青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「視線~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見解~ ~見詰め 見詰め~ ~見送っ 見送っ~ 規則~ ~規定 規定~ 視~ ~視線
視線~
~覗い 覗い~ ~覗き 覗き~ ~覗く 覗く~ 覚~ ~覚え 覚え~ ~覚えた

「視線~」 2842, 31ppm, 3806位

▼ 視線~ (1467, 51.6%)

19 向けた, 投げた 16 向けて, 投げて 14 送って, 避けて 12 避けるよう 11 移した, 落して, 送った 10 たどって, 外らして, 注いで, 自分の 9 うつした, そらした 8 そらして, 浴びながら, 追つて 7 受けて, 向けると, 感じて, 据えて, 移して, 落した, 転じて, 辿って 6 感じた, 送りながら, 避けながら, 避けるやう 5 おとした, おとして, すえて, はずして, まともに, 彼に, 注いだ, 走らせた, 集めて

4 [21件] さけるよう, やった, 伸子の, 凝らして, 動かした, 合せたが, 合わせて, 宙に, 彼の, 彼女の, 投げかけた, 投げたが, 投げながら, 次郎に, 私に, 私の, 移すと, 背中に, 走らせて, 辿ると, 送ったが

3 [23件] あつめて, うけて, おとしながら, こらして, そこに, そそいだ, ちらと, やると, 動かして, 反らせた, 合せた, 向けも, 外して, 外らした, 感じてか, 注ぎながら, 漂わせて, 膝の, 落すと, 表の, 走らせると, 追つた, 集中した

2 [94件] あたりに, あちこちさせ, あつめる, あらぬ方, いつまでも, うつして, おくった, さけて, そそぎながら, そらすこと, そろえた, ひきつけた, ひるがえして, まぶしさうに, まぶしそう, むけた, むけて, もって, やって, やつた, やつて, やりながら, テーブルの, ハッキリと, 一身に, 下に, 交へ, 交換した, 今は, 他へ, 停めて, 動かさなかった, 反らせて, 受けながら, 合せて, 合せないよう, 合は, 合わした, 合わせたが, 合わせること, 向けずには, 向けようとも, 向ける, 向けるの, 吸い込んで, 地に, 外した, 外に, 外らすと, 外らそうと, 妻の, 宇治に, 寄せた, 平行に, 彼は, 彼女は, 意味する, 意識し, 感じるの, 感ずると, 投げ掛けて, 挙げて, 据えたまま, 放そうと, 放って, 正面に, 泳がせて, 浴びて, 浴びると, 浴び乍ら, 海の, 片手で, 狼狽させた, 移した時, 移す, 窓の, 脱して, 若い道連れ, 落したなり, 落しながら, 転じた, 転じながら, 辿った, 辿り室, 迎えた, 返して, 追いながら, 送つて, 遁れる, 遮って, 避けた, 避けたが, 避けるため, 集中し

1 [776件 抜粋] あげなかった, あげると, あちらこちらに, あつめてる仲間, あてども, あびること, あび次々, ある街角, あわす機会, あわせながら, あわてて, いくらか気, いつでも, うけた, うつしながら, うつすと, おいたまま, おいて, おくつて, おとし, おとし伸子, およがせながら, おれの, かぎって, かすって, からだ一杯に, かれに, きりかへ, くばりながら, くれようが, ぐねりと波型に, こっそり送っ, さえも, さけたもの, さけながら, さけまじめ, さまよわせた, さまよわせて, しきりに走らせ, しつかりと, じっと中空, じっと汪紹生, じっと浴びせられた, すえた, すえた瞬間, すべらして, すべらせた, そ, そして兄, そそぎあって, そっとそらした, そのままに, その方向, その絵, その美しい, その顔, そらされて, そらしたが, そらしたまま, そらしました, そらし寒々, そらし軒下伝い, そらし默, そらすきっかけ, そらすの, そらすやう, そらすよう, そらせて, そらせ両, そらせ煖炉前, それ等の, そろえて, たどると, ちらっと汪紹生, ぢつと, つけた, とばすと, とめた, とめると, とらえようとして, どちらも, なげた, のがれるよう, はずした, はずしながら, はなさず追いまわして, はなさず順二郎, はにかみも, ばらまいて, ひいた物, ひざの, ひりひりと, ぴたぴたと抑え, ぴったりと, ふたたび大きな, ふりは, ぶっつけ, ぶっつけた, へだてられ大砲, ぼうばくと, ぼんやりと, まじえては, ますます恐れなくなり, まっすぐに, まぶしがっ, むけないよう, むける事, むりにもぎ離そう, めぐらすと, もった自分, もとに, もどした, もどしながら, やった時, やり何, やる, やわらげて, よぎった, よみが, カングリ警部に, ギラリと, ジカに, ジッと, スモッグの, チラチラと, チラリと, パッタリ合わせた, フッと, ペンベリーに, ホーテンスの, レヴュ女優の, 一たんは, 一人に, 一方に, 一行の, 上げれば, 上の, 下ろしたきり, 下方に, 不用と, 与え私, 中に, 中性子の, 乾板の, 亂し, 互の, 交したが, 交したま, 交して, 交じえたため, 交へる, 交わした, 交わしたこと, 交わして, 京吉から, 伏せたが, 伏せたまま, 休めて, 休めながら, 伸子も, 何の, 俊三の, 俊助の, 側へ, 僕は, 先生から, 免れるよう, 全身に, 内部へ, 写真に, 凝せば, 凝っと, 凝らした, 凝らしながら, 切りさいなむ剣, 前に, 前後左右に, 前路に, 力なく, 動かすこと, 動かすと, 動かすよう, 動さなかった, 千鶴子の, 反し乍ら言, 反らした, 反らし始末, 反らし真紀子, 反らせ文学内, 反向けた, 受けかえして, 受けかね助け, 受けては, 受けとって, 受けとめた, 受けると, 受けるの, 受け流しながら, 受け留め彼, 合さなくて, 合さぬやう, 合したこと, 合せなかつた, 合せること, 合わさず昼飯, 合わしたまま, 合わすと, 合わすまいと, 合わせた, 合わせるだけで, 同時にエミさん, 向うの, 向けた河内介, 向けない術, 向けながら, 向けようとは, 向けるほど, 向け始めた, 向け将校, 吸いとられて, 吸いよせるよう, 周囲の, 四辺に, 固定させ, 地へ, 塞がれるばかり, 壁に, 声の, 変えて, 外さなかった, 外す, 外ずして, 外そう外そうと, 外らさず一寸, 外らさない, 外らしいくらか, 外らしたこと, 外らしながら, 外らしみるみる, 外らし飾窓, 外らすよう, 大井へ, 天井に, 奪った, 奪われて, 奪われまいと, 妨げないよう, 妨害した, 宏の, 定め声, 宮川の, 寧ろ怪訝, 射りつけたの, 小うるさそう, 小林は, 岡部辰馬の, 左へ, 巻紙の, 常住坐臥に, 平気で, 床の, 康子は, 延ばした, 廻して, 引きつけた, 引きつけて, 引きはがすこと, 引き離し鮨, 弱々しく肩さき, 強く背中, 彼から, 彼女に, 往き来さし, 待ち受けたが, 心づかないよう, 恐れずに, 恐れながらも, 惹かんとして, 惹くの, 感じたが, 感じたらしい真紀子, 感じながら, 感じると, 感じキョトキョト, 感ずること, 態と反し, 憚らなくなりました, 戻した, 戻すと, 技師達の, 投げ, 投げかけるの, 投げすぐ, 投げただけ, 投げたり, 投げつけられたら以前, 投げない, 投げるばかり, 投げるやいなや, 投げ合うの, 折田は, 押し返した, 挙げた, 捉えた, 捉えようと, 捉え得たと, 捕えようと, 捕えると, 捜して, 据えました, 据える, 据ゑながらパチパチ, 掠め去った, 揃えて, 擦違う男, 放げ, 放さず悄, 放さないで, 放さなかつた, 放す者, 放ちこれ, 放ちながら, 敏感に, 散らそうと, 日本の, 明るく照, 時々あげ, 栄介から, 楽しむため, 横手へ, 横眼で, 横顔に, 欲望と, 止めたところ, 正木の, 死人の, 殘らず, 注いだので, 注ぎよく, 注ぐと, 泳がせたが, 泳がせる, 流しこんだ, 流しこんだとき, 浴びせるの, 浴びたとき, 浴びるの, 淀の, 漂わして, 漂わせると, 火の, 焼きつけて, 煖炉棚へ, 牽きつけて, 牽きよせる高み, 男の, 画布に, 畳に, 痛そう, 発見する, 皿の, 相変らず, 相手に, 相手の, 真直ぐに, 真直ひろ子の, 眩しそう, 眼下の, 睨み返しつつ, 瞬時も, 知った萩乃, 移さねば, 移される途端, 移すごと, 移すの, 空に, 立ち並ぶ古代時計, 粛と, 絶えず自分, 絶えず首筋, 網棚に, 緑蔭に, 置いて, 老教授, 聴き手, 胸から, 脱しそして, 脱した瞬間, 腰から, 自分に, 自分自身の, 船の, 船待ちの, 茂みを, 茫然と, 落しそれ, 落したばかり, 落したま, 落したまま足, 落してる男, 落し瞬時, 落とした, 落として, 落とせるのみ, 蕗子の, 襲うの, 見かえして, 見ました, 見下すよう, 見返したの, 見返して, 解いて, 解かれた形, 賀川市長に, 走らせそれから, 走らせたきり, 走らせる, 趁うて望め, 距てる, 跳ね上げたが, 身に, 転じそこ, 転じた時, 転ずれば, 輝かせて, 辿りつ, 迎えて, 返したが, 返しながら, 迷は, 迷わせた, 追い書類入れ, 追うた, 追っかけた, 追った俊助, 追った私, 追ってその, 追って問いかけた, 追って数人, 追って欣二, 追って黄色い, 追つたルリ, 追ひ, 送つた, 送つた時, 送りその, 送りなぞ, 送り大学, 送り續, 送ると, 送るの, 逃がした, 逃れるよう, 通し得るくらいの, 逸らしたくらい, 逸らしたもの, 遊ばせて, 運びました, 道江の, 遠い海面, 遠く歴史, 遠野に, 適度に, 遮ったの, 遮らなくなつ, 避けあつ, 避けつつ, 避けてばかり, 避けました, 避けようと, 避けようとは, 避け朔郎, 部屋じゅうに, 部屋の, 配り始めた, 配り頬, 釘附に, 鋭くお, 闇の, 防ぎ止めたい衝動, 隊長と, 随分狼狽, 随意な, 隠すやう, 隠すよう, 集めては, 集めようと, 集めること, 集めるの, 離さない, 離さないまま, 離れの, 静かな, 静かに, 順次に, 頑強に, 飛ばした, 飛ばせた, 騒がせは, 騒がせ乍ら

▼ 視線~ (409, 14.4%)

19 合った 9 自分に 7 彼の, 私の 6 合ふ, 自分の 5 一せいに, 合うと 4 一斉に, 合つた 3 あうと, そこに, その方, それに, ぴたりと, 期せずして

2 [17件] あった, あった時, お高, ちらと, ぶつかる, まだ自分, ガッチリと, 会うと, 会った, 合えば, 合っても, 合ひ, 合ふと, 向けられて, 彼に, 急に, 氷の

1 [285件] あちこちと, あったとたん, あったり, あつまる, あつまると, あの人, あの遠い, あまりまぶしい, あまりまぶしすぎ, あらぬ方, あること, いくつか, いくと, いっせいに次郎, いつじっと, うながすよう, うばわれて, おちたので, おもたく無責任, おりから, お千代, お艶, かちあった, かち会うと, かち合って, かち合つた, きつくすわった, このおそろしい, この一人, さだまらない様子, さっきまでは, さつとこちら, したわしい者, じっくりと, すぐぶっつかった, すべて嘲笑の, すーっと, そこから, そそがれて, そちらへ, そのあと, そのサイコロ, その下, その中, その微笑, その方角, その時, その美しい, それを, ただようて, ちょうどいつも石太郎, ぢつと, つぎつぎに, とうとう横, とどかなかったが, とまりました, とまると, どこに, なにへ, はたと合った, はたと行き合う, はっきりと, ばったり合った, ぱっと合った, ひかれた, ひたと行き当る, ひどく遠い, ふいと, ふとその, ふれると, ぶちあたった, ぶっつかった, ぶつか, ぶつかった, ぶつかると, へんに, ほとばしり出るの, ぼやけた拍子, まじって, まじつて來る, ますます近づい, また, またあった, また合, また左手, まだ事象, まだ父, まつすぐ, まぶしい, みなべつな, むくよう, やわらいだ, ゆくと, アトリエの, ウロウロする, カチ合う, カチ合った, カッチリ, カツチリと, カツチリ出あ, カンヴァスの, ガクンと, キャラコさんの, ジッと, チラリと, ナオミばかりか, ハッと, パッと, ヒタと, ピッタリと, ピツタリ感じが, フッと, ベレーを, 一つの, 一時に, 一瞬エメラルド色の, 一空さまの, 一齊に, 丁度その, 丁度向う側, 三人目の, 三番ブイに, 上に, 丘の, 丘子の, 中断される, 二人の, 互いにとり交され, 五間を, 仁科六郎の, 今なお, 今の, 今まで, 以前は, 会うた, 会つた, 会ふ, 何かの, 何となく嘲笑, 何れも, 何故とも, 何氣なく, 信二を, 偶然, 偶然一つに, 僅かばかり, 元気そうに, 先生に, 全く届かない, 全く空虚, 凝っと, 出あっても, 出っくわすと, 出会いました, 出会った, 出会った時, 出会って, 出逢つた時, 出遇, 刑事に, 動くたび, 千浪の, 印象的だった, 又一斉, 反れなかった, 合いました, 合う, 合うには, 合ったか, 合ったが, 合ったけれども, 合ったとき, 合ったよう, 合った咄嗟, 合って, 合つたが, 合つたのは, 同時にこちら, 向いた, 向く, 向けられたので, 向けられた感じ, 吸ひ寄せられた, 呆れたよう, 喰い入った, 四角形の, 塾生たちの, 変ったと共に, 変つた, 太く短くなっ, 妻君に, 宙を, 定らなかっ, 導かれそこ, 山上元の, 山頂への, 彼には, 彼女の, 彼女を, 徐々に曲るであろう, 必然的に, 忘れられずそれ, 怖い, 思ひがけ, 思わず仮, 悉く彼一人, 手紙の, 打つかった, 打衝, 投げられた, 折々足もと, 揺れながら, 日本の, 早見博士と, 明るいライト, 春重の, 更にその, 期せずし, 木山の, 木立の, 次郎, 母親の, 氷上の, 注がれた, 注がれました, 流れた, 流れたばかりに, 涙で, 深草乃里の, 無反応, 煙管へ, 熱いもの, 王一人に, 異様な, 痛くなる, 直線である, 眩しくなつた, 眼に, 砂州から, 私を, 秋森家の, 移ると, 突然人, 紙帳に, 絶えず連絡, 絶え間なく, 腰へ, 自ら惹きつけられた, 自分のと, 自然と, 自身の, 若い世代, 若松の, 落ちた, 落ちて, 葭戸越しに, 蠅の, 行き会うと, 行くと, 見送つて, 触れ合って, 計一, 調子よく, 辿りつくと, 途惑っ, 逢うと, 逢った, 逢った時, 逢っても, 逢つた, 部屋の, 重々しく据, 重く下, 野見の, 釘づけ, 鉄格子の, 鋭いとか, 鋭く二人, 間誤つく, 集まった, 集まつたの, 集る, 集中し, 離れずテーブル, 露骨に

▼ 視線~ (269, 9.5%)

5 彼の 4 そこに, 皆な 3 一様に

2 [13件] その二人, ちらと, 一度に, 一斉に, 学生から, 彼女が, 明らかに, 期せずして, 本能的に, 物を, 自分の, 自然と, 遠い遠い所

1 [227件] あからめも, いくども, いっせいにその, いつしか机上, いつも人間, いづれも, うすぐらい土間, おのずと朝倉夫人, おのづか, お加女, お種, かえった, かち合った, かれ自身, きびしくそそがれた, きまって空, ぐるりと, けっして確認, ことごとく硯, この芝山, さきから, さっきから, しばらくの, じき頁から, じわじわと, すがるよう, すぐ手紙, すべてオルテガの, すべて義貞ひとつに, せまく石塀, そこへ, そこを, そぞろにも, そつと, そのあと, そのいたましい, そのままだ, そのまま障子, その交叉点, その姿, それっきりめったに, それ以来ちらちら, そろそろと, そんなとく子, たえず波うっ, たしかに僕, たしかに薔薇, ただちにその, ただどこ, ただ一つ, たちまち小田, たとえ如何なる, ちらりと伸子たち, つき刺さる矢, つつましく膝, ときどきあらぬ, ともするとその, ともすると平木中佐, なお執拗, なお離れず, なぜか, はたと合っ, ひたすら辻陽子, ひとしくわれわれ, ぴったりと, ぴつたり, ふとその, ふと幾島, ふと往來, ぶつかった, ぶつかり合はず, まじろぎも, また娘, もうさっき, もうそこ, もう一度だけ, やがてその, やはり普通, やはり絶えず彼女, やはり馬田, よく見る, わからないが, わずかに, スーと, タッタ今通っ, テーブルの, デトレフの, ナポレオンの, 一せいに, 一つに, 一つも, 一二度後戻りを, 一人一人のうへに, 一点に, 一階中央大広間の, 丁度ベンチ, 三藏の, 不躾け, 乱れた, 乱れ冷たい, 人ごみを, 人も, 人間から, 今度は, 今語られた, 何かの, 何時も凝然, 何気なく四五米先, 依然として動かなかった, 俊亮に, 信吉の, 光枝の, 公会堂から, 冷たく鋭く彼女, 凍りついたやう, 分れました, 初めは, 力なく, 動いて, 厚みも, 又も, 同時に秀ちやん, 向うの, 向けなかった, 向け難い, 唯前栽, 喋りながらも, 坪井に, 堀の, 墓地に, 壇下の, 大工小屋に, 大河無, 夫人と, 女の, 妾の, 宇礼の, 安倍誠之助の, 宙に, 岸から, 幸にも, 広い野, 広子を, 庭の, 弱々しく伏せられ, 御互, 快活に, 思わずそれら, 悉く二人, 折々つれ, 放れない, 春吉君に, 時を, 更に路面, 更に遠く, 最初から, 期せずし, 果して一同其方, 柔らかく静か, 横へ, 横浜の, 次々飾窓, 次第にその, 次第にそれ, 次第に宰予, 正しい所, 殆ど彼, 母の, 毒矢の, 水の, 決して私, 注がれた, 洞窟の, 淡い悔恨, 燦然と, 皆僕に, 益々放れない, 眞ん, 真っ直ぐに, 矢張りその, 石を, 私たちを, 私には, 私の, 空の, 空虚である, 窓の, 窮屈であった, 端無くも幹, 等しくこの, 等しく彼女, 絶えず動い, 絶え間なく, 綾を, 纔に, 自らそれに, 落ちる, 落付を, 蒼白き女, 西方の, 覺えずすべり, 訶和郎から, 誰の, 調べるよう, 謙蔵の, 谷中から, 豫期に, 赤い屋根, 転じて, 輝かしい一円, 逃げるよう, 過去った, 違い棚の, 遠くに, 遠くの, 遮られるが, 金五郎から, 針金の, 鋭い, 鋭かつ, 鋭くその, 鋭く燃えさかっ, 長くは, 関門海峡を, 阿賀妻の, 離れなかった, 青くのびた

▼ 視線~ (224, 7.9%)

12 中に 8 なかに, 前に 7 下に 6 下で 5 中で 4 中へ 3 なかには, やりば, 的に

2 [20件] うちに, ない眼, ほかに, もとで, 一直線上に, 中には, 中を, 先に, 合うの, 合ふ, 外に, 届くところ, 方に, 方向における, 方向を, 注がれて, 焦点に, 行手に, 角度を, 間から

1 [125件] あらたまる思い, いなずま, うちには, かち合うの, きまらない眼, ことを, じっと向う, その喜悦, それるまでの, と, とどくかぎり, なかを, はじに, はるか向うには, ひらめきを, ぶつかり合ひで, まったく屆, ままに, まま蠢めく, もとに, やり場が, やり場に, やり場を, ゆくところ, ゆく所, 一つも, 一端に, 一部を, 上で, 上と下とで, 上に, 中の, 中心が, 交叉の, 交錯の, 位置が, 余波で, 使ひ, 侵入する, 先から, 先き, 先きの暗い, 先きの街路樹の, 先では, 先の, 先は, 先を, 先方に, 先端で, 内に, 刄物で, 到達し得ざる, 前で, 前には, 及ぶべき距離, 及ぶ限, 及ぶ限り, 及ぶ限り一, 合うある, 合う事, 合つたのが, 向うの, 向う所は, 向くの, 向けどころに, 向けられた膝, 向け所に, 尖端には, 届かぬ傍ら, 届く場所, 届く限り茫漠, 彎曲され, 彼方を, 彼等の, 悉くそそがれ, 悪戯に, 戦いには, 戦いを, 戦争だった, 指導くらい, 指導さえ, 方を, 方向から, 方向だった, 方向と, 方向に, 方角に, 方角を, 果に, 流れを, 清澄さを, 炎は, 焦点と, 焼け跡が, 爽やかな, 片隅で, 痛みに, 的と, 真正面に, 窮極に, 箭は, 続きとでも, 織るなか, 美しさ, 自然に, 落ちた所, 落ちて, 行き場所, 行く手を, 行手を, 角度という, 赴くところ, 跡を, 通う一室, 通う範囲内, 遠さ, 遥かかなたの, 鋭い刃, 閃めき, 間に, 間を, 隙を, 集まるところ, 雪だ, 青黒い眼

▼ 視線~ (152, 5.3%)

4 射すくめられて 3 ぶつかると, 値するか, 出会すと 2 ぶつかつ, 会うと, 入って, 打っ突かった, 私の, 追はれ, 送られて

1 [125件] あうと, いささかの, うつった, うつとりと, うつり教えられた七号室, お艶, かすかな, かすかに, かなしく震え, からみつく, こたえる山, この首の座, さらされて, さらされること, さらして, しがみついて, そなえる用意, それを, たまに, ちよつと, つれて, なだれこんで, なったが, なって, なにか不気味, ならって, はげまされたよう, はじめの, はたとぶつ, ふれて, ぶっつかった, ぶつかったから, ぶつかるよう, みじんも, みなぎらしつひに, もし少しの, ゆきあたつた時, われ知らず心を, ハッと, 一枚の, 不快を, 久慈は, 乗って, 些の, 伸子は, 入ったの, 入らざるところ, 出会い笑い出しそしてまた, 出逢うと, 刎返される, 前に, 動ずる色, 取り囲まれて, 合って, 向けて, 向って, 嘲笑を, 困って, 垂直に, 堪えられなくて, 堪え得ぬよう, 壮麗な, 威圧され, 射すくま, 射すくめられたやう, 射すくめられるよう, 射られた, 對し, 島村は, 当るところ, 当惑した, 彼は, 徳田は, 応えるよう, 慣れて, 懼然として, 打つかる, 抗し少し, 接した時, 映じたこと, 映射し来たる, 暗闘を, 曝さして, 曝されつつ, 會ふと, 止った, 気がついた, 気づくと, 気を, 気付いたらしく脛, 気付いて, 気付くと, 沁み入るよう, 注意を, 洩れること, 煩わされなかった, 男は, 白い布, 矢代は, 硝子扉が, 私は, 答えようも, 答える心持, 縋って, 縛られたよう, 耐えきれないで, 耐えるため, 腹を, 自分の, 芸も, 若い胸, 行き合った時, 見られると, 視線を, 触れた, 触れて, 触れると, 辛うじて己, 這入るん, 逢うと, 遠くの, 鋭く小気味, 顔を, 飛びこんで, 馴れて

▼ 視線~ (109, 3.8%)

3 伸子の, 伸子を, 彼の, 自分の 2 あつた, いつまでも, 撫でま, 私を, 自分を

1 [87件] あたりを, あのあたり, おちぶれたお, きいた, ぐるりと, こちらを, じっと妻, じっと甲斐, じっと見詰めた, すぐ横, すべての, そういう準之助氏, その一筋道, その小切手, その錦, それも, たがいに, たしかめた, たしなめるやう, だまって, ちらちら観察, ちらと, なめ廻した, ひろ子は, ひろ子を, もつて, やさしく僕, ややしばらく伸子, コートの, サイの, ヂッと, ハッキリ警部, 二郎の, 何かしらヂッと, 保を, 値ぶみし, 元気な, 力一杯に, 受けとめた, 古風に, 君に, 國友の, 女房を, 宇治の, 小沢の, 少女を, 川原の, 広場の, 慎一を, 打たれて, 指しました, 掃き廻した, 揉み手を, 描いた大きい, 撫でて, 撫でられるという, 斜めに, 浩平の, 渡り合って, 灌木の, 灰を, 生徒を, 画面に, 相談する, 眺めて, 睨みつけて, 示した, 私が, 私の, 私達を, 素子は, 絢子は, 繁華な, 舐めずるよう, 花床を, 落着きなく, 蜂谷を, 見つめて, 見て, 見迎, 訊ねた, 追うだけ, 追ひ, 運転手と, 部屋の, 陽子の, 須永の

▼ 視線~ (58, 2.0%)

2 一直線に, 平行に, 視線が

1 [52件] あつた, いささか衝突, かち合ったこと, かち合つた事, それが, はたと出, ぱったり出会った, ぴたりと, ぶっ突かった, ぶつかった, ぶつかったとき, ぶつかって, ぶつかるの, ぼくのが, ジャヴェルの, バッタリ合った, ピッタリ出喰わした, ピツタリ出喰は, 下目に, 会うたと, 僕の, 先の, 出会ったとき, 出合つて俯向と, 南原杉子の, 合した, 合しました, 呪咀を, 平らな, 座敷の, 強ひ, 彼の, 彼方の, 想像との, 意味あり, 打っ突かった, 打突かる, 栄介の, 棕櫚の, 無言の, 直角に, 私の, 罵言, 薄笑ひとを, 行き合ったの, 見知らぬ人, 視線の, 言い換えても, 逢つたと, 醜いいまいましげ, 銀之丞の, 陽吉の

▼ 視線~ (25, 0.9%)

2 みんなその

1 [23件] いつに, しっかりし, そのとき, その尨大, それを, ない, なかつたの, また軽から, むりはない, やはり腰椎骨, 上ずって, 今で, 動かなかった, 同じところ, 向けないさ, 嘲笑の, 好奇の, 届かない方, 手足も, 水の, 氷の, 省三の, 諸井看護婦の

▼ 視線から~ (23, 0.8%)

1 [23件] おのれの, かくされて, のがれて, のがれること, ふりすてて, 免れるよう, 外れると, 射出される, 小萩はもう, 消えて, 煽られて, 眼を, 胸の, 逃れるため, 逃れるよう, 避けわざと, 闇の, 隠された彼女, 隠すよう, 隠れかわって, 隱れる, 顔を, 飛びのいた

▼ 視線には~ (11, 0.4%)

2 青年が 1 いる, すぐに, どうしても彼女, みんな多少ともに, 一向頓着, 何か, 明らかに, 時々ぞ, 足踏みする

▼ 視線とが~ (8, 0.3%)

1 はしなくもそこ, ぱつたり合つた, ぴったりと, ぴったり合った, ぶつかりました, ホンの, 合った時, 端なく

▼ 視線をも~ (8, 0.3%)

1 免れて, 全身に, 動かさなかった, 受けずに, 強力な, 身に, 避けるやう, 避けるよう

▼ 視線~ (6, 0.2%)

1 一寸した, 疑問の, 眉間の, 空気からも, 話し振り, 身ゆるぎ

▼ 視線とは~ (4, 0.1%)

1 ぶつかり合うよしも, 正反対の, 異って, 言い難い

▼ 視線だけを~ (3, 0.1%)

1 その方, 入口に, 身に

▼ 視線にも~ (3, 0.1%)

1 力が, 堪えられないよう, 明かであった

▼ 視線に対して~ (3, 0.1%)

1 明らかに, 直角の, 返答しなけれ

▼ 視線に対する~ (3, 0.1%)

2 抵抗物が 1 抵抗物の

▼ 視線をかは~ (3, 0.1%)

1 すこと, すため, す程度の

▼ 視線だった~ (2, 0.1%)

1 が酔っぱらっ, ことでしょう

▼ 視線では~ (2, 0.1%)

1 なかった, わからなかつた

▼ 視線とに~ (2, 0.1%)

1 一寸気圧された, 答えた

▼ 視線と共に~ (2, 0.1%)

1 かつと, 体まで

▼ 視線~ (2, 0.1%)

1 の, のである

▼ 視線への~ (2, 0.1%)

2 崩るる

▼ 視線をよけて~ (2, 0.1%)

1 いた, 人の

▼1* [40件]

視線いっぱいに相手, 視線くらますばかりなる, 視線さえ椽側の, 視線しか投げなかった, 視線そのものは一座, 視線と村田, 視線だけでもなかなか辛い, 視線だけは帳場机の, 視線であったがその, 視線であるがその, 視線でも合うと, 視線というものは, 視線とも言えない, 視線とを注意せず, 視線など気に, 視線にぶッつかる, 視線によつて先づ我々を, 視線によってすぐ弾きとばされた, 視線はつぎに窓, 視線はま上から防寨, 視線ばかりでは, 視線ばかりが気に, 視線挑みか, 視線よりはズッと, 視線をかへた, 視線をや眩しさうに, 視線を以て愛撫した, 視線一度に此方, 視線一身に萃まり, 視線はメダル, 視線に地球, 視線に御者体, 視線以外に免, 視線に這入らん, 視線つかると, 視線方向の速度, 視線正しく合す, 視線篠田の面上に注がれ, 視線胸衣と同じ, 視線避けけるも書中