, は一段, は一緒, は先, は大変心配, は早合点, は此処, は申す, は疲れ, は空気, は親切, は重い, は非常, もあれ, も一つ腹, も兵士, も泣き別れ, や馬子, や馬方, をし, をぶん擲ぐろう, を一人世話, を世話, を連れ, を雇い, を雇っ, を雇つて, を頼む

▼ 荷って~ (57, 2.2%)

5 いた 3 いる 2 いるの, いる場合, 忙が

1 [43件] いること, いると, いるもの, いる双生児, いる様, いる雪達磨, いわゆる萩原大菩薩峠, おります以上, お銀様, くる, ここを, この崖路, つぶれた蓮, もうこれ, やる, 出て, 出馬した, 十五歳の, 去ること, 堪える意, 太くなっ, 小売店へ, 居るの, 嶮所を, 帰った六尺棒, 帰りますの, 弓を, 房州の, 放り出されたよう, 来た, 来たの, 来て, 歩いても, 生まれたとも, 病院まで, 登って, 膨脹し, 蒲団の, 行くん, 行ける逞し, 行った方, 近いところ, 通り過ごす

▼ 荷~ (34, 1.3%)

29 しらえ 2 しらへ, しらへを 1 しらい

▼ 荷~ (34, 1.3%)

3 の上 2 の中, の板, を背負っ

1 [25件] があつ, がおい, が一つ, が一つ十円以上, が二つ三つ, が運びこまれ, とすがすがしい, と一緒, にかくれ, に投げつけた, のほか, のよう, の方, また団扇, やかばん, や卓子, をうんと, をおっぽりだし, をおろし, をはじめて, をも開け, を積ん, を蔵, を造っ, を開い

▼ 荷~ (29, 1.1%)

3 一緒に

1 [26件] いって, その間に, ちがう点, なりし處, なるもの, 人と, 人とを, 人馬との, 倶に, 取り換, 合せて, 多くの, 柳の, 歩荷, 水筒を, 汗とに, 浴衣の, 狹き, 短銃と, 笠とを, 荷を, 見せかけかろうじて, 言ふ, 関係が, 關係が, 頼り少ない

▼ 荷~ (27, 1.1%)

1 [27件] あけないうち, あったこと, おろされ集まって, たまってるよう, つと一緒, とれたし, ないその, ない声, なく暢気, ねえが, 下りたよう, 二百荷も, 古靴, 天秤棒も, 忘れて, 扱かひ小, 担ひあげね, 捌いたといふ, 捨て去りたりと, 汲んで, 涼しく松, 石瓦古, 砂湯なる, 解かず框, 解かぬ始末, 輕く, 降りたという

▼ 荷~ (25, 1.0%)

2 で行く

1 [23件] おのれの, かた, これは, だの, だりし, て出, て山奥, で出, で来, ながら劇, ながら呑気, の棒, 儀衛堂々, 手として, 桶に, 梯子と, 棒よと, 槍薙刀を, 種々の, 腹を, 茶屋を, 路案内を, 馬へ

▼ 荷~ (24, 0.9%)

3 の上 2 のあいだ, の一つ

1 [17件] で七十箇, など運び出し, にし, に倚, の下, の蔭, は一箇, は馬の背, へ倚, や岩乗, や箱, や食器籠, をくくり始め, をまとめ, を仕舞い, を片っ端, を舁かせ

▼ 荷~ (22, 0.9%)

2 てこれ

1 [20件] ことに, さまを, て, ている, という点, という苦しみ, ほどの器量, ものに, ものの品質, ものは, ような, 人生において, 今後の, 国家の, 義務は, 者こそ, 者と, 者に, 負担に, 魚畚の

▼ 荷~ (21, 0.8%)

8 つぎの 4 つぎに 3 つぎを 2 つぎが 1 ついで山地, つぎ, つぎという, つぎは

▼ 荷もつ~ (19, 0.7%)

2 のこと

1 [17件] かたづけを, だけをのせ, だったに, だったん, に火, はあり, はない, は動かしましょう, ばかり来た, も寄越す, を, をしらべろ, をときよ, をもっ, を入れかえ, を持つ, を積ん

▼ 荷った~ (16, 0.6%)

1 [16件] ことや, という, というの, のが, のは, まま車上の, 人でなけれ, 兵士の, 商帰り, 嬉しさ, 宇治山田の, 楡の, 男が, 男達が, 痩さらぼいたる, 節婦に

▼ 荷~ (16, 0.6%)

2 和蘭渡りの, 禁制品を, 草鞋で 1 つかいな, ッかいに, 二荷では, 人形箱などを, 何かは, 十三荷の, 籠背負い, 粗末な, 西瓜を, 身支度を

▼ 荷~ (15, 0.6%)

2 をもっ

1 [13件] から一本, だけでかるう, で棒, に括, のこと, の使用, ばかりを背, をすくなく, をそえ, をぶらさげ, を倹約, を投げよ, を掛ける

▼ 荷~ (14, 0.6%)

2 の使, の初穂 1 といふ, と書いた, と言, と言うた, の早稲, の残り, は東人, より或は, を奉る, を貢ぐ

▼ 荷~ (14, 0.6%)

1 [14件] がある, が一艘引船, が辷っ, が黒い, なぞの碇泊, の底, の苫屋根, の間, は相, もある, も入らず, や幾つ, や檣, を指さし

▼ 荷~ (11, 0.4%)

5 して 1 いたし落合村庄屋周吾宅, した奴, した親類達, でもした, の水, の繩

▼ 荷~ (11, 0.4%)

2 の門 1 が押え, の家, の手, は力, は案内, は欣々, は連れ立っ, もこれ, 在満

▼ 荷あげ~ (10, 0.4%)

2 場の, 場へ 1 のはなし, の軽, も商用, 場に, 場は, 場まで

▼ 荷~ (10, 0.4%)

1 ごつた返し, それを, なア, シナに, 一気に上海, 勇太郎と, 大儲, 岡崎御坊へ, 物を, 生姜湯売り

▼ 荷でも~ (10, 0.4%)

1 おろしたよう, くくるよう, キチンと, 五荷でも, 失っては, 扱つてゐる, 扱つて居た, 攫われたの, 積んだトラック, 苅りましょう

▼ 荷~ (10, 0.4%)

2 の旦那 1 で土地, といっ, としてかなり, との話, とやらいう, の家, の機屋, へ寄っ

▼ 荷担ぎ~ (10, 0.4%)

2 の男 1 とともに密林, どもは, に加, のよう, の話なぞ, は荷, 一人連れ, 人夫が

▼ 荷~ (9, 0.4%)

1 て議場, て赤壁, ながら丘, ながら帰, 巨犬二頭を, 易く水上, 水上にては, 込, 駒を

▼ 荷上げ~ (9, 0.4%)

2 して 1 された魚, の目的, の音, や荷積み, をし, を指図, 荷卸し

▼ 荷抜屋~ (9, 0.4%)

2 の巣 1 というの, の一番, の手下ども, の手下二人, の才取, の誰彼, の贓品

▼ 荷いだ~ (8, 0.3%)

1 まま一息に, まま月の, 一人の, 亭主の, 人夫を, 卵売り, 職人で, 若党の

▼ 荷持ち~ (8, 0.3%)

1 に使っ, に荷物, の男, の男ども, の連中, 男その, 男三人家来七騎, 走り使い

▼ 荷~ (8, 0.3%)

3 の仙太郎 1 からは頻りに, が雑貨, で一昨年, の仙太郎さん, の者

▼ 荷~ (8, 0.3%)

1 があっ, がある, くらいな, と鍵, に荷車, の裏, ばかりつづい, や苫

▼ 荷つて~ (7, 0.3%)

2 ゐた 1 ゐるかといふ, ゐるもの, 再び海辺, 生れたもの, 行ける逞し

▼ 荷~ (7, 0.3%)

2 へをし 1 が済む, して, への手伝, へをした, へをしなけれ

▼ 荷として~ (6, 0.2%)

4 持たせて 1 私の, 駅つぎの

▼ 荷には~ (6, 0.2%)

1 ならず持って, なりますまい, もう茄子, 屋根の, 重すぎる, 限りが

▼ 荷買い~ (6, 0.2%)

3 をした 1 さようその, だ異国, などをお上

▼ 荷運び~ (6, 0.2%)

1 だけが能, に稼い, の人夫, の赤帽二人, もし, もなかなか

▼ 荷~ (6, 0.2%)

1 とがはさむ, の三束雨, の各, の連嶺, の頂上, は笠山

▼ 荷いで~ (5, 0.2%)

1 一方担い, 因幡町の, 学校に, 跡から, 車力を

▼ 荷える~ (5, 0.2%)

1 ものなど, 余に, 国家であり, 負債を, 身の

▼ 荷~ (5, 0.2%)

2 で行ぐ時ア空馬車曳, 俺が 1 から若干

▼ 荷ってる~ (5, 0.2%)

1 ということ, としては余りに, ようだ, 現在の, 者と

▼ 荷つづら~ (5, 0.2%)

1 によりかかっ, の内, の底, の送り状, の錠

▼ 荷では~ (5, 0.2%)

1 ちいつと, ない, 少しさびしく, 少しはんぱの数, 間に

▼ 荷十郎~ (5, 0.2%)

1 がたった今, というの, などが何処, の言, は居合わす

▼ 荷積み~ (5, 0.2%)

1 であるから, で騒がしい, の為, をし, をする

▼ 荷~ (5, 0.2%)

1 から刺, に入れ, に天秤棒, を下ろし, を担い

▼ 荷置場~ (5, 0.2%)

1 から南, に出, に達する, の鞍部, 迄登り四時間下り三時間

▼ 荷足り~ (5, 0.2%)

1 舟が, 舟や, 船で, 船の, 船を

▼ 荷鉾山~ (5, 0.2%)

1 と荒船山, のあたり, の後, の連嶺, は別

▼ 荷~ (5, 0.2%)

1 がまた, に応じ, の偵察, の面々, ばかりを廻し

▼ 荷おろし~ (4, 0.2%)

1 て客, の広場, の手伝い, をやっ

▼ 荷から~ (4, 0.2%)

1 こぼれた菜っ葉, 土の, 生薑の, 離れること

▼ 荷さいどの~ (4, 0.2%)

1 がそれ, がたちまち, がひ, におし

▼ 荷ずつ~ (4, 0.2%)

1 持って, 掛かって, 水桶で, 釣れるという

▼ 荷~ (4, 0.2%)

1 つて行つた, のが, はせたくない, んだ

▼ 荷~ (4, 0.2%)

1 はす, 大形な, 能はず, 身は

▼ 荷やっかい~ (4, 0.2%)

2 な越権者 1 な下駄, になっ

▼ 荷わし~ (4, 0.2%)

2 たの 1 てくれ, て帰った

▼ 荷出し~ (4, 0.2%)

1 されたもの, には相当, にガタガタ, や下肥引き

▼ 荷田大人~ (4, 0.2%)

1 のいはれ, のいはれしよし, のひめ, の功

▼ 荷~ (4, 0.2%)

1 から引張, なりまた, に受け, の医書

▼ 荷とか~ (3, 0.1%)

1 七荷とか, 十三荷とか, 花嫁の

▼ 荷ひつ~ (3, 0.1%)

3 れけり

▼ 荷ほど~ (3, 0.1%)

2 きを 1 肥料を

▼ 荷~ (3, 0.1%)

2 ぬだろうか 1 されたよう

▼ 荷~ (3, 0.1%)

1 といふ男, のうち, の作家的手腕

▼ 荷前使~ (3, 0.1%)

1 が宮廷尊族, と書く, も生き

▼ 荷~ (3, 0.1%)

1 の揚げ, や荷箱, を指さし

▼ 荷掛け~ (3, 0.1%)

1 とチエーン, につかまり, に腰

▼ 荷~ (3, 0.1%)

1 の介錯, の言, をし

▼ 荷~ (3, 0.1%)

1 に入れ, もあれ, を担い

▼ 荷~ (3, 0.1%)

1 が出, の跡, の雑音

▼ 荷~ (3, 0.1%)

1 と, は五山堂詩話, また雲嶺

▼ 荷物ごしら~ (3, 0.1%)

1 えに, えの, えを

▼ 荷田重吉~ (3, 0.1%)

1 がいう, が不審, が引受け

▼ 荷苅る~ (3, 0.1%)

1 がいい, のか, はずの

▼ 荷いに~ (2, 0.1%)

1 桶屋も, 漁夫の

▼ 荷うて~ (2, 0.1%)

1 大垣の, 行違う

▼ 荷うの~ (2, 0.1%)

1 が正当, もおもしろい

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 ておりました, というの

▼ 荷おうと~ (2, 0.1%)

1 して, する程

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 上げながら, 込む中

▼ 荷だけ~ (2, 0.1%)

1 卸したなと, 附け尻

▼ 荷だけは~ (2, 0.1%)

1 いっさいがっ, 半町も

▼ 荷とも~ (2, 0.1%)

1 なくありたり, なく熱湯

▼ 荷などを~ (2, 0.1%)

1 持って, 継ぎ送るだけにも

▼ 荷なり~ (2, 0.1%)

1 二荷なり, 添えて

▼ 荷にも~ (2, 0.1%)

1 なりは, 当るぞ

▼ 荷ひし~ (2, 0.1%)

1 ことの, とか其他奇怪千萬

▼ 荷へる~ (2, 0.1%)

1 をふと, 運命の

▼ 荷上人夫~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ 荷下ろし~ (2, 0.1%)

1 が始まっ, に当った

▼ 荷~ (2, 0.1%)

2 の宅

▼ 荷仕度~ (2, 0.1%)

1 などし, にか

▼ 荷仲間~ (2, 0.1%)

1 で腕, の惡戯者

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 で人参, に折り重なっ

▼ 荷入れ~ (2, 0.1%)

1 の手伝い, を手伝っ

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 の嵩, を頻りに

▼ 荷扱き~ (2, 0.1%)

2 の仕事

▼ 荷抜屋仲間~ (2, 0.1%)

1 の隠れ屋敷, を嗅ぎつけ

▼ 荷持二人~ (2, 0.1%)

1 が酒宴, を気遣い

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 という半袖腰きり, は着ない

▼ 荷斎どの~ (2, 0.1%)

1 とおなじ, ばかりをお

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 でいい, を見受けた

▼ 荷物置場~ (2, 0.1%)

1 になった, のコンクリート

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 によってくくられ, もそれ

▼ 荷置き場~ (2, 0.1%)

1 の隅, を人

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 が美しく, の盛時

▼ 荷花盛~ (2, 0.1%)

2 に開く

▼ 荷負い~ (2, 0.1%)

1 かたがたの, のよう

▼ 荷車引~ (2, 0.1%)

1 がほろ醉, になつ

▼ 荷~ (2, 0.1%)

2 したの

▼ 荷降ろし~ (2, 0.1%)

1 もみな, を見

▼ 荷~ (2, 0.1%)

1 の抱い, の芸術境地

▼ 荷高似内~ (2, 0.1%)

1 のする, の見聞

▼1* [249件]

あげしている, 荷あるをおも, 荷いきれないまであらゆる, 荷いくらの水代, 荷いたる平たき肩, 荷いたれば最初, 荷いつくる青年な, 荷いつけられた数十疋の, 荷いつりかけたるを左右, 荷いつれて行く, 荷いつれた意に, 荷いでいる風呂敷包みの, 荷いでおったが向う, 荷いでかついでいる, 荷い出し柿の木へ, 荷い来ったかということ, 荷い来りて切に, 荷い積んで幸手, 荷い置いて気, 荷い通さねばならない, 荷い通されずに作品, 荷い通された時の, 荷い附けても悪い, 荷うた一人の老人, 荷うた白丁はじめ立傘市女笠持ちの人足, 荷うており初めなく, 荷うて余る甲斐なき, 荷うて堪えることすなわち, 荷うて居るのである, 荷うて帰るときにはあじ, 荷うに苦い顔, 荷うべきはずである, 荷えとは勧めぬ, 荷お婆さんへ持つ, 荷かけにまたがらう, 荷かつぎ人足として, 荷ぎてわが居る方丈, 荷ぎて本堂の前, 荷ぎ故郷へ帰っ, 荷ぎ荷ぎ故郷へ帰っ, 荷が早い, 荷ぐらいはどうにでも, 荷てあつた, 荷ごとに担い, 荷へ生命, 荷さいどの若狭守どの, 荷じゃあなくッ, 荷すなわち牛や, 荷ずつの勧進を, 荷そのへんを, 荷その他を積んだ, 荷たちのなか, 荷たりともこれ, 荷たりも出れば, 荷だけでも一個につき, 荷だけを済したら一日, 荷だろうとフシギ, 荷たりし, 荷っても身体に, 荷つくって人足, 荷つたのだらう, 荷つた中年の女達, 荷つた男が一人, 荷つた身分だから, 荷つて夕日の影, 荷つて廻つた重要な器具, 荷づなを天秤, 荷てえば大層, 荷であって前述, 荷でがして, 荷ですが一つ一つ, 荷という類の, 荷といふ荷物は, 荷とかいう季寄本位の, 荷ときをした, 荷との結合に, 荷とは感じられないし, 荷とを倶に, 荷と共に無慘, 荷なしです, 荷など引きとれねえという, 荷なはせようとした, 荷なはれた先生が, 荷なひうる最大の, 荷なりと預って, 荷なるふたりを, 荷なれども恋, 荷につき十磅または, 荷にて候, 荷のうへに乘つかつ, 荷はじとする, 荷はせてゐる, 荷はれて次々, 荷はれた大太鼓, 荷はんとする, 荷たきですから, 荷ばかり積み載せて, 荷ひいだせる歌, 荷ひたりしかどやがて, 荷ひたる力なき, 荷ひつれたる肴畚, 荷ひ入る人めづらし, 荷ひ切れずましてや暖簾, 荷ひ帰つたことは, 荷ふこと能, 荷ふて宵月の, 荷ふべき者に, 荷ふもの管, 荷り, 荷までは苅れないでも, 荷られ, 荷もしも御殿様, 荷もちの人足, 荷もの水を, 荷らしい様子です, 荷わせたお, 荷わせられてることだけ, 荷わんとする, 荷をと口の, 荷をになった下郎, 荷をば負わされ, 荷おろして, 荷ナワを背負っ, 荷負フガ, 荷ヒテ歩ミ水上ニテハ之ヲ浮ベテ乘レリ, 荷ヒ易キ舟ヲ有, 荷リヤカアに積み, 荷運ブニ用フルモノナリ, 荷一つ果してほつ, 荷一荷かついで, 荷上げ機械をよ, 荷上人を拝, 荷主人の馬, 荷二合の酒肴, 荷五貫目である, 荷余りの底, 荷余りそれを今夜, 荷六つの荷, 荷兮野水等に後見, 荷が一週間, 荷出荷とも一手, 荷別けのとき, 荷包みの一つ, 荷十貫さ, 荷十銭として一台, 荷卸しなど窓, 荷卸ししている, 荷古い日本語では, 荷四十貫目人足一人持ち五貫目, 荷回し人はおぼしめし, 荷坂瘠尾帯那道ヲ限リテ奥仙丈ト云, 荷や店, 荷鯛一台などの, 荷を指揮, 荷夫たちを指揮, 荷嫩筍回塘夕微暑, 荷密輸入された物資, 荷のなか, 荷幾らで入札, 荷へこの, 荷で貴重品, 荷救ひ, 荷ひは, 荷打ちをさせ, 荷抜き喧嘩まぎれ, 荷抜屋屋敷へ真昼, 荷抱えながら続いた, 荷担うに余る, 荷担った貴紳文芸である, 荷担われた上皇の, 荷持って主人, 荷持人足の仕業, 荷持人足三四十人一行の乗馬, 荷持男はぜひ, 荷擔夫の吹き, 荷擔夫郵便配達の人たち, 荷散るように, 荷數之儀は猶, 荷斎どの一露斎どのが一番, 荷斎どの徳菴どのなどをお, 荷斎小島若狭守などが, 荷新調した, 荷方下見廻りという役, 荷方久保松太先生に御, 荷方水夫や楫主, 荷曲池のあと, 荷を捨て, 荷をえッ, 荷の前, 荷樣前の縁臺, 荷橇馬が出切った, 荷檢擧騷ぎから五六日經つて, 荷水槽に水, 荷汲んでくれた, 荷沢大師の, 荷派出雲派あり下って, 荷派本心派道怡派の六派, 荷渡り権現多く, 荷物置台の前, 荷独活芋百合紫蘇山椒枸杞の類時, 荷田大人以来国学諸先輩, 荷田家からは黄銅製, 荷田春滿が國學, 荷田氏の祖, 荷百荷の荷, 荷着蕪および大根, 荷笈下向して, 荷箱同様の板, 荷五貫を, 荷かためて, 荷締めの紐, 荷繩一式の仕事, 荷繰りのこと, 荷置かれてあった, 荷ともニンボウ, 荷背負つてくれようと, 荷舟小舟舊い修繕中, 荷舟田舟にいたる, 荷には舵, 荷花於篠池帰路訪余余時臥病喜而賦一絶昔年余亦従二君, 荷苅ってくれた, 荷苅り午から, 荷葛籠の蒲団, 荷蕭々として晩風, 荷蘭瘴烟万里同嘗艱難窓雪三冬具共研鑽, 荷蘭等よりは遲, 荷行李の積ん, 荷衣桁刺繍した衣裳, 荷衣桁衣裳鬘丸型朱塗りの大, 荷負うてあくまで, 荷負われてゆく, 荷もなかっ, 荷車引等が飯, 荷送されでもし, 荷送って呉れる, 荷送る事が, 荷部屋へ入っ, 荷都合ものび, 荷重ければなり, 荷からま, 荷鉾秩父連山等は言う, 荷と称えます, 荷降しをし, 荷頃村大字軽井沢茨木善次右衛門はその, 荷の伝法寺屋松右衛門, 荷頼まれたように, 荷をしらべ, 荷香晩夏に銷, 荷高似内口をへの字